« 10以上高い心拍にお手上げ・・(-_-;) | トップページ | 単なるボヤキ&穴埋め »

「ありのまま」という迷宮~『僕の歩く道』第8話

すごく良かった♪ 技術的にも上手かったし、途中も終了後も好印象で、大

きくうなづけた。今までで一番の出来かも知れない。記事を書くつもりはなかっ

たし時間もないけど、ほんの一言だけ重要な部分に触れておこう。それは、

「ありのまま」という問題だ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

古賀(小日向文世)のコーヒーの誘いを断った園長の久保(大杉漣)が、ビー

ルジョッキを持ってる所から始まる飲み屋のシーンは、味わい深かった。

僕は自分の子供に愛情があるフリさえ出来なかった、息子が自閉症だって

事、ありのままの息子を受け入れられなかった、と告白した古賀に対して、

久保は言う。

  「ありのままの息子さんを受け入れる事が出来なかった古賀さん自身は、

   少なくともありのままだった訳でしょ。

   ・・・・・・だから、息子さんに愛情があるフリをしなかった古賀さんっての

   は、ありのままの古賀さんな訳でしょ」

     

この最初の文、台詞の途中で、続きの言葉を自分で先回りして頭に描いてた。

そのくらいスムーズに理解できる言葉だったが、古賀が分かりにくいと言うの

で久保が言い直す。あんまし変わってないけど、一呼吸おけたからか、古賀

「まあ、そうですけど」と一応うなづく。すると久保は、

  「私は、ありのままの自分でいたことがないような気がする」

   

さて、この部分を一番簡単に見るなら、次のようになる

ありのままの久保は出世なんかどうでもいいと思ってるのに、そうは生きら

れない。どうしても、出世しなきゃと思ってしまうし、負けた奴とも思われたく

ない。だから、出世を目指して、動物に愛情があるフリ、障害者に理解があ

るフリをしている。でも、「自分が出来る事を一生懸命やればいい」という

明(草彅剛)の生き方、母・里江(長山藍子)の愛情に触れるうちに、久保は

ありのままでいる事の大切さに気付いた。無理して出世する必要もないし、

出来る範囲で動物に愛情を注いだり、障害者を理解したりすればいいんだ。。

     

こうした見方は、別に間違ってはいない。ただ、ミスリーディング、つまり誤解を

招きやすいとは思う。微妙な話だけど、このドラマは決して「ありのままで生き

る方がいい」とか、「そのままの自分でいい」なんて事を言ってるんじゃない。

ありのままとは、必ずしもいい事ではないし、無理する事は必ずしも悪い事で

はないのだから。

   

例えば古賀がありのままに息子を見捨てたのは、理解は出来るものの、いい

事ではないし、本人も後悔してた。一方、久保が出世のために頑張ることは、

今回たまたま行き過ぎがあったものの、決して悪いことじゃない。そもそも、無

理したからこそ自閉症の輝明との貴重な出会いも生じたわけだ。また、輝明

だって、「新しい道」に進むのは大変な無理だったはずだけど、そこから新たな

出会いや発見や喜びが生じて来るわけだ。

   

結局、三つの事が重要だろう。まず、「ありのまま」で幸せに生きられる人間な

ど、あまりいないって事。古賀は後悔してるし、久保が出世を諦めたら色々と

マズイ問題が生じる。実際、ドラマの最後でも久保は出世(or 本社復帰)を諦

めてはいなかった。輝明が特殊な立場だって事は忘れるべきではない。明らか

な障害を持ってるから、周囲が温かく支えてくれるだけの話で、フツーの社会人

が掃除やリンゴ切りに手間取ったりしてたら、周囲の反応は冷たいはずだ。

   

次に、「ありのまま」とは変化すること。例えば、久保の「昔のありのまま」は、障

害者なんて関心なかっただろうけど、「今のありのまま」は、障害者の持つ独特

の価値を認めると共に、出来る範囲で理解しようとしている。輝明の仕事に対

する「ありのまま」も、都古(香里奈)の手紙のおかげもあって、変化した。より

良い「ありのまま」になったわけだ。

   

最後に、何が「ありのまま」かは、よく考えると必ずしも分からないこと。人それ

ぞれ、その場その場で、ありのままの自分をある程度分かったような気がする

のは確かだろう。でも、例えば久保にとって、出世なんかどうでもいいって考え

がホントにありのままだろうか。いや、少し違うだろう。どうでもいいって考えも、

出世を望む気持ちも、どちらも「今のありのまま」なのだ。これが今後、どう変

化するかは分からない。ただ、問題はありのままの自分でいられない事なので

はない。2つのありのままに挟まれて、一方をホントのありのままだと自分で感

じながらも、結局は別のありのままに引きずられてしまう。つまり、2つのありの

ままの分裂、衝突、葛藤こそが問題なのだ。。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

非常に大切で難しい話で、こんな手抜き記事では論外だけど、時間の関係で

今日の所はこの辺で。。

    

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

P.S.謎のロードレーサー・亀田(浅野和之)と、リナ(本仮屋ユイカ)の描写

    が物足りない。あと、ロードバイク(チネリのエストラーダ)はどうするん

    だろうか。スタッフの皆さん、特に脚本の橋部敦子の頑張りに期待♪

    (ちなみに今回のプロデューサーは重松圭一・岩田祐二、演出は三宅

    喜重)

        

cf.自閉症の自転車好き~『僕の歩く道』第1話

   『役者魂!』1&『僕の歩く道』2、軽~い感想♪

   超手抜きつぶやき記事(のだめ・役者魂・僕 etc)

   のだめ3・役者魂3・僕の歩く道4、軽~い感想♪

   輝明のロードバイクについて~『僕の歩く道』第4話

   並行を目指す各々の道~『僕の歩く道』最終回

|

« 10以上高い心拍にお手上げ・・(-_-;) | トップページ | 単なるボヤキ&穴埋め »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ホントに、あれっ?ってところで時間切れな感じですね、残念(^^;)続編はあり?

「僕の歩く道」は先週今週と、とてもよかったと思いました♪
予告編では、亀田から「乗ってみるか?」と言われて
(ついに!!)輝明が黄色いレーサーに乗ろうとして落車したシーンが出ていたし、
喫茶店の中も写っていたようだから、謎の自転車おじさんの詳細もちょっとわかるのかな…?
とちょっぴり期待しています。

そうか「ありのまま」って、現在進行形なんですね~。
でもその芯にある自分の中心軸は、回りの状況がかわったとしても変わらない気がする。
それが「本当のありのまま」かなあ…?
すみません。自分でもつかめそうでつかめない。
ワケがわからなくなって来たのでこの辺で…シュワッチ!

投稿: トマト | 2006年11月30日 (木) 00時21分

>トマトさん

第9話でやっとレーサーに乗るなんて全く予想外。
第5話くらいで乗って欲しかったですね。
これじゃ、自転車は単なるアクセサリーに終わりそう。
ま、それでも少なからずの視聴者の脳裏に焼きついたからいいか。。

ありのまま。
それが自分でつかめてるのなら、一時的で表面的なもの。
つかめてないんなら、それを保つことなど出来はしない。
いずれにせよ、ありのままでいる事は、その言葉のイメージとは
裏腹に、とても難しいことでしょう。

続きは、各自が手探りで暗中模索・試行錯誤すべきことです。。

投稿: テンメイ | 2006年11月30日 (木) 23時18分

「たっ恋」レビュー待ちを
していたらここまで来てしまいました。
今週の「僕歩く」は傑作でしたね。
まぁ、このドラマほぼ傑作なんでレビューしないんですけど。
キッドはずっとある古い歌が
浮かんで頭から離れないので
ここに捨てていきまーす。

誰かが言ってた、俺は人間として
自然に生きているんだと
自然に生きてるって自分でわかるなんて
なんて不自然なんだろう。

よしだたくろう『イメージの詩』より

投稿: キッド | 2006年12月 3日 (日) 09時09分

どうもどうも。お待たせしました<(_ _)>
今回の『僕の歩く道』、傑作でしょ♪
傑作なんでレビューしないってのが笑えますネ。
僕のドラマ選択理由にちょっと似てます。

捨てていかれた、よしだたくろう。
ホホーッ、これはまた適切な引用!
たくろうも流石ですけど、キッドさんの
引き出しの広さにも感心させられます☆

投稿: テンメイ | 2006年12月 3日 (日) 13時56分

お久しぶりでーす♪(⌒∇⌒)ノ
ドラマ好きのテンメイさんへお知らせです!

昨日、マリアメンバーで僕の歩く道ロケに協力してきましたーv( ̄ー ̄)v

最終回で使う自転車レースを撮影したんですけど、スタートやゴール、アップ中の風景など1日がかりでたくさん撮りました!
結局、女子はレース風景には使えないと言われてしまったのでミポリンさんと私は映るかどうか微妙ですけど、うまくいけばアップ風景とかで出てるかな~?って感じです。
でもきっとレース途中のシーンとかで、ツ○ヤさんが映ると思いますよ!
ということで、最終回はお見逃しなく!(*^ー^)ノ~~☆

投稿: M・Y | 2006年12月11日 (月) 21時17分

>M・Yさん

ギョエッ! マジ?。。
何で、真面目にドラマ見て記事書いてるオレじゃなくて、
全然ドラマなんて関係なさそうな人間が出演すんの?
東京マラソンは当たるし、ムカつくわ。全く。。
ミポリンはケガから復活してるのか。。

仕方ない。ほんじゃ、最終回は裏番組見るよ♪
報道ステーションだな(^o^)

投稿: テンメイ | 2006年12月12日 (火) 00時43分

うぷぷぷぷぷ♪
M・Y、女優デビューっす♪ (* ̄ー ̄)v

さっき最終回の予告を見たらスタートシーンのところで、
バッチリ映っていました~\(>▽<)/
(本人しか分からない状態でしたが・・・笑)

裏番組を見るなんて言ってないで、
来週はしっかり最終回を見て下さいよー!(≧ε≦)ノ

★ミポリンさんはケガから復帰してますよ~

投稿: M・Y | 2006年12月12日 (火) 23時11分

いいなあ~、M.Yさん!!
最終回は、わくわくしてましたが、ますます楽しみですね。

集められたのは…ロードレーサーばっかりかな~
クロスバイクはいないんだろうなあ(泣)

投稿: トマト | 2006年12月12日 (火) 23時27分

>M・Yさん

どこが女優やねん!エキストラだろ!
よ~く知ってるオレがスロー再生したって分からんわ☆
まあ来週はもうちょっとハッキリ映るかも
知れないから、やっぱ裏番組だな♪
『ガイアの夜明け』で日本経済の勉強でもするか(^O^)


>トマトさん

『クイズ日本の顔』、『趣味悠々 パソコンアート』、
『リンカーン』、裏番組はどれも面白そうですよ♪
今回言ってたロードバイクの魅力って、要するに自転車の魅力。
クロスバイクの方がよっぽど味わえるんだけどな。
そもそも、素人がビンディングはめてロードバイクで
平地の高速レースに出るなんて、危なすぎるのに。。

投稿: テンメイ | 2006年12月13日 (水) 21時52分

いやぁ~(@^_^)ゞ
またもや本人以外には分からないレベルでの登場でした。
女優への道はキビしー!

でも、エンディングにちゃんとリアの名前が出たので、
ちょっとうれしかったですぅ~♪

ところでテンメイさん。
裏番組なんて見ないでちゃんと見ててくれたんでしょーねっ?!( ̄^ ̄)

投稿: M・Y | 2006年12月20日 (水) 00時25分

>M・Yさん

仕方ないなぁ。
うるさいから渋々見たよ♪
やっぱムリ。幻のデビューだな(^^)
名前だけね。。

ま、こうゆう棚ボタ狙うくらいなら、
マラソン本気でやってテレビデビュー
狙う方がいいんじゃないの?
思いっきし目立てるよ♪

投稿: テンメイ | 2006年12月21日 (木) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/12866068

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありのまま」という迷宮~『僕の歩く道』第8話:

« 10以上高い心拍にお手上げ・・(-_-;) | トップページ | 単なるボヤキ&穴埋め »