« 連続7日目~1時間796kcal♪ | トップページ | 連続8日目~重いギア&ダンシング »

女の子の左手にこめられた思い~『プロポーズ大作戦』第10話

  オレさぁ、こんなこと出来るようになったんだぜ

  あたしだって出来るもん ・・・アッ・・・

  どうした、礼ちゃん! 女の子の身体に傷つけるようなことして!

  もしあとに残ったらどうするつもり?!

    ・・・・・・・・・・・・・・・

  僕が責任を取ります! 礼を、一生面倒見ますから

  よろしくお願いします♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

いやぁ、感動した! 『SMAP×SMAP』ビストロ・スマップの2007ミス・ユニ

バース、森理世!☆ 直前の長澤まさみの強烈なランニング・シーンでさえ霞

むほどの、美貌と自信とオーラ♪ 一回り以上も年上の中居正弘でさえ、圧倒

されてたもんなぁ。キムタク=木村拓哉もマジでお買い物デートに誘いたそうだっ

た。もちろん、香取慎吾が変装したくらいじゃ、遠く及ばない。ま、森理世は結

構ライバル視してたけどネ。。

 

いやいや、スマスマの話なんかじゃなくて、感動したのは今回のラストシーン☆

2人で走り去る映像は、既に先週の予告で見てたから、感動したのはもう一方

の映像だ。その少し前から、何かやるなって気配はあった。何やってんの?と

不思議になるほど、バーガー・ショーグンの妙なインテリア改装に時間を使い、

大きくて地味な紙袋も意味ありげにアップで映す。少し時間をおいて、エンディ

ング直前にタモツ=西尾保(菊池健一郎)が袋を開けた瞬間、もう私は一点し

か見なかった。ズーム・インの視聴者サービスなんて必要ない。見るべき場所

は、ただ一箇所。DKNY(ドント・ノック・ニューヨーク)の看板の女神の頭。王冠

の上に輝く指輪だ。この瞬間、ヨシッ!と声を上げて「ガッツポーズ」!☆(^^)v

 

もちろんこれは、前回社会人1年生になったばかりの岩瀬健(山下智久)が、

吉田礼(長澤まさみ)のために「初任給全額で勝負をかけた婚約指輪」。「あす

なろ抱き」攻撃のオマケまで付けたのに、効果なく敗北。結局ムダになって、仕

方なく王冠にかぶせて去ったブカブカの指輪について、ウチでは前回ちゃんと

予言しておいた。。

 

まず、最終回の具体的予想の中で、「ベストは、今回ドント・ノック・ニューヨーク

の自由の女神の王冠にかぶせて捨ててきた、ブカブカの指輪を遠くから礼に

向けて投げること。このゲームに、健はミラクルで成功」。

また、P.S.4には次のように書いておいた(色づけは今回の引用にて)。

 

    再び登場したドント・ノック・ニューヨーク(DKNY)。わざわざダナキャ

    ラン・ニューヨーク(DKNY)の許可まで取ったと公式サイトに書いて

    たけど、相変わらず中途半端な使い方だな。ひょっとすると、まだ使

    い続けるのかも。そうじゃないと、完全な失敗に思えてしまう。街角の

    看板で、王冠に健が指輪をかぶせるくらいじゃ弱いな。指輪が健の

    もとに戻る過程で、巧妙な仕掛けが用意されてるのかも知れない。

 

そんな事、誰だって考えるだろと思う人もいるかも知れないから、客観的デー

タを示しとこう。6月19日現在、Yahoo!とGoogleで「プロポーズ大作戦 

最終回 指輪 ドント・ノック・ニューヨーク」を検索すると、わずか数十件しか

ヒットしない。DKNYに替えても同様。さらに、ヒットした記事の内容まで考慮

すると、正しく予想して明言したサイトはごく僅かしか存在しないのだ。もちろ

ん、特別な情報は全く持ってないので、私のドラマの見方・考え方がかなり正

しかったということだ。

 

今回の「ヨシッ!」とか「よっしゃ!」という感覚は、『たったひとつの恋』第9話

で、ヒロト=弘人(亀梨和也)のモノローグが過去形から現在形になったのを

聞いた瞬間以来かもしれない。過去形の指摘ばかりが目立つ中、ウチではか

なり早い時期に、現在形への変化の可能性を正しく明言しておいた。待ち構

えてたところへ、見事に「現在形になったモノローグ」の登場。今回同様、「よっ

しゃ!」と微笑んだ瞬間だった♪

 

ところで今、わざと「正しい」という強い言葉を使ってみた。実際のドラマの進行

にかなり的中してるって意味で「正しい」指摘だったわけだ。でも別の見方をす

るなら、「正しい」かどうかはともかく、私とスタッフの考えが一致or共鳴したって

ことだ。つまり、私のガッツポーズは、脚本家・金子茂樹、演出・成田岳・加藤裕

将・初山恭洋、プロデューサー・瀧山麻土香・三竿玲子らとの、空想上のハイタッ

チってこと。折角だから、打ち上げパーティーに忍び込んで実際にハイタッチを

せがんで、冷たく追い払われるのも面白いかも知れない♪

 

もちろん、たとえ指輪に限っても、まだ全ての読みが的中したわけじゃない。で

も、ここまで来たらもう、礼の左手めがけて健が投げるしかないはずだ。そうで

なければ、何のために第7話の水風船投げがあったのか。なぜ、成功した健に、

礼は「そうゆうミラクルはホントの告白の時に取っとかないと」と言ったのか。な

ぜ前回、「オレの指でもブカブカ」の指輪を用意したのか。なぜ今回、礼の目の

前で、健が缶コーヒー『TRY』の空き缶を3回もゴミかごに投げて、結局成功し

たのか。健の絶対諦めない所が好きだったとか、相変わらず説明過剰気味な

台詞を、礼に長々と言わせることまでして。。

 

さらに、新しい論点も書いておこう。それは、多田哲也(藤木直人)が礼に贈った

婚約指輪を、なぜか今回、礼がはめてなかったということだ。見落としかなと思っ

て、録画をチェックしたけど、少なくとも非常に重要なシーン3つではめてない。

最初のウェディングドレス選び、途中の式場チェック、最後の多田の全日本建築

学会・新人賞受賞記念パーティーだ。

 

しかも、大切な婚約指輪をしてないっていう強い設定なのに、それを強調する左

手のアップ映像が全く(orほとんど)見当たらなかったのだ。それに対して、小学

校時代の健(北村海斗)礼(松元環季)につけてしまった左腕の傷跡は思い切

りアップになってた。大人の礼の左腕もそうだし、子供の礼の包帯も写真の中央

で目立ってる。そのために、わざわざ礼を向かって左側に座らせて、左腕を写真

(orテレビ画面)の中央に持ってきてるわけだ。

 

と言うことは、この左手の傷跡こそが、遥か昔から礼の左手にはめられていた

本当の婚約指輪だ。健が「人生で初めて買った指輪」は、傷跡という重いリング。

そして礼は、それを喜んで受け取ったのだ。

 

実際、子供の礼はケガして病院に行って何針か縫った直後なのに、満面の

笑顔。たとえあの笑顔の6割がスイカ、3割がカメラ目線によるものだとしても、

残りの1割は喜びの表現だ。この記事の冒頭に掲げたやり取りでも、幼心に

責任を感じて「一生面倒を見ます」と言った健に対して、礼は満面の笑みで

「よろしくお願いします」と答えてた。そうゆう趣味のない私でも、思わず可愛

いと思ってしまったほどだ♪

 

そもそも鉄棒で「飛行機とび」をしたシーン、健はそれほど悪い事をしたわけ

じゃない。ちょっと配慮にかけてた程度のことで、小学生ならごくフツー。女教

師(?)に怒鳴りつけられる姿は可哀想だったほど。それでも潔く男の責任を

取ろうとした健は立派な「男前」だった。

まさか、いまや太陽系から滅亡しつつある多田悪人説の代わりに、チビッコ健・

悪巧み説を唱える人なんていないよネ♪ ちなみに私は、女教師ヒステリー説

なら賛同してもいい。。

 

ラストシーン、2人でパーティー会場から駆け出して行く姿は、映画『卒業』その

ものだ。それだけでなく、過去の受賞記念パーティーが、現在の結婚披露パー

ティーとも重ねあわされていることは、もはや明らかだろう。男3人を強引にウ

エイターにしたのは、もちろん「人がいない」からではなく、服装をフォーマルに

したかったため。

 

ダイナミックな姿で走る礼の左手をしっかりつかんだ健の右手は、あらためて

贈られた生身の婚約指輪。ここまで来たら最終回は、健の右手が礼の左手

に「結婚指輪」を渡すしかない。投げてミラクルを起こすにせよ、指で優しくは

めるにせよ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

女の子の左手には、色んな思いがこめられている。本人はもちろん、周囲の

人も、過去から未来にわたる数十年の深い思いをこめてるわけだ。

 

今回、映像制作会社のミキオ=榎戸幹雄(平岡祐太)が中心になって、健と

ツル=鶴見尚(濱田岳)との3人で礼の実家に行ったシーンは、なかなか味わ

い深かった。これがフツーの恋愛ドラマなら、それほどとも思わなかったかも

知れない。でも、この非常に軽~いノリの恋愛コメディの終盤になって、花嫁

の両親の気持ちをじっくり映し出したところが効果的だった。

 

変わった名前の父・貴礼(森本レオ)の本音トークは笑えた。「礼、多田さん、

わたしゃいまだに2人の結婚は、認めておらん。これから先も、祝福する気持

ちになれないのは明々白々なので、今のうちにとっとと別れて・・」母・礼奈

(宮崎美子)の優しい姿もいい。礼奈は再現映像での病院の様子も良かった。

「あっ、待っててくれたの?♪」。女教師とは大違いだった。。

 

一方、あらためて両親のビデオを取り直した直後の健のモノローグは、珍しく

ちゃんと意味のある、必要性のあるモノローグだった。「結婚は、2人だけのも

のではない。両親や兄弟を含めた、家族みんなの幸せの上に成り立っている。

過去の自分は、その重みに耐えかねて、先に逃げる以外の方法が見つから

なかった。礼への思いは、結婚という現実に、いとも簡単に押しつぶされた」。

こうゆうリアルな話は今まで無かったはずだ。

 

女の子の左手は、初任給全額の婚約指輪どころか、マイホームの25年ロー

ンの何倍もの重みがあるのだ。幹雄が言ってたように、「結婚なんてしちゃうと、

物事の優先順位変わっちゃう」わけで、「ツルはランキング外」になってしまう♪

礼が多田と結婚すると、礼のランキングの中で、健はベスト10にも残れないか

も知れない。少なくとも、子供よりは下、多田のご両親やローンどころか、洗濯

や掃除よりも下になる恐れも出てくる♪

 

ちなみに、このモノローグを入れる直前、お父さんが「よろしく、お願いします」

と頭を下げた先には、健だけが映されていた。これが映像の文法というものだ。

脚本に描かれたストーリーからはみ出た部分、一応は独立した領域に、映像

独自の流れが構成されている。ドラマや映画を「見る」とは、こうした映像言語

を認識し、解釈or改釈していくこと。その先に予想という頭脳ゲームがあるのだ。

 

 

        ☆          ☆          ☆

今回、健は結局、お父さんにも「よろしく」と頭を下げられ、お母さんにも「おじ

いちゃんが言ってたけど、あたし、もしかしたら、ケンゾー君と礼が結婚するん

じゃないかって思ってたのよ」なんてありがたい言葉を頂いた。ご両親どころか、

じいじ=太志(夏八木勲)の承認まであらためてもらった。そして、左手の傷跡

という婚約指輪を確認した上で、左手をつかんで花嫁強奪。マラソン選手・ゲル

グーグ(トラオレ・イッサ)を出して茶化すこともなく、ブカブカの指輪と重ね合わ

されて終了。これで来週、もし2人が結ばれなかったら、ソクラテス=根津重人

(渡部豪太)と共に「何じゃ、こりゃ!」と叫ぶしかない。

 

最終回の予想については、先週あらためて細かく書いたけど、相変わらずほと

んど訂正の必要がない。完全に読み筋通りの進行だ。ポイントだけ再掲しよう。

 

   タイムスリップは失敗する。

   ポジティブな結末、おそらくハッピーエンドになる。健と礼が結ばれる

     ミラクルが有力。

   最後は現実の世界、つまり現在。

   タイムスリップを単なる夢として全否定することはない。

    夢に見せかけた本物のタイムスリップのはず。

   多田は悪人じゃないし、タイムスリップもしない。

   最終回のエンディングは、初回の冒頭と同じく妖精(三上博史)にして、

     形式美を作る。

   最後も今まで同様、健は水をかけられる。

 

前回、「もし半分以上違ってたら、ドラマの方がおかしい」と書いたけど、今回

はさらに少し限定して、「もし3つ以上違ってたら、ドラマの方がおかしい」と書

いとこう。2つなら、一応は想定内、許容範囲だ。

さらに、礼の「ケンゾーはなんにも分かってない」という言葉は、本質的には単

なる見掛け倒しで重要じゃないとも書いておいた。実際、今回まったくこの言葉

は効いてない。来週もせいぜい、既にウチの前回記事P.S.8に書き添えた程

度の意味しかもたないだろう。

 

ただ、結末予想の根幹、①~④の具体的なドラマ化については、「珠玉」の技

が披露されるかもしれない。私自身は前回、4分の1くらいはギャグで、具体的

予想を書いておいた。でも4分の3は本気だ。指輪とドント・ノック・ニューヨーク

については既に書いたから、もう一つの大きなポイント、ビデオに触れとこう。

 

今回、予想以上にビデオが前面に出てたから、私は機嫌良かった♪ ご両親

の撮影も長かったし、エアホッケーやDDR(ダンス・ダンス・レボリューション)で

遊んでる姿も映されてた。さらに、見逃せないのは、受賞記念パーティーで多田

がスピーチする時、後ろのスクリーンに現在の会場の様子が映されてたこと。

もちろん、ここも小さくガッツポーズだ♪ 過去の写真から現在のビデオへ、そし

てさらに未来の現実へ、という読みに、ますます確信が深まった瞬間だ。

 

細かいけどウチらしい指摘、水へのこだわりについても補足しとくと、予告映像

で、受賞記念パーティーの会場のスクリーンに抽象的な水の映像が映されてる。

でも、あの程度じゃ物足りない。やっぱり、お天気雨を降らせて、「明日晴れる

かな?」と礼に言わせるくらいの、ポジティブで印象的な水を見たいものだ。

 

一つだけ気になるのは、残り時間の少なさ。今回、やや冗長とも言える贅沢な

時間の使い方をしてるので、来週の放映時間が延長されない限り苦しい展開

になるだろう・・・と、ここまで書いて、来週のテレビ番組表をチェックしてみたら、

15分延長になってた♪ それならギリギリ何とかなるだろう。

今から新しいガッツポーズでも考えとこうかな☆ ま、予想外の展開に激怒する

顔文字も、一応用意しとくけどネ。。

 

さて、来週のウチの記事に並ぶのは、(^^♪や(*^^)vや \(^o^)/か、

それとも(-_-メ)や(-_-;)や(>_<)か、乞うご期待♪

もちろん、そんな事よりもっと大切なのは、満足してお別れできるかどうかだ。

笑顔で拍手するにせよ、感動で涙を流すにせよ。。

それでは、また来週。。(^^)/~~~

 

 

          ☆          ☆          ☆

P.S.前回も書いたけど、このままではツルの活躍が物足りない。今回の、

    家電売り場でのキスとか、ビデオに映ったでかい頭とか、お父さんへ

    の抱擁くらいじゃダメだ。来週、決定的な言葉や行動を示して欲しい

    もんだ。ま、脇役だし、それほどこだわらないけどネ。

 

P.S.2 子役の名前を求めるアクセスが時々入ってるけど、それは健と礼

      に対するもの。マニアック・サイトを自称するウチとしては、むしろ

      今回のたこ焼きシーンに再登場してた小野寺文哉小野寺慶之

      注目したい。この2人は、前から私がちょくちょく言及してた、初回

      の三輪車ペアだと思う。こうなったら最終回、ゲルグーグと共に、三

      輪車にも登場して欲しいもんだ。ま、これまた、こだわらないけどネ。

 

P.S.3 たこ焼きシーンで5人がやってたお遊びは、初めて見た。要するに、

      「いっせいのイチ!」と言った直後に、親指を上げてる人間がイチ(一

      人)だったら勝ちらしい。ドラマでは、「いっせいのゼロ!」と言った幹

      雄が最後の1コを食べて、みんなを悔しがらせてた。ずいぶん長く

      映してたけど、まさか来週の伏線じゃないよな。。

 

P.S.4 今回撮影したご両親のビデオ。ツルは「2次会のサプライズ」だと言っ

      てた。初回、つまり現在の状況は、結婚披露パーティーであって、2

      次会ではないはず。もしあの後さらに2次会をやるのなら、場所は

      ショーグンしかないはずだ。それなら、やたら時間をかけてたインテ

      リア改装を活かす可能性も生じる。もちろん、あのパーティーを2次

      会と呼んだと考える方が流れとして遥かに自然だけど、はたして。。

 

P.S.5 「現金があればミルクセーキも飲める」なんて台詞でアントニオ小猪

      木を出すくらいなら、博多華丸をどうして出さなかったのかね。スタッ

      フに猪木ファンがいたってことか。ちなみに猪木のテーマ曲『炎のファ

      イター』でもおなじみ、今回目立ってた「ボンバイエ」って言葉は、「彼

      を殺せ!」って意味のリンガラ語ってお話。詳しくは、検索でどうぞ。

      ともかく、ミルクセーキなんて飲み物とは程遠い言葉のようだ。

 

P.S.6 ミルクセーキとミルクシェーク。Yahoo!だと、セーキが約80000件

      なのに対して、シェークは約37400件。いずれにせよ、昔バイトして

      たから分かるけど、あれを大量に注文されると作るのが大変だ。エリ

      (螢倉奈々)のボヤキはよく分かる。

 

      それにしても、コーヒーや牛乳へのこだわりってのは何なのかね。偶

      然の展開の中での、単なるお遊びかな。水ならまだ分かるけど。。

 

P.S.7 多田が口にした2つのギャグ。まず、立修大学陶芸部アトリエで、イン

      チキ陶芸家・伊藤先生(松重豊)がろくろからルービック・キューブを

      取り出した瞬間の「先生はいつから陶芸始めるんですか」。続いて、

      ショーグンで店長タモツが、出かけるから何も作れないとか言ったとき

      の「むしろその方が助かります」。どちらもビミョーで、そこがまた多田

      らしくて良かった♪

 

      思い返せば、多田のデビュー。数学の授業でのエリに対する応答(交

      わらない2曲線みたいなもの)ってのも、伊藤先生しかウケないビミョー

      なギャグだった。ちなみに、あれが多田のギャグだったことについては、

      ドラマよりもノベライズ本やコミックの方がハッキリと書いている。

 

      話は違うけど、予告編での多田。「今から賭けをしない?」なんて言っ

      てたな。それが指輪投げとまでは言わないけど、何で賭けなんて話

      を今さら持ち出すのか、その流れの方がむしろ気になるところ。

 

P.S.8 「ガッツポーズ」は、死語と言うには使われすぎてるようだ。Yahoo!

      で約1250000件もヒットする。それに対して、「ガッツポーズ 死語」

      は約17200件。僅か100分の1にすぎない。「ガッツポーズなんて死

      語だろ」なんて台詞の方が、むしろ死語なのだ。

 

P.S.9 公式サイトによると、ブカブカの指輪はもともと捨てる予定だったら

      しい。という事は、主要スタッフの間でかなり脚本が変えられたって

      ことかね。その辺りの実情をもっと詳しく知りたいもんだ。。

 

P.S.10 予告編の健の涙はタイムスリップの失敗、礼の「ケンゾー!」って

       言葉はハッピーエンドを示すものだと思ってる。はたして。。♪

       そしてまた、今週は17.2%だったらしい視聴率が最後に20%

       に到達できるのかも気になる所。番宣がんばってネ!☆

 

P.S.11 エリのキスは「何じゃ、こりゃ!」って感じだったけど、あれは母性

       愛に近いものかね。「お連れの鶴見尚君が迷子になっております」

       ってアナウンスの後の、エリを呼ぶツルの悲しげな(?)声が心に

       響いたってことか。ま、あの2人のキスよりも、ソフトクリームの方

       に目が行ってたけど。あと、アナウンス・ガールの大げさな動揺ぶ

       りが笑えた。やっぱ、デパガは何やってもイイ♪ あっ、あれはデ

       パートじゃなかったか。。

 

 

cf.奇跡の扉を開ける鍵~『プロポーズ大作戦』第1話

   タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話

   消せない消しゴム、燃やせない炎~『プロポーズ大作戦』第3話

   純粋さについて~『プロポーズ大作戦』第4話

   設計図というラブレター~『プロポーズ大作戦』第5話

   問題を選ぶこと、答えを求めること~『プロポーズ大作戦』第6話

   王様になった王子様~『プロポーズ大作戦』第7話

   涙の後には晴れるかな♪~『プロポーズ大作戦』第8話

   現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話

   美しく透明な流れのシンフォニー~『プロポーズ大作戦』最終回

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   タイムスリップの理論的説明2~質疑応答

   プロポーズ大作戦第3話で不評だった藤木直人(多田)の数学♪

   プロポーズ大作戦第3話の数字の相性占いを発展させると・・♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを100%にする方法♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを試してみると・・♪

   プロポーズ大作戦第5話のタイムスリップの説明について

   プロポーズ大作戦第6話の礼(長澤まさみ)のラブレター全文

   『プロポーズ大作戦』のノベライズ&コミック本について☆

   速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆

   『プロポーズ大作戦』コミックの結末はドラマよりいいかも☆

   『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆

   プロポーズ大作戦・続編スペシャル、3月25日に2時間放送決定との情報☆

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

手作業TB: ・・・忘れてた・・・よろしくお願いしますって・・・言われてた。俺、

        お願いされてたのに・・・何やってたんだぁぁぁぁ。(山下智久)

                            (キッドのブログinココログ)

|

« 連続7日目~1時間796kcal♪ | トップページ | 連続8日目~重いギア&ダンシング »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

>> 指輪が健のもとに戻る過程で、巧妙な仕掛けが用意されてるのかも知れない。

>> 左手の傷跡こそが、遥か昔から礼の左手にはめられていた本当の婚約指輪だ。

>> 男3人を強引にウエイターにしたのは …… 服装をフォーマルにしたかったため。

凄いです。素晴らしい読みです。感服しました。
最初はベタな題名に期待せずに見始めましたが、“月9”の底力を感じた作品です。


投稿: 伊達 | 2007年6月20日 (水) 17時35分

いよいよ楽しみの最終回ですね。ガッツポーズが見れるといいけれど・・・。(普通に使ってます。)
確かに指輪も普通自分より小さく作りますもんね。長澤さんはがたいがでかいからかなぁと思ったけど。
チッチーノチってやった事ないですか?正式名称は分からないけど・・・。

投稿: お気楽 | 2007年6月20日 (水) 18時25分

森本レオいまでももてるんですかね?

投稿: TORIO | 2007年6月20日 (水) 23時08分

>伊達さん

どうもどうも。こんばんは♪
「感服」って、素直に喜んでいいんですかネ。。(^^ゞ
僕も、題名がベタすぎるし、タイムスリップの反復なんて
奇妙な設定だし、最初はそれほど期待してませんでした。
春ドラマの中で1本選ぶんならこれかなって感じ。
でも、なかなかよく出来てますよね。特に終盤は上手い♪
月9の底力を見せつけられました☆
できれば最終回で、さらに「感服」させて欲しいものです☆彡


>お気楽さん

来週、時間も延長だし、すごく楽しみにしてますよ♪
細かい予想を強気で書いちゃってるから、
ハズレまくったら激怒するかも(^^ゞ
ま、大きくガッツポーズして、読者の冷たい視線を
浴びるつもりなので、期待してください♪

がたいがでかいから大きい指輪ね。。
なるほど、面白い! ザブトン1枚☆
「チッチーノチ」って、検索すると1ケタしか出ませんよ♪
正式名称どころか、やった事も見たこともなし。
ま、月9であれだけ映したんだから、
結構メジャーな遊びってことかな。

そうそう、そちらのレス、ウケました ^^
もちろん未来ってそうゆう意味じゃないし、レスもギャグ
だろうけど、ホント、タイムスリップ好きですね!☆彡


>TORIOさん

はじめまして。コメントどうもです♪
森本レオ、ちょっと老けちゃいましたけど、
今でも人気あるでしょ。
有名だし、まだまだモテそうな感じ。
独特の表情と声が魅力的だと思います☆彡

投稿: テンメイ | 2007年6月21日 (木) 01時00分

テンメイ様、こんにちは。
またしてもTB返せずです。
ココログは気まぐれで困ります。

やはり多田悪人説のもたらす
呪いでございましょうか。

それはさておき、テンメイ様の
推理正解炸裂でございましたね。
まさに神の栄光はテンメイ様の頭上に
輝くのでございます。

さあ、最後の水は何でしょうかね。
やはりキツネの嫁入りなので
ございましょうか。
ま、約束を忘れたバツと
約束をやぶったバツは
微妙に違うけれど
待ち合わせをすっぽかしては
いけませんからね。
礼は心の約束を守るタイプらしいですから。

ええーっあの時、そんなこと言ったっけーっとか。
禁句なのですね。
それが20才の時でも
小学生の時でも
同じはず。
でも、思い出せたからには
健も約束を果たす権利は得たということでしょうね。

さて、ミラクルな場所はどこなのでしょうか。
ミラクルなギャンブルとは・・・。
そして使えない男(酒井敏也)が最終回に
登場するのかどうかもキッドとしては
気になります。
彼は多田サイドの妖精のような気がしますので。
・・・密林より愛をこめてお願いしたい。

スイカ、ソフトクリーム、ミルクシェイク
すべてはヒロインの乙女心の象徴かと思われ
最終回はともかく揺れに揺れるはず・・・。

奇跡の鍵は手のひらに握られている。
ただし、遠い過去ではなくて
明日のために・・・。

主題歌、みごとな結末スルーでございます。

キッドとしては結婚式は塗り替えられる方が
妖精ラストが自然だと思うのですが
まあ、妖精の魔力が
結婚式場限定ではないのかもしれませんが。

それから迷信深い人間としては
神の前の契約を
交わした後では
神様が黙っていないような気もいたしますよ。

もちろん、記憶にない健の家族が
キャスティングされていないとなると
ダブルで卒業になる可能性も。
そうするとバスの運転手が・・・。
かな?

さあ、圧倒的に負けている悪魔サイドの
この予想。
いよいよ最後の勝負でございます。
でもやっぱり来週もハレルヤ?

投稿: キッド | 2007年6月21日 (木) 11時42分

>左手の傷跡こそが、遥か昔から礼の左手にはめられていた本当の婚約指輪だ。
健が「人生で初めて買った指輪」は、傷跡という重いリング。
そして礼は、それを喜んで受け取ったのだ。

初めまして! 
ギャルサーの頃から覗かせていただいてましたが、
この素晴らしい解釈に、思わず出てきてしまいました。
とすると、2話の健の肘のバンソーコーも伏線?
私も②③④⑤⑥は当たっていると思います。
ただ、健の成長ということで、
礼の今を認める(祝福?)という過程を経た上で、
ミラクルが・・(笑)
多田派としては(申し遅れましたが、私は藤木ファンでございます^^;)、
多田さんの心情を思うと泣けるほど複雑ですが・・。

タイムスリップを繰り返したことで、
現在の何が真実で何が変わってしまったことかがかなりあやふやになってますが、
小学生の時の約束だけが、変わらない真実ということなのでしょうか?

このドラマで伝えたいメッセージ的なものは、
じいじ、礼父、多田さんといった、年長者に言わせていたと思います。
ただ、完ペキ健目線で作っているので、
健に感情移入してる人たちには、
多田さんの言うことなど、耳に入らないというか、嘘くさく感じたようで・・(^^;)

長くなってしまいましたが、
最後に蛇足的(?)に。
瀧山Pによると、多田さんは最初はちょっと頼りないが、
回を追うごとに、「この人いいな」
「この人なら礼が結婚するのも仕方ない」と思えるキャラクター。
(それにしては、視聴者を敵に回すような描写が多かったような・・)
9話のプロポーズは、女性スタッフの理想&願望を具現化したもの(笑)

P.S 何かと伏線があるようなこの作品。
卒業の回のタイムカプセルは、何か意味を持ってくるのでしょうか? 

投稿: みき | 2007年6月21日 (木) 19時45分

>キッドさん

こんにちは♪
またTB不能ですか。困ったもんですね。。
一応、昨晩遅くに手作業TBをこちらで
付けときましたが、1日遅かったかな。
早くもアクセス激減しちゃったから。。

実はこの記事、各回ごとのメイン記事としては、
今期最高の初期アクセス数を記録したんですよ♪
アップがずいぶん遅くなったにもかかわらず、
ニフティのトップページに紹介されたおかげで、
20日夜から21日朝にかけて大量アクセス。
これは久々にベスト5くらい行っただろうと
ランキングをのぞいたら、連日の無視。。^^;
遥かにアクセスの少ないウチの記事でさえ載って
ますから、2日連続のシステムエラーですね。
超不愉快!(^^ゞ ココログにも困ったもんです。。

それはさておき、推理正解炸裂してるでしょ(^^)v
読者の反感買うのを承知で、自慢させて頂きました。
鉄平の5分の1くらい、自己愛人間なもので♪
まだまだ、来週さらに炸裂するはずなので、
冷めた目線で待っててください。
夏の甲子園のテーマ曲でも練習しとこうかな。
「ああ~ 栄冠は 君に輝く」♪☆

キツネの嫁入り。。久々に聞きましたよ♪
ネットで調べても、詳しい情報が出ませんね。
春や秋に多いって話はあるけど、今は梅雨or初夏。
でも、実は昨日、お天気雨に遭遇しました。
やっぱ、栄冠は僕に輝くかな。。^^
逆に、水を浴びせられただけだったりして。。

使えない男(酒井敏也)って、タクシー運転手&
大学職員ですね。最終回登場は十分あり得るでしょう。
今回、三輪車ペアまで再登場したくらいだしね。
ただ、外見が妖精ってイメージじゃないのはともかく、
どうせ使えない妖精だからダメでしょ。
やっぱ、多田悪人説は密林で成仏させてやってください♪

そういえば、ミルク関連の多用は、幼さの表現ですね。
ツルのこだわりとか、健のコーヒー牛乳探しとか、
礼の図書館プレゼントとか。
でも、スイカ? スイカップ・古瀬絵里のことかな♪
これこそ死語か。。
ま、ラストシーンでまたスイカを揺らしてもらいましょう。

主題歌。僕も記事でもっときっちり扱おうかと思って
たんですけど、結末スルーですよね。
そもそも一般に歌詞ってものは意味が曖昧だし、
特に桑田だと音とかリズムの側面が大きいし。
結婚式は塗り替えられるでしょうが、問題はそのやり方。
僕はビデオ撮影隊の「はい、カット~!」なんて
言葉を待ち構えてます。
神の怒りは、撮影用のセットって扱いで、大丈夫でしょ。

ともかく、いよいよ最後の勝負。
ドラマレビュー界に神話が誕生するかも。。(^^)☆彡
  
  
  
>みきさん

はじめまして♪ コメントありがとうございます☆
ギャルサー以来の読者さんですか。それは嬉しいな ^^
あれは素晴らしいドラマでした!
ちょうど1年前、最終回の感動は今でもハッキリ覚えてます。
あそこまで僕が絶賛したことは他にありませんしね。
「思わず出てきてしまいました」って、
かくれんぼじゃないんだから。。^^;
もっとフツーに出てきてくださいよ。
鬼に捕まることはないでしょう。多分ネ♪

お褒めの言葉、どうもです。もっと褒めてください (^^)
2話の健の肘のバンソーコーね。なるほど、忘れてました。
それは多分、伏線だったんでしょうね。遠大な構想。。
②~⑥は当たってるってことは、①と⑦が疑問ですか。
実は僕も、①がはずれるのをちょっと心配してます。
あり得ることだけど、やるべきじゃないと思う。
⑦は些細だけど、かなり自信持ってますよ♪
こないだ1話の録画を流し見して、ますます確信しました。

「礼の今を認める」ってことに関しては、賛成です。
それもあって、タイムスリップは失敗すべきなんですよ。
妖精の力でタイムスリップして礼と多田の結婚を邪魔する
なんて発想が、何とも情けない。全然「男前」じゃないですね。

「多田派」ってのが笑えます ^^
前にもコメント欄に書きましたが、どうもウチの読者には
「健派」より「多田派」の方が多いような気がします。
『クロサギ』より『ギャルサー』の方が遥かに
アクセス来てたってこともあるのかな。
でも、『野ブタ』は『ギャルサー』並みのアクセスだったしなぁ。。

タイムスリップの繰り返しで、確かにわかりにくくなりましたね。
ま、来週ひょっとしたら記事で整理するかもしれませんけど、
他のブログにおまかせしようかな♪
小学生の時の約束も変わらない真実ですが、5人の友情も、
多田の誠実で温厚で優しい人柄も、ご両親の愛情も、
タイムスリップの影響は受けてません。
フツーの時間の影響は受けてますけどね。

メッセージ的なものは、このドラマの場合、
ウチもあまり扱ってませんね。
さほど意識してませんでしたが、そう言えば
『ギャルサー』の記事と比べると大差です。
ま、『プロポ』は基本的に恋愛コメディなわけですが、
メッセージもまずまずでしょう。
「多田さんの言うことなど・・・」って、
かなりストレス溜まってますネ(^^♪
ま、主役の人気アイドルの恋敵なんだから仕方ないでしょ。
多田も藤木も、大人の余裕で平然と受け止めてますよ。

長いのは全然かまいません。この3倍でもOK。
ま、記事より長いのはちょっと困るけど♪
蛇足どころか、ドラマの本質に関わる重要な補足ですね。
要するに多田は、いい人キャラで作られてるってこと。
最終回も必ずそのままキープされるでしょう。
「敵に回すような描写・・」って、ここまで続けられると、
半ばギャグのようにも読めて来ますネ♪
それだけ熱烈な多田派=藤木ファンってことかな。
その情熱はちょっと羨ましいかも。。

タイムカプセルはどうでしょうかね。
中身が地味だったし、扱いも小さかったし、
その後の話でのフォローも見当たらないし。
でも、来週の健&礼は小学校に行くみたいだから、
高校にも立ち寄って、タイムカプセルを掘り起こすかも。
念のために今チェックすると、健が阪神バッジ、礼が
お守り、幹雄が学生証、ツルがエリとの写真、エリが
相手ピッチャーのサイン入りボール。
うーん、大きなポイントにはならないかな。
礼のお守りに何か手紙が入ってるかも知れませんね。

ま、ともかく来週の最終回に期待しましょう♪☆彡

投稿: テンメイ | 2007年6月22日 (金) 13時37分

>このままではツルの活躍が物足りない。
それに対して、僕のひとつの予想です。

健と礼のハッピーエンドもありえると思う。
だけど、あそこからいきなり結婚へ行くのは少し難しい気がしました。
まぁ、ドラマだからどうにでもなるんだろうけど。
そこで、僕の予想は、最後に健が現在に戻ってくると、ツルとエリの結婚式になってるんじゃないかと。
んで、健と礼が付き合ってる状態で、
エリから礼がブーケを受け取って、健と・・・みたいな。
健と礼の関係があまり進展しない中、エリとツルの関係がどんどん親密になってるのと、
第一話で、エリが「あたしさぁ、心のどこかで絶対礼より先に結婚すると思ってたんだよね~」といい、
それに対して礼が、「大学の時にエリが結婚したらあたしにブーケくれるって約束してたもんね。~
だからあたし、エリにブーケもらってから結婚するんだって漠然と思ってたし・・・」
といっていたので、そう予想してみたんですけどどうでしょうかw

投稿: どっかの無力な妖精 | 2007年6月22日 (金) 18時13分

テンメイさん、こんばんは。

いやあ、テンメイさん、すごい、すごい、すごーい!私、感動しました。

多田先生の指輪は9話で礼ちゃんの指にはめるシーンがあるんですけど、健視点ということで外からの映像だったのでぼんやりとしか映っておらず、はっきりと映っているのはケースに入った状態でだけなんですね。健の指輪は健の指にはめた状態ではっきり映っていたので、対称的ですね。

>過去の受賞記念パーティーが、現在の結婚披露パーティーとも重ねあわされていることは、もはや明らかだろう。

これは私も見ていてすんなりわかったんですが、ウエイターのかっこうの訳は全然考えませんでした。なるほどねえ。すごいわあ。

まあ私は、健ってば似合うー!とうっとりだったので。

ラスト、2人が走り出したところ、建物の外に人工池がありましたね。映ったのは少しでしたけど、きれいでした。それと、礼ちゃんが走りながらつながれた手をちらっと見たのも印象的でした。

10話はこれまでの集大成と最終回に向けての助走という感じをうけました。健の表情とともに、やさしいしっとりとした回だったと思います。

最終回予想は①から⑦まで全部当たってると思います。ただ④はちょっと微妙かな。夢にみせかけることもしないと思うので。

なんにしろハッピーエンドだというテンメイさんのお墨付きで、私は安心いたしております。

もうばかみたいに健に感情移入してしまっているので、なんとしてでも健に幸せになって欲しいんです。健と礼ちゃん、本当にお似合いなんだもの。

どうせ私はここの読者では数少ない「健派」です。主人公なのに、数少ないって、ううう、、、。

えっと、亀レスですが、みきさんへ、
HPとか読んでも、みなさん、多田先生のことはとても良いように受け止めていますよ。「良い人だから幸せになってもらいたい」って。予告を見ても最後まで良い人みたいです。私も苦手だけど、嫌いではないです。藤木くんは大好きだしね。

>ツルの活躍が物足りない。

同感です。メインストーリーに絡んでない気がします。でも、こういうキャラ設定ということなんでしょう。

5話の後半以降、ここまでとても好きです。(1話と3話も大好き)健がどんどん大人っぽく、男っぽく、ステキになっていくので。最後は笑顔がみたいなあ。礼ちゃんとの熱い抱擁&キスを切望して、最終回を見たいと思います。


投稿: youko | 2007年6月22日 (金) 23時03分

私より痩せているらしいテンメイさんへ♪


遅い?
コメントしようと思ったけど
みんな熱いので近寄れなかった(笑)
今クールはどのドラマも乗り切れなかったな~
。。。って、まだ終わってないけど(笑)
ごめん、今回もパス。
楽しみは、最終回のテンメイさんの予想が
当たるか?それだけです。

今年中にスリムになるアンナより(プッ)

投稿: アンナ | 2007年6月23日 (土) 00時45分

>どっかの無力な妖精さん

はじめまして。コメントありがとうございます♪
意味深な名前ですね。無力でも、妖精ならスゴイ!
色々と想像して楽しませて頂きます ^^

とてもユニークで面白い予想ですネ☆
僕の頭には全くありませんでした。
確かに、ツルとエリの結婚は筋が通ってると思います。
それ自体としては、可能性ありますね。

ただ、そこから健&礼の結婚までは距離があります。
あと、多田&礼の結婚の後始末をどうするのか、
タイムスリップや妖精をどう解釈するのかも大きな問題。
それらを一応考慮してるのが、僕の予想なのです。

結婚式の話になることだけは間違いないので、
ブーケのキレイな使い方には注目してます。
最終回まであと僅か。珠玉の出来に期待しましょう☆彡


>youkoさん

アハハ (^o^) わかりやすいホメ言葉、どうもです♪
嬉しいとか怪しいとか言うより、ウケました。

指輪、実は記事に書き忘れたんですけど、来週、
何で礼がハメてないのかがポイントになるかも知れません。
って言うか、そうでないと多田の指輪が可哀想。
多田派の方々もご不満だろうしネ♪

ウエイターの指摘がそんなに驚かれるとは、驚きです。
あれは僕にとって、考えるまでもなく、
そうとしか見えなかったもんで。。

アートっぽい人工池はもちろん僕も見てますよ。
ただ、記事ではあえて指摘しませんでした。
水関連としては、弱すぎる使い方だったから。
例えばあれが、池の中をジャブジャブ駆け抜ける
シーンであれば、当然指摘したわけですけどネ。
ま、最終回は間違いなく水が前面に出るでしょう。

夢に見せかけることもしないってのは、ギリギリ許容範囲。
確かに、ここまでの流れだと、タイムスリップを
堂々と認めそうな雰囲気がありますね。
ま、僕が脚本家か演出家かプロデューサーなら、
夢・幻のたぐいに見せかけた処理にしますけど。。

ハッピーエンドは99%確定でしょう。
ただ、前から言ってるように、僕自身の趣味としては、
健がほろ苦い経験を受け止めて一人で歩み出す方が好きです♪

数少ない健派は、ありがたくて貴重な存在。
何で主人公なのに数が少なそうに見えるのか、
色々と考えちゃいますけど、ま、いいか。。

「苦手だけど、嫌いではないです」って、
あんましフォローになってない気がするけど・・(^^ゞ
健&礼の熱いキスは可能性高いと思いますが、
やっぱりエンディングは2人で走ってほしいですネ。
最初からずっと、健は走り続けて来たんだから。
とにかく最終回、期待しましょう☆彡


>アンナちゃん

「私より痩せているらしい」じゃなくて、
ホントにオレの方がスマートだよ (^^)v
何なら、セミヌードの写真でもアップしようか。
要らない? あっそう♪
とにかく、テンメイのRUN&BIKEを
見習って、ちょっとは運動するように!☆

遅いけど、ま、いいや。
熱いよ。オレに近づくと火傷するぜ!って感じ ^^
みんな最終回直前で盛り上がってるのに、
もう過去形かよ! 今からでも乗りなさい♪
ラストくらいはパスしないようにね。

テンメイさんの予想、大ハズレだったらどうしよう。。^^;
最後だけに、八つ当たり記事は書きにくいしなぁ。
今週、超強気の記事書いた直後だし、心配で昼も眠れない♪

ま、アンナちゃんも、「今年中にスリムになる」って
予言をちゃんと的中させないと、カッコ悪いよ。
優しく見守っててあげるから、ダイエット頑張って!
もちろん、挫折したら爆笑するけどネ )^o^( 

投稿: テンメイ | 2007年6月23日 (土) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/15499470

この記事へのトラックバック一覧です: 女の子の左手にこめられた思い~『プロポーズ大作戦』第10話:

» フジテレビ「プロポーズ大作戦」第10話:ラスト・ハレルヤチャンス [伊達でございます!]
いつものように健に説教をする妖精ですが、今回は、やけにエキサイト。健よりも妖精自身が「健と礼の結婚」を望んでいるかのような調子で、健に檄を飛ばします。 [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 17時31分

» プロポーズ大作戦 第10話 「ラスト・ハレルヤチャンス」 [テレビお気楽日記]
多田(藤木直人)さんの授賞パーティーで酔っ払って多田さんに絡んだ時の写真。 前の写真で完全燃焼したと話す健(山下智久)。奇跡の扉を探し続けるんだよ。奇跡の扉を開ける鍵はお前の心の中にしか無いんだよ。お前はそれに気付いてないだけだ。岩瀬健。お前なら出来ると勇気....... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 17時51分

« 連続7日目~1時間796kcal♪ | トップページ | 連続8日目~重いギア&ダンシング »