« 「ガッツ石松」のGIFアニメ、作成成功☆ | トップページ | 『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2 »

ツール、ピレネー最終決戦スタート☆

BIKE70km,Av25.5,心拍Av123

コンタドール、優勝おめでとう!☆ ツール・ド・フランス第14ステージ、ピレ

ネー最終決戦の初日は、弱冠24歳のスペイン人、アルベルト・コンタドール

(Alberto Contador、ディスカバリーチャンネル所属)が優勝。かなりの激闘

で、見応えあるレースだった。最後はマイヨ・ジョーヌ(黄色ジャージ=個人

総合トップ)のラスムッセン(デンマーク、ラボバンク所属)と何かゴニョゴニョ

と密談してたようだけど、あれを高性能マイクで拾って同時通訳して欲しい

もんだ♪ あの辺り、自転車ロードレースってのはホントに奇妙なスポーツ

だよなぁ。マラソンも含めて、他のスポーツじゃ考えにくい行為。。

    

これで、個人総合成績7位までは次の通り。名前は自転車サイト「サイクリン

グタイム」の表記を使用。右にカッコで、『サイクルスポーツ』の表記を付記。

   1位 ラスムッセン             (ラスムセン)

   2位 コンタドール   2分23秒差

   3位 エヴァンス    3分04秒差   (エバンズ)

   4位 ライプハイマー  4分29秒差   (ライフェマー) 

   5位 クレーデン    4分38秒差

   6位 サストレ      5分50秒差  

   7位 カシェチキン   6分58秒差   (カシェーチュキン)

     

優勝争いは、ほぼこの7人に絞られたと言っていいだろう。中でも、一番若くて

当初からマイヨ・ブラン(白ジャージ=新人賞)候補だったコンタドールが俄然

注目の選手になった。この後、第15、16のピレネー山岳ステージで優勝争い

が3人くらいに絞られて、28日の第19ステージの個人TT(タイムトライアル)

で決着がつくって感じかな。残念ながら、昨日の個人TTで優勝して息を吹き

返したヴィノクロフは、今日で脱落決定。前評判だと1位で、ケガに耐えて頑

張ってきたのに、もはやここまで。。個人的には、山岳に強いスペインのベテ

ラン、サストレを応援中。ともかく土曜日まで、ツールから目が離せない☆

       

という訳で、世界最高峰の話から一気に3流市民アスリートの話へと移ること

にしよう。今日は日曜で、雨も降ってなかったけど、サボる理由は一応あった。

昨日の深夜、むしろ今朝と言った方がいいくらいの時間帯に、傘ラン25km

を完走した直後。右脚を引きずりながらの2ヶ月ぶりの長距離走だから、足

腰のダメージだけじゃなくて精神的にも疲れてる。そこを何とか踏ん張って、夕

暮れ時にのんびりと多摩川へ出発。ただし、単なるお散歩気分♪

    

この日、一番気になったのは、メーターがすぐ動かなくなること。その度に止

まってセンサーをいじるんだけど、やっぱりダメ。4回目くらいで、ようやく本体

の電極のサビだなと気付いた。1週間前に小雨の中を走ってそのままだった

から、サビついてたんだろう。爪でゴシゴシ削り落とすと簡単に直った。という

訳で、今日の距離と平均速度は推定。おまけに心拍計も、帰宅後に止め忘

れてたから推定。ま、多分ほぼ合ってるけどネ。。

    

それ以外だと、花火だらけって印象が強かったな。あちこちで個人的に花火

をやってて、いかにも夏って感じだ。関東の梅雨明けは遅れてるけど、そろ

そろかな。今夜なんて、気温は大したことなくても、走ってて蒸し暑かったもん

ね。軽く走ってるのに、ちょっと汗が流れ落ちたほど。ま、そのくらいの方が

070723 アイスが美味しくていいけど♪ ち

 なみに今夜のご褒美は、定番中の

 定番、ロッテ『爽』。8年前に登場し

 て以来のロングセラー・アイスだ。

 「微細氷」がシャリッとして、まさに

爽快! 抹茶やキウイヨーグルト味もあるみたいだから、探してみよっと!

    

ともかく、全くのお散歩気分ながらも、重いギア(42×11,13)で太腿に

度な負荷をかけて帰宅。風がほとんど無かったせいもあるだろうけど、42

×11がさほど重くなかった気がする♪ 月曜は忙しいから休んで、火水とま

た走ろう。今週末こそは、どっかツーリングに行きたいな。。☆彡

|

« 「ガッツ石松」のGIFアニメ、作成成功☆ | トップページ | 『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2 »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ガッツ石松」のGIFアニメ、作成成功☆ | トップページ | 『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2 »