« 美容師Y子、ホノルルマラソン・デビューか♪ | トップページ | 青梅マラソン初挑戦、無難に完走♪ »

『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

今期、ドラマ記事の新企画として始めた、各回ごとのドラマと原作の比較。今の

ところ、予想以上のアクセスを頂いてる。第1話の比較記事は、Yahoo!の順

位が高かったおかげで飛びぬけたアクセスになってるが、第2話もそれなりに

健闘している。読者の反応以上に強調すべきなのは、書いてる自分が面白い

こと♪ 当初の目論見通り、ドラマとは何なのかという点が非常に具体的に分

かって来て、ドラマそのものと同じくらい面白い。毎週ドラマ記事を2本も書くの

は時間的にキツイんだけど、今週も最低限のことは書いておこう。

         

ただし時間の関係で、原作の特徴を箇条書きするに留める。いつものように、

ドラマと原作はキレイに対応してないものの、大雑把に言うなら、第3話に対応

する山崎豊子原作の箇所は、上巻p.434~p.524。こうして見ると、ドラマ

の進行ペースは順調なものだ。ちなみに、もう一度念のために書いておくと、原

作のこれ以降の部分はわざと読んでない。あくまで、ドラマの後追いで少しずつ

読んで記事を書くことで、いわゆるネタバレ(狭義)を回避しているわけだ。

         

              

           ☆          ☆          ☆

万俵鉄平(木村拓哉)相子(鈴木京香)を跳ね除けて、大介(北大路欣也)

 が鉄平を平手打ちするシーンはない。

     

②期限までに追加融資(原作では10%、18億)を得られないと高炉建設は断

 念、という話はない。ドラマはここで、鉄平の切迫感を増すと共に、阪神特殊

 製鋼の石川社長を登場させたかったのだろう(鉄平は専務)。

      

③鉄平の金策に、銭高(西村雅彦)は付いて来てない。したがって、銭高をネ

 ガティブに、鉄平をポジティブに描くことはしていない。

    

銀平(山本耕史)万樹子(山田優)のお見合い場所は、ヴィラ舞子浜でなく

 ヴィラ・舞子。この時、大介が銀平に、私のものは全て譲るとか、お前は私の

 血をひいた息子だなどとはいうシーンはない(第2話対応箇所のラストにそう

 ゆう話が少しある)。銀平が大介似で、鉄平が敬介似、なんて会話もない。

     

⑤大介は角田支店長をにらんでないどころか、むしろ支店長たち全体をねぎらっ

 てて、角田も感激している(第2話対応箇所)。ただし、結局そのねぎらいがプ

 レッシャーになってるという話がやがて登場する。角田支店長の死に関しては、

 他行との激しい競争とか、預金者側(農家)のしたたかな計算とかの関与も強

 調されている。

    

⑥阪神銀行の合併目標は、三栄銀行じゃなくて第三銀行(ただし7位の銀行と

 いう点は共通)。この第三銀行は、阪神特殊製鋼の追加融資とは関わってい

 ない。したがって、鉄平の妻・早苗(長谷川京子)の父・大川一郎(西田敏行)

 が、この銀行に紹介状を書いて融資への圧力をかけるという話もない。

        

⑦融資に行き詰った鉄平が原点回帰する話はない。つまり、東大の研究室も

 表彰状も、アパートも芙佐子(稲森いずみ)も出てこない。代わりに、鉄平は

 つる乃家で女将(多岐川裕美)や芸者らを相手に気晴らしする。ドラマは鉄

 平と芙佐子の恋愛を描く前提で作ってるので、その点を考慮するなら、あの

 強引さは許容範囲だし、錆びるんじゃないぞ、鉄平とかいう台詞も悪くない。

 ただし、表彰状を2枚並べて「義肢」まで持ち出すのは演出過剰。

     

三雲(柳葉敏郎)と鉄平の雉打ちシーンはない。当然、イノシシも登場しない。

 ドラマでは最初から唐突に「ずいぶん杜撰(ズサン)な仕事ですね」という三雲

 の台詞が登場するが、原作ではまず鉄平が高炉計画に計算ミスがあったと

 ウソを言って、三雲が「技術者のあなたにしては、杜撰過ぎますね」と応答する。

 この辺り、ドラマは編集段階でズサンな仕事をしてしまったのかも知れない。

     

 なお、大同銀行の融資はドラマと同じく10億だが、ドラマとは違ってメインバン

 ク・阪神銀行の融資を超えることになる。ちなみに残りの8億は「協調融資銀行

 と新規の生命保険会社で少しずつ都合出来た」とだけ書かれている。

      

⑨敬介の幻は登場していない。したがって、大介に対して鉄平の才能を言い聞

 かせることもない。これも含めて、鉄平のヒーロー扱いとか、敬介との関わり

 に関するドラマの描写は奇妙なほど過剰だ。なお、原作では将軍も出てない。

     

⑩銀平が結婚を決意したのは、角田支店長の死とか弔い合戦とかいうような

 話とは関係ない。第1話対応箇所で、他人事のようにいつの間にか承認して

 いる。また、万樹子が銀平を平手打ちするシーンはない。「いい家庭を」とい

 う話に関しては、銀平の心理の説明が短く書かれている。

       

⑪ドラマラストの、鉄平専務の大演説とか歓声などというものは、当然ない。。

        

          ☆          ☆          ☆    

今週はここまで。時間が許せば、また来週末に。。☆彡

      

              

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

            

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言    

|

« 美容師Y子、ホノルルマラソン・デビューか♪ | トップページ | 青梅マラソン初挑戦、無難に完走♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/13780353

この記事へのトラックバック一覧です: 『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較:

« 美容師Y子、ホノルルマラソン・デビューか♪ | トップページ | 青梅マラソン初挑戦、無難に完走♪ »