« 「電車男」人気、恐るべし! | トップページ | シカゴマラソン感想 »

乗鞍敗北の謎を解明!

ランニング8.6km ; バイク24.5km,51分,600kcal,最大心拍177

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(ボート漕ぎ運動) 41kg×20,17

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 43.5kg×18,15

TORSO ROTATION(上体水平回転) 41kg×22×2

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 35回×2

上体反らし 50回×2

今日はマフェトン理論でハーフマラソンでもやろうかと思ってたんだけど、雨だし、

前から筋トレをやりたくて仕方なかったので、ジムに行くことに。

筋トレをほとんどやらなくなったのは、時間がないのと、マシンの取り合いが嫌だから。

ただ、今日は雨の休日だし時間帯も少し早めなので、わりとマシンが空いてるだろう

という読みだった。結果的には、これは大ハズレ。今日は体育の日なので、ジムが

無料開放されてて、かなりの盛況。あちこちにマシン待ちの人が立ってる状態。

無料は嬉しいけど、これじゃあ・・・と思いつつも、今日は時間的に余裕があるので

マジメに順番待ち。マシンを長時間占有できる雰囲気じゃなかったからか、交代は

スムーズで、きっちり筋トレができた。

ところで、この筋トレ、上の5種目を2セットずつやるのが昔のパターンだけど、一体

何時から不真面目になったのか、今調べてみた。なんと、3月上旬以来、7ヶ月も

さぼってた! 道理で無性にやりたくなるはずだ。

さて、前置きが長くなったけど、今日の記事のタイトルにある「乗鞍敗北の謎」を

理解する上で鍵になるのが、このさぼりまくってた筋トレ。今まで心の底に残ってた

「納得いかないなぁ・・・何であんなタイムなの?」という思いが、ようやく晴れた。

今年こそ1時間20分切れるだろう、という自信の根拠は2つあった。1つは、3月

の荒川マラソンのタイムが1割以上アップしてた事。もう1つは、ジムのバイクの

測定値(一定時間の消費カロリー)が1割弱アップしてた事。この2つがあったから

こそ、美ヶ原で2分強しかタイムがアップしてなくても、雨のヤビツや直前の富士山

で苦戦しても、期待をつなぐことができた。

しかし、冷静に考えてみると、荒川マラソンでは脚を痛めてしまったので、その後

2ヶ月ほどマトモに走れなかった。当然、走力はガタ落ちのはずで、実際ランニング

の際にそれは感じてた。したがって、残る根拠はただ1つ、バイクの測定値のアップ

だけになる。ところが、これがとんでもない勘違いだという事が今日初めて分かった。

実は、去年は今年より時間があったし、ジム1年目という事もあって、かなり真面目

にトレーニングしてた。乗鞍直前でも、先にきっちり筋トレをやって、その後バイクを

本気でこいでた。それに対して今年は筋トレほとんど無しで、いきなりバイクに乗って

消費カロリーの記録を伸ばしてた。

たかが30分程度の筋トレなんて、心拍数も上がらないし、大してバイクに影響しない

だろうと思ってたんだけど、これが大間違い! 今日、7ヶ月ぶりに筋トレをきっちり

やった後、珍しくランニングマシンまで8分やって、いよいよバイクに乗ってみると、

超しんどい! 普段なら心拍130程度のアップにしてる150wで早くもしんどくて、

8分こいでも心拍140台前半のままで下がらない。175wを8分で心拍150台前半、

200wで心拍160台半ばになってしまった。過去の記事から分かるように、いつも

は200wなんてウォーミング・アップにすぎない。ところが、久々の筋トレで疲れた

身体には、普段の220wくらいに感じられてしまう。脚が重いとか動かないと言うより、

身体全体がやたらしんどい。筋トレという無酸素系運動によるダメージが全身に

残ってしまってたんだろう。

しんどさと心拍数から、負荷を上げる気にならず、ずっと200wのままだったのに、

何と心拍170まで上がってしまった。ラストの250wもわずか2分しかできず。

つまり、去年と比べてバイクの測定値が1割弱アップというのは、単にバイクの前の

筋トレを省いてたからだったのだ! 実際には実力はわずかしかアップしておらず、

だからこそ美ヶ原も富士山も乗鞍もわずかしかタイムアップしなかったのだ。

これで、乗鞍敗北の謎が解けた。そうと分かれば、実力を上げるだけの事。今後は、

より客観的かつシビアに実力を直視しつつ、目標をめざして行こう。

なお、ランニングマシンを時速16kmで走った際に胸のトランスミッターがはずれて

しまい、その後も度々はずれたので持続的な測定がメチャクチャになってしまった。

一応、下に失敗の詳細を記しとこう。

往路(2.45km)                 16分31秒 平均心拍114

着替え&準備            8分13秒        95

筋トレ(待ち時間など含む)    25分21秒       118

ランニングマシン           8分10秒     測定失敗           

バイク                51分00秒     測定失敗

掃除+片付け+着替え    約12分程度     測定失敗

1周+復路(4.6km)     約30分程度     測定失敗

トータル2時間47分,平均心拍133(単なる参考),最大心拍177

|

« 「電車男」人気、恐るべし! | トップページ | シカゴマラソン感想 »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/6346360

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍敗北の謎を解明!:

« 「電車男」人気、恐るべし! | トップページ | シカゴマラソン感想 »