« PASMOとSuicaのビミョーな違い | トップページ | 春満開2b☆ »

春ドラマについての軽~いつぶやき♪

春ドラマの記事を書かなきゃな、と思ってたら、もうスタート。いきなり出遅れた。。

色々とバタバタ追われてたせいもあるけど、テレビ情報誌がイマイチだったせい

もある。と言うのも、いつも新ドラマ開始時期だけ月刊TVnaviを買ってチェックし

てたんだけど、今回は立ち読みで面白くなかったのでパス。他の雑誌もすべて見

たけど、買ってじっくりチェックする気にはなれないものばかりだった。

   

仕方ないから月刊誌は諦めて、ネットで新しい情報をあちこち探索。ただし、個

人サイトや掲示板は一切見ずに、公式サイトその他のメジャーなHPのみをチェッ

ク。ところが、さっぱりダメ。これだけネットを探索したのは初めてで、もうちょっと

情報があるのかと思ってたのに、全くの期待ハズレだった。仕方ないから、新ド

ラマ開始直前に発売される週刊誌か隔週誌に期待することに決定。ここまでが

3月末のお話だ。

   

          ☆          ☆          ☆    

もちろんある程度の情報ならあったけど、前にチラッと書いたように、ハッキリ

言って見たいドラマがないから、記事を書く気にもならなかった。そうこうしてる

内に、今週から春ドラマがスタート。日テレ・火曜22時の『セクシーボイスアンド

ロボ』は見とくべきだったかも知れない。俳優はともかく、題名が何とも奇妙で気

になるし、脚本が『野ブタ。をプロデュース』木皿泉だからだ。2005年の秋、

亀梨和也山下智久堀北真希の3人を輝かせた名作ドラマの脚本家だ。

          

野ブタはウチのブログをドラマへと傾斜させた記念すべき作品で、不満もある

けど全体的評価は凄く高い。各種の賞にも輝いてるし、視聴率以上に視聴者の

心をとらえた作品だろう。特に原作との違いを考えると、脚本家の力は相当な

ものだと感じる。白岩玄の原作も面白いけど、ドラマは独自の魅力で光ってた

からだ。斬新な翻案だった☆

     

新ドラマの方は、ニコ=セクシーボイス(大後寿々花)ロボ(松山ケンイチ)

男女ペアが事件を解決する冒険活劇ってことだけど、脚本家の木皿泉も実は

男女ペア、謎のコンビってことらしい。ニコを女性が、ロボを男性が描いて、後

ですり合わせをするんだろうか。その辺りも興味が湧くところ。

と言うわけで、来週以降、少なくとも1度は見てみようと思ってる。

    

話をもとに戻そう。木皿泉の新ドラマを見逃した他は、特に見たいものはなし。

そして木曜夜、ついにテレビ雑誌を買ってきた。立ち読みで選んだのが『TV

ガイド』(関東版)。あと、『TV LIFE』(首都圏版)も「創刊25周年記念」って文

字につられて買ってしまった。で、昨日か今日、いよいよ春ドラマの記事をきっ

ちり書こうと思ったのに、予想外の用事が連発して、時間が無くなってしまった。

仕方ないから、仕事の合い間にチョコッとだけ書いてるのがこの記事ってわけ。

あ~、もうそろそろ止めないとマズイ。。

       

ちょっとだけ追加すると、木曜の『わたしたちの教科書』は、志田未来をチラッと

見て終了。木曜のドラマって、暗めの作品が多いと思うけど気のせいかね。。

金曜の『帰ってきた時効警察』は一応気になってる。前作の評判の高さは耳に

してるし、脚本の構想も面白い。オダギリジョーの演技も味わってみたい。

でも、金曜深夜ってテレビを見ない時間帯なんだよな。土曜日にドラマ記事を

書くのも難しいし。ま、何なら録画して、1回くらいは見ようか。。

    

と言うわけで、もう時間だからアッサリ終了。『ブログ3割引宣言』以降、もう無

理はしない。ブログやドラマより、とりあえず仕事、仕事!

    

          ☆          ☆          ☆    

で、結局今クールは何を見るのかって? やっぱアレしかないでしょ。ウチの読

者も見そうな、フジ・月9の『プロポーズ大作戦』。カッコイイのに何だか笑える、

山下智久。フニャフニャ喋りとプロポーションが魅力的な長澤まさみ。大傑作ド

ラマ『ギャルサー』で主演した、シンノスケ=藤木直人。『たったひとつの恋』で

いい味出してたアユタ=平岡祐太。『ダンドリ』で主演した、いかにもモデルさんっ

て感じの螢倉奈々。これだけ揃うと、やっぱ見なきゃネ。

    

タイムスリップして花嫁を奪い取るとか、妖精(三上博史)の登場とか、ストーリー

的にはかなり危なっかしいけど、まあ脚本家の金子茂樹のワザを見せていただく

とするか♪ そうそう、サザンの桑田佳祐の主題歌にも期待☆

      

もし『プロポーズ大作戦』が大ハズレだった時には、『セクシー』か、あるは土曜

夜の『ライアーゲーム』に変更する予定。野ブタ&ギャルサーの戸田恵梨香

好きだし、「何じゃ、こりゃ!」の松田優作の息子さん・松田翔太も最近カッコよく

見えて来たしネ♪

    

結局、雑誌の中身について書いてないじゃないか!と突っ込んでるそこのあなた。

その通り! だって、時間が無くなったんだもん。あとでまた、機会があれば。

『TVガイド』の『プロポーズ大作戦』『冗談じゃない!』の各4ページ特集がまずま

ずだったから、一応買ってみたわけ。

ではまた。。☆彡

|

« PASMOとSuicaのビミョーな違い | トップページ | 春満開2b☆ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ギャルサーの時に、よくおじゃまして
楽しませていただいてました。
『プロポーズ大作戦』レポして下さるそうなので
お互い?大ハズレでなく、最後まで完走できますように!

投稿: ru- | 2007年4月13日 (金) 19時51分

>ru-さん

こんばんは♪ はじめまして、ですよネ。
お帰りなさいと言うべきか。コメントどうもです☆

ギャルサーってことは、藤木直人のファンなのかな。
シンノスケでの主演は、マジメでトボけたいい味を出してましたが、
プロポーズ大作戦では花嫁を奪い取られる引き立て役。
どんな演技を見せてくれるのか、気になりますネ♪

僕としては、このドラマにはギャルサー的魅力を求めてます。
面白くて奥深い、斬新なドラマになることを期待しましょう☆彡


投稿: テンメイ | 2007年4月13日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/14666413

この記事へのトラックバック一覧です: 春ドラマについての軽~いつぶやき♪:

» 「花嫁とパパ」 KAT-TUN 田口淳之介 プリクラ画像 中村仁美アナ“婚約”の問いかけに驚きの表情 [「花嫁とパパ」 KAT-TUN 田口淳之介 プリクラ画像]
「花嫁とパパ」 KAT-TUN 田口淳之介 プリクラ画像 中村仁美アナ“婚約”の問いかけに驚きの表情 [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 16時58分

« PASMOとSuicaのビミョーな違い | トップページ | 春満開2b☆ »