« シリアスな美少女コメディ♪~『セーラー服と機関銃』第1話 | トップページ | リハビリ&サボリ、継続中・・ »

火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

  たとえば 夏の日の花火みたいに忘れられない

  たった たったひとつの恋があるとすれば

  それはやっぱり 20歳の頃の恋なのかな・・・

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たったひとつの恋とは必ずしも言えないけど、20歳の頃の恋は、いまだに

忘れられない特別なきらめきを保ち続けてる。半ば大人、半ば子供の微妙

な過渡期。お互いがまだまだ幼くて、つまらない誤解や衝突もあるし、未熟

なためらいやとまどいもある。見栄や意地をはることも少なくない。けれども、

そうした不安定な状態の中で、ひたすら相手に向かい続ける気持ちや言葉、

行動には、後で取り戻す事は決してできない爆発的なパワーがみなぎってた。

その意味でなら、あれはやっぱり、たったひとつの恋なのかもしれない。。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エッ?『セーラー服と機関銃』の記事とノリが違うじゃないかって? まあまあ♪

たまには感傷的にもなるし、詩人にもなるわけよ。いつも制服美少女に萌えた

り、RUN&BIKEで体育会系やったりしてちゃ、人間に奥行きがないでしょ。

海や空を眺めて物思いにふけることもあるし、青春ラブストーリーと共に昔を

懐かしむこともある。これが人間ってもの。。

 

弘人=ヒロト(亀梨和也)の気持ちや行動は、ホント良く分かるなぁ。。「一緒

にしないで!」っていう亀梨ファンの罵声は、聞こえないフリをしとこう♪

 

金や地位やブランドなんてものにはツバ吐いてたし、そんなものに群がってる

女なんてのは軽蔑してた。でも、それは決して単なる嫌悪じゃなく、憧れの側

面も持ってた。自分の中に矛盾があるのだ。当然、そうゆう自分に対して苛立

つし、幼さゆえにその苛立ちを他人に向けてしまうこともある。おまけに、弘人

ほどじゃないけど、生活も色々と大変だった。だから、菜緒=ナオ(綾瀬はるか)

や上流社会に対する弘人の屈折した態度は、すごくよく分かる。

 

それにしても、「上流と下流の恋」ってタイトルや内容は凄い。脚本家の北川悦

吏子、まさか大昔の発想をそのまま持ち込んだわけじゃないだろうから、現代

格差社会を意識してのことなのかね。先日、ワーキング・プア(働く貧困層)

に関する記事を書いたら予想外のアクセスが来て驚いたけど、景気が上向い

てる今現在も、格差は確実に拡大してるし、人々の関心も高い。もちろん北川

も、そうした事は十分承知してるはずだから、意識したとしても不思議はない。

それとも、もっと一般的に、人と人との「距離」が広がってるように感じる現状

を表してる、一種のたとえ話なんだろうか。。

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し細かく今回のドラマを見てみよう。物語は横浜を俯瞰する映像からスタート。

エンディング・テーマが流れる最中の映像も同じような映像で、横浜の美しさを

上手く表している。

 

その後、実家が細々と経営する船の修理工場で働く弘人の姿。記事の冒頭に

引用した台詞が流れる中、弘人の目に火花が映る。夏の日の花火みたいな恋

は、文字通りの火花から始まった。

 

その後、菜緒との最初の出会いも、違う意味での火花。メバル入りのバケツに

ぶつかってびしょ濡れの菜緒が、親友・裕子=ユウコ(戸田恵梨香)の言葉に

従って渋々「ごめんなさい!!」。弘人もイヤミっぽく「こっちこそ、すみませんで

した!!」。菜緒のキレイな洋服が、弘人との出会いで台無しになったことで、

この先の2人を暗示していた。

 

最悪の火花で始まった2人が、なぜ急にパーティーで接近するのかは、あまり

描かれてなかったけど、若者の恋の始まりに丁寧な筋書きなんて不要なのか

も知れない。少し接近した2人の距離が一気に縮まるキッカケになったのは、

ビンゴの1等を祝うネズミ花火(おそらくCG)。ここで菜緒が大げさに慌てるの

を用意する伏線として、冒頭のお茶の席が使われてたわけね。同じくCGのア

ブorハチに奇妙なほど菜緒が慌てたシーンが思い出される。演技もストーリー

も演出・映像もかなり不自然だけど、こだわるほどの事でもない。

 

ネズミ花火に驚いた菜緒がプールに落ちると、弘人は明らかに自分で踏み出

して一緒に落ちる。つまり、今度は逆に弘人が、菜緒との出会いによってビショ

濡れになったわけだ。ただし、菜緒が濡れたのは汚い水、弘人が濡れたのは

キレイな水。この辺りは、流石に上手く作られてる。

 

ブールのシーンでの独白「僕は 彼女といると 探し物ばかりしてるんだ」が何

を意味してるのかは、今後徐々に明らかになるんだろう。まさか、バッグとコン

タクトを探しておしまい、なんて事はないはず。生き方や自分を探すなんて抽

象的な話だけでもないと思うけどな。。

 

一気に縮まった関係が突然冷え込んだのは、濡れた服が乾いたかどうか見

に行く途中の弘人が、横濱女学館の女子大生たちの会話を耳にしたから。

最低でも慶応、あとは国立、自分より下はイヤ、愛じゃ何も買えない・・・。そ

の後、仲間のいる部屋に戻った弘人は、同じく軽薄な会話をしてる様子を見

てキレる。弘人が見たのは、上流の女子大生の醜さだけじゃなく、下流の自

分達の醜さだ。身勝手な弘人を怒らない甲=コウ(田中聖)亜裕太=アユタ

(平岡祐太)は、イイ連中とも言えるし、甘い連中とも言える。かなり演じにくい

役だろうけど、田中も平岡もまずまず無難にこなしてた。

 

その後、多少の悪意も交えて、ハロウィーンに港が見える丘公園で会う約束。

すっぽかされて傷つくことへの恐れもあって、自分からすっぽかそうとする弘

人に対し、自分にも他人にも正直でウソをつかない菜緒は約束を守って公園

へ。結局、30分以上遅れて弘人も到着。ただし、菜緒は「あなたにもう一度

会いたかった」と正直に言ったのに、弘人は言えない。その代わり、魔女のコ

スプレを隠すためにジャケットを菜緒に貸し、キャンディもあげる。「トリック・オ

ア・トリート」(trick or treat)、お菓子くれなきゃイタズラするよっていう、ハロ

ウィーンの台詞を意識したもの。横浜の美しい夜景を見下ろしながら、いい感

じの2人。ここでまた弘人の独白。

 

   恋の始まりはいつだって赤ちゃんのまばたきみたいに

   ささやかで美しいんだ

   それがその後 どれほど残酷で苦しい恋に育ってゆくとしても

   僕は その運命を 逃れられない

    

実際、幸福な瞬間はアッと言う間に終わる。クリーニングしたジャケットを持っ

て、弘人が通ってるはずの慶応医学部を訪れた菜緒は、弘人のウソに気付

いて、最後は工場までたどり着く。そして一言、「ウソツキ!」。

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、前日に続いて想定外のドラマだった。セーラー服』では意外な

面白さに驚いたけど、今度はあまりの「緩さ」に驚愕。まさか、これほど静か

で地味にゆっくり進むとは思わなかった。まったりとした弛緩。まるで、お茶の

席で映ってた静寂な日本庭園みたいな印象。

 

これを視聴者がどう捉えたのかはともかく、ブロガーの実力が問われるドラマ

だとは言える。ドラマ記事候補の暫定第2位だったこのドラマ、フツーに考えれ

ばもはや暫定第3位の『セーラー服』より下だし、候補外の『僕の歩く道』にも負

けてるだろう。でも、ウチはフツーじゃない。記事を書くかどうかは、ドラマが面

白いかどうかじゃなく、記事を書く作業が自分にとって刺激的かどうかで決める。

見る楽しさよりも、書く喜び。今回の「静寂さ」を見て、むしろ逆に、このドラマで

どんな記事が書けるのか、自分自身に興味が湧いて来た。もちろん綾瀬はるか

も戸田恵梨香も好きだし、上流階級の女子大生達も嫌いじゃない♪

 

最終的に残すのは1本の予定だから、月曜の暫定第1位『のだめカンタービレ』

をじっくり見た後で判断しよう。それでは。。☆彡

 

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.綾瀬はるかは、まだ『白夜行』雪穂のイメージが強烈に残ってるので、

    ムスッとした顔はかなり怖い。パーティーでも、シャンパングラスを投げ

    つけるのかと思った。

    『ナイナイサイズ』のゲストでは、ひたすら可愛いだけだったけどね。。♪

 

P.S.2 菜緒の兄・達也役の要潤、いい男だけど何か不気味。妹を弘人と

      取り合うことになるのかな。あるいは、邪魔するだけなのか。。

 

P.S.3 弘人の母・亜紀子役の余貴美子。『白夜行』だと一番の善人だった

      から、あの姿には驚いた。菜緒に意地悪したりするのかね。。

 

P.S.4 戸田恵梨香は『ギャルサー』サキのイメージが残ってるけど、今回

      は単なるいいコだった。出来ればたまに、懐かしのハイキックとか

      見せて欲しいもの。もちろんギャルっぽいミニスカで♪

 

P.S.5 折角、特別出演で松島トモ子なんて出てるんだから、お茶の席で

      何気なく「ミネラル麦茶」の箱を置いとく程度の笑いは欲しかった♪

 

P.S.6 できれば『エンタの神様』の放映時間を後ろに回して、『たったひとつ

      の恋』の直後に『恋のから騒ぎ』を見せてくれると笑えるんだけど♪

 

 

cf.オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆       ☆       ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

|

« シリアスな美少女コメディ♪~『セーラー服と機関銃』第1話 | トップページ | リハビリ&サボリ、継続中・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

なるほどね。。。

おはよう!朝までかかったんでしょ?(笑)
お疲れさま~♪
でもね、テンメイさんのレビューを読んでいて
いいこと発見!

>見る楽しさよりも、書く喜び

うん、ここの部分わかるな~
面白くてもレビューがサクサク進まないドラマもあるよね。
このドラマはまだ初回なので何とも言えないけど。。。
かなりゆるゆるだったね。
静寂な日本庭園って。。。(笑)
画面全体が暗くて、時の流れが緩くて、これ土9?って
思った。

上流と下流の恋ってのがすごいよね。
障害があればあるほど燃えるんだろうけど。。。
でもさ、見ないと書けないわけで(笑)
最後まで見続けることが出来るのか?今後に注目!(笑)


投稿: アンナ | 2006年10月15日 (日) 09時47分

やっぱり、はるかちゃんは白夜行のイメージが強いですよね!!何か裏がありそうな・・・。早くも嘘がばれた弘人の巻き返しに期待!!

投稿: お気楽 | 2006年10月15日 (日) 12時35分

>アンナちゃん

こんにちは♪ ロクに寝てないから眠い。。
久々に疲れちゃったわ。。

「見る楽しさよりも、書く喜び」、名言でしょ(^^)v
見るのと書くのとじゃ、作業自体も全然違うしネ。。
それにしても、ゆるゆるだった。
シーンとした日本庭園で、時々水の流れで竹の筒が
コーンって音を響かせるって感じ(大げさ?)。
障害、あれに視聴者が共感できるのか、興味深い所。。

さて、このドラマ、今後どうしようかな。
アンナちゃん、すぐ挫けそうだね(^o^)

>お気楽さん

あの雪穂が自分にも他人にも正直な役をやるなんて、
とても素直には受け止められませんよ(^^ゞ
弘人をにらみつけて、何か悪い事やらせそうな感じ♪
ウソつき弘人がどう巻き返すのか、北川の実力を
じっくり見せて頂きましょう☆

投稿: テンメイ | 2006年10月15日 (日) 16時22分

テンメイ様、こんばんは。
ココログフリーはメンテナンスが迫ってきて
一日欠落は必至なので・・・。
皆勤賞狙いのキッドはガッカリしています。
ま、のだめまでは行けるので、
区切りとしては悪くないのですが。
「役者魂!」はやはり別格の運命なのだな。
そーゆー性格のキッドなので
綾瀬の役柄にはすごく共感しています。
これまで
私の胸でお泣きなさい・・・死んじゃうけど。
やったのは私だよ・・・言ったのは福田麻由子だけど。
他、多数の難役を、軽々とこなして
演技力とポカリスェットな魅力で
若手女優存在感ナンバーワン(キッド談)の綾瀬さん。
今回はボランティアなお嬢様なひたむきな病弱な役柄。
わはは。もう、これ以上、複雑にしないでほしい。
来週はお祭り。浴衣は・・・もう季節はずれだから
・・・ないのかな。
できれば・・・あって欲しい。★★。

投稿: キッド | 2006年10月15日 (日) 23時24分

>キッドさん

ガッカリの気持ち、よ~く分かります!
僕も公開以来、1年2ヶ月連続更新中なもんで。
ただし、単に日付が変わってアップしたとか、
メンテナンスの時とかは、平気で後から日付変更してます。
その操作までちゃんと何度も公言してますしね。
ハッキリ言って、1日休むともう止めてしまいたく
なりそうで、ちょっと怖いんですよ。。

綾瀬はるか、演技力だけなら若手女優トップかも。
ただ、お茶の席とバケツ水浴びと、妙に大げさに
嫌がる仕草はかなり引っかかりました。
ギャグにもなってませんしネ。。
でも、ポカリのCMは好きですよ♪
浴衣はドラマの季節には合ってないと思いますが、夏の花火
なんて言ってたから、いずれあるかも知れませんネ☆

投稿: テンメイ | 2006年10月16日 (月) 01時24分

テンメイさん、こんにちは!
足ツボしながら見た無礼者のルルです(^^ゞ

コメントをありがとう!
なるほど~、キレイな水と汚い水。
テンメイさんの視点だと、意外な発見をしますね。
マイナスな評価の方も多いですが(苦笑)
嫌いではないカラーなので
醜くならない限り、書いていくと思います。
ワタシも母子家庭だったので
ヒロトの気持ちがわかる部分もありますし。
あんなに苦労はしてないですが(^^ゞ
専門学校に行く時は
お金のかからない学校を選びましたね。

5人の若者はいい感じですね♪
一人、余ってしまうので追加が欲しいとこですが(笑)

でわでわ~
またよろしくお願いします!

投稿: ルル | 2006年10月16日 (月) 16時03分

>ルルさん

こんばんは!

いくら緩いドラマだからって、
足のツボ押ししながら見ちゃダメでしょ(^_^;)
ワビ・サビの日本庭園的世界を味わう時には、
せめて僕みたいに座禅しながら見ないと!(ウソ♪)

放送直後に予想した通り、イマイチかイマニの世評
みたいですが、ペタとか弘人の性格とか階級差の設定
とかは、見る前から分かってたので何の驚きもありません。
ただ、あの緩さ、静けさ、まったり感は、
ここ最近のドラマだと飛びぬけてますね。
映画なら珍しくないと思いますけど、週末のゴールデンの
ドラマであれだと、チャンネルを変えた人も多かったかも。
僕もブログが無ければ最初の5分で止めてました。。

でも逆に、記事作りは刺激的な感じがします。
独自のレビューを書くにはもってこいの作品かも。。
もう1回じっくり見て、判断しようと思います。

コウだけ余るんじゃ何のヒネリもないし可哀相だから、
もう1人女の子をプラスするとか、技を見せて欲しい所。
北川悦吏子の手腕に期待しましょう。

いずれにせよ、今後ともよろしく♪

投稿: テンメイ | 2006年10月16日 (月) 23時51分

>兄・達也役の要潤、いい男だけど何か不気味。妹を弘人と取り合うことになるのかな。あるいは、邪魔するだけなのか。。
私も思いました。
兄には何か有ると思います。
これから先の、展開非常に気に成ります。

投稿: かっぱ | 2006年10月17日 (火) 21時50分

>かっぱさん

こんばんは。コメントどうもです♪
兄の要潤、どう見てもフツーじゃないですよネ。
菜緒を溺愛してるって感じ。
適度なドロドロなら歓迎しますけど、どうでしょう。
今後の展開が楽しみです☆

投稿: テンメイ | 2006年10月17日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/12289104

この記事へのトラックバック一覧です: 火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話:

» たったひとつの恋 1話〜上流と下流の恋〜 [アンナdiary]
感想難しいな〜これ。私が10代か20代前半くらいだったら、ドキドキしちゃうのかな?いや、亀梨君のファンだったらドキドキしちゃうのかな?うーーーん、臭いセリフの数々と演出にどうしようかと思ってしまいました(苦笑) [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 09時49分

» たったひとつの恋第1話 [わらってよりとも]
亀梨くんの演じる主人公の女性経験豊富そうな振る舞いと、その自信ををもろくも崩れさせた綾瀬はるか演じる天然気味で直球勝負のヒロイン。冒頭からちょっとしたドタバタ劇があって、初見はお互いイメージ悪いどうしだった。が、その後、パーティで会って気になり、2人き...... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 10時07分

» たったひとつの恋 第1話 「上流と下流の恋」 [テレビお気楽日記]
父の残した船の修理工場で働く弘人(亀梨和也)。カフェで働く亜裕太(平岡祐太)と運送会社で働く甲(田中聖)の3人組。仕事が終ると釣りをして料亭に魚を売り、わずかなお金で貧しい生活。  菜緒(綾瀬はるか)はジュエリーショップの社長令嬢。ちょっとそそっかしいタイプなの....... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 11時24分

» うそつき・・・・・・・・・・・・・・・。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
亀梨和也はガセビアの沼行きですか~。いえ、「赤ん坊のまばたきのようにささやかで美 [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 12時30分

» たったひとつの恋 第1話 [ドラマの話をしてみよう]
んー・・・。 前半を観た限りでは、亀梨和也がまたドラマでこけそうだなぁ・・・、サプリに続いてだと厳しくなるのかなぁ・・・、などと勝手に思ってたんですが、何とか後半盛り返したかなという感じの始まりでした。 まず、階段でぶつかるシーンで、えぇ〜、そんなぶつかり方するかぁ?と思ってしまい、演出大丈夫か?と心配になり・・・。 プールに落ちるまでの展開もネズミ花火って・・・(-_-;) 同じ落ちるにしてももう少しないのかよっ!みたいな・・・。 プールに落ちるシーンだと恋に落ちたらを思... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 16時55分

» たったひとつの恋 第1話 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
土曜日は3つ観たいのが被ったんですが、リアルタイムに俊輔の試合を観て昼間に踊るのスピンオフ物・真下正義を視聴。んでさっきアカネを観たあとに、やっと観ました(^_^;) 期待値を低めに設定していた分、そういう意味では無難な出来。 ドラマの雰囲気が暗めでこれも予想...... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 12時08分

» たったひとつの恋(1) [ドラ☆カフェ]
〜上流と下流の恋〜 [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 14時48分

» たったひとつの恋 1話 [頑張る!独身女!!]
寂しく、悲しい、ドラマの展開を予感させる音楽。そして、晴渡る空、穏やか海、そんな横浜の風景さえもが逆に悲しく感じる。 [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 00時11分

» たったひとつの恋・第1話 [あずスタ]
北川悦吏子さんによる正統派ラブストーリーが、日本テレビ系ドラマでスタート! [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 02時45分

» たったひとつの恋 [気になる言葉]
たったひとつの恋は2006年10月14日から毎週土曜日21:00~21:54(JST)に日本テレビ系列のテレビ局で放送される連続ドラマである。初回は20分拡大の22:14までの放送。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 20時33分

« シリアスな美少女コメディ♪~『セーラー服と機関銃』第1話 | トップページ | リハビリ&サボリ、継続中・・ »