« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

BIKEからRUNへの重心移動開始

ランニング20km

乗鞍が終わったので、荒川に向けて自転車からランニングへの重心移動を開始。

これまでのパターンなら今日はジムでバイクだが、公園で走ることに。

ただし、少し間が空いてしまったし、ここ10日間で寝不足がたまってるし、おまけに

昨日なぜか左足親指の爪が割れてしまったので、控えめに走り始める。

心拍計も時計も使わず、軽いジョギング感覚。

ところが、ゆっくり走ろうとすると脚が突っ張って不自然なので、自然にストライドが

伸びていき、結局かなりスピードが出てしまった。今の時期、あまり感心しない。

自転車と違ってランニングは故障が多く、しかも故障すると痛くてほとんど走れなく

なってしまうので、細心の注意を払わなければならない。

それにしても、ランニングだと移動距離が短いのでブログの更新がしづらいなぁ。

ランニング用のデイパック買って、カメラ入れて遠出しようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ公開開始、いきなりアクシデント。。。

ついに更新通知の設定を「はい」にした。これで、このブログの更新は自動的に

ニフティに通知され、「ココフラッシュ」(ニフティのブログ更新紹介ページ)とかで

ごく簡単に紹介される(はず)。先月から非公開で書き込んできたこのブログ、まだ

未完成だが、ようやく実験的に一般公開開始。

     

・・・・・・のハズだったんだけど、アレ、出ないな? 設定を変えるだけだと気づいて

くれないのかな。試しに新規公開のお知らせ記事を作成してみよう。これで出るの?

    

皆さん、初めまして♪ 今はかなりマニアックなスポーツサイトですが、

今後いろんな記事を書きたいと思ってます。以後よろしくお願いします<(_ _)>

 

     

P.S. ココフラッシュに出ないなぁと思ったら、何とトラブル!

     「2005年8月30日19:30より、ココフラッシュが更新されていない

      状態が発生しています」

     ガクッ。。。 いきなり一般公開失敗。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝テニス、夜は休養

テニス2時間 ; 自転車17km,Av19km程度,Mx32km程度

半月ぶりに、また二子玉川で友人Kと早朝テニス。寝不足がたまってたため寝坊。

自転車を飛ばしたものの、5分以上遅刻。まったく感心しない。。

ごまかし半分で、お土産に「乗鞍高原の恋人」という恥ずかしい名前のお菓子を渡し、

休憩時間には乗鞍と富士山の写真を見せながら結果報告。

胸を張って躍進を伝えたかったが、美ヶ原に続いて微進に終わったので胸を張れない。

このままでは背骨も腰も卑屈に曲がってしまうので、荒川で何とかしないと!

夜はもう一日だけ休んで、ブログに手を入れた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ホッと一息。次は荒川マラソン!

休み

昨日はレースを中心にハードな一日だったが、肉体的には特に後遺症はなく、

筋肉痛も疲労も大した事はない。精神的には気が抜けてホッと一息って感じ。

ランニングしようかとも思ったが、その分のパワーをブログ作成に注ぐことに。

まあ、しばらくのんびりした後、3月の荒川目指して走り出そう。

目標3時間15分。今までより早目に準備しないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ仮公開の準備

乗鞍終了後にブログを仮オープンしようと決めていたので、乗鞍の記事を

中心に一応の形を整えた。

まだまだ工事中だが、完成を待っているといつまで経っても公開できそうに

ないので、先に仮オープンして自分にプレッシャーを与えようという考え。

「後日記載」だらけだが、自分のPCには色々と打ち込んであるので、年内には

一通り完成すると思う。最悪の場合は来春になるかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

☆追記 2009年の記事をアップ。

       マウンテンサイクリング in 乗鞍2009

                 

自転車130km

ついに第20回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍当日。

今年で3回目の乗鞍挑戦。結果はまたしても1時間20分切れず、去年よ

りわずか1分ちょっと縮めただけ。涼しくて晴れで風も弱い絶好の気象条

件にも関わらずこのタイムには、かなり落胆。この1年は何だったのか。

。。(大げさ?)

                

毎度おなじみの眠れない夜をすごした後、5時15分起床。朝はF.T.さん

差し入れの高級バナナ1本、菓子パン1個、コーラ半分。去年と同じ6時

40分、Iちゃんの笑顔の見送りで宿出発、HとSさんに追いつく。ゴール地

点に運んでもらう荷物を会場前の車に預け、どこかのグループの写真を

取ってあげて、ステージ前へ。短くて形式的

norikura14 挨拶を聞きながら、先

 にスタートするみぽり

 んとM子さんの写真を

 取る。やがてスタート。 

 後ろから「20分切れ

 よ」とHの声。実際に

スタート地点を通過するまでに1分15秒もかかって大損したが、人数が多

いので仕方ないかな。

               

norikura15  荒川マラソンみたいに、

 スタートの遅れを差し

 引いたネットタイムに

 すればいいのに。自転

 車の群れが恐ろしくジャ

 マでイラつくが、冷え

切った身体には丁度いいアップだろうとポジティブ・シンキング。徐々に人

込みをかき分けてスピードアップ。昨日の掃除のおかげか、サドルを5

mmほど上げたおかげか、ペダルが軽快に回る。心拍はすぐ165前後

まで上がり、周りとの混信によるエラーかと思ったほどだが、後でFさん

に聞くと特に問題なかったそうだから、正しい値だったのかな。実際その

後も心拍はずっと160台半ばのままで、持続的な値としては過去最高。

やはりレースだと違うわけか。

                 

やがてM子さん発見、「ファイト!」と一声。他には誰も見かけない。Sさ

んを抜いたはずだが気づかなかった。実感としては去年より好調で、

13km前後までは1時間20分切れるペース(平均時速15km以上)だっ

たので、これはひょっとしてと期待したが、終盤の傾斜がきつい部分で

いつものように失速。時速10km以下までスピードダウンすることも度々。

              

それでも、森林限界を越えて大きく右にカーブする辺りまではまだラスト

スパートに期待をつないでいたが、やがて非情にも時計は1時間20分

を過ぎ、一気にモチベーション低下。せめて去年より2、3分は縮めよう

と気持ちを切り替えるが、スピードは上がらず。そのうち、右から白髪頭

のオヤジが「クロスバイク速いねぇ。あとちょっと、頑張ろう!」とか言い

つつ抜いて行ったので、一回抜き返したら「オオーッ」とか悲鳴を上げて

たが、結局引き離された。何だ、ありゃ? 

             

一度ゴールを間違えてスパートしてしまい、落胆してるとみぽりん発見。

「新妻、ファイト!」と声をかける。まもなく、目標を数分オーバーしてゴー

ル。ガッカリして奥の荷物置き場に向かう途中でT.M.さんを見かけて

挨拶したがよく分からなかった様子。荷物を受け取ってアップを着込み、

中部山岳国立公園・

norikura16 乗鞍岳畳平の

 素晴らしい景

 色を写真にお

 さめ始めた途

 端、カメラが

 電池切れ!過

 去最高の眺め

 なのに最低。。

その後みぽりんを遠くに見かけた後、Fさんが声をかけて来た。ほぼ同タ

イムでまた秒単位の負け。まあ20分切れなかったという点では両者敗

北って所か。

                                  

しばらく景色を眺めてると今度はMさん発見、健闘をたたえ合う。背が高

いので分かりやすく、本来なら遥か上の実力の人だが、今回は走りこみ不

足だった様子。さらに下りの行列に並んでノロノロ進んでる時にはH発見、

ワースト記録だと笑ってた。直後にMTBのMさんらしき人を見かけたが、

真偽不明。

                    

下りは景色を眺めたり仲間を探したりしながらのんびり走り、所々に立っ

てる係員の方々に「お疲れ様でした」と声をかける。結局、誰も発見できず。

旅行客と関係者が拍手で迎えてくれる中、会場に到着して計測用センサー

返却。電池を買って土産物をチェックし、人込みをかき分けながら速報タ

イムの掲示板を確認。そばでレース

norikura17  クイーンとの記念撮影をやっ

 てたので、離れた場所から一

 枚写真撮影。宿に戻って風呂

 へ行くが、シャワーが温度調

 節不能。我慢して洗って湯船

 に入ってると、Iさん登場。何と

 センサーをはずして出たとの

 事。露天風呂でFさんとTさん

 を交えてブログや心拍数の話

 をし、上がった後は自転車に

 キャリア・スタンド・ミラー・ベル

 を取り付ける。Iちゃんに宿代

6700円、Fさんに交通費4000円を払い、Iさんを始めとしてみんなに別

れの挨拶をして、去年と同じ13時過ぎに塩尻駅へ向かって出発。

         

土産物店に寄った後、表彰式を見物するために会場へとヨタヨタ登ってる

と、横に車が近づいて窓からみぽりんが笑いかけて来た。新婚カップルで

仲間の表彰式に向かう所で、結局会場で一緒になった。みぽりんが荒川

マラソンTシャツを着てたので出たのか聞いてみると、欠場して旦那さんだ

け出たとの事。ただしタイムは言えないと笑ってたので、今RUNNETで

チェック。なるほど、これは言えないかも(笑)。

norikura18  昼飯代わりの

 お菓子を食べ

 つつT.M.

 さんの表彰を

 写し、新婚さ

 んに「お幸せ

 に♪」と挨拶

 して上高地乗

鞍スーパー林道へ。雨がパラつく中をそこそこ快調に走り、県道26号を南

に走って薮原に到着。

             

sakaitohge01 途中の境峠

 (1486m)

 は去年苦戦し

 た所だが、今

 年は脚に余力

 があったし天

 気もひどくは

 なかったので

無難にクリア。薮原への下りでディレイラーが不調になるが、直らないので

あきらめて走る。チェーンとの接触音がジャリジャリうるさいが無視。藪原

sakaitohge02 からは国道19号

 (中山道・木曽路)

 で塩尻まで一直線。

 基本的には緩やか

 な下りだからラクだ

 が、大型トラックが

 多く危ないので歩

 道中心にのんびり

 走る。

 途中、木曽楢

 川のセブンイ

レブンで、餃子・おにぎり・チョコビスケット・白ぶどうジュースを補給。立ち

食いした餃子が最高に美味しかった。もっとも、宿ではみんなが豪華な

バーベキューを終えた頃だなと思うと複雑だったが。

               

norikura19 結局、塩尻へは去年

 とほぼ同じ18時過ぎ

 に到着。トロトロ輪行

 の準備をして、閉店

 間際の売店でお菓子

 と牛乳を買ってホー

ムへ。去年、自転車を抱えたまま超満員の特急スーパーあずさに乗っ

て悲惨な目に会ったので、今年は実験的に東京まで普通列車で行って

みる。時間は1時間半ほど余計にかかるが、車内が空いててくつろげる

し、3500円ほど安い。居眠り、メール、姉のレポート添削と、暇つぶしに

も不自由なし。

                  

京王新宿駅到着はもう夜中。人のざわめきで目を覚ましてあわてて降車、

駅構内で自転車を組み立ててるとガードマンが「ここは自転車走れませ

んよ」としつこく注意しに来た。「組み立てて車道を走るだけだ」と強気に

冷たく言い返し、ムカつきながら暗い新宿を走ってると道を間違えてしま

い、帰宅は何と1時頃。まあ、のんびりできたし、いい経験にはなった。

来年もこのパターンでいいかも。

                           

1年で最大のイベント、乗鞍はこうして無事終了。タイムは全く不満だが、

依然として右肩上がりの成績をキープし続けてる点は評価できる(と思

いたい)。少し身体を休めた後、今度は春の荒川マラソン目指して走り

込みを開始しよう。

「夏は終わったね・・・」(by 広海)

                          

cf.マウンテンサイクリング in 乗鞍2006

   マウンテンサイクリング in 乗鞍2007

   マウンテンサイクリング in 乗鞍2008

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レース前日、乗鞍にて

自転車12km

6時起床。寝るのが3時過ぎになってしまい、毎度おなじみの睡眠不足。

最新のピンポイント予報で各地の週末の天気を確認、雨の心配は不要らしい。

約束の7時15分にアパート前で待ってると、珍しくFさんの車が来ない。

二日酔いの寝坊だろうと思い、35分まで待ってみるが車も連絡も来ないので

携帯の留守電にメッセージ。数分後、無事Fさん到着。道を間違えたとの事。

すぐ高速に乗ったがかなりの渋滞で、松本到着は11時過ぎだったか。

norikura01 国道158号(野麦街道)で乗鞍

へ向かい、途中のレストランで

ランチを食べ、宿到着は13時

過ぎだったかな。

食事に出かけてた主催者Iさん

に携帯で部屋を確認、手続き

しにFさんと自転車で会場へ。

この道が結構な登りで、Fさんの計測では100mほどの標高差。会場の観光

norikura02センター駐車場で手続きを済ま

せた後、日本自転車界の大御

所・市川雅敏氏のお話を少し

聞き、記念写真を撮り、上高地

乗鞍スーパー林道へと走る。

ところが、途中で大会係員の車

に「練習禁止」と追い返された。

パンフには書いてあるけど、走ってるのを実際に制止されたのは初めて。正論

なのでスゴスゴと宿に戻り、部屋で昼寝することに。ところがそんな雰囲気でも

なく、Iさんの懇切丁寧な指導で自転車の掃除をしたり、おしゃべりしたりで、

norikura05早くも夕方。掃除したての自転

車で軽く付近をポタリングして

部屋に帰り、高校・大学の同級

生Hとその連れのSさんと3人

で再びポタリング。夕日に輝く

山々をバックに写真を取り、宿

に戻って夕食。

norikura06 その後、レースと並ぶ今回の大イベント、みぽりんF.K.さん

御結婚祝賀会の開催。Tさん準備のかぶりものをつけて、拍手

の中、ご両人入場。挨拶、ケーキ、また挨拶。昨年の美ヶ原で

のFさん御結婚祝賀会と比べるとずいぶん豪華になった。

後輩みぽりんに対するIさん、Tさんの愛情がなせるわざか。

誰かも言ってたが、久しぶりにみぽりんを見ると妙に可愛く

  norikura07                      norikura08                        なってて女を感

じた(笑)。女を

捨てないと速く

なれないぞ、

みぽりん!

結局22時頃、

レース前の

緊張感など

                                        ゼロの状態で就寝。

norikura10 norikura11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ乗鞍!(☆依然、非公開で工事中☆)

休み

あー、また寝るヒマが無くなった。

明日6時起きで乗鞍出発なのに、寝るのは2時過ぎか。

寝不足たまってるのになぁ。。。

宿に着いたら昼寝しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風接近の中、ジムで最終調整

ランニング5km ; バイク39km,81分,939kcal

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(ボート漕ぎ運動) 41kg×20

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 43.5kg×18

TORSO ROTATION(上体水平回転) 41kg×22×2

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 41回

上体反らし 70回

今日は昼間に空き時間があったので、ジムで最終調整。玄関には17時閉館

のお知らせ。早く来といて良かった。久し振りに一通り筋トレをやった後、疲れを

残さないように低めの負荷でバイク。レースの目標時間(1時間20分)こいでも

全くの余裕だったが、体重がほとんどサドルにかかってるためか、お尻が痛くて

何度も立ち上がったり位置を変えたりした。まあ、全体的にはいい調整だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩の左脛けいれんの後遺症

休み

ホントは今晩、22kmのランニングをしたかったが、極度の忙しさで無理だった。

仕方ないから、明日なるべく早い時間に最終調整しよう。週末には疲れが消えて、

超回復してるように。昨晩の左脛けいれんの後遺症が残ってるのが心配だけど、

過去の経験上、3日以内に消えるはずだから気にしないことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

808kcal/hで僅かに自信復活

ランニング5km ; バイク29km,60分,808kcal

乗鞍前最後のバイクくらい、目標タイムの1時間20分本気でこぎたかったが、

やはり時間がなかった。仕方ないので、60分の消費カロリー最高記録に挑戦。

見事に新記録達成!僅かに自信復活。

でも富士山がヒドかったし、やっぱ実際のヒルクライムじゃ通じないかなぁ。。。

なお、復路のランニング中に左脛けいれんという珍しいアクシデント発生。

バイクが結構効いたってことか。現在まだ治らず、ちょっと心配。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙し過ぎ!

休み

脚がまだ重い。臨時の仕事が入り、忙し過ぎてロクに寝る暇もない。

明日ジムに行けるかなぁ、時間的にギリギリだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗鞍前最後の自転車練習(☆依然、非公開で工事中☆)

自転車62km,Av27.1,Mx38.5

昨日の敗北にもめげずに朝の多摩川で最終調整。レース用にサドルを3mm

程度上げた。限界ギリギリなので感心しないがそんな事言ってる場合じゃない。

さらに、今年はダンシング(立ちこぎ)の練習をあまりしてなかったので、時々

10回転程度のダンシングを導入。乗鞍終盤の急坂や、途中の加速に備える。

強風の中、少し余裕をもって回転重視で走ったが、多摩水道橋上流部だけなら

平均時速30km/h前後(1h19m,平均心拍147,最大心拍165)。

20台以上抜いて、全く抜かれてないことを考えても、明らかに力はついてる。

これでタイムが上がらないはずはないんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山タイムトライアル敗北。。

自転車104km,Av23.3,Mx61.0

朝4時半起きで富士吉田まで輪行、毎年恒例の富士山タイムトライアル。

fuji03去年まで友人Hの車で一緒に

行ってたが、今年は都合が悪い

という事で、一人で電車を乗り

継ぐことに。電車は往復すべて

楽に座れてラッキー。想定外

だったのは、富士吉田駅(標高

809m)から富士スバルライ

fuji04ン料金所(標高1087m)まで、標高差300m近

く登らないといけなかった事。去年まで車を置いて

た富士北麓公園(標高1035m)と比べてもかなり

違う。おまけに最初間違えて変な山道を登って引

き返したので、料金所のスタートまでにかなり脚

を使ってた。

以上が長ったらしい言い訳で、結果は1時間30分

06秒という悲惨なタイム。。去年の31分03秒に

は一応勝ってるが、今年は渋滞によるタイムロス

が無かったことを考慮すると、

fuji05実質的に去年と同程度。いや、

去年より気温が低かったし吐き

気も無かったんだから、去年以

下と言うべきか。6月の富士山

ヒルクライムでの仲間のタイム

と比較してもパッとしない。や

はりスタートまでに疲れてたと

fuji01いう言い訳にすがりつくしかな

いか。心拍数は、平均158、

最大167だから、かなり本気

で走ったのは確か。美ヶ原以降

では最高の心臓負荷だろう。そ

れで、あのタイムねぇ・・・

ボヤキはさておき、タイム以外

のことも書いておこう。まず富

士吉田駅でバスの運転手っぽい人に話しかけられて5分程度おしゃべり。感じの

いい人で、どこから何時出発で五合目までどのくらい、という話。スタートは10時半

近く。やたら上りのバスが多く、五合目は登山客で一杯。ラストスパートしてる時

fuji06に、「ヒューーッ!」とかいう掛

け声をかけられた。自転車は20

台以上見かけたが、挨拶を返し

て来たのは4台程度。下りはガ

ラガラで、道も見通しもいいの

で最高のダウンヒルを楽しめ

た。多分日本で一番気持ちいいfuji02

ダウンヒルじゃないかな。途中で、今日一番の

山頂の姿が見えたので写真。ここは去年も山頂が

よく見えたような気がする。富士吉田から大月まで

はずっと下りで、ほとんどアウター×トップ(一番重

いギア)で走れた。逆方向はずっと上りでしんどそ

う。18時過ぎに無事帰宅。

と言う訳で、今日のタイムにはかなり落胆したが、

力はついてるはずなので、自分を信じるしかない。

乗鞍での逆転勝利に期待!

fuji07                              

fuji08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は予定通りの休みだが・・・

休み

今日は元々休みの予定だし、明日の富士山タイムトライアルもあるので

休んで当然なんだけど、連休になったので不安と罪悪感に苛まれてしまう。

その分、明日は全力で登って結果を出さないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語で暑中見舞い

書こう書こうと思いつつ、先延ばしにしてきた中国語の暑中見舞いに挑戦。

china01先月中国に引っ越した知人宛のもので、中国語なんて

「ニーハオ」くらいしか知らないので、マニュアル本を3冊

用意。熟読してるヒマはないので、適当な例文をつぎはぎ

して本文作成。相手が読めるのかどうか心配になる。

一番苦労したのは宛名と差出人の書き方。本やネットのあちこちに色んな

情報が錯綜してて、決定版の書き方が分からない。英語なら適当に出しても

届きそうだが、中国だとやはり不安で緊張してしまう(失礼・・)。゜

一応、郵便局の窓口で確認すると、若い女の子がひと目で「大丈夫です」。

ホントに大丈夫なの? もうちょっとチェックして欲しかったなぁ。

と言う訳で、中国との付き合い方はすごく難しいなと実感した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不本意な休み・・・

休み

やる事が多過ぎるので一日だけ臨時の休み。プロじゃないので仕方ない。

いい休養になったと無理やり思い込むことにしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校以来のラップタイム計測

ランニング22km,1時間48分46秒(給水・信号含む),

平均心拍146,最大心拍164

昨日の疲れが大腿直筋にたっぷり残る中、渋々スタート。

初めて心拍計でラップタイムを計測してみる。こんな事するのは

高校の陸上部以来。当時は自分で時計を見て覚えたり、誰かに

頼んで記録してもらうのが普通だったが、今ならラップごとに

心拍計のボタンを押すだけで記録される。便利になったもんだ。

今日のラップタイムは以下の通り。

  往路(2.45km)   13分30秒 平均心拍127

  1周目(2.14km)  10分11秒       145

  2周目           10分19秒       147

  3周目          10分14秒       147

  4周目          10分09秒       150

  5周目          10分13秒       150

  6周目           9分59秒       153

  7周目          10分12秒       153

  8周目           9分59秒       154

  給水・水浴び       2分01秒       137

  復路           11分59秒       147

この結果はすごく分かりやすい。基本的にはイーブンペースで

平均心拍が少しずつ上がる。6周目だけタイムが急に上がってるのは、

追い抜いた奴が後ろに付いてバトルになったから。

最大心拍164は復路のラストスパートの最後で、当然の結果。

今はレース直前だからこんな感じでいいだろうけど、来月からはもう少し

余裕をもったLSD(ロング・スロー・ディスタンス=長くてゆっくりした走り)

も必要だろう。ハァハァゼェゼェしたがるのは高校時代からの悪いクセ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大心拍数185は久々

ランニング7km ; バイク39km,77分,1000kcal

乗鞍が近いからもっと長めに本気でバイクをこいどかないとマズイのに、なかなか

時間が作れない。去年より忙しいのは間違いないのだが、モチベーションが下がって

る面も否定できない。分かりやすくコントラストをつけると、去年は「絶対20分切ら

ないとマズイ!」、今年は「20分切りたいな」って感じか。

そうゆう状況の中としては、今日はそこそこの時間追い込めた。214wで54分こいだ

後の250wでは限界に近く、久々に最大心拍185を記録。あわてて回転数を下げて

心拍を落とす。まだ心停止するほどではないが、そこまで追い込むのはレースの時

だけで十分だろう。次は1時間20分ちゃんとこがないと、もう後がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田峠で多摩川組の皆さんと遭遇してた

休み

昨日の和田峠のグループはひょっとして、と思い、「東京多摩川自転車」をのぞいて

みると、やはりぱっちゃんさん率いる多摩川組の皆さんだった。

同じ日の同じ時間に同じ峠へ登ってるとは! 何とも狭い世界だなぁ。。。

詳しくは、昨日の記事に追記したのでそちらをご覧あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田峠&裏ヤビツ

自転車145km,Av23.4,Mx56.5

今日は5時起床で、和田峠から相模湖経由で裏ヤビツに向かうことに。

寝たのが2時だから眠い。八王子の西にある和田峠がキツイという情報は、

別々に3人から情報を得ていた(職場の知人、Fさん、みぽりんのブログ)。

峠の標高は688mとヤビツ以下で大した事ないが、短いけど強烈な激坂があるらしい。

和田峠ヒルクライムのHPによると、距離3600m、標高差363m、平均勾配10%。

裏ヤビツと組み合わせれば適度な負荷になると思い、朝6時半頃(?)出発。

空いてる多摩川サイクリングロードを軽く流し、野猿街道から陣馬街道へ。

wada01どんな道か知らないので、早めにコンビニで補給。

基本的にそこそこ走りやすく、やがていかにも田

舎の山道って感じの風景になり、緩やかな傾斜を

気持ち良く登る。練習を終えたって感じのレーサー

が次々に降りてくるが、当然(?)誰も挨拶せず。

途中、分かれ道になったが、迷った時は交通量の

多い真っ直ぐな道を進む、という基本原則に従って

直進。徐々に傾斜がキツくなり、正解だと思ってた

らいきなりロープで通行規制。自転車だから脇を

通るんだろうと考えて強行突破するが、再びロープ

が現れてもはや走行不能。「しまった・・・」と思ってあわてて引き返す。

最初のロープまで帰ってくると、バイクが2台やって来たので、内心「お互いマヌケだ

ねぇ♪」と笑う。降りる途中で親切なおばさんに道を確認し、分かれ道まで戻って

左折。大幅なタイムロスとパワーロス!遅れを取り戻すべく、少しだけ飛ばす。

wada02人が少し集まってるバス停らし

きものがあり、そこを過ぎると

やがて細くてキツイ山道が始

まった。「お疲れ様」と声をかけ

ながら女の子を一人抜き、止

まって休んでる人に視線を送

り、ひたすら登る。キツイけど短

wada03いと分かってたからプレッシャーは少ない。

ただ、この後まだ裏ヤビツがあるので、脚

力温存のためにフロントのインナー22Tを

使用。インナーなんてこの一年で2回目、

先日の熱海・山伏峠以来。まだかまだかと

メーターの距離表示を見ながら登ってると、

湧き水があって3人水遊び(?)してた。

軽く会釈して登り続けると、なぜか少し上で

女性が道の真ん中に仁王立ちしてこっちを

見てる。奇妙に思いながら近づくと、そこが

wada04頂上。誰かを待ってるわけか。

売店でコーラ500mLを買い

(200円だったか)、写真を撮り

ながら休憩。女性の他には男性

が2人。1人売店のイスに座っ

てるのを見たおばちゃんが、「こ

こは売店なんだから、座るんな

wada05 ら何か買ってくれなきゃ!」って

感じのことを叫ぶ。すると、離れ

た場所に立ってた女性が大声で

「仲間を待ってるからダメなんで

すよ。来たら何か頂きま~す」っ

て感じのことを叫び返した。そ

もそもこの女性は立ってるんだ

から関係ないんだけどな、元気のいい女性だなぁと感心しつつも顔がニヤける。

やがて、湧き水の所にいた人達(?)が一緒に登って来て、女性と話し始めた。

後で分かったのだが、実はこのグループは1人を除いて「東京多摩川自転車」

ばっちゃんさん御一行で、女性はのぶさんだった。ヤビツへ向かう電車で挨拶を

交わしてたので、気付いてもよかったのだが、お互い気付かない。私は、相手の

人数と女性が1人いるのを見て「ひょっとして?」くらいには思ってたが、高校生

の青ビラート君らしき人が見当たらなかったこともあり、やっぱ違うかなと思って

た(まさか坊主頭になってるとは・・・写真参照)。

wada06と言う訳で、気になりながらも

峠を下って相模湖へ向かう。国

道20号から412号へ入る頃

にはもう真昼間で、日差しがや

たらキツくてしばらく暑さとの

戦い。帰って調べると、八王子

の12時の気温は32度だった

が、それ以上に「熱く」感じた。相模湖を過ぎた辺りのコンビニで飲み物とアイス

(爽)を補給。赤系の派手なウェアの女性レーサーが一人でいた。峠なら話しか

けたかも知れないが、下界では遠慮。車の渋滞を右に見ながらもう少し走ると、

意外に早く、ヤビツへ向かう三ヶ木交差点を発見。右折すると、渋滞は完全に止

まってる状態。お盆に近場の観光地へ車で出かけた人たちがこんなにいる訳か。

宮ヶ瀬湖のビジターセンター(?)でまたドリンク補充し、大勢の観光客を横目で

wada07見ながらいよいよ裏ヤビツ。つまり、南の名古木

交差点から登るキツイ「表ヤビツ」ではなく、北か

ら登る緩めで渓谷っぽい坂。こっちから登るのは

初めてだが、反対から来た時の感触からも各種

情報からもラクなのは間違いない。実際、インナー

どころかセンターもあまり使わず、アウター(42T)

でほとんど大丈夫な気持ちいい登りだった。裏とい

うだけあって、反対方向から降りてくる自転車は

結構いたが、同じ方向はほとんど見かけない。もち

ろん両方向でかなりの差が出るのは数学的に

自然だが、それ以上の差だったと思う。普段はターゲットの坂を登ってる途中で

止まることなどないが、山の涼しさもあって凄くラクだから、写真撮影で止まっても

wada08罪悪感は全くなし。やがて頂上

に着き、自販機の前に自転車

をおいてた人と挨拶を交わし、

ドリンク補給とトイレの後、裏ヤ

ビツの記念としてヤビツの看板

を反対側から写す。当然、何も

書いてない茶色の板(写真左)

だが、この種のバカバカしさは結構好きだ。看板の表については、7月24日の

記事を参照。その後すぐ表側へ下山して、246経由で鶴巻温泉駅に行って輪行。

駅で食べたアイスが美味しかった♪ (アイスばっか・・)

なお、残念ながら心拍計の記録は残ってない。途中何度も止めたし、和田峠

の一部を除けばわりと低かったと思う。裏ヤビツは今後もちょくちょく走りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子マラソンは順当な結果か

締切りが明日の仕事をしながら女子マラソンをチラチラと観戦。

ラドクリフが飛び出した時からは、ほとんど音声だけで画面を見なくなった。

実力、コース、気象条件、今日のペースから考えて、ほぼ決まり。極度にキツイ

条件の中で棄権したアテネの再現はあり得ない。かなり早い時間に日本選手の

メダルが消えたので、個人的には仕事がはかどって助かった。

バカにしてるように聞こえるかも知れないが、もしそうなら忙しい時に無理して

テレビをつけたりしない。日本でトップ、世界で上位にいる雲の上のアスリートだ。

彼女たちは十分実力を発揮したのであり、ただその実力がメダルからは遠かった

だけの事。少なくとも、原以外の選手たちには初めからよく分かってただろう。

レースとしては全く意外性のない順当な結果だったと思う。

話はそれるが、スタート前の選手紹介映像で、江田良子が制服に身を包んで

受付嬢をやってる姿には驚いた。3割増しから5割増しって所。

ヤマダ電機の客寄せに使われてる姿がちょっと悲しかったが。

(追記) 実はこの江田良子、私の職場と少しつながりがある女性だった。

     世の中せまいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方の多摩川

自転車61km,Av26.5,Mx42.5

今日はまた伊豆に行きたかったのだが、仕事がたまってたのでガマン。

明日は丸一日走る代わりに、今日は夕方の多摩川でお茶を濁すことに。

夏の夕方の多摩川というのは、散歩する人や犬や虫が多くてあまりいいイメージ

がないので、意識的に余裕をもって走ることにする。

実際に行ってみるとさほど走りにくくはなかったが、明日の峠に備えて脚力温存。

帰ってまたお仕事。なかなか終わらないなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子マラソンはビミョー

高校時代に陸上部で1500mと5000mをやってたものとして、やはり男子マラソンは

応援してしまう。たとえ世界のトップから遠ざかってる現状においても。

特に高岡。実力から考えて金メダルも狙えるし、アテネで挫折した前後の様子を

ドキュメンタリー番組で見て好感を持ってたので、今回すごく期待していた。

私と同じクロスバイクに乗って移動する姿も親近感を覚えたし、年齢的にも、

日本男子長距離界のエースとしてそろそろ最後の一花を咲かせて欲しい。

一応仕事をしながらテレビを見てたのだが、つい気合が入って仕事が進まない。

ところが、予想外に早くトップから離されてしまい、少なくとも優勝は遠ざかった。

必死の粘りに期待してたのだが、尾方にも抜かれてしまい、ほとんどテレビに映らなく

なってしまう。たまに尾方の後方に小さく映るのだが、テレビ中継は完全に尾方しか

相手にしなくなった。尾方も、私の出身地近くの選手であって応援はしているが、

何とか高岡にメダルを取って欲しい。アクシデントの可能性もあるので、最後まで

希望を捨てなかったのだが、結局尾方3位、高岡4位。解説の瀬古も言ってた

ように、優勝を狙って勝負したかしなかったかの差と言うべきだろう。

日本男子にとって3大会ぶりのメダルだし団体優勝なんていうオマケもあって、

それなりに評価できる結果ではあるけれど、やっぱビミョーだなぁ。。

高岡が金メダルを取って息子の首にかけてやり、そばで奥さんが笑顔で涙を

浮かべてる、そんな風景をそろそろ見たいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗鞍の参加証到着

休み

28日の乗鞍(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)の参加証が

送られてきた。例年よりちょっと早めかな。絶対に1時間20分を

切りたいので、あと2週間頑張ろう!

と言いつつ、今日は週2日の楽しいお休み♪ 残念ながら雑用の山で、

心身ともにリラックスってわけにはいかず。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日航機墜落から20年

飛行機墜落で死ぬ確率は自動車事故より遥かに低いという話は何度か

耳にしてるが、その真偽や根拠はともかく、単純な感覚として飛行機は怖い。

北海道や沖縄へ行く時に仕方なく乗ってきたが、いつも着陸まで緊張。

機体はカッコイイし、スッチーも好きだが、できれば避けたい乗り物だ。

さて、日航ジャンボ機墜落から今日で20年。520人死亡の悲惨と4人生存

の奇跡がもたらした強烈なインパクトは今でも鮮明な記憶として残っている。

メディアでも色々と報道されてるが、今日はTBSとフジで特別番組の放映。

まずTBS特番の「ボイスレコーダー」という題にひきつけられたので、用事を

片付けながらテレビを見ることに。数年前、やっとボイスレコーダーの音声が

公開され、再現フィルムで放映されたのを偶然目にして衝撃を受けてたからだ。

特番は機長の周辺を中心にしたドラマ仕立ての構成で、チラチラ見るだけでも

度々目に涙がにじんでしまったし、文字通り「必死」の声だけでも泣けてくる。

ただ、ボイスレコーダーの音声がかなりカットされてたのは残念。

その後、比較のためにフジ特番もチラチラ眺めると、こっちは基本的にドキュ

メンタリーで、乗客とその遺族の側からの描写が主。乗務員の必死の努力には

十分な敬意が払われていたが、見方によっては「上空で車輪を下ろしたために

急降下したのが墜落の原因の一つ」とも受け取れそうな内容が含まれてた。

どっちの特番が良いという話ではないし、原因というものは常に曖昧なわけだが、

TBSの補完的役割をフジがうまく果たしていたと思う。

ただ、せっかく飛行実験をしたんだから、もう少し詳しく映してほしかった。

いずれにせよ、航空業界には、新幹線を見習ってリスク管理を徹底してほしい。

まあ、それでも怖いものは怖いんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニス&バイク(☆依然として非公開で工事中☆)

テニス2時間 ; ランニング7km ; バイク35km,70分,919kcal

数年ぶりに二子玉川で早朝テニス。ここは予約とりにくいし、キャンセル料も取られる

し、前金を要求されたことさえあって、しばらくパスしてた。ところがいつもの都立公園

がなぜか全く取れなくなり、仕方なく空き探しの電話を入れるハメに。すると、去年から

はキャンセル料も前金もなくなったとの事で、ラッキー。これも郵政改革の影響か。

夜はジムでまたバイク。一昨日より好調で自信を取り戻す。最初の1時間は794kcal、

その後の10分もしっかり回せた。一昨日より疲れてるハズなのに、不思議なもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!為末銅メダル♪

ランニング22km,1時間48分31秒

テレビで世界陸上を見たりしてると、やはりランニングに気合が入る。

今日は前回よりタイムを上げることを目標に、結構本気で走った。

結果は先週から2分短縮。大したタイムじゃないが、気分いい。

平均心拍148、最大心拍165.

それにしても、為末は男っぽい人生歩んでるなぁ。おめでとう!♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やや不調・・・

ランニング7km ; バイク33km,68分,880kcal

TORSO ROTATION 41kg×23×2

蒸し暑さのせいか、やや不調。バイクは最初の1時間で790kcal。前回の

802kcalより余裕があるはずなのに相当キツく、ラストのお約束の250w×5分

は3分へと短縮。それほどひどい調子でもないが、かなり不満な日となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ヶ月半ぶりの体脂肪計

休み

実に久し振りに体脂肪計を使ってみた。間が空いてしまった最大の理由は、

部屋の中に物がグチャグチャあふれてるために体脂肪計を置くスペースが

なくなったから。わざわざスペースを作ってまで測るのも面倒。

もう一つの理由は、頑張っても値が良くならないから。特に荒川マラソン前とか

ひどかった。暴飲暴食のせいだと言われれば返す言葉がないが。。。

ともかく、1ヶ月半ぶりの計測。結果は予想よりかなり良く、

体重58.2kg,体脂肪率14.7%,BMI20.4,基礎代謝1378kcal。

気を良くしたけど、面倒だからしばらく測らないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎天下の多摩川でサウナ気分

自転車61km,2時間19分

今日はばっちゃんさんから奥多摩ツーリングのお誘いを受けてたのだが、コースが

別物とは言え昨日と同じ地域だし、やる事もたまってたので丁重にお断りしておいた。

ところが風張峠がイマイチ不完全燃焼だったので、急に裏ヤビツでも走りに行きたく

なる。しばらく悩んだ後、冷静に判断していつもの多摩川・国立往復で妥協。

この辺りが大人の強みでもあり弱みでもある。

スタートが遅れて真昼間に走るハメになったが、おかげで人も自転車も少なめ。

コース全体の12時の気温が35度前後と強烈な暑さだったが、そのわりには

そこそこ快適に走れた。暑すぎて湿度が低かった(と感じた)こともあり、ふと

サウナに入ってるような気分に。サウナと思えば温度は低いし風もあるので

問題なし。ま、そう思えるってことは、心身共に好調だってことかも。

スピードは、別に本気で走ったわけでもないからこんなもんか。でも、ふと

考えてみると、去年からほとんどタイムが縮まってないんだよな。

力はついてるはずだから、安全運転のせいだと思いたい所だけど、甘いかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩ツーリング(風張峠)

自転車172km

今日はFさんと奥多摩・風張(かざはり)峠へツーリング。標高1140m。

Fさんと個人的に走るのは、2年前にみぽりんと3人でヤビツへ行って以来。

その一ヶ月後、強風でレース中止になった乗鞍のコースを2人で半分だけ

登ったこともあったな。懐かしくて珍しい記憶。

今回も私が声をかけて、Fさんがコース企画。8時に二子玉川で待ち合わせして、

好天の多摩川サイクリングロードを福生南公園まで走る。Fさんは人の後ろだと

走りにくいようなので、一日を通して前で引いてもらった。感謝。

回転数を上げて心拍数を高く維持するFさんに対し、私はギアを上げて楽に走り、

風張峠まで体力温存。この峠は首都圏のバイク(オートバイ)のメッカみたいな

所で(古いか?)、私も昔何度かバイクで「攻めた」覚えがあるが、アクセルを

回すだけでラクだから、峠の斜度など全く記憶にない。だから自重したって訳。

福生南公園から多摩川を離れて、睦橋通り→五日市街道→檜原街道の順に

西へ進む。多摩川を離れた途端にFさんが少しスピードアップ。一般道だと

自然に速くなりがちとの事で、私とは正反対。とまどいながらも付いて行く。

途中、戸倉(?)のセブンイレブンで補給。暑くてたまらないのでアイスを食べて

しまった。ロッテの「爽」は微細氷が入っててホントに美味しい♪ カロリーも

高くて補給にピッタシだと個人的に思ってるけど、いつか腹をこわすかな?

ここで補給したのは結果的に正解で、その後コンビニは見当たらず。田舎の

山道を少しずつ登っていくのだが、結構下り(に見える部分)が多くてなかなか

標高を稼げない。檜原街道の道路番号が県道33号から206号に変わる

上川乗(かみかわのり)の交差点を右に進む辺りから、いよいよ傾斜がきつく

なり、心拍数が上がって呼吸も荒くなる。

人と一緒に走って面白いなと思うのは、自分と他人とで、しんどさの変化が相当

違う点。後ろを走ってると、しんどい時とラクな時がかなりはっきり分かれる。

やがてラクな時がなくなってしまい、引き離されるんじゃないかと不安に思い始めてた

kazahari01時、突然Fさんが「休憩!」とか叫んで止まった。

そこは昔有料道路だった時の料金所(奥多摩

周遊道路)。今はさびれて自販機さえなく、ノド

の渇きが気になって来る。キャリアに紙パックの

ドリンクを縛り付けていたのだが、途中で穴が開

いて大部分が漏れてしまっていた。こうなると水分

を求めて文字通り必死に登るしかない。

休憩後、前を引き続けたFさんが疲れた様子だっ

たので先に行き、キョロキョロ自販機を探してると、

「都民の森」という所を発見。峠だのヒルクライムだ

kazahari02 のは無視して、敷地内の自販

機でガブガブ水分補給。まもな

くFさんも入って来た。

ホッと一息ついた後、峠を目指

して再び登り始める。荷物がくず

れそうだったので先に行ってもら

い、すぐ追い抜いたのだが、今

kazahari03 回はFさんがピタッと付いて来

た。そこからは珍しく2人でバト

ルモード突入。ミラーを見なが

ら必死に振り切ろうとするが、

離れそうで離れない。心拍数

は160台半ばになり、キツイ

なぁと思ってたら急にミラーから

kazahari04Fさんの姿が消えた。

もうすぐ峠付近の平坦部になると知ってたので力を

抜いたとの事。こっちは道を覚えてないので、一気

に引き離そうとダンシングし、風張峠駐車場という

看板を見つけたが、自販機も何もないので単なる

駐車場だと思って先へ進む。アップダウンの連続

を突っ走ると、今度は月夜見第二駐車場発見。こ

こでおかしいなと思い始め、写真を撮ったり奥多摩

湖を見たりしながら待ってもFさんが来ないので、

引き返すことに。相当しんどいが、道は適度なワイン

kazahari05ディングとアップダウンで気持

ちいい。さすがバイクのメッカ。

途中、風張峠駐車場で写真を

撮り(結局ここが峠)、都民の

森まで戻っるとFさんが座って

て、「どこまで行ったんですか」

と苦笑。また水分補給し、帰り

kazahari06は下りでお気楽モードの走り。

秋川渓谷のラーメン屋っぽい

店で昼食。水をジョッキのまま

くれたのは嬉しかったし愛想も

良かったが、冷し中華が全然冷

たくないのには参った。

まあ観光地の小さな店にしては

マシな方かも。昔、山口・錦帯

kazahari07橋近くの店に家族で入った時な

んて、あまりのヒドさに全員あき

れはててたもんなぁ。。

ボヤキはさておき、その後はま

たクソ暑い中をひたすらバック

し、多摩川沿いに二子玉川へ。

強い向かい風はFさんに任せ、

暑さだけ我慢してラクに走った。乗鞍での再会を約束して別れ、安全第一で帰宅。

終わってみれば、もっと本気で登れば良かったと多少の悔いが残るが、道が分から

ないし凄く暑かったのでこんなもんか(檜原村の最高気温33度)。距離も標高もまず

まず稼いだし、良しとしよう。この日の最大心拍は179、平均心拍は何度も測定

中断したために不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク付けと写真掲載に成功(遅い・・・)

休み

今日は休み。最近は週5日運動してるので、休みが待ち遠しい。

昨日のバイクの疲れが残った太腿にも、超回復のための休養が必要。

先日ヤビツ峠の帰りに落として壊したカメラのフィルムを現像してみたら、

問題なかったので一安心。そこで、峠の写真を一枚アップしてみた。

まずCDに焼いたデジタル画像をPCで縮小。次に本文の適当な場所を

クリックしてカーソルを移動させ、IMGボタン。一度ブログにアップした後、

画像と本文のレイアウトを調整しておしまい。

今までさぼってきた作業だけど、慣れれば簡単かな。ついでに本文から

他のブログへのリンク付けもやってみた(ばっちゃんさんとKAZUさん)。

今後、公開に向けて少しずつ作業していこう。

それにしても、いまだにフィルムカメラなんてブログの世界じゃ化石かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

800kcal/h達成

ランニング7km ; バイク33km,65分,850kcal

またジム到着が遅くなってしまい、短時間高負荷しかできなくなったので、

前回失敗した800kcal/hに再挑戦することに決定。一昨日より少し調子が

いいが、単に冷房が強いだけかも。昼間の秒単位の急用で、炎天下の街中を

全力で500m走った後遺症が太腿に残ってるが、心拍が一昨日より5拍ほど

低いので何とかいけそう。徐々に負荷を上げながらモニター表示をもとに

暗算し、1時間でギリギリ800kcalになるように調整したら、見事に成功!

最後は心拍数180近くまでいってしまったが、802kcal/hは満足できる数字♪

今後はこれを80分間持続したいが、8月末の乗鞍までには無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランニングの心拍測定に成功

ランニング22km

相変わらず蒸し暑い中、22時前に渋々出発。21時で28度・湿度85%、

0時で27度・88%。気のせいか、公園へ行くと余計にムッと感じた。

なぜか人が多くて活気があるのは、多少涼しい夜中まで待ってたって事か。

2回連続失敗したが、今回はキッチリ心拍計で測定。締め方が分かってきた。

蒸し暑さのせいか最初から心拍数が高く、すぐ150を超えて160弱で安定。

何度も止めそうになったが、データ入手のためにも頑張る。

結局22kmで1時間50分52秒(給水・水浴び含む)、心拍Av152、Mx166。

負荷としては丁度いいか。もう少し低くてもいいが、蒸し暑かったから。

最大心拍は2周バトルした時だろう。相手はすぐいなくなったけど。

今日もトランスミッターでわき腹が痛くなることはなかった。伊豆の後遺症なし。

部屋に帰って冷たい物の暴飲暴食。これだけを楽しみに頑張ってるから

止められない。また6月みたいに胃が痛くなりそう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し暑さで不調

ランニング7km ; バイク34km,70分,912kcal

DUAL AXIS ROW/REAR DELT 41kg×22

今日はジム。ちょっと上半身のボート漕ぎ運動をやってバイク。

最初から全くの不調で、頭も痛い。冷房入れて裸で寝たりしてるから、

久々に熱が出たのかも。やたら暑く感じたのは、温度より湿度のせいか。

帰って調べると、付近の湿度は21時で86%、0時で92%!

脚の疲れは特に感じないのに心拍数が高く、途中からはずっと160台前半。

汗もボタボタで、拭く余裕がないくらいキツイ。まあ悪条件の中、粘った方か。

気にせず、体調管理に努めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌のまとめ買い&流し読み

休み

発売日からちょっと時間が経ってるが、『サイスポ』(CYCLE SPORTS』と

『BiCYCLE CLUB』と『ランナーズ』を買って来てパラパラ流し読み。

この3誌はここしばらく毎月購読しているが、どんどん溜まって置き場に困ってる。

性格的に捨てれないし、古本屋で10円とか言われるのも不愉快。

必要な所だけ残して後は捨てるのが現実的な妥協案だが、実はこの作業は結構

時間がかかる。おまけに、エコロジーの流れなのか、自転車の雑誌というのは

種類が多く、時々いろんな雑誌をランダムに買ってるので、部屋の中は雑誌だらけ!

最初は貸し倉庫に送ってたのだが、そうゆう安易な事をやってると倉庫にどんどん

物が溜まって、とうとう100箱以上にもなってしまったので、最近は送るのを止めた。

何しろ今では、大口顧客として倉庫会社からお中元とお歳暮が来てるほど (^_^;)

要するに、しっかり金を稼いで広い所に引っ越せっていう事か。これが一番難しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »