全記事一覧(17年1月~)

100203

    

バタバタ、バタバタ dash この絵文字、初めて使ったかも note

古くからの常連さんなら、私がこの週末、何で忙しいかお分かり

だろう flair そう、地上波初登場、『アナ雪』だ♪ happy01 テレビか sign01

いや、単なるボケではなくて、彼方の雪の女王を目指すわけ snow

               ( 3/4 文章変更 by テンメイ) 

       

全記事一覧16年(10~12月7~94~61~3月)、

15年(10~12月7~94~61~3月)、

14年(10~12月7~94~61~3月)、

13年(10~12月7~94~61~3月)、

12年(10~12月7~94~61~3月)、

11年(10~12月7~94~61~3月)、

10年(10~12月7~94~61~3月)、

09年(10~12月7~94~6~3月)、

08年(10~12月7~94~61~3月)、

07年(10~12月7~94~61~3月)、

06年(10~12月7~94~61~3月)、

05年(10~12月7~9月)もよろしく 。

ブログ公開から11年5ヶ月 note 毎日更新継続中 yacht

    

     ☆          ☆          ☆

直接麻酔法による親知らず抜歯術♪&リハビリウォーク2

                  日記,医療,ラン 3/22

実生活&フルマラソン、リハビリ開始 日記,ラン 3/21

闘いと穴埋め、自らの存在のために~『A LIFE』最終回

                      テレビ,芸能 3/20

板橋Cityマラソン2017、はじめての

  短パン・フル&ネガティブ・スプリット戦略 マラソン,ラン 3/19

小保方日記(第5回・BPOの吉報)、超軽~い感想 芸能,テレビ 3/18

疎開生活10日間&フルマラソン準備完了、レースは暑そう 日記,ラン 3/17

包丁を研ぎ続ける職人たち〜『A LIFE』第9話 テレビ,芸能 3/16

ファミマWiFiが繋がらなかった&仕上げハーフ ネット,ラン 3/15

iPadからPCへ充電ケーブルで通信成功♪ PC,日記 3/14

マラソン心肺停止の確率、数万人に1人か&休養ジョグ ラン 3/13

名古屋ウィメンズ、私も応募できる(笑)&ハーフジョグ ラン 3/12

FREETELの格安SIM、iPadで利用開始♪ ネット,日記 3/11

穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜『A LIFE』第8話 テレビ,芸能 3/10

小学校以来(?)の畑仕事♪&ジョグ10km 日記、ラン 3/9

パソコン(表示)の常連読者の方々へのお知らせ お知らせ 3/9

板橋City(荒川)名物シャーベットが・・&15kmジョグ ラン 3/8

岩手県・安比スキー場、3度目のスノーパラダイス スキー,旅行 3/7

はじめてのスマホ投稿~まだ旅行中 モブログ (携帯投稿) 3/6

快晴♪  モブログ(携帯投稿) 3/6

オボと雪の女王♪~小保方晴子日記4、ちょっとだけ 芸能 3/5

UQの高速無線通信WiMAX2、無料トライ♪ ネット,日記 3/4

青梅から12日後、皇居6周半、32.195kmジョグ ラン 3/3

僅かな可能性の扱い方と、リスク管理~『A LIFE』第7話

                     テレビ,芸能 3/2

「ブログを書くヒマがない」というブログの真偽とか♪ 日記 3/1

   

     ☆   ☆   2月   ☆   ☆

皇居ラン5周、25km&17年2月の全走行距離 ラン,自転車 2/28

西伊豆で女性が崖下に転落~急な下りの右カーブ 自転車 2/27

東京マラソン2017感想&芸能人・有名人の結果 ラン,芸能 2/26

「マイクロソフトのプロダクトキー」というスパムメール PC,ネット 2/25

ハーフジョグまで回復&つぶやき 日記,ラン 2/25

地球に似た惑星7つ発見、生命の可能性(NASA) 科学 2/24

照明が故障してパニック・・・我に七難八苦を与えないで 日記 2/23

» 続きを読む

| | コメント (0)

直接麻酔法による親知らず抜歯術♪&リハビリウォーク2

WALK 7km,1時間05分32秒,平均心拍 103

消費エネルギー 330kcal (脂肪 152kcal)

   

痛たたたっ・・! 抜いた直後は、「全く痛くなかった♪」とブログで

報告しようかなと思ってたのに、麻酔が切れて来ると急激に痛み

が増してしまった。まあそれでも、前に抜いた時よりはマシかな。

あの時は超~痛かったもんね。拷問とか残虐な刑罰のレベル。

    

事の発端は、親知らずの虫歯というか、あるいは歯磨きの手抜き

まで遡るべきか (^^ゞ 親知らずは口の一番奥にあって磨きにくいし、

いざとなったら抜けばいいだけっていう甘い考えもある♪ 

  

しかし、やっぱ、もっと大切にすべきだったね。私の怠慢の犠牲に

なった親知らず君に謝罪しよう。まあ、既に抜いちゃった歯はもう

どうしようもないから、残ってる歯を大切にするってことで。。

    

   

     ☆        ☆        ☆

で、とにかく、「直接麻酔法による親知らず抜歯術」を受けて来た

のだ。ちなみにコレ、ドラマ『A LIFE』のテロップのパロディね♪

分かりにくっ!

    

親知らずを抜く前の麻酔注射があんまし効いてなかったから、ハッ

キリと伝えたら、あっさりともう1本打ってくれた。まあ、商売だから♪

コラコラ! で、その追加の麻酔が一瞬で劇的に効いたのだ。秒単

位の効果で、実に素晴らしい☆

    

1本目は普通の麻酔注射で、歯茎を経由した間接的効果をもた

らすもの。2本目は、神経に直接打ち込んだらしい。1本目で既

に感覚が鈍ってたから出来ることであって、「間接・直接麻酔併

用法」なのだ♪ ホントの医学用語を調べる作業は省略。

   

麻酔が素晴らしかったから、抜歯の際は、拷問どころか抜いたの

に気付かなかったほど。麻酔が脳に効いて、意識レベルも下がっ

てたのかも (^^ゞ 糸を操作してるから、糸で歯を縛ってグイグイ

引っ張るのかな・・とか思ってたら、抜いた後の患部を丁寧に縫っ

てくれてたらしい。注文の多い顧客だから(笑)

   

その後は、私がほとんど経験したことがなかった薬の院外処方で、

処方箋を持って別の場所にある薬局へ。何か、パチンコの景品交

換みたいだね♪ いや、私自身はやったことないけど、妙な店構え

で地味に客が入ってる様子なら、たまに見てる。

   

淋しい店の中に薬剤師その他が6人くらいもいたけど、あれで利

益が出るの? 抗生物質と痛み止めの薬代も安かったし、医療と

か薬の世界は摩訶不思議なのであった。あれは医療ボランティア

なのかも♪ コラコラ!

      

    

      ☆        ☆        ☆

この親知らず抜歯術の影響で、今日も走れなかったのだ。もう左

脚の太腿の筋肉痛もほぼ消えたから、本来ならゆっくり10kmほど

ジョギングするところだけど、流石に親知らずを抜いた後に走る気

はしない。何もしなくても痛くて、まだ軽く血が滲んでるから、走って

心拍数を上げると、再び出血しても不思議はない。

   

乱れた実生活のリハビリもあって、着替える時間も惜しいから、昨

日に続いて部屋着のままウォーキング。昨日はお散歩って感じだっ

たけど、今日はかなりスタスタ真面目に歩いた。トータルだと1km

9分22秒ペース♪

  

そうすると、心拍数が110~120くらいまで上がって、親知らずを

抜いた痕(あと)がズキズキ痛む。試しにほんのちょっと小走りして

みたら、ハッキリ痛みが増したから直ちに中止 (^^ゞ これだと明日

も走れそうにないね。

  

やっぱ、走りの再開は金曜か土曜になりそうだ。ま、フルマラソン

終了で当分レースも無いことだし、プチ・バカンス気分を味わうこと

にしよう♪ 違った! 実生活を立て直さなきゃいけないのか。  

   

ってことで、今日も手抜き記事だけど、明日はマトモな記事を書く

予定。ただし、親知らずの痛みが悪化しなかったらのお話♪ それ

にしても、散歩って、運動強度が低過ぎて眠くなるね (^^ゞ ほとん

どマイクロスリーブしながら、今日もあっさりこの辺で。。☆彡

      

    

            時間  平均心拍  最大

 往路(1.2km)  11分33秒 90 97    

LAP1(2.2km) 21分10秒  98 110

  2        18分55秒 111 130 

復路(1.4km) 13分54秒 110 118  

計 7km 1時間05分32秒 心拍平均103(57%) 最大130(72%)

          

                       (計 1682字)

| | コメント (0)

実生活&フルマラソン、リハビリ開始

WALK 5.6km,約1時間,平均心拍 約100

    

レース記事とドラマレビュー。2日間で9000字近くも書いた後だ

から、今日はもう超手抜き記事で済ませよう♪ 仕事関連でくだら

ないミスして、無駄な時間を取られちゃったし (^^ゞ 失敗した・・。

要するにこれも、余裕が無いってことネ。

   

まずは実生活から。2月末から、照明工事、雪山ツアー、疎開生活

と続いたから、もうグチャグチャで「収拾」がつかないことになってる。

ゴミの「収集」だけは昨日、一応済ませた♪ 「しゅうしゅう」の漢字っ

て、こう使い分けるんだ(笑)。初めて知ったかも。

    

他にもデジタル関連で、WiMAXの無料体験や格安SIMの使用開

始もあったし、仕事上のアカウントやパスワードも増えたから、何が

どうなってるのか、「さっぱり分からない」(by ガリレオ♪)。

     

あまりに混乱したから、さっき、このニフティのパスワードも一瞬忘

れて困ったほど(笑)。若年認知症か! まあ、一文字抜けてた

だけだから、軽症のはず♪ 十分ヤバイだろ!

  

   

      ☆        ☆        ☆  

とりあえず、重要書類やファイルの保存だけはすぐやっとかない

とマズイよな・・とか思いつつ、先にウォーキングして来た♪

  

いや、こちらも余裕が無いもんで。明日と明後日は走れないし、そ

の次の金曜日も怪しいから、板橋Cityマラソンのリハビリを開始

するなら今日しかなかったのだ。

   

その気になれば、超スローペースの短いジョギングくらい出来た

けど、着替えの時間さえ勿体なかったし、左脚の太腿だけ筋肉痛

がかなり残ってる。というわけで、部屋着のまま、1時間だけスタ

スタ歩いて来たわけ。

   

   

     ☆        ☆        ☆ 

まだ歩いただけだからハッキリとは言えないけど、今回のフルマラ

ソンは意識的にゆっくり走ったから、全体的ダメージは少ない。特

に、心拍数が低めで呼吸もそれほど荒れてないから、心肺の炎症

は少ないと思う。

     

それなのに、左の太腿だけ変な筋肉痛が残ってるのは、右膝をか

ばいながら、ブレーキをかける感じでゆっくり走ったからだろう。実

際、板橋の10km地点を過ぎた辺りで右膝がミシッと数回痛んだ

から、左脚でかばってたら、左膝までミシッと2回痛んでしまった。

   

幸い、その後は痛まなかったけど、逆に言うと、要するにかなり脚

をかばいながら42.195km走ったってこと。それで、この程度の

後遺症なら、むしろラッキーだろう。

    

   

      ☆        ☆        ☆

で、今日のウォーキングでは、逆に左脚を右脚でかばうようにして

歩いた。歩くだけなら、右膝でも問題なし。背中、腰、ふくらはぎ、

足首、どこも特に問題はないから、遅くとも土曜日には普通にジョ

ギングできると思う。

   

試しに、遥かにダメージが大きかった去年の記録を見たら、横浜

のフルの2日後からジョギング開始で、8日以内に81kmも走っ

てた。去年の冬は、3ヶ月連続で月間300km走ったのだ。まあ、

「走った距離は裏切った」けど (^^ゞ

    

あぁ、もうブログは終わりにして、実生活のリハビリを続けよう♪

それでは、また明日。。☆彡

       

                      (計 1230字)

| | コメント (0)

闘いと穴埋め、自らの存在のために~『A LIFE~愛しき人~』最終回

素晴らしい☆ 橋部敦子の脚本らしい、マニアックで綺麗なエンディ

ングの形に拍手!

  

  「Let’s save her life」

  (レッツ セイブ ハア ライフ

   

彼女の命を救おうという英語の台詞の最後に、『ア ライフ』という

タイトルの発音をさりげなく持って来てたのだ。

   

「ハー」ではなく「ハア」と読むのは、単なるこじつけではない。不定

冠詞の「a」と、代名詞の所有格の「her」は、母音の発音がほぼ同

じで、「e」を上下ひっくり返した発音記号。

      

こういった言葉遊び的なハイレベルのテクニックをラストに持って来

た作品は、少なくともテレビドラマだと滅多に無いと思う。英語を使っ

た日本のドラマだと、ほとんど初めてかも。

   

ちなみに映像的・物語的なテクニックをラストで誇示したドラマなら、

『ビーチボーイズ』が筆頭。イメージとお話の両面において、連ドラ

の一番最初と一番最後を完璧に合わせたファンタジックなドラマは、

他に知らない。こちらも、脚本家が優秀な作品だった(岡田惠和)。

    

   

     ☆        ☆        ☆

話を『ア・ライフ』に戻そう。最初から感じ取れたことだけど、『A 

LIE~愛しき人~』というタイトルの隠された意味が最終話でハッ

キリした。分かりやすく書き直すと、「A LOVE~愛しき男~」♪

    

沖田(木村拓哉)の愛しき人とは、ドラマ的にはまず壮大(浅野忠

信)。年下の浮気相手が井川(松山ケンイチ)。壮大にとっては、

本命が沖田で、愛人が羽村(及川光博)♪ BL系女子も狂喜乱

舞の内容で、小説・マンガその他の二次創作もしやすいだろう。

      

深冬(竹内結子)や由紀(木村文乃)との男女の恋愛に注目してた

女性視聴者、キムタクファンには、曖昧な宙吊りのままでちょっと

物足りない結末だったかも知れないけど、わざと続編の可能性を

残してる気もする。連続ドラマでなくても、単発スペシャルや映画

とか。

    

実際、この後、沖田がまた日本に帰って来る方が自然だし、その

前にシアトルかどこかの海外で、井川(松山ケンイチ)が沖田の

前に現れる展開も十分予想できる。そう言えば、莉菜ちゃん(竹野

谷咲)が終盤、海の向こうには何があるの?とかママに聞いてた。

海の向こうには、ブロンド美女とのロマンスもあるはず♪

    

壇上病院の急激な経営改革の今後も気になるし、羽村と実梨(菜々

緒)の密会も思わせぶりなままの放置プレイになってる。父に会い

に行った実梨が、続編で羽村との略奪婚を報告するとか♪ 無い

だろ! ハイハイ。長年の穴を埋める、父と娘の美しい和解ね。

   

とにかく、それなりの視聴率と評価を獲得。続編を期待させること

にも成功したから、いい作品になった。ありがちなスーパードクター

ものとはビミョーに違う路線の医療ドラマを切り開いたという意味

でも、成功だと思う。正直言うと、期待以上の出来栄えだった♪

     

    

     ☆        ☆        ☆

ドラマの中盤の見せ場で、カズ(=沖田)と壮大が熱く抱擁するBL

シーン(笑)。演出の平川雄一朗のカメラは、上半身と片手だけを

強調してた。これは、ある意味、上手い撮影テクニックだ。沖田の

右手と、壮大の左手の動きを自由に想像できるから♪ 

    

そう言えば今回、「テント切開」なんて言葉も登場。ファスナーを

開いてバットを握るという意味の隠語だ(笑)。最後までバットか!

    

マジメな医学用語「テント切開」の説明としては、大脳と小脳を分け

る膜(tentorium)を切り開いて患部に向かうことね。下図は

英語版ウィキペディアより。夏のキャンプに使うテントも同様で、

幕みたいに薄く広がる物を指す言葉だ

   

170320a

   

ついでに書いとくと、「バイパスペイテンシー」という用語は、日本

語どころか英語(bypass patency)でもあまり使われて

ないけど、バイパス管が開いて通じてること(医学用語で「開存」)

を指すらしい。バイパス開通性と訳した方が分かりやすい。

  

もう一つ、「VEP波高=大脳機能評価」という画面テロップは、

Visual Evoked Potentials

 (視覚誘発電位)の波の高さ 大脳の機能評価の一つ」と書け

ば明確になる。目の網膜に光刺激を与えて、脳の電気的反応

を確認することだ。

    

   

     ☆        ☆        ☆

話を戻して、ファスナー・・じゃなくてテント切開はさておき、この作

品の根底に、男女の恋愛と同等かそれ以上に、男の友情がある

のは確かだ。広い意味の男性同性愛の常識的な形を描いたとも

言える。男性同士の友情と性愛とを統一的にとらえる考え方だ。

    

ということは、タイトルには微かに、「Anal LOVE」という

意味も込められてた・・と解釈できなくもない。抵抗を感じる人も

少なくないだろうけど、間違いなく生=性の現実の一つの側面。

   

まあ、ウワサによると、BL系女子の一部はそれを否定して、

代案となるキレイな穴を別に空想してるらしいけど♪

    

    

     ☆        ☆        ☆

マジメな話、人間という存在には本質的に「穴」が空いてる=開

いてる。身体的には、口から肛門まで、中心は長い穴なのだ。

  

性愛の営みが、それを双方向から埋めようとする象徴的行為に

なってるのは興味深い。しかも、その行為が反復的だということ

は、完全に埋めることはできないという事態を表してる。埋まら

ないからこそ、繰り返すわけだ。

  

あるいは無意識的に、埋めたくない思いもあるからこそ、繰り返

すのかも。埋めたくて仕方ない。でも、一方では埋めたくない。

穴を埋める行為が、開ける行為でもあるから、まさに二律背反。

アンビバレント(両面価値的)な穴=欠如。それは、埋めようとす

ること自体が快楽だからだろう。

        

そう考えると、深冬の命を救いたいけど死んで欲しいとか、壮大

の支離滅裂な姿もそれなりに理解できる。そもそも人間とは、

根本的に矛盾した存在なのだ。ホラー映画やお化け屋敷、バン

ジージャンプの逃げ出したくなる恐怖が、快感にもなるのだから♪

  

ちなみに、矛盾した人間を理解する時、矛盾しない理論を作り上

げようとすると、無理が生じる。したがって、あらゆる人間理論に

は穴=欠点があると思っておいた方がいい。

   

もっとも完成度の高い理論である数学でさえ、その全体に矛盾

が無いという証明は無いのだ。単に、潜在的な矛盾が運良く表

面化、顕在化しないから、問題とされないということにすぎない。。

     

     

     ☆        ☆        ☆

このドラマは、初回から「穴」を強調してたし、ウチのレビューも

初回からその点に注目して来た。

     

壮大の部屋の絵の後ろ側、壁の穴は、心の穴を示してる。まず

第一に、壮大の穴。さらに、壮大の愛人である実梨の穴。2つあ

るのは、過去と現在、2つの時点にあるからで、両者が深く関係

してるからこそ、隣り合わせにある。

    

壮大なら、過去の父(&母)との関係に生じた穴がトラウマ的に

作用して、現在の穴につながってる。深冬や実梨との関係の穴、

傷。そして、「自分は誰にも必要とされてない」、「自分には存在

価値がない」と思ってしまう、自我の穴。

   

しかし、心の穴=欠如は、誰にでもあるものだ。普段は意識しな

くても、無意識に穴があるからこそ、ちょっとしたキッカケで、穴

埋めの強い衝動が突き上げて来る。

  

例えば、沖田と深冬がふれあう姿を見た瞬間、壮大が愛人・実梨

を呼び戻すとか。一般の人なら、何かストレスが加わると空腹を

感じて、食べ物や飲み物が欲しくなるとか。

   

飲食とは、性愛と並んで、身体的にも精神的にも、穴埋めの代表

なのだ。腹が減るという言葉は、存在の内なる穴が広がることを

表してる。男性が女性に手を出すことを、「食べる」と表現するの

も興味深い♪

      

       

     ☆        ☆        ☆

もちろん、穴は単にネガティブな存在ではなく、ポジティブにも作

用する。沖田の場合、母を失った穴と、勉強が苦手な自分に対す

る劣等感の穴が、外科医としての天才的技術につながった。

   

沖田が今回、壮大への嫉妬に近いリスペクトを口にしてたのは、

無精ひげでウイスキー(or バーボン)に溺れる壮大を励ますた

めだけではない。誰でも、自分なりの穴があって、他の人にはな

かなか分からないということだ。

    

ちなみに私自身は、最近ようやく、自分の本質的な穴を理解でき

て来た気がする。当然、かなりマニアックな穴♪ 遠い過去に、あ

る意味、偶然の流れで空いたけど、より大きな目で見るなら必然

とも言える。天の命令、天命(テンメイ)なのだ。 

   

   

     ☆        ☆        ☆

深冬という女性の場合、穴埋めの欲望は子どもに向かうことに

なる。実際、自分の手術の担当を、夫の壮大ではなく沖田にして

欲しいと言ったのは、娘の莉菜のためだった。パパの失敗でママ

を失った悲し過ぎる子どもにしたくない。。

   

深冬の愛情表現も、一番ハッキリしてるのは、娘に対して。特に、

自分にもしもの事があった時に備えて、将来の娘に向けて書い

た日記のメッセージが典型で、これを沖田から渡されて読んだ壮

大はようやく深冬を助けようと改心した。「面倒くさい」男なのだ♪

    

面倒くさいと言えば、女性には女性特有の面倒くささがあるけど、

男性にもある。代表の一つが、闘いたがること。

   

男同士の勝負をしたがること。女性とか地位の奪い合いが目立つ

けど、もっと些細なことでも争いたがるものだ。大切なもののため、

自らの存在を確立するために闘う一方、闘うこと自体も楽しむ。

    

闘争や勝負を通じて、はじめて成り立つ男の絆というものもある。

沖田の父・一心(田中泯)がカワイイ憎まれ口を叩き続けるのも、

言い合いを通じて息子との本音の絆を深めつつ、自分を超える

存在へと育て上げたいから。それこそ昭和の育て方で、『巨人の

星』の父・一徹もそうだった♪

   

   

     ☆        ☆        ☆    

美しい女に辛い運命が訪れる。そして、彼女を愛する2人の優れた

男が戦いながら、力を合わせて救い出す。その流れを通じて、男

たちも成長していく。。

  

この物語の構造は、ウチのブログが11年半前に初めてレビュー

した連ドラ、『野ブタ。をプロデュース』と同じものだ。

   

子どもや若者向けに、ジャニーズの美少年を使ったのが『野ブタ』。

大人向けにしたのが、『A LIFE』。この後、たまたま(?)野

ブタの2人が春ドラマで共演、木村文乃まで出演するのも、面白い

つながりだと思う・・というのは、一部読者へのご挨拶だったりする♪ 

   

   

     ☆        ☆        ☆     

ウチは時々、ドラマブログと勘違いされるけど、全体をよく読めば

そうでないことは明らかなはず。ドラマ記事は、週1本くらいしか

書いてないし、字数的に際立ってるわけでもない。

   

ただ、長い間、ドラマと格闘して来たのは事実だし、恵まれない作

品や脚本、演出、映像を救い出す努力はして来た。「ハア ライフ」

とか、夜のバッティング・シーンとか(笑)

   

ドラマと無関係な理屈系の記事でも同様。その意味ではやっぱり、

男性的なんだろう。かなりマニアックで、面倒くさいブログ♪

    

Save a life. 些細な存在を救え。その闘いは、他者と共に、

自分という小さな生をも救おうとする、些細な営みなのだ。それが

分かれば、大抵の存在や物事は、愛すべきものに見えるはず。

可愛らしい一つの存在の生、ア・ライフ=ライヴとして。

     

特殊な芸能状況の中、一つの存在を救出する闘いに全力を尽くし

たキャスト&スタッフに拍手しつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

     

   

   

P.S. 最終回の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ)は

    16.0%で自己最高。おめでとう! 

    瞬間最高視聴率は17.5%で、沖田が深冬とお別れ

    したシーン。やはり男女の恋愛が強いということか。

    

    

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   私って、いつフラれたの?~第4話

   少年たちの冒険と、最小の傷の手術~第5話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理〜第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   包丁を研ぎ続ける職人たち~第9話

   

                      (計 4761字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

板橋Cityマラソン2017、はじめての短パン・フル&ネガティブ・スプリット戦略

RUN 42.195km,平均心拍 161,最大心拍 174

消費エネルギー 2800kcal (脂肪 308kcal)

    

170319a

  

あぶない、あぶない。レースと打ち上げを終えて帰宅したのが

19時前。すぐ仮眠しようと思ったのに、ようやく胃袋のダメージ

が回復して来たから、ガツガツと夕食♪ 20時から22時過ぎま

で仮眠してしまった。その後、ボーッとしてた時間が30分 (^^ゞ 

  

危うく、そのまま翌朝まで寝るところだったけど、よく起きたね。

睡眠4時間だったのに。毎日更新ブロガーにとって、レース記事

を書き終えてはじめて、レース終了になる。眠いけど、最低限の

レポートをしとこう。写真はすべて、レースを終えて会場を出る時

にAndroidケータイで撮ったものだ。

    

    

      ☆        ☆        ☆

170319b

    

今回、私にとって一番気がかりだったのが暑さ。直前の各種情報

を総合すると、レース中の気温は12度~18度くらいで、風もあま

り強くない快晴という予想。暑さに弱い私にとっては、ウェアの選択

で悩む所。前日のウチのブログへのアクセスを見ても、服装を気に

する人が少なくないようだった。

    

私は暑がりのくせに寒がりで冷え性だから(笑)、冬のフルマラソン

では今までいつも、下は長いウェアを履いてた。CW-Xが基本

で、買う前はアップの下とか、昔のジャージとか♪ ハーフマラソン

でも、ほとんどの場合はそんな感じ。スタート前に冷えてしまうから。

   

ただ、今日は過去最高レベルの暑さになりそうだし、11月の戸田

彩湖のハーフマラソンで短パン(死語?♪)が活躍してくれたから、

試しにフルを短パンで走ってみることにした。ちなみに、短パンとい

う言葉は最近聞かない気もするけど、高校卒業後くらいに買った

陸上競技用のショートパンツで、生地は厚めだけど短い。

    

で、短パンで快晴のフルマラソンだと、お肌の弱い私としては日焼

け対策を入念にすることになる。というわけで、朝は10分以上の

遅刻を覚悟するハメになった (^^ゞ 電車の乗り継ぎも最悪。。

    

   

     ☆        ☆        ☆

170319c

  

浮間舟渡駅から小走りすると、周囲に選手らしき人がほとんど

見当たらない(笑)。皆さん、マジメだね♪ 会場到着は8時46分。

私は今まで何度も遅刻してるので、今回も遅刻スタートでいいや

と思ってたけど、会場アナウンスで度々「遅刻した方は最後尾か

らのスタート」とか警告して来る。厳しくなったのかな?

   

最後尾は流石に嫌だから、慌てて着替えて荷物預け。トイレにも

行かず、8時59分45秒(笑)にスタート待ちの行列に滑り込んだ。

既にかなり息があがってるし、汗もかいてる (^^ゞ 

   

実際のスタート時の気温は、予想より高くて13度だったらしい。一

応、ロングタイツも持って来てたけど、論外で短パンを選択。大正解

だった。上は長袖1枚で、これもはじめてかも。

   

結局、お昼には17度まで気温上昇。私としては珍しく、16.8km

の第6給水からスポーツドリンクを飲み始めて、終盤まで飲みまく

り♪ レース後の打ち上げもかなりの水分をとったのに、9時間

トイレに行かなかったし、今でもノドが乾いて仕方ない状況。大量

の発汗に加えて、日焼けもかなりしたってことだろう。。

      

    

      ☆        ☆        ☆

170319d

   

いよいよレース開始。今年はインフルエンザが半月も続いたことも

あって、実力が低いし、先日の青梅マラソン30kmでは惨敗。おま

けに暑そうだから、流行の(?)ネガティブ・スプリット戦略を選択し

た。この英語の元々の意味については前に記事を書いたけど、直

訳に近い訳なら「遅めの前半」という意味。

   

ということは、あちこちに書かれてる「後半スピードアップ」とかいう

説明はもともと入ってない♪ だから、ネガティブ・スプリット&ネガ

ティブ・トータル(遅めの全体)も、論理的にはあり(笑)

    

とにかく今まで一度もなかった遅いペースで、前半はひたすら我慢。

前半ハーフの平均心拍は157くらいで、かなり余裕があるから、

周囲のランナーにどんどん抜かれてもあんまし気にならない。後

半とか終盤に抜き返せばOK・・とか思ってた。追い風で飛ばさない

のはもったいない気もしたけど。。

    

    

      ☆        ☆        ☆

ハーフは予想以上に遅いタイムで、流石にちょっと焦ったけど、身

体は余裕で、それほど暑いという感覚もなかった。でも、実際には

気温はグングン上昇して、日差しも強くなってたから、ダメージは

それなりに蓄積してたはず。

    

普段の私のフルマラソンは、前半が速くて、25kmくらいから失速

するパターンだけど、今回は30km地点でもまだ余裕が残ってる

「ような感じ」♪ 約5kmごとにあるスポーツドリンクはちゃんと飲ん

で、10kmごとのスポンジの水で身体も冷やす。これは、そのまま

ゴールできてしまうんじゃないかなと「思った」ほど。

   

意外と強かった後半の向かい風もむしろ涼しく感じたし、短パン&

ネガティブ・スプリット戦略、大成功かと思ってたら、やっぱり35km

過ぎからガクッと落ちてしまった (^^ゞ 別に、荒川名物シャーベット・

ステーションが無くなったからではない(笑)

   

まあ、今シーズン最長の練習は32.195kmジョグで、しかも気温

9度だったから、42.195kmレースで今日の気象条件だと、遥か

にキツイのは当然。。

   

   

     ☆        ☆        ☆

170319e

    

それでも、いつもと違って、後半に抜かれることが少なかったし、周

囲の応援を楽しむ余裕もあった。「ナイスラン、ナイスラン!女子」

は今年もいらっしゃったね♪ 完全に声を覚えてしまった。ナイス

じゃないランでもナイスランと盛り上げてくれる(笑)。

   

あと、かぶりもの系とか、青梅みたいな私設補給所(手のひらのお

菓子とか・・笑)もかなりあった。太鼓その他の鳴り物やダンスグルー

プ、ボーイスカウトの類はなぜか全く見なかったけど、コース全体が

そこそこ賑わってた。

    

荒川はハイタッチが少ない大会だけど、今回は普通の観客とも5人

くらいやったし、35km過ぎの「NIKE+RUN CLUB チアアップ

ステーション」では10人くらいのスタッフと次々にタッチ。欲を言うな

ら、普通のチアリーダーも見たかったかも♪ あと、ナイキのグッズ

を無料配布してくれるとか(笑)

   

岩淵水門に上がる手前の上り坂も、今年はあっさりクリア。水門を

過ぎたところで、土手の強烈な向かい風の中、「あとたった4km」と

か叫び続けてる女子がいたから笑ってしまった。最後4kmは長い

んだけど・・・っていうか、正しくはあと5kmなんだけど (^^ゞ 私が

ウケたのが見えたようで、向こうも笑い声になってた♪

  

最後の辺りは、もうドリンクの飲み過ぎでお腹が怪しくなってたし、

どうせ水分の消化はゴール後になるはずだから、ちょっとしか飲

まずにひたすら走る。

   

最後の鉄橋と戸田橋(?)を通過して、残り400mくらいでラスト

スパート開始。「もうすぐフィニッシュ おかえりなさい」という看板

を見ながら、前方のランナー達を一気に抜き去って、キレイにゴー

ル♪ 直後は恒例、通路の端に立ち止まってハーハーゼーゼー。

2人の係員に声をかけて頂いた。車椅子を勧められたほど (^^ゞ

   

   

      ☆        ☆        ☆

170319f

    

肝心のタイムは、前半が遅過ぎたから、平地フルマラソンのワー

スト記録になってしまった。でも、はじめてフルを最初から最後まで

マトモに走り切った気がするから、充実感、満足感はある♪ 

   

しんどかったけど、ヘロヘロ状態にはならなかったし、脚もつってな

い。公式写真の公開が楽しみだったりする。短パンで気になる太腿

の擦れも、例の皮膚保護クリーム・Protect J1のおかげで、少し

荒れた程度で済んだ。

    

その後、以前まではペットボトルの水をもらってたけど、今回は紙

コップのスポーツドリンクで、その先にいよいよ、シャーベット♪

色んな味があったけど、オレンジというか、みかんを選択。多分、

別々のスタッフから2個もらうことも可能だと思う(笑)。コラコラ!

  

タイムは遅いけど、上手く走った満足感に浸りながら、ゆっくりと

シャーベットを満喫。みんな、のんびり食べてた。以前は35km

地点であわてて食べてたのに♪ 硬過ぎて木のスプーンが刺さ

らないとか、2コ食べたとか(制限は無かった)、いい思い出だろう。

製造者はセイヒョー(製氷?)、80ml。細かい。。

   

170319g

   

   

      ☆        ☆        ☆

170319j

   

10分くらい、まったりした後、荷物を受け取ってサラッと着替え。

やっぱり身体に余裕が残ってるのだ。ちょっとラクし過ぎたかな (^^ゞ

ラストスパートの最大心拍は別として、平均心拍161は低過ぎだし。

    

まあ、フルマラソンの極端にきついイメージが薄れたから、良しと

しとこう。これなら来シーズンは、練習でフルを走れるかも。今まで

の練習の最長距離は37kmで、たった一度しかない。

   

170319i

   

会場に来てくれてた友人HとSさんの所へスタスタ歩いて行くと、

Hはすぐに、「あんまし疲れてない感じだな」とか言って来た。鋭い

ね、珍しく♪ 会場の写真を撮った後は、Hの愛妻もまじえて、恒

例の打ち上げ。HとSさんにも、フルを走るようにと激励しといた。

2人とも東京マラソンを狙ってるらしい。みんな、お祭り好きだね♪ 

   

ともあれ、これで今シーズンのランニングはすべて終了。戸田・彩

湖ハーフが善戦、青梅30kmが惨敗、板橋フルが爽やかな敗戦。

終わってみれば、ボチボチだったかも。これで「インフルエンザが

なかったらなぁ・・」とかボヤくと、「タラレバ娘」になってしまう♪

娘じゃないだろ!

   

今後は、少しずつ自転車シーズンへと切り替えて行くことにしよう。

半年ぶりに乗りたくてウズウズしてるのだ。最後の写真は、Tシャツ

と共に今年の記念品だった、ストラップ。使い道に迷うかも (^^ゞ

  

170319h

  

なお、「疎開生活」が続いてたせいで、今週の字数はまだ計算して

ないけど、13000字くらいじゃないかな。後で計算する予定。

日焼けで全身が熱い中、それではまた来週。。☆彡

     

    

    

cf. 板橋Cityマラソン2015、春の陽気で脱水症状、撃沈・・

   板橋City2014、マメ&腹痛に苦しみつつ善戦かも♪

   板橋City2013、心拍異常で大敗・・

   板橋City2012、また自己ベストに届かず・・

    

                    (計 4065字)

| | コメント (0)

小保方晴子日記(第5回・BPOの吉報)、超軽~い感想

今日は久々に、3000字程度の数学記事を書こうと思ってたのに、

時間が無くなった。昨日の夜まで「疎開生活」が10日も続いてた

から、色々と後遺症が残ってるし、明日は酷暑のフルマラソンだか

ら、準備と対策に時間を取られてしまった。

    

代わりに、手近なコネタとして、小保方日記で2000字ほど書こう

と思ってたけど、明日は早起きだから、もう寝なきゃいけない時間。

仕方ないから、超手抜き記事で済ませるとしよう。なりふり構わず、

毎日更新だけは死守ってことで。

    

しかし、久々にPCで記事を打つと、ホントにラクだね♪ SONY

のVAIOのキーボードだけでも凄く打ちやすい。デリート(削除)

キーもちゃんとあるし(笑)。まあでも、iPad用の外付け無線キー

ボードも、疎開中はそこそこ活躍してくれたから、あんましバッシ

ングしないことにしようか。。

   

    

      ☆        ☆        ☆

さて、婦人公論連載中の『小保方晴子日記』。前回の最後に、

次はいきなり2年後の今年まで飛ぶと予告されてたから、私は

早くも最終回かも・・とかつぶやいてた。

   

ところが、実際に3月28日号(14日発売)を見ると、単に先日

のBPO(放送倫理・番組向上機構)の決定に合わせて特別編

を挿入しただけで、次回からまた2年前に戻るらしい。一定の需

要はあるってことね。ウチの関連記事への地味なアクセスから

も、それは感じ取れる。

  

2014年7月27日のNHKスペシャル『調査報告 STAP細胞

不正の深層』で、まるで小保方さんがES細胞を盗んでSTAP

を捏造したかのような内容が報じられたということで、人権侵害

だと小保方さんがに申し立て。

  

その審議の決定と公表が2017年2月10日で、その前後は彼

女の心身も一段と大きく揺れ動くことになった。ちなみに私はそ

のNスペは見てないけど、最近のNHKの調査報道はそれほど

信用してない。特に原発・放射線関連だと、むしろ左派の朝日新

聞の方が冷静かつ客観的、科学的に感じられることもある。

    

ただし、単なるニュース程度の軽い報道なら、民放・新聞・雑誌・

ネットメディアよりはNHKの方が全体的に中立的かな・・とは思っ

てる。CMが入らないのも見やすくて良い。受信料の強制的な

徴収に見合うかどうかはさておき。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

で、今回の連載記事「新月・立春・BPO」によると、小保方さんは

まず1月末、知人の勧めに従う形で、新月にお祈りしたらしい。さ

ほど乗り気ではなかったのに、いつの間にか、願い事。文脈から

想像すると、BPOの人権侵害認定だろうか。

    

続いて、緊張・ストレスでまた体調が悪化する中、立春には誰か

素敵な人と会えたらしい。具体的なことを全く書いてないのに、サ

ブタイトルには入れてるから、トップシークレットの恋愛関連かも♪

いずれにせよ、それなりの人数の知人・友人がしっかり支えてる

ようだ。

       

そして2月10日。前に瀬戸内寂聴と会った場所を指定して、BPO

の人から決定を聞いた。結果は、NHKにとって初めてらしい、人権

侵害の認定と再発防止の勧告。彼女にとって当然の決定だし、放

送や人権侵害の現実は今さら変えられないけど、やっぱり嬉しくて

安心したらしい。

  

   

      ☆        ☆        ☆   

ただ、その翌日の2月11日には、夢から覚めたら現実は逆だった

・・という流れになるのを恐れたようで、二度寝したようだ。まだまだ

完全な快復には時間がかかりそう。

   

ちなみに私も、心が不安定だった時期にはよく寝てた。一番安全で

手軽な治療法だろう。とはいえ、寝過ぎると逆効果だから、バランス

を取る必要はある。その点は、薬でも認知療法その他でも同様。

   

最近、地裁の判決が地味な話題になった、ノバルティス論文不正事

件とかと比較したいところだけど、もう寝る時間が来た。

今夜は唐突にこの辺で。。☆彡

   

                    (計 1543字)

| | コメント (0)

疎開生活10日間&フルマラソン準備完了♪、レースは暑そう・・

(15日)JOG 6.8km,38分47秒,平均心拍 134

消費エネルギー 約308kcal (脂肪 86kcal)

 WALK 7.5km

  

The long and straight road♪

またビートルズか! って言うか、ワインディングじゃないのか!

 

いやぁ、長かったけど、曲がりくねった道ではなかったね♪

ほぼ予定通りの疎開生活10日間だった。今日まで、単なる

イメージ的に「疎開」と書いて来たけど、実は意味が違ってた

のか (^^ゞ 空襲や火災の被害を避けるために都会から地方へ

避難することネ。いや、別に災害からの避難ではない。

 

むしろ、災害を被るために地方へ出張してたのだ(笑) アブ

ナイ性癖か! いや、快楽原則ではなく、現実原則に従っての

常識的行動。私自身はかなりの事を書いてもいいんだけど、

大勢の人が関わってるから、情報公開は差し控える。これが

また現実的な選択で、いいね♪

 

 

    ☆        ☆        ☆

この10日間、一番大変だったのは、歯の痛み (^^ゞ そこ

か! ちょうど、久々に歯医者に通い始めたところで疎開もど

きが始まったから、痛くても我慢するしかなくて、初めてバファ

リンなんてものを買ってしまった。

 

ロキソニンが買えなかったから仕方なくバファリンにしたんだ

けど、ちゃんと効いてくれて助かった♪ エライぞ、ライオン!

電動の棒も気持ち良く愛用中。歯ブラシだろ! 30分から

1時間くらいで痛みが和らいだから、すかさず睡眠へ逃避。

1回使っただけで、それ以降は多少の痛みを我慢してる所。

 

あとは、ボヤキまくってるデジタル環境の問題と、夜中にあん

ましオヤツを食べられなかったこと♪ あんましか! いや、

フルマラソン前だから、多少のエネルギー補給はしといた方が

いいんだけどね。まあ、レース中に空腹で苦しんだ経験はまだ

一度もないから、大丈夫かな。。

 

 

    ☆        ☆        ☆

で、そのマラソンの方は、さほど苦労することもなく準備終了

となった♪ 苦労しろよ!

 

まあ、今シーズンはそもそも、インフルエンザで諦めモードに

なってるから、保守的な完走で十分なのだ。とはいえ、先日の

青梅マラソン30kmは出来が悪過ぎたから、もうちょっと

マシな走りにはしたい。

 

そのために心がけたのは、低めの心拍で余裕を持って走ること

と、朝型の生活リズム。たまたま雪山ツアーと疎開生活が続い

たこともあって、私としては超珍しく朝型が続いてる♪ おか

で一日中眠い状態だから、良し悪しはビミョーかも (^^ゞ

 

とにかく、いつものように、レース4日前の短いジョグで準備

完了。10kmのつもりだったけど、7.5kmくらいの歩き

もあったから、6.8kmで止めといた。やり過ぎより、もの

足りないくらいの方が快感なのだ。何事も♪

 

 

    ☆        ☆        ☆

結局トータルでは、1km5分42秒ペース。ちょっと遅過ぎた

かも。気温9度、湿度70%、風速2.5mで、ゆっくり

走り過ぎたのか、すぐに腹が減ってしまった (^^ゞ こんなんで

42.195km大丈夫かね♪ ともあれ、明日の土曜はのん

びりして、日曜の暑いフルマラソンに備えよう。気温10度〜

16度(!)くらいで、快晴の予報。ではまた。。☆彡

  

  

          時間   心拍平均 最大

往路(約1.9km)  11分37秒 125 130

LAP1(約3.1km) 17分36秒 134 145

復路           9分33秒 143 152

計6.8km 38分47秒 心拍平均134(74%)最大152(84%)

| | コメント (0)

包丁を研ぎ続ける職人たち〜『A LIFE〜愛しき人〜』第9話

夜の部屋で1人、夢中になって繊細な指使いを続ける男の姿、いいね♪

もちろん、退院直後のお店で包丁を研ぐ沖田パパ(田中泯)のこと。

おそらく、今注目の野球のWBCでも、選手たちは大切なバットを

磨いてるだろう。私も昨夜、磨いたばかりだ。野球やってないだろ!

  

裏番組のWBCが25.2%の高視聴率を取る中、『A LIFE』

第9話(10分拡大版)は14.7%を確保。最近のテレビドラマ

状況その他を考えると、健闘と言っていい。

  

健闘の要因は色々あるけど、私が一貫して主張してるのが、脚本家・

橋部敦子の優秀さ。どこまでが最初から計算してた流れなのかは

分からないけど、最終回直前の今回は特に、職人芸を感じた。一般

ウケするドラマチックな起伏やコメディを考慮つつつ、高度な構成

の物語を創り上げてる。

  

今回は「包丁を研ぐ」という行為について多角的に考えてみよう。

ちなみに私も、先週から不自由な疎開生活が続く中、包丁研ぎや

バット磨きは続けてるのだ。いつ出番が来ても、良い仕事が出来る

ように♪ 最近は磨くこと自体も満足できる仕事だったりする(笑)

   

   

   ☆        ☆        ☆

包丁を研ぐということは、身体と物と心が三位一体となった繊細な

だ。私は本物の包丁は苦手だから、バット磨きに専念してる♪

いずれにせよ、未来の使用に備えて一心不乱に黙々と行うわけで、

ある意味それは動く座禅とも言える。ウチでは11年前、ブログ

を始めた頃、禅宗関連で「身体の行動形式」という記事を書いた。

  

今回のドラマ終盤までは、沖田(木村拓哉)に代わって壮大

(浅野忠信)が深冬(竹内結子)の手術をする流れ。おまけに

その前に、現職の厚生労働大臣・横井充の困難な手術(前方アプ

ローチによる眼窩内腫瘍摘出手術)も担当することになったから、

壮大も本気で手術の準備を行ってた。

  

つまり、悪役の副院長だった彼も、優秀な職人の立場に戻って、

包丁を磨いてたのだ。ちょうど実梨(菜々緒)がいなくなった

後だし、バット磨きの方はしばらくお休みってことで♪

 

その間、沖田の方も、出血でますます難度が上がった深冬の手術

に備えてた。壮大に役割を取られた不満、もっと早くバイパス法

を見つけて手術してれば・・という後悔、父親のオペを自ら志願

したのにミスして半人前扱いされてしまったことへの自己嫌悪など

と闘いながら、そうした雑念を振り払うかのように。

 

 

    ☆        ☆        ☆

包丁研ぎのバリエーション=変奏として気づきにくいのは、深冬

の手紙執筆。1年前の月9『いつかこの恋を』の主題歌『明日へ

の手紙』のMVを思い出す姿だった。幻想的でノスタルジック。

私のツボだから、解釈のレビューを書いてある。

  

「2018ねん4がつ にゅうがくおめでとう」。自分にもしも

の事が起きた場合に備えて、未来の娘への手紙を書く母の姿は、

程よく抑制された映像になってた。演出の木村(^^)ひさしは地味

な仕事も出来るらしい。名前の途中の笑顔マークは目立ち過ぎ

だけど♪

  

「 中学生になった莉菜へ」。「 2026年5月7日・・お誕生日

おめでとう」。この年月日を見た瞬間、高校入学なら2027年

だろ!、とか突っ込みたくなった視聴者もいたはず♪ 18+6

+3=27。ところが、どっこい庄一by綾瀬はるか、高校生に

になる前年の15歳の誕生日だから26で合ってる。細かいわ!

 

 

    ☆        ☆        ☆

主役級の3人と同じくらい目立ってた脇役が、オペナースの三条

さん(咲坂実杏)。地味に可愛くて、いいね♪ 冠動脈バイパス

および左内頸動脈内膜剥離術のスタッフ。

  

苛立つ沖田のパワハラ責めを受けてたけど、アレも彼女にとっての

包丁研ぎ。抑圧される哀しさを蓄積した後、柴田(木村文乃)の

責めで快感へと転換するはずだから、M性を磨いてたことになる。

 

ということは、柴田女王様は男女2人を調教してるのだ♪ 井川

の調教はかなり進んでるようで、焼肉屋で「お座り!」と命令した

途端、優等生お坊っちゃんは大人しく縮こまってた。こうなると、

前の回で木の枝の笞(むち)打ちチャンスを逃したのが惜しまれる。

ちなみに、私生活の新妻・木村文乃は逆の役割だ。断定か!

  

  

   ☆        ☆        ☆

最後に、かつての沖田みたいな包丁研ぎを始めたのが安井知樹少年

(藤本飛龍)。将棋の作品に出演しそうな名前だね♪ そのまんま

か! いや、松山ケンイチが天才棋士の映画『聖の青春』で主演

してたもんで。

 

知樹が沖田に託してたのは、ベルギー大先生に渡す裏金の1億円。

将来、返すという意味で、借用書なんてタイトルを付けてたから、

あれも自分の明日への手紙だ。1億円は必要なかったけど、大好き

お母さんを救ってくれた沖田に大きな借りが出来たから、これから

猛勉強という包丁研ぎで返すことになる。沖田が父親になったのだ。

 

まあ、算数のテスト59点というのは沖田パパより上みたいだから、

立派な医師になる可能性は十分ある。そろそろバット磨きにも熱中

する年頃だから、本番の試合での活躍を祈るとしよう♪

 

ただし、自分が父親になるにはまだ早いので、バットのコントロール

も大切なのであった。父と母と子、家族の三角形のダイナミックな

進展では、性=生の物語の中で一定の秩序、つまり法が機能する。

 

「ほう・・」と感心してくれた方は、国語のテストで90点くらい

だろう♪ 寒っ! バーの密談後、羽村(及川光博)のバッティング

も気になりつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡 

 

 

 

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   私って、いつフラれたの?~第4話

   少年たちの冒険と、最小の傷の手術~第5話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理〜第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   闘いと穴埋め、自らの存在のために~最終回

   

                   (計 2357字)

       (追記 20字 ; 合計 2377字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«ファミマWiFiが30分繋がらなかった件&仕上げハーフ走