« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

ナンジャタウン&デジカメ購入のサポート

眠い。。死にそう。。。こんな事を去年の秋によく書いてたような気がするな。。

って事は、ここまで眠いのは5ヶ月ぶりとかだろう。昨日、再び睡眠1時間半、

今日もこれから4時間しか寝れない。ハッキリ言って、ブログなんかどうでもい

いから、早く寝たい、と言いたい所だけど、そうも行かないよなぁ。。(^_^;)

       

先日の親戚宅へのパソコン出張サポートに続いて、今夜は田舎の家族が休

みを取って上京してきたので、池袋を案内してきた。今度は可愛い女の子で

も何でもない単なる家族だから、楽しみがないんだけど、家族じゃ仕方ない。

渋谷、新宿は少しかじってても、池袋は全く知らないようだったから、サンシャ

インシティのナムコ・ナンジャタウンとアルパに連れて行った後、デジカメ購入

をサポート。眠いし疲れたけど、久々の池袋は面白かった。

       

ナンジャタウンはさんざんTVや雑誌で紹介されて来た場所。ま、要するに

都心の小型テーマパーク。フード(餃子・アイス・シュークリーム)とリラクゼー

ションがテーマだ。女の子とカップルをメイン・ターゲットにしてるのは明らか

で、実際、平日の夜なのに中はお客さん(多くは女の子)が一杯。目新しさ

は無くなってるのに大したもんだ。パスポート購入が普通なのかも知れない

けど、大人300円、子供200円の入場券を買うだけで、遊び心一杯のPOP

なタウンを楽しむことができる。全国から集められた店の食べ物は高めの

値段で、アイス450円とか。でも、結局それほどお金は使ってない。都心で

これだけ楽しくて安い場所もなかなかないだろう。一人でリピーターになりた

いくらいだけど、さすがに浮きまくるだろうし、ウチからは行きにくいので止め

とこう。でも、家族も大満足の様子だった。

        

その後は専門店町街アルパをぶら付いた後、デジカメ購入。「デジカメって現

像代はかからないの?」とか電車で聞いて来るレベルだから、機種の選び方

も超適当。「あゆが今CMやってるから」ってことで、PanasonicのFX01に

したいらしい。でも、我が家は昔からOLYMPUS派。売れ行きNo1で、生活

防水だし、店員がFX01より簡単だっていうことで、結局 μ(ミュー)710にし

といた。これをウチに持って帰って、今夜中にすぐ使い方をマスターして、明

日ディズニーシーで詳しく家族に指導しなきゃいけない。。だから、眠いのに

寝るヒマがないって訳。当然、走るのも無理。。ディズニーシーは大好きだけ

どこれじゃあ明日は朝からフラつきそうだな。。とりあえず、そろそろ寝よっと

。。。(-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無気力&強風の中、なぜか脚だけ好調

ランニング25km,1時間53分51秒,平均心拍166(推定),最大心拍179

ホント、身体と心の関係は複雑だ。全くやる気のない今日、これだけの走り

ができるとは思わなかった。もうちょっとだけ頑張ってみろよってことかね。。

昨日は日記記事に書いたように、色々あって走れなかった。そして今日。こ

こ数日ちょっとした不運が連発して、元々沈滞気味の心はさらに急降下。時

間もないし、睡眠時間を削ってまで走る気なんか全くしない。おまけに、季節

外れの寒波襲来で外は冷たい風。ただ、今はもう何もかも投げてしまいそう

だから、逆に最後の底力を出すべき時でもある。

という訳で、久々にアップの上を着て手袋もはめて渋々出発。いきなり心拍

計が無反応でガクッと来る。寒さで肌がかなり乾燥してるからだろう。こうゆ

う時は、気にせず走ってると汗で反応が始まることが経験的に分かってる。

全くやる気がしないわりには、脚は軽い。って言うより、力強さを感じる。最

近、肉のバカ食いしてるのが幸いしたか。あるいは、荒川でボロボロになっ

た筋肉の超回復が今頃やっと生じたのか。。

心拍計は往路の後半からようやく作動。公園1周目で早くも160を超えた

時には、元々ゼロだったやる気がマイナスまで低下・・(^_^;) あまりの寒さ

に、夜桜見物の客もほとんどいない。今日は少し長めの25km走るんだ

から、スピード落とそうかなぁとも思ったけど、脚が勝手に動く。気持ちと

脚と心臓と肺はそれぞれ別物だけど、脚だけ好調ってのはかなり珍しい。

気持ちはシラケ切ってるし、心臓と肺はいい加減にしろと怒ってるんだけ

ど、脚は知らんぷりでキックを続ける。最初だけだろうと思ってたけど、意

外に持続して、25kmの自己ベストが出そうな感じになって来た。

こうなったら、行くしかない。決して全体的には好調じゃないけど、折角の

チャンスだからってことで、終盤の落ち込みを少なめに抑えて、乳酸だら

けの脚でゴール。神奈川で出したハーフの記録と比べると全然遅いけど、

一応25kmの自己ベストだ。やっぱり、力が上がってるのは間違いない。

それなのに、荒川は何だったの? ブツブツ、グチグチ・・・

という訳で、無気力&強風の中、なぜか脚だけ好調で好タイム実現。心拍

がすごく高いのが気になるけど、そこまで追い込めたっていうポジティブな

見方も可能だ。まあ、もうちょっと頑張ろうかな。。。詳細は以下の通り。

  往路(2.45km)    12分13秒   平均心拍134(推定)

  1周(2.14km)    9分36秒        159

  2周             9分38秒        162

  3周            9分35秒        166 

  4周             9分29秒        168       

  5周             9分33秒        169 

  6周             9分32秒        170 

  7周            9分41秒        170  

  8周            9分46秒        170

  9周            9分50秒        171

 10周(840m)      3分52秒        175

  復路            11分06秒          171

   計 25km   1時間53分51秒   166(推定;最大179,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親戚へのパソコン出張サポート

昨日は色々と疲れる1日だった。そもそも、睡眠1時間半。。(-_-;) 寝るヒマ

が無くなったのは、ドラマ記事に時間がかかったのもあるけど、親戚への

パソコン出張サポートのため。急にTV付ノートPCが必要になったけどよく

分からないと言うので、ボランティア作業を引き受けることに。行くだけで片

道1時間かかる場所だし面倒だけど、可愛い女の子だから、ま、いいか♪

まず前日、ネットで調べる所からスタート。意外に、大型店での販売機種は

めぼしいものが少なく、15型でワイドじゃないとか条件を考えると、NECと

富士通とシャープの計5機種ほどに絞られる(DELLは個人的に印象がイ

マイチ)。見てるとこっちが欲しくなるけど、グッと我慢。。予算は20万だか

ら、ほぼピッタシのNEC・PC-LL770EDでいいかと思ったけど、妙に安

シャープ・PC-XG60K(159800円+ポイント12%)が気になった。

15型、CPUはAMD・sempron2800+、メモリー512MB、HDD80GB、

DVDスーパーマルチドライブ、無線LAN・・。NECと比較してもほぼ互角だ

し、もちろん自分のと比べると遥か上のスペック。外観も全面メタリック・シ

ルバーで一番キレイだし、シャープって会社も個人的に好印象。試しに店員

に「どうして、これだけ極端に安いんですか」と聞いてみると、液晶が自社製

なのと、CPUがやや安物だから、って感じの説明。その程度のことで4万円

(2割!)もの違いが出るのかなとも思ったけど、ソフトとか発売時期の古さ

とか複合的なものなんだろう。後で気付いたけど、中国製だったしね。CPU

はインテルで言うとほぼ1.7GHzに相当するって話で、複雑な操作は苦戦

するけど素人が軽く使う分には問題ないとのこと。という訳で、安い方で十分

だと説明してくれたSさんに感謝しつつ、購入決定。表情は硬いけど、関係

ない話も色々と教えてくれたし、まだ見習いなのにいい店員さんだった♪

で、この高機能PCをセットアップしたり使い方をマスターしたりで、寝るヒマが

無くなったってわけ。結局イマイチの理解のまま、昨日の夜、親戚宅へPC持

参。あらかじめ、アンテナ端子の写メを送ってもらったので、アンテナ線も問

題なし。テレビの設定は簡単で、テレビ、ステレオなど、一通りの説明&レッ

スンで2時間ほど。わりと頭の回転がいいコだから、スムーズに進行。予約録

画の仕方が分かりづらく、なぜかオンライン・ヘルプも表示されず、やや苦戦。

シャープさん、読んでたら改善した方がいいな、全体的にはOKだけど。ちな

みに、テレビの映像は非常にキレイで、残像感がちょっとあるけど気にする

ほどのものじゃない。パソコンを起動しなくてもすぐテレビやステレオが使える

のも、すごく便利♪

ネット関連は、開通まで1ヶ月程度かかるから、その頃再び出張する予定。

加入手続きだけ、一通り済ませておいた。感謝の言葉を背中に受けつつ、急

いで帰宅。ところが、メンテナンス後のココログの不調がさらに悪化。管理画

面に一回アクセスする度に1分前後かかるので、とても記事をアップする気に

なれなかった。おまけに、なぜか大量のスパムTBまで付いてて、偶然とは思

えない。うんざりして、お断りの1行記事だけアップして就寝。

昨日は他にも疲れる出来事が連発したから、寝付きも悪く、余計に疲れが増

して今日を迎えたってわけ。。以上、単なる日記のアップ、これにて終了。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またココログの障害・・

またしてもメンテナンス後のココログが絶不調。激重で更新困難。。(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しく自然なエンディング~輪舞曲最終回

『輪舞曲』最終回、「さよなら 愛しき人よ」

            

最後の数分を残し、テーマ曲が流れてエンドロールが映され始めた時、

よっしゃ!と小さくガッツポーズ♪ これでもう、琢己の死はあり得ない。

残った時間は、少しのインパクトと大きな満足を与える結末に使われる

はず。ユナは韓国に連行されたから、アレしかない。その後、海辺の公

園が映った瞬間は、自己満足の極致! 予想ゲーム、ほぼ完勝 (*^^)v

ドラマも一応ハッピーエンドだし、めでたし、めでたし。相変わらず満載

のツッコミ所なんて、もう気にしない♪

           

あらすじは以下の通り。ヨンジェ=イ・ヒョンヌ警部(?)(シン・ヒョンジュン)

が見守る中、ユナ(チェ・ジウ)の取調べが続く。ヒデ(佐藤隆太)が病院を

脱出したと、あきら(木村佳乃)琢己(竹野内豊)の隠れ家に来て連絡。

         

そこへ警察が乗り込んで来て、琢己の身柄を確保。今はなき上司・伊崎

(石橋凌)の配慮で、琢己の身分証明書類が警察に届いていたため、琢

己は無事に警察の身分を取り戻すことができた。着替えを持って来た母・

恵子(風吹ジュン)に、父の形見の腕時計を渡して、捜査への決死の覚悟

を見せる琢己。恵子は、伊崎に感謝しつつ、息子を複雑な思いで見送る。

      

警察が必死でプログラムの押収または破棄を目指してる頃、宋(橋爪功)

はプログラムの完成に苦戦していた。あきらは、琢己の身分回復をユナ

に伝え、メッセージがないか尋ねるが、ユナは、犯罪者は琢己にふさわし

くないと首を振る。あきらは、身を引くのが愛情だと思ってるんなら勝手な

エゴだ、琢己を余計に苦しめてると語りかける。

            

韓国へのユナの身柄送致のため、空港への迎えが来た。通路ですれ違う

琢己とユナ。琢己は振り返り、「宋は必ず捕まえる」。ユナも振り返る。「俺

を信じろ」「あなたを 信じます」。別れた後、空港へ向かう途中、夏目警

部補(竹財輝之助)が裏切り、ユナを龍吾(速水もこみち)のもとへ連行。龍

吾は、自分を侮辱した宋を見返すために、ユナに銃口を向けてプログラム

の完成を強要。ユナは一旦断るが、たまたま捕まってたヒデを殺すと脅迫

されて、仕方なく、残り2%のプログラミングを開始。「大丈夫。琢己が必ず

助けに来てくれる。私は琢己を信じる」

           

ユナは隙を見て、警視庁にハッキング。浜辺の歌のデータを送信すること

で、逆探知を可能にする。場所は、港南警察署管内の雑居ビルと判明。

龍吾がユナの行為に気付き、銃口を向けた所へ、ヨンジェ登場。夏目を

銃殺、龍吾に傷を負わせて、ユナとヒデと3人で逃走。そこへ、警察の無

線を傍受した宋が登場、銃撃戦の末、ユナをかばったヨンジェは致命傷

を負う。気遣うユナに控えめな愛を伝えて、エレベーターで2人を逃がす

ヨンジェ。琢己らが駆けつけた時は既に、宋は完成に近づいたプログラ

ムを持って逃げ去った後。ヨンジェは琢己に微笑みながら息を引き取った。

          

ユナは琢己の配慮でユニ(イ・ジョンヒョン)の病院に寄り道。一方、琢己は

龍一郎(杉浦直樹)に、宋の居場所は風間本社ビルだと教えられる。一人

潜入し、宋と向き合う琢己。終戦直後の満州で、日本人・龍一郎に裏切ら

れた話をする韓国人・宋。親に捨てられた者同士、仲間だと思ってたのに、

龍一郎は自分が神(GOD)で宋は飼い犬(DOG)だと言った・・・。

           

日本への憎しみを改めて口にした後、宋がプログラムを作動させようとし

たその時、ユナとユニから電話。育ての父への感謝を表しつつ、優しく諭す

娘達の言葉に、宋はプログラムの実行を断念。記録した携帯型ハードディ

スクを琢己に手渡そうとした瞬間、警察から逃亡した龍一郎登場、宋を撃

つ。琴美(市川由衣)に頼んで差し入れしてもらった本に隠してあったワイ

ヤーを使い、関係者の首を絞め、銃まで手に入れてやって来たようだ。

        

「あなたも私と同じだ。戦争と言う、亡者に取り付かれた、負け犬だ」と言う

宋に止めを刺した龍一郎は、琢己にも銃弾を打ち込み、ハードディスクを手

に入れて高笑い。そこへ後ろから突然、龍吾が突き刺す。最後の瞬間、よ

うやく抱き合って心を通わせた父と息子。龍吾の氷の心も、父の身体の温

かさで融けたようだ。最後の力を振り絞ってハードディスクに銃弾をぶち込

む琢己。銃声の連続の後、警察も突入、事件解決。ところが琢己は、あき

らの配慮で駆けつけたユナに抱かれるようにして、目を閉じた。。

             

しばらくの後、韓国料理店チャメでユニとヒデが特別な料理を作って待っ

てる頃、ユナが日本に帰国。例の海辺の公園で、2匹の犬(ジャスと子供

?)と戯れるユナに、ケガから回復した琢己が「おかえり」、ユナも「ただい

ま」。抱き合ってキスする2人を、花吹雪のロンドが祝福した。。。

     

                  

第9話の記事で、「自然さ」について書いた関係で、2回続けて「自然な」

展開予想を提示しておいた。雑誌も裏情報も全く見ずに、ほとんど全ての

予想が大体当たってるということは、良し悪しはともかく、ドラマに対する

考え方が制作者サイドと似てるということだろう。個別に検証してみたい。

        

① ヨンジェは美しく死亡。死ぬ間際に、遠回しにユナへの愛を告白。

これは完全に的中♪ 先週の予告映像など無関係。前回のコメント欄で、

ヨンジェが死なない可能性についても触れてるけど、あくまで「不自然な」

展開として書いただけ。

 「一度くらい 君の笑った顔が見たかった。早く行け さあ!」

最後の言葉は、まさに美しかった。ラストシーンで、ユナが琢己と仲良く

微笑み合ってるのを見て、天国のヨンジェも喜んだことだろう。。

     

② 龍一郎は宋に力を及ぼして神狗を適当に処理すると共に、龍吾の問

題も無難に片付いて、風間家に人間らしい温かさが多少もたらされる。

龍一郎、宋、龍吾のうち、誰かが死ぬかも知れないけど、龍一郎と龍吾

が共に死ぬことはあり得ない(琴美が淋し過ぎる)。死ぬ人間がいるなら、

単なる悪者じゃなく、人間的にプラスの変化を示した後で死ぬ。。

           

これも、ほぼ的中って感じか。神狗=風間の本社ビル内の秘密を明かす

と共に、宋を龍一郎が殺し、龍一郎を龍吾が殺し、龍吾は普通の青年に

戻って罪を償うことになった(はっきり映像化されてないけど明らか)。宋は

娘たちと心を通わせたし、龍一郎は娘と微笑み合い、息子とは抱き合って

お互い楽になった。次の会話は、『白夜行』とは少し違う形で、父と子の憎

しみを超えた愛を描いていた。

       

 「もう、止めろよ。楽になれよ、親父」

 「おかしいぞ。こうしていると、何か楽だ。楽だよ・・・」

 「初めて、初めて抱いてくれたな」

             

ただし、龍一郎がプログラムを手にすることが、どうして琴美のためになる

のか、何を狙ったのかは不明。日本という酷い国を滅ぼして、もっといい所

へ娘を連れて行きたかったとでも考えるところか。龍一郎、すなわちアジア

ン・マフィアのドンの描き方は、もう一工夫欲しかったと思う。

       

③ 琢己とユナは・・・どちらも死なず、心を通わせながらひとまずお別れ。場

所は、「浜辺」ならぬ「海辺」の公園か。あるいは、ユナが1年程度の短い期

間服役して、出所後に警察官の琢己が温かく迎えるとか。

           

これも、かなり的中って感じ。海辺で別れるイメージを描いてたんだけど、実

際は海辺で再会。確かにその方が美しいけど、そこまで再会に自信が持て

なかった。そもそも、イマイチ深く愛し合ってる感じがしなかったし、犯罪者の

自分は琢己にふさわしくないと思ってたユナが、わずかな服役後(?)、帰国

してすぐ琢己と抱擁&キスっていうのは説明不足。あきらの言葉だけじゃ、

物足りない。

            

ただ、海辺で心を通わせるっていうのは、浜辺との関係を抜きにしても自

然。と言うのも、日韓=韓日の接点は海だから。両国を結び付つつ隔て

てる海を越えて、本の海辺へと、国女優が演じる本人が国から

やって来て、本男優が演じる国人が本の警察官として歓迎する。

日-韓-日-韓-日-韓-日のロンド形式。「適度な政治性」を含んで

る、美しく自然なエンディングだった。。

                           

蛇足だけど、オンタイムで見た時には、最後に海の上に虹が見えたような

気がして、虹の形を見て「ロンド(輪)」と言ってるのかと思った。いくら何で

も、やり過ぎって感じ。ところが、英語のrondoにも、仏語のrondeにも、

独語のRondoにも、虹って意味は直接的には見当たらない。そこで、録

画を見直してみると、虹に見えたのはユナの額(ひたい)、髪の生え際の

カーブだった。もし意図的に、虹をかすかにイメージさせる映像を作った

んなら、マニアックな凝り方に拍手したい。。

            

最後に、制作者サイドの言葉に耳を傾けてみよう。公式HPの植田Pの

日記には、こう書いてある。

         

 韓国の俳優さんたちが、よなか電話しあってくれて、テーマの部分には、

 アイデアをくれてね・・・現代を生きる韓国人としては、こう思っているっ

 て・・・「日本と韓国の明るい未来を描きたい」 だから、宋の動機に、

 リアリティーが出たんですね。「戦争にこだわっているのは、本当は日

 本の方で、アジアの人は、これからの日本の姿勢を気にしている」

 だなあ、っていうことを僕は感じたんだけれど…違うかなあ。(中略)

             

 どれだけ、日韓の関係に意義があったか・・アジアのドラマの歴史で、

 どれだけ意義があったか・・・これから、僕たちがそれを、証明しなけれ

 ばいけない。それが、彼女(チェ・ジウ)への恩返しだと思っています。

               

相変わらず曖昧でミスリーディングな所もあるし、ちょっと「違う」と言いたい

部分も含まれてる。でも全体的には、ドラマのエンディングを飾るプロデュー

サーの言葉として、美しく自然だと思う。

             

この実験的ドラマのおかげで、日韓=韓日が人間的にも言語的にも一つに

溶け合った状態を自然に感じられるようになった。また、琢己が復讐を止め

たこと、ユナ達が犯罪者である父(アッパ、アボジ)に対しても愛を示しなが

ら優しく諭したことは、強いメッセージを送ってくれた。

        

 「俺は今、殺してやりたいほどあんたが憎い。しかし俺は、あんたを殺さ

  ない。この憎しみを乗り越えてみせる」

    ・・・・・・・・・・・・

 「過去を変えることは出来ない。でも 未来は作っていけるじゃない。

  そうでしょう? お父さん(アボジ)」

            

これから、われわれ視聴者が、このドラマの意義を証明しなければならない。

それが、スタッフやキャストへの恩返しだと思っている。それが実現できた

時こそが、本当の意味での、美しく自然なエンディングだろう。

それでは、この辺で。。(^^)/~~~

      

                  

cf.映像美と俳優の存在感~輪舞曲第1話

   ドラマに見出す価値~輪舞曲第2話

   シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話

   不信感による孤立の増幅~輪舞曲第4話

   リアルタイムの感想~輪舞曲第5話

   神狗は悪か?~輪舞曲第6話

   リアリティの欠如~輪舞曲第7話

   ロンドの形式~輪舞曲第8話

   自然さについて~輪舞曲第9話

   適度な政治性~輪舞曲第10話

         

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「眠れる森の美女」ではなく「いばら姫」~『もう一度君に、プロポーズ』第1話

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・

  主演と演出家が再会、『ビーチボーイズ』の変奏~『流れ星』第1話

  クラゲ流星群のウエディングドレス~『流れ星』最終回

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お知らせ

☆常連の方、輪舞曲最終回の記事目当ての方、TB・コメント希望の方へ☆

ココログのメンテナンスが今日28日7時~17時に行われる予定。

ただし、前回はトラブルで大幅延長になったので、予定時間は信用できず。

輪舞曲最終回の記事は、メンテナンス終了後の予定。

メンテナンス中は何も記事をアップできないし、TB・コメントも付けれないので、

悪しからずご了承を♪<(_ _)> なお、単なる閲覧には影響なしとのこと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片道35kmの友人宅までジーンズ走行

自転車70.1km,Av22.3,Mx37.0,心拍Av測定失敗,Mx152

ホントは昨日120kmくらい距離稼ぎしようと思ってたんだけど、今日、国立

の友人宅に行くことになったので、予定変更。昨日をランニングにして、今日

は多摩川サイクリングロード経由で片道35kmほど走ってきた。

今月初めに一緒に富良野スキー場へ行った友人で、いつもニコニコと穏や

かな応対だし、話題も広く、大のお気に入り♪ そのせいで、多摩サイを国

立折返しまで走ること自体が好印象になってるほどだ。立派なお屋敷の写

メでも掲載したい所だけど、ブログの事を話してないので残念ながら止めと

こう。基本的に友達にはブログの事を話してるけど、諸々の事情で話しにく

い人がいまだに結構いる。。

さて、肝心の走りだけど、昨日、一昨日と運動してるせいもあって、最初か

ら脚が重い。おまけに、何とまたパンク! 3年ほど全くパンクしなかったの

に、この半年はひどい・・(-_-メ) チューブの性能が悪いとしか考えられない。

おまけに、なぜか修理した後、必ず一度空気が抜ける。今日も、修理が不

十分だったのかと思ってまたチューブをチェックしたんだけど、問題なし。実

際、空気を入れ直すと大丈夫だった。理由はともかく、RUNからBIKEへの

重心移動を始めた途端にパンクってのは縁起が悪い。これは、ランニング

でリベンジするのを優先させろっていう神のお告げかな・・・?♪

話を戻すと、パンク以外には、復路(下り)の夜道の向かい風がキツかった。

セーターとジーンズで走ったこともあって、トロトロしてたら2台にぶち抜かれ

る始末。。それにしても自転車が増えたなぁ。いよいよシーズンインか。桜

は五分咲きって感じだったけど、月曜だからか、夜桜見物客はほとんど見

なかった。走りやすくていいけど、ちょっと淋しいかも。。

ま、このまったりした記事からも分かるように、いまだに自転車への気合は

入ってないんだけど、ボチボチ調子を上げていくつもり。6月末の美ヶ原こそ

は、絶対に結果を出さなきゃマズイ・・・ 

(注.平均心拍は、パンク修理2回を挟んでしまったので省略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体はイマイチ、心はイマサン・・

ランニング21.1km,1時間36分09秒,平均心拍160,最大心拍177

アー、しんどかった。。今日はゆっくり25km走ってみようと思ってたのに、

想定外の急用が入って時間が無くなってしまった。仕方なく、ちょっとスピー

ドを出してハーフ走ってみることに。荒川の直前が1時間34分02秒、荒川

4日後が42分00秒だから、とりあえず38分台くらいで走っときたい。まだ

荒川の後遺症がちょっと残ってるし、昨日自転車に乗ってるし、もっとノン

ビリ走りたい気分なんだけど、まあ、ものは試しってことでスタート。

木曜と違って、脚はそれほど重くはないんだけど、最初から走りがギクシャ

クしてて変。ただ、キックの力強さはかなり戻ってる。行ける所まで行って

みようと思って、1km4分半程度をキープ。走りは変だし、心拍も高いけど、

意外に大丈夫。花見客の残党が15人程、酔っ払って周回コースで鬼ごっこ

を始めたのには参ったけど、悪気が無いのは明らかだから無視して走る。

まだ右脚裏と左ふくらはぎに軽い痛みが残ってるけど、何とか最後までス

ピードをキープできた。タイムも予定よりはいい。

という訳で、身体はイマイチ程度までは回復してるようだけど、心はイマニか

イマサン。。リベンジしてやるぞって気持ちは十分あるけど、それと同時に、

バカバカしくなったって気持ちもある。レースとかタイムとか関係なしに、走る

ことには意味があると思う。でもそれだったら、他にもやりたい事がいくらで

もある。だから、どうしても気合が入らない。ま、考えるより、ちょっとずつでも

身体を動かしながらメンタルの回復を待つべきかな。。。詳細は以下の通り。

  往路(2.45km)   12分32秒  平均心拍137

  1周(2.14km)   9分39秒         158

  2周             9分36秒        160

  3周            9分37秒        163 

  4周            9分36秒        164       

  5周           9分36秒        165 

  6周            9分36秒        166 

  7周           9分37秒        167  

  8周(1.22km)   5分30秒        170

  復路           10分51秒        165

  計 21.1km 1時間34分02秒      162(最大177 ゴール前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湾岸傷心ポタリング・・

自転車53.3km,Av20.6,Mx38.5,心拍Av115,Mx157

去年8月末にブログを公開して以来、7ヶ月にわたってRUN中心にしてたけ

ど、それも先日の荒川マラソンでひとまず終了。そこそこマジメにやってた

つもりだし、力もアップしてたのに、結果はまさかの大敗・・・(-_-;) 記録的な

強風を割り引いて考えても、ひどい走りだったので、いまだにショックが消え

ない。4年ほど前から本格的に走りを再開して以来、惨敗したのは初めて。

足腰のダメージはほぼ無くなったけど、メンタルはいまだ復活せず。。

              

という訳で、RUNからBIKEへの重心移動は結構もたつきそう。とりあえず

今日は、のんぴり湾岸ポタリングに行って来た。進学、就職、引越と、色ん

な変化がある季節だからか、都心はいつも以上に走りにくくてイヤになった

けど、晴海通りで銀座を抜ければ後はお気楽モード♪ 時間があまり無い

ので、湾岸道路で右に行くか左に行くか、どっちか片方しかムリ。信号待ち

がイヤだったので、スッと左へ進む。葛西臨海公園や若洲海浜公園がある

方向だ。気分的に人恋しくて、まずはメジャーな葛西臨海公園を目指す。

何ヶ月ぶりなのかちょっと思い出せないけど、緑の多い湾岸の歩道をのん

びり走ってると、懐かしささえ感じてしまった。写メでも取ろうかと思ったら、

携帯を忘れたことに気付いてガクッ。。。

         

まだ3月だから肌寒さが残ってるのに、春の好天ってことで公園は適度に

賑わってた。家族連れ、カップルが中心だけど、自転車やランナーも一応

見かけた。何度も書いたような気がするけど、瀬戸内海のすぐそばで生ま

れ育ったこともあって、昔から海は大好きだ♪ 海と空をボーッと眺めなが

らゆっくり走るだけで、気分が安らぐ。海の向こうには、来週行くかも知れ

ないディズニーランドも見える。思い切りくつろいで走ってると、いきなり子

供の自転車が横からぶつかって来た。こっちも驚いたけど、子供もビックリ

した顔でこっちを見上げてる。後ろからお母さんがキックボードで追いかけ

て来て、「すみません」と一応謝ってくれたけど、子供が謝らないのが気に

なって、のんびり気分が台無しになった。まあ、実害が無かっただけでも

良かったか。昔、同じ状況で、母親に逆にニラまれた上に、アウターギアが

曲がって交換するハメになった苦い経験を思い出す。やっぱり、子供と犬

にはくれぐれも用心しないと、予測不能な動きを勝手にするから危ないな。。

その後、気を取り直して、川沿いのサイクリングロードを走り、橋を渡って

都心を抜けて帰宅。途中、友達がやってる店に立ち寄ってみたけど、時間

が早かったからか、まだ閉まったままだった。残念。。

      

結局わずか3時間のポタリングだけど、ちょっとした気分転換にはなった。

ただ、美ヶ原目指してガンガン走るって感じにはまだなれないな。ショックが

大き過ぎて。。まあ、焦らずボチボチ、自転車に身体を慣らして行こう。

ちなみに、夜はまた仲間のおめでたい集まりがあったんだけど、残念ながら

行けなかった。 I ちゃん、T.Yさん、おめでとう!☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救われない生の終焉と存続~白夜行最終回

(☆2015年12月28日追記: 特典映像の記事をアップ。

   ドラマ『白夜行』完全版DVD-BOX、オリジナル・エンディングの感想 )

 

(☆同年3月5日: 映画版の記事をアップ。

    抑制された上質の不運、倒錯した愛~映画『白夜行』レビュー )

 

 

          ☆          ☆          ☆

『白夜行』最終回、「白夜の果て」

 

素晴らしい! 見事に完成されたドラマだ♪ 心から拍手を送りたい。。

 

まるで第3話の記事みたいにこう書き始めると、「エッ・・?」とか「ハァ・・?」

とか、不満に思う人が少なからずいると思う。この結末は、かなり評価が分

かれそうだし、決して後味のいいものじゃないから。実際、リアルタイムで見

終わった直後は、「オイオイ、やってくれたなぁ・・」って感じだった。かすかに

期待してたものとは、全く逆の結末。最悪ってわけでもないけど、これじゃあ

救いようがない。。

 

ただ、前クールの『野ブタ』のラストもかなり違和感があったけど、その後、

原作を踏まえて再考するとそこそこ理解できた経験がある。今回はまだ原作

は読んでないけど、録画をじっくり見直しながら再考すると、それなりに納得

できたし涙さえ浮かんで来た。そう、これは救いようのない2つの生を描いた

作品なんだから、救いようのないラストになるのは、ある意味で自然なことだ。

必然じゃないけど、自然な流れの一つではあった。。

 

あらすじは以下の通り。亮司(山田孝之)笹垣(武田鉄矢)を刺したものの、

自分が青酸ガスを吸ってしまった事もあって結局殺せず、それどころか逃げ

去る前に笹垣に「便所に入るな」と忠告。その後は行方不明に。雪穂(綾瀬

はるか)は、亮司が最後に「いつか田舎に戻りたい」と言ってたのを思い出し

たこともあって、故郷にR&Y2号店を開くことに。「ねぇ、亮。私、返したかっ

たの。陽の当たる場所に、あの日の花を浮かべてあげたかった。あの日、

あなたがくれた夢を、諦めたくなかった。私を太陽だと言ってくれた、あの

言葉に応えたかった」。篠塚(柏原崇)は、花のような店を作るための、陽

の当たる場所を紹介することで、雪穂に接近。一方、すでに退職してる笹垣

あてに、友彦(小出恵介)が警察へ自首。亮司はカード偽造容疑で指名手配

される。

 

典子(西田尚美)は、秋吉(=亮司)との間に出来た子供を連れて笹垣のも

とへ。笹垣は母子の写真を弥生子(麻生祐美)の遺影の横に置き、亮司の

出現を待つ。篠塚は、ふとしたキッカケで、R&Yの赤黒い太陽の絵の下に、

白い切り絵の太陽が隠されてることに気付く。その切り絵が、開店記念の

指輪と同じデザインなのを証拠として雪穂に指摘し、篠塚は自首を勧めた

ものの、雪穂はその場では知らん顔。けれども帰宅後、もうウソの人生は

終わりにして2人で死刑台に向かうことを決意。

 

笹垣は、ふとしたキッカケで、唐沢邸のサボテンの下に隠された松浦(渡部

篤郎)の死体に気付き、警察の手配。自分は、R&Y2号店の近辺で、亮司

を探す。2005年12月24日、開店の日。亮司は、赤黒い太陽の切り絵を

通行人に配って笹垣をおびき出し、近くの林でハサミを突き刺して袋詰め。

ところが、笹垣は血まみれになりながらも、抜き取ったハサミで袋を切り裂

いて脱出、店の近くの歩道橋で亮司を発見。これまでの罪を全て、念仏で

も唱えるかのように数え上げた後、罪をつぐなって死刑台に登るよう説得。

しかし亮司は、笹垣の手にしたハサミを自分に突き刺した直後、歩道橋か

ら身を投げた。たまたま気付いた雪穂が近づくと、亮司は最後の力を振り

絞って、自分とは反対の明るい方向を指差しつつ「雪穂・・・行って・・・」

言う。雪穂は涙を浮かべてうなづき、亮司をおいて歩き去る。「明るい・・・

明るいよ・・・亮・・・」。

 

その後、警察で事情聴取を受けた雪穂は、嘘に嘘を重ねて自分の潔白を

主張、何とか切り抜けて自由の身に。とは言え、生きる屍になった雪穂は、

店をつぶして借金まみれになってしまい、警察に行くことも死ぬこともでき

ない。そして、2006年11月11日、2人が手をつないだ形の切り絵を前に、

笹垣と真文(余貴美子)は2人の話をする。その頃、雪穂は太陽の輝く公園

で、『風と共に去りぬ』の続編『スカーレット』を横に置いたまま、ベンチで亮

司と典子の(?)子供を手招き。太陽の指輪をした手で子供と手をつなぎ、

座ったまま力なくうつむいた。。。

 

 

このドラマの完成度の高さについては、それほど異論はないと思うけど、い

くつか具体的に確認しときたい。亮司が死ぬシーンを考えてみよう。ドラマの

初回の冒頭シーンを最終回で再現したわけで、幻想の可能性もあると思っ

てたけど、現実だった。舞台は、恐ろしく華美なブティックの前。雪穂の服も

派手だから、最初はクラブかと思ってたほど。でも、これは「パチモン」、嘘っ

ぱちで偽物の美しさを表してるわけだから、筋が通ってる。雪穂の白い服は、

よく見ると白い花がたくさん集まったデザインになってて、初回の「ドブに咲く

花」(亮司が作ったハスの花の切り絵)とリンクしている。この花は、見方に

よっては弔いの白菊のようにも見えて、同じデザインの指輪の台としても使

われてた。上が白で下が黒の衣装は、笹垣の「花の根っこはグロテスクな

もんや」って台詞を表現してる。

 

亮司がサンタの格好をしているのも巧みな演出。白夜のような薄暗い幸せ

をプレゼントするわけだし、衣装の白は、白夜と「雪」穂の白、衣装の赤は、

血と奇妙な絵の赤。さらに、偽りの姿で生きる姿も象徴してるし、雪穂の大

学にウルトラマンのコスチュームで潜入してたエピソードともつながってる。

亮司が死ぬのが、肌身離さず持ってたハサミを笹垣に突き刺す事で手放

してしまった直後なのも、そのハサミで自分を突き刺したのも、筋が通って

る。ハサミは、罪人としての生の道具であり象徴だから。雪穂が亮司をお

いて薄明かりの方へ歩いて行ったのは、少し前の亮司の「陽の当たる道

をプレゼントする」って台詞と整合的。さらに、物語の最初は、雪穂が(ベッ

ドで)死んだように横になってて、亮司が薄暗い道(ダクト)を進んでたけど、

最後は逆に、亮司が死んで横たわり、雪穂が薄暗い道を進んでいく。きれ

いなコントラストをなす形式美。このように、恐ろしく緻密な作りを随所で目

にすると、関係者一同に心から拍手を送らざるを得ない。。

 

続いて、今回の記事のタイトル、救われない生について。先に、救われる

の方を見ておこう。これは、篠塚と笹垣の台詞でほとんど尽きてる。

篠塚は雪穂に自首を勧めて言った。

 

 「オレな、あいつの遺言見た。後悔しか無かった。あいつはずっと、裁かれ

  たかったんじゃないのか。本気で桐原に人生返したいなら、あいつに真実

  を、言わせてやるべきじゃないのか。全部、お前の幸せのためにやったん

  だって、みんなの前で言わせてやれよ。お前はその全てを、認めてやるべ

  きじゃないのか」

 

また、笹垣は亮司に自首を勧めて言った。

 

  「お前には、子供がおる。その子供に、ちゃんと、13階段登る背中見せぇ。

   お前、自分とおんなじ子を作る気か。親信じられへん子作る気か。間違

   いだらけやったけど、お前が、精一杯やったんは、俺が知ってる。一人

   の人間幸せにするために、お前は精一杯やった。お前の子に、俺がちゃ

   んと言うたる」

 

こうした言葉に従って、自首してせめてもの罪をつぐなおうとするのが、救わ

れる生だ。実際、雪穂も篠塚と別れた後ではこう呟いてた。

 

   「ホントは知っていた。ずっと昔から。あなたが裁かれたがってたこと。

    勝手な夢を押し付けて、あなたをダクトの中に閉じ込めたのは私だ。

    明日、あなたが来たら言おう。太陽の下、手をつないで歩こう。死刑

    台まで歩いて行こう」

 

雪穂と真文が願ったように、亮司が普通に2号店に現れてくれれば、救われ

る可能性があった。ところが、亮司は笹垣を刺した後で自分も刺し、「雪穂

・・・行って・・・」と遠くを指さしてしまったので、雪穂も救われない生を歩み続

けることになってしまった。父親みたいに厳しい愛を注ぎ続けた笹垣がいた

からこそ、救われるチャンスが生まれたのに、笹垣がいたからこそ、そのチャ

ンスが奪われた。皮肉と言うか、不運と言うか、いずれにせよ、やはり救われ

ない生だ。

 

実は、2人には他にも救われる選択肢が一応あった。それは、笹垣が時々唱

えてた「歎異抄」(たんにしょう)にある、浄土真宗の「他力本願」「悪人正機」

の考えだ。・・・・・・救われるような事を自分で行う「善人」よりも、自分では行え

ない「悪人」の方が救われやすい。なぜなら悪人の方が、仏という「他力」にす

がって救われようとする思いが強いから・・・・・・。ところが、2人はこの宗教的

な救いの道も取れなかった。と言うのも、神を呪う雪穂が仏にひたすらすがる

はずもないし、2人にとってはお互いのみが絶対的存在=太陽だったから。

 

結局、亮司が選んだのは、救われない生の終焉。雪穂が選んだのは、救わ

れない生の存続。亮司は、自分に命がけの愛情を示してくれた笹垣に対して

「お返し」と言って、自分をハサミで刺して身を投げた。もちろん、そんな事が

お返しになるはずもなく、笹垣も「あほう! あほんだら!」と歩道橋の上から

叫んだんたけど、それこそが亮司の救いようのなさを示してる。幸せのはず

がない人生を幸せとして雪穂に贈り、お返しのはずがない行為をお返しとし

て笹垣に贈ったのだから。

 

一方、雪穂が選んだのは、救われない生の存続。亮司が命を捨ててまで与

えてくれた、白夜のような偽物の明るさの生を、今更捨てるのは「悪いから」、

無理やり存続させる。嘘だらけ、借金まみれ、生ける屍と化してまで、たった

一人で。篠塚が言うように、「人生を捧げた人間より、捧げられた人間の方

が辛いのかも知れない・・・何をしても幸せにならなきゃならない人生なんて、

生きること自体が罰みたいなもんだから・・・唐沢さんの場合、その幸せ

さえ、永久に失われてるんだから・・・」。

 

亮司はダクトのような人生を歩んだ後、工場の煙突から立ち上る煙のように

空に舞い、雪穂は薄暗い部屋のような状況のまま生き続ける。「R And Y」

には、たった一すじの本当の「RAY(光)」さえ、射すことはなかった。。

 

こうして、救われない生の終焉と存続を見届けた後、切なさややりきれなさと

共に考えざるを得ない。それじゃあ、自分の生は救われるものなのか。神に

せよ、仏にせよ、遥か遠い場所から見るのなら、似たようなものじゃないだろ

うか。いや、それどころか、自分は違うと思いたがる分だけ、あるいは気付

かない分だけ、余計に救われない存在じゃないのだろうか。。。

 

最後に一言。このドラマ、かなり色んな角度から見れそうだし、まだ触れてな

い細部もたくさんある。全体を通して再考する余地もあるし、ここまで全く参照

してない、原作と『風と共に去りぬ』についても、かなり興味がある。色々と個

人的に予定が入ってるけど、もし時間ができれば、『白夜行』についてあと1本

記事を追加するかも。(ちなみに『野ブタ』では2本追加)。興味のある方は、2

週間後くらいに再びアクセスして頂ければ、またやたら長くて理屈っぽい記事

に出会えるかも♪ 確率は半々かな。。それでは、今回はこの辺で。。(^^)/~~~

 

 

 

P.S.公式HPの武田鉄矢のインタビューで、笹垣に悪役とか憎悪とかいう表

    現が使われてる。ただ、それは金八先生よりは憎しみを持ってて、主人

    公に憎まれてて、視聴者の一部にも悪役扱いされかねないって意味に

    すぎない。厳しい善人が笹垣、優しい善人が真文。「すまんかった。あの

    日、お前を捕まえてやれんで、ホンマ、すまんかったのう」なんて言葉を、

    殺されかけた直後に言える人間が善人じゃないと言うのなら、仏と言う

    しかないだろう。。。

 

 

cf.愛がもたらす夜の太陽~白夜行第1話

   太陽の下を2人で歩くために~白夜行第2話

   良心と幸福の欠落を埋める愛~白夜行第3話

   薄明かりに共生する命の温かさ~白夜行第4話

   無条件の愛という困難~白夜行第5話

   父と母~白夜行第6話

   昼間の幽霊~白夜行第7話

   コントロール不能な欲望~白夜行第8話

   殺すことと生かすこと~白夜行第10話

| | コメント (2) | トラックバック (7)

どん底からの再スタート!

ランニング21.1km,1時間42分00秒,平均心拍157,最大心拍173

荒川マラソンのゴールから丸4日半近くも経過。ボロボロの心と身体をゆっ

くり休める間に書いた記事「荒川の強風の影響は何分か~統計的分析」

は、多くのアクセスを頂いた。やっぱ、気になるでしょ?(^^♪ ネットタイムも

公表されたことだし、強風の影響を差し引いた上で自分の走りを再評価して

頂ければ幸いかも。。

さて、流石に休み過ぎだろうってことで、一応ハーフを軽く走り切ることを目

標にスタート。ところが、いまだに脚が激重! やっぱり相当なダメージだっ

たようだ。ただ、いつもより相当ゆっくり走る分には問題なし。所々ピリピリ

と痛みが走るけど、大したことは無い。去年は会心のレースの後、脚裏の

痛みで2ヶ月近く満足に走れなかったんだけど、今年は最悪のレースの後

なのに、今のところ問題はなさそうだ。

公園の周回コースには、気のせいかランナーが少ない。荒川が終わった

せいかな、とか考えながら、レース前と同じストライドで走ってみる。ピッチ

はゆったりなのに、1周目から脚も心臓もしんどい。ただ、もうしばらくランニ

ングのレースには出ない予定なので、多少ムリ気味な走りで足腰の状態を

試してみようと思った。それに、荒川で見事に期待を裏切ってくれた自分の

身体に軽くお仕置きしてやろうって気持ちもあった。ホント、自分にムカつく!

一応、時々心拍だけチラッとチェックして、「高いなぁ・・」とあきれつつも何と

かハーフを走り切ることに成功。ただ、湿度も気温も高めだったからか、汗

をかきまくって、公園を出る前に給水。ハーフで給水するなんて、夏以外だと

初めてかも。やっぱ、体調がまだまだ回復してないんだろうな。走り終えた後

タイムを確認した時も、「あー、全然ダメだな」って感じ。実は、走ってる間は、

一応ストライドも保ってるし、1時間40分は切ったかなと思ってた。要するに、

往路が凄くゆっくりで、全体のピッチも相当遅かったってことだ。

何はともあれ、ハーフを走れる程度まで回復した事と、特に故障はないって事

を確認できただけでも十分だろう。フルマラソンへのリベンジは当分おあずけ

かなぁ・・・来年までは待ちきれないんだけど。。詳細は以下の通り。

  往路(2.45km)   14分23秒  平均心拍123

  1周(2.14km)  10分11秒         152

  2周           10分05秒        159

  3周          10分03秒        162 

  4周           10分02秒        162      

  5周          10分01秒        165 

  6周            9分57秒        167 

  7周          10分01秒        168  

  8周(1.22km)   6分00秒        168 (給水込み)

  復路           11分19秒        165

  計 21.1km 1時間42分00秒      157(最大173)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休養3日目、歌舞伎町で気晴らし♪

ア~~、久々に酔っ払った♪ 悔しいやら、情けないやら、恥ずかしいやら、

衝動的に練炭でも買いたくなるような状況だから、正直ドタキャンしたかった。

でも、そうゆう時だからこそ、気の置けない友達と笑い転げながら飲む酒は

最高だった。ホントは帰った後で雨の中を走りに行って、「飲酒雨ん天走行」

なんて最低のタイトルのランニング記事でヒンシュクを買おうかなと思ってた

んだけど、流石に止めとこう(大正解かも・・)。

それにしても、世の中いろんな奴がいるなぁ。。友人K.Yの話は全部面白

かったけど、突然切り出して来たとんでもない暴露話には座敷にひっくり返っ

て爆笑 (^o^) ウ~~、書きたいなぁ。。でもグッと我慢。この友達はブログの

ことなんて知らないんだけど、個人情報保護とかプライバシーに十分配慮し

てるって姿勢を保つためには仕方ない。ただ、今まで直接聞いた体験談の

中では、飛び抜けた話だったとだけ書いとこう。自分もかなり変わった人生

を歩んでるけど、他にも結構すごい連中がいるもんだなぁと改めて実感。単

に「類は友を呼ぶ」ってだけの事かな・・?

数年振りに新宿・歌舞伎町に出かけたんだけど、あまり変わってないのが

嬉しかった。昔の思い出が結構詰まってる場所だから、店を出た後、駅に

向かう前にあちこち偵察。アッ、あの店がまだある、ここはチョコッと変わっ

ただけだな、とか思いつつ、故郷みたいな懐かしさに浸った。スカウトや客

引きの多さも相変わらず。今度は、店の中まで入ってみようかな。。

という訳で、たまにはドラマでもランニングでも自転車でもない、ごく普通の

日記ってことで。それでは皆さん、Good Night ♪ (-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川の強風の影響は何分か~統計的分析

まさかの大敗から丸2日。いまだに、はらわたが煮えくり返る状態・・(-_-メ)

苦笑してしまったのは、惨敗の記事「絶不調&強風、荒川まさかの大敗・・」

に想定外のアクセスを頂いたこと。自分のランニングの記事としては、公開

8ヶ月で断トツ。あれだけを読まれてもなぁ・・(^^ゞ 普段はもうちょっとマシな

んで、皆さん、そこんとこ宜しくネ♪(って、もう読んでないか・・・) ちなみに、

ara06 去年の記には色んな写真を掲載。今年はほと

んど写真を撮る気になれなかった。カメラ持ってた

のに。。左は、今年のTシャツ。引き裂いてやろう

かな・・(子供かよ!)

        

前の記事のタイトルからも分かるように、主たる敗因は自分の絶不調で、

そこに運悪く記録的強風が重なってしまったと考えてる。ただ、もし強風が

無ければどのくらいのタイムなのか、気になるのは事実。そこで、WBC決勝

を観戦しつつ、公表されてるグロスタイム(一般の部)をもとに統計的分析

やってみた(ネットタイムはまだ)。大雑把な結論を先に書いとこう。

                 

  もし強風が無ければ、荒川マラソンのタイムは5~6%程度速かった

と思われる。例えば今年5時間(300分)の人なら、15~18分程度速くて

4時間42分~45分ってこと。ちなみに私の場合、やっぱり主たる敗因は自

分の絶不調だと再認識。極度の緊張、気合の入り過ぎもあったのかなぁ。。。

             

詳しい内容を紹介しよう。データは下に書いた通りで、重要な部分には色を

つけて強調しといた。要するに、06年の記録と、03~05年の平均値を比

してるってこと。上位00%、25%、50%、75%、100%の選手のデータを

集めたけど、00%と100%は統計の端っこだからもともと誤差が大きい。

                  

それに加えて、強風は昼前から夕方にかけて強まったので、トップ選手は

強風の影響が少ないはずだし、最後の辺りはリタイアや制限時間の問題

があってデータに問題があり過ぎる。結局、役に立つのは上位25%、50%、

75%の選手のデータで、過去3年の平均値だと男女を問わず5~6%程度

タイムがいいのがハッキリ分かる。この結果を上位100%付近の人に適用

するのは、理論的に可能だと思う。

             

ちなみに、女性の方が僅かに風の影響が少ない。誤差の範囲とも考えられ

るけど、ひょっとしたら体脂肪の影響かも知れない。男性に比べて多めの体

脂肪が、保温と風への抵抗として役立ったのかも。あるいは、単に女性の方

が強いっていう現代日本の一般的傾向を表してるだけかな。。

             

こんな事やってるヒマがあったら走った方がいいんだろうけど、まだ脚がボロ

ボロなもんで。。たった今、日本が野球世界一になったのを見届けたから、散

歩でもしようかな。いずれにせよ、絶対リベンジしてやるぞ、フルマラソン!!

       

男子

        2006      2005       2004       2003       03-05平均

上位 00%  2.36.08   2.34.06    2.33.57   2.35.30    2.34.31  (-01.37,99.0%)

    25% 4.05.19   3.53.34    3.52.05    3.52.07    3.52.35 (-12.44,94.8%)

    50% 4.43.19   4.27.53    4.28.38     4.26.46    4.27.46  (-15.33,94.5%)

    75% 5.31.28   5.07.41    5.11.23    5.07.26    5.08.50  (-22.38,93.2%)

   100% 7.37.52   7.17.34    7.30.13     7.19.30    7.22.26  (-15.26,96.6%)

      

          

女子

                2006      2005       2004       2003      03-05平均

上位 00%  3.12.56   2.50.00    2.56.58     3.04.24    25707  (-15.49,91.8%)

       25%  4.31.30   4.19.34    4.20.08     4.18.32    4.19.25  (-12.05,95.5%)

       50% 5.10.00   4.53.55    4.56.09     4.53.40    4.54.35  (-15.25,95.0%)

       75%  5.59.08   5.37.39    5.40.23     5.33.49    5.37.17  (-21.51,93.9%)

      100% 7.30.41   7.15.21    7.31.31     7.19.12     7.22.01  (-08.40,98.1%)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

適度な政治性~輪舞曲第10話

『輪舞曲~ロンド』第10話 「償うべき罪 守るべき愛」

ヨンジェがすっかり、いい人になっちゃった。

 「俺は思う 残酷な運命は、それに耐えられる人間にこそ訪れるものだと

  強い人間にこそ訪れるのだと」

いい言葉だなぁ♪ 現実はそれほど甘くないにしても。。

琢己やユナに、あれだけ色々と温かい心配りをしたヨンジェは、先週も書い

たけど、残念ながらやっぱり死ぬしかないと思う。このままだと、脇役なのに

主役2人以上の位置づけになっちゃうしね。死ぬ間際に、遠回しにユナへの

愛を告白なんてのが、平凡だけどキレイかも。。。

昔の写真を見ながら琢己が「もう一度出会えたら この奇跡を俺は無駄に

したくない」と口にしたのは、冬ソナをチョコッと意識してるのかな。。

今回は、最終回への準備って感じで、大きな動きはなかった。龍吾と宋が

逃げたって言っても、今までノンキにしてた方がおかしいんであって、何の

驚きも感じない。またメールの送信者に頼る展開とか、相変わらず気になる

点が目立つけど、まあいいや。終わり良ければ全て良し。来週、キレイに

終わらせてくださいな♪

        

あらすじは以下の通り。琢己(竹野内豊)は、ユナ(チェ・ジウ)が日本人・

佐倉愛だと告げ、妹・ユニ(イ・ジョンヒョン)が重態で手術承諾書が必要だ

と伝える。とまどうユナの前に、ヨンジェ(シン・ヒョンジュン)も現れて、警察

の身分証を提示。琢己の話は本当で、日本への一時帰国を特別に許可す

ると話し、琢己には韓国警察お墨付き偽造パスポートを手渡す。こうして、

みんな再び日本へ。ユナはユニに謝り、手術許可書にサイン。病院に、

きら(木村佳乃)恵子(風吹ジュン)が駆けつけ、ユナ=佐倉愛に昔の写

真を見せる。ユナは全てを琢己らに告白。優しい義父のように思えた宋(橋

爪功)を助けるために、日本の金融関連のデータを消すプログラムを作ろ

うとしたことを話して謝罪。ユナの情報を受けて、日韓合同の神狗(シェン

クー)特別捜査班は、宋と龍吾(速水もこみち)の逮捕に向かう。龍吾はす

ぐ見つかったものの、人質を取って逃亡。宋は見つからず。龍吾は宋に電

話し、原発データ入手プログラムのはずだったのに話が違うと激怒したが、

宋は、あなたは人の上に立つ器じゃなく利用される側の人間にすぎないと

突き放す。メディアは、神狗の事件と、西嶋ショウ(=琢己)による監理官

殺害事件とを結びつけて報じた。自分のせいで琢己の身分証明データが

消され、未だに指名手配されてることを知ったユナは、ヨンジェに頼んで、

宋をおびき出そうと計画。電話で、プログラムを完成するから私たち姉妹

に関わるなという条件を提示して、取引場所のスタジアムで待つ。宋は引っ

かからず、代わりに同じ韓国人の琢己に、自分の日本攻撃の意図を話す。

ヨンジェの部下から場所を聞いてスタジアムに駆けつけた琢己に、ユナは

謝罪して別れを告げ、ヨンジェと共に警察へ。その頃、琴美(市川由衣)

警察で、父・龍一郎と面会。温かい言葉をかけると共に、兄・龍吾と宋が

指名手配されて逃亡している事を伝えていた。。。

        

今回のドラマのタイトル「償うべき罪 守るべき愛」は、表面的に見れば琢己

とユナのことだけど、明らかに日韓=韓日の政治的・社会的背景を意味する

ものだ。伝えるメッセージは単純明快。日本には、償うべき罪がある。けれど

も、それを口にする韓国も、反発または無視しがちな日本も、根本的にお互い

愛し合うべきだ。日本人も韓国人も、結局同じ人間なんだから。。

さて、このありがちなメッセージ。正論だけど、このまま伝えようとしても、耳に

タコ、馬の耳に念仏、ここに書いてるだけでも恥ずかしいほど。こうゆう時に

よく使われるのは、音楽だろう。曲や演奏っていう共通言語にのせると、たち

まち耳に入りやすくなる。特に若者の場合は、そうゆう傾向が顕著だ。このド

ラマには、音楽のようなメッセージの媒介役を務めようとする姿勢が見られる。

今回のドラマに即して考えてみよう。まず、琢己はユナにこう言った。

 「名前とか、どこの国の人間とか、そんな事俺は関係ない。

  俺が好きなのは君だ」

ほとんど、国連のキャンペーンソングにでもなりそうな台詞。ストーリーの流

れに沿って、竹野内豊がチェ・ジウに語るからこそ、心に響いてくる。名前が

関係ないってのは、もちろん、他の国の人の名前を勝手に変えていいとか、

名前を変えないといけない状況に追い込んでもいいなんて話じゃない。名

前や国じゃなく、人の中身こそ重要っていう普通のメッセージを、聞きやすい

形で伝えてるだけだ。

続いて、宋の長い台詞を見てみよう。同じ韓国人の琢己が「日本への復讐、

それがあんたの目的か?」というのに対して、宋はこう語った。 

 「復讐? 違うな。あえて言うなら、正義感でしょうか。日本の未来に対する

  老婆心かも知れない。この国は呑気すぎる。その昔自分たちが、他人に

  与えた痛みなど一度も振り返りもせずに、ずっと今まで過ごして来たんだ

  から。だから私も考えたんだ。この国も、一度くらい同じ恐怖を味わった

  方がいいんじゃないかとね。私の気持ちも分かるだろ、君も韓国人なら」

ドラマの前半でもキータームだった「復讐」。単純にやり返すって意味だとレ

ベルが低すぎるから、しばしば復讐にはそれを正当化する意味が添えられる。

けれども、どう理屈をつけようが、やってる事は復讐と同じこと。これをそのま

ま認めると、世界の争いは永遠に続いてしまう。ここで注目すべきは、この感

心しない台詞を語ってるのが、日本の俳優だってこと。これを韓国の俳優が

言うと、韓国がちょっと悪者っぽくなってしまうし、生々し過ぎる。この辺り、偶

然か意図的か知らないけど、結果的に程よい柔らかさが生じてる。この柔ら

かさが、こうゆう極端にタカ派的な韓国の考えを、日本の視聴者の耳にも入り

やすくしている。

さらに、最後のユナの台詞も見てみよう。

 「互いに愛するためじゃなく 傷つけるために会ってしまった 私はあなたを

  苦しめてばかりいた だから、忘れてください。私の事を、忘れてください」

これに対して、琢己は首を横に振った。一応今回はユナが立ち去ったけど、

そのままドラマが終わるはずもない。さて、ここでも上の台詞を韓国の俳優が

口にする所がミソ。これによって、苦しめた「私」が、日本を暗に示してること

が程よく隠されている。罪を償おうとする相手を、許しつつ愛する。ごもっとも

な(琢己 or 韓国の)姿勢が、日韓=韓日の生々しさを消した上で人々に伝

わっていくことになる。

要するに、このドラマは、意図的か偶然かはともかく、適度な政治性を実現

してるってことだ。現実の政治を背景にしてるって意味だけじゃなく、「集団全

体をある考えや行動に向かわせる力を及ぼす性質」っていう、広い意味での

政治性を。。。

          

さて、次回はいよいよ最終回。「自然な」流れの一つとして、前回の記事に引

き続き予想を立てとこう。ヨンジェは美しく死亡。龍一郎は宋に力を及ぼして

神狗を適当に処理すると共に、龍吾の問題も無難に片付いて、風間家に人

間らしい温かさが多少もたらされる。龍一郎、宋、龍吾のうち、誰かが死ぬか

も知れないけど、龍一郎と龍吾が共に死ぬことはあり得ない(琴美が淋し過

ぎる)。死ぬ人間がいるなら、単なる悪者じゃなく、人間的にプラスの変化を

示した後で死ぬ。琢己とユナは相変わらず読めないけど、どちらも死なず、

心を通わせながらひとまずお別れ。場所は、「浜辺」ならぬ「海辺」の公園か。

あるいは、ユナが1年程度の短い期間服役して、出所後に警察官の琢己が

温かく迎えるとか。果たして、結果は如何に? 拡大版の最終回に期待♪

寝るヒマがないらしいスタッフの皆さん、頑張って!

        

cf.映像美と俳優の存在感~輪舞曲第1話

   ドラマに見出す価値~輪舞曲第2話

   シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話

   不信感による孤立の増幅~輪舞曲第4話

   リアルタイムの感想~輪舞曲第5話

   神狗は悪か?~輪舞曲第6話

   リアリティの欠如~輪舞曲第7話

   ロンドの形式~輪舞曲第8話

   自然さについて~輪舞曲第9話

   美しく自然なエンディング~輪舞曲最終回

| | コメント (4) | トラックバック (1)

絶不調&強風、荒川まさかの大敗・・

ランニング42.195km,平均心拍163,最大心拍173(推定)

信じられない・・・いくら何でも、こんなタイムになるとは・・・(-_-;) 何事につけ

ara01ても、非常に悪い事態をあらかじめ想定するタイプ

だけど、これは全く想定外だった。。ブログなんか

書かずに、ふて寝したい所だけど、反省としても日

記としてもキッチリ書いとこう。第9回東京・荒川市

民マラソン in ITABASHI(06荒川マラソン)の惨敗について・・・

         

何だかんだで寝たのは2時半頃で、6時半に寝坊気味に起床。これで

も去年よりはマシ。朝、家を出る時は雨が降ってたけど、空は明るかっ

た。去年と同じ電車に乗ったから、同じように行動すればギリギリ間に

合うと思ったのに、そう上手くは行かなかった。まず、駅を出るとすぐに

送迎バスが来てたので飛び乗ったんだけど、初体験のこのバスは、信

号に引っかかりまくって意外に遅かった。中では、おやじグループが大

声で女の子グループに声をかけてて、まるで酔っ払いのナンパ状態。

降りてすぐ受付しようとしたのに、受付場所が荷物置き場から遠く離ara02

た場所に変更されてて、しかも途中は人とテントの

障害物競走。荷物置き場は大渋滞。焦りもあって、

スタートが10分近くも遅れてしまった。これがケチ

の付き始め。ちなみに、最初の写メは最寄の浮間

舟渡駅にあったポスター。すぐ上は、スタート&ゴール付近。黄色いアー

チが中段左寄りに小さく写ってるけど、この荒川名物は帰る頃には撤去

されてた(おそらく強風のため)。

         

雨は上がったし風もスタート時点では弱くて、天候的にはラッキーだと思っ

たのに、最初から調子がおかしい。脚もちょっと重いけど、心拍が異常に

高い! 2月初めの神奈川も最初から一気に心拍が上がったけど、あの

時はスピードが出てた。ところが今日は、明らかに遅い。そもそも大勢の

ランナーで道が埋まってて、スピードなんて出せる状況じゃない。それな

のに、心拍は160台後半! こんなのは、かなりスピードを出してる時か、

12月の心拍異常の時しかないこと。ダッシュを繰り返して前のランナーを

抜いてたせいもあるだろうけど、それにしても高い・・(平均心拍が163に収

まってるのは、後半の超スローペースのため)。

原因として考えられるのは、まず湿度。雨と低気圧が通り過ぎた直後で、

データ的にもスタート時の湿度は高かった(後に低下)。前から何度も書い

てるように、湿度には極端に弱い。次に、気温の急激な上昇。一気に太陽

が照りつけ始めたので、上は長袖、下はアップだと暑くてイヤになった。後

で暑さは無くなったけど、既に時遅しだったかも知れない。昔から高温多湿

が極端に苦手なのは、調節能力が低いのと、汗かきだからだと思う。この日

はとにかく給水しまくって、ゴール後も飲みまくったほど。そして最後の原因

として、道の脇の土手を走り過ぎたかも知れない。前の人を抜くために凸凹

の芝生道にはみ出てかなり長い間走ったんだけど、こんな事は普段全く経

験しないことで、脚が変に疲れて心拍が上がった可能性はある。ちなみに、

快走した神奈川では、上の3つの原因はいずれも皆無だった。

                

原因はともかく、フルマラソンの最初からこんな心拍でしかもスピードが出て

ないんじゃ、もうお手上げ状態。そのままでもしんどいし、スピードを上げると

痙攣やリタイアの可能性が高まる。ってことで、早くも15kmくらいで、記録は

ほぼ断念。絶不調なんだから仕方ない。途中10kmくらいで、自転車仲間の

T.Mさんを見かけて挨拶。自転車ヒルクライム界の女性のトップクラスだ。

その後、だんだん記録を諦めるどころの話じゃなくなっていく。15kmから

折り返しまでで早くもバテて、おまけに心拍は170を超え始めた。ちょっと信

じられない状況。これは、気を引き締めないとリタイアの可能性さえあるなと

思い始める。

ひどいタイムで折り返した後は、いよいよ強風地獄の復路の始まり。JRの

運転に影響を与えたし、テレビのニュースでもやってた今日の強風。これは

実は、時間を追うごとに強まってる(Yahooの天気情報で数ヶ所チェック)。

大ざっぱに言うと、往路が追い風5m、復路が向かい風10mって感じで、ラ

ンナーにとっては大損だ。トップランナーは、風が弱いうちにゴールしてるか

ら、あまり凄さを感じてないかも知れないけど、昼前から夕方にかけては凄

まじかった。後でネットの報道を見ると、各地で瞬間最大風速25mを記録し

たとの事。もともとバテてるのに強風を受けたんじゃ、ほとんど止まりそうな

スピードになる。もう、ボロボロに抜かれ始めて、誰かを風除けにしたくても、

後ろに付いて行けない状況。何度歩きかけたか分からない。実際、終盤は

かなりの人が歩いてたから、見てて羨ましかった (^^ゞ 35km付近で荒川

名物のシャーベットを食べる時は座り込みたくなったし、最後の岩淵水門前

後の土手道の暴風にはウンザリして情けなくなってしまった。。

               

それでも必死に粘って、何とかゴール。すぐ仰向けに寝込んだら、係員の人

に「余計しんどくなるよ」とか声をかけられる始末。。その後はヘロヘロの身

体で着替えて、カイロを6つ用意して、毎年応援に来てくれてる旧友Hと携帯

で連絡。ほっとレモンとトン汁をおごってもらい、しばらくダベッた後、仲間の

テントに行ってみた。すると、Yさんが一人で、吹き飛ばされかけたテントを

ara03解体し始めてた。左がYさん、右が風で髪を吹き飛ばされてる

私。shuntaroさんとMさんはまだみたいで、既にHにかなり寒

い思いをさせてたので、みんなでの打ち上げはパスして2人で

赤羽へ向かうことに。皆さん、申し訳ない <(_ _)> 会場を出る前に、強風の

ara04証拠写真として倒れた自転車を撮影。自転車もテントも

人間も、あらゆる物が飛ばされる状況だった。

強風のせいで浮間舟渡駅で30分近くも待たされた後、

赤羽でHの奥さんと娘さんと一緒にお食事。この家族は

ara05ホントに仲良さそうで、羨ましい限り。娘さんには申し訳ない

けど、大人3人でペチャクチャ延々とオシャベリして楽しかった。

ここもおごってもらって、感謝、感謝! ちなみに、Hは悪人っ

ぽくも見える顔だが、メチャクチャいい奴だ。やたら面白いし、頭もいい。H、

ホメといたから、後で何かくれよ♪ って言うか、来年一緒に走れよ!

          

という訳で、それなりに貴重な一日だったけど、レースはまさかの大敗 (-_-メ)

もう自転車なんか無視して、このままランニングに打ち込んでリベンジしたい

気分だけど、そうも行かない。6月末の美ヶ原、8月末の乗鞍のヒルクライム

が終わるまでは、どうしても自転車中心になる。ただ、何らかの形で早めにラ

ンニングでリベンジするつもり。とりあえず、ハーフの記録更新でも狙おうかな。

反省点としては、深夜や早朝だけじゃなく昼間のランニングも取り入れること。

無酸素運動を多用した走りだけじゃなく、長続きする有酸素運動をもっと重視

すること。とにかく、挫けるどころかますます闘志が燃えてきたので、2、3日

身体を休めた後、気合を入れ直して再スタートしよう!

     

cf.荒川の強風の影響は何分か~統計的分析

  荒川市民マラソン(2005年の記事)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川マラソン、スタート前!

遅刻気味・・f^_^;060319_0842.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の荒川、強敵は低気圧か・・・

ジョギング6km,34分49秒,平均心拍128,最大心拍149

緊張してきた・・・決戦前日の今日は、近所の公園でお気楽ジョギング。凄く

軽い積極的休養のつもりなので、歩くようなスピードからゆっくり上げていく

マフェトン的な走り。ただし、心拍の微妙なコントロールなんてしない。

春の土曜の公園は、イマイチの天気でも人が一杯。親子連れが目立つな

か、2,3人の周回ランナーもいる。全く頑張らないお散歩気分の走りって

のは、ホントに気持ちいい♪ ただし、フルマラソン前日ってことで、フォー

ム等のチェックは一応やった。腰高、上下動の抑制、脚の裏と内側への

意識、ブレーキをかけないこと、やや遠めの目線、心身のリラックス・・・

単純なランニングでも、あえて意識すると結構色々なポイントがあるもん

だ。とにかく、気持ちよく予定の6kmジョグ終了。呼吸はまったく乱れず、

疲れもほぼゼロ。

さて、明日の荒川。強敵は低気圧だろう。15時30分現在、最新の各種

予報から考えると、雨の中を走る心配はなさそう。ただ、そこそこ発達し

た低気圧が足早に駆け抜けるので、レース直前まで結構な雨が降って

て、その後は強風との闘いになりそうな気配。スタートの列に並んでる間

に身体が濡れるかも知れないし、復路は秒速7~8mの強風が待ち構え

てる。苦手な湿気もあって、コンディション的には良くない。まあ、この状況

でどれだけのタイムを出せるか、楽しみな気持ちもある。

7ヶ月間そこそこマジメに走った結果がどうなるか。それでは、いざ勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殺すことと生かすこと~白夜行第10話

『白夜行』第10話、「開く過去の扉」

 「やめぇーーっ!」

笹垣と共に、こう叫びたくなる。

 「何で、こんな生き方しかできへんねん!」

弥生子や亮司や雪穂に、こう嘆きたくなる。

 「救われへんなぁ・・・」

礼子と共に、こう呟きたくなる。。

        

1週見逃してる間に、亮司は最後の一線を越えてしまった。それまでなら、

犯行時の年齢の問題や情状酌量や証拠不足もあって、自首しても死刑に

はならず、悪くとも15年くらいで一度は晴れて太陽の下を歩けただろう。

でも、成人後の今回の礼子殺しで、亮司はほぼ死刑確定。父殺し、都子暴

行、偽造カード、江利子強姦、松浦殺し、システム盗用、礼子殺し・・・。色々

考慮しても、もう極刑しかないだろう。自殺願望が芽生えてる亮司にとっては、

大した事じゃないんだろうか。。

雪穂はまだ死刑には値しないけど、心を通じ合う唯一の人が遠い世界に行

き始めたこと、第ニの母殺しに加担してしまったことで、結局倒れてしまった。

弥生子は、息子の度重なる殺人の罪を背負い込む形で、自殺した。いよいよ、

薄暗い白夜を行く物語にラストが近づいたようだ。

 「みんな、どんどんおらんようになってまうわ・・・」

笹垣は古賀の写真に向かってこう呟いた。あと何人、おらんようになってしまう

んだろうか。唐沢邸の庭に並ぶサボテンが、墓地の墓石のように見えてくる。

田舎の工場の煙突から立ち上る煙から、火葬場を連想してしまう。

結局、煙突=ダクト=細長く逃げ場のない穴からは、煙となって空に上るしか

ないんだろうか。。。

                   

あらすじは以下の通り。亮司(山田孝之)は、雪穂(綾瀬はるか)の育ての母・

礼子(八千草薫)を殺す。医療ミスを装っていたため、病院側の配慮で表ざた

にはならなかったが、関係者の話が篠塚(柏原崇)を通じて笹垣(武田鉄矢)

にまで伝わった。篠塚は自分の目で確かめたいと言って、元の夫・高宮(塩谷

瞬)の代わりとして唐沢家の葬儀を手伝う。

典子(西田尚美)から手に入れた青酸カリを持って部屋を飛び出してた亮司

は、必要分だけ取ったあと、残りの薬をもって典子の部屋に戻り、デートに

誘った。典子の田舎で、書きかけの小説の内容だと言いつつ、亮司は自分

の人生について話す。愛する人を気遣いつつ罪を重ねて来た幽霊は、誰に

も気付いてもらえない存在。ところがたった一人気付いた男がいたので、青

酸カリで殺すんだと言う。そこへ雪穂から様子を伝える電話。亮司は、笹垣

を殺して自分も死ぬことをほのめかす。一人ぼっちになっちゃう、と必死に

止める雪穂を無視して、亮司は電話を一方的に切断。その後、典子は亮司

に、「やっぱり殺さないんじゃないかなぁ、幽霊・・・涙出るほど嬉しいんじゃな

いの、その男に気付いてもらった幽霊はさぁ」と言う。それじゃ終わらなくなる

という亮司に、そんな結末で小説を無理に終わらせなくても今のままの亮司

を受け止めると典子は伝え、二人は抱き合う。しかし結局、亮司は翌朝笹垣

のアパートに向かった。

一方、大江図書館のHPの掲示板に書き込まれた「幽霊からの遺言」をプ

リントアウトした真文(余貴美子)は、亮司の母・弥生子(麻生祐美)に手渡す。

それをさらに笹垣の手に渡した後で、弥生子は自殺。図書館に出かけて名

刺を渡しておいた笹垣のもとには、真文から電話。そこで2人は、亮司と雪

穂の過去について深く語り合う。

その間に亮司は、笹垣の部屋に侵入。青酸カリの有毒ガスがトイレから部

屋に充満するように仕掛けた後、笹垣が持ち帰ってた母の遺影に気付いて

驚いた亮司は、自分たちのことを克明に書き記したノートを読みながら、典

子が言った通りに涙を流す。これだけ血と肉を費やして自分たちを追いかけ

た笹垣に、こんな殺し方をしてはいけないと、亮司はガス発生の仕組みを捨

て去り、部屋に戻った笹垣にハサミをふりかざして襲いかかった。

 「血と肉にまみれて殺したかった」。。。

               

今回は、殺すことと生かすことについて考えてみよう。まず簡単な事実を確

認しとくと、人はみな、他の生を殺すことで生きている。もちろん、ハサミで

人を刺すようなことはほとんどないけど、動植物を殺したことのない人はい

ないはずだ。微生物まで含めれば当たり前だけど、もっと普通の大きさの

生き物でも直接的に殺してるし、間接的には大量に殺してる。一部の人が

直接殺した動植物を多くの人が食卓で口にすることは、目をふさごうが食

物連鎖と言い訳しようが、間接的に殺してることには違いない。間接的な

ものへの想像力を働かせれば、実は自分が人間を殺してることにも気付く。

死刑を直接的に行うのは執行人、あるいは国家だけど、国家の主権は国

民にある。また、日本からの様々な援助を受けた米軍が世界のあちこち

で殺人を行っているのも、全くの事実だ。

こうして、事の良し悪しや内容の違いは別として、人はみな他の生を殺し続

けてる。ただ、殺すことは、生かすこととつながってることが多い。業者は家

畜を殺すことで、それを食べる人々を生かしてる。死刑執行人は度重なる

殺人の犯人を殺すことで、社会の人々を生かしてる。

                 

ドラマで考えると、亮司は、父を殺すことで雪穂を生かそうとしたし、松浦や

礼子を殺すことで自分たちを生かそうとした。雪穂は母を殺すことで自分た

ちを生かそうとした。そして今、亮司は、笹垣と自分を殺すことで雪穂を生

かそうとしてる。これらの殺人は、法的にも道徳的にも間違ってるけど、い

ずれも人を生かそうとしてるのは事実だ。ただ単に殺してる訳ではないし、

快楽殺人でもない。

殺すことで生かす姿勢は、亮司=幽霊の遺言にも表れてる。

 「どうか子どもたちに

  本当の罰は心と記憶に下されると伝えてください
 

  ・・・・・・どうか、親たちに伝えてください」

ここには、自分を殺すことを、子どもたちや親たちを生かすことにつなげよ

うとする意志が表れてる。こうゆう多少マトモな部分をわずかな手がかりに

して、亮司を自首に導くことはできないだろうか。元刑事や自分を殺すこと

よりも、自首して反省した後に死刑台に登る方が、雪穂はもちろん、子供

たちや親たちを生かすことにつながる。死刑までの数年間、自分を生かす

ことにもなる。それを、笹垣や真文や友彦は亮司に伝えれないんだろうか。

そして、同様のことを、篠塚は雪穂に伝えれないんだろうか。。。

           

予告での雪穂の台詞「死刑台まで歩いて行こう」が、そうゆうポジティブな意

味の言葉であって欲しいと願いつつ、最終回を見届けたいと思う。より死刑

に近づくように罪を重ねるんじゃなく、多くのものを生かすために自ら罰に身

をゆだねる。可能性は低いけど、友彦が自首するっていう来週のあらすじに

期待したい。制作スタッフには、フィクションとしての表面的な面白さよりも、

リアルな意味で水準の高い作品を目指して欲しいもんだ。。。

            

cf.愛がもたらす夜の太陽~白夜行第1話

   太陽の下を2人で歩くために~白夜行第2話

   良心と幸福の欠落を埋める愛~白夜行第3話

   薄明かりに共生する命の温かさ~白夜行第4話

   無条件の愛という困難~白夜行第5話

  父と母~白夜行第6話

  昼間の幽霊~白夜行第7話

   コントロール不能な欲望~白夜行第8話

   救われない生の終焉と存続~白夜行最終回

| | コメント (4) | トラックバック (3)

最終調整は自転車でフルマラソン

自転車43km,Av22.8,Mx37.0,平均心拍125,最大心拍149

終わった~~。これで荒川マラソンの準備はすべて終了。ランニングは昨日

のスピード練習で終わってるけど、中3日も運動しないままだと身体がなまる

ので、眠気や疲れと闘いつつ、自転車でフルマラソンの距離を軽く流した。

高校陸上部時代から、レースの4日前くらいにスピード練習をして、後は軽く

調整して終わる習慣ができてて、いつも大体上手く行ってる。ただ、最後の

調整に自転車を使うっていうのは、昔は無かったアイデア。脚に負担をかけ

ず、心肺だけに適度な負荷をかけて、気分転換にもなる。純ランニング系の

方にもお勧めの調整法♪ ママチャリで十分。

ここ数日、疲れのせいか珍しく腰が痛いこともあって、今日は休もうかと思っ

たんだけど、有言実行派を自認してるので、きちんとスケジュールをこなした。

最後は気持ちの問題だから、という考えもある。残念ながら日曜は雨が降る

らしいので、悲惨なフルマラソンになる可能性は十分ある。途中で何度も止

めたくなるだろうけど、「やるって言ったらやる!」って態度をもう一度身体に

叩き込んでおきたかったってこと。無事やり遂げて、ホッと一息。明日は完全

休養で、土曜も休養かお気楽ジョギング程度。一応、やるべき事はやったか

ら、あとは「奇跡を信じる」だけ。目標タイムは奇跡的だけど、痙攣さえ来な

ければ自己記録の大幅更新は間違いない。

今日の多摩川サイクリングロードは、自転車よりもランナーの方が多く感じた。

みんな、荒川の最終調整なのかな? 結果の良し悪しに関わらず、9月から

7ヶ月にわたって続いたランニング中心の生活は日曜でひとまず終了。来週

からは、6月末の美ヶ原目指して、自転車中心に切り替える。その前に、キッ

チリと結果を出しときたいので、せめて大雨だけは勘弁って感じ。できれば、

予報がはずれて好天になる「奇跡を信じ」たい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕上げはレースペースでハーフ

ランニング21.1km,1時間34分02秒,平均心拍162,最大心拍176(推定)

 

フーッ。。。これでランニングは無事終了♪ 一昨日の32kmの疲れが残る

中、仕上げのスピード練習として、レースペースでハーフを走った。こうゆう

スピードで走ったのは、2月初めの神奈川マラソン以来のこと。目標タイム

は1時間35分。ハーフとフルマラソンの中間くらいを狙った。

 

最初はさすがに脚が重いし、珍しく腰も痛くて、ダメかなって感じだった。と

ころが、往路のタイムが良かったので、気を良くして突っ走る。久し振りに

ラップタイムと心拍をチェックしながらの走りで、ビルドアップはできなかっ

たけど、ほぼイーブンのハイペースで走り切った。レースを除けばハーフ

の最高タイムで、しかもアップ込みだから、なかなか満足な出来♪

 

欲を言えば、もうちょっと心拍を上げておきたかったんだけど、神奈川以降

だと最高の平均心拍だし、ラストスパートもできたので良しとしよう。これで

後は、自転車で積極的休養するだけ。残念ながら日曜は雨が降るみたい

だから、対策を考えないとマズイな。。(-_-;) 詳細は以下の通り。

 

 

  往路(2.45km)   12分00秒  平均心拍149

  1周(2.14km)   9分24秒         156

  2周             9分26秒        162

  3周            9分28秒        164 

  4周            9分27秒        165       

  5周           9分32秒        164 

  6周            9分29秒        165 

  7周           9分29秒        166  

  8周(1.22km)   5分27秒        168

  復路           10分23秒        167

  計 21.1km 1時間34分02秒      162(最大176 ゴール時)

| | コメント (0)

富良野スキー場・写真日記

北海道スキー&スノボツアーの様子は、先週の記事で写メを使って簡単に

fura01紹介したけど、今日はちゃんと

した写真で報告しよう。スキー

場に興味のない方は、単なるブ

ログのデザインだと思ってくだ

さいな。文字ばっかで、無味乾

fura02燥だもんネ。。こうゆうマジメ

な写真日記は、半年ぶりくらい

かな。ずいぶんサボり続けたも

んだ。。。(^_^;) なお、一部は去

年の写真を利用。

fura03飛行機やバスから北海道の雪山

を見たあと、11時前に富良野

到着。目の前に広がるスキー場

を見るこの瞬間が大好きだ♪ 

宿のプチホテルからは、スキー

fura04場前に伸びるメインストリート

をテクテク歩く。スノボのブー

ツだと楽勝だけど、スキーブー

ツだと軽いトレーニングって感

じで、送迎バスを使う人が多かっ

fura05た。富良野スキー場は、縦長の

2つのゾーンをリフトと連絡コ

ースでつないだもので、宿は去

年も今年も下から見て右側の

「北の峰ゾーン」。今年は沖

fura06縄から大勢の高校生が来てて、

スキー教室でキャーキャー騒ぐ

女子高生を見て仲間は興奮して

た(私じゃない!)。北の峰の

ゴンドラ(2958m)を登る

fura07と、標高940mの山頂から約

3500mのロングコースが広

がる。これをノンストップで滑

り切るのは相当キツイ! コー

スの向こうには、平野部の街が

fura08広がってて、さらに向こうに雪

山が連なってる。雪に覆われた

広大な平野部を見下ろす感覚が

北海道らしい。シングルリフト

でつながった「富良野ゾーン」

fura09へ移動すると、多少スノーリゾ

ートっぽい雰囲気に変わる。新

富良野プリンスホテルと国内最

速ロープウェーがあるこっちが

メインなんだろう。左上と左は

fura10富良野ゾーン山頂(1209m)

に向かうシングルリフトから写

したもの。カメラを落とさない

ように注意する緊張感が心地良

い。山頂からは、豪快なダウン

fura11ヒルコースが伸びる。左上はそ

の下の方から見上げた様子。こ

ことか、奥志賀のダウンヒルコ

ースをぶっ飛ばすのは気持ちい

い。ヘルメットをつけて練習し

てる人もいるくらいだ。ただ、

fura12今年は時期がやや遅かったから

か、雪質がイマイチだったのが

残念。去年はいい雪だった。左

上は新富良野プリンス。左は北

の峰ゾーンへ帰るコースで、個

fura13人的にお気に入り♪ 夕方にな

ると、早くもライトが点灯。こ

の下(手前)に、富良野プリン

スホテル(古い方)がある。こ

こにはわずかに4人部屋がある

fura14ようだけど、ツアーで取るのは困難。

代わりに取ったホテルには、珍しく

普通のベッドが4つ横に並んでた。

普通はベッド1つくらい離れて置か

れてるか、オマケっぽいベッドになっ

てるもんだけどネ。

今年も旭川空港ビルの天井の、

大きな雪ダルマ君は健在。今度

fura15

はいつ会えるかな。。

以上、今週末にスノボのワール

ドカップが開かれる、富良野ス

キー場をご紹介。

それではこの辺で。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズン最後の走り込み

ランニング32.2km,2時間30分55秒,平均心拍156,最大心拍169(推定)

 

終わった~♪ ついに今シーズン最後の走り込み終了! 昨日の日曜は、

普通なら走る日だけど、名古屋国際女子マラソンを見たりしながらゆっくり

休養。37歳弘山のマラソン初優勝とかラストスパートも良かったけど、それ

以上に印象深かったのは、観客席の土佐の表情。映像編集の技術もある

のかも知れないけど、同僚の渋井の逆転負けを目にしてしばらく悲痛な表

情を浮かべたままだったのが印象に残った。ああゆう仲間が1人いるだけ

でも、ホントに渋井は幸せだなと思う。ただ、積極的なレース展開はいいん

だけど、もうちょっと減量した方がいいんじゃないの? 他人のこと言ってる

場合じゃないけどね。。(^^ゞ

 

話が逸れたけど、要するにしっかり休養して今日の最後の走り込みに備え

たってこと。最悪でも30km、できれば32.2km、キレイに走っておきたい。

32.2kmってのは、フルマラソンの距離から10km引いたもの。残り10km

くらい、レースなら気合と意地と根性で何とかできるだろうっていう読み。今日

はタイムより、安定した走りで無事に完走するのが第一。今さら妙に必死に

走って、痙攣したり脚を痛めたりしてる場合じゃない。特に、今晩は久々の

冷え込みだから、用心しないと。最初、スノボの筋肉痛も消えてて、脚が軽

かったんだけど、3周程度で早くも少し重くなって来た。完走が絶対条件だ

から、少し余裕をもつようにして、全身と対話しつつ黙々と走る。寒い深夜

で、公園を走るランナーは他に2、3人しか見当たらない。気分は渋井の

独走って感じで、10周までは無難にこなした。もう32.2km完走は間違

いないと確信してたけど、最近の傾向として呼吸が荒いし、脚のあちこち

がピクピクしてくる。警戒しながら残り3周を走りきって、復路もそこそこキ

レイに飛ばせた。気分は弘山のスパート♪

 

ただ、タイムが思ったより遅い。。最近の長距離は、時計も心拍も見ずに

走ってるんだけど、今日は総合的に見て今シーズン最高の走りだったから、

もうちょっといいタイムかと思った。ガッカリしたけど、感触は良かったし、心

拍が低めに収まってる点も評価できる。どうして最近呼吸だけ荒いのかが

不思議なんだけど、まあ無視しとこう。これで後は、水曜に軽くスピード練習

して、荒川前のランニングは終了。日曜の天気予報に傘マークが付いてる

から、てるてる坊主でも作ろうかな♪ 詳細は以下の通り。

 

 

  往路(2.45km)   12分15秒  平均心拍138          

  1周(2.14km)     9分39秒        155        

  2周              9分45秒         158        

  3周             9分51秒         158

  4周             9分51秒        159 

  5周             9分54秒        158

  6周             9分53秒        158 

  7周             9分58秒        157 

  8周              9分59秒        157 

     9周            9分59秒        158

 10周           10分03秒        158

 11周           10分08秒        158

 12周           10分10秒        159

 13周           10分07秒        161

 復路(1.93km)      9分25秒         161

 計 32.2km   2時間30分55秒         156

| | コメント (0)

自然さについて~輪舞曲第9話

『輪舞曲~ロンド~』第9話、「運命の地、ソウルへ」

最後が近づいて、キレイに話をまとめ始めた感じ。前回同様、好印象の回

だった♪ ユナが故郷を訪れるシーンなんて、冬ソナを思い出して懐かしかっ

たな。第3話で妙に繰り返し歌われてた「浜辺の歌」を、後ろから数えて3番

目の今回に再登場させて、上手く活用してたのもいい。「あした浜辺を さま

よえば 昔のことぞ しのばるる」・・・お見事、座布団2枚♪

もちろん、相変わらずツッコミ所は満載! 最初の対決でのユナの奇妙な

負け方、宋や神狗が琢己を殺さなかった理由、琢己の手錠の外し方、ヒデ

や琴美の情報入手方法、監理官でさえすぐ殺される状況で婦警のあきらが

派手に活躍してること、裏で全てを仕切ってる宋がヨンジェのモグラ情報を

龍吾ごときに聞いて驚いた点、ユナに接近してくる琢己とヨンジェを逆に襲

う程度の簡単なことができない神狗、ユニでさえ護衛がいるのにユナに護

衛が付いてない点(ヨンジェはモグラ)、等々。そもそも、銃撃戦を経て龍一

郎が逮捕されたのに、風間ホールディングスや神狗の中心人物が平気で

暗躍できるわけがない。そんな事は、ライブドアを見るまでもなく明らかな事

だ。うなづいてる人、結構いるでしょ?♪

ただ、その辺りのアバウトさにも慣れたし、オリジナルの脚本としては全体

としてそこそこキレイに仕上げて来た所は評価していい。これならあと2話

も安心して楽しめそうだ。。。

        

あらすじは次の通り。銃口の向け合いは、ユナ(チェ・ジウ)の弾が尽きたか

実弾じゃなかったのか、琢己(竹野内豊)の勝ち。琢己が一緒に警察へ行こ

うと促すと、突然現れた宋(橋爪功)がユナの代わりに警察に出頭すると言

い、駆けつけたパトカー2台で琢己と別々に連行される。ところが、実は神

狗の車だったので、宋は無事だし、琢己も気付いて逃げた。宋はユナに、

日本は危険だから残りのプログラミングは韓国でやるよう指示。ユナは、ショ

ウ(=琢己)のデータのパスワード「1982・11・05」が、宋が義父として自分

たち2人を引き取ってくれた日付と同じだと指摘したが、宋は偶然だとかわす。

琢己はヨンジェ(シン・ヒョンジュン)に、宋がユナの父・チェ・ギョンホだと話し、

ヨンジェはチェ一家の1982年以前の記録が見つからないと話した。ユナは

ジャスと置手紙を八百屋に残して韓国へ。鉄平(塩見三省)富士子(岡本

麗)から話を聞いたユニ(イ・ジョンヒョン)は病状悪化。連絡を受けた琢己は、

あきら(木村佳乃)から、指名手配犯「西嶋ショウ」ではなく「金山琢己」名義の

パスポートを受け取り、ユナを追って韓国を目指す。それを知ったヒデ(佐藤

隆太)は琢己を励まし、琴美(市川由衣)は一緒に逃げようとか手助けしたい

と言ったが琢己に丁重に断られる。ユナと琢己はそれぞれ韓国に行き、ヨン

ジェもユナの警護を口実にして後を追う。龍吾(速水もこみち)は、宋にプロ

グラミングを急がせろと命じ、宋が自分を軽視してるのを感じ取って威圧、さ

らに、ヨンジェは韓国警察のモグラだと宋に告げる。琢己とヨンジェがユナの

居場所をつきとめて突入すると、既にユナは宋からの警告を受けて逃げた

後。ところが、ユナが置き忘れた家族写真の宋の腕には傷跡が。また、ユニ

からユナへのプレゼント曲は、日本の「浜辺の歌」。さらに、ユナがオーシャン

キャッスルホテルに行きたがってたことをユニが思い出す。ピンときた琢己は

あきらにDNA鑑定を依頼、チャメに残された姉妹の髪の毛のDNAと、昔ソウ

ルで金山刑事と共に殺された佐倉刑事のDNAとが、99%の確率で一致。ホ

テルのそばの浜辺でユナを見つけた琢己は、ユナに真相を告げた。ユナと

ユニは24年前に宋に殺された日本の佐倉刑事の娘だと。信じないユナに追

い討ちをかけるように、琢己はユナの本名が「佐倉愛」だと告げる。その頃日

本では、宋が龍一郎(杉浦直樹)と面会。龍一郎を排除する裏切り行為を仕

切ったのは、龍吾ではなく自分だと認めていた。。。

                   

今回は、「自然さ」について考えてみよう。このブログのドラマ記事をある程度

以上読んでる方なら、「自然」、「不自然」っていう言葉がよく使われてることに

気付いてるかも知れない。自然っていうのは、大まかに言って3つの意味を込

めて使ってる。まず、筋が通ってること。次に、リアルな(実際あり得る)こと。

最後に、フィクションとして普通なこと(よくあるor好まれる)。3つが全て必要

なわけじゃなく、総合的な判断になる。

例えば、ヨンジェが韓国警察のモグラだっていう点について考えてみよう。前

回書いたように、これは自然な展開だ。ヨンジェが浮きまくってたこと、琢己が

孤独すぎることについては既に書いたけど、日韓=韓日の対称性(つり合い)

を考えても自然だ。このドラマ、タイトルも日韓=韓日双方の言葉で書かれて

るし、双方の役者、言葉、場所が関わってる。日本のドラマだけど、非常に平

等性に気を配った作品だ。だから、日本に拠点はあるものの韓国とのつなが

りが深い風間ホールディングス=神狗に、日本の警察のモグラがいるのなら、

韓国の警察のモグラがいるのは自然なこと。また、映像的にもストーリー的

にも、琢己とヨンジェが同等に扱われてことが多かった(例えば、宋のモグラ

探しで2人並んだ場面、ユナの取り合い、etc)。

続いて、ユナが日本人だっていう点について考えると、これも自然な設定だ。

第1話のコメントに、こう書いておいた。「ユナの義父がなぜ日本に来たのか

を考えると、ユナにも日本人の血が流れてるのかも」。琢己が日本人として

育った韓国人だって設定なのは最初から分かってたから、もう一人の主人公

ユナが韓国人として育った日本人だっていう設定は自然だろう。さらに言うと、

ユナは最初日本を嫌ってた。でも、日韓共同ドラマの理想としては、日韓協調

の方向へ持って行きたいはず。だから、ユナの日本嫌いを消すための設定と

して、実はユナ自身が日本人だっていう話を持ってくるのは、フィクションとして

自然な面白い解決法だ。

他には、龍吾じゃなく宋が神狗の中心として浮上したのも自然。龍一郎に言わ

れるまでもなく、龍吾がそうゆう器じゃない子供なのは明らかなこと。

            

ただし、自然さっていうのはそれほど単純じゃないし、ドラマが自然に出来てる

かどうかも分からない。上に引用した第1話のコメントの続きにはこう書いてお

いた。「さすがに出来すぎた話ですけど」。つまり、リアリティを考えたときには、

あまりにも出来すぎたフィクションで違和感があるってこと。ただ、筋は一応通っ

てるし、フィクションとしては普通。総合的に見て、自然に感じるって程度のこと。

苦い例としては、以前かなり考察した、『野ブタ』のかすみが思い出される。正

体不明の悪意をかすみとするのは、ドラマの中だけで考えると恐ろしく不自然

だったし、実際その後の処理にも困ってた。ネット上には、かすみの意図や理

由が分からないっていう声があふれてたし、ウチのブログでも最多アクセスを

記録。それでも結局、制作サイドがそう決めたらそれでおしまい。所詮、少数の

人間による作り事にすぎない。。。

       

では、今後の自然な展開として何が予想できるか。雑誌だの裏情報だの一切

考慮せずに書いてみよう。まず、激しく対立してきた龍一郎と龍吾の親子が多

少なりとも和解して、琴美と3人で新たな家族関係を築いていくこと。それと絡

んで、龍一郎の代わりに神狗を仕切って日本を崩壊させようとしてる(在日)韓

国人・宋に、もう少し人間的なプラスの変化が生じてくること。琢己とユナは読め

ないけど、前回のコメントに書いたように、どっちか片方が死ぬのは不自然だと

思う(両方死ぬのは論外)。ただし、韓国警察のヨンジェが死ぬ可能性は十分

あり得る。日本警察の伊崎も殺されたし、主役2人の恋愛に負けた敗者でもあ

るから。アジアン・マフィアでバレバレのモグラが2人とも生き残るより、片方殺

される方が遥かにリアルだろう。両方殺されても普通のはずだし、琢己の前任

者も何人か殺されてたから。あとは、韓国の「浜辺」に続いて日本の「浜辺」が

出てきてもいいけど、もう海辺の場所がかなり出てきたからやらないかな。あと

2回、見事に予想を裏切ってくれる意外な展開を期待しよう (^^♪

               

cf.映像美と俳優の存在感~輪舞曲第1話

   ドラマに見出す価値~輪舞曲第2話

   シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話

   不信感による孤立の増幅~輪舞曲第4話

   リアルタイムの感想~輪舞曲第5話

   神狗は悪か?~輪舞曲第6話

   リアリティの欠如~輪舞曲第7話

   ロンドの形式~輪舞曲第8話

   適度な政治性~輪舞曲第10話

   美しく自然なエンディング~輪舞曲最終回

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ロンドの形式~輪舞曲第8話

『輪舞曲~ロンド~』第8話、「愛するが故の悲劇」

今回はなかなか出来がいい♪ 今までで一番かも。記事は1回休むつもり

だったけど、やっぱりサラッと書いとこう。けものみちと白夜行を両方見逃す

大失敗をしちゃったことだしネ (^^ゞ

2週続けて強引な展開を行った後は、ストーリー的にも落ち着いたし、流れも

一応自然、映像も適度な凝り方で美しかった。前回のコメント欄に、「ヨンジェ

が韓国の警察のモグラで、琢己の仲間になるって可能性はあるかも。。」と書

いといたけど、実際その通りで、これは自然な展開。こうしないと、神狗の内

部でも物語全体の中でもヨンジェが浮きまくってるし、琢己も孤独すぎるから。

もちろん、前回厳しく指摘した「リアリティの欠如」は相変わらずで、琢己が神

狗の銃に囲まれた状況からあれほど簡単に逃げ切るなんてあり得ないし、簡

単に神狗を一網打尽にした警察の監理官がこれまた簡単に神狗に殺される

のも奇妙だ。オウム真理教が長官を狙った話を少し意識してるのかも知れな

いけど、そんな事をすると組織(特に風間ホールディングス)としては結局致

命的なマイナスになる。琢己のデータがバックアップされてないのも論外だし、

伊崎しかデータをもってないのもあり得ないし、琢己がユニの転院先を突き

止めたのも変。そもそも、ユナにPCテクニックで劣るモグラの琢己が、今更

ネットに潜り込んでユナの情報を得ようとするなんて、ハイリスク・ローリター

ンの愚かな振舞いだし、双眼鏡でユナを監視するってことは、逆にライフル

銃で狙撃される可能性が高いってこと。こっちは1人、向こうは大勢だから、

これまた超ハイリスク・ローリターン、等々。ただ、前の2週ほどの強引さは

感じないし、これはそうゆうドラマかっていう心構えもできたから、それほど

気にはならなかった。慣れっていうのは怖いもんだ。。。

                

あらすじは次の通り。ユナ(チェ・ジウ)を中心とする神狗(シェンクー)に取り

囲まれた琢己(竹野内豊)は、ヨンジェ(シン・ヒョンジュン)の助けで無事逃亡。

ヨンジェは、自分もモグラだと明かし、ユナがシェンクーのハッカーをやってる

のは、何か事情があるのではと言う。宋(橋爪功)は、娘のユナを龍吾(速水

もこみち)に紹介。龍吾は、ユナがわざと琢己を逃がしたんじゃないかと疑う。

琢己と電話中に、樋口監理官(菅田俊)が殺され、濡れ衣を着せられた琢己

は指名手配される。琢己は自分が警察官だと証明するためのデータを、

崎(石橋凌)のPCから引き出すよう、あきら(木村佳乃)に依頼。さらに神狗

のネットワークに潜り込み、ユニ(イ・ジョンヒョン)の転院先を割り出し、ユナと

話。君を助けたいと言うものの、ユナは拒否。ユニには何も知らせないことだ

けを約束。琴美(市川由衣)は兄・龍吾に、ショウ(=琢己)を助けてほしい、

父・龍一郎(杉浦直樹)も助けて普通の家族に戻ろうと頼むが、龍吾は拒否。

逆に、琢己のデータを消すよう、宋を通してユナに命令。ユナは消すのを躊

躇したが、宋がユナの気持ちを理解するふりをしながらこっそり消してしまう。

データが消えてしまったことは、あきらから琢己に伝えられた。一方、病院の

ユニのもとに、父・宋と姉・ユナが神狗だとチクる添付写真付きメールが到着。

メールの送信元を調べると、ショウになってた。怒った宋は、携帯で琢己に、

母・恵子(風吹ジュン)を狙うぞと脅迫。あわてて琢己は母のもとに行くが、恵

子は自分を見殺しにしてでも自らの仕事を成し遂げろと言う。琢己はユニや

富士子夫妻(岡本麗,塩見三省)の協力で、ユナの居場所が遊園地の近くだ

と突き止め、遊園地でユナと再開。お互い、相手を憎しみつつ、銃口を向け

合った。。。

          

今回は、ロンド(輪舞曲)っていう形式について少し考えてみよう。これは元々

音楽の形式で、主旋律が別の旋律を挟みながら何度も繰り返される形のこと。

回転する円のように、同じものが繰り返し現れるから、ロンド(語源は車輪)っ

て名前がついたようだ。ここまでは表面的な話だけど、もう一歩進んでみよう。

繰り返されるだけなら、回転じゃなくて反復と言っても同じじゃないだろうか?

いや、そうではない。回転と反復には違いがある。回転の場合、円の一部分

は円周に沿って刻々と別の場所を通りながら滑らかに元の位置に戻るし、少

し前にある部分が占めてた位置を、隣接する別の部分が占める。それに対し、

反復の場合はただ繰り返すっていうだけで、往復運動としての反復なら、往路

と復路で同じプロセスを逆順にたどることになってしまう。という訳で、ドラマ全

体の内容を表すには、回転を表す「ロンド」の方が多少ふさわしいだろう。言葉

の美しさについては、言うまでもない。(ちなみに、音楽のロンドと踊りの輪舞の

関係は不明。)

では、このドラマで何が回転(or反復)してるのか。ドラマの舞台が、韓国→日

本→韓国(来週)と回転。琢己の自分に対する意識は、韓国人→日本人→韓

国人。琢己の身分は、警察官→神狗→警察官(→不明)。犬のジャスティスの

居場所は、琢己→ユナ・ユニ→琢己→・・・→ユナ・ユニ。琢己とヨンジェの関係

は、警察仲間→神狗のライバル→警察仲間。ユナの居場所は、韓国→日本

→韓国(来週)。ユナと宋の身分は、一般人→神狗→一般人(予想)。助けてっ

て言葉は、琢己→ユナ→琢己→ユニ。その他、第6話の記事に書いたように、

神狗と警察の関係もあるし、復讐と復讐の連鎖(ドラマ&現実社会)もある。

改めて分析してみると、このドラマが徹底的に形式にこだわっているのがよく

分かる。それはストーリーだけでなく、映像においても同じ事。象徴的だったの

は、ラストシーンの遊園地の映像。銃口を向け合う2人の背景では、垂直方向

に回転するアトラクションと、水平方向に回転するアトラクションが交錯してた。

噛み合わない2つの回転円(琢己とユナ)の表現として、印象的な映像だった。。

     

さて、今後。公式HPによると、3月10日現在でまだラストの脚本が完成してな

いようだけど、少なくともこのままじゃマズイのは、龍一郎だ。恐ろしく不自然な

展開で、いきなり逮捕されて、神狗のトップから引きずり落とされたまま。証拠

不十分か保釈金で、龍一郎が釈放されてトップに戻る方が、リアルだしロンド

的でもある(神狗トップ→警察→神狗トップ)。龍一郎の描き方は、アジアン・マ

フィアの描き方に直結するポイントだ。琢己とユナは、ハッピーエンドにはなら

ない方が自然だと思うけど、果たしてどうか? またいきなり警察が神狗を急

襲、全滅させて一件落着なんていうリアリティのかけらもない展開だけは止め

て欲しい。来週っていうか、今晩以降の展開に期待♪

     

P.S.木村佳乃は、婦警よりも、三井住友銀行カードローンのCMの黒い

    コスチュームの方が全然いいんだけどな・・・

        

cf.映像美と俳優の存在感~輪舞曲第1話

  ドラマに見出す価値~輪舞曲第2話

   シンプルな心の言葉~輪舞曲第3話

   不信感による孤立の増幅~輪舞曲第4話

   リアルタイムの感想~輪舞曲第5話

   神狗は悪か?~輪舞曲第6話

   リアリティの欠如~輪舞曲第7話

   自然さについて~輪舞曲第9話

   適度な政治性~輪舞曲第10話

   美しく自然なエンディング~輪舞曲最終回

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「奇跡を信じるな」の再考

ランニング7km ;

バイク19.4km,32分,371kcal,心拍Av158,Mx171

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 43.5kg×19

バーベル・ベンチプレス 40kg×18

TORSO ROTATION(上体水平回転) 48.5kg×20

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 43回

上体反らし(負荷8kg) 56回

昨日の記事の最後で、「奇跡を信じるな」っていうChampionのCMに触れた。

このCMはもちろん、奇跡なんかよりも自分の努力を信じろっていうごもっとも

なメッセージを伝えるもので、アスリートの多くは同意するだろう。コピーだけで

なくCMの全体的な出来もいい。

ただ、ホントに奇跡を信じちゃいけないのかっていうと、必ずしもそうとは思わ

ない。個人的な例でいうと、今現在の状況から客観的に考えれば、1週間後の

荒川マラソンで目標タイムをクリアするのは難しい。でも、そう思って走るより

も、ひょっとしたら奇跡的に最高の走りができるかも知れないと思って走る方

がマシだと思う。実際のレースでもそうだし、それまでのわずかな期間におい

てもそうだ。つまり、奇跡を信じた方がいい時期や状況もあるってこと。実際、

奇跡が起きる時もあるのが世の中ってもんで、先日のハーフマラソンの出来

なんて、奇跡的だったもんね。「人事を尽くして天命を待つ」って言葉をもじっ

て言えば、「人事を尽くして奇跡を待つ」。(ちなみに、テンメイには天命の意

味も含ませてる)。

という訳で、今日も最後の悪あがきの一環として、ジムで積極的休養をして

きた。また筋トレは1セットだけになったけど、バイクは軽い負荷で脚の負担

を抑えつつ、高回転で心肺に適度な負荷をかけてきた。最近は心拍170以

上をあまり経験してないけど、レースではそこまで持って行きたいので、一応

170まで上げといた。先日のハーフなんて、平均で170だったもんね。これ

で後は、丸2日後にまた30km、さらに2日後にハーフ、翌朝軽く自転車の予

定。実行できれば、あとは奇跡を信じるだけ! バイクの詳細は次の通り。

185w(100回転)×29,250(100)×1,130(45~80)×2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ますます敗色濃厚・・・

ランニング30km,2時間20分57秒,平均心拍161,最大心拍174(推定)

どうやらココログ(ニフティのブログ)のトラブルも収まったようだけど、まだ不安

だな。そもそも、昨日の再開直後にアップした北海道ツアーの記事がココフラッ

シュ(新着記事紹介)に掲載されてないし。ま、投稿できるだけでもマシか。。

2泊3日の雪上トレーニング終了翌日の木曜夜から走ろうと思ってたのに、結

局何だかんだで1日休んでしまった。金曜も晩まで雨だったので、結局雨が上

がるのを待って渋々スタート。すぐに、脚が重いのを感じる。正確に言うと、疲

れて重いって言うよりも筋肉痛。1年ぶりに、丸2日半もスキー&スノボでガン

ガン滑って来たので、普段使わない筋肉(特にスネとふくらはぎ)にまだ痛みが

残ってる。これはもう、タイムは論外で、痙攣しないように走りきるのが目標。

ところが、控えめに走ってるつもりなのに、脚だけじゃなくて心肺もキツイ。雨

上がりで湿度が高い、苦手なコンディションが災いしたのか、それとも丸5日、

間が空いてしまったからか、とにかくしんどい。実はあわよくば32km走ろうと

思ってたのに、30kmでさえ必死の状況になった。

それでも、さすがに荒川1週間前だから、途中で止める訳にもいかず、鉛の

ように激重の脚を引きずって何とか帰宅。ヨタヨタで今にも痙攣しそうな状態

だったけど、そこそこのペースはキープできた。ただ、脚も心肺もキツイのに

相変わらずこの程度のタイムじゃ、荒川は話になんないな。スポーツ用品の

ChampionのCMで、「奇跡を信じるな」ってコピーを聞いた時には感動して

大きくうなずいたけど、やっぱ4流アスリートの小市民としては、奇跡を信じた

い気分。。(^_^;) 詳細は以下の通り。

  往路(2.45km)   12分35秒  平均心拍143          

  1周(2.14km)     9分53秒        153        

  2周              9分54秒         158        

  3周             9分47秒         161

  4周             9分47秒        162 

  5周             9分50秒        163

  6周             9分52秒        163 

  7周             9分54秒        163 

  8周              9分54秒        164 

     9周            9分57秒        165

 10周           10分02秒        166

 11周           10分01秒        167

 12周           10分01秒        170

 復路(1.87km)      9分33秒         167

 計 30km   2時間20分57秒          161

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやくココログ復旧か・・(-_-メ)

やっとログインできた・・・遅いぞ、ニフティ!・・・(-_-メ)

           

8日深夜にスキー&スノボツアーから帰宅。

ところが、翌9日朝からメンテナンス開始で書き込み不能に。

モブログ(携帯投稿)も不能。その後、完全な障害へと状況悪化。

有料会員がダメで、無料なら大丈夫っていうのもムカつく話。。

ものすごく記事に間が空いてしまった・・・

      

ようやく先ほど、ニフティの障害情報報告ブログのコメント欄で、

ログイン可能になったらしいことを知って、実験。無事成功♪

でも、毎日更新してた者にとって、これはダメージ大きいなぁ。。

見に来てくださった方々にも申し訳ないし。。

とりあえず、前日の朝に書き込む予定だった記事だけアップしよっと・・・

またすぐダウンしそうで怖い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ障害で更新できず・・

ダメもとで何度も携帯投稿。メンテナンスがほぼ丸1日続いた後は激重。今はログイン不能。お手上げ・・(-.-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道で雪上トレーニング♪

☆9日分☆ (10日夕方投稿。ただし、後で9日付けへと日付変更)

昨日の朝からココログ(ニフティのブログ)のトラブルが続いてたので、記事

をアップできなかったけど、さっき一応ログイン可能になったようだから、

9日朝に投稿する予定だった記事を今更ながら投稿。

              

身体のあちこちが痛い・・・(^_^;) 6日から2泊3日で行った雪上トレーニング

furano1(別名、温泉&雪遊びツアー)、今年は去年に引き

続き、北海道・富良野スキー場に行ってきた。宿だ

けはちょっとだけリッチなプチホテルに変更。睡眠

1時間半で早朝5時20分に家を出発、ホテルには

furano210時50分くらいに到着。

北海道のスキー場ってのは、意外に近いしスッチー

にも会えるし、それほど高くもない。4人1部屋、朝食

付、レンタル無料、2000円分の買い物券付きで、

furano334800円。値段だけなら、同じ北海道の有名なニセコ

でペンションに泊まれば、3万円以下で夕食とリフト券も

付いて来るんだけど、ニセコは遠いし天気が悪いことが

多くて、ゴンドラがよく止まるし吹雪で前が見えない状

furano4態も何度も経験してる。そこへいくと、内陸の富良野は

天気が安定してて、晴天確率も高い。実際、去年も今年

も半分近くが晴れ間だった。あと、たまには気分転換に

ちょっとシャレた所へ泊まりたいっていうのもあった。

furano5到着後、初日はスキーで一通りコースを復習。翌日の

昼間までスキーで、午後からはスノボに変更。最終日

はずっとスノボ。レンタル無料だからこその企画で、両

方楽しめるってのは大きい。おっと、「楽しめる」じゃなく

furano6て、「トレーニングできる」だった♪ ほとんど休憩しな

いから、一応ウソではないでしょ。。

真面目な話、荒川マラソン直前のこの時期に何で3日

もスキー&スノボ?って感じはあるけど、毎年恒例の

furano7行事だし、一応足腰の強化にはつながるだろうって言

い訳はできる。ただ、内容的には有酸素運動っていう

より無酸素運動の比率が高いから、マラソンや自転車

とはちょっと違うのは確か。おまけに、普段使わない筋

furano8肉を使うので、ガンガン滑りまくった後はどうしても筋

肉痛が残る。温泉くらいじゃ消せないダメージ。それ

以上にマイナスかも知れないのは、飲み食いし過ぎる

こと (^^ゞ 今回、食事が美味しかったし、他人が残した

furano09ものまで食べちゃったので、かなり身体が重くなってし

まった。長谷川理恵を笑ってる場合じゃないな・・・こん

なんで19日の荒川マラソン、大丈夫かね。。

とりあえず、ダメージだらけの身体で今晩30km走りこ

furano10めるかどうかがかなり怪しいな。結果はまた後ほどご報告。

まあ、何はともあれ、話題のJALの飛行機で無事生きて

帰れて良かった。ホテルや空港の雪だるま君、またネ。。♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旭川空港にて

旭川空港ビル名物、天井の巨大な雪だるま♪ 今、富良野スキー場の帰り。スキー&スノボ、面白かった〜!☆060308_1821.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイターゲレンデ

大好きなんだけど、最近は遠くから見るだけで滑らなくなっちゃったな・・夜はバーンがしまるし凹凸が分かりやすくていいのに、もったいない。。060307_1912.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真忘れた・・

060307_1008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のゲレンデ

快晴!気持ちいい♪今日も気合い入れて雪上トレーニング☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラ空きのゲレンデ

3月の平日ってこともあるだろうけど、有名スキー場がこれだけ空いてるのは哀しいな。。ま、ちょっと極端な瞬間の写メだけどネ。060306_1616.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕食

宿のレストランのステーキ定食&ワイン。美味しかった♪060306_2001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の宿

なかなかGood♪苦労して取ったかいがあったな。060306_1049.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー&スノボに出発♪

まもなく白銀の世界に向かうので、明日(7日)までは携帯投稿(モブログ)のみ。

輪舞曲の記事は1回休むかも。悪しからずご了承を。。<(_ _)>

        

準備はこれから。また寝るヒマがない。。。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川への最後の切り札、不発・・・

ランニング30km,2時間21分17秒,平均心拍155,最大心拍171(推定)

ダメだったか・・・ショック!(-_-;) 木曜の記事に、最後の切り札を使うって話

を書いた。大した事じゃないけど、新しい靴を買うってこと。去年の3月5日、

今年と同じ感じで追い詰められてたので、試しに靴を買い替えてみたら大成

功! クッションと反発力のおかげで劇的に走りが軽くなったので、今年も同

じ手を使ってみた。都心のスポーツショップAはわりと混んでて、「荒川走る

んですけど・・・」とかいうお客さんの声が聞こえる。同じことを考えるもんだなぁ。

今まで1年履いてた靴のニューモデルでいいやと思ってたんだけど、履いてみ

るとなぜか足が合わない。仕方なく、店員のKさんと色々しゃべりながら幾つ

か試して、結局今までのアシックスGT2100より1ランク上の、GEL-KAYA

NO ⅩⅡに決定。3時間15分を狙う人が履く靴じゃないって話だけど、今更

故障してる場合じゃないので、前と同じくソールの厚い柔らかい靴を選んだ。

帰って早速30km走ったんだけど、クッション性が同じで軽くなってるって話

はその通りだし、もちろん1年履いてきた靴よりは柔らかく感じる。ただ、去年

みたいな感激は無かった。まあ、去年は初めて1万円以上の靴を買ったし、

それまでがテニスシューズで走ってたので、感激するのは当然だったかも。。

今年は新しくて少し高いってだけの変化だもんね。足幅が合わなくて1サイズ

上のを買うハメになったので、ちょっと爪先が余ってるけど、走ってる間は

木曜よりいい感じだった。ラストまで大きく崩れることもなく、脚の激痛もない。

ところが、タイムは50秒悪くなっててガッカリ・・・(-_-メ) ほとんど同じとも言え

るけど、最後の切り札の不発はショック。。気温が高かったのと、眠かった

のが災いしたかなぁ。。心拍が下がってるってことは、楽したってことか。。

一応、まだ僅かな救いはある。去年も買った当日は、感激はしたけどタイム

が急に上がったわけじゃない。あと、2時間45分を狙う店員のKさんによる

と、普段30kmを2時間20分で走ってるんなら、3時間10~15分は出せ

ますよとの事。とにかく、あと2週間あきらめずに頑張ろう。詳細は以下に。

  往路(2.45km)   12分41秒  平均心拍138          

  1周(2.14km)     9分51秒        154        

  2周              9分55秒         156        

  3周             9分55秒         156

  4周             9分55秒        156 

  5周             9分58秒        155

  6周             9分59秒        155 

  7周             9分58秒        156 

  8周              9分59秒        156 

     9周           10分07秒        154

 10周           10分05秒        156

 11周           10分01秒        158

 12周            9分56秒        162

 復路(1.87km)      8分57秒         164

 計 30km   2時間21分17秒         155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コントロール不能な欲望~白夜行第8話

『白夜行』第8話、「泥に咲いた花の夢」

「相利共生」(or 双利共生)。お互いが相手に利益を与えるような形で共に生き

ることを、生態学で呼ぶ言葉。例えば、テッポウエビが掘った穴にハゼが居候。

その代わり、ハゼは外敵の接近を穴の奥のエビに知らせる。笹垣はこの相利

共生って言葉を使って、亮司と雪穂の関係を表してた。フツーに考えれば、偽

名を使って社会に深く潜り込んでる亮司がエビ、それに頼りつつもう少し浅く潜

り込んで外を見張ってる雪穂がハゼだろう。笹垣は、ハゼ=雪穂のそばに潜ん

でるはずのエビ=亮司を探してるし、雪穂は笹垣や篠塚っていう外敵の接近を

亮司に知らせてた。

ただし、こうした生態学は基本的に単純な動植物を相手にしたものだから、複

雑な人間社会に上手く当てはまるかどうか、かなり問題がある。エビとハゼを

人間関係の中で区別できるか、穴って何なのか、なんて問題もあるけど、それ

以上に怪しいのは、「利益」っていう考えだ。ハゼが外的の接近を知らせると、

鉄砲エビは生命の危険に備えられる。これは確かに利益だろう。ところが、笹

垣や篠塚が接近しても、亮司に生命の危険が迫るわけじゃないし、逆に本当

の意味で太陽の下を歩くための大チャンスかも知れない。今ならまだ警察に

出頭しても死刑にはならないはずで、しっかり10年ほど罪を償った後で太陽

の下を歩くチャンスなのに、それを雪穂はジャマしてる。ちなみに皮肉な事に、

生命の危険が迫るのは、むしろ外敵の笹垣や篠塚の方だろう。

一方、雪穂が亮司と共に、過去を隠して表面的に明るい生活を送ってるのも、

雪穂にとって本当の意味での利益にはならない。むしろ、大人になって多少の

余裕が出てきた今こそ、亮司と共に穴を出て外の社会と真正面から向き合う

べきだ。結局、2人の関係はむしろ、「相害共生」と言う方がふさわしい。。

           

今回もあらすじは超簡単に。雪穂(綾瀬はるか)の手助けで、夫・高宮(塩谷瞬)

が勤める東西電装からシステムを盗み、それを手土産にベンチャー企業メモ

リックスに就職した亮司(山田孝之)。ところが2年を経て、東西電装の依頼に

よる探偵捜査が迫ってきた。一方、一時的な売春のつもりで結婚した雪穂も、

高宮が離婚を切り出してくれなくて困ってる。そこで、高宮の片思いの相手だっ

千都留(佐藤仁美)がたまたま東京に戻って来てたのを悪用し、この2人を

接近させて離婚の理由を捏造。また、亮司が千都留と関係あるかのように見

せかけて、探偵に、亮司と千都留が高宮を利用してシステムを盗んだかのよう

に誤解させた。これで、雪穂の手助けはバレずに済んだし、東西電装も、犯罪

の告発まで持って行くのは諦めたようだ。離婚して慰謝料を手に入れた雪穂

は、自らが経営する会員制ブティックの名前を、夫の名前が入った「MAKO

TO’S CLOSET」から「R&Y」へと変更。亮司(R)と雪穂(Y)は上手くやって

るように見えた。ところが、篠塚(柏原崇)が2人と江利子(大塚ちひろ)の事件

の関係を疑い始め、笹垣(武田鉄矢)に捜査を依頼。亮司も、新たな犯行に使

う劇薬を手に入れるためなのか、偶然の導きで知ることになった薬剤師・栗原

典子(西田尚美)に接近。一方、R&Yには雪穂の育ての母・礼子(八千草薫)

がやって来た。。。

          

今回の話のメインテーマは、コントロール不能な欲望だ。中心となるのは雪穂

だけど、亮司、笹垣、篠塚についても言える。

亮司は冒頭、心の中で次のように呟いてた。

  「分からなくなったんだ。あなたが、これ以上何を求めているのか」

雪穂が望むもの、「泥に咲いた花の夢」は、外側から見れば一応の理解は

できる。雪穂は、自分たちが表面的に明るい世界で生きていくために、一時

的な売春か愛人契約のつもりで結婚したんだから、早めにもらう物だけもらっ

て別れようとするのは自然なことだ。愛の無い夫婦生活は、苦痛でしかない。

ただ、亮司から見ると、雪穂は奇妙なくらい離婚と金に執着して焦ってるよう

に感じられる。もう俺は一応太陽の下で上手くやってるのに、あなたは何を

欲しがってるのか。かなり上のクラスの家庭を、しばらく普通に味わえばいい

じゃないか。ところで、じゃあ俺は彼女にどうして欲しいんだろう、彼女とどう

生きたいんだろう・・・

雪穂自身から見ると、少し違う疑問や不満が生じる。結婚してる間は、亮司

と自分のためとはいえ、何でここまで媚びて生きなきゃなんないのか、これじゃ

母と亮司の父に媚びてた少女時代と同じじゃないか。この思いを解消するた

めに離婚して独立、自分の店「R&Y」を手に入れた後も、無意識のうちに疑問

を感じてるはずだ。私は、地位や金が欲しいのか、いや違う、亮司と一緒に太

陽の下を歩きたいだけだ。でも、今やってる事が本当にそれにつながってるの

か。自分たちが社会的に成功しても、明るい場所にいても、少しも心が晴れな

いのはなぜなのか。実は私は、太陽の下じゃなくて、白夜の下を歩き続けたい

んじゃないのか・・・。「私は離婚しました。これでやっと、かけがえの無い人と

手をつないで歩くことができます。もう二度と失わない。やっと手に入れた私の

故郷、原点、這いつくばっても守るべきタラの大地」なんて書き込みを「スカー

レットの末裔」がしても、図書館の真文(余貴美子)の顔は心配そうだ。。。

           

2人がおかしいと思いつつも、理解不能な欲望に操られるまま迷走を続ける

一方、笹垣と篠塚も、なぜか2人に引きつけられてしまう。笹垣は古賀に先立

たれた奥さんに、どうしてここまで執着するのか問われて答えた。

 「私も、もう分からんようになってしもうたんです」

篠塚も、2人に近づくのは止めとけと忠告する笹垣に逆らい、強引に調査を依

頼。笹垣に何のためかと聞かれて答えた。

 「俺のためです」

だけど、どこが「俺のため」になるのか説明できないはずだ。そもそも、事件か

ら時間が経ってるし、かつて愛した江利子はもう幸せな結婚生活を送ってる。

今さら過去の不幸の真相を調べる事が江利子にとっていい事かどうか全く疑

問だし、御曹司の自分にとっても会社経営に全力を注ぐ方がいいはずだ。に

も関わらず、調べずにはいられない。俺のため、と言うより、なぜか気になる

から、なぜか雪穂に引き付けられるから、と言った方が正確だろう。制御不能

な欲望の暴走。篠塚の言葉を聞いた笹垣は、ニヤッと引きつった笑いを浮か

べた。なぜかズルズルと引き込まれていく篠塚に、自分の姿を見るような気が

して、苦笑せずにはいられなかったんだろう。。。

                   

雪穂が表面的な社会的成功を求めて、前を向いて歩き続けるのに対し、亮司

は過去の抹消を求めて、後ろを向いて歩き始めた。薬剤師から劇薬を手に入

れて狙うのは、まず篠塚だろうか。先週ちょっと退屈したけど、今週はなかなか

味わい深かった。来週以降も期待しよう♪

      

cf.愛がもたらす夜の太陽~白夜行第1話

   太陽の下を2人で歩くために~白夜行第2話

   良心と幸福の欠落を埋める愛~白夜行第3話

   薄明かりに共生する命の温かさ~白夜行第4話

   無条件の愛という困難~白夜行第5話

   父と母~白夜行第6話

   昼間の幽霊~白夜行第7話

   殺すことと生かすこと~白夜行第10話

   救われない生の終焉と存続~白夜行最終回

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ジム&ジョギングで積極的休養

ランニング12.2km ;

バイク18.2km,30分,368kcal,心拍Av154(推定),Mx170(推定)

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 43.5kg×18

バーベル・ベンチプレス 40kg×18

TORSO ROTATION(上体水平回転) 48.5kg×20

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 42回

上体反らし(負荷8kg) 56回

ギリギリの粘り。。昨晩のランニング30kmのダメージが大きいし、眠いから、

さぼって居眠りしようかと思ったんだけど、ここが我慢のしどころ。積極的休

養のつもりで、軽めのジムとジョギングをこなした。

軽めって言っても、全体で2時間以上の平均心拍は多分130強。それなり

の有酸素運動にはなってるし、バイクでは心拍170くらいまで行ってる。ジョ

ギング12.2kmは昨晩と合わせてフルマラソンの距離に持って行けたし、な

かなか充実感がある一日になった。ただ、筋トレは当分マトモにやってないか

ら、次はちゃんと2セットやらないと!

これで、明日休んで明後日にまた30kmこなせば予定通り。身体の回復力を

信じよう。とりあえず、ゆっくり風呂に入ろうかな。バイクの詳細は次の通り。

180w(100回転)×7,190(100)×7,200(100)×14,250(100)×2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイムの感想~けものみち第8話

『けものみち』第8話、「鬼頭の死~莫大な遺産」

時間がないので、今週はリアルタイムの感想をまとめるだけ。普段クソ真面目

な記事を書いてるけど、実際に見てる時にはツッコミまくりで面白がってる。そ

の様子を、一般公開用に穏やかなものにして紹介♪ なお、あらすじは公式

HP等におまかせ。

         

秦野(吹越満)、小滝(佐藤浩市)を車の後部座席から絞め殺そうとして止める。

     オイオイ、その位置じゃシートが邪魔で難しいだろ! 絞め殺すの

     好きだねぇ。硬い物で後頭部ガツンと殴ればオシマイなのに。小滝

     も、スキだらけで余裕かましてる場合じゃないだろ。

鬼頭(平幹二朗)、金・証券・不動産は民子(米倉涼子)に遺して、もっと重要

な何か(USBメモリーみたいな携帯用記憶装置)を秦野に渡す。

      そんなもん、鬼頭に使えんのかよ? 趣味でもないだろ。時代に合わ

     せ過ぎだわ! 高級ライターと間違えたのか?

初音(東ちづる)大金をもってマスカレードへ。

     店がつぶれる前にヤケクソで宝石か。女はマジ怖いわ・・・

光恵(田丸麻紀)マスカレードを突然辞めて奈々美(上原美佐)とつるむ。

     光恵って訳分かんねぇ。今さら、単なる小滝の部下とか言うなよな。

     どうでもいいけど、田丸麻紀、デカ過ぎ!

民子、小滝に、一人で生きて行けると電話で言う。

     その年とその状況で、もうちょっと素直になれよな。一人で生きて

     行ける奴なんかいないわ。久恒(仲村トオル)がいるって?

秦野、民子に、小滝は友達だからもう追わないと言う。

     「友達」と来たか。。やっぱ、秦野ってカワイイよなぁ♪ 片思いじゃ

     なきゃいいけどネ。

間宮(長谷川朝晴)と美代子(星野真理)マスカレードに登場。

     この2人、超ウザイ! 特に、間宮はどうにかなんないのかよ。本物

     の政治家より感じ悪い奴だな。ホントに演技?

鬼頭、着物の中で、民子に短刀を握らせる。

     アハハ(^^) ウケた♪ フツー、「短銃」だろ。民子も淋しそう♪

米子(若村麻由美)の亡霊が登場。

     何、米子の出番ってこれ? ガクッ・・・(-_-;) 『氷壁』の北沢かよ!

鬼頭の葬儀で、久恒が遺体のそばへ。

     オイオイ、何で久恒がここまでズカズカ入ってこれるんだよ! 

     無理やり民子のそばに登場させただけだろ。

秦野、黒谷(前川泰之)に首吊りで殺される。

     あっけないなぁ。自分の得意技でやられたってことか。一応、形式

     美ってことね。それにしても、民子にボロ負けした黒谷ごときに殺さ

     れるのかよ。レベル低いわ!

東京地検特捜部の一斉捜索開始。

     出たぁ・・・地検かよ! 『輪舞曲』といい、国家権力の急襲ってパター

     ン好きだねぇ。。まあ、こっちの方がリアルだけど。これって、ライブ

     ドアの影響で脚本書き換えたんじゃないの?

民子と久恒、雪の日本海に逃避行。

     いいねぇ♪ 実際は寒いんだろうけど。演歌の世界みたいな気もする

     な。久恒、もうキスしないの?

久恒が血を吐き、田舎の病院で民子が老人達の視線を浴びる。

     アハハ(^^) 好きだなぁ、こうゆうの♪ もっとビシビシ冷たい視線浴

     びせろよな。こんなケバくて背が高いメスのけもの、見た事ないだろ。

     それにしても、久恒がこのまま死んだら、意味不明なキャラだな。単

     なる仲村ファン狙いの企画か、それとも『白夜行』の笹垣に対抗して

     んのか。。

小滝、民子のもとへ登場。

     よく分からん動きする奴だなぁ。ホントに佐藤浩市ってキャーキャー

     言われてんのかね? 覗き見「のりこ」の個人的趣味だったりして。。

         

これでもう最終回か。グチャグチャのまま無理やり終わりの予感がするなぁ。

こうゆう展開がウケるのかね。。。

       

cf.山中でけもの化する人間~けものみち第1話

  欲望と力の衝突~けものみち第2話

  本物と偽物~けものみち第3話

  自力の意図的なけもの化~けものみち第4話

  人間的なものへの執着~けものみち第6話

  けもの人間の死~けものみち第7話

| | コメント (0) | トラックバック (1)

荒川敗北確率60%・・・

ランニング30km,2時間20分27秒,平均心拍160(推定),最大心拍エラー

これはホントにマズイなぁ・・・この時期に本気で走ってこのタイムじゃ論外・・(-_-;)

今日は寝不足だけど、ランニングは日曜の朝以来だから脚は軽いはず。と思っ

て走り始めると、何かおかしい。雨上がりで湿度が高いっていう苦手なコンディ

ションだからか、月火の早朝自転車の疲れなのか、脚のあちこちが痛い。ミシ

ミシいうような感覚で、こんなんで30kmも走れるのかなぁと不安一杯で深夜の

公園へ。脚が痛いだけじゃなくて、さほどスピードを出してる訳でもないのに心

肺も余裕がない。心拍計は見なかったけど、スピードと体感から、大した心拍

じゃないのは分かる。それでも何故かやたらしんどくて、前半から顔が歪んで

しまった。最後まで余裕を持ってキレイに走りきるのが目標だったのに、予定

変更。必死で走りきることにする。

ところが、泣きっ面にハチって言うか、しかめっ面に雨って言うか、途中から

小雨が降ってきて、日曜の悲惨なランを思い出しつつ、ますます憂鬱に。せ

めて誰か速いランナーが刺激してくれればいいんだけど、ジョギングと散歩が

数名ずつ程度。最後の辺りは脚が痙攣しそうになったけど、何とか一応走り

切れた。ほとんど余裕がなかったので、せめて2時間20分は切りたかったの

に、残念ながら27秒オーバー。。日曜早朝に、雨でズブ濡れになりながら畳

んだ傘を片手に走った時より、わずか5分半しか速くなってない。。おまけに、

走り終わったあとは脚が激痛。。(-_-メ)

アー・・・もうマズイなぁ。でも、投げたらあかん! こうなったら「最後の手段」

を使うしかないか。去年、成功したもんなぁ。。。詳細は下の通り。

  往路(2.45km)   12分31秒  平均心拍163??          

  1周(2.14km)     9分44秒        157        

  2周              9分45秒         159        

  3周             9分47秒         161

  4周             9分45秒        162 

  5周             9分49秒        161

  6周             9分53秒        160 

  7周             9分51秒        161 

  8周              9分50秒        162 

     9周            9分47秒        163

 10周            9分53秒        164

 11周            9分59秒        165

 12周           10分12秒        164

 復路(1.87km)      9分43秒         163

 計 30km   2時間20分27秒         160(推定)     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の全走行距離

やって来ました、また月末! ブログで月間走行距離を公表し始めて以来、

毎月終わり頃になると結構プレッシャーがかかる。でも、他人に見せることを

通じて、誰よりも自分自身が現実を厳しく直視することになるから、すごくいい

試みだと勝手に思ってる。

さて、2月もまたイマイチの月になってしまった・・(-_-;) 月初めのレース前後が

少なめになったのと、中旬のインフルエンザが大きく響いた。あと、かなり長

いドラマ記事を週4本も書くハメになったのも失敗。。今さら止めれないから、

4月からは週2本程度に抑える予定。という訳で、別にラクしたつもりは全くな

いんだけど、結果的にはパッとしない走行距離で終わってしまった。早朝ラン

までやったのになぁ。残念。。

では、そろそろ発表。2月の全走行距離は

  RUN 243km ; BIKE 230km

ウーン、距離だけ見ると、先月にも去年にもちょっと負けてるなぁ。。(^_^;) ただ、

去年は1月にインフルエンザになってるから、1月と2月の合算ならいい勝負か

今年の方がちょっとだけ上(下記参照)。でも、言い訳無用、これじゃダメだな。。

今月こそは心を入れ替えて、と言いたい所だけど、実は日程的にちょっと苦し

いかも。という訳で、4月からは自転車中心に切り替えて頑張ろう!(^^ゞ

                

04年 7月 R 117km,B 672km : 05年 7月 R 155km,B 1014km

     8月   61    ,  676   :     8月   131  ,    1006 

     9月    64   ,   235   :      9月   240  ,   219 

    10月   80      ,  116   :        10月    197    ,       324

    11月  141   ,  101    :     11月   194  ,    400

    12月  242   ,  130    :     12月   200   ,    352

05年 1月  204   ,   99    : 06年  1月  235   ,    321

     2月   302      ,  130         2月  243  ,   230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »