« 5km19分台に突入♪ | トップページ | 現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話 »

テレビの視聴率について(下)

先日の記事の続き。朝日新聞11月30日朝刊の『視聴率のふしぎ(上)』と題す

る記事は、一般の人々が視聴率を気にしてるという指摘から始まっている。これ

は確かに「ふしぎ」な事だ。と言うのも、「視聴率は元々、民間テレビ局と広告

が、テレビCMをどんな価格で何本くらい放映するかを決めるための指標にす

ない」のだから。業界向けデータを一般人が気にするのは、「視聴率の高さが『み

んな見てるんだなあ』という話題性、安心感につながっている」から、と語るのは

日大芸術学部・上滝徹也教授。映画に比べると、テレビの方が話題性の比重が

高いのは確かだろう。また、フジテレビ・亀山千広局長(かつての人気ドラマプロ

デューサー)は、テレビの密室性を指摘する。映画と違って家庭という密室で見

るため、他人の動向が分からないという事だ。

     

とは言え、視聴者よりも遥かに視聴率を気にしてるのは、もちろんテレビ局だ。

スポーツの日本戦は、視聴率を稼ぎやすい時間帯に持っていこうとするし、ドラ

マの初回と最終回は視聴率が高めだから、時間を延長することも多い。

   

ところで、視聴率とはフツーは「世帯視聴率」を指す。視聴率10%とは、10世帯

に1世帯が見たって意味で、10人に1人ではない。仮に各世帯の2人に1人が

見たとすると、世帯視聴率10%とは「個人視聴率」5%ということになる。けれど

も、この換算は実際には困難な作業だから、10年ほど前から個人視聴率を直

接調査するようになった。要するに広告主の要請であって、例えば化粧品のCM

なら、若い女性がよく見る番組を望むのは当然のこと。記事には面白いデータ

が載っていて、世帯視聴率と「独身OL視聴率」とが全く違ってることを示す具体

例が示されていた。

    

一方、個人視聴率にも問題がある。そもそも調査対象は関東・関西・名古屋で

各600世帯だけ。この中でさらに年齢や職業を絞ると、サンプル数が少なすぎ

て精度が落ちてしまう。けれども、調査世帯を増やすと費用が増してしまう。

          ☆          ☆          ☆

続いて、12月5日の『視聴率のふしぎ(中)』には、CM収入のないNHKでも視

聴率を気にしてる話が載っていた。民放みたいな高視聴率祝いの張り紙こそな

いものの、各局の番組の視聴率が書き込まれたB4の紙が毎朝配られるらしい。

また、「毎分ごとの視聴率と個人視聴率を参考に、番組意図と整合しているかみ

て、次の番組に生かしています」と語るプロデューサーも登場。岡田円治局長

「唯一で最大の指標・・・無視して番組を作れば独善に陥りかねない」と話してる。

    

海老沢前会長の拡大路線とともに、視聴率重視の姿勢を強めたといわれて

るとの事。紅白歌合戦のような看板番組でなくても、普段から自局の放送の中

で番組CMを流す時間が増えている。もちろん、「数字があまり期待できなくても、

意義のある番組なら」という、公共放送らしい発言もある。例えば『女性のうつ』

を扱った番組は視聴率5.7%だったが、反響が2千件以上寄せられたらしい。

とは言え、全体的に見ると、やはり視聴率を気にしてるのは間違いなさそうだ。。

          ☆          ☆          ☆

最後に、6日の『視聴率のふしぎ(下)』では、「視聴質」と、テレビ視聴方法の多

様化の問題が取り上げられている。

視聴率は、見てるか見てないかを示すだけだが、視聴質は見る時の理由・集中

度・満足度などを指す言葉。NHKとか、看板番組を持ってる企業にとっては特

に重要な指標だろう。テレ朝では97年から他局の番組も含めてネット調査を行っ

てるとのこと。

    

一方、テレビ視聴方法の多様化は、録画の増加とデジタル化が中心になっても

たらされたもの。録画状況のデータも調査で記録できるものの、再生されたかど

うか分からないし、再生してもCMを飛ばしてる可能性が高いから、視聴率には

加えてない、とビデオリサーチ社。また、1700万台もの受信機が普及してるBS

デジタルは、なぜか大雑把なデータしか明らかにしてないらしいし(数値が低すぎ

るからだろう・・)、地上デジタル放送への移行と共に広がるであろう「ワンセグ

送」の携帯による視聴も、全く対応できてない。

   

さらに、デジタルの代表と言えばパソコン。最近はパソコンでテレビを見る人も増

えてるはずだ。私も最近チューナー内蔵PCを買ってからは、PCで見たり録画し

たりする事が増えてて、その便利さを実感しているが、もちろん視聴率には反映

されてない。話題のYouTubeへのビデオ投稿なんてのも、今現在は著作権侵害

などで違法扱いなんだろうけど、Googleが2000億円も出して買収したくらいだ

から、今後どうなるかは分からない。好きな番組が何でもタダで簡単に見れるの

なら、みんな使いたがるだろうけど、視聴率は計れないはずだ。代わりにアクセス

数や視聴時間でも調べることになるんだろうか。。。

          ☆          ☆          ☆            

様々な問題のある視聴率だが、研究や改良を重ねながら、まだしばらくは絶対

的権力を持ち続けるのは間違いない。この記事は、単に新聞記事に触発された

軽いものに過ぎないけど、今後も視聴率には関心を持ち続けることになるだろう。

もちろん、人気番組を見ることで話題性や安心感を手に入れるためとか、好きな

番組の数値に一喜一憂するためではなく、テレビ番組を構成する重要な外的要

素の1つとして。。

       

P.S.参考までに、ウチが扱ってきたドラマの平均視聴率を挙げておこう。

    高視聴率のものが一つもないのが笑える。。(^^ゞ 少なくとも野ブタは、

    ドラマの出来もいいし、キャストも人気アイドルが揃ってるし(亀梨和也・

    山下智久・堀北真希)、土9で原作も売れてるんだから、20%行っても

    良かったと思うけどネ。主題歌の「青春アミーゴ」(修二と彰)もミリオン

    セラーだったのに、これこそ「視聴率のふしぎ」だな。。    

    ちなみにウチの記事のアクセス数では、野ブタとギャルサーが断トツ☆

    ひと恋も健闘してるけど、追いつけそうもない。。

     

       野ブタ。をプロデュース 16.9%
       白夜行           12.3%
       けものみち        14.7%
       輪舞曲           15.5%
       氷壁             7.9%
       ギャルサー        12.9%
       クロサギ          15.7%
       医龍            14.8%
       サプリ           14.2%
       タイヨウのうた       10.3%
       僕の歩く道         17.8%(第9話まで)
       セーラー服と機関銃   13.3%
       たったひとつの恋     11.3%(第8話まで)

|

« 5km19分台に突入♪ | トップページ | 現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/12991433

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの視聴率について(下):

« 5km19分台に突入♪ | トップページ | 現在形になったモノローグ~『たったひとつの恋』第9話 »