« 身体感覚だけのビルドアップ | トップページ | 高橋尚子、復活優勝おめでとう\(^o^)/ »

大切なもの、欲しいもの~野ブタ第6話

「野ブタ。をプロデュース」第6話、「親と子の青春」

今回は、面白いって言うより味わい深いお話。ホントに色んな事を考えさせ

られるので、記事をまとめるのに大苦戦。タイムリミットが迫る。。(^_^;

                  

あらすじは次の通り。彰(山下智久)は父の会社の後継ぎを強要されて親子

ゲンカ、修二(亀梨和也)の所に家出&居候。ある日、信子(堀北真希)が

作った野ブタのアクセサリーが女の子達にウケたのをキッカケに、修二が

販売計画を立案、3人は野ブタ。キーホルダーを作って売り出す。野ブタ。

パワーのおかげで願いがかなうという噂をでっち上げるプロデュース戦術が

大成功して、1個200円のキーホルダーはバカ売れ、3人は大儲け。信子は

カスミ=蒼井かすみ(柊 瑠美)にはタダで青い(=蒼井)特別ヴァージョンを

プレゼント。かすみはお返しに温かい鯛焼きを渡し、信子は友達ができたと

大喜び。でも彰は、鯛焼きの頭をもらって食べながら、信子がみんなのもの

になっていくのを淋しく思う。その後、他校から150円の偽物が登場してキー

ホルダーの売れ行きはガタ落ち。信子はもうみんなが喜んでくれたから満足

だったが、修二と彰は販売競争に闘志を燃やし、儲けをつぎ込んで新しい

キーホルダーを外注で作製。ところが早くも流行遅れとなり、自信作は大量

の売れ残り。彰と信子はあっさり諦めたが、修二は激しく落ち込む。それに

対して信子は、売れ残りのキーホルダーにペンキがかけられたのをキッカケ

に「次に行かなきゃ」と提案、さらに誰かがキーホルダーを宝物として地面

に埋めてたのを発見して、こんなに喜んでもらったんだからいいじゃないか

と説得。修二も納得し、売れ残りを焼いて新たな道を探すことに。一方、彰の

父は、家族のために仕方なく会社を継いだ辛い過去を思い出したのか、会社

の事はお前の好きにしろと彰に言う。そして最後、彰が突然、信子を独り占め

にしたいからプロデュースを降りたいと言い出し、修二はあわてる。。。

                     

今回は、大切なものと欲しいものをめぐるお話。人それぞれ、微妙に異なる

価値観を持っていて、自分が持ってる価値あるものが「大切なもの」つまり

宝物、自分が持ってない価値あるものが「欲しいもの」だろう。

3人共通の大切なものは、自分達の友情。共通の欲しいものは、野ブタ。の

人気だ。その人気を得るために野ブタ。キーホルダーを売ってたはずなのに、

やがて、お金が欲しいから、偽物に対する勝利が欲しいから、といった具合に

話がズレて行き、3人の心もズレて行く。そもそも、なぜ人気が欲しかったのか

と言うと、イジメられっ子状態から信子が抜け出すのに役立つと思ったから。

つまり、信子の幸せ・喜び・満足が欲しかったはず。ところが、もう十分信子が

ハッピーになってるのに、修二と彰は金や勝利を求めて迷路に入り込む。

実はこれこそ、冒頭で2人がバカにしてた大人達がしょっちゅうやってる事だ。

特にお金っていうものは、多くの価値あるもの(欲しいもの)と交換可能だから、

ほとんど全ての人間が価値観を共有していて、そのためいつの間にか、それ

自体へと人をのめり込ませる魔力も持ってる。キャサリンの言葉を使うと、人は

お金が広い交換価値を持ってるっていう「キレイ」な所を「表」(ポイント)と考え

がち。だけど、実はお金の「表」は、人をそれ自体へとのめり込ませてしまうって

いう汚い所、普段は忘れがちな「裏」の部分なのだ。特に修二は、信子の人気を

プロデュースするつもりだったのに、お金にプロデュースされてしまってる。

そこで、今回もまた、信子の正論が光を放つことになる。

「私たちの作った物が、誰かの宝になってたんだよ。誰かの心に残ったんだよ。 

   私はそれで十分だと思う」

自分たちの心にも、カスミの心にも残った。みんな一目置いてくれた。これ以上、

何を求めてキーホルダー販売にのめり込むのか。他人にとっての宝物を作り

出せた経験自体が、自分たちにとっての宝物。次に行かなきゃ」、今度は別の

もっと価値あることに向かわなきゃ。自分たち独自の価値観、一万円札よりも

十円玉を選ぶことさえあり得るような価値観にしたがって、3人の未来を切り

開いて行かなきゃ! とりあえず、ごもっともなお話。

ただし忘れちゃいけないのは、自分達がまだ高校生だから、親に養ってもらってる

から、紙飛行機を飛ばしたり屋上で空を見上げたりに時間を費やせるんだって事。

大人は自分で生活しなきゃならないから、必死にお金を稼がなきゃならない。

親は子供が宝だから、自分が欲しいものをあきらめてでも頑張らなきゃならない。

こういった事の大切さ、ありがたさは、子供の心の底にも自然に染み込んでいる。

だからこそ彰の父は、息子に跡を継いで欲しいのをとりあえずあきらめた。また、

だからこそ彰は、鯛焼きの頭を食べると幸せなのだ。幼い頃、宝物はお前かなと

言いながら父がくれた、あんこの多い頭の部分、修二や信子にとってはどうでも

いいような物に幸せを感じるのだ。彰が信子を独り占めしたいと思ったのは、

まるで昔の父のように、信子が鯛焼きの頭をくれた瞬間だったのかも知れない。。

                        

それにしても、彰が欲しいものは手に入るのか、他の2人は何が欲しくて何が

大切なのか。信子を人気者、つまりみんなが欲しいものにするプロデュースは

どうなるのか、そして、悪意は何が欲しいのか。今後がますます楽しみ♪

脚本家さん、プロデューサーさん、期待してますよ!

             

P.S.ちなみに、担任の横山先生にとっての詩集、つまり、捨て切れなかった

    大切なもの、それが私にとっては走ること、すなわちRUN&BIKE。

    皆さんにもあるでしょ。今、それをどうしてますか?

               

     「野ブタ。をプロデュース」、面白い♪(第1話の記事)

     「野ブタ。をプロデュース」第2話

     一瞬のきらめき、出会いの美しさ~野ブタ第3話

     本当の自分を見つめて生きること~野ブタ第4話

     人は人間関係に何を求めるのか~野ブタ第5話

     人を好きになることの難しさ~野ブタ第7話

     信じること、本当の事~野ブタ第8話

     取り返しのつかない場所からの帰還~野ブタ第9話

     誰かのために、自分のために~野ブタ最終回

     生きる場所を求めて~野ブタ再考

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

     リアルな人間との向き合い方~野ブタ原作

     野ブタ最終回(突っ込みヴァージョン)

     水田芙美子さん(野ブタ・バンドー役)の疑問への応答

|

« 身体感覚だけのビルドアップ | トップページ | 高橋尚子、復活優勝おめでとう\(^o^)/ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/7221560

この記事へのトラックバック一覧です: 大切なもの、欲しいもの~野ブタ第6話:

» 「野ブタ。をプロデュース」 [今日の芸能ネタ]
11月19日の「野ブタ。をプロデュース」に関するブログ記事を集めてみました。 読み比べてみてください。 また、関連するトラックバック大歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 08時56分

» 【ドラマ雑感】 野ブタ。をプロデュース (第6話) 「親と子の青春」 [気ままなNotes...]
 信子(堀北真希)の手作り人形がクラスで評判になった。これを使って信子の人気を上げようと修二(亀梨和也)は、願い事がかなうという付加価値を付け、人形が付いたキーホルダーを売り出す。キーホルダーは大ブレークするが、彰(山下智久)は信子の人気が上がると自分から遠ざかるように感じていい気がしない。そんな中、彰は父から会社の後継者になるために自宅に帰ってほしいと頼まれる。キーホルダーの予約... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 11時53分

» 野ブタ。をプロデュース☆第6話 [ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)]
おは4メートル!!(何) 今週はグラチャンのため30分遅れでスタート☆ こっちにも亀梨氏でてるけどねw それにしてもまぢ1週間、ずっと野ブタ。楽しみでしたヽ(*^^*)ノ 今回のテーマは【野ブタ。で大儲け作戦?!】 もう6話ですよ〜!! 全部で10話らしいのでも....... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 14時29分

» 野ブタ。をプロデュース・第6話 [あずスタ]
「進路」の問題で親子ゲンカか・・・。 [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 21時47分

« 身体感覚だけのビルドアップ | トップページ | 高橋尚子、復活優勝おめでとう\(^o^)/ »