« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »

ツール・ド・美ヶ原2005

自転車70km程度 (レースコース全長21.6km,標高差1270m)

           

運悪く「イビキ部屋」に割り振られてしまったこともあり、毎度おなじみの眠れ

ない状態で朝を迎えたが、すごく眠いわけでもないのは興奮&緊張してるか

らか。トロトロしてると6時45分くらいになってしまい、諸事情で出場しないTS

さんに「そろそろ行かないとマズイよ?」と心配される。焦って玄関に行くとま

だM子さんがいた。私と似たタイプだな。

             

坂を下り始めると、I さんが「急いだ方がいいですよ」とか言いながら一旦帰っ

て来た。去年までと違って宿と会場が近いので、荷物を預けて一旦宿に帰る

ことができる。会場で、ランプ類の取り付け具が自転車に付いたままなのに

utsukusi01 気づき、すぐドラ

 イバーではずした

 が、焦ってドライ

 バーを置き忘れて

 しまった。ゴール

 地点まで上げても

 らう荷物を7時ギ

 リギリでバスに預

け、自転車をクラス別の集合場所に運んだが、そこで待つ必要がないこと

に気付き、そばの野球場の周回コースでアップ開始。

         

美ヶ原のスタート前のこの周回は、身体も温まるしテンションも上がるので

好きな時間だ。乗鞍にはこれがない。パンクに気をつけて流れに乗って周

回、5分前にスタート地点に並び、「その場ジョギング」でアップ。1分前の

コールで自転車にまたがり、今年の荒川マラソンTシャツを着てスタート。

     

          ☆          ☆          ☆

脚が少し重く感じるが、昨日の激坂の疲れって感じではない。極度に軽いギ

アのインナー22Tを激坂で使おうかとも思ってたが、センターだけで昨日よ

りスムーズに登れた。腕は、引き付ける動きをなるべく抑えてリラックス。た

だし息はゼーゼーで、美鈴湖向こうの第1チェックポイントが20分くらいだっ

たか。予想の下限に近いがまだ望みはある。

            

美鈴湖周辺の平坦部を越えて再び登りが始まる場所で、今年もテレビカ

メラを発見。またみっともない姿を撮影されたかも。去年よりラクに登りを

再開できるかと思ったがそうでもなく、インナーを使いたくなったのは一度

だけだが余裕は全くなし。メーターを忘れたためスピードも距離も分からな

いが、次々に抜かれる事からも遅さが分かる。

          

ただ、去年の記録を見ると「ものすごく息が荒い選手に抜かれると、自分

がラクしてるような気がしてくる。とにかく大腿直筋に力が入らず、ギアを落

とすとスピードが出ない」とか書いてるが、今年は自分自身が目一杯ゼー

ゼーしてるし、しんどいけど脚に力が入らないって感じでもなく、結局セン

ターギアのまま通してる。少しは進歩が見られるようだ。

      

気温が高いのでやたらノドが乾き、中間で水をもらった後でボトルのアクエ

リアスをほぼ飲み干す。こんな事は初めてで、後の情報によると観測史上

最高の気温だったらしい。最後の第3チェックポイントがやたら遠く感じられ

たが、何とか到着して水を2杯。もう目標タイムの1時間28分は絶望的で、

「おかしい、こんなハズではなかったが・・・」と思いつつ、せめて去年のタイ

ムには勝とうと粘る。

         

武石峠を過ぎて下りに差し掛かったのはスタート後1時間23分くらいだった

か。ここからはアップダウンを繰り返して残り5kmほど。データ的にはトータ

ルで登りだが、実感としては下りか平坦のイメージが強い部分。武石峠まで

がキツイから、それとの比較でラクに感じるのだろう。この部分で、後ろから

来た女子の最上位選手と一対一のバトルになった。

           

意地でも負けたくない所だが、残念ながらこっちは疲れきってるし、そもそも

後ろから1回追い越された時点で負けている。登りで離され、下りで追い抜

き、という恥ずかしいバトルを繰り返したが、結局振り切られてしまった。ラ

ストの登りも、ダンシング(立ちこぎ)がゴールまでもたないという情けなさ。

結局タイムは目標より数分遅れ。ガクッ。。。

            

utsukusi02 すぐに美ヶ原名物

 の冷たいトマトを

 1個もらってかぶ

 りつき、荷物を受

 け取って、ゴー

 ル地点へバック。

 この時、バトルし

 て負けた女の子を

発見。向こうも気付いて、目を合わせてニコッと笑った。ウーーーッ・・・・・・

utsukusi03 臥薪嘗胆、今に見てろよ。。。気を取り直し

 てカメラを構え、仲間を待ったが、服装や

 ゼッケンを覚えてなかったし、ヘルメットや

 サングラスで顔が隠れてるし、ゴールのす

 ぐ近くは関係者で固められてるので、なか

 なか見つけにくい。まずMさんがゴールし

 て目の前を通り過ぎた後に気付き、後

 ろから追いかけて声をかけ、ガッチリ

握手。遥か上の実力をもつ表彰台経験者だが、今回は私より少し速い程度。

utsukusi04 よほど忙しいのだろうと想

 像。続いて、Tさんがゴー

 ルしたのかな。これまた

 前を通り過ぎてから気付

 く。去年の美ヶ原で一気

 に飛躍した人だが、今年

はややリバウンドって所か。

              

続いて、I さんだったか。また通り過ぎた後に気付き、トマトを手渡したりして

utsukusi05 る間にYさんが横

 に来てた。I さん

 は元々トップの実

 力者なのに故障で

 不本意な結果だが、

 Yさんは順調に伸

 びてる。体型的に

 もFさんと並ぶク

ライマータイプで、まだまだ伸びそう。

           

utsukusi06 Fさんが見当たらず、昨日のサドルのトラブル

 が再発したのかと心配したが、Iさん・Yさんの

 すぐ後にゴールしてたらしく、M子さんと一緒

 にいた。二人揃って写真を撮ろうとしたが、

 ちょうどフィルム切れだったので、代わ

りに写メ。そうこうしてる間に10時半前になってしまったので、いよいよ少

utsukusi07 し上に広がる美ヶ

 原高原に初めてチャ

 レンジすることに。

 フィルムを買って

 入れ替えてた時、

 脇の喫煙所にSさ

 んがいたらしいが

 気付かず。

      

          ☆           ☆           ☆

Mさんが一緒に行こうかなと興味を示してくれたが、シューズの問題で断念。

utsukusi08 と言う訳で、いよ

 いよ一人で奥の道

 を上に向かい始め

 る。ちゃんと行け

 るという事はネッ

 トで一応調べてき

 たものの、ちょっ

 と不安。写真を撮

utsukusi09  りながらトロトロ

 柵を越えて進むと、

 意外にも一応ジャ

 リ道を自転車に乗っ

 て登れる。途中、

 自転車なしで散歩

 してる選手何人か

 と遭遇。女の子が

  「頑張ってくださ

い」と声をかけてくれた。

  

utsukusi10 ゼッケンを付けた

 マラソン選手っぽ

 い人も何人か見た

 が、美ヶ原の選手

 が高原ジョギング

 を楽しんでたのか

 な。道がよく分か

 らないまま、アブ

(?)と戦いつつさらに登ってると、やがて視界が開け、いかにも美ヶ原って感

utsukusi11 じの風景に。これ

 は素晴らしい!!

 快晴で観光客も結

 構いて、写真を取

 り合ったり道を聞

 いたり。その後は

 ジャリ道が一段と

 走りにくくなって

たので、パンクに注意して最徐行。

            

かなり進んだ所でまた自転車の写真を撮ってると、突然かなり離れた所から

女の子がツカツカ近づいて、「撮りましょうか」と声をかけてきた。写真のため

にしては不自然な近付き方だな、と奇妙に思ってたら、彼女は関西から来た

新婚さんで、夫婦2人で私と同じビアンキ(イタリアの代表的自転車メーカー)

のクロスバイクに乗ってるとの事。

              

独特の青緑色(チェレステ)だから遠くからでも一目で分かるのだが、何と彼

女は私のクロスバイクの車種(バックストリート)まで判別して、「私が欲しかっ

たのに製造中止で手に入らなかったバックストリートがこんな高原を走って

る!♪」と駆け寄って来たらしい。新婚の旦那さんを放っといてまで! 今は

同じビアンキのパッソに乗ってるとの事で、しばらく談笑してお別れ。

             

実は、この時初めて、「ああ、ブログかHPを作ってれば、アドレスを教えて最

高のビアンキ仲間になれたのになぁ・・・」と思ったのである。瀬戸内海に面し

た田舎町で生まれ育った私にとって、チェレステは晴れた海のエメラルドグ

リーンだし、青空の色にも少し近い大好きな色(チェレステは空を表すイタリ

ア語)。このブログのトップのデザインもチェレステ・カラーに近いビーチにし

てあるし、日々のトレーニングデータを書き記した行もそうである。

             

ところが、少なくとも日本では、ビアンキは街乗り用ファッションバイクという

位置づけで、売れてるわりにはレース界での地位が非常に低い。こうした

淋しい思いをしてることもあって、旅先の美しい高原でわざわざ私のクロス

バイクに駆け寄ってきたビアンキファンの女の子に感動したのである。だか

ら、ブログの写真のあちこちに私のビアンキが写ってるのは、「ひょっとして

偶然このブログを見つけてくれないかな」という願いも込められているので

ある。

        

話が長くなったが、このブログの原点の話なのでお許しあれ。ちなみに、上

の写真が彼女の撮影によるもの(ブログ用にトリミングしてある)。

           

utsukusi12 さて話を元に戻す

 と、彼女と別れて

 少し進んだ先には

 「美しの塔」が見

 えて来た。なかな

 かオシャレだけど、

 上の鐘は鳴らしに

 くかった。直前に

 鳴らしてた子供の

方が上手かったかも。

            

その後さらに進むと見覚えのある土産物屋。二十歳くらいの夏、友達とオー

トバイでツーリング中に、悪天候もあって寒いのでトレーナーを買った店だ。

懐かしい。。。そこからはもう舗装路で、すぐにビーナスラインに入って、の

utsukusi13 んびりサイクリン

 グモードで下る。

 日焼け止めを塗り

 忘れたのか、前腕

 がジリジリ焼ける。

 途中ちょっとした

 登りはあったが、

 ほとんど下り。一

 台だけMTBが反

 対側から走って来

utsukusi14 て、ほぼ同時に挨

 拶。これが昔は普

 通だったのになぁ

 ・・・。I さんの

 情報通り、アザレ

 アラインは通行止

 めになってたので、

 よもぎこば林道へ。

 下でアザレアライ

 ンと合流する所で、

 暑くてアップを脱

ぐ。その後道に迷うことなく、簡単に宿まで帰着。すぐ風呂に入って「あー、

いいサイクリングだったな♪」と振り返る。

               

レースのタイムはパッとしなかったが、そんな事どうでも良くなるくらい、天気

にも出会いにも恵まれた最高のサイクリングだったので、いい気分で湯船

にゆったり。その後はみんなでインド料理店に行ってのんびり食事。その場

で、途中調べてきた速報タイムをみんなに紹介。宿に戻って、もう一泊する

仲間に挨拶して、Fさんの車で20時45分頃無事帰宅。

            

振り返ってみると、タイムは全く期待はずれだったものの一応数分は縮めたし、

名物の激坂を初めてセンターギアで登り切ったし、苦手な暑さと戦いながらメー

ターなしで走ったことを考えると、それほど悲観するような結果でもない。2ヶ月

後の乗鞍で借りを返せばいいだけの事。

            

美しい高原での素敵な出会いを胸に、明日からまた走り出そう!♪

             

     

cf.  ツール・ド・美ヶ原2006

    ツール・ド・美ヶ原2007☆

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・   

    全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 (2005年の記事)

    マウンテンサイクリングin乗鞍2006

    乗鞍、レース直後の信州サイクリング♪

    マウンテンサイクリング in 乗鞍2007

    マウンテンサイクリング in 乗鞍2008

    旅は道連れ・・乗鞍レース後の信州サイクリング♪

    マウンテンサイクリング in 乗鞍2009

    マウンテンサイクリング in 乗鞍2010

    マウンテンサイクリング in 乗鞍2011

    乗鞍ヒルクライム後の信州サイクリング、3年ぶり♪

        

                                 (計 4407文字)

| | コメント (0)

美ヶ原の前日、浅間温泉にて

自転車7km(美ヶ原の激坂)

      

毎度ワンパターンでちょっとしか眠れないまま6時起き、55分くらいに部屋

を出て、Fさんの車で7時15分頃出発。妙に暑い日で、途中から冷房を入

れたが窓の日差しが熱くて腕が焼ける。長野県に入っても去年までより遥

かに暑い。

          

今年から変更した宿はすぐ見つかり、到着は10時半頃。部屋に入れるの

は13時頃という話なので、居眠りの予定を変更して今年もコース下見。心

なしか去年までより少し緩く見えた。上の駐車場で折り返し、美鈴湖の先ま

で下りると、全く想定外の光景に出くわして二人とも興奮!(笑)。私が興奮

するのは珍しくないが、クールなFさんが興奮するのを見るのは初めて。ど

んな光景だったかは、二人の名誉のため内緒♪ 私のPCには詳しいデー

タが残っているが、公表するとアクセス数が減ってしまうかも。

             

さて、下りてしばらくFさん提案の中華料理店「チャイナスパイス」を探す。

Mさん(の知り合い?)の紹介で前に2回行ったらしく、かなり苦労して探

し当てると確かにメニューが独特。私はニラレバ枸杞(くこ)炒めって感じの

ランチセット900円を頼んだが、非常にインパクトのある味付けで、辛かっ

たが是非また来たいと思った。

            

店の女主人(?)がお客さんと話してた言葉も、標準的ではない変わった中

国語だったと思う。その後、会場で受付をして宿に13時半頃到着。I さんと

Yさんが下見ドライブから帰って来てたので挨拶を交わし、部屋に入る。

                

自転車を準備して、マジメに会場へ計測センサーのチェックに行き(エライ

!)、それから美ヶ原名物のスタート直後の「激坂」に向かったのかな。2年

前のレース前日、みぽりんの案内で初めて試走した時には、一番小さいフ

ロントギア(インナー22T)を使っても止まりそうで、無理に力を入れると後

ろにひっくり返りそうになったので、蛇行までしたのをよく覚えている(ちな

みに、今回みぽりんはおめでたい話のためにやむを得ず欠場)。

              

実際のレースでも、スタート直後にも関わらず歩いて押して登る人が少な

からずいるらしい。レーサーの重いギア設定だと無理からぬことだろう。私

はクロスバイクで、MTBの軽いギアが付いてるから美ヶ原では有利。

        

今年の試走の話に戻ると、スピードメーターを家に忘れて来るという大失

敗(!)のために、距離もスピードも分からずハーハーゼーゼー言いなが

ら登ってると、先にアタックして途中で止まってたFさんが声をかけて来た。

これ幸いと一緒に数分休み、もう下ると言うFさんと別れてさらに上へ。あ

ちこちに止まってる人を発見。美ヶ原特有の風景で、ちょっと笑える。走っ

てる自転車も何台か抜いたが、2台の速いレーサーにスパッと抜き去ら

れた時はちょっとショック。あれがトップクラスの速さか。

               

結局、休みの数分を差し引いて所要時間22、3分って感じで、その遅さ

に我ながらあきれた。これでは目標タイムの1時間28分は苦しい。ただ、

初めてインナーギアを使わずに登ったのは収穫。美鈴湖まで行かずに

上ですぐ左折して下りると、宿でKさんの連れのM.Y.さんとY.F.さん

が挨拶してきたんだったかな。初対面だし、いらっしゃる事さえ知らなかっ

たのでキョトンとしてしまった。

                

その後、16時から17時半くらいまで目を閉じて横に。深夜でさえ眠れ

ないのだから、人がしゃべってる夕方に眠れるはずはないが、身体は休

まる。18時半前から居酒屋風の食堂で夕食。

                

ここで、翌日レース後に一緒にゴール周辺をサイクリングするはずだった

I さんが、車の下見でキツさに驚いたためにキャンセルを告げてきた。し

つこく誘ったがダメで、代わりにYさんを誘ってもダメ。仕方ないので、翌日

は短めにコース変更して、ゴール上部の美ヶ原高原を中心に一人でサイ

クリングすることに。美ヶ原高原は、昔天気が悪い時にオートバイで一度

行っただけだと思うので、結構楽しみ♪ 

                   

食事中、Kさんら3人が荒川マラソンに出たことを知った。来年は会場で顔

を会わせることになるかも。食事後、一人でコンビニに向かう途中で、突然

右のお店から「○○さん!○○さん!」と私の名前を呼ぶ声。見るとAさん

が店先にいて、店内にはUさんの姿も。去年は一緒だったが、今年は計3

人で別行動とのこと。宿に戻って玄関横でのんびりカフェオレを飲んでると、

仲間の一人がやって来て、私のカフェイン中毒の話や自転車の値段の話

などをしばらくした。

             

この時初めて、みぽりんがブログを持ってることを知り、「先を越されてたか」

と思う。私も昔からHPやブログに興味を持ってるが、やる事が多くてなか

なか手が回らない。できれば、ブログより普通のHPを作りたいのだが、そ

のためには勉強しなければならず、ちょっと気が引けていた。でも、とりあ

えず簡単なブログを作ってみるという手はあるなぁとこの時思う。これが、

翌日の「素敵な出会い」を機に、ブログ作成を決意するための伏線になっ

た。その意味で、キッカケを与えてくれたこの仲間には感謝している。

              

その後、宿代6300円の回収があり、寝たのは22時半。暑くて寝苦しい夜

だった。まあ私の場合は、涼しくても寝れないんだけど。。

              

                                 (計 2112文字)

| | コメント (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »