« 過去の真実の共同制作~氷壁第3回 | トップページ | 自己アワーレコード達成! »

シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話

『輪舞曲~ロンド~』第3話、「悲しい約束~はじめての涙・・・」

分かりにくさを逆手に取って、今週は謎解き遊びをやろうと思ってたら、謎が全く

ない分かりやすさに拍子抜けしてしまった (^^ゞ クレーム集中で、あわてて分かり

やすく編集し直したのかな? ドラマより、公式HPの植田Pの日記の方が遥かに

分かりにくい。書き方が曖昧過ぎるよ、植田P! 自分でも分かってるでしょ?

色々と試行錯誤してるようだけど、マジメな話、今回くらいが丁度いいのかも。分

かりにく過ぎ、凝り過ぎの映像をなくす一方、ある程度の映像美や映画的表現

をキープ。風間本社の映像は、光と闇の使い分け、CG、カメラアングルと、全体

的に良かったし、ラストシーンもキレイにじっくり見せてて良かったと思う。ストーリ

ーも、人の心のふれ合いをメインにして、しかも明快だった。ただ、変なもので、こ

こまでフツーに近づいてくると、前回までのフツーじゃない作りが逆に懐かしくなっ

てきた。単なるワガママかも。。♪

                  

あらすじは以下の通り。ちなみに最初13分ほど見逃したけど、理解にはさほど

困らなかったので、悪しからずご了承を。

アジアンマフィア・神狗(シェンクー)でモグラ(スパイ)探しが進む中、モグラとし

て潜入している捜査官・ショウ=琢己(竹野内豊)は、ふとしたキッカケで小林

肇(平田満)と息子・亮太(冨浦智嗣)に出会う。亮太は言葉や理解などに障害

があるようだ。

ショウは警察の上司・伊崎(石橋凌)とチャットで連絡。自分のデータが社長秘

書・宋(橋爪功)らに調べられそうだと言うと、伊崎は、逆に宋のデータを利用し

キム・ヨンジェ(シン・ヒョンジュン)らの情報を手に入れろと言う。オレを道具

としか見てないのか、と怒るショウ。伊崎は、その通り、それが仕事だと言い、

前任のモグラが調べた地下室の見取り図を送信。ショウは、そのモグラは今ど

こにいるのかとたずねようとして止める。おそらく殺されたんだろうし、自分も同

じ運命をたどろうとしてることを再認識。

ユナ(チェ・ジウ)ユニ(イ・ジョンヒョン)は、韓国料理店チャメ(姉妹)のチラシ

作りをしていたが、出来のひどさを見かねた韓国料理好きの印刷屋・小林が手

助けを約束。

ショウはシェンクーの表の顔である風間ホールディングス本社ビルの地下に潜

入。監視カメラを一時停止状態にして安全を確保し、地下室のPCから宋のPC

データに不正アクセス。ところが逆探知されそうになって逃げる。宋は社長・

間龍一郎(杉浦直樹)に報告、逆探知ソフトの性能をアップすると言う。

チャメのキレイなチラシが完成。ユナ達は大喜び、小林に感謝する。そこへショ

ウ登場。お互い再会に驚き、ショウは小林が親切な印刷屋だと知る。小林は明

日の開店時にまた来ると約束。ユナとショウも、指きりで約束。

宋がショウのデータをチェックしてる最中に、ショウがまた地下から不正アクセス

して、今度は実際に逆探知されてしまう。宋はみんなを集めて直ちに地下へ。そ

のわずか1,2分のスキに、ショウは宋の部屋に忍び込み、8割程度のデータを

PCから盗み出す。データを伊崎と一緒に見てると、特殊技能の欄に小林印刷

の電話番号が。チャメのチラシの隅に載ってる印刷所の番号と同じなのを確認。

調べると、小林は数年前からシェンクーのダミー企業と取引し始めた優秀な印

刷屋と判明。証拠隠滅を恐れて、直ちに逮捕に向かう。

ショウは5分だけ小林と話をさせてくれと伊崎に言い、一方的に電話を切る。伊

崎達は仕方なく5分待つことに。その頃、宋のもとには捜査情報のメールが届き、

直ちに宋は携帯で殺し屋の手配。ショウは印刷屋のドア越しに、小林に自首を

勧め、どうしようもなくなって自殺しようとする小林に、亮太のためにも生きてくれ

と言う。小林は自首を決意、外へ出て伊崎らに逮捕される瞬間、亮太が無邪気

に声をかけてきた。小林が亮太のもとへ近づいた瞬間、一発で狙撃されて即死。

ショウは衝撃を受け、責任を痛感する。宋は龍一郎に事後報告。龍一郎は、「命

は、他の命を食うことで成り立ってる。これは、神が作った摂理だ。死は、そこに

あるんだよ、宋君」と言い、平然と受け止める。小林の件は、開店で賑わうチャメ

にもテレビで伝わった。

海のそばで、一人淋しくたたずむショウのもとに、ユナがやって来た。言葉が通じ

ないのをいいことに、ユナの前で、自分が小林を殺したようなもんだと告白する

ショウ。ユナは、「ごめんね。わたし、あなたの言葉分かってあげられない。でも、

あなたの気持ちはすごく聞こえてくる。助けて。助けて」。自分が一番大事な日本

語として教えた言葉で気持ちを言い当てられたショウは、思わず弱々しい苦笑い。

するとユナは、「どうして、あなたは悲しいのに笑うの? どうして、自分の心に嘘

をつくの? そんなの・・・悲し過ぎるじゃない。苦し過ぎるじゃない」と言う。思わ

ず気が緩んで涙ぐんだショウは座り込み、亮太が父によくせがんでた「浜辺の歌」

を口ずさむ。「あした浜辺を さまよえば 昔のことぞ しのばるる・・・」。ユナは、

ショウをそっと抱きしめ、一緒に涙を浮かべた。。。

              

様々な「哀しい約束」の輪舞。小林がユナにした、開店時に来るっていう約束。

同じく、ショウがユナと指きりした約束。ショウが小林にした、警察が守るってい

う約束。小林がショウの前でした、亮太のために一日でも長く生きて守るって

いう約束と、知ってる事すべて話すっていう約束。すべて守られず、哀しい結果

となった。ちなみに、宋が龍一郎にした、逆探知ソフトの性能を上げるっていう

約束も、逆用されてデータを盗まれるっていう哀しい結果に終わった。ここまで

意図的に作ってるのかなと思うと、芸の細かさにニヤッとしてしまう♪

哀しい輪舞の果てに、ユナがたった一つ口にした日本語、「助けて」には、ショウ

と共に涙の苦笑を浮かべてしまった。前回、これを一番大事な日本語としてショ

ウがユナに教えた時にもハッとしたけど、こうゆう使い方を狙ってたとは。。世の

中、想定外の出来事が多いけど、こうゆう想定外なら素直に拍手できる。この

場面、日本人が「あなたは心の底で、助けてって言ってるのよ」なんてセリフを

口にしても、何の感動もないどころか、逆に変な感じがしてしまう。全く通じない

言葉のやり取りの中で、一言だけ核心をついて心のコミュニケーションを成立

させたからこそ、涙の苦笑という形でインパクトを実現できるのだろう。

これを、ショウと伊崎のチャットと比べると、事態はさらに鮮明になる。ダダダッ

とチャットの中で言葉が連射されても、助けを求めるショウの思いは伊崎に届

かないし、ショウ自身もシンプルな本音をハッキリ自覚できなかっただろう。

もちろん、言葉が通じないのは不自由だ。ただ、小林親子のふれ合い、ユナ

姉妹と日本人のふれ合いに描かれていたように、言葉が通じなくても、いや、

言葉が通じないからこそ伝わる心ってものもある。この平凡な事実に改めて

目を向けさせてくれた、「助けて」というシンプルな一言に、拍手を送りたい。。。

             

来週は、ショウがシェンクーの一員だってことが、ユナにバレるのかな? 予

告のヨンジェと琴美のいやらしい表情が気になった。それにしても、ドラマ作り

もストーリーもさっぱり先が読めない。結局、来週も見てしまうのか。。。

             

cf.映像美と俳優の存在感~輪舞曲第1話

   ドラマに見出す価値~輪舞曲第2話

   不信感による孤立の増幅~輪舞曲第4話

   リアルタイムの感想~輪舞曲第5話

   神狗は悪か?~輪舞曲第6話

   リアリティの欠如~輪舞曲第7話

   ロンドの形式~輪舞曲第8話

   自然さについて~輪舞曲第9話

   適度な政治性~輪舞曲第10話

   美しく自然なエンディング~輪舞曲最終回

|

« 過去の真実の共同制作~氷壁第3回 | トップページ | 自己アワーレコード達成! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます☆

 今回は分かり易かったんですか!?私は相変わらずさっぱり分からなかったんですけど(汗)ショウって宋や、龍一郎に疑われずに済んだんですか?謎です(>_<)

投稿: 私の趣味日記 | 2006年2月 3日 (金) 09時50分

>私の趣味日記さん

こんばんは。TB&コメントありがとうございます。
宋はショウを疑ってるし、龍一郎にもチクってると思いますよ。
宋がショウのデータをジーッとPCで見てる時に不正アクセス
があって、あわてて地下室へ行って帰って来たら、ショウの
代わりに自分のデータがPCに映し出されてましたからね。
肝心な時には姿が見えないし、単独行動が多いし、龍吾やヨン
ジェにも陰口叩かれてそうだし。
ただ、ひょっとすると、わざとモグラのショウを泳がせて、警
察の情報を手に入れようとしてるのかも。。

投稿: テンメイ | 2006年2月 3日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/8423065

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話:

» 輪舞曲 [私の趣味日記]
 第3話{/star/}{/star/}{/star/}  <新聞に載っていたあらすじ>  ユナはショウに店のちらしを渡し、開店したら必ず来て欲しいと頼む。それは近所の印刷所(平田満)に頼んで作ってもらったものだった。そんな中、ショウは伊崎から、極秘組織"神狗"の偽札製造に関する重要データを入手するように指示される。ショウは社長秘書・宋(橋爪功)のパソコンからデータを盗む事に成功するが、その中から浮上した偽札作りに関わってい�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 09時51分

« 過去の真実の共同制作~氷壁第3回 | トップページ | 自己アワーレコード達成! »