« リハビリ4~筋トレ&バイク&ランニングマシン | トップページ | 神狗は悪か?~輪舞曲第6話 »

ウソをつかない理由~氷壁第5回

『氷壁』第5回、戻れないふたり

智之と共に、一体何人の男をたぶらかしたら気が済むんだ!と怒りたくなる

社長夫人・美那子。ただ、今回やっと少し好感を持つことができた。心に残る

名言を口にしたのが印象的だったし、自分の気持ちに素直になって、思い切っ

た行動を連発してくれたからだろう。おまけに最終回じゃ、何もかも捨てて若

い男のもとへ飛び出すなんて、古典的純愛パターンを見せてくれるらしいしね。

山に登って美しい風景を見下ろしながらキスするなんてのも、あまりにベタだ

から逆に貴重なシーンだった。やっぱり、山はいい♪

               

時間がないので、あらすじは簡単に済ませよう。奥寺(玉木宏)美那子(鶴

田真由)は、山梨県・三ツ峠へ2人で登ってキス。奥寺は、好きだと告白。こ

の件をゆかり(吹石一恵)がヤシロ側にチクって、激怒した八代(石坂浩二)

は心臓発作で入院。でも、裁判は一方的にヤシロ側が有利に。奥寺の証人

としての信用性が失われると共に、北沢(山本太郎)が奥寺の気持ちを知っ

てショックを受けてたという考えが説得力を持ってしまった。奥寺は、あきれ

果ててる南部(伊武雅刀)の会社を止めて、警備員を始める。でも、八代智

之(武田真治)や北沢の母・秋子(吉行和子)が勧める和解には断固として

応じず。ただ、美那子に対しては、あきらめる、もう電話もしないと告げた。

その後、最後の頼みだったカラビナの鑑定結果も、ヤシロ側の勝利。カラ

ビナは実験で壊れなかった。ところが次の裁判で、美那子は、北沢に迷惑

してたとウソの証言をするように言われてたことを暴露。かつては北沢を愛

してた、いまは奥寺を愛してると告白した。。。

         

前回、ウソをめぐって色々と書いた。ポイントだけ再掲しとこう。ウソとは間違っ

た事を言うことじゃなく、自分が思ってる事とは違う事を意図的に言うこと。誰

でもウソはつくし、ついてもいいウソがある。特に、周囲の人のためを思ってつ

く、自分が得しないウソは許容される。。

という事は、見方を変えると、ウソをつかないのは当たり前の事じゃないって

ことだ。ウソをつかない理由というのが問題になる。奥寺は、実際にはドラマ

内だけでも何度かウソをついてるんだけど、ウソをつかないっていう「自分の

ポリシー」を頑固なまでに守ろうとしてる。筋が通ってて山男らしくて気持ちい

いっていう見方も当然あるだろう。でも、好き嫌いは別として、これは社会性

や柔軟性に欠ける幼くて非現実的な態度だ。

若い奥寺と、少し年配の美那子の言葉を比較してみよう。

 「もう、ウソをつくのは嫌です。あなたが好きです。もう隠したくない」

 「ウソをつくのも、隠すのも、私は平気。でも、あなたがウソをつくのが嫌なら、

  それでもいい」

奥寺が自分の単純なポリシーに固執しようとしながら愛を告白したのに対して、

美那子は遥かに大人の態度を示しながら、遠回しに愛の告白を返してる。

那子がウソをつくのを止めた理由は、愛する奥寺が嫌がるからだ。とりわけ、

自分たちの思いについてはウソをつきたくない、この奥寺の気持ちをストレート

に受け入れたからだ。

裁判で美那子が本当の事を言った時、もちろん心がスッキリしただろう。ウソっ

ていうのは、疲れるもんだ。でも、大人は疲れようが嫌だろうが、やるべき事は

やる。実際、今まではヤシロや兄や自分のことを考えて、ウソをついてた。とこ

ろが、今ではそんなものよりも奥寺の方が大切になったのだ。

大切な人のために、ウソをつかない。大人の生き方を見せてくれた美那子に

敬意を表したい。。

                    

さて、来週の最終回。良し悪しはともかく、もう奥寺はK2へ行くしかないはず。

本当なら、鑑定でカラビナが壊れなかった時点で、カラビナが原因っていう自

分の思い込みを捨て去れば、和解して済む話だ。智之と違って八代は年配の

大人だから、高額の賠償金を要求することもないはず。でも奥寺は、自分の

親友・北沢がミスしたとはどうしても思いたくないから、もはや壊れたカラビナを

実際に発見するしかないはず。自分はウソをついてないだけじゃなくて正しい

主張をしてること、北沢がミスしてないこと、この2点を示す物証を自力で手に

入れるしかない。

物語の結末は読めないけど、最後は美しい山の姿を見たいもんだ。。

     

cf.友情がつなぐ2つの命~氷壁第1回

  生死の賭け、リスクの管理~氷壁第2回

  過去の真実の共同制作~氷壁第3回

  ウソをつくという事~氷壁第4回

  大人とは何か~氷壁最終回

|

« リハビリ4~筋トレ&バイク&ランニングマシン | トップページ | 神狗は悪か?~輪舞曲第6話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ご無沙汰してます、
てんめいさん。
来週はK2のシーンもあるのかな?
オリンピック フィギアのフリーも
あるし、いそがしそう♪

投稿: amuk | 2006年2月19日 (日) 16時24分

>amukさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
トリノに見入ってましたか?(^^)
アテネと正反対の日本の沈滞ぶりにはガッカリですが、
フィギュアと男子回転に期待したいと思ってます。
物語のラストは全く読めませんね。
今更壊れたカラビナを見つけても、裁判での
立証能力には疑問が残ります。逆転勝利は不自然すぎ。
K2にせよ、ニュージーランド・ロケにせよ、
最後は美しい山を見たいものです♪

投稿: テンメイ | 2006年2月19日 (日) 18時43分

テンメイさん、今晩は、今日は日勤でエントリーが遅れましたが、結構、まとめやすかった感じです、仕事柄、夜のお仕事のホステスさんとか、キャバクラ嬢をバス乗り場のベンチに腰掛けて拝見するとやはり、普通の女性とは区別出来るくらい、ケバイです。まあ、鶴田真由さんはお嬢様タレントなので、お色気が少々足りません。第5話になり、結構俗っぽいドラマになりました、山がどこかへ逝ってしまった、山よ、K2はどこだ!?

投稿: ウルトラセブン | 2006年2月19日 (日) 19時32分

>ウルトラセブンさん

こんばんは。お水の方々をベンチに腰掛けて拝見
するなんて、なかなか楽しそうですね。
でも程々にしないと、因縁つけられますよ♪
ホステスもお嬢様も好きですが、鶴田真由には
色気を感じません。八代の趣味は渋いですね。
まあそんな事より、山ですか。。

投稿: テンメイ | 2006年2月20日 (月) 03時43分

テンメイさん、こんばんは。
最終回前にロケ地情報なんぞアップしてみました。
すでに立派な『氷壁』オタクに化しているかも…。

投稿: もずく | 2006年2月21日 (火) 19時08分

>もずくさん

どうも♪ 早速、拝見しましたよ。
間違いなく、立派な『氷壁』オタクです(^^)
美那子の行動はマネしないように!
玉木のストーカーも止めときましょうネ♪
万が一、こうした行動をとってしまった時は、
ブログで詳細に公開してください☆

投稿: テンメイ | 2006年2月21日 (火) 20時54分

調子乗りついでにもう一つTBさせていただきました。いいかげんにしないと生活が壊れそうです。(笑)

投稿: もずく | 2006年2月23日 (木) 23時06分

>もずくさん

ますます気合入ってますね!
去年『野ブタ』で似たような事をした者として、
お気持ちはよ~く分かります♪
ただ、原作は読んでないので、ドラマ終了まで
記事を読むのは控えさせて頂きます。
ちなみに僕は、ドラマ記事4本のせいで、
生活は既に崩壊してます。。(^_^;)

投稿: テンメイ | 2006年2月24日 (金) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/8732097

この記事へのトラックバック一覧です: ウソをつかない理由~氷壁第5回:

» NHK土曜ドラマ:「氷壁」 第5回 [仙丈亭日乘]
NHK土曜ドラマ:「氷壁」 第5回「戻れない二人」 三つ峠に行つた奧寺と美那子。 ネイルアートといふ虚飾を捨てた美那子。 何でネイルアートなどといふものが登場してゐたのか、ここへ來てその意味が判つた。 ネイルアートは八代との生活の象徴だつたといふわけ。 ここで二人はますます惹かれあひ、くちびるをあはせる・・・ 裁判では、まづ奧寺への證人尋問。 ここで美那子と三つ峠へ出かけたことが明らかにされる。 北澤... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 14時12分

» 土曜ドラマ・氷壁・第5回 [日々雑用]
☆まえおき:二週間も空くととドラマも興ざめしてくるようだ [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 18時26分

» 『氷壁』第5話 [はなせんの本音ぶちまけ日記]
孤高の人・奥寺、ますます、下界の汚濁にまみれてしまった。 う~~~ん、こういう展開かあ! 予想外の大どんでん返し。 小説では、美那子はうすらぼんやりしたキャラで、自分の意見を言わない大正生まれの女性の典型(小説では大正生まれの設定らしい。)のように...... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 22時05分

» 【ドラマ雑感】 土曜ドラマ『氷壁』 (第5回/全6回) 「戻れないふたり」 [気ままなNotes...]
 土曜ドラマ『氷壁』(第5回)◇奥寺(玉木宏)は八代(石坂浩二)の妻の美那子(鶴田真由)を誘い、登山に出掛ける。そして奥寺は、思い出の場所で亡き北沢(山本太郎)との記憶を語る。美那子も自らの過去を打ち明け、思いを寄せ合った2人は唇を重ねる。一方、奥寺と美那子の密会を知ったゆかり(吹石一恵)はヤシロ社に電話をかける。話を聞いた智之(武田真治)は八代に報告するが、彼は信じようとしない。やがて美那子が帰宅するが、八代は心臓の疾患から突然倒れる。程なく裁判が... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 08時15分

» 『氷壁』ロケ地情報 [はなせんの本音ぶちまけ日記]
3.4.5話と思わぬ展開で、どろどろの愛憎劇驀進中の『氷壁』 最終回がどうなるのか?本気で気になる。てか、ちょっと心配! ただ、リアリティにこだわると言っていただけあって、ロケ場所にはかなりこだわりがあるみたい。 第2話で、美那子と奥寺が行った喫茶...... [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 19時05分

» 小説の解釈について [はなせんの本音ぶちまけ日記]
『氷壁』が、原案の小説とは大きく違うことについて、小説のファンの方のお怒り・悲しみはよく分かる。特に、ザイル切断事件の関係者の方々には許せないものがあるだろう。 私だって、もともとこのブログを始めたのは、『春の雪』の映画化をぶつぶつのろうために作っ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 14時00分

« リハビリ4~筋トレ&バイク&ランニングマシン | トップページ | 神狗は悪か?~輪舞曲第6話 »