« 松岡農水相自殺とZARD坂井泉水転落死についてのつぶやき | トップページ | 1時間で780kcal・・消費カロリー測定は超久し振り »

王様になった王子様~『プロポーズ大作戦』第7話

  結局最後まで、きっかけや場所にこだわって、

  この期に及んでも自分の殻を破れなかった。

  多田さんは、思っているよりもずっとすげぇ人だった

  14年の歳月を費やしても、礼に言えなかった一言を、

  いとも簡単に言ってみせた。

  完敗だった。。

  (カシャッ・・・)

  終わった。もう完全に終わった。。

 

          

         ☆          ☆         ☆

「礼には及ばない」。妖精(三上博史)のこの一言のために、レイ=吉田礼

(長澤まさみ)の名前を決めたのかネ♪ タイムスリップなんて奇妙なことを

繰り返しても、ケンゾー=岩瀬健(山下智久)は結局、礼には及ばなかった。

だから、妖精にお礼してタイムスリップを止める。ここまでは読み通りの展開

だけど、まだ第7話が終了しただけって所はちょっとだけ意外だった。

 

改めて、全部で何回の予定なのかネットで調べてみると、公式サイトには明

示されてないけど、全11話とか全11回って表示が目立つから、やっぱそう

なのか。すると、まだあと4回も残ってる。この時点で一度大きな転回を作っ

たのは、内容的にも視聴率的にも正解だ☆ 上手くやれば、視聴率20%に

到達できるかも♪ (今回はイマイチらしいけど・・)

 

タイムスリップ終了宣言と並ぶ、今回のもう一つの大きな変化。アユタじゃなく

ミキオ=幹雄(平岡佑太)がタイムスリップに気付くって話も、読み通りの展

開。ただ、先週「P.S.」の最初に書いた「それを今更やっちゃうと、話が複雑

でまとめにくくなると思う」って考えは訂正しよう。

 

番組自体と公式サイトしか参照しないっていう、反ネタバレ主義だから、先の

ことはほとんど知らない。でももし来週、ミキオがタイムスリップに参加して手

助け。それでもやっぱり上手く行かなかった、とするのなら、全体の骨格を崩

さないまま、ほど良い変化を付けたことになる。

 

幹雄が主人公・健の恋愛を手助けするっていうのは、『たったひとつの恋』の

アユタが主人公・ヒロト(亀梨和也)を手助けしたのと同じパターン。平岡佑太

キャラとでも言うべきか。ただ、ひと恋では上手くいったけど、プロポ(私が使っ

てる略称)では失敗する方が自然だ。それは、全体の流れからもそうだし、今

回だけで見ても言えること。

 

分かりやすかったのは、最後に多田哲也(藤木直人)が告白した時、幹雄が

「先生、場所とかタイミングとか、ちゃんと考えないと」と突っ込んだ点。これは

今回の話の中では、完全にダメ男的発言になる。だから、健の救世主として

活躍するのはあり得ない。逆に、もし来週以降、幹雄を救世主にするのなら、

あの発言は脚本(or演出)の間違いだ。

 

          ☆          ☆          ☆

ところで、多田先生の告白。ドラマ作りとしても上手かったし、ドラマの中で考

えても見事だった。まずはドラマ作りについて。もし今回だけを見るのなら、

オタクっぽく感じても不思議じゃないだろう。大掃除の際に見つけたアルバム

を一人でじっと見つめたり、部屋の片隅から礼の姿を見つめたり。一人で思

いつめる表情も、後半は夜だったせいもあって、暗めに映されてた。

 

でも、ここまでのドラマ全体を考えた時、これしかないだろう。と言うのも、5人

の学生グループの中に突然割り込んできた先生(or教育実習生)だから、一

人だけ浮いた行動になるのは当然だし、建築学科のエリートだから一人で考

え込むタイプなのもうなづける。また、あだ名で呼ばれたことがないとかいう孤

立気味のキャラ設定にも合ってる。

 

今回も服装は明るめだし、言葉遣いはキレイ。スタートは白いタキシードに身を

包んだ披露宴の新郎だし、今回のラストでもいい所を持って行っちゃったんだ

から、やっぱり藤木は王子様だ。ルックス、学歴、キャラと3つ揃ってるしね。

 

その王子様を告白に導いたのが、初体験の王様ゲーム。酔っ払ったツル(濱

田岳)「王様は何でも好きなこと言っていいの」と教わって、食いついた「スケ

ベ野郎」の多田は、見事に王様と書かれた割り箸(?)を引き当てる。そして、

「王様だーれだ?」「王様のお言葉、ありがたく頂戴します」と言うみんなの前

で、ツルの説明を誤解して「王様は、吉田礼さんのことが好きです」と告白。

みんなを5秒近く沈黙させた。

 

これは前回と違ってテレビドラマみたい」な偶然なのではない。前回は、合コン

の留守電がほんの数秒ズレてれば、礼はしばらく病人のケンゾーが帰って来

るのを待っただろうし、諦めるよりはむしろ心配して探すだろう。あの留守電の

軽薄さが、今回の礼の「気まぐれで優しくされることにもうなびかない」っていう

言葉につながったわけだ。

 

それに対して今回、多田がゲームで健か幹雄より先に王様になる確率は3分

の1。かなり大きい値だから、ごくフツーの出来事だ。おまけに、たとえ健か幹

雄が先でも、廊下で二人きりになった健が、礼に告白して上手くいく可能性は

小さい。実際、水風船を見事にFreshサイダー(スゴイ名前・・)に命中させた

時も、礼は素知らぬ顔で健の告白もどきを受け流したくらいだ。長年腐れ縁の

健が、酒を飲んだ後にゲームの王様として告白したところで、礼は相手にせず

部屋に戻るだろう。キスまでしてもダメだったことを思い出そう。

 

要するに、多田が健に勝ったのは実力の差なのだ。多田は王様ゲームの幸

運なんて無くても告白してたし、そもそもタイムスリップした健が妨害しなけれ

ばもっと早く告白してた。

 

2人の実力差がハッキリした今回、王子様は王様になった。少なくとも、健に

とっては。それをハッキリ表したのが、タイムスリップの終わり近く、この記事

の冒頭に引用したモノローグだった。個人的にはこのモノローグも不要(無く

てもいい)だけど、無い方がいいとまでは言わない。むしろ、これが無いとおそ

らく視聴者に不親切なんだろう。

 

きっかけや場所にこだわらず、あっさりと思い切った行動を起こせる静かな

パワー。これは、第3話の多田の描き方とも整合的だ。エリ(螢倉奈々)が絶

賛したのもうなづける。「カッコイイよ! 先生カッコイイよ! そんな風に好きっ

て言われて、女の子嬉しくないわけないじゃん。ねぇ?♪」

 

実は、私の旧友にも一人いる。この友人のポテンシャル(潜在能力)を見せ付

けられるたびに、何とか自分も、と気合を入れるんだけど、気合を入れた時点

で既に負け。向こうは気合なんて入れずに、「いとも簡単に」やり遂げるんだか

ら「完敗」だ。こうゆう力の差は潔く認めるのが男ってものだろう。

バッターボックスなんて必要とせず、どこでも思い切りバットを振れる人。

チャンスなんて与えられなくても、自分でいつでも作り出せる人。

これこそ、「すげぇ人」なのだ。。

 

         ☆          ☆          ☆

ともあれ、第7話終了時点でも結末の予想は大筋では変わってない。やっぱり

タイムスリップは失敗に終わるのが自然だ。その考えを裏付けるかのように、

今回もまた健に水がぶっかけられた(水風船)。水へのこだわりは、もはや明

らか。これで結末に水を使わないんなら、おかしいと言いたい。来週から幹雄

もタイムスリップに参加するのなら、2人仲良く水をぶっかけられて目を覚ます

ことになるべきだろう。

 

あるいは、妖精も一緒に水をぶっかけられて目を覚ますなんてオチも面白い

かも♪ これだとタイムスリップ自体が夢にすぎなくなっちゃいそうだから、個

人的には反対だ。でも、お遊び好きのスタッフだからやりかねない。

その場合、水をかけるのは突き抜けた存在になる。多田だと余りにも勝ち組

過ぎるし、ツルだと平凡でインパクトに欠ける。エリはそうゆうキャラじゃない。

礼は一応あり得るし、いざとなったら神様を出すってのも古今東西の常套手

段なんだろう。

 

だけどやっぱり、インチキ陶芸家の伊藤先生(松重豊)が適任かな。テニス

サークルで女子学生をチラ見して鍛えた動体視力を活用、パチンコ屋の景

品「ろくろ職人」で作った壷になぜか水を入れてスキップしてたらコケて、水

がバシャッとかかるとか♪ もちろん、無意味にテニスウェアの女子学生を

再登場させるってのもOKだ。

 

     
   
ただ一つ気になったのが、水風船を命中させた健に対する、礼の「そうゆう

ミラクルはホントの告白の時に取っとかないとダメでしょ!」って台詞。結末

に、予想外の「ミラクル(奇跡)」が用意されてるのかも知れない。「ホントの

告白」をする相手は今のところ礼しかいないけど、あと4回あるからその気に

なれば色々やれそうだ。タイムスリップは失敗するけど、現実の世界でなぜか

健と礼がミラクルを見せてくれるのかも知れない。

脚本・金子茂樹を始めとするスタッフが開く奇跡の扉に期待しよう♪

 

という訳で、今週から一段と忙しくなったことだし、この辺で終了。

ではまた、来週。。☆彡

 

 

 

        ☆          ☆          ☆

P.S.今回、全体的によく出来てた♪ 面白いとか、お気に入りとか言うより、

    もっと冷静に「上手いなぁ・・」って感じ。脚本の金子、プロデューサー

    瀧山麻土香・三竿玲子は同じだから、演出成田岳から加藤裕将

    変わったためなのかも。。

 

P.S.2 タイムスリップ中のビデオが、現在(披露宴の時って意味で、過去か

      ら見れば未来)の幹雄の手元に残ってるって話。写真との違いを示

      すもので、一瞬ホホーッとインパクトを受けたけど、よく考えてみると

      それほど凄いことじゃない。

 

      と言うのも、ビデオは現在まで持って帰らなくても、健のタイムスリッ

      プを示すことになるから、要するに北島康介が金メダルを取った後

      に幹雄がビデオを周りの連中に見せることを考えてみればいい。

      その時、周りはせいぜい、「よく当てたな」「すごい偶然だな」とその場

      だけちょっと感心するだけのはずで、すぐ忘れるだろう。「タイムスリッ

      プの証拠だ!」と大騒ぎになることはあり得ない。

      現実社会の異物除去システムは圧倒的に強力なのだ。。

 

P.S.3 ソクラテス=根津重人(渡部豪太)「冬のソナタ 夏のあなたも 

      遠い彼方」。ダジャレと切り捨てるのはもったいないな。ひげも剃っ

      てヨン様っぽくしてたし、ザブトン1枚くらいあげよう♪

      私も当時、NHK総合の再放送で10回くらいはそこそこマジメに見た

      かな。テーマ曲も含めて音楽が好きだったしね。でも途中から、あま

      りの韓国ドラマ的(?)展開の連発に、「どんだけぇ~!」と叫んでた。

      いや、この台詞、当時まだ無かったけど♪

 

P.S.4 スーダラ節の使い方は上手かった☆ 「スキ(好き)」のスがダラダラ

      と伸ばされて、告白できない様子をコミカルに表せてるし、健と淳治

      (エリの元カレ)のダメ男キャラにもピッタシだ。ひょっとして植木等

      に敬意を表したのかな。これを機にあらためて合掌。。

 

P.S.5 今回一番笑えたのが、ゴミ置き場の幹雄の「デザートとエロ本は別

      腹なんだよ」って台詞♪ 「DVD抜いといて」ってのもウケた。もちろ

      ん、拾ったエロ本の付録DVDのことで、幹雄のビデオ好きを下ネタ・

      ヴァージョンで上手く表してたシーン。

      幹雄に対してとDVDに対して、二つの意味で「やっべぇ」と健に言わ

      せたのも細かい技だ☆

 

P.S.6 水風船、さすがに環境保護の時代には肩身が狭いだろうな。ゴムと

      水のムダ使いだもんね。脚本家・金子の趣味がやっと通ったって話

      で、ドラマ的には全然OKだったけど。。

 

P.S.7 「礼の浴衣姿があまりにもキレイで」感心した。あれなら2人の王子

      も白旗か・・♪ プロデュース陣が見たかっただけで浴衣を組み込ん

      だらしいけど、十分アリでしょ。

 

P.S.8 マンションの裏の花火も笑えた♪ あれはCGか模型なのかな。ま

      るで怪獣が出てきそうな妙なシーンだった。実写としても、お見事☆

 

P.S.9 先週のマラソン選手ゲルグーグ(トラオレ・イッサ)は、台本にないの

      を監督(演出のことかな?)の希望で出したらしい。「また、お願いす

      るかも」とのこと。第一話の三輪車ペアも、最終回でもう一回出して

      欲しいな。

 

P.S.10 あの「ハレルヤ~、チャンス!」はホントに博多華丸のモノマネで

       いいのかな? ちょっと自信がなくなったかも。。

 

P.S.11 エリの「礼は強いよね 一度気持ち決めたら、揺れたりしないで

       しょ」って台詞。たまたま、つぶやき記事を準備してたこともあって、

       思わず『揺れる想い』を連想してしまった。もちろん礼も強くないし、

       想いは揺れてるのだ。

       ともあれ、ZARD・坂井泉水に合掌。。

 

P.S.12 牛乳飲んで、バスケとバレーやって、バンジーで身体を引っ張っ

       てまで身長を伸ばそうっていうツル。そこまでしてエリを手に入れ

       ようって姿勢は、気持ちよく笑えた。いや、身長は伸びないだろう

       けどね。時々見かける誇大広告に引っかからないように♪

 

P.S.13 エリの元カレ・淳治。一人で花火は淋しいよってメールを送ってる

       のを見て、私も昔たまたま一人で花火を見たのを思い出した。バ

       イク(オートバイ)で単独ツーリングしてる最中、偶然見かけた河口

       湖花火大会。周りが真っ暗なせいなのか、旅の非日常感のせいな

       のか、最高にキレイだったな。まさしく、真夏の夜の夢・・☆

 

P.S.14 公式サイトの予告には、来週もタイムスリップすると早くも書かれて

       る。これは当然で、何の驚きもないけど、今回ラストの幹雄の台詞

       について念のためコメントしとこう。 「もっと早く気づいてりゃ、協力

       してやれたのにな。だってお前あの後、過去戻って来なかったろ。

       また戻ってくれば、力貸してやれたのにな」

       脚本がどう処理するか知らないけど、これまでのドラマから理論的

       に考えても、この言葉は気にする必要ない。と言うのも、この時点

       の幹雄は、この後のタイムスリップを知るはずないのだから。そも

       そも次のタイムスリップは、まだ起きてない「未来」、すなわち「未だ

       来てない」ことにすぎない。。

 

P.S.15 多田がツルの説明をわざと誤解して告白に利用した、っていう見方

       もできなくはない。ただその場合、多田がこれまで築き上げてきた、

       素朴な人物像が根底から崩れ去ってしまいかねない。あと4回もあ

       るから、それは不可能じゃないけど、かなりハイリスクだし、個人的

       にも止めた方がいいと思う。

       ちなみに告白直後の沈黙は、あと3秒くらい長くても良かったかも♪

 

 

cf.奇跡の扉を開ける鍵~『プロポーズ大作戦』第1話

   タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話

   消せない消しゴム、燃やせない炎~『プロポーズ大作戦』第3話

   純粋さについて~『プロポーズ大作戦』第4話

   設計図というラブレター~『プロポーズ大作戦』第5話

   問題を選ぶこと、答えを求めること~『プロポーズ大作戦』第6話

   涙の後には晴れるかな♪~『プロポーズ大作戦』第8話

   現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話

   女の子の左手にこめられた思い~『プロポーズ大作戦』第10話

   美しく透明な流れのシンフォニー~『プロポーズ大作戦』最終回

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   タイムスリップの理論的説明2~質疑応答

   プロポーズ大作戦第3話で不評だった藤木直人(多田)の数学♪

   プロポーズ大作戦第3話の数字の相性占いを発展させると・・♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを100%にする方法♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを試してみると・・♪

   プロポーズ大作戦第5話のタイムスリップの説明について

   プロポーズ大作戦第6話の礼(長澤まさみ)のラブレター全文

   『プロポーズ大作戦』のノベライズ&コミック本について☆

   速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆

   『プロポーズ大作戦』続編とノベライズ本の結末について

   『プロポーズ大作戦』コミックの結末はドラマよりいいかも☆

   『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆

   プロポーズ大作戦・続編スペシャル、3月25日に2時間放送決定との情報☆

|

« 松岡農水相自殺とZARD坂井泉水転落死についてのつぶやき | トップページ | 1時間で780kcal・・消費カロリー測定は超久し振り »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

やっぱり鶴とエリがくっつくのは夢以外有り得ないですね。現実に戻り、花嫁を略奪・・・ちょっと臭いか・・・。

投稿: お気楽 | 2007年5月30日 (水) 01時28分

>お気楽さん

いやいや、ここ最近、ツルの評価は上がってるみたいですよ!
身長は伸びてないけどネ♪

現実に戻り、花嫁を「略奪せずに」ハッピーエンドにする。
あるいは、ハッピーでなくても前向きな結末にする。
このミラクルが問題なんでしょう。。☆彡

投稿: テンメイ | 2007年5月30日 (水) 15時35分

ミラクルですか?新婚旅行で多田が事故死しちゃう?

投稿: お気楽 | 2007年5月30日 (水) 18時16分

こんばんは~

お待たせ~~~!待ってない?あっ、そう(テンメイ風味)

>タイムスリップは失敗するけど、現実の世界でなぜか健と礼がミラクルを見せてくれるのかも知れない。

↑これはありかな?

もう、キッドさんもそうだけど何でこんなに話が
膨らんで楽しそうにレビューできるのか?
そのエネルギーはどこから出てくるのか?
ホント、素晴らしいレビューに乾杯?完敗!(笑)

私は最終回がどんな感じになるのか?それだけが
楽しみ(苦笑)
ツルとエリの行動に、ビジュアルが礼と健なら
もうちょっとワクワクするんだけどね。
タイムスリップは飽きたよ。
ひとりだけ過去に戻って歴史を塗り替えるなんて
ダメ。アンフェア(笑)
今度は幹雄も一緒に行く?

>デザートとエロ本は別腹なんだよ

    ↑いいね、私もウケタ(笑)

投稿: アンナ | 2007年5月30日 (水) 20時54分

テンメイ様、こんばんは。

いよいよ、終盤戦に入ってきましたね。
「たっ恋」「華麗」そして「プロポ」と
テンメイ様とのレビュー三レース目も
完走間近でございます。

はたして、テンメイ様の予想する
健のほろ苦い成長と礼への祝福の物語になるのか?
キッドが期待し続ける
タダ悪者露呈で礼と健のハッピーエンドになるのか?
はたまたとんでもないミラクルな展開が
用意されているのか?
レースは後半が盛り上がるので
ございますよね。
少なくとも観客は。
テンメイ様があまりご存知ない競馬で
申しますが
最後のカーブをまがって
直線に抜け出す手前でございます。
ウォッカ(日本ダービー勝利の牝馬)が来ますと
あっと驚くのです。

今回、ツルとエリはすべったのでは
ないかと思います。
ツルは「女なんかに分からない良き男」
と健は言うほどですし、
エリは「礼」が誰を好きなのか・・・
知らないはずはないのですが・・・。
健の存在を忘れたかのような
多田告白現場のはしゃぎよう・・・。
酒の上の失敗ということでしょうか。
ミキオも
「何とかしてやれたのに・・・」
って式場で言うのは
六年もつきあった友人じゃないでしょう。
3年前に気がついたなら
現代の健が来なくても
過去のダメダメ健に
意見ぐらいはできたのではなないかと・・・。
まあ、男は悪でないと、と考えるキッドは
今回は女神の歌声でしめたいと思います。

君が笑ってくれるなら
僕は悪にでもなる

健・・・「家なき子」(1994)見てなかったのか?

投稿: キッド | 2007年5月31日 (木) 00時33分

>お気楽さん

空手を始めたわけじゃなかったんですネ。
「お気楽流空手」って矛盾してて面白いと思ったけど♪

事故死はないでしょうけど、まぁそんな感じの、
まったく予想外の事が起きるんじゃないかなぁ。。
多田の扱いが奇跡のポイント。
個人的には、別にミラクルなしでも、ハッピー
エンドじゃなくてもいいんだけど。。


>アンナちゃん

テンメイ風味って、料理かよ!
ドラマ記事のトップにゆで卵入り冷麺かざってるし♪

やっぱ、礼の「そうゆうミラクルはホントの告白の
時に取っとかないと」って台詞は伏線じゃないかな。
タイムスリップの成功なんていうミラクルじゃなくて、
もっと現実的なミラクル。
思いつかないけど、一応アリでしょ。

話はチョコッと膨らんでるけど、楽しそうに見える?
この記事、ここ最近だと一番時間に追われながら
書いたから、苦しそうに書いてたと思うな。
ま、そうは言っても色々と遊んでるけどネ♪
手抜き気味の記事でも素晴らしいと言ってくれる
アンナちゃんに乾杯or完敗!

結末だけが楽しみ? もうちょっと楽しめるでしょ。
礼と健が、エリとツルみたいな行動ね。
それはこの後あってもおかしくはないけど。。
タイムスリップが飽きたって人は多いみたい。
ワンパターンって理由だけじゃなさそうだな。
なんでだろ~♪(死語か・・)

オレは真夏の屋外のエロ本なんて無理! 別腹じゃないわ。
DVDを部屋で見るんならまだしも。。
エッ、そんなこと聞いてない? あっ、そう♪


>キッドさん

こんにちは。
そうですねぇ、もう3レース目なのか。。
完走間近になって、仕事もスポーツも忙しくなって
来たから、1回休みくらいなら可能性ありますよ。
実際、去年のこの時期、『医龍』リタイアしましたからね。。

テンメイ様の予想って言うか、期待とか趣味ですね。
いや、多くの女性ファンがそれじゃ納得しないでしょう。
ヘタレとまで言われてるダメ男・山Pが、
最後に素敵な王子様になってハッピーエンド。
月9だし、こんな感じが最大公約数的な希望かな。。

キッドさんの趣味&特徴は、悪でしょう♪
これまで読ませて頂いた記事からも感じるし、
そちらに、「私と世界」が「善悪」で対立するのが
キッドさんの主題、と書いてるのも読みましたしネ。
僕はむしろ、善悪という対立の狭間で私や世界が
揺れ動く、という構図で物事を見てます。
そしてこのドラマは、善の方に世界が偏った展開の
作品だと見てますし、そうあるべきだと考えてます。

競馬はほとんど知りませんが、ランニングや自転車
のレースでイメージはつかめますよ。
最終コーナーから最後の直線に入る直前ですね。
僕は高校陸上部時代はラストスパートが得意でした。
でも今は、衰えてるからダメかも。。^^;

ツルとエリはすべったのかと問われれば、
僕の答えはYes&Noです(半ばパロディ♪)。
実生活の視点だと、仲間の健を忘れたはしゃぎようは、
酒の上とはいえ、すべってるでしょう。
一方、ドラマの中では、健と礼に対する仲間の
配慮ってのは、極端に抑えられて来ました。
だから、酒の上で配慮のないはしゃぎようを見せる
のは、すべったと言うほどではないと思います。
したがって結局、Yes&Noになります。

男は悪でないと。。
すみません。僕はわりと善人なもんで♪
ホホーッ、『家なき子』の主題歌は中島みゆき
だったんですか。見てないんですよ。
『空と君のあいだに』ね。

いやぁ、僕は健と同じく、悪にはなれないな ^^
キッドさん的には、自分がないってことでしょうけど、
僕的には、むしろ自分があるってことなんですよ。
だって、善なる自分を愛する自己愛だから。。☆彡

投稿: テンメイ | 2007年5月31日 (木) 10時37分

テンメイさん、こんばんは。

いやあ、間に合いました。明後日には8話が始まってしまいますのにね。

今回は別にショックを受けたからではないのですが。

7話はとても良かったです。多田先生の無敵な天然ぶりや、健のやさしい弱さや、礼ちゃんのとても傷ついた心や、とても良くわかって面白かったです。なぜに視聴率が悪いのやら、まあ解らないでもないですが、、、。

健と多田先生の違いもはっきりしてきましたね。どことなく似ているという設定らしいですけど、似てないですよね。正反対といえるかもしれないです。
テンメイさんは多田先生びいきですね。お友達にいらっしゃるんですね、そういう人が。

>こうゆう力の差は潔く認めるのが男ってものだろう。

すごい!テンメイさんていい人ですね。私のそばにもいるんですよ。私が考えて考えているときに、全然考えずにやっちゃう人が。(うちの旦那ですけどね)日常の小さなことですけどね。私は、もうめちゃくちゃ腹立ちますよ。だから私は健びいきです。

今回の告白に関しては幹雄くんに賛成です。時と場所を考えて欲しいです。私が礼ちゃんだったら嫌だなあ。後が困るもの。プライベートの中でも1番大切でデリケートな事だと思うので、人前では嫌ですね。
でも、多田先生だからしょうがないって感じなのかなあ。

ラストはどんどんテンメイさんの予想に向かっていっているような気がしますね。後4話、3回は泣かなきゃならなくなりそうですわ。最終回ではたしてミラクルがあるのかどうか?

私は、健のプロポーズに泣いて「はい」と答える礼ちゃんが見たいの。その後熱い抱擁に熱いキス、期待してますから。きっと、またショックとか言ってるかもしれませんが、それでも見たいのですわ。

今回は健が男っぽくてどきどきでした。水に濡れた姿が美しくてステキでした。最終回、現実の披露宴で礼ちゃんに告白して、多田先生に水をかけられるのもいいかもしれないです。ああ、うっとり!

ツルとエリちゃんに関しては私の予想というか考えはみごとにはずれでした。まあ、そんなものでしょう。私は今回のツルとエリちゃんのエピソードはああ、良かったね。と思うだけですね。あんまり恋人に見えないのでもえないんです。

投稿: youko | 2007年6月 2日 (土) 21時26分

今晩は、
ツルもカッコ良かった。エリとうまくいってよかった!
幹雄はやっぱり気付いてましたね。

I appreciate in your usual cooperation. Best Regards,Chablis

投稿: シャブリ | 2007年6月 3日 (日) 01時48分

>youkoさん

こんにちは♪ もう第8話の直前!
こないだ書いたばっかなのになぁ。。
正直もうちょっと休憩したいですネ。挫けそう・・^^;

今回の視聴率ってのは、15%前後と考えれば
ギリギリ誤差の範囲でしょう。
今回の内容よりは前回までの内容に影響されたんだろうし。
裏番組の日テレで芸能人の恋を見たのか、大きなニュース
が飛び込んで来た直後だから、NHKやネットに流れたか。。
いずれにせよ、今回の僕の評価はそこそこ高いです☆

ただ、どうしてもスカスカした軽さが残りますね。
あと、毎回ほとんど同じタイムスリップ・パターンだし、
各回ごとにブツ切りになってて、1つの恋愛ストーリー
とはとらえ難くなってます。かなり実験的作品。。
このままだと全く非現実的なファンタジーで、しかも
視聴者に夢を見させると言うより、過去に戻って花嫁を
奪い取ろうなんていうネガティブなもの。
一方、もし最後にすべて夢だったとするのなら、
あまりに古典的なワンパターンで空しいし。
ま、「すべて」夢ってのはないと確信してますけど。。

健と多田の比較は第3話の記事でやってて、
似てる部分も一応あるわけです。
ただ、その後の展開、特に今回は、違いを強調してますね。
しかもそれは、上下関係、優劣の差も含んでる。

多田先生びいきネ。。
山Pファンから見るとそうだろうし、一般に視聴者は
主人公に感情移入しがちだっていう点から考えても、
そうかも知れません。
個人的に、知的でスマートな大人の男って好きなんですよ。
去年のウチを代表する傑作ドラマ『ギャルサー』の
主人公シンノスケを見事に演じた藤木ってこともあるし♪

ちなみに、多田びいきのせいなのか、ギャルサーの余韻
なのか知らないけど、ウチに来てる読者は、山Pファンより
藤木ファンの方が多いかも。。
ま、身近に多田に似た「腹立」つ人がいれば健びいきでしょ。
いなくても山Pびいきなんでしょうが ^^

多田の告白自体は、確かに変なんです。一般論で言うと。
でも、決断力や行動力にかける健にとっては衝撃でしょう。
だから記事でも書いたわけです。
多田は王様になった、少なくとも健にとっては、とネ。
あと、紙飛行機で健に別れを告げた礼にとっても、
衝撃でしょう。別の問題、しかも一番大きな問題の浮上。
その意味でも、多田は王様になったのです。

私が制作サイドにいれば、最後はもう、健が水を
ぶっかけられるしかありません。幹雄や妖精はともかくネ♪
あとは、どうやって水をぶっかけるのが面白いかってお話。
現実の披露宴で告白して多田に水をかけられるってのは
あるかも知れませんが、あくまで多田のうっかりミスで
コミカルに処理しないと、脇役の一人勝ちになっちゃいます。

ツルとエリ、恋人に見えませんか。
僕はありだと思いますよ。でも、エリに萌えなくてね。。(^^ゞ
スタイルで勝負するモデルだから、せめて途中までのミニスカ
制服姿とか、『ダンドリ』のチアガール姿じゃないと。。☆彡
  
  
  
>シャブリさん

こんにちは。TB&コメントありがとうございます♪
ツルは男の目から見ても、ちょっとカッコイイですね。
真似する気にはなれないけど。。
幹雄に続いてツルまで、タイムスリップしたりして・・
万が一そうでも、結局失敗すると思います。。☆彡

投稿: テンメイ | 2007年6月 3日 (日) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/15251100

この記事へのトラックバック一覧です: 王様になった王子様~『プロポーズ大作戦』第7話:

» プロポーズ大作戦 第7話 「恋と花火はいつ散りますか?」 [テレビお気楽日記]
大学3年の夏休みにタイムスリップする健(山下智久)。この日の花火大会で多田(藤木直人)が礼(長澤まさみ)に告白。って先週、あのあと告白したって言ってなかったっけ?しかし、みんなで写ってる写真まだまだあるじゃん!! ... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 01時14分

» フジテレビ「プロポーズ大作戦」第7話:恋と花火はいつ散りますか? [伊達でございます!]
健と多田、そして尚。それぞれの分岐点で、目的にために、どれだけなりふり構わずに振る舞うことができたか。それが、“それまでの事実”を“新しい事実”に変えました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 06時39分

» す、す、す、す、スイスイ スーララッタ、故・青島幸男、故・萩原哲晶、故・植木等その他の皆様、ありがとうございます。(山下智久) [キッドのブログinココログ]
す、す、すき焼きでも食べようか。とか。す、す、スリランカは昔セイロンだったね。と [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 13時22分

» プロポーズ大作戦 第7話〜恋と花火はいつ散りますか?〜 [アンナdiary]
私に頼みごとするなんて100年早い ちっちゃいくせに! 牛乳飲む! バンジージャンプでカラダを引っ張る! もう、ツルとエリに泣き笑い♪ 健と礼は相変わらず。。。。どこまで引っ張るんだ〜〜〜〜〜! ... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 20時14分

» プロポーズ大作戦 第7話 [シャブリの気になったもの]
プロポーズ大作戦 第7話 フジテレビ 2007/05/28 (月) 21:00~ OA  「恋と花火はいつ散りますか?」 ★はじめに なんと、日本代表・森理世さん(19歳)がミスユニバース(世界一)に!! (2007 miss universe Japan(R) - 2007 ミスユニバースジャパン ) ([Blog... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 02時42分

» プロポーズ大作戦〜第7話・告白! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
プロポーズ大作戦ですが、今回は山場という感じで、礼(長澤まさみ)に多田が告白するのを健(山下智久)がタイムスリップで止めようとします。ハレルヤチャンスですが、「冷静かつ大胆に」などアタックチャンスになりつつあります。(プロポーズ大作戦、第7話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 20時29分

« 松岡農水相自殺とZARD坂井泉水転落死についてのつぶやき | トップページ | 1時間で780kcal・・消費カロリー測定は超久し振り »