« 自転車王ランス、マラソン初挑戦☆ | トップページ | 25kmハイペースで踵に痛み・・ »

超人ランス、NYマラソン3時間切り!

自転車の世界の超人も初マラソンには苦戦したようだ。ツール・ド・フランス7

連覇なんて神業を見せたランス・アームストロングもやっぱり人間だったかと

安心する一方、きっちり目標の3時間を切ったのは流石だなと感心! 正式

タイムは2時間59分36秒全完走者約38000人中、869位。朝日新聞夕

刊には856位となってるけど、男子だけでもホイールチェアーを除いてもそう

はならないので、意味不明な数字だ。速報値なのかな。。

     

ランス専用カメラの映像がネット公開されてたので、夜中にちょっと見てみた。

本来なら無料は5分だけのはずなのに、なぜか10分以上見れてしまう。変な

ボタンでも押しちゃったかなとか心配だったけど、何も入力してないし、NBC

だから大丈夫だろうとタカをくくって、結局20分くらい見たかな。

      

服装は濃い緑のTシャツ、短めのランニングパンツにサングラス。シャツの前と

左腕には、彼の色とも言うべき黄色が入ってる。靴にも黄色が入ってたように

見えた。もちろんこれは、ツールの個人総合1位の選手が着るマイヨ・ジョーヌ

(黄色いジャージ)の色だ。最近では、フジテレビの人気ドラマ『僕の歩く道』で、

自転車好きの主人公・輝明(草彅剛)が黄色にこだわり続けてるので、かなり

一般的にも有名になってることだろう。

       

肝心の走りは、大きめのストライドでかなり上体を起こしてグイグイ走る力強い

もの。トップランナーの軽やかな走りとは違うけど、これはこれでカッコイイ♪

周りを数人の伴走者が取り囲んで、ランスはしきりに話しかけたり飲み物を

取ってもらったりしてる。さすがに余裕だなぁと、この時は感じた。って言うか、

おしゃべりなのかも。。♪

   

ところが、私が見たのは前半の元気がいい時。実は後半が大変だったって

話が、かなり詳しく公式サイトに書いてある。著作権の問題もあるので、全訳

ではなく、一部分を軽く訳して要約しておこう。正確には、原文を参照のこと。

   

   自転車のスーパースターは、最後の数マイルは苦闘だったと認めた。

   「ツールの一番キツイ時よりもキツかった」と、レース後の記者会見で

   彼は語った。「スネも後半になって痛み出したけど、もっと問題だった

   のは、残り7、8マイルになってから、ふくらはぎと太腿がひきつってし

   まったことだ。ふくらはぎはホントに悲惨だった。今でもかろうじて歩け

   る程度だ」

   「これまでで最もハードな肉体的経験だった。・・・疲れと痛みが徐々に

   増して来たんだ。・・・大勢のファンの応援は、これまでのどんなイベント

   よりも特別だった。・・・ニューヨークの皆さんのサポートが無ければ、間

   違いなく3時間半かかってただろう・・・」

   

かなりの悲惨さで、一度止まってストレッチしようと思ったけど、専用カメラが

付いてたから出来なかったそうだ。同じくツール出身のジャラベールが去年

2時間55分39秒で走ってたから意識してたけど、最後はそんな事どうでも

よくなったらしい。ゴール直後の画像がニッカン・スポーツのHPにあって、か

なり辛そうな表情だった。ちなみに、実はランスのタイムは後半もあまり落ち

てない。という事は、ますますハードな体験だったと考えるべきなんだろう。。

      

この記事には伴走者のことも詳しく書いてあって、凄い名前が並んでる。サラ

ザール、ベノイトエルゲルージ! 陸上ファンならオォッと驚くビッグネームで、

かつての超一流選手だ。こんな連中を呼ぶのに、一体いくらかかったのかな、

とか考えてしまう。このニューヨークシティ・マラソンで、ランス・アームストロング

財団(ガン撲滅関連)は60万ドルの寄付を集めたそうだけど、そんなもの3人

の総費用でかなり吹っ飛ぶんじゃないかね。テレビ局が出すのかな。まさか単

なるボランティアとも思えないけど。。

   

その伴走者の1人サラザール(前半担当)は、ランスの走りと喋りまくる様子を

見て、心臓の凄さに驚いてた。ペースを抑えるのに苦労したようだ。一方、後半

の26kmほど伴走したベノイトは、これまでのマラソンで最も肘を使ってランナー

を押しのけたとの事。ランスのために道をこじあけたのは本当だろうけど、半ば

ジョークなのも間違いない。と言うのも、ベノイトはかつて、肘打ちなど激しい競り

合いのスキャンダルで騒がれた選手だから♪ 公式HPにあるベノイトの先導写

真を見ると、怖い顔してガンガン押しのけてる様子がうかがえる。お疲れさま。。

   

ともあれ、ランスの激走は、世界のランニングファンや自転車ファンを勇気づけ

てくれた事だろう。できれば、今後どんどん上を目指して欲しいもんだけど、レー

ス直後には「二度と走らない」と答えたそうだ。ただし、それに続けて、後で考え

直すかも知れないというような発言があったらしい。朝日では「数ヵ月後に考え

たい」と報じていた。まぁ、あの性格で、二度と走らないなんてのは考えられない

から、苦笑まじりのジョークだと考えておこう。

という訳で、最後はツールのファンやNY市民と共に、こう声援しておきたい。

「Go! Lance!」☆

   

cf.自転車王ランス、マラソン初挑戦☆

|

« 自転車王ランス、マラソン初挑戦☆ | トップページ | 25kmハイペースで踵に痛み・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/12586462

この記事へのトラックバック一覧です: 超人ランス、NYマラソン3時間切り!:

« 自転車王ランス、マラソン初挑戦☆ | トップページ | 25kmハイペースで踵に痛み・・ »