« 旧友と原点回帰のサイクリング | トップページ | 10月の全走行距離 »

マフェトン理論5~久々の30km

ランニング30km,2時間44分(推定),平均心拍142(推定),最大心拍154

今日は10月最終日。まだ計算してないけど、BIKEはもちろん、RUNも全然

距離が不足してるのは間違いない。中旬まですごく忙しかったから仕方ない

んだけど、最後くらいカッコつけようと思い、マフェトンで30kmに挑戦。これ

だけの距離を走るのは荒川マラソン以来、7ヶ月ぶり。

マフェトン理論にもとづくランニング記事は、ぶっちゃけた話、ウケが良くない。

前回の記事なんて、全ての記事の中でも最低クラスのアクセスで淋しかった。

一つの理由として考えられるのは、ランニングの世界ではまだ心拍計による

トレーニングがそれほど一般的じゃないってこと。雑誌やマニュアルを見ても、

テレビのレース解説を聞いても、ペースと距離と技術の話が中心で、心拍数

の話は少ない。高校陸上部時代を振り返っても、心拍計なんてもちろん誰も

持ってなかったし、脈を手で測るなんて面倒な事もめったにしなかった。そも

そも、私が心拍計を買ったキッカケだって自転車のトレーニング本だ。自転車

の世界の方が心拍計が普及してる理由は、歴史と、単純さ(技術より心臓)と、

メカニカルな性格だろうと思われる。

さて、理由はともかくウケの良くないマフェトンのランニング記事、最近検索に

よるアクセスが増えている。自転車系の人の方が多いようだけど、ランニング

系も増えていて、ちょっと嬉しい♪ 真面目に書いてれば、いずれ誰かが必ず

検索でアクセスしてくれると信じて、今後も色んな記事を書いていきたい。

今日は、肌と空気が乾燥してたせいか、いきなり心拍計がエラー続出。安定

したのは公園に着いてから。睡眠不足のせいか、心拍数が高めでしかも変動

が大きめ。なかなか目標ゾーンに収まり切らなくて苦戦。まあ、そうは言っても

マフェトンだから心肺は余裕。ただ、やっぱり20kmくらいから脚(特に付け根)

が疲れてきて、最後はかなりヨタヨタの走りに。理論的には、心拍一定で長く

走ればスピードが落ちるのは当然だし、久々の30kmを無事走りきったんだ

から、一応よしとしとこう。ちなみに、最後は例の勝手な「改釈」で、心拍は107

までしか落とさなかった。

詳細は以下の通り。5-6周はラップボタンを押し忘れて平均値。

  往路(2.45km)  17分(推定。心拍計調整によるロスタイム込み) 

  1周(2.14km)   11分41秒(推定)

  2周            10分42秒 

  3周           10分45秒 

  4周           10分51秒 

  5周           10分56秒 

  6周           10分56秒 

  7周           10分56秒 

  8周            11分04秒 

     9周          11分18秒

 10周           11分17秒

 11周           11分35秒

 12周(1.56km)    9分29秒(給水込み)

 復路            16分37秒

  計 30km      2時間44分(推定)

|

« 旧友と原点回帰のサイクリング | トップページ | 10月の全走行距離 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/6813238

この記事へのトラックバック一覧です: マフェトン理論5~久々の30km:

« 旧友と原点回帰のサイクリング | トップページ | 10月の全走行距離 »