« ツール・ド・美ヶ原2006 | トップページ | 「テンメイ」で久々に検索してみたら・・・ »

レース後の調整、バトルに急変・・

RUN10km,47分36秒,心拍Av151,Mx180

国内有数の自転車ヒルクライムレース「ツール・ド・美ヶ原」が日曜に終了。

本来なら今日はまだ休んでもいい時だ。ところが、ブログの毎日更新って

問題があるから、何かネタがいる。自転車のナイトランをやる気分じゃない

から、ランニングかW杯か。雑用をこなしながらチラチラ見たブラジルvs

ガーナは、なかなか刺激的な試合だったので、簡単な記事なら書けそうだ。

でも美ヶ原は、荒川ほど酷くなかったとはいえ、再び敗北。。(-_-;) メジャー

なレースで2連敗ってことで、やっぱり軽くランニングすることに決定。近所

の公園で10kmだけ、のんびり調整。。

   

極度の寝不足が続いてるけど、さほど脚のダメージはないから、ゆっくり

走るくらい何ともないだろうと思ってた。ところが、スタート直後から恐ろし

く脚の動きが悪い。疲れよりも、ランニングのサボり過ぎと極端な蒸し暑さ

が影響してるのだろう。Yahooのピンポイント予報では湿度74%になって

るけど、90%って感じのムッとした空気。わずか10km軽く走るのさえ辛

く感じる。タイムも心拍もほとんど見てなかったけど、後から見ると途中まで

恐ろしく遅いペースだったようだ。

   

それが、急に変わった。4周目から、後ろにピッタリ付かれてしまっのだ。

誰か分からないし、見る気もしないけど、スピードを徐々に上げてもピタッ

と付いてくるし、呼吸の音も聞こえない。向こうの方が実力的に上のようだ

けど、前に出てくれない。こうなると、性格的についつい頑張るハメになる。。

   

そもそも、自転車だとしょっちゅうバトルをやってるけど、ランニングのバト

ルってのは珍しい。気質的なものもあるかも知れないけど、自転車の場合

は後ろが圧倒的に有利(空気抵抗の問題)だから、多少実力差があっても

バトルが続く。ところが、ランニングはすぐに実力差が出て、離れてしまう。

だから、珍しくて面白いって感じもあって、どんどんスピードを上げて行った。

下のラップを見ると、超低速から高速(1km4分)まで、どんどん上げてる

のが分かる。それでもピタッとくっついたまま離れず、結局7周終了。別れ

際に見ると、坊主頭のやせたランナーだった。陸上部の学生かな? 気合

を入れてくれて、どうもありがとう。。

   

周回直後の心拍180ってのは、めったに出ない高い数値。7周目に記録し

た平均心拍178ってのも、相当珍しい。スピード変化が激しかったのと、や

はりコンディション(体調、天候)のせいだろう。ガクっと疲れが出て復路は

ガタ落ち。トータルのタイムは凄く遅くなってしまった。不満だなぁ。。

   

まあ、土曜の試走と日曜のレースで心拍179まで上げて、また今日も180

だから、頑張った自分をホメてあげたい。と言う訳で、ご褒美にスプライトの

500mlをガブ飲み。美味し~い! と言う訳で、今週からまた出直し。ボチ

ボチ頑張るとするか。。詳細は以下の通り。

   

往路(1.15km)   7分17秒      平均心拍116

 1周(1.1km)    5分23秒            136

 2周          5分28秒            142

 3周          5分19秒            148

 4周          4分58秒            156

 5周          4分43秒            166

 6周          4分36秒            172

 7周          4分25秒            178

復路           5分28秒            166

 計          47分36秒       151(最大180,周回直後)

|

« ツール・ド・美ヶ原2006 | トップページ | 「テンメイ」で久々に検索してみたら・・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/10707725

この記事へのトラックバック一覧です: レース後の調整、バトルに急変・・:

« ツール・ド・美ヶ原2006 | トップページ | 「テンメイ」で久々に検索してみたら・・・ »