« 美ヶ原エントリー!乗鞍の抽選は想定外・・ | トップページ | BIKE&RUNの連続、気分はデュアスロン♪ »

『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較

やっと第9話か。。早くしないともう春ドラマが始まっちゃうわ。でも、次は何で書こ

うかネ。特に見たいと思うものはないんだよな。強いて挙げれば、やっぱアレか♪

一応、初回は見るつもりだけど、何かハズレっぽいんだよなぁ。1クール、パスし

てアクセス数の激減をじっと眺め続けるってのも、自虐的でいいかも。。 ^^

           

          ☆          ☆          ☆

さて、第9話と対応する山崎豊子原作の箇所は、非常に大雑把に言ってナシ♪

だって、第9話は要するに裁判の回だけど、原作では裁判は結局ないから。と

言う訳で、今回はこれでおしまい☆ エッ、ダメ? あっ、そう♪ ほんじゃ、強い

て挙げれば下巻p.300~p.342。大蔵省で銀行合併への動きが始まるまで。

いつものように、原作がドラマと違う部分を箇条書きにしてみよう。ネタバレに対

する配慮は既に必要ないものの、今まで通り、ドラマで第9話までに出てない話

はまだ原作記事には書かない。

      

①ドラマの第8話に出て来た、鉄平(木村拓哉)寧子(原田美枝子)を問い詰

 めて謝られるシーンが、原作では第9話対応箇所に出てくる。鉄平が家を出

 て行く時に、最後の質問として、父親は誰かと母にたずねたのだ。ちなみにこ

 のシーンは二人きりで、大介(北大路欣也)らはいない。

     

     「お母さまに、この家を去るにあたって一言、お伺いしたいことが

      あります。僕はほんとうに父、万俵大介の長男なのでしょうか」

     ひたと射るような眼を向けた。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     寧子の目が異様にきらきらと輝いた。

     「鉄平、あなたは私の子です。私の産んだ子供です──」

     「お伺いしているのは、私の父たる人のことです、答えて下さい」

     「許して、許しておくれ!」

     たおやかな母の体が、鉄平の膝もとに頽(くずお)れた。

    

 ドラマでは、これで真実が明らかになって、父と子の対立が裁判で本格的に

 なる、という分かりやすい「ドラマ的」流れだった。ところが原作では、この直

 後に興味深い説明が続いてる。

    

     何を許せと云うのだろうか。祖父との不倫を許せというのか、

     それとも祖父と父の、いずれの子とも解らぬことを許せという

     のだろうか。もし、その後者を意味するならば、鉄平は体が灼

     け爛れるような恥辱と怒りを覚え、思わず、母を打ちたい衝動

     に駆られた。

     その衝動を抑えるように、鉄平はすっくと立ち上がった。

    

 この後、鉄平は大介に捨て台詞を残し、二子(相武紗季)三子(ドラマでは

 省かれてる)の涙に見送られるようにして、早苗(長谷川京子)らと共に家を

 出る。原作のこの描写は、2つの面でドラマと違う。まず、母の言葉の意味が

 曖昧で、まだどちらが父なのか分からないということを、ハッキリ書いている。

 そして、さらに興味深いのは、もしどちらか母にも分からないのなら母を打ち

 たいという部分。極端な状況と、過激な感情。言われればなるほどと思うけ

 ど、ドラマを見てる時は流石にそこまでは考えなかった。自分のルーツが異

 常なことよりも、ルーツがないことの方が屈辱的だということか。。

   

 ちなみにドラマでは、大介が実の父でないことを知った鉄平が宣戦布告。友

 人の倉石弁護士(萩原聖人)一之瀬パパ(平泉成)、四々彦(成宮寛貴)

 の助けを借りて、裁判で全面的に大介と争うという流れになっていた。

    

②阪神特殊鋼(ドラマでは製鋼)で経理を担当する銭高常務(西村雅彦)の苦

 しい立場については、第8話対応箇所の中で、かなりあっさり描写されてい

 る。悪事の指示をした大介を恨みがましく思うと同時に、逮捕される心配も

 するものの、今さら仕方ないと諦めてる。

     

     銭高は既に、万俵から将来の生活を保証して貰っているのだっ

     た。それは万俵家の女たちが身につけているダイヤやエメラル

     ドの指輪の二つか三つ分に相当したが、高校生を頭に三人の

     子供がいる五十五歳の銭高には有難い額といえた。

    

 銭高を証人にするという鉄平の案に対しても、倉石があっさり却下している。

 もともと被告側の阪神銀行にいた人間など信用できないという、もっともな指

 摘だ。鉄平が銭高を追いかけ回すこともない。

 ドラマでは、鉄平の情熱や優しさに促されるようにして、銭高の鉄鋼マンとし

 ての誇りと良心が目覚めていくプロセスを、丹念に描いていた。イーグルス

 の『デスペラード』をBGMにして。。

   

③大蔵省の春田銀行局長が、阪神銀行による大同銀行の吸収合併を認めた

 のは、最終的には、阪神銀行の大亀専務(武田鉄矢)・芥川常務の願い出を

 受けてのこと。春田としては、永田大蔵大臣(津川雅彦)からの指示は受けて

 いたものの、日銀も関わることだし、慎重な態度を保っていた。ところが、大

 亀らは春田の前にいきなり大同銀行専務・綿貫(笑福亭鶴瓶)を連れて来て、

 大同銀行役員の連判状も見せる。さらに、大同の一般行員たちも支持してく

 れると主張。これでようやく春田も合併を承認することになった。

       

 ドラマでは、永田が総理に電話した後、春田に連判状を提示。総理も承認し

 てるし、下手に逆らうと君もケガするよ、と脅かして終了。やはり、原作の方

 が圧倒的に詳しくてリアルだ。

   

④鉄平が四々彦に直接アメリカ行きを勧めるシーンはない。鉄平が二子に、そ

 うゆう話があることを伝え、二子と四々彦の会話の中で触れられるだけだ。

 ドラマでは、操業停止された工場の中で、一人でテストをしてる四々彦に、鉄

 平が話しかけていた。これがやがて銭高の話になり、鉄平が銭高に理解を示

 すところを、ドアの外で銭高が立ち聞きする。結局、制服を返しに来た錢高は

 考えを改め、裁判で鉄平側の証人になることを決心。この点に関しては、ドラ

 マは上手く出来ていた。

    

銀平(山本耕史)と鉄平が話し合うシーンは原作にはない。この二人はドラマ

 ほど仲良しではないのだ。実際、告訴について銀平に相談したのかと聞いた

 早苗に対して、鉄平はこう答えている。

   

     「銀平だって、こと仕事に関しては父と同じように、企業間の話

     は親子兄弟の情実ぬきという主義だし、それにあいつは、何事

     につけ、傍観者という立場を崩さない性格だ、それはそれで一つ

     の生き方だと思う──」

    

⑥実家に戻った万樹子(山田優)は、相子(鈴木京香)が連れ戻しに来た時、銀

 平が迎えに来ることを要求するだけで、反撃はしていない(第8話対応箇所)。

 ドラマでは、週刊誌のスキャンダル記事を見せながら万樹子が反撃。その話

 を相子が美馬(仲村トオル)にボヤいて、美馬が甘い言葉で誘いかけるキッカ

 ケにしていた。流れとして、上手いと思う。

    

⑦二子の閨閥結婚に関して、一子(吹石一恵)が大介に面と向かって反対する

 のは、東京の自宅。二人きりの場面だ。

 ドラマでは、鉄平が出て行った後の、一族揃っての食卓。「大介・相子」vs「寧

 子・一子・二子・(銀平)」の構図が鮮明になってた。

    

芙佐子(稲森いずみ)は原作のこの辺りには全く登場しない。ドラマでは、裁

 判の途中のお宮参りで偶然会った早苗に、不安な思いを打ち明けられていた。

   

          ☆          ☆          ☆

やった~~♪ ついに第9話まで終了。もう完走は間違いない (^^)v 今週中

に最終回の比較も終えて、『華麗』とお別れすることにしよう。

では、ほぼ間違いなく、See you later ☆彡

 

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.夢見る息子vs現実を見る父~『華麗なる一族』第1話

   鉄平と大介の心理分析~『華麗なる一族』第1話補足

   『華麗なる一族』第1話、ドラマと原作の比較

   無言で泳ぎ去った将軍~『華麗なる一族』第2話

   『華麗なる一族』第2話、ドラマと原作の比較

   腰を抜かした理想主義者たち~『華麗なる一族』第3話

   『華麗なる一族』第3話、ドラマと原作の比較

   理性を翻弄するものの次元~『華麗なる一族』第4話

   『華麗なる一族』第4話、ドラマと原作の比較

   多様なバランスの饗宴~『華麗なる一族』第5話

   『華麗なる一族』第5話、ドラマと原作の比較

   鉄平と大介、2人のデスペラード~『華麗なる一族』第6話

   『華麗なる一族』第6話、ドラマと原作の比較

   星に願いを~『華麗なる一族』第7話

   『華麗なる一族』第7話、ドラマと原作の比較

   死と再生~『華麗なる一族』第8話

   『華麗なる一族』第8話、ドラマと原作の比較

   大切に守りたいもの~『華麗なる一族』第9話

   なぜ明日の太陽を見ないのか~『華麗なる一族』最終回

   『華麗なる一族』最終回、ドラマと原作の比較

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   冬ドラマは『華麗なる一族』で決まり!☆

   『華麗なる一族』鉄平=キムタクのモデル

   『華麗なる一族』最終回、鉄平の手紙と遺言

|

« 美ヶ原エントリー!乗鞍の抽選は想定外・・ | トップページ | BIKE&RUNの連続、気分はデュアスロン♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/14432251

この記事へのトラックバック一覧です: 『華麗なる一族』第9話、ドラマと原作の比較:

« 美ヶ原エントリー!乗鞍の抽選は想定外・・ | トップページ | BIKE&RUNの連続、気分はデュアスロン♪ »