« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

7月の全走行距離

RUN15.6km,1時間13分59秒,心拍Av148 ;

BIKE81.9km,Av27.2,心拍Av134(?) 

ウーン、微妙。。7月前半はサッパリだったけど、後半はそこそこ頑張って、

最後は平日にも関わらず、BIKE&RUNでしっかり距離を稼いだ。でも、

やっぱ挽回できなかったなぁ。。

   

7月最終日、前日の晩に90km走ったばかりなのに、わずか2時間ほどの

睡眠で早起き。さすがになかなか目が覚めなかったけど、1時間以上モタモ

タしたあげくに出発。ホントは100kmくらい走りたかったんだけど、もう時間

がないので、北の国立折返しと南の多摩川大橋の間を走る80kmコース

選択。もう夏だし、何となく関戸橋の往復なんていう機械的なことはやりたく

なかった。

   

重い脚で向かい風と闘いつつ、42×15で地道に回してると、1台のレーサー

が32km弱くらいで抜いて行った。向かい風の中を高回転でこのスピードっ

てのは、なかなか気合の入ったトレーニングだ。こっちの心拍もわずか135

くらいだったから、付いて行こうかとも思ったけど、なまじ疲れると途中で切り

上げて帰りたくなりそうな気がしたので自重。あくまで朝ラン80km完走が目

標。ところが、差が広がらないどころか縮まって来たので、性格的に追いかけ

てしまう。関戸橋手前のクランクで向こうも気付いて、一気に加速したので面

白くなったなと思ってたら、府中四谷橋で早くもお別れ。つまんないなぁ。。

   

その後は疲れと眠気と時計との闘い。パンクの恐れもあるので、余裕をもっ

とく必要がある。幸い、トラブルもなくコース完走。途中、下流側で白い作業

手袋(?)の妙なオヤジ(おじいさん?)を発見。なんとこの人、スーパーで

売ってそうな普通の安っぽい自転車で、ラクラク30kmキープしてる! 最

初メーターの見間違いかと思ったほど。抜いた後も、ミラーにしばらく映って

たので不気味だったけど、ガス橋で消えてくれてラッキー♪ でも、かなりの

実力だな、あれは。全く余裕でこいでたもんなぁ。是非再戦したいもんだ。。

ちなみに気温は低かったものの、ようやく夏の朝らしい日差しがあふれてて、

ドリンクを3回も補充してしまった。。

   

さて、最後は夜のランニング。9kmちょっと走ればキリがいいのは分かって

たんだけど、わりと心身共に調子いいし、秋みたいな涼しさだったこともあっ

て、距離を延長。さすがに脚が疲れててスピードは遅かったものの、心拍は

楽勝だったし、走りも決して悪くない。おまけに、周回を重ねていくうちに調子

が上がって、最後の辺りはごく普通のスピードまで回復した。トータルタイム

は遅いものの、気持ちのいいランニングだった。

   

という訳で、7月の全走行距離は

   RUN156km ; BIKE569km

ウーン、RUNはここ2ヶ月の超手抜きから回復して来たんだけど、BIKEは

前半の不出来が響いた。去年は何度も遠出して、1000km超えたのになぁ。

まあ記録的な悪天候ってこともあるし、今年はブログに莫大な時間をかけて

るから、それほどラクした訳でもないんだけどなぁ。。

   

って、いっつも言い訳ばっか! とにかく乗鞍のヒルクライムまでもう1ヶ月も

ない。質の高い走りを中心にして、ここから猛烈に追い上げることにしよう!☆

   

  往路(2.45km)   12分53秒  平均心拍136

  1周(2.14km)  10分11秒         143

  2周           10分17秒        147

  3周          10分14秒        149 

  4周            9分59秒        153       

  5周           9分39秒        158 

  復路           10分48秒         157

  計 15.6km 1時間13分59秒    148(最大166 ゴール時)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04年 8月   61    ,  676   : 05年 8月   131  ,    1006 

     9月    64   ,   235   :      9月   240  ,   219 

    10月   80      ,  116   :        10月    197    ,       324

    11月  141   ,  101    :     11月   194  ,    400

    12月  242   ,  130    :     12月   200   ,    352

05年 1月  204   ,   99    : 06年  1月  235   ,    321

     2月   302       ,  130   ;       2月  243  ,   230

     3月  280前後,  100前後;      3月  278   ,   204

     4月  124   ,   388    ;     4月  170   ,    362

     5月  176  ,   780   ;      5月   74   ,   901

     6月  173  ,   651   ;      6月   91   ,   627 

     7月  155  ,  1014       ;     7月  156  ,   569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9ヶ月ぶりに多摩川上流終点へ

BIKE90km,Av26.3,Mx50.0,心拍Av133,Mx155

ヤビツか伊豆でヒルクライムの修行をするはずだったのに、昨晩から明け方

にかけて気が緩んで遊んでしまって、起きたら14時。。(-_-;) そこから急いで

ヤビツに輪行するって手もあったんだけど、時間の問題と天気の問題で悩む。

    

おまけに、昨日渋谷に行って新しい充電池セットを買ったんだけど、なまじ性

能が上がって大容量になったためか、ヘッドライトがつかない。慌てて新型高

性能充電器で、以前の性能ガタ落ち充電池に無理やり充電し始めたんだけど、

かなり時間がかかる。ヘッドライト無しじゃ、夕方からの遠出はムリだし、今更

フツーの乾電池を買うのは口惜しい。。

   

結局、充電は一応成功したものの、出発は17時。。日焼け止めをしっかり

塗った意味が薄れてしまったけど、ライトがあるので久々に多摩川サイクリン

グロードの上流側終点を目指ことにした。いつも同じ所走ってると飽きるも

んね。天気予報だと夕方まで暑いって話だったのに、自転車で走り始めると

意外に涼しくてラッキー♪ 気温も大したことないし、適度な風が扇風機代わ

りになってくれる。別に本気で走るつもりもなく、横風気味の追い風に乗って

適度なスピードで上流へ。夏の日曜の夕方ってことで、やたら道が混んでて

走りにくかったけど、18時10分頃には国立折返しを通過。

   

ここから先に進むのは、去年の秋に旧友Hとのんびりサイクリングして以来

だ。道がちょっと不安だったけど、要するに迷ったら多摩川寄り(向かって左)

の道を選べばいい。道が細いし曲がりくねってて走りにくいけど、18時45分

過ぎくらいには終点の近くまで到着。ちなみに、もし道を知らない方がいらっ

しゃれば、去年のコース紹介記事をご参照あれ。写真満載、3部作♪

   

日が落ちて来たので、そこで引き返す。2週間後に青梅の方へ抜けていく

予定なんだけど、その際にはここで右折して左折すればいいんだなって感じ

でコース確認。実は、今日は予行演習って意味があったわけ。それはともか

く、折り返して夕闇の中を気持ちよく走ってると、横から1台レーサーがコー

スに入ってきた。バトルするようなコース状況じゃないんだけど、一応ミラー

を見ながら少しペースを上げて様子見。どうやら向こうも、場所を考慮して

のことか、わざと距離を開けて追走してるようだ。とはいえ、後ろに付かれる

のはやっぱりいい気がしないから、ジワジワと引き離しにかかり、くじら運動

公園を少し過ぎた辺りでミラーから消えて一安心♪

   

あとは毎度おなじみのセブンイレブンを目指すだけ。直前で、30kmくらいの

レーサーを33kmくらいで抜いたら付いて来て、道が良くなったし余力もあっ

たから気合入れてもいいんだけど、アイスとジュースの誘惑に負けてしまった。

もったいないことしたな。。あとは向かい風の中を28km程度で帰宅。途中、

多摩水道橋のそばで個人的な花火大会(?)をやってて、100人くらいの見

物客が集まってた。キレイだったけど、コースのすぐ脇でドガンと打ち上げて

るんだから危ない。どうせ責任も曖昧なんだろうし、花火大好き人間といえど

もちょっと引っかかるものがあった。

    

Avはわずか26.3だけど、上流の走りにくさや風を考えるとかなりのペース

だったと思う。実際全く抜かれてないし、走りの感触が良かった。それでいて

心拍はすごく低いから、なかなか気分いい♪

それにしても、明日はもう31日か。とうとう今月1回も登りを経験してないし、

走行距離論外。せめて最後くらいは意地を見せたい所だけど、果たして。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後輪チューブ交換&盆踊りテニス

(28日) BIKE53km ; テニス1時間50分

火水木と3日連続運動、さらに今日は久々の朝ランをやってやるぞ!と気合

を入れて早起き。疲れた身体にムチ打って、70kmほど軽く流す予定だった。

乗鞍まで1ヶ月、ここが踏ん張り所だ。

   

ところが、日曜にパンク修理した後輪がまたペシャンコになってる。理由はと

もかく、これはよくある事なので、空気を入れれば大丈夫だろうと思った。とこ

ろが、やっぱり空気が抜けてしまう。そんなハズはないと思ってガンガン空気

を入れ直してたら、パーンっていう音と共にペシャンコに。開けて見てみると、

修理箇所のパナレーサー・イージーパッチが、穴の所から直線状にはがれ

ていた。これは初体験。今までは上手く接着してたのになぁ。。

   

仕方なく、朝っぱらから後輪をはずしてチューブ交換。ここ4年で、後輪はま

だ数回しかはずした事ないから、どうしても手が汚れてしまって不愉快だ。

ただし、今回やっとコツをつかんだから、次はあまり手を汚さず出来そうだ。

交換後、一応多摩川に向かったものの、既に時間もやる気も無くなってた

から、下流側を軽く流しただけ。データをうっかり消してしまっけど、サイク

リングロードのAvが27km程度、42×13で足慣らしって感じ。まあ、それ

でも眠いのに早起きして頑張った自分をほめてあげよう。。(甘いか・・)

   

朝ランに続いて、たまたま夕方仕事が無かったので、友人Kと2ヶ月ぶりに

テニス。往復は自転車で、18kmほど稼げる。郵便局が混んでて、私が10

分遅れたら、軽くブツブツ言われてしまった。いつもは逆なんだけどな。。

ここ数年は、時間が合わなかったり天気が悪かったりで、どうしても月1回の

ペースが守れない。学生が試験期間中だからなのか、妙にコートが空いて

て、サークルの掛け声の代わりに、左隣が家族連れ、右隣はカップル。それ

だけでも何となく気合が抜ける状況なのに、やがてネットのすぐ向こう側で

盆踊りが始まった。「月が~出た出た~月が出~た~あ、ヨイヨイ」とか、

「ハァ~踊り踊るな~ら、ちょいと東~京~音頭」なんて歌が流れる中で気

合を入れるのは難しい。おまけに腹が減ってるKがやたらフランクフルトの

匂いに反応するし、相変わらずの天然ボケが徐々にパワーアップしている。

バカ話も満載で、超お気楽テニスになってしまった。昔はマジメにやってた

のになぁ、っていう話になって、最後だけはマジメにボレーボレー。最後に

ミスしたKがもう1本やろうとするのを冷たく拒否して終了。

   

自転車もテニスも、何とも間の抜けた1日だったけど、これで4日連続の運

動。できれば土日も頑張りたい所だけど、果たしてどうか? 自信なし。。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな宇宙、大きな人間~『タイヨウのうた』第3話

 「遊園地の話だけでご飯が3杯いけちゃうんだよねぇ」

ジョンじゃなくてエミリー(ベッキー)はこう言った。確かに、夜の遊園地の

キレイな映像でご飯1杯なら食べれそうだったけど、3杯食べるためには

やっぱり薫(沢尻エリカ)の笑顔が必要だ♪ お母さんの由紀(黒田知永

子)だと0.5杯くらいかな。。

    

さて今回、遊園地と薫の魅力で何とか切り抜けてるものの、ドラマとしては

前回同様ビミョー。『白夜行』第3話の強烈なインパクトを懐かしく思い出し

てしまった。要するに、遊園地のアクシデントによって、薫が難病XPの患

者だって事が孝治(山田孝之)たちに知られてしまうお話なんだけど、視聴

者としては最初から知ってたことだから、インパクトはない。

   

それなりにキレイに仕上げてはいたと思うし、観覧車の個室の映像を中心

にするなんて大変だっただろうなとは思う。でも、プロセスやディテール(細

部)が感動を呼ぶものになってたかって言うと、それほどでもなかった。少

し慣れて来たとはいえ、『医龍』とそっくりの音楽はやっぱり違和感がぬぐ

えない。名曲『Wish』はすっかり影を潜めてしまったし、冒頭の麻美(松下

奈緒)と孝治の再会にしても、いくら何でもアッサリし過ぎ。「話があって来

たの」。「俺にはないよ」。そんだけかよ!と突っ込みたくなる。

   

せめてもう少し明るさがあれば、とは思う。でも残念ながら、笑いのポイント

はかなり弱いものが3つあっただけだし(「ドラマだと必ず成功してるもん」、

「ジョン」、結子=小林麻央の遊園地レポート)、夏の海のまぶしさはゼロだ

し、遊園地の青春のまぶしさも少し物足りなかった。。

    

という訳でここ2回は、初回に感じた不安だけがクローズアップされる結果に

なってる。ただ、救いは民宿『みうら』の物置にあったギター。修(竹中直人)

が「弾いてもいいよ」と言ったのに対して、孝治は「弾けないんで」とあっさり

答えて、タコさんウィンナーに逃げようとしてた。でも、そろそろ来週あたりか

らバンドの動きが出てきて、「うた」の力を見せてくれるんだろうと期待してる。

まさかこのまま、平凡な難病美少女ドラマで終わるはずはないだろう。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじは6行で。麻美が折角たずねて来たのに、孝治は冷たくあしらう。一

方、美咲(佐藤めぐみ)隆介(川村陽介)を仲直りさせるため,薫が孝治に

手伝ってくれるよう頼んで、結局みんなで夜の遊園地に行くことに。ところが

観覧車が停止して孝治と薫だけ取り残され、やがて日の出に。幸い、孝治が

かばったこともあって薫は無事だったものの、病気がみんなに知れてしまい、

薫は孝治から距離をおこうとし始めた。。

   

今回は、3つのセリフについて簡単に考えてみよう。まず、孝治が薫と遊園

地の相談をしながら語ったセリフ。

  「意外とキレイだよなぁ、夜の空ってさぁ。何か空見てさぁ、宇宙って

   バカみてぇにでけぇんだなぁて思うと、小せぇことで悩んだりしてん

   のもバカバカしく思えて来るよな。お前と会ってからだろうな、こん

   な風に考えるようになったの・・」

   

さりげなく好意を示す言葉で、これを聞いた薫の笑顔が可愛かった。それ

はともかく、このセリフ、よくあるごもっともなお話で、フツーはそうだよなぁっ

て感じで受け止める所かも知れない。でもよく考えてみると、「大きな宇宙、

小さな人間」って対比は事の半分しかとらえていない。小さいことで悩むの

がバカバカしいって発想は、小さいことで喜ぶこともバカバカしいって話に

つながってしまう恐れがある。

   

それは明らかに間違いだ。小さな人間の小さな喜怒哀楽、宇宙の時間と

比べると一瞬にすぎない命、そういったものこそ、人間にとっては途方もな

く大切なものなのだ。そもそも、宇宙を大きく感じるのも人間あってのこと。

宇宙自体は自分を大きいなんて思ってないだろう。大きな月がよりキレイ

に見えたのも、小さい人間が2人寄り添った瞬間だった。小さな人間にとっ

ては、人間のわずかな喜怒哀楽・愛憎・生といったものが、宇宙をも超える

無限の価値を持っている。その意味ではむしろ、「小さな宇宙、大きな人間」

と言うべきだろう。。

   

続いて、遊園地で薫が孝治に言ったセリフ。

  「すごいね,遊園地作った人って。ほら、こんなにたくさん笑顔つくれ

   ちゃうんだから。夢の世界に連れてってくれるんだよ。凄いよ。私も

   そうなりたいなぁ。私の歌を聴いてくれた人たちが、ちょっとの間で

   もイヤなこと忘れて、元気になってくれたら・・」

   

薫の表情も良くて、今回のドラマで一番微笑んだ瞬間だった。隣で「なれた

らいいな」と言う孝治も良かったし、そう言いつつも実は薫のCDを聴いて

ないっていうお約束のオチも悪くなかった。

他人を喜ばせることが自分の喜びになる。これほどの幸せもなかなかない

だろう。ただし、それは文字通り「なかなかない」のであって、実際には、他

人を喜ばせることが自分の喜びにならなかったり、他人を喜ばせないこと

が自分の喜びになったりする。この辺りが人間の複雑で微妙な所だ。

   

例えば、今の薫にとっては、孝治を思い浮かべながら作ったオリジナル曲を

歌うのが喜びだろう。でも残念ながら、見知らぬ通行人たちにとっては、そん

な聴いたこともない曲よりも、橘麻美のヒット曲『Wish』を歌ってくれた方が嬉

しい可能性は高い。

私の場合どう考えてるかって言うと、多くの人が感じるようなフツーの感想を

巧みにまとめて記事にして、多くの人の共感を得ようとは思わない。むしろ逆

に、全く個人的なドラマ記事を苦労して書きあげることで、まず自分が喜びた

いって思いが先にある。それを自己満足と呼びたければご自由に。ただし、

ありがたいことに実際には、単なる自己満足には終わってないらしくて、もち

ろんそれはそれで確かな喜びだ♪

   

そして3つ目のセリフは、薫が榎戸(山本圭)に語った言葉。

  「嫌って欲しい。だって私からは、嫌いになれないから。・・・私は、ずっと

   覚悟して来た。でも、あいつのこと好きになったら、私ボロボロになっ

   てった。すごく怖かった、会えなくなるの。初めて、本気で死にたくないっ

   て思った。これ以上好きになったら、私どんどん弱くなる。ずっと生きた

   いと思っちゃうよ。かなわない夢、見ちゃうから」

   

死の恐怖とは、生の恐怖だ。生の最後の苦しみや辛さへの恐怖と、生の有限

性への恐怖。そして、生の有限性、生に限りがあることへの恐怖は、生に執

着するほど強くなる。執着をもたらす最たるものは、人間への愛だ。他人への

愛と、自己愛。薫の場合は、これまで知らなかった異性への愛を知り始めたか

ら、死の恐怖が増すことになってる。その愛は、『サプリ』の言葉を使うなら、エ

モーショナルだ。

一方、かなわない夢を見ると弱くなるって話は、少し補足しないとミスリーディ

ングだろう。薫の場合、不幸な運命に負けずに生きようとする強い意志が要求

されている。ところが、ずっと生きたいと思う時、それは絶対に不可能だという

現実を逆にまざまざと思い知らされる。つまり、不幸な運命の強大さに圧倒さ

れることになり、負けずに強く生きるよりも諦めて弱く生きる方向へと流されて

しまう。

   

だから結局、愛と歌しかない。そうした切ない生を理解してくれる愛は、特別な

温もりを与えてくれるだろうし、弱い自分をありのままに表現する歌は、同じく

弱い大勢の人々と共に美しい共鳴を呼び起こすだろうから。。

   

人間の繊細で複雑な存在を、宇宙は笑ってるだろうか。いやむしろ、遥か彼

から驚愕と尊敬のまなざしを降り注いでることだろう。それでこそ,宇宙は畏敬

の念に値する絶対的存在だ。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、もう少しメインストーリーが面白ければ、こうゆう記事は書かなかっ

たかも知れない。このくらい抽象的で一般的な次元まで持って行かないと、刺激

が足りなくて書く気がしない。という訳で、悪いのはTBSってことにしとこう♪

ではまた。。☆彡

   

cf.光を求めて輝き始めた歌声~『タイヨウのうた』第1話

   限られた時間だけが持つ価値~『タイヨウのうた』第2話

   自分のために、誰かのために~『タイヨウのうた』第4話

   私から私達へのさらなる深化~『タイヨウのうた』第5話

   光の忘却、闇の過剰~『タイヨウのうた』第6話

   幹の不在、枝葉の衰弱~『タイヨウのうた』第8話

   輝く脇役、月夜の主役~『タイヨウのうた』第9話

   夢と命~『タイヨウのうた』最終回

| | コメント (4) | トラックバック (0)

220w以上の高負荷持続、成功♪

RUN5km ; BIKE21.3km,40分,559kcal,心拍Av152

乗鞍のヒルクライムレースまであと1ヶ月。さすがに焦って来た。梅雨のグズ

ついた天気が続いたこともあって、ツール・ド・美ヶ原以降の1ヶ月はかなり

サボってしまったけど、仕事も一段落ついたことだし、そろそろ気合を入れ直

す時期。投げたらあかん!

    

本来ならナイトランでもやる所なんだけど、残念ながらまだライト(or充電式

電池)の問題が片付いてないので、仕方なくジムへ。久々に、1時間の消費

カロリーを測定しようと思ってたら、毎度おなじみ時間不足に。。という訳で、

高負荷の40分持続にチャレンジすることにした。

   

昨日、今日と体調がいい。データ的なものじゃなくて感覚的なものだけど、実

際昨晩のハーフマラソンは、タイムはともかく心拍が低かった。そして今日、

バイクを220wで回し始めても、やっぱり心拍が低い。呼吸は少し荒れるし、

脚は疲れもあって重いけど、40分程度ならイケそうな感じ。最初の10分の

90回転はしんどかったけど、次の10分の85回転で少し落ち着いて、最後

まで行けることを確信。途中から225wに上げる。最後の250w・5分はもう

目一杯って感じだったけど、心拍は172が最大。心臓だけならかなり余裕♪

   

結局、最後の1分だけダウンで負荷を下げたけど、39分の高負荷持続に

成功! データ的にはここ数ヶ月で最高レベルだ♪ これだけサボってこれ

なら、あと1ヶ月頑張ればかなり行けるぞ、と勝手に思い込むことにしよう☆

それにしても、やっぱり先に筋トレをやるのとやらないとで、バイクの出来は

大違いだな。。

      

220w(90回転)×10分,220(85)×14,225(80~85)×10,

250(80~85)×5,150(70)×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーフ3連敗!わずかに回復の兆し・・

RUN21.1km,1時間40分04秒,心拍Av155

蒸し暑い! 梅雨明けまだかよ! 蒸し暑さが超苦手な人間にとって、拷問

みたいな梅雨だな、今年は。。(-_-メ)

  

いやいや、天気に八つ当たりしてもしょうがないんだけど、なかなか調子が

上がって来ない。。今日は寝不足だし暑かったけど、何となく身体に元気が

あるなと感じてた。これなら流石にハーフ1時間40分くらい切れそうな予感。

実際走り始めてすぐ気付くのは心拍の低さ。やたら高かった前回より、5以

上低い。脚は重いし走りはぎこちないんだけど、この心拍ならイケそうだ。

   

ところが、少し抑えめの前半を心がけてるとはいえ、ちょっと遅い。下手する

と前回の1時間42分06秒にさえ負けてしまいそうなラップだ。一応、今日の

方が暑いっていう言い訳はあるんだけど、1キロ・4分30秒ペースにさえほど

遠い状況。心拍は低いんだけど、呼吸は荒れるし脚も重いし、何より蒸し暑

い! 気温約25度ってのはいいとして、湿度約75%ってのがキツイ。最近

はこのくらい高い湿度がごく普通に続いてるもんなぁ。。

   

結局、最後の2周半は崩れたけど、まあそこそこ粘って、給水&水浴びを

短め(1分程度)に抑えて、すぐ復路。今日は200円持って来てたので、ス

ポーツドリンクでも飲もうかと思ったけど、1時間40分切りたかったので我

慢。時計をチラチラ見ながら結構なペースで頑張って帰宅。さてタイムは・・・

4秒オーバー! ガクッ・・・(-_-;) たかが40分が切れないのか。。給水&水

浴びが無ければ39分だったとか言いたい所だけど、まあそれはダメだな。

負けは負け。。

      

平均心拍が前回より7も低いのは評価できるけど、これでハーフ3連敗。でも

逆に闘志が湧いて来た。絶対復調してやるから待ってろよ、ハーフ! 

   

  往路(2.45km)   12分10秒  平均心拍129

  1周(2.14km)   9分53秒         150

  2周             9分52秒        156

  3周           9分54秒        158 

  4周            9分48秒        161       

  5周           9分48秒        162 

  6周           10分05秒        161 

  7周          10分31秒        160  

  8周(1.22km)   6分53秒        157

  復路           11分13秒         158

  計 21.1km 1時間40分04秒    155(最大170 ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低負荷・高回転、絶不調で挫折・・

RUN5km ; 

BIKE23km,42分,472kcal,心拍Av161,Mx171

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 46kg×16

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 48.5kg×18

TORSO ROTATION(上体水平回転) 48.5kg×18×2

   

最低・・・(-_-;) ここ数ヶ月のジムで最悪の出来かも。。早めに自信を取り

戻さないとマズイな。。

   

悪条件が重なってたからかも知れない。もともと、ここ2日トラブル続きで

メンタルが非常に悪かった。おまけに今日は、ドラマ記事のせいで寝不足。

相変わらず大っ嫌いな蒸し暑さが続いてることもあって、往路のランニング

から既に不調。何かギクシャクしてるし遅い。ジム到着後、時間がなかった

けど、珍しくマシンが空いてたので3種目だけ筋トレ。これが駄目押し的な

ダメージになった。筋トレはサボリまくってるから。。

   

珍しく有酸素ゾーンまで空いてて、一番お気に入りのバイクを確保できたの

に、最初からやたら調子が悪い。毎分100回転で少しでも距離を稼ごうと

して、控えめに200wの負荷にしてるのに、やたらしんどい。普段は高回転

だと呼吸だけ荒れるって感じなのに、全身がダルくて5分で止めたくなった。

心拍もじわじわ上がっていく。しばらく我慢すれば、身体が温まって筋トレの

疲れも抜けるだろうと思ってたのに、事態は悪くなる一方。吐き気がするし、

目まもして来た。。

      

せめて、つい先日225w・100回転をキープした25分くらいは頑張ろうと思っ

て粘り、その後は150wでゆっくり休養。ところがさっぱり回復しない。呼吸と

心拍は収まったものの、とにかく全身が辛い。再び負荷を上げるどころか、さ

らに負荷を下げたくなる始末。いくら何でもヒドすぎるので、150wは死守した

ものの、終わった直後はボーッとしてしまった。。

   

好不調の波も大きいけど、やっぱりここ半月ほど調子が悪い。ここが踏ん張

り所。投げたらあかん! それにしても、梅雨明けまだなの?。。。

   

200w(100回転)×25分、150(70~80)×17  

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エモーショナルの優越性~『サプリ』第3話

良かった♪ 今までで一番いいと思う。前回は、見終わった後の空しさが

気になったけど、今回はかなり満足した。正直言って、消去法的に『マイ

ボス』に変更しようかとも思ってたんだけど、3回の総合評価では、やっぱ

『サプリ』の方が上だ。

   

今回まず、結構笑えた♪ 毎度おなじみになったミナミ(伊東美咲)の4画

面モニターのバカバカしさ。ミナミと荻原(瑛太)の仲をジャマする勇也(亀

梨和也)の子供っぽい可愛さ。ヨウコ(白石美帆)とのHシーンをなつき(志

田未来)に見られた後の今岡(佐藤浩市)と勇也のやり取り。勇也がソファー

からゴロゴロ落ちた直後に、ミナミの部屋の冷蔵庫からジャガイモがゴロゴ

ロ落ちた映像。なつきの「大っ嫌い!」って言葉を早速仕事に転用して大げ

さに熱弁をふるう今岡の姿。。単に笑いの面から見ても、『マイボス』第3話

より良かった。

   

それ以上に良かったのは、情緒的・感情的な部分。今回の会議で使われた

言葉を使うなら、「エモーショナル」な部分だ。イケメン後輩2人に対する美人

OLのエモーションにはあんまし興味を持てないけど、今岡となつきが和解す

るシーンは良かった。2人ともエモーションが凄くよく分かる。また、全編を通

じてポイントになってた「可愛げ」とか「かわいい」って話も、なかなか奥行き

があって面白かった。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、今回はエモーショナルなものについて考えてみよう。その前に、

あらすじを3行でまとめると・・・・・・ミナミの気持ちが荻原に向かってるの

に気付いた勇也は、しばらく抵抗したものの、やがてミナミの恋をサポートす

る。一方、ギクシャクしてた今岡となつきも、勇也のサポートで仲直りする。。。

   

さて、本題のエモーショナル。この言葉は、「スタイリッシュ」って言葉と比較

されていた。それは、このドラマの中でも区別できる。全体的に映像がキレ

イだって話は最初からしてるけど、そのキレイさやカッコ良さはスタイリッシュ

であって、もちろんプラスの評価なんだけど、それほど強く心を動かさない。

それは例えば、先週書いたような、見終わった後の空しさにつながって行く

可能性を持っている。

   

それに対して、今岡となつきの和解シーンは、しみじみとした強い感情をも

たらすので、見終わった後まで充実感が残る。もちろん、いつでもエモーショ

ナルの方がスタイリッシュよりいいなんて単純な話ではない。ただ、大きく見

た時にどちらが人間にとって優先するものかと考えると、やっぱりエモーショ

ナルだ。スタイリッシュ抜きでも人間は生きられるが、エモーショナル抜きで

は生きられない。

   

実際、今回のストーリーでも、「大っ嫌い」を中心にして今岡らが作ったエモー

ショナルCMが勝利を収めたし、今岡の住まいも、家族・ランドセル・制服と

いったものでスタイリッシュさが一部失われるにも関わらず、なつきとのエモー

ショナルな結びつきを優先した。

    

ドラマの冒頭では、2つのエモーショナルが対比されていた。ミナミが、自分

には「かわいげ」だけが無いと言った直後、シーンが会社から今岡家に変

わって、なっちゃんが「かわいそう」だと勇也が言う。この二つの言葉、手元

の辞書2つを参照すると、どうやら語源的には同じらしい(『広辞苑』,『大辞

泉』)。もともと「かわゆい」、つまり「かおはゆし(顔映ゆし)」、顔がほてるよ

うな思いを指す言葉だったようだ。恥ずかしい、かわいそう、かわいいって

いう3つの意味は、元をたどると同じ一つのエモーショナルな言葉だって話。

   

トリビア的ウンチクはともかく、「かわいげ」と「かわいそう」に共通してるのは、

それを愛しく思う気持ちを相手に起こさせるって性質だろう。例えば私にとっ

ては、素直になれないミナミも子供みたいな勇也も愛しいし、父親の今岡に

邪魔者扱いされてるなつきも愛しいし、謝って仲直りしようとする今岡に「大っ

嫌い!」を連発するなつきもすごく愛しい。みんな、愛すべき存在だ。

    

ただ「かわいげ」と「かわいそう」のどちらが強いかって言うと、かわいそうの

方だろう。「かわいげ」のある女なんてものは、ちょっと誘ってみようかとか軽

く思う程度だし、かわいげの有無も見る人によって相当バラつきがある曖昧

なものだ。

それに対して、両親に冷たくされてじっと耐えてる娘に対する愛しさには重み

があるし、古今東西バラつきも少ないはずだ。「もういいです・・・おばあちゃん

ちに行きます。わさび、もう食べられるんです」なんて言葉で精一杯大人のふ

りをしてる少女は明らかに凄くかわいい。また、父親にちょっとだけ意地悪し

た後、おばあちゃんちに出て行くために自分で荷物をまとめて、最後に一人

ピアノを弾いてる娘なんてのも、涙がにじむほどかわいかった。

   

遠い過去に娘と交わした大切な約束、一緒にピアノを弾くって話を思い出し

てかなえてあげた父親にとっても、娘の涙は最高にかわいかっただろう。。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

という訳で、結局今回の高評価をもたらした最大のものは、なつきのかわいさ

だと言っていい。脚本・演出・共演も重要だろうけど、やっぱり志田未来をホメ

たい。たとえランドセルが似合わなくても、10歳って設定に無理があっても、

本当にかわいい演技をしてくれた♪

その次にかわいかったのは、ミナミやなつきのサポート役、「サプリ」に徹して

た勇也。なつきのかわいさに頼り続ける訳にもいかないから、やっぱり勇也

には「主食」になってもらう必要がある。ミナミみたいに「10年後」の勇也に期

待するんじゃなくて、あと2ヶ月の勇也に期待しよう。。♪

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今回、住まいのCMと今岡の住まいの話、かわいいとかわいそうが

    上手くリンクしてたし、「10年後のあなたに」というテーマでくくったの

    も上手い。巧みな構成に感心した☆

   

P.S.2.「安心感」と「約束」について。安心感があるから約束が価値を持つ。

      約束が大切だから、安心感を求める。。

   

cf.野ブタ・修二、主食になれるか~『サプリ』第1話

   自然に曲がった子供の魅力~『サプリ』第2話

   片思いという不均衡~『サプリ』第4話

   サプリから主食へ~『サプリ』第5話

   透けてみえたのは何か~『サプリ』第6話

   大人のハート~『サプリ』第8話

   制作サイドによる実力誇示~『サプリ』第9話

   構造の認識、意味の解釈~『サプリ』第10話

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

| | コメント (8) | トラックバック (6)

ブログパーツ用写真置き場

080424c

| | コメント (0)

半月ぶりの多摩川は花火&小雨&パンク (-_-メ)

BIKE51.2km,Av25.5,心拍Av129

ド素人かよ! 夏の週末のサイクリングロードは、あらかじめ花火大会の予

定をチェックしとく事くらい常識だろ!と自分に怒っても後の祭り。朝ランなら

大丈夫だったんだろうけどなぁ。。

   

という訳で、調布市花火大会にやられたってお話。せっかく直前まで各種予

報で雨のチェックをしてから夕方出かけたのに、多摩川サイクリングロード

は二子橋のすぐ上流側から早くも妙に人が多かった。走れないほどじゃない

けど、明らかに普段とは違う。たまたま雨が上がってる時だからかな、とか

思ってたら、少しずつ女の子の浴衣が目に付き始めて、やっと分かった。

   

念のため誰かに聞こうかとも思ったけど、何この人?って感じの顔をされる

のもイヤなので、行ける所まで行くことに。すると、多摩水道橋の上流側の

これから走りやすくなるって場所から通行止め。自転車に乗ったまま、案内

の看板を恨めしそうにジッと眺めて、やや大げさな態度で口惜しさを周囲に

アピールしてUターン。誰も見てねぇよ!(^^ゞ

   

余裕があれば、そこで頭を切り替えて花火を楽しむって手もあったけど、残

念ながら今月は梅雨空続きで自転車の走行距離が悲惨。ちょっとでも稼が

ないとマズイし、帰って雑用も山ほどある。って事で、下流側を走ることに。

ただ、下流側は道がやたら狭いし人や自転車がジャマになってスピードが

出せない。ブレーキ&ダッシュを何度もすることになって、肉体はもちろん

精神的にも疲れる。おまけに小雨までパラつき始めたので、のんびり流す

ことにした。心拍が低すぎて、有酸素トレーニングにもなってなさそう。。

      

幸い、夏のわずかな小雨は別に何ともない。自転車で走ってるとドライヤー

の風を浴びてるみたいなもんだから、身体が濡れて困ることもない。ちょっ

とうっとうしい程度。多摩川大橋で東京側に渡ってUターンしても、雨脚が強

くなることもなく、サイクリング気分で二子橋まで戻って家路に着いた。

   

ところが、一難去ってまた一難。。家から少しだけ離れたスーパーで買い物

をして帰って来ると、後輪がパンクしてる! 今使ってるのはノーマルのセ

ミブロックタイヤ700×38で、セミスリックと違ってほとんどパンクなんかし

たことない。誰かイタズラでバルブを緩めたんじゃないかと思ったけど、空気

を入れても抜けてしまう。クソーッ、ガキんちょが画鋲でも刺したのか、とか

思いつつ、修理がダルイので家まで12分ほど押して帰ることにした。バカ

バカしい。。。

   

休憩後に修理すると、穴はリム側に空いてたからイタズラじゃなかった。こ

のタイヤまで信頼できないとは困ったもんだな。って言うか、チューブの問

題か。。肉厚の丈夫なチューブ買わなきゃ! 丁度、パナレーサー・イージー

パッチも無くなったし(凄い修理回数・・)、ヘッドライトも電球切れみたいだし、

久々に自転車ショップにでも行くか。あるいは通販で済ませるか。ちょっと検

討してみよう。それにしても、今月はあと8日しかないのか。。(-_-;) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格差拡大の深刻な実態~NHK『ワーキングプア』

放送終了後15分、まだ目に涙が浮かんでる。。強烈なインパクトだった。。

   

「格差」という言葉が流行り始めたのは、「デジタル・デバイド」あたりから

じゃなかっただろうか。今、私はパソコンを使ってブログの記事を打ってい

る。5年前に買ったトラブルだらけのパソコンだけど、一応動くし、それなり

に使いこなしてる。ネットもADSLで高速常時接続だ。これを「当たり前」と

思ってはいけない。日本の中でもこうゆう状況にない人達が大勢いるし、

ましてや世界的には恐ろしく恵まれたデジタル環境にいる。デジタル化が

進む一方の社会において、本人の能力も含めたデジタル関連の格差(デ

ジタル・デバイド)が広がっており、それがさらに人間の格差を拡大・再生

産する。。そうゆう話が流行ったのは6,7年前くらいだろうか。。

   

そして今、格差という言葉は遥かに広くて重要な意味で使われるようになっ

た。所得格差、教育格差、生活格差、地域格差、等々。競争原理の重要性

ばかりが強調され、勝ち組ばかりが華々しく注目される中、日本社会はとん

でもない状況になっている。

   

新聞その他で話はそれなりに知ってるつもりになってたが、やはりテレビの

ドキュメンタリーのインパクトは強烈だった。今日のテーマは「ワーキングプ

ア」。聞き慣れない言葉だが、働く貧困層のこと。引きこもりとかニートの話

とは違って、実際に働いてるのに恐ろしく貧しい人達が急増している。驚い

たことに、全世帯のおよそ1割の400万世帯ほどが、働いてるのに生活保

護水準以下の収入だという。。

   

番組では様々な貧困の実態が丹念に映し出された。NHKだから、余計な

BGMもコメンテーターもなし。ひたすら、さまざまな格差の実態から映し出さ

れる。その中でも3つ強烈なインパクトを受けたものがあった。

   

まず、地方のさびれた街の年老いた仕立て屋さん。昔は流行ってた店だが、

驚いたことに、今年4月までの総収入が1万円程度だという。。1食100円

~200円の食事で頑張る姿を見るだけでも辛かったが、アルツハイマーで

入院してる奥さんがいる話になった時には、不謹慎ながらも思わず苦笑いし

てしまった。ほとんどブラックジョークの世界だ。入院費で年金が消えてしまう

が、生活保護は受けない。なぜなら、生活保護を受けるためには、奥さんの

葬式に備えた貯えの100万円が邪魔だから。。

      

2つ目は、子供のころ親に養育放棄されてしまって、その後ホームレスになっ

てる30代の男性。もちろん、そんな事をしてしまった親自体がそうとう下の世

界にいたと思われるが、そうゆう家庭に生まれて来た子供が、やがてゴミ箱

から雑誌を数冊拾って1冊50円で売って生活する状況に陥ってるのは、何と

も切なすぎる話だ。格差は家庭を通じて次世代に引き継がれてしまう。ホー

ムレスというのは、多摩川を自転車で走る時も、近所の公園でランニングす

る時にも見かける身近な存在なので、何ともやり切れない感じを受けた。。

   

そして、3つ目。思わず涙ぐんでしまったのは、親が養育放棄したり虐待し

たりした子供を預かっている養育施設の映像。そこでいきなり、「Happy 

Birthday♪」が歌われたのだ。こんな状況で、生まれて来て良かったね、と

笑顔で歌えるものなのか。。冷静に振り返れば、過剰な演出のようにも感

じられるけど、見てる時のインパクトは強烈だった。そして、あらためて自分

の親に感謝した。不満は色々あったけど、少なくとも養育拒否も虐待もされ

てないし、それなりに立派な後姿も子供の目に焼き付けてくれたから。。

   

最後に、どうすべきかという話について。確か5月末の『クローズアップ現代』

だったと思うが、経団連会長を退任する直前のトヨタ会長・奥田氏が登場。

財界総理とまで呼ばれる奥田氏は、国谷裕子キャスターが格差に関する

質問をした時、そんなのは気の持ちようだという意味の返答をした。つまり、

下の階層にいても気の持ちようで幸せなんだという考え。それは違うんじゃ

ないかと食い下がる国谷に対しても、奥田氏は同じ答を繰り返した。

   

社会のトップにいる強大な権力者がこうゆう意識を持ってる限り、見通しは

暗いだろう。政治家はともかく、少なくとも財界の上層部は考えを改めるべ

きだ。単に経済原理で考えても、格差社会の深刻化は自社にとって損だと

いう認識が必要なのだ。例えば、下の階層が拡大して不安も広がると、長

い目で見た時に高い車や趣味的な車が売れなくなるだろう。実際、最近は

軽自動車とか実用性とか燃費ばかりがもてはやされている。アメリカの自動

車業界が衰退したおかげで絶好調だからといって、トップがこの程度の狭く

て浅い認識の持ち主である限り、先は見えてるだろう。。

   

ほんの僅かでも情報発信能力を持ってる者として、こうゆう非常に重要な

問題について発言するのはほとんど義務だと思い、硬派な記事を書いてみ

た。ドラマ記事やスポーツ記事だけじゃなく、こうゆう記事を読んで下さる方

が増えると嬉しいと思う。そのことが、格差是正へのささやかな一歩にもな

る。そのためにも、まず自分がこういった問題について書くべきだろう。。 

| | コメント (4) | トラックバック (3)

ハーフ再挑戦、また敗北・・

RUN21.1km,1時間42分06秒,心拍Av162

長い・・・ハーフごときをこんなに長く感じてしまうとは。。(-_-;) 今日は、1週間

前に大崩れしたハーフへの再挑戦。前回は異常な蒸し暑さで脱水症状&痙

攣を起こしてしまったけど、今日は気温が5度くらい低い。湿度は80%くらい

あるけど、前回みたいに直前に雷雨があった訳でもなので、気象条件は

かなりマシだった。ただ、寝不足なのか何なのか、やたら眠いし身体が熱っ

ぽい。休もうかなとか思ったけど、昨日サボったのでグッと我慢。それに、気

温が低い間にハーフへのコンプレックスを無くしておきたい。

  

走り始めてすぐ、心拍の高さに気付く。普段より5くらい高て、アップの往

路途中の上りで早くも150になってしまった。脚はわりとしっかりしてるとは

いえ、前途多難。。実際、控えめなスピードで走ってるのに、中盤で早くも

170まで行ってしまったので、さらにペースダウン。その辺りからどんどん

崩れてきて、最後は1キロ5分まで落ちてしまった。

   

公園を出る前には、我慢の限界で給水&水浴び。ノドが乾くし、やっぱ湿

度が高いとダメ。。なまじ気温が低めだったから、ドリンク用の小銭は持っ

て来てなかったので、感心しないと知りつつ水道水のガブ飲み。まあ、あと

は2.5kmほどだし、先週ほど悲惨な状態でもないので、大丈夫だろって

読み。実際、復路はボチボチのペースで走れた。

    

今日のタイムは給水&水浴び込みだから、それで比較すると前回より20

分くらい速くなってる。ただ、気象条件が全く違うし、ほんの1ヶ月ちょっと

前に出した練習ベストからは10分近くも遅いタイム。おまけに後半はまた

崩れてしまった。ハッキリ言って、連敗。。ランニングをサボりまくったツケ

はかなり重い。。9月からはまたランニング中心に戻すので、そろそろ準備

しとかないとマズイな。。詳細は以下の通り。

   

  往路(2.45km)   11分59秒  平均心拍140

  1周(2.14km)   9分48秒         158

  2周             9分49秒        162

  3周           9分49秒        166 

  4周            9分56秒        167       

  5周          10分03秒        169 

  6周           10分37秒        166 

  7周          10分45秒        166  

  8周(1.22km)   7分17秒        165

  復路           12分04秒        161

  計 21.1km 1時間42分06秒    162(最大177 ゴール前)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

限られた時間だけが持つ価値~『タイヨウのうた』第2話

 「私ってさぁ、可愛いから絡まれちゃうのかな♪」

その通り! このドラマのレビューなんて、一言で終わらせることも可能だ。

「可愛い♪」。 薫=沢尻エリカの圧倒的な可愛さ、美しさ、可憐さの前には、

他のものが全て吹っ飛んでしまう。『クロサギ』の山下にハマってた女性の気

持ちが、今になってよ~く分かるような気がする。ここ数年のドラマの主演女

だと一番かも。。

     

ただし、薫の魅力にも関わらず、今回のドラマの印象はややビミョー。

回、満場一致(賛成1人、反対0人)で今クールのドラマ記事への採用を決

めた時のポイントのうち、今回消えてしまったものが幾つかある。最大のも

のは、橘麻美(松下奈緒)『Wish』。前回はこの曲の素晴らしさが大きかっ

た。メロディ、歌詞、歌、プロモーションビデオと全て揃ってて、薫も歌ってた

関係でドラマ全編を通じて流れてたので、ドラマのイメージアップに大きく貢

献してた。今回も少しだけ流れたものの、完全に脇役へと退いてしまった。

脇役が歌う「うた」なんだから、ドラマのコンセプトから言うと目立つべきじゃ

ないのは理解できる。でも、かなりのマイナスに感じた。おまけに、代わりに

全編で流れてた音楽が恐ろしく『医龍』に似てて、相当な違和感があった。

音楽担当が同じ澤野弘之だからだろう。『医龍』はいいドラマだけど、『タイヨ

ウ』とじゃ性格が違い過ぎて全然合わない。『医龍』を見てなければ、何とも

思わないのかも知れないけど。。

その他、湘南を走るバイクとか光り輝く太陽、顔のでかい警官(佐藤二朗)

のお笑いも消えてしまったのも、個人的にすごく残念だ。。

    

もちろん、10代特有の無邪気さや明るさ、コミカルな部分とかはちゃんと

残ってる。今回限り(?)の女性実業家(山本未来)の妖しい魅力も悪くない。

でも、既に前回少し強調しといたように、難病で死と直面してる美少女とか、

運命のいたずらで太陽と無縁になった生活とか、ストーリーの中心はやや

平凡に感じてしまう。『タイヨウのうた』が、『1リットルの涙』と『白夜行』の中

途半端な融合に終わらないためには、やはり「うた」の素晴らしさを前面に

押し出す必要がある。曲そのもの、薫たちの歌への情熱、周囲の共鳴。。

   

これはおそらく、心配し過ぎなんだろう。たまたま今回は、過渡的に歌の役

割が薄れただけであって、ホストクラブへの寄り道を経て民宿みうらでのバ

イトに落ち着いた4人、孝治(山田孝之)・隆介(川村陽介)・雄太(田中圭)・

晴男(濱田岳)がバンドを始めれば、一気に歌が前面に出るんだろう。今の

ところ妙に浮いてる修(竹中直人)も、しっかりメインストーリーに関わって来

るんだろうし、イケメン・プロデューサー工藤洋平(要潤)も、薫を麻美のゴー

ストライターとして狙って来て、そこに悪役レイサ(原史奈)も絡むんだろう。

ただ、タイヨウまでコケてしまうと、今クールはハマれるドラマが無くなってしま

うから、ちょっと不安を感じたって程度のお話。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ブツブツぼやいたり考え込んだりしてたら、時間が無くなった・・(^_^;)

まさかこれで 終わりにする訳にも行かない(多分・・)。

   

あらすじは2行で済ませよう。ストリートで歌ってた薫が絡まれてる所を孝治

が助けて仲良しに。その後、薫の告白やケンカを経て絆が深まったってお話。

薫の友達の美咲(佐藤めぐみ)の隆介に対する思いも、忘れられない初恋

だったから、その意味で今回の公式タイトル「月夜の告白・・・忘れられない

初恋」っていうのは的を射たものだ。最近、あまりにピント外れの公式タイト

ルが多過ぎたから完全に無視してたんだけど、これは問題ない。

    

ここからは、残った時間で、生と死について考えてみよう。言うまでもなく、こ

のドラマは、難病XP(色素性乾皮症)に冒された美少女が、「限りある」命を

「うた」と恋愛に捧げて必死に生きる話だ。映画は知らないし、ドラマの結末

に薫がどうなるのかも分からないけど、いずれにせよ非常に「限るある」生

の話になってる。実際、孝治とケンカした後は太陽が出る前に帰宅しようと

必死に走ってたし、最後に医者の榎戸(山本圭)「どんな恋でも、しないよ

りはした方が素敵なんじゃないかな」なんて瀬戸内寂聴みたいな事を言った

時も,「でも、私には時間がない」と淋しそうに言ってた。

    

一方、このドラマは単なる難病ものではなく、青春ものでもある。公式サイト

のイントロダクションは「本当の・・・本物の・・・“青春ドラマ”を!!」と題して

青春の特徴を並べている。「未熟さ。強さ。弱さ。成功。挫折。・・・・・・まぶし

く、キラキラとした・・・・・・『青春』それは、“迷い”の季節・・・・・・若さゆえに探

し、迷う・・・・・・」。このうち本質的なことは、未熟さとまぶしさだろう。迷いも含

めて他のものは、青春じゃなくても人生全体にあてはまることだ。でも、もっと

重要なことがその下に書いてある。

   

  「しかし、目の前に死を意識することで、彼女は、日々を精一杯

   生きていました。そして、そんな彼女の姿は「ありあまる時間」

   に迷う若者たちを変えていきます。彼らも自分の中にある「情

   熱」=「太陽」に気がついていく」

   

そうなのだ。薫のような場合は別だけど、普通の青春は、ありあまる時間

に直面する時だ。だからこそ「青春18きっぷ」なんてものまである。もち

ろん、バイトや勉強による忙しさなんて関係ない。人生の時間がまだたっ

ぷりと残されてる(気がする)って事が重要なんだし、時間がありあまってる

からこそ、バイトや勉強に打ち込める。恋愛や遊びにも時間を使える。

   

ありあまる時間は、それをかなり失った者から見れば羨ましい。でも、必ず

しも良いものでもない。緊張感とか必死さが無く、ただ弛緩した時を怠惰に

過ごしたり、刹那的快楽に溺れて退屈さをまぎらわせたりすることにもつな

がってしまう。そしてこれは、人間の生一般についても言えることだ。もし生

が無限なら、あるいは人生が数千年もあるなら、生のあり方は恐ろしく弛緩

するだろうし、平板なものになるだろう。死が遥か彼方にあるのなら、遠大

なプロセスとしての生は変質するだろう。。

   

それは悪いことではないのかも知れない。ただ、限られた生だけが持つ価

値がある。それ特有の輝き、強さ、美しさというものが確かに存在する。

回、薫がこだわってた「頑張る」なんてことも、生の有限性を自覚した方が

成立しやすいものだろう。薫を中心にして、限られた生だけが持つ価値を

彼らが体現する時、青春特有のまぶしさや情熱が存分に発揮されるだろう。

たとえ未熟でも、いや未熟だからこそ、キラキラ輝く光が放たれるだろう。

     

青春という限られた時間が、限りある生の価値を知った時、死の意味に気付

いた時、ありあまる時間は無限のパワーへと昇華されるのだろう。。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなこと書くより、薫の告白とかタコさんウィンナーの話とか書く方が、ラク

だしウケるのかも知れないけどネ (^^ゞ 5円玉の穴から見る月ってのは、是

非一度試してみよう♪ 大切な誰かと見ないとキレイじゃないのかな。。

来週は麻美を交えた三角関係ってことか。山田君、モテるねぇ。羨ましい!

ではまた・・☆彡

      

P.S.限りある生については、極端な形で『ギャルサー』第8話でも扱った。

   

P.S.2 やっぱ女性社長の200万よりストリートの沢尻エリカの方が上か。。

   

cf.光を求めて輝き始めた歌声~『タイヨウのうた』第1話

   小さな宇宙、大きな人間~『タイヨウのうた』第3話

   自分のために、誰かのために~『タイヨウのうた』第4話

   私から私達へのさらなる深化~『タイヨウのうた』第5話

   光の忘却、闇の過剰~『タイヨウのうた』第6話

   幹の不在、枝葉の衰弱~『タイヨウのうた』第8話

   輝く脇役、月夜の主役~『タイヨウのうた』第9話

   夢と命~『タイヨウのうた』最終回

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『M:i:Ⅲ』、面白かった♪☆

連休中、久し振りに銀座で映画を見た。友人に「M:i:Ⅲ」を見ようと誘われ

た瞬間には、何のことか分からなかったんだけど、とりあえずOK。後ですぐ

調べて、「何だ、ミッション・インポッシブルか。いちいち略すなよ!」って感じ。

ま、分からなかった自分がおバカなのかも。。あっ、そうそう、これから見る

予定の人は、ネタバレにご注意!☆結末まで書いちゃうからネ♪

    

人気映画だし連休だから、どのくらい前に行けばいいのか悩んだけど、一応

上映2時間前に有楽町マリオンへ。すると、数ある映画の中でもM:i:Ⅲだけ

長い行列が出来てる。断トツの人気なのか。。列に100人くらいいて、案内

係が「あと100席くらいしか残ってません」とかアナウンスしてるので、ダメモ

トで一応並んでみたらギリギリ成功♪ ただし、座席は前から3列目。ま、迫

力があっていいか、とポジティブ・シンキング。

      

チケットと一緒に、券を渡されて、何だこりゃって感じで無視してたら、友人が

Mi3_aポイントカードだと嬉しそうに指摘。なるほど、年末

までに銀座で6回映画を見れば1回無料なのか。

すると、この券って言うかポイントは1つ300円!

捨てるのはもったいないな。でも、最近やたらポイ

ントカードだらけで、ハッキリ言ってウザイ! ごく一部の店がやってるよう

に、その分を値引きしてくれる方がよっぽど嬉しいんだけど。。

   

その後は時間まで、近くのカフェ・レストランでおしゃべり。アッと言う間に

時間が来たので、マリオン11Fの日劇へ。まず目が行ったのはパンフレッ

Mi3_bト。映画館へ行くと、大抵パンフレットを買う。映画

の料金は、1800円+600円=2400円だと、最

初から考えてる。表紙は、主演&プロデューサーの

トム・クルーズのアップ。演技も外見も好きな俳優だ。

Mi3_b2裏表紙は、チェサピーク・ベイ・ブリッジで敵の攻撃

から走って逃げるイーサン・ハント(トム)。こんな物

にまでバーコード(左上)を付けるのは勘弁して欲し

いけど、これも時代か。。

   

その後、生まれて初めて映画館のポップコーンを買った。特に食べたかっ

た訳でもないけど、一回やってみたかったし、飲み物とのセットが割安だっ

Mi3_cたし、おまけに袋が可愛かったから。和田誠の

ゴジラがなかなかいい味出してる。ちなみに裏

側はラドン。さらに別のサイドには、「お願い!

携帯電話 ポケベルOFF」の表示。そのおか

げって訳でもないだろうけど、上映中に着信音は全く聞かなかった。イラ

ストの下には、「弾けていないコーン(不発コーン)・・・は大変堅く歯や歯ぐ

きを傷める危険性があります」なんて警告。ま、これも時代か。。

     

さて、前置きがやたら長いのは偶然じゃない。この映画、内容について深く

語る気にならないのだ。別にけなしてるんじゃなくて、ただただ圧倒的なア

クションシーンが続く映画。やっぱりTVドラマとじゃ全く比較になってない。

桁違いの金や手間ヒマがかけられてる。最近のドラマだと、『輪舞曲』の初

回なんてかなり映画的な作りで頑張ってたけど、やっぱり問題にならない。

スピード、迫力、意外性、とにかく圧倒的だ。友人いわく、シリーズ前2作よ

り遥かに過激とのこと。特にバチカンと上海のロケと、チェサピーク・ベイ・

ブリッジの攻防が素晴らしかった。。

   

あまりにメチャクチャなシーンが続くので、一人でクスクス笑ってたんだけ

ど、館内は全く笑い声無し。もうちょっと皆さん笑ってもいいんじゃないの?

大人の街・銀座だから大人しいのかね。渋谷はどうなんだろう。ちなみに友

人は、一人でクスクス椅子を揺らして笑ってる私が面白かったそうだ (^^ゞ

    

でも、少なくともラストは笑うシーンだったはずだ。頭に小型時限爆弾を埋め

込まれたイーサンが、婚約者ジュリア(ミシェル・モナハン)に頼んで、電気

ショックで回路を焼き切ってもらう。1度死んだ後で生き返ろうっていうメチャ

チャな(?)非常手段。1秒を争う緊急事態なのに、「ちょっと待って」とか言っ

た後、お約束のセリフ。「愛してる♪」(だったと思う)。反射的にプッと吹き出

したけど、周囲はシーンと静まり返ってる。「オイオイ、ここは突っ込んで笑う

所だろ!」と、個人的にかなり違和感を持った。

      

その後、Yahooで見たシネマトゥデイのニュース記事「『海猿』がニューヨー

クでなぜか爆笑される!」に、こんな話が載ってた。

   

   鑑賞中、あきらかに日本人と反応が違っていたのは、主役の

   伊藤が携帯電話を使ってプロポーズする感傷的なシーンでは

   日本中が大号泣だったが、ニューヨーカーの目には「こんな状

   況下で携帯を4、5分も使いプロポーズまでする」彼を見て、爆笑

   していたことだ。

   

これを読んで、改めて確信した。やっぱりあのシーンは、作り手にとっては

爆笑シーンだったのだ。ちゃんと笑った自分に自信をもったってお話 (^^)v

ついでに言うと、電気ショックで一回死んだ後のイーサンを、普段は看護師

のジュリアが人工呼吸するシーンも、明らかに爆笑シーン。少なくとも泣き笑

いのシーンなんだけど、まったく笑い声は聞こえなかった。

これは、話が理解できてないと笑えない。つまり、イーサンはもう一度電気

ショックを与えてくれれば生き返ると言ってたのに、ジュリアは取り乱して普

段の自分の仕事をやってしまったって訳。つまり、愛する人の命を救おうと

して必死に頑張ってると同時に、慌てて滑稽な行動をやっちゃってるシーン。

それで助かってしまうのはハリウッドらしくていいんだけど、あのシーンで笑

えない観客にはちょっと不満だった。。

     

それはさておき、もちろんスパイ映画としてストーリーは一応ある。諜報機関

IMFの教官になってるイーサンが、教え子の救出のために現場に復活。大

掛かりな国際的陰謀に巻き込まれて、健闘むなしく恋人と共に捕まってしま

う。最後はもちろん、逆転勝利でみんな仲良くハッピーエンド。これぞアメリカ

の娯楽映画って感じ。一応、人間関係の描写に力を注いだって話になってる

けど、まあハッキリ言ってオマケでしょ。敵が欲しがってる「ラビットフット」なん

てのも、どうでもいい。あの圧倒的なアクション・シーンの連続と比べるとね。

それにしても、ほとんどスタント無しでやったと言うトム・クルーズは、ホントに

よく走ってた。40台半ばなのに、『野ブタ』の信子も『クロサギ』の氷柱も真っ

青なほど走り回ってた。ランナーの端くれとして、ひたすら感心。。

      

という訳で、M:i:Ⅲは凄く面白かったってお話。友人に言うと、面白かったっ

て意味が違うと笑われたけどネ。見終わった後に何も残らないけど、見てる

中にあれだけ面白ければ問題なし!あれだけ笑わせてくれれば大満足☆

       

P.S.『輪舞曲』もそうだったけど、どちらが悪でどちらが正義なのかって問

    題は考慮に値する。映画の中では詳細が語られてないので情報不

    足だけど、見方によってはイーサンの方が悪、あるいは浅薄な偽善

    かも知れない。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨にも負けず、4日連続♪

RUN13.3km,1時間02分35秒,心拍Av147

やった♪ 4日続けて運動したのはかなり久し振り。何で急にマジメになった

かって言うと、理由は単純。仕事がちょっとラクになったから。結局、メンタル

とかフィジカルよりも、時間の問題が一番大きいかも。。

   

今日はかなり時間があったけど、相変わらずの梅雨空で自転車に乗る気は

しない。ランニングと違って、自転車で雨に会うと危ないし、一気に身体が冷

えてしまう。幸い、気温がかなり下がってるので、湿度が高くてもランニング

しやすい状況だ。珍しく映画の記事をアップし終えた後、雨があがってる時

を見計らって近所の公園にスタート。ところが、すぐに小雨が降り出した。。

   

例によって、折り畳み傘を持ってたので、直ちに傘ランに変更。雨も傘もうっ

とうしいけど、涼しいので走りは快調。昨日まで3日連続運動した疲れも感

じない。雨じゃなければ、タイムトライアルでもやりたいような気分だ。実際

には、明日も続けて運動してやろうと狙ってるので、体力温存の無難な走り。

   

ところがその後、雨が本降りなって来て、途中で帰りたくなって来た。こ

の公園は、家から近いこと以外に、コースの半分くらいが木に覆われてる

点が長所で、フツーは半分くらい傘を閉じている。でも、雨脚が強まったた

めに、葉っぱの合間からもビシビシ雨が落ちるようになって来た。ただ、

もカッパも使ってないランナーが2人いたので、勇気づけられた。彼らより

はかなりラクな状況だと思うと、途中で帰るなんて出来ない。

   

結局、予定の10周を無事こなして帰宅。ムカつく事に、帰宅した瞬間に雨

が止んだ。「雨に濡れて帰宅した途端に雨は止む」って言うのもマーフィー

の法則の一つか。まあ、走り自体は調子良かったからいいけどネ。心拍

も低いし、脚も全く余裕だったし。。詳細は以下の通り。

      

往路(1.15km)   6分17秒      平均心拍120

 1周(1.1km)    5分15秒            141

 2周          5分13秒            145

 3周          5分15秒            147

 4周          5分10秒            150

 5周          5分16秒            146

 6周          5分10秒            149

 7周          5分12秒            151

 8周          5分10秒            152

 9周          5分01秒            154

10周          4分55秒            157

復路           4分41秒            158

 計      1時間02分35秒       147(最大167,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数ヶ月ぶりに高負荷・高回転

RUN5km ; BIKE22.6km,39分,525kcal,心拍Av160

いやぁ、3日続けて運動すると気分いいなぁ♪ ホントは5日連続くらい平気で

やんなきゃマズイんだけどネ。。今日は別にグズグズしてたんじゃなくてホント

に時間が無かった。雨雲が立ち込めてるので夜の多摩川に行く気もせず。仕

方なく閉館ギリギリのジムへ駆け込む。少しだけ筋トレをやろうかと思ったの

に、またマシンがふさがってたので、すぐバイク。時間が40分ほどしかないか

ら、久し振りに高負荷・高回転でやることにした。一体、何時からやってない

のかな。調べるのもダルイけど、数ヶ月ぶりって言えば無難な所か。

   

休館日の翌日で天気も悪いからなのか、有酸素系マシンもかなりふさがって

て、すぐ目の前が壁になってる不愉快なバイクを使うハメに。まあ本気で回せ

ばそんな事は気にならないけどね。。負荷は手頃な225wに設定、毎分100

回転で回し始める。高負荷が何ワットを指すのか別に決めてないけど、その

時点の実力で40分程度しか持続できないワット数(回転数は無条件)って感

じかな。100回転はかなり久し振りなので、最初の10分くらいは上手く回せ

なかったけど、そのうち慣れた。

   

高回転の時はいつも、脚や心臓より先に呼吸が荒れてしまう。たかが心拍

150台で、早くもハーハーゼーゼー。うるさいので周りに気を使ってしまうほ

ど。30分はダルイけど20分じゃ軽いってことで、間をとって25分。全力で

回せば30分以上持続できたけど、実はまた明日も運動しようと狙ってるの

で、少し余裕を持たせた。5分間だけ150wで休憩して、後は225wから

250wに上げて終了。短時間だけど、程よいトレーニングになった♪

   

それにしても、早く梅雨明け来ないかな。このままじゃ、自転車の乗り方を

忘れそう。。詳細は以下の通り。

    

225w(100回転)×25分150(75~90)×5225(80~90)×5,

250(80~90)×3,150(80~90)×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の傘ランで軽く距離稼ぎ

RUN12.2km,58分07秒,心拍Av151

雨、雨、雨。。降水量は少ないって話だけど、今年の梅雨はとにかく天気が

悪い。今日も雨で、おまけにジムも休館日なので、夜中に雨が小降りになっ

た時を見計らって、セコく距離稼ぎに出発。雨に濡れて走ろうかとも思った

けど、ピンポイント予報を考慮して、軽い折り畳み傘を持って走ることに。

場所は近所の小さめの公園。

      

この傘ラン、先日も友達2人に爆笑されてしまったけど、機能的に考えた時

にカッパより遥かに優れてるのは間違いない。圧倒的な通気性、身体の動

きの自由さ、すぐ畳める点、軽さ。カッコや習慣の問題で誰もやらないにす

ぎないと思ってる。夜中に一人で走ることが多い私にとっては、全く無関係。

もちろん風が強いとダメだけど、梅雨はもちろん、小雨の日は風が弱いこ

とが多いから、問題なし。

     

昨日、走り始めに左脚のスネが少しピクピクしたんだけど、今日は大丈夫。

土曜夜の脱水症状&痙攣の後遺症は消えたようだ。ただ、傘ランだし、下

手にムリして痙攣のクセが付くと困るので、軽く走る。高校陸上部時代、痙

攣がクセになってしまってる仲間を数人見てるもんで。。

最初は身体が重かったものの、走るに連れて軽くなり、やっと調子が出て

来た所で終了。やたらタイムが悪いし、心拍も高いけど、まあ気にしない。

流して走っただけだし、ほとんどランニングしない生活が3ヶ月近く続けば、

走力が落ちるのは当然。。

   

これで、明日もまた運動すれば、結構いい感じのペースになって来る。や

る気はあるし体調も回復して来たので、あとは時間の問題。天気はダメだ

から、またジムか。果たして実行できるかな。。詳細は以下の通り。

      

往路(1.15km)   5分47秒      平均心拍124

 1周(1.1km)    5分33秒            141

 2周          5分28秒            144

 3周          5分24秒            149

 4周          5分20秒            152

 5周          5分14秒            155

 6周          5分16秒            157

 7周          5分11秒            159

 8周          5分07秒            160

 9周          4分50秒            165

復路           4分58秒            167

 計          58分07秒       151(最大171,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然に曲がった子供の魅力~『サプリ』第2話

「つか」は前置詞でも助詞でもなくて接続詞だろ!とでも突っ込む所から始め

よう。そんな事どうでもいいんだけど、何か苛立つ。八つ当たりしたくなる。。

   

このドラマ、放送開始前に思ってたよりはイイ。映像が全般的にキレイだし、

音楽もまずまず。そこそこの心地良さや面白さはあるし、人物設定にも厚み

がある。セリフも悪くはない。でも、見終わった後で何だかむなしい。。

    

これは必ずしもドラマの欠点じゃないのかも知れない。ドラマなんて適当に

見て軽く楽しんでおしまいってのがフツーだろうし、見終わった後はまたすぐ

別の番組や他の娯楽に向かえばいい。今回なら、すぐTBS系列にチャンネ

ルを変えた人も結構いただろう。ただ、これでマジメに記事を書こうとしてる

立場から言うと、そんな価値や中身があるのかって気が少ししてしまう。

その一方で,価値や中身なんてものは与えられなくても創り出せばいいって

思いももちろんある。だから、苛立ちの一部は自分の無能さに向けられてる

んだろう。

   

ま、こうゆうウダウダした文章は度々書いてるので、ウチの常連さんなら笑っ

て聞き流してくれるだろうと信じてる。「また始まったよ♪」って感じで。。(^^ゞ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そうゆう訳でって言うか、メイン・ストーリーにあんまし興味を持てないの

で、あらすじは省略。華やかな職場で活躍してる美人OLが年下のイケメン2

人にモテる話なんて、正直勘弁して欲しい。ここでは、「全体」の流れを追うよ

り、ちょっと興味をもった「部分」について触れてみよう。

    

まず、ミナミ(伊東美咲)荻原(瑛太)の会話について考えてみよう。

 「いつも口当たりのいい事ばかり言って、上手く立ち回って、ウソも平気で。

  ・・・そんなんでいい仕事してるって言える?」

 「藤井さんは、正攻法の人なんですね。真っ直ぐ仕事して、真っ直ぐ恋愛し

  て、いいと思います。・・・でも、寂しくないですか? 真っ直ぐって、人をは

  じくから。曲がったり、策を練ったり、技を使ったり。そうゆうの罪じゃない

  と思います。もっと正攻法以外を身に着けるべきです」

   

いま仮に、真っ直ぐの線を紙に引くとしよう。そこに描かれた線は、実際には

真っ直ぐじゃなくて、多少曲がってるはずだ。その点を他人に指摘されると、

今度はもっと力を入れて真っ直ぐ引こうとするだろう。それでも、よく見るとやっ

ぱり曲がった線だ。。

   

ここから2つの事に気付く。まず、真っ直ぐっていうのは厳密には不可能だっ

てこと。また、不可能な真っ直ぐをできるだけ追求しようとすると、力が入

てことだ。この力はいい意味では「努力」ってやつで、ある程度は必要だし、

いい結果をもたらすこともある。一方、その力は自分を疲れさせるし、真っ直

ぐでない他人をはじき飛ばすことにもつながる。特に、何が真っ直ぐかって基

準が人それぞれ微妙に違うので、2つの真っ直ぐはしばしば衝突する。。

    

ミナミの真っ直ぐさは、今回の仕事において、荻原やスタイリストを始めとす

る他のスタッフをはじきかねなかった。それは「寂しい」ことかも知れないが、

悪いこととは限らない。たまたま今回は、香月ミカ(相沢紗世)の鶴の一声も

あって、「曲げた」方法が上手くいったけど、「真っ直ぐ」の方が良かった可能

性も十分あった。

また、ミナミが真っ直ぐで荻原が曲がってるとは必ずしも言えない。実際、ミ

ナミは主張を曲げたし、荻原は自分の意見を真っ直ぐ押し通した。一時的に

は、荻原がミナミをはじいたことになる。

    

さらに、「曲がってる」ことと「曲げる」ことの違いも指摘しとこう。大なり小なり、

誰でも曲がってる。でも、荻原がやってるのは意図的に曲げること。真っ直ぐ

に比べるとラクかも知れないけど、かなり疲れるのは間違いない。色んなリス

クもある。信用を失ったり、誤解されたり、真っ直ぐを忘れてしまったり。だか

らこそ、ミズホ(りょう)「そのままでいいのに」っていう言葉が荻原の心をつ

かんだんだろう。そのままとは、一般的に言うと、自然に少し曲がってる状態

のことだ。古今東西ありふれてるこの言葉が上手く働くためには、色んな条

件が必要だってことは言うまでもない。

また、おそらく最も自然に曲がってるのが勇也(亀梨和也)なんだろう。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう時間がないけど、大人と子供について、少しだけ。今岡(佐藤浩市)は勇

也にこう言った。

 「悪くなくても謝るのが大人、悪いと思っても謝れないのが子供だ。どっちが

  いいのかは分かんない。どっちも間違ってるかも知れない。ただな、どっち

  にしても、後で後悔するのは自分なんだぜ」 

   

よく聞く話で、シャープだし結構正しい基準だとは思う。ただ、もしかすると「些

細な事で謝るのが大人、大切な事で謝るのが子供」なのかも知れない。

なるほど今岡は、社会人としてあちこちで頭を下げてるだろう。けれども、決

定的な所では謝らなかった。それは、娘のなつき(志田未来)「半人前の仕

事をして、一人前の要求をしない」と言った瞬間のこと。ここは当然、「ゴメン。

言い過ぎた」と謝った後、「よし、久々にピアノでも弾いてみるか」とフォローす

べき所だ。父親として半人前の仕事しかしてない今岡に、一人前の説教をす

る資格はない。

ところが実際には、沈黙の後で出た言葉は「なつきさぁ、おばあちゃんとこ行

くか?」だった。母親は仕事で一人海外へ、預かった父親は実家に娘をタラ

イ回しにして若い部下に夢中。「当番表」にしたがって勇也が焼きうどん作っ

てくれたくらいじゃ、娘は辛すぎる。なつきの悲しげな表情が目に焼きついて

しまった。。

        

一方、大人が良くて子供が悪いなんて単純な話じゃないのも当然の事。実際、

色んな意味で子供の勇也に、ユリ(浅見れいな)は魅力を感じてた。

結局、自然に曲がった子供である所が勇也の魅力の核心かも知れない。。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、もう時間切れ。マズイ。。唐突だけど、また来週☆彡

でも、この調子じゃ再来週あたりは危ないかも。。

   

P.S.勇也を一家の大黒柱にした所とか、荻原をイヤな奴からイイ奴にした

    所とか、かなり不自然だった。無理やり「曲げた」って感じ。。

    

P.S.2 個人的には、悪くなくても謝れる、でも、そんな事態にならないよう

      にあらかじめ諸々の配慮をする、そんな大人になりたいと思う。。 

    

cf.野ブタ・修二、主食になれるか~『サプリ』第1話

   エモーショナルの優越性~『サプリ』第3話

   片思いという不均衡~『サプリ』第4話

   サプリから主食へ~『サプリ』第5話

   透けてみえたのは何か~『サプリ』第6話

   大人のハート~『サプリ』第8話

   制作サイドによる実力誇示~『サプリ』第9話

   構造の認識、意味の解釈~『サプリ』第10話

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

| | コメント (10) | トラックバック (2)

脱水症状&痙攣から2日、意外な好調♪

RUN5km ; BIKE22.9km,43.5分,600kcal,心拍Av162

TORSO ROTATION(上体水平回転) 48.5kg×18×2

  

一昨日の夜、異常に蒸し暑い公園で一ヶ月ぶりにハーフ走ってたら、脱水

症状&手足痙攣・・・昨日休んで、今日は回復チェックの日。ホントはゆっく

り自転車に乗りたい所なんだけど、残念ながら雨雲が立ち込めてるので、

夜のジムへ。時間は十分あったはずなのに、結局到着はいつもと変わらず

相当遅め。バカは死ななきゃ治らないってか・・・(^_^;)

      

まずジムに行く時のランニングが心配だったけど、痙攣した左足のスネが

少しピクピクしただけで、一応大丈夫。ただ足腰全体が疲れてる。到着後、

前回故障してたマシンだけ使って、サラッと筋トレもどき。3連休最後の夜

だから空いてるって読みは大当ただったのに、時間がなくて十分な筋トレ

が出来ないのは残念。って言うか、バカ。。有酸素系も空いてて、2番目に

お気に入りのバイクに乗ってすぐスタート。ちなみに、1番お気に入りのバ

イクは、ペダルのストラップが切れたまま。。好き嫌いの基準は、設置され

た位置と回す感触。

  

43分程度しか回せないので、高負荷か高回転しかないけど、ヒルクライム

が目標なので高負荷を選択。一昨日のダメージがどの程度あるのか分か

らなかったけど、一応218w中心で回してみる。

最初は、ものすごく久し振りに使った筋トレマシンの余韻が残ってて脚がダ

ルかったけど、徐々に調子が出て来る。おまけに、なぜか心拍がやたら低

い。このワット数でしばらく心拍150台っていうのは相当な好調だ。徐々に

上がったものの、たかが160台半ば程度。実際かなり余裕がある。途中で

221wに上げても、なかなか心拍170に到達しない。最後にものすごく久々

の250w・5分なんて事をしても、174までしか上がらなかった。終了後も

全然余裕。しまった。こんな絶好調なら、1時間の消費カロリー最高記録を

更新できてたかも知れないのに、惜しいことをしたなぁ。。帰りのランニング

も問題なし♪

   

実は、今日はジムに行く前から身体がラクだった。気温が下がったのに

加えて、身体が少し慣れたようで、冷房も扇風機も全く必要なし。ジムも

涼しくて、もちろん汗は噴き出すものの、ボタボタとかベタベタって感じは

無い。できればこの調子でずっと行きたいもんだけど、甘いよな。。

体調管理とかセルフコントロールとか、口で言うのは簡単だけど、身体の

調子ってホント複雑だなぁと再認識した夜だった。バイクの詳細は以下。

   

210w(90回転)×3,218(85~90)×23,221(80~85)×10.5,

250(80~85)×5,150(70~80)×1   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『マイボス』への単なるボヤき

本命『タイヨウのうた』が期待通りの出来だったので、サラッと見ただけ。

前回はほとんど笑えなかったけど、今回は3ヶ所笑えた。真喜男(長瀬智也)

が道端のグラビア雑誌を見てる所にひかり(新垣結衣)が来てあわてたシー

ンと、学校まで歩いて何キロって話と、真鍋(田中聖)がゴロゴロ転げ落ちる

シーン。ただ、アグネス体操はイマイチだし、短パンがズレ落ちたのも古典

的過ぎてちょっと引いた。。

      

もっと問題なのは、深みのなさ。「家族」、「キャッチボール」、「ウサギの目」、

それっぽい事を一応散りばめてるんだけど、1回聞いて誰でも一応分かる

程度のものでしかない。だから視聴率取れてみんなが面白がれるのかも知

れないけど、個人的には引き込まれない。無いものねだりって奴かな。この

ドラマにそんなもの期待するのが間違ってるのか。でも、前が凄かっただけ

にねぇ。。せめて、もっと笑えたり、もっと爽やかだったり、もっと斬新だったり

すればいいのになぁ。。

   

ナギサじゃなくてひかりが前面に出て来たのは嬉しいんだけど、やっぱり全

体的にイマイチ。。とか言いつつ、月曜の『サプリ』がつまらなかったら『マイ

ボス』にあっさり変えるかも♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『レガッタ』、軽~い感想♪

今クールのドラマ記事候補・第7弾、『レガッタ』。スポーツを中心にして恋

愛を絡めたドラマってのは個人的に好みなんだけど、このドラマはちょっと

不運だった。

先に本命『タイヨウのうた』を見て満足した後、録画でサラッと見たために、

『サプリ』との2番手争いっていう気の抜けた勝負になってしまった。おまけ

に相手は月9で、出演者的にも格上。こうゆう不利な状況を打破するもの

が必要だったのに、初回では見当たらなかった。

    

まずストーリーで言うと、親友とボートで女を取り合う勝負をして死なせてし

まうっていうのは、何ともワンパターン。実際、少し似たような話は、大昔の

原作に基づく冬ドラマの『氷壁』にもあった。スポーツをやってる男として、

その気持ちはよく分かるんだけど、平凡でリアリティのない筋書きを、今更

あそこまで重々しく扱われてしまうと興ざめだ。実生活ならともかく、これは

ドラマ。せめて、もう少し軽めに、あるいは工夫して扱ってほしい所。

   

一方、出演者。主人公・大沢誠役の速水もこみちは、初主演ってことで、ま

ずまずだと思う。『輪舞曲』の方がカッコイイとは思うけど、ボート部の学生

だからあんなものかな。同棲相手・千香子役の若槻千夏も、初めての連ドラ

レギュラーとしては悪くなかった。バラエティだとウザイのに、ドラマでは今の

ところ感じいいコで、役に恵まれたと言うべきかも。いずれ、いいコじゃなく

なりそうだけどネ。。聖也役で、父親ゆずりの爬虫類系フェイスの松田翔太

も、悪役を無難にこなしてる。超可愛い沢尻エリカと仲良しってのがムカつく

けど、まあいいかって感じ。

ただ、ファンの方には申し訳ないけど、役の相武紗季が個人的にかなり

苦手だ。脇役ならともかく、準主役級の扱いだと困ってしまう。いずれ、操の

シーンを減らしてボートのシーンを増やすのかも知れないけど、初回はかな

りキツかった。。

      

という訳で、結論。『レガッタ』は落選。少なくとも『CA』なんかよりはマシなド

ラマだけど、これなら『ダンドリ。』の方がイイし、去年の『がんばっていきまっ

しょい』の方が映像もキレイだしシンプルかつ爽やかで良かった。

まあ、イケメン代表のもこみち君はわりと好きなので、陰ながら応援すること

にしよう。もうちょっと筋トレやった方がいいかもネ♪

それでは、この辺で。。☆彡

| | コメント (2) | トラックバック (1)

大崩れ・・脱水症状で手足が痙攣・・

RUN21.1km,1時間49分56秒,心拍Av155

悲惨・・夜になってもって言うか、夜になって一段と蒸し暑くなった中、丸

1ヶ月ぶりにハーフ開始。まあ完走が第一目標だから、1時間40分くら

いかかってもいいやって感じだったんだけど、これが大甘! まさかの

大崩れになってしまった。前回は練習ベストだったのに、今回はここ1年

のワーストかも。。このタイムは給水や水浴びを除いてるから、実際には

時間を超えてたと思う。ベストと比べてほぼ3分の4倍だから、スピー

は4分の3。つまり25%ダウン。。(-_-;)

         

ランニングをさぼりまくってる間に、大っ嫌いな蒸し暑さがますます強まっ

てて、ハーフ21kmなんて走れるのかなって不安はあった。公園までの

往路がボチボチだったから、ゆっくりなら大丈夫かなと思ったのに、1周

目からしんどくてスピードが上がらない。とにかく街中より公園内が異常

に蒸し暑くて、風もほとんど無く、サウナでランニングしてる感覚。昼間の

雷雨に加えて、時折小雨がパラつく曇り空。悪条件が揃ってた。実際、

周りのランナー達のほとんどは、私以上にヨタヨタ走ってた。

   

3周目くらいから急激に崩れ始め、意識的にスピードダウンしても回復せ

ず。シャツも短パンも気持ち悪いくらいビショ濡れ。まるで荒川マラソンを

思い出させるような大崩れで、キロ5分どころか6分くらいまでダウン。って

言うか、ホントは途中で止める方が正解だったのかも知れない。最初悪あ

がきしてた内は心拍がやたら高かったし(低速なのに160台後半!)、5

周目の後半から腕がしびれてから。強直性痙攣って奴じゃないかな。。

   

真冬の寒さでしびれるのならともかく、この暑さで腕がしびれるのは明らか

におかしい。結局、周回終了直前に一度給水して一息ついてしまったんだ

けど、これがまた逆効果だったのかも知れない。ほとんど脱水症状だった

から、単なる水をガブ飲みすると血液濃度が急低下してマズイって知識は

一応持ってたんだけど、たかが公園のハーフにお金なんて持って来てな

かったから、スポーツドリンクは買えなかった。

   

仕方なく水を飲んで少し走った所で、今度は左足のスネが軽く痙攣! 凄

く珍しいことで、もちろんマズイ。。幸い、公園にも街中にも人は結構いたし、

大きい病院も交番もすぐそばにある。いざとなったら病院にかつぎこんで

もらってブログのネタにでもしようとか不謹慎な事を考えつつ、脚をひきずっ

てごまかしながらトボトボ進む。再び給水して、復路も超低速。何とか家に

辿り着いて、ポカリ1Lがぶ飲みした後、ボーッとしながらコーラ・ファンタ・ア

イスで補給。1時間半くらい経ってようやく少し元気が出たから、この記事を

書き始めたって訳。

   

熱中症って言葉は熱による様々な症状の総称であって、今日のは明らかに

脱水症状による痙攣&運動能力低下&意識低下だろう。これからは、危な

そうだと思ったら小銭を300円くらい持って行くことにしよう。スポーツドリン

ク2本分ってこと。あと、やっぱり個人的に、湿度にやたら弱いことは間違い

ないし、今晩くらい高温多湿で無風だと、汗をかいても蒸発しないから体温

調節できず、無駄に水分を失うだけになってしまう。日頃のトレーニングも

含めて、体調管理の重要性を改めて思い知らされた一日だった。実はこの

後早起きして自転車に乗ろうかなとか思ってたんだけど、事故死しそうだか

ら止めとこう。。(^_^;) あ~、マズイなぁ・・・

   

  往路(2.45km)   12分18秒  平均心拍135

  1周(2.14km)   9分48秒         155

  2周             9分52秒        162

  3周          10分01秒        165 

  4周           10分30秒        166       

  5周          10分59秒        164 

  6周           11分39秒        162 

  7周          12分22秒        156  

  8周(1.22km)   7分53秒        144

  復路           14分36秒        147

  計 21.1km 1時間49分56秒(給水除く) 155(最大170 中間)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

光を求めて輝き始めた歌声~『タイヨウのうた』第1話

今クールのドラマ記事候補・第6弾、『タイヨウのうた』。本命は強かった!♪

TVnavi8月号の夏ドラマ紹介でオマケみたいにちっぽけな扱いだったので、

何かネガティブな要素が隠れてるのかなとか思ったけど、初回を見た限りは

全くの杞憂。最初の10分で、早くも毎週見ることは決定! 後は、記事が書

けるかどうかの問題。ちなみに、YUI、塚本高史出演で公開中の映画のこと

は全く知らない。。

 

冒頭、明るい日差しの下、夏の湘南海岸とバイクでスタートするだけで、個人

的にかなりポイント高い♪ 学生時代、バイクでよく湘南へ走りに行った思い

出が蘇って、すごく懐かしい。。そこに、一転して薄明かりor闇の場面。深窓

の令嬢(死語?)雨音薫が登場。これが噂の沢尻エリカか。

 

『1リットルの涙』で2回ほどサラッと見た以外は、先日の写真週刊誌の記事く

らいしか知らなかったけど、なるほど、抜群に可愛い!☆ まさにお人形さん

的可愛さで、しかもキレイだ♪ 年齢的に、可愛い女の子からキレイな女性に

変わりつつあるって事も関係してるのかも知れない。申し訳ないけど、『CA』

で制服着たスッチーよりも、『ダンドリ。』でコスチューム着たチアガールよりも、

地味な服装でブスッとした沢尻エリカの方が光ってる☆ 

 

演技については特に何とも思わなかったけど、コミカルな部分が引き出され

てる所は良かった。あと、ホントに弾いてるのかどうか知らないけど、ギターの

弾き語りもなかなかイイ♪ とにかく、女優的には今クール断トツ1位だ!

 

一方の藤代孝治役の山田孝之。まだ『白夜行』のイメージが強烈に残ってて、

また暗くて重いのかなと身構えてしまったけど、沢尻と同じくコミカルな部分や

軽い部分も現れてて、かなり好印象♪ 持ち前の演技力は、これから徐々に

発揮してくれるだろうから心配していない。

 

他の登場人物について。まず、薫の親友・美咲(佐藤めぐみ)はバカっぽくて

イイと思う。このコの突き抜けた明るさも、薫やドラマ全体の暗さを補う役割

を上手く果たしてる。孝治の仲間の隆介(川村陽介)、雄太(田中圭)、晴男

(濱田岳)も、バカっぽい明るさと若さが好感もてた。このメンバーがこれから

バンドに打ち込むってのがピンと来ないけど、上手く見せてくれれば逆に意外

感があるだろう。修(竹中直人)がどんな指導をするのか分からないけど、と

りあえず期待したい♪ 

 

あと、妙に若くてキレイなお母さんだなと思ったのが紀(黒田知永子)。さす

が40代女性のカリスマモデルだけある。このクラスじゃないと、沢尻のお母さ

ん役は苦しいかも。。そうそう、イケメン・プロデューサー工藤(要潤)に捨てら

れかけた歌手としてチョコッと顔を出してたレイサ(原史奈)は、個人的に好み

なので、もっと可愛く映してほしいな。悪役路線まっしぐらみたいだけど。。最

後に、名前がハッキリしないけど顔のデカイ警官(佐藤二朗?)は注目♪ あ

あゆうお笑いキャラは、この手の重いドラマを見る時にホッとさせてくれる、あ

りがたい存在だ。。

 

続いて、肝心のストーリー。色素性乾皮症(XP)っていう難病と闘いながら、

残り少ない人生を精一杯生きようとする少女の話ってことで、あまりにありふ

れたパターンだけに心配が無くはない。憂いと陰りをもった美少女を利用して

『1リットル』の二番煎じを狙ってるように思える点も、ちょっとだけ気になる。

一方、運命のいたずらで太陽と無縁の世界に生きる話と見るなら、また『白

夜行』の山田孝之で二匹目のドジョウかよ!って思いも無くはない。

 

だから、このドラマは独自の部分を大切に育てていくべきであって、それこそ

が音楽との向き合い方だ。ハッキリした詳細は分からなかったけど、音楽を

中心に眺めると、ほぼ次のような話だったと思う。

 

薫が憧れてる新人歌手・橘麻美(松下奈緒)が、孝治と一緒に音楽をやって

た頃、麻美が襲われたために孝治が警察沙汰の暴力事件をおこしてしまっ

て、それが一つのキッカケで二人は別れた。その後、麻美はいきなり大ヒット

したものの、孝治は麻美のイニシャルAが入ったギターを捨てて、パッとしない

バイト生活を送ってる。

 

ところが、ギターを捨てるシーンをたまたま見た薫がギターを拾い、ストリート

ミュージシャンとして麻美のデビュー曲(おそらく孝治との愛の表現)『Wish』

を歌ってる。孝治はそれを見て、自分の曲を歌えと言う。恋愛経験が無くて曲

が作れなかった薫は、孝治との出会いをキッカケにオリジナル曲を作って、

ストリートで歌い始めた。。。

 

要するに二人の音楽との向き合い方が、恋愛、闘病、自分探し、青春を一つ

に紡ぎ上げる中心となっている。ドラマのタイトルも『タイヨウのうた』。これから

二人で、あるいはみんなで、見事な「うた」を聴かせて欲しいと思う。

それにしても、柴咲の主題歌はともかく、麻美の『Wish』って曲は凄くイイ♪☆

誰かの曲なのかな? 恥ずかしながら知らないけど、CD買ってもいいな。。

いやいや、あの曲を遥かに超える「うた」がこれから出来ないと、ドラマとして

はマズイんだけどね。。

 

という訳で、結論。『タイヨウのうた』、採用決定!☆ 満場一致の意見♪(一人

だろ!) 今後のストーリー展開にちょっとだけ不安はあるものの、まあスタッフ

&キャストを信じることにしよう。

それでは、また来週。。☆彡 

 

 

cf.限られた時間だけが持つ価値~『タイヨウのうた』第2話

   小さな宇宙、大きな人間~『タイヨウのうた』第3話

   自分のために、誰かのために~『タイヨウのうた』第4話

   私から私達へのさらなる深化~『タイヨウのうた』第5話

   光の忘却、闇の過剰~『タイヨウのうた』第6話

   幹の不在、枝葉の衰弱~『タイヨウのうた』第8話

   輝く脇役、月夜の主役~『タイヨウのうた』第9話

   夢と命~『タイヨウのうた』最終回

| | コメント (2) | トラックバック (2)

爽やかな学園スポーツドラマ~『ダンドリ。』第1話

今クールのドラマ記事候補・第5弾『ダンドリ。~Dance☆Drill~』。ダンス

ドリルってのは、要するにダンス練習ってこと。ドラマのもとになった、県立

厚木高校ダンスドリル部全米制覇のニュースは、朝日新聞でもかなり大き

く扱われてて(確か夕刊1面カラー写真)、個人的にもホホーッと感心した覚

えがある。ちょっと大げさに言うと、日本の野球がWBCで世界一になった

ようなもの。あるいは、現地のスタジアムでムエタイのチャンピオンになった

ようなもんだ(分かりにくい?)。専門的な評価は分からないけど、スポーツ

をやってる人間としては相当インパクトのあるニュースだった☆

  

そうゆう背景があるから、このドラマの評価はちょっとやりにくい。つまり、

4流アスリートにとっては夢のような話なので、つい甘めに見てしまのだ。

実際、冒頭で相川要(榮倉奈々)末吉双葉(加藤ローサ)のおトボケ女

子高生コンビがおバカな事をやってても、つい「こいつらが全米制覇する

んだよな・・・」と思ってしまう。爪の垢でももらいに行きたいほどだ。脚本

家の横内謙介が厚木高出身って所もやりにくいな。。

   

さて、素人の女の子5人が真剣にスポーツに打ち込むっていうと、去年の

『がんばっていきまっしょい』を思い出すけど、『ダンドリ。』の場合は今後

どんどん人数が増えるはず。ただし、あくまで絶対的ヒロインは要。現役

人気モデルだけあって、見事なスタイルだ♪ 特に脚の長さが目立って

て、他のメンバーが気の毒なほど。。演技はともかく、笑顔も鍛えられて

る。かなり好印象のコだった。もちろん、双葉や他の3人、まゆ実(森田

彩華)・さやか(西原亜希)・教子(悠城早矢)も爽やかでいい感じ。大勢

のメンバー(MAYFISH)で踊るエンディングのチアダンスも、予想より

かった☆ さすが「撮影前に一週間の合宿を2度行った」だけのことはあ

る(朝日新聞0708)。

       

ストーリー的にも、あこがれの先輩とのあれこれ、米国チアガールの出

前依頼、カルロス(増田貴久)、チアダンスとの向き合い方など、高校生

らしくて微笑ましい内容ばかり。今後、勉強をめぐる母・ふさ江(戸田恵子)

との対立や、担任の数学教師・うらなり(国分太一)、その元フィアンセ・

深雪(菅野美穂)らが絡んできて、話に厚みをもたらしてくれるだろう。。

   

という訳で、結論。『ダンドリ』は補欠。アレッて感じかも知れないけど、記

事の書きやすさとか時間とか人気とか、総合的な判断によるもの。たとえ

記事は書かなくても、時々は見ると思う。

さて、いよいよ本命登場か。コケなきゃいいけどネ。。

   

P.S.県立あつぎ高校のチーム名がIMPISH(いたずら娘)、

    市立さつき高校のチーム名がMAYFISH(さつき高のお魚たち)。

    ドラマの名付け方もなかなかキレイ♪

| | コメント (1) | トラックバック (3)

高負荷バイクでリベンジ成功♪

(11日)RUN5km ; BIKE19km,36分,492kcal,心拍Av165

早起きできなくなってしまった。。気合不足と言われりゃそれまでだけど、

寝不足と疲れがたまってる。自転車だけ無理して頑張っても、生活全体

が崩れたんじゃ話にならない。。

  

仕方ないから、今日も仕事の後、閉館ギリギリでジムに駆け込んで、少

しだけバイク。前回205wごときに苦戦したのが凄く不愉快だったので、

今日は意地でも218w!できればもっと上げてやると決意してスタート。

いきなりアップの210wが重く感じてビビッたけど、すぐ慣れる。218w

で心拍の変化を観察すると、ジワジワと160を超えていく程度なので、

余裕はある。やっぱり、前回205wごときに苦戦したのは、直前に久々

の筋トレをやったせいか。特に、背筋と腹筋はモロに悪影響になる。

   

閉館時間の問題で、わずか35分程度しか回せないって所も気分的に

ラク。1時間だと長いけど、30分程度ならランニングだとラストスパート

みたいな感じで、心拍170キープも十分可能だ。

残り15分切っても心拍は169程度、呼吸も脚も余裕あったので、221

にアップ。心拍は173程度。ラスト5分でまだ余裕があったので、相当

久し振りに250wを3分回した。一気に心拍は177まで上がったものの、

まだちょっと余裕はあった。終わった直後も、さほどボーッとすることなく

テキパキ後片付け。

   

結局、高負荷で最後まで気持ちよく回せたので、短時間でもかなり満足。

プチ・リベンジ成功って感じかな♪ ただ時間がなかったので、ランニング

の追加は諦めた。それにしても、ジムだとやっぱ距離が全然稼げないな。

今月もマズイ。。。バイクの詳細は以下の通り。

   

210w(90回転)×3分,218(75~85)×20,221(70~80)×8.5,

250(85~90)×3,130(60~70)×1.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野ブタ・修二、主食になれるか~『サプリ』第1話

今クールのドラマ記事候補第4弾、『サプリ』。月9をちゃんと見たのは『ラス

クリ』が最後のような気がする。最近はもう、初めからパスとか、初回をサラッ

と見て終了って感じ。今回も、正直言って期待してなかった。

   

東京の臨海地区の広告代理店でプランナーやってる20台後半の美人OLの

前に、年下の可愛いイケメンがバイトで登場して恋に陥るなんて、こうやって

記事を書き込んでるだけでも恥ずかしい。完全なOL向けドラマだ。『サプリ』

なんて題名自体も、全くのOL目線の言葉。

でも、『野ブタ』の修二が復活するのに全く無視って訳にもいかない。だから、

初回だけ適当にサラッと見て、「予想通り面白くなかった。落選!」とか書き

込んでおしまいにするか、と思ってた。

   

ところが、最初から意外に悪くない。少なくとも、彰と信子の『クロサギ』の最

初よりはかなりマシだ。個人的にあの辺りの風景が好きだってのもあるだろ

うけど、映像がキレイで、とりあえず画面に目を向ける気になる。修二じゃな

くて勇也(亀梨和也)も、「現代っ子」っぽくて、清潔感があるし嫌味がない。

カッコイイとはあんまし思わないけど、カワイイとは感じた(余計危ないか・・)。

あのチョンマゲは、修二を意識してるのかな。山Pが『クロサギ』でバーンって

言ってたのと同じようなもんか。。

    

オープニング映像、テーマ曲辺りで、これはイケるかなと思い始めて、雑用

の手を止めてマジメに見始める。社内のキラキラした様子は見飽きた感も

あるけど、BGMが心地よいし、光とか照明の使い方が上手ような気がす

る。つまり、OL向けのストーリーに興味を持てなくても、女優が趣味じゃなく

ても、見る気になるのだ。

       

登場人物について触れておくと、まずミナミ(伊東美咲)は最初から期待して

ないので何ともない。少し期待してたユリ(浅見れいな)は、キャラ的にも映

像的にもあまり可愛くなかったので、ちょっとガッカリ。ヨウコ(白石美帆)も、

これだけ見れば面白く感じてたかも知れないけど、『電車男』の陣釜美鈴の

二番煎じって感じがしてしまった。荻原(瑛太)は、キャラ設定が「物腰が柔

らかくスマートな立ち居振る舞いで社内でも評判がいい」(TVnavi8月号)

となってるけど、実際には後から蹴りを入れたくなるタイプ。でも、全体の人

間関係の中で、こうゆう奴がいるのは悪くない。今後はミズホ(りょう)との

ラブシーンでも見せてくれるんだろうか。

今岡(佐藤浩市)は、まだ『けものみち』のイメージが残ってるので悪者に見

える一方で、途中の車のCMにも出てくるから何ともつかみにくいんだけど、

悪くはない。松井(原口あきまさ)は、今後もあんなヒョウキンお祭り男路線

なのかな。極楽・加藤とは大違いだけど、初の連ドラだからこんなもんか。

一番エッと思ったのは、今岡の娘のなつき(志田未来)。実年齢が13歳で、

どうみても10歳って設定にはムリがあるのに、ランドセルなんて背負ってる

から、コスプレに見えてしまった。。

こう書いてると、不満タラタラに聞こえるかも知れないけど、人間関係全体と

してはなかなか面白そうに感じる。今後、どう展開するのか楽しみだ。

   

一方、セリフはちょっと微妙だけど、思ったよりはいい。例えば、なつきが

父・今岡について語った「浅い所でエンジョイしてる」とかいう言葉。もちろ

んこれは、聞き手になってた勇也のサーフィンとか生き方と重ねたセリフ

だし、「砂漠で砂に絵を描いてるよう」とか今岡自身が言ってたことともリ

ンクしてる。ただ、「浅い」という言葉の使い方にムリがあり過ぎて、ちょっと

引っかかってしまう。つまり、セリフ自体が「浅く」感じられた。他にも幾つか

気になった言葉があったけど、今回はお試し記事だからスルーしよう。ま、

要するに、まあまあって感じ。。

   

という訳で、結論。『サプリ』はとりあえず1週勝ち抜き♪ これまでの4本の

中では一番良かった。ただ、今後本格的にレビューするかどうかは別問題。

映像や音楽の心地良さが見る気にさせてはくれるんだけど、「浅い」ドラマな

らマジメに書く気はしない。たまに見るだけで十分。

セリフ的にももっと頑張って欲しいけど、できればストーリーをもっと勇也寄り

にして欲しいと思う。疲れたOLの「サプリ」(補助食品)とか、ヒロインの脇に

いる可愛いペットなんかじゃなくて、堂々たる主食になって行く勇也を見たい。

実際、原作と違うドラマのコンセプトはそこにあるとの事なので、上手く実現

できるのかどうか、スタッフ&キャストの努力に注目しよう。

    

それでは今週は単なるお試し記事ってことで、この辺で。

おそらく、また来週♪☆彡

   

P.S.11日(火)14時~13日(木)14時まで48時間メンテナンスなので、

    TB・コメント共に不能。悪しからずご了承を。。

   

cf.自然に曲がった子供の魅力~『サプリ』第2話

   エモーショナルの優越性~『サプリ』第3話

   片思いという不均衡~『サプリ』第4話

   サプリから主食へ~『サプリ』第5話

   透けてみえたのは何か~『サプリ』第6話

   大人のハート~『サプリ』第8話

   制作サイドによる実力誇示~『サプリ』第9話

   構造の認識、意味の解釈~『サプリ』第10話

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

| | コメント (5) | トラックバック (4)

☆48時間メンテナンスのお知らせ☆

11日(火)14時~13日(木)14時の約48時間、ココログ(ニフティのブログ)

のメンテナンス実施。記事の投稿だけじゃなく、TB・コメントも不能。

悪しからずご了承を。また、時間延長の可能性も十分あり。

    

これでホントに激重状況が改善されるのかね。あまりに重いので、これが

メンテナンス前の最後の更新になるかも。。(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Y子健在♪~駅前の美容室3

たまには単なる日記も書こう。今日は約2ヶ月ぶりに美容室へ。髪が伸び

過ぎて、鬱陶しい梅雨がますますウザくなってたので、わざわざ時間をやり

くりして出かけた。

   

入店すると、いきなり担当のY子登場。しばらくW杯ネタでおしゃべり。Y子

は、サッカーとか自分が好きな話題だと食いつきがいいけど、興味ない話

題はほとんどスルー。接客業のプロのくせして、困った美容師だ。まあ、そ

こがまた可愛かったりするんだけどネ♪

   

初期の記事を読んでない方は、何で急に美容師ネタになったのか不思議

に思うかも知れない。Y子は、私がブログを一般公開しようかと迷ってた時

期に、最初に読者になると言ってプッシュしてくれた功労者なのだ。まあ、

この話にはオチがあって、実際にはY子、一般公開後も1ヶ月半ほど見て

なかったんだけどネ・・(^_^;) ま、こうゆう奴。。

   

さて、髪を切ってもらいながら話をしてると、Y子が久々にウチの記事を読

んだと言う。先日の美ヶ原のレース記事とかを見たようだ。今までずっと、

なぜかウチのブログだけPCに表示されなくなったとか、訳の分からない事

を言ってたんだけど、久々にアクセスしたら見れたらしい。私がアクセス拒

否してたんじゃないか、とか意味不明な言い訳をする一方、「最近、私の

ネタが書いてないですネ」とか不満そうに言うので、ほんじゃ今日書いてや

ると即答。するとY子も、最近リニューアル・オープンした自分のブログに、

私の記事を載せると言う。ところが、どうしても自分のURLを教えようとし

ない。って言うか、誰にも教えてないらしい。僅かなヒントしかくれないので、

検索慣れした私でも流石にお手上げ。何か凄い内容が書かれてるらしい

ので、ぜひチェックしたいんだけどな。ある程度は想像つくんだけど。。

   

という訳で、今ごろW杯決勝に備えて寝てるはずのY子、ちゃんと久々に

登場させたんだから、この記事読んだらちゃんとコメントするように!

あと、追加のヒントもよろしく♪

     

P.S.「駅前の美容室 Y子」でGoogle検索すると、1位と2位にウチが登

    場する(47件中)。今や「テンメイ」より遥かに有名・・(^^ゞ ちなみに

    単なる「駅前の美容室」だと592件中の92位。やっぱ、「Y子」って

    のがポイント☆ Y子、もう悪い事できないぞ♪ 後輩のY代ちゃんと

    かイジメないように! そう言えば、そろそろギャルになる時期か。。

Y03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発展途上の学園コメディー~『マイボス・マイヒーロー』第1話

今クールのドラマ記事候補・第三弾。最高の出来だった『ギャルサー』の後

番組だけに、当然チェック。

ところが、ウ~~ン・・思ってたよりはチョッとマシだったけど、全てがイマイチ

かイマニ。必ずしも悪い意味で言ってるんじゃない。もうちょっと頑張れば、

いいドラマになる可能性を秘めてるとは思うんだけどネ。。

   

原案の韓国映画ってのは知らないし、どの程度の影響を受けてるのかも分

からない。ただ、ギャグが中途半端で、あとチョッとの所で笑えない。『ギャ

ルサー』の第1話みたいな、突き抜けたバカバカしさがない。プリン争奪戦

はまだしも、最初の27億の取引、ピストルの空砲への過剰反応、空飛ぶ

シーン・・、すべてイマイチ。バブル青田の「ジーザス!」をパロったような、

「ウォーター!」って叫びも、少し頬がゆるんだ程度だった。。

   

一方、いいシーンやしんみりするシーンも中途半端。榊真喜男(長瀬智也)

桜小路順(手越祐也)に、水島先生(もたいまさこ)がヘレンケラーの話を

するシーン。真喜男の父・喜一(市村正親)黒井(大杉漣)に高校転入の

件を話すシーン。最後に2人が友情を確認するシーン。何とも、痒い所に

手が届かないもどかしさがある。

   

今のところ、担任の数学教師・南百合子(香椎由宇)の独特の個性も十分

には引き出せてないし、南校長(岩城滉一)も全然。ただ、香椎の年齢が

19歳なのには驚いた! ナギサじゃなくて梅村ひかり役の新垣結衣のわ

ずか1つ上、萩原早紀役の村川絵梨と同い年かよ! 一回り上って言わ

れてもうなづくけどな。。

   

それにしてもこのドラマ、最終的にどこへ向かうんだろうか。『ギャルサー』

の場合、閉鎖的集団に逃避して楽しんでた少女達が、それぞれ別の輝き

をもつ星々の時空を超えたつながりに向かったという形で、非常にキレイ

な構成になってた。

このドラマだと、「喜」って漢字を書けなかった真喜男が青春の様々な喜び

を知り、順や視聴者にとっての「マイヒーロー」であるだけでなく、自分自身

にとっての「マイヒーロー」に向かうのが自然だと思う。でも、最後にヤクザっ

て身分との折り合いをどうつけるのか。ヤクザ解散って所まで行くのなら筋

は通るけど、なかなか難しそうな気がする。。

   

NEWSの手越、KAT-TUNの田中聖の2人は無難に役をこなしてたから、

ジャニーズ・ファンはある程度確保できるんだろうな(演技なんて関係ない

か・・)。ナギサじゃなくて新垣結衣をもっと可愛く前面に押し出してくれれば

嬉しいんだけど。『ギャルサー』のサキみたいなサービス・ショットはないの

かね。清純派志向の事務所がジャマしてるのかな。村川絵梨も、髪型や

化粧でもっと可愛くなると思うんだけど。。

   

という訳で、結論。この『マイボス』、今クールのドラマ記事候補としてはギ

リギリの補欠って感じ。『サプリ』、『ダンドリ』、『レガッタ』が予想通りイマイ

チで、『タイヨウ』までコケた場合には、仕方なく繰り上げ当選になるかも。

その場合でも、相当大胆な読み換えをしないと記事にならないだろう。

いずれにせよ、今後のパワーアップに期待したい♪

| | コメント (2) | トラックバック (2)

どん底状態でわずかな距離稼ぎ

RUN12km,54分40秒,心拍Av151

バテバテ・・(-_-;) 走る前から心身ともにバテてたけど、あまりにもランニング

をさぼってるから、グッとガマンして12kmだけ走った。しかも、近所の小さ

な公園じゃなく、ちゃんと普段の公園まで遠征。全然大した事じゃないんだけ

ど、今の状況だとこの程度でもなかなかやる気がしない。。

   

昨晩の自転車もそうだったけど、走り始めると意外に涼しい。汗ダクにはな

るんだけど、夜風と汗が程よく体温を逃がしてくれるので、少なくともエアコン

をわざと止めた部屋にいるよりは涼しく感じる。ちなみに、暑がりだけど寒が

りでもあるので(体温調節が超下手!)、部屋の冷房はあまり使わないよう

心がけてる。

   

さて、往路のタイムがそこそこマトモだったので、思ったより調子は悪くない

のかなと思って1周目のラップを見たら、恐ろしく遅い・・(-_-;) わずか12km

なのに、1ヶ月前にハーフの練習ベストを出した時と比べても論外の遅さ。

ただ、今日はタイムより走ること自体がポイントなので、挫けず走り続ける。

心拍はわずか150程度なので、ランニングとしては相当低いんだけど、脚

に力が入らないし呼吸がしんどい。自転車の疲れを差し引いても、明らかに

調子が悪い。せめてもの慰めは、公園にずいぶん多くのウォーカーやラン

ナーがいた事。土曜の早めの時間帯だからなのか、それとも夏前でダイエッ

トの最終局面ってことなのか、やたら女性が多かった。

      

結局、最後までペースは上がらず、ガクガクする脚で帰宅。まあ、走っただ

けでもホメてあげよう♪(甘いかな・・) 詳細は以下の通り。

   

 往路(2.45km)   11分58秒  平均心拍135

  1周(2.14km)   9分50秒         150

  2周             9分51秒        152

  3周            9分37秒        158 

  4周(0.7km)    3分06秒        163

  復路           10分19秒        161

  計 12km      54分40秒      151(最大171 ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システムの問題に関するお知らせ

ここ最近、また一段とココログ(ニフティのブログ)のパフォーマンスが低下。

21時~01時が使い物にならないだけじゃなく、段々とその前後まで激重

時間帯が延び始めてるような感じもする。おまけに、あと数日で大掛かりな

メンテナンスの実施(11日14時~13日14時の48時間!)。

もし近日中に、ブログの更新が止まったり、TB・コメント不能になったりした

場合は、おそらくココログのシステムの問題なので、悪しからずご了承を。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のお散歩、バトルに急変・・

BIKE86km,Av28.1,Mx43.5,心拍Av134,Mx167

眠い、ダルイ、蒸し暑い、やる気ない。。最近、ブログがボヤキの場になって

しまってる・・(^_^;) もっと高い志で始めたはずなんだけど。。

金曜の夜は、ここ3ヶ月ほどドラマ記事に追われてたんだけど、今は番組改

編期。この貴重な時間を何に使うべきか迷った。やるべき事は山ほどあるん

だけど、やっぱ乗鞍までは自転車中心にしなきゃと思って、渋々夜の多摩川

へ。「渋々」って、いつも書いてるような気がするな。。

   

週末の夜の多摩川は、七夕ってこともあるのか、やたら花火が多い。煙が

立ち込めた道をヘッドライトで照らして進むと、まるでレーザー光線みたい

な感じになってキレイだ。緩い追い風に乗って、お気楽モードで国立折返し

に向かう。多摩水道橋からは心拍135くらいで31kmキープ。1年ぶりくら

いに丈の短い夏用の短パンをはいて、上は高機能シャツだったせいか、

かなり涼しくて気持ちいい。湿度はかなりあったと思うけど、気温が少し低

めだったのかも知れない。

       

関戸橋からは42×15を42×13に変更。ヒルクライム対策のつもり。折

り返した後も、別にスピードアップすることもなく、適当に流して距離を稼ぐ

お散歩気分だった。ところが、1往復目に関戸橋で折り返した直後、レー

サーを1台抜いたら、後ろからピッタリ付いて来た。別にそれ自体はいい

んだけど、ホントに真後ろにピッタリついてるから、危ないしミラーの死角

にもなってる。サーキットのレースじゃなくて、サイクリングロードのバトル

ごっこなんだから、ラインくらいズラせよな!と思ってたら、いきなり抜き

返してくれた。ラッキー♪

   

かなり若く見えた彼、どうも本気で引き離しにかかってるらしく、完全に上

体を伏せて身体を揺さぶりながらダッシュしてる。それでも33~35km

程度なので、こっちは全くの余裕。ちゃんとラインを50cmほどズラして、

ブレーキに手をかけて車間距離もキープして追走。もちろん上体を伏せた

りしない。視界が狭くなるし、対向車やウォーカー・ランナーの側が気付き

にくくなってしまうから。かなり周りが見えなくなってるようなので、代わりに

後ろから早めのベルを鳴らしてやったりもした。実際、見ててかなり危ない

と思う場面もあったからなんだけど、かえって煽る結果になったかも知れ

ない。ま、そうゆう意図がなかったとは言わないけどネ♪

   

国立折返しの直前で減速したので、抜いてトイレ前のスペースで折り返し

たら、向こうは道の上で折り返してた。珍しいな。やりにくいし危ないと思う

けど。。Uターンに手間取ったのか、こっちを待ってたのか、トロトロしてた

ので抜いて30km弱で走ってたら、またすぐ抜き返されて、そのまま再び

追走。後ろで見てて危なっかしいけど、一生懸命な所は評価できる。今の

自分には、こうゆうガムシャラさは無くなってるもんな。。途中でレーサー

を1台抜いたら、これまた後ろについて来て、夜の多摩川で3台のバトル

ごっこ。好きだねぇ、みんな♪ 結局そのまま関戸橋まで行って、そこでな

ぜか前が減速。約9kmのバトルが無事終了。別れ際に手でも振ろうかと

思ったけど、彼は横を全く見ずに進んでしまった。

   

私は直進して関戸橋の交差点で再び折返し。まだ2本目だ。その後、ノル

マの3往復をこなして、またドリンクとアイス。「爽」のパインヨーグルト味

ホントに美味しい♪ 夜中に、キャリアもスタンドもベルもミラーも付けたク

ロスバイクでレーサー追いかけ回して、その後は嬉しそうにアイスクリーム。

かなり変な奴だな、こいつ・・って、オレかよ!

   

その後はまたお散歩気分の走り。途中、花火で遊んだ帰りなのか、いき

なりギャルが3人、道をふさいで並んで歩いて来たのにはちょっとビビッた。

まあ、ここがサイクリングロードで夜中も自転車が走ってるって事が、分

かってないんだろう。触らぬギャルにたたりなし! 減速して目も合わさず

ソッと通り抜ける。良かった。「危ねぇだろ!」とか叱られずに済んだ♪

   

という訳で、やる気がないまま何とか86km稼ぐことができた。でも、週末

の天気がまたビミョー。用事もたまってるし、自転車は乗らないかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『結婚できない男』&『CA!』、軽~い感想♪

今クールに記事を書くドラマの候補として、一応名前を挙げておいたものの

うち、『結婚できない男』『CAとお呼びっ!』を軽くチェックしてみた。以下、

超お手軽な感想を書いてみよう。

   

まず『結婚できない男』。笑えた! この内容で阿部寛なら笑えるのは分

かってたけど、予想以上にクスクス笑えた♪ 正直言って、マジメに見た

わけじゃない。雑用をこなしながらチラチラ見ただけ。それでも、軽妙な

台詞が全編に散りばめられてるし、画面を見てなくでも、何か面白い事

やってるなって感じが伝わってくる。阿部は、この超偏屈キャラ・信介

「地でいける」と思ったそうだけど、まさにハマリ役だ。実生活でも「結婚

できない男」って話だけど、ちょっと不思議。。

夏川結衣の衰えを密かに心配してたんだけど、そこそこの美貌をキープ

して、36歳の女医・夏美を上手く演じていた。それにしても、阿部がうつ伏

せで下半身をさらけ出した映像は、もの凄く長く感じたなぁ。笑えたけど、

ちょっとトラウマになりそう。。どうせなら三浦理恵子にして欲しいもの♪

なお、来週以降もたまに見るとは思うけど、録画してマジメに記事を書く

ことはまずあり得ないと思う。。

   

一方の『CAとお呼びっ!』。これまた雑用しながらチラチラ見ただけの印

象だけど、ウ~ンって感じ。微妙だった。。

スッチー大好き人間として、少なくとも1回見るのは義務ってもの。香里奈

佐藤江梨子の制服姿はやっぱイイし、観月ありさを始めとする他のCA

も悪くない。あの制服自体も萌える♪ ただ、西田尚美ってのは違和感が

強烈だなぁ、申し訳ないけど。顔立ちは整ってるけど、どう見ても薄幸の女

性にしか見えない。まだ『白夜行』のイメージも残ってるし。後でそうゆう路

線の使い方をするって事かな。

ま、CAはともかく、問題はドラマとしての内容。『クロサギ』の始めの頃と

同様で、笑えない、泣けない、感心しない、感動しない。。せめて観月の

キャラを生かして、もうちょっと笑わせて欲しいのに、たまにクスッとする

程度。圧倒的に、CAの魅力に頼り切ってるドラマだ。谷原章介の面白さ

もほとんど引き出せてなかった。

とは言え、『アテンションプリーズ』はほとんど見なかったけど、『CA』は

時々見ると思う。女優と制服の趣味の問題。『CA』の方が遥かに好み♪

ただし、これでマジメに記事を書くことはあり得ない。。

   

という訳で、今クールのドラマ記事候補のうちの2つをサラッと見た感じ

では、『結婚できない男』はほぼ落選。『CAとお呼びっ!』は完全に落選。

残りの候補作に期待しよう。悪しからずご了承を。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

久々のジム、夏バテでボロボロ・・

RUN5km ; 

BIKE28.5km,56.5分,717kcal,心拍Av164,Mx176

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 46kg×15

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 46kg×19

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 45回

上体反らし(負荷8kg) 50回

               

体調が悪い。。夏バテetcで心身ボロボロ。でも、3日連続で休むと罪悪感

が強烈だから、必死に早起きして朝ランやろうと思ったのに、空は雨雲。

最新のピンポイント予報だとギリギリ大丈夫ってことになってたけど、5月初

めにもそんな状況で雷雨に襲われた。結局、空模様と天気図その他から中

止を決断。その後1時間以内に雨が降り出したので、正解だった。

   

と言うわけで、無意味な早起きで生活リズムが崩れただけ。ますますやる

気なくなったけど、気力を振り絞って久々のジムへ。筋トレなんて、1ヶ月ぶ

りくらいかな。こりゃヒドイな。。1つマシンが故障してたので、他の4つをサ

ラッと1セットだけやって、バイク。1時間近く回すことになるので、体調の悪

さと久々の筋トレの疲れを考慮して、かなり控えめの負荷。

   

いくら何でも、たかが205wなら余裕を持って回せるだろうと思ったら、大間

違い! 一番しんどいのは呼吸だけど、脚も心臓も余裕がない。やっぱり、

これが去年との違いなんだよな。去年は筋トレの後で1時間20分くらい本気

で回してたのに、今年はさっぱりやってない。だから、総合的な持久力は上

がってても、限られた時間で全力を振り絞るヒルクライムレースではタイムが

出ない。要反省! どうもジムでバイク回すのがイヤになってるもんで。。

   

結局、何とか55分ガマンして終了。平均心拍164って数値より、かなりしん

どく感じた。時間がないのでランニングの追加もなし。あ~、しばらくゆっくり

休みたいなぁ。。詳細は以下の通り。

        

200w(90回転)×5分,205(90→70)×49,250(85~90)×1,

130(70)×1.5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏ドラマ、ようやくチェック!

夏ドラは7月第2週以降だろうと勝手に思い込んでたら、大間違いだった。

何と、もう始まってるのか! もうちょっと休ませて欲しいなぁ・・(^_^;)

   

ハッキリ言って前の2クールがしんどすぎて、実生活にもかなり支障をきた

してるので、今クールはドラマ記事は完全に休みたい。でも、折角かなり多

くのドラマファンの皆さんが来てくれるようになったので、小心者としては一気

にお別れする勇気も自信もない。と言うわけで、基本的には1本だけ、多くて

も2本、ドラマ記事を書こうかなと思案中。。

   

さて、昨日遅まきながら、毎度恒例『月間TV navi 8月号』を購入。仕事帰り

の電車でじっくり研究開始。いきなり『HERO復活スペシャル』が詳しく掲載

されてるものの、あっさり素通り(失礼・・)。インタビューも素通りして、「夏の

新ドラマ☆パーフェクトガイド!」へ。

   

最初は『サプリ』(フジ,月9)。出た!って感じ。山下智久はカッコイイと思う

けど、亀梨和也ってのは正直よく分からない。『野ブタ』の彰と信子を応援

した後に、修二も応援するのは礼儀ってものかも知れないけど、伊東美咲

もイマイチ分からないんだよなぁ。ま、美人ってのは認めるけど、あんまし

萌えない。浅見れいな原口あきまさは好きだから、試しに1回見てみよう

かな。白石美帆も悪くないしね。。

   

次に目にとまったのは『結婚できない男』(フジ,火22時)。題名がニヤッ

とさせてくれるし、阿部寛って男も見てるだけで何となく笑える。『ドラゴン桜』

も変なヤツだったしね。あと、ギャルサー・アキコ(三浦理恵子)も出るのか。

今晩からすぐってのが厳しいなぁ。。

    

続いて『CAとお呼びっ!』(日テレ,水22時)。スッチー大好き人間としては、

どうしても気になる。駅貼りのポスターをはがしたくなった程だけど、そこは大

人の理性でグッと我慢(フツーだろ・・)。観月ありさはハマリ役っぽいし、佐藤

江梨子香里奈も悪くない♪ 谷原章介もわりと好きだ。でも、記事は書きに

くそうだなぁ。明日の晩ってのは、時間的に厳しいし。。

   

4つ目は、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日テレ,土21時)。ヤクザの若親

分が高校生になる学園コメディー。前クールの大穴『ギャルサー』に引き続

き、メチャクチャな設定だな。長瀬智也岩城滉一はわりと好きだし、ギャル

サー・ナギサ(新垣結衣)の制服姿も見れるのか・・♪ ギャルサーファンも

結構見るんだろうな。ま、見るだけなら面白そうだけど、記事となるとねぇ。。

   

5つ目、『ダンドリ。~Dance☆Drill~』(フジ,火21時)。タイトル長いわ!

県立厚木高校ダンスドリル部の全米制覇って話はニュースで知ってたし、チ

アリーダーももちろん好きだ♪ ただ、出演者がちょっと。。コスチュームも

イマイチ趣味じゃないし。。

   

7つ目、『レガッタ』(テレ朝,金21時)。速水もこみち初主演、熱血&青春ラ

ブストーリーか。夏にボートってのはいいな。もこみち君は印象いいし、山本

太郎山下真司も好感もてる。そして、先日フライデーされた松田翔太。お

父さんは好きだったし、気にはなるなぁ。でも、女優が。。

      

雑誌の見開き2ページ解説がここで終わってしまったので、ちょっと途方に

暮れてしまった。色々と面白そうなんだけど、記事を書きたいと思うドラマは

特に見当たらない。やっぱ、1クール休もうかなと思ったその時、わずか半

ページの紹介が目にとまった!

   

『タイヨウのうた』(TBS,金22時)。『クロサギ』の後番組なのに、全く頭に

無かった。山田孝之沢尻エリカか。インパクトある主役なのに、何でこん

なに扱いが小さいの? 純愛三部作の完結編か。『世界の中心で、愛をさ

けぶ』は途中から見て良かったけど、『いま、会いに行きます』は最初から

見てすぐ挫折。まあ、沢尻エリカって、じっくり見たことないから、試しに見

る価値はあるな。井筒監督も、あの可愛い顔にはベタ惚れみたいだったし

ネ。原史奈竹下直人もなかなかいい。曜日と時間も、来週からってのも

好都合。これで行こうか。。♪

      

と言うわけで、現在の最有力候補は『タイヨウのうた』。多くの『ギャルサー』

ファンの皆さんとは、しばらくお別れになりそうな予感。ま、おそらく次のクー

ルもブログは続けてると思うから、See you later♪

   

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

P.S.一般公開から1年が近づいてるのか。ウーンって感じもあるな。。こん

    な事いつまでもやってていいのかね。。超有名サッカー選手ならともか

    く、無名のブロガーが”新たな自分”探しの旅に出たって、単に忘れら

    れるだけなんだけど、ちょっと考えちゃうな。『ギャルサー』で、一応の

    達成感もあるしね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田、現役引退・・・

驚いた。。。公式HPはアクセス不能だったけど、すぐ報道ステーションで

特集を組んでくれたのでコメントがすべて分かった。

      

”人生とは旅であり、旅とは人生である”と題し、”ありがとう”で終わる長文の

記事は、非常に美しく明晰な文章で、中田の知性や美学を如実に表していた。

また、子供の頃の話やプロとしての複雑な思いなど、半生を振り返るようにし

て率直に語っていた。

         

肝心の引退に関する部分は、次のようになっていた。

  半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に

  約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた。

  

  何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。

  今言えることは、プロサッカーという旅から卒業し、”新たな自分”探しの

  旅に出たい。

  そう思ったからだった。

   

スタイルを重視するあの中田が、旅とか自分探しとかいう言葉を真正面か

ら口にするのは意外だけど、逆にだからこそ好感をもてる部分もある。まだ

29歳、地位も名声も金も人脈も手に入れた才能豊かな人間が、これから

どんな旅を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

   

それにしても、心に残ったのは、サッカーに対する純粋な気持ちを語った

部分だ。子供の頃のみずみずしい思いを失っていったと感じてたけど、

ブラジル戦のあとで、必ずしもそうではないことに気付いた。純粋な思いは、

胸の奥に、傷つけないよう壁を作って守っていたのだった。それがあふれ

出したのが、試合直後。。そのことが、あの印象的なシーン、芝生に横た

わったままの姿につながっていた。。

   

自分を振り返って思う。何に対しても、それを始めた頃のみずみずしい気

持ちを持ち続けてるだろうか。心のどこかに残ってるのだろうか。ハッキリ

してるのは、長々と名選手の引退について考えをめぐらすことよりも、自分

自身がみずみずしい気持ちを持って精一杯生きることの方が、遥かに重要

だってことだ。

   

ともあれ、この瞬間に彼にかける言葉は一つしかない。

    ”ありがとう”  

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美ヶ原Tシャツで乗鞍へと再始動

BIKE69.6km,Av27.9,Mx49.0,心拍Av142,Mx164

夏バテ。。(-_-;) 蒸し暑すぎて走りもダメだし、夜眠れない。。冷たいものばっ

か飲み食いしてるから、栄養面もガタガタ。去年は同じような状況で、突然の

激しい胃痛に苦しんだ記録が残ってる。だから、せめて腹8分を意識して、よ

く噛むことを実践。あと、冷たいものとのバランスを取るため、わざと温かいも

のを食べたりもしてる(余計ダメかも・・)。

      

今日は、寝不足も雑用もたまってるし雨模様なので、休もうかと思ってた。で

も、昨日アップした「6月の全走行距離」って記事の内容は、あらためて考え

るとヒドイ。。ズルズルやる気が失せてしまいそうなので、雨がすっかり上がっ

060702aて夕日が落ちかけてる頃、しぶしぶスタート。気合を

入れるために、先日の美ヶ原のTシャツを着て行った。

ハッキリ言って、速乾性とか通気性とかの機能はサッ

パリだけど、気分の問題。まだ猛暑でもないしネ。。

   

走り出すといきなり、空からハトの落し物。。(-_-メ) 顔面直撃は人生2度目

の経験かな。前回は目にちょっと入ってトイレにかけこんだけど、今日はお

でこだったので、手で払っておしまい(汚い・・)。ティッシュもないし、こんな

事のためにコンビニに入るのもバカバカしい。どうせ誰も見てないから、何

も無かったつもりに無理やりなって、そのまま走る。今こうやって文字にして

ると、やっぱ汚いな。。(^_^;)

   

060702b日が長い時期なので、19時近くになっても多摩川は

まだ明るい(旧式写メだと太陽は黒い点)。そのせい

で、ウォーカーや犬の散歩が多めで走りにくい。前回、

正面衝突なんて最悪の経験をした直後だけに、かなり

注意して進む。とにかく暑くて、国立折返し辺りで早くもボトルが残り少なく

なってて、関戸橋1往復でもうカラ。時間もないし、早めに切り上げることに

してセブンイレブンで補給。今日はドリンクだけじゃなくて、ICE BOXのバ

レンシアオレンジ♪ アイスクリームはよく食べるけど、氷をバリバリ食べる

のはかなり珍しい。それだけ暑かったってことだ。美味しかった~☆

   

その後、暗くなった多摩川を30km程度で走ってると、レーサーが抜いて

行ったので直ちに追走。33km程度で気持ちいい。車間距離は少し広め、

ラインは50cmほどズラして、ブレーキに手をかけた状態で、安全に配慮。

しばらくそのままだったけど、最後のクランクを超えたところでいきなりスピー

ドアップしたので断念。人が多くて暗い部分なので、36kmも出す気にはな

れない。

      

その後は適当に流して帰宅。結局、1リットル補給したドリンクをまた飲み干

したし、帰宅後もガブ飲み。腹はタプタプ。マズイな。。ま、休まなかっただけ

でも良しってことで。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の全走行距離

RUN10km,46分17秒,心拍Av154,Mx178

蒸し暑い。。(-_-メ) 何十回も書いたけど、湿度とか蒸し暑さとか、大っ嫌い

だし大の苦手だ。走るどころか、ロクに寝ることもできない。そうでなくても

睡眠不足だから、もう昼間からフラフラする状況。でも今週はサボりまくりだ

から、少しでも走っときたいと思って準備してると、突然小雨。。ますますや

る気が失せるけど、仕方なく折り畳み傘を片手に出発。ちなみに、Yahoo

でチェックすると湿度80%になってたけど、実感は95%って所。。

   

久々にを差して走り始めたものの、小雨が弱すぎるので傘を畳む。この

後、結局傘を開くことはなく、単なるリレーのバトンみたいなものになった。

さて走りだけど、火曜みたいなぎこちなさは消えてて一安心。ただ、コンディ

ションが悪すぎて軽く走ってもしんどい。どうせなら心拍140台に抑えたかっ

たけど、簡単に150台になってしまい、その後さらに160台へ。結局最後

は178まで上がってしまった。たかが10kmをこの程度のペースで走って、

大してスパートもしてないのに心拍178っていうのは最低。落ち込む。。(-_-;)

    

話は変わって、6月の全走行距離。前回こう書いておいた。「RUN100km、

BIKE800kmを公約としよう。この程度でも、大して自信なし」。実際、見事

に両方失敗。特にRUNは、凄く低いハードルさえ超えられなかった。。

   RUN 91km ; BIKE 627km

   

敗因は、仕事の忙しさとW杯。最初から分かってたことだけど、予想以上に

時間を取られてしまった。公約実行に失敗しただけでなく、去年にも負けてる。

その結果、順当に(?)自転車レースも敗北。荒川、美ヶ原とメジャーなレー

スに連敗するっていう屈辱を味わった。

   

4年前からずっと右上がりだったのが、もうガタガタ。。普段のランニングス

ピードや自転車のスピードは一応上がってるんだけど、去年の方が限界ま

で追い込んでたってことか。やっぱり、気分的にダレてるし、ブログに膨大

な時間を取られてって問題もある。このままだと、8月末の乗鞍の自転車

ヒルクライムも敗北だろう。どっかで流れを変えなきゃマズイ! とりあえず、

7月後半から仕事が一段落つくのに期待しよう。。 

なお、前年との比較は下の通り。

   

04年 7月 R 117km,B 672km : 05年 7月 R 155km,B 1014km

     8月   61    ,  676   :     8月   131  ,    1006 

     9月    64   ,   235   :      9月   240  ,   219 

    10月   80      ,  116   :        10月    197    ,       324

    11月  141   ,  101    :     11月   194  ,    400

    12月  242   ,  130    :     12月   200   ,    352

05年 1月  204   ,   99    : 06年  1月  235   ,    321

     2月   302       ,  130   ;       2月  243  ,   230

     3月  280前後,  100前後;      3月  278   ,   204

     4月  124   ,   388    ;     4月  170   ,    362

     5月  176  ,   780   ;      5月   74   ,   901

     6月  173  ,   651   ;      6月   91   ,   627 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »