« 来シーズンへの好スタート♪ | トップページ | ほとんど余裕なし・・ »

レース直前、疲れのピークでハーフ

RUN21.1km,1時間43分15秒,平均心拍155

終わった~~!♪ これで2006年の自転車シーズンはほぼ終了。後は

日曜の全日本マウンテンサイクリングin乗鞍を待つだけ。既に敗北はほぼ

決定してるものの、ここで投げると今後に悪影響が残る。来シーズンとかマ

ラソンシーズンに照準を変更して出直すためにも、きちんとケジメをつけた。

   

実生活の忙しさもあって、心身共に疲れはピーク。特に寝不足は病的なレベ

ルで、恐ろしくキツイ。。この日曜のことだけを考えたら、休んだ方が良かった

かも知れない。でも、遥か先のことを見据えてるので、自転車独特の筋肉は

あまり使わずに負荷をかけるハーフマラソンで締めくくる。

相変わらずの蒸し暑さの中、ハッキリ言って完走の自信はあまり無かったん

だけど、とにかく今回だけはいくらスピードを落としても完走することを心がけ

た。要するに、レースと同じ感覚だ。

   

スタート直後は意外に脚が軽く感じたけど、眠いしスピードが出てない。気象

条件だけなら前回のハーフの方がひどかったので、その意味では少しだけ

精神的余裕がある。ところが、どんどん走りが重くなっていって、意図的にス

トライドを狭めても脚が動かない。最後はもがくような走りでヘロヘロになって

周回終了。給水&水浴びも長めに1分30秒ほど。時計は止めない。復路も

脚を引きずるようにして、何とか帰宅。

タイムは論外だけど、このコンディションでハーフを走り抜いたことに意義が

ある。日頃からこうゆうのを経験しとくと、今年の荒川マラソンみたいな最悪

のレースでも、悪いなりにしぶとい走りができるだろう。。

   

さて、とにかくこれで、自転車シーズンだけじゃなく、2006年の3大レースが

ほぼ終了。荒川大敗、美ヶ原敗北、そして乗鞍も敗北ほぼ間違いなし。4、5

年前に走りを再開して以来、初めての挫折の年となってしまった。ただ、でき

ればそこそこの走りで大敗を避けて、次へのステップにしたいもんだ。

さあ、週末まで身体を休めて、超回復を目指すとしよう! そしてレースは、

どこまで自分を追い込めるかが最大のポイントだ。パワーを残さないように、

悔いを残さないように。。。

        

  往路(2.45km)   12分22秒  平均心拍127

  1周(2.14km)   9分47秒         150

  2周            9分46秒        156

  3周           9分49秒        159 

  4周            9分56秒        163       

  5周          10分01秒        164 

  6周           10分34秒        163 

  7周          10分54秒        162  

  8周(1.22km)   8分05秒        156

  復路           12分02秒        158

  計 21.1km 1時間43分15秒    155(最大175 ゴール時)

|

« 来シーズンへの好スタート♪ | トップページ | ほとんど余裕なし・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/11582608

この記事へのトラックバック一覧です: レース直前、疲れのピークでハーフ:

« 来シーズンへの好スタート♪ | トップページ | ほとんど余裕なし・・ »