« 心拍計3日目:RUN | トップページ | 久々のヤフオクでカメラ落札 »

心拍計4日目:ヒルクライム(ヤビツ峠)

自転車127km,Av21.0,Mx計測エラー(92.0??)

今日はヤビツで美ヶ原以来のヒルクライム。人気ブログ「東京多摩川

自転車」のばっちゃんさん御一行と電車だけ御一緒する予定。

何だかんだでほとんど徹夜状態のまま5時起床。

最新のピンポイント予報をネットでチェックし、降水量ゼロを確認。

大丈夫そうなので6時15分に小田急最寄り駅へと出発。

約1年ぶりの輪行で準備に手間取ってしまい、予定の電車に乗り

遅れてしまったので、ばっちゃんさんに謝罪メールを送信。

一つ遅れの急行に乗ると、途中駅のホーム最後方に輪行グループ。

もしやと思い、先頭車両に輪行袋を置いたまま列車最後部に行き、

「すみません。東京多摩川自転車の方ですか」と声をかけると、奥に

いた方が「はい、私です。テンメイさん?」と答えた。偶然あちらも一便

遅れたようで、素早く「私が遅れました」と名乗った方がKAZUさんだった。

潔いなぁと感心しつつ、簡単な挨拶だけ済ませてダッシュで先頭に戻る。

その後、電車が空いてきた頃に輪行袋をかついで一番後ろまで行ってみた

のだが、なぜか誰もいない。後で分かった事だが、車両が連結されて一つ

隣にみんなで移動したらしい。変だなぁと考えてる間に寝不足でウトウトして

しまい、気付くと予定の伊勢原を過ぎて鶴巻温泉。降りると、かなりの雨!

「どこが降水量ゼロなんだよ」とボヤきつつ、駅で雨宿りするが止む気配なし。

yabitsu01中止して帰ろうかとも思ったが

折角だから1本登ってみようと

思い直して、アップの上下を着

て国道246号を西へ。空は明

るいし、朝の予報を考えてもド

シャ降りはないだろうと楽観。

ヤビツ峠へのメインルートであ

yabitsu02る県道70号とぶつかる名古木(ながぬき)

交差点でまたしばらく雨宿りしてみるが、全

く止まないので、心拍計のスイッチを押して

渋々スタート(写真の交差点を右へ登る)。

5回目なので、全体が12kmで3km~4km

辺りが一番キツイのは分かってる。そこを無

難に乗り越えれば後は時計との戦いになるの

が通常だが、今回は登るにつれて強くなる雨

が難敵。何度も挫けそうになるが、降りてく

yabitsu03るレーサー達と軽く挨拶を交わして気分的にパワーアップ。

この雨の山道で10台前後もの自転車に出会うとは思わな

かったし、大部分の人がちゃんと挨拶してくれたのも嬉しい

驚き。ここは首都圏レーサーの練習場になってるので、ツー

yabitsu04リング気分で挨拶して無視され

た経験が何度もあるが、さすが

に雨で仲間意識が高まったとい

うことかな。とにかく1本目を

46分39秒(名古木交差点~ヤ

ビツ峠12km,標高差660m)

でクリアして一安心。心拍は平

yabitsu05均156、最大170でかなり高い

が、ジムのバイクよりは低い値

でちょっと不思議。ジムよりしん

どかったけどなぁ。峠には何台

か自転車が来てたが、MTBの

親子連れにはちょっと驚く。可

愛い子で、小学生くらいか。目

yabitsu06が合ったので、「雨の中よく頑張ったな!気

を付けて帰れよ♪」って感じで微笑みかける

と向こうもニコッとしてた。峠で休憩してる間

に身体が冷えて、下りは寒さとの戦い。すぐ

家に帰って布団にもぐろうとか思ってると、

徐々に雨が上がって来た。もう一本行けるな

と思い直し、10kmほど下った所にあるampm(名古木と並んでよくスタート地点に

選ばれる)でタオルとTシャツを購入。シャツは結局使わなかったがタオルでビショ

濡れの身体を拭き、水分補給してもう少し下の交差点まで下りて2本目チャレンジ。

一本目と比べてかなり脚が重いが、これが終わったら帰ろうと思って頑張る。

3km付近で左側の空き地からレーサー軍団が一斉にスタートしてきた。背中に「ヤ

ビツフレンズ」と書いてある。アッと言う間に引き離されてしまい、「一本目ならなぁ」

とか「ここからだとラクだよな」とか負け惜しみをつぶやきつつ、トロトロ粘る。途中で

軍団以外のレーサーにも抜かれて必死に抜き返したが、5分程度のバトルで引き離

され、また一人ぼっち。結局2本目のタイムは大幅にダウンして52分4秒。心拍数は

Av154,Mx164だから、脚の疲れのせいで心臓を追い込めなかったという事か。

それでも一応ノルマはこなしたし、雨もすっかり上がって気分はいい。 バトルした

レーサーに挨拶し、コーラの空缶を峠の茶屋の回収機に入れて10円返却してもらっ

yabitsu07て、当初の予定通り北側の「裏

ヤビツ」を下りることに。雨は

上がって日差しが出てきたし、

後は写真を撮りながらお気楽サ

イクリング♪気が緩んで、宮ヶ瀬

湖の写真を撮った直後に長年愛

用のカメラを落として壊したの

yabitsu08は大ショックだったが、それ以外

は無事に国道413号→国道16

号→野猿街道→多摩川で帰

宅。ドリンクだけで何も食べな

かったのに平気。体脂肪が多過

ぎるって事か。結局ばっちゃん

さん御一行と再会できなかった

のは残念。裏ヤビツの宮ヶ瀬湖周辺はトンネルだらけで、2ヶ所で真っ暗な歩道

を押すハメになったので、次回はライト持参でトンネルの少ない道を選んで走ろう。

一昨年もそう思ったんだけど。。。

|

« 心拍計3日目:RUN | トップページ | 久々のヤフオクでカメラ落札 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

漸くあの日の話がつながりました。僕、あの日が人生、輪行始めての日、その上登戸茶屋集合を登戸駅集合の早とちり、ばっちゃん達は、登戸茶屋の方でまだかまだかと待ってて、駅に来たのが予定電車直前。全て僕が悪いのです。

これ読むと、峠でテンメイさんに会わなかったのが全く不思議なタイミング。僕達が峠について、バス停のベンチでのんびりだべってる最中、その親子が上ってきたし、暫くすると、次から次と「ヤビツふれんず」の連中が上ってきました。ハッキリと聞こえなかったのですが、中の一人が24分とか何とか云ってましたが、無理ですよねー。きっと聞き間違え。
いずれにしても、この時テンメイさんも、そのグループとバトルしたりして上ってきた訳ですよね。なんで会わなかったのだろう?
下りであっても良さそうなもの。多分湖畔で長ランチしてたからかも。

投稿: kazu | 2005年9月 6日 (火) 01時32分

>kazuさん
2つ目のコメント、どうもです。
電車で急に現れた見知らぬ人間に対して、すぐに「私が遅れ
ました」と2回おっしゃったのを聞いて、かなり感心しました。
ホント、会わなかったのが不思議。たぶん数分差でしょう。
ヤビツフレンズの24分、聞き間違えとは限りませんよ。
私も本来なら46分もかかりませんし、記事にあるように、
彼らは3kmくらい登った所からのスタートなので、9km
程度の短いヒルクライムになります。
普段から走り慣れてるでしょうし、集団走行だし、トップクラスの
選手なら24分はあり得ると思います。
ましてや、25分か26分の聞き間違えなら、十分可能でしょう。
ちなみに、記事にあるように、「アッと言う間に引き離され」た
ので、そのグループとは全くバトルしてません。
一番遅い人にさえ、付いて行けませんでした。
このままで終わるつもりはありませんけどね。。。


投稿: テンメイ | 2005年9月 6日 (火) 05時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/5135329

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍計4日目:ヒルクライム(ヤビツ峠):

« 心拍計3日目:RUN | トップページ | 久々のヤフオクでカメラ落札 »