« ツール・ド・美ヶ原前夜、ホテルにて | トップページ | 美ヶ原2007のこぼれ話をちょっとだけ・・ »

ツール・ド・美ヶ原2007☆

BIKE59.7km;レース21.6km,標高差1270m,心拍Av167,Mx178

070624a刺激的だった!♪

5年連続で参加の

ツール・ド・美ヶ原

2007。今回は諸

事情で、仲間の多

くが参加できなく

てちょっと淋しかっ

たんだけど、私は

Fさんと宿泊。後

070624b_1はMさんが家族で去年の宿

に泊まるって話。この2人は、

去年のレース後にゴール地

点の上の美ヶ原高原を一緒

に走った仲間だ。景色を楽し

みながらポタリング気分で走

る予定が、Mさんの爆走でト

レーニングみたいになったの

が懐かしく思い出される。他

には、まだ学生っぽく見える

H君とA君も参加。

           

070624cまず前日、昼間は快晴だっ

たのに、夕方から雲が増え

てきた。今回は個人旅行み

たいなノリだから、観光気分

であちこち見た後、のんびり

会場へ行って受付。

070624d_1記録用センサーを自転車

に取り付けてチェックを受

けようとしてた瞬間、目の

前にレースクイーンが2人

歩いて来た♪ 飛んで火に

入るRQ。当然のように撮影

申込み。もちろんニッコリOK

でポーズ。「ツール・ド・レディ」

て名前の彼女たち、これが仕

事なんだから、撮影しない方

が失礼だろう♪ 凄く感じの

いいコたちで、特に向かって左のコは好みだな。

エッ、聞いてない? あっ、そう♪

             

その後、近くの野球場のスタンドにもぐりこんでみた後、いよいよ美ヶ原名物・

激坂のチェック。疲れを残したくないから、軽~く登ったつもりなのに、心拍は

面白いように急上昇。アッという間に170まで到達。昨日も携帯で投稿したよ

よに、まさに激坂恐るべしって感じだ。どうしても写真だと斜度が緩く見えるだ

ろうけど、全国から集まった選手の中でも、ここをスイスイ登れる人間はごく一

部。スタート後すぐにあるって所がミソで、最初から疲れてしまうのだ。下る時

にも、ブレーキかけるのがしんどいほど。ここだけじゃなく、美ヶ原はやっぱり

全体的にキツイ! 人気No.1の8月の乗鞍と比べても、かなりキツさは上だ。

ちなみに美ヶ原はNo.2のヒルクライムレース。参加者2000人近くの大きな

イベントだ。

     

          ☆          ☆          ☆

さて、大会当日24日の朝。って言うか、今朝。目覚まし3つのおかげで、ちゃ

んと5時起床。もともと寝不足が溜まってるのに、この夜は近くの部屋の連中

が1時半ころまでギャーギャー騒いで、ロクに寝れなかった。これは、会場か

ら少し離れたホテルだったから、一般客が騒いでたもの。会場のすぐそばな

ら、選手だらけだから23時には寝静まるところだ。ちなみに、Fさんは気にな

らなかったとのこと。ま、私の方が繊細ってことか♪

    

ホテルを出た時間も対照的。Fさんは6時前で、わりとフツーだろうけど、私

は6時半。要するに、荷物預けのリミット7時に間に合えばいいわけだ。こう

ゆうノンビリ型は、仲間うちだと他にはみぃちゃんしか見当たらない♪

会場に向かう途中、サドルバッグが下にズレ落ちて後輪に接触! これは

去年の乗鞍のレース中に起きた事態。普段はキャリアで支えてるから、外し

た途端に支えを失うってことだ。レース中じゃなくてラッキー☆

   

070624e会場で荷物を預け

た後も、写メを撮っ

たりトイレ行ったり、

全然アップなんか

せず。スタート前の

10分ほど軽くアッ

プしただけで、すぐ

激坂だ。今年は周

りの選手のスピー

070624fドが速かったけど、

全く気にせずマイ

ペース。激坂で突

然、「テンメイさん、

頑張って!」なん

て声援がかかった

から、笑って力が

抜けて、一瞬止ま

りそうになった。

070624g私も出世したもん

だ、なんて思って

る余裕なんてなし。

一気に心拍179

(実測最大心拍の

97%)まで追い

込んだ去年と違っ

て、わりと余裕を

もって登ったんだ

けど、それでも心拍175!ついさっきまで散歩しながら写メ撮ってたのにネ ^^;

        

美ヶ原も5回目ともなると、かなりコースを把握できてる。激坂を過ぎれば、

あと1.5kmほどで美鈴湖周辺の平坦コースになって、ホッと一息つける。

その後もキツイけど、少なくとも「激坂」と呼ぶほどの箇所はもうないから、

あとはフツーに頑張るだけ。ジムのバイクで追い込んでるのと似たような感

覚だ。ただし、ジムと違って、実際の登りは腰が痛くなる。斜度(トルク)のキ

ツさとその変化によるものだろう。まして私は、自慢にならないけど、去年8

月の乗鞍以来、一度も山に行ってない。ほとんどが多摩川とジム、そして

直立姿勢のランニングだから、脚はともかく腰が出来てない。ま、来月半ば

から少しヒマが出来るから、あちこち行こうとは思ってる。

    

とにかく、その後はまあまあの走りだったんだけど、後半になってアクシデン

ト発生。右の靴のクリートが壊れたのだ! クリートとは、ペダルに靴を固定

するために、靴の裏に付いてる金具のこと。これが無いと、引き足を使えず

踏み込むだけになってしまって非常に不利だ。おまけに、レース中だから止

まって靴の裏を見ることも出来ず、おかしいなぁとかブツブツ言いながら右足

をゴソゴソさせてたから、その間はペダルを回してない。

    

ま、仕方ないから諦めて、グイグイ踏み込んで17km過ぎの武石峠到着。こ

の大きな看板を見た後は、かなりの下りも入ってるフラットな高原コースにな

るから、もうラストスパートするだけだ。気持ちよく飛ばして、最後の坂からゴー

ルまではダンシング。この日の最大心拍178はこの時だろう。ゴール後は、

070624hすぐ右足の裏を確認して、

不運を嘆いた後、冷やしト

マトを2コもらってムシャム

シャ。4コ食べたとか言って

る選手が近くにいたけど、

私はちゃんと後の選手のた

めにガマン。荷物を受け取

りに行くと、H君が話しかけ

て来たから、乗鞍の話とか I さん

の事とか、しばらくおしゃべり。お

070624i互いの写メも撮った。上が私、下は

H君。他人の写真はプライバシーに

配慮して、小さく載せるか判別しに

くい形で載せているし、予め許可も

取っている。仲間うちで断トツに速い

H君、結局入賞できたかな?

その後、スタート時刻の遅いFさんの

到着をゴール地点で待ってる

070624mと、しばらくして通り過ぎた姿を発見(左)。

すぐ近寄って、クリートの件をボヤいた

ら、Fさんも妙なトラブルがあったとの事。

ま、色んな事が起きるもんだな、と納得。

そのうち、今朝の予報どおりに雨が降り

出してしまったので、上の美ヶ原高原へ

行くのは今年は断念。代わりにちょっ

とだけ風景写真。下の写真の上に見え

070624k_2る電波塔の向こうに

美ヶ原高原の雄大な

景色が広がっている

のだ。

名残を惜しみつつ、

上下アップを着込ん

で雨に打たれながら、

寒さと冷たさと闘いつつ

070624l_1下山。それでも時

々写メを撮ってた

のは、ブログのた

めなんだけど、さ

すがに雨天だとい

い写真は取れなかっ

た。ま、また次回っ

てことで♪ 下山途

中は、ポイントごと

に立ってるスタッフさん達に「ありがとうございました!」、「お疲れさまでした」

と大声で感謝。みんな、ニコニコと応答してくれた☆

            

070624o寒さに震える身体

で会場に戻ってセ

ンサーを返却する

と、待ってたのは

ストーブ♪ 何と気

が利くスタッフなん

だ! しかも強烈

な熱を発散させる

ストーブで、ほとん

ど乾燥機代わりに使ってしまった。そうするうちに、目の前でツール・ド・レディ

撮影会なんてものがスタート。最初、みんなストーブとか食べ物しか眼中に

070624qなくて、待ってる2人が気

の毒だなと思ってたら、そ

のうちポツリポツリと参加

者登場。心優しい私も、彼

女たちの懸命なお仕事を

手助けするために参加。

どうでもいいけどこのヘル

メット、横から見るとフツー

なのに、正面から見たら変

な形なんだよな。誰も気にし

てない? あっ、そう♪ ちな

みに私の身長はフツーだから、この2人の背が高いってこと。レースクイーン

だから当然か。先日のミスユニバースにはちょっと負けてるけどネ。。

        

ま、ともかくこうしてツール・ド・美ヶ原2007も無事終了。エッ、タイム? いつ

ものように内緒♪ ま、大体想像つくでしょ。普段すべてのデータを公開してる

しネ。去年より1分半ほど悪かったけど、クリートのアクシデントさえなければ

同じくらいのタイムは出たはずだ。それに、走り全体がいい感触で、すごく後

味が良かった。平均心拍167、最大心拍178も十分な値だ。

やっぱり、自転車はランニングほどには衰えてないのは間違いない。全日本

マウンテンサイクリングin乗鞍まであと2ヶ月。今週後半から早速ガンガン走

ることにしよう。今年こそ20分切らないとネ☆

       

最後に今年も、青汁CMをパロって一言。

   キツーイ! もう1回♪

    

cf.ツール・ド・美ヶ原2006

  ツール・ド・美ヶ原2005

    

 

|

« ツール・ド・美ヶ原前夜、ホテルにて | トップページ | 美ヶ原2007のこぼれ話をちょっとだけ・・ »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

確かこれでしたね、私の名前

まずは激坂レースお疲れさまでした!(*゜▽゜ノノ゛☆
アクシデントがあった割には、
昨年とさほど変わらないタイムとは、
9日間連続特訓したかいがありましたね~(* ̄Oノ ̄*)

この調子でぜひ乗鞍でIさんの記録を破って下さい!
乗鞍でお会いしましょぉ~♪('-^*)/

投稿: M・Y | 2007年6月26日 (火) 21時18分

>M・Yさん

アハハ(^^) ウケた。
ボケ老人じゃなくて、認知症老人かよ♪
自分の名前と家くらい忘れないように☆
   
それはともかく、どうもどうも。
クリートが壊れたのは痛かったなぁ。
後半のスピード出せる場所で全然出せなかったしね。
一瞬ふてくされそうになったわ。ガキかよ!
ま、レース2週間前の悲惨な状況を考えたら上出来♪
ホント、9日間連続特訓は効いたわ☆
  
もうこうなったら、乗鞍は16分台だな♪
Iさんに喝を入れてやろっと!
また乗鞍のレース中に会おうネ(^^)v

投稿: テンメイ | 2007年6月27日 (水) 00時05分

お疲れ様でした!クリート、ちょっと残念でしたね。
坂で声をかけるのはやっぱりまずかったかな。。。
失速させたら責任重大ですね。連日の特訓が…(汗)
リザルト見たら、テンメイさんより後に弟がいましたよ!
弟は練習不足で反省しきりでしたけど、超軽量自転車で臨んだのに、
クロスバイクにまけたと判ったらもっと落ち込むかも。(笑)
テンメイさん、さすが体力すごいわ~~~!!
それから、今年はトマト2個で…ありがとう。

レースクイーンとのスリーショット、
明らかに左に寄っているのは、やっぱり好みだったから?♪(笑)

投稿: トマト | 2007年6月27日 (水) 02時09分

PS:あっそうだ。
上から11枚目の写真…
テンメイさんのビアンキが横倒しになってる写真を見たのは初めてかも。。。?
なんだか新鮮だわ(笑)

投稿: トマト | 2007年6月27日 (水) 23時52分

>トマトさん

超軽量ロードとクロスバイクのどっちが美ヶ原で
有利かってのは、わりとビミョーな問題です。
かなり時代が変わったとはいえ、ロードは
まだまだ重いギアなので、キツイ坂だと大変。
僕はフロントのインナーは使いませんが、それでも
激坂は32×30。かなりラクしてます。

レースクイーンとの3ショットは、僕が近づいたんじゃ
なくて、向こうから身体をグイッと寄せて来たんですよ♪
だから僕はエッ?!と驚いて、上半身が反対方向に
逃げてるわけです。
ま、そうゆうサービス精神も含めてお気に入り☆

横倒しの写真は確かに珍しいかも。
なお、少しだけコメントを修正したので、悪しからずご了承を。。

投稿: テンメイ | 2007年6月28日 (木) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/15549554

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・美ヶ原2007☆:

» 自転車を趣味にしてみたら毎日の暮らしにゆとりが生まれます [自転車趣味 休日に自転車で趣味悠々]
自転車を趣味にしてみたら毎日の暮らしにゆとりが生まれます 自転車を趣味にしてみたら健康にも環境にもいいくらしが生まれます [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 16時15分

« ツール・ド・美ヶ原前夜、ホテルにて | トップページ | 美ヶ原2007のこぼれ話をちょっとだけ・・ »