« 『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較 | トップページ | 『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較 »

美ヶ原エントリー!乗鞍の抽選は想定外・・

今日ようやく美ヶ原にエントリー! 正式名称は、ツール・ド・美ヶ原高原自転車

070326aレース大会2007。浅間温泉から

全長21.7km、標高差1270m

のコースを登って美ヶ原高原駐車

場でゴールする、堂々たるヒルク

ライム(山登り)レースだ。

今年で5年連続5回目の出場で、

個人的には、後で書く一番人気の

「乗鞍」よりも美ヶ原の方が好きだ♪

乗鞍みたいに参加自体が大変って

こともないし、コースも登りの部

分と終盤の高原部分とでメリハリがある。場所的にも、乗鞍より便利で気軽に

行ける。梅雨の真っ最中なのに、雨も昔からほとんど降ってないそうだ。

    

でも、何と言ってもここの魅力は「激坂」につきる♪ パンフの写真の最初にも、

「最強激坂」と書かれてる通り、スタート直後に激しい上り坂があって、選手はい

きなり限界状況に追い込まれるのだ。上位はともかく、フツーの選手はここで早

くも脚が疲れてしまって、そこから15kmくらい先の高原部分までハーハーゼー

ゼー苦しみながら走ることになる。これがたまらなくイイのだ(^^♪ 終盤に高原

地帯のアップダウンを疾走するのも快感で、速い選手だと時速70km前後まで

達するだろう。とにかく、私のお気に入りレースだ☆

       

今年のパンフレットの色は、珍しく極端なまでの黄色で、「克服のその先に・・・」

なんてキャッチコピーも付いてる。これはおそらく、去年の秋から年末にかけて

放送されて好評だったフジテレビのドラマ『僕の歩く道』を意識したものだろう。

そこでは、自閉症で自転車好きの主人公・テル=輝明(草薙剛)が、やたら黄色

にこだわっていた。また、「風を感じ空を感じ大地を感じ、辛さを乗り越えた時、

そこにはどんな世界が待ってると思う? それはロードバイクに乗るものだけが

知ることができる世界なんだ」とかいう自転車マニアの言葉に誘われるようにし

て、テルは自転車レースに参加。これが最終回のメインだった。

    

パンフの制作時期とほぼ重なってるから、まず間違いないだろう。そもそも去年

までのパンフは地味だし、キャッチコピーも「美ヶ原にビュンビュンのぼろう!」

だもんネ。。(^_^;) ちなみに、テルが黄色にこだわってた理由はもちろん、自転

車の世界でNo.1を示す色だから。つまり、世界最高峰の自転車レースである

ツール・ド・フランスのトップ選手(正確には個人総合1位)が身に着けるジャージ、

「マイヨ・ジョーヌ」(Maillot Jaune:フランス語で黄色いジャージ)の色だからだ。

          

         ☆          ☆          ☆    

070326bさて時間が無くなって来たから

もう一つの話に移ろう。8月末

に開催される国内最大のヒル

クライムレース、乗鞍。正式名

称は、全日本マウンテンサイク

リングin乗鞍だ。

全長20.5km、標高差1260m

という数字だけ見ると、美ヶ原に

そっくりだけど、中身は色々違う。

ポイントは3つ。まずスタート地点

がすでに高原地帯で、標高1500m前後もある(美ヶ原のスタートは標高600

mほど)。だから、マラソンの一流選手が高地トレーニングをするような、空気

の薄い場所を登っていくのだ。ゴール付近には夏でも雪が残ってて、乗鞍のシ

ンボルとしてパンフにも写されている。

    

あと、コースが100%登りってところも美ヶ原とは違う。メリハリが少ないから、

上位選手にとっては飛ばしやすいけど、下位選手にとってはゴールまで休む場

所が全くない(美ヶ原は終盤以外に前半にも休める区間がある)。最後に、参加

者が3500人くらいで、美ヶ原の約2倍なので、賑やかとも言えるけどコースが

混んで走りにくい面もある。

     

ともかく乗鞍は、歴史もあって人気No.1を誇るレースなんだけど、何と第22回

の今年から、参加が抽選になってしまった! 去年までは先着順だったので、申

込み開始日の朝に届くように現金書留を送れば大丈夫だったのに、今年はその

手が使えない。倍率はおそらく2~3倍程度で、落選の可能性の方が高いと思う。

私も含めて、毎年出てた人にとっては衝撃的なニュースだ。申し込みと抽選は来

月だけど、落選したらどうしようかな、と今から考えてしまう。他の大会に出るか、

それともレース直後の昼過ぎから一般開放されるコースで、個人的にタイムトラ

イアルレースをするか、あれこれ悩むところだ。ネットで呼びかけようかな♪

      

運よく当選するかも知れないし、落ちてから考えればいいじゃないか、という考え

はごもっともだけど、全くの想定外だったので気になって仕方ない。乗鞍なしの夏

なんて、途方にくれてしまう。(ちょっと大げさかも♪)

ま、いずれにせよ、今から自転車に乗らないとマズイことだけは確かだな。。

   

cf.ツール・ド・美ヶ原2006

   ツール・ド・美ヶ原2005

   マウンテンサイクリングin乗鞍2006

   全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(2005年の記事)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   自閉症の自転車好き~『僕の歩く道』第1話

   並行を目指す各々の道~『僕の歩く道』最終回

|

« 『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較 | トップページ | 『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

あっ、いよいよですね。
それにしてもこの黄色と黒…過激なパンフにはオドロキです!
誰がデザインしたんだろう~。結構好きですけど(笑)
最強激坂も、そそられますね。

しかぁし。
とても楽しみにしていたのに、もしかしたらその頃
ベトナム行き(三ヶ月間)にあたってしまうかもしれない…(v。v;)
そうなったら、レースに出られなくて、その上
冷やしトマト5個(テンメイさんがトップだったら…w)あげられなくて、残念。

ともかくトレーニング、頑張ってください。
私も気落ちしないで自転車には乗ります。


投稿: トマト | 2007年3月28日 (水) 00時26分

>トマトさん

今年の美ヶ原のパンフは極端です。
同じJCA主催のヒルクライム、乗鞍と比べても奇妙なほど。
制作は年末前後でしょうから、ドラマの影響でしょう。
ロゴとかデザインはいいんだけど、パステル好きの僕としては、
色を柔らかくして欲しいかな。
「最強」ってのは、他のヒルクライムからクレームが来そう。。

それはともかく、美ヶ原の時期にベトナムですか。
仕方ない。転職すべきでしょう♪
ま、今の国際情勢を考えた時、ベトナムってのは先見の明かも。
BRICsの次はVISTA(ベトナム・インドネシア・南アフリカ・
トルコ・アルゼンチン)だと日経が宣伝してるし。

トップねぇ。洗剤はたまに買うし、下からトップなら簡単だけど。。
むしろ、アタックって感じかな。花王のね。

投稿: テンメイ | 2007年3月28日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/14421761

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原エントリー!乗鞍の抽選は想定外・・:

» 華麗なる一族 [映画や本を淡々と語る]
華麗なる一族は山崎豊子原作だけあって、壮大なドラマでした。白い巨塔のように、救いのある結末を期待してましたが、どうしようもなく救いようのない結末に愕然としました・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 12時41分

» 乗鞍高原 国民休暇村 周辺案内 [国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行]
乗鞍高原 国民休暇村 周辺情報■遊ぶ 一の瀬園地(車で10分)(休暇村より散策道を徒歩で60分)春から色々な花々が咲きほこり、小川が流れ、自然の中で絶景の景色と開放感を存分にお楽しみいただけます。夏にはキャンプやバーベQも楽しめます。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 22時01分

« 『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較 | トップページ | 『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較 »