« タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話 | トップページ | 恋愛ドラマに理数系の理屈は場違いだったか・・ »

タイムスリップの理論的説明2~質疑応答

一口にタイムスリップと言っても、色んなパターンが考えられるし、色んな解釈

もあり得る。私は、『プロポーズ大作戦』のタイムスリップについて、直前の記事

で可能な解釈の1つを提示した。それに対して2つの質問が寄せられたので、

さっそく応答してみよう。

     

          ☆          ☆          ☆  

質問1: 世界2に飛んだ時、元々その世界にいた健はどこに行くのか?

   

  答:  どこにも行かない。そのままだ。以下、説明しよう。

     タイムスリップの大きな特徴は、飛んだ先の世界で、急に不連続な

     変化が起きることだ(飛ぶ前の世界ではない!)。未来を知ってて

     過去をちょっと忘れてる人間が突然現れることで、世界に断絶が発

     生するのだ。

     第一話では、ランニングホームランを狙った暴走、「イナバウアー」

     「未来から来た」「お前は三振する」とかいう奇妙な発言など。

     第2話では、自分が作ったお化け屋敷で本気でビビって肘をすりむ

     くとか、コーヒー牛乳なんてものに必死になってしまうとか。

                         070425a_2          ただし、健の周囲

だけじゃなく世界全体

で見ると、ほぼ連続

は保たれてて、ほとん

ど悪影響はない。

だから、第2話の記事

に挿入した図の世界2

を拡大すると、次のよ

うになってるのだ。

        

したがって、健(旧)はどこに行ったわけでもない。世界が突然ズレて、健(旧)

が健(新)に代わっただけだ。「健(旧)は突然消えた」という表現は、不可能で

はないけど、適切でもない。と言うのも、「消えた」と言っても誰一人それに気

付かないし、健(旧)とそっくりの健(新)がちゃんといるのだから。。

     

          ☆          ☆          ☆

質問2: 世界3に戻った時、世界2に残る健に今までの記憶は残らないのか?

     

   答: 記憶は残る。つまり、健が世界3の2007年に「戻った」とき、世界2

     の健はそのままなのだ。言い換えると、世界2の連続性は保たれる。

     実際、妖精は、あの後ちゃんと健はコーヒー牛乳をおごってたと言っ

     ていた。

     一方、世界3では、急に健が「戻って」きたために不連続的な変化が

     新たに生じる。世界2の断絶も引き継ぐから、合わせて2つの断絶だ。

070425b 図で表すと左のよう

になるだろう。。

  

  

  

  

    

070426 なお、第2話終了

時点では、変えら

れた過去(世界2)

には2つの断絶

生じてることになる

(左図参照)。

したがって世界2

の2007年にも多少

の影響が生じている。

ただ、タイムスリップから戻ったあとの世界3において、相変わらず礼は哲也

と披露宴を行ってるのだから、世界2でもおそらく同じ状況だろう。実際、妖精

は、「あの後お前は礼と結婚できたぞ」なんて話を健にしてはいなかった。。

|

« タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話 | トップページ | 恋愛ドラマに理数系の理屈は場違いだったか・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

詳しい解説ありがとうございます。でも世界2の健は2回も戻った記憶があるのに、その後、何も出来ずに結婚式まで来ちゃうなんて・・・。だめ過ぎ。
やっぱりバックトゥザフューチャーのように過去の自分を応援する方がいいかも?しかし同じ世界に2人いちゃいけないの?

投稿: お気楽 | 2007年4月25日 (水) 23時44分

>お気楽さん

きっちり読んで頂いてるようで、嬉しいです♪
そうか、こうゆう話がお気楽さんのツボだったか。。

そうなんですよ。世界2の健は2回も戻った記憶があるんです。
ただし、第2話の最後の状況は、むしろ世界3ですね。
2回戻ったあとだから、2001年に2つ、2007年にも
2つ断絶があるパラレルワールド。
まぁ、世界2もほぼ同じでしょうし、世界3で礼を奪い取るのが
健にとっての最終目的なんですけどネ。
   
コメントを受けて、この記事の本文を補足したので、
そちらもご確認ください☆

バックトゥザフューチャーは、テレビでちょっと見た
だけなんで、よく分からないんですけど、過去の自分を
応援してたんでしたっけ。
それもアリでしょうけど、それだとかなり違う世界に
なっちゃいますね。
同じ世界に自分が2人いるってのは、パラレルワールドの
類似性がかなり低い状況。
リアリティはますます小さくなるけど、だからこそ、
フィクションなら面白いのかも。。☆彡

投稿: テンメイ | 2007年4月26日 (木) 13時44分

ごめんなさい。よけいな質問で忙しくさせてしまって・・・3割引でしたっけ。
タイムスリップものは結構好きなんですよ♪
バックトゥザフューチャーは過去の両親をくっつけないと自分が消えちゃうんだったかなぁ?

投稿: お気楽 | 2007年4月26日 (木) 19時01分

>お気楽さん

いえいえ♪ 難しい話はパスだって言い続けてた
お気楽さんが興味を持ってくれたのは、嬉しい誤算でした☆
ブログ3割引ってのは全体をまとめての話だから、
部分的には力を注ぎますよ。全然OKです!

ただ、折角頑張って書いたのに、ウケが悪いみたいなんですよね。
ガッカリしたから、ボヤキ記事まで書いちゃいましたよ。
良かったら、一読して苦笑してくださいな^^;
    
過去の両親をくっつけないと自分が消えちゃう。。
面白い話だなぁ。。♪
反応良ければバックトゥザフューチャーとの
比較記事なんてのも書く気になったんだけど、
ちょっとやる気が失せましたね。

とか言いつつ、逆に意地張って書いたりして。。♪

投稿: テンメイ | 2007年4月26日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話 | トップページ | 恋愛ドラマに理数系の理屈は場違いだったか・・ »