« 千の風になって微笑んでるかな・・ | トップページ | 現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話 »

お通夜と告別式の間に軽くRUN

(10日)RUN約11km,約63分,心拍測定せず

ツール・ド・美ヶ原の2週間前の週末が、帰省&葬儀参列となったことについ

ては、既に前の記事に書いた。でも、故人がスポーツ選手だったことについ

ては、まだ書いてない。。

           

お通夜の席で思い出話を交わすうちに、故人が若い頃、ある競技のトップク

ラスだったことを知った時は、かなりインパクトがあった。単なる趣味のスポー

ツだとばかり思ってたのに、まさか全国レベルの選手だったとは。。20歳前

後の証拠写真を見ると、確かにアスリートの身体をしてる。それでいて、あれ

ほど色々と人生を楽しんで、人間関係も広げていたのか。

いやいや、参りました。。

      

と言うわけで、告別式の前に空いた僅かな時間を利用して、軽くランニングを

した。私も一応、全国レベルのものを2つ持ってるんだけど、残念ながらそれ

はスポーツではない。1年半の高校陸上部時代には、県大会予選落ちまでし

か行けなかったし、今の実力はその当時よりもさらに15%ほども下だ。でき

れば今からでも、全力を振り絞って上を目指したいって気持ちは強くある。。

         

この日の気象条件は、雨上がりの後の快晴。大っ嫌いな蒸し暑さに加えて、

普段のランニングだと全く経験しない太陽光線を全身に浴びながらのランニ

ングとなった。心拍計のトランスミッターを持って帰るのを忘れたくらいだから、

日焼け止めなんてものもない。ジリジリと顔や手足を太陽に焼かれながら、

高校陸上部時代の夏のトレーニングとかを思い出してた。時間とパワーがあ

り余ってた頃とはいえ、今と比べるとケタ違いに頑張って走ってたのは確か。

1km3分をラクに切ったり、血尿が出るまで走りこんだりするのはもう無理

なのかな。。

          

人生は短い。自分が生きた証、輝く結晶のようなものは、色んな形で残せる

だろうけど、そのうちの一つにRUN&BIKEも入れたいよなぁ。。

走り終えた後、告別式で故人と向き合いながら、そんな事を考えていた。

    

最後までインパクトを与えてくれて、どうもありがとうございました。

安らかにお眠りくださいとは、あえて言いません。

風や光や雪や星となって、生き続けてるはずだから。

ともあれ、合掌。。。☆彡

|

« 千の風になって微笑んでるかな・・ | トップページ | 現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話 »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/15393584

この記事へのトラックバック一覧です: お通夜と告別式の間に軽くRUN:

« 千の風になって微笑んでるかな・・ | トップページ | 現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話 »