« ココフラッシュへのボヤき・・ | トップページ | 適度なRUN&BIKEで気分爽やか♪ »

氷の涙~『医龍』第5話

 「本当に、泣き虫なんだから・・・」

涙をあふれさせて病室を後にした加藤を見送りながら、もと婦長の患者・

奈良橋は呟いた。自分が教授になるためなら何でもやる、氷のように冷た

い心の持ち主のように見えた加藤。その氷を溶かしたのは、あるいは、氷

が涙でできてる事を明るみに出したのは、かつて加藤が世話になった奈良

橋のこんな言葉だった。。 

 「どうかしたの、加藤先生。泣きそうな顔をして。・・・あなたは本当に泣き

  虫だから。・・・あたしは職業柄、色んなお医者さんを見て来ました。どの

  人も、自分が思い入れた患者さんが死んだ時には、泣いたものでしたよ。

  そのうち、死なれると辛くなるような患者さんには、なるべく心を移さない

  ようにしたりして、泣かなくなるの。人間ですもの。そうやって、自分の心

  を守る術を学ぶのね。あたしもそう。

  でも、あなたは違った。・・・あなたは、頭のいい人だから、泣き方を変え

  たのね。・・・どう? 大学は。少しは変わった? 言ってたものねぇ、大

  学病院を変えるって。あなたならなれるわ、きっと。教授に。ここに転院

  して来て、本当に良かった。あなたのようなお医者さんだったら、もし私

  が死んでも、きっとずーっと覚えていてくれる。私はそう思っている」

     

何度でも言おう。これはいいドラマだ♪ 地味なキャストとシリアスな内容、

遅めの時間帯のためか、視聴率は平凡だけど、記事を書く気にさせる見

事な出来栄えだ。

あらすじは公式HPに詳しいので、ここでは超簡単に。バチスタ手術の患者

の候補が2人見つかった。女子高生・村野と主婦・奈良橋文代(江波杏子)。

奈良橋はかつて明真大学付属病院の看護師長(当時の言い方では「婦長」)

で、加藤(稲森いずみ)が世話になった人。でも、成功の確率だけを考えて、

加藤は女子高生を選ぼうとする。

ところが、奈良橋と病室で話をし、朝田(坂口憲ニ)から医者の都合で患者

を選ぶなとプレッシャーを受けた加藤は、緊急性も考慮して、結局バチスタ

の患者を奈良橋に変更。テスト手術に合格した伊集院(小池徹平)、ミキ(水

川あさみ)藤吉(佐々木蔵之介)、そして加藤本人も参加して、朝田を執刀

医とする初のバチスタ手術が始まった。。

      

木原(池田鉄洋)が、医局員左遷用プラックリストと勘違いしてた加藤のファ

イルは、大切な患者さん達の思い出で埋まってた。だからこそ、奈良橋のカ

ルテも特別にファイルに挟んでた。病室から帰って、暗い部屋で涙ぐんだま

まそれを見てた所に、朝田が突然入って来たので、加藤は言う。

 「明かりつけたら、殺すわよ」。

なんて可愛い言葉だろう。。♪

    

人間を深く愛するがゆえに、一時的な手段として冷たい人間になる。あるい

は、高い理想を実現するために、しばらくの間はくだらない事をする。これ

は、現実でも虚構でも昔からよく見られるパターンで、上手く行かないことが

非常に多い。加藤も自分で認めてた。

 「改革のために、教授になるつもりだった。 でも、いつの間にか、ミイラ

  取りがミイラになってた」

けれども、それは「失敗」なんだろうか。失敗と言う資格のある人間が、世の

中にどれだけいるんだろうか。。

      

このドラマ、表面的には、「失敗」して「間違った」方向に向かってた加藤が、

「正しい」医師の朝田や、かつての恩人の心のこもった言葉で、「正しい」方

向に向かい始めたって感じに見える。でも、よく考えてみよう。医療というの

は、人間が現実世界で行ってるものであって、神が思い描いた美しい夢物

語なんかじゃない。患者が大切な人間なら、医療関係者だって大切な人間

だ。金、設備、人間関係、社会環境など、実際上の制約も色々とある。

テレビの前で、野口(や加藤)を悪者扱いしてる視聴者の中に、それほど

「正しい」生き方をしてる者がどのくらいいるだろうか。もし、ほとんどいない

のなら、それはキレイ事とか理想論にすぎないってことだ。

例えば、バチスタの患者として奈良橋を選ぶのが「正しい」のかどうかは、

微妙な所。緊急性が高くて本人が強く希望してるからと言って、成功率が低

いのを忘れる訳にはいかない。初のバチスタに失敗すると、医局だけじゃな

く、その後に控える日本中の患者に影響が及ぶのも避けられない。もちろん、

加藤が個人的に世話になった恩人だなんて理由は、弱いものに過ぎない。

      

結局、ここで起きたのは、悪人から善人への変化とか改心なんかじゃなく、

「一つの」人間的な営みだ。正しかろうが正しくなかろうが、与えられた状況

の中で人は「一つの」生き方を選ぶ。その様子を誠実に映し出した良質の

ドラマ、それが『医龍』だろう。。

                

いよいよバチスタが始まったものの、鬼頭(夏木マリ)が心配(&期待)する

ように、何か問題が生じそうな気配だ。麻酔医の荒瀬(阿部サダヲ)は100

万出せとか無理な要求を出して参加してないし、臨床工学士もレベルが低い

らしい。バチスタの結果に応じて、加藤との付き合いを変えようとしてるらしい

霧島(北村一輝)の怪しい動きも読めないし、ミキの病気の問題も残ってる。

野口(岸部一徳)がこのまま悪役で終わるのかどうか、木原が道化役で終わ

るのかどうかも分からない。

まだドラマは中盤、今後ますます期待ができそうだ♪

      

cf.権威的秩序vs破壊的天才~『医龍』第1話

  完成度の高い本格派~『医龍』第2話

  誤解と対立の爽やかな克服~『医龍』第3話

  君を必要としている人はいる~『医龍』第4話

  極限状況における人間の姿~『医龍』第6話

|

« ココフラッシュへのボヤき・・ | トップページ | 適度なRUN&BIKEで気分爽やか♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

中盤でこの内容だったら、終盤はどんな波乱が起きるか? 今ではまったく想像出来ませんが、次回のバチスタ手術を楽しみにしています。

投稿: タイガーです (o`・ω・)ゞ 敬礼♪ | 2006年5月14日 (日) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/10028425

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の涙~『医龍』第5話:

» 医龍 バチスタ手術の患者(・・? [zenの日記]
ついにバチスタ患者が見つかった… しかしその患者に驚く晶… 一体何故驚いたのか… いよいよ正念場の医龍第5話!! キャストはこんな感じです(^^) チーム・メディカル・ドラゴン 朝田龍太郎 … 坂口憲二 ←主人公 里原ミキ  … 水川あさみ ←看護師(一人目) 伊集院登  … 小池徹平 ←研修医(二人目) 藤吉圭介  … 佐々木蔵之介 ←内科の人(三人目) 荒瀬門次  … 阿部サダヲ ←実は達人のヽ(。_゜)ノラリラリ(四人目?) 中立(・・? 加藤晶  ... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 07時54分

» 【ドラマ雑感】医龍-Team Medical Dragon- KARTE:05 「バチスタ手術開始」 [気ままなNotes...]
 医龍 -Team Medical Dragon- (第5話/全11回)「バチスタ手術開始」◇龍太郎(坂口憲二)は晶(稲森いずみ)からバチスタ手術を行う患者の候補が決まったことを告げられる。1人は16歳の女子高校生でもう1人は55歳の主婦、文代(江波杏子)。2人とも拡張型心筋症でこのままだと女子高校生は余命半年、文代は3カ月だという。差し迫って手術が必要なのは文代だが、危険が大きい手術になるため晶は成功率の高い女子高校生を選択。しかし文代は、8... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 07時45分

» 『医龍』 Team Medical Dragon 第5話 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞNプロジェクト(o`・ω・)ゞ]
ついにバチスタ手術に向けての序章的なエピソードとなりました第5話! イメージでは最終回あたりでバチスタを成功させるのか思ったら、ほんとに序盤でもってくるとは思いませんでした Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ! 第1話から見ていて、ほんとに感動するのは・・・... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 05時42分

« ココフラッシュへのボヤき・・ | トップページ | 適度なRUN&BIKEで気分爽やか♪ »