« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ドラマのマンガ化について

困った。。今週も『ホタルノヒカリ』のドラマと原作の比較をやろうと思ってたの

に、ドラマの第3話に対応する原作の箇所がさっぱり見当たらない。いや、

コミック9冊を隅々まで読めばあちこち対応してるのかも知れないけど、ネタ

バレ回避を徹底して、最初から少しずつ慎重に読んでると、さっぱりダメだ。

第1巻を全部読んでもダメで、第2巻を超高速で流し読みしても見当たらず。

第3巻の最初でステキ女子が登場するものの、ドラマとはかなり違ってるし、

来週のネタバレっぽい箇所(?)にすぐぶつかったので、直ちに撤退した。。

    

と言うわけで、今週は比較記事の代わりに臨時企画をやることに決定。朝日

新聞7月28日朝刊の文化欄に掲載されてた「ドラマ、ますますマンガ調」(青

山祥子)って記事について、軽く考察してみよう。ちょっと気になる題名でしょ。

読んだ人、いるかな♪ わりと大きめでマトモな記事なのに、検索しても軽い

コメントがチョコッと見つかる程度なんだけど。。

    

この記事には、小さい見出しが2つ付いてる。「男装ヒロイン・王子様・CGで

デフォルメ」、「『現実離れ』に視聴者なじむ」。文章の脇には大きめの写真

が2枚。『花ざかりの君たちへ』で男装してる瑞稀(堀北真希)と、『山田太郎

ものがたり』で王子様姿に変身してる太郎(二宮和也)。

    

記事を要約すると次のようになる。

    

   マンガ原作のテレビドラマが台頭する中、今季は荒唐無稽な設定・ストー

   リーが目立つ。例えば『花ざかり』や『山田』。CGなどを駆使してマンガの

   一コマをそのまま実写化したような演出も増えた。例えば、『山田』の変身

   や、昨年末の『のだめカンタービレ』のマンガそのものに近い映像。

      

   『花ざかり』の森安彩プロデューサーは、視聴者がF1層(20~34歳女性)

   から、ともにマンガに親しんでる10代とその親世代に移ったことを指摘。

   『山田』の瀬戸口克陽チーフプロデューサーは、オーソドックスな物語に極

   端な設定と高度な映像を組み合わせるのがカギと話す。

   マンガ的手法はオリジナル脚本にも影響を与えると語るのは『ファースト・

   キス』担当プロデューサーの若松央樹。「悪魔のようにワガママな妹」と

   「恋愛にだらしないダメ兄」という設定は、キャラクター至上主義のマンガ

   を強く意識してるとのこと。

    

   こうした傾向について、ドラマ研究者の中町綾子准教授(日大芸術学部)

   はこう指摘する。デフォルメによって生々しさが消え、コミカル表現を楽し

   みつつ、心情に寄り添える。ドラマ表現の自由度が広がってきた。この

   方が現在のリアルな感情に近いのかも。。

    

          ☆          ☆          ☆    

さて、この記事からは色んな事を考えさせられるんだけど、まず論点を絞ろう。

「マンガ化」と言うからには、小説化や映画化とは分けないといけない。つまり、

極端さとか現実離れとか高度な映像といったものなら、小説や映画にもいくら

でも見られるわけだ。もちろん、マンガが最も典型的だっていう話は可能だけ

ど、それ以外にマンガ独自の要素を指摘するべきだろう。

    

すると、何が残るか。まず、分かりやすさだ。マンガと言っても幅広いけど、

やっぱり大きく見れば読者の年齢が低いのは明らかなこと。子供は複雑な

話には付いていけないし、実社会に対する深い知識も興味も少ない。『華麗

なる一族』みたいな、最近では例外的に大人向けのドラマは、キムタク=木村

拓哉ファンじゃない限り苦手なわけだ。

子供の興味は、ごく身近な人間関係(家族、学校、友達、恋愛)が一番で、他

にはスポーツ、ゲーム(遊び)、アイドル、動物、食べ物といったものに限られ

る。そうゆうものに限定した分かりやすい話へと、ドラマが変化してるわけだ。

その意味で、ドラマの視聴者層の変化って話は興味深い。ただし、統計的に

ホントに正しいのかどうかはチェックが必要だろう。

      

続いて、ゲーム性。ゲームの特徴は、反復(同じことの繰り返し)と、プラス

マイナスの評価の明確さだ。最終的な目標も決まってるし、途中のプロセス

においてもポイントの変化がハッキリしてる。例としては『プロポーズ大作戦』

や『ライアーゲーム』、『クロサギ』が挙げられるだろう。

これに対して、言うまでもなく実際の人生だと、最終的目標が決まってる人な

んて例外だし、何が良くて何が悪いのかもあまり分からない。現実は遥かに

複雑で曖昧なわけで、ゲームの複雑さとじゃ比較にならない。質が違うのだ。

       

さらに、独特の映像表現。「高度な映像」なんて言い方には注意が必要だ。

つまり、ドラマの製作者がマンガ的映像を取り入れることは高度であっても、

視聴者にとってはたかが目新しいとかマンガ的とかってことにすぎない。実

際、今のマンガ的ドラマを楽しんでる子供たちに、往年の名作『市民ケーン』

(オーソン・ウェルズ)の高度な映像が理解できるとは到底思えない。彼らが

楽しむのは、『のだめ』のマンガそのものの映像(例えば、上野樹里と玉木

宏のシーンで出る星印などのマーク)とか、『ホタルノヒカリ』で蛍(綾瀬はるか)

が見せるマンガ的な動き(ヘビ女、カメ女、後ずさり、ドジョウすくい)、あるい

は何気なくDJ OZMAに変装する高野部長(藤木直人)。つまり、全く目線

や思考を鍛える必要なんてなく、誰でも気軽に楽しめる目新しくて面白い映

ってことだ。

          

最後に付け加えると、「現実離れ」という問題はあまりにも複雑で、ここでは

僅かしか触れられない。要するに先の記事が言いたいのは、古い意味での

リアルさ・現実的表現が今現在のリアル=現実に合ってないという話で、人

文社会系の研究者がよく語ってることだ。そうゆう話を否定するつもりもない

けど、直感的には、事の半面しかとらえてなくてミスリーディングな(誤解を招

きやすい)のように感じられる。

       

むしろもう一方の側面、つまり昔から変わらない人間の普遍的で本質的な

部分の方が重要なんじゃないかな。お父さん・お母さんに愛されたい、友達

や恋人が欲しい、大きな存在になりたい、健康な心身を持ちたい、貧乏やイ

ジメはいやだ、将来に漠然とした不安がある、自分は可愛い、大切な人は守

りたい、気に入らないものを攻撃したい、衝動を爆発させたい、美しくなりたい、

自分の存在を他人や社会に認められたい、自分をコントロールできない、etc。

これらのリアルさに関しては、古今東西なにも変わってないし、目先の変化よ

り遥かに重要じゃないのか。。 

            

この直感、常識的な考えは正しいと思ってるけど、今日のところは時間切れ。

また色んな記事で語って行こうと思う。ではまた、いずれ。。☆彡

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青い海と空の暑中見舞い♪

070730c

    

 

 

 

 

 

 

 

 

   

    

      

   再びYahoo!グリーティングより暑中見舞いカード♪
   夏になったらテンプレート(ブログのデザインの型)を一度
   もとに戻す予定だったけど、ページの幅が違うから全体の構成が
   崩れちゃうわけ。ってことで、似たような写真で代用。
   浜辺が写ってないのは妥協。プロフィールが昔のテンプレだしネ。
   青い空、白い雲、きらめく光、透き通ったエメラルドグリーンの海・・
   やっぱ最高だなぁ。。☆

                   テンメイ

| | コメント (0)

捻挫した手首をかばいつつジム・・

RUN5km ; BIKE21.2km,37.5分,484kcal,心拍Av155,Mx170

200w(毎分80~90回転)×3分,200(90~100)×12,210(同)×12,

215(同)×8,250(同)×1.5,150(60~80)×1

    

やりにくいなぁ。。まさかの歩道での自損事故。前輪大破は交換するだけなん

だけど、左手首の捻挫は交換できないから、生活がすごく不便。。(-_-;)

例えば、我が家の冷蔵庫にはいつもコーラ1.5Lがあるんだけど、これの出

し入れとかフタを開けるなんてことさえ上手くできない。左手首の外側周辺を

広く痛めてて、力の向きによってはちょっとしたことで激痛が走る状態。傘を

持つのも全く無理だった。ま、捻挫が左手だったこと、今日が日曜だったこと

は、不幸中の幸いか。。

    

正直、メンタルの悪影響も大きくて、もういいやって気持ちも時々浮かぶんだ

けど、こうゆうドン底で何をするかがその人間のキャパとかポテンシャルって

もんだろう。事故関連で大幅に時間をロスしたものの、僅かな時間で傘を差

してジムに向かった。傘を持つのはずっと右手だけ。。

    

夕方から雨が降り出したせいで、ランニングマシンは満員。仕方なく、中途

半端な時間をバイクにあてることに。僅か37分ほどだから、最初から210w

でも良かったんだけど、左手が不自由だし距離を稼ぎたいから、控えめに

200wの高回転でスタート。1回転6mの固定表示だから、回転数を上げれ

ば距離も比例する。本物の自転車と比べると、変な話だけどネ。。

    

水曜と同じで、心拍は余裕だし呼吸もそれほど荒れないのに、やっぱり脚

がイマイチ回らない。こうゆうのって珍しいよなぁ。。ま、心拍160前後って

数字を見てると、気分的には余裕があるから、パッとしない脚を無理やり

回して高回転を維持。ただ、100回転にする気にはなれなかった。その一

つの原因は左手で、痛めてない内側で控えめにハンドルを押さえてるだけ

だから、シャカシャカと激しい動きをすると手首が動いて時々痛むわけ。

ま、それでも、全体的にそこそこの負荷はかけれたからOKとしよう。僅か

な時間だから、高回転でも21.2kmにしかならないのは仕方ない。。

    

ジムを出ると雷雨になってたから、追加のランニングは止めてすぐ帰宅。

その後はアイス&コーラを楽しみながら、テレビで選挙特番を観戦。いやい

や、自民党がここまで大敗するとは思わなかったなぁ、なんて言葉が、あち

こちのブログに書かれてそうだな♪ 日テレの島田紳助がもうちょっと鋭い

質問を飛ばすのかと思ってたら、イマイチだね。今後に期待ってところか。

やっぱ、田原総一朗が一番ズケズケと喋ってるな☆

      

ともかく、もう追い詰められたから、明日も明後日も、少しでいいから走るこ

とにしよう。注文した前輪が届いても、自転車に乗るのはまだ苦しそう。。☆彡

| | コメント (0)

前輪大破!歩道の凡ミスで乗鞍赤信号・・

RUN14km,1時間12分09秒,心拍Av157

大失敗!大ショック! まさかまさか、歩道で自損事故をやってしまった (-_-メ)

070728 前輪は大破で交換になるし、

 捻挫した左手は交換できない

 から自然治癒を待つしかない。

 乗鞍のヒルクライムまで1ヶ月

 を切った大事な時期に、とんで

 もないミスをしてしまった。。

    

 この日は珍しく仕事が休みで、

 昼間に自転車でのんびり歩道

 を走ってた。クロスバイクはタイヤが

 太いし、サスペンションまで付いてる

から、歩道の段差とか苦にならない。普段から、車道が危なくて歩道が空い

てれば、なるべく歩道を走るようにしている。リスク管理の問題だ。

       

070728b ところが、そのリスク管理が甘かっ

 た。最大の敗因は、油断と寝不足だ。

 空いてる歩道をゆっくり走ってて事故

 るなんて夢にも思ってなかったし、眠

 気と暑さでボーッとしてたのもある。

 たまたま狭くなってる箇所に小さな段

 差があって、うっかりハンドルを取ら

 れてしまったわけ。しかも運悪くガード

 レールと支柱のつなぎ目の所にスポッ

 と前輪がハマリこんでしまって、いき

 なり完全にストップ! ブレーキなん

 て全くかけるヒマはなくて、ポーンと

 キレイに空を飛んでしまった。

        

070728e 結果的に見れば、このキレイに

 飛んだのは正解だったかも知

 れない。高校の体育の飛び込

 み前転みたいな形になって、

 手と肩、左膝を強打したものの、

 頭は打たず。左頬にかすり傷

 が付いただけだ。こんな時のた

 めにビンディング(ペダル

 との留め金)は普段はず

してるわけで、もしハメてたら自転車とか地面と変なぶつかり方をしてた可

能性が高い。ともかく、寝転がったまま30秒ほど安静にした後、ゆっくりと立

ち上がると結構大丈夫だった。

    

さて、結局身体の大きな損傷は左手の捻挫だけで済んだけど、まさか前輪

がグニャリと曲がるとは思わなかった。タイヤもフレームも何ともないのに、

前輪のリムだけがグニャっと曲がって、一箇所ポキッと折れてる。全く走れ

る状況じゃなくて、前輪は回転しなかったけど、そこで考えたのが応急処置。

どうせもうリムはダメだから、はずして両足でガンガン体重を載せて、無理

やり歪みを少なくした。さらに前輪のブレーキはハズシ、軸を固定してるネジ

を限界まで緩めると、ギリギリで回転可能に。ブレーキは後輪だけを使って、

歩道を歩くようなスピードで乗って帰宅。前輪がいつ外れるか、いつ折れるか

と緊張してたけど、最後まで大丈夫だった。

    

ただし、これはあくまで非常手段的な応急処置だし、危ない行為なので、全

くお勧めしない。反面教師として、くれぐれもご注意あれ☆

ちなみに前輪はすぐネットで探して注文。前輪だけ買うのがいかに難しいか

を痛感したけど、何とかなった。総費用1万円ちょっとで、来週前半到着の予

定。でも左手が捻挫で腫れ上がってて、キーボードも打ちにくいほどだから、

当分控えめにしか乗れないだろう。

なお、スポーツ保険にちゃんと加入してるけど、自損事故だし病院に行くつも

りもないので今回は役に立たない。ま、役に立つようじゃマズイんだけどネ。。

               

さて、そうゆうわけで、今晩は仕方なくクソ暑い中をランニング。左手は痛い

し、ショックも大きいし、蒸し暑さは元々大っ嫌いだし、僅か14kmなのに悲

惨な走りになってしまった。周回終了時には水浴びまでするハメに。まあ、そ

れでもちゃんとサボらず頑張ったから、良しとしよう。

それにしても、今月は最後の追い込みが全くできないことになって、走行距

離的には惨敗決定。せめて、ランニングとジムのバイクで負荷をかけとこう。

完全に追い詰められたけど、この状況でどこまで粘れるか自分で楽しみだ☆

    

  往路(2.45km)    13分43秒      平均心拍126          

  1周(2.14km)    10分47秒            155        

  2周             10分42秒            159        

  3周            10分44秒            163

  4周             10分35秒            164

  5周(0.54km)    3分49秒(給水・水浴び込み) 161

   復路              12分06秒            158   

  計 14km   1時間12分09秒    157(最大心拍172,ゴール前) 

| | コメント (3)

多摩川から羽田空港へのポタリング♪

BIKE70km,Av16,心拍Av100(全て推定)

刺激的! 全く予想外の事が起きる走りをたまに楽しむのもイイもんだな♪

070727h今日は午前

中休みだっ

たので、職

場の大先輩

Oさんを誘っ

てのんびり

ポタリング。

多摩川サイ

070727iクリングロードの

南端へ初挑戦するっ

てのが当初の目標

だったのに、かな

り違うノリのサイ

クリングになった。

Oさんと走るのは

3回目だけど、

毎回ホントに楽しませてもらってる。感謝、感謝♪

       

070727さて最初の2枚の

写真は久々に

Googl Earth

(グーグル・アー

ス)から取って来

たもの。最初が、

今回のコースの全

体図だ。要するに

多摩水道橋辺りか

070727cら羽田空港までで、

行きは多摩サイ、

帰りは街中だった。

2枚目がポイント

で、羽田空港付近

のアップ。つまり、

多摩サイの南端で

止まらずに、羽田

空港まで行ってし

070727gまったのだ☆

    

待ち合わせは多摩

水道橋で、そこか

らいつものように

ペチャクチャおしゃ

べり♪ 風がない

のに時速18kmく

らいで走ったから、

070727d当然抜かれまくり。

途中、ガス橋近く

のセブンイレブン

で長めの朝食休憩。

出勤途中の人が大

勢歩いてて、ちょっ

と後ろめたかった

けど、普段さんざ

ん働いてるから、

070727eたまにはOKでしょ。その後、

快晴の多摩川下流の景色を

楽しみつつ、大師橋まで走

行。この先は初体験だけど

同じ感じでスイスイ進めて拍

子抜け。もっとクネクネするっ

て話を聞いてたのにな。道が

070727f変わったようにも

見えなかったけど。

南端らしき場所に

ついてみたら、遠

くに空港が見える

(当たり前!)。ど

うも走っていけそ

うなので、試しに

チャレンジ。やっ

ぱりズンズン進めて、このまま空港まで行っちゃえって話に決定。危ないので

歩道通行で、モノレールを横に見たりトンネルを抜けたりしながら、空港敷地

内到着。ところが、妙に複雑な道になってて、初めてだし地図もないから右往

左往って感じ。一応、滑走路の傍にある「端っこ」って感じの場所に、「立入禁

止」の札がかかってたから、そこでお遊びの記念撮影♪ こうゆうバカげた事

は大好きだ。上の写真だと読み取れないだろうけど、札の下側には「東京国

際空港長」と書いてある。どうせ空港長本人は知らないんだろうけどネ。。

    

その後は、時間もないし暑いから、空港ビルへ向かうのは諦めて、一般道で

帰宅。午後はお仕事。ちなみに、空港ポタリングの間に自転車は10台以上

見かけたと思う。ツーリングのグループもちゃんといて、やっぱりウロウロ迷っ

てる感じだった♪ しっかり準備しろよ!って、そりゃオレか。。(^^ゞ

     

と言うわけで、スピードが遅すぎてトレーニングにはさっぱりなってないけど、

新しい試みで面白かったし、暑い中を走ったのは今シーズン初めてだから、

有意義な半日になった。空港ビルにはいずれ再挑戦しよう。

さあ、明日も走るぞ! 多分ね。。♪☆彡

| | コメント (0)

愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

  キミは やっぱりアホだな

  いいんです それで  

  私はどうせ アホ宮ですから♪

  あっ そう  

    (ほら スルメ)

    (パクッ・・嬉し~い☆)

  お疲れ・・・

    (どうも♪)

      

         ☆          ☆          ☆

第1話(or第一夜)で高野部長(藤木直人)が「あたりめ」と呼んでたスルメ。

ドジョウ掬いなんて道化役で健気に頑張った直後の雨宮蛍(綾瀬はるか)に、

高野があきれながもビミョーに優しい顔つきでスルメを一切れ食べさせたあ

のシーンが、今回のベストショットでしょ♪ スルメは代表的な干物だから、

干物女・蛍にピッタシだし、蛍がビールを飲む時のおつまみにもなってた。

もちろん、盛り上げ役の幹事として無理して干からびた状態も表してる。そ

して何より、スルメは第1話の縁側で、蛍が「マコト」の形に並べてたもの。

手嶋マコト(加藤和樹)への切ない思いの象徴として、あそこはスルメしかな

いのだ☆ エビフライやクレソンじゃダメってことネ。そりゃ、欧米か! いや

いや、妖精か♪

          

それにしても、今回のドラマなんて見てると、やっぱりこれは大人のOL向け

の恋愛コメディなんだよなぁ。原作は少女マンガだけど、少女がちゃんとこ

の良さを味わえたかどうか、ちょっと心配かも。地味だから視聴率が心配に

なるけど、まさに噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな回だった☆

    

実は、見る前には、ドジョウ掬いとかの宴会芸を中心にしたマンガ的なドタ

バタ喜劇、あるいは「恋のから騒ぎ」で笑わせるのかなと予想してた。予告

編だとドジョウ女とカメ女が目立ってたもんね。ところが、広島弁と九州弁が

混ざったような妙な喋りのオレ様・要(武田真治)の働きで、全体の雰囲気

は一変。まさに、今回の話の要(かなめ)で、冒頭のカメ女への携帯からし

て要の業務連絡だった。滑稽でもの悲しい言動で周囲を笑わせつつ、その

場に変化やパワーを与えて活性化させるのが道化(俗に言うピエロ)とすれ

ば、要こそが中心的な道化だった。

道化がしばしば身体的特徴を持ってることを考えると、要の背の低さが強調

されてることも納得がいく。そういえば『プロポーズ大作戦』のツル=鶴見尚

(濱田岳)も小っちゃさを強調されてた。要が物静かな大人の道化とすれば、

ツルはうるさい子供の道化ってことか。。

           

要の妙なキャラには、第1話からわりと好意的に注目。表面的に見ると、単

なるハズシまくりの失敗キャラとも思えるけど、脚本家・水橋文美江の優秀

さは最初から明らかだから、何か考えがあるんだろうなと思ってた。なるほ

ど、こうゆう使い方か。

    

マジメな道化役の先輩として、可愛い道化役・蛍の先導役的ヴァリエーショ

ンにすると共に、ステキ女子・優華(国仲涼子)を強引に持ち上げる。優華の

応援役になった時から道化の哀愁が漂ってたし、道化の滑稽さが伴う「痛さ」

や辛さも、捻挫して不自由な「短~い脚」で表現する。「恋愛ハンター」山田姐

さん(板谷由夏)の友情プラスαの気持ちを小さな身体で受け止めつつ、

奈子(浅見れいな)田所(渋江譲二)の仲を結果的に結びつける。。

健気なドジョウ掬いの様子を見ながら、「いいぞ~蛍・・」とつぶやいた言葉

は、むしろ自分を鼓舞するものだったはずだ。「いいぞ~要・・」。おそらく視

聴者の中には、心の中で「いいぞ~私・・」と呟いた人もいるだろう。人は誰

しもある程度は道化であって、誰も声援を送ってくれなければ、自分が声援

を送るしかないのだから。。

     

さて、その健気なドジョウ掬い。第3話(or第三夜)のメディア用サブタイトル

には「干物女に恋は無理!?失恋ドジョウ掬い」、タイトルバック直後の画

面右下には「干物女の失恋ドジョウ掬い」とあったように、今回のポイントは

確かにドジョウ掬いだ。あそこだけ単純に見ても可愛かったけど、明らかに

笑いのシーンではない。高野も要もステキ女子も笑ってなかったし、音楽も

暗めの曲が流れてた。おまけに、前フリとして二ツ木(安田顕)は「ウチの部

でやったらシラけた」と言ってたし、その場にノコノコと高野目当てでやって

来た時も「ひどいな」と呟いてた。豪徳寺(丸山智己)は優華にまとわりつく

のに夢中だから、結局ウケてるのは、蛍に恋してるマコトと、「メンズホタル

ノヒカリ」第三夜で妖しい雰囲気を漂わせてた2人、田所とソクラテス=沢木

(渡辺豪太)だけ。

    

つまりあれは、笑いというよりも、シラけてるシーン。もちろん、ドラマが下手

でシラけてるシーンじゃなくて、シラけた様子を上手く描いたドラマのシーンだ。

だから視聴者にも、笑えなくても楽しんだり味わったりできるキャパシティが

要求されている。

    

あるいはあそこは、むしろ笑えないシーンと言った方が適切かも知れない。

ステキなマコトとステキ女子との「ゴールデンカップル」を誕生させるため、

可愛い道化の蛍は裏方っぽい盛り上げ役に徹する。そもそも干物女の自

分が「コロッケ食べてもステキ女子」にかなうはずはない。それに、山田姐

さんが言うように、「好きな人のことを思って、自らは身を引き、道化役に

徹する。それも一つの愛の形」かも知れない。そう自分を納得させてマコト

を諦め、笑えないのに無理やり笑顔を作ってた蛍も、終わった後には流石

にグッタリして干物度2倍増し。その干物女を本物の笑顔に変えたのは、

干物仲間のスルメで、それを無愛想な優しさで食べさせてあげたのが、3

人目の道化師の高野だった。その意味で今回は、愛の道化3人の、滑稽

で切なくて温かみあふれるお話になってるわけ。

     

高野が愛の道化であることは、愛の手紙をめぐる一連の流れから分かる。

結婚前に妻の深雪(黒谷友香)に出した大量のラブレター。あのとき、高野

が道化役の小道具、DJ OZMA(オズマ)「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」

用のカツラとサングラスをかけてたのは、もちろん計算づくの演出(今回は

吉野洋)のはずだ。

参考までに、蛍が「黙読」じゃなく「音読」して高野に八つ当たりされてた絵

葉書の文を再現してみよう。見てもいいっていう「許可」はちゃんともらって

たから、二人暮らし条例には違反してなかったけどネ♪

    

   深雪へ

   出張で金沢に来ています。   

   見上げた空から舞い散る雪は

   凍てつく孤独のカケラとなって

   突き刺さり、僕は君の笑顔を

   思い出し、心のショッカーを切った。 

   いま君は何をしていますか?

   僕は君のことを考えていました。

   この研修が終わればすぐ

   君に会いに行きます。

   寒い金沢の空の下より 高野誠一   (注.「寒」いは別の漢字かも・・)

    

天然ボケの24歳OLに、ショッカー(仮面ライダーの悪の組織)とシャッター

(カメラの光の入り口や店の玄関とかを閉じる装置)の違いがホントに分かっ

てるかどうかは、かなり怪しい。だからあそこは、こんなやり取りを挿入して

も良かった箇所だ。

高野「君、ショッカーって知ってるのか?」 蛍「知ってますよ。トランプでしょ」

高野「そりゃ、ジョーカーだろ!」 蛍「あっ、違ったよ。『イージー・ライダー』の

バイクだ」 高野「そりゃ、チョッパーだろ!」

まさか今これを読んで「しまった!」と意表を突かれた読者はいないよネ?♪

いや、マジメに書いてて疲れたから、一人ボケ突っ込みしたくなったのよ。

読んでる方にも疲れを分けてあげたいしネ ^^

    

ま、それはともかく、恋愛ってもの人をいろんな形で滑稽にさせる魔力を持っ

てる。例えばあの絵葉書は、ちょっと流行ってる言い回しをカッコつけて使っ

てみたら大間違いだったってお話。「間違えてないもん♪」なんていう、例の

「もんもん攻撃」で一部の視聴者を萌えさせたからといって、間違いは間違

いだ。たとえ黙読でもネ。

でも、その滑稽さをバカにする資格のある人間なんて一人もいないはずだし、

案外ウケたりもする。実際、蛍の滑稽さはマコトには好評だったし、高野の

ショッカーも深雪に結婚を決意させる一言になったはずだ。そりゃ、ないか♪

私も自分や周囲の中で滑稽なエピソードはあれこれ思い出せるけど、ま、一

人で赤面するだけにしとこっと。。

    

ところで、手紙をめぐる高野の滑稽さは、「返品」されたものを焼くシーンにも

現れてた。まるでドラマか小説のヒロインみたいな行為で、手紙を消したくら

いで未練を消せるはずはない。そもそも、そんな行為をするって自体、「まだ

終わらせることができない」ことを表してるんだから。

でも、この滑稽さも結局、蛍との絆を深めるポジティブな役割を果たす。未練

を消そうとしたら火が消えて、必死で(遊びながら?)ピエロ消防士を演じた

した蛍に、「ありがとう。ありがとな」。蛍はスルメに続いて再び、笑顔でウン♪

    

このシーンもスルメと同じくいいシーンだけど、あの時とは逆、対称的な関係

になってるわけ。スルメでは、滑稽な蛍を道化仲間の高野がフォロー。手紙

では、滑稽な高野を道化仲間の蛍がフォロー。ここから考えると、今回は要

を蛍がフォローしたんだから、やがて逆に、蛍を要がフォローするのかも知れ

ないな。それが、マコトへのプッシュなのか、高野へのプッシュなのかはまだ

分からないけど。。。

     

        ☆          ☆          ☆

いずれにせよ、何も無くなった状態ではリノベーション(大掛かりな改善作業)

もできない。未練があるからやり直しのチャンスが生まれる。寂れた「朝倉屋」

があるから、シャレた「Asakura-ya Bakery」も生まれる。干物でもまだ完

全に乾ききってるわけじゃないから、しっかり新鮮味を残して生きてるから、

キスやイスのアクセサリーできらめきやときめきを取り戻せるし、ステキ女子

と闘ったり「大根踊り」(?)したりするパワーも復活する。同時進行する複数

のリノベーションの今後に注目しよう☆

          

ちなみに私が脚本家なら、しばらく後で、「Asakura-ya」にイマイチ客が入ら

ない様子を描くと思う。リノベーションなんてものがそうそう上手くいかず、しば

しば逆効果になるのは、現実の再開発や町おこしを見ても明らかだ。朝倉屋

の50万円の投資は、ひなびた感じを愛してた顧客を遠ざけたかも知れないし、

焼きそばパン1個で50円の利益としても、投資を回収するだけで1万個もの

売り上げ増(新しい需要)が必要となる。しかもこれは、金利ゼロの場合。ウチ

の最寄り駅周辺のお店を見ても、一体どれだけの店が泡のように消えていっ

たか、数え切れないほど。朝倉屋も結局、店を手放して、「SW Build co.,

ltd」の評判も落ちるだけ、なんてことにもなりかねない。

       

一方、恋愛ドラマとしても、ステキな年下or年上の彼に再開発されて幸せになっ

たとさ、なんて単純な流れだけじゃマズイはず。はたして、どうヒネって来るか

な?♪ 私は前から書いてるように、干物女の再開発はホタルみたいに小さ

な光で終わると予想してるし、それでいいと考えてる。

    

原作との比較記事に書いてるように、ドラマと原作はかなり違うから、『プロ

ポーズ大作戦』の時みたいな予想も少しは楽しめそうだ♪ あと、カメ女の次

は何なのかも気になるし、「ダンゴ虫」に続くステキ女子の暴言にも期待しよう。

今週は時間がないから、ちょっと早めにこの辺で。

それでは、また来週。。☆彡

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ユーミン(Yuming=松任谷由実)か何かが歌ってヒットしてたらしい、

    心のシャッターとか何とかいう曲。調べても、どれなのかよく分からな

    い。一応、アルバム『DA・DI・DA』収録の「月夜のロケット花火」みた

    いな感じなんだけど、年の計算が合わないのだ。初出は1985年だ

    からおかしいし、その後の色んな使われ方(別のアルバム、ドラマ)

    を考えてもおかしい。ちなみに、消印は平成7年12月14日。どなた

    か、お分かりかな?♪ なお、上の曲の歌詞は「・・・月に届け これ

    が最後のロケット弾 みんな照らせ 心 シャッターを切るから・・・」。

    

P.S.2 手紙を開ける直前に、蛍に「生ものかも知れないから」とか言わせ

      てたのは細かいテクニックだ。もちろん、生ものは干物の反対。実

      際には、返品された手紙なんていう干物が入ってたけど、それは

      まだ完全には干からびてませんでしたって話になってるわけだ。も

      ちろん、干物女と同様に。。

     

P.S.3 あたりめとは、スルメの「スル」が金を失うことを表す縁起悪い言葉

      だから、逆に「あたり」に変えた言葉。ひらがながフツーみたいだ。

      チェックしてる途中で、干物と乾物(かんぶつ)の違いまで調べてみ

      たら、これが結構ビミョーな話。簡単にまとめると、干物も乾物も「ひ

      もの」と読むから、大差はない。でも、干物は滑稽な響きのある日常

      語なのに対して、乾物(かんぶつ)はむしろ硬い感じのする商用語。

      干物をさらにカラカラに乾かしたものを乾物(かんぶつ)と呼ぶ用法

      もあるようだ。ただし英語だとどちらも「dry」で表すみたい。

   

P.S.4 できれば蛍には、DJ OZMAのバックダンサーもやってもらいたかっ

      た♪ 去年話題になった、紅白歌合戦のDJ OZMAの女性パック

      ダンサーに変装するためのヌードタイツは、税込5145円で見つかっ

      た。今度は日テレに抗議電話が殺到して面白そう♪

     

P.S.5 蛍の奇妙な両手を挙げる踊り、大根踊りでいいのかな? 誰かコメ

      ディアンのネタにあったような気もするけど、思い出すのは箱根駅伝

      の東京農業大学の応援団だけ。ドジョウ掬いじゃないでしょ。。

      それはともかく、「どっこい庄一」は再登場してたけど、「ラッシャー

      板前」に続く新しいセリフはもうないのかな♪

      

P.S.6 タイトルバックが第2話から少し変わってた。1話は25秒、ナレーショ

      ンなし。2話以降は35秒、女の子がホタルに飛びついて捕まえるシー

      ンと共に、「小さな光 ずっと昔 遠い夏の記憶 幼かった私の手の中

      にいた 小さなホタル 今にも消えてしまいそうな 小さな光」っていう

      ナレーションが加わってた。junaidaのイラスト、ホンワカといい味出し

      てるから、もっと見たいな♪

       

P.S.7 公式サイトのスタッフ日記によると、綾瀬はるかは、ドジョウ掬いの

      時に腰にさげてるかご(ビク)に、ドジョウの代わりにアメやガムを入

      れて、みんなにオヤツ配りしてたってお話。可愛~~い♪

      19日には藤木の誕生日祝いをみんなでやったそうだ。仲良さそう

      で、羨ましいほど。。☆彡

    

P.S.8 蛍の頭突きに対して、高野が「地震か?」。このおバカシーン、もし

      第2話だったら放送できなかったかもな。セクシーボイスアンドロボ

      事件を思い出すところ。。第3話だから、皆さん大目に見てネ♪

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

手作業TB私は戦いたくないのです。無理ですから~。(綾瀬はるか)

                            (キッドのブログinココログ)

| | コメント (8) | トラックバック (8)

ジム大苦戦&ツール・ピレネー決戦結果☆

RUN6km;BIKE21.8km,42.5分,570kcal,心拍Av160

200w(毎分80~90回転)×3分,210(80~85)×3,

215(75~85)×35,250(90~95)×1,150(60~70)×0.5

    

あ~、ツール・ド・フランス第16ステージが気になる。サストレ、頑張れ~!

後で記事に追加しよっと。

   

以下の2段落は追加。サストレとマヨは結局逃げ切れず。タイム差が僅かだっ

たから、当然だけどね。最後は強烈なアタック合戦の末に、マイヨ・ジョーヌ

(黄色ジャージ=個人総合トップ)のラスムッセン(デンマーク、ラボバンク所

属)がステージ優勝☆ 個人総合2位のコンタドール(スペイン、ディスカバ

リーチャンネル所属)は3位でゴール。これで、ツール・ド・フランス2007は

事実上終わったと言ってもいいだろう。あとは28日の第19ステージの個人

TT(タイムトライアル)だけが問題で、余程のことがないと誰もラスムッセン

には追いつけない。まあ、第15ステージで意地を見せたヴィノクロフが個人

TTでステージ3勝目をあげれるかどうかが見ものかな(訂正:ドーピングに

引っかかってた・・・)。ラスムッセンの落車とか体調不良、ドーピングとかが

あれば全く新しい展開になるんだけど、まあないでしょ。。

       

ちなみに、第16ステージ終了後の個人総合成績は以下の通り。5位のサス

トレはもうダメだな。応援してたのに。。

    1位 ラスムッセン

    2位 コンタドール   3分10秒差

    3位 エヴァンス    5分03秒差

    4位 ライプハイマー  5分59秒差

    5位 サストレ      9分12秒差

     

      ☆             ☆            ☆

ここからは低レベルな話。5週間ぶりのジムはキツかった。。ナイトラン70km

の予定だったのに、時間が足りなくなった。やる気はあったのに残念。。今

さら40kmとかに短縮するのも何となく気が進まなくて、またサボろうかなと

心がグラつく。でも、一昨日は予定通りの休みだからいいとして、昨日は暑さ

でバテて臨時休養 (^^ゞ 今日休むと3日連続休みの大犯罪になっちゃうので、

思い切ってジムに変更。ところが、ジムに行くのが余りにも久々過ぎて、準備

に手間取るハメに。ジム専用デイパック、シューズ、タオル、着替え、プリペイ

ドカード、ドリンクと、ジムは面倒なのだ。

     

と言うわけで、久々の1時間消費カロリー測定のつもりが、僅か42.5分の

BIKEになった。時間が短いから、220wくらいの高負荷で回そうかなと思っ

たら、まさかの絶不調! アップのつもりの200wが早くも重い。ジムをサボっ

てた5週間、本気で走ったのはツール・ド・美ヶ原だけだからなのかな。それ

とも軽い夏バテか。ランニング中心とはいえそこそこ走ってるし、2日休んだ

後なのになぁ。。

    

トレーニングルームの冷房が緩く感じたのは確かで、最初から汗が吹き出し

たものの、心拍はそれほど高くもないし、呼吸がゼーゼーってわけでもない。

重いギアの自転車に乗って自信をつけてた脚がサッパリだったってこと。意

外だなぁ。結局、215wのキープには何とか成功したけど、かなり辛くて顔が

歪んでしまった。反省して、これからは週1回は必ずジムで本気で回すことに

しよっと。。☆彡

| | コメント (2)

コメント欄のメアドが非公開に☆

良かった~! 無事、予定時刻にメンテナンス終了。エライぞ、ココログ☆

さて、管理人にも読者にも大きな変更はないんだけど、ちょっとだけ気になる

変更があった。

     

   コメント投稿の際、URLを記入しなかった場合は投稿者名に

   メールアドレスのリンクをつけないように変更しました。

    

要するに、ブロガー以外の読者がコメント欄にメアドを記入した場合、それは

一般公開されず、管理人(=私)だけに知らされるようになったってこと。ちな

みにブロガーは今まで通りで、URLだけ公開、メアドは書いても非公開だ。

結局、メアドは全員非公開になったことになる。

        

以前から、メアドを記入した方には原則としてメールでご挨拶するようにしてる

ので、ご希望の方はどうぞ♪

逆に言うと、マジメに応答しちゃうから架空メアドやイタズラの類は止めてネ☆彡

| | コメント (2)

メンテナンスのお知らせ☆

またまた来襲! ココログ(ニフティのブログ)お得意のメンテナンス攻撃☆

7月24日(火)21時~25日(水)15時の間、記事のアップも出来ないし、

コメント・TBも出来ないので、悪しからずご了承を。

特に『ホタルノヒカリ』ファンは、ちゃんと「ラッシャー板前!」と返事してネ (^^)

今ある記事を閲覧するだけなら何の問題もなし。

          

正直言って、この間なにもしなくていいから、ちょっと嬉しいのも事実♪

あとはメンテナンスが無事終了するのを祈るだけ。最近は大きなトラブル

は無くなってるけど、まだまだ不安はある。ココログさん、頑張ってネ!

ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

驚いたなぁ。。ドラマと原作マンガの比較を少しずつ記事にしようと思って、

ドラマ第2話に対応する場所をコミックで探すと、さっぱり上手くいかない。

前回の比較記事にも書いたけど、やっぱりドラマと原作はかなり違うようだ。

実際、原作者ひうらさとるのブログ『はてなにっき』をチェックすると、ドラマが

原作とかなり違うことが書かれてて、ドラマの面白さを強調してた(当然だけ

どね・・)。もともと原作をがらっとアレンジしたドラマはわりと好きってことで、

『野ブタ。をプロデュース』とかを例に挙げてある。確かに、『野ブタ』は上手

いアレンジだったよな・・(脚本は木皿泉)。

    

さて、こんな事もあろうかと、既に前回の記事から、タイトルに『第1話』とは

書かずに「比較1」とだけ書いといた。今回の記事は「比較2」ってことで、第

2話を中心に見るものの、むしろ比較記事の2本目って意味だと思ってね。

『華麗なる一族』の時と同様に、ドラマでまだ出てない話のネタバレにはで

きるだけ注意する。でも、ドラマと原作がかなり違うし、どちらもこの先の展

開を知らないから、結果的にネタバレっぽくなる箇所がちょっと出てくるかも。

その辺り、あらかじめご了承を♪

    

          ☆          ☆          ☆        

さて、第2話に向かう前に、全体的な話から入ろう。ドラマでは、第1話の冒

頭は雨宮蛍(綾瀬はるか)のモノローグが50秒ほど続く。「ずっと昔 遠い夏

の記憶 おばあちゃんの家の縁側で見つけた 小さな蛍・・・」。映像は田舎

の風景でスタートして、縁側で幼少時の蛍を演じる吉田里琴の可愛い姿と、

夜の庭で光る無数の蛍が描かれてる。しばらく後の junaida によるタイトル

バックも、ファンタジックでメルヘンチックな少女時代の情景。

ところが、原作は干物女になった蛍のトボけた姿でスタート。前回はわざと書

かなかったけど、一番最初のセリフは、家を訪ねて来たOL仲間の「終わって

るよ・・・・・・!」だ。

    

これだけでも大違いだけど、驚いたことに、そもそも原作ではホタルがなかな

か出てこない。少なくとも、コミック第1巻・「LIGHT 4」(4つめの光、つまり第4

話、以下L4と略記)までには1匹も出てない。干物魚の絵はドガーンと出てる

のにネ♪ ただし、ホタルっぽい絵は時々使われてて、例えばp.26では落ち

込む蛍の背景にホタルっぽい光があるし、L1のラストp.42では、家と庭の全

景をホタルっぽい無数の小さな光が取り囲んでる。

         

一方、高野部長(藤木直人)との共同生活がいきなりスタート(3ページ目)す

ることは前回も書いたけど、干物女の反語or対立概念である「ステキ女子」

はずっと出てこない。三枝優華(国仲涼子)は第3巻の最初でようやく登場す

るようだ(目次だけ見た)。

ただしよく見ると、第1巻・L4に「ステキ女子なら・・・」っていう蛍のセリフがあ

る。その前にはまったく出てない言葉だし、第1話のドラマ記事に書いたよう

にこの言葉は『ホタルノヒカリ』の造語だろうから、奇妙な登場の仕方だと思う。

ひょっとすると、連載時にはなかったセリフを、コミックで書き足したのかも。

検索してもいい情報が出ないけど、ご存知のファンがいらっしゃっるかな?♪

      

ちなみに、そこに至るまでに「ステキ」っていう言葉が2回使われてて、最初

(p.53)は手嶋マコト(加藤和樹)がデザインしたイス、2回目(p.96)はマ

コトに対するもの。ってことは、このマンガで「ステキ」って言葉は特別な価値

を置かれてるってことだ。多分、しばらく後で高野部長に対しても「ステキ」と

言うんじゃないかな。あと、ホタルの夜景に対しても♪

    

時間が無くなって来たので、そろそろドラマの第2話(or第2夜)に目を向け

なきゃなんない。その前に、前回の記事に書き漏らしたことを一つだけ書い

とこう。ネタバレに注意して慎重に原作を読み進めてるために、前回は第1巻

L1までしか読んでなかった。でも、その後L4まで読んだ結果、ドラマの第1話

は大ざっぱに言って、L2くらいまでに対応してることが判明。ポイントは、マコ

トのイスの登場だ。以上、補足終了。

    

さて、それじゃあドラマの第2話について。この回は要するに、リノベーション

(大掛かりなリフォーム)と台風を通じて、蛍と高野とマコトの関係が深まる内

容だった。原作だと大ざっぱに言って、L2とL4に対応してる。つまり、L2は

ドラマの第1話と第2話両方に関わってるし、L3だけドラマから浮いてるって

こと。途中だから仕方なく読んじゃったけど、ネタバレだったかも知れないか

ら、ここにはL3の話は一切書かないことにしよう。

   

では、具体的な比較。まず、原作だとリノベーション話は全く出てこない。

応、マコトが台風の時に蛍&部長の家に来そうになる話はあるけど、資料

を取りに来るわけじゃないし、実際には来るのを止めた。だからヘビ女も

リゾート女もなしで、高野が雨ガッパを来て資料をマコトに渡しに行くシーンも

ないわけ。ちなみにあのシーンで、台風に吹き飛ばされたゴミ箱が妙に目立っ

てたけど、原作であれに対応するものと言えば、大きな石が吹き飛ばされて

屋根に穴を開けるシーンかな。ま、マンガだからネ♪ 

       

その後、2人で金槌を使って屋根を修理することになって、蛍の手から滑って

飛んだ金槌が高野を直撃しそうになるものの、高野は動じずひたすら修理。

だから、ドラマの「重いんだもん♪」なんていう高野の「もんもん攻撃」は、

本家・水橋文美江の創作ってことだ。ま、ああゆうのに女性は萌えるってこと

かネ。ボク、男だから分からないんだもん♪ シ~~ン・・・ マジ、寒いわ!

誰も萌えなかった? あっ、そう。。

            

気を取り直して、あとちょっと。ドラマは最後、高野がからかって「君は無理!」

なんて挑発的セリフを投げたために、蛍は奮起してマコトにラブメール(or恋

愛系メール)を送信して、カメ女(背中に携帯載せて四つん這い)になって終了。

これに対して原作は、L2で高野が優しくマジメにアドバイスして、蛍が積極的

に動くことになる。この辺り、ネタバレの可能性があるのでボカして書いとこう。

ちなみにメールではないから、サブタイトルが「干物女とラブメール」となって

た第2話がかなりアレンジされたものだってことが分かる。原作者のひうらは、

第2話の脚本を読んですごく面白かったとのこと。リップサービス8割としても、

残り2割は本音だろう。

   

さて、時間が来てしまった。最後に、ドラマで聞き取りにくかったセリフについ

てコメントしとこう。高野がシンノスケっぽく「雨ガッパを笑った者にはカッパ

の報いが」と言うシーン。語尾が聞き取りづらくて、一応「が」と聴こえたけど、

どうしてそこで切るのか分からなかったから、ドラマ第2話の記事では「だ」と

しておいた。ここは他のブログを見ても、表記が分かれてた。ところが原作を

見ると、「が・・・」で終了。これ自体がどうしてなのかは分からないけど、ドラマ

は原作をそのまま受けてたわけ。ちなみに、原作だと「カッパ」じゃなく「河童」。

ふりがなは付いてるけど河童の絵があるわけでもない。単なる言葉遊びって

言うか、オヤジギャグってことかな。

これに対して、ドラマだと蛍は「ナイス雨ガッパ、ビバ雨ガッパ」と応答したよう

だけど、原作は「ビバ」の代わりに「モード」だ。原作の方が流れ的には適切

だけど、ドラマは分かりやすさを狙ったようだ。

        

なお、ドラマでかなり登場してる山田姐さん(板谷由夏、原作では今のところ山

田さん)はL4まで少ししか出てないし、要(武田真治)は全く出てない。原作は

ひたすら、渋くてカッコイイ上司と才能あふれるステキな年下の間で蛍が揺れ

動く三角関係になってる。確かにこれじゃあ、少女マンガならともかくドラマだ

と苦しいだろう。そう考えると、ドラマでの要のちょっと強引な使い方も理解で

きるような気がするな。

          

ともかく、ドラマ第3話のカメ女やドジョウすくい女にも期待しよう♪

ではまた、来週か再来週あたりに。。☆彡

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

| | コメント (0)

ツール、ピレネー最終決戦スタート☆

BIKE70km,Av25.5,心拍Av123

コンタドール、優勝おめでとう!☆ ツール・ド・フランス第14ステージ、ピレ

ネー最終決戦の初日は、弱冠24歳のスペイン人、アルベルト・コンタドール

(Alberto Contador、ディスカバリーチャンネル所属)が優勝。かなりの激闘

で、見応えあるレースだった。最後はマイヨ・ジョーヌ(黄色ジャージ=個人

総合トップ)のラスムッセン(デンマーク、ラボバンク所属)と何かゴニョゴニョ

と密談してたようだけど、あれを高性能マイクで拾って同時通訳して欲しい

もんだ♪ あの辺り、自転車ロードレースってのはホントに奇妙なスポーツ

だよなぁ。マラソンも含めて、他のスポーツじゃ考えにくい行為。。

    

これで、個人総合成績7位までは次の通り。名前は自転車サイト「サイクリン

グタイム」の表記を使用。右にカッコで、『サイクルスポーツ』の表記を付記。

   1位 ラスムッセン             (ラスムセン)

   2位 コンタドール   2分23秒差

   3位 エヴァンス    3分04秒差   (エバンズ)

   4位 ライプハイマー  4分29秒差   (ライフェマー) 

   5位 クレーデン    4分38秒差

   6位 サストレ      5分50秒差  

   7位 カシェチキン   6分58秒差   (カシェーチュキン)

     

優勝争いは、ほぼこの7人に絞られたと言っていいだろう。中でも、一番若くて

当初からマイヨ・ブラン(白ジャージ=新人賞)候補だったコンタドールが俄然

注目の選手になった。この後、第15、16のピレネー山岳ステージで優勝争い

が3人くらいに絞られて、28日の第19ステージの個人TT(タイムトライアル)

で決着がつくって感じかな。残念ながら、昨日の個人TTで優勝して息を吹き

返したヴィノクロフは、今日で脱落決定。前評判だと1位で、ケガに耐えて頑

張ってきたのに、もはやここまで。。個人的には、山岳に強いスペインのベテ

ラン、サストレを応援中。ともかく土曜日まで、ツールから目が離せない☆

       

という訳で、世界最高峰の話から一気に3流市民アスリートの話へと移ること

にしよう。今日は日曜で、雨も降ってなかったけど、サボる理由は一応あった。

昨日の深夜、むしろ今朝と言った方がいいくらいの時間帯に、傘ラン25km

を完走した直後。右脚を引きずりながらの2ヶ月ぶりの長距離走だから、足

腰のダメージだけじゃなくて精神的にも疲れてる。そこを何とか踏ん張って、夕

暮れ時にのんびりと多摩川へ出発。ただし、単なるお散歩気分♪

    

この日、一番気になったのは、メーターがすぐ動かなくなること。その度に止

まってセンサーをいじるんだけど、やっぱりダメ。4回目くらいで、ようやく本体

の電極のサビだなと気付いた。1週間前に小雨の中を走ってそのままだった

から、サビついてたんだろう。爪でゴシゴシ削り落とすと簡単に直った。という

訳で、今日の距離と平均速度は推定。おまけに心拍計も、帰宅後に止め忘

れてたから推定。ま、多分ほぼ合ってるけどネ。。

    

それ以外だと、花火だらけって印象が強かったな。あちこちで個人的に花火

をやってて、いかにも夏って感じだ。関東の梅雨明けは遅れてるけど、そろ

そろかな。今夜なんて、気温は大したことなくても、走ってて蒸し暑かったもん

ね。軽く走ってるのに、ちょっと汗が流れ落ちたほど。ま、そのくらいの方が

070723 アイスが美味しくていいけど♪ ち

 なみに今夜のご褒美は、定番中の

 定番、ロッテ『爽』。8年前に登場し

 て以来のロングセラー・アイスだ。

 「微細氷」がシャリッとして、まさに

爽快! 抹茶やキウイヨーグルト味もあるみたいだから、探してみよっと!

    

ともかく、全くのお散歩気分ながらも、重いギア(42×11,13)で太腿に

度な負荷をかけて帰宅。風がほとんど無かったせいもあるだろうけど、42

×11がさほど重くなかった気がする♪ 月曜は忙しいから休んで、火水とま

た走ろう。今週末こそは、どっかツーリングに行きたいな。。☆彡

| | コメント (0)

「ガッツ石松」のGIFアニメ、作成成功☆

Anime_guts_2またまた快挙♪ 今度はGIFアニメの作

成に成功☆ GIF(Graphics Inter-

 change Format:ジフ)は、JPEG(ジェ

イペグ)と並ぶ代表的な画像形式。1つの

ファイルに複数の画像を収められるので、

それを連続的に表示すると簡単な

アニメーションになるってわけ。今まであちこちで見てたし、理屈は知ってた

けど、作ったのは初めてだ。昨日、ハートマークの表示に成功して嬉しかっ

たから、勢いでまた遊んでみたわけよ ちゃんと動いてるでしょ?♪

       

作り方の手順を大まかに書くと、次の通り。

  ①動かすGIF画像を複数枚用意。

    (今回はWindows付属ソフト『ペイント』でお絵かき&GIF形式保存)

  ②ネット上の適当なサイトにアップしてGIFアニメを作り、それを保存。

    (今回は検索して最初に出るサイトを利用)

   

と言うわけで、『ホタルノヒカリ』第1話(or第1夜)で蛍(綾瀬はるか)がやって

高野部長(藤木直人)があきれてた、「ガッツ石松!」のアニメを作ってみた。

ヘビ女やドジョウすくいの方がウケそうだけど、ちょっとエッチだもんネ・・(^^ゞ

エッ、こんなもん作ってるヒマあったら、フツーの記事書けって?

まあまあ。ちょっと新しい遊びにチャレンジしたかったわけよ。

マトモな記事はまたいずれってことで。。☆彡

| | コメント (0)

深夜の長距離傘ラン、右脚をひきずりつつ・・

RUN25km,2時間13分45秒,心拍Av149

長かった。。2ヶ月ぶりの25km、荒川マラソン以降わずか2回目の長距離

走(25km以上)は、タイムは論外だけどかなり満足だ♪ 涼しかったとはい

え7月下旬、おまけに雨だから、大嫌いな蒸し蒸しするコンディション。右脚

ひきずっての傘ランで、よく完走できたもんだ。今よりかなり実力的に上だっ

た去年でさえ、この時期はハーフまでしか走ってないもんね。十分、十分☆

        

さて、毎度のことながら、この日も危うくサボりそうになった。ドラマ記事関連

で、また木金と2日連続のサボリ。今日も仕事その他で心身共に疲れてたし、

春から続いてる右脚ふくらはぎの痛みがちょっとひどかった。日によってかな

り状態が変わるんだけど、歩くのさえ辛い状況。寝不足だし、もう1日サボっ

ちゃえと何度も思ったものの、3日連続のサボリは大犯罪だと先日ブログに

書いたばっかりだよなと思って、しぶしぶ深夜の公園へ。夕方までわりと空が

明るかったのに、小雨が降り出してて、迷ったあげく傘ランに決定。多分これ

は正解だ。傘なしでも走れたけど、ビショ濡れで25kmはもたなかったはず。

      

さて、色々とコンディションが悪過ぎるので、慎重にゆっくりスタート。実は25

km走り切る自信は無くて、15kmくらいでもいいかって気持ちもあった。歩く

だけでも痛い右脚を、傘ランで25kmもたせるのは大変だ。1km5分なんて

キープできないから、1km5分15秒くらいを想定。トータル2時間10分前後

って感じ。最初はピッタシのペースだったのに、この日はサッパリ調子が上が

らずにズルズルとペースダウン。ただし、かなり遅いから、しんどくて止めたく

なるって感じはない。真夜中の公園は、ウォーカーの女の子2人連れを除くと

通行人がちょっといる程度。ひたすら自分との戦いで、黙々とラップを重ねる。

    

7周目(15km過ぎ)辺りからガクッと脚が動かなくなってきたのは、疲れもあ

るけど、短パンがビショ濡れになって太腿に貼り付いて来たから。これはかな

りの抵抗で、後で見ると汗疹だらけになってた。それでも、脚がキツイだけで、

心肺的にはかなりの余裕。実際、平均心拍149なんてのはランニングだとか

なりの低さだ。結局、周回後に給水を20秒ほどしただけで、無事完走。帰宅

後はスポーツドリンク飲み放題、アイスもバクバク♪ これがなきゃ、やってら

んないネ。あ~、ホントは身体をもっと絞りたいんだけどなぁ。。

      

ま、ともかくこの25km完走は大満足☆ タイムはちょっと覚えがないくらい悪

いけど、1km5分21秒ペースだから、このコンディションならOKでしょ。でも、

自転車に乗ってないのはマズイわな。天気さえマトモになってくれればなぁ。。。

      

  往路(2.45km)      14分01秒   平均心拍123

  1周(2.14km)    11分02秒        143

  2周             11分06秒        149

  3周            11分08秒        151

  4周             11分16秒        152               

  5周             11分05秒        153

  6周             11分21秒        154         

  7周            11分38秒        155          

  8周            11分47秒        153        

  9周            11分50秒        154        

 10周(840m)         4分55秒(給水込み) 158      

  復路              12分36秒        155          

  計 25km   2時間13分45秒   149(最大心拍167,ゴール前)

| | コメント (0)

ハートマークの表示方法、攻略成功!

やった~~! 遂にハートマークのブログへの表示に成功

ピンク色に塗りつぶしたハートも打てるようになった

(上の2つの文のラスト、ちゃんとハートマークに見えてるかな・・・)

ポイントは、Windowsのシステム辞書と、ブログのHTMLの編集。

初めて携帯で絵文字入力した時みたいな感激かも。子供かよ! ^^

でも、まだ使用環境(PC、ブラウザ、フォント)による違いとか分からないから、

とりあえずピンク色に塗りつぶしたハートは画像添付にしとこっと♪

(あっ、ちなみにココログ(ニフティのブログ)にはまだ絵文字はないのよ)

       

と言うわけで、『ホタルノヒカリ』第2話(or第2夜)で蛍(綾瀬はるか)が手嶋

マコト(加藤和樹)に出したラブメール(恋愛系メール)を再現しとこう☆

最後に高野部長(藤木直人)に、取り消したいって泣きついてたやつネ♪

フッフッフッ・・(^^)v エッ、こんなのフツー? 

あっ、そう。。せっかく頑張ったのに。。^^;

      

070721

| | コメント (2)

ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

  弁当は持って行かなかった 一生懸命作ってたこと知ってたのに 

  あまりいい夫じゃなかった

  人は変われますよね

  あまりいい夫じゃなかった部長と 恋愛からずっと遠ざかってた干物

  変わることできますよネ

  君は・・・

  ハイ♪

  無理! 一生無理 死ぬまで無理 いや死んでも無理 

  生まれ変わっても無理 絶対無理

  未来永劫、君は干物女だ! 

   (スタスタ・・・)

         

          ☆          ☆          ☆

先週は「どっこい庄一」。今週は「頂きマンボ」の連続登場に加えて「ラッシャー

板前」が新登場☆ 「ラジャー(了解)」+「ラッシャー板前(芸人)」の意味だと

理解できた人が何割いたかはともかく、今週もまた全国の職場や家庭で真似

されて、ヒンヤリとした冷房の役割を果たしたんだろう♪ 原子力発電所の問

題を考えると、来週以降も蛍(綾瀬はるか)の活躍がますます重要になってく

るはずだ。そういえば、蛍が間借りしてる高野部長(藤木直人)の実家は、エ

アコン不要のエコライフ設計になってたな。とりあえず、ウチでもなるべくエア

コンは使わないようにしよう。こっちも頑張るから、電力会社にも頑張ってほ

しいもんだ。特に、でんこちゃんの東京電力の奮起に期待しよう!

       

それにしても映像作品って、主演の魅力を輝かせるためにあるんだなぁ。。

W主演と言われてた『プロポーズ大作戦』は、実際には単独主演の山下智久

を輝かせるためのドラマだったし(長澤まさみは準主演)、このドラマは明らか

干物女の綾瀬はるかを輝かせるためのドラマだ☆ やたら大げさで奇妙な

演技が可愛いし、すっとぼけた天然ボケキャラも笑えるもんね♪

      

あの変なキャラに気付いたのは『たったひとつの恋』で、それまでは『世界の

中心で、愛をさけぶ』のピュアな印象と『白夜行』のシリアスな印象。でも今、

ウィキペディアで調べたら、実はデビュー当時からバラエティで(いじられ役と

して)活躍してたってお話。なるほど、なるほど。

手嶋へのメールを打つ時、「アホ宮です。違う!」なんて一人ボケ突っ込みし

てる姿は、演技に見えなかったもんな。素でしょ、あれ。「さりげなく自然でオ

シャレ」な「信じられない格好」も、綾瀬なら普段からやってそう♪

     

ともかく、干物女を見事に輝かせてる綾瀬や周囲のスタッフ&キャストには

拍手を送りたい☆ 干物女、ヘビ女、来週はカメ女(?)、こうなったら毎回、

何とか女を登場させて欲しいもの♪ ちょっとヒネッて、「はるか女」なんての

もいいかも。蛍の天然ボケに対して、高野が「綾瀬はるかみたいだな。お前

は、はるか女だ!」とか言うわけ。『プロポ』の毎回タイムスリップってのはちょっ

と首をひねったけど、何とか女の毎回出演くらいなら適度なお遊びだろう。

    

それにしても、サービス精神旺盛だよなぁ。干物で萌えさせるためなのか、先

週は体操服っぽいシャツ、今週は腰が抜けたヘビ女の下半身クネクネ。この

2つは個人的には趣味じゃないけど、来週のドジョウすくいで腰ガクガクって

のはちょっと萌えるかも♪ またあれを録画でリピートしたり、gifアニメにした

りする動きが出そうだな。予告の変な顔も可愛かったしネ。

今週、高野にお仕置きされてた変顔に萌えたって人もいそうな感じ。顔自体に

萌えた人、はるかがお仕置きされてる状況に萌えた人。さらにヒネって、自分

が100g1680円のチーズをくすねて、はるかにお仕置きされる状況を妄想し

て萌えた人。。

             

一方、準主演or助演の藤木。予告映像の通り、ちゃんと今週も『ギャルサー』

シンノスケ的キャラを見せてくれた♪ 早稲田大学理工学部出身の藤木にふ

さわしいとも言える、堅苦しくてちょっと変な説教口調。例えば、両手を腰に構

えて「雨ガッパを笑った者には、カッパの報いだ」とか蛍に説教する姿。あるい

は、山田姐さん(板谷由夏)から聞いたメール・テクニックのウケ売りを蛍がし

た時の、「で? で何?」に始まる疑問文攻撃。これは、シンノスケがエンゼル

ハートのメンバーや警官・一ノ瀬(佐藤隆太)によくやってたもののヴァリエーショ

ンで、一般ウケはしてないだろうけど、個人的にはかなり笑えた♪ もちろん、

蛍への疑問文攻撃は、疑問形の大切さなんてウンチクを得意げにウケ売りし

てた蛍へのシニカルな対応になってる。

    

でも、もっと大きな目で見ると、結局この高野の疑問文攻撃も、蛍との関係が

深まることにつながってるわけだから、やっぱり山田姐さんの説には一理あっ

たのだ。でも疑問形って、実際には返事が無かった時に悲しいんだよなぁ。ド

ラマだとちゃんと相手してくれるからいいけどさ。

例えばここで「読者の皆さん、そう思うでしょ?」とか問いかけて、誰もコメント

で応答してくれないと、ヒンヤリしてウチの冷房が不要になるわけよ。ネコの

代わりにパソコンに向かって一人で喋る干物男みたいになっちゃうわけ。。^^;

    

ところで高野部長には、北島進之助にはあんまし無かった魅力(?)もある。

例えば「・・・もん♪」って台詞。高野に命令されて「自衛隊みたい」に「ハッ」と

か返事しながら台風対策してた蛍が、自分でやれと反撃してきた時、高野は

豹変して「金槌って重いんだもん♪」。初回では、離婚だろとか突っ込まれた

高野が「違うもん♪」。このもんもん攻撃、ファンの皆さんにとっては可愛いん

でしょ? シ~~~ン・・・ やっぱ疑問形は寒いわ! ま、もんもん攻撃に萌

えなくても、着物姿から突き出してた藤木の細いスネには萌えるんでしょ♪

     

さて、とにかく蛍も高野もそれぞれいいんだけど、今回は2人の絡みも前回

よりはスムーズに感じた。金槌、疑問形メール、雨合羽、「手嶋か♪」&「違

いますよ!」、アホ宮、ピョンピョン&チーズお仕置き、そして、この記事の

冒頭に掲げた干物女のやり取り。ま、先週のビミョーにギクシャクしたやり取

りも、それなりの味があったけどネ。

           

           ☆           ☆          ☆

他の出演者で目立ってたのは、手嶋マコト(加藤和樹)神宮寺要(武田真治)

マコトは、演技はともかく結構カッコイイと思うけど、ヨン様の親戚に見えるの

は「私だけ」?♪ 『エンタの神様』で、だいたひかるがネタにしないかな。それ

はともかく、部長に蛍が作った資料を渡されたくらいでアッサリ帰るなよ! そ

れとも、あの素直さがまたウケるのかね。でも、番組終了後のミュージシャンと

してのCMとか見てると、マコトには見えなかったな。ま、いいけど。

     

一方、変なキャラの要。って言うか、武田真治ってのがもともと何となく笑える

キャラなんだよな。去年の冬のNHK『氷壁』だと、たまたまお堅くて冷血っぽ

い役やってたけどさ。今回はわりと武田本人に近い妙な役。あのウザさやお

かしな喋り方(広島弁?)は、笑えないけど嫌いじゃないかも。ドラマで見てる

分にはね。「ステキ女子」三枝優華(国仲涼子)に惚れてるから、マコトと上手

くいくように手助けするわけか。ってことは、蛍のジャマをするのね。ただ、あ

んましドロドロした妨害するよりは、ボケの入った横槍にしてほしいもの。で、

そんな要の姿に、山田姐さんが惚れていくってことか。

    

最後は蛍&部長、ステキ女子&マコト、姐さん&要ってか? それは単調す

ぎるよな。前回のP.S.にも書いたけど、『ホタルノヒカリ』の結末は、ささやか

なヒカリだと予想してる。つまり、3つのカップル誕生なんていう大きなヒカリ

(典型的ハッピーエンド)じゃないどころか、全て緩い結びつきのまま終了。

原作マンガの副題でさえ「IT'S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE」なんだから、

1クールで終わるドラマだと「ONLY LITTLE LIGHT=ほんのささやかな光」で

『蛍の光』を歌わざるを得ないだろう。ただし、ホタルやろうそくみたいに温か

みを感じる光。

    

他の出演者は完全に脇役だなぁ。二ツ木(安田顕)は部長に惚れてる変な友

達になってて、今のところオマケ扱い。ソクラテス=沢木瞬(渡辺豪太)、田所

潤平(渋江譲二)、豪徳寺賢(丸山智己)の3人は、前回と同じく、ドラマ本編

より公式サイトの『メンズホタルノヒカリ』の方が遥かにインパクトあるな。ま、

「スピンオフ」(派生作品or外伝)だから当然か。今回の第二夜「オレはエロじゃ

ねぇ!!」は、内容的に男ウケしそうだし、マコトが出るから女ウケも良さそう。

ともかく、社内エロはダメってことよ。自宅でも、ちゃんと節度をわきまえてネ。

ま、品行方正な人間にとっては無関係だけど♪

    

あと、若い女子社員3人も完全な脇役だなぁ。美奈子(浅見れいな)なんて、

ちょっと気の毒になったほど。『サプリ』みたいに部長やマコトに絡んでいくと

も思えないしね。残りの2人は、「パンと菓子 朝倉屋」のOL客の方がむしろ

イイかも、なんて言っちゃうと可哀想かも。ほんじゃ、書くなよ!♪

          

          ☆          ☆          ☆

さてさて、こんなフツーの事ばっか書いてちゃ、ウチらしくないわな。でも、今

回は前回みたいなマニアックな台詞が出なかったし、謎解き遊びのネタも特

に見当たらない。見てる間は面白かったけど、見終わった後で困っちゃった

わけよ。ここで止めるんなら簡単なんだけど、それじゃ物足りないでしょ。

エッ、十分? って言うか、もう他のサイトに飛んじゃってる? あっ、そう♪ 

まあでも、少なくとも50人くらいは残ってると思うんだよな。じわじわ増えてる

気がする熱心な人達に向けて、テンメイ的レビューをちょっとだけ☆

     

ウチのドラマ記事のわかりやすい特徴は、長さ・細かさ・理屈っぽさに加えて、

オリジナル・タイトル。これは初期の『野ブタ』から一貫してることで、要するに、

作品とは視聴者のものだっていう姿勢の一つの現れだ。今回の「第2夜」、制

作サイドがメディアに告知したらしいサブタイトルは、「恋をするのも命がけ 

干物女とラブメール」。ドラマの冒頭では、画面の右隅に「干物女とラブメール」

とだけ書かれてた。確かに、表面的に見れば今回の内容はほぼその通り。ラ

ブメールは高野とも関係してる(妻との音信不通)から、干物女だけ強調する

のはちょっとだけ気になるけど、少なくとも『ファースト・キス』ほどトボけたサブ

タイトルをつけてる訳じゃない。

      

ただ、それは所詮、表面的なタイトル。ウチはむしろ、本質に目を向ける。表

面とは、そこにあるもの、そのまま見えてるもの。多くの人が共有し、容易に

共感できるもの。それに対して本質とは、自分で見出すもの、掘り出すものだ。

差し当たりは個人的なもので、個人の能力・労力・趣味が問われる。読み手

や聞き手の側にも、それなりのものが要求されることになる。作品との出会い

を決定するのは視聴者自身、記事との出会いを決定するのは読者自身と言っ

てもいい。ほら、ウチらしくなって来たでしょ。何ならこうゆうウンチクは、藤木シ

ンノスケの口調で読むとピッタシかも♪

     

本質をそのままタイトルにするとは限らないものの、今回についてはそのまま。

「ネガティブからポジティブへの反転」こそが、今回の内容の本質だ。以下、マ

ニアックに説明しよう。

    

今回、誰でも気になっただろう言葉は、「リノベーション」と「再開発」。リノベー

ションって言葉はまだ一般的じゃないし、再開発って訳語も定着してるわけじゃ

なさそうだ。でも、ドラマではほぼ同じ意味で使われてた。「SW Build co.,

ltd」のそばにあるらしい、寂れた感じの「パンと菓子 朝倉屋」のリノベーション

をマコトが提案。10日間、50万円のさえない仕事に、周囲が冷めた態度を示

す中、蛍は強烈に援護。「私のことも、再開発しておくんなまし♪」って思いは、

直後のマコトの仕事系恋愛系メールにつながり、最後には蛍の恋愛系メール

へと結実した。

    

このリノベーション。毎度おなじみ、ネット上のフリー百科事典『ウィキペディア』

で検索すると、「再生」という項目に回されてしまう。リノベーションっていう独立

した項目がないわけで、この言葉がまだ特殊な世界に限られてることを示唆し

てる。そこでYahoo!とGooleで検索してみると、約597000件と約951000

件、ズラッと並ぶ記事やサイトの中で圧倒的に目立つのは建築関連。その1つ、

「ALL About 住宅用語集」を見ると、リノベーションとは建物の大規模改修工

事のこと。いわゆる「リフォーム」の中で、大掛かりなものを指すようで、再開発

なんて訳語もうなづけるところだ。。

     

でも、なるほど!なんてこの程度で納得したりしないのがマニアック・サイトって

もの♪ 『小学館ランダムハウス大辞典 第2版』で「renovation」をチェックする

と、語源は再び新しくすること。つまり、リニューアル(renewal)と似てるわけだ。

そこでさらに類語説明を読むと、「renew 新鮮で活気のある最初の状態に戻す.

renovate 荒廃・老朽化した物を改修,修復する」とある。つまり、リノベーション

の方がよりネガティブな状況における徹底的な再生ってことだ。一昔前によく聞

いたイノベーション(innovation)、つまり新たなものを取り込むことを指す言葉と

比べても、リノベーションの方がスタート地点のレベルが低い。

      

と言うわけで、どうして「リノベーション」って言葉がドラマで強調されてるか(初回

から既に登場)、どうしてウチがこだわってるか、もはやお分かりだろう。要する

に、リノベーションは枯れ果てて終わってる干物女にピッタシなのだ。蛍の「再開

発して♪」って台詞は、単なる言葉遊びじゃない。原作か脚本か今のところ不明

だけど、ストーリーの大掛かりな枠組みor構造として、リノベーションが機能して

るってこと。まだ続くからネ。ハイ、深呼吸♪

    

さて、ここまでなら、今回のタイトルはリノベーションって言葉を使えばいいこと

になる。朝倉屋、干物女、別居中の高野夫妻、すべてそうだ。でも、もっと全体

を凝視すると、少し違ったもの、より本質的なものが見えてくる。ここでは3つの

ものに着目しよう。資料、雨ガッパ、優華&要だ。

まず、蛍が徹夜で作って高野も心を動かされてた「失敗は成功のもと 『朝倉屋』

 リノベーション資料」。他人の失敗から学んで自分の成功へとつなげるってい

う発想はありがちだけど、リノベーションって概念には収まらないものだ。

    

続いて、バカにして笑った蛍に雨戸攻撃の報いをもたらした雨ガッパ♪ 蛍に

とってこれは、ダサさの極致で、思わず部長の顔にビールを吹き出すほど滑

稽なものだった。でも、最後に蛍を救ったのは何だったか。部長と一緒に住ん

でる自宅まで資料を取りに来るってメールしてきたマコトを、自宅の手前で食

い止めたのは何か。それは雨ガッパだ。台風にも負けないガードがあったか

らこそ、高野は資料を大事そうに抱えたまま外に飛び出せたわけで、まさに

蛍にとってカッパの価値が180度転換したことになる。だからこそ、帰宅直後

のシーンではしっかりカッパが映されてるわけだ。もちろん、カッパじゃなくて

高野の価値が変わったと言ってもいいし、カッパ=高野と考えてもいい。気に

食わない上司が、頼りになる男性へと転換したわけだ。

    

そして最後に、優華&要を見てみよう。この2人は共に、辛い片思いの状況

だ。ところがそれを、プラスの方向へと自分で転化させている。まず優華が、

ステキ女子らしく、片思いを思いやり&支えの方向に転化。その姿勢が次に、

要の片思いを思いやり&支えの方向に転化させている。

いまや、このドラマの本質は明らかだろう。リノベーション=再開発に限らず、

ネガティブなものからポジティブなものへの反転が、全体を通じて様々に変奏

されてたわけだ。ここで終わりにしても既にOKだろうけど、もう一歩だけ先に

進んでみよう。それは、前回との関連だ。

    

前回、冒頭でいきなり高野が「女というものは存在しない」って台詞を口にし

て、最後に自分でそれを否定した。つまり、女という一般化などできないと理

屈ではいいつつ、実際には女という基準をこっそり作って、蛍は女じゃないと

切り捨てたわけだ(詳しくは前回の記事参照)。つまり、ハッキリした理屈をこ

ねる主題はそのまま肯定されず、最後はボヤけた現実の描写で終わったっ

てこと。すると、今回の「ネガティブからポジティブへの反転」なんて主題も、そ

のままでは肯定されず、やがて現実的な妥協点で終わるのかも知れない。

    

そう考えると、前回の記事の冒頭に掲げた台詞と、今回のとが、キレイに対

することになる。すなわちどちらも、美しい主題のコミカルな否定ってことだ。

だから結局、朝倉屋、干物女、別居夫妻、蛍にとっての高野etc、どれも少し

だけポジティブな状況へと変化するだけなのかも知れない。もちろん、その少

しが決定的に重要なのかも知れないけれど。。。

           

          ☆          ☆          ☆

さて、今回のマニアック・レビュー、満足して頂けたかな。えっ、高速スクロール

で読み飛ばした? つまんないけど気の毒だから口に出さない? あっ、そう♪

大部分は自信を持って書いてるんだけど、一番最後、前回との関連に関する

部分は、さすがに行き過ぎかもネ。でも、少なくとも私はこのレベルまで考える

し、そう考えたほうが深く笑えるってこと。おそらく脚本の水橋文美江もそうゆう

人じゃないかな。脚本家と作品は別物とはいえ、今回もやっぱり水橋の底力を

見せつけられたような感じが強かった☆

       

このドラマ、基本的には肩の凝らないOL向けコメディで、見るだけなら面白く

ていい。でも、2回見た感じでは、やっぱりウチの記事にはあんまし向いてな

い気がするな。でも、今までもこんな窮地に立たされたことは何度もあった。

考えようによっては、パワーアップするためのチャンスであって、まさに「ネガ

ティブからポジティブへの反転」を目指す時だろう。

失敗しても当たり前、成功したら男前♪ (by『プロポ 9』)

ではまた。。☆彡

     

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. 一生懸命作ってくれた弁当を食べなかった高野。フィクションとはいえ、

     そりゃないだろと突っ込んだ。でも考えてみると、似たようなって言うか、

     同レベルの酷いことは、人生の中で色々とやっちゃってるかも。特に20

     歳前後なんて、今思い出しても赤面しちゃうよな。いや、最近はほとんど

     やってないつもりだけどね。^^;

    

P.S.2 「ラッシャー板前」って言葉のもとになってる「ラジャー」。てっきり了

      解って意味の英単語かと思ってたら、単なる「Roger」って人名だって

      お話。あちこち検索した結果を総合すると、まず第二次大戦前後か

      ら英米の軍隊で、メッセージを受け取ったことを表す「received」とか

      「reception」を単に「R」と呼ぶようになった。その「R」って音声を正し

      く通信伝達するために、「ロジャーのR(R for Roger)」と言うように。

      日本語で言うなら、「あさひのあ」って感じ。それが単に「Roger」になっ

      て、最後に日本人の耳には「ラジャー」に聴こえたってこと。つまり、

      received → R → R for Roger → Roger → ラジャーって流れらしい。

      

P.S.3 エベレストの標高って話は、ここ10年くらいに結構メディアで騒がれ

      てる。ウィキペディアに細かく書かれてるけど、要するに一言でいえ

      ば、8848mって数字に色んな疑問が投げかけられてるってお話。

      つまり、高野が自信をもって断言した数字には、ちょっと古い感じが

      漂ってるわけで、原作者はともかく、脚本家なら多分知っててわざと

      使ったと思う。ただし、5000mなんて数字を挙げる人物は、世界中

      で蛍ただ一人だろう。いや、待て待て。結構いるか。渋谷あたりに多

      そうだな。。♪

     

P.S.4 優華、かなりのミニスカで意外なほどキレイな脚を披露してくれてた

      けど、やっぱ萌えないな。ステキ女子って設定はちょっと苦しいと思

      うけど。。(失礼・・)

     

P.S.5 エンドロールに「深雪 黒谷友香」と書いてあったし、本人のサイトに

      も出演のお知らせがあるのに、「ホタルノヒカリ 深雪 黒谷友香」で

      検索するとほとんど情報が出てこないな。高野の別居中の妻だと思

      うんだけど、黒谷なしで検索してもロクな情報が出ないってことは、ド

      ラマ独自の設定ってことかね。。

     

P.S.6 朝日新聞7月8日朝刊の「TVダイアリー」で、日テレ・OLシリーズ前

      2作の脚本家・中園ミホがインパクトある話を書いてた。山田太一

      会った時に、「脚本家はオリジナルを書かなきゃ、脚本家じゃありま

      せん」「ドラマの制作現場は今すぐマンガ原作禁止令をしくべきです」

      と言われてショックを受けて、プロデューサーに電話。「必ず結果を出

      すから、自分の企画で勝負させてください」。その結果、見事に視聴

      率獲得に成功したとのこと。2人ともカッコイイ~!☆

      ま、マンガのレベルが高いってのもあるんだろうけどね。水橋なんて

      実力があるんだから、原作マンガを大胆に翻案して、自分のオリジ

      ナル作品に近づけて欲しいもんだ。。☆彡

    

P.S.7 aikoの主題歌『横顔』はともかく、菅野祐悟の音楽は上手い! って

      言うか、音楽の使い分けとか切り替えが上手いんだよな。それはまた

      別の担当になるのかも知れないけど、『プロポ』よりは好きだ♪

      あと、今回やたら面白かったのは、演出が『ギャルサー』の南雲聖一

      に変わってたからかも知れないな。。

      

P.S.8 『華麗なる一族』に引き続き、原作との比較記事を書くことに決定☆

      毎週かどうかは怪しいけど5本くらいは書くかな。乞うご期待って言う

      か、自分の興味で軽く書くだけだから、あんまし期待しないでネ♪☆彡

      

P.S.9 蛍からマコトへのメールは、「ハートマークの表示方法、攻略成功!」

      に再現しておいた♪

         

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

    『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

  

  

| | コメント (12) | トラックバック (7)

ドラマ記事に苦戦中・・もう少々お待ちあれ♪

ダメだ。間に合わなかった。。19日中にドラマ記事をアップしようと思って、

必死に「かな入力」で頑張ってたけど、もう時間が来た。一般公開して2年

近く毎日更新継続中のウチとしては、何か無理やり書いて、19日の日付け

を埋めなきゃなんない。ちょっと前までは、穴が空いても平気で、日付けが

変わって数時間後にアップした記事を、後で日付け修正するだけだった。

でも最近のマイブーム(?)的には、とにかくその日のうちに何か書いとく流

れになってるわけ。

        

一つの理由には、ドラマの翌日になるとかなりのアクセスが入って来るよう

になってるってことがある。トップページに来たり、ブックマークorお気に入り

らしきアクセスだったり、「テンメイ」の検索だったり。この方たちは、単なる

ドラマ好きやタレント好きじゃなくて、ウチの記事を読みに来てる人たちだ。

もちろん、ウチ本来のスポーツファンもいるけど、やっぱりドラマファンが圧

倒的多数(両方って人はごく少数っぽい)。「まだ?」って感じでずっと待たせ

るのも悪いなって気がするわけよ。ま、案外、ジラし攻撃や放置プレイが好

きな方もいるかも知れないけどネ♪

          

現在、記事は5~6割くらいの出来。早ければ深夜中、遅くとも明日の昼過ぎ

にはアップできる予定。ま、先週よりは早いってことで、悪しからずご了承を。

ちゃんと「ラッシャー板前」って返事と共に了解してネ♪

| | コメント (0)

再びハーフ、涼しくて快適♪

RUN21.1km,1時間41分59秒,心拍Av156

涼しい♪ 暑中見舞いカードなんてものをブログのトップに飾った途端に、季

節は秋になったみたいだ。またしても、マーフィーの法則か。。「夏の挨拶を

した時に限って、秋のような天気になる」。ウーン、あまりに偉大な自然界の

法則を前にすると、人間の無力さを思い知らされるなぁ・・なんちゃって♪

    

今日はホントはジムに行って、久々に本気でバイクを回そうと思ってたんだ

けど、時間的に間に合わず。たまたま凄く涼しい日だってこともあって、また

ランニングをすることに。湿度も高くないし、これだけの好条件なら25kmく

らい走りこもうかな、とか思ったのに、残念ながら少し時間不足。22時から

のドラマの前に帰宅しなきゃなんないから、ハーフに短縮。録画だと、最近

時々エラーが発生するし(PCと外付けHDの連結の問題)、見終わった後

に走ろうとすると眠いしダルくなる。

    

さて、前から何となく感じてたのは、走る前にシャワーを浴びると調子いい

てこと♪ 身体が適度に温まるからかな。涼しさもあって、往路はここ最近に

しては快調。3周目まで、なかなかのペースで気を良くした。ま、たかが1km

4分45秒ペースで喜んでる場合じゃないんだけどね。。おまけに、4周目から

はズルズルとペースダウン。いまだに右脚をひきずってるので(ふくらはぎの

痛み)、左脚が疲れて来たのだ。今日の目標タイムは1時間43分以内だか

ら、走りを少し保守的にして、目標達成に焦点を絞ることに。結局、日曜と違っ

給水も必要なく、終盤大崩れすることもなしに、ギリギリで42分を切れた。

    

この程度のタイムでも、3月以来のもので、自転車シーズンとしてはちょっとニ

ンマリかも♪ ただし、1年前と比べるとめまいがしてくる。去年の6月には練

習ベストの1時間33分を出してるし、ちょうど今頃には蒸し暑さとかでガタガタ

に崩れてるけど、それでも40分ちょうど程度のタイムは出してた。やっぱラン

ニングはがた落ちなんだよなぁ。ま、自転車が落ちてないだけでもラッキーか。

ポジティブ・シンキング☆

           

さて、明日は多分走れそうにないから、明後日ジムでも行こうかな。あ~、こ

んな記事書いてるヒマがあったら、ツールの第10ステージ終盤をチェックしな

きゃ! ではまた。。☆彡

      

  往路(2.45km)     12分41秒   平均心拍129          

  1周(2.14km)     10分10秒         151        

  2周              10分08秒         154        

  3周             10分08秒         159

  4周              10分15秒         160 

  5周              10分19秒         161

  6周              10分22秒         162 

  7周              10分33秒         162 

  8周(1.22km)        5分49秒         166

 復路               11分35秒          163

  計 21.1km  1時間41分59秒     156(最大176,ゴール手前)

| | コメント (0)

ホタルの暑中見舞い♪

070718

| | コメント (0)

『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

今日は時間があれば、『プロポーズ大作戦』の記事でも書こうかなと思って

た。視聴率の高さを反映してのことなのか、『プロポ』の記事にはいまだに結

構アクセスが入ってるから、もう1本書く価値ありそうな感じだもんね。

ところが仕事が予想外に長引いてしまったので、もう時間がなくなった。今さら

小雨の中をランニングに出かける気もしないので、手っ取り早く書けてそこそ

こ読まれそうな記事に決定。と言うわけで、『ホタルノヒカリ』の原作コミックを

手に取ることに♪ 念のために書いとくと、作者はひうらさとる。1966年生ま

れ、おそらく女性だ。出版社は、連載中の雑誌『Kiss』を出してる講談社

         

070717_1 第1話の記事に書いたように、2、3

 巻は古本屋で1冊210円(税込)で

 購入。第1巻だけは、ドラマ化決定

 の帯が欲しくて新刊を410円(同)で

 ゲット。ってことは、この綾瀬はるか

 のちょんまげ写真に差し引き200円

 も使ったってことか。コーラの1.5L

 が買えたな。う~ん、ビミョーかも。。

 エッ、オタク? むしろマニアと呼ん

 で欲しいね♪

      

この蛍の絵は、なかなか可愛いな☆ 魚の干物をくわえてるけど、本人は外

出ヴァージョンだってこともあって、全く干物に見えない。裏表紙に描かれて

る全身のファッションもオシャレで何の問題もなし。強いて言えば、目が大き

すぎ、強調しすぎだけど、ま、これが少女マンガってもんか。って言うか、これ

が女性の感性ってもんかネ。。

       

070717b ドラマと原作の比較記事ってのは、

 『華麗なる一族』の時にきっちりやっ

 たことだ。1話ごとに、放送終了後

 わざと5日ほど間を空けて、今後

 のドラマの進展に関するネタバレ

 にも注意しつつ、10本アップ。かな

 りのアクセスを頂いたけど、ちょっ

 と気になったのが、フツーのドラマ

 記事を読む人と、原作との比較

 記事を読む人があまり重なって

ないようだってこと。アクセス解析から大まかに推測すると、残念ながら、多く

の人は片方しか読んでなかったみたい。『華麗』の場合は原作が小説だって

ことも関係してるのかも知れないな。『ホタル』でまた試してみよっと♪

    

070717c ただ、今回は『華

 麗』以上に面倒

 なことになりそ

 うだ。あの時も、

 ドラマと原作が

 キレイに対応し

 てた訳じゃない

 から、ネタバレ

にならないように慎重に読み進めたし、書く時もかなり気を使ってた。

でも『ホタル』は、少なくとも初回では、『華麗』よりも困ってしまった。何と、

「干物、大海に放り出される」と題する「LIGHT 1」(1番目の光=コミック第

1話)の4ページ目から早くも、蛍(綾瀬はるか)高野部長(藤木直人)の共

同生活がスタート! 16ページ目に出てくる蛍と手嶋マコト(加藤和樹)の最

初のエピソードもドラマと全然違ってる☆

            

070717d そもそも、この3人の年齢設定も違う。ドラ

 マだと、蛍24歳、高野37歳、マコト23歳。

 原作マンガだと、蛍27歳、高野41歳、マ

 コト24歳。要するに、ドラマの方が少し若く

 設定してるのだ。ちなみにキャストの実年

 齢は、綾瀬22歳、藤木35歳直前(19日が

 誕生日)、加藤22歳。ドラマの設定の方

がキャストの実年齢に近いし、若い方がドラマが華やぐ。ドラマは正解だろう。

     

さて、肝心の内容について。ドラマを見た時に、何で高野は蛍を受け入れたの

か、説明不足だよなと思ったけど、マンガもやっぱり説明不足だった。簡単に

言うと、ドラマでは、蛍は自然に生きてるだけだし女じゃないからOKって感じ。

原作だと、蛍が泣き叫んでダダこねて、面倒くさいからOKって感じだ。ま、少

女マンガの導入だから、こんなもんか♪ ちなみに41歳の高野はたびたび

「オヤジ」「オッサン」とバカにされている。

    

続いて、マコト。ドラマだと、蛍にとってマコトは弁当の余り以下の存在でスター

トしたけど、原作では蛍は最初からマコトびいきで、「心のアイドル」って設定。

高野がマコトに厳しくあたる姿を見て、怒ってた。マコトが最初から蛍を気に入っ

てる点は同じ。ただし、ちゃんと軽く告白した後で、突然のキス。ドラマみたい

に寝込みを襲ったわけじゃない♪ キスの最中に高野から蛍に携帯がかかっ

て妨害するってところは、いかにも三角関係のスタートって感じ。原作の分か

りやすい箇所の一つだ。

         

最後に、干物女について。ドラマだと、冒頭でいきなり山田姐さん(板谷由夏、

原作では今のところ山田さん)が長々と説明してたけど、原作では高野の思

いつきの一言って感じ。毎日会社から直帰してマンガ読んで一人手酌で酒を

のんで、昔のときめきを思い出、ってのがポイントみたい。そこで蛍の背景

に魚の干物の絵が描かれてて、コミック第1巻表紙では蛍がその干物を口

にくわえてるってわけ。共食いかよ♪

なお、コミックの最後には「干物度チェックDX」ってのがあって、公式サイトの

干物度チェックとはちょっと違ってる。たとえば、「ほつれたスカートのすそを、

しばらく両面テープで止めてたことがある」なんて項目。私は昔、スーツのすそ

か何かで1度やったかな。すぐ取れて、意味がなかったと思うけど。。(^^ゞ

        

原作「LIGHT 1」は40Pで、まだかなりのことは書けるけど、時間もないし、

あまり原作内容をバラすのも気が引ける。この記事を読んで、原作のことを

分かった気になってもらうより、むしろ原作を自分で読んでみたいと思ってほ

しいもの。ここに書いてないけどチョコチョコ笑える部分は一杯あったもんネ。

例えば一番最初の台詞とか、高野の前で蛍がノーブラごまかすシーンとか♪

     

ってことで、今回はとりあえずこの辺でおしまい。次回は第2話の数日後か、

それとももっと後になるか、もう書かないか、今のところ未定。とりあえず、軽く

様子見ってことで。『華麗』みたいな重厚な作品じゃないから、ドラマとマンガ

の違いなんてものを気にする人は少ないって気はするな。

ともかく、ではまた、機会があれば。。☆彡

       

P.S.「LIGHT 2」以降はわざと読んでないけど、第1巻だけで「LIGHT 6」

まであるから、ドラマの第2話は「LIGHT 2&3」って感じなのかも知れない。

コミックは現在、9巻まで出てるもんね。。

      

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

| | コメント (0)

小雨ラン、意外に平気でアイスもペロリ♪

BIKE80.8km,Av26.3,心拍Av131

ツール休息日ってことで、淋しいけど今晩はのんびり記事を打てるな。いつも

終盤のいい所と重なるから、途中で打つのを中断したりして落ち着きがなかっ

た。それにしても、あれだけ走ってホント僅かな休みだよな。恐るべき体力。。

    

さて、今日は連休2日目ってことで、どうしても自転車に乗らなきゃなんなかっ

た。昨日も一昨日もランニング、その前は仕事とドラマ記事関連でロクに走っ

てないし、ジムにも行かず。結局、先週の日曜以来BIKEは0kmだから、さす

がにマズイ。実は、ランニングはそこそこやってるから、トータルするとまあま

あの走行距離にはなってるんだけど、やっぱ似て非なるものだもんね。

    

やらなきゃいけない事ほど、やる気がしないってのは、私だけじゃないだろう。

今日は中越沖地震の様子も気になったし、台風の余波で天気も悪い。雑用

は死ぬほど溜まってるし、サボる言い訳は結構あった。そこをグッとこらえて、

夕方の多摩川に渋々出発。いつもそうだけど、走り出せば気持ちいいもんだ。

この日は、多摩川サイクリングロードに入った途端、いきなり白髪のクロスバ

イクがバトルを仕掛けてきて、エッ?て感じで面白がって追走。さすがに実力

差がハッキリしてたけど、あの年で元気いいよな。ダンシングで2回抜き返し

て来たもんね。敬意を表して譲るべきだったかな。。(^^ゞ

       

その後は例によってひたすら重いギアをグイグイ。途中、速いロードをおいか

けて上りでダンシングしたら一気に心拍169。すぐ気付いたようで、逃げられ

てしまった。昨夜のハーフの疲れがなきゃなぁ、なんて言い訳は見苦しいか♪

やがて、国立折り返しと関戸橋の間を2往復して距離を稼いでる途中に、ポ

070716b ツリと。直前までネットで最

 新情報を見てて、大丈夫そう

 だったのに、やっぱちょっと降っ

 たか。我慢の範囲内だったの

 で、そのまま往復を続けて、セ

 ブンイレブンでアイス。ってこと

 は、濡れてても寒くはなかっ

 たってこと。身体が熱いし、

気温も低くはないもんね。顔に雨が当たるのがウザイ程度。今日のアイスは

定番中の定番、明治スーパーカップ・バニラ。いつの間にか「超」バニラになっ

てるのがバカバカしくて笑える♪ 全然違いが分かんないんだけど。。

   

070716 ドリンクも補給

 して、復路も小

 雨が断続的に降

 る中を重いギア

 でグイグイ。途

 中、府中四谷橋

 手前で盆踊りやっ

 てたから写メ。

当分踊ってないよな。結構好きなんだけどネ。その後、MTBに抜かれたのは

ショックだったかも。向かい風で33kmくらい出してたと思うな。どうせ短い距

離でしょ。これまた見苦しいか (^^ゞ

     

ま、結局最低限のノルマ80kmをこなして、久々に雨ランも経験したことだし、

良しとしよう。いよいよ7月後半。さあ、いよいよ峠に行こうかな。。☆彡

| | コメント (0)

2ヶ月ぶりのハーフ、ぼちぼち♪

RUN21.1km,1時間44分07秒,心拍Av153

ツール第8ステージ、山岳レースの真っ最中! とてもこんな記事書いてる場

合じゃないんだけど、とりあえず今日の日付けを埋める必要があるから、一

旦アップしとこう。アクセスしちゃった方には申し訳ない。。<(_ _)>

    

さて、15分ほど中断して執筆続行♪ 昨日の土曜も仕事だったので、私に

とっては今日が連休初日。本当に久し振りに、目覚ましのアラームをセットせ

ずに寝たら、9時間半もの間、一度も目が覚めなかった。相当疲れてたって

のもあるけど、台風も含めて低気圧が接近してる時にはよく眠れるようだ。

とにかく、たっぷり寝たので頭もスッキリ。昨日の「不機嫌」も多少回復して、

あとは天気が回復すれば自転車に乗ろうかなと思ってたんだけど、何とも

ミョーなお天気状況

    

何度もネットで最新の天気予報をチェック。ピンポイントで数ヶ所の天気、雨

雲の変化、降水量、台風の進路。行けそうだけど、途中で台風特有のにわか

雨にあう可能性も高い。濡れた身体に強風があたると、夏でも自転車は大変

だ。と言うわけで、自転車は結局あきらめて、夜のランニングに変更。幸い、

湿度は高くても気温が低いので、2ヶ月ぶりに長めの距離に挑戦することにし

た。ちなみに、もし自転車に乗ってたら、やっぱり途中でちょっとだけ濡れて

たようだ。台風の時にはよくあるパターン。

     

さて、走ろうとしてまず意表を突かれたのが、靴がビショ濡れのままだったこと。

昨晩、雨と風の中を傘ランして、乾かすのを忘れてた。仕方ないから、一世代

前の靴を引っ張り出して来てホコリを払って履いてみると、結構大丈夫そうだ。

捨てなくて良かった♪ スタート直後は、昨晩の障害物競走の疲れなのか、脚

が重くて、目標の1時間45分(1km5分ペース)は苦しそう。まあ、最悪1時間

50分でいいやと思いながら、控えめに走り続ける。すると、いつものように、

徐々に有酸素システムが作動開始。30分過ぎくらいから調子が上向きに

     

それでも、久々なのでスピードは抑えめ。5月19日に25km走って以来、一

度も20km以上を走ってないもんね。その前だって、5月08日にハーフを走っ

ただけ。春から自転車シーズンってこともあって、ロクに走りこんでないのだ。

と言うわけで、保守的な走りを続けて、何とか公園周回終了。涼しかったのに

ノドが乾いてたので、珍しく給水。ちなみに公園には、台風一過ってことで、い

つもより多くの人がいて、走りやすかった

    

結局、給水の30秒前後を含めても目標タイムを1分ほど切ったから、まあま

あって感じ。とにかく、ここでハーフを走っておいたのはすごく良かったと思う。

さて、明日こそ自転車に乗らなきゃな。ちょっとダルイけどね。。☆彡

ラスムッセン、ツール・ド・フランス第8ステージ優勝おめでとう!)

         

  往路(2.45km)     13分31秒   平均心拍129          

  1周(2.14km)     10分41秒         147        

  2周              10分33秒         154        

  3周             10分30秒         156

  4周              10分21秒         157 

  5周              10分24秒         159

  6周              10分22秒         159 

  7周              10分15秒         161 

  8周(1.22km)        6分09秒(給水込み) 165

 復路               11分22秒          159

  計 21.1km  1時間44分07秒     153(最大174,ゴール直前)

| | コメント (0)

台風にも負けず、不機嫌にも負けず

RUN12km,1時間05分50秒,心拍Av145

台風かよ! 参ったなぁ。。もう7月半ばだって言うのに、今月はさっぱり自転

車の距離が稼げてない。明日の日曜も乗れないわけか。平日に強行するし

かないかねって言うか、朝ランしかないか。。

    

いやいや、それにしても今日はホントにサボりそうになったな。台風接近に

よる雨に加えて、機嫌が悪かった。。(-_-;) 子供みたいな話だけど、所詮

大人になってもメンタルの重要性は変わらない。前にも何度か書いたよう

な気がするけど、私の場合、すごく不愉快なことよりも、ちょっと不愉快な

ことが連発した時がダメなようだ。

    

今日も、寝不足に加えて7つくらいの不愉快なことが重なって、不機嫌の

極致。ここに書ける程度のことだと、まず昨日のドラマ記事がココフラッシュ

(ココログの新着記事紹介)でスパム記事扱いされたこと。紹介されない

ことよりも、ランキングから永久に除外されるのが不愉快だ。デイリーだけ

じゃなく、ウチが得意としてる月間ランキングからも除外される。

      

前からずっと、激戦区の映画・テレビ部門で1位を取ろうとしてて(2位は何

度も獲得)、今回ニフティのトップで紹介されれば行けるかも、とか思ってた

ら、スパム扱い。。『プロポーズ大作戦』の第10話もそうだけど、自信を持っ

てアップした時に限ってこうゆう目に会うんだよなぁ。マーフィーの法則かよ!

あとは、お気に入りのボールペンを通勤途中で落としてしまったとかね。他

はちょっと書けないな。。

     

ま、そうゆうのが7つほど重なった上に、寝不足と仕事の疲れと台風。サボ

る条件が揃ってたけど、ドラマ記事のために2日サボった直後だから、グッ

とガマンして傘ランに出発。3日続けてサボると大犯罪みたいな気がするも

んね。幸い、最初は雨が小降りになってて、わりと走りやすかった。

ところが、さすが台風接近中。徐々に雨と風が強まって、近所の公園のジョ

ギングコースも水浸しの状態に。最後は完全に障害物競走みたいな感じだっ

たな。わりと身体の調子は良かっただけに、諸々のコンディションの悪さが残

念だ。ま、こんなもんか。。

   

ともかく、こんな状況でも最低限の運動はこなしたから、OKとしよう。これか

らは仕事も少しラクになるし、一気に追い上げる予定。とりあえず、明日は

ジムかな。台風で臨時閉館ってことになるかも。。

     

 往路(1.15km)    6分32秒       平均心拍119

  1周(1.1km)     6分02秒              137

  2周           6分03秒               140

  3周            5分56秒              144

  4周            5分54秒             148

  5周            5分53秒             148

  6周            5分51秒             150

  7周            5分54秒             151

  8周           5分50秒             152

  9周           6分00秒             150

  復路            5分57秒             149

   計12km        1時間05分50秒     145(最大158,ゴール手前)

| | コメント (0)

女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

(☆10年7月の追記: 『ホタルノヒカリ 2』レビューをアップ。

      18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話 )

    

    

  君は女じゃないからな

   (・・・チリン・・・)

  ヘッ?

  いや あれから考えたんだ

  君が好きでやってるという君の生活スタイル 君のその格好

  これっぽっちも潤いというものを感じない

  まるでカラカラに乾いた干物だ 君は干物女だ

  干物女?

  君はもはや女じゃない 君は既に枯れている 君は女として終わってる

  よって 一緒に暮らすことには何の問題もないとの結論に達した

  良かったな♪

     

          ☆          ☆          ☆

放映開始直後の木曜。全国の職場や電車で、「どっこい庄一!」と声を出し

て周囲の冷たい視線を浴びた視聴者が大勢いただろうな♪ 賢明な私は、

もちろんノド元で止めることに成功。でも、なかなかいい掛け声を教えても

らって感謝してる。これから時々、心の中でつぶやくとしよう。「頂きマンボ」

は趣味じゃないから大丈夫。「ガッツ石松」は使い方がイマイチ分かんない。

って言うか、ありゃむしろ「ハッスル」だろ! 腰の動きがカットされてるけど。

   

それにしても、どっこい庄一が「どっこいしょ」+「横井庄一」だってこと、何割

くらいの人が分かったのかね。戦後27年も経ってグアム島で発見された元

日本兵のことを、ドラマの24歳OLが知ってるだけでも驚きだ。いや、私は単

に、現代史の教養のおかげだけどさ。って言うか、さっき検索したんだけど♪

    

さて、いよいよスタートした日テレ『ホタルノヒカリ』。原作は、ひうらさとるが講

談社『Kiss』に連載中の同名の人気マンガ。2007年5月現在、コミックスの

売り上げ累計160万部(既刊8巻)と公式サイトにあるけど、おそらくその後

かなり部数を増やしてるだろう。でも、同じ『Kiss』の『のだめカンタービレ』は

18冊・2200万部だから、比較すると分が悪い。

昨日、セコく古本屋で捜してみたら、1冊300円(税込)って値段にのけぞった。

オイオイ、新品でも410円(同)だぞ! ドラマ化ってこともあるのか、強気だ

よなぁ。結局、別の店に行って、2巻と3巻を210円(同)で購入。1巻だけは

帯が欲しくて新品を買った。残りはまた今度ってことで。。

    

ドラマの話に戻すと、脚本:水橋文美江、演出:吉野洋・南雲聖一・茂山佳則

(今回担当は吉野)、プロデューサー:櫨山裕子(はぜやまと読む)・三上絵里

内山雅博。音楽:菅野祐悟

公式サイトに、『anego』『ハケンの品格』の日テレがお贈りするはたらく女子

のリアル・ストーリー第3弾、と書かれてるように、スタッフはほぼ共通。大き

な違いは、脚本が中園ミホから水橋文美江に変わったことくらいかな。

          

この水橋、今まで知らなかったけど、10年以上前の『妹よ』(フジ,1996)

が代表作ってことでいいのかね。他にもそれなりの実績を積み上げてるよう

だけど、私は全く知らなかった。

で、今回初めて見た感じでは、なかなかの実力者だなって印象♪ ドラマだ

け見た時点でもそうだったし、ネタバレに細心の注意を払いながらコミックの

最初だけパラパラ流し見しても、ドラマの方がかなりイイような気がした。ま、

演出とかの効果もあるし、細かい比較は後回しだけどね。ともかく、少なくと

も悪い印象は全くない。注目の脚本家ってことで早速名前を覚えてしまった。

      

で、肝心のドラマの中身だけど、いいんじゃないの♪ あんまし期待してなかっ

たってのもあるけど、かなり面白かったな。って言うか、印象がいいと言うべき

かも。「干物女」雨宮蛍(綾瀬はるか)のまったりOLライフが、緩くていい味を

かもし出してた。綾瀬自身が干物女って告白もあるみたいだし、これはハマリ

でしょ☆ 同じく日テレの『たったひとつの恋』で時々見られた、綾瀬のすっ

とぼけた味が上手く活かされてるな。

     

先日の『ファースト・キス』の記事で、井上真央の演技を(カッコ付きで)ホメた

けど、綾瀬には演技力とはちょっと違う独特の魅力がある。冒頭の「ずっと昔

 遠い夏の記憶 おばあちゃんの家の縁側で見つけた小さな蛍・・・」なんて

モノローグ(orナレーション)も、素人の少女が読んでるようなたどたどしさや

甘ったるさが、可愛らしい初々しさを生み出していた。

結局、演技力というのは俳優の魅力の一つにすぎず、総合力こそが問われ

わけだ。もちろん、演技力は重要な一要素だけどね。。

     

あと、個人的に凄く気に入ったのが部長・高野誠一(藤木直人)☆ 同じ知性

派だけど、『プロポーズ大作戦』の多田とは大違い。思いっきり『ギャルサー』

シンノスケが入ってた♪ これまた日テレだし、あのギクシャクして説教臭くて

ちょっと大げさな喋り方は、明らかに意識して真似したもの。恐らくこの後も

ずっと続くと思う。実際、来週の予告で、両手を腰に当てて仁王立ちして、「雨

ガッパを笑った者には、カッパの報いが・・」なんて言ってる姿は、サキ(戸田

恵梨香)やナギサ(新垣結衣)らに説教してたシンノスケそのものだ。共通の

スタッフは演出の南雲だけみたいだけどね。とにかく、綾瀬と藤木のキャスティ

ングと使い方には、「さすが日テレ、やるじゃん!」って感じで大満足だ☆

       

ただし、干物女のお話にはやっぱし爆笑シーンも萌えシーンもほとんど無

せいぜい、蛍が脱いだままのブラ&ストッキングくらいかな。ちょっと危ない

か♪ 「ステキ女子」三枝優華(国仲涼子)は『ちゅらさん』の恵理=えりぃか

『結婚できない男』のみちるにしか見えなくてサッパリだし、『anego』『ハケン』

に続く出演の板谷由夏=山田姐さんも悪くないけどイマイチ。美奈子(浅見

れいな)はまだ『サプリ』の方がマシだったかも。せめて新人OLに期待したい

のに、鈴子も初子もちょっとインパクト弱いね。無い物ねだりかな。。

    

ちなみに、朝日新聞7月11日朝刊のTVコラム「試写室」にはこう書いてあっ

た。「おやじギャグ連発の蛍は綾瀬の新境地。藤木演じる神経質な上司を

はじめ、周りの人物造形と配役も多彩。ただ、演出も演技も、全体的にもっ

と思い切り突き抜けたほうがいいかも」(菅野俊秀)。

    

実は私も途中までは、ちょっと中途半端だなと感じてた。でも、見終わった

後には、あ~心地良い緩さだな♪と思い直した。綾瀬のボケにせよ、藤木

の突っ込みやノリツッコミにせよ、微妙な緩さがこのドラマにしっくり来てる。

あの2人に関しては、「あり」だろう。ただし、二ツ木(安田顕)と山田姐さんと

神宮寺要(武田真治)は、もうちょっとだけ突き抜けた方がいいかも。ま、許

容範囲だけどさ。安田は『ハケン』の一ツ木から二ツ木へとマイナーチェン

ジってわけか。スタッフ、遊んでるね。

   

他のキャストにも触れとくと、新人のイケメン・加藤和樹=手嶋マコトは、演

技はもちろん素人だけど、なかなかカッコイイな。干物女にとっては、弁当

の余りよりも下の存在だったみたいだけど♪ いきなりキスして、そのあと

どうゆうアプローチするのか楽しみだ。

沢木瞬(渡辺豪太)、田所潤平(渋江譲二)、豪徳寺賢(丸山智己)の3人は、

ドラマ本編より、公式サイトの『メンズホタルノヒカリ』の方が遥かにインパクト

あるな。あれ、バカバカしくて気に入った。時間もわりと長いし、本編に負けず

に頑張ってほしいもんだ。プロポのソクラテス=渡辺、結構活躍してるね。『メ

ンズ』第1話はちょっと下品すぎる役だけど♪

    

ところで、「干物女」って言葉。ひそかに流行ってたのかなと思いきや、『ホタ

ルノヒカリ』が最初なのかね。検索すると『ウィキペディア』『はてなダイアリー』

『Yahoo!辞書』、いずれも『ホタル』以外の出典を挙げてない。ってことは、

ひうらさとるの造語でいいのかな。

    

ひうら本人のブログ『はてなにっき』によると、干物女って言葉を流行らせるた

めに、自分で努力して『はてなダイアリー』のキーワードとして登録したとかい

うお話。こうした姿勢については、いろいろ議論があったようだけど、ブログを

読むかぎりだと別に悪い感じは受けない。ただ、Yahoo!で約435000件、

Googleで約888000件もヒットするから、『ホタル』とは別に、以前からあっ

た言葉なのかも知れないな。とてもじゃないけど全部調べるのは不可能。。

     

で、干物女の定義だけど、ドラマで山田姐さんが言ってたのは、20代の女性

に多い、家ではジャージ・チョンマゲ・尻かき・ビール&つまみ、週末はすぐ帰

宅、休日は食っちゃ寝。独り言が多くて、テレビに相槌打ったりネコに話しか

けたり。時には抱き枕にもだえたり。蛍が追加してたのは、最近ドキドキした

のは駅の階段を登った時ってお話。

     

さらに公式サイトの『干物度チェック』を見ると、ズラッと項目が並んでて、休

日はノーメイク&ノーブラ、脱毛は夏だけ、1か月以上、仕事関係&家族以

外の異性と10分以上しゃべっていない、なんてことが書かれてる。まだチェッ

クしてない女性読者の方、是非お試しあれ♪ 今後、もしメンズ・ヴァージョン

が公表されれば、私もチェックしてみよう。結果が悪かったら秘密にしとくけ

どネ♪ まあでも、制作発表を見ると、綾瀬・国仲・板谷どころか、藤木や加

藤まで「干物男」って話だから、別にいいか。(cf.gooテレビ番組)

     

一方、干物女の対極にある「ステキ女子」。この反語も、ハッキリしたことは不

明だけど、ひうらの造語みたいな感じだ。Yahoo!で約2660000件もヒット

するのにGoogleだと僅か約15500件ってことは、選択基準が相当違ってるっ

てこと。Yahoo!は、ステキと女子が別になってる記事にもヒットするようだ。

要するに、遥かに少ないGoogleの数字の方が正確だってこと。珍しいね。

グーグルの検索って実はハズレだらけなのに。ま、いいか。話がズレてるな。

     

そのステキ女子の中身。ドラマでの神宮寺の台詞によると、「仕事は出来る

けど嫌味なく威圧感なく、さりげない大人の気配りと可愛らしさを併せ持つ。

香水をつけてない時でもいい香りがする。女としてのたしなみを常に忘れず、

家の中でもきちんとした身のこなし。お稽古ごとで自分を磨き、お気に入りの

ハーブティーでリラックスタイム。年頃の女の子にはこうあってほしいと願わ

ずにはいられない魅力あふれる女性」とのこと。

    

長い台詞、ご苦労さま♪ って言うか、できればもっと短くして欲しかったな。

こっちも聞き取りが面倒なんだから。。♪ もしこんな女性が実在したら確か

にステキだけど、マンガやドラマにしかいなさそう。ま、これを理想像として、

女性が努力してくれるのなら嬉しい限りだけどネ。。

       

         ☆          ☆          ☆

以上、フツーのお話はこれにて終了。さ~て、そろそろマニアックサイトの本

領発揮と行きますか! エッ、ここでみんな帰っちゃうの? もう既にいない?

あっ、そう♪ でも、残ってる人、この記事のタイトルがちょっと気になるでしょ。

読まなくても分かる? いやいや、わりと深いのよ。

      

という訳で、タイトルバックのイラストが出た直後、いきなり意表を突いて出て

来た、高野の難しい台詞の解読に向かおう。金曜夜の時点での検索による

と、まだきっちり考察した記事は一つもないようだ。ウチが最初で最後かも♪

  「ジャック・ラカンによれば、この世に女というものは存在しない。

   言い換えるならば、女というものを明確に定義づけることは困難であり・・」

窓ガラス越しに外を眺めながらここまで喋った所で二ツ木が登場。暇つぶしに

ウザく絡んで来たから、高野の独り言ウンチクは結局中断されたままになった。

    

このジャック・ラカン(Jacques Lacan)、一般的にはほとんど知られてないだ

ろうけど、思想とか精神医学の世界ではかなりの有名人だ。有名ってのは、

必ずしもいい意味とは限らないわけで、特にラカンの場合、悪名高いって意

味もかなり強い。20世紀半ばから終盤にかけて、フロイトの精神分析を大

胆に読み換えて、独自の超難解な(構造主義的)理論を構築。それを、本来

の精神分析の対象である神経症を越えて、重い精神病患者にまで適用して

いった過激なカリスマ分析家、ラカン。難しすぎて、専門家も含めてほとんど

の人はお手上げだし、変人とか偽者扱いされることも多いけど、その言葉の

一部だけは、まったく断片的かつ表面的に世界中で流通している。その代

表的なものの一つが、「女というものは存在しない」なのだ。

     

もとのフランス語をネット上で検索すると、出典を挙げずに「La femme n'existe

pas」と書いてるサイトがいくつかあった。でも、少なくとも一番有名な出典で

ある『講義録 第20巻』第6章に従うなら、「il n'y a pas La femme」。ここで、

女を表す「femme」に付いた定冠詞「La」だけは、斜体字で強調されている。

だから、「女というもの」と訳されたりするわけだ。

    

この言葉に続くのが、「,article defini pour designer l'universel. il n'y a pas

La femme・・・puisque de son essence, elle n'est pas toute」(アクセント記号

省略)。改めて最初から訳し直すとこうなる。「普遍的なものを示すために定

冠詞のついた女など、存在しない。女というものは存在しない。と言うのも、

その本質において、女とは全体ではないからだ」

    

この難しげな言葉。これでもラカンにしては、ものすごく易しい語り口なんだ

けど、きっちり説明しようと思ったら、長いドラマ記事10本分くらいの分量

にはなってしまう。フロイトやラカンの精神分析理論の知識をある程度要求

するので、性に関する露骨な話を避けることはできないし(例えば全体とは

身体的性差をも示唆する言葉)、お得意の言葉遊びや皮肉の理解も必要だ。

フェミニズムとの微妙な関係も重要。ここではあくまでドラマと結びつけなが

ら、最低限の説明をしておこう。

            

まず、高野がこれを口にした状況は、妻が去った直後のマンションだ。まさ

に、「女が存在しない」わけで、知的な社会人として現代思想の言葉を引用

しつつ、自嘲気味な言葉遊びをしてるわけだ。妻がいなくなったことを示す

と共に、女なんてものは訳の分からない存在だという意味も込められている。

   

続いて、普遍的・一般的な存在としての女なんてものは存在しないって意味

も当然ある。平たく言うと、女ってものは色々で、全体的に一まとめにして定

義づけることなどできないってこと。これは、自分と別居に至った妻は変わっ

た女だな、という意味にもなるし、後で干物女・ステキ女子など、女のヴァリ

エーションを展開するための伏線にもなっている。

もちろん、後で出てくる蛍の「男というものは、誰にでもキスするもんですか?」

に始まるやり取りともコントラストをなしてる。

    

そしてラスト。「君は女じゃないからな」と高野が言う時、「私の実家には女

いうものは存在しない」っていうシニカルなギャグになっている(蛍に対して)。

と同時に、蛍を女じゃないと言う時、高野は女という一般的・普遍的なものを

勝手に定義づけて(潤いをもつ人間etc)、干物女をそこから排除している。

冒頭では「女というものを明確に定義づけることは困難であり」と自分で言っ

てたのに、あっさりと女の定義をしちゃってる訳で、高野は一人ボケをかま

してるのだ♪ そして言うまでもなく、こうしたボケは誰しも日常的に、知らな

い間に(無意識のうちに)行ってることだ。一般人であれ、専門家であれ。

だからあれは、人間というもの全体に対する風刺にもなっているし、意識的

思考や行動の限界をもほのめかしてる。

      

したがってラストシーンの展開は、見た目以上にヒネリが効いていた。フツー

に見れば、あそこはヒネリが少し足りないだろう。つまり、マコトが自分のこと

を気に入ってるらしいことを優華に聞かされた後、「私にとって恋愛は自分を

輝かせることなんです」と優華が言いつつ鏡に向かって身づくろいするのを見

て、蛍はふと、自分の運動会みたいな格好(汚いTシャツ、破れたジャージ)、

生活スタイルが恥ずかしくなった。そこで落ち込んで帰宅した所へ、「2人で

一緒に暮らそう」なんていう高野の思いがけない優しい言葉。おまけにホンワ

カしたBGM。終了間近にこう来れば、ドラマ通なら誰しもオチを待ち構える所♪

だから、突然BGMがパタッと止んで「君は女じゃないからな」というくらいじゃ

ヒネリがちょっと足りないわけだ。風鈴のチリンって音をタイミングよく入れる

くらいじゃ、まだ物足りない。

    

でも、あそこは実は、高野が冒頭でカッコつけて語ってた難しげな言葉と思い

切り矛盾した一人ボケになってて、しかも人間の浅知恵全体に対する風刺、

意識的思考の限界の指摘にもなっている。こうした第1話の全体構造が見え

てれば、かなりヒネリが効いてて笑えるし、脚本家・水橋文美江の実力やポ

テンシャルにも注目せざるを得ないのだ。

一体どれだけの人があの高度な技を味わえたか、どこまで意図されたものか

はともかくとして。。。

      

         ☆          ☆          ☆

さて、何人の読者が残ってるかな?♪ そして誰もいなくなった。。アガサ・

クリスティかよ! ま、仕方ない。マニアック・サイトたるもの、大勢の読者に

すんなり受け入れられるようじゃダメなわけよ。売れない芸術家みたいな台

詞だな・・(^^ゞ でもホントに誰もいなくなったら、家で一人で喋る「干物男」

みたいで淋しいしカッコ悪いから、何人かは残ってネ ^^

       

と言う訳で、このくらいの記事を書き上げるってことは、気に入ったってこと♪

正直、単に見るだけならともかく、この先ずっと記事を書き続ける自信はない

んだけど、いざとなったら『華麗なる一族』の一部の記事みたいに、独自路線

を突っ走ってもいい。原作とドラマの関係がまだよく分からないけど、ネタバレ

の問題が何とかなるなら、マンガの方にも触れてみたい。

     

ってことで、『ホタルノヒカリ』、レビュー決定! 『ファースト・キス』井上真央は

陰ながら応援するとしよう。

ではまた、来週。。☆彡

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『蛍の光』が、日本の曲じゃなくてスコットランド民謡だって話は聞いた

    ことあったけど、今回色々と検索すると、予想以上に面倒な話だって

    ことが分かった。表面的な話だけまとめると、原曲は『Auld lang syne』

    (英語のold long sinceに相当、遠い昔という意味)。作詞ロバート・バー

    ンズ、作曲不明。日本語の歌詞は稲垣千頴(ちかい)。4番まであった

    けど、3番と4番はナショナリズム的色彩が強いためなのか、今では

    歌われない。

    いずれにせよ、この曲の歌詞での「ほたるのひかり」って言葉は、「ふ

    みよむ」(勉強する)際の恵まれない状況や僅かな助けを示している。

    もちろん詩的効果は別で、直接的な意味ね。

    それに対して、「ホタルノヒカリ」は微妙に違ってて、遠い夏の日の美し

    い思い出、ささやかな希望、ちっぽけではあっても明るい存在、といった

    ものを同時に表す言葉だろう。

    今の時点で早くも予言しておくなら、この光は最後までシャンデリアには

    ならないだろう。多くのフツーのOLライフと同じく。ただし、もちろんホタ

    ルがシャンデリアに劣るとは限らないわけだ。。

       

P.S.2 高野の「男というものは、誰にでもキスするものではない。キスは

      惚れてる女にするもんだ。少なくとも私はな」っていう応答は、軽

      い一人ボケ突っ込みだ。冒頭の言葉を変形して、通しでまとめると、

      「男というものは明確に定義づけることはできない。・・・男というも

      のは、キスは惚れてる女にするもんだ。って、矛盾してるわ! そ

      りゃ単に、オレの場合だろ!」って感じ♪

     

P.S.3 ボケ突っ込みとノリ突っ込みを混同してる人はいまだに多い。ノリ

      突っ込みとは、例えば今回の高野が見せたものだ。

       「とりあえず、この部屋泊まっていいから」

       「いいの?」

       「一週間だけですよ」

       「悪いな♪・・・・・・違うだろ!」

      つまり、単なる間借り人の蛍の強気なボケに対して、持ち主・ボン

      太郎(ボンちゃん)の息子の高野がノリ(「いいの?」「悪いな」)、数

      秒後に突っ込んでるわけだ(「違うだろ!」)。

      ただし「一人ボケ突っ込み」の場合は、しばしばボケに対して自分で

      ノリつつ突っ込むから、「ノリ突っ込み」の要素が混ざって来る

      例えば、縁側でデートに出かけたネコを見た蛍が、「さーて、私も

      デートに行くとするか♪ 何着て行こうかな~って、彼氏いねぇよ!」

      ともし言ってたなら、「一人ボケ&ノリ突っ込み」になってたわけだ。

      世間で「一人ノリ突っ込み」とか呼ばれてるものは、これを曖昧に

      理解してるか、省略したものだろう。。

        

P.S.4 ラスト前、バーの店員による蛍への突っ込み「ここは運動場ではあ

      りませんので」っていうのは、もうちょっと工夫が欲しかったかな。む

      しろ、周囲の冷たい視線や咳払いだけの方が良かったかも。。

    

P.S.5 OLシリーズの前2作を担当した中園ミホが、『ハケンの品格』で放

      送文化基金賞脚本賞を受賞したことを記念して、『ドラマ』7月号

      (映人社)に特集が組まれてる。そこには櫨山プロデューサーのイ

      ンタビューと共に、中園の写真もあった。ちょっとだけイメージが違っ

      たかも♪

    

P.S.6 aikoの主題歌『横顔』の第一印象はビミョー。。公式サイトのメッ

      セージは可愛かったけど。。

    

P.S.7 着替えの時にいくつかまとめて脱ぐ「いっぺん脱ぎ」、主な出演者は

      みんなやってるそうだ。何と何をいっぺんに脱ぐのか興味があるな。

      藤木はズボンと靴下をいっぺんに脱ぐとか言ってるけど、綾瀬なら

      アレとアレかね。。おっと、マズイ。危ない妄想に浸るところだった♪

     

P.S.8 飲み屋のおてもとの袋のケーヤク書。「貸してね ホタル い~よ 

      ボンちゃん」ってのもいいけど、むしろあの時の綾瀬の演技が可愛

      かった☆ 多少、純朴美少女オーラの衰えを感じるけど、まだしば

      らくは大丈夫かな。。♪

    

P.S.9 『ホタルノヒカリ』と『ファースト・キス』は、コインの裏表のような気

      がする。同一のものの、2つの側面。今後じっくり考えてみよう。。

   

P.S.10 タイトルバックのイラスト&CG、色鮮やかでホンワカと可愛かった♪

       エンドロールによると、タイトル画・junaida、CG・ネイキッド

       どちらも、いかにも芸術系って感じのサイトを作ってた☆彡

      

        

cf.ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

     ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

  再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

  『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

  『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

  18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

| | コメント (9) | トラックバック (6)

ドラマのせいでパソコンが破損・・(-_-メ)

070712 また単なるボヤキ記事だけ

 ど、何か?♪ いや、今もち

 ろんドラマ記事書いてるんだ

 けど、もうちょっと時間がか

 かるのよ。毎日更新継続中

 のウチとしては、とりあえず

 何か書かなきゃマズイわけ。

            

070712b で、一番簡単で感情をこめやすいの

 が、パソコンのボヤキってこと。。昨日

 ドラマ見た直後に、山のように積まれ

 てる本の下の方を引っ張り出そうとし

 たら、崩れてガラガラガッシャーン!

 まだ買って半年余りのノートPCのキー

 ボードを直撃して、「ろ」のキーにヒビ

 が入って外れてしまった。。(-_-メ)

 いや、自分がバカなんだけどさ。

ちょっとドラマに八つ当たり気味なわけよ♪

あっ、そうそう。ちなみに私は「かな入力」主義者。あんまし使わない「ろ」だっ

たのは、不幸中の幸いってやつかも。。

         

ところで何でドラマの名前を書かないかっていうと、こんな記事に検索が

入って来たら申し訳ないっていう優しい心配り。ホント、いい人だよなぁ。。♪

さてここで、ドラマファンの皆さんに質問。私がこの本で何を調べようとした

のか、分かるかな? 分かった人はなかなか鋭い!☆ ま、書名のアルファ

ベットの右上をそのまま読めば、あとは覚えてるかどうかって問題。あの人

が何か喋ってたでしょ。最初の方で、変な台詞。。^^

      

ってことで、手抜き穴埋めボヤキ記事、これにて終了。ではまた後で。。☆彡

                         

| | コメント (6)

蒸し暑さに吐き気のトッピング・・

RUN18km,1時間28分08秒,心拍Av155

ツール・ド・フランス第4ステージの様子をチェックしながら記事を書こうとした

けど、やっぱ難しいネ。。(^^ゞ ポータルサイト『サイクリングタイム』の「テキス

トライブ」と公式サイトの両方を見ながら、テレビのニュースの音声も聞きつ

つ、ブログを書く。こりゃ、高度すぎる作業だわ。ま、今日も平坦ステージで

差がつかないから、しばらくチェックを止めとこう。どうせ先頭がまた吸収され

て、ゴールスプリントだけの勝負でしょ。それにしても、テキストライブって更新

早いんだな! 見直した。感心、感心☆

    

さて、今日のラン。蒸し暑かった~~って、ワンパターンかね♪ ジムに行く

はずだったのに、時間が間に合わなくなって、ランニングに変更。幸い、雨が

ちょうど上がった所だった。22時からドラマを見なきゃなんないから、それま

でに帰ってくる必要があるってことで、距離は18kmが精一杯。そろそろハー

フに伸ばしたいのに、なかなか時間的に上手くいかないんだよなぁ。

    

ハーフどころか、昨日もドラマ記事関連でまったく走れなかったしね。ま、おか

げで今日もまたニフティのトップページで紹介されて、大量アクセスが来たん

だけど。。(^^)v 早くスポーツ記事でも注目されるようになりたいもんだ。その

ためには、かなり大幅に内容を変えなきゃな。走りのレベルやヴァリエーショ

ン、書き方も。今のところは要するに、単なるトレーニング日誌だもんね。そ

れでも続けるのは大変なんだけど。。

       

で、ともかく時計を気にしながら18kmだけ走ったんだけど、雨上がりだから

公園はムッとした感じ。明らかに公園の外より中の方が遥かに湿度が高い。

緑の保湿力が災いしてるってことかね。そのせいかどうか知らないけど、走っ

てる人も少なめだし、かなりスピードが遅かったような気がする。いや、私も

遅いけどさ。あと、靴の底が擦り減ってるせいなのか、ツルツル滑ってかなり

走りにくかった。キックの度にキュッキュッと音がするほど。ま、3ヶ月しかもた

ないって店員に言われてた靴を1年4ヶ月履いてるんだから当然か。。(^^ゞ

    

さて、クソ蒸し暑いのに、時計を気にしてやや速めの出だしだったから、中盤

からズルズルと失速。吐き気もかなりあって、ちょっとヤバかった。この時期、

食事にも色々と配慮が必要だな。走る前のスパゲティ、量が多すぎたかも。

     

結果的には、先日の18kmより30秒だけ速いタイムで、何とか22時までに

帰宅できた。でも、これでまた明日はサボリになっちゃうな。仕方ない。来週

から仕事がラクになるから、一気に盛り返すことにしよっと!☆彡

     

  往路(2.45km)    12分55秒  平均心拍126          

  1周(2.14km)    10分19秒        149        

  2周             10分21秒        154        

  3周            10分23秒        157

  4周             10分30秒        160 

  5周             10分32秒        162

  6周            10分21秒        165

  7周(0.26km)       1分26秒        168

  復路              11分22秒        166

  計 18km  1時間28分08秒 155 (最大心拍176,ゴール時)

| | コメント (2)

儚くても凄いものを求めて~『ファースト・キス』第1話

  彼氏なんていらないもん

  何で?

  くだらないじゃん 恋愛なんか

  くだるよ いいもんだよ

  くだらないよ いつか終わるのにデレデレして

  終わりがあるから夢中になれるんだろ

  私は終わらないものが欲しいの

  すぐに終わっちゃうような 儚いものならいらないの

      

         ☆          ☆          ☆

「人」の「夢」と書いて「儚」い。。こんな平凡なウンチクがふと頭をよぎってしまっ

た。冒頭に掲げた、重い心臓病のミオ=福永美緒(井上真央)の言葉はもちろ

ん、恋愛と共に命や人生についても語ったものだ。そして、命に関わる話なら、

難病患者だけじゃなく、健康な一般人にも当然問題となって来る。

ミオの兄・加納和樹(伊藤英明)にとっても、視聴者すべてにとっても。。

    

な~んて感じのシリアスなスタートで良かったのかな?♪ 綾瀬はるか藤木

直人『ホタルノヒカリ』と共に、夏ドラマのレビュー候補として挙げておいた

『ファースト・キス』。春ドラマの『プロポーズ大作戦』と同じくフジ・月9だから、

生活のリズムとしてはわりと好都合だ。でも、また難病ものかよ!って思いは

強いし、兄妹愛ってテーマもいまいちピンと来ない。個人的趣味としては、キャ

ストも全体的にイマイチって感じで、井上真央のためだけに見たドラマと言っ

てもいいほど。ま、月9なら最低限のものは見せてくれるだろうし、『白い巨塔』

と『ロミオとジュリエット~すれちがい』の井上由美子なら、そこそこの脚本は

書いてくれるはずって思いは一応あった。

     

さて、実際に見終わってどうだったか。井上真央、上手いねぇ~!☆ 芸歴

の長さや評価の高さは一応知ってたけど、演技をじっくり見るのは初めてだっ

たから、かなり感心した。この記事の冒頭は、「上手い!」にしようかなと思っ

たほどだ。ただし、かぎカッコ付きで、注意を促しつつね。。

    

偶然の流れでドラマのレビューを始めて2年近く。若手女優の演技にここま

で感心したのは初めてだ。『野ブタ。をプロデュース』の信子=堀北真希、ま

り子=戸田恵梨香。『白夜行』の雪穂=綾瀬はるか。『ギャルサー』のサキ=

戸田恵梨香。『タイヨウのうた』の薫=沢尻エリカ。『たったひとつの恋』の菜

緒=綾瀬はるか。『プロポーズ大作戦』の礼=長澤まさみ。

みんな、それぞれ魅力的だったけど、どうしても女優って言うより美少女アイ

ドルって目線で、かなり甘めに見てた所がある。それに対して、井上真央は

まさしく女優だった。いや、美少女アイドルでもあるけどさ。。

    

実は以前、『花より男子2(リターンズ)』をたまたま数分だけ見て、制服着て

ても可愛くないってのは珍しいよな、なんて失礼なことを思いつつ、すぐチャ

ンネルを変えた覚えがある。今、『花男』の公式サイトを見直しても、やっぱり

可愛いとは思えない。ところが、『ファースト・キス』でじっくり見ると、キュート

な小悪魔に思えてしまった。髪型やファッション、映し方の問題もあるだろう

けど、やっぱり演技の「上手さ」が大きいと思う。

     

ただし、この上手さにはカッコが付く。かなり慣れた演技だし、カメラ相手のド

ラマや映画だけじゃなく、舞台でも十分通用するとは思う。表情と共に身体も

ちゃんと動かせる女優で、明治大学文学部文学科演劇学専攻なんて肩書き

はダテじゃなかった。あれなら20歳で月9主演ってのもうなづけるし、若手男

優を見渡しても、あれだけ演技できるのは山田孝之くらいしか思いつかない。

凄みでは負けても、演技の広がりの可能性なら山田に負けてないかも知れな

い。でも、素晴らしい!って感じじゃないし、凄く好きって訳でもないんだよなぁ。。

           

作り過ぎ、型にハマってる、表面的、深みがない、わざとらしい。。ネガティブ

な言葉が色々と浮かんでは消える中で、ふと昔の話を思い出した。結婚前か

後か分からないけど、唐沢寿明が山口智子の演技にダメ出ししたって話を聞

いた私は、唐沢よりイイだろと反発した覚えがある。下積みを経た唐沢の大

げさな演技より、モデル上がりの山口智子の方が自然で心地良かったからだ。

    

で、結局何が言いたいかっていうと、確かに井上真央は上手くて魅力的だっ

たけど、彼女見たさでこのドラマをレビューするってほどでもなかったってこと。

ま、当たり前だけどネ。。

    

オリジナルの脚本については、まだ何とも言えない。和樹が、美緒と新人医

師・結城秋生(平岡祐太)をくっつけてファースト・キスのやり直しをさせよう

とするものの、秋生は上司の高木先生(松雪泰子)に憧れてて、結局2人は

結ばれず。でも、恋愛の素晴らしさを知って生きる意欲を取り戻した美緒は、

元気が出すぎて外人医師の麻酔(=愛のささやき)も解けてしまい、手術は

失敗。ラストは天国か地獄で神様に悪態をつくって流れかな♪ ま、いざと

なったら、二階堂勝=阿部サダヲが『医龍』の天才麻酔医・荒瀬に戻って、

「ひと~つ・・」とか数えればOKか。金がかかるけど♪ ハッピーエンドの難

病ものとしても、せめて『ラストクリスマス』くらいのエンディングにはして欲し

もんだ。。

     

脚本に続いて、キャストについて。医龍と言えば、美緒ママ・夏木マリもそう

だから、どうしても『ファースト・キス』高木役の松雪泰子が、『医龍』加藤役

の稲森いずみに見えてしまった。松雪、化粧が変わったのか顔が変わった

のか、ちょっとキレイになったような気もするな。いや、萌えるほどじゃないし、

女医の趣味もないけどさ。メガネかけてもダメよ♪ それにしても、夏木マリ

の演技は安心して見ていられる。『野ブタ』でもいい味出してたもんなぁ。

       

一方の男性陣。夏ドラマ記事に書いたように、進藤一流を演じる劇団ひとり

と阿部サダヲは、いい味持ってるけど見てて疲れる。今回も、最初のドタバ

タ騒ぎでチャンネルを変えそうになってしまった。もっとも、ああゆうのは

出・武内英樹のせいなのかも知れないな。ウチのブログをドラマの世界に引

きずりこむキッカケとなった『電車男』は面白かったし、『のだめカンタービレ』

もクラシック音楽マンガのドラマ化としてなら評価する。でも、難病&兄妹愛

でどうなんだろう。。

       

『gooテレビ番組』の番組トピックスによると、脚本の井上は「5回くらい笑っ

て最後に泣けるようなテイストを目指している」ってことだけど、私はただの

1度も笑えなかった。時々ニヤッと微笑んだ程度。やたら世間的評価の高

い『のだめ』の初回も私は全く笑えなくて、レビューはパスしたほどだから、

個人的に武内の演出と相性が悪いのかも知れない。カメラマン番場役・竹

中直人の使い方は、わりと抑え目でまずまずだったかな。

        

最後に、準主役(or助演男優)の伊藤英明。ファンの方には悪いけど、正直

言って分からないんだよなぁ。演技はノーコメントって感じだし、顔がカッコイ

イと言われてもねぇ。実際、美緒には「馬ヅラ」とか言われてたし♪ おまけ

に『みなさんのおかげでした』の『食わず嫌い王決定戦』でも井上に負けてた

し。そりゃ、関係ないか。。

    

ただ、憎たらしいけど可愛いくて仕方ない妹のために、必死に恋人を見つけ

てやるって気持ちは分からなくもない。エンディングの2人のやり取りは、深

みと共に爽やかさもあって、後味が良かった☆

    

   目標はあるよ。いや、たった今できた。

   何よ

   お前に、恋人を見つけてやる。

   病気だからってイジけていられないくらい、かっこいい男と恋愛させてやる。

   やめてよ。別にイジけてません。恋愛なんか必要ないって言ってるだけ。

   お前の言うとおり、恋愛なんか、いつか終わるよ。

   でも、たとえ終わりがあっても、終わりがあっても、

   儚くても、凄いものがあるって、お前に教えてやる。

   バカじゃない!

   バカだよ。凄ぇバカだよ。だから、だから出来ることもあるんだよ。

    

初めて妹のために泣いた「バカ」な兄が、やがて素敵な恋をさせた後で、喜

びの涙を流せることを期待しよう。

儚くても、終わりがあっても、上手くいかなくても、人生には凄いものがある。

少なくともそう思いたいから、その具体的イメージを見せて欲しいものだ。

たとえフィクションの中でもいいから。。。

    

          ☆          ☆          ☆

という訳で、とりあえず『ファースト・キス』初回の総合評価はまあまあって感

じかな。もし水曜の『ホタルノヒカリ』がこれ以下だったら、レビュー対象とし

ては両方落選にすることもあり得る。別に連ドラじゃなくても、記事のネタは

いくらでもあるし、昔のドラマについてまた書くって手もあるしね。

まぁ、一応来週の合コン話も見てみようとは思ってる。

ではまた、機会があれば。。☆彡

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.浴衣とかお祭りのシーンっていうのは、やっぱイイ♪ ちょっと反則技っ

    て気もするほど。花火もホント、お約束アイテムで、命のメタファーと

    しても、おそらくまた使われるだろう。

    ま、実際の人生は、花火ほどキレイじゃなかったりするけどね。。

       

P.S.2 冒頭のラブシーンもどき(催眠術的な麻酔)はヒネリもインパクトも

      あって、つかみとして上手かった。その後、神に毒づいて、外人兄

      妹をからかって、ウソ泣きで長期旅行を獲得するまでの一連の流

      れは、さすが月9って感じのテクニカルな展開。ちょっと感心した☆

      あの外人兄妹はもう一度出そうな感じ。次もまた美緒がイタズラし

      て、日本人の評判をますます落として欲しいもの♪

    

P.S.3 『たったひとつの恋』以来の、小田和正の主題歌『こころ』。第一印

      象はまずまずって所かな。ドラマの展開に応じて、もっと良く聴こえ

      るようになるのかも。。

    

P.S.4 スタイリスト役(?)の我修院達也。『電車男』以来はじめて見たけ

      ど、何と昔は「若人あきら」だったのか! 気付かなかった。。

    

P.S.5 スタッフのブログはいいんだけど、相変わらず絶賛コメントばっか

      なのはどうかと思うけどね。選別してるんじゃなくて、自然発生的

      な「同調圧力」によるものか。

      それにしても、阿部サダヲの人気ってのは不思議なほど。。

    

P.S.6 女のコにベッドで乳首ひねられると痛いんだよなぁ。。

      って、ねぇよ、そんな経験!♪

      公式サイトによると、あの斉藤はるな(酒井若菜)が結構重要な役

      割をはたすことになるとのこと。ま、今回も美緒を助けてたしね。。

    

P.S.7 ウチはサブタイトルは無視することが多いからいいけど、「妹は悪

      魔だった!!」ってのもどうかと思うな。。^^;

    

P.S.8 演技が上手い若手女優を色々と検索してみると、一番目立ってた

      のは、宮崎あおい(正確には宮「﨑」らしい)。残念ながら、『純情き

      らり』も『NANA』も見てないし、何とも言えない。次に目立ってた

      ような気がするのが、蒼井優。『情熱大陸』で知った後、『Dr.コトー

      診療所2006』でチラッと見た程度だけど、独特のものはあったな。

      あとは上野樹里くらいか。『のだめ』はハマリ役だったけど、『冗談

      じゃない!』はどうなのかね。。

    

P.S.9 幹雄がいて、カメラが重要な役割を果たしてて、知らない間にファー

      ストキスしてたなんて話を見ると、どうしても『プロポ』を思い出すな。

      ちなみにカメラや写真が重要なのは、タイムスリップに使うためじゃ

      なくて、「終わらないもの」を具体的に示すため。たとえ美緒が確率

      50%の手術で死んでも、2人の男を犬にした写真はそのまま後に

      残るはず♪

    

P.S.10 美緒が頼りにしてた秘密兵器・ニトロ。よく聞き取れなかったけど、

       硝酸イソソルビド。ニトロ基をもつ狭心症向けの薬品だからこう呼

       ばれてるのであって、ダイナマイトの原料となるニトログリセリンと

       は別物。爆発を起こすんじゃなく、逆に心臓の爆発を防ぐわけだ。

       (cf. ウィキペディア)。

   

P.S.11 チラッと映ったイケメンは弱冠19歳の新人・蕨野友也。この名前

       を「わらびのともや」と読める人はまだ少ないだろう♪

       エッ、そんなの常識?^^

| | コメント (8) | トラックバック (8)

荒川遠征&ツール・ド・フランス2日目

BIKE101.6km,Av25.7,心拍Av126,Mx164

第1ステージ、R・マキュアン(オーストラリア人,プレディクトールロット所属)

優勝おめでとう☆ もう35歳なのに、トップでよく頑張ってるよな。。

昨日、ツール・ド・フランス2007の開幕について少し記事にしたから、あわ

よくば今日から最終日までずっと記事を書こうかなとか思ったけど、やっぱ

時間的にムリだな。時間の余裕があって、レース内容その他が特に面白い

時だけにしよっと。

         

ちなみにこの日は、プロローグに続く本格的ステージの初日って意味はあ

るけど、ハッキリ言ってあんまし興味のないレースだ。つまり、差がつかない

平坦なコースで、順位は最後のスプリント勝負だけ。実際、公式サイトを見

ると、何と181位の選手までが同タイム! もちろん物理的にあり得ない話

だけど、自転車レースでは同じ集団にいる選手全員に先頭のタイムが与え

られることになってるわけだ。4時間39分、203km走って、181人が同タ

イムっていうのが平坦なコースの実情。やっぱ、ハッキリ差がつく山岳レース

の方が全然いいな。私自身も、単なる平地のレースには出たいと思わない。。

     

070709さて、この日は朝

からブログを書い

た後、3週間ぶり

に荒川へ出発。

へ行かずにそこそ

こ本気で走ろうと

思ったら、荒川サ

イクリングロード

しかない。(写真は

葛西橋の上から撮影)

        

ただし、何度も書いてるように、ウチからだと信号だらけの都心を抜けて片道

1時間以上かかることになるから、行くこと自体がだるい。そこで、これまでも

何度かここに書いてる友人Hにメール。荒川を20km上った所にある岩淵

水門まで呼び出した。Hはこの近くに住んでる奴だから気軽に誘えるし、友達

との待ち合わせに行くと思えば、それほどダルくもない。おしゃべりで気分転

換にもなるし、飲み物とかの補給も頼めるのだ。ラッキー♪

           

出発後2時間、待ち合わせ時間ほぼピッタシに岩淵水門に到着して、それか

ら1時間、土手に座ってペチャクチャ。先日、共通の友人の結婚披露パー

ティーがあったので、そこから仲間内の近況へと話がふくらんで、身体が冷え

きるまでしゃべってしまった。この日は梅雨前線が南下したせいなのか、気温

が低めで、走るのには良かったけど、汗をかいた薄着のまま土手で長話する

には向いてなかった。。^^;

    

070709b肝心の走りは、

川だけだと60.5

kmでAv27.4

美ヶ原前のタイム

トライアルよりは

かなり遅いけど、

まあまあでしょ。

ただ、復路で腹が

減ってしまって

なり辛かった。これはかなり珍しいミスで、荒川を出た後ですぐコンビニ弁当

をむさぼり食うハメに。。ま、ともかく、ちゃんと100km走って友達とのおしゃ

べりも楽しめて、おまけに雨も降らなかったから、なかなかいい1日だった。

さて、今日はサボって、明日からまた走るとするかな。。☆彡

(写真は都心の勝どき橋より)     

| | コメント (0)

夏ドラマ、ようやくチェック☆07

 「夏ドラは7月第2週以降だろうと勝手に思い込んでたら、大間違いだった。

  何と、もう始まってるのか! もうちょっと休ませて欲しいなぁ・・(^_^;)

  ハッキリ言って前の2クールがしんどすぎて、実生活にもかなり支障をきた

  してるので、今クールはドラマ記事は完全に休みたい。でも、折角かなり多

  くのドラマファンの皆さんが来てくれるようになったので、小心者としては一気

  にお別れする勇気も自信もない・・・・・・」

   
    
さて、1年以上前からウチにいらっしゃってる読者の方におたずねしたい。上

の文章、覚えてるかな?♪ 実は書いた本人がそもそも忘れてたんだけど、

これは去年の7月4日の『夏ドラマ、ようやくチェック!』って記事の冒頭。さっ

き発掘して苦笑してしまった。と言うのも、実は今年もこんな出だしで書き始

めようと思ってたから ^^; 人間、成長しないなぁっていうより、退化してるなっ

て感じ。だって今日はもう8日だもんね。。

     

ま、ともかく、実質的なドラマブログと化してる現状を考えると、流石にそろそ

ろ何か書いとかないとマズイわな♪ ホントは、『プロポーズ大作戦』でもう1

本記事を書いた後にしようと思ってたんだけど、既に7月第2週突入。妥協

して、ここらで夏ドラマについての軽い総評を書いとこう。プロポは後回しっ

ていうか、無期延期ってことで。。

     

        ☆          ☆          ☆    

まず、早くも今晩第2話が放送されるTBS『パパとムスメの7日間』(日曜21

時)。原作『パパとムスメの7日間』(五十嵐貴久,朝日新聞社)、脚本:荒井

修子・渡辺千穂ほか、プロデューサー:那須田淳・津留正明、演出:高成麻

畝子・吉田健ほか。

    

前からあちこちに書いてるように、夏ドラマは全体的にあんまし興味ない

だけど、このドラマは一応見ようと思ってた。人格が入れ替わるなんてストー

リーはイマイチ趣味じゃない。でも、何と言っても川原小梅役のガッキー=

新垣結衣がイイ♪ 私は彼女が『マイボス』とポッキーCMでブレイクする前、

『ギャルサー』のナギサの時から気に入ってた。このドラマ、去年のウチでア

クセス数第1位だけど、当時「新垣結衣」なんて検索はほとんど入ってない。

と言うわけで、先見の明があった私は今後、アイドル美少女研究家を目指

すことにしよう♪

     

いやいや、そうゆう話じゃなくて、新垣結衣の制服姿を見れるだけでもこの

ドラマは注目してたってお話。実際に見ると、大股開き・トイレ・お風呂、こ

れでもかっていうくらいの下ネタ&お色気大サービス。ところが、それ以上

に良かったのが小梅のパパ・川原恭一郎役の舘ひろし。もともと好きなタ

レントだけど、冒頭からずいぶん笑わせてくれた。存在感のないパパと、

女子高生の人格と、一人二役を巧みにこなしている。正直、小梅よりもパ

パの方が気に入ってしまったほどだ。いや、そうゆう趣味はないけどネ♪ 

あと、『白夜行』の印象がまだ残ってる麻生祐未のママ役も悪くなかった。

今後も夜だけ時々「女」になって、娘の人格を持ったパパを寝床に誘い

込んで欲しいもの。

    

とにかく、日曜夜っていうのはドラマを見やすい時間帯だし、このドラマは今

後も時々見ようと思う。ただ、個人的にちょっと困ったこともある。レビューす

るドラマは録画して繰り返し細かく見てるけど、それ以外のドラマは雑用をこ

なしながらチラ見することがほとんどで、この場合は必然的に、音声が中心

となる。ところが人格が変わってるから、音声だけだと分かりづらいのだ。同

じ新垣結衣の言葉でも、実際にしゃべってる時はパパの人格で、内心を表す

時は小梅の人格。まあ、慣れれば区別つくかな。いや、画面を見ればいいだ

けのことだけどさ。。

で、レビューするかっていうと、これは見て笑うだけでいいでしょ♪ 1回くらい

書くかも知れないけどネ。。

    

続いてたまたまチラっと見たのが、フジ『山おんな壁おんな』(木曜22時)。原

作:高倉あつこ『山おんな壁おんな』(講談社)、脚本:前川洋一、プロデュース:

保原賢一郎・塚田洋子、演出:林徹・葉山浩樹。

    

まず題名がバカバカしすぎてインパクトあるし、私の好きな深キョン=深田恭

が準主役・毬谷まりえ(妙な名前♪)を演じるっていうのもイイ☆ そもそも

深キョンには脚本とか演出とかほとんど無関係。可愛い格好して、ニコッとし

たりキョトンと首をかしげたりするだけで許される稀有な女優だ。24歳までそ

れで通じちゃうんだもんな、こりゃ凄い!☆

ウィキペディアによると公称サイズは86-60-85。山おんなってほどの巨

乳でもないね。それよりむしろ、足のサイズ26cmって方が目立ってるな♪ 

とにかく、胸のボタン飛ばしなんていうバカバカしい話も含めて、深キョンはやっ

ぱり良かった☆ 

            

一方、青柳恵美役の伊東美咲は『サプリ』以来1年ぶりの連ドラ主演。あの時

は、亀梨和也ファンを中心とする奇妙なほどの不評に対して一人で立ち向かっ

て擁護。徒労or逆効果って感じのむなしい思いを味わっただけに、ちょっとネ

ガティブな印象がしてしまう所だ。あの時も書いたけど、伊東美咲は女優って

言うより単なる美人モデル。今回も演技は期待してないし、個人的には外見も

萌えないので、ただひたすら「壁おんな」になってくれればOK。ウィキペディア

によると、83-60-87。これだけ見ると、深田恭子と大して違わないけど、

身長が171cmと160cmだから壁と山に見えるのかね。おっと、役と役者を

混同しちゃいけないよな、一応は♪

      

このドラマも、社長のボンボン役の及川光博は超うさん臭くて好きだし、谷原

章介小池栄子もわりと好き、もちろんデパガは常に好きだから、今後も何

回か見ると思う。ただし、レビューはしないでしょ。これまた、1回くらいは書く

かも知れないけどネ。

     

あと、有力どころとしては、フジ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』

堀北真希を見逃したのがちょっと悔やまれる。短髪の男装がなかなか似合っ

てるもんね。小栗旬って人気あるみたいだけど、ま、イケメンは女性ファンに

おまかせしとこう♪ 今週時間があればチェックしてみたい。

    

続いて日テレ『探偵学園Q』。これも『花ざかり』や『山壁』と同じくコミックが原

作なのか。多いね。。子役から美人女優へと突き進む志田未来しか興味な

いな。ま、勉強のために1回くらい見ようかなって程度。

    

最後にフジ『牛に願いを Love&Farm』。『ライアーゲーム』のせいでちょっ

とイメージダウンはしたものの、戸田恵梨香はやっぱり好きだし、香里奈

悪くない。でも、一番注目なのはチョイ役っぽいJJモデル・有村実樹☆ こ

れぞお嬢様って感じで萌えるよなぁ♪ 小出恵介も『白夜行』以来イメージ

はいいし、オリエンタルラジオの中田敦彦にも興味はある。

火曜はドラマが重なり過ぎてるから、来週あたりに1回見てみたいかなって

感じ。『サプリ』で叩かれた脚本家・金子ありさを応援したいって気持ちも

ちょっとだけある。ま、『がんばっていきまっしょい』はストーリー的にはつま

んなかったけどね・・(海の映像は好き♪)。

     

           ☆           ☆           ☆      

で、結局何をレビューするのかっていうと、今期はナシ! と言いたいな。

でも、折角ここまで順調に右上がりで来たブログが一気にさびれるのも淋

しいから、月曜スタートのフジ『ファースト・キス』と、水曜スタートの日テレ

『ホタルノヒカリ』のうち、面白かった方をレビューしたい。

    

『ファースト・キス』は予告CMの井上真央が可愛く見えたから、『みなさんの

おかげでした』の食わず嫌い王決定戦をチラ見。実は今までじっくり見たこ

となかったんだけど、やっぱり感じ良かったから、明日の初回はじっくりチェッ

クしてみよう。月刊TVnavi8月号の写真も良かったしネ。ただ、彼女とアユタ

=幹雄=平岡祐太以外、キャストが趣味じゃないんだよなぁ。竹中直人は昔

は好きだったのに、ここんとこハズレ続きだし、劇団ひとり阿部サダヲはい

い味出してるけど、濃すぎて見てて疲れるもんで。。ま、とにかく明日が勝負!

      

最後に『ホタルノヒカリ』は、TVnaviの綾瀬はるかの写真が可愛くて面白かっ

た♪ 通行規制用の赤いコーンと踏み切りの遮断機(?)を持って首をかし

げてあぐらかいてる所がイイ。ただ、綾瀬はるかの最近の写真を雑誌で見る

と、ちょっと輝きが薄れて来た感はある。ま、女優だから演技で輝けばOKか。

あと、『プロポーズ大作戦』のラストでとんでもない扱いを受けた藤木直人

応援したいって気持ちもちょっとはある。ウチには藤木ファンの読者がわりと

多いような気もするしネ。

人気コミックのドラマ化って言っても、爆発的人気でもないようだし、22時台

だし、何となくハズレっぽい予感がないわけじゃない。でもまあ、傑作『ハケン

の品格』のスタッフなら、それなりのものは作ってくれるでしょ。

    

ってことで、とりあえずは月曜と水曜が勝負! もし両方コケたら、その時

はまた何か対策を考えることにしよう。

ウチももうすぐ丸2年。1日も休まず必死に続けて来たんだから、今更ここ

で挫けるわけにはいかない。せめて8月末までは頑張ろう。ではまた。。☆彡

    

P.S.『パパとムスメの7日間』第2話を音声だけ聞きながら書き上げたん

    だけど、今回は笑えなかったな。ま、チラッと見たガッキーが可愛かっ

    たからOKか。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツール・ド・フランス2007開幕☆

(7日)BIKE34.4km,Av24.4,心拍Av118,Mx149

F・カンチェラーラ、優勝おめでとう☆ 7日にロンドンで開幕した世界最高峰

の自転車レース、ツール・ド・フランス2007。プロローグの個人TT(タイム

トライアル)7.9kmを制したのは、現TT世界チャンピオンのスイス人、26

歳だった。デンマーク・チームのCSC所属。彼の名前は、雑誌『サイスポ』

(CYCLE SPORTS)だと「カンチェッラーラ」と表記されてるけど、自転車

サイト『CYCLING TIME』と『CycleStyle』では「カンチェラーラ」。読売や

朝日は現時点でまだ結果を掲載してない。

    

いずれにせよ、まずは彼が、個人総合1位の証・マイヨジョーヌ(黄色いジャー

ジ)を身に着けた。この記事を読むドラマファンは僅かだろうけど、去年の秋ド

ラマ『僕の歩く道』で主人公・テル=大竹輝明(草なぎ剛)が黄色にこだわって

たのは、世界一の自転車乗りを示すこのジャージの色だからだ。

         

カンチェラーラの優勝タイム8分50秒(平均時速53.66km)は圧倒的で、

2位のA・クレーデン(ドイツ人、アスタナ所属)とは13秒の大差。距離に換

算すると、200mほどの差だ。3位はG・ヒンカピー(アメリカ、ディスカバリー

チャンネル、25秒遅れ)。他の有力選手、ビノクロフ、ペレイロ、ライプハイ

マー、バルベルデ、サストレらはもっと遅れてる。まあ、今日の第1ステージ

からが本番。とにかく、テロとかのアクシデントもなく無事に開幕できて、めで

たしめでたし♪ 公式サイトのフラッシュ・ニュースでも翻訳しようかと思った

けど、もう時間がないや。やっぱ、『CYCLING TIME』の日本語のテキスト

ライブよりも、公式サイトの仏語や英語の方が全然詳しくて面白い。サイスポ

7月号付録のガイドブック片手に、今年も楽しもう☆ それにしても、ツールを

放映するCS『J SPORTS』のサイトは更新遅いね。ネットより、金払ってテ

レビ見てくれって意味かな♪

    

さて、昨日はまた仕事で、夕暮れ時の僅かな時間を使って多摩川下流へ。

最近は19時半くらいまで明るいから助かるけど、結局35km弱しか稼げな

かった。ま、この僅かな積み重ねが大きいんだけどね。ナイトランでもっと

距離を稼ぐこともできたけど、それよりは翌日(って言うか、今日)の昼間に

走る方がいいと判断。天気がイマイチ怪しいけど、ブログ書いてるヒマあっ

たら早速出かけよっと! 涼しくて走りやすそうだもんネ☆彡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささの葉 さーらさら♪☆彡

070708   

  

   

          

   

   

   

   

   

    

   

   

    

いい曲だなぁ。。♪ いやいや、ふとこの曲を思い出して調べ始めたら、予想

外の大苦戦だったわ。文部省唱歌『たなばたさま』(作詞 権藤花代・林柳波 

作曲 下総皖一)ね。曲名を漢字で『七夕さま』と入れてたから、なかなかいい

情報が出なくて焦っちゃった。^^; 歌詞もみんな漢字とか使ってるんだもん。。

多分これが正解でしょ。奥様がた、お子さんの音楽の教科書とか調べて、教

えてくださいな♪ そうそう、「すなご(砂子)」ってのは、装飾用に使う金銀の

箔の粉なんだって。エッ、知ってる? あっ、そう♪ 「軒ば」ってのは、携帯

のメーカーのことね。そりゃ、ノキアか。。^^

           

ちなみに画像はYahoo!グリーティング・七夕にある「星に願いをこめて・・・」

(提供 GARAKUTTA)。何か、昔の記事「星に願いを~『華麗なる一族』第

7話」を思いだすな♪ 著作権がちょっと気になるけど、私から読者にあてた

グリーティングカードの私的公開ってことで、ギリギリOKでしょ。出典もちゃん

と示したしネ☆

Yahoo!よりJASRACの方が怖いかも♪ 66年も前のオフィシャルな歌だ

し、七夕のお遊びなんだから、警告なんて無粋なことはやめてネ ^^

            

エッ、こんな記事書いてるヒマあったら、ドラマ記事書くか走れよって?

確かに。。♪☆彡

      

P.S.当初、8日中に非公開にする予定だったものの、コメントが付いた

    こともあって、そのまま公開することに。ただし著作権に配慮して、

    実際のグリーティングカードを作成、送信した後に、コピー&トリミ

    ング&ペーストした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超苦手な蒸し暑さとの苦闘・・

RUN18km,1時間28分35秒,心拍Av153,Mx175

蒸し暑~い! ホントに嫌いな時期だなぁ。。参った、参った。。ま、走った後

のアイス&ドリンクは最高に美味しいけどネ♪

    

今日はホントなら早く仕事を終えて自転車の夕暮れ&ナイトランにする予定

だったのに、時間的に間に合わず。それならってことで、代わりに約2ヶ月ぶ

りのハーフを走ろうと思ったら、これまた時間的に苦しくなった。要するに色々

とあおられてるわけ。あと半月ほど厳しい状況が続くことになる。

    

どうせちょっとしか走る時間ないし、実質的なドラマブログとしてはそろそろサ

ボリ続けてるドラマ記事も書かなきゃなんない。走るのはパスかな、と思った

ものの、ここが踏ん張り所と判断。幸い眠気はないし、右ふくらはぎの不調を

除けば何も故障はない。少しずつ暑さに慣れる必要もあるからと思って、18

kmだけ走ることに決定。1km5分で1時間30分が一応の目標だけど、まあ

いい感じで完走できればOKって感じ。

    

ところが、往路がいきなりやたら遅くてガクッと来た。何と一昨日の傘ランより

遅い・・^^; 1、2周目も遅くて、やる気を失いかけたものの、一昨日は3周目く

らいから調子が出たのを思い出して、モチベーション回復。それ以外にも、こ

の日はなぜか妙にランナーが多くて、私よりちょっと速い人もいたので、環境

的に走りやすかった。金曜の夜で、梅雨にしては天気が良かったからかな。

みんな、蒸し暑いのは気にならないのかね。私だけ? あっ、そう♪

    

とにかく、蒸し暑さに内心ブツブツぼやきながらも、3周目以降はそこそこマシ

な走りになって、目標タイムも1分30秒上回ることができた。トータルで1km

4分55秒ペースか。ま、いいや。明日も仕事だし、自転車は乗れないような気

がするな。ジムかジョグか、とにかくちょっとくらいは走ることにしよっと!☆彡

     

  往路(2.45km)    13分44秒  平均心拍126(推定)          

  1周(2.14km)    10分39秒        147        

  2周             10分38秒        151        

  3周            10分23秒        156

  4周             10分17秒        159 

  5周             10分15秒        162

  6周            10分13秒        164

  7周(0.26km)       1分22秒        166

  復路              11分05秒        163

  計 18km  1時間28分35秒 153(推定)(最大心拍175,ゴール時)

| | コメント (0)

愛車ZZR400、車検その他の費用など

乗らない愛車、カワサキZZR400、金かかるなぁ。。5月末に車検に出した

記事を書いて、その続きを書こう書こうと思ってるうちに1ヶ月以上も経って

しまった。今日ようやく一通り終わったから、費用を中心にまとめておこう。

前の記事にいまだにチョコチョコ検索が入ってることから考えても、思ってた

以上にZZR400ファンとかバイクファンはしぶとく生き残ってるようだしね♪

    

前回、ひょっとしたら10万円行くかもと書いたけど、1ヶ月前に受け取った

際の支払い内訳は以下の通り(税込)。

     技術料 41321円

     部品代 16779円

     諸費用 37140円

      計   95240円

    

ある程度知ってる人なら、技術料が高いと感じるかも知れない。これには

理由があって、まず車検の期限ギリギリでバイク屋に持ち込んだから、実

際の車検を受けに行くために「仮ナンバー申請手数料」が4000円かかっ

た。あと、エンジンの左クランクケースからオイル漏れしてたために、「下回

りの洗浄」4000円なんてもものも加わってる。このバイクは中古だけど、

実は事故車だったらしくて、修理部分からわずかにオイルがにじみ出てる

のだ。知らんぷりして売ったバイク屋の名前をここで書いてやりたいけど、

まぁグッとガマンしとこうか。話はズレるけど、この神奈川の店はホント誠実

さのかけらもない店だった。

        

まず雑誌を見て電話で確認した上で店に行くと、車検の残り期間が1年も違っ

てる。車検を2年で8万と計算すると、4万円もゴマかしてたってことで、すみま

せんの一言でおしまい。あと、前のバイクがもうダメになってた(と言われた)の

で、無料で廃棄処分しときますとかいう言葉を信用してタダで引き渡したら、少

し後でしっかり販売してた。99.9%私のバイクだ。珍しいバイクだし、まず間

違いない。さらにその後、そこで買ったZZRが事故車ってことまで判明。幸い、

特に実害は出てないとはいえ、とにかくロクでもないバイク屋だった。。わりと

愛想がよくて信頼できそうに見えただけに、余計腹立たしい。。(-_-メ)

    

話を車検に戻そう。技術料の高さの理由は既に説明したので、続いて部品代

の内訳。エアーエレメント1460円、エンジンオイル3.7L・8140円、ラジエー

タキャップ2980円、ロングライフクーラント1L・2000円、ブレーキオイル0.3

L・1200円、蒸留水0.1L・200円。

エンジンオイルの高さが目立つのは当然として、他にも余計な費用が細かく加

算されてるなぁ。。ま、でも2年に1回だから許容範囲かも。

    

最後に諸費用の内訳は、自賠責保険20240円、重量税5000円、印紙代

1400円、検査代行料10000円。この代行料ってのがちょっと高いような気も

するけど、わざわざ安い店を探し回る気もないし、時間的余裕もなかった。そも

そも、つぶれてしまった昔の店は、わりと安かったけどかなりいい加減だったも

んね。明細とか説明とか、今の店の方が遥かにしっかりしてて信頼できる。

    

という訳で、結局10万円弱かというと、実はそうじゃない。さらにその後、結局

バッテリーがすぐダメになって、今日15750円払うハメになった。おまけに実は

タイヤがもう限界で、高速は乗るなと言われてる。。^^; これを前後替えると、こ

の店では5万円。最後に、ディスクブレーキのパッドももう危ないと言われてて、

これを替えると全部で2万円だったかな。あまりに不愉快で忘れちゃったわ。。

        

こうゆう金は、バイクに乗ってるんなら仕方ないと諦めもつくけど、最近サッパ

乗るヒマなくて単なるお飾りだから、無用の長物っていうか、単なる金食い

だ。それでもなかなか売る決心がつかないんだから仕方ない。

やっぱ思い出が一杯詰まってるし、カッコイイもんね♪ 折角整備もしたことだ

し、自転車レースが終わったらツーリングにでも出かけよっと!☆彡

    

cf.バイクの車検はダルイ!でも手離せない愛車ZZR400♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジムの代わりに傘ラン

RUN14km,1時間09分53秒,心拍Av150,Mx177

梅雨らしくなって来たなぁ。。週間天気予報を見ると、曇と雨のマークがズラッ

と並ぶ。そのわりには気温もそこそこ高い。高温多湿、私が一番苦手として

るコンディションになって来た。。  

       

そんな中では、今日なんてマシな方だろう。雨が断続的に降ってるものの、気

温はわりと低い。ホントはジムに行く予定だったのに、時間が間に合わなくて

行けなかったから、代わりに傘ランをちょっとだけやることにした。昨日16km

を1ヶ月ぶりにボチボチのペースで走った直後だし、10kmほどジョギングす

ればOKって感じの軽いノリ。

    

そもそも2日続けてのランニング自体が珍しいし、傘ランだから、最初はス

ローペースで気合も入らず。ところが、30分ほど経って身体の有酸素システ

ムがフル稼動して来ると、ごく自然にペースが上がるし、気分も晴れやかに

なって来る。昨日と違って、公園には少ししか人がいなかったけど、一人で

黙々とペースアップ。傘を差したり畳んだりしながら、結局14kmへと延長。

復路は荒川マラソン以降の最高タイムまで上がった。1km4分23秒ペース。

       

たかがこの程度のペースなんてのは何の自慢にもならないものの、去年の

秋以降の長期ランニング下降状況の中ではまずまずなのだ。しかも、走って

てかなり気持ちよかったのがイイ♪ 右足はまだ引きずってるものの、痛み

はかなり薄れてきた。右足でキックできるようになれば、ペースは一気に上が

るはずだ。今日の1km5分ペースを4分45秒に回復させるのは、それほど

難しくないと思ってる。

         

明日は仕事と雑用で多分走れないけど、金土日と3日続けて走る予定。雨

の予報だからランニングとジムだけかも。ま、やれる事をしっかりやるのみ!

     

  往路(2.45km)    13分41秒  平均心拍127          

  1周(2.14km)    11分08秒         145        

  2周             10分56秒        150        

  3周            10分41秒        155

  4周             10分09秒        162

  5周(0.54km)      2分34秒        167

   復路              10分45秒       166

  計 14km    1時間09分53秒  150(最大心拍177,ゴール時)

| | コメント (0)

RUN&クリート修理&ブレーキシュー交換

RUN16km,1時間17分35秒,心拍Av157,Mx176 ; BIKE 5km

070703b_1今日は早目の帰宅だったので、

まず自転車屋へダッシュ。美ヶ

原のレース中にクリート(シュー

ズをペダルに固定する金具)の

ボルトが落ちてはずれてたし、

下りでブレーキシュー(パッド)が

前後ダメになったので、買いに行っ

たわけ。クリートのボルトだけって

のは売ってないって言うから、

渋々クリート全体を1397円で

070703_1買うハメに。わざわざ東急ハンズ

とか他の店に行くのが面倒だっ

たからだけど、なんと高いボルト

なんだ! あわよくばタダでもら

おうと思ってたのに、超甘かった。。

パーツ名は「SHIMANO SPD

 Cleat SM-SH51 with

Nut」。

一方、ブレーキシューは2コ806円

前後両方のブレーキだと、4コで

1612円。これは納得いく値段だ。パーツ名は「SHIMANO V-Brake

Shoe Set Deore BR-M530」。これまた、世界のシマノ。儲かってま

んな♪ ちなみに、片道2.5kmを自転車で走ったので、半ばギャグでせこ

く「BIKE 5km」とカウントしておいた♪

         

家に帰って、早速2年ぶりくらいに?ブレーキシュー交換。ほとんど山に行っ

てないし、平地もロクに走ってないから、長持ちしたってこと。やり方は何と

なく覚えてたので、パッケージの後ろの図だけチラッと見て交換。リムとの

当たりの調整がなかなか上手く行かなくて、結構時間がかかってしまった。

手やあちこちが汚れるのも不愉快な作業だ。

それに引き換え、クリートは簡単だった。最初に、シューズからはずれて

ンディング(ペダルの金具)にハマッたままのクリートをはずすのに、ちょっ

と手間取っただけ。バネの構造を理解してればすぐだったのにな。。

    

その後は1ヶ月ぶりの16kmランニング。ここまでで精神的に疲れてたから

サボりそうになったけど、最近にしては涼しい夜だったし、珍しく眠気も無かっ

ので、公園へスタート。涼しさにつられたのか、夜10時頃なのにかなり人

が多くて、賑やかで走りやすかった。タイムはボチボチ。右ふくらはぎの痛み

が土曜よりマシだったから、それだけでもありがたかった。帰宅後はご褒美

にアイス&コーラ。美味し~い♪

    

さあ、自転車もシューズも直ったことだし、明日から頑張って自転車に乗る

ぞ!と言いたい所だけど、天気が悪そうだな。仕方ない、ジムでも行こうか。

そろそろ冷房が入ってる頃でしょ♪☆彡

       

  往路(2.45km)    13分13秒  平均心拍131          

  1周(2.14km)     10分25秒         156        

  2周              10分24秒         158        

  3周             10分09秒        162

  4周              10分12秒        165 

  5周              10分04秒         168

  6周(0.4km)        1分54秒          171

  復路              11分16秒          167

  計 16km    1時間17分35秒    157(最大心拍176,ゴール時)

| | コメント (0)

07年6月の全走行距離

(1日)BIKE35.3km,Av22.9,心拍測定エラー

心拍計の完全なエラーっていうのは久し振りだな。平均心拍113,最大心拍

196なんて値が記録されてた。最大心拍はよく変な値が出る。要するに、

のトランスミッターがズレたのを直す時に数秒くらい変な値になることがある

のだ。でも、平均心拍はフツーここまで変な値(低過ぎ)にはならないけどネ。

暗いから、途中で気付いて直すって作業をやらなかったってことだろう。ま、多

Av125くらいじゃないかな。かなり低いのは確か。

   

この日の午後はそこそこ時間があった(と感じた)けど、ドラマ記事を1本マ

ジメに書いてたらアッと言う間に夕方になって、2時間くらいしか無くなった。

すると、多摩川下流しかない。中途半端だからサボろうかとも思ったけど、

月初めだし、レース後に5日連続サボってるから、一応ちょっとだけ走ること

に決定。チョコチョコした走りでも、続ければかなりの効果があるのは、先日

のツール・ド・美ヶ原短期集中特訓でも実証された。ランニング10kmとか、

自転車30kmとかがバカにできないのだ。

           

恒例の夕空の写メでも撮ろうかと思ってたのに、完全な曇り空で論外。でも

走りはわりと気持ちよかった。ほんの2週間ほどご無沙汰してる間に、下流

側の雑草がキレイに刈り取られてて、走りやすくなってたからだ。ちょっと前

までひどかったもんね。走りやすいわりにはAv22.9なんて値しか出てない

けど、こうゆうのは気にする必要がないってことも美ヶ原で証明された。実際、

自慢するほど速くはないけど、それなりのタイムはちゃんと出せてる。心拍も

レースだとちゃんと170近くでキープできてた。この日の1.4倍近くだ。

    

時間が中途半端だったので、多摩川大橋を渡って東京側で丸子橋まで戻っ

て、橋を渡って帰宅。途中、かなりダンシングも入れたし、例によって重いギ

ア(42×11)も多用したから、適度な運動になったと思う。少なくとも、走ら

ないよりは全然よかった♪

       

という訳で、前日の話は簡単に終えて、6月の全走行距離を発表。

    RUN 84km ; BIKE 729km

    

ウーン、最後にサボり続けたせいでイマイチだけど、わりと健闘した方じゃない

かな。実際、下のグラフ(05~07比較)を見ると、07BIKEの青色がグングン

伸びて来てるのが分かる。今月は1000kmが目標。自信はそこそこあり♪

ただし、今日は寝不足が溜まっててめまいがするからお休み。明日、明後日

はちゃんと走る予定。乗鞍まで1ヶ月半ちょっと、頑張るぞ!☆

     

070702    

  

  

  

  

  

   

070702b     

| | コメント (0)

『プロポーズ大作戦』コミックの結末はドラマよりいいかも☆

070701_1 やっと手に入れた!『プロポーズ

 大作戦』コミック下巻(脚本・金子

 茂樹 作画・遠藤さや 扶桑社)。

 一週間前の記事に書いたけど、

 もともと6月23日発売予定のは

 ずなのに、25日には見当たらず。

 最終回の脚本の入稿が8日で、

 かなり遅いから、作画・印刷・流通

 その他で、23日には間に合わな

 かったってことかね。

 

070701b ノベライズと違って、コミックは

 脚本(&ドラマ)を忠実に再現し

 てるわけだから、遠藤さやも大

 変だったろう。本の後ろを見る

 と、6月30日初版第一刷発行

 となってるから、ちょうど一週間

 遅れか。私が手に入れたのも

 30日だから、かなり早い方なの

 かも知れない。ただし木曜日に

 書いたように、28日には書店

売り切れ、出版社品切れって情報があったから、実際の発売開始はドラマ

の最終回とほぼ同時だったのかも。。

 

さて、どうしてここまで日付けにこだわるのかって言うと、それはコミックの結

末がドラマと「ほぼ」同じだからだ。もし先にコミックを手に入れてたら、ドラ

の最終回より先に結末がほとんど分かってしまう。究極のネタバレ本だ。

ま、マニアックなファンにほんの少しだけ早く結末をプレゼントするってことな

のかも知れない。あるいは単なる販売戦略、視聴率戦略の一環か。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

で、肝心のコミック下巻の中身はどうかって言うと、これが良かった♪ 最終

回のイメージはイマイチかイマニだったけど、コミックの結末(第11話)の印

象は悪くなかった。もちろん、既にドラマでかなりガッカリした後だったから、

あらためて失望しなかったって部分もあると思う。でも、それだけじゃない。

 

以前の記事で、コミックのキャラについては既に触れておいた。健(山下智久)

多田(藤木直人)はドラマの方がいいけど、礼(長澤まさみ)エリ(螢倉奈々)

妖精(三上博史)はコミックの方がいい。 いや、三上博史もいいんだけどネ♪

それよりも遥かに重要なのは、最終回の欠点が目立たなくなってること。欠点

のポイント3つ、スピーチへの反応、多田の扱い、ラストを見てみよう。

 

まず、健の涙のスピーチの反応。ドラマでは礼のご両親(森本レオ宮崎美子

まで含めて満場一致の拍手。新郎の多田まで神妙な顔つきでおじぎして、私

は寒気がした。ネットを見渡しても、あのスピーチは何?って声が少なからず

あった。

 

ところがコミックだと、満場一致の拍手はわずか1コマ、しかも「パチパチ」っ

ていう音が文字で書かれてるだけの、非常にアッサリした表現になってる。

多田の神妙なおじぎなんていう間が抜けたものも書かれてない。

 

続いて、多田の扱い。ドラマだと、カフスボタンの「優しさ」で礼を健のもとに送

り出した後、3秒以上も多田は礼を未練がましく見送って、おまけにその後、

ソファに座り込んでうつむいて、手を顔にあてて溜息をついて、「何やってるん

だろ」とつぶやいておしまい。これが多田のラストシーンなのだ。ここだけ単独

で見てもとんだ引き立て役、ピエロだし、ここまでのドラマにおける多田のポジ

ティブな描き方ともかけ離れたものだった。。

 

この多田のひどい扱いについて、私は最終回記事のコメント欄に次のように

補足しておいた。私のこうした考察を引き出してくれた youko さんの書き込

みに感謝しつつ、ここに転載しておこう。(詳しくはそちらを参照)

 

     多田は確かに健と礼を見ないようにしてますが、

     見ないことにもポジティブなものとネガティブなものがあります。

     受けとめるか、逃げるか。多田は丸ごと受けとめてたんです。

     10歳年上で静かなパワーを持つ、包容力あふれる王様として。

     だから、ドラマの流れから考えても多田が礼を見るわけないし、

     現実の世界でもあそこで花嫁を見るような花婿なんて論外です。

     僕が伊藤先生なら、スピーチに拍手はほとんどしないし、多田が

     礼を見ようものなら、「多田! 正面を見ろ!」と怒鳴りつけますよ。

   

     僕は第3話で、多田と健は似てると書きました。

     それは、多田の若き頃、つまり今の健&礼とあまり違わない頃のこと。

     今の多田はもう年齢的にも社会的にも心理的にも大人です。

     健や礼と似てるかどうかより、似てないことが重要なんですよ。

     まして、最後にただ一人貧乏くじを引かされるんだから、

     2人より上の部分をハッキリ見せないとバランスが偏りすぎ。

     そのためにも、多田は礼を振り返っちゃいけないし、

     「何やってんだろ」とかボヤいてちゃダメなんです。

     たとえ虚勢が混ざってるとしても、もっと堂々としてないと!

 

さて、このドラマのひどさに対して、コミックはかなり自然に感じられるのだ。

理由は3つあるだろう。まず、3秒以上も礼を未練がましく目で追う多田の顔

はなくて、礼を追う姿が後ろから1コマ描かれてるだけ。また、ドラマだとこの

辺りの映像は薄暗くなってるんだけど、コミックでは真っ白の爽やかな表現

になってる。さらに、最後の多田は、溜息をついてるものの、苦笑するだけで、

うつむいてもないし落ち込んでもいないのだ。これなら、包容力あふれる大人

の「いい人」として、許容範囲だろう。

 

最後に、ラストについて。ドラマでは、礼が「奇跡の扉」を開いて光の中へと

飛び出し、主題歌の映像へ。その後、礼が声だけで「ケンゾー!」と呼びか

けて、それに気付いて驚いた健がかすかに微笑んで終了。これだと、曖昧

さはともかく、ドラマじゃなくて健のハッピーエンドって側面が強調される。言

い換えると、山Pのイメージビデオっていう側面が強調されてしまうのだ。

 

それに対してコミックは、奇跡の扉こそ描かれてないものの、礼が飛び出す

前に妖精を振り返る。そこにはただ風が吹いているだけ♪ 微笑んだ礼が、

今度は前を向いて微笑んで駆け出す。これが最後から2ページ目。もちろん

主題歌は挟まれず、すぐに最後のページになって終了。これなら、妖精に対

する礼の感謝も描かれてるし、私が最終回記事で詳細に示したように、妖精

が「美しく透明な流れ」(噴水=風=光)であることもハッキリ強調される。

精、礼、健の流れが緊密だから、山P一人が輝くわけでもないのだ。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

もちろん、コミックの欠点も色々ある。そもそも、1時間15分SPを僅か34

ページで描いてるわけで、掃除用具入れとか「妖精か!」なんてギャグもな

いし、妖精が噴水であることもカットされてる。一番最後のコマで、健が微笑

んでないのもマイナスだ。

 

でも、ドラマを熱心に見てた人間にとって、このコミックは十分価値があると

思う。全体を振り返る際、ノベライズ本よりも忠実で便利がいいし、何よりも

結末への抵抗感が薄らいだのは凄く良かった。まだ書いてない独自の面白

さもあるし、コミックのおかげで、最後に崩れてしまってたドラマのイメージが、

かなり良くなったと思う。

 

ありがとう、遠藤さや♪☆

 

という訳で、ドラマ終了後1週間を経た今日、コミックをプッシュしておいた。

もちろん私は書店や扶桑社の回し者ではなく、単なるドラマファンにすぎない。

ただし、かなりマニアックだけどネ♪ ではまた。。☆彡

 

 

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

cf.奇跡の扉を開ける鍵~『プロポーズ大作戦』第1話

   タイムスリップの理論的説明~『プロポーズ大作戦』第2話

   消せない消しゴム、燃やせない炎~『プロポーズ大作戦』第3話

   純粋さについて~『プロポーズ大作戦』第4話

   設計図というラブレター~『プロポーズ大作戦』第5話

   問題を選ぶこと、答えを求めること~『プロポーズ大作戦』第6話

   王様になった王子様~『プロポーズ大作戦』第7話

   涙の後には晴れるかな♪~『プロポーズ大作戦』第8話

   現在という最後の舞台を目指して~『プロポーズ大作戦』第9話

   女の子の左手にこめられた思い~『プロポーズ大作戦』第10話

   美しく透明な流れのシンフォニー~『プロポーズ大作戦』最終回

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   タイムスリップの理論的説明2~質疑応答

   プロポーズ大作戦第3話で不評だった藤木直人(多田)の数学♪

   プロポーズ大作戦第3話の数字の相性占いを発展させると・・♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを100%にする方法♪

   プロポーズ大作戦の相性占いを試してみると・・♪

   プロポーズ大作戦第5話のタイムスリップの説明について

   プロポーズ大作戦第6話の礼(長澤まさみ)のラブレター全文

   『プロポーズ大作戦』のノベライズ&コミック本について☆

   速報!『プロポーズ大作戦』ノベライズ本を早くも入手☆

   『プロポーズ大作戦』続編とノベライズ本の結末について

   『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆

   プロポーズ大作戦・続編スペシャル、3月25日に2時間放送決定との情報☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »