« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ブログ正常化まであと少し・・

昨夜遅く、スキー&スノボツアーから帰宅。今日からは普通にブログの記事を

アップしていくつもりだったけど、ちょっと無理だった。

極度の寝不足だし、丸3日まったく普段と逆の早寝早起き生活をしたので身体

のリズムが崩れてるし、仕事も雑用も溜まってる。おまけに、ここ最近のアクセ

ス急増で、各種データ処理(保存&整理)にかかる時間が3倍になってしまった。

経済バブルと同じく、アクセスバブルもデメリットが大きいのだ。。

    

という訳で、まだ正常化できてないけど、明日からは徐々にマトモになっていくと

思う。多分ネ。。♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー&スノボツアー、晴天で最高♪

スキー&スノボツアー、晴天で最高♪
暑い!春みたいな陽気なのに雪はマトモ♪
最高の贅沢だなぁ☆
あとちょっと、気合い入れよっと!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黄色いホテル☆

黄色いホテル☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうちょっと待ってネ♪

ここ一週間、連日の大量アクセス。大変ありがたいけど「何じゃ、こりゃ?!」って感じ。。
「華麗なる一族」の記事はともかく、「バージン喪失を目指して走り出そう」へのアクセスは、高橋尚子の記事を遥かに抜き去って、ランニング記事の最高記録となった。マトモな記事のつもりだし、アクセスも千葉ちゃんとこからのマジメなものだけど、ちょっとビミョーだなぁ。ほとんどの人は、あれだけ見て帰ってるもんネ。。
ちなみに、残念ながら今日もちゃんとした記事は書けない。仲間と旅行中だから、この程度携帯で打つのが限界。明日には帰るから、あさってから普通にやる予定。
ではGood Night☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕なし

ウーン、やっぱブログのマトモな記事を書く余裕はなかったな。。
昨夜30km走り込んだ後、記事、コメント応答、夜食、洗濯、
準備でもう朝5時。徹夜で出かけて、そのままの状態。
一応、華麗なる一族は見れたけど、記事はしばらく無理。
原作記事は1回パスかな。
それにしても、今日のカレーは美味しかった。いやいや、華麗
はマズかったな。お仕置きでシカトしてやろうか♪
とりあえず眠いので、Good Night☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

都合により、数日間は記事のアップやコメントの応答が不規則になりそう。

不可抗力で、出来なくなるかも。悪しからずご了承を。。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅マラソン以来の30km♪

RUN30km,2時間30分41秒,平均心拍161

千葉ちゃん人気、恐るべし! 日本の女子長距離ランナーとして、人気でも実

績でも高橋尚子に次ぐくらいの位置をキープして来た千葉真子が、ココログ仲

間に加わったのが2月20日。昨日ようやくそれに関する記事をウチでアップし

て、千葉ちゃんの所にTB&コメントを残して来た。

    

千葉ちゃんのココログ「千葉真子 RUN42 BLOG」の副題は「バージンを捨

てたら強い自分になれた。」、最初の記事のタイトルは「あなたはバージン?」。

この刺激的な表現は、ナイキのフルマラソン完走キャンペーンから来てるもの

で、バージンとはフルマラソン未経験者のこと。バージンを捨てるとはフルマラ

ソンを完走すること。タネが分かれば、な~んだって感じだ。

    

でも、この表現を引用して「バージン喪失を目指して走り出そう☆」という記事

アップする際には、ちょっと心配だった。アダルト系のTBやコメントが大量に来

るんじゃないかとか、話の中身や言葉遊びを理解できない人のコメントがつくん

じゃないかとか。記事はまったく真面目な内容なんだけどネ。アクセス数として

は、まあ50前後かなと予想してた。

          

ところが、心配は杞憂に終わったし、アクセス予想も大幅に外れた。昨日のこ

の記事1本だけに対するアクセス数286、訪問者数258! この数字はつい

先日のドラマ記事には遠く及ばないけど、ランニング記事としては、一昨年秋

の高橋尚子の記事「高橋尚子、復活優勝おめでとう\(^o^)/」に次ぐものだ

(半分程度)。千葉ちゃんのブログのコメントやTBがまだ少ないから、そんな

にアクセスないのかなと思ってたけど、とんでもなかった。ウチに来た人の9割

千葉ちゃんの所から来てるから、向こうは物凄いアクセスを集めてることに

なる。推定で1日2000~3000アクセス程度かな。出来たてで、まだ1本しか

記事がないのに、さすがココログのセレブ。恐るべし、千葉ちゃん!☆

     

          ☆         ☆          ☆

という訳で、千葉ちゃん関連で大幅に時間を費やしてしまって、自分の走りに

触れる余裕がなくなった。ま、要するに、青梅マラソン以来3週間ぶりに30km

走って、ボチボチだったってこと♪ 2時間半を僅かにオーバーしてしまったけ

ど、平均すると1km5分ちょうどくらいだから、まあ良しとしよう。ただし、11月

12日に軽く走った時の2時間27分15秒よりも遥かに遅くて心拍も高いから、

まだまだ頑張らないと論外だけどネ。走り込み不足で、終盤にペースがガタ落

ちするのを何とかすれば、28分台にはすぐ持っていけると思う。右膝と左腰に

少しあった痛みがほとんど消えたのはプラスの材料♪ 心拍は高すぎるけどネ。   

という訳で、時間がないのでこの辺で。。☆彡

         

  往路(2.45km)    13分18秒  平均心拍131          

  1周(2.14km)    10分15秒        154        

  2周             10分13秒        163        

  3周            10分12秒        164

  4周             10分20秒        163 

  5周             10分12秒        170

  6周             10分15秒        167 

  7周             10分19秒        167 

  8周             10分20秒        169 

     9周            10分44秒         165

 10周             11分23秒        162

 11周             11分35秒        161

 12周(1.56km)      8分41秒         163

 復路             12分54秒         161

  計 30km  2時間30分41秒      161(最大心拍172,7周目)

| | トラックバック (1)

バージン喪失を目指して走り出そう☆

ウチのブログは「ココログ」、つまりニフティのブログの一つだけど、今月20日

から「千葉ちゃん」こと千葉真子もココログ仲間に加わった。ランニングに関心

のある人なら当然知ってる人気者の千葉ちゃん、関心のない人もメディアで何

度か目にしてる(or 耳にしてる)はずだ。独特のアニメっぽい声と喋り方、トボ

けた可愛らしさをもつフェイスで、世界の女子陸上界に凄い実績を残してる。

    

とりわけ光るのが、97年アテネ世界選手権10000m・銅メダル、03年パリ

世界選手権マラソン・銅メダル。「何だ、3位か・・」とか、「オリンピックじゃない

のか」と思ってしまうかも知れないけど、マラソンはともかく、10000mってい

うトラック競技で日本人が世界大会のメダルを取るっていうのは大変なことな

のだ。ましてやマラソンと両方でとなると、世界初だったらしい。可愛くて凄い。

これぞ人気者の十分条件の最たるものだろう。アテネ五輪のマラソンで、補欠

という身分をあえて受け入れたのも好意的に受け止められていた♪ 本番直

前に解除されたものの、この時の経験は『ベストスマイル-補欠になった私』

という本にも活かされている(文春ネスコ)。。

          ☆          ☆          ☆      

さて、彼女のココログのタイトルは「千葉真子 RUN42 BLOG」。あぁ、フル

マラソン(42km強)のブログねって感じで、特に驚きはない。ところが、その

下に表示されてる副題が目を引く。「バージンを捨てたら強い自分になれた。」

そして、記念すべき最初の記事のタイトルも、『あなたはバージン?』。。。

    

毎度おなじみ、松田優作の名セリフ「何じゃ、こりゃ?!」を叫びたくなる所だけ

ど、タネを明かせば、な~んだって話だ。要するに、千葉真子が契約してるス

ポーツ用品メーカー・ナイキのマラソン・キャンペーン「RUN42」のコンセプトが、

フルマラソン・バージンを捨てよう!、つまりフルマラソンを完走しよう!って事

になってるのだ。そして、千葉ちゃんは「I AM NOT A VIRGIN」の代表とし

て色々と活動してるってこと。

     

ちなみに「I AM A VIRGIN」の代表はケツメイシ・大蔵で、千葉ちゃんの5

日前に同じく「RUN42 BLOG」を開始してる。3月18日の荒川市民マラソン

でバージンを捨てる予定らしい。男がバージンを捨てるという表現は、英語的

にも別におかしくないようだ。小学館・ランダムハウス英和大辞典・第2版を引

くと、ちゃんと「virgin」の項目に「童貞」、「未経験者」という意味が載っている。

なお、荒川マラソンにはテンメイも出場するけど、残念ながら既にバージンじゃ

ない。全国の女性ファンの皆さん、ゴメンね♪ どうでもいい? あっ、そう・・^^

       

で、何が言いたいかっていうと、あなたもバージンを捨てませんか♪って事だ。

ウチは実質的にドラマブログと化してしまってて、大勢のドラマファンが来て下

さってる。ところが、残念ながらこの方たちのほとんどは、スポーツ記事には

全く関心を示さない。メジャーな大会のレポートを書いても、メジャーな選手の

話を載せても全くダメ。ひたすらドラマやテレビ情報だけを求めてる。多分、

ほとんどの人はバージンだろう。。

        

そこで、千葉ちゃん&NIKEのキャンペーンに乗っかるようにして、私も言いた

い。バージンを捨てれば世界が変わる♪ 世界の見え方が変わるし、自分の

心と身体も変わる。それがやがて、世界のあり方を変えて行く。。

    

今、健康志向と環境保護の2つの流れを支えにして、ランニングと自転車には

追い風が吹いている。間違いなく、RUN&BIKEの時代なのだ。ただ、現在の

日本の道路事情その他を考えると、自転車はあまり積極的に勧める気にはな

れない。事故の多さが示してるように、かなりの危険を伴うし、油のついた10kg

~15kg程度の大きな機械をいじることになるため、女性には向かないからだ。

ドラマの視聴者層を考えても、ウチに今まで書き込んだ方を見ても、ウチの読者

はおそらく女性の方が多いはず。そこで、フルマラソン完走目指して、バージン

喪失目指して、ランニングを始めては如何?♪って話なのだ。

       

ひょっとすると、「単なるスポーツ用品メーカーのキャンペーンに乗っかるなん

て・・」と思う方も少なくないかも知れない。実際、千葉ちゃんのココログは題名

も色もナイキと一体化してるし、そもそも千葉ちゃんには「BESTSMILE-千

葉真子オフィシャルブログ-」ってものが昔からあって更新もマメに行われてる。

ココログと2人のタレントを利用したナイキの新たなキャンペーンに、冷めた視

線があっても不思議じゃない。

       

でも、キッカケは何だっていいのだ。今ここで、市民アスリート兼ブロガーの記

事を読んだこと。こんなちっぽけな事でさえ、あなたを大きく変える可能性を秘

めている。具体的に言うと、ご飯が美味しくなりますよ。体重も体脂肪率も減り

ますよ。東京マラソンでテレビに映れますよ。ホノルルマラソンで有名人に会え

ますよ。カラフルになって来たスポーツファッションを楽しめますよ。犬と一緒に

かけっこ出来ますよ。そして何より、身体と心にパワーが湧いて来ますよ。。☆      

最初は近所をちょっとジョギングするだけでもいいし、ウォーキングから始めて

もいい。とにかく、まず一歩踏み出してみましょう!

    

          ☆          ☆          ☆

以上で、テンメイのスポーツ促進キャンペーン記事をひとまず終わりにしよう。

ちなみに、これが新興宗教とかの勧誘と決定的に違う点は、私が直接的には

何も得しないことだ。別にナイキからも何も頂いてない。

でも「I AM NOT A VIRGIN」Tシャツ、余ってたら下さい。担当者の方!♪

靴はアシックスなんだけどネ (^^)

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ランニングはお金のかからない趣味だけど、靴にだけはお金を惜しま

    ないように♪ 足腰を守ってくれる唯一最大の味方なんだから☆

    たとえ1万円出しても、半年使えば大したコストじゃないでしょ♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

音楽を聴きながらの初ランwith新携帯910SH

(21日)BIKE66.5km,Av23.2 (22日)RUN10km,52分20秒

遅まきながら、ようやく音楽を聴きながらのRUN&BIKEを実現♪ 今後の

スポーツライフがかなり変わっていくような気がする。でも、ここまでの道のり

は思ったより険しかった。。

    

SoftBankの新携帯910SHに音楽を録音する作業の試行錯誤については、

先日の記事で簡単にまとめといた。ホントは今日はそれを詳しく書こうと思って

たんだけど、時間がないから書き残した事を中心にサラッとまとめとこう。

     

          ☆           ☆           ☆

携帯を買い換えた理由はたくさんある。前の携帯の電池の寿命、500万画素・

Image010光学3倍デジカメ、PCと同様のネット能力、

PCとのデータ交換、ホワイトプランの魅力、

等々。。でも、ランニングと自転車をやって

るものとしては、音楽を聴きながら走りたいっ

てのもあった。専用の携帯音楽プレーヤー

の方が軽くて便利だけど、携帯電話とデジ

カメと音楽プレーヤーが1つにまとまれば絶

対便利がいい。長時間ランニング(マラ

ニック)とか自転車のツーリングには最適のはず。

          

そこで、携帯を買ってまだ間もない先日、渋谷でヘッドフォンと携帯ケースを購

入。ヘッドフォンは無線(Bluetooth)と有線でさんざん迷ったけど、無線は高い

し心拍計との干渉が不安だったので、とりあえず安い有線にしておいた。わず

か980円(税込・ポイント10%)だけど、Victorで見た目もキレイ♪ 耳への取

り付け方は、密閉式じゃなく、耳かけによる開放型。その方が周囲の音が聞こ

えて安全だし、安定性も良さそうだったからだ。ただし、いずれBluetoothを利

Mobile02b用する可能性は十分あるし、世の中の流れ

はワイヤレスなので、これについてはまた改

めて記事を書きたい。

そうそう、ヘッドフォンを携帯と接続するコード

も別に630円(同上)で買った。これでコード

の長さは80cm+30cm=110cm。適度だ

ろう。

        

次に買ったのは、携帯ケース。ダサさの極致と思われそうだけど、スポーツし

ながら使うのだから、落とすかもしれないし、汗や雨に対する防水も問題にな

る。カッコより実用性。ところが、これもまた迷うことになった。そもそも、910

Mobile02SHはかなり長いので(106mm)、ほとんどのケース

に入らないのだ。色々と試して、ようやく入ったのが

左のケース。カラビナ(金属製の連結器具)がアクセ

ントだけど走る時ははずす。クッション性もあるし、

1000円程度だったし、全然OKだ。

    

この後、家でCDから録音する作業の試行錯誤については先日の記事を参照。

結局、CDをPCに取り込み、それをアップルのiTunesってソフトで形式変換し

て、さらに携帯付属のソフトとUSBケーブルで携帯に取り込んだんだけど、

初からiTunesを使ってCDをPCに取り込む方が賢かった。また、SDメモリー

カードがあれば、iTunesの代わりに付属ソフトでも変換できるし、USBケーブ

ルによる転送ももちろん不要になる。ちなみにiTunesってのは、おそらくiPod

用のチューニングソフトって意味だろう。

      

           ☆           ☆          ☆                    

さて、これでようやく準備完了。まずは、休みをとった水曜日、友人宅へ自転車

で行く時に使ってみた。自転車でマトモな距離を走るのはホントに久し振り。多

摩川サイクリングロードを北上したんだけど、相変わらずあちこち工事中で、

所々に新たな標識が立ってた。距離表示とか、安全運転の指示とか。

肝心の音楽は、危ないからサイクリングロードだけに限定。往来の激しい車道

のそばだとロクに聞こえないけど、それ以外ならまずまずで、最初は感動した♪

有線のヘッドフォンはさほどジャマにならないし、安定性も問題なし。もっと動く

Gouteiかと思ったけど、サングラスよりも

固定されてる。耳かけがよく出来

てるのだ。ちなみに左は友人の豪

邸。ピアノ2台、大型テレビ、高級

ステレオ、床暖房フローリング、庭、

AV専用ルーム、上品な奥様♪

等々。都内でこの環境ってのはホントに羨ましい。。

        

さて、最後にランニング。時間がないし眠いし雨まで降ってたので10km軽く

傘ランしただけ。これも基本的には問題なかったけど、自転車に比べてコード

が揺れてうっとうしい。上下動があるし、風圧が弱いからだろう。これは何か

対策を考えるべきだ。あと、アップの下のポケットに携帯を入れてたんだけど、

ケースに入れてるにもかかわらず、汗の蒸気が水滴になって携帯に付いてた

(身体側の面に少し)。雨とはいえ、わずか10kmの軽いランでこれだと、何

か対策が必要だろう。重さは気にならなかったけど、耳かけの違和感が自転

車より大きかった。これは慣れの問題かな。。

       ☆           ☆           ☆

他には、選曲の問題も大きい。静かな曲は聞こえないし、走りのリズムとの

相性もある。そのあたりは、今後の研究課題だろう。あと、コードが引っかかっ

て落ちそうになったことが3回あった。自転車で1回、ランニングで1回、ドアノ

ブで1回。やっぱりケースに入れるのは正解だと思った。

それでは、この辺で。。☆彡  (下はランニングのデータ)

                                                                                                                                                 

 往路(1.15km)    7分20秒       平均心拍119

  1周(1.1km)     6分18秒             125

  2周           5分53秒              134

  3周           5分35秒              144

  4周           5分37秒             150

  5周           5分36秒             151

  6周           5分30秒             153

  7周           5分24秒             154

  復路           5分11秒              158

 計10km         52分20秒       142(最大167,ゴール手前上り)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

アクセス急増についての小市民的つぶやき♪

今日は時間さえあればネタが4つもあるんだけど、睡眠不足の極致でもう我慢

の限界。。という訳で、一番手軽に書けそうな記事で済ませとこう。。

     

ブログ公開からもうすぐ1年半。おかげさまで、諸々のアクセス関連データは右

上がり継続中。特にここ1ヶ月は、TBSドラマ『華麗なる一族』の記事のおかげ

でアクセスが急増。好循環が生じている。Yahoo!の順位上昇→アクセス増加

→ランキング上昇→アクセス増加→Yahoo!のクリック増加→Yahoo!の順

位上昇・・・って感じだろう。この循環は以前はなかった。途中の「ランキング上

昇→アクセス増加」の部分がなかったのだ。でも最近は、ランキングからのアク

セスも増えて、完全に好循環になってる(もちろんドラマ記事だけのお話・・)。

      

これは必ずしも自慢してるんじゃない。前から何度も書いてるように、個人的に

は、流し見の10人よりも熱心な1人の方が遥かに嬉しいからだ。単純なアクセ

ス数や訪問者数よりも、アクセス解析から総合的に推測できる熱心な読者数の

方が問題だ。アクセスが増えれば熱心な読者も増えるって考えは一応あるけど、

必ずしも正しくないことが今まさに実証されている。分かりやすく単純化すると、

『華麗なる一族』のアクセス数は『たったひとつの恋』の2倍あるけど、熱心な読

者の割合は3分の1くらいしかない。という事は結局、『華麗』は『ひと恋』よりも、

熱心な読者が少ないことになる(数字はたとえ話)。だから、ここ1ヶ月のアクセ

ス急増はあまり嬉しくないし、自慢にもならないのだ。。

    

ところが、今日はちょっと顔がニヤけてしまった。異常なくらいの大量アクセス

が、『華麗なる一族』第6話に入ったからだ「鉄平と大介、2人のデスペラード」

っていう風変わりなタイトルをつけたこのレビューは、ここ2ヶ月くらいで1番お気

に入りの記事♪ それなのに先週に引き続きYahoo!に無視されたし、アップ

も火曜朝になってしまったので、その日のアクセスはそれほどでもなくて、ちょっ

と不満だった。

          

そこへ突然現れたのが、今日の大量アクセス。1本の記事の1日あたりのアクセ

ス数として最高だし、ブログ全体の1日あたりのアクセス数も最高だ。Yahoo!

の検索ロボット君が怠慢を反省して、お詫びに1位で掲載してくれたのかなと思っ

て調べてみたら、反省どころか無視したまま。ところが、捨てる検索ロボットあれ

ば拾うニフティあり。ニフティのトップページの上部に、ウチの記事が宣伝されて

のだ(下の画像参照)。「昨日アクセスが急上昇したココログ」の1位になって

るけど、急上昇なんてしてないけどネ。間違いじゃないのかな。ま、いいけど♪

      

それにしても、ニフティのトップなんて、ほとんど見ないけどな。おまけに、ウチ

の宣伝を見るためにはタブを切り替えないといけないはずだけど、よくこんなに

大勢の人が見たもんだ。。ま、当然のごとく、ここから来た人のほとんどはすぐ

帰ったようだけど、これほど大量のアクセスだと、小市民的楽しみが出てくる。

それは、「映画・テレビ」カテゴリーのデイリーランキング1位になることだ。ウチ

にとっての主要カテゴリーの中で、これだけはいまだに1位を獲得できてない。

つまり、記事数も競争も激しいカテゴリー。今までは2位&3位同時ってのが過

去最高で、この時は完全にYahoo!のおかげだった。

           

今回ほどの大量アクセスはしばらく(or 永遠に)ないだろうから、明日のランキ

ングは楽しみにしてる。普通に考えれば、「映画・テレビ」、「芸能・アイドル」、

「音楽」、すべて1位だろうけど、もっと凄い記事があるかも知れないな。興味の

ある方は、22日8時~23日8時くらいの間にチェックすると面白いかも。上の

リンクをクリックするだけでOK! ただ、たまにランキングが更新されないこと

もあるので、ご承知を。。(ちなみにホントは月間1位の方が嬉しいけど困難・・)

          

ま、そんな小市民的お遊びよりは、本気で記事書いて、熱心な読者を増やして

行くことの方が遥かに大切だけどネ。では、Good Night!☆彡

Nifty

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新携帯910SHで音楽を聴こうとしたら・・

あ~、もう時間がない。眠さの限界で走れなくなってしまった。。先日ようやく

手に入れたSoftBank携帯910SHで、音楽を聴きながらランニングしようと

思ったのが運のツキ。どツボにハマって、もう明け方近くだ。大人のオモチャ

は時間がかかるなぁ。面白いけど。。

       

昨日のドラマ記事には莫大な時間とパワーを費やしてるから、今日は手抜きで

手短に♪ 詳しくは後でまた書き直そう。(最下部のリンクを参照)

           

まず、CDからPCへの録音でつまづく。って言うか、録音は簡単だけど、携帯用

のファイル形式にならないのだ。ソフトを2種類使ったけど、いずれもダメ。そこ

で今度は、携帯付属のアプリケーションCDから、変換ソフトをインストール。こ

れで形式を変換すればいいんだろうと思ったら、何とこのソフトはSDメモリー

カードが無いと使えない! 当分メモリー無しで使ってみようと思ってるので、ま

た挫折。

     

ここで、伝家の宝刀、検索を使うと、どうもアップルのiTunesってソフトを使うと

出来るらしいので、早速ダウンロードしてインストール。時間が無いので、ロク

に説明も読まずにパッパとやる。ちょっとリスキーな作業。。すぐソフトを起動す

ると、何もしてないのに勝手に変換し始める。どうも、さっき2通りにCDを録音し

た時のデータを自動的に見つけて、ファイル形式を携帯用に変換してるらしい。

大丈夫かよって感じでPC画面を見つめる内に変換終了。同じ曲を2回変換し

てるのは分かったけど、余計な事をせずにじっと待ち続けた。

         

その後は、前に写メを携帯からPCへ移した時と同様。専用ソフトを起動して、

USBケーブルを通じてPCから携帯(本体)に音楽ファイルをコピー。携帯の

メディアプレーヤーをいじると、なぜか鳴らない。マナーモードにしてた! す

ぐ解除して、やっと音楽を聴くことに成功! パチパチパチ♪☆

    

この間、実に2時間以上の悪戦苦闘。肝心の、音楽を聴きながら走る時間が

なくなってしまった。操作が遅いと思われるかも知れないけど、予備知識なし、

携帯交換直後、マニュアルに説明なし、誰かに聞くこともなし、という状態だと、

こんなもんだろう。途中で考え込んだ時間はゼロ、ずっと操作し続けたしネ。

って言うか、かなりデジタルに慣れてないと、こんな面倒な試行錯誤には成功

しないと思う。という事は、逆に言うと、多くの人は他の方法で音楽を聴いてる

んだろう。着うた(しばらくパス!)とか、小型オーディオから直接光ケーブル

で携帯に録音するとかね(部屋を片付けないと出来ない状況・・)。ま、今後の

課題ってことで。。

         

あ、そうそう。知ってる人は、お役立ち情報なんて書き込まないでネ。「教えて!

goo」じゃないんだから、教えていらないよ♪

ウチはネタバレ禁止! 自力で頑張るから面白いわけ。ドラマもデジタルも♪

     

cf.音楽を聴きながらの初ラン with 新携帯910SH

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

 「専務、このままではウチはつぶれます。どうしたらいいんですか。

  専務、銑鉄供給が止まれば、ウチはつぶれるんですよ」

 「夢はつぶさない」

 「いや、でも・・・」

 「・・・夢はつぶさない・・・」

         

          ☆          ☆          ☆

面白かった~~!☆ ドラマも面白かったけど、その後であれこれ調べたり

考えたりする作業が面白すぎて、記事を書くヒマが無くなってしまった (^^ゞ

こんな事は第1話以来のことだ。という訳で、今週は「あらすじ」を別扱いでま

とめるのは省略して、記事の中に組み込んでしまおう。

   

さて、何がそんなに面白かったのか。大きく分けて、2ある。まずは、久し振

りに経済ドラマの面目躍如で、60年代後半の激動がしっかり描かれてた点

(正しくかどうかは別問題)。万俵家に焦点を絞ってた先週とは大違いだった。

トータルで見れば、メリハリが効いてバランスも取れてることになる。

              

もう一つ、予想外に面白かったのは、いまや鉄平(木村拓哉)のテーマ曲とも

言うべき、Eagles(イーグルス)の『Desperado(デスペラード)』に関する探求。

本来なら、まずはドラマの根幹である経済的側面から見て行きたい所だけど、

経済の話はウケが悪そうだから、先にデスペラードにしよっと♪

              

           ☆          ☆          ☆

デスペラード、このドラマを見るまでは曲も名前も知らなくて、第3話の鉄平&

芙佐子(稲森いずみ)の原点回帰シーンで気になったのが最初の出会いだ。

「ちゃぶ台放り投げ」で有名な辛口ブログで曲名を知ってますます気になった♪

と言うのも、私は『巨人の星』の一徹ファンだからだ。いやいや、そうじゃなくて、

デスペラードという単語は、10代後半の私が好きだった英単語「デスパリット

(desperate)」に似てるからだ。例えば年賀状に「Make a desperate effort!」

(必死で頑張ろう!)なんて書いたりしてたわけ。恥ずかし~~!

        

思い出話はともかく、デスパリットにつられて、最初「デスパレード」で検索して

たから、ロクな情報が出なくて焦った。おバカかよ! さて、このデスペラード、

邦題は一応「ならず者」となってるようだけど、ならず者ってのは「乱暴・悪事を

働く人。ごろつき。無頼漢」だ(集英社・国語辞典・第一版)。岩波書店・広辞

苑・第4版を見ても、「一定の職業がなく、放浪してゆすりなどをする者」とか、

ロクでもない意味ばかり出て来てしまう。そこからの意味の広がりを考慮する

にせよ、「ならず者」ってのは鉄平のイメージとは程遠い。

       

こんな時に活躍するのが小学館ランダムハウス英和大辞典第2版。desperado

を調べると、おそらく「desperate」がスペイン語に似た形に変化したものだろう

って説明と共に、「ならず者」に続く二番目の意味として、「(持ち金を超えて賭

けるような)破れかぶれの博打(ばくち)打ち」と書かれている。これこれ! 歌

詞の意味はともかく、『華麗』の鉄平のテーマ曲として考える際には、「破れか

ぶれのばくち打ち」って意味が重要になる。

      

もともと、「desperate」の基本的意味は「絶望的な」だけど、絶望的ってことは、

裏返しに見ると、何かを「切望して」るわけだし、「必死の」状態でもある。これ

ら3つの意味が、「desperado」の「ならず者」って意味と融合したと考えれば、

「絶望的になりつつ必死に切望するならず者」→「破れかぶれのばくち打ち」

ていう意味の変化は理解できるだろう。

    

ちなみに、イーグルスの『デスペラード』の歌詞は、「君は頑固者でばくち打ち

で感情を失ってるね。君なりの理由があるのは分かるけど、自分自身が傷つ

いちゃうよ。他にもっといい生き方は沢山ある。さあ、心を開いて、周囲の愛

を受け入れてごらん」って感じだ。必要に応じてこの歌詞も思い出して欲しい。。

       

結局、この記事の題名「鉄平と大介、2人のデスペラード」とは、鉄平と大介

が「絶望的になりつつ必死に切望するならず者」であって、だからこそ「破れ

かぶれのばくち打ち」になってることを示してる。ところで、第一話の記事の

タイトルは「夢見る息子vs現実を見る父」だった。という事は、この間に対立

する2人が同じデスペラードへと変質しているのだ。ドラマ自体か私の視線

のどちらか、あるいは両方が変化したことになる。

    

その辺りを確認するためにも、ここからは今回のドラマを、経済に中心を置い

て振り返ってみよう。以下、あらすじと解説と感想が入り混じった文章にて。

         

          ☆          ☆          ☆

まず、ベアリング社が吸収合併されて契約をキャンセルしたため、阪神特殊

製鋼は大口の顧客を失い、株価は250円から150円まで下落、資金難に

陥る。この話、経済に慣れてない人が聞くとピンと来ないだろうけど、多少慣

れてる者にとってはツッコミ所だ♪

    

まず、資金難に陥ったのはなぜかというと、信用が低下したからだ。ほとんど

の企業は融資してもらって借金経営してるわけだが、融資する側の金融機関

は、この企業ならちゃんと利子を付けて返済してくれるだろうと信用して金を貸

すことになる。信用というのは複雑で曖昧なものだけど、一番分かりやすい根

拠or表現は、株式会社であれば株価だ。より正確に言うと時価総額(株価×

株数)。かつてライブドアや楽天の騒ぎの時に、時価総額という言葉が乱れ飛

んでたのを思い出して欲しい。

    

株価が一気に250円から150円になると、時価総額は40%も減ってしまう。

これは、企業の信用がほぼ半減してしまったことを示す。だから、お金を借り

にくくなるし、既にその企業に商品を納入した側からは支払い請求が厳しくな

る。つぶれる前に代金支払えって事だ。入る金が減って、出て行く金は増える。

こうして企業は資金難に陥ることになる(正確には、可能性が生じる)。ただし、

普通は金融機関や他の企業(しばしば競合他社)が助けてくれる。もちろん、

善意というよりは自らの利益のためだけど。。

          

そこで専務の鉄平は、メインバンクの阪神銀行とサブバンクの大同銀行に頭

を下げて、追加融資を頼むことになる。まさにデスペラード、必死に危ない博打

を続けようとしているわけだ。これは要するに、借金してカジノへ行ったらボロ

負けして、取り返すためにまた借金するってお話。言い訳無用、この世界で重

要なのは結果だ。

              

残念ながら、鉄平の過去形のモノローグ「この三雲頭取と父との会談から、僕

と父の悲劇は、一気に加速したのだった」と、長くて説明過剰な予告から考え

ると、デスペラード鉄平は博打に負けてしまったようだ。合掌。。『ひと恋』と違っ

て、モノローグが現在形になると共に悲劇が喜劇に反転するようなことは今後

ないだろう。あったら面白いんだけどな。。

           

ところで、ツッコミ所も書いとくと、まずは契約キャンセルでの違約金はどうなっ

てるのかって話がないこと。特殊な鋼の契約なんだから、キャンセルされても

他に回すのは難しいはず。違約金、あるいはその代わりになるペナルティに関

する法的取り決めもせずに大口契約したの?って疑問だ。

    

もう一つは、株価下落について。上では極端に単純な話を書いたけど、もちろ

ん実際の株価の動きは超複雑で、投資家や投機家の思惑なんて曖昧なもの

でも大きく動く。まさにデスペラード達がうごめく世界で、いまや主たるプレーヤー

はコンピューターになってるそうだ。いまの話はともかく、阪神特殊製鋼の場合、

大企業ではないから時価総額は知れてるし、新聞の1面トップにベアリング社

との契約が大きく報道された訳だから、大量の買いが入って株価はかなり上

昇したはずだ。そこへ急に契約キャンセルの情報が入ると、株価は大きく下が

るものの、ほとんどの場合は上昇前の株価くらいまでしか下がらない。

    

つまり分かりやすく言うと、もともと150円の株が250円に上がった後で150円

に戻るだけ。元通りになるだけで、資金難の理由にはならないのだ。倍賞千恵

子のナレーションは説明になってない。そろそろ読者がいなくなるかな。。^^;

          

さて、会社が苦しくなったから追加融資してくれと頼まれた銀行の頭取が、い

い顔をしないのは当然のこと。北大路欣也の顔つきがいつもムスッとしてる事

とは無関係だ♪ 額の絆創膏は悪影響を及ぼしたかも知れないけどね。結局、

大介の「策謀」によって、一応追加融資は形だけ行われるが、阪神銀行は貸し

た金を一時的に戻してくれと強要して、結局再び貸すことは断った。

      

これでますますデスペラードになった鉄平に追い討ちをかけたのが、帝国製鉄。

大川一郎(西田敏行)が亡くなったために、通産省からの圧力が無くなり、帝国

製鉄は阪神特殊製鋼への銑鉄供給を6月で止めることにした。裏で阪神銀行

頭取・大介も暗躍してたようだ。高炉の完成予定は10月だから、7月から9月

まで原料なしの状態になってしまう。。

     

ここもツッコミ所で、視聴者の前に和島所長が突っ込んでくれた。「3ヶ月分の

銑鉄ぐらい何とかできないようだとしたら、企業として問題ですよ」。その通り!

って言うか、「こんな事でつぶれるなんて言ってるようじゃ、脚本として問題です

よ」と突っ込みたい所だけど、まあ見逃すことにしよう。ともかく、阪神特殊製鋼

は金でも鉄でも追い詰められたってこと。

     

そこで銭高常務(西村雅彦)が鉄平専務にデスパリット(絶望的で必死)な思い

をぶつけたのが、この記事の冒頭のやり取りだ。

      

ここはすごく象徴的なシーンで、味わい深かった♪ ポイントは、場所が高炉建

設現場であって現在の会社じゃない点だ。「ウチはつぶれる」という銭高に対し、

「夢はつぶさない」と鉄平。この時、鉄平は銭高の向こうにそびえる建設途中の

巨大な高炉を見ている。つまり、今の会社(ウチ)=現実ではなく、未来の高炉

=夢を見ているのだ。それこそが、デスペラード鉄平の最たる博打なのだ。

    

夢を見続けるために鉄平が立てたデスパリットな計画(小さな博打)は、夜通し

の突貫工事で6月までに高炉を完成させること。開催間近の大阪万博のせい

もあって作業員が集まらなかったけど、ラストシーンになってイーグルスの『デ

スペラード』が助けてくれた。荒っぽいけど人情の厚い沖仲士(船舶作業員)

の玄さんが、BGMと共にやたら大勢の作業員を連れて来てくれたのだ。別に、

腕をひねられて一瞬で負けたからじゃなく、鉄平が命がけで海に飛び込んで、

溺れる仲間を助けてくれた姿が心に響いたらしい。

       

ネットを見ても、公式サイトのBBSを見ても、多くの視聴者が感動したらしい

あのシーン。私は「作業員が多すぎて日当と夜間手当ての支払いでつぶれる

な♪」と面白がって現実的計算をしてたんだけど、それはともかく、鉄平は小

さな博打に一つ勝ったのだ。ここのキムタクの演技は良かったと思う。また、

『デスペラード』を数秒くらい早いタイミングで流し始めたのも、アレッ?と思わ

せる憎らしい演出で良かった。あれも音楽担当の服部隆之の仕事なのかな。

なかなかテクニシャンだネ☆

            

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、鉄の問題を切り抜けても、金の問題は残る。その金の問題を鉄平

にもたらした人物、デスペラード大介へと話を移そう。追加融資として一旦振

り込んだ20億を一時的に取り返して、その後は振り込まないなんてのはメチャ

クチャな話で、これまたツッコミ所だ。これで阪神特殊製鋼の経営が傾いたら、

阪神特殊製鋼(の株主)が阪神銀行を訴えてもおかしくない。すると阪神銀行

自体の評価も下がるし、阪神銀行が保有する阪神特殊製鋼の株の時価評価

も下がってしまう。さらには、こんなメチャクチャな銀行からは、企業の側もな

るべく金を借りたくないだろう。阪神銀行の株主も黙ってないはずだ。

     

という訳で、脚本が悪いのか、原作が悪いのか、現実社会が悪いのかビミョー

だけど、とにかくメチャクチャなのだ。それでも視聴者としては、与えられたもの

をそのまま受け止めるしかない。要するに、それだけ大介はデスパリットな状

況に追い込まれてるわけで、息子だけでなく父もデスペラードになってるのだ。

少なくとも第1話あたりの大介は、ここまで「ならず者」ではなかった。ちゃんと

現実を見ながら対策を取ってたはずだ。

    

大介を追い詰めたのは、大蔵省と社会状況と時間だ。大蔵省銀行局の太平

洋ベルト銀行構想は、5行のうちの1行にすぎない阪神銀行の存在を、吹き

飛ばしてしまう可能性がある。また、ベアリング社も吸収合併されたように、世

界的に業界再編の動きが加速している。この激動の時代の中、第1話から第

6話にかけて丸1年間もの時間が経過してるのだ。。

    

こうして、デスパリットな事態に追い込まれた大介は、鉄平を悪用して大同銀

行頭取・三雲(柳葉敏郎)をだまし、5位の大同銀行を飲み込むことを思いつく。

鉄平を人間的に信用している三雲の甘さに付けこむ狙いで、三雲が言うのと

は別の意味で、鉄平には「それだけの価値がある」ことに大介は気付いたのだ。

このシーンの台詞のリフレインは、ちょっとしつこかったかな。大きなカマキリ

に小さなクモが襲い掛かる映像も、もうちょっと短くして欲しかった。まあ、大き

く見ればまずまずのシーンではある。

    

大介の狙いは、大同銀行の内部対立を利用するもの。大同の役員会16人

のうち、三雲頭取も含めて日銀派は5人だけ。あとは綿貫専務(笑福亭鶴瓶)

率いる生え抜き派だ。そこで、まず綿貫の娘婿が経営するアサヒ石鹸(?)に

融資を約束すると共に、綿貫の希望を聞きだす。どうやら、ポストさえ準備し

ておけば、阪神銀行が大同銀行を飲み込む策謀に手を貸してもらえそうな雰

囲気だ。大介が阪神特殊製鋼をつぶして、そんな会社に追加融資してしまっ

た三雲ら日銀派の責任を綿貫が追及して実権を奪い取り、阪神銀行との屈

辱的合併に同意した上で、自分たち生え抜き派はそれなりのポストをもらう。

     

ウ~ン、一応筋は通ってるけど、阪神銀行は1つランクアップしたとはいえ、

まだ9位。5位の大同を飲み込むのは、日銀さえ敵に回す「破れかぶれ」の

計画で、大亀専務(武田鉄矢)美馬(仲村トオル)相子(鈴木京香)も驚い

ていた。一応、二子(相武紗季)と佐橋総理の甥・和也を閨閥結婚させて、日

銀を黙らせるって話にはなってるけど、まだ話がかなり強引で、まるでドラマ

や小説みたいだ♪ これをリアルに見せるのが、来週以降のスタッフ&キャ

ストの腕の見せ所だろう。期待してるから、皆さん頑張って!

    

           ☆            ☆           ☆

残念ながら、そろそろ時間だ。今回は書くことがあり過ぎて、ここで止めるの

はちょっと心残りではある。あと1本長い記事を書くだけのネタはあった。特

に、銀平(山本耕史)は興味深い♪

            

でも、デスペラードでも理想主義者でもない現実主義者としては、フィクション

や趣味の世界とはこの辺でお別れして、実生活に戻るとしよう。

ま、実生活の方がデスパリットなんだけどネ。ではまた。。☆彡

      

       

        

          ☆          ☆          ☆

P.S.今週のささやかな笑いは2つ。寧子(原田美枝子)「良かった~♪ こ

    れで仲直りというわけですよね」っていうトボけた台詞と、玄さんの素早

    い「イタタタタ!」。バラエティのコントかよ!

    でも、むしろラストのエキストラの大行列の方が面白かったかな♪ ドラ

    マ作りとしては正解だろうけど、個人的にはちょっと泣けない。って言う

    か、泣く気になれない。。

    それにしても、本格的ドラマって大名行列が好きだな。『白い巨塔』にせ

    よ、『医龍』にせよ、『水戸黄門』にせよ。。(そりゃ違うだろ!)

         

P.S.2 鉄平が海に飛び込んだシーン、ふと『たったひとつの恋』のヒロト(亀

      梨和也)を思い出した。この2人、あるいは2つのドラマを比較する

      記事なんてのも面白そうだな。ま、ドラマの視聴者層はかなり違うみ

      たいだけどネ。。

    

P.S.3 そろそろ、キムタクが一人二役で敬介じいさんに化けて、笑わせて

      くれないかな。思い切り下手クソなメイクを希望♪

      あと、敬介じいさんをパロって「料亭の女の身体はマシュマロのよう

      に白くて柔らかだな」とか言いつつ芙佐子を抱くってのもいいかも♪

      (ファンにとっては冗談になってないのかな。。)

           

P.S.4 多分、ホメる人がほとんどいないだろうから、ウチでホメとこう。エラ

      イぞ、芥川東京支店長! しっかり仕事して、表面的に切り捨てら

      れても先を見据えてグッと我慢する辺り、成熟した大人の社会人だ。

      しばらく倉庫で昼寝してれば阪神銀行本店で役員になれるよ、多分♪

      ちょっと演技は未成熟だけどネ。。

      

P.S.5 来週は芙佐子の出生がバレると共に、早苗(長谷川京子)とバトル

      かな? もう終盤だし、短めにして欲しいもの。相子さまのバトルなら

      長めでもOK♪

     

P.S.6 先週、絶対にあり得ないと否定した鉄平の誤射。今もあり得ないと

      確信してるけど、原作の対応箇所を読むと、一応あり得る話になっ

      てた。つまり、「あり得ない」のはドラマの脚本&演出だ。詳しくは、

      第5話の原作記事を参照のこと。

    

P.S.7 今週もまた、Yahoo!のクローラーに素通りされてしまったようだ。。

      検索ロボット君、しっかり働いてくれたまえ!♪

    

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

         

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   アクセス急増についての小市民的つぶやき

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (8) | トラックバック (9)

東京マラソンの後は気合で走り込み!

RUN25km,2時間00分43秒,心拍測定失敗

東京マラソン、悲惨な天気だったなぁ。。この暖冬の中で突然冷え込んで、ス

タート時は5度。おまけに雨。。コリルや油谷が棄権したし、ペースメーカーも

脱落。他の一流選手も全体的にタイムは悪かった。それでも、フジテレビの

『スタメン』によると、エントリー30870人中、完走29852人。完走率96%以

だから、ほとんどの人が冷たい雨に負けずにスタートして完走してるようだ。

ほんまかいなって言うくらい凄いネ。。

    

ただし、上の数字は10kmと車いすも含めた数字。10kmを除くと、参加者

26058人、完走25130人、完走率96.4%。車いすのエントリーは17人

だけだから、この数字はほぼフルマラソンのデータと見ていい。やっぱり、

凄い数字だ。。ちなみに、完走ってのが7時間以内なのかどうかはハッキリ

しない。確か、荒川マラソンもその辺はちょっといい加減だったと思う。あと、

東京で救護を受けた人164人、病院搬送16人。このコンディションにして

は少ないと思う。全国の市民ランナーの底力、恐るべし!☆

          

沿道に178万人って話だけど、この数字はあまり信用できない大雑把な数字

だ。応援と一般客を分けてるはずはないし、もちろん全数調査してるはずもな

いからだ。悪天候と人数とで、トイレ行列はやっぱり凄かったようだけど、それ

は最初から織り込み済みだろう。むしろ気になるのは、荷物の受け渡しが上手

く行かなかったこと。預けるのに失敗した人もいるようだけど、それより問題な

のは、寒い中必死で走ったのに、ゴール地点で荷物を受け取れずに長く待たさ

れた人が多いらしいってことだ。1時間待ちなんて話さえあった。軽装だったラン

ナーにとっては、走るよりキツかったんじゃないかな。。

    

今回は仲間が3人出てたので、テレビを見ながらパソコンで名前を入力して、

通過タイムを見てやろうと思ってた。ところが、公式サイトは激重! トップペー

ジも重いし、通過タイムを見る「ランナーズアップデートサービス」のページがさ

らにひどい。なかなか入れないだけじゃなく、入力してエンターすると、「DB調

整中」と出てしまう。

      

何が調整中だよ、データベースの準備が甘かっただけだろ、とかボヤきつつ、

何度もリロードすると、15回に1回くらい正しく表示される。多分、日本全国で

大勢の人がリロードしまくってたんだろうな。。重さだけじゃなく、誰でも簡単に

個人情報が見れてしまうってのはどうなのかね? いずれパスワードとか使い

始めるんじゃないのかな。まあ、こんなものを見るのは身内のマニアックな人

間だけだから、いいってことか。。

        

           ☆          ☆          ☆

さて、とにかく東京マラソンはいい刺激になった。今年は忘れずにちゃんと申し

込もうと決意しつつ、夜中の走り込みを開始。30kmをちょっと考えたけど、時

間もないし、一昨日の1km4分40秒のペース走を活かすためにも、25km

飛ばしてみることにした。目標は2時間切り。去年なら1時間54分切りを狙う

所だけど、まあ落ちぶれたものは仕方ない。2時間ってのは、要するに病気の

直前のタイムってことだ。

    

1km4分48秒ペースってことで、最初から気合を入れないと今の実力だと無理。

往路からスタスタとピッチを上げて、頻繁に心拍計で時間と心拍をチェックしなが

ら周回を続ける。なぜか心拍の数値が異常に高かったから、途中からは時間だ

け見るようにした。機械の問題か、心臓の問題かは微妙な所。。

ペースが速すぎるなと思いつつも上手く調整できなくて、当然のように終盤はガ

タ落ち。残念ながら2時間を43秒オーバーしたけど、総合的に見て、病気の後

ではベストの走りだったと思う。ペースのガタ落ちってのは、レースじゃなければ

それほど気にする必要はない。時には積極的に飛ばすのも重要なことだ。

    

という訳で、東京マラソンの刺激のおかげでいい走り込みができた。それにして

も、M・Yさん、T・Mさん、I・Kさん、お疲れさま♪☆ 特に新人I・Kさんのタイム

には刺激を受けてしまった。若いから、ウカウカしてるとすぐ抜かれるかも。こっ

ちも荒川でそれなりのタイムを出さないマズイな。I・Mさんも早く体調戻してまた

走ろうネ!

    

P.S.東京マラソンを中継したフジテレビの夜の番組、『スタメン』に押切もえ

が出てたから思い出したけど、この超人気モデルの初マラソンは4時間32分

17秒なんだよな(03ホノルル)。確か、テレビで見た記憶もある。凄いネ。。

さすが、体脂肪率の低いモデルさん。持久系には圧倒的に有利。それにして

も、翌年の2004年ホノルルマラソンのタイムが7時間以上もかかったのは

どうしたのかな。スタメンでも、1回目にしか触れてなかった。痛めた脚で無理

やり完走したってことか。それもまた凄いけどネ。。

     

凄いと言えば、女子1位の新谷仁美。まだ18歳で、初マラソン2時間31分

1秒! さすが小出門下生。わりと一般ウケしそうなルックスだし、今後の活躍

に期待しよう♪

                    

  往路(2.45km)      12分32秒    平均心拍143?

  1周(2.14km)     9分58秒       165?(以下の心拍は疑問)

  2周             10分01秒       169?

  3周             9分59秒       171?

  4周             10分03秒       171?               

  5周             10分03秒       170?

  6周             10分06秒       171?         

  7周            10分24秒       170?          

  8周            10分32秒       171?        

  9周            10分48秒       172?         

 10周(840m)        4分22秒        172?      

  復路              11分58秒       169?          

   計 25km   2時間00分43秒   167?(最大心拍178?ゴール時) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

やっと折返し地点まで到着か。マラソンはここからの復路が勝負。各回ごとの

比較っていうこの新企画をいつまで続けられるか、怪しい雲行きになって来た。

まあ、東京マラソンみたいに冬の雨ってわけでもないけどネ。寒そうだよなぁ。。

            

          ☆          ☆          ☆ 

さて、第5話と対応する山崎豊子原作の箇所は、大雑把に言って中巻p.94

~p.305。祖父・敬介の法要の後から、ベアリング社のキャンセル通知まで。

今週も、原作がドラマと違う点を箇条書きしてみよう。初めて読む人のために

もう一度書いておくと、私はドラマの進行にほぼ合わせて読んでるので、原作

の先の話は知らない。だから、いわゆるネタバレ、つまりドラマの先取り話もウ

チの記事にはない。ただし、結末のポイントだけはウッカリ知ってしまった。。

      

鉄平(木村拓哉)による大介(北大路欣也)の誤射の描き方が、ドラマに比べ

 るとそれなりに納得できるものになっている。ドラマではとても誤射とは思えな

 いので、私は第5話のドラマ記事とコメント応答の中で、ハッキリした理由と共

 に、大介の演技説を主張した。そこで一番言いたかった事は、総合的に見て

 誤射は絶対あり得ないという事であって、あの非常に変なシーンを仕方なく解

 釈するなら演技としか考えられないという話だ。

     

 ところが原作を読むと、一応あり得る話にちゃんとなっている! ポイントを4

 つ列挙してみよう。

    

  1.鉄平はふと飛び立った雉に反射的に発砲して、「危ない! 頭取が!」

    という警告まで受けている(ドラマでは10秒も狙った末の発砲)。

  2.父親は数メートル先(ドラマは数十メートルも先)で、偶然の誤射の確率

    が数学的に百倍前後となる(10倍の2乗という意味)。

  3.鉄平はただちに大介のもとに駆け寄って抱き起こしてるし、後で「ほんと

    うに私の不注意でした、どうかお許し下さい」と謝罪している。退席する直

    前にも、再び自分の非を認めている。大介も、不満と不審をあらわにしな

    がらも、「殺そうとしたのか?」なんて極端なことまでは言ってない。

  4.そもそも弾は当たってないので、大介は血を流していない。耳元をかすめ

    て、鼓膜がショックを受けて倒れただけ。これも考慮すると、現実的可能

    性はドラマの数千倍か数万倍にはなる。当然、包帯も絆創膏も無関係。

       

 以上の4点から、原作の場合には誤射の可能性を認めてもよい。

 なお、原作では雉打ちの直前に、正月の朝焼けは不吉だという話が登場す

 る。ドラマでは説明抜きで、不自然な朝焼けのCG(?)が僅かに映っていた。

    

②銀行の合併話がそれなりに納得できるものになっている。大蔵省が色んな

 可能性を模索する中で、自分たちの影響力を保てる程度のほどよい合併規

 模を考案したってことだ。分かりやすく言うと弱者連合。これを美馬(仲村トオ

 ル)がチクった時、阪神銀行頭取で「小が大を食う」合併を狙う大介は、当然

 激怒している。ドラマでは、銀平が少し疑問を口にしただけだった。

    

相子(鈴木京香)と弟の話は、遥か前の第2話対応箇所でわりと詳しく書かれ

 ている(上巻p.348-366)。偶然の手助けはあったものの、あくまで相子の

 方から弟に会いに言ってるし、ドラマと比べると多少ほのぼのとしたやり取りに

 なっていて、相子の心の内も書かれている。ただし、ドラマのような相子と鉄平

 のやり取りはない。

    

芙佐子(稲森いずみ)に対する鉄平のほのかな思いがようやく登場した。た

 だし、芙佐子は昔の恋人ではなく、つる乃屋の若女将。ドラマが前から匂わ

 せていた、芙佐子の出生の秘密に関する話も登場。

    

⑤不正融資問題が大川一郎(西田敏行)と無関係なので、鉄平が情報をリー

 クした犯人を追求することはない。そのため、ドラマ冒頭の三雲(柳葉敏郎)

 平(山本耕史)とのやり取りもないし、一子(吹石一恵)がチクることもな

 い。もちろん、大川の葬儀を大介がゴルフで中座して、鉄平と早苗が激怒す

 るなんて子供じみた話もない。

      

万樹子(山田優)が相子の寝室を見たのは、第4話対応箇所。相子に見つ

 かった万樹子は衝撃で何も言えない状態。したがって、「お妾じゃない!」

 言って相子に平手打ちされるドラマのやり取りはない。また、寧子(原田美枝

 子)が相子に叱られることもない。

    

二子(相武紗季)の閨閥結婚相手は、細川一也。ドラマは佐橋和也という

 名前に変えることで、佐橋総理の甥であることを分かりやすくしている。

     

⑧ベアリング社のキャンセルは、営業担当の常務が電話で鉄平に伝えている。

 ドラマは、四々彦(成宮寛貴)が直接伝えた。どうでもいいような細かい部分

 だけど、脚本のこの工夫はうなづけるものだ。誰が伝えてもいい話だから、

 そこそこ存在感がある脇役を登場させとくのはいい事だろう。。

         

          ☆          ☆          ☆

あ~~しんど。。それでは、時間と気力が許せばまた来週末に。。☆彡

    

           

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

            

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1km4分40秒のペース走

RUN16km,1時間15分03秒,平均心拍160

フーッ、まずまずかな。病気の後だと一番マシな走りかも。1km4分40秒の

ペースなんてのは、3ヶ月前なら何ともなかったのに、今じゃ本気にならない

と保てなくなってしまった。いやいや、隔世の感って奴か。。昨日の12km走

のひどさと比べたら、今日の方がマシだけどネ。。

        

「チョコの食べ過ぎで身体が重い・・」なんて書いてるスポーツ系ブロガーが大

勢いそうだけど、私はバレンタインなんて関係なく、時々そうゆう状況になる。

スーパーで徳用袋の安売り(250円とか)をやってると、つい買ってしまって、

袋を開けたらもう止まらない。特にアーモンドチョコが好きで、気持ち悪くなる

までボリボリ食べ続けてしまう。で、今はどうなのかって? ご想像におまかせ

しよう♪ 理由はともかく、身体が重いのは間違いない。

         

その重い身体を無理やり動かして、今日も短めに走って来た。ホントは25km

とか走りたかったんだけど、また新しい携帯をいじくり回して遊んでしまったの

で、時間がなくなったのだ (^^ゞ ガキかよ! でも、単なるガキとは違って、一

応の善後策を練る。それが、やや速いペースでの16km走だ。速いって言って

も、今の状況での話。去年なら1km4分15秒とかでやってたはずだけど、今

現在は1km4分40秒まで落ちぶれてる。。

     

このペースは凄く分かりやすい。要するに公園1周2.14kmを10分ちょうど

のペース。1月半ばに病気で半月休んでからは、そんなペースで走ったことは

ないんだけど、今日は眠いのになぜか気合が入ってた。丸3日休んで、昨日も

たった12kmなので、余裕があったのかも知れない。身体は重くて、間違いな

体重オーバーだろうけど、足腰に力強さがある。最近短くなってたストライド

(歩幅)を、秋ごろの長さまで戻して、1周目から9分台。4周もてばいいやと思っ

てたのに、ちゃんと5周もって、その後も家までペースを保つことが出来た♪

    

心拍は高いし、呼吸もかなり荒れて横腹が痛くなったほどだけど、不思議なこと

に走ってて気持ち良かった。こうゆう感覚はここ最近なかったな。運動強度があ

るレベルに達すると、脳内麻薬が効果を発揮するんだろうか。いわゆるランナー

ズ・ハイとも違うと思う。ま、理屈はともかく、まずまずのペースを維持できたし、

今はかなり気分いい♪ でも、調子に乗ってると故障しそうだな。明日はのんび

り、お気楽ランにしよっと☆   

            

  往路(2.45km)    13分00秒  平均心拍137          

  1周(2.14km)     9分54秒        156        

  2周              9分54秒        162        

  3周             9分54秒        163

  4周              9分55秒        165 

  5周              9分47秒        168

  6周(0.4km)       1分44秒         173

  復路              10分56秒         166

  計 16km    1時間15分03秒    160(最大心拍178,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹夜明け、ひどい走りで僅かな距離・・

RUN12km,58分23秒,平均心拍160

ひどい走り。。青梅マラソンの記録証が届いたこの日は、徹夜明けだったけど、

Oumekiroku12kmだけ無理して走っといた。

青梅の悪いタイムを改めて見せつ

けられた上に、丸3日サボった直後

だから仕方ない。昨日は25kmか

30km走りこむはずだったのに、

新しい携帯を買ったのが嬉しくて

徹夜でいじくり回してしまった (^^ゞ

500万画素カメラが売りの携帯を

自慢するために、青梅の記録証の

の大きい写真を載せたけど、

この画像だと普通の200万画素との違いがあんまし分からないかな。まあ、

小さい文字まで読めてしまうってこと♪

       

前の写メだと、ハガキの表を写しても文字が読み取れないから良かったんだけ

ど、この写メだと住所も名前も記録も全部読めてしまう。だから裏にしてるわけ。

記録証とは別に、記録集をくれるのはありがたいものの、3月下旬ってのは妙

に遅いな。1ヶ月半以上かかるのか。荒川なんて3週間くらいじゃなかったかな。。

      

        ☆          ☆          ☆

さて、青梅や携帯はともかく、ひどい体調の中で居眠りしながら10kmだけのん

びり走る予定だったんだけど、あまりの眠さにのんびり走る気がしない。ちょっと

でも早く終わらせて寝たいから、公園到着後は一気に気合を入れてみた。ところ

が悲しいことに、現在の状況だとスピードが続かない。おまけにこの日は走りが

で、ガクガクしてるしブレーキをかけながら走ってる感じ。大してスピードも出

てないくせに、心拍急上昇、呼吸も久々にハーハーゼーゼー。ひどすぎる走りだ

から、罰として2kmだけ追加しといた。。

    

という訳で、しんどかったわりにタイムは論外。それでも、帰宅直後はこのタイム

の悪さがピンと来てなかったけど、10月19日の12kmが53分45秒だったの

を見て愕然とした。しかもその時はリハビリのビルドアップ。平均心拍も152に

すぎない。。いやいや、ホントに秋以降の体力低下には凄まじいものがあるな。

極端すぎるからメンタルの問題もありそうだ。ま、落ち込んでるヒマはない。いま

出来る事を地道にやって行こう。。

          

  往路(2.45km)   13分18秒  平均心拍136

  1周(2.14km)  10分02秒        158

  2周           10分07秒        164

  3周          10分04秒        167 

  4周(0.68km)   3分19秒        173

  復路           11分33秒        165

  計 12km      58分23秒    160(最大175,1周目とゴール前)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくSoftBank携帯910SH購入☆

現在5時55分・・また朝かよ!寝不足で死ぬわ。。とか言っても、今日は完全に

自分が悪い。やっとSoftBank携帯910SHを手に入れたから、ブログもランニ

ングもそっちのけで、今まで使い方のお勉強をしてしまった。勉強って言うより

遊びかな。所詮、携帯なんて大人のオモチャみたいな側面が大きいもんネ。。

    

500万画素・光学3倍ズーム・手ぶれ補正のカメラと、VGA液晶(480×640、

通常の4倍)が売りのこの携帯。ワンセグ対応機911SHと迷ったけど、やっぱ

りテレビより高性能デジカメの方が実用的だと判断した。外出中にまでチラッと

見たいTV番組なんて、めったにないだろう。店頭では全20色のカラフルな最新

機種812SHが目立ってたけど、機能もパッとしないし見た目もむしろ810SH

の方がキレイだと思う。女子高生ならズラッと並んだ812SHを見て「カワイイ!」

とか喜びそうだけどネ。。

            

さて、910SHを最初に買おうと思ったのは11月。発売の遅れと自分の忙しさ

が重なって、買いに行ったのは年末。ところが、どこに行っても売り切れで、1月

に入っても同様。ただ、シャープがこのカメラ用の高性能CCDを増産し始めたっ

てニュースは手に入れてたから、遅くとも2月には手に入るだろうと思ってて、やっ

昨日おなじみのビックカメラ渋谷東口店に行ったわけ。 

     

     

すると、愛想が良くて優秀で伊集院光に似たKさんはいなくて、代わりに目つき

の悪い女の子が立ってる。一目でパスしたい店員(バイトか?)だったけど、他

にいないから話しかけると、顔つき通りおそろしく無愛想でムカつく話し方!

思わず伝家の宝刀・右ハイキックをスコーンとお見舞いしたくなったけど、そこ

は理性派を勝手に自称する大人のブロガー♪ ぐっとガマンして、最低の要件

だけやり取りする。要するに、在庫があるってことと、話題のホワイトプラン+

新スーパーボーナスに加入すれば、毎月の支払いは最低で2600円(税込)

で済むってことだけ。つまり、携帯の24回分割払い代金のみってこと。2600

×2462400円ってのは結構な値段だけど、かなり高機能だし、5年くらい

使う予定だから許容範囲だろう。

        

その後、店の奥で書類を書くところから店員が交代したのでラッキーって感じ。

ところが、書類を書いて、あれこれ説明を受けて、いよいよ店からSoftBank

のセンターに書類をFAXするって所で、予想外の展開に。ちょっと待っててくだ

さいって言うから2、3分だろうと思って待ってたら、いつまでも店員が帰って来

ない。測ってないけど、10分以上は待たされたと思う。ようやく奥の方から出て

来た店員の言葉は、「申し訳ありません。センターがクローズしたようで、つな

がらないんですよ・・・」何じゃ、こりゃ! 

    

思わず松田優作の名セリフを内心つぶやきつつも、理性派の大人としてはグッ

とガマン。あっ、そうですかって感じで平然とやり取りして、翌日あらためて受け

取りに来るって話になった。閉店間際に駆け込んだのがそもそもの敗因かも。

時間と電車賃の大損だけど、「ならぬ堪忍、するが堪忍」。ウチの母ちゃんは、

ホントにいい言葉を教えてくれたな。常連さんは聞き飽きたかも♪

        

ともかくそうゆう予想外の展開で、仕方なく今日14日にまた行ったわけ。両手

にチョコの紙袋を一杯さげて、受け取った後は道玄坂を登って、疲れた身体で

深夜に帰宅(ウソ連発♪)。まぁ、ホントの話はともかく、帰宅後に携帯をいじく

り回してたのは事実。それにしても、パソコンの説明書ってのはここ数年でかな

り分かりやすくなったのに、携帯の説明書は相変わらず。。機能がアップした分

余計に分かりにくくなってるかも。これじゃ、お年寄りには絶対ムリだし、ホント

に使いこなしてる人はごく一部だろう。

       

ただ、ドラマ記事からもお分かりの通り、私は相当マニアックな人間だから、分

からない事があると我慢できない。ロンブーの淳が、マニュアルを全部読んでる

とかテレビで言ってたけど、似たようなもんだ。まだまだ全然ダメだけど、何とか

自慢の写真をUSBケーブルでPCに取り込む程度は出来るようになった(この

説明と設定が超不親切・・・)。下にあるのがカタログを写真に取ったもの。

ちゃんと買って宣伝までしてるんだから、著作権や肖像権には目をつむってネ。

シャープさん、モデルさん♪

          

トリミング後にサイズ変更(473×396)して再保存(JPEG)してるし、ネットだ

と伝わりにくいだろうけど、元の画像は1944×2592ドット(画質はファイン、

つまり普通)で、小さい文字までハッキリ読める。実際、新聞を写したらちゃんと

広範囲にわたって読めた。携帯の写メとしては凄いレベルだ☆

書くことは他にも山ほどあるけど、今日の所はこの辺で。。 ☆彡 

Image006b

| | コメント (0) | トラックバック (3)

思い出の岩原スキー場♪~NHK『リゾートバイト冬物語』

懐かしかった~~♪ 今夜のNHK『ドキュメント72時間』「リゾートバイト 冬

物語」と題して、新潟県・湯沢町の岩原スキー場でバイトする人達の72時間を

じっくり映し出していた。岩原(いわっぱら)は、初心者の学生時代によく行ってた

場所。あまりの懐かしさに目がウルウルしてしまった。。。

   

湯沢というのは、東京から上越新幹線で1時間20分ほどで着いてしまうアー

バンリゾート(死語?)。日本初のノーベル文学賞を受賞した川端康成の名作

『雪国』の舞台で、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という小説

の出だしの通り、トンネルを抜けた途端に一気に風景が変わるのが印象的だ。

     

学生時代、バイトで稼いだ金をつぎ込んで、湯沢近辺のスキー場に日帰り(!)

でよく行ってた。朝4時半起床、上野駅を6時過ぎに出る新幹線に乗って越後

湯沢駅へ行き、そこからシャトルバスであちこちのスキー場へ。8時には着く

ので、13時半ごろまで滑りまくって、東京に15時半ごろ到着、すぐバイトって

感じ。文字通り、「夢中」だった。勉強? これも人生勉強でしょ♪

      

神立スキー場(かんだつと読む)が1番多かったけど、2番目が岩原。だから、

3分遅れで番組を見始めても、すぐ「見たことあるなぁ」と感じた。日あたりがい

い1枚バーン(斜面)で、晴天だと見た目はすごく気持ち良かったけど、上越の

湿った雪だからすぐ融け始めて、帰る頃にはやたら重くなる。疲れ果てた初心

者の脚にはすごく辛い状況。でも、それもまた充実感があって楽しかった。ま

さに青春の日々☆ 恥ずかし~~い!♪

    

          ☆          ☆          ☆     

思い出話はこのくらいにして、番組の話に移ろう。岩原スキー場で「リゾバ」(リ

ゾートバイト)する若者を、『華麗なる一族』の一子・吹石一恵のナレーションで

温かく見守ってたこのドキュメンタリー。15の職種で150人のアルバイトが働

く中で、20人くらいが登場したと思うけど、中心人物は3人だった。

     

まず、五十嵐正隆さん(26歳)。9年前、事故で右腕を失った後、スノボに生

きがいを見出したそうで、仕事はパーク管理。パークとは、ジャンプ台などの

障害物コースのことで、左腕だけでスコップをペタペタやって頑張ってる姿が

印象的だった。プロを目指してたけど、今年でリゾバも止めて、地方公務員

を目指すとのこと。仲良く働いてる仲間たちも、ちょっぴり淋しそう。。

    

続いて、はるばる兵庫からやって来たインストラクターの森脇涼子さん(29歳)。

今年で5年目ってことで、りょんりょんってニックネームで愛されつつ、主に子供

相手に優しく教えてた。でも年齢を考えると、そろそろ・・と思い続けてるとの事。

収入は多い時でも月13万円。3食・暖房・テレビ付きの寮費がわずか1万円で

リフトも乗り放題とはいえ、明るい笑顔の下には、複雑な思いがあるようだった。。

        

最後は齋藤桐人さん(34歳)。父親から任されたレンタルショップで10年働い

てるそうで、冬以外は東京で、働いたりミュージカル俳優をやったりとの事。今

もオーディションが進行中で、録音できるMDウォークマン(私のとソックリ)を

カラオケに持ち込んで歌のデモテープを作ってる様子が映ってた。一次審査

合格で、次は東京で二次審査だそうだけど、ここ最近は落ちることが多いし、

ショップも負債があって大変そうだった。スキー客はここ10年で半減とのこと。

バブル期からだと3分の1くらいだろうな。。

    

          ☆          ☆          ☆    

「自分探し」なんて言葉を使うのは古くてダサイかも知れないけど、この3人も

含めてみんな、夢と現実、やりたい事とやるべき事、できる事とできない事の

間で、必死に自分の道を模索してるようだった。驚いたのは、30代の人も3人

映ったこと。笹渕さん(33歳)だったかな、みんな早めに上手く切り替えできて

るのに、何で自分はできないんだろう、とか言ってたのが心に残った。

   

彼らの姿は、そのまま自分に重なってくる。夢と現実の差はどんどん拡がって

来る。やりたい事以外のやるべき事はどんどん増えて来る。できる事の数百

倍・数千倍のできない事が現れて来る。どうすればいいのかなんて、未だにサッ

パリ分からないし、周りの人間がみんな自分より上手く生きてるような気もして

来る。ブログなんかに大量の時間とエネルギーを費やしていいのかなっていう

思いも強烈にある。。

    

考え出すと、地球の裏側まで落ちて行きそうになるけど、番組の彼らの明るさ

やパワーは救いになるし、太陽に輝く白銀のゲレンデは、懐かしさと共に新た

な意欲をも与えてくれた。よし、明日からまた頑張ろう!

な~んて書いちゃって、あまりの恥ずかしい記事に、削除したくなるよな (^^ゞ

ほとんどギャグのような文章。。でも、徹夜明けで今から書き直すのはもうムリ。

ま、眠くて頭が回らなかったってことにして、もう寝よっと! Good night ☆彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

 「私も彼のためだったら、何だって出来る。

  万俵大介という男が成功していく姿を見るのが、私の生きがいなの。

  愛人と言われても構わないわ。

  普通の女には真似できない、特別な人生を私は選んだの」

 「・・・君の生き方は、僕には理解できない・・・ハァッ・・・」

    

          ☆          ☆          ☆

キムタクの「ハァッ・・・」に対する反応は色々ありそうだ。「ハァ~~ン♪」と

萌える人、「ハァッ?」と演技 or 演出に疑問を持つ人、「ハハ♪」と笑う人。。

言うまでもなく、私は3番目だった。

    

でも、そんな細かい笑いを吹き飛ばすほどの笑いの演出が、終盤になって登

場。何と、敬介譲りの鉄平の銃ジェームス・パーディで誤射されて(?)、包帯

をグルグル巻きにしてたはずの大介の頭が、直後の食事シーンで絆創膏1枚

になってたのだ♪ 右目の上だから当然アップ。エライぞ、スタッフ! これこ

れ。やれば出来るじゃん。「もっと笑いを!」と記事で訴え続けたかいがあった

わ。全国のツッコミ系ファンの方も大満足しただろう。この調子で頑張って!

     

一方、「もっと萌えを!」という訴えも、少し受け入れられたようだ。キレイな月

夜、悲しみと不満と不安で眠れない妻・早苗の表情は妙に色気があって、思

わず大介のようにカッと目を見開いてしまった♪ そこへ抱きつく鉄平。やっぱ

り、そうゆう事ね。エライぞ、映像スタッフ&長谷川京子! あの後、1分くらい

続けてくれればもっと良かったんだけど、まあDVDにでも期待しよう☆

     

とにかく、今回はイイ! 前回は「何じゃ、こりゃ!」って感じだったから独自路

線を突っ走る記事を書いて、読者に「何じゃ、こりゃ?」とあきれられたかも知

れない。でも、今回はホメよう。初回に続くいい出来だった♪ 別に、お笑いと

萌えが少しあっただけで満足したんじゃない。ホメ言葉は後でたっぷり並べる

として、まずは、あらすじを。

    

           ☆          ☆          ☆

三栄銀行から大川(西田敏行)へのヤミ献金報道は、金融再編の動きと関係

するもので、三栄の合併一番乗りを阻止したことになる。大同銀行頭取・三雲

(柳葉敏郎)からそう聞いた万俵鉄平(木村拓哉)は、阪神銀行・貸付課長で

ある弟・銀平(山本耕史)と2人で話す。情報リークに阪神銀行が関与してる可

能性について鉄平がたずねると、銀平は即座に否定。閨閥の重要な一員であ

る大川を売るようなことを、父・大介(北大路欣也)がするはずはないとの説明

に、鉄平も納得。

    

やがて、リークした人間を突き止めることが出来ないまま、大川は無念の死。

最後まで娘婿の鉄平に思いやりを見せてくれた義父の姿に、鉄平はあらため

て犯人探しを決意する。一方、阪神銀行は、大同・平和・中京・南海との5行

提携構想の幹事役を申し出て、必死に生き残りを目指す。

       

やがて1967年(昭和42年)も大晦日となり、万俵一家は例年通り志摩観光

ホテルで一緒に過ごすことに。その際、長女の一子(吹石一恵)が鉄平に情

報をもらす。夫の美馬(仲村トオル)と大介の話を立ち聞きしたところによると、

ヤミ献金情報をリークしたのは阪神銀行とのこと。これを聞いて激怒した鉄平

が大介に詰め寄るのに先回りしたのが美馬。一子が鉄平に話してた事を、直

後の万俵一家の雉打ちの際に大介に伝えた。

    

すると大介は、鉄平の銃弾で負傷したフリをして、鉄平を悪者にすると共に自

分は被害者の立場に回ろうとする(この解釈についてはP.S.2参照)。反発

した鉄平サイドが、情報リークをめぐって大介サイドと鋭く対立する中、美馬と

大介は半ばホントで半ばウソの弁解。生き残りのために仕方なく阪神銀行が

リークしたけど、あくまで部下が独断でやった事だと説明。これには大川の娘

で鉄平の妻・早苗も納得できず、鉄平と共に退席。

         

一方、わがもの顔にふるまう執事・相子(鈴木京香)は、大川の死後、早苗を

邪魔者扱いすると共に、芙佐子(稲森いずみ)と鉄平の関係を強調して、早苗

と鉄平の夫婦関係に揺さぶりをかける。同時に相子は、二子には閨閥結婚の

相手として、佐橋総理の甥・佐橋和也を用意。二子と鉄平には反発されるもの

の、大介を十分満足させたようだ。

そんな相子の寝室をうっかり見てしまったのが、銀平の新妻・万樹子(山田優)。

相子が寧子(原田美枝子)と妻の座を共有していることを知って万樹子が衝撃

を受けてる現場に相子が登場し、口論の末に相子が平手打ち。この2人の対

立も決定的なものとなった。

    

そしてラスト。鉄平のもとに、またもやショックな情報が飛び込む。一之瀬四々

彦(成宮寛貴)によると、ベアリング社が突然、契約打ち切りの通告をして来た

そうだ。激動の1968年(昭和43年)が幕を開けた。。。

    

          ☆          ☆          ☆

今回、何がそんなに良かったのか。一言でいうなら、バランスだ。クソ真面目

で堅苦しい話の中に、笑いと萌えを少し混ぜてるのも、バランスの良さ。やた

ら持ち上げて来たヒーロー・鉄平を、悲劇的方向へと転換させたように見える

のもバランスの良さだ。理解者&支援者の大川を失い、大川に対する父の裏

切りを知り、愛して欲しいのに憎まれている父を(表面上は)撃ち殺しそうにな

り、早苗に余計な不安を与えてしまい、ベアリング社からは契約打ち切り通告。

    

輝くヒーローから悲劇の主人公への方向転換は、ウチの記事でも早くから予

期してたものの、いま一つスタッフを信用できなかったので、やっと安心できた。

別に、喜劇がダメで悲劇がいいという話ではない。無理があるヒーロー像から

自然な主人公へと転向することで、物語の全体構造としてバランスが取れたこ

とが本質的なのだ。それがたまたま、ここでは悲劇の形になってるだけのこと。

        

もっと分かりやすいバランスの良さは、大勢の登場人物の描写だ。芙佐子・三

雲・大亀(武田鉄矢)・春田銀行局長はオマケに甘んじてたけど、万俵一家の描

写が実に巧みだった。

            

例えば、これまで非常にクール&ニヒルで、暗く不幸せそうに見えた銀平。バー

で表情を緩めて鉄平と親しげに話す様子は、新鮮でホッとさせるものだった。案

外、アルコールが入ると明るく陽気なのかも知れないな。あそこの映像も、落ち

着いた雰囲気を出してて良かった。前回の路面電車の内部映像と少し似た感じ

で、いいアクセントだ♪

        

早苗もしっかり描かれていた。父の死に対する悲しみ、大介への不満や憎しみ、

相子への反発、自分の存在価値への疑問、鉄平と芙佐子の関係に対するかす

かな不安。そして、それらネガティブなもの全てとバランスを取るかのような、鉄

平への愛。さらに、女の魅力まで。もうちょっと髪型と服装をどうにかして欲しい

んだけど、まあ我慢しとこう。

       

さらに、美馬もいい味を出してた。まず冒頭、大介と密談をする前に部屋のドア

を閉めに行くあたりは大蔵官僚っぽいんだけど、ドアのすぐ向こうの妻・一子に

は気付かないところが、トボけた人間臭さを出してる。けれども、葬儀の時には

春田局長とのゴルフの時間変更をきっちり仕切るし、雉打ちの時にはチクった

一子を激怒したりせず冷静に大介へと助言。情報リーク問題で鉄平に詰め寄

られた時の咄嗟の弁解も官僚っぽくて良かった。今後は、相子とのラブシーン

とかも見てみたいもんだ。もちろん、美馬と並んで一子も今回は活躍してたけ

ど、一子は最初で最後の晴れ舞台って気もするな。(失礼・・)

    

その他、万樹子・寧子・二子もそれなりに存在をアピールしてたけど、やっぱり

今回最も輝いてたのは悪役・相子だろう♪ 第4話対応箇所まで山崎豊子の

原作を読み進めて、ドラマと丹念に比較してる者としては、鉄平と共に、相子の

描き方が今まで凄く不満だった。鈴木京香がハマリ役なせいもあって、極端に

嫌味で分かりやすい悪役ぶりで、極端なヒーローの鉄平と好対照。「ドラマの品

格」を落としていた。

        

けれども、今回やっと相子の人物像に奥行きが出て来た。あのウッチャンを若

くしてお堅いヘアスタイルにしたような弟・徹の話は、取って付けたような感は

あっても、時間的制約を考慮すれば理解できる。うわべだけ飾らず、いつまで

も万俵家の世話ばかりせず、再婚して子供を持って普通の幸せをつかめとい

う話。徹の妻と子供を登場させてるのはありがちな演出だけど、相子が徹と偶

然出会う直前に、見知らぬ子供連れの母親を登場させたのは良かった。風船

を持った子供を優しく抱きとめるようにした後、複雑な表情で見送る相子の姿。

     

こうゆう部分はこれまで全く描かれていなかった。大介の妻の座を寧子と分け

合ってるとか、実権を握ってるとか言っても、さすがに大介の子供を産むことは

出来ないのだ。それに対して、寧子は4人(or 3人)の子供を産んでいる。この

意味で、相子と寧子のバランスが取れてることも表現されたわけだ。さらに言え

ば、直後に衝突した万樹子・寧子・早苗の3人とも、ある意味でバランスが取れ

ている。と言うのも、相子がいくら偉そうにしても、「所詮、あなたは万俵家のお

妾」であって、正妻で子供を持ってる(or 産める)3人とは違うからだ。

         

さて、自分を見失うなと言う徹に対して、下手な同情は要らないと突き放した相

子だが、上手な同情なら必要だ。それを与えてくれたのが、万俵大介だった。

これまた時間的制約で取って付けたような説明だったが、「アメリカで差別を受

けて、結婚に失敗して帰国した私を、万俵は救ってくれたのよ。希望を失った

私の人生まで、背負い込んでくれた」との事。鉄平に語ったその台詞は、この

記事の冒頭に引用したやり取りにつながるものだ。

    

この決定的な場面で新たなバランスが登場する。「遠大な夢 vs 身近な喜び」

とでも図式化すべきこのバランスで、極端なヒーロー像を目指して描かれてい

た鉄平の見え方も激変する。もともとこの二人はいずれも優秀な人間だ。ただ、

相子は先に世界へ飛び出して挫折、身近な喜びの実現に力を注いで、着実

に実績を挙げている。愛する大介は、着々と万俵財閥の勢力を伸ばしている

し、金融再編も乗り切るだろう。一方、相子より若い鉄平はこれから世界へ飛

び出す所で、まだ挫折を知らない。要するに鉄平とは、若き相子なのだ。

     

この点は、ラストでベアリング社から契約打ち切り通告を受けたことでますます

明確になった。つまり、夢を抱いてたアメリカに裏切られたのだ。これまで上と下

に分けて描かれてきた鉄平と相子が、実は並列関係であることが今回示され、

今後は下と上の関係へと逆転する可能性も出て来た。と言うのも、相子は一人

だし、大介という支えに出会うことができた。それに対して鉄平は阪神特殊製鋼

を背負っている。多くの従業員や家族、巨大な借金。。それを、今の早苗や芙

佐子が支えることができるだろうか。。

        

いずれにせよ、少なくとも今現在、鉄平と相子は予想外の並列関係にあって、

バランスが取れている。ただし、先に進んでる相子には鉄平がよく理解できる

だろうが、遅れてる鉄平には相子が理解できない。この事態の重さを無意識

の内に感じてるからこそ、鉄平は「ハァッ・・・」とため息をついたのだろう。。

     

          ☆          ☆          ☆

休日という事で、久々に翌朝のアップが可能になった。眠いけど、ドラマが面

白かったから、記事を書くのも面白かった。一転して「ハァッ・・・」とため息を

つくことのないよう、来週に期待したい。ではまた。。☆彡

     

       

               

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           

P.S.鉄平が最大の理解者を失って大晦日を迎えたという箇所で、夜の庭

    園を映したのはいいショットだった。画面の下半分くらいを池が占めて

    る映像は、要するに鉄平の支えが将軍=死んだ祖父しかいない事を

    示している。そしてその唯一の支えは、常に沈黙しているわけだ。。

    

P.S.2 大介が本当に鉄平に打たれたという解釈は、素直で多数派かも

      知れないけど、確率的に低過ぎる。雉打ちで頭に銃弾のかすり傷

      を受けるなんて。。それよりも、大介と美馬と病院が仕組んだ演技

      と見る方が多少マシだと思う。だからこそ、鉄平が謝るシーンが映っ

      てないどころかすぐ口論になったし、鉄平がいなくなった食卓では

      直ちに包帯が絆創膏1枚になったわけだ。

        

              「お前は、私を殺そうとしたのか」 「お父さんには僕に打たれるよう

      なやましい理由があるんですか」なんてやり取りも、誤射で命拾い

      した直後の父と子の会話としては不自然すぎる。

            

      いずれにせよ、この記事とは関係ないし、先週からほのめかしてた

      ように、こんな視聴率稼ぎっぽいエピソードに興味はない。「運命を

      分けた死」なんてサブタイトルに着目して、大介は運良くかすり傷で

      済んだんだなと解釈する気にもなれない。「生死を分けた運命」なら

      ちょっとは考慮してたけどネ。ちょっとだけ。。

    

P.S.3 金融再編の話はいくら何でも省略し過ぎで、あと30秒くらい説明す

      べきだ。要するに、まずは提携から始めて、最終的には合併を目指

      すと言いたいんだろう。業務提携からスタート、株の持ち合いとかを

      進めて、タイミングと力関係を見計らって合併を目指すわけか。遠大

      な計画だなぁ。「太平洋ベルト銀行構想」って名前が大げさで笑える♪ 

    

P.S.4 葬儀の途中で大介が中座したのは、そんなに激怒するような事では

      ない。出席はしてるし、アクシデントによるものだ。鉄平も早苗も、ゴル

      フという表面にとらわれてるようだけど、少なくともこの場合、ゴルフと

      いうのは完全に仕事だ。三雲と鉄平の雉打ちと似たようなもの。仕事

      での中座ならあそこまで激怒しないはず。ここでもやはり、30代半ば

      の専務にしては、鉄平は哀しいくらい幼い。あるいは、脚本が幼いと

      言うべきか。それに対して、義理の娘の早苗に敬語を使って深々と

      頭を下げた大介はやはり大人だ。。

             

              

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

             

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (9) | トラックバック (9)

ジム疲れの身体でボチボチの走り

RUN16km,1時間17分16秒,平均心拍156

身体のあちこちがミシミシ痛む。。昨日、一ヶ月ぶりにジムへ。時速16kmの

ランニングマシン、軽い筋トレ、軽いバイク。この程度で翌日まで筋肉痛が残

るとは、情けないって言うかレベルが低過ぎるって言うか。。まあ、まだまだノ

ロウイルス&インフルエンザW攻撃の前の体調には戻ってなってことだ。。

    

ここ数日、生活の乱れのせいか体調が悪いし、筋肉痛もあるし、仕事もたまっ

てるし、ドラマ記事も書かなきゃなんない。サボる言い訳はたっぷりあったけど、

荒川マラソンに向けてここが踏ん張り所だと思って、深夜の公園へ。軽く16km

だけ距離を稼げばいいやって感じで、のんびり走り出す。

    

背中から足腰にかけて、あちこちに軽い痛みがあるので、なるべく衝撃が少な

いお気楽ラン。ラクなのはいいけど、往路がかなり遅くてちょっと焦る。1周目も

16km走にしては遅い。ただ、2周目くらいから身体が温まって、ごく自然にスト

ライドが伸びていき、ラップタイムは短縮。ショート・ビルドアップのような感じに

なって、5周目は久し振りに9分台(1km4分40秒ペース)まで上がった。呼吸

は荒れたけど、そんなにキツイ感じもなて、実際その後も帰宅までそれなりの

ペースを維持。終わった直後は結構満足してた。

    

でも、よく考えると、このペースはものすごく遅い。11月初旬の軽い30km走と

同レベルで、しかもその30km走でさえ昨シーズンと比べると論外のスピードだ。

この1年で、目線もレベルもどんどん下がってるのだ。以前ずっと右上がりだっ

た頃が懐かしい。。ま、ようやく咳も出なくなったことだし、ボチボチ盛り返すしか

ないな。あと1ヶ月ちょっとしかないけどネ。。

        

  往路(2.45km)    13分29秒  平均心拍132          

  1周(2.14km)    10分26秒        155        

  2周             10分12秒        160        

  3周            10分08秒        163

  4周             10分08秒        162 

  5周              9分56秒        163

  6周(0.4km)       1分47秒         168

 復路              11分15秒         162

  計 16km  1時間17分16秒 156(推定)(最大心拍173,ゴール前)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

やっと4本終了か。。各回ごとの比較という新企画、前回書いたように、アクセ

スもあるし書いてて面白いんだけど、結構大変な作業だ。しかも、回を重ねるご

とにどんどん大変になって来た。と言うのも、ドラマと原作はキレイに対応してな

いから、比較をする際には原作のかなり前の方まで遡ってチェックすることにな

るからだ。時間とやる気があれば、大学の卒業論文くらいは簡単に書けてしま

うだろう。頑張れば修士論文でもいけそう。文系学生の皆さん、如何?♪

    

          ☆          ☆          ☆

では今週も、原作がドラマと違ってる部分の箇条書きで済ませたい。第4話と対

応する山崎豊子原作の箇所は、無理を承知であえて言うなら、上巻p.524~

中巻p.94だ。要するに、敬介の法要まで。

    

①三栄銀行・向井副頭取から大川一郎(西田敏行)への不正献金は、第三銀

行・瀬川副頭取から自由党・田淵幹事長への不正献金となっている。正確に

は、女性問題で脅された副頭取が総会屋に不正融資し、その金が田淵幹事

長や自由党に流れたという話で、黒幕(フィクサー)の関与も書かれてるし、毎

朝新聞へのリークの詳細まで書かれている。さすがにドラマでは、単純化せざ

るを得なかっただろう。大川を持ち出したドラマは、ある意味で複雑化したわ

けだが、登場する人物や金の流れの面で単純化されている。そもそも原作で

は、自由党の永田大蔵大臣(津川雅彦)も他人事ではないわけだ。

      

ちなみに、大介(北大路欣也)に情報をもたらしたのは、ドラマでは万樹子の

父・安田と美馬(仲村トオル)だが、原作では美馬の代わりに情報収集係の芥

川が大活躍する。これについても、ドラマの単純化は理解できる。

    

②ベアリング社との契約は、ドラマほど華やかな出来事ではなく、一つのビジ

 ネスの成功にすぎない。要するにドラマは、あらゆる機会をとらえて、万俵鉄

 平(木村拓哉)をヒーローに仕立て上げようとしている。

         

③第3話ラストの鉄平の勇ましい演説シーンに少し似た話は、第3話対応箇

 所に登場している。ただし、高炉の鍬入式だから、第3話の記事には書け

 なかった(第3話は鍬入式の前まで)。鉄平の挨拶の後に従業員代表たち

 が感動して出迎えるのだが、挨拶は普通の地味な内容だし、従業員も大

 勢いるわけではない。

        

銀平(山本耕史)万樹子(山田優)の披露宴での揉め事は、第3話対応箇

 所にあった。大介は、気に入らなければ鉄平が遠慮すれば、とまでは言っ

 てない。代わりに母・寧子(原田美枝子)相子(鈴木京香)の味方をする。

 寧子の複雑な思いが、ドラマより丁寧に描かれている。

        

⑤出荷の揉め事。鉄平と船積み作業員とのやり取りは、第2話対応箇所の最

 後辺りに出ていた。ただし、殴られるどころか一喝して終わりという感じのあっ

 さりしたもの。このシーンに関しては、ドラマはある程度評価できる。

    

⑥前に少しだけ触れたが、二子(相武紗季)が阪神特殊鋼(ドラマでは製鋼)を

 訪れるシーンが、第3話対応箇所に登場していた(ドラマでは第2話)。この時、

 二子は二年ぶりに一之瀬四々彦(成宮寛貴)と再会し、社会人として立派に

 なった姿に初めて好印象を持つ。

       

 一方、二子の閨閥結婚話については、今回の対応箇所に注目すべき会話

 がある。ドラマとは逆に、鉄平は「いいじゃないか」という感じの反応を示して、

 二子は不満を示しているのだ。このとき鉄平は、二子が結婚相手として四々

 彦を考えてることを感じ取る。ここでもやはり、ドラマと違って、鉄平は素晴ら

 しいヒーローではなく、もっとリアルで自然に描かれている。

         

⑦第一製鋼からの銑鉄供給が、帝国製鉄と通産省の圧力でストップするとい

 う話はない。ドラマは恐らく、元通産大臣・大川の鉄平に対する愛情を表現し

 たかったのだろう。原作にはそもそも、大川の話はほとんど出てない。また、

 鉄平が通産省に直接抗議するという話がないのだから、将軍も雷も路面電

 車も当然出てこない。

            

⑧万樹子は、相子がテーブルの下で大介と足を絡ませるのを見るより先に、

 別の衝撃的なものを見ている。ネタバレの恐れがあるのでここでは書かない。

            

⑨ドラマでは全く冴えないチョイ役だった大蔵省・春田銀行局長は、もっと官僚

 らしく描かれている。

    

⑩美馬は元から、大川が嫌いだったことになっている。あくが強く政敵が多い

 大川と親戚であることは、官僚として迷惑だという設定だ。大川を裏切ると

 いうドラマの設定は、この点において無理がないものだ。

    

⑪敬介の17回忌(ドラマは13回忌)には、何も揉め事は起きてない。

      

            ☆          ☆          ☆

あんまし見直してないけど、眠いのでこの辺で。。☆彡  (また朝かよ・・)

   

              

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

             

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1ヶ月ぶりのジムで筋肉痛・・

RUN7+6.5km,28.5分,419kcal,心拍Av166,Mx179 ;

BIKE 16.6km,32分,349kcal,心拍Av155,Mx168

150w(80~90)×8,175w×11,185w×12,200w×1

DUAL AXIS ROW/REAR DELT(両腕後方引き付け) 41kg×20

DUAL AXIS CHEST PRESS(チェスト・プレス) 43.5kg×20

TORSO ROTATION(上体水平回転) 43.5kg×20

NR-G:NATURAL RESISTANCE by GRAVITATION(腹筋台) 35回

上体反らし(負荷6kg) 30回

          ☆          ☆          ☆

痛たたた・・・情けない。。ジムから帰ってすぐ筋肉痛なんて、珍しいって言うか

最初の頃以来じゃないかな。行く前から身体がダルかったんだけど、やっぱり

まだまだ体調は本調子じゃないようだ。。

    

ジムはわりと好きなのに、何と1ヶ月ぶり。1月半ばにノロウイルス&インフル

エンザの連続攻撃で半月ダウンしたせいだ。その後はひたすら青梅マラソン

出場目指して走力回復を目指したので、ジムはパスしてランニングのみ。とい

う訳で久し振りになってしまったので、今日は筋トレも含めて一通りやった。

    

まずはランニングマシン。基本的にはオモチャ感覚で大好きなんだけど、今日

は珍しく気が向かなかった。測ってないけど熱が少しあるのかも知れない。身

体が熱っぽくて妙に眠い時ってのは、微熱があることが多い。マシンが埋まっ

てたので、4分だけ先にバイクでアップして、いよいよ時速15kmキープ(1km

4分ペース)。一応20分、つまりほぼ全力を目指してたものの、やっぱりキツイ。

すぐにスピードを落としたくなったのを必死にガマン。たまたま左横でほぼ同レ

ベルの男性が走ってたので、対抗意識もあって18分まで粘った。その後は時

速14kmでちょっと。すぐ辛くなったので、さらにスピードダウン。時速10km

前後まで落としてしまった。ちょっと自己嫌悪。。

     

妙に疲れたので、長めに休憩。座りこんだ時間は短いけど、トータル15分以

上休んだかな。やっぱりおかしい。続いて2ヶ月ぶりの筋トレ。ホント、激減して

てマズイよな。。ロクにやってないし、筋肉痛を残して走れなくなるのもマズイの

で、かなり控えめにやった。特に問題なのは上体そらし。背筋よりも太腿裏側

の負担が大きいので要注意だ。

    

最後はバイク。ここまでトロトロやったので、残り時間30分弱。最初の4分を足

しても全く物足りない時間だ。おまけに疲れてるので、負荷もかなり低め。それ

でも妙にしんどい。前から書いてるように、筋トレの疲れってのは特殊で、呼吸

や心拍とは別のしんどさをもたらすようだ。残り少なくなってたスポーツドリンク

を時々補給しつつ、何とか28分終了。でも、まだ終わりじゃない。。

   

素早く着替えて、公園1周+復路で4.6km走らないと家には帰れない。これが

結構辛かった。帰宅後はしばらくボーッと休憩。あぁ、これで明日走らなかったら

早くも荒川マラソンに黄信号点滅って感じだな。時間と筋肉痛との闘いか。なる

べく走るつもりだけど、果たしてどうか。乞うご期待。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

今日、コンビニでふと『FRIDAY』が目に入った。ネット中毒になって以来、雑誌

の立ち読みは激減してるんだけど、店員の目を気にしつつ、久々にペラペラめ

くってしまった。巨乳には興味ないから、表紙のほしのあきにつられた訳じゃな

い。見出しの一文が気になったのだ。キムタクの「モデル人物」と「豪邸」。もち

ろん、キムタク=木村拓哉とは、現在放映中のTBSドラマ『華麗なる一族』の主

人公・万俵鉄平のことだ。

               

何度も書いて来たように、個人的には今のところ、ネタバレには興味ないし、ブ

ログの記事・TB・コメントでも注意深く避けている。例えば、ネタバレであること

がタイトルで分かりにくいネタバレ記事のTBは、原則として非公開にしている

(削除は稀)。コメントも同様。原作との比較記事を書く時にも、相当気を使って

いる。それなのになぜ『FRIDAY 2/23号』を立ち読みしたのかというと、モデ

ルの話とネタバレは少し違うし、記事のレベルが知りたかったのだ。昨年末に、

『たったひとつの恋』でTV雑誌をチェックした話を思い出す方もいるだろう。

     

ここ1ヶ月、『華麗』のモデルやネタバレを求めるアクセスが、ウチにも大量に

入ってる。圧倒的に多いのは、原作や映画からのネタバレ(特に結末)を求め

るアクセスで、これはウチとはあまり関係ない(全然とまでは言わない)。ただ

モデルというのは、元になったものという意味だから、当時の政治経済状況

や人間をすべて含む幅広い話だし、必ずしもネタバレにはならない。実際、こ

のFRIDAYの記事は、少なくとも私には全くドラマのネタバレにはならなかった。

より正確に言うと、ドラマの今後の予想とは全く無縁のものだった。

     

           ☆          ☆          ☆

前置きが長くなったが、根本的なポリシーの問題なので少しこだわってみた。

さて、問題の記事の中身。一番簡単に言えば、キムタクのモデル人物とは

崎真一、豪邸とはかつて神戸(たしか須磨区)にあった岡崎財閥一族の邸宅

のこと。写真週刊誌として大きく載せてた写真は、その岡崎一族の写真と邸

宅の航空写真だ。

    

もう少し詳しく書くと、かつて関西で名を轟かせた岡崎財閥が万俵財閥のモデ

ル。その創始者・岡崎藤吉が万俵敬介のモデル。藤吉の婿養子らしき、神戸

岡崎銀行頭取の岡崎忠雄が万俵大介(北大路欣也)のモデル。忠雄の長男・

岡崎真一が万俵鉄平のモデルという訳だ。

    

ただし、モデルと言っても、岡崎家とか原作者・山崎豊子が認めたものではな

く、周囲が想像してるだけのもの。実際、岡崎真一は鉄鋼とは関係してないし、

『華麗』の阪神特殊製鋼のモデルと言われる山陽特殊製鋼と神戸銀行(旧・神

戸岡崎銀行、現・三井住友銀行)との血縁関係もないらしい。なお、FRIDAYで

は岡崎真一の外見を、かつてのキムタクって感じで扱ってるが、その判断は読

者におまかせしよう。。

       

この記事を読んだ時の感想は、やっぱり写真週刊誌じゃこのレベルか、という

ものだった。写真ばかり大きくて情報量は少ないし、モデルと言っても、岡崎財

閥と万俵財閥の比較、あるいは実在人物と登場人物の比較がきっちりなされて

る訳でもないからだ。ところが、後で「岡崎藤吉 忠雄 真一」で検索してみると、

Yahoo!で1件、Googleで6件しか出て来ない。つまり、かなり希少価値のあ

る記事だったのだ。お詫びしてホメとこう。偉いぞ、FRIDAY!

      

           ☆          ☆          ☆

さて、ここまで読んだ方、別にこれでドラマの今後なんか予想できないでしょ。つ

まり、モデルの話とネタバレとは一応別物だってこと♪ ではまた。。☆彡

     

             

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

               

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (0) | トラックバック (3)

締切りに追われて明け方まで仕事・・

ピェーッ・・・4時40分か。。色んな用事がドンドン後ろにズレ込んで、どうにもな

らなくなって来た。こうゆう時はホント、ブログなんか止めたくなるよな。バカバカ

しい。とか言いつつ、記事を書いてるんだけどネ。。

    

今日(8日)は、ホントは遅くとも23時までには仕事を終わらせて、それから軽く

走ってランニング記事を書く予定だった。ところが、ズルズルと前の用事がズレ

込んだために、こんな時間になってしまった。もう締切りだから、眠かろうがダル

かろうが頑張るしかない。要するに、ノロウイルスとインフルエンザでガタガタに

崩れた生活から、まだ立ち直ってないってこと。。

       

Md締切りに追われて朝まで仕事をする時のパターンは

決まってる。ヘッドフォンをして、お気に入りの音楽を

MDで聴きながら、コーラをグビグビ飲む。今どきMD

かよ!とか突っ込まれそうだけど、これは昔プレゼント

Cokeでもらった大切な物♪ 録音可能なウォークマンだ。

そろそろ故障しそうだけど、高額の修理費を払ってで

も直すつもりの、思い出の品物だ☆ コーラは常連さ

んならもうお馴染みだろう。自他共に認めるコーラ中

毒だから、冷蔵庫には常に1.5Lボトルが入ってる。もちろん、コカコーラ

別に日本コカコーラ社の回し者ではないので念のため♪

    

Potapotaそして最後に、お菓子☆ 締切りに追われてイライラ

してると、つい煎餅とかボリボリ食べてしまう。今日は

誰もが知ってる「ぽたぽた焼」。裏には1袋ごとに違う

「おばあちゃんのちえ袋」が印刷されてて、これには

「お父さんのくつをピカピカに」と書いてある。古くなったストッキングで磨けば、

クリームもなしでピカピカになるそうだ。偉いぞ、亀田製菓のおばあちゃん♪

早速お古で試してみよう。。って、ストッキングなんかねぇよ! (ぼけツッコミ)

     

という訳で、こんな記事に30分も使ってしまった。読むのは30秒でも、書くの

は大変なのだ。でも、ちょっと面白かったかも♪

普段、クソ真面目な記事を書いてることが多いけど、ホントはこうゆう下らない

話が大好きだ。また今度書こっと☆ (寝るヒマねぇよ!)

       

            (注.後で日付が変わる前の8日23時59分へと日時変更)

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青梅から荒川へ、軽いハーフで再始動☆

RUN21.1km,1時間46分21秒,平均心拍155

筋肉痛が痛い。。青梅マラソンから3日も経つのに、日本語教師に叱られそうな

表現をつい口走ってしまうほど、右脚に痛みが残ってる。月火と休養したのにダ

メってことは、やっぱりあのアップダウンが効いたってことだろう。左脚は痛まな

いのに、右脚のスネと太腿裏側(ハムストリングス)だけが局所的に痛む。スネ

は登りで使う部分、太腿裏側は下りで使った部分だ。

       

今日は2日も休んだ後だから、ハーフで距離を稼ぐことにした。ただし、痛みを

始めとしてまだ疲れが残ってるので、軽く走るだけ。往路は、わりといい感じで

走れたつもりだったけど、タイムをチェックすると激遅! やっぱり今日はダメ

だと悟る。これが幸いしたのか、前半はのんびりといい感じで走れて、気持ち良

かった。心肺は全くの余裕で、適当に考え事しながらの鼻歌気分♪ 1km5分

以上の遅いペースだから、当然なんだけどネ。。

          

ただ、途中から徐々に有酸素システムが作動し始めて、自然にペースが上がっ

ていく。身体が温まって、ピッチが上がったようだ。心拍が上がって呼吸も少し

荒れて来たけど、キツイってほどではない。その気になれば25kmまで伸ばして

も大丈夫そうだけど、無理はしない。あくまで、荒川マラソンまでの残り1ヶ月半

で最善の結果が出せるように、中期的スパンで考える。

      

ごく自然なビルドアップのように、スピードを上げつつ周回終了。復路も、明日

また走ろうかなとか思いつつ、ゆとりを持って流す。どうせ今日は論外のタイム

だ。結局1時間46分もかかったのには、正直言って苦笑したけど、まあいいや。

咳も途中1回出ただけで、ほとんど治ったようだし、地道に距離稼ぎしてれば、

自然にタイムは上がって行くはずだ。出来れば明日、ダメなら明後日また走ろう。

継続は力なり! 目指せ、荒川☆

         

  往路(2.45km)     13分42秒  平均心拍131          

  1周(2.14km)     10分54秒         146        

  2周              10分52秒         154        

  3周             10分44秒         157

  4周              10分48秒         156 

  5周              10分43秒         160

  6周              10分37秒         162 

  7周              10分25秒         164 

  8周(1.22km)        5分50秒         168

 復路               11分46秒         164

  計 21.1km  1時間46分21秒     155(最大172,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

 「僕はあの記事を書かせた人間を絶対に許せない」

 「お前はその人間が憎いのか」

 「・・・はい。もし今、目の前にその人物が現れたら、撃ち殺してやりたい」

 「そうか。そんなに憎いか・・・」

     

          ☆          ☆          ☆

『華麗なる一族』と言うより、『醜悪なる人々』とでも言うべき展開に、記事を打

つ手が止まってしまった・・・なんて書くと、『醜悪なる弁解』とか突っ込まれそう

だな♪ とは言え、快晴の冬空の下、全力でスポーツをして気持ちのいい汗を

かいた直後に、こうゆうドラマを見せられると、一気にズ~ンと落ちてしまう。

今週は休もうかな、なんて誘惑も生じてしまう。何じゃ、こりゃ!・・(by優作)

       

ボヤキは短めに。今回もまず、需要に合わせて、あらすじを供給しておこう。

阪神特殊製鋼の高炉建設が順調に進みつつある1967年秋。万俵鉄平専

務(木村拓哉)らの技術は、アメリカのベアリング社に高く評価され、取引は

今までの2倍に。メディアでも大きく報じられる。原料の銑鉄を、帝国製鉄に

頼ってたのでは不安があるため、新たに第一製鋼とも契約。

               

しかし、帝国製鉄と裏で手を結んでる通産省が圧力をかけたため、第一製

鋼はすぐに契約を白紙に。追い詰められた鉄平は通産省に抗議しに行くが、

当然相手にされず。その時、妻・早苗(長谷川京子)の父で元通産大臣の

川一郎(西田敏行)が手助けして、通産省の態度は軟化。鉄平は感謝する。

    

ところが、慶慈大学附属病院に入院中の大川のもとに、スキャンダル発覚の

知らせが飛び込む。阪神特殊製鋼への10億融資も約束してた三栄銀行が、

大川にヤミ献金を渡してた事実が報道されたのだ。この報道を仕掛けたのは、

鉄平の父で阪神銀行頭取の大介(北大路欣也)。三栄銀行に対して、小が大

を飲み込む合併を画策中だった大介が、裏情報を入手し、永田大蔵大臣(津

川雅彦)大蔵官僚・美馬(仲村トオル)らと密談した上で、情報をリークして

発表させたのだ。大川はこれまで万俵財閥を支えた次期総裁候補で、長男・

鉄平の妻の父だというのに。大介は専務・大亀(武田鉄矢)を使って病院の外

科部長に話を聞き、大川の命が長くないこともつかんでたようだ。

      

再び追い詰められた鉄平は、大介の目の前で、記事を書かせた人間への怒

りをぶちまけた。大介の妾・相子(鈴木京香)の横暴な態度も絡んで、深刻な

対立と冷たい空気が覆う万俵家の内情には、銀平(山本耕史)と結婚してやっ

て来たばかりの万樹子(山田優)も、早くも苦悩し始めていた。二子(相武紗季)

一之瀬四々彦(成宮寛貴)の純愛も、相子の妨害で前途多難のようだった。。

    

          ☆          ☆          ☆

「もし今、目の前にこんな脚本を作った人達が現れたら、撃ち殺してやりたい」

なんて過激な文章を書くことは決してない理性派ブロガーとしても、理性を翻弄

するものの次元の強大さについては十分自覚している♪ 今回はその具体的あ

りさまを、ドラマの中で一つ一つ確認してみよう。もちろん、そうしたものの善悪

とか、理性との比較評価の問題は、簡単な話ではない。翻弄という言葉が必ず

しもネガティブな意味ではないのも当然のことだ。

        

理性とは、物事を冷静に認識し筋道立てて考えると共に、欲望や感情を制御し、

正しい意志や行動をもたらす、心の部分or機能のこと。動物とは違う人間特有

のもの、あるいは神の贈り物として、昔から重視されてきた。しかし、何事も深

く考えれば謎は深まっていく。理性なんてものも謎だらけの存在で、少なくとも

特別視するほどのパワーやメリットを持つものではない、という考えも有力だ。

裏返して言えば、理性を翻弄するものの次元が強大だということでもある。

     

今回のドラマの中で、そうしたものを一番よく表していたのが、記事冒頭に引

用しておいたやり取りだ。鉄平の怒り自体が、色んな意味で全く理性的ではな

い。あるいは、その怒りをもたらしたものに、鉄平の理性は翻弄されている。

大川は不正を否定してないし、鉄平も否定してない。と言う事は、あの毎朝新

聞1面トップ記事は、有力政治家と都市銀行の不正を暴く優れた内容なのだ。

    

にも関わらず、鉄平の怒りは不正に向かわず、記事を書かせた人間に向かっ

てしまう。それは、自分も含めて万俵家がお世話になってるし、妻の父だから

という、非常に個人的な理由によるもの。鉄平の怒りは、自分たちも不正事件

の仲間だと告げてるようなものだ。ドラマは原作と比べても奇妙なほど相子を

悪者っぽく描いてるが、「大川先生は万俵家に恥をかかせたのよ」という相子

の台詞はもっともであり、だからこそ余計に鉄平は感情的になったのだろう。

    

ちなみに、「記事を書かせた人間」なんてものに怒りの矛先を向けるのも変な

話だ。普通、新聞の不正告発記事を読んで、誰がこんなの書かせたんだ、な

んて怒りは持たない。要するに、自分の非を認める前に「誰の仕業だよ!」

他人を非難していた大川の非理性的態度を、鉄平は引き継いでるのだ。

    

一方の大介も、全く理性的ではない。もちろん、「鉄平、そんな事で一々動揺

していては、経営者など務まらんぞ」とたしなめた態度だけなら理性的だ。で

も、感謝すべき親族の大物政治家を見捨てて(or殺して)まで阪神銀行の当

面の生き残りだけを図る姿勢は理性的ではないし、ラストで「お前はその人

間が憎いのか」と鉄平にたずねたのも理性を超えた力によるものだ。

    

と言うのも、この質問は「私がその人間だけど、お前はやっぱり私が憎いんだ

ろうな」と言ってるようなもの。まるで逃げた犯罪者が後で犯行現場に戻ってし

まうような行為にも見えてしまう。自分が犯した罪に関する罪悪感と不安が、奇

妙な自滅的挑発行為に導いているわけだ。

           

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて別の種類の、理性を翻弄するものを見てみよう。それは「社会的現実」

とでも呼べるものだ。大介がなぜ大胆な犯罪的策略に打って出たかを考える

と、2つの外的偶然が関わっている。1つは、吸収合併の対象として狙ってた

三栄銀行が、自分より先に平和銀行の吸収合併を進めてたこと。もう1つは、

大川が突然体調を崩して入院したこと。

    

これら2つの偶然は、大介のそれまでの計算には入ってなかった大きな出来

事であり、大介の理性を翻弄するに十分なものだった。より大きな視野で物

語をとらえるならば、そもそも大蔵省が突然金融再編を急ぎ始めた状況も、大

介の理性を翻弄するものだったと言えよう。

             

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、また別の種類のものを挙げておく。上に書いたように、想定外の未来、

偶然的現実というものは、しばしば理性を翻弄するものとして機能する。ただし、

その中には社会的ではないものもある。例えば、追い詰められた鉄平が夜の

路面電車の中で一人ぼっちで体験した雷と稲光。激しく壮大な自然現象は、通

産省への直接抗議という無謀で逆効果でしかない試みへと鉄平を誘う役割を

果たしている(たまたま今回は運良く大川に助けられた)。

    

その直後、帰宅した鉄平が通産省訪問を報告した、巨大な鯉・将軍は、突然

Uターンした。このUターンは、鉄平以外の人物(大介)が現れたことによるもの

だと、鉄平には解釈されたようだけど、通産省訪問を疑問視する振舞いだと解

釈される可能性も十分あった。その場合、実際には物音に驚いた鯉が逃げた

だけかも知れないのに、鉄平は通産省訪問を止めてたかも知れない。もちろん、

鉄平は無意識の内に、将軍の振舞いを祖父・敬介のメッセージとして受け止め

ているわけだ。

    

このような、雷と稲光、鯉の振舞いなどという、人知を超えた自然界の営みも、

人間の理性を翻弄する代表的なものの一つである。そして、それらは場合に

よっては、この世を超えた彼岸の精神(死者、神)と結びつき、ますます理性に

揺さぶりをかけて来るのだ。事の良し悪しはともかくとして。。。

         

          ☆          ☆          ☆

ここまで流し読みして「何じゃ、こりゃ?!」と思ったあなたは、フツーの松田優

作ファンだ。残念ながら、ウチはフツーのドラマブログではないもんで、悪しから

ずご了承を♪

              

私にとってのレビューとは、例えばこうゆう文章のことだ。ドラマに限らず作品と

は、人を独自の思考や新たな作品へと誘う道しるべなのだ。

ではまた、来週末に。。☆彡

           

             

          ☆          ☆          ☆

P.S.食卓の下で銀平に不安や疑問を伝えた、万樹子の足。今回はあれくら

    いしかエロスが無かったのだから、出来ればミニスカートで、もう少し長

    くやって欲しかった。二子みたいな、シルバーの萌えるコスチュームだと

    さらに効果的♪ もっと萌えを!☆

    (訂正。録画をチェックすると相子の足だった。ますます萌え不足。。)

          

P.S.2 原作と比較しても、相子の描き方は今のところ単純で極端過ぎ! 

      いつまでもああゆうものを見せられると、やっぱり脚本家・橋本裕志

      という一個人に対して不満を感じてしまう。ドラマ全体の総合的評価

      はまだ高いけど、演出&プロデュースの福澤克雄、プロデューサー・

      石丸彰彦の印象もパッとしない。ドラマの可能性とは、こんなもんじゃ

      ないはずだ。一方、音楽の服部隆之はいい仕事をしてると思う♪

     

P.S.3 美馬のイヤらしさは、むしろ不足気味か。大蔵官僚としての優秀さ

      も見てみたい。まだ、トップエリートとしての実力が描かれてない。

      

P.S.4 芙佐子(稲森いずみ)女将(多岐川裕美)のいかにもっていうやり

      取りは無視! 意味深って言うより意味浅。安っぽい昼ドラかよ・・・

     

P.S.5 大介の「わしはあの日の事を1日たりとも忘れたことはない」ってい

      う意味深な言葉。それなりのものを見せてくれないと、これまた意味

      浅として減点の対象。。

      

P.S.6 「慶慈」大学附属病院のネガティブな描写。慶応と慈恵は迷惑して

      ないのかな。何か行く気しないんだけど。外科部長が信用できなくて♪

    

P.S.7 一之瀬の台詞の「アポイント」、あの時代に使ってた言葉なのかな。。

    

P.S.8 鉄平と出荷作業員とのやり取り。似たような経験を思い出す。粗野

      で乱暴な言動の年上の人間に、気合で真正面から対抗したら、「お

      前、なかなかやるな」って感じで態度が軟化した。他にも少し似た経

      験がある。理屈よりも、行動・気合・姿勢の方が人を動かしやすいの

      かも知れない。ただし逆効果で火に油を注ぐリスクもあるから、人間

      関係は難しい。。

       

P.S.9 永田大蔵大臣、もうちょっと工夫すれば軽く笑えるんだけどな。大川

      も、披露宴とか病室とか、笑いをとるチャンスはあったのに(既に過去

      形)。あるいは、重々しい音楽と共に庭で鉄平と不穏な会話をした、し

      かめっ面の大介が、雨の芝生でツルッと滑って尻餅ついて、ムスッと

      したまま立ち去るとか。そこだけ将軍がちゃっかり顔を出すってのも

      いいかも♪ もっと笑いとツッコミ所を!

      

P.S.10 予告の、鉄平が大介を「撃ち殺す」映像。楽しみって言うより、不安

       だらけ。頼むから、余計な事はしないで欲しい。。。

   

P.S.11 これで、イメージダウンの三栄銀行は止めにして、もっと大きな銀行

       を飲み込もうとするわけか。多分、あそこね。。

     

                  

           ☆          ☆          ☆          

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

              

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

| | コメント (11) | トラックバック (9)

青梅マラソン初挑戦、無難に完走♪

Ohme_d_1  フーッ、出て良かったなぁ。。出場を決意した

  のは僅か3日前、木曜の晩に25km走れた

  後だ。先月中旬、まさかのノロウイルス&イ

  ンフルエンザ連発で半月も棒に振ってしまい、

  ジョグから再スタートしたのが10日前。

Ohme01  肺の不調を我慢しつつ、強引

  なリハビリで8日間103.5km

  (走行日数7日)。ギリギリで

  最低限の身体を作っての青梅

  初挑戦。タイムは良くないど、

  今の体調としてはかなり追い込ん

Ohme02  だ上で無事完走。色々と面白

  かったし十分満足すべきだろ

  う♪ ちなみに上から、ポスター、

  参加賞のTシャツ、最寄の河辺

  (かべ)駅改札口、南口階段下、

  ロータリー(駅の撮影は帰り)。Tシャ

Ohme13

  ツはasicsで、高機能素材だし

  カラフルだから気に入った。早

  速ジムや公園で見せびらかし

  て、冷たい視線を浴びることに

  しよう♪

               

Ohme03_2  前の晩はドラマ記事を書いて

  たので、寝たのは3時過ぎ。

  実質的にドラマブログと化して

  しまってるので仕方ない。8時

  起床で出発は9時。この時点

  で既に予定より10分遅れだけ

ど、まあ想定内だ(死語か・・)。南武線で立川に行き、青梅線に乗り換える。

意外にもずっと座れてラッキー。眠いので本気でウトウトした。

      

Ohme04  河辺駅到着は10時45分くら

  いかな。あまり人が多くなかっ

  たから、みんなもっと早く着い

  てたんだろう。仲間は東京マラ

  ソンを選んだので一人ぼっち

  だし、初めてだしロクに調べても

Ohme05  ないので、人の流れに付いて

  行く。途中「荷物預かり」の看

  板を幾つか発見。500円だっ

  たかな。貴重品はほとんど持っ

  て来なかったのでパス。携帯

  が無いのは寂しいかなと思っ

Ohme07  たけど、結果的に全く退屈せ

  ずに済んだ。河辺小学校で受

  付をして、しばらく離れた青梅

  市総合体育館へ向かう。ここ

  が30km選手更衣所のメイン

  だけど、メチャ込みで失敗だっ

Ohme06  た。今度からは、近くの市立総

  合病院の更衣所を使おうかな。

  込んでるだけならいいんだけど、

  男子更衣所に女性が大勢いる

  のには参った。パンツ1枚になっ

  て着替えたいのに、すぐそばで

オバサンが大声でお喋りしてる。こんなの無視だよと思ってたら、すぐ横を

若い女性がスタスタ歩いてる。今更、場所を変える時間はないので、仕方

なくモジモジと着替える。極度に狭くて人の動きも多いから、ゼッケンの取

り付けも大変だ。

      

ここでかなりタイムロスした上にトイレが大行列だったので、結局スタート地点

までダッシュするハメに。早くも心拍159。何のこっちゃ。。笑えたのが、スター

ト5分前くらいになるとトイレの行列が一気に消えたこと♪ あの人たち、途中

で行ったんだろうな。あと、トイレで女性が遅くなったためにケンカしてるカップ

ルも笑えたな♪ 仮設トイレのすぐ脇に止まってたバキュームカーも、なかな

かいい味を出してた。手洗いの水は係員がバケツの水をすくうってのも凄い!

   

さて、スタート地点にダッシュすると大行列。30kmのエントリーは13500人

だから当然だ。もはや自分のゼッケンの場所まで行く時間はないけど、コース

が狭いという話だから、歩道を走って少しでも前へ行く。やがてスタートの合図

が聞こえたので、あわてて車道の大行列にもぐり込み、しばらくはジョギング。

正確なスタート地点を約5分遅れで通過する時、スターターの石原慎太郎が手

を振ってるのが見えた。オーッて感じ♪ 東京マラソンと日程が重なったことで

当初は揉めてたはずだけど、一応仲直りしたってアピールか。青梅マラソンの

公式サイトにも東京マラソンのことが載ってたしね。

      

心拍計をスタートさせてタイムの計測を始めたものの、大行列のせいでさっぱ

りスピードを出せない。ほとんど止まったことさえあったと思う。これはヒドイ。

心拍は一時130くらいまで下がった。完全にジョギングだ。結局、5km地点

くらいまで凄く不自由な走り。その辺りからやっと本来のレースになった。ただ

し、抜くのも難しいし、周りに常に気を使う状況。

    

青梅は応援が凄いという話だったけど、荒川マラソンや神奈川マラソンと比べ

てそんなに変わらないと思う。もちろん多くてありがたいんだけど、特別凄いと

は感じなかった。ただ、私設の「補給所」は多かったかな。皿に食料乗っけて

差し出すって感じのもの。気にはなったけど、走りながら好みの物を選ぶのは

難しいので、一応パスしといた。鳴り物は、太鼓が2グループかな。音楽では、

「ここは青梅、青梅♪」と連呼する青梅マラソンのテーマ曲(?)をあちこちで耳

にしたな。誰かが演歌の「帰って来いよ♪」を流してたのには笑った。

   

さて、走りのその後は、10kmくらいまでまずまず。心拍が一気に上がって160

台後半になってたけど、去年の同時期の神奈川は平均170だからまだ許容範

囲だろうと、勝手に思い込む。それに、そもそも前半は登りだから、心拍が上が

るのは自然なことだ。

            

このコースは自転車やバイク(オートバイ)で何度も走ってて、アップダウンが多

いのは知っていた。公式サイトのコースマップでも確認してたので、ちょっと警戒

してたものの、しばらくは大して気にもならなかった。要するに、前半はダラダラ

登って、後半ダラダラ下るだけでしょって感じ。タカをくくってた。

        

ところが、10km過ぎから徐々に登りが気になってくる。高低差85.8mって事

になってるけど、それはトップ(折返し地点)とボトム(スタート地点)の差であっ

て、途中のアップダウンを加えると、少なくとも高低差120mある。片道15km

として、平均勾配0.8%。これは長距離レースとしてはかなりの値だ。今まで、

特殊な山岳フルマラソンを除くと、荒川と神奈川の平坦なコースしか経験してな

かったので、調子が狂った。普段の公園のアップダウンと比べてもややキツイ。

         

特に、折返しの少し手前の登りはキツくて、復路にチェックしてみたら歩いてる

人がチラホラいたくらいだ。その登りの後、いよいよ折り返して復路の下り。昔

から下りは得意なので、狭いコースの中でどんどん抜いて行く。下りなのに心

拍170。実はラップタイムを見ると大してスピードは出てないんだけど、周りの

ランナーも疲れてたようだ。このまま行けばまあまあだな、と頬が少し緩む。

がたゴホゴホ出てた咳が、レース中は全く出てないのもラッキーだ。

        

ところが、いい感じだったのは20km辺りまで。下りで脚を使ったからとか言

うより、そもそも病気の後20kmを超えて走ったのは木曜の25kmのみ。ま

してや30kmとなると11月初旬以来だから、ガクッと来るのは自然なことだ。

しかも丁度20km辺りに一番大きなアップダウン(二俣尾駅前の三角山)が

あって、一気にスピードダウン。抜くどころか、抜かれる側に落ちぶれる。

   

そこからの残り10kmはかなり長かった。脚が動かなくなって、心拍は165く

らいに下がったものの、全身が辛い。余裕が無いから、沿道の「笑って~!」

なんていう声援にもカチンと来る。「こんだけしんどいのに笑えるか!」と内心

ぼやきつつ、しかめっ面で必死に粘る。頻繁に心拍とタイムをチェックしなが

ら、あと9km、あと8kmって感じで我慢して、遂にあと2km。ところが、荒川

のフルマラソンでさえスパートするこの距離で、さっぱりスパートできない。残り

1kmでもダメで、それどころか道の脇で歩いたり止まったりしてるランナーが

うらやましく見えて来たほど。心拍は165前後だから、決してラクして走ってる

訳じゃない。木曜の25km走だって、平均心拍158にすぎない。

      

Ohme08  結局、ラスト500mくらいで僅

  かにスパートしてゴール。しば

  らく歩くと、完走証を配ってた。

  ハッキリ言って、完走しなくて

  ももらえるタダの紙だ。横にい

  た女子選手もそう言って苦笑

Ohme_b   してた。もちろん後で正式な記録証が送ら

  れて来るんだろうけどネ。その後、アクエリ

  アスとおにぎり(あきたこまち)をもらってバ

  クバク飲み食い。欲張ってもう1回もらいに

  行ったけど、これは損得ビミョーだった。完走直

後だから脚がダルイし、時間がかかって身体も冷えるからだ。おにぎりを配っ

てた郷土衣装の女性が秋田美人だったかどうかまではチェックしてない。そ

れだけ疲れてたってことか。

            

ちなみに、レース中の給水は2回。基本的に暑かったけど、日陰で風が吹く

と寒かった。曇りでもっと風が強かったら、身体が冷えてたかも知れない。今

日は手袋も使わず、上はTシャツと長袖シャツ、下はアップという服装だった。

            

Ohme10  その後、体育館でトロトロ着

  替えてると、突然横で男性選

  手の脚がつったので、伸ば

  すお手伝いをする事に。ゼッ

  ケン5○○○の方、読んでな

  いかな♪ 高校陸上部時代

Ohme11  に、短距離選手の痙攣の手当

  てをしてたのが、今頃になって

  役立ったってわけ。後は、体育

  館を出てあちこち写真を取りま

  くり。別にブログが無くても、写

  真は好きだからよく取ってる。

Ohme_c  あとは、瀬古利彦サイン会のチラシを受け取っ

  て、セブンイレブンでアイスのチョコモナカとドリ

  ンクを買って飲み食い。あ~美味しい♪ この

  瞬間が最高に幸せだ☆ その後の駅の大混雑

  は不幸せだったけどネ。まあ、途中から座れたの

は幸せだったかも。。

                  

最後に一つ、珍しい光景について。体育館から駅に向かう途中、丁度3時間

半の制限タイムが来て、「競技打ち切りで~す」という掛け声とともに片付け

が始まった。初めてなので、細かくチェック。打ち切りになると、規則上は残り

の選手は走るのを止めなきゃなんないんだけど、あとちょっとの人は当然走

り続ける。観客もそれを見守ったり声援送ったりするし、係員も別にジャマは

しない。私もそれを見てて、ちょっとジーンとしてしまった。フィクションでこうゆ

うのをやられるとしらけるけど、現実ならインパクトが大きい。

      

ただ、コースの車両通行止めが解除されるので、メインコースのランナーは歩

道に上がることになる。多分、これで本当にレース終了となるのだろう。あとは

トボトボ歩いたり、座り込んだり、屋台で買い食いしたり。コンビニの中で倒れ

こんでる選手までいたのは痛々しかった。。

     

          ☆          ☆           ☆        

と言う訳で、かなり長くなったけど、それだけ印象に残るレースだったって事だ。

結局、トータルの平均心拍は164。最大心拍数(実測最高値)184の90%近

い値で30km走り抜いたんだから、体調を考えると十分な走りだろう。タイムは

普段公開してるデータからご想像あれ♪

              

今はまだ脚の後遺症があるけど、火曜に少し運動して、水曜からは荒川に向

けてまた走りこみを開始したい。あくまでメインは、去年まさかの大敗に終わっ

た荒川市民マラソン。絶対リベンジしてやるから、待っとけよ!♪

   

    

    

cf. 2017青梅マラソン30km、惨敗だけど高橋尚子にタッチ♪

            

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

今期、ドラマ記事の新企画として始めた、各回ごとのドラマと原作の比較。今の

ところ、予想以上のアクセスを頂いてる。第1話の比較記事は、Yahoo!の順

位が高かったおかげで飛びぬけたアクセスになってるが、第2話もそれなりに

健闘している。読者の反応以上に強調すべきなのは、書いてる自分が面白い

こと♪ 当初の目論見通り、ドラマとは何なのかという点が非常に具体的に分

かって来て、ドラマそのものと同じくらい面白い。毎週ドラマ記事を2本も書くの

は時間的にキツイんだけど、今週も最低限のことは書いておこう。

         

ただし時間の関係で、原作の特徴を箇条書きするに留める。いつものように、

ドラマと原作はキレイに対応してないものの、大雑把に言うなら、第3話に対応

する山崎豊子原作の箇所は、上巻p.434~p.524。こうして見ると、ドラマ

の進行ペースは順調なものだ。ちなみに、もう一度念のために書いておくと、原

作のこれ以降の部分はわざと読んでない。あくまで、ドラマの後追いで少しずつ

読んで記事を書くことで、いわゆるネタバレ(狭義)を回避しているわけだ。

         

              

           ☆          ☆          ☆

万俵鉄平(木村拓哉)相子(鈴木京香)を跳ね除けて、大介(北大路欣也)

 が鉄平を平手打ちするシーンはない。

     

②期限までに追加融資(原作では10%、18億)を得られないと高炉建設は断

 念、という話はない。ドラマはここで、鉄平の切迫感を増すと共に、阪神特殊

 製鋼の石川社長を登場させたかったのだろう(鉄平は専務)。

      

③鉄平の金策に、銭高(西村雅彦)は付いて来てない。したがって、銭高をネ

 ガティブに、鉄平をポジティブに描くことはしていない。

    

銀平(山本耕史)万樹子(山田優)のお見合い場所は、ヴィラ舞子浜でなく

 ヴィラ・舞子。この時、大介が銀平に、私のものは全て譲るとか、お前は私の

 血をひいた息子だなどとはいうシーンはない(第2話対応箇所のラストにそう

 ゆう話が少しある)。銀平が大介似で、鉄平が敬介似、なんて会話もない。

     

⑤大介は角田支店長をにらんでないどころか、むしろ支店長たち全体をねぎらっ

 てて、角田も感激している(第2話対応箇所)。ただし、結局そのねぎらいがプ

 レッシャーになってるという話がやがて登場する。角田支店長の死に関しては、

 他行との激しい競争とか、預金者側(農家)のしたたかな計算とかの関与も強

 調されている。

    

⑥阪神銀行の合併目標は、三栄銀行じゃなくて第三銀行(ただし7位の銀行と

 いう点は共通)。この第三銀行は、阪神特殊製鋼の追加融資とは関わってい

 ない。したがって、鉄平の妻・早苗(長谷川京子)の父・大川一郎(西田敏行)

 が、この銀行に紹介状を書いて融資への圧力をかけるという話もない。

        

⑦融資に行き詰った鉄平が原点回帰する話はない。つまり、東大の研究室も

 表彰状も、アパートも芙佐子(稲森いずみ)も出てこない。代わりに、鉄平は

 つる乃家で女将(多岐川裕美)や芸者らを相手に気晴らしする。ドラマは鉄

 平と芙佐子の恋愛を描く前提で作ってるので、その点を考慮するなら、あの

 強引さは許容範囲だし、錆びるんじゃないぞ、鉄平とかいう台詞も悪くない。

 ただし、表彰状を2枚並べて「義肢」まで持ち出すのは演出過剰。

     

三雲(柳葉敏郎)と鉄平の雉打ちシーンはない。当然、イノシシも登場しない。

 ドラマでは最初から唐突に「ずいぶん杜撰(ズサン)な仕事ですね」という三雲

 の台詞が登場するが、原作ではまず鉄平が高炉計画に計算ミスがあったと

 ウソを言って、三雲が「技術者のあなたにしては、杜撰過ぎますね」と応答する。

 この辺り、ドラマは編集段階でズサンな仕事をしてしまったのかも知れない。

     

 なお、大同銀行の融資はドラマと同じく10億だが、ドラマとは違ってメインバン

 ク・阪神銀行の融資を超えることになる。ちなみに残りの8億は「協調融資銀行

 と新規の生命保険会社で少しずつ都合出来た」とだけ書かれている。

      

⑨敬介の幻は登場していない。したがって、大介に対して鉄平の才能を言い聞

 かせることもない。これも含めて、鉄平のヒーロー扱いとか、敬介との関わり

 に関するドラマの描写は奇妙なほど過剰だ。なお、原作では将軍も出てない。

     

⑩銀平が結婚を決意したのは、角田支店長の死とか弔い合戦とかいうような

 話とは関係ない。第1話対応箇所で、他人事のようにいつの間にか承認して

 いる。また、万樹子が銀平を平手打ちするシーンはない。「いい家庭を」とい

 う話に関しては、銀平の心理の説明が短く書かれている。

       

⑪ドラマラストの、鉄平専務の大演説とか歓声などというものは、当然ない。。

        

          ☆          ☆          ☆    

今週はここまで。時間が許せば、また来週末に。。☆彡

      

              

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

            

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容師Y子、ホノルルマラソン・デビューか♪

今日は青梅マラソン前日ってことで、3ヶ月ぶりに駅前の美容室に行って来た。

さすがに伸び放題の髪を振り乱して30km走るのはうっとうし過ぎる。ホントは

月に1度は髪を切ってスッキリしたいんだけど、我慢できなくもないから、つい後

回しになってしまう。特にブログを始めてからは明らかに回数が減少。おまけに

先月はノロウイルス&インフルエンザでますます余裕がなかった。当然、髪は

ボサボサ状態。。

       

と言うわけで、久々に美容室に行くと、いきなり担当の美容師Y子が入り口にい

た。カードの裏側に書かれた前回の日付を見ながら、「3ヶ月も経ってますよ!

季節が変わってますよ!」とすかさず文句を付けて来る。可愛い奴♪ 一応、病

気続きだったと言い訳して、後は最近のプライベートについてペチャクチャおしゃ

べり。こっちも気を使わないけど、向こうもあんまし気を使ってない。オイオイ、お

客様に失礼だろ、Y子♪

    

しばらく経って、思い出したようにランニングの話を持ち出してみる。前回、ラン

ナーデビューして一緒に走るとかいう話になってたから、どうなったんだと突っ

込みを入れると、やる気は120%あるんですけどネ、とかウダウダ言い訳する。

公園まで自分は自転車で行くとして、公園の中で走る時は一人ぼっちになるの

か、とか言って来たけど、一緒に走ってやるなんて事はさすがに恥ずかしくて言

いにくい。自転車とランニングでちょうど一緒くらいかも、とか言うと、プライドを

傷つけられたようでブツブツ文句を言って来る。困った奴だ。。

    

話の切り口を変えようとして、ふとホノルルマラソンの話を出してみると、途端

にノリが良くなった。ハワイ大好き人間だしミーハーだから、是非走ってみたい

らしい。仲間の女の子が走ってるよ、とか言うと、タイムの話とか練習時間の

話までして来る。何と食い付きがいいんだ! 肝心の練習の話になると一気に

トーンダウンしてたけど、これは狙えるな。今後はこの路線で攻めてみよう。何

しろY子はウチのすぐ近所に住んでる女の子。ランナーデビューしてくれると、

非常にいい刺激になるのは間違いない!

Y子、休暇が終わったら連絡しろよ♪ 今年のホノルルまでもう時間が無いぞ☆

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

最後に、ちょっとショックだった話。しばらく見ない美容師さん2人についてたず

ねてみると、かなり前に辞めたとの事。ここ半年で2回しか行ってないから、その

間の出来事らしい。Y子の後の担当美容師になりそうだったKさん、まだ初々し

くて可愛かった I さん。淋しいなぁ。もしこのブログ読んでたら何か書き込んで♪☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女王シャラポワ、杉山愛に逆転勝ち☆

最近はテニスをする機会も見る機会も激減してるものの、テニスファンとしては

やっぱりこのカードは気になる。東レ・パン・パシフィック・テニス準々決勝、シャ

ラポワvs杉山愛! もともと放送予定にはなかったようだが、杉山が意外にも

勝ち上がって来たので、急きょ夕方16時からの放映が決定。シャラポワが勝

つに決まってるだろうとは思いつつ、録画をセットして、ネット情報その他は見な

いようにしてじっくり観戦した。「緊急放送!」っていう大げさなテロップがちょっと

笑える。また、パン・パシフィック・オープンの略で「ppo」のロゴがあちこちに登

場。こんなの、前からあったっけ? ま、いいけどネ。。

    

東レと言えば、やはり去年のシャラポワvsヒンギスの試合を思い出す。現役

復帰した元女王が、見事な技で勝利を収めた試合は感動的で、すぐ「復活ヒ

ンギス、シャラポワを撃破!」と題して記事をアップしたら直ちに大量のアクセ

スが入ったのをよく覚えてる。ヒンギスは優勝こそ逃したものの、その後も順

調にランクアップ。完全にトッププレーヤーへの復帰を果たした。

   

一方のシャラポワは、06全英ベスト4、全米優勝、07全豪準優勝で、ロシア

人初めてのWTAランク1位を獲得。まだ19歳で、モデル並みのルックスとスタ

イル♪ 全豪の決勝こそセレナに負けてしまったものの、早くも人生の絶頂

と言っていいだろう。

今大会、順調に行けばこの2人が決勝でぶつかることになる。凄く楽しみだ☆

   

杉山愛というプレーヤーには、日本のテニスファンなら誰もが敬意を表してる

だろう。既に31歳、引退してて当然の年齢なのに、いまだにWTAランク26位。

選手としては小柄な163cmの身長で、必死に走って打つ姿は、いつ見ても感

してしまう。ただ、やっぱりシャラポワとの試合だと、シャラポワに目が行って

しまうのは仕方のないことか。。♪

        

      ☆          ☆          ☆    

さて、満員の東京体育館で始まったこの試合。シャラポワのウェアは、上が白

で下が黄色のスコート。イマイチ華やかさが足りないけど、やっぱり飛び抜けて

美しい☆ 解説は杉山とも仲のいい伊達公。伊達は選手時代と比べるとすっ

かり丸くなって、公私共に順調そうだし、マラソンにまで挑戦して実績を挙げて

いる。これまた、見事なアスリートで、しゃべりも随分上手くなって来た。

    

試合は、第1セットから波乱含みの展開。まず第2ゲームの最後、線審がアウ

トのコールをしたので杉山が追わなかったら、主審がインの判定。怒った杉山

が「No!No!No!No!」と猛抗議。結局認められず、シャラポワがラブゲー

ムキープして、次の第3ゲームもブレーク、ゲームカウント2-1。ところが、ここ

から杉山が頑張る。って言うか、シャラポワのサーブが不調続きのようで、ファー

ストサーブの入りが悪いし、セカンドは力無く入れるだけだし、ダブルフォールト

も多い。結局、杉山が第6ゲームをブレークバック、第10ゲームもブレークして、

何と第1セットを6-4で取ってしまった。

   

日本人選手がツアーで世界No.1に勝ったことは過去一度もないらしい。ひょっ

として、と思いたいところだけど、放送時間が気になった。55分番組なのに、既

に30分近くも使ってる。杉山が2セット連取というのは考えにくいので、第2セッ

トをシャラポワが簡単に取るんだろうと想像してたら、まさにその通り。カットしま

くりの放送で、アッと言う間にシャラポワの6-0。これで1セットオール。生放送

じゃなくて編集後のテニスの試合ってのは、これだからイヤだ。。

    

こうなると、もうシャラポワが勝つのが読めてしまう。と言うのも、もし第3セットを

杉山が取って勝ったのなら、当然第3セットの放送時間を長く取るはずだ。とこ

ろが、もう15分ほどしか残ってない。と言うことは、シャラポワがあっさり逆転勝

ちしたんだろうな、と思って見てたら、全くその通り。相変わらずサーブは不調

だけど、ファーストが入ると強烈だし、ストロークの強打も杉山の比ではない。

あと、伊達も言ってたのは、メンタルの強さ。シャラポワは好調じゃなくても決し

てラケットを投げたりせず、冷静な前向きさを最後まで持続する。テニス選手の

中でもかなり飛びぬけた精神力だ。フェデラーには負けるかも知れないけどネ。。

       

結局シャラポワは1ブレークを許しただけで、残りのゲームを全て奪って6-1。

セットカウント2-1で、杉山も時々いいプレーで場内を沸かせてくれたけど、内

容的にはシャラポワの圧勝に近かった。これが世界No.1の実力というものか。

こうなったら、決勝でヒンギスと戦って欲しいもの。ちなみに今日のヒンギスは、

6-0、6-1の圧勝。もしこの2人がぶつかったら、シャラポワに見とれつつも、

ヒンギスを応援する。あのテクニカルなテニスは、今のテニス界で新鮮だ。

と言うわけで、日曜の決勝を楽しみに待とう♪

     

          ☆          ☆          ☆

P.S.勝ったシャラポワ、一応投げキスやリップサービスで愛想を振りまいてた

    けど、あまり嬉しそうには見えなかった。試合内容に不満だからか、それ

    とも、ホントの笑顔は優勝までお預けってことか。。

  

P.S.2 セットの合間の「オンコート・コーチング」というものが実験的に行われ

      てた。コートの上で、選手とコーチが話すもので、杉山のお母さんがか

      なり細かく喋り続けてるのが興味深かった。非常に珍しい映像だと思う。

      ただし、シャラポワのポストマッチインタビューには、「全面的に賛成は

      していません」と書かれてた(公式サイト)。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅マラソン初挑戦、ようやく決意!

RUN25km,2時間03分03秒,平均心拍158

      

リハビリ一応終了。8日間で103.5kmわれながらよく頑張った♪ ノロウイ

ルス&インフルエンザで悲惨な体調だった先週の木曜、5.5+5.5kmのジョ

グから始めたリハビリは、遂に今日25km走まで到達した。タイムは遅いけど、

昨日20km走った直後だし、心拍もわりと低め。十分な出来だろう。これなら、

3日後の青梅マラソン30kmも何とかなりそうだ。良かった、良かった☆

    

今日は最悪ハーフ、出来れば25kmを、あまり無理せず走り切るのが目標。青

梅のスタートまで3日を切ってる段階だから、脚に負担はかけられない。おまけ

に、肺の調子はまだまだ悪くて、相変わらずちょっとしたキッカケでゴホゴホ咳き

込む状況。当然、相当慎重にスタートすることになった。

     

昨日の20kmをわざと軽めに走ったのが良かったのか、脚は予想外に軽い。十

分控えめに走ってるのに、往路も1周目もそこそこのタイムで気を良くする。心拍

も低く、呼吸も軽くて、これなら25km行けそうだなと安心。ただ、流石にこの1週

間ムリしてきたので、全身が疲れてるようだ。心肺も脚も余裕があるのに、途中

からやたらしんどくなって、1km4分50秒のペースの維持がかなり辛い。

    

ただ、あまり遅いタイムにはしたくなかったので、顔を歪めながら1km4分台を

死守。何とか周回を終えて、復路はもうヨタヨタ。昨日より1分近く(約9%)も遅

いタイムで帰宅。それでも、最低限のタイムは出せたし、咳も3、4回出ただけ。

脚もちょっと余裕が残ってる。帰宅後は毎度おなじみのゴホゴホ状態だったけ

ど、全体的にはかなり満足な走りになった♪。

    

これでようやく青梅マラソン初挑戦決定! あわてて色々と情報を集める。しっ

かりした案内が来る荒川マラソンと違って、青梅はハガキ1枚だけ。青梅市の

サイトのコースマップもかなり簡単で、伝統ある大会にしてはあまり誠意を感じ

ない。ま、荒川が親切すぎるってことか。でも自転車のヒルクライムレースと比

べてもかなり手抜きだなぁ。ま、いいけどネ。

          

とにかく、11時までに青梅に行けば何とかなるってことか。荷物を預けるシステ

ムもなくて体育館に置きっ放しって話だから、貴重品は持っていかないことにし

よう。ケータイも止めとこうかな。簡単に盗めそうだもんね。カメラはお古を持っ

て行って、スターターの石原慎太郎でも映すとするか♪

タイムは全く期待できないけど、せめて2時間30分は切りたいなぁ。って言うか、

今の体調じゃ、完走が第一目標か。ま、とにかくベストを尽くして頑張ろう!☆

     

            

  往路(2.45km)      12分51秒   平均心拍140

  1周(2.14km)    10分20秒        155

  2周             10分23秒         157

  3周            10分26秒         158

  4周             10分23秒        160                

  5周             10分28秒         159

  6周             10分28秒         159          

  7周            10分30秒        159           

  8周            10分28秒        162       

  9周            10分33秒        163        

 10周(840m)        4分07秒         167          

  復路              12分08秒        161         

   計 25km   2時間03分03秒    158(最大心拍174,ゴール前)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »