全記事一覧(16年10月~)

100203

  

正月早々、インフルエンザA型らしき攻撃を受けて沈滞中。。sad

昨日(11日)無理して走ってみたら、今日は熱も咳もひどく

なってしまった sweat01 時間と体力を浪費してる間に、青梅マラソン

接近中 run スキー&スノボツアーの日程も決めなきゃ!ski snowboard

その前に、今週末はまたセンター試験か note

          (1/12 写真&文章変更 by テンメイ)

                   

全記事一覧16年(7~9月4~61~3月)、

15年(10~12月7~94~61~3月)、

14年(10~12月7~94~61~3月)、

13年(10~12月7~94~61~3月)、

12年(10~12月7~94~61~3月)、

11年(10~12月7~94~61~3月)、

10年(10~12月7~94~61~3月)、

09年(10~12月7~94~6~3月)、

08年(10~12月7~94~61~3月)、

07年(10~12月7~94~61~3月)、

06年(10~12月7~94~61~3月)、

05年(10~12月7~9月)もよろしく 。

ブログ公開から11年4ヶ月半 note 毎日更新継続中 yacht

    

      ☆          ☆          ☆

リハビリジョグ再挑戦、マスクで咳を抑えて1km7分超 ラン 1/23

「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想 雑誌,文芸 1/22

インフル17日目、腰痛・胸痛・咳をごまかしつつお散歩 日記,ラン 1/21

野上弥生子『秋の一日』2~センター試験の省略箇所 文芸 1/20

所沢シティマラソンの近道優勝&男女入れ替わり2位 ラン,日記 1/19

インフルエンザ半月!、咳のし過ぎで腰痛発生。。 日記 1/18

切ってつないで治す、心の穴、頭の影

     ~『A LIFE~愛しき人~』第1話 テレビ,芸能 1/17

くじ引きの順番は無関係、条件付き確率

   ~2017センター試験・数学ⅠA・第3問 数学,教育 1/16

「春」の純粋さと郷愁が誘う涙、野上弥生子『秋の一日』

         ~2017センター試験・国語 文芸,教育 1/15

インフルエンザ再び悪化、ついに寝込むハメに・・ 日記 1/14

Androidスマホ・SC-04E使用開始♪

  &インフルエンザ・ジョグ2、体調悪化 携帯,ラン 1/13

16年・検索フレーズランキング&インフルエンザ後半戦、無理してジョグ

                        ブログ,ラン 1/12

インフルエンザのピークか、熱38度で試しにお散歩 日記 1/11

人工知能(AI ロボット)を愛せますか~朝日GLOBE 科学,恋愛 1/10

お知らせ~記事のリンク切れトラブル発生、応急修理 ブログ 1/9

パズル「漢字抜け熟語」(三字・四字・五字)の解き方

          ~ニコリ作、朝日be  ゲーム,文芸 1/9

2016年・記事別アクセスランキング Best 30 ブログ 1/8

遂にインフルエンザ(?)発症で絶不調・・寝込む前のつぶやき 日記 1/7

立体四目並べ、アプリ「Yonmoku」でのAI対戦 ゲーム,数学 1/6

立体三目並べの必勝法2~Androidアプリの実戦 ゲーム,数学 1/5

インフルエンザ感染かも・・、発症前に正月ジョグ 日記,ラン 1/4

『とんねるずのスポーツ王2017』ちら見&初ラン テレビ芸能,ラン 1/3

『紅白歌合戦 2016』、超軽~い一口感想♪ テレビ,芸能,日記 1/2

☆謹賀新年 2017☆  日記 01/01

  

     ☆   ☆   12月   ☆   ☆

走り納め30km、心拍異常&16年12月と年間の全走行距離

              日記,ラン,自転車 12/31

現役時代に興奮剤グリーニー(C16H18ClN)使用、清原

            &ハーフ走 テレビ,ラン 12/30

三浦九段の将棋不正疑惑、第三者委員会報告他を読んで 将棋 12/29

年末恒例、あおられまくりの忙しさ&休養ジョグ2 日記,ラン 12/28

『SMAP×SMAP』(スマスマ)最終回、スタッフとFAXの

  お花畑でさよなら・・「じゃないよな」♪ テレビ,芸能 12/27

iPadでクリスマスBGMを聴きながら年賀状&ジョグ 日記,ラン 12/26

『明石家サンタ2016』~ノンスタ石田、「車が当たらなくて良かった」♪

                      テレビ,芸能 12/25

1ヶ月半ぶりの自転車で多摩川、雪の富士山は綺麗だけど寒い!

                     自転車,日記 12/24

JR SKI 2016-17、CM第2話・まつげの雪編レビュー

                スキー,テレビ,芸能 12/23

新潟の火災を見ながら・・&冴えない25km走 日記,ラン 12/22

『頭脳王2016』問題解説3~立体三目並べの先手必勝法&

      コンピューター対局内容 テレビ,ゲーム,数学 12/21

『スマスマ』通常最終回、タモリのモロッコ「マラケシュ」♪&休養ジョグ

                 テレビ,芸能,ラン 12/20

2年ぶりくらいの大量アクセス&頭痛寒気ハーフ走 日記,ラン 12/19

『頭脳王2016』問題・解説2~大谷のホームランの飛距離、

  数列8パズル、ジグソー不足ピース テレビ,物理,数学 12/18

» 続きを読む

| | コメント (0)

リハビリジョグ再挑戦、マスクで咳を抑えて1km7分超ペース

(22日) JOG 10km,1時間11分24秒,平均心拍 132

    消費エネルギー 560kcal (脂肪 168kcal)

    

ウ~ン・・、1回失敗した後だし、まだ分からないけど、とりあえず

走った後の感触はそれほど悪くないね♪ 今度こそ、ほぼ完治

かな・・・と9日前も思ってて、見事に裏切られたんだけど (^^ゞ

    

過去、ひどい風邪をひいた時とか、完治に2週間かかったことは

よくあるけど、その終盤には軽く運動を再開してたことが多い。

終盤は、カラ咳がコホコホ出る程度だったのだ。

   

ところが今回のインフルエンザA型(推定)は、半月過ぎても歩く

ことさえ不自由なほど。咳のし過ぎで、まず腰の左側あたりを痛

めて、次には右の胸も痛くなった。どちらも今でも、ちょっと痛い。

  

まあでも、ちょうど半月を超えた16日目の金曜日くらいから体調

がマシになって、土曜も少し快復。日曜は完治か・・と思ってたら、

咳がぶり返して、寝てる間に2回目が覚めてしまったほど。ヤレ

ヤレ・・って感じで、ホントに疲れる不毛な闘いなのであった。。

   

     

     ☆        ☆        ☆

だから、本来なら日曜は、暖かい昼間にジョギングしてみる予定

だったのに、しばらく様子見。咳が出ないのを確認して、夜遅くに

リハビリジョグ再挑戦。マスク使用で、最後まで外さず。

   

前回は症状が再び悪化するキッカケになってしまったから、最初

の3kmくらいは1km8分(笑)の超スローペース。それでも、ほぼ

1km走るごとに1回、咳き込んで立ち止まる状態で、止めて帰り

たくなったほど。

    

ところが4km目くらいから、身体が温まって慣れて来たのか、

咳がちょっと収まってくれて、その後は帰宅まで3回だけ(細か

い♪)。ただ、調子に乗って周回ラストでスピードを上げたら、

すぐに咳き込みそうになって、慌てて立ち止まるハメになってし

まった (^^ゞ

      

まあ、3、4回立ち止まったけど、一応10km完走できただけで

も良しとしよう。トータルでは1km7分08秒ペース(笑)。いやぁ、

これって、アップダウンがある青梅マラソン30kmなら、制限時間

を超えちゃいそうな遅さだね。

   

    

     ☆        ☆        ☆

心拍センサーのベルトの締め付けもあって、右胸の痛みが増し

たけど、腰と肺は何とか大丈夫。脚は問題なさそうだから、なる

べく明日・・じゃなくて今日も走ることにしよう。

  

気温5度、湿度50%、風速2m。スピードが遅くて寒いから、

上は4枚、下はCW-Xを2枚重ね履きして、カイロ2個持参♪

手袋はフリース製の防寒タイプ(笑)。いや、それくらいの重装

備で正解。暑いとは全く思わなかった。

   

その後の咳は、クールダウンで歩いてる時に1回出ただけ。

後は寝てる間が問題。さて、起きた後の体調はどうかな・・と

か心配しつつ、それではまた明日。。☆彡

    

      

          時間  平均心拍  最大

 往路(1.2km)  8分56秒 116  130

LAP1(2.2km) 17分03秒  126 135

  2        15分53秒 131  139

  3        15分59秒  134 142

復路(2.2km) 14分26秒 139  157

計 10km 1時間11分24秒 心拍平均132(73%) 最大157(86%)

| | コメント (0)

「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想

このブログ記事はカテゴリー設定に迷う。「書籍・雑誌」はいい

として、芸能・アイドル、社会、科学、色々と候補がある中、一応、

文化・芸術としておいた。少なくとも初回の内容は有名人の日記

だったから、妥当だろう。

   

170122a

   

上の画像は雑誌『婦人公論』の公式HPより。右端だけ見ると、

“新連載 小保方晴子日記 「あの日」からの記録”の扱いは大

きいように見えるが、表紙を見ると、左下に微妙な大きさの文字

で名前が書かれてるだけ。

  

実際に雑誌の目次を見ても、計2ページの内の2ページ目に、

微妙な大きさで書かれてた。

   

    

     ☆        ☆        ☆

こうした、小保方さんの「扱い」の問題はどうでもいい事ではな

く、決定的に重要な事だ。

   

STAP騒動の核心は、自然科学のあり方などではない。科学的

な不手際や不正など、昔からどこにでもある話なのに、少し目立

つ若い女性研究者ということで、途方も無く大きな魔女狩りになっ

てしまい、非常に優秀な男性研究者まで失う結果になったわけだ。

         

今回、ツイッター検索もかけてみたが、小保方さんのこの日記を

めぐるツイートは意外なほど少なかった。リツイートを除くと、た

かが30程度。

  

おそらく今現在の彼女にとって、これは良いことだと思う。というの

も、そもそも日記連載の初回のタイトルが、「記者さん、引越し、

雪だるま」。相変わらずメディアに追いかけ回されて、引越しする

ハメになった話からスタートしてるのだから。。

    

   

      ☆        ☆        ☆

さて、1月6日の発売から半月が経過した、『婦人公論』2017

年1月24日号の記事。

     

初回は特別編として、連載が決定して最初の原稿を送るまでの

半月(11月10日~24日)の話であって、流し読みするなら

肩透かしの印象もある。料理中心の簡単な記録が15日間続く。

    

しかし、丁寧に読むと非凡なものも感じるのだ。繊細さ、思考力、

意志。どこまでライターや編集者の手が入ってるのかは分からな

いが、今回は元の日記に近いと思う。

     

170122b

   

本人撮影の小さな写真から推測すると、上の「TWO

 YEARS DIARY」のような2年用の日記帳に手書き

してるらしい。楽天の国際版ページより

   

   

      ☆        ☆        ☆

記者さん、引っ越し、雪だるま」と、4文字×3でまとめたタイ

トルは、「小雨、のち、晴れ」ということだ。冴えない状況から、

色々あって、明るく楽しい状況になって来たということ。

    

うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)の栄養療法を続ける

状況でも、記者たちは家まで来て、ドアを叩く。耐え切れず、

夜中に引っ越して、途中、何度も車を乗り換えた。

   

そんな中でも、支えてくれる友人・知人たちとのつながりはかなり

あるようで、その点だけならむしろ恵まれてる部類かも知れない。

  

去年、瀬戸内寂静との対談を掲載した『婦人公論』の横山編集長

から連絡があって、11月20日に久しぶりの外食(コース料理)を

楽しみながら、新連載K相談。出来事の見方が変わるかも、とい

う言葉に心を動かされ、友人たちの励ましも受けて、11月

24日に最初の原稿を送る。

     

最後に勇気を与えてくれたのは、白く美しい雪。「白」はここ数年、

彼女が最も好きな色かも知れない。雪だるまは本当に自分で作っ

たそうだ。

    

    

     ☆        ☆        ☆

料理とは、「日常的な実験」をも表すもの。だから、金目鯛に包

丁を入れる時、特別な思いも浮かび上がったわけだ。

  

お金も設備も試料も不要、厳しい批判を受けることなく、気晴らしに

もなる実験。頭と身体の適度な運動になるし、成功の喜びや失敗

の哀しさも適度にあるので、有意義な活動だ。

       

ここで今週の字数制限15000字に到達したから、唐突に終わりと

しよう♪ 次回以降、「あの日」からの日記も楽しみだ。

ではまた。。☆彡

    

                     (計 1504字)

| | コメント (0)

インフルエンザ17日目、腰痛・胸痛・咳をごまかしつつ、お散歩

Walk 約10km,約2時間,心拍測定せず

   

腰が痛い。。し過ぎなのだ。咳の♪ いやぁ、しかし今度こそ本当

に完治が近づいた気がするね。まあ、この半月ちょっとの間、何度

も身体に騙されて来たけど、やっぱり半月あればウイルスに対応

できるわけか。普通は2週間だけど、ちょっとこじらせちゃったと。

      

ハッキリ、いいねと思えたのは、昨日の朝、起きてすぐ。これまで

は朝からゴホゴホ咳き込んでたし、痰も出てたのに、どちらも一気

に減ってくれた♪ って言うか、目覚め自体も爽やかだったのだ。 

     

その直前、一昨日の夜はよく覚えてないけど、パブロンを飲まな

かったか、2錠飲んだか、どちらかだ。飲んでたとしても、一昨日

はそれ以外に飲んでない。

   

いや、薬を飲みたいのは山々だけど、最近はあんまし効かなくなっ

て来たから、飲むのがバカバカしいわけ (^^ゞ やっぱ、私の場合、

連続使用だと10日間くらいが限界みたいな気がする。別の咳止

め薬もドラッグストアで物色してみたけど、めぼしい物が無かった

から止めといた。ノドや胸の塗り薬でいいのがあれば欲しいな。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

話を戻すと、昨日は一気に体調がマシになったけど、仕事が忙し

かったから、運動はなし。まあ、もちろん、仕事や通勤で歩いたり

階段上ったりはしてる♪ 

   

意外なことに、階段をゆっくり上り下りする程度なら、腰は痛まな

い。平地よりも楽で、エスカレーターの右側登りでも、前を歩く人に

後ろからプレッシャーかけてたほど(笑)。コラコラ! 良い子は真

似しないように。

       

いや、私の足音の接近にあおられて焦る姿を後ろからじっくり見る

のが趣味なのだ♪ 振り返ってくれたりしたら快感。サディストか!

まあ、加虐性変態性欲ではないと思う。反応しないから(笑)。フ

ツーだろ! 

       

とにかく、昨日は鼻をかむ回数も一気に減ったし、パブロンもゼロ。

ただ、やっぱり何度か咳き込むことはあった。腰に続いて、右胸まで

痛くなってるから、普通の姿勢だと痛すぎて咳ができないのだ。咳っ

て意外と、複合的な運動なんだね♪

    

    

     ☆        ☆        ☆

で、昨夜はパブロン無しで寝て、咳は10回くらいかな? 姿勢の問

題なのか、時間帯とか室温の問題なのか、明らかに寝る時が一番、

咳が出てしまうし、腰と胸の痛みが発生したのも就寝中。

   

ただ、昨夜はわりとスヤスヤ眠れて、今朝はもう、目覚ましその他

を無視してお昼まで寝てた。って言うか、ボーッと横になってたと

言うべきか。

   

で、夕方まで咳をしないまま我慢して、試しに雑用込みのお散歩

5km。いきなり最初、冷たい風を受けて咳が出てしまったけど、

身体が慣れると収まった。のど飴の援軍も使用♪

   

    

      ☆        ☆        ☆    

帰宅した後、夜遅くに再び、お散歩5km。病気と関係なしに、そも

そも1日10kmも歩くことは滅多にないからなのか、後半はかなり

腰の痛みが広がって、何度か立ち止まってしまったほど。

    

それでも、何とかすぐ歩き始めて、無事にノルマを達成できた。い

や、外で立ち止まったままだと寒いもんで♪

  

合計10kmのウォーキングで、約2時間。この感じだと、まだ明日

もジョギングは無理だと思うけど、また歩くだけなら大丈夫かな。

9日前、1回無理して走って失敗したから、同じ過ちを繰り返さな

いように注意しよう。

     

ちなみに、「くりかえし」と入力すると、「ゝ」という記号に変換でき

る♪ 30へぇ~~くらいか。昨日の軽い文学記事を書く時に学

習したから、知識をひけらかしたいわけ(笑)。子どもか!

   

それでは、また明日。。☆彡

         

                   (計 1434字)

| | コメント (0)

野上弥生子『秋の一日』2~センター試験の省略箇所も含めた全文を読んで

先日書いたセンター試験の国語記事は、予想通り、かなりのアクセ

スを頂いてるし、一部の方々は熟読してくださってるようだ。

   

 「春」の純粋さと郷愁が誘う涙、野上弥生子『秋の一日』

             ~2017センター試験・国語

   

今回は、先日のレビューを少し補う簡単な記事にすぎない。ただ、

私自身はかなりスッキリした。センターの問題文が省いてた部分

を読むことで、モヤモヤしてた思いがほぼ解消されたのだ。

     

    

     ☆        ☆        ☆

私が確認した小説全文は、岩波書店『野上弥生子全集』第1巻に

収録されていた(正確には、彌生子)。先日の記事の際、私は、初

出の雑誌のページ数とセンター試験のページ数を見比べて、試験

に出たのは半分くらいかと思ってたけど、実際は4分の3くらいだ。

     

正確に言うと、全文はp.315-326の12ページ。最後のペー

ジは3行しかないから、実質的には約11ページ。一方、センター

試験に出た部分は、全集で言うと、p.316の最終行から、

p.324の最後から3行目まで。つまり、ほぼ8ページだ。

   

ということは、センターに出たのは約4分の3。より正確に言うと、

7割ちょっとであって、残り3割弱が省略されてたわけだ。

   

  

      ☆        ☆        ☆     

私が一番気になってたのは、終盤の省略部分。当然、展覧会の

後はピクニックみたいな事をするのだろうと思ってたから、実際に

全集で確認できて納得した。そうでないと、『秋の一日』という題名

がしっくり来ないからだ。

    

ただ、実際に読んでみると、終盤以上に、序盤の省略部分が決定

的内容を含んでた。少しだけ引用してみよう。

   

ひらがなの「く」を伸ばしたような、反復表現の省略記号になってる

箇所は、< >で囲んである。ひらがなの繰り返し記号「ゝ」はその

まま引用。これらが、1912年の初出時(雑誌『ホトトギス』第15

巻・第4号)の仮名遣いと同じかどうかまでは調べてない。

   

   

      ☆        ☆        ☆

 ・・・と何か一つの事を思ひかけるといつまでも<いつまでも>

 その事に執着する癖のある直子は、暫時はその籠の事ばか

 り思ひ続けた。そして其聯想の中にはピクニツクと云ふ字が

 あつた。よく西洋の雑誌などで見るピクニツクの絵──打ち

 晴れた高い空、きらめく様な美しい日光、透明な空気、活き

 <活き>した緑色の植物、花の匂ひ、小鳥の歌、その階調

 に縺るゝほのかな水の響き、こんなものゝ想ひ浮ばれる森

 の蔭や、・・・・・・

                  (p.315-316)

   

長い一節なので、このくらいの引用に留めとく。要するにポイント

は、主人公(ヒロイン)の直子がこだわるピクニックが、外国の絵

のイメージだということだ。

  

下は、Thomas Cole作、『The Picnic』(1846)。

ウィキメディアより。

     

170120pic

        

仮に直子が海外の経験を持ってるとしても、ピクニックに関して

はほとんど幻想のはず。だからこそ、引用文の段落の最後は、

 「遠くの世界のやうに楽しんだ

という表現で終わってた。

   

    

      ☆        ☆        ☆

一方、センター試験の第2問の冒頭には、手提げ籠の短い説明

に続いて、「直子は病床からそれを眺め、快復したらその中に

好きな物を入れてピクニックに出掛けることを楽しみにしていた」

とだけ書いてあった。

  

これでは、直子にとってのピクニックという存在が分からない。だ

から、問2の問題と解答もちょっと妙な感じがあった。

   

つまり、展覧会の後でピクニックに出掛ける自分のアイデアにつ

いて、「誠に物珍しい楽しい事が急に湧いたような気がして」と書

いた箇所について、「それはどういうことか」と出題。選択肢の中

だと、確かに最も適当なものは一応選べるが、小説を普通にまと

めただけで、あまり理由の説明になってないなと思ってたのだ。

   

ところが、元々ピクニックが海外の絵のイメージなら、直子の嬉しさ

がよく分かる。展覧会の後でピクニックをするというのは、芸術の絵

を味わった後で「現実の絵」を味わうということだから。

  

おまけに、その現実の絵、つまり実際のピクニックでは、自分自身

が主人公なのだ。これほどアートに満ち溢れた一日もなかなか無い

だろう。

 

ちなみに下は、私の環境で、「picnic」を画像検索した結果の最上

位あたり。Googleが示したのは、まさに絵に描いたような結果だ。

小説の冒頭の説明と同じようなカゴまで映ってる。

     

170120b

  

   

     ☆        ☆        ☆

私は先日のレビューを書いた時、直子の感性はかなり遠くを見て

るものだなと思ってたが、やはり幻想への感受性やこだわりが強い

のだろう。

    

なお、「ピクニック」は外で食事すること、「ハイキング」は外で歩く

こと・・・といった話は、2年前、不倫の人気ドラマ『昼顔』の記事

で書いたことだ。

  

あの時、「picnic」の語源的意味(の1つ)として、「小さい

物(nic)を刺す(pic)」と説明しておいた。この場合の「刺す」

とは、味わうことだから、小説の別の見方も浮上する。

   

つまり、運動会の鑑賞にせよ、子連れの外出にせよ、「小さい

ものを味わう」体験という意味で、まさにそれ自体もピクニック

だったのだ。

   

   

      ☆        ☆        ☆    

したがって、この小説は副題を付けて、

  『秋の一日 ~ピクニック~ 』

と考えてもいいだろう。

    

ただし、春の明るいイメージのピクニックであっても、やはり「秋」。

小説の終盤は、少し淋しいイメージも漂ってた。意外な展開でも

ないがけ、短編小説のラストのネタバレは差し控えるとしよう。

    

それでは今日はこの辺で。。☆彡

        

                   (計 2183字)

| | コメント (0)

所沢シティマラソンの近道優勝&男女入れ替わり2位、ニュースの感想

トホホ・・・なニュースだねって表現は死語だっけ?(笑)。近道して

まで市民マラソンの部門優勝して、どんな賞品が貰えたのかと思っ

たら、公式HPには表彰の話しか書いてない。参加料5000円払っ

て近道して、偽の表彰だけ? 世の中、色んな人がいるもんだね♪

       

2016年12月11日開催、第27回所沢シティマラソン。「ハーフ

男子60歳以上の部」で優勝した男性が、後半だけ凄く速いタイム

で、最近になってようやく、7km(!)のショートカットを自白したら

しい。全体の3分の1も近道したことになる。

        

前半10kmを55分かかってるのに、後半11kmは34分。。(^^ゞ

どんだけ凄いロングスパートや! せめて後半44分くらいにしと

けばバレなかっただろうけど、それじゃあ優勝できないわけね。

     

と言っても、当日の主催者側は何とも思わなかったようで(?)、

見つけ出したのはエンブレム騒動でもお馴染み、ネット探偵の皆

さん。今日のニュース報道まで、かなり手間ヒマかけて頑張った

らしい。

   

まあ、あまりに露骨なタイムだから、私でも出場してたら何か言い

たくなってたかも知れないね。小市民だから、たぶん我慢してたと

は思うけど♪

  

   

      ☆        ☆        ☆

ちなみにコースは下図の通り。公式HPより。後半の左側コースを

バサッと無視したってことか。

     

170119a_2

   

ちょっとコース設定が苦しい気はするけど、川口マラソンと似た感

じかも。そう言えば私も、世田谷246ハーフで、勘違いした誘導員

に無理やり近道させられたんだった (^^ゞ おまけに自分でも気づ

かず、意外な好タイムに喜んでたりする(笑)。ハッキリ言って、大

迷惑だったね。お詫び状もらったけど、いまだにプンスカ!

   

   

      ☆        ☆        ☆ 

近道男性の名前は他サイトにお任せってことで、実は私がもっと

驚いたのは、男女の入れ替わり不正だった。エェッ?!って感じ。

   

情報がやたら少ないけど、女装したんじゃなさそうだね。ほんじゃ、

バレるに決まってんじゃん♪ いわゆる「男の娘」(おとこのこ)系

の美少年ってことかね。流石に表彰は辞退して(?)、最初から

身を隠したらしい。入賞者の名前の記載も無し。

     

ランナー友達の女性の代わりに男性がハーフを走っただけじゃ

なくて、女性も男性の5kmを走ったとのこと(爆)。ハアッ?、男装

したんじゃないよね。ゼッケンの色とか番号が、男女で違うはず。

周囲の参加者が数人か数十人、すぐ発見すると思う。

    

2人とも39歳以下の一番若いカテゴリーだから、20歳くらいの

学生がノリで遊んじゃったのかな。あの世代はノリとかシャレで

何でもやれるのだ♪ 

   

私なら数年前くらいか(笑)。多少の恥ずかしい事はやったかも知れ

ないネ。「かも」かよ! いや、こんな不正はしてないけど、危ない事

やアブナイ事は嫌いじゃなかったかな。

    

    

      ☆        ☆        ☆

そう言えば4年前、小田原尊徳マラソンでも替え玉優勝が発覚して

問題になったけど、あれも片方の当事者は若かったし、レベルが

高かった。体育会系の先輩達にプレッシャーかけられて、断れな

かった可能性もある。

    

今年のセンター試験の国語には、純粋な若さを見て涙を流すアラ

サー女性の小説が使われてた。かなりおバカな青春にも感傷的

になれる女性だったから、男女のマラソン不正でも感激の涙を流

せるのかも♪ 60代男性の不正じゃダメだけど(笑)

     

ちなみに私は相変わらず、インフルエンザ終盤が延々と続いてて、

走るどころか歩くのも寝るのも大変な状況なのだ。青梅マラソンは

ショートカットしたくなるかも♪ コラコラ!

    

次は、自動車かバイクを使ったマラソン不正に期待しよう(笑)。

そこまで突き抜けると、流石にみんな笑えるでしょ。あっ、逆の方

が世界的ヒットかも。自動車レースの途中でランニングするとか♪

   

ちなみに去年のツール・ド・フランスでは、優勝者が自転車をか

ついで走るシーンが話題になった。自動車をかつげばもっと話

題になるはず♪ 無理だろ!

   

それでは、また明日。。☆彡

          

                   (計 1615字)

| | コメント (0)

インフルエンザまさかの半月!、咳のし過ぎで腰痛まで発生。。

激しい症状は収まったけど、期間的にはもう人生最悪レベルだね、

これは。。(ーー;) いくら何でも2週間経てば完治すると思ってたら、

逆に急性腰痛まで発生してしまった。ドツボでガックシ。。_| ̄|○

   

ギックリ腰ってほどの痛みでもないけど、ほんのちょっと動かすだ

けでも痛いから、走るなんて絶対に無理。歩幅の大きい歩行とか

階段の一段飛ばしも無理。

  

と言うより、単に咳をするだけでも気を使わないといけなくなって

しまった。普通にゴホゴホやると、その度に腰がミシミシ痛むから、

ちょっと前かがみで身構えた後、咳をすることになる。寝てる時は

そんな余裕ないから、痛みで目が覚めるほど。。

   

   

     ☆        ☆        ☆

痛みに気付いたのは昨日だけど、ホントはもっと前から腰に負担

がかかってたのかも。

  

全く運動できない毎日だから、肉体的にはたっぷり休養できてる

なと思ってたら、大間違いだった。咳をする時、腰に手を当ててみ

ると、小刻みに力が加わってる。小さな力とはいえ、普段はない負

担だから、2週間蓄積して昨日、ガマンの限界を超えたと。

   

最近はもう、パブロンの飲み過ぎで、飲んでもほとんど効かなくなっ

てしまった。ここ数日は寝る前だけ飲んでるんだけど、鼻はともかく、

咳は逆に増えるような気さえする。

   

鼻水はちょっと減ったし、汚い黄色や粘り気も減って、ウイルスと

の戦いは終了かな・・・と思ってるのに、完治から程遠い状態で

足踏み状態のまま。まあ、鼻のかみ過ぎで耳が痛かったのは、

ちょっと治まったかも。。

  

   

     ☆        ☆        ☆ 

熱も37度台で上がったり下がったり。もう測る気もしなくなって来

た (^^ゞ 一昨日、36.7度を記録した時には「よし!」と思ったの

に、昨日はまた37.2度。今日はもう測らず♪ いや、体温計の

電池切れが近いし(笑)。そうゆう理由か!

   

あぁ、そんな中でも仕事が続くのがキツイな。昨日はブログも大仕

事だったし♪ あの種のレビューはそう簡単に書けるもんじゃない。

検索しまくり、動画巻き戻し、画像処理、リンク付け、文章チェック。

  

最初、脚本家の「橋部」を「橋田」と間違ってたから慌てて修正 (^^ゞ

30分ほど恥をかいてしまった。寝る前にかくのは、20分だ♪

コラコラ!

     

まあ、軽口を飛ばす程度の元気はまだ一応残ってるんだよな。し

かしこのまま行くと、もう青梅マラソンは棄権した方がいいかも。

30km走るどころか、300m歩くのさえ大変。グリコを食べろって

ことか♪ 比喩、古っ!

   

   

     ☆        ☆        ☆

そう言えば昔、ジャンケンでグーで勝つと、「グ・リ・コ」と言いつつ

3歩進んでたけど、チョキの「チ・ヨ・コ・レ・ー・ト」やパーの「パ・イ・

ナ・ツ・プ・ル」と比べて半分しか進めないね。

  

まあ、だからと言ってチョキを出すと、グーの餌食になるわけか♪

確率論的に最適戦略を考えたくなったけど、今夜は止めとこう。

そうか、あの古い遊びは結構、高度な数学ゲームだったのか。。

  

私はパーが多かった気がするな。単に、手がラクだから♪

ではまた明日。。☆彡

         

                   (計 1235字)

| | コメント (0)

切ってつないで治す、心の穴、頭の影~『A LIFE~愛しき人~』第1話

10年ぶりの体調不良の中、昨夜ようやく見終えた動画『PPAP』

・・・じゃなくて、ドラマ『A LIFE』♪ 似てないだろ!

   

タイトルバックで赤いアップル(りんご)と「A」のロゴが強調された

瞬間、私の期待は膨らんだが、見事に裏切られてしまった。

どうしてペンを刺さないんだ!♪ そこか!

    

170117a

    

次は、お見舞の果物カゴのパイナップルに期待しよう。

いや、別に無意味な言葉遊びをやってるわけではない。

      

この医療・恋愛ドラマの人間関係はPPAP。ペンが刺して、

パイナッポーとアッポーと三位一体になる流れなのだ。これは

単なる三角関係の言い換えとはビミョーに異なってる。。

    

    

    ☆        ☆        ☆

世界的大ヒットとなったPPAPとは、ピコ太郎が、ペンとアップルと

パイナップルの3つをつなぎ合わせるダンス・ミュージックだ。

ドラマの主人公3人と比べてみよう。

   

  ペン-パイナップル-アップルペン

 沖田(木村)-壇上壮大(浅野)-深冬(竹内)沖田

    

3種類のもののうち、1番大切なものだけは、出番が多い。残り

2つを一体化する、ペン。そして、「アァ~ン!」と喘ぎ声(笑)

を出しながら突き刺したのは、クセのあるピコ太郎。

    

一方、ドラマで出番が多いのは、主役のキムタク=木村拓哉。

疎遠な壇上夫婦のそれぞれと特別なつながりを持つ、沖田一光

だ。パイナップルとアップルだけだとつながらないけど、ペンが

加わると3個つながる。

    

沖田を中心に3人をまとめようとしてるのが、クセのある壇上

院長(柄本明)。「ウゥ~ン!」とうめき声を出して倒れたのが発

端だった。

    

    

     ☆        ☆        ☆ 

ここで、ピコ太郎院長の存在の重要性を示すシーンを1つ、思い

出してみよう。

   

1回目の手術は、「コンノ法による大動脈弁置換術」。

難しげでスルーしたくなる名前だが、よく読むと普通の言葉だ。

「コンノさんの方法による、大動脈の弁を置き換える手術」。

1975年、東京女子医大の今野草二教授が発表とのこと

   

これが失敗して院長の意識が再び無くなった後、深冬(竹内結子)

は奇妙なほど動揺して沖田をなじり、シアトルに追い返そうとした。

  

2話以降、何か特別な理由(例の父に話したかった大切な話とか)

が紹介されるのかも知れないけど、第1話の範囲で考えれば、要

するに、「娘-壮大-深冬-娘」という家族のまとまりが崩れるか

らだろう。

   

院長がいなくなると、婿養子みたいな壮大(まさお:浅野忠信)が

院長の座についてしまって、家族の中に上下関係ができてしまう

し、壮大は深冬の仕事である小児科に否定的だから。今は「子は

かすがい」のおかげで、夫婦の形を保ってるにすぎない。

   

おまけにそこへ、かつての恋人らしき沖田の存在まで入ってくる

と、心の平穏さも崩れてしまう。

    

院長が「父」としての機能を一番上で果たしてくれてるからこそ、

夫婦と娘の3人家族もまとまっていられる。まあ、父が倒れて沖

田を呼び戻したのは想定外として。。

   

    

     ☆        ☆        ☆

一方、もちろん主役はキムタクだが、スーパードクターの彼だけが

大活躍するようだと、大人のドラマ全体の調和が乱れてしまう。   

       

そう言えば、PPAPのフリで重要なことは、3つの物の「高さ」を合

わせることだった。1つだけ上にあると、他とつながらない。アップ

ルペンとパイナップルペンの高さも同じ♪

  

その辺り、流石はベテラン実力派の橋部敦子は、バランスの取れ

た滑らかな脚本を書いてた。沖田、壮大、深冬の高さが揃ってて、

描き方の配分も絶妙なのだ。特に壮大は、目線でいつも沖田とつ

ながってた。

   

   

     ☆        ☆        ☆

沖田は腕利きとはいえ、外国に飛ばされ、いい年して独身、昔の

恋人は親友に奪われるし、父親にはバカにされてる。おまけにま

だ、日本では2回手術して1回成功しただけで、成功率さえ低い。

   

キムタクのモデルは明らかに、天皇陛下の手術を担当した天野篤。

エンドロールで「総合医療監修」として特別扱いされてた。

  

天野は優秀な腕と6000例の経験を誇る心臓外科医として有名

だけど、学歴は冴えない。3浪してようやく、私立の日本大学に

入学。ただし、子どもの頃から、プラモデルだけは得意だった。

     

一方、沖田も6000例を超える経験で井川(松山ケンイチ)を驚か

せてたけど、大学は私立で「にっぽう大学」(日邦大学?)とか言わ

れてた。天野の日本大学をもじった名前だろう。ガンプラ(ガンダム

のプラモデル)だけ得意な劣等生というのも、天野にそっくり。父親

への愛と心配りも同じ。

   

そして、私が個人的にある医療関係者に聞いた話だと、脳神経

外科から見れば心臓外科は格下ということだった。脳の扱いの

方が大変だから。この話が正しいとすると、壮大から見れば、

沖田の担当分野自体が格下。

   

だから、深冬の脳腫瘍の手術を壮大が沖田に任せたのは、「お前

に難しい脳が扱えるか?」という挑発の形にもなってる。もし沖田

が失敗した後、壮大が成功すれば、完全な勝ちになるかも知れな

いのだ。医者としても、男としても。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

脇役としての壮大の描き方が上手いので、このドラマは単純な

水戸黄門的ヒーロー物語にはなってない。むしろ、群像劇のよう

にも見えたほど。壮大が正拳の突きで壁に穴を開けたシーンは

特に印象的で、性的な表現も二重に含まれてた。

  

非営利の個人ブログでのレビュー用に、再び小さな画像をキャプ

チャーさせて頂こう。著作権・肖像権の問題は生じないと考える。

       

170117b

    

このシーン。僅かに右にズレてたのが惜しまれるが、壁の穴は

心臓の穴、つまり心にポッカリ開いた穴を象徴してたわけだ。

   

それは本来、きっちりと修復すべきものだが、壮大は穴を絵で隠し

て済ませようとする。心の穴がふさがらないままの隠蔽。これこそ

まさに、あそこで登場した顧問弁護士の実梨(みのり:菜々緒)の

役割だ。

  

かりそめに穴をふさいでも、満足は続かず。またすぐ穴が開くだ

けだろう。それこそ、性的欲望の本質的構造とも言える。

     

    

      ☆        ☆        ☆

170117c

 

一方、大病院の院長の娘で、小児外科医でもある深冬も、可愛い

娘や2人の男性に愛されつつ、まさに致命的な不幸を抱えてた。

「愛しき人」深冬の、脳の奥の影。この画面を、アップルペンでタッ

チするとか♪ まだ言うか! 

  

上の写真で、脳腫瘍の小さな影が、壮大の頭の一部にもなってる

辺りは芸が細かい所。PCモニターを鏡としても活用してる。私の顔

が映り込んだのではない♪

  

深冬の脳の影は、沖田への深く複雑な思いも表すから、腫瘍自体

が「深」い「冬」みたいなもの。それは壮大や沖田の頭の中でも影。

   

まだ1話が終わったばかりだし、そう簡単には治せないはず。ただ、

ヒロインが死ぬことはないと思う。視聴者の7割は女性だろうから♪

そうゆう理由か!

   

いや、そうゆう大人の事情はかなりドラマの中身に反映される。あ

の優秀で魅力的なオペナース・柴田由紀(木村文乃)も、公式動画

を見始めた途端にエッセンシャル・シャンプーのCMに登場して、

苦笑した。 

  

ちなみに私はメリットだが、実家はエッセンシャルだった。

聞いてない? あっ、そう♪

     

    

     ☆        ☆        ☆

真面目な話、私も頭が痛いので、そろそろ終わりにしよう。  

とにかく、院長の手術の方は、2回目で成功。

  

 「大動脈弁再置換術」 

 大動脈の弁を再び置き換える手術

 

 「心尖下行大動脈人工血管吻合手術」

 心臓の尖端と、下に行く大動脈を、人工血管で吻合する手術

     

手術前、「人の命を何だと思ってるんですか?!」となじる井川に

対して、「知ってるんなら教えて欲しい」と言い返した沖田。

  

あのシーン。深冬に「絶対に救う」とか言った点が、サイゾー系の

サイト「ビジネスジャーナル」で批判されてたが、あれは医者が患

者の家族に言ったのではない。

  

男が、昔の女に告げた言葉だから、医療倫理も病院の監修も関係

ないのだ。だからこそ、丁寧語になってなかった。

     

   

      ☆        ☆        ☆

このドラマ、私は「ええライフ」(笑)と読んでたけど、番組最後には

「アライフ」と発音してたし、公式twitterでもアライフと書いてる。

「1つの生」。

        

それなら、「アライブ」(alive)と似た発音であって、実際、主題歌は

Bee Geesの名曲『Stain’ Alive』になってた♪ 違うわ! 古っ!

    

ハイハイ。B’zの新曲『Still Alive』ね。歌手も曲名もやたら似てる

けど、こちらはスティル・アライブ、「まだ生きてる」。だから大講堂

のシーンで、「死んだように言われて怒ってる」とか、深冬がちょっ

と唐突に叫んでたわけね。

  

  

     ☆        ☆        ☆  

まだ生きてる。「大丈夫だ。まだ終わりじゃない。絶対に救う」。

この脚本は去年の内に書かれたと思うけど、SMAPファンとして

は心強いところかも。「深い冬」から、いつ春になるのか。

   

院長の手助けのもとに、沖田-壮大-深冬-沖田のまとまりが

出来る。一方、SMAPの場合、院長に相当する手助けが複数い

るし、元々ツートップの5人。1つの生、ア・ライフとして、再び

まとまれるかどうか。

      

まあ結局、一番の味方は、時の流れだと思う。切れたものを、

再びつないで治す。そして、心の穴をふさぎ、頭の影を消す。

そこにスーパードクター1人の活躍は必要ない。生き物の傷

口なら、時と共に自然にふさがるはずだから♪ 

  

そして、最後に少し残った傷跡だけ、チームドクター5人で消

せばいい。全国数百万人のオペナース達と力を合わせて。。

    

なお、沖田の実在モデルである天野医師は、父の心臓弁膜症を

治したいと願ってた。似たエピソードは当然ドラマにも出ると思う。

     

とりあえず、初回視聴率14.2%、おめでとう。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

    

cf. 奇跡のリターンがもたらす輝き~『ロングバケーション』第1話

  夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

  『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

  キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

  脳科学コメディーの綱渡り~『MR.BRAIN』第1話    

  国際映画ドラマというチャレンジ~『月の恋人』第1話

  キムタク=木村拓哉主演ドラマ、視聴率の推移&『月の恋人』第4話   

  鉄の悲劇から、犬の感動物語へ~『南極大陸』第1話

  Jumpin’ Jack Flash、あやつり人形の閃き~『Priceless』第1話

  制作費70分の1、SF映画に挑戦するドラマ~『安堂ロイド』第1話

  LIE STOPS HERE(嘘=夢はここにある)~『HERO 2』最終回

  人生崩壊の原作から、復活ヒーローのドラマへ~『アイムホーム』第1話

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、軽~い感想♪

  『宮本武蔵』ドラマ第二夜と原作小説(by吉川英治)、感想と比較

   

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆

  SMAP×SMAP『いま僕たちに何ができるだろう』、軽~い感想♪

  『スマスマ』通常最終回、タモリのモロッコ「マラケシュ」♪&休養ジョグ

  『SMAP×SMAP』(スマスマ)最終回、

     スタッフとFAXのお花畑でさよなら・・「じゃないよな」♪

   

     ・・・・・・・・・・・・・・・

  SMAP『世界に一つだけの花』、オンリーワンという歌詞の意味ほか

  『さんま&SMAP 美女と野獣2015』、45分だけ見た感想♪

        

                     (計 4518字)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«くじ引きの順序は無関係、条件付き確率~2017センター試験・数学ⅠA・第3問