« 速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆ | トップページ | 夜中に幼児の一人歩きと遭遇in多摩川 »

『クロサギ』続編が映画で実現!山下智久、銀幕主演デビュー☆

昨晩たまたま goo のテレビ番組欄にアクセスしたら、「山下智久が念願の銀

幕デビュー」と書いてあった。去年のTBSの春ドラマで、平均視聴率15.7%

(首位)を記録、山下にとっては連続ドラマ初主演作だった、『クロサギ』の続編

を来春映画化するとのこと。思わず、ヨシッ!って感じで大きくうなづいた。

と言うのも、去年の最終回の記事で、私はハッキリと続編を予想してたし、その

後も考えを変えてなかったからだ。その点について、記事から引用してみよう。

       

   今クールのドラマには、一応最低限の終焉がやって来た。・・・でも

   『クロサギ』という物語に終焉は訪れてないし、クロ詐欺という悲しい

   復讐の人生にとっても、夜明けは遠い彼方だ。

   ・・・もしこのドラマを、これで本当に終わりにするのなら、かなり中途

   半端な出来だ。時間切れで、最低限のつじつま合わせを行っただけ

   のこと。でも、続編を作ろうっていう狙いなら、これもアリかなと思うし、

   その狙いを喜ぶ視聴者も少なからずいるんだろう。。

   ・・・ウチでは黒崎が一般社会に帰るのが自然だと早くから言い続け

   て来た。

   ・・・正論美少女・氷柱の成長を待つしかないのか。いずれにせよ、

   夜明けは遠そうだ。。

   ・・・ドラマの中身以外に情報を持ってないけど、1年以内にスペシャ

   ル版で続編がある方が自然だろう。今回のラストは「see you!」

   し、公式サイトにも続編を軽く匂わせていた。国外逃亡(?)した御木

   本と決着をつける必要もあるし、桂木のゲームのGOAL、つまりハー

   トマークに本当の意味でたどり着く必要もある。

   ・・・まあ、スペシャル版じゃなくて、あと1クールくらいやらないと、この

   ドラマは終わらないだろうけどね。

    

と言うわけで、1年以内じゃなくて2年後(2008年春)まで先延ばしにされちゃっ

たけど、続編の予想に関しては当たった。もっと言えば、映画1本ではおそらく

話は終わらないと今から言っておこう。ま、映画の上映時間や人気、山Pの人

気やスケジュールの問題が大きくからむから、映画の続編があるとまでは言わ

ないけど、フツーに考えれば1本でキレイな決着をつけるのは難しいと思う。

       

スポーツ報知の情報によると、ドラマ&映画の伊與田英徳プロデューサーは、

「もともと映画にしたかった作品。人は人を信じるからこそ、裏切られた時の悔

しさが大きい。だましていく物語の中で、人をどう信じるか。人の業や心のひだ

をえぐっていき、人間の本質を描きたい」と語ってる。

さらに山下については、「ドラマでは主人公のキャラクターにピタリとはまり、悪

人を斬るヒーロー像ができた」、「あれからまた成長し、目の力強さが増した気

がする。それをスクリーンの中で生かしてもらえれば、『スティング』(詐欺師を

描いた73年の米大ヒット映画)を超える」と宣言したそうだ。

絶賛&野望を表す言葉で、よろしいんじゃないかな♪

    

配給元の東宝のサイトにはまだニュースが見当たらないけど、TBSのサイト

にはあった。主人公・黒崎役の山下は、映画化によせてと題してこう語ってる。

「今回ずっと願っていた映画出演が、自分自身が初単独主演させていただい

たドラマでとても縁を感じます。そしてお世話になった山崎努さんや哀川翔さ

んとまた共演できてとても光栄です。このクロサギでの役は今ドラマで演じて

いる役と正反対なので黒崎に早く戻れるよう頑張ります。初の映画ということ

で気合入れて頑張ります」

    

この山下の「正反対」って言葉に対して、スポーツ報知の記事は「片思いの幼

なじみに告白できない男」という説明を補足してるけど、これはピントはずれ気

味の蛇足だ。告白できないって意味では、むしろ黒崎とプロポーズ大作戦の岩

瀬健は似たようなもの。山下の正反対って言葉はそうゆう意味じゃないはずだ。

    

キャストはドラマとほとんど同じみたいで、氷柱(堀北真希)、桂木(山崎努)、

早瀬(奥貫薫)、白石(加藤浩次)、神志名(哀川翔)、ゆかり(市川由衣)らの

懐かしい顔ぶれが再び揃うようだ。監督は、ドラマで演出(要するに監督)を

手がけた石井康晴。日本経済を脅かすほどのスケールの詐欺を舞台に、黒

崎は桂木らと対決するらしい。

    

TBSは続報も予告している。今後のニュースにも注目しつつ、来春の映画

公開を期待しよう。。☆彡

     

cf.「野ブタ」彰と信子の再会~『クロサギ』第1話

   詐欺師2人の騙し合い~『クロサギ』第2話

   あなたはそれで幸せなの?~『クロサギ』第3話

   憎悪による束縛~『クロサギ』第4話

   お帰り♪~『クロサギ』第5話

   鏡像への攻撃と執着~『クロサギ』第6話

   不条理に揺れる生~『クロサギ』第7話

   二重の敗北から終焉へ~『クロサギ』第8話

   幸せに生きるということ~『クロサギ』第9話

   一瞬の輝きの果てに~『クロサギ』第10話

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

|

« 速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆ | トップページ | 夜中に幼児の一人歩きと遭遇in多摩川 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

テンメイさん、こんばんは。

「クロサギ」映画化、さすがにびっくりです。SPドラマくらいではあるかもと思っていたんですけど、まさか映画とはね。

私はちょっと、あんまりうれしくないというか、複雑です。Pちゃんは以前から映画に出たいと言い続けていたので(超チョイ役でいいからと言ってました)喜ぶべき事だと思うんですが、TVドラマの映画化というのがねえ。初出演になるんだから、できれば映画オリジナルのものであって欲しかったんです。

こういう気持ちって、映画を良くも悪くも特別視しているということなんでしょうか。わがままなんだろうなとは自分でも思うんですが。

これで完結編というわけではなく、独立したお話のようなので少し安心していますが、、、。複雑といいながら始まってしまえば喜んで見るんでしょうけどね。主題歌を歌う事になるかもと、それは期待して今からわくわくしてます。

投稿: youko | 2007年6月 9日 (土) 20時46分

>youkoさん

こんにちは。
アレッ、複雑なんですか。それは意外だな。
なるほど、映画オリジナルの方が良かったわけか。。

映画は、テレビより遥か上だと思われてることが多いし、
注ぎ込まれる金も人も時間も一般的にはかなり上。
特別視はフツーのことでしょう。
ただ、それが嬉しさよりも勝ってるっていうのは意外。
ま、ファンならではの「わがまま」で、いいんじゃないでしょうか♪
   
記事にも書きましたが、映画1本で完結ってのは無理でしょう。
って言うか、もし完結させたら内容的に不自然になるはず。
でも観客動員数がパッとしないと、自動的に終わりになっちゃうかも。
ファンなら2回以上映画館に行くのが義務でしょう♪
頑張ってください。。☆彡

投稿: テンメイ | 2007年6月11日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/15354148

この記事へのトラックバック一覧です: 『クロサギ』続編が映画で実現!山下智久、銀幕主演デビュー☆:

» クロサギ [いま話題のエンターテイメントとは?]
クロサギ プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 21時08分

» 花ざかりの君たちへ ドラマ [花ざかりの君たちへ ドラマ]
花ざかりの君たちへ ドラマ キャストは堀北 真希が男子高校生としてドラマに登場 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 04時59分

« 速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆ | トップページ | 夜中に幼児の一人歩きと遭遇in多摩川 »