« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

『たったひとつの恋』脚本・ドラマ・ノベライズの比較

日曜日のノベライズ本購入記事で、内容については「数日中にアップ」と書いてか

ら、早くも7日が経とうとしてる。実はあの時「2、3日中に」と書きそうになって止め

といたんだけど、大正解だった。私の辞書に「数日=2、3日」という文字はない♪

          

マジメな話、いろんな事が後ろへ後ろへとズレ込んで、相当マズイ状況になってる。

年内に済ませるべき事を、新年までかなり持ち越してしまった。ドラマ記事なんて

書いてる場合じゃないんだけど、有言実行派を自認する者として、とりあえず少し

だけ書いとこう。

          ☆          ☆          ☆

まず、もう一度確認しときたいのは、ノベライズ本は一応、脚本ともドラマとも別物

だってこと。ドラマは映像や音楽があるから別物だと納得しやすいけど、脚本も

別物だってことを理解してる人は少ないだろう。もちろん、どれが本物でどれが偽

物って話ではない。先日、公式サイトのBBSをサラッと全体的に眺めた時、「ノベ

ライズを読んで初めて分かった」という感じの書き込みが目についた。これがどう

ゆう意味で書かれてるのかはともかく、少なくとも私は、ノベライズを「根拠」にし

てドラマを解釈したりはしない。それらは別物なんだから。ただし、ノベライズ本が

「参考」「手がかり」「きっかけ」になる事はあるだろう。あぁ、こうゆうドラマの解釈

「も」可能なのかって感じで。

      

では以下、具体的に比較してみよう。まず、私にノベライズ本購入を決心させた、

第1話冒頭から。第7話のドラマ記事にも書いたように、ドラマは横浜の美しい航

空映像(遠くには富士山)で始まり、工場の映像、溶接の火花&モノローグへと

続く。その間は、例の物悲しいBGMで一つにつながれている。

一方、脚本の冒頭は

   1 暗がりに火花

     花火のように浮かび上がって。

   ヒロトの声「たとえば……夏の日の花火みた

    いに、忘れられない、たった、たったひと

    つの恋なんていうのがあるとすれば」

      (『ドラマ』2006年12月号,p.82,映人社。改行も点々も原文のまま)

      

ドラマ脚本の大きな違いは、横浜の場景でスタートするかどうかだけだ。その後

の進行もそっくり。その意味で、ノベライズを考察する際には、ドラマ脚本と考え

ても差し障りないことが多い。ところがノベライズはかなり違う。ヒロトのモノローグ

でいきなりスタートした後、すぐに石段の出会いまで飛ぶ。

   「神様が、たまにはサエない僕らに、ちょっとしたプレゼントでも

    してやろうかと気まぐれを起こしたような、気持ちのいい朝だった。

    遠くで船の汽笛が鳴っている、

    石段の坂道から・・・・・・

     (北川悦吏子『たったひとつの恋』(発行:ヴィレッジブックス、発売:ソニー・

      マガジンズ)

    

ちなみに、「鳴っている」の次の読点「、」は句点「。」を間違えたものだろう。それ

はともかく、ノベライズというのが、時々大胆にカットしてるものだという事が、こ

の部分からも分かる。また、脚本ともドラマとも距離のある説明も、すぐ目について

しまう。脚本はもちろん、ドラマでも、そこまで気持ちのいい朝ってわけでもないし、

シーンの始めに汽笛が聞こえるわけでもない。。

    

誤解のないように。「だからノベライズは間違ってる」と言ってるんじゃなくて、別物

だと確認しただけだ。違いの指摘に続いて、ノベライズのメリットを指摘しとこう。

石段で3人がパーティーに誘われた部分。ノベライズにはこうある。

   「弘人はとっさに青いバケツを背後に隠し・・・バケツは

    亜裕太の手から甲の手へ・・・こんなかわいい子たちの前で、

    こ汚いバケツを掲げた姿をさらしたくない」

    

脚本にも、もう少し簡潔だけど同様の説明が付いてる。ここは、女の子が話しかけ

てるので、ドラマだとつい音声に気を取られてしまいがちなんだけど、こうゆう説明

を読むと、バケツリレーの映像に注意を向けるキッカケになる。また、とりあえずこ

の部分に限って言うなら、説明も適切に感じられる。

   

ちなみに、ノベライズでは女の子は2人となってて、脚本と一致している。ドラマで

は3人だし、みんな台詞がちゃんとある。ここから考えられるのは、ノベライズとい

うのはあくまで脚本を中心にして、ドラマを多少加味して作ってるんじゃなかろうか

というもっともな仮説だ。実際、ノベライズしたのは豊田美加なのに、著者名の欄

は脚本家の北川だけだ。ただし、差し当たりは仮説、あるいは想像でしかない。。

   

今度は逆に、ノベライズのデメリットに触れよう。坂道でヒロト=弘人(亀梨和也)

ナオ=菜緒(綾瀬はるか)がぶつかった直後に、ユウコ=裕子(戸田恵梨香

が「おいしそうなメバル」とボケて、アユタ=亜裕太(平岡祐太)が「は……?」と

反応する箇所がある。これがノベライズには無い。

それに続いて、コウ=甲(田中聖)がアユタのポケットからハンカチを取ってユウ

コに渡したのに、ユウコはそれでナオの洋服を拭くっていう、細かい笑いがドラマ

=脚本にはある。これがまた、ノベライズには無い。

    

こうした点は、ひと恋のドラマの全体を振り返る際には問題だ。ドラマのユウコは、

登場した瞬間からボケてたのだ。そして実は、ドラマのナオも最初からボケてた。

ナオは最初、お茶の席で他の生徒のあくびを見てクスッと笑って、松島トモ子先生

に怒られてた。さらにその後、蜂が侵入して来た際にもナオが一人で大騒ぎ。ま

た叱られて謝ってた。つまり、ドラマ脚本では、物悲しい音楽=環境でスタート

しながらも、登場人物的には最初からお笑い喜劇になってて、最終的な形を暗示

していたのだ。これがノベライズでは無い。シーン丸ごと、カットされてるのだ。。

          ☆          ☆          ☆

まだ第1話を少し見ただけなのに、もうかなりの字数と時間を要してる。ドラマを

「本気で見る」ことがいかに大変でマニアックなことか、ここからも分かるだろう。

今後さらに『ひと恋』の記事を書くかどうかは、総合的に判断したい。時間の問題

が一番大きいし、来期のドラマの問題もある。真面目に読む人がどのくらいいる

のか、アクセス状況も参考にしよう。

         

ウチのブログは、スポーツにせよドラマにせよ、本気で遊ぶ人のためのものだ。

それでは。。☆彡

     

          ☆          ☆          

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

| | コメント (4) | トラックバック (1)

リハビリのハーフ続行、緩やかに回復中・・

(29日)RUN21.1km,1時間42分53秒,平均心拍160

ボチボチだなぁ。。日曜、水曜と、痛めた右脚をひきずって無理やりハーフを走っ

たから、元々の痛みが治まってきたにも関わらず、後遺症に悩まされるハメになっ

てる。ハッキリしてるのは右のふくらはぎ。歩くだけで痛い。あと、左の踵にも少し

痛みがある。右脚をかばって頑張ったわけだから、当然と言えば当然の結果だ。。

   

って事で、今日のハーフは1時間45分を切って無理せず完走するのが目標。少し

前の感覚から見ても、恐ろしく低い目標だ。何しろ1km5分のペースだもんね。で

も、日曜が最悪で1時間58分16秒、水曜が少しマシになって1時間47分50秒

だから、ぜいたく言える状況じゃない。今日はグッと冷え込んでるし、右のふくらは

ぎを慣らすためにも、まず3分ほどウォーキングでアップ。めったにやらない事だ

けど、おそらく正解。おかげで自然にジョギングのスタートが出来た。

    

とは言え、一歩ごとに右ふくらはぎが痛むし、まだ右膝内側や右の太腿の裏も本

調子じゃない。往路はゆっくりと、その後2周余裕で走って、3周目くらいからやっ

と少しずつペースアップして行った。要するに、右脚をかばうのを徐々に止めて行

けば自然なビルドアップになるわけで、全く静かだった呼吸がどんどん荒くなって

いく。心拍は最初から高めで、最後はかなりの値になってしまった。たかが1周9

分53秒ごときで心拍が170まで行ってしまうなんてのは、ホントに情けない。。

   

まあ、トータルのタイムは思ったより良かったし、ビルドアップも出来たし、ラストは

結構キレイにスパート出来たから、良しとするか。これで大晦日の午前中に最後

のハーフを走れば、今月の走行距離はそこそこマトモになる。今から僅か32時間

程度で回復させなきゃなんないな。明日から休みだし、ゆっくり風呂でも入ろっと♪

     

  往路(2.45km)     13分40秒  平均心拍135          

  1周(2.14km)     10分38秒         154        

  2周              10分39秒         158        

  3周             10分36秒         161

  4周              10分29秒         163 

  5周              10分19秒         164

  6周              10分01秒         166 

  7周               9分53秒         167 

  8周(1.22km)        5分39秒         170

 復路               10分59秒         167

  計 21.1km  1時間42分53秒     160(最大179,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SoftBank携帯910SHを買いに行ったら・・

終わった~~!やっと年賀状を書き終わったぞ♪ 枚数が少ないとはいえ、全部

手書きしてるから、年末恒例の修行って感じだ。ちょっと写経に似てるんじゃないか

な。やった事ないけど。。例年より1日遅れで、元日にはもう届かないかも。。ま、

この努力に免じて許してもらおう。印刷するのは簡単だし速いけど、やっぱ年賀状

は手書きでしょ。キーボードばっかじゃ、漢字を書けなくなるしネ。

    

さて、眠いし疲れ果ててるのに、毎日更新継続中のブログを書かないと寝れない。

何しろ、1日休んだらそのままポキッと折れてしまいそうな状況だから、ここは踏ん

張り所だ。と言うわけで、一番ラクして書ける記事は何かと考えたら、やっぱ携帯

だろう。今、記事のネタはかなりあるんだけど、他の話は時間がかかってしまうか

らパス。それに、こないだ書いた携帯の記事、予想外にアクセス多かったし♪

          ☆          ☆          ☆   

では、続きは明日、と言いたい所をグッと我慢。前から書いてるように、「テンメイ

再デジタル化計画」の一環として、携帯を最新モデルに買い換えようとしている。

061229_0252第一候補はSoftBankの910SH。左の写メで、雑誌

『Ray』の人気モデル・葛岡碧が持ってるのがそう。著作

権や肖像権はかなり真面目に守ってるつもりだけど、こ

れはそもそも910SHの広告だし、この記事もその宣伝

みたいなもんだから、OKだと勝手に思ってる。ウチはやたら文字ばっか並んでて

無味乾燥だから、たまにはデザイン的にこうゆうのもイイ♪ このコ、エビちゃん・

もえちゃんほどには売れてないけど、性格良さそうだしネ。ちなみに、私が狙って

る色は、写メのレッドではなくてチタン。つまりゴールドだ。

     

さて、前にも書いたように、この機種の最大の特徴はカメラ。500万画素で、光学

3倍ズーム、手ぶれ補正付き。コンパクト・デジカメのレベルに達してる。これさえ

あれば、日常的にはカメラが不要になって、写真好きの私にとって便利だ。かなり

発売が遅れてたものの、11月末になってやっと販売開始。ところが買いに行くヒマ

が無くて、先日やっとビックカメラ渋谷東口店に行って来た。

    

最近、携帯の電池がすぐ無くなることもあって、910SHの実物を見る前から、もう

買うことは決定。もちろん、直前にネットで評判の良さも確認しておいた。どこかの

携帯みたいに、電池が爆発するとかいう話も、今のところは無いようだ。

さて、閉店間際の売り場に駆け込んでみると、いたいた。先月質問攻めにした、伊

集院光に似た店員が♪ 名札を信用するなら、Kさんって苗字。優秀で愛想も良く

て、商売抜きにホントの事を話してくれる、客にとっては素晴らしい店員だ。この人

じゃなければ、前回の来店時に外見がキレイな810SHで妥協してたはず。チラッ

と視線を送るとすぐ笑顔を返してきたから、覚えててくれたようだ。他の客の相手を

してる間、実物をチェックしてみると、予想外にキレイだ♪

    

実は、唯一気に入らないのが外見、つまりデザインや色だったんだけど、パンフレッ

トより実物の方が良かった。キータッチがイマイチだったけど、通常のQVGA(320

×240ドット)に比べて精度4倍のVGA液晶ディスプレイ(640×480)は美しい。

値段も、毎月の支払いの合計で2万円前後だったかな。たしか1ヶ月800円台で、

問題なし。

          

Kさんの手があいた瞬間に「すみません」と声をかけて、何も聞かずに「これくださ

い」とすぐに言った。すると、全く予想外の返事が。。「申し訳ありません。品切れ

で、いつ入ってくるかも分からないんですよ」。これは、エッ、て感じの話だ。私は

人一倍、あらかじめ悪い展開を予想して行動するタイプだけど、これは想定外だっ

た。と言うのも、発売後1ヶ月しか経ってないし、ここは旗艦店だから品物も多く入

荷されるだろうし、決して爆発的人気の商品でもないからだ。

    

「1ヶ月前に詳しく説明して頂いたので、折角あなたから買おうと思って来たんです

けどね」と言うと、「申し訳ございません。度々来てくださってるのは十分承知してお

ります」と笑顔で頭を下げるKさん。「度々はオーバーだろ。あれ以来初めてだぞ」

と内心ツッコミを入れながら話を聞いてみると、メーカー(SHだからシャープ)側も

大して売れると思ってなかったから、少ししか作らなかったらしい。つまり、さんざん

CMでやってるワンセグ対応の911SH(AQUOSケータイの2ndモデル)の方は、

前の905SHが売れたこともあってかなり作ってるけど、910SHは高性能カメラ

が売りの地味めの商品だから、期待されてなかったようだ。ガックシ。。。

   

しばらく駄々をこねるようにして、Kさんの接客術を楽しんだ後、仕方なく別の店に

向かってみた。SoftBankのショップと、格安店。ところが、やっぱりダメ。いつ入

荷されるかも分からないし、予約もできないとのこと。それにしても、予約ができな

いってのは変な話だと思うけどな。内金入れるとか、もっと駄々をこねるべきだった

か。。いずれにせよ、結局そのまま買えなかった。代わりに911SHを買おうかなと

も思ったけど、外出中にまでテレビを見るかどうかはかなり怪しい。電池もすぐ無く

なるはずで、やっぱ500万画素・3倍ズーム・手ぶれ補正カメラの方が実用的だ。

    

と言うわけで、今は年明けまで待つ作戦。1月15日までにゴールドプランに加入し

ないと損するみたいだから、かなりギリギリの勝負になる。ネットは新規加入が中

心だし料金システムとか分かりにくくて避けたいので、あちこちのショップをこまめ

にチェックしないとマズそうだ。ダメなら、もう3ヶ月くらい待とうかな。ワンセグ対応

で500万画素カメラ付きのモデルが出るかも知れないしネ。

それではこの辺で、Good night ☆彡

    

          ☆          ☆          ☆   

P.S.ちなみに、SoftBankのCMは全く趣味じゃない。女子高生(?)なんて使っ

    ても騙されない。物議をかもした0円広告といい、この会社の宣伝戦略には

    首をひねるようなものが目立つ。それでも選んだのは、総合的判断による。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

テニス&BIKE&RUN

テニス2時間;BIKE18km;RUN21.1km,1時間47分50秒,平均心拍156

(27日)並べて書くと、たっぷり運動したって感じがするな♪ 1ヶ月半にも同じよう

なことを書いたけどネ。中身をよく見ると大した運動量でもないんだけど、この3種

類を1日でやったことは、まだ数回しかないようだ。テニスがなかなか出来ないっ

てのが大きいんだけど、社会人としては当たり前のことだわな。。

   

さて、1ヶ月半ぶりの早朝テニスってことで、僅か2時間半の睡眠で早起き。目覚

ましを4つ使ってるから、わりと安心できる。夜中には大雨プラス雷でひどい天気

だったけど、朝になったら予報の通り雨は止んでた。まだ外は暗い状況で、ボーッ

とした頭で無理やり軽い朝食を取って、あわてて準備して自転車置き場へ。全く

乗ってないので、案の定タイヤの空気が抜けてた。これは想定内のことだから、落

ち着いて空気を入れて、テニスコートへダッシュ。

    

久々の自転車は気持ちいいんだけど、サドル交換をした後の調整がイマイチらし

くて、ほんの少し前のめりになってしまう。大した事ないし、調整し直す余裕は無かっ

たから、そのままガマン。それより気になったのは、一時期大幅に減ってた道路

脇の違法駐車が、かなり復活してたこと。マジでうっとうしい! 特に大型トラック

が停めてあると、自転車は凄く危ない。制度の運用をなめきってる訳だから、思

い知らせるためにもビシビシ取り締まって欲しいもんだ。

    

コートには5分前に到着して手続き。ところが、例によって友人Kが来ない。さほど

驚きがないってのもマズイ話だ。10分経って、携帯をかけようと思った瞬間、よう

やくKがノコノコ到着。言い訳は適当に聞き流して、すぐスタート。台風一過って感

じの天気で、雲は結構あるけど空がキレイだ。そのうち、眩しいほどの日差しになっ

てきて、冬って言うより秋晴れって感じ。こっちのサイドだけ眩しいので、打ちにくい。

    

それはともかく、この日はお互い体調が悪かった。私はまだ右脚の故障が治って

なくて、特に真っ直ぐ伸ばしたりヒネったりする動作はピキッと痛みがはしる。当然

動き回れないので、軽いラリーって感じになってしまう。一方、Kは風邪がやっと治

りかけてる状況で、表情も動きも明らかに冴えない。と言うわけで、いつも以上に

ノンビリと、しゃべりまくりながら打ち合った。右膝はちょっと痛んだ程度。珍しく、ボ

レーボレーで負けてしまったのがちょっと悔しいな。。

   

さて、早朝テニスよりも遥かにキツイのが夜のランニング。もともと歩くのもぎこち

ない状況なのに、朝のテニスと自転車で足腰が疲れてる。この状況でハーフを走

るってのは、多分初めてじゃないかな。2日連続休んだ後だし、月末&年末で余

裕がないから、頑張るしかない。まあ、疲れてるとはいえ、日曜ほど右脚がひどく

はないから、一応自信はあった。それに、疲れと故障っていう言い訳が揃ってる

から、遅くても気にならないって所がイイ。

    

往路は遅かったけど、無難な走りで日曜よりは数段マシ。その後の周回も安定し

てて、右脚をかばいながらも、左脚には余裕があった。疲れによるしんどさを除け

ば、心拍も落ち着いててまあまあだったと思う。できれば1km5分、トータルで1時

間45分以内で走りたかったけど、まあOKでしょ。ラストスパートもわりとキレイで、

心拍175まで持っていけたしネ。。

   

さあ、これであと4日。あと2回、ハーフ以上を走りたいけど、右脚の状態次第って

感じ。やる気はあるし、時間も一応ある。気を抜かずに粘ろう☆

    

  往路(2.45km)     14分27秒  平均心拍129          

  1周(2.14km)     11分04秒         147        

  2周              10分57秒         152        

  3周             10分51秒         156

  4周              10分52秒         159 

  5周              10分47秒         159

  6周              10分43秒         160 

  7周              10分34秒         164 

  8周(1.22km)        6分00秒         167

 復路               11分37秒         165

  計 21.1km  1時間47分50秒     156(最大心拍175,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ・演劇・人生、3重構造への挑戦~『役者魂!』最終回

泣いてしまった。。先週に続いて今週も。。今年はブログのためって意味もあって

かなりドラマを見たけど、その中でたったひとつ涙を流してしまったのが『役者魂!』

だ。先週なんて、画面を全く見ずに雑用をこなしながら音声だけ聞いてたのに、後

半の別れの決断シーンで涙がこぼれた。瞳美(松たか子)の気持ちが分かりすぎ

るくらいよく分かったのだ。私は男だけど、もし瞳美の役=立場だったら、あの場面

で全く同じ演技=行動をしていた。だから、感情移入なんてよそよそしいものじゃな

く、瞳美と完全に同一化してたのだ。

    

諸々の事情でマトモな記事を全く書かずに終わったけど、今クールに一番安心して

楽しんでたのはこのドラマだった。今週も時間がないけど、最後にもう一度だけ、軽

い記事を書いとこう。

          ☆          ☆          ☆

このドラマは一つの劇だが、その中でシェークスピア劇をやってるから、いわゆる

「劇中劇」になってる。それに加えて、登場人物たちの人生そのものが劇的だから、

結局「劇中劇劇」だ。こうゆう複雑な構造で、しかもシェークスピア、人気アイドルに

頼らず、定評ある原作にも頼らずドラマを作るっていう、「スタッフ魂!」に拍手を送

りたい。脚本の君塚良一、演出の若松節朗・木下高男・村谷嘉則、プロデューサー

の船津浩一、音楽の森英治をはじめとする皆さんに拍手! もちろん、スタッフの

要求に応えた「俳優魂!」も見事だった☆

    

目先の視聴率や一般的評価にとらわれずにチャレンジする「クリエイター魂!」は、

誰かが見届けるべきだし誰かが評価すべきだ。ドラマの完成度から言えばいま一

つ物足りない所もあるものの、開拓者が時々道を間違えたり迷ったりする姿を見

て野次を飛ばすようなマネはしたくない。むしろ「ブラボー!」と最後に叫ぶ役を、

私は演じることにしよう。これこそ私の「役者魂!」、あるいは「ブロガー魂!」だ。

            

このドラマ、とにかく主役の2人が抜群に安定感があった。瞳美と本能寺海造(藤

田まこと)は、矛盾した表現になるけど、自然に演技している。演技とは本来、不自

然なもののはずなのに、見てて自然だし、演じる方も自然だろう。その2人に加え

て、強烈なインパクトで楽しませてくれた柳沢社長(香川照之)。主役とは逆に、極

端に不自然な存在で、その大げささやわざとらしさが毎回笑えた♪

   

ほとんどこの3人だけで十分魅力的なドラマだったけど、最後に重要な役を演じた

母・まり子(戸田菜穂)も良かった。まり子は、瞳美と海造が子供2人を渡す気に

なるような女でなければならない。子供を海造のもとに勝手に残して、アメリカで

男と暮らしてたような女にも関わらず、視聴者が本物の母親として認められるよ

うな存在でなければならない。その難しい役を戸田が好演したおかげで、ドラマ

のラスト2回がうまく収まった。今まで戸田に注目した事なんてなかったけど、孤独

の陰りと母性の温かみを共存させた上品な美しさに、魅惑されてしまった♪

    

最終回だけ振り返ってみると、エンディングはイマイチって言うかイマ半分だった。

社長が役者になって護(森山未來)みたいな役を演じてたのは笑えるし、護が社

長そっくりのマネージャーになってるのも笑えた。ただ、欲を言えば、ラスト10分で

もう1回泣かせて欲しかった。部屋の掃除中に、忠太(吉川史樹)の破れた靴下を

片方だけ見つけた瞳美が昔を思い出すっていう脚本自体よりも、それを映像にし

た演出がイマ半分だったのかも知れない。

   

でも、始めの瞳美とまり子も良かったし、何と言っても「劇中劇」のリア王が素晴ら

しかった。リア王=海造の剣に、忠太と桜子(川島海荷)が無邪気に貼り付けた

プリクラで、海造の演技は一気に崩れる。まず控え室に閉じこもった間は、愛娘

コーディリア=里奈(加藤ローサ)が父を迎える日舞(!)を即興で披露して何と

かつなぐことに成功。ところがその後、コーディリアと桜子がダブってしまったリア

王=海造は沈黙。そこで役者あがりの社長が、即興で舞台に踊り出てリア王を

励ます。続いて瞳美が舞台裏からこっそり台詞を教えるものの、しゃべれないリ

ア王。そこで瞳美は即興で、海造自身にピッタリの台詞を教え、海造はそれを、

観客席の一番後ろに立ってた2人の子供に向けて言い聞かせた。

   

  「わしの子供たちよ。人生は決して思惑通りには進まないのだ。

   しかし子供たちよ、人生というもの、楽しみ方ひとつで見方も変わる。

   幸せに過ごすのだぞ。君らを愛している。頑張れよ!」

   

この台詞が、海造自身、さらには思いついた瞳美自身にも向けられた言葉である

のは言うまでもなかろう。瞳美が告げた言葉と海造の台詞がわずかに違ってたの

もイイ。まったく思惑通りに進まなかった最後の劇を、海造と瞳美は全力で楽しん

だ。社長や里奈も楽しんだ。結局、台詞を胸に刻んだ子供たちは、観客席の後ろ

のドアから退席する。ドラマの初回の登場を反転させた、美しい形だ。こうして、舞

台と観客席、役者と観客・マネージャーが渾然一体となったドタバタ劇の幕が下りた。

    

人生とは所詮、ドタバタ劇だ。思惑通りには進まないのだから。ただ、それを喜劇

として楽しめるかどうかは、役者であると同時に観客でもあるわれわれ自身にかかっ

てるのだろう。。

          ☆          ☆          ☆

時間があればもっと本格的な記事を書くところだけど、もう寝る時間だ。明日は

早い。書き残した点を二つだけ簡単に書こう。今回、舞い落ちる雪とクリスマスツ

リーが良かった。こうゆうのは美術スタッフの力なんだろうか。雪は最高の背景に

なってたし、控えめながらも存在感のあるツリーもキレイだった。

    

そして、ドラマ全編を通じてすごく素晴らしかったのは、音楽だ。例えば先週、音声

だけで泣いてしまったのは、BGMの力が大きかったと思う。そして、松たか子が歌

主題歌「みんなひとり」も好きだった。これを作詞・作曲した竹内まりや自身が歌

う挿入歌「スロー・ラブ」はそうでもなかったけど、主題歌でいい仕事をしたから、竹

内にも拍手だ♪

        

確かに、みんなひとり。だからこそ、ひとりひとりがお互いを必要とするし、必要とさ

れたいと思う。ブログなんてのも、そうした営みのひとつだろう。書くにせよ、読むに

せよ、その点においては同じことだ。。

それでは、雷が鳴り始めたので、このへんで。。☆彡

      

          ☆          ☆          ☆    

P.S.最後に、海造の大好物の大福にも活躍して欲しかったな。。

      

cf. 『役者魂!』1&『僕の歩く道』2、軽~い感想♪

   超手抜きつぶやき記事(のだめ・役者魂・僕 etc)

   のだめ3・役者魂3・僕の歩く道4、軽~い感想♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『明石家サンタのクリスマスショー』、面白かった♪

今年は良かった♪! 昔からほとんど欠かさず見てる、クリスマス恒例の「明石

家サンタ」。正式名称は『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー

2006』。一昨年がイマイチで、去年はイマニだったので、今年はあんまし期待し

てなかったんだけど、それがかえって良かったのかも知れない。3年ぶり(?)の

2時間半ロングヴァージョンがあっという間に終わってしまういい出来だった☆

     

この番組、明石家さんまがサンタになって、視聴者のその年の不幸話を電話で

聞いて、「合格者」には鐘を鳴らしてプレゼントするっていうヒネリの効いた番組♪

合格の条件は、簡単に言うと、不幸の度合いと面白さなんだけど、ハッキリ言っ

てさんまの独断と偏見。そのいい加減さがまた面白い。たまに、さんまが不合格

にした人を、アシスタントの八木亜希子が無理やり合格にしてしまうこともある。

    

この八木、さすがにここ数年はサンタの衣装がキツくなってるし、アップの映像も

苦しくなってる(失礼・・)。でも、さんまとの間に長年築きあげたあうんの呼吸で何

とか頑張ってるところは微笑ましい。昔はさんまが番組中にくどいてたのに、結婚

してからはそれも無くなった。今はほとんど仕事をせず、アメリカで暮らしてるらしい

が、毎年この番組だけは引き受けてるとの事。スタッフにも愛されてるんだろう。。

          ☆          ☆          ☆

さて、毎年一番楽しみにしてるのは、番組最初のプレゼント紹介♪ 『もろびとこぞ

りて』の陽気な音楽に合わせて、サンタ姿の女の子4人がはしゃぎながらプレゼン

トを紹介していく。バブル末期に開始された番組だけあって、無意味に軽薄な感じ

が凄くイイ。女の子はもちろん可愛いし、いかにもこの番組だけ単発で出たって感

じで素人っぽいところがまた萌える。今年なんて、眠かったのか番組を把握してな

いのか、途中でボーッとしてるコまでいて、この緩さがまた良かった。

    

今年の目玉商品は、さんまがCMをやってるトヨタ・カローラ。変な賞品としては、

エビちゃんグッズ。身につけると、今をときめくCanCamモデルのエビちゃん=蛯

原友里になれるって代物。完全なハズレのキワモノ賞品としては、プロ野球の

田優夫投手が毎年恒例のトナカイ姿で紹介してたヤクルト応援用ビニール傘と、

村上ショージ特製の目覚まし時計。村上は毎年ハズレ賞品役で、過去には当選

者が本気でムッとしてたこともあった。こうゆうのがまた笑える♪

          ☆          ☆          ☆

肝心の不幸話だけど、今年20くらいあった話の中でベスト5を選び出してみよう。

   

第5位。明石家さんま本人。番組冒頭から、自分こそ一番不幸だと豪語しつつ、

今年の不幸を並べてた。その最後はもちろん、今月出版された石原真理子の暴

露本だ。「ベッドでは、いたって普通の人だった」とか書かれたらしくて、完全にネ

タにしてテレビで喋りまくってる。前日の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマ

スSP2006』では、一番ムカついた女だったかな、完全にギャグにしてたし、直後

『恋のから騒ぎ』でも軽くネタにしてた。もはやこの男にはスキャンダルの心配さ

えない。単なるお笑いを超えて、歴史に残る文字通りの天才タレントだ☆ タレント

とは才能って意味の言葉だってことを、改めて実感させられてしまう。。

   

第4位。一生懸命貯めた200万円で整形したのに、両親に気付いてもらえなかっ

た女性。これは、話自体も笑えたけど、話の後がさらに良かった。一人目ってこと

で、さんまが渋々オマケして合格にしたら、いきなり目玉商品のカローラ。これじゃ

納得できないし番組的にも困るってことで、その後延々とさんまが文句をつけてた

のがイイ♪ 偶然とはいえ、さんましか出来ない妙なワザを引き出してたし、この

番組ならではのまったりした緩い展開を見せてくれたのも良かった。

         

第3位。森口博子。この番組の特徴として、タレントからの不幸話がある。今年は、

森口の他に、若槻千夏、南海キャンディーズ、爆笑問題、東貴博らが登場したけ

ど、一番さんまのウケを取ったのが森口だ。相変わらず浮いた話もないまま、今日

一日ほとんど人としゃべらず。電話の104で病院情報を聞いた時に、仕方なく

「メリークリスマス!」と言ってみたら、オペレーターに機械的に応答されてしまっ

て話。さんまとほぼ同時にプッと吹き出してしまった。実はこの話は前フリに過ぎな

かったんだけど、その時点で合格の鐘♪ さんまのパスに乗っかる形で工藤静香

や松田聖子のモノマネをした後、手に入れたプレゼントはエビちゃんグッズ&たら

こ。少し前の若槻の応答をパクって、「ユニセフに寄付してください」とか言ってたの

も良かった♪ ユニセフから贈られてポカーンとしてる発展途上国の人々を想像す

ると、より一層笑えてしまう(不謹慎で申し訳ない・・・)。

    

第2位。30歳で7人の子供を持つ母親。6人生んだ後、避妊用のリングを子宮に

入れたのに、なぜか7人目を妊娠。出産の時に、赤ちゃんの頭に孫悟空みたいに

リングが乗っかって来たっていう、出来すぎた話。この手の話は、ウケを狙った視

聴者がするとシラけるけど、この人はホントっぽく感じた。なかなか実用的(?)な

話でもある。。

    

第1位。離れ小島に住む女性。さんまが電話すると、「5年ぶりの電話なんです」

とか言ったのがまず笑えた。でも、それより遥かに良かったのは、プレゼントで村

上ショージの目覚まし時計を当ててしまって、さんまに「ファンなの?」とか聞かれ

た時に、「別に・・」と答えたところだ♪

この番組のファンならお馴染みのこの「別に・・」って台詞は、5年以上前だろうか、

ある男性視聴者が「八木さん、ファンです」と言って、さんまに「どこがエエの?」

か聞かれた時に、「いや、別に・・」と答えて爆笑を生んだ時のもの。その後もしば

らく使われてて、今年は誰も言わないなと寂しく思ってたら、番組終盤に来て絶妙

のタイミングで言ってくれた。さんまの質問が狙ったパスだったかどうかはビミョー

だけど、八木と共に即座に反応してたのは、当然とはいえ流石だ。来年も是非、

「別に・・」は聞いてみたい♪

          ☆          ☆          ☆

今年はその他にも、彼氏にフラれたことをさんまから父親に伝えて欲しいなんて

いう女性がいたり、腰にキスマークをつけてた旦那の話をするためにさんまを無

理やり立たせてポーズをとらせる女性がいたりと、目新しい展開もあって、全く退

屈しなかった。この調子だと、あと数年は間違いなくいけるだろう。既に16年目だ

という明石家サンタ、是非とも30年くらいを目指して頑張って欲しいもんだ。

    

「どこがそんなにイイの?」 「いや、別に・・」。。♪☆

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cfまさに史上最大のXmasプレゼント♪~『明石家サンタ・2007』

  『明石家サンタ』のXマス、今年もまったりと♪ (2008年)

  明石家サンタ2009 さんま&八木の絶妙トークに爆笑♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

痛めた脚でハーフ強行・・

(24日)RUN21.1km,1時間58分16秒,平均心拍137

最悪。。また右膝内側をやってしまった。。もう今シーズンは苦しいなぁ。。

   

やる気も時間もあったけど、脚に変な疲れがあったから、2日続けて休み。疲れ

が抜けたところで、クリスマスイブの深夜にも関わらず30km走をする予定だっ

た。ところが、一昨日から右膝内側に変な痛みが復活。これは先月と同じ症状で、

原因も分かってる。長時間あぐらをかいた直後にパッと立ち上がると、深く曲げて

た方の右膝がグキッとなるわけだ。治った後は気をつけてたのに、ちょっとウッカ

リ忘れてた。前に1回やってたから、次もなりやすいってこともあっただろう。

   

でも、2日ほど十分注意して右膝をかばって来たから、そろそろ大丈夫だろうと思っ

て走り始めたら全くの論外。ジョギングさえ痛くて、すぐ歩き始めてしまった。これ

はめったに無い出来事。家に帰って、大好きな『明石家サンタ』でも見ようかなと弱

気になりかけたけど、せめてウォーキングでもやっとくかと思って、少し走っては歩

くって感じの繰り返しで公園へ。もちろんタイムは論外だ。ちなみに、『明石家サン

タ』はちゃんと録画中♪

   

身体が温まったら何とかなるかな、とも思ってたんだけど、なかなか痛みが消えず、

その後は完全に右脚を引きずる形でヨタヨタと周回。右膝は少し曲げたまま固定

して、左脚で進むって感じで、当然のことながら左脚もおかしくなって来る。左膝が

ミシミシして来た時は止めようかと思ったけど、過去の経験上、こうゆう時でも意

外に粘れることが分かってるので、注意しつつもひたすらガマン。そのうち、左脚

の使い方が分かってきたこともあって、左膝は復活した。

   

ところが、右膝内側の痛みはなかなか消えない。温まるにつれてマシになって来た

ものの、膝をムリに固定して走ってるせいで、太腿の裏側に軽い痛みが広がって

来た。痙攣の一歩手前って感じ。どうしようかなと迷いつつ、結局ハーフで中止し

た。もしこれが青梅マラソンみたいな30kmレースだったら、最後まで走ってたと

思う。右脚が変なだけで、心肺も左脚もかなり余裕はあった。でも、後遺症のこと

を考えて、限界のかなり手前で一応止めといた。正解だったと思う。

   

この後、右脚の状態がどうなるのか、ちょっと読みにくい。ただ最悪の場合、青梅

は不参加って可能性も出てきた。ひどい状態で無理して出るよりは、青梅をパス

して荒川マラソンの一発勝負にかける方がいい。今、やる気があるだけに、運を

天に祈るって感じ。脚さえ治ればなぁ。。。

     

  往路(2.45km)     17分38秒  平均心拍112          

  1周(2.14km)     13分10秒         126        

  2周             12分39秒         134        

  3周            12分28秒         137

  4周             11分55秒         137 

  5周             11分22秒         137

  6周             10分57秒         146 

  7周             10分37秒         153 

  8周(1.22km)      5分54秒          159

 復路              11分36秒         157

  計 21.1km  1時間58分16秒     137(最大心拍171,ゴール前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

最近、ドラマ関連の本を買い漁ってることについては前にも書いた。その後も目に

Aisite付いたものは次々と買ってるが、その中に北川悦吏子

『愛していると言ってくれ』『オレンジデイズ』のノベラ

イズ本も入ってる(共に角川書店)。『愛して』は再放送

で見てわりと面白かった記憶があるし、『オレンジ』はあ

Orangeちこちで名前を聞いて気になってた。最近やたら北川に

こだわってるように見えるかも知れないけど、こだわっ

るのは北川じゃなくてドラマ、もっと広く言えば映像作品だ。

たまたま秋ドラマでは北川作品の記事を書いてたし、人

気作家で簡単に本も手に入るからってだけの事。実際、部敦子が書いた

『僕の歩く道』の脚本も手に入れている。

    

さて、今回注目したのは、ドラマのノベライズ本とはどうゆう物なのか、という問題

だ。著者は脚本家になってるから、ドラマと脚本の間に位置するような小説だろう

という想像はつく。ただし、どちらとも微妙な距離があるだろうことは、ノベライズ本

の最後に小さく書かれた注からも分かる。例えば、『オレンジ』にはこう書かれてる。

「・・・ドラマ『オレンジデイズ』の脚本を基に小説化したものです。小説化にあたり、

放送とは若干異なることがありますことをご了承ください」。

    

Hitotsu『愛して』にも上と似た注があるし、昨日買ったノベライズ

本『たったひとつの恋』(発行:ヴィレッジブックス、発売:

ソニー・マガジンズ)の注はほとんど『オレンジ』と同じだ。

要するに、脚本ともドラマとも少し違ってる事を示してる。

Hitotsu2それでも、実際に渋谷のBOOK1st(ブックファースト)

で手にとってみるまでは、どうせ脚本とほとんど一緒なん

だろうと思ってた。それなら、買わなくてもいいかって感じ

だ。ところが、出だしがいきなり脚本ともドラマともかなり

違ってて、急激に心がひきつけられて行った。これは面白そうだ♪ 北川だけじゃ

なく、ノベライズ担当・豊田美加って名前も出して語るべきだろう。

   

上の写メから分かる通り、宣伝用の帯を取った状態での『ひと恋』の表紙は、『愛

して』と非常に似ている。つまり、海の中(or プールの中)のイメージなのだ。両者

は別人によるもの(水戸部功、谷口広樹)だから、この類似は北川の趣味による

ものなのかも知れない。ちなみに、『ひと恋』のリングは、ドラマでヒロト=弘人(亀

梨和也)が海に捨てた指輪をイメージしたものだろうけど、同じではない。例えば、

自分とナオ=菜緒(綾瀬はるか)のイニシャルであるHNの刻印もない。星屑が作

る銀河のようにも見えるので、同じ北川の『空から降る一億の星』を思い出してし

まう。と言うことは、「海のきらめき=星の輝き」が北川の趣味なのかな。それなら

私も大好きだ♪

   

と言うわけで、いよいよ内容的な話に移るんだけど、今日のところはもう時間だ。

残念ながら、続きは数日中に書くことにしよう。脚本とドラマとノベライズ本を比較

する作業はもう済んでるので、乞うご期待♪

ではまた。。☆彡 

          ☆          ☆          ☆

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

  

   

   

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

あ~疲れた。。今期のドラマ記事に一応の区切りが付いて、ホッと一息♪ たった

ひとつだけ選んで本格的にレビューしたドラマ、『たったひとつの恋』の公式サイト

のBBSを久し振りにザッと眺めてきた。これがまた予想外に疲れる作業だった。。

        

前にも書いたと思うけど、かなり局側が選別してるのか、無言の「同調圧力」が強

いのか、「良かったです♪」とか「続編お願いします」って感じの肯定的な感想が

圧倒的(当然ほとんど女性)。正直言って内容的にはあまりインパクトがないけど、

あの数の多さはなかなかインパクトがある。冷静に考えると、多いと言ってもたか

千(3000くらいか?)で、同じ人の投稿もかなりあるようだから、別に驚くほ

どの人気でもない。いくら10%程度の低視聴率とは言え、ネット大国日本の公式

サイトにその程度の賛辞が並ぶのはフツーの事だろう。でも、実際にズラッと並ん

だ賛辞を目にすると、ドラマの影響力ってものを実感してしまう。。

         

実は、北川悦吏子が最後の挨拶を書き込んでるんじゃないかと思ったんだけど、

残念ながら発見できなかった(疲れて挫けた・・)。その代わりに見つかったのが、

最初で最後(?)の綾瀬はるかの書き込みだ。最終回の直前に番宣として書いて

てるので、興味のある方はどうぞ。一発で見れるリンクをここに張るのは簡単な

事だけど、それじゃ面白くないでしょ。自分で努力してこそ感激もあるってもの (^^)

   

でも、見に行くほどのパワーは湧かないって人のために、簡単に内容を紹介しと

こう。著作権その他に配慮して、全文引用は止めておく。所詮は番宣だから、北

川悦吏子の書き込みみたいな面白さはない。

「綾瀬はるかさん 20歳~29歳・女」の書き込みは、全文14行。「みなさん、こ

んにちは! 綾瀬はるかです。いつも投稿ありがとうございます。とても励まされ

ました☆」でスタートして、当日の日テレの番組(ズムサタ、直前生スペシャル!)

の話を少々。最後は「楽しくあわただしい3ヵ月間を無事終えることが出来、幸せ

に思います。番組を応援して下さったみな様、ありがとうございました!! Thank

you so much☆ See you tonight!!」で終了。はるかちゃん、もうちょっと中身のあ

る話を書こうよネ。ヒロインだし人気女優なんだから☆ ま、可愛いから許すけど♪

   

他に気がついた点としては、ノベライズ本の話がかなり出てたこと。まだ見てない

から、一応チェックしてみよう。ドラマとの比較はもちろん、手元にある脚本3話分

とも比較してみたい。おそらく、脚本とドラマの中間って感じになってるんだろうな。

あと、泣いたっていう書き込みが結構あったのには苦笑。私はほとんど笑ってた

から。そうそう、ブロガーらしき名前も2つ発見。多分、少なくとも1つは本人だろ

う。もちろん、私は書き込んでない。ここで十分喋りまくってるしネ♪

それにしても、他の出演者は書き込んでないのかな? 亀梨和也とか、チョコッと

でも書き込めば喜んでもらえるのにね。。。

                

と言うわけで、今日は軽くこの辺で。。☆彡

   

          ☆          ☆          ☆

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び25km、微々たる復調・・

(21日)RUN25km,2時間00分52秒,心拍測定失敗

あのキツさで2時間切れないなんて。。(-_-;) この時期にこんなタイムとは、全く

予想外だ。何という屈辱。。。

   

ハッキリ言って、この日も眠くてサボりそうだったけど、もう時間がないから気合

でスタート。タイムよりも、一昨日に続いて25km完走するのが第一目標。とは

言え、あまりにも遅いタイムばっかだとやる気がなくなるから、とりあえず2分縮

めて2時間01分30秒程度を狙ってた。もちろん、あわよくば2時間切りを狙って

る。練習ベストは4月末の1時間52分33秒だし、11月初めには1時間54分16

秒で走ってるから、2時間なんてのは本来なら余裕のタイムだ。逆に言うと、その

程度のタイムに苦労するくらい、今はひどい状態ってこと。。

    

一昨日と違って筋肉痛がほとんど無かったからなのか、久々に往路がマトモなタ

イムでちょっと気を良くする。周回のラップも、一昨日よりはマシだし余裕もある。

ところが3周目に、胸に付けてる心拍計のトランスミッターがはずれて、走りなが

ら直そうとしても上手くいかなかったので、ヘソのあたりまで落としてその後は無

しで走るハメに。どうもストラップの長さ調整がおかしいようだ。

   

いつも心拍を見ながら走ってるので、ちょっと不安になったけど、ある程度は見

当がつくし、別に必要不可欠なものでもない。一昨日より調子がマシなのは明ら

かだったから、ラップタイムだけ注意して2時間前後を目指す。下に掲載したラッ

プから分かる通り、中盤はちょっと調子が出てきた感じで、これなら2時間切れそ

うだなと思ったんだけど、残念ながら心肺がキツ過ぎてスローダウン。完走が第

一目標だから、まあ仕方ない。多分、心拍は170近くまで行ってたと思う。

   

8周、9周とどんどんペースを落として、周回終了時にはまた給水。この日はちょっ

と気温が高めだったとはいえ、冬の深夜だ。たかが25kmでノドが乾いて仕方な

いってことは、要するに汗ビッショリで余裕のない走りってこと。タイムが遅いって

のもあるだろう。走る前に水分補給してるんだけど、2時間程度しかもたない。水

飲み場で冷たい水をゴクゴク飲み干して、復路はヨタヨタ。余裕があれば、まだ2

時間切れる状況だったんだけど、かなりキツくて、珍しく脚まで疲れ果ててた。結

局、52秒オーバーでゴール。またフリースタイルを1.5Lガブ飲み。美味し~い♪

   

あ~、それにしてもマズイ。ちょっと仕事がラクになったけど、年賀状だの大掃除

だの、雑用が山ほどたまってる。あんまし追い込めそうにないなぁ。1日休んでま

た25km走りたいけど、自信ナシ。15kmにしようかなぁ。今から弱気。。。   

     

  往路(2.45km)      12分35秒   平均心拍138

  1周(2.14km)    10分08秒        156

  2周             10分07秒         160

  3周            10分07秒    以下、心拍不明

  4周             10分07秒                

  5周             10分02秒          

  6周             10分01秒          

  7周            10分02秒           

  8周            10分27秒       

  9周            10分50秒        

 10周(840m,給水)   4分47秒          

  復路              11分42秒         

   計 25km   2時間00分52秒    心拍測定失敗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並行を目指す各々の道~『僕の歩く道』最終回

このドラマの主人公は誰かと人にたずねると、どんな答えが返って来るだろうか。

全員が主人公なんていうキレイ事は認めないことにするなら、輝明(草なぎ剛)とい

う答えが圧倒的だろう。もちろん、これはもっともな話だ。『僕の歩く道』だから僕が

主人公で、これが自閉症の輝明を指してるのはストーリー的にも映像的にも明らか

だ、という普通の発想だ。

    

それでは、輝明が主人公だと答えた人に対して、輝明がドラマで歩いた道を一言で

説明するなら何かとたずねると、どうだろうか。モゴモゴと迷う人には選択肢を与え

ることにすれば、多くの人は「自立」とか「独り立ち」と答えるだろう。これまた、もっと

もな答えで、少なくとも「旅立ち」や「成長」よりは上だ。単なる旅立ちではなく、自分

独りの旅立ち、自分独りへの成長のはずだから。

    

では最後に、このドラマの中で最も自立した人は誰か、とたずねてみよう。多くの人

が、再び輝明と答えるだろうけど、ふと考え込む人も出てくるんじゃないだろうか。

正確に繰り返すと、「最も自立してる人」ではなく、「最も自立した人」だ。これに対し

て、私なら「里江(長山藍子)」と答える。その意味で、このドラマの主人公は里江と

輝明だ。都古(香里奈)は重要な脇役に過ぎない。。(もちろん、自立がそんなに

素晴らしい事なのかどうかは全くの別問題・・)

     

          ☆          ☆          ☆    

この点について、「道」をテーマに、もう少し視野を広げて考えてみよう。道とは人生

であって、記事のタイトルに挙げたように、このドラマでは「僕の」道だけでなく「それ

ぞれの」道が描かれている。重要なのは、輝明、里江、都古、りな(本仮屋ユイカ)、

亀田(浅野和之)だ。個別に見て行きたい。

   

まず亀田。皮肉にも一番分かりやすいキャラが、謎のロードレーサーと宣伝され

た彼だ。このドラマで自立の象徴となってたのは亀田であって、間違っても精神科

医の堀田(加藤浩次)ではない。と言うのも、精神科医とは、患者を支える反動を

利用して何とか自分を支えてる人だからだ。それに対して、亀田は全く違う。独り

でロードバイクに乗り、一人で喫茶店を経営し、輝明を適度にサポートした後は、

再び一人で別のレースに出る。非常に分かりやすい自立の基準として機能するキャ

ラ、つまり最初から「自立してる人」、あるいは独立した道を歩く人だった。ちなみに

「自転車」とは「自分で転がる車」であって、「自立して歩む人間」の象徴となっている。

    

続いて、りなこの秀作ドラマにも、いくつかの欠点はあるが、りなの描写不足は

そのうちの一つだ。最後になってやっと光が当たったものの、それまでは単なる

可愛い女の子、お飾り的な妹になっていた。それはともかく、りなは「自立し始め

た人」、独立した道を歩き始めた人だ。家を出るって話は、母・里江への甘えや

依存を中心に置きながらも、外側へ向かうベクトルを含んでるし、堀田の前で今

までの自分をさらけ出して泣いたのも大きい。

ただし、まだ自立し始めたばかりだから、小さい頃の分まで里江に甘えることも必

要だろうし、ついつい兄・秀治(佐々木蔵之介)に就職口のコネを頼んだりしてしま

う。この辺りのりなは、幼さと可愛さを同時に上手く表現していて、流石だった。

   

そして、都古。輝明と彼女が主人公だと考える人も少なからずいるだろう。もちろ

ん、ドラマをどう見ようが個人の勝手だ。でも、どう語ろうが個人の勝手でもあるし、

都古を主人公とみなす視聴者が、都古と里江についてどう見てるかが気になる所

だ。都古は、「自立に失敗したりな」である。親の愛が不十分なまま、形だけ自立

したものの、実際には不倫で揺らいでる。不倫相手と別れようとしたにも関わらず、

結婚という言葉であっと言う間に態度は豹変。即結婚したものの、即離婚。行き場

を失って、昔の母のもとに近づくものの、また冷たくされてしまい、結局は輝明の家

族の一員みたいにしてもらう。再就職先も、輝明の職場。最後も、輝明と一緒だ。

もちろん、エンディングでは都古と輝明は並走していたので、自立した大人の男女

の関係のようにも見える。でも実質的には、非対称的な関係だ。輝明は都古から

の自立に成功している。大好きな幼馴染ではあっても、彼女なしで立派に生きてい

た。彼女、正確には「彼女の住所」にハガキを送るだけで大丈夫なのだ。ところが

都古は、自分でも言ってたように、輝明なしでは生きられないのだ。「私、気付いた

の。テルが私を必要としてたんじゃない。私がテルを必要としてたの」。この点は、

亀田の喫茶店で、輝明が都古の分までコーヒー代を払うシーンにも象徴されてい

た。従って、都古は自立していないし、都古の歩く道と輝明の歩く道も並行関係で

はない。輝明の真っ直ぐな道に、都古の道が巻きついてるのだ。

     

それに対して、里江は違う。里江は、昔は娘のりなに依存したりもしてたけど、ここ

最近は、たった一人の依存相手がいるだけだ。それが、息子の輝明だ。もちろん

彼女は深い母性を自閉症の息子に注いでるでも、それと同時に、「息子に依存

されること」に依存してる母親でもある。これは、非常に現代的な問題、いわゆる

「共依存」の関係だ。それをハッキリ表してたのが、輝明をグループホームに入れ

るかどうかみんなで相談するシーンだ。

    

   都古 「おばさん、テルには少しでも自立して欲しいって思ってたんじゃ

        ないんですか」

   里江 「うん、そうなんだけど、私まだ元気なんだし」

   都古 「おばさんが元気なうちに、テル、少しでも自分の事は自分で

        できるようにしようってことじゃないんですか」

   里江 「・・・・・・」

    

弱々しい表情で黙り込んだ里江が気の毒に思えたこのシーンは、言うまでもなく、

私が元気なうちは私が輝明の面倒をみたいと語っている。その事の方が、輝明

の自立よりも優先することなのだ。これこそ、輝明に対する里江の依存であって、

もちろんその問題性に里江自身が気付いてるからこそ、都古に何も言い返せな

かった。そこへさらに、りなに相談した時「お兄ちゃんのしたいように」と言われる。

そして最後に、レース完走後の輝明自身が「お母さん、僕、グループホームに行

く」と言ったことで、里江はもはや「はい」と答えるしかなかった。この瞬間に、輝明

よりもむしろ里江が自立したのだ。共依存関係に、ようやく終止符が打たれた。

もちろん、まだ完全ではない。休みの日には、つい輝明が自宅に帰るのを待ちわ

びてしまう状況だ。でも、自立への決定的な一線を越えたのは確かだった。。

   

最後に、輝明彼も自立への決定的な一線を越えた。ただし、自分のできない事

や苦手な事は援助してもらうのが条件だし、その他にも色々と周囲にサポートさ

れてる状況に変わりはない。例えば、レースの練習、下見もサポートされてたし、

レースの最中にコースをはみ出しても許されて、それどころか大きく遅れてゴール

するまで大会関係者に待ってもらってるのだ。本来なら失格はもちろん、ルール

違反で怒られてもおかしくない。もちろん、家族や職場の人間もずっと待ってくれ

ていた。とはいえ、自閉症という状況の中で、必死に自立への新しい道を歩みだ

したのは間違いない。

          

と言うわけで、それぞれの歩く道は異なってて、独立しながらも深く関わる「並行」

目指して進んでる。単なる独立や無関係を表す「平行」ではなく、「並行」だ。そ

して冒頭に書いたように、最も自立した人は里江、主人公は輝明と里江であるし、

最も上手く並行関係の二つの道を創り出したのもこの二人なのだ。

もちろん、これだと地味すぎて視聴率的にも不利だから、そこに花を与えてくれ

のが都古ということだ。脇役とはいえ、彼女がいなければ見る回数が減ってた可

能性は高いだろう。。♪

          ☆          ☆          ☆

最後に、ドラマ全体の評価について。明らかに優れてる♪ 重くて地味な主題にも

関わらず、所々でクスッと笑わせながら、エンディングの2人の並走まで上手く運ん

でいた。伏線の張り方も全く教科書的。例えば、グループホームという言葉は先週

に秀治の妻・真樹(森口瑤子)が口にしてたし、都古が動物園の輝明のそばで安心

して眠れるように、あらかじめジンジンを病気にさせていた。それに加えて、先週の

美しい海岸では、安心して眠れる場所が欲しいって話を出している。もっと細かい

ものでは、りなが都古からのハガキを使って作ったお守り。この少し前に、輝明が

ハガキをじっと見つめる所を、りなが後ろから一瞬だけ見ていた。そしてこのハガ

キのお守りって話は、都古が河原(葛原信吾)からテルのハガキを取り返そうと

必死になってた事と上手くペアになっている。実にキレイで丁寧な作りだった。

これは、演出家の河野圭太プロデューサーの重松圭一・岩田祐二を始めとする

スタッフの力もあるだろうが、やはり脚本家の橋部敦子の実力が大きいだろう。

輝明を始めとする人間の描き方が、あまりにも優しい(or 甘い)点は個人的にか

なり気になったものの、あれが一般ウケする作りだという事は、視聴率や世評が

示してる。いずれにせよ、見事な手腕、優秀な作品だった。。☆

   

と言う訳で、秀作ドラマ『僕の歩く道』とはこの辺でお別れ。

スタッフ&キャストの全員に、「ありがとう」♪ それでは。。☆彡

    

          ☆          ☆          ☆

P.S.ちなみに、強調するつもりはないけど、輝明が自転車の練習をする時に

    ヘルメットを付けてないのは変だし(足をペダルに固定してるので危険)、

    レースのシーンも変だった。ギアが重過ぎるし(他の選手は軽めのギアを

    クルクル回してる)、休憩の時に息があまり荒れてない。もちろん、コース

    を外れてトビを見るなんてのはギャグに近い。

    ただ、ドラマをキッカケに自転車ファンが増えれば、もちろん嬉しいことだ。

    別に60万なんて必要ないし、ロードバイクも必要ない。エンディングみたい

    に、フツーの自転車でも十分楽しめる。ただし、今は寒いから春がお勧め♪

   

P.S.2 それにしても、輝明のロードバイク、チネリのエストラーダ・コーラス・ミッ

      クス・コンパクトcinelli ;ESTRADA CHORUS MIX COMPACT)

      に関する検索は多かった。ハッキリ言ってマイナーな高級自転車だか

      ら、どのくらい売り上げが伸びたのか興味ある所だ☆

   

P.S.3 第8話の記事で書いたように、久保園長(大杉漣)の「ありのまま」は

      やはり変化していた。つまり、自分でも気づかない内に動物たちを愛し

      していた。この辺り、脚本家の人間理解の深さを感じる。

    

P.S.4 この優等生的なドラマよりも、劣等生の『ひと恋』の方をむしろ見返して

      みたくなるのは不思議なもんだ。魅力とは、不完全さと結びついてるもの

      らしい。。

    

cf.自閉症の自転車好き~『僕の歩く道』第1話

   『役者魂!』1&『僕の歩く道』2、軽~い感想♪

   超手抜きつぶやき記事(のだめ・役者魂・僕 etc)

   のだめ3・役者魂3・僕の歩く道4、軽~い感想♪

   輝明のロードバイクについて~『僕の歩く道』第4話

   「ありのまま」という迷宮~『僕の歩く道』第8話

     

| | コメント (6) | トラックバック (4)

低速25km、問題外・・

RUN25km,2時間03分23秒,平均心拍163

ダメだ、こりゃ。。かなり目一杯だったのに、1ヶ月前にゆっくり走ったタイムと

ほぼ同じで、心拍は10以上も高い! お手上げ。。

   

昨日また、眠くてサボり。前日の悲惨なハーフの筋肉痛も残ってた。今日もサボ

りかけたけど、もう完全に追い詰められてるのでグッと我慢。1ヶ月ぶりの25km

に挑戦。タイムとか言うより、そもそも完走の自信がない。一昨日のハーフはホ

ントに悲惨にキツかったから、かなり控えめなスタート。ただ、筋肉痛があちこち

残ってるわりには、一昨日よりマトモな走りだ。

   

とは言え、往路も周回も、とにかくタイムが遅い。ちょっと信じられないようなタイ

ムだ。しかも心拍は160台のまま。油断すると170まで行くから、レースに近い

ような心拍だ。当然かなりキツイ。ひどいなぁ。。ふと気付いたけど、ずっと長い

距離走ってなかったし自転車も乗ってないから体重オーバーなのかも知れない。

2kgは簡単に増えるもんな。今度測ってみよっと。体脂肪も全然測ってないしね。。

    

まあ、不満や不安だらけなんだけど、少なくとも一昨日のハーフよりはマシだった。

最後はまたガクッとスピードダウンしたものの、止めそうな感じじゃなかったし、故

障っぽい変な痛みも全くなし。フォームもそこそこキープできてた。

って感じでポジティブ・シンキングしないとやってらんないネ。このクソ寒いのに給

水したし、帰宅後はスポーツドリンク(フリースタイル)を1.5Lがぶ飲みしたくらい

だから、冷静にみれば現状は論外。。今月も残り12日。青梅まで1ヶ月半。あ~

怖いよう。。。(幼児かよ!)

   

P.S.最近ココフラッシュに無視されることが多いけど、今回はどうかな。。

    

  往路(2.45km)      13分01秒    平均心拍135(推定)

  1周(2.14km)    10分13秒        157

  2周             10分18秒         162

  3周            10分19秒         164 

  4周             10分22秒         165       

  5周             10分20秒         166 

  6周             10分18秒         167 

  7周            10分22秒         168  

  8周            10分42秒         167

  9周            10分58秒         165

 10周(840m,給水)   4分51秒          166

  復路              11分40秒          163

   計 25km   2時間03分23秒     163(最大175,ゴール前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン♪)

いつもクソ真面目で堅苦しい記事を書いてるけど、本来は典型的なツッコミ系♪

そこで、『野ブタ』以来、1年ぶり2回目のツッコミ記事で遊んでみよう。

真面目な方、心優しい方、温厚な方は読まないようにネ (^^)  (もう読んどるわ!)

          ☆          ☆          ☆

ナオ(綾瀬はるか)「痛い所、突くネ」

     突かれんなよ!

ナオ「困るね。こうゆうトコで笑っちゃって、楽しくなるの、違うよネ」

     哀しいシーンだろ!

ヒロト(亀梨和也)「別に楽しくねぇよ」

     ちょっと面白がってるだろ!

タイトルに続いて、オレンジのイガイガのアップ  

     お前は主役か!

斉藤ママ「達也さんは海洋生物学を専攻・・素敵なことで・・」

     どうゆうお世辞だよ!
 
生徒A「当たってないです」 生徒B「お前じゃねぇよ!」

     ナイス、突っ込み♪

ヒロトの同僚、危機一髪。

     マイボスの桜小路かと思ったら野ブタかい!

原田さん(平泉成)、激怒。

     大げさ過ぎるわ!

店員「ホントにおキレイで」

     気持ちがこもってねぇよ!

斉藤(池内博之)「オイも・・・よかポスト・・」

     どうゆう演出だよ!

取り残されたナオを、鐘の音が祝福。

     斉藤に失礼だろ!

ユウコ(戸田恵梨香) 授業中にナオから電話。

     電源切っとけ! 教師、怒らんかい!

校長「エッ、ホントによろしいんですか」

     腰が低過ぎるわ!

雅彦(財津和夫)、みつこ(田中好子)に子ども扱いされる。

     負けんなよ! 

亜紀子(余貴美子)「お母さんも連れてって」

     変だよ!

ナオ「おばさん・・」

     おばさんかい!

アユタ(平岡祐太)「あれ、おばさん・・」

     おばさん攻撃かい! ついでに全員言えよ!

みつこ「じゃ、お母さん、近所でお茶」

     お前は観音菩薩か!

みつこ「お母さん、決して悪い人じゃないと思うわ」

     本人の目の前で失礼だろ!

アユタ、下手な酔っ払い演技

     学芸会かよ!

ナオ「気にしないで。独り言だから」

     思いっきし聞こえとるわ!

ユウコ「アユタ君が変なこと言うから」 アユタ「ゴメン」

     謝んのかい!

ナオ&ヒロト、子供じみた言い争い

     いくつだよ!

達也(要潤)「頑張れよ」

     そんだけかい!

アユタ「もういいよ・・・行くわ」

     もっと粘れよ!

ナオ&ユウコ、ホテルから工場へ

     ノンビリし過ぎだろ!

ダンボールが崩れてクジラの置き物登場。

     どうゆうタイミングだよ! 何で引越し先に運んでないんだよ!

コウ(田中聖)、猿芝居。

     変な人かよ! 雨も傘もナシかい!

ヒロト「早退します」

     何じゃ、そりゃ! もう救急車で病院行っとるわ!

ヒロト、クジラ発見

     フツー気付かねぇよ!

ヒロト、走りまくり。

     そのランニングフォームじゃ、もたねぇよ!

ナオの手紙「入院を伝える術もありませんでした」

     なんぼでもあるわ!

手紙「あのオレンジの灯りを・・・」

     イガイガって書けよ!

3人「ヒロトか」「ヒロトだよ」

     反応遅ぇよ!

ヒロト、バスに追いつく。

     ターミネーターかよ!

バス、しばらく止まる。

     止まんのかい! 乗客、怒れよ!

ヒロト&ナオ、いちゃいちゃして婚約。

     コントかよ! 亀梨、バカバカしくてニヤけてるだろ!

ナオ「ウン♪ ウン♪」

     可愛いから許す☆

5人、スーツケースを乗せたバスを追走。最後はスーツケースのアップ。

     アハハ!(^o^) こりゃ、参った。白旗。。(^^)/~~~ 

   

          ☆          ☆          ☆

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

| | コメント (12) | トラックバック (0)

久々のハーフは論外・・

(17日)RUN21.1km,1時間43分26秒,平均心拍158

ひどい走り・・(-_-;) あれだけ辛くてこのタイムって悲惨だなぁ。何じゃ、こりゃ。。

        

この日は3日連続休んだ後。やる気はあったのに、過去最悪のPCトラブルに見

舞われて延々10時間もムダにしたため、走る時間が無くなってしまった。青梅ま

で時間がないのに、こんな状況じゃ投げたくなって来る所だけど、最後の望みに

かけて久々のハーフ。何だかんだで、これだけの距離を走るのは1ヶ月ぶりだ

    

最初は足腰の疲れが全く無くて、これはひょっとして練習ベストとか狙えるかなと

思ったりもした。元々、ランニングマシンの20分とか30分なら非常に好調だ。こ

んなスローペースなら何ともないはず。ところが、なぜか往路のタイムは論外で

意気消沈。さらに1周目も論外でやる気が失せた。その次の2周目はやたら辛く

て、中距離のタイムトライアルでもやってるような感じ。足腰は全くの余裕なのに、

心肺がサッパリ駄目で、遅いのにハーハーゼーゼー。そのうち、横腹まで痛くなっ

て来た。こんな初心者っぽい状況は相当珍しい。。

    

その後は、痛みを我慢するためにフォームも前かがみでガタガタ。ついに脚も変

になって来たし、心拍計のトランスミッターがハズレまくりで凄くうっとうしい。なぜか

冬にハズレまくるのは、肌が乾燥してるからだろうか。ともかく、ハーフは死守って

ことで、最後はペースをガクッと落としてまで完走。帰宅後は座り込みたくなったほ

どヨロヨロだった。。

        

それにしても、寝不足や生活の乱れで体調が悪いとはいえ、やっぱり有酸素運

動能力が落ちてるんだろうか。ものすごくサボってる訳でもないし、30分走とかも

好調だ。ただ、故障その他で長い距離をほとんど走ってないせいか、15kmくら

でキツく感じるようになってる。今日のラップタイムなんて、11月始めに30km

流した時にさえ負けてるほど遅い。ま、逆に言うと、あの程度までならすぐ戻せるっ

てことかな。とにかくポジティブ・シンキングでも何でもいいから、投げずに頑張ろう。

最悪、青梅は練習と割り切って、荒川マラソンにかけるって手もあるしネ。。

   

  往路(2.45km)    12分55秒  平均心拍129          

  1周(2.14km)    10分12秒        155        

  2周             10分08秒        162        

  3周            10分18秒        162

  4周             10分20秒        163 

  5周             10分25秒        163

  6周             10分20秒        166 

  7周             10分42秒        165 

  8周(1.22km)      6分30秒         164(推定)

 復路             11分37秒         164(推定)

  計 21.1km  1時間43分26秒     158(最大心拍174,ゴール前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

 「ウフフ・・・♪ 困るネ。こうゆうトコで笑っちゃって、楽しくなるのは、違うよネ」

 「ナオ、俺、別に楽しくねぇ。必死こいて、こうやって、自分作ってんだ。

  だからカッコ悪くなる前に行けよ」

 

あ~面白かった♪ 別に困らない。このドラマを爆笑して楽しむのは全然アリでしょ!

楽しくねぇ人も多そうだけど、私は最初からニコニコ、途中はあちこちツッコミまくり、

最後は声を出して爆笑してた (^^)

 

前回の記事のラストに、結末の予想をこう書いといた。「私なら、目をつむって強引

にハッピーエンドにしてしまう・・(中略)・・雑誌やブログに何と書かれようと、知らん

ぷりしてハッピーエンド。悲劇的展開は、いい人っぽい斉藤とご両親におまかせ♪」。

 

この予想の的中を確信したのは、冒頭に引用したナオ=菜緒(綾瀬はるか)の台

詞を聞いた瞬間、時刻にして21時05分くらいだ。その前後の会話を聞いても、悲

劇的な流れを作りつつ、あちこちに笑いが入ってる。まさに、ドラマ全編の構成と全

く同じだ。最終回に来てまでこんな調子なら、もうハッピーエンドしかない。ヒロト=

弘人(亀梨和也)がいくらムスっとしてようが、これは間違いなく悲劇に見せかけた

喜劇、あるいは爆笑コメディーだ♪

 

          ☆          ☆          ☆

先のナオのセリフからは、脚本家の北川悦吏子がニコニコしながら執筆する姿も

思い浮かぶ。北川は楽しんでるんだろう。屈折したストーリーも、ボケ満載の妙な

台詞も。「痛い所、突くネ」「言わないよ。ちょっと言いそうだったけど」「行けないけ

ど、行くネ」・・・etc。ただ、心の底から笑っている訳でもないはずだ。当初の構想

からは、かなりズレた展開だろうと思われるからだ。

 

少なくとも3つ、北川ら制作サイドにとって誤算または予想外の事があっただろう。

最大の誤算はもちろん、視聴率の低迷。このキャスト、脚本家、時間帯でまさか

10%程度しか取れないとは思わなかったはずだ。亀梨の演技や映し方は特に問

題とも思えないし、綾瀬も可愛くて笑える。とすると、ストーリーの責任が重くなる

のは当然のことだ。

 

また、オレンジのイガイガの人気は嬉しい誤算だろう。そのおかげで、全編を通し

て最後まで重要な扱いとなってた。最終回のタイトル表示直後に映って、エンディ

ングのノベライズ本紹介の時にもニコニコ鎮座してるなんて、トップスター扱いだ。

3年振ってくれとか、3年目に振らずに4年目に振るとかいう話は、人気に影響さ

れた軌道修正だろうと想像してる。フラッシュボンボンボールの売り上げの変化

が知りたい所だ。

でも、一番影響力があった誤算は、ナオのキャラの一人歩きじゃないだろうか。

あのトボけた天然ぼけキャラは、第一話から前面に出てるので、視聴者の反応

から生み出されたものではない。北川のオリジナルだろう。ただ、あれでは悲劇

のムードは作りにくい。まさに、「困るネ。こうゆうトコで笑っちゃって、楽しくなる

のは、違うよネ」って感じだ。また、あのキャラはナオの幼さと結び付きやすい。

これがまた、悲劇のムードを妨害する。天然ボケの幼い少女は、上流と下流の

悲劇のヒロインには似合わない。。

 

もちろん、連続ドラマの脚本なんてものは、放映期間中に少しずつ書き上げて行

くものだから、途中の軌道修正なんてのは本来悪い事でもなんでもない。ただ、

『ひと恋』の場合は、事情はともかく結果的に相当フラフラと屈折したストーリーに

なってて、それが最終回にツケとして全部回って来てた。そうした部分に気をとら

れてしまうと、もう「別に楽しくねぇ。必死こいて」我慢して見てんだよってハメになっ

てしまうだろう。かなり少数と思われる感情移入に成功した人は別として、今回の

強引なハッピーエンドとドタバタ喜劇みたいな展開を笑い飛ばせた人がどのくらい

いるだろうか。。。

 

          ☆          ☆          ☆    

個別のポイントを見る前に、この辺で一度、謎解き遊びで気分転換しよう。読んで

て疲れるでしょ♪ こっちも書いてて疲れるもんで。。惜しくも今回、記事冒頭への

引用は見送りとなった、ナオ先生の英語の授業。今回もなかなか面白がらせても

らった。もちろん、生徒にチョークを投げつけておいて、「当たりついでにここ訳し

てください」なんて言うボケキャラも笑えたが、前回同様の適切な板書に感心させ

られた☆ 最後の単語2つだけ怪しいけど、ほぼ次のような内容だ。

 

   Green sleeves

   Alas,my love,you do me wrong

   To cast me off discourteously

   For I have loved you so long

 

ここまで読み取ったマニアックな人は、流石にごく少数だろう。実際、スロー再生

とか一時停止を使っても、完全には読み取れなかったから、10分ほどあちこち

検索して探り当てた。最初、小説の台詞と思い込んでたけど、一番上の「Green

slee・・・」って所から、イングランド民謡「グリーンスリーブス」と気付いてからは早

かった。昔、音楽の時間にさんざん歌わされた覚えがあるし、切ないメロディーラ

インは結構好みだ。口頭伝承だから、歌詞にもヴァリエーションがあるらしい。

 

中学生向けの英語だから全くの蛇足だけど、前回に引き続き一応直訳しとこう。

   あぁ、私の愛する人、あなたはひどい人ね

   私を冷たく捨て去るなんて

   私はずっと、あなたを愛し続けて来たのに

 

これは、ドラマ冒頭でナオが、折角ヒロトに会いに行ったのに冷たく突き放された

のを受けての板書。継続を表す現在完了形の授業で、「have loved、have+

過去分詞、過去のある時からずっと、動作・状態が現在まで続いてる事を指しま

」と説明してた。

 

歌詞の右横にも「I have loved you」と(2回?)書かれてたし、黒木君に訳さ

せようとしたのもこの部分。従って、前回に引き続き、ナオの恋しい気持ちの継

続を強調してるのは明らかで、ホノボノしたBGMも流れてた。放映中に歌詞の

解読は出来なかったものの、これでもう悲劇は120%無くなった。それにしても、

北川か誰か知らないけど、よくまあこれだけ適切な授業を組み立てたな。。是非

一度、チョーク投げ女教師ナオの生徒になって、ケガして介抱されたいもんだ♪

 

          ☆          ☆          ☆

謎解き遊びで気分転換した所で、残ったポイントについても触れておこう。まず、

ヒロト。亀梨ファンの気持ちは分からないけど、前にもどこかに書いたように、

さが目立つ。年齢的に若いんだから、幼さ自体は自然なのかも知れない。でも、

キャラ設定全体の中で浮いてるのだ。お父さんの代わりに家族と工場を必死に

守っていくような大人びた部分とか、独特の冷静さや優しさを考えた時、上流階

級やお嬢様に対する態度の幼さがやや目立ってた。そして今回、それが強調さ

れてしまったのが、ナオの送別会のシーンだ。20代半ばであの態度はちょっと

どうかと思う。アユタ=亜裕太(平岡祐太)コウ=甲(田中聖)と比べても、極端

だ。まさか、あれをカワイイと感じる大人のファンへのサービスって訳でもないだ

ろう。ちなみに、演技は若手俳優として特に問題ない。表情やしゃべり方にもっと

ヴァリエーションをつければ、もっと滑らかで魅力的な演技になるだろう。

 

続いて、ナオはもうかなり書いたから飛ばして、残りの3人、アユタ、コウ、ユウコ

=裕子(戸田恵梨香)について。最終回の時間的・ストーリー的制約の中では、そ

れぞれ持ち味を出して頑張ってたと思う。

 

アユタは、送別会でオレンジのイガイガの話を出したことでユウコに叱られて謝っ

たシーンが微笑ましかったし(独特の優しさとボケ)、ウザイほどヒロトに関わって

いく姿も彼らしくて良かった。

 

コウは、最後にとんでもないお芝居で、ヒロトを騙して工場に誘い出した。前にも

芝居でヒロトを騙したことがあったし、彼にしか出来ない重要な役回りでしっかり

アピールしてたと思う。あの芝居にひいてしまうのは気の毒だ。ユウコにハードル

高い命令を受けて仕方なく即興でやったんだから。

 

そしてユウコも、しっかり自分の役目を果たしてた。ナオの相談役になったり付き

添ったりしてたし、送別会も企画したようだし、最後にコウに適切な命令を下して

た。あのコミカルな女王様っぽい部分は、もうちょっと早く出してた方が良かった

かも知れない。今までやや影が薄かったから。

一方、ナオの兄・達也(要潤)。このドラマの分かりやすい欠点の一つで、残念な

がら最後まで修正されなかった。海洋生物学専攻なんて設定で、海と結びつける

と共に、ナオの兄らしくトボけたアンコウの話なんてしてたけど、ピンボケのナオ襲

撃事件でチョコッと活躍した以外は全く期待ハズレ。要潤のファンは欲求不満だ

ろう。これならまだ『タイヨウのうた』のプロデューサー役の方がマシだった。骨髄

移植話の利用に失敗したのはもう済んだ話としても、最後のキューピッド役として

もう1回活躍させることくらい出来たはず。時間もちゃんとあった。会食の時か引

越し準備の時に何か気の利いた台詞を言えば良かったのだ。残念な部分だった。

 

それに対して、やたら活躍してたのはナオの母・みつこ(田中好子)。会食で無愛

想な達也にはちゃんと注意するし、斉藤(池内博之)には「ナオには好きな人が

います」って感じの妨害工作を行ったようだし、父・雅彦(財津和夫)には丁寧な

お話を聞かせてたし、ヒロトの母・亜紀子(余貴美子)にも模範的すぎる対応。み

つこの役回りを少し達也や雅彦に分けてやればいいのに、とか思ったほどだ。

 

裏で大掛かりなキャンディーズ復活計画が展開されてるんじゃないかと勘ぐるほ

ど。NHKは『わが愛しのキャンディーズ』なんて放映するしネ♪ ちょっと、みつこ

と亜紀子の差が大き過ぎるし、出来すぎの感があったのも事実だった。。

 

そして残った人々についても。レン=廉(齋藤隆成)は気の毒だった。まさか最終

回に野球合宿とは、笑ってしまう。ま、クジラの置き物が活躍したからいいのかな。

あのダンボール箱の崩れ方は、スロー再生するとワザとらしくて笑えた。録画して

る方、お試しあれ♪

 

あと、昔から好きな脇役おじさん、今回は原田さんの役で出てた泉成。ハッキリ

言って、他人のためじゃなく自分のために生きろってことをヒロトに教えたことが、

あんましストーリーに活かされてないんだけど、お気に入りだから良しとしよう。顔、

声、演技、いちいち渋くて微笑ましくて、好きな俳優だ。。

 

          ☆          ☆          ☆

さて、PCトラブル事件の疲れもあって、そろそろ眠さの限界だ。最後はラストシー

ンとエンディングに触れて、終わりにしよう。

 

コウのお芝居から先は、もう爆笑コメディとしか思えなかった。ツッコミまくりで笑いっ

ぱなし♪ 亀梨の演技も、わざとコントっぽくやってたように見えたのは気のせい

でもないと思うけどな。電話で会社を出る所、走ってバスを追いかける所もそうだ

し、取ってつけたようなナオへの告白シーンは顔が妙にニヤけてたと思う。まるで、

バラエティでお笑い芸人がドラマのパロディやってるような印象。ナオの言うがまま

になってたリムジンバスの運転手も褒めてあげたいし、ヒロトの後から追っかけた

3人ってのも凄い! 特にユウコの荷物を持ってバスに追いついたコウは、かなり

のアスリートだろう♪

 

そして極めつけはもちろん、ナオがバスに忘れたスーツケースを5人で追いかけ

るエンディング☆ 悲劇なんてどこへやら、もう完全なギャグだ。登場人物的にも

遊んでるし、キャストやスタッフも明らかに遊んでるだろう。テーマ曲前の最後の

映像は何と、バスの中に忘れられたスーツケースとバッグ! 凄いエンディング

に思わず拍手したくなった。まさに、爆笑コメディの世界♪ 『サプリ』の最終回と

は違って、あれが『ひと恋』のエンディングだと考えたい。ノベライズ本紹介の後

の亀梨の映像は、編集で余った映像を使った単なるファンサービスと見よう。

 

さて、記事の最後は、ウチらしく真面目に行こう。ヒロトの最後のモノローグにつ

いて、簡単にコメントしときたい。「僕は、君といると探しものばかりしてるんだ」。

もちろんこれは、第1話のモノローグ「僕は、彼女といると探しものばかりしてるん

だ」を受けたものだ。「彼女」が「君」になったのは、二人が愛で結ばれたことを示

している。でも、この台詞(もちろん現在形)はどうゆう意味なんだろうか?

 

最も表面的なレベルだと、第1話ではバッグとコンタクト、最終回はバッグとスーツ

ケースを探してた。これらの物自体には、意味はない。そこで、もっと抽象的で本

質的なレベルを探ってみよう。第1話だけならともかく、最終回を見た後では、こ

のモノローグにネガティブな意味はやや考えにくい。一応、ヒロトはナオと一緒だ

と現実ばなれした夢物語ばかり追い求めてしまう、とは解釈できる。例えば、北

海道と神奈川での遠距離恋愛、階級差や雅彦&達也の反対を乗り越えた結婚、

再発の可能性や子供を生めそうにない身体を忘れたかのようなバラ色のヴィジョ

ン(理想的将来像)。。

 

でも、もっとポジティブに考える方がこの喜劇にとって自然だろう。ヒロトはナオと

一緒だと、今現在手にしていない価値あるものを常に追い求める、という能動的・

主体的な解釈だ。求めるものは、上の遠距離恋愛でも結婚でもヴィジョンでもい

いし、もっと広げてもいい。新しい生き方、自分、二人、家族、みんな。。上のネガ

ティブな解釈との違いは、夢物語と理想の違いと言ってもいいし、虚構と現実の

違いと言ってもいいだろう。つまり、ヒロトとナオが一緒なら、「下」と「上」が相乗

効果的に上手くリンクして、地に足をつけたまま空を目指せるということだ。まる

で大空に向かって大地を蹴り続けるかのような、5人のラストシーンみたいに。。☆

 

そろそろ時間だ。ではまた。長らくのご清聴、どうもどうも♪<(_ _)>

 

 

          ☆          ☆          ☆

P.S.白いマフラーをかけてもらったクジラ、なかなか似合ってた♪ 出来れば

    クリスマスイブも絡めて欲しかったけど、雪っぽいマフラーが代わりか。。

 

P.S.2 時間があれば、ひょっとするとまた『ひと恋』で記事を書くかも。去年

      の『野ブタ』みたいなツッコミ記事とかまとめ記事。あるいは脚本分析。

      いずれにせよ、このドラマは最初から全部見直してみたい。

 

P.S.3 今回もまた、音が効果的に使われてる。船が出港する時の音も多用

      されてたし、ランドマークタワーの下あたりで斉藤と別れたナオを、教

      会の鐘の音が祝福してたのも印象的だった。斉藤とご両親にとって

      は皮肉だけど、彼らなら多分ニコやかに受け止めてくれるだろう。。

 

P.S.4 ストーリー的に無理があるとは言え、ナオのウェディングドレスはもっと

      見たかった。もちろん、笑顔で♪

 

P.S.5 このドラマ、スペシャルで続編作ろうと思ったら簡単だと思うけど、視聴

      率とスケジュール的に無理かな。。。

 

P.S.6 書き忘れてたけど、プロデューサー西憲彦・渡邉浩仁、演出家・岩本

      仁志は前回と同じ。強引な脚本を素材にした演出としては、さすがの

      味付けと調理法だったと思う☆ ちなみに音楽は池頼広。。

 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

 

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

 

    ☆      ☆     ☆

  生きる場所を求めて~野ブタ再考

  現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

  『1ポンドの福音』最終回、軽~いつぶやき

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

  僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

  亀梨&深キョンの夜エロ~『セカンド・ラブ』第1話

| | コメント (18) | トラックバック (7)

苦闘10時間、ついにPC起動!☆

やった~~!遂に勝った☆ 過去最悪のトラブル、起動せず&ピー音鳴り続けを

遂に解決♪ 10時間前後かけて9ヶ月分のメールその他を失って、やっと全面復

旧! 皆様のご支援&激励に感謝。。エッ、誰もしてない? アッ、そう♪ 

     

この記事で初めてPCトラブルを知った方、宜しければ前の2つの記事を先にどうぞ。

要するに、お手上げ状態で修理に出そうとしてた訳。その前に、もうちょっとデータ

を救出しときたい。Cドライブのデータはリカバリで消してしまったけど、生き残って

るDドライブには、バックアップしてない情報が少し残ってる。そこで、何とか1度で

いいから起動して救い出そうと思って、昨晩もまた色々と試行錯誤。でもセーフモ-

ドでさえ全くダメで、諦めて深夜のランニングに出かけようとしてた時、もう一度メモ

リーを取り付け直してみようと思いついた。前の晩に一度やってたけど、不十分に

やっただけだったので、今度はちゃんと完全に取り外してから、キッチリと取り付け

直した。さらにノートPC本体のキーボードの掃除も念入りにピービーと音が鳴る

原因の最有力候補はキーボード、2番目がメモリーみたいだからだ。

    

そして、100回目くらいの起動チャレンジ。恐る恐る電源ボタンを押してみると、最

初からハードディスクの動きがいい♪ いつも止まってた、セーフモード選択画面

も出ない。そのまま、遂にノーマル起動に成功! セーフモードは3回だけ成功し

てたけど、ノーマルは実に2日ぶりだ。デスクトップ画面が懐かしい。。

   

早速、外付けモニターの画面調整からスタート。その後は。Dドライブから未保存

データを日付検索して救出。フロッピーしか使えないセーフモードと違って、CDが

ちゃんと使えるのが嬉しい。さらに、「リカバリが終わってないからアプリのCDを入

れろ」という指示に従う。途中何度も再起動になるのが怖かったけど、もうデータも

出したし、直感的にもう大丈夫そうだからチャレンジ。何の問題もなく大量のアプリ

ケーションがインストールされて行く。終了後は、LANカード・ドライバーのインストー

ル、ブラウザのお気に入りのインポート、Outlook Expressの設定を済ませて、よ

うやく深夜3時半に全面復旧! やった~、遂に過去最悪のトラブルに勝ったぞ☆

    

結局、原因はメモリーかキーボードかハッキリしないけど、多分メモリーだと思う。と

言うのも、キーボードの掃除でそんなにゴミが取れたわけでもないし、それまでの状

況ではPCの動きが異常に遅かったから。トラブル数日前に、数回連続してパタン

パタンと倒してしまった時、わずかにメモリーがズレたんだろう。ここ1ヶ月半ほど垂

直に立てて使ってたから、下向き(外れる向き)への力が加わり続けてた事も関係

したかも知れない。増設してなくて1枚だけのメモリーだった事も災いしたんだろう。

        

今回の事件での新しいPCの役割評価はビミョーだ。3週間ほど前に買った新PC

があったからこそ、メモリーも含めて色んな対処法も検索できたし、旧PCの代わり

に色んな作業をこなせた。でも、元々旧PCをパタンパタンと倒したのは、新PCが

増えたせいで身の回りがゴタゴタ散乱してたからだし、やっぱり「お古」の扱いはい

い加減になってたからだ。今後はどっちも大切にしよう。リスク管理にもなるしネ。

    

いやいや、いい勉強になったとはいえ、高い授業料だった。失った時間はこれから

少しずつ取り返すとして、これからは昔みたいにマジメにバックアップしよっと!

まずは、めでたし、めでたし♪☆

    

P.S.いま、直った旧PCを使ってるんだけど、うっかりリカバリしたせいで、動き

    が軽い♪ ケガの功名とはこの事か。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

依然としてPC起動せず・・(続報)

わりと読者がいたので、昨日のPCトラブルの続報を。みんな、困った経験がある

んだろうな。。サポートセンターに電話すると、キーボードが最有力との事(次はメ

モリー)。やはり、音が鳴り続けるって所がポイントみたいだ。安く済みそうだとヌ

カ喜びしたら、これが大間違い! もし11月初めの「コーラこぼし事件」が遠い原

因だったら、色んな部品の交換で下手すると10万円の見積もりになるかもってお

話!(>_<) 新品デスクトップが2台買えるわ! ちなみに、ノートPCだと平均でも

修理費3万円とか。。(-_-メ)

        

それはともかく、オペレーターがハズレだった! 今まで優秀なオペレーターに当

たる事が多かったのに、今回の人はイチイチ「少々お時間を頂きたい」「後で折り

返しお電話致します」「私は知らないのですが」。。真面目で優しそうな感じだから、

グッと我慢したものの、話はなかなか通じないし、同じ事を何度も言わせるし、もと

もと苛立ってるのに余計ストレスがたまった。もっと修行を積みなさい、Uさん!

   

あ~、それにしてもデータと共に莫大な時間を失ってしまった。これから修理に出

すとすると、何とかしてDドライブの未保存データを救い出さなきゃなんない。セーフ

モードで上手く起動できたとしても、CDが使えないから、フロッピーに書き出すしか

ない! ハードディスクをとりはずして他のPCで読み取るなんて事はやりたくないし、

あんまし難しい操作は時間もかかるしリスクも増える。とりあえず、壊したまま使っ

てない本体キーボードの掃除をして(外付け使用中)、起動に何度もチャレンジして、

ネットで情報を探るか。時間がもったいないなぁ。。参った・・・(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC起動せず・・過去最悪のトラブル(-_-;)

参った。。ほんの3週間前まで使ってたPCが起動しなくなった。まだデータの一部

しか新PCに移してないし、バックアップも面倒くさくて9ヶ月ほど不完全なまま。メー

ルとかは手抜きしてた。真面目にバックアップしてた頃は大丈夫だったのになぁ。。

新たなマーフィーの法則を発見。「バックアップをしてない時に限ってPCは動かな

くなる」。文字通り、参った。。

    

新しいPCを買った後も、時々は以前のPCを使ってたんだけど、徐々に使う機会

は減っていた。数日前に使った時、起動時にピーピー変な音がするなと思ったん

だけど、ちゃんと起動したからさほど気にせず。ところが今日は、ピーピー鳴るばっ

かで、全然ダメ。正確に言うと、一応OSの最初の画面は映るんだけど、ものすご

く遅いし、その先の黒い画面で止まってしまう。音は鳴り続けたまま。

    

セーフモードもほとんど通じなくて、何十回も試して2回だけ成功したけど、1回目

は変な動きで操作不能、終了さえ上手く行かず。2回目はわりとマトモで、スキャン

ディスクだけ実行して問題なしを確認。そこから再起動すれば直るかと思ったら、

大ハズレだった。

    

苛立って来て、遂にリカバリCDを使用。遅いけど一応動く。ここで完全な勘違い

をしてしまった。いつだったか大昔、データを残したままのOS再インストールって

いうのをやったような気がして、まずそれをやろうとしたんだけど、そんな選択画

面なんて出てこず、スルスルっと普通の再インストールへ。それでもまだ、メール

とかのバックアップを忘れてることに気付かず、結局Cドライブのデータが全て消

えてしまった。すぐに自分のバカさに気付いたし、新PCでネットを探ると、OSが

起動しない場合のバックアップ方法なんてのも色々と書いてたのに、ついあわて

てしまって大失敗。おまけに、それでも直らない! 最悪の結果。。。

    

リセットとか、プラグをはずして電池を抜いて待つとか、ウィルス駆除ソフトの救済

ディスクを使用するとか、思いつく事は全てやってみてもダメ。何と延々5時間近

くも試行錯誤して、大切なデータを消しただけ。あ~、一応明日サポートセンター

に電話してみるけど、修理に出すしかなさそう。その前にもうちょっとネットで情報

探ろうかな。音の原因としてウィルスとメモリーが考えられるらしいんだけど、多分

メモリーじゃないかな。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えて頂きたい <(_ _)>

    

それにしても、バックアップの大切さとPCの気まぐれさを改めて痛感させられた。

フ~~ッ、眠いからもう寝よっと。。(-_-)zzz

   

P.S.メモリを取り付け直してもダメ。ただし、その後また1回セーフモード成功。

    ハードディスクは生きてる事を確認。セーフモードではピー音は消えている。

    さらに、普通の起動の直前まで1回行って、惜しくも再起動になった(結局

    は失敗・・)。新たな情報を総合すると、BIOSかマザーボードが怪しそう。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

疲労・眠気・湿度、さっぱりダメ・・

RUN16km,1時間16分54秒,平均心拍153

遅い・・・スピード練習が全然活かされてななぁ。。時速16km(1km3分45秒)

とかで走ってたから、1km4分半くらいなら楽勝だろうと思ってたのに、さっぱり

ダメ。たった16kmなのに、1km4分50秒で結構しんどかった。論外。。

   

まあ、今日は言い訳がたっぷりある。まず、昨日のジムは超久し振りの内容で、

疲れがあって当然だ。特に、筋トレの上体そらしのせいで、太腿の裏側(ハムス

トリングス)に痛みが残ってた。続いて、寝不足。眠くて眠くて、よっぽどサボりそ

うになったのをグッと我慢しての距離稼ぎだった。さらに、個人的に大っ嫌いな

湿度が高い状態。夕方から夜にかけて雨が降った後だったので、走り始めてす

ぐ汗をかいて、帰宅後はウェアも下着もビショビショだった。最後に、まとまった

距離を走るのは半月ぶりってこともあった。

    

言い訳が揃ってることは最初から意識してたので、ちょっと甘えたかも知れない。

とにかく16km、ストライドを意識して走りきればいいやって感じ。ここ最近ランニ

ングマシンの高速走行を繰返して一番感じたのは、ストライドの違いだ。長距離

の走りこみとかやってると、どうしてもチマチマしたピッチ走法になりがちだけど、

マシンで強制的にスピードアップすると、面白いくらいストライドが伸びて躍動感が

出る。走ってて気持ちがいい。今日はその感じを少しだけ再現しながら、少し大き

めのフォームでランニング。しんどさや心拍の高さは予想外だったけど、脚はまだ

全然余裕だった。

          

最後の辺りはちょっと調子が良くなって来てたから、もう1周しようかなとも思った

けど、眠いし明日もまた走りたいから控えめに終了。これで明日18kmくらい走

れば今月前半はボチボチのペースになる。気を抜かずに行こう。青梅が近い!

               

  往路(2.45km)    13分02秒  平均心拍129          

  1周(2.14km)    10分18秒        151        

  2周             10分17秒        156        

  3周            10分18秒        158

  4周             10分18秒        160 

  5周             10分02秒        163

  6周(0.4km)        1分47秒        162

  復路              10分53秒        162

  計 16km    1時間16分54秒        153(最大170、ゴール直前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30分7.33km、充実したジム☆

RUN7+8km,34分,507kcal,心拍Av162,Mx175 ;

BIKE 22.4km,40分,448kcal,心拍Av157,Mx168

160w(80~90)×5,175w×25,185w×8,200w×2

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 41kg×18

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 43.5kg×20

TORSO ROTATION(上体水平回転) 46.0kg×20

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 40回

上体反らし(負荷6kg) 50回

          ☆          ☆          ☆

いやいや、丸3日サボった後だから胸は張れないけど、数ヶ月ぶりに充実した

ジムだった。一通り全部やったのは、半年ぶりとかじゃないかな。よくもまあ、

ここまでダレてたもんだ。。

   

今日は最初から、最近の流れを引き継いで、ランニングマシンを使った記録狙

いと決めていた。5日に時速16km×12分、8日に5km19分45秒と来て、今

日は30分でどれだけ走れるか。要するに、距離を伸ばす方向に進んでる訳。

データから考えて、全力で走ると7.5km前後だろうと思ってたから、時速14.5

kmでスタート。このまま走れば30分で7.25kmだから、最後の10分とか5分

だけスピードアップすれば7.4kmくらいになるって計算。幸いマシンも空いてた。

    

時速14.5kmくらい軽いだろうと思ってたら全然甘くて、最初からしんどい。どう

も最近の寒さでまた微熱が出てるようで、頭が少し痛くて調子がイマイチだ。あと

どうもこのスピードが走りに合ってないようで、ブレーキをかけながら走ってる感じ。

むしろ時速16kmの方がピッタリ来てた。それでも、わずか数日前に時速15km

以上で20分ほど走ってるわけだから、時速14.5kmで挫ける訳にはいかない。

20分我慢して、残り10分になったら気分もラクに。後は、いつスパートするか。

結局、心拍計と時計を見比べながら、残り6分で時速15kmに。心拍は172程

度だったので、最後の2分は時速16kmでスパート。終わってみれば、まだやれ

たよなって感じだ。多分、いますぐでも7.5kmなら行けるんじゃないかな。。

     

満足と不満足が交じり合うビミョーな感じで、ちょっと休憩して、2ヶ月ぶりの筋トレ

を一通り。筋肉痛になりそうなので、かなり控えめにやったけど、思ったほど衰え

てはいなかった。それでも1セットだけに留めて、あとはバイク。残り40分だけど、

この程度回すのさえ随分久しぶりだ。ランニングと筋トレで脚がかなり重くて、身

体全体がしんどいので、相当軽い負荷にしたのに、それでも辛い。特に最初のう

ちは、筋トレの疲れでさっぱり脚が回らなかった。徐々に調子が出たものの、たか

心拍158くらいでやたらしんどくて息が荒れる。時計ばっかり見ながら、ようやく

40分クリア。あ~、しんどかった。。

    

と言うわけで、超久しぶりの充実したジムになったけど、今月もサッパリ走行距離

を稼げてない。青梅マラソンもどんどん迫って来たし、そろそろ長距離走ろっと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機嫌が悪いからもう寝る!

今日はホントは仕事から早く帰ってジムに駆け込む予定だった。ところが、残念

ながら間に合わなかっただけじゃなくて、かなり不愉快な事が発生。一気にやる

気が失せて不機嫌に。。結局、運動なし、ブログも超手抜きで寝る事に決定!

   

元々、ここ最近予想外の事が多くてあおられてた所へ、先週の水曜日に一発目

の不愉快なニュース到来。仕事上の超ムカつく情報だ。続いて、日月とネット上で

色んなアクシデント。差し障りが無くて一番気分が悪かったのは、日曜のドラマ記

事が全ての検索サイトに無視されたことだ。ココフラッシュ(ニフティのブログ紹介)

にまで無視されてたから、システム上のアクシデントで記事アップの情報が伝わら

なかったんだろう。普段なら別にいい。だけど、実は昨日は記録を狙ってた。ドラ

マも終盤に差し掛かり、アクセスも増えて来てる。今年最高のアクセス&訪問者

数を狙う大チャンスだなと思ってた。

    

ところが、普段なら30分から1時間程度で続々とアクセスが入るのに、全然盛り

上がらない。おかしいなと思って調べたら、どの検索サイトを見ても、記事が載っ

てなかった。ココフラッシュも含めて全てに無視されたのは多分初めてだろう。ウ

チは、自分からはごく限られたサイトにしかTBを付けてないから、ブックマークと

検索サイトが頼りなのに、検索が全滅じゃ話にならない。結局、相当なアクセス

&訪問者数には達したけど、最高記録には届かなかった。これで、あと1週しか

チャンスが残ってないから苦しくなった。ついてない。。ちなみに、まだ無視された

ままだ (-_-メ)

           

そこへ今日、また仕事でウザイ事が起きたから、もうキレた! 一つ一つは大し

た事なくても、色々重なると相乗効果で不愉快さが激増する。精神衛生上悪いか

ら、もう寝よっと。ま、昨日の記事は3日分くらいの内容があるからOKでしょ♪

      

P.S.こんな記事だけちゃんと拾ったYahoo! 真面目に毎回拾ってくれよな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

  Juliet  : How can I make you happy tonight?

  Romeo : By giving me your love in return to mine.

  Juliet  :  I gave you my love before you asked for it.

          My love is as deep as endless as the sea.

   

いや~良かった♪ 今までで一番だ☆ これなら、たとえ今週の視聴率が一ケタ

になってても、胸を張って記事を公開できる。これまでのマイナスを帳消しにする

ほどでもないけど、冒頭の24hコンビニ前のアユタ=亜裕太(平岡祐太)から、最

終回予告の直後の「演歌の女王」天海祐希まで、全体を通じて十分満足できた。

脚本80点、ドラマ90点って感じかな。プラス10点の内の半分くらいは、前の2回

とは違う演出家・岩本仁志のポイントかも知れない(ちなみにプロデューサーは、

今回もまた西憲彦・渡邉浩仁)。さすが、『野ブタ』と『ギャルサー』を手がけただけ

の事はある。

          ☆          ☆          ☆

さて、今回の最大の出来事は、現在形のモノローグの登場だ。でもその前に、冒

頭の英語の話から始めよう。これはもちろん、横浜市立三ツ沢中学校の英語教

師になったナオ=菜緒(綾瀬はるか)が黒板に書いてた、「Romeo and Juliet」

の一節だ。第3話の記事に引用した部分の少し後で、要するにジュリエット家の

パーティーでお互い一目惚れした2人が、直後に2階と庭に分かれて言葉を交わ

す有名なシーン。おやすみなさい、と上から言ったジュリエットに対して、こんな満

たされない心のままじゃ帰れない、と下からロミオが駄々をコネた所だ。

   

中学生向けの英語だから全くの蛇足だけど、一応直訳しとこう(プロの翻訳は

最後のP.S.に引用しておく)。

  ジュリエット : どうすれば今夜、あなたを幸せにできるの?

  ロミオ    : 私の愛へのお返しとして、あなたの愛をください。

  ジュリエット : 言われる前から、私はもう愛を差し上げてるわ。

            私の愛は、海のように深く限りないものです。

   

ナオ先生は、「as deep」と「as endless」とが並列的に「as the sea」へとか

かってる事の説明をしてた訳だ。「mine」や「it」が「love」を意味する事もちゃんと

板書してて、ナオにしては予想外にマトモな授業だった。「リピート・アフター・ミー」

の発音は生徒レベルだったけど、それもまた可愛い♪ 女教師ナオ、なかなか萌

えるヒロインだ。番外編で1話作ってくれてもいい☆

    

それはともかく、この引用は完璧だった。ロミオの駄々コネや台詞は、モヤモヤし

て吹っ切れないヒロト=弘人(亀梨和也)の気持ちをよく表してるし、ジュリエットの

台詞は、海で別れるシーンで自分の方が先に思い切り愛を差し出した事を示して

る。海の別れは「sea」を含むジュリエットの台詞から考案されたのかも知れない。

ドラマの前半ではなく最終回直前の場面で、このジュリエットの台詞を取り上げた

という事を考えると、限りない愛が悲劇を逆転してハッピーエンドになるのでは、と

考えたくなる所だ。

          ☆          ☆          ☆

この予想はヒロトのモノローグ=独白の変化とも整合的だ。これまで、モノローグ

が過去形になってるという指摘はあちこちに見られた。先日ネタばれ関連でテレビ

雑誌をチェックした時も、すべて過去形になってるという説明を目にした。もし文法

的に見るのなら、これは間違い。少なくとも第1話冒頭は現在形になってた。ただ、

意味を考えるならば過去形と取れなくもないし、全体的には確かに過去形が目立っ

てた。つまり、昔の悲劇的な恋を振り返る形になっていたのだ。

   

しかし、ウチでは第3話の記事で、過去形とは限らない、だから悲劇とも限らない、

という見方を提示しておいた。少し長いけど、引用してみよう。

    

   最大のポイントは、これがいつの言葉なのかってことだ。要するに、全て

   が終わった後なのか、それとも途中なのかってこと。素直な、あるいはフ

   ツーの見方なら、全てが終わった後だろう。それなら、この話は「弘人に

   とって」悲劇なんだろう。でも、まだ途中、8割程度が終わった後の独白

   とも受け取れる。この場合、「悲劇の始まりだった」と語った時点を、やが

   て物語が追い越すことになり、改めて独白が行われるだろう。それは新

   たな過去形かも知れないし、現在形や未来形かも知れない。

         

少なくとも私が脚本家なら、この程度の時制のヒネリは入れるけどな、と思って書

いた文章だけど、今回のドラマはまさに、過去形のモノローグを物語が追い越す

ものだった。「8割程度が終わった後」って所まで大当たりだ (^^)v

つまり、これまでの8回ちょっとのヒロトの語りは、3年後の横浜港、コウの結婚式

の直前に位置するものだったのだ。全ては、スーツ姿にダウンを羽織り、タバコ

をくわえて海を見つめるヒロトが振り返ったものだった。ところが、「こうして僕の、

二十歳の頃の恋は終わって行った。それにしても、あの頃、ねぇ、僕は、君をちゃ

んと愛せてたかな」と過去形に別れを告げた後、遂に完全な現在形が登場した

  「オレは今、世界一カッコ悪いぞ」。

    

これを聞いた時、思わずニンマリした♪ 続く台詞も、基本的に現在形だったか

ら、もう間違いないだろう。

  「正体なく飲んで、頭が痛くて、吐いた。神様、幾つになったら、人は大人

   になれるんだ?教えてくれ。幾つになったら、オレは、何かに傷ついたり、

   凹んだり、あがいたりしなくなるんだ?」

          ☆          ☆          ☆

と言う訳で、ジュリエットの台詞に続き、モノローグの現在形への変化も、ハッピー

エンドの可能性を示してる。けれども、まだ最大の難関が待ち構えてる。それは、

ナオの病気だ。医学的に考えると、5年再発しなければもう大丈夫なんてのは大

雑把な統計的目安に過ぎず、医療関係者や患者団体からクレームが来そうな話

だ。またドラマの構成を考えても、レン=廉(斉藤隆成)もナオも大丈夫でしたな

んてストーリーはかなり不自然だ。これほど大掛かりでムダな伏線も珍しい。でも、

来週は元サヤ問題で時間がかかるはずだから、今さら再発して死ぬような時間

はもう無いはず。『ラストクリスマス』の由季(矢田亜希子)とは違うんだろう。。

        

まあ他にも色々と変な所はあるから、これが北川悦吏子の特徴なのかも知れな

い。達也(要潤)の骨髄話が活かされてないし、ナオ襲撃は拍子抜け、ナオが子供

を生めないのも無意味な不幸だ。ヒロトの野球の話も変な使い方、ヒロトの母・

紀子(余貴美子)の150万の借金もどっかへ消えてるし、200万盗んだ棚田(田

口浩正)もお咎めなしで、結局箱根の温泉でヒロトに抱かれただけだし♪ もち

ろん、亜紀子も棚田も悪い奴じゃないって話でキレイにまとめて終わりたいのは

分かるけどネ。。

           ☆          ☆          ☆ 

さて、ここからはストーリーに沿って、細かいポイントを一つ一つ拾って行こう。

まず、アユタがゴメンと謝って終わりになったのは、全く予想通りで自然なこと。単

に、アユタとナオの関係に決着をつけると共にチョコッと盛り上げただけだ。現実

の世の中では、あれじゃ済まないことが多いだろうけどネ。結局ナオがアユタを

追い出した形になったのも、アユタが24時間営業のコンビニから電話をかけて

ヒロトとの仲介役を果たしたのも、自然な流れだ。

レンが母親と寝てたのは上手い組み立て。ヒロトがナオに会う前に、父の形見の

ペンダントをいじったのも上手い。父の代わりだから家族を捨てられないって話に

持って行くのだから。「ボーッ」という出港の音を挟んで、港から船上に切り替えた

のも、巧みな演出だった。

         

船上の会話は、もうちょっとコンパクトにまとめた方が良かった。長すぎて、「俺た

ちはさぁ、それぞれの場所に帰るんだよ」とか「鯨、見に行きたかったなぁ。一緒

に。いないかなぁ」といった、中心的なセリフがボヤけてしまった。まあ、あれはあ

れで、クドさがリアルなのかも知れない。別れが決定する辺りで、夕暮れから夜

へと移っていったのはキレイな演出だ。「Reserved Cruise」によるドラマ用ク

ルージングは、HPの情報から考えると20万円前後だったと思われる。意外に安

いなと感じたけど、個人で「reserve」するのは大変そうだ。お金持ちのひと恋ファ

ンにはいい企画かも。3年だけオレンジのイガイガを振ってくれって話は、イガイガ

人気を考えれば納得できる。「キミの瞳は僕に時間の猶予なんて許さなかった」

て台詞、むしろ「ナオのキャラは」と言った方が正確かも。

   

場面変わって、アユタの飛び蹴りは笑えた♪ 如何にも素人っぽくて、子供のプロ

レスごっこっぽい所がイイ。ケンカの後、2人の間にコウ=甲(田中聖)が割って

入ったショットもすごく上手かった。

コウの結婚相手がユウコ=裕子(戸田恵梨香)じゃないのは自然なこと。ドラマと

してもそうだし、現実的にもやっぱり気まずくなるだろう。個人的にも、同じ年頃に

似た経験がある。4人で仲良くしてたのに、向こうの2人が別れたら、こっちだけ

仲良しのままって気にはなりにくかった。あのコ達、今頃どうしてるかなぁ。。新婦

モリタ・ミカがユウコほど可愛くなかった(失礼・・)のは、当然の演出だろう。ミ

カは単なる一瞬の脇役なのに対し、ユウコは準主役の元カノ。最後まで活躍する

んだから。

   

そして、再会シーン。まず、別れの時と同じく、船の「ボーッ」という汽笛からスター

ト。それ以上に上手かったのは、ナオが近づいて来た時、ヒロトがタバコの火をグ

リグリと消したこと。もちろん、燃えカスの心をしっかり消火しようと強引に気合を

入れる姿勢を表してる訳だ。けれども、それはムリなお話。最後は動揺して、「み

んなに宜しく言っとくね」なんていう妙なセリフで離れて行った。この「世界一カッコ

悪い」姿は、同じ瞬間にユウコと再会して動揺してるコウの姿とキレイに重なって

て、上手い作りだったと思う。

    

最後に、ラストのナオ。ちゃんと昔の大切な思い出を箱に入れて残してる所が可

愛い。プレゼントするはずだった手袋、新江ノ島水族館のチケット、「トリック・オア・

トリート」のオレンジ色のキャンディ、そして一番大切な、オレンジのイガイガ。3年

経ってもまだ光るってことは、フラッシュボンボンボールの耐久性はなかなかのも

のだってことだろう。久しぶりに「光通信」が成功(?)して、廃墟と化した工場で再

会するってのは文字通りドラマチック。ドラマでしかあり得ないけど、不可能でもな

いし、最低限の筋道も通してるから、こうゆうのはアリだろう♪

          ☆          ☆          ☆

さて、いよいよ最終回。鯨の置き物はどうなったのか、楽しいクリスマスイブはな

いのか、コウとユウコはこのままなのか、アユタはもう単なる余りものなのか、色々

と気になる点がある。でも何と言っても最大の関心は、ハッピーエンドか悲劇

て所だろう。ここまでの話を考えると、どちらにせよ無理があるから、逆に言うと、

どちらの可能性もある。今回の流れを考えるとハッピーエンドの方が自然だけど、

病気を考えると悲劇。さて、どっちだろうか。

私なら、目をつむって強引にハッピーエンドにしてしまう。今さら悲劇じゃ、流れが

ギクシャクしすぎだし、斉藤(池内博之)も浮いてしまう。ナオが斉藤と結婚するの

も変だし、病気で死ぬなら斉藤はムダ駒だ。だから、雑誌やブログに何と書かれ

ようと、知らんぷりしてハッピーエンド。悲劇的展開は、いい人っぽい斉藤とご両

親におまかせ♪ 

と言うわけで、来週の最終回に期待! ではまた。。☆彡

      

          ☆          ☆          ☆

P.S.冒頭の英語に対応する『ロミオとジュリエット』(中野好夫訳、新潮文庫)

    訳は以下の通り(第二幕 第二場 p.74)。ドラマの英語は、中学生向け

    か脚本向けのアレンジみたいで、正確には翻訳と対応してない。

    ジュリエット : だって、今夜どんな満足がえられると仰るの?

    ロミオ    : あなたの愛の真実の誓いなんです、私の誓いと引きかえに。

    ジュリエット : 私の誓いは、言われない前に差し上げてしまったじゃあり

              ません?・・・・・・私、気前は大海に負けないほど限りない

              つもり、そして私の愛も大海とともに深いはず。

   

P.S.2 ナオの母・みつこ(田中好子)の「スーちゃん」時代の姿を、NHKの 

      『わが愛しのキャンディーズ』で偶然見かけた。童顔だからか、ハッキリ

      言ってあんまし変わってないと思ったのは気のせいか。メインボーカル

      の座をランちゃんに奪われた直後に大ヒットってのは、ちょっと可哀相。

      それにしても、まさか50歳だったとは! まだ今回のピンクの服くらい

      ならOKでしょ。昔の超ミニはビミョーだけどネ。。

   

P.S.3 最新のテレビ雑誌をチェックすると、最終回のあらすじがちょっと書い

      てあった。もちろん内容は全く読んでないけど、僅かなスペースだし、

      公式サイトの予告にも大した事は書かれてないから、知れてるだろう。。

   

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

      

   

| | コメント (11) | トラックバック (8)

テレビの視聴率について(下)

先日の記事の続き。朝日新聞11月30日朝刊の『視聴率のふしぎ(上)』と題す

る記事は、一般の人々が視聴率を気にしてるという指摘から始まっている。これ

は確かに「ふしぎ」な事だ。と言うのも、「視聴率は元々、民間テレビ局と広告

が、テレビCMをどんな価格で何本くらい放映するかを決めるための指標にす

ない」のだから。業界向けデータを一般人が気にするのは、「視聴率の高さが『み

んな見てるんだなあ』という話題性、安心感につながっている」から、と語るのは

日大芸術学部・上滝徹也教授。映画に比べると、テレビの方が話題性の比重が

高いのは確かだろう。また、フジテレビ・亀山千広局長(かつての人気ドラマプロ

デューサー)は、テレビの密室性を指摘する。映画と違って家庭という密室で見

るため、他人の動向が分からないという事だ。

     

とは言え、視聴者よりも遥かに視聴率を気にしてるのは、もちろんテレビ局だ。

スポーツの日本戦は、視聴率を稼ぎやすい時間帯に持っていこうとするし、ドラ

マの初回と最終回は視聴率が高めだから、時間を延長することも多い。

   

ところで、視聴率とはフツーは「世帯視聴率」を指す。視聴率10%とは、10世帯

に1世帯が見たって意味で、10人に1人ではない。仮に各世帯の2人に1人が

見たとすると、世帯視聴率10%とは「個人視聴率」5%ということになる。けれど

も、この換算は実際には困難な作業だから、10年ほど前から個人視聴率を直

接調査するようになった。要するに広告主の要請であって、例えば化粧品のCM

なら、若い女性がよく見る番組を望むのは当然のこと。記事には面白いデータ

が載っていて、世帯視聴率と「独身OL視聴率」とが全く違ってることを示す具体

例が示されていた。

    

一方、個人視聴率にも問題がある。そもそも調査対象は関東・関西・名古屋で

各600世帯だけ。この中でさらに年齢や職業を絞ると、サンプル数が少なすぎ

て精度が落ちてしまう。けれども、調査世帯を増やすと費用が増してしまう。

          ☆          ☆          ☆

続いて、12月5日の『視聴率のふしぎ(中)』には、CM収入のないNHKでも視

聴率を気にしてる話が載っていた。民放みたいな高視聴率祝いの張り紙こそな

いものの、各局の番組の視聴率が書き込まれたB4の紙が毎朝配られるらしい。

また、「毎分ごとの視聴率と個人視聴率を参考に、番組意図と整合しているかみ

て、次の番組に生かしています」と語るプロデューサーも登場。岡田円治局長

「唯一で最大の指標・・・無視して番組を作れば独善に陥りかねない」と話してる。

    

海老沢前会長の拡大路線とともに、視聴率重視の姿勢を強めたといわれて

るとの事。紅白歌合戦のような看板番組でなくても、普段から自局の放送の中

で番組CMを流す時間が増えている。もちろん、「数字があまり期待できなくても、

意義のある番組なら」という、公共放送らしい発言もある。例えば『女性のうつ』

を扱った番組は視聴率5.7%だったが、反響が2千件以上寄せられたらしい。

とは言え、全体的に見ると、やはり視聴率を気にしてるのは間違いなさそうだ。。

          ☆          ☆          ☆

最後に、6日の『視聴率のふしぎ(下)』では、「視聴質」と、テレビ視聴方法の多

様化の問題が取り上げられている。

視聴率は、見てるか見てないかを示すだけだが、視聴質は見る時の理由・集中

度・満足度などを指す言葉。NHKとか、看板番組を持ってる企業にとっては特

に重要な指標だろう。テレ朝では97年から他局の番組も含めてネット調査を行っ

てるとのこと。

    

一方、テレビ視聴方法の多様化は、録画の増加とデジタル化が中心になっても

たらされたもの。録画状況のデータも調査で記録できるものの、再生されたかど

うか分からないし、再生してもCMを飛ばしてる可能性が高いから、視聴率には

加えてない、とビデオリサーチ社。また、1700万台もの受信機が普及してるBS

デジタルは、なぜか大雑把なデータしか明らかにしてないらしいし(数値が低すぎ

るからだろう・・)、地上デジタル放送への移行と共に広がるであろう「ワンセグ

送」の携帯による視聴も、全く対応できてない。

   

さらに、デジタルの代表と言えばパソコン。最近はパソコンでテレビを見る人も増

えてるはずだ。私も最近チューナー内蔵PCを買ってからは、PCで見たり録画し

たりする事が増えてて、その便利さを実感しているが、もちろん視聴率には反映

されてない。話題のYouTubeへのビデオ投稿なんてのも、今現在は著作権侵害

などで違法扱いなんだろうけど、Googleが2000億円も出して買収したくらいだ

から、今後どうなるかは分からない。好きな番組が何でもタダで簡単に見れるの

なら、みんな使いたがるだろうけど、視聴率は計れないはずだ。代わりにアクセス

数や視聴時間でも調べることになるんだろうか。。。

          ☆          ☆          ☆            

様々な問題のある視聴率だが、研究や改良を重ねながら、まだしばらくは絶対

的権力を持ち続けるのは間違いない。この記事は、単に新聞記事に触発された

軽いものに過ぎないけど、今後も視聴率には関心を持ち続けることになるだろう。

もちろん、人気番組を見ることで話題性や安心感を手に入れるためとか、好きな

番組の数値に一喜一憂するためではなく、テレビ番組を構成する重要な外的要

素の1つとして。。

       

P.S.参考までに、ウチが扱ってきたドラマの平均視聴率を挙げておこう。

    高視聴率のものが一つもないのが笑える。。(^^ゞ 少なくとも野ブタは、

    ドラマの出来もいいし、キャストも人気アイドルが揃ってるし(亀梨和也・

    山下智久・堀北真希)、土9で原作も売れてるんだから、20%行っても

    良かったと思うけどネ。主題歌の「青春アミーゴ」(修二と彰)もミリオン

    セラーだったのに、これこそ「視聴率のふしぎ」だな。。    

    ちなみにウチの記事のアクセス数では、野ブタとギャルサーが断トツ☆

    ひと恋も健闘してるけど、追いつけそうもない。。

     

       野ブタ。をプロデュース 16.9%
       白夜行           12.3%
       けものみち        14.7%
       輪舞曲           15.5%
       氷壁             7.9%
       ギャルサー        12.9%
       クロサギ          15.7%
       医龍            14.8%
       サプリ           14.2%
       タイヨウのうた       10.3%
       僕の歩く道         17.8%(第9話まで)
       セーラー服と機関銃   13.3%
       たったひとつの恋     11.3%(第8話まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5km19分台に突入♪

RUN9.1+5.9km,25分20秒,心拍Av166,Mx180

BIKE7.4km,12分,157kcal,心拍Av165,Mx172

200w(毎分100回転)×7分,220(100)×5

    

攻勢! 明らかに身体にパワーがみなぎってる。持久力って言うよりスピード持

久力的な、やや瞬発系のパワーだ。忙しさで2日休んでしまったけど、丁度いい

回復期間になったようで、今日も記録を狙いにジムに駆け込んだ。

   

時間がないので、すぐ5000mタイムトライアル。これは実に、去年の9月末以

のことだ。その時は20分12秒で、20分切れなかったのは悔しかったけど、

本気のスピードで走るのがすごく気持ち良かったのを覚えてる。今日はランニ

ングマシンを使うんだから、20分は絶対に切るつもりでいた。

   

ちなみに高校陸上部時代のベストは17分ちょうどくらい。5kmじゃなく5000m

と書いたのは、昔を懐かしんでのこと。ホントは「m」も無しで、単に「5000」と

呼んでた。当時はものすごく長く感じて、1500の方が好きだった。ベストは4分

20秒台。27秒だったかな。ただし、県大会に出れたのは5000のみ。当然、

予選落ち。ま、本気でやったのは1年半だけだしネ。。

   

話を元に戻すと、運良くマシンが丁度空いた所で、2分ほど軽めに走った後、

時速15kmへ。これで4000走って、残りを時速16kmで走れば、トータルで

19分45秒になる。時速15kmだと足腰は結構余裕。でも心拍はどんどん上

昇。173くらいまで上がった所で、いよいよ残り1000。時速16kmにした途

端に、心拍は5くらい上昇。あまり無理はしたくないので心拍計を何度も見たけ

ど、何とか180以下に留まってくれた。ここはAEDもあるし、目の前は大病院

なんだけど、できればお世話になりたくないもんだ。

   

高校時代のレースとか声援を思い出しながら、そのまま5000をクリア。マシン

利用とはいえ、見事に19分台に突入した♪ 心拍は非常に高いものの、足腰

と呼吸はまだ余裕があった。次は19分30秒を狙いたい所だけど、むしろ距離

を伸ばすべきだろうから、マシンの制限時間30分以内で走れる7kmくらいの

タイムトライアルをやってみよう。とにかく今、ランニングマシンが面白くて仕方

ない。体感系のゲームで遊んでる感覚だ♪ ちなみに、トータル357kcal。

    

さて、満足感に浸りつつ汗を拭いて呼吸を整え、すぐバイク。残り12分しかない

ものの、100回転で少しでも距離を稼ぐ。気分も調子もいいので、すぐ200w

にして、途中からは久々に220w。疲れてるので脚も呼吸も辛かったけど、逆

に心拍はまだ余裕だった。この辺り、やっぱりランニングと自転車は似て非なる

ものだなと実感。自転車用の筋力がかなり下がってるのも明らかだ。。

   

久しぶりにバイクでハーハーゼーゼーしながら、何とか12分終了。時間さえあ

れば1時間くらい回したいんだけどな。ま、仕方ない。退館後、公園を2周走って

帰宅。デイパックを背負ってても凄くラクだった。脚の痛みもほとんど無し。

これで明日休んで、日曜にまたジム行こうかな。完全に遊び感覚になってるから、

行きたくて仕方ないって感じ。でも、よく考えると青梅マラソン(30km)まで残り

2ヶ月を切ってる。距離を伸ばさなきゃマズイ! 短めの距離でスピード出して遊

んでる場合じゃないかな。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またメンテナンスかよ!・・(-_-メ)

いやいや、全国数万人のファンの皆さん、大変ご心配おかけしてしまって、誠に

申し訳ない・・・<(_ _)> エッ、気にもしてないって? あっ、そう♪ 何?、数万人も

いないだろって? ま、細かい事はいいじゃん♪ 

   

さて、何と2日半も更新が途絶えてしまったのは、私のせいじゃない! 全てニ

フティのせい! 「12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間、ココログ

ベーシック/プラス/プロのメンテナンスを実施いたします」ってことで、ハッキリ

言って忘れてたから、5日の晩に気付いた時は動揺してしまった。それにしても

メンテナンス多いよな。。おまけに、53時間もかけたのに、結局上手く行かなく

て元に戻したとの事。さらにオマケに、戻した後しばらくはトラブルが発生してた

らしい。何じゃ、そりゃ!

   

と言う訳で、メンテナンスってのは全くの不可抗力なので、まだ毎日更新の記録

は途絶えさせたつもりはない。できれば今晩中にも、メンテ中の分のアップを済

ませて、通常の更新状況を回復する予定。明日夕方までかかるかも。

    

とりあえず、お知らせまでに。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの視聴率について(上)

原則として週1本だけとはいえ、本気でドラマ・レビューを書いてて、さらに他の

ドラマにも多少は目配りしてるブロガーとしては、どうしても視聴率というものに

関心を持たざるを得ない。もちろんそれは、自分が注目するドラマの視聴率が

高ければ喜んで、低ければ悲しむなんて単純で平凡なものではない。高いもの

を見て低いものを見ないって訳でもない。そうゆう部分も一応少しはあるものの、

逆に自分が評価するドラマの視聴率が低い方が嬉しいなんて部分もある。なぜ

なら、多くの人には分からない良さが、自分には分かるって事になるからだ。

     

いずれにせよ、視聴率に対する私の主な関心は、高いか低いか知りたいって

事よりも、むしろ脚本への関心と同種のもの。つまり、ドラマを構成する重要な

要素の一つとして、視聴率に興味を抱いてるのだ。

     

例えば、今記事を書いてる『たったひとつの恋』の脚本家・北川悦吏子は、視聴

率について次のように語ってる。「お仕事としては数字は取っていきたいし、次

のキャスティングがラクだとか、『これをやりたい』と言うとやらせてもらえるとか、

そういういい部分はあるんですけど、私みたいにフリーだと、視聴率がすべての

尺度ではないんですけど。そんなことよりも、とにかく書くときに大事にしている

とは、オリジナリティですね。『自分が書いている』というオリジナリティ」(『ぼく

らがドラマをつくる理由』角川書店)。

    

この言葉、そのまま受け取ったとしても、オリジナリティ以外に視聴率も大事に

してるって事になる。ましてや深読みするなら、建前の中に本音がもれてるとも

取れるだろう。いずれにせよ、フリーの人気脚本家でさえ視聴率は取りたいの

だ。ましてやテレビ局とか製作会社の人間、特にプロデューサーや演出家なら、

視聴率を取りたいのは当然だろう。自分の地位や会社の収入に関わって来る

のだから。

    

要するに、ドラマに限らずテレビ番組は、大なり小なり視聴率を取りに行ってる

と考えていい。より広い言い方をするなら、数字を取りに行っている。その姿勢

は、脚本やキャスティングはもちろん、企画そのものにも大きな影響を与えてる

だろう。例えば、人気マンガを原作とするドラマがやたら目立つのはその一例だ

し、過去の人気ドラマの続編なんてのもそうだろう。奇妙なほど過剰な幸・不幸や

ハプニングがドラマに散りばめられてるのも、視聴率を抜きにしては理解しがた

い現象の一つだ。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前置きが長くなったけど、要するにドラマを理解する上での、一つの重要な外的

要素が視聴率なのだ。この視聴率について、朝日新聞朝刊が先週から3回に

分けて特集記事を載せてたから、ちょっと記事にしてみようと思ったわけ。新聞

をネタ or キッカケに記事を書くのは、ほとんど覚えのない試みで、もしかすると

初めてかも知れない。。

      

さて、この種の短期連載では、初回が一番大きい扱いになる事が多い。『視聴

率のふしぎ』と題するこの記事も例外ではなく、11月30日の「上」が一番目立つ

記事だった。スペースが大きめで、白黒でなくカラーの表が添付され、そこには

写真も2枚使われている。

    

1つは、サッカーW杯・日本vsクロアチア戦の高視聴率を祝うテレ朝の張り紙。

デカデカと52.7%と書いた下に、シェア65.6%、瞬間最高視聴率68.6%

(23:51)テレ朝歴代視聴率1位、と書かれてる。現時点で、今年のベストだ。

もう1つは、ボクシング・亀田vsランダエタ戦の高視聴率を祝うTBSのボード。

平均視聴率42.4%、瞬間最高52.9%と書かれた前で、亀田がポーズを取っ

ている。

この2つの写真だけからでも、テレビ界が視聴率というデータを細かく意識して

いて、大きな目標やアピールポイントにしてる事が感じ取れる。。

     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら、今日はここで時間切れ。続きは数日中に書くことにしよう。今が忙

しさのピークなので、悪しからずご了承を。。

           

cf.テレビの視聴率について(下)

      

   (注.メンテナンス中の6日に書いた下書きをメンテナンス終了後の8日に

      アップ。日付は6日へと変更)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時速16km×12分、記録更新♪

RUN7+4km,17分15秒,心拍Av169,Mx180;

BIKE12.2km,20分,227kcal,

180w(毎分100回転)×10分,200(100)×10      

     

長時間メンテナンスのせいで記事が遅れたけど、やりました! 時速16kmで

12分持続。見事に記録更新(^^)v 先週の金曜のジムから、どうもランニングマ

シンの調子がいいなと思ってたから、タイムトライアルって言うか、時速16km

の持続時間の記録を狙ってた。これまでは9月9日の11分15秒(3km)が最

だったから、最低11分30秒、できれば12分と思ってた。

    

入館リミットより7分ほど早く入ると、運良くランニングマシンは空いてる。ギリ

ギリで入ると、ちょうどエアロビの終了直後になってマシンがふさがってしまうん

だけど、何とか間に合った形。ジムまでジョギングを15分ほどしてるので、2分

だけ足慣らしをした後すぐ16kmへスピードアップ。一気に心拍は上がってい

くけど、呼吸は大して荒れないし足腰も余裕がある。中間の6分で心拍は175

くらいまで上がってたものの、これは行けると確信。その後、10分くらいの時

に心拍180まで上がってしまった時はちょっと動揺したけど、呼吸を整えたら

177に低下。危ない、危ない。。

    

かなり激しい走りになってるので、1回マシンを踏み外しそうになって「オッと!」

と声が出たし、胸に付けてる心拍計のトランスミッターが何度も外れそうになっ

て片手で押さえたりもした。でも結局、少し余裕をもって12分終了♪ あと1分

は間違いなく出来た。ま、あんまし限界まで追い込むとまた故障するから、今後

のお楽しみってことで☆ ちなみに、トータルで257kcalだった。

    

満足感一杯で、5分ほど給水&休憩。すぐバイクに乗って、また毎分100回転

で距離稼ぎ。いつもそうだけど、100回転ってのは慣れてないから最初はやた

らしんどく感じるけど、10分くらい経つとラクに回せるようになって、油断すると

105回転とかまで行ってしまう。競輪のテレビCMなんて見てるともの凄い高速

回転だけど、あれは150回転くらいなのかな。。

    

負荷は軽くても、全力に近いランニングで疲れてるので、かなり心拍が上がって

しまった。でも、気分がいいから全然平気。たった20分でも気持ち良く回せたの

で、退館後も公園1周ランニング。デイパックは邪魔だけど、時速16kmの後だ

から相当ラクだった♪

              

と言う訳で、記録更新も果たして爽快なジムだったんだけど、走行距離としては

ちょっとしか稼いでないのも確か。先月が最低だったから、今月はその分まで取

り返そっと!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大巨人シュルトを倒せ!~『K-1GP2006決勝』

元々は大の格闘技ファンだったのに、最近どんどん縁遠くなって来た。5年ほど

前から、ランニングと自転車に熱中し始めたこともあるし、1年3ヶ月前からは、

ブログの毎日更新(特にドラマ記事)でかなりの時間を取られるようになってる。

テレビ・雑誌などのメディアで格闘技をチェックすることも少なくなって、ブログで

記事にするのも難しい状況。せいぜい、極真空手で最近2本書いた程度だ。。

   

と言うわけで、今日はK-1GPの記事を書くことにする。3日も遅れたアップで

読む人がほとんどいないだろうけど、書いてる本人がじっくり読んでるからまあ

いい。土曜の晩に録画したままで、ついさっき眠い目をこすりながらようやく見

終わったばかりだ。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合前に、まずは女の子のチェック♪ 藤原紀香、東原亜希はお馴染みだけ

ど、西山茉希にちょっと興味があった。どこだったか、エビちゃん後継者の有

力候補とか書いてたし、5分番組の『旅美人』で見た印象も良かった。ただ、今

回の印象は正直イマイチかイマニ。慣れてないのを差し引いても喋りにキレや

ハリがないし、映りもパッとしなかった。まぁ、今後に期待ってところか。。

    

さて、ここからは本題。まずはリザーブファイト、つまり負傷者が出た場合の代

わりを決める補欠試合。唯一の日本人として、いつものように武蔵が登場した

ものの、過去3度優勝の大ベテラン・アーツに惨敗。元々アーツの方が上なの

に、アーツが好調、武蔵が不調じゃ勝負になってない。1R・KOで終了。正直、

別に残念とも思わなかった。これが日本の現状だろう。。

    

本戦の第1試合はバンナvsシュルト。去年の圧倒的な優勝で強烈なインパクトを

残した巨人シュルトを、バンナがわざわざ指名して実現した好カードだ。バンナ

も十分大きいのに、シュルトは22cmも上回る身長。この差は見た目以上なん

だろう。2R、シュルトの左ハイキックが、バンナのテンプルから後頭部にかけて

ヒット。バンナは膝から崩れ落ちてしまった。結局これが響いて、シュルトの判

定勝ち。まあ、あのダウンが無くても判定は同じだったろう。シュルトが負ける気

配は感じられなかった。試合後のバンナは、ダメージはないとか言ってるけど、

ダウンした後に言っても仕方ない。わざわざ強い相手を選んだのは好感もてる

けど、内容的にはパッとしなかった。。

   

続いて第2試合。K-1で屈辱の歴史を刻んできた極真空手代表のフェイトーザ

と、ロシアの速射砲カラエフ。最初、カラエフのスピードに感心したものの、フェイ

トーザの「ブラジリアン・ハイキック」1発であっけなくKO。2段蹴りをスムーズに

したような、膝上を思い切り内側にひねりつつ膝下を上から叩き込むようなハイ

キックは、なかなか防ぎにくいようだ。カラエフは唯一の20代、しかも弱冠23歳

の若さだから、まだまだこれからだろう。

    

第3試合は、ボンヤスキーvsレコ。試合前、レコが「オレはいつも過小評価され

てる」と怒ってたのが笑えた。確かに、決して弱くはないけど凄味のない選手だ。

ちょっとハンサムな所も災いしてるんだろう。レコのパンチとボンヤスキーのキッ

クの戦いと思われた試合は、全く予想外の展開。まずボンヤスキーの下腹部

にレコの蹴りが入ってしまって、しばらく試合中断。再開後、今度はレコのパック

スピンがモロに金的に当たって、再び中断。試合後にレコが、ファールカップが

あるだろって感じで不満を口にしてたが、ボンヤスキーの苦しみ方は演技には

見えなかった。その後、ヨロヨロのボンヤスキーをレコが攻め立てるものの、減

点を取り返そうとした焦りからか、3Rにボンヤスキーの振り下ろすような右フッ

クがカウンターになって、レコはダウン。結局3-0でボンヤスキーの判定勝ち。

ところが試合後、2人とも体調不良で、リザーブマッチの勝者のアーツが準決勝

出ることになる。全く予想外の展開だ。

    

第4試合は、今回で引退が決まってるホーストと、ハリッド“ディ・ファウスト”。

回も優勝してるホーストも、41歳になった今では往年の勢いがない。事前の予

想もハリッドの方が上だったらしいけど、結局延長戦までもつれこんでホースト

の勝利。1回戦だとこれが一番マシだった。負けたハリッドは身長が179cm

しかないし、K-1の経験も浅い。まだ31歳だし、今後期待できるナイスファイ

だった。ちなみに、試合後も気持ちいいコメントを残している。

    

準決勝第1試合、フェイトーザvsアーツ。まさかの代役アーツ登場には、フェイ

トーザも驚いたらしい。1Rはフェイトーザが完全に押し気味で、ブラジリアン・ハ

イキックも効果的だったものの、2Rにアーツのパンチが何発か当たって一気に

逆転。結局アーツのTKO勝ち。極真ブラジル支部の磯部師範が苦い顔をしてた

のが印象的だ。元極真世界王者のフィリオも含めて、どうしても極真は優勝でき

ない。元極真ファンとしても、やっぱり残念だ。ただ、ベテラン・アーツのこの日の

出来がかなりいいのはハッキリしてた。

    

準決勝第2試合、シュルトvsホースト。41歳のホーストは、前の試合が延長ま

でもつれたせいで疲れてたんじゃないだろうか。まるで大人と子供のケンカみた

いな感じで、巨人ホーストを大巨人シュルトが圧倒。ラスト20秒からは会場内を

ホーストコールが埋め尽くしたものの、シュルトが順当に判定勝ち。試合後は、

偉大な足跡を残したホーストに対してスタンディングオベーション。ホーストは家

族と軽く抱き合い、満足というよりは寂しそうにして花道を去って行った。。

       

そして決勝。誰も予想してなかったであろう、シュルトvsアーツ。つまりアーツが

リザーブから決勝に進出するなんて全く予想外だった訳だけど、結果的にはこ

の試合が今回のベストファイトだった♪ とにかくアーツが元気良くて、1Rのゴ

ングが鳴る直前からフライング気味に猛然と襲い掛かる。前にシュルトを倒して

るので、自信もあったんだろうし、調子も良かったんだろう。2Rにシュルトの前

蹴りでアーツがダウンするものの、その後はパンチで猛反撃。シュルトのパンチ

をかなり受けながらも、アーツは大巨人を真っ向から攻め立てる。流石にこの場

面は、身を乗り出して見てしまった。シュルトの判定勝ちが決まった後も、ナイス

ファイトに拍手。谷川プロデューサーも、いい試合だとホメてた。

ちなみに谷川は試合後のコメントで、裏MVPにレコを挙げてた。2度もファール

を犯した上に棄権するとは凄い奴だっていう、シニカルなブラックユーモア。面

白みのない印象の強い谷川にしては、なかなかヒネリの効いたコメントだった♪

         

全体的に振り返ると、やっぱり物足りない大会だ。試合内容以外に、2つ理由

がある。まず、メンバーに新鮮味がないこと。もう一つは、大巨人が順当に勝っ

てしまったことだ。

ベテランのアーツでさえ、あそこまでシュルトを追い込めたんだから、若い連中

がシュルトを叩きのめすような展開が欲しいもの。ホーストや谷川は絶賛してる

し、長嶋一茂なんて「霊長類最強」とかもてはやしてるけど、ハッキリ言ってそれ

ほど無敵のイメージは全くない。かつて野獣と恐れられたサップも、アッと言う間

に地の底に沈んだ。同じように、シュルトも沈めて欲しいと思う。出来れば、20代

の選手の手で。飛び回し蹴りや飛び膝蹴りでKOってのが最高なんだけどな。。。

   

いずれにせよ、格闘技ファンとして痛切に願う。

     大巨人シュルトを倒せ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どん底からの浮上

RUN9.2+1.3km,5分,87kcal,心拍Av158,Mx172 ;

BIKE13.7km,22分,267kcal,心拍Av159,Mx168,

180w(毎分100回転)×3,200(100)×18,150(70)×1 ;

TORSO ROTATION(上体水平回転) 43.5kg×20

    

あ~残念! 福岡国際マラソン見逃した! いやいや、そんな話じゃなくて、

ランニングマシンがふさがっててタイムトライアルが出来なかった。。

   

先月の最低の走行距離にもめげず、今月は1日からジムで快走。故障もほぼ

治り、やっとどん底から脱出し始めたようだ。ここで一気に浮上してやろうと思っ

て、やる気満々でジムへ。時間はないけど、ランニングマシンを使ってタイムトラ

イアルをするつもりだった。マシンの最大時速16kmを12分続けるのが目標。

これまでの最高は11分15秒(3km)。もちろん高校陸上部時代は別で、当時

なら30分以上持続できてた。遠い過去のお話だけどネ。。

   

さて、気合を入れてトレーニングルームに入ると、久々にランニングマシンが

ふさがってる。最近ずっと空いてたのに、日曜だからか。おまけに、待ち時間

が全て15分以上で、とても待っていられない。仕方なく、予定変更でバイクへ。

100回転で距離を稼ぎながら、時々チラチラとランニングマシンを見るけど、

やっぱり空かない。仕方なく、軽めの負荷でしばらくクルクル回して、最後の

250wも省略。あ~気持ち良かった、そろそろ空いたかな?と思って見たら、

何と全て次の人と入れ替わってて、全員が閉館まで使うって表示。ガ~ン。。

   

ショックだったけど、今さらまたバイクに戻る気にもならず、汗を拭いて水分補

給して、仕方なく筋トレマシンへ。何と2ヶ月もサボってるので、これはこれで意

味がある。控え目のウエイトで1種目だけやって、ふとランニングマシンを見る

と、1台空いた! 時計を見ると残り5分。空くのは当たり前だ。まあ、僅かな時

間でも、気持ち良く時速16kmで走ろうと思い、すぐ実行。これは正解で、金曜

に続いていい感触だった。ランニングマシンだと、ベルトのクッションがよく効い

てて、着地の衝撃が少ないのもいい。満足して終了。退館後、さらに公園を2周

走って距離を稼いだ。ジムの後、デイパック背負って2周したのは、1年半ぶり

くらいだろう。。

    

という訳で、一昨日に引き続いて気持ちよく短めのジムを終えたって報告。とに

かく感触がいいので、今日やる予定だったタイムトライアルは近々決行したいと

思ってる。問題は自転車だよな。何とか復活しないと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全体と部分~『たったひとつの恋』第8話

  「ねぇ、こうゆう時ってさぁ、何か、チュッとか、したりするんでしょ。

   してみて。ハイ。いいよ♪」

怖~い白夜行・雪穂のイメージもかなり消えて、ひたすら可愛いナオ=菜緒

(綾瀬はるか)。結局、船で毛布にくるまって寝たわけか。「こうゆう時」っての

は、現代日本のフツーの解釈だと、あの後の朝って意味だろう。やっぱり、

お金がないヒロト=弘人(亀梨和也)じゃ、素敵な所には行けなかったようだ。

レン=廉(斉藤隆成)のジャマは上手く切り抜けたらしくて、ヒロトは仕事中に

口笛まで吹いてた♪

    

でも、さすがは低年齢層を意識した土9。そっちの話はかすかにほのめかす

だけにして、爽やかで微笑ましい2人を映し出している。大人としてはやや物

足りないものの、子供にはない想像力で楽しもう。見てるこっちまでヒロトと共

に照れ笑いしてしまうような、ベタベタの嬉し恥ずかしシーンを♪

    

さて、ここだけ見るなら、これはこれで十分ありだと思う。って言うか、今回いい

なと思った「部分」はここしかない。でも「全体」の流れを見るとどうだろうか。

ここは、少なくとも一時的には、別れの直前だ。また、コミカルを捨ててシリアス

さを前面に出してきた終盤だ。ナオの描き方はこれでホントにいいんだろうか。

みんな、これで悲しさを共有できるんだろうか。。

      

私は、さっぱり悲しくない。今までテレビドラマで涙ぐんだことは数多いし、ラジ

オドラマで涙がこぼれたこともあるけど、ひと恋じゃ全く泣けないどころか、逆

についつい笑ってしまう。前にも繰り返し書いてるけど、どうしても喜劇に見え

てしまうのだ。残りわずか2回。制作サイドは、泣く準備をしてくれとか言ってた

けど、笑う準備の間違いじゃないんだろうか。

   

例えば、冒頭のシーン。ニヤけてなかなかキスできないヒロトをナオが突き飛

ばす。こうゆう所もコントのように見えてしまって、ヒロトが頭を打って気絶する

シーンとか、海に落ちて溺れるシーンを想像して笑ってしまう。

また、ラストはしんみりする所なんだろうけど、アユタ=亜裕太(平岡祐太)に抱

かれてナオが涙を流してる時、ヒロトに抱かれて棚田(田口浩正)が涙を流して

たらなぁ、とか勝手に想像して笑ってた。これはそんなに無理な想像じゃないは

ずだ。実際ほんの少し前に、オッサン棚田は20歳の男の子に抱かれてウェー

ンと泣いてたわけだから。まるでコントみたいに。また、ヒロトに電話がかけたの

がナオじゃなくて棚田だと分かった時、ガクッとのけぞった人やオイオイと突っ込

んだ人は多いはずだ。

   

ちなみに、今回の棚田の「活躍」も、第5話で論じた「中心を侵食する周縁」の一

例だ。200万の持ち逃げでも警察に通報しなかった時、おかしな話だなとは思っ

たけど、完全な脇役=周縁的人物が中心的人物より活躍するとは驚いた。ハッ

キリ言って今回、コウ=甲(田中聖)よりも棚田の方が遥かに目立ってる。コウ

は来週目立つらしい(by公式サイト)からいいとしても、骨髄をナオに分け与えた

達也(要潤)は結局、妙な襲撃に対する助っ人程度の活躍で終わるんだろうか。

レンの病も、ヒロトの奇妙な暴力的激怒のキッカケ程度で終わるんだろうか。棚

田に割り当てた時間は、むしろ達也の血のつながりや、レンの病に使うべきだっ

たんじゃないのか。どうも、全体的なバランスが欠けてるように感じられる。。。

     

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悲しくない=泣けない=悲劇の中心軸の脆弱さという全体の話に続いて、個別

の部分について見て行こう。

まず、今回の一番大きな出来事。ヒロトが指輪を捨てて「さよなら」を決断したこ

とについて。自分の母親が自分たちの写真を盗撮して、彼女の父親をユスって

たなんて話を聞いただけでも相当ショックだろうし、それに加えて被害者である

父親が、もう関わらないでくれと頭を下げて頼んで来たのはダメ押しだ。亀梨の

演技も合格点だと思う。でも、ここから今回のタイトルである「さよなら」を決断す

るのは、流れ的にちょっと飛躍を感じる。ここでさよならするのなら、前回と今回

の船の上はベタベタし過ぎなのだ。

    

例えば、前々回をハッキリと頂点にして、下降線の流れを作っていたのなら良

かったのに、どうも流れがギクシャクしてる。要するに、2人の熱いシーンを過

剰にサービスしてるから、全体が犠牲になってるのだ。全体を気にせず部分を

楽しむのなら、それでもいいかも知れない。でもこれは、イメージビデオでもラブ

シーン・オムニバスでもなく、1本の連続ドラマだ。しっかりした骨組み、一筋の

流れの中でも、視聴者サービスは十分可能なはずだ。

    

一方、指輪を海にポトンと落とすシーン自体は、まずまずの合格点って感じだ

ろうか。ポトンと落ちて、海に映ったヒロトの姿が水紋で歪むのは、悪くない演出

(or脚本)だ。これは、2人が急接近するキッカケになったオレンジのイガイガの

屋台で、嫉妬したナオの姿が水紋で歪んだのとリンクしている。そしてまた、出

会いのキッカケであるプールへの転落ともリンクしている。

ただ、海の中を沈んでいく指輪の映し方がイマイチだった。イマニやイマサンじゃ

ないものの、演出が前回の石尾純だったならもう少し上手く撮ったんじゃないか

なと思ってしまった(ちなみに今回の演出は本間由紀子、プロデューサーは前回

と同じ西憲彦・渡邉浩仁)。

あと、「ヒロト&ナオ」を表すと思われる「HN」の刻印は、白夜行の「R&Y」を少し

思い出させるものだけど、この後「HN」をちゃんと活用できるのかどうか不安に

感じてしまう。白夜行では、最初から最後まで見事に「R&Y」が活かされていた

けど、ひと恋はこの後すっかり忘れてしまいそうで怖い。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒロトに続いて、アユタ。基本的にいいと思う。前回の「優しいね」「年中無休」っ

てやり取りを引き継いで、ラストシーンの抱擁まで持って行ったのは自然だ。こ

れでやっと、第5話の校庭でのアユタの視線が活かされた。途中のナオの涙に

はハンカチ、ラストではタオルってのも、キレイなつなげ方。流れがちゃんと出来

てるし、平岡のルックスも、優しくてカッコイイっていう設定に十分応えてる。かつ

て、キムタクが『あすなろ白書』の取手君からのし上がったように、ヒラオカにも

大化けしてほしいもんだ。台詞の読み方とか表情に、もう少し滑らかさや個性が

出てくれば、もっと良くなるだろう。

ただし、時間的にもストーリー的にも、アユタとナオはここが限界のはず。これ以

上進むと時間がないし、いい味出してた友情出演・斉藤(池内博之)の導入が浮

いてしまうからだ。

   

最後にコウ。以前から、かなり気になる描き方だと指摘してるけど、今回はとうと

う自分でユウコ=裕子(戸田恵梨香)にしゃべってた。。

  「何つーかさぁ、あの2人が幸せじゃねぇと、何か俺らもこう、心の中カッと

   晴れねぇってか・・・」

その後は結局、甘い会話を軽く交わして手をつないで横浜デート。これじゃスッ

キリしないでしょ。来週のイベント前後で何か起きない限り、「何じゃ、こりゃ!」っ

て感じだ。まさか主役の不幸を際立たせるために、脇役を幸せにするって話で

もあるまい。一番無難なのは、ユウコと別れて寂しさを抱き続けるって感じか。

あるいは、もっと大きな不幸に見舞われるか、それとも全く意表を付いて、主役

も共にハッピーエンドにするか。。。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週はもう1本書きたいと思ってるので、今日の所はこの辺にしとこう。できれ

ば結末は感動の涙を流したいので、制作サイドには最後の仕上げ(or編集)

を頑張って欲しいと思ってる。

残り2週。期待と不安が入り混じる中、ではまた次回ってことで。。☆彡

  

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ユウコのモテ系お嬢様ファッション、萌えるなぁ。。♪ でも、あの場面

    でお風呂入れに行っちゃダメでしょ!

   

P.S.2 今までピンと来なかったけど、ナオの父親役の財津和夫は落ち着い

      た渋い演技だと思う。ヒロトと2人で話してる時の鏡の使い方も上手い。

    

P.S.3 オレンジのイガイガはクリーンヒットだったけど、鯨の置き物はどう使う

      のか、ちょっと楽しみだ。ただし、レンの鯨の解説は全くの蛇足。あの

      説明過剰は、北川の悪いクセなのかも知れない。優し過ぎるのかな。。

    

P.S.4 斉藤、いい人っぽい描き方だったから、ナオとの結婚もあり得る。死

      ぬかも知れないし子供も生めそうにない娘を、お店の有望な好青年に

      紹介するなんてのはおかしな父親だけど、親バカ&いい人コンビって

      ことでギリギリセーフって所か。

      それにしても、ナオの病気はどうなったんだろう。親とケンカして駆け落

      ちとか狙ってる場合じゃないんだけどな。。

    

cf.火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話

   オレンジ色に光るイガイガ~『たったひとつの恋』第2話

   悲劇か喜劇か、それが問題だ~『たったひとつの恋』第3話

   北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話

   中心を侵食する周縁~『たったひとつの恋』第5話

   純粋な悲劇への転回か~『たったひとつの恋』第6話

   脚本とドラマの関係~『たったひとつの恋』第7話

   現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

     ☆     ☆     ☆

   『たったひとつの恋』最終回(突っ込みヴァージョン)

   『たったひとつの恋』ノベライズ本購入♪ 

   『たったひとつの恋』、北川悦吏子の書き込みについて

   『たったひとつの恋』北川悦吏子の2回目の書き込み

   『たったひとつの恋』綾瀬はるかの書き込みなど

   秋ドラマ、選択の理由と今後の方針

| | コメント (8) | トラックバック (6)

11月の全走行距離

RUN 7+3.2km,14分,203kcal;

BIKE 9.6km,16分,197kcal,心拍Av160,Mx176

175w(100回転)×1分,185(100)×6,200(100)×6,250(100)×2,

150(70)×1

気持ち良かった♪ いやぁ、心身共に絶不調、仕事も私生活もアクシデント

連発で、沈滞ムードが漂う中、久し振りに会心の走りだった☆ 時間さえあれ

ば、タイムトライアルで最高記録が狙えたのになぁ、残念。。

   

毎度のごとく入館リミットギリギリでジムに駆け込んで、すぐランニングマシン。

ジムは実に3週間ぶり。別に行きたくない訳でもなんでもないんだけど、時間

の問題が大きかった。閉館時間が早過ぎるんだよな。ボヤキはともかく、最近

のジムは時速16kmで走るのが楽しみになってて、今日も喜んで速度アップ。

絶不調だからムリかなと思ったら、まさかの余裕♪ エッて感じでスピードを持

続できてしまう。当然しんどいけど、呼吸が乱れないし、ストライドも自然に広が

る。2.6kmほど持続した所で、名残惜しくもスピードダウン。うっかり心拍計を

付け忘れてたのが惜しまれるけど、間違いなく快走だった☆

   

汗を拭いて呼吸を整えた後、直ちにバイク。先月が記録的な悲惨さだったので、

今月は早速気合いが入る。ランニングの疲れがあるから負荷は軽くしたものの、

いい感じで100回転を持続できて、最後は250Wで心拍176まで上げた。短時

間・低負荷でも好感触♪ ホント、今日はものすごく久し振りに快調だった。

ジムの帰りにも、1年ぶりくらいに公園1周2.14kmをプラス。気分爽快!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここからは一気にトーンダウン。暗いムードで最悪の報告をしなければなら

ない。11月の全走行距離は最低に終わってしまった。

  RUN 192km ; BIKE 28km

    

まず言い訳から行きたい。本当ならRUN200km、BIKE100kmには絶対なっ

てたはずだ。残り1週間の時点では自信があった。ところが、そこからまさかの

アクシデントが継続。詳細は省略するけど、騒音による睡眠妨害で、ロクに眠れ

なくなったのだ。そうでなくても睡眠を削って頑張ってた所へ、妨害が1週間も続

いたんじゃ話にならない。実は最終日の深夜から早朝にかけてランニング8km、

自転車73km走れると思ってたのに、余りの寝不足で右目が腫れて、頭も異常

にボーッとしてたので、泣く泣く中止した。これは正解だったと思う。相変わらず

の睡眠妨害の中、目を閉じてゆっくり布団に横たわるだけでも、身体は喜んでく

れたようで、それが今日の好調につながったわけだ。

   

睡眠妨害以外の言い訳としては、相次ぐ故障と、5年ぶりにパソコンを買った

こと。どちらも、運動時間の短縮にストレートにつながってしまった。まぁ、これは

ほぼ完全に自分の責任だけどね。。

   

という訳で、先月は最悪の結果。特に自転車はほぼ全く乗らなかった。でも、ま

だまだ投げてはいない。別にやる気がない訳でもないし、それほど衰えてる訳で

もない。故障も治ったようだし、あと半月ほどで仕事も少しラクになる。2月の青

梅マラソン、3月の荒川マラソン目指して、今月こそ追い込みをかけよう。睡眠妨

害とも真正面から闘うぞ!!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04年12月  242   ,  130    :  05年12月   200   ,    352

05年 1月  204   ,   99    :  06年  1月  235   ,    321

     2月   302       ,  130   ;       2月  243  ,    230

     3月  280前後,  100前後 ;       3月  278   ,   204

     4月  124   ,   388    ;     4月  170    ,    362

     5月  176  ,    780   ;      5月   74   ,   901

     6月  173  ,    651   ;      6月   91   ,   627 

     7月  155  ,    1014     ;     7月  156  ,   569

     8月  131  ,   1006   ;     8月  113  ,   691

     9月     240  ,   219       ;           9月  200  ,    84

    10月  197  ,    324    ;       10月  200  ,   123

    11月  194  ,    400    ;    11月 192  ,    27  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »