« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

☆ブログ公開2周年☆

070831   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

やった~~!☆ 今日で遂にブログ公開2周年♪ しかも毎日更新継続中!

色んな事情で、数時間遅れとかの記事を後で日付け変更したこともあった

けど、自分の生活リズム的には1日も休んだつもりはない。記事数も900

を超えてるし、文字数も十分すぎるだろう。

続きを読む "☆ブログ公開2周年☆"

| | コメント (12)

終わった夏、終わらない夏~『ホタルノヒカリ』第8話

  で いつから一緒に住む?

  お部屋の手付金を払えばすぐにでも

  キミが荷物をまとめるのに 半年はかかりそうだな

  同居人のおたかさんが手伝ってくれると思います

  電化製品は全部置いてけ

  電子レンジは私のですよ

  お祝いとして私がもらっておこう

  じゃあ この風鈴持って行ってもいいですか

  縁側無いんだろ

  ここでの生活を忘れたくないんです

  もう夏も終わりですねぇ・・

  あぁ 今年の夏は 暑かったな

    (シャブッ・・・シャブッ・・・

        

         ☆          ☆          ☆

『ホタル』と言えば縁側、縁側と言えば蚊取り線香。「金鳥の夏、日本の夏」

をパロって記事のタイトルを付けたのは誰の目にも明らかだろう。エッ、あん

まし似てない? あっ、そう♪ いや、『白夜行』最終回記事のタイトルを意識

して「ホタルの夏の終焉と存続」とでもしようかと思ったんだけど、余計ピンと

来ないだろうと思ってね。

    

ともかく、記録的な猛暑はやっと終わったし、個人的には自転車の夏も終了。

『ホタル』の夏も、そろそろ終わりだ。花火大会の終盤は必ず盛り上がるもん

だけど、『ホタル』の終盤も盛り上がって来た。客観的な出来以上に、個人的

な満足度がかなり高い回で、あとちょっとで「素晴らしい!☆」とか冒頭で絶賛

する所だった。

       

とりあえず、簡単な長所を2つ挙げとくと、まずドラマであれほどキレイな花火

を見たことはないし、そこにかぶせた高野部長(藤木直人)「雨宮と一緒に

いると飽きない。今年の夏は楽しかった」っていう素直な告白も良かった。あ

と、この記事の冒頭に引用した、縁側の風鈴の下で蛍の光を見ながらスイカ

を食べるシーン☆ 映像・台詞、共に良かった♪

    

客観的には80点、個人的には87点って感じかな。絶賛の90点まであと3点。

この僅かな物足りなさの理由から書き始めてみよう。もちろん、玉にキズって

程度のもので、強調するつもりはないけど、頑張ってるスタッフ&キャストへの

愛のムチってことで(死語か♪)。細かくチェックしてる視聴者がちゃんといる

から気を抜かないように!っていう、ささやかな激励にすぎない。。

     

一番大きい問題は、やり過ぎの展開だ。多分、頭のいい脚本家・水橋文美江

によるものだろうけど、これでもかって感じで「うねり」をつけていた。「振動」と

言ってもいい、連続的な反転のことだ。以下、アホ宮=雨宮蛍(綾瀬はるか)

手嶋マコト(加藤和樹)の仲にとってプラスのものとマイナスのものを、ピンク

と黒で塗り分けて、時間の流れに沿って示してみよう。

    

   イチャイチャ、ベタベタ、暑苦しい電話

   干物女カミングアウトの不安

   マコトのお姉さんはジャージ

   マコトもジャージかも

   信じてみよう

   山田姐さん(板谷由夏)の男はロマンチスト発言など

   マコトと優華(国仲涼子)と接近

   花火の約束

   忘れてた

   ステキな花火

   門限で気まずい雰囲気

   一緒に暮らそう

   優華と接近

   優華の優しいフォロー

   考える時間が欲しい

   縁側を見つけてあげたかった

   ラストのマコトの衝撃

    

どうだろう。こうして明確に分けてみると、うねりの凄さが一目瞭然のはずだ。

1時間の恋愛ドラマで関係の反転が15回っていうのは、世界記録としてギネ

スブックに登録されてもおかしくない。普通は5、6回程度までだと思う。これ

だけ細かくて激しい「うねり」or「振動」だと、ほとんどの人にとっては逆にボヤ

けてしまうはずで、私もリアルタイムだと「何だか凄く技巧的な事やってて慌し

いなぁ・・」って感じのボヤけた把握だった。これが、やり過ぎの展開ってことだ。

あの半分の7、8回程度なら遥かにスッキリして分かりやすかった。

      

もう一つの物足りなさは、演技や演出についてのものだ。まず、ヘリコプター

に乗る時間帯。あんな明るい時から花火の時まで2人で貸切なら、エクセル

航空の正規の料金だと最低でも15万円、実際にはおそらく50万円以上に

なる(30分で15万円程度)。今どき、中堅建築会社部長へのお中元「Tokyo

night cruising in summer 特別招待券」ごときに、そんな高額なものは考えに

くい。もっと暗くなってからスタートさせればいいだけのことで、あのシーンにあ

の明るさは必要ない。映像的にセピア色が欲しかったのは分かるけどね。

    

次に、マコトの素人っぽい演技は、これまで通り見ないフリをしてもいい。でも、

蛍がマコトに抱きついて「ありがとう」と言う時の綾瀬はるかの演技には絶句。。

撮影の時間帯を考えれば、撮り直す余裕はあったはずで、編集の段階で間

違えてボツ映像を組み込んでしまったんじゃないかって気がするほどだ。あ

そこは一旦マコトが干物女を受け入れる重要なポイントだから、井上真央や

蒼井優なら遥かにマシな演技をしてたはず。多分、宮崎あおいもね。いや、ま

だ見たことないけどさ♪

     

続いて、蛍が帰宅して高野と抱き合う場面。ここは、高野にとっては明らかに

複雑だったはずなのに、その複雑さが上手く表されてない。これは演技じゃ

なくて演出とか映像の問題だと思う。

さらに、この記事の冒頭に引用した縁側のスイカシーンの最後。しみじみと

した余韻を味わう所なのに、正面映像で1.5秒、バックの映像で1.5秒、合

わせて3秒不足してる。特にシーンの最後、バックの映像では、折角の菅野

祐悟の音楽がブチッと切られて、次のオフィスのシーンに切り替わってる。3

秒くらいの時間は作れたはずだし、あそこでブチッと切る意味は全くないから、

初歩的な不注意だ。

   

最後に、どうでもいいチョイ役だけど寒かったのは、ジャージで会社に来た

に通行人の女が投げかけた「何、あの格好」って言葉。これは、演技の問題っ

て言うより演出の問題だろう。たとえ脚本にこの台詞があったとしても、たとえ

チョイ役俳優が下手だったとしても、現場の演出の時点で無言の冷たい視線

や好奇の視線に変更すればいいだけのことだ。あるいは、編集の時点で音量

を落とすとか。

        

『ホタル』では初登場の演出家・久保田充、検索してもなかなかいい情報が出

ないってことは若手なのかな。NHK『功名が辻』が代表作ってことか。別に演

出家としての能力をどうのこうの言うつもりはないし、全体的には悪くなかった。

ただ、チョコチョコと簡単なミスが目立ったってことだ。

       

          ☆            ☆            ☆

おっと、物足りなさだけで一杯書きすぎてるかな (^^ゞ いや、これは軽い不満

を書いてるだけで、あくまで今回のドラマは良かったのだ♪ 特に、個人的に

はね☆ ってことで、今度は満足できる部分を書いてみよう。ここまではオマケ、

ここからが本論だ。

     

まず、さっき書いたことと矛盾するようだけど、ストーリー展開のテクニック

感心した。やり過ぎなのがマイナスとはいえ、インパクトがあったし希少価値が

あるのも確かだ。ただし、それは細かいうねりの多さやスピードの話だ。

もっと大きな流れを見た時、このドラマはここまでまったくブレがない。だから、

私の予想は最初から全く変わってないし、ここまで予想通りなのだ♪ ブレが

ないのは客観的長所だし、予想通りなのは個人的な評価ポイントになる。今

回なんて、見ながらニヤけたほどだった ^^

    

私は、原作・TV雑誌とかのネタバレなんか無しに、蛍&マコトはないと言い

続けてきた。特に、前回の2人の接近を見ても全く考えを変えなかったこと

は強調しときたい。そもそも前回の記事のタイトルは「乗り越えられないもの

は存在する」だ。あの熱いラストで、真っ向からぶつかるこのタイトルを記事

に付けた自分をホメてあげよう☆

    

つまり、マコトの部屋へのお泊まりとかダイエットなんてものは、小さな波のう

ねりにすぎないのだ。それは、今回の細かすぎる振動よりは目立つものの、

もっと大きなストーリーのうねりからすると、ちっぽけな波、ささいな揺らぎに

すぎない。では、もっと大きな波とは何か。それは第4話の記事「安らぎへと

回帰する緊張」で、簡単な手書きグラフを使って既に示してある。

     

要点だけ再掲すると、緊張と弛緩の間を蛍が揺れ動く波を考えた時、「ずっと

昔、遠い夏の記憶」が安らぎの底、ここ最近の恋や仕事に追われる日々が緊

張の頂点であって、やがて再び安らぎの底へと戻ることになる。これが一番大

きな波、ストーリー変化の根幹なのだ。蛍に安らぎをもたらす場所は縁側、安

らぎをもたらす人間は高野であって、マコトではない。マコトはときめきを与え

てくれる若くて才能あふれるイケメンだからこそ、むしろ緊張をもたらす人間だ。

実際、蛍には「嫉妬とか束縛とか不信感とか、新しい登場人物が現れて」、着

信のない携帯を何度も見たりしながら苦悩することになった。

     

したがって、原作がどうであろうと、ストーリーの流れがブレない限り、蛍&マ

コトはあり得ない。さらに、今回の内容と次回の予告を見れば、全くその通り

になってることは明らかだ。

     

ここで、緊張の時期を表すのに「夏」という言葉を使うのは不思議じゃないだ

ろう。自然にも人間にもエネルギーが満ち溢れ、急激な変化をもたらした後、

淋しさや物哀しさを残しつつ足早に立ち去ってゆく夏。まさしく、花火にふさわ

しい季節。すると、今回と次回で蛍の夏が一つ終わることになる。マコトという

名の夏が、花火と共に。花火のように。。

     

一方、高野の場合はマコトより複雑で微妙な存在だ。つまり、最初は仕事と

生活における緊張のもとだったのが、やがて恋愛という緊張の1歩か2歩手

前くらいの対象となると同時に、安らぎのもとにもなっている。だから、ホタル

の人生の波が安らぎへと回帰してるからといって、高野との関係については

曖昧な点が残る。

    

でも、蛍の原点は「ずっと昔、遠い夏の記憶」であって、それを象徴するのが、

ささやかで温かくて物哀しくて郷愁感あふれる蛍の光、それを描くのが『ホタ

ルノヒカリ』だ。安らぎの原点に、緊張や恋愛の要素はない。また、高野はか

なり年上でバツイチ(?)の上司、しかも蛍との距離を保ち続けてる。おまけ

に来週は蛍が失恋して失踪する話らしくて、もう高野が何もかも捨てて蛍と一

緒になる可能性はゼロだ(端数切捨て)。かと言って、蛍が一人きりになる可

能性も5%以下だろうから、統計学的には「あり得ない」と言っていい。

         

だから結局、高野が縁側的存在になるしかないのだ。恋愛対象ではなく、安

らぎを与える空間そのものの一部。干物空間の壁とか床のような存在しかあ

り得ない。さすがにサンダルを乗っける敷石だと、高野が怒りそうだけどネ♪

      

いまや蛍にとって、高野という名の夏も終わろうとしている。高野にとっても、

蛍という名の夏は終わろうとしている。けれども、夏は縁側の季節でもある

だ。蛍にとって縁側とは、単なる部屋と庭の境界領域ではない。扉を開いて、

部屋の側にいながら庭や蛍の光を味わう場所。場合によってはサンダルを

履いてちょっとだけ暑い外へ駆け出して、すぐに戻ってスイカや麦茶(今では

麦酒)を味わう場所だ。

      

だから縁側という環境は、一つの夏だ。その意味で、蛍にとって夏は終わっ

てない。高野という夏も、縁側という夏も。

一方、高野にとっても、夏は必ずしも終わってない。それどころか、縁側とい

う夏に自分がなりつつあるわけだ。

            

終わった夏、終わらない夏。猛暑の終わりの時期には、いくつもの夏が重な

り合う。まるで、一つの花火が消えた横で、別の花火がきらめくように。長くて

短い花火大会が終わった後、季節はゆっくり秋から冬に向かう。

冬の先にまた春が来て夏になるのか、単なる静寂が来るのかは分からない。

終わった生、終わらない生。その繊細な交錯は、人間にとって永遠の問いの

対象であり続けるだろう。。

      

          ☆          ☆          ☆

ところで、細かい枝葉の話とか個人的満足感の話に戻ると、ステキ女子の使

い方も今回はなかなか良かった。蛍とマコトの別離にステキ女子=優華が関

わるだろうって予想はあちこちに書いてて、実際その方向性がドラマに見え

てたからだ♪ つまり、マコトは蛍を後で驚かそうと思って、最初のうちは香港

のファニチャー・アワード(GYD Furniture Award)の件を優華だけに相談。マ

コトと優華に何の悪気も無いものの、結果的に蛍の心をかき乱すことになって

た。でも、ステキ女子たるもの、単なる邪魔者では終わらない。ちゃんと電話

で、蛍を優しくフォローしてた。

    

ただし来週以降、蛍がマコトと疎遠になって行く過程で、優華がマコトと再び接

近する可能性は十分ある。もともとこの2人は蛍より先に親密だったわけだし、

キャラ設定としてはお似合いでもあるんだから。マコトが入賞して香港に拠点

を移し、優華が仕事上のサポート役になるなんて展開が、一つの可能性として

考えられるだろう。

     

今回のあらすじを一言でまとめるなら、まさにタイトルバック直後に示されたサ

ブタイトル「干物女のカミングアウト」だ。ちなみにメディア向けに発表されたサ

ブタイトルは「干物ついにカミングアウト・・・その時彼は」だ。お泊まりを経てま

すますラブラブになった後、蛍が干物女であることをマコトにカミングアウト。マ

コトは大きな器で受け入れたかに見えたけど、結局ダメだったかなって話。

   

もちろんそれは、蛍が意図的に告白した、干物女だってことが問題なんじゃな

いはずだ。意図せずにカミングアウトした形になったこと、言い換えると、バレ

ちゃったことの方が問題だったはずだ。干物姿の蛍をかばうために、高野が

寄り添って行動。その様子をマコトが見て衝撃を受けたのがラストのはずだ。

その意味で、高野はおたかさんじゃなくて、おばかさんだ♪ くだらない事柄

(穴あきシミ付きジャージ姿)に気を取られて、大切な事柄(同居生活)のガー

ドが甘くなってしまった。アホ宮&おばかさんは、意図せずに致命的なカミン

グアウトをしてしまったわけだ。

   

でも、別の見方をすれば、高野はおりこうさんと言えなくもない。無意識とは

いえ結果的に、蛍&マコトの関係を壊したんだから。女の勘は鋭いとよく言

われる通り、ドラマの最初で蛍は「部長、私に上手く行って欲しくないんです

か?」と突っ込んでた。アホ宮でさえ鋭い。われわれ男としては、心して世の

女性と向き合う必要があるだろう♪

    

ともかく、あり得ない蛍&マコトの仲を揺さぶったのが脇役のステキ女子、壊

したのが中心人物のアホ宮&おばかさん(orおりこうさん)。まったく模範的

な構成になってる。

最後のシーンで、マコトが高野を見るカットが無くて、代わりにジャージの穴

(竪穴式住居)やシミのカットがあったのも模範的だ。初歩的テクニックとは

いえ、来週まで視聴者を宙吊りにしたわけだ。あれ、マコトはどうして立ち去っ

たの?って感じで。もちろんスタッフは、『エンタ』のにしおかすみこのように、

「ジャージに気を取られてしまってるような視聴者は、どこのどいつだぁい?」

と妖しい笑みを浮かべてるはずだ。ま、女王様のコスプレはしてないだろうけ

どね。多分♪

        

う~ん、いまいちキレがない冗長な記事かも知れないけど、ま、こんなもんか。

ウチらしさはちゃんと出てるでしょ。エッ、出すぎ? あっ、そう♪ 

今回、切り口が一杯あり過ぎて、ちょっと迷った所はある。書くネタがあふれ

かえってる中、話の本質はやっぱり、「夏の終わり」でしょってこと。マコトでも

カミングアウトでも高野でもなくてね。ちょうど今日は8月最終日。関東では涼

しくて、まさに夏の終わりだしね。。

    

全10回ってことだから、いよいよ残すところあと2回。キレイで懐かしさあふれ

る夏のファンタジーに仕上げて欲しいもの。最後のシーンは、絶対に縁側の蛍

たとえ高野がいなくても、庭の蛍を忘れないように。風鈴と、ブタの蚊遣りもね。

見えないからと言って、中身の蚊取り線香がアース製薬やフマキラーじゃダメ。

もちろん、金鳥の夏、日本の夏。大日本除虫菊から何かもらえるかも♪

ではまた。。☆彡

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.蛍がマコトに抱きつく時の「あなたがいれば、あなたがいれば、そこが

    縁側なんです」って台詞。「あなたがいれば」と言った時点で後の台詞

    が読めたくらい、自然でキレイな台詞だった。

    でも、現実はそんなに甘いもんじゃない。あなたがいても、やがて本物

    の縁側が欲しいとか言い出すのが女って生き物だし、あなたのあり方

    が変わるって問題もある。つまり、あなたという縁側はすぐに消え去る

    ものなのだ。それに対して、本物の縁側は何十年も安定した存在。

    だからむしろ、蛍は自分の家でこう言うべきだった。

    「あなたがいても、あなたがいても、ここが縁側なんです」♪

    

P.S.2 前回の記事のP.S.で中途半端にお茶を濁してた『猿蟹合戦』(蛍

      が高野に読んでた昔話の絵本)については、読者の方の貴重な指

      摘を受けて、改めて記事を書いた。ここか、下のリンクからどうぞ。

    

P.S.3 今回の高野のもんもん攻撃は「両方は無理だもん」「にゃんこにや

      るもん」、「変だもん」。これもそろそろ聞き納めか。ファンの方は、

      ちゃんと録画をデジタル編集して「もんもん攻撃フォルダ」にまとめ

      とくようにネ♪

      

P.S.4 高野が蛍と自分に向けて語った言葉「人と人が向き合うってのは

      面倒くさいもんだ」。面倒だから他人と向き合うのを止めるとか、社

      会を抜け出すってことは一応可能だけど、自分と向き合うのを止め

      たら人間おしまいだ。

      いずれにせよ、人間が心を持つ存在としてこの世で生きていくのは

      面倒くさいもんだ。面倒くささから生み出されるものとか、面倒くささ

      自体を楽しめる境地に達するまで、あと何光年の距離なのか。。

    

P.S.5 二ツ木(安田顕)が山田姐さんをバーに呼び出して、高野について

      何か相談してた。たぶん重要じゃないとは思うけど、余計なお節介

      の度が過ぎるようなら全体がぶち壊しになってしまう。単なるおつま

      み的存在なんだから、2人とも控えめにネ!

    

P.S.6 バイクにまたがって、わりとカッコ良く身を引いた要(武田真治)。

      このあと、もう山田姐さんとくっつく時間はなさそうだな。再び優華

      とくっつくのだけは止めて欲しい。男の美学として。。

     

P.S.7 器の大きな人と無頓着な人とは違う。前者は、許容範囲が広くて、

      あまり気に入らないものでも受け入れる人。後者は、何も気にしな

      い人だ。ただし、他人に対する器の大きさと、自分に対する厳しさ

      を両立させるのは至難の業。。

     

P.S.8 この時期に「父ちゃん寝タバコ火事のもと」って防犯パトロールは

      強引だよなぁ。ま、あれも綾瀬のコスプレか。萌える人、いるの?♪

    

P.S.9 今週、一番笑ったのが美奈子(浅見れいな)の付箋「サイアク男」。

      「サイテー男」に続く、型にはまった漫才みたいで、見る前から分かっ

      たし、それでもプッと吹き出してしまった♪ ちなみに、花火を見る

      場所の件でまた田所潤平(渋江譲二)が持ち出した「元カノ」。公式

      サイトのスピンオフ(派生作品or外伝)『メンズホタルノヒカリ』による

      と、前回のハブラシ女とは別人のようだ。来週もう1回引っ張っても

      いいな☆

     

P.S.10 偉大なアスリート、カズ=三浦和良のSUBARU LEGACYのCM。

        「イメージしたように走れる。それがたまらなく面白いよね」。私に

       とって『ホタル』を見ることは、まさにイメージ通りの走りだ。たまらな

       く面白い♪ 最後に水をぶっかけるのだけは止めてほしいもの。。

    

P.S.11 記事のタイトルは、「緊張の夏、二本の夏」にしようかとも思ったん

       だけど、止めといて正解だったかな。。

    

P.S.12 『たったひとつの恋』の時には、ナオ=菜緒(綾瀬はるか)とヒロト

       =弘人(亀梨和也)の船のお泊まりが話題になった。って言うか、

       あれだけ明らかな描写でも「認めない」ファンが微笑ましかった。

       今回も明らかだけど、認めないファンがいるのかな。ま、そうゆう

       カップルが現実に増えてるらしいって話だけどね。あぁ、将来の年

       金が不安だ。。♪☆彡

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

   安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

   本を読むこと、本を書くこと~『ホタルノヒカリ』第5話

   閉じられた空間での静寂なる接近~『ホタルノヒカリ』第6話

   乗り越えられないものは存在する~『ホタルノヒカリ』第7話

   『ホタルノヒカリ』第7話の『猿蟹合戦』をめぐる解釈

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (8) | トラックバック (5)

緊急メンテナンスのお知らせ☆

今日30日(木)の13時~16時まて、ココログ(ニフティのブログ)の緊急メン

テナンスが行われる予定。この間、記事のアップ、TB、コメントはできないし、

メンテナンス時間が延長される可能性もあり。

以上、悪しからずご了承を。ココログさん、頑張ってね!☆彡

| | コメント (0)

再びBIKEからRUNへ~低迷した1年を振り返って・・

RUN10km,53分58秒,心拍Av139

身体が文字通り「重い」。。完全な体重オーバーだな。それなりには走ってる

し、食べまくってるつもりも全くないのに、いつの間にか4kg(7%)も太ってる

らしい。体脂肪計を無視してたツケが回ってきた。レースを終えた直後の月

火は完全に気が緩んで、ポテトチップ4袋とか食べちゃったから、既に5kg

オーバーかな。ブタかよ。。(^^ゞ

    

さて、4月から8月まで5ヶ月間の自転車シーズンの最後を飾る乗鞍のヒル

クライムを終えると、再びランニングシーズンに戻ることになる。ここ数年の

規則的パターンだ。マジメに運動するようになってからの約6年を振り返って

みると、ランニングと自転車の違いはあるものの、大まかに見るなら最初の

3年は急上昇、次の2年は停滞、そしてこの1年は下降に転じてしまった (-_-;)

    

この1年の敗因を分析してみると、まず去年の秋に脚を痛めたのがつまづき

の始まり。その頃、想定外の出来事が連発して自転車にさっぱり乗らなくなっ

たのも大きかった。当然、走力が落ちて体重は増えるから、走行データを見る

のが嫌になる。例えば、ランニング1km5分のペースなんて、2年前ならお遊

びだったのに、今ではフツーになってしまった。。で、時々無理して頑張ると、

今度は故障が悪化するし、別の故障も生じる。他にも、ノロウィルス&インフル

エンザの連続攻撃とか、自転車の自損事故とか。。

    

まあでも、一番大きいのは時間だろう。仕事も忙しくなってるけど、ブログ(特

にドラマ記事関連)に膨大な時間を取られてるのが痛い。読者やYahoo!の

検索ロボットに評価してもらってるのは確かに嬉しい。でも、やっぱり時間配分

が歪んでしまってる。ランニングもそうだけど、自転車なんてのはマジメにやる

とものすごく時間がかかるもんだ。ここ1年間、ヒルクライムレースに2回出た

のを除くと、1度も山へ走りに行ってないし、ロング・ツーリングもゼロ。気持ち

の問題より時間の問題だ。週末とか、みんな走りまくってるもんなぁ。。

     

ただ、ブログの時間を走りに回せばいいっていう単純な問題でもない。ドラマ

記事が評価されてるからこそ、毎日多くの人が来てくれるわけだし、Yahoo!

におけるウチのブログ自体のランクも高くなってる。スポーツ記事で数千アクセ

ス集めたのは、千葉ちゃんのバージン記事しかないけど、ドラマ記事だとざら

にあるわけだ。そのおかげで、例えば先日のレース記事とか、その前の薬物

中毒記事なんてのも、Yahoo!のトップページに掲載されてアクセスを呼び込

むことになるわけだ。

      

ブログの評価やアクセスより自分の走りの方が重要だろ?と聞かれると、実

はそうでもない。私はいずれ、RUNやBIKEやドラマ以外についての情報発信

も本格的にやっていきたいと思ってるので、固定読者とかYahoo!のランクの

確保も重要なのだ。走りといい勝負、あるいはそれ以上かも知れない。そもそ

も、運動能力は年齢と共に落ちるのに対して、情報発信能力はいくらでも上昇

の余地がある。10年、20年っていう長い目で見ると、むしろ走りの方がオマケ

かも知れない。逆に、だからこそ今は走るっていう考えもあるけどね。。

    

という訳で、結論は出ない。今後も迷いつつ、自分にとっての落とし所を模索

することになるだろう。ま、今日の所はこの辺で。

ちなみにこの日は、軽く10km流しただけで、疲れよりも身体の重さを感じる

走りだった。いずれにせよ、これ以上太るのがマズイことだけは確か。。☆彡

    

 往路(1.15km)    7分35秒       平均心拍113

  1周(1.1km)     6分22秒              128

  2周            6分12秒               134

  3周            6分02秒              139

  4周            5分51秒             142

  5周            5分39秒             148

  6周            5分28秒             152

  7周            5分22秒             155

  復路            5分28秒             157

  計           53分58秒   139(最大心拍163 ゴール前の坂)

| | コメント (0)

『ホタルノヒカリ』第7話の『猿蟹合戦』をめぐる解釈

先日アップした『ホタルノヒカリ』第7話の記事のP.S.2に、私はこう書いた。

    

    エンドロールに珍しく「劇中使用書籍『猿蟹合戦』(講談社)」なんて

    文字があった。井川洗涯による、新・講談社の絵本シリーズのこの

    作品、原作を掲載してる雑誌『Kiss』とおなじ講談社だから気を使っ

    たのかね。

    ちなみにあの昔話は、今回のストーリーと関係ないお遊びだと思う。

    栗・蜂・臼を交えて激しく戦う猿と蟹を、マコトと高野の喩えと見るの

    は苦しいし、優華と蛍の喩えと見るのも苦しい。内心の葛藤としても

    無理がある。もっと斬新な発想があるかも知れないけど、時間切れ。

    

それに対して、読者の方から興味深いコメントを頂いた。要するに、猿蟹合戦

というのは横暴な夫に妻が反旗を翻したという寓話だから、蛍が部長に読んで

あげるのは嫌味っぽくて笑えた、というお話だ。

     

この指摘に、なるほど!と単純に感心したのなら、わざわざ記事なんて書く

ことはない。面白い指摘ですね♪と普通にレスしておしまいだ。そうじゃなくて、

むしろ引っかかったのだ。エッ、猿蟹合戦ってそうゆう話なの?、高野が横暴

な夫?って感じだったから、あれこれ調べたり考えたりすることになったわけ。

         

そもそも上の私の文章には、猿と蟹を高野部長(藤木直人)アホ宮=雨宮

蛍(綾瀬はるか)と見る解釈については触れてない。つまり、そうは見えなかっ

たのだ。前から書いてるように、表面的にいくら口ゲンカしようと、蛍と高野は

すごく親密な関係だ。上司・部下の関係以上、恋人未満って感じ。たとえて言

うと、あの言い争いは、ベッドの上で服を着たままイチャついてる2人の男女っ

て感じにしか見えなかった。バカップルみたいに、じゃれあってるだけだ。

    

それに対して、猿蟹合戦にそうゆう親密な雰囲気を感じたことはなかった。悪

い猿に対して、蟹が仲間の助太刀で仕返ししたんでしょって感じだ。だから、

猿&蟹と、高野&蛍を重ねるのは問題外だった。ただし、ひょっとしたら読み

が浅いだけかも知れないな、とは思ってたから、「もっと斬新な発想があるかも

知れないけど、時間切れ」と締めくくったわけ。実際あの記事は、時計の針を

見ながらダッシュで書いたもんね。。

    

さて、早速あれこれ検索して分かったことは2つ。『猿蟹合戦』は昔話だから

色んなヴァージョンがあるってことと、横暴な夫に反旗を翻す妻って解釈そ

ものはなかなか見当たらないってことだ。こうゆう時こそマニアック・レビュー

の出番。諦めたり流したりするどころか、逆にワクワクしてくる♪

       

ネットの情報には限界を感じたので、本屋に立ち寄ってみた。まず見つけた

のが、関敬吾編『一寸法師・さるかに合戦・浦島太郎 ~日本の昔ばなしⅢ』

(岩波書店)。全くスタンダードな岩波文庫で、何刷も重ねてるし初版も古い

(1957年)から信頼感も増す。早速立ち読みしてすぐ驚いた。さるかに合戦

の項目に、話が4つか5つ並んでるのだ! おまけに、猿と蟹だけじゃない。

よく覚えてないけど、猿と雉(きじ)とか、猿とかえるとかのヴァージョンが並ん

でる(下のP.S.2参照)。これこれ! こうゆうレベルの話を求めてたのよ☆

      

さらっと流し読みしたあと、今度は絵本コーナーをチェック。1冊だけ見つかっ

た。松谷みよ子・文,滝平二郎・絵『さるかに』(岩崎書店)。お母さんカニが

殺された直後、子ガニがたくさん出て来て仕返しするってヴァージョンで、カニ

の見た目があんまし好きじゃない私は顔をしかめてしまったけど、あとがきみ

たいな文章に、親向けの鋭い説明が書いてあった。要するに、さるかにとは

共同作業の非協力者が罰せられる話だってこと。なるほど!☆ 

    

つまり、代表的なヴァージョンの一つなら、サルが柿の種を拾って、カニが育

てて、サルが収穫するのが共同作業。それなのにサルが熟した柿を独り占め

して、青くて硬い柿をカニにぶつけたりすれば、非協力の最たるものだ。そう

言えば、岩波文庫に載ってた色んな話も、全てそうゆう構造になってた気が

する。「やられた後でやり返す」って部分が強調されるようになったのは江戸

時代以降とかいう話も、なるほどって感じだ。

ちなみに、これを書いた人は松谷じゃなかったけど、名前が思い出させない

から後で調べて書き足すつもり。。(P.S.3参照)

    

残念ながら蛍が持ってた絵本はまだ見てないけど、もう気にする必要はない

どうせ、部屋に入る時に「昔々ある所に、猿と蟹がいました」、追い返される時

に「ある日のことです。山道を散歩していると、猿が柿の種を拾いました」と言っ

てただけだ。機会があればチェックするけど、もう時間がない。とりあえず、結

論をまとめることにしよう。

    

スタッフがどこまで意識してたかは分からない。水橋文美江の脚本には無くて、

演出の吉野洋か誰かの思いつきにすぎないかも知れない。ただ、視聴者側で

蛍の行為をこう受け取ることは十分可能だ。

「部長、どうしてもっと私と仲良くしてくれないんですか? そんなに冷たい態度

で非協力的だと、猿蟹合戦みたいにお仕置きしちゃうぞ♪」

    

つまり、仲良く同居生活するって共同作業における非協力者(=サル)が高野

てこと。確かに、記事でも指摘してきたように、蛍が高野に好意を示して接近

してるのに対して、高野は必死に距離を保ってる。

一応、細かい難点も挙げとくと、カニと違って蛍には、冷たくされても仕方ない

部分があること。つまり、わざとじゃないにせよ、雨に濡れながら高野が傘を

持って走り回ってる時に、蛍はコンビニで立ち読みしてたわけだ。実際、蛍

は平身低頭でヘコヘコと看病してた。

まあでも、普通は女性が「リンゴでも切りますか」とか気を使ってくれたら、感

謝の言葉くらいはかけるもの。それ以外にも、大きく見れば高野の方が非協

力的なのは明らかだ。もちろん、それがいいことか悪いことかは別問題だし、

表面的にいくらモメても実際はどんどん親密になってるわけだけどね。。

     

で、猿蟹合戦の後、「高野・蛍合戦」はどうなったか。「部長はもっと他人に甘

えてみてもいいんじゃないかな」という蛍に対して、高野は「ただの上司と部下

だ」と冷たい応答。その後、手嶋マコト(加藤和樹)と携帯でお泊まりの約束を

した蛍が、高野のベッドにもぐりこんで予行練習。高野は優しく抱き寄せるどこ

ろか場所を空けてもくれず、「信じられん。キミは一体何を・・!」と激怒。これ

なんて、共同作業の代表例としての夫婦生活(もどき)に高野が非協力的な

ことを見事に表してる。

    

でもその直後、謝りに来た蛍に高野は甘えて、「リンゴをすりおろして絞った中

に、フランス産の蜂蜜を5gと、国産のレモンを2mmの輪切りにして2枚と半分

入れたジュース」を注文。さらに、苦戦してる蛍の所に来て手助け。その後は、

「干物空間」の中心である縁側で仲良く線香花火。この時、中央に置いたろう

そくを使って2人が花火に火をつける様子は、明らかに結婚披露宴そっくりだ。

各テーブルを回って2人でろうそくに火をつける作業。あれはウェディングケー

キ入刀と並ぶ、夫婦の共同作業の手始めだ。(できれば、ろうそくの下に何気

なくカレーパンを置いて欲しかったな・・♪)

    

こうして見ると、蛍の『猿蟹合戦』は見事な効果をあげたことになる。そもそも

あの絵本は高野の実家のものだから、幼い高野の心に染み込んでるはずだ。

それを蛍に呼び覚まされた高野は、無意識のうちに子ガニ・栗・蜂・臼とかの

お仕置きが怖くなって、蛍との共同作業=仲良しの同居生活に協力的になっ

わけだ。たかが昔話の絵本だから、効果は長続きしなかったけどね。。

    

という訳で、ドラマにちょっとだけ登場した一冊の絵本から、面白いレビュー

が1本書けた。ホントは、先日他界した河合隼雄の本くらいチェックするべき

なんだろうけど、もう時間がない。個人的にはこの程度でも十分満足だ。も

うすぐ第8話だしね。

考察のキッカケをくださった読者に深く感謝しつつ、それではこの辺で。。☆彡

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.横暴な夫と、反旗を翻した妻っていう猿蟹合戦の解釈は、1つの分か

    りやすいアレンジだろう。今はともかく、昔は夫の方がサルみたいに

    横暴なことが多かっただろうし、夫の方が妻より身体が大きくて身体

    能力も高い。柿の実をもぐための木登りは夫の方が得意なはずだし、

    1対1の争いも勝つことが多かったはずだ(過去形♪)。それに対して

    子供は、まるで子ガニ達のようにお母さんの味方をしがちなもの。夫

    と妻で、話のつじつまがちゃんと合ってる。

    ただし、「猿蟹」じゃなくて「猿雉」だと、この説明の説得力が無くなるの

    は確か。その意味で、本質的な解釈ではない。。

    

P.S.2 改めて岩波文庫をチェックしてみると、「さるときじ」「さるとふくがえ

      る(=ひきがえる)」「坊主と意味不明な存在」になってた。全て、共

      同作業の非協力者を罰する話になってるのは確定。

    

P.S.3 『さるかに』のあとがきを書いたのは堀尾青史。彼は「共同労働」と

      書いてて、確かに岩波文庫の話はすべてその通りだけど、ここで

      はもう少し意味を拡げて「共同作業」と書いておいた。

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

   安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

   本を読むこと、本を書くこと~『ホタルノヒカリ』第5話

   閉じられた空間での静寂なる接近~『ホタルノヒカリ』第6話

   乗り越えられないものは存在する~『ホタルノヒカリ』第7話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (2) | トラックバック (0)

乗鞍、レース直後の信州サイクリング♪

乗鞍のレース記事のオマケってことで、帰りのサイクリングの様子をまとめと

こう。乗鞍高原から乗鞍スーパー林道を奈川まで南下、境峠を越えて薮原ま

070828_gg_2 で行き、そこ

 から木曽路

 を北東に進

 んで塩尻駅

 に向かうコー

 スで、正確

 に測ってな

 いけど70

 km程度だと

 思う。上の

 グーグルアー

070828a スの図で見ると、

 左上の白い部分が

 乗鞍岳。そこの右

 側辺りが乗鞍高原

 で、そこから下の

 正方形で囲まれた

 薮原まで行き、右

 上の青い点の塩尻

 駅に進む逆三角形

070828b みたいな折れ線コースだ。ちなみ

 に左下の白い部分は御岳山、白

 線は長野県と岐阜県の境界だ。

 険しい山道を走ったようにも見え

 るけど、スーパー林道付近で標高

 差250m弱くらい、境峠(1486m)

 で標高差300m弱くらいを登るだ

 けで、後は基本的

 に緩い下りをラク

070828c に走るだけ。ツーリングっ

 て言うより、気楽なサイク

 リングって言葉の方が合っ

 てるだろう。左は高原地帯

 から山道に入る直前の橋

 から写した峡谷もどきで、

 ちょっとだけ高所恐怖症の

 私は見下ろして写真を撮る

 だけでビビってしまった。バ

 ンジージャンプなんてとんでも

 ない。。

070828d ここから疲れた脚

 でのんびり登って

 ると、自転車を載せ

 て帰る車が次々に

 横を通過して行く。

 毎年1人か2人は

 声をかけてくれて、

 今年も1人、四駆

 の助手席から身を

070828e 乗り出して「気を

 つけて♪」と声を

 かけてくれた。こ

 ちらも「どうも♪」

 と手をあげてニッ

 コリ挨拶。ちなみ

 に、左上の山の写

 真の白い雪(大雪

 渓)近くがレース

070827w のゴール地点で、あそこまで一

 気に上ることになる。さらに進ん

 でると1台の自転車が反対方向

 からやって来たのでお互いに挨

 拶。これはレースと関係ないサイ

 クリストで、毎年1人は見かける。

 その後、境峠の麓あたりの分岐

 点にある酒屋の自販機で缶コーラ

 を補給してすぐ再スタート。去年は

070828f_2 ここでロードに乗ったかなり

 年配の方と言葉を交わした

 んだけど、今年は誰とも会

 わなかった。

 約5kmトロトロ登ると、右側

 の草むらに隠れるようにして

 「ここは境峠」と書いた看板

 が見つかる。そのすぐ上が実

 際の峠(左写真)で、「木祖村」

 という標識と「木曽」という看板

 が置かれてて、峠らしい峠だ。

070828g その後、薮原駅近くまで田舎道を

 のんびり下って、R19(国道19号)

 を左に。緊張するのが、まもなく現

 れる鳥居トンネルの狭くて怖い歩道。

 初めての時は、大型トラックの風圧

 で壁にぶつかりそうになったほどだ。

 この国道はトラックが多くて路側帯

 が狭いからロードだと危ない。私は

 タイヤの太いクロスバイクだから、ほと

 んど歩道を走るので問題なし。歩行者

070827x_2 もほとんどいないので、サ

 イクリングロードみたいなも

 の♪ トンネルの後は、前

 から気になってた「奈良井

 木曽の大橋」の写真を2枚。

 木造で味のある橋で、山口の

 錦帯橋を思い出した。その先

070828h_3 の木曽楢川のセブ

 ンイレブンで軽く補

 給すると、塩尻まで

 は残り10kmほど。

 塩尻市の妙な看板

 でニヤッと笑った後、

 夕陽に浮かび上が

 る山々に別れを告

 げて、駅到着。あ

070828i とは輪行袋に自転

 車を入れて、JR

 1本でおしまい。

 あぁ~、やっぱ自

 然と触れ合うサイ

 クリングはいい

 なぁ♪ 多摩川や

 荒川や公園のコー

 スとは全然違うし、

070828j ジムのバイクなんて問題

 外。今回は初めて、にわか

 雨にも降られず、日差しも

 気温もほどほどで、ホント

 に気持ちよかった。

 またどっか、暇を見つけて

 走りに行こっと。房総がいい

 な。当分行ってないもんね。

    

070828k_2 ともかく、これで乗鞍関連はすべ

 て終了。あらためてもう一度。

   

 夏は終わったね。。☆彡

                     

  

  

  

  

  

070828l   

  

  

  

  

  

  

  

  

070828m

| | コメント (0)

マウンテンサイクリングin乗鞍2007

(25日)BIKE12.5km(26日)128.5km,レース心拍Av165,Mx172

終わった~~。。第22回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍は、快晴のもと

070827a で無事終了。でも記事を書き

 終えるまではホッと出来ない

 んだよな。疲れてるけどパワー

 を振り絞るとするか。。ちなみ

 に左は参加者用パンフレット。

 「NORIKURA」のロゴが新し

 くなったかな。

 以下の記事は「1.レース前

 日」、 「2.レース当日」の2

 部構成ってことで。

   

なお、自転車に詳しくない方のために補足しとくと、これは信州・乗鞍高原から

スタートして乗鞍岳近くまで登っていく国内最大級の自転車レース。参加者約

3500人で、コースのほぼ100%がヒルクライム(山登り)の厳しいレースだ

けど、かぶりもので走る人、ママチャリ、レース途中で写真を撮ってる人、色

んな楽しみ方ができるお祭りイベントでもある。。

      

        ☆           ☆            ☆

1.レース前日

070827 さて、今年で6年連続6回目となっ

 た乗鞍(中止1回も含む)。初回

 は2時間を切って喜んでたんだ

 けど、03年の悪天候中止を挟

 んで04年に一気に躍進☆ その

 後2回続けてほぼ同じタイムで、

 あと少しの所で1時間20分を切

 れない状況だ。このタイムはチャ

 ンピオンクラスの制限タイムで、

 参加者共通の一つの大きな目

070827c 安になってる。シーズン初めには今年

 こそ!と思ってたけど、仕事やブログ(特

 にドラマ記事関連)に追われて時間が無

 かったり、事故って前輪大破で捻挫した

 りで、ここまであんまし走りこめてない。

 だから、今年は期待してなかった。何し

 ろ、ツール・ド・美ヶ原以外にこの1年で

 全く山へ行ってないし、年間走行距離は

 僅か2500km程度 (^^ゞ いくらランニン

070827a2 グもやってるとはいえ、話になっ

 てない。唯一の頼みの綱は、一

 番重いギア(42×11)を回し続

 けて鍛えた太腿。何となく去年ま

 でより膨らんでるような気が

070827a3 する。レースも重

 めのギアで回し続

 ければひょっとし

 て、とは思ってた。

  

 到着が遅れたので、

 宿に着いたのは夕

 暮れ時。20人ほ

 どの仲間が夕食&

070827a4 ビールを楽しんでる所に混ざって、ペチャクチャ喋りつつのん

 びりお食事。今年はこれでも去年より人数が減ってるんだけ

 ど、新しい人もいて、そのうちの一人F・Mさんとはマニアック

 な会話を楽しめた♪ 自転車の具合までチェックしてもらった

 F・Mさん、ありがとう☆ 

   

食事の後、参加者用記念品をチェックすると、去年までとはかなり違ってる。

まずTシャツの代わりに緑のバッグ(写真4枚目)が入ってて、何に使うんだ

と話題になった。小物を入れて片方の肩から吊るすようだけど、どうせなら

ウエストポーチの方が良かったかな。でも、ワンパターン脱却の姿勢は一応

評価できる。(29日追記:トマトさんから、レース補給用の簡易バッグ「サコッ

シュ」だろうというご指摘。確かに! 分からなかったみんな、要反省☆)

    

続いて野川小学校の生徒さん達からのメッセージ(5枚目)と鶴(6枚目)

これは多分、美ヶ原の影響だろう。鶴は安全祈願ってことか。確かにタイム

より安全の方が大切だよな。大会運営にとっても。ともかく、地元のみんな、

ありがとう♪ HPもちゃんと見たからね!

あとは、大きなビニール袋が1枚。これはゴール地点まで運んでもらう荷物を

預ける際に使うんだろう。去年の神奈川マラソンで使ったし、今年の荒川マラ

ソンでも配ってた。

      

その後、夜の過ごし方はみなそれぞれ。私は寝不足が溜まってたので早め

にふとんに入ったけど、毎度お馴染み、なかなか寝付けない状況。実質的に

は3時間も寝てなくて、あとは目をつむって横になってただけだ。同じ部屋の

I さん、Sさん、Fさん(美ヶ原で同宿)、S先生はみんなグーグームニャムニャ♪

羨ましい。。

           

         ☆          ☆         ☆

2.レース当日

070827d2 朝は5時20分起床。これは宿の

 中ではかなり遅い方だった。

 焼けの写真を写しに庭へ出てみ

 ると、早くも2人、練習用のロー

 ラーを回してる! 参りましたって

 感じ。中心人物の I さんも昔はこ

 んな感じだったのに、今年なんて

 更に15分ほど2度寝してた (^^)

 朝飯は持参したものを適当に

 流し込むだけで、出発もみ

 んなバラバラ。そもそも、ク

070827e2_2 ラスによってスター

 ト時間が45分も

 違うから当然だ。

 私が会場に着いた

 のは自分のスター

 トの僅か10分前。

 宿から12分ほど

 登らなきゃならな

 い距離だからちょっ

070827f とあわてたのは確かだ (^^ゞ す

 ぐ I さんとTさんを発見して後ろ

 に並んでると、応援部隊の I ちゃ

 んがカメラを持ってやって来た。

 いつもニコニコ明るい I ちゃん、

 お目当ては旦那様のTさん

なんだろうけど、一応私も写真を撮ってもらった。後でメールで送ってね! 

ちなみに、私も携帯で後ろからパシャリ。左から、Tさん、I ちゃん、I さん。そ

の後、今回は出場しなかったT・Yさん、先輩のみぃちゃんと共に落選しちゃっ

たけど今後楽しみな I ・Kさん、F・Mさん(不参加)の見送りを受けて、いよい

よスタート。実際に正式スタート地点を通過したのは、20秒遅くらいかな。

ま、どうせ先頭争いするわけでもないし、自分の時計でタイム測るから関係

ないけどネ。

      

070829 (29日の追記:I・K

 さんが写真を送って

 くれたので、追加しと

 こう。左から、テンメ

 イ、I さん、Tさんだ。

 I さん、僕の雄姿の

 ジャマしないでネ♪)

       

                   

070827g さて、もともと

 さんは私から見て

 雲の上の人だった

 のに、今では同レ

 ベル♪ そこで、

 しばらくは後ろか

 ら付いて行くこと

 に決定。正式スター

 ト地点の横にいた

070827h レースクイーンを

 見た I さんが「今

 年はなかなかいい

 ですね」と言って

 来たから、「僕も

 そう思います」と

 返答。2人とも全

 然気合が入ってな

 い♪ 去年 I さ

070827i んがパンクした原

 因の、道の穴(ヒ

 ビ&陥没)を注意

 深く避けつつ、順

 調に少しずつ抜い

 て行く。最初の2

 分くらいは喋りな

 がらお遊びモード

 で走ってたけど、

070827j やがて集団がバラ

 けてスピードアッ

 プ。真面目に走る

 ようになったら、

 あっという間に心

 拍は170(実測

 最大心拍の92%)

 に達してた。スター

 ト5分後くらいで

070827k 試しに I さんの前

 に出ると、I さん

 の姿はすぐに見

 えなくなった(^^)v

 でも、私もいまい

 ちキレがない走り

 だ。ギアは確かに

 軽く感じるけど、

 回転が上がらない。

070827l 走りこみ不足、心

 肺能力低下に加え

 て、体重オーバー

 もある。実は私は

 ずっと体重を測っ

 てなくて、前日に

 宿の風呂場で測っ

 て驚いた。重くなっ

 てるとは思ってた

070827m けど、ベストを4kg(約7%)も上回っ

 てたとは! 道理でランニングがや

 たら遅いわけだ。。

 ともかく、中間地点で去年より1分以

 上遅れてたから、1時間20分切りは

早くも諦めモード。最初が辛い

070827n 美ヶ原とは違って

 乗鞍で辛いのは後

 半だ。一番キツイ

 箇所のガタガタ道

 は補修されてたけ

 ど、スピードは上

 がらない。脚が回

 らないから心拍も

 下がって、160

070827o 台前半に。ダンシング(立

 ちこぎ)も時々使うけど、

 なかなか続かない。去年

 より明らかにパワーダウン

 してる。

 焦りと落胆の中でそれなり

 に粘ってると、前方左側に

 目立つジャージのM・Yさん

 発。ウチにちょくちょく書き

 込んでくれる彼女、

 去年は躍進したけ

070827p ど、今年はやや苦

 戦してる感じだ。

 でも私も、声をか

 けつつ抜く時のキ

 レが全然ないから

 思わず「遅いよな」

 と自分に呟いた。

 気温は低いし風も

 ないし景色も抜群

070827q なのに、結局最後

 まで調子は上がら

 ず。ゴールは過去

 3年より2、3分

 遅れでガッカリ。。

 奥の荷物受け取り

 場所で上下アップ

 を着こんで、素晴

 らしい眺めを写真

070827r に撮りながら仲間

 を探してたんだけ

 ど、珍しく誰一人

 見つからない。

 んな事は初めてだ。

 今年からゴール地

 点の規制が厳しく

 なったせいで、去

 年までみたいにあ

070827s ちこちでまったりする雰囲

 気じゃなくなってたからか

 も知れない。いや、しっか

 りした運営で評価してるけ

 ど、お互いの写真を撮り合

 う機会が無くなったから、

 今回はテンメイの写真は無

 しになってしまった。後で I

 ちゃんか I ・Kさんが送って

 くれたら追加しよっと。仕方

 なく降り始めた所でようやく

後ろからFさんが声をかけて来た。お互いのパッとしないタイムに苦笑 ^^; 

その後、写真を撮りながら一人でのんびり降りてたらF・KさんF・Mさん

(旧 I ・Mさん)夫婦が仲良く通過していったので声をかける。久々のレース

のF・Mさんはダメだったようだけど、上り調子のF・Kさんはまた前進で、声

もはずんでた。夫婦仲も良さそうだし、羨ましい限り。。☆  邪魔するのも悪

いし、その後はまた一人で写真を撮りながらのんびり下山。コースのあちこ

ちに立ってるスタッフの方々に「ありがとうございました」と声をかけると、皆

さん「気をつけてね」「お疲れさま」と気持ちいい返事をくれる。スタッフに御

礼の言葉をかける選手の割合は、多分5人~10人に1人程度だと思うけど、

もうちょっと増えてもいいと思うけどね。個人スポーツのアスリートは内気な人

が多いのかな。。

       

下山後は記録用センサーを会場で返却した後、宿で帰り支度。自転車にサイ

ドスタンド・キャリア・ミラー・ベル・フラッシャーを取り付けるのが結構ダルイ。

日焼け止めもたっぷり塗って、バーベキューを楽しむみんなに別れを告げに

行く。I さん、I ちゃん、M・Kさん(去年の美ヶ原で一緒に爆走)が口々に「ちょっ

と食べて行けば」と言ってくれたので一口だけ頂いて、すぐ一人で宿を出発。

ここ数年、13時からの表彰式をチラッと見た後、乗鞍スーパー林道を南に

抜けて木曽路で塩尻までサイクリングするのが私の帰宅パターンだ。レース

後のこの信州サイクリング、上りもあってちょっとキツイけど、それ以上に何と

も気持ちいい☆ 誰か来年一緒に如何?♪

           

070827t 表彰式では I さんお気に入

 りのレースクイーンも撮影♪

 ピンクと白のコスチュームが

 すごくイイ! 細めの脚が好

 きな I さんは上のコの方が

 好きなんだろうけど、私は下

 のコの方がいいから2枚載せ

 とこっと。 ま、どっちも可愛

 いけどネ☆

 エッ、そんな事 どうでもいい?

 あっ、そう♪

    

070827u もう時間がないから、帰りの

 サイクリングについては明日

 の記事回そう。

 最後に振り返ると、やっぱり

 全然走りが足らないなってこ

 とに尽きる。やる気はあるし

 体調もボチボチだから、要す

 るに時間配分の問題だ。何

 かを削るか、それともこのま

 まで諦めるか。じっくり考えて

 みよう。ただ、間違いなく言え

070827z るのは、やっぱ自転車には朝

 型の生活の方がいいなってこ

 と。これがどうしても出来ない

 んだよなぁ。来年春からの自

 転車シーズンは、ちゃんと多

 摩川で朝ランやろっと!

 I さん、来年はもっとレベルの

 高い勝負しようね♪ 酒と女は

 控えめにしなきゃダメだよ!^^  

私もブログはほどほどにしなきゃ!

   

フーッ、やっと記事を書き終えた。これでようやくホッと一息。自転車シーズン

を終えて、ランニングシーズンに移るとしよう。まずは東京マラソンの抽選結

果待ち。落ちたら今年も青梅、いずれにせよ3月はまた荒川。

今年も最後は、やっぱこの一言で締めくくろう。

夏は終わったね。。☆彡

       

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

   マウンテンサイクリングin乗鞍2006

   乗鞍、レース直後の信州サイクリング♪

   マウンテンサイクリング in 乗鞍2008

   旅は道連れ・・乗鞍レース後の信州サイクリング♪

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ツール・ド・美ヶ原2005

   ツール・ド・美ヶ原2006

   ツール・ド・美ヶ原2007☆

    (注.昔の記事は、テンプレート交換のためにレイアウトがちょっと崩

     れてるので悪しからずご了承を・・)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

乗鞍前日の夕暮れ

乗鞍前日の夕暮れ
前日って言っても、今もうレースを終えて帰る途中なんだけどさ♪昨日、想定外の事が連発して携帯からのアップが出来なかったわけ。今日もパソコンからのアップは出来そうもないから、とりあえず日付の穴埋め記事ってことで。乗鞍はホント、景色もいいし涼しいし、自転車とか関係なくてもいい避暑地だと思うな。ではまた後で☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容師Y子、アラブで玉の輿に乗り損ねる♪

眠い。。もう寝ないとマズイけど、一応ちょっとだけY子ネタを書いとこうかな♪

今日は3ヶ月ぶりに駅前の美容室でパーマ。もう髪がウザくてウザくてどうしよ

うもなかったのに、なかなか時間が取れなかったのだ。仕事と運動とブログで

目一杯だもんね。。

    

「こんにちは♪」と挨拶してきた担当のY子は、全身黒づくめで「ヘアースタイリ

ストとお呼び!」って感じ。春からお店の格がアップしたせいで、何となく貫禄を

感じてしまう。あっ、一応ホメてるんだぞ、一応ね♪

余りにも私が来ないから、「値段が上がったから来ないのかと思いました」とか

言って来たのには苦笑した。前回の記事で、1.5倍もの値上げに触れたのが

記憶に残ってたようだ。その時に、キレイに見えたとか何とか書いといたことも

しっかり覚えてたみたい。そうゆうのは忘れていいぞ!

いや、マジメな話、3ヶ月も空いたのは忙しさだけの問題じゃないんだけど、ま、

いいか。。プロなら、誇りを持って考えてみてくれたまえ♪

       

さて、この日も前回同様、私の眠さもあってそれほど喋ってないんだけど、Y子

がドバイで遊んできたって話はちょっと面白かった。中東のアラブ首長国連邦

の首都。何でこの暑いのに、と思うけど、暑いのはあまり気にならないらしい。

乾燥してるから過ごしやすいんだろうと言ったら、都心部は日本以上に蒸し暑

かったって話。イスラム圏だけど、イスラム色は意外に薄いらしくて、ヨーロッパ

の観光客とか全く服装に無頓着とのこと。今ネットで調べると、その通りだった。

     

でも、残念ながらアラブの石油王に見初められる機会はなかったらしい♪

急激な原油高で、大金持ちが一段と増えてるはずなのにな。「向こうで人気あ

りそうだけど」と言うと、あまり嬉しくない様子 ^^ いや、確かにあんましホメて

ないけどネ。でも話としては、大金持ちの邸宅でしばらくお泊まりしたとかいう

方が面白かったな。バラに埋まったお風呂とか、セレブ達とのパーティーで凄

いことしちゃったとか。Y子、お客さんを楽しませるためにも、今度はその路線

で頼むよ♪

         

あっ、そうそう。業務連絡。お店のカードをそこで受け取り忘れたから、取っと

いて。前のプラスチックの奴ね。記念品として。

という訳で、超眠い中、Y子のために無理して軽い記事を1本書いといた。手

抜きだけど、読むの忘れてましたとか言うなよ! ではまた秋に。。♪☆彡

| | コメント (0)

乗り越えられないものは存在する~『ホタルノヒカリ』第7話

 どうして本当はキミを失いたくないって言わなかったんですか?

 今でも好きだって どうして言わなかったんですか?

 離婚したんだ

 エッ?

 キミには言ってなかったけど 正式に離婚した

 エッ・・・

 やり直すことはできなかった

 でも 部長は今でも・・・

 好きだからって 乗り越えられないこともある

 そうかな ホントに好きだったら乗り越えられるんじゃないかな

 部長は 頑張って乗り越えようとしなかっただけじゃないですか?

 キミに何が分かる 何も知らないくせに

 何も話してくれないからです

 話してどうなる? キミはただの部下だ

 私にとってキミは 何でもないただの同居人だ 早く手嶋の所に行け

 じゃあ どうしてあんな事言ったんですか?

   

         ☆          ☆          ☆

たかがキスで、冒頭から全国の皆さんに「すみません」とお詫びする雨宮蛍

(綾瀬はるか)。お泊まり終了後の来週は、ニヤけながら「本当に申し訳あり

ません」と土下座するスタートかな。ブログに細かい内容を書き込むなんての

もいい♪ ま、「お腹の肉問題」が片付けばの話だけどね。

今回のメディア向けサブタイトルは「腹肉が憎い!!干物女の痩身お泊りデー

ト」、タイトルバック直後のサブタイトルは「腹肉がニクイ!!干物女のお泊り

デート」。後者の方が多少マシだけど、どちらもドラマ中の蛍のすごい台詞「お

腹についた肉がニクイと言いますか」に注目したものだ。

     

腹肉だのお泊まりだの、そうゆうレベルで記事を書く気はしないけど、これだ

け強調されれば仕方ない。俗世間のためにちょっとだけコメントしとこう。いや、

私もかなりの俗物だけどさ♪

ハッキリ言って、今さら腹肉など関係ない。いや、腹肉ってものが全く関係ない

んじゃなくて、今となっては関係ないってことだ。つまり、手嶋マコト(加藤和樹)

はもう蛍の体型を服の上からさんざん見てるんだから、今さらお泊まりで腹肉

を見た所で関係ないってことだ。今どき、コルセットとかでウエストを思い切り

締め付けてゴマかしてるわけでもないだろうし、「お泊まり計画」も「干物式ダイ

エット」も全く不要。この辺り、女性にとっては大問題かも知れないし、男の立場

からもう少し細かく書いとこう。

     

そもそも一般論として、女よりも男の方が太めが好きだってことはある。各種

データから、これは間違いないことだろう。女が思うステキなプロポーションっ

ていうのは、男から見るとちょっと痩せ過ぎ。女がちょっと太めだと思ったら、

男にとってはちょうどいいのだ。これは多分、男はみんなマザコンだってことを

示すものだろう。

敢えて数字は書かないけど、例えば女がニクイと思うウエストのサイズがあっ

たとしよう。少なくとも彼氏ならそのウエストを見ても大して気にしないし、もっ

と少なくて聞こえのいい数字を思い描くものだ。体脂肪率なんてものの細かい

数値も、彼氏にとっては無関係。先日たまたま久しぶりに、個人的にお気に入

りのワースト番組『ロンドンハーツ』を見たら、夏のビーチでカップルを集めて、

そうゆう実験をやってた。ゲストはもちろん、ダイエットの(かつての)勝者、青

木さやか。話がちょっと逸れるけど、笑えたのが、テレビカメラと観衆の前で自

分のデータについてウソをつく女の子達♪ ま、可愛いウソだから許すとしよう。

結局、淳にバラされたしネ ^^

     

一般論に続いて、より具体的な話を書いとくと、ベッドの上では女の腹肉は目

立たないのだ。仰向けの体勢なら腹は凹んで見えるし、男の視線は腹よりも

上側に集中する。その他の体勢については、ウチの品格が下がりそうだから

省略しとこう。もう下がってる? あっそう♪ ともかく要するに、彼氏が今さら

ベッドで彼女の「お腹の肉問題」を乗り越えられないなんてことは、確率ゼロ

に近いはずだ。フツー、「明かりを消」してるだろうしネ。

    

もちろん、最後に大切な補足をしとく必要はあるだろう。付き合い始める前の

段階では、お腹は少しは関係あるかも知れない。ただしその場合でも、お腹

そのものより、お腹の肉の原因となった干物生活とか、お腹の肉から生じた

性格の変化や衣服の地味さの方が大きいはずだ。

という訳で、俗世間レベルの「お腹の肉問題」についてはこれにて終了としよう。

喋りすぎ? いや、眠いとペラペラお喋りになるのよ♪

      

          ☆           ☆           ☆

さて、ここからが本題だ。今回のドラマの「お腹の肉」というのは、もっと大きな

目で一般的かつ抽象的に見ると何だったのか。それは「乗り越えられないもの

は存在する」という「真理」を示す一例だったのだ。今回の記事のタイトルに選

んだこの言葉(or肯定形の存在命題)はもちろん、第一話の記事のタイトルに

使った高野部長(藤木直人)の言葉、「女というものは存在しない」(否定形の

存在命題)を意識したものだ。

若き理想論を前面に出してた蛍にとっても、「お腹の肉」そのものは、あるいは

干物生活は、乗り越えられないものだった。だからこそ、「お腹の肉問題」って

いう別レベルに持ち込んで乗り越えようとする。つまり、お腹の肉そのものは存

在しても、それを2人が障害と見なさなければいいってことだ。

    

「乗り越えられないもの」の別の例が、高野の別居&離婚問題。冷め切った夫

婦仲は、高野にとって乗り越えられないものだった。蛍の言うように、高野が

「頑張って乗り越えようとしなかっただけ」かも知れない。あるいは第5話で指摘

しといたように、高野のプライドや自己防衛本能が邪魔したのかも知れない。

でも、理由や事情はともかく、要するに高野には乗り越えられなかったのだ。

       

ドラマでは、他にも細かい例がたくさん提示されていた。ステキ女子=優華(国

仲涼子)にとって、マコトが蛍だけを見てる辛い状況は、今のところ乗り越えら

れない。だから山田姐さん(板谷由夏)の助言に従うようにして、糞ころがし=

に敗北宣言して諦めようとする。でも、マコトを好きな自分の気持ちをすぐ乗

り越えることもできないから、俺様=神宮司要(武田真治)に乗り換えることは

ない。つまり要にとっても、優華との距離は乗り越えられない。もちろん山田姐

さんも昔は、糞ころがし好きの空間プロデューサーとの距離を乗り越えられず

に2週間泣き続けたわけだ。(長いわ!♪)

    

さらに美奈子(浅見れいな)にとっては、って言うより多くの女性にとっては、

所潤平(渋江譲二)のデリカシーの無さがそうだろう。初めてのお泊まりで、元

カノ用に買ったハブラシを使えなんて言うようじゃ、美奈子が自分から言い出し

たお泊まりを即キャンセルするのも当然のこと。『メンズホタルノヒカリ』の豪徳

寺(丸山智己)でさえあきれてたほどで、職場の書類に「サイテー男!」と付箋

を付けられても自業自得だ。

     

もう一つオマケに、六本木のキャバクラ(?)「ピンクルビー」の各種問題も、S

Wビルドのリノベーションしたらどうにかなるかと思ったのに乗り越えられなかっ

た。おそらく、第2話の記事で指摘しといたように、パン屋の朝倉屋のリノベー

ションも経営不振を乗り越えられなくて困ってるだろう。客足が多少増えても、

50万円(プラス金利)の費用とリノベーション用に休業した分を上回るまで利

益を増やすのは大変なはずだ。

    

ちなみに、この一見くだらないピンクルビーの使い方あたりに、脚本家・水橋

文美江の知性がさり気なく表れてる。「乗り越えられないものは存在する」とい

うことを、「リノベーションは必ずしも成功しない」と言い換えて以前の話と結び

付けつつ、ドラマにありがちな余計な説明は一切入れない。その代わり、この

結びつきが見えない人も、イヤな客で蛍のお泊まり計画がますますダメになっ

たんだな、こうゆうムカつく時にダイエットなんてやってられないからビールだよ

な、とか納得できるように作られてるわけだ。

    

話を元に戻すと、乗り越えられないものが色々あった中で一番重要なのは、高

野にとっての「上司と部下の一線」だ二ツ木(安田顕)に言われなくても、この

一線はキープしないと社内的にすごくマズイし、マコトに対しても申し訳ない。だ

から、妻との離婚の話を始めとして、立ち入った話は蛍にはしないように心が

けるし、必死で蛍をダメな干物女と決め付けようとする。お泊まりに向かう蛍に

向けた「キミがいないと人生最高の時間を過ごせる・・・一生帰って来んな」なん

て言葉は、自分の気持ちを素直に認めたくない子供が言うようなセリフだった。

     

『プロポーズ大作戦』の健(山下智久)の場合は、礼(長澤まさみ)の結婚式に

なってやっと素直になれたけど、あれは単なる幼さの克服だったからわりと簡

単なお話。高野の場合は、年齢差や結婚経験以外にも、仕事の問題や社会

的常識が大きく関わってきて、下手すると「エンガチョ!」(=クソ野郎!)とか

呼ばれかねない。だから、蛍との一線は死守しようと頑張ってるわけだ。意識

的か無意識的かはともかくとして。

    

とは言うものの、蛍との同居生活はやっぱり居心地がいいから、なかなか同居

解消とまではいかない。つまり高野も、「干物空間」から脱出できない。この居

心地の良さを、ノスタルジック&ファンタジックに表現してたのが、あの線香花

火のシーンだ。

   「子供の頃、おばあちゃんちの縁側でよく花火をやったんですけど、

    私はこの線香花火が一番好きでした」

   「ああ、私も、バチバチうるさいのやどこをさまようか分からない

    ねずみ花火より、静かな線香花火が好きだった・・・

    今も好きだよ、この小さな光。見てるとホッとする」

     

まったりした共同生活の居心地の良さ、あるいはお互いの好意を、花火に喩え

て表してたこのシーンの最後、蛍はもっと直接的に好意を示す。「部長は私に

とってただの上司ではありません・・・私にとって、大切な同居人です」

高野もここでは、この気持ちをはねつけることは出来なかった。しばらく後、こ

の記事の冒頭に引用した場面で、蛍に激しく詰め寄られて初めて、「キミはた

だの部下だ。私にとってキミは、何でもないただの同居人だ。早く手嶋の所に

行け」とはねつけることになる。つまり、ギリギリで一線をキープしたわけだ。

    

高野の別居&離婚問題について、蛍は「部長は、頑張って、乗り越えようとし

なかっただけじゃないですか」と言ってた。でも、蛍&高野問題に関してはむし

ろ、部長は乗り越えないように頑張ってたのだ。残念ながらアホ宮には、この

高野の陰の努力が分からない。何しろ、100%なんて表示してる体脂肪計が

壊れてることさえ分からないんだから。。♪

     

冒頭の引用のラスト、蛍は「じゃあ、どうしてあんな事言ったんですか?」と強

く詰問した。公立高校の国語の入試問題に出そうなこの疑問形のセリフ、100

字以内で説明せよと言われたらどう書けばいいか。例えば、「もし部長にとっ

て、私がただの部下、ただの同居人なら、どうして私をかばうような言い方を

奥さんにしたのか。どうして私を分かってくれてるのか。それは、部長にとって

も私が大切な同居人だからでしょ?」と書けばマルがもらえるはずだ。

疑問形で返事を要求された高野の言葉は、前の「早く手嶋の所に行け」をわか

りやすく言い換えたものだった。「分かってもらいたい人は他にいるだろ・・・誰

よりも、手嶋に分かってもらいたいんじゃないのか」。

    

一見これは気の利いた言葉に感じるけど、それほど深いものではないし、蛍

との一線を乗り越えないための逃げの言葉でもある。つまり、蛍は今の所、手

嶋に一番分かってもらいたいんだけど、高野に分かってもらえることもすごく

嬉しい。また、もし高野が受け入れてくれるなら、手嶋との順位が入れ替わる

可能性も十分ある。そうした側面から無理やり目をそむけようと頑張ってるの

を暗示するのが高野の言葉だったのに、すっとぼけた蛍はそのまま受け止め

て、「ハッ」とか言いつつお泊まりに向かってしまった。

    

おそらく蛍には、既に「お泊まり」してしまってることさえ分かってないのだろう。

マコトより遥か先に、高野の実家にお泊まりしてること。マコトの1日前にベッド

も共にしてるし、しばらく前には裸の上半身にも触れたこと。高野が必死で欲

望に打ち勝って、蛍をベッドから追い出したこと。ドラマの最後、蛍&マコトの抱

擁シーンに至るまで、高野の言葉は切なく響き続けていた。

「キミに何が分かる? 何も知らないくせに」。。。

    

          ☆          ☆          ☆

さて、今後の展開について。これがノンフィクションなら、蛍とマコトのハッピー

エンドも十分あり得るだろう。幸せに暮らす蛍が、数年後に高野と再会。「実

はあの時、私は・・」「オレだってホントは・・」って感じで、昔を懐かしみつつ笑

い飛ばして過去のものにするって感じだ。

    

でも、これはフィクションだ。作り話の文法から考えて、蛍&マコトはもうあり得

ない。私は相変わらず、原作は第3巻の最初までしか読んでないし、ネットに

はびこるネタバレもシャットアウトしてるけど、原作がどうであれ、蛍とマコトが

幸せに暮らしましたとさ、なんて流れのドラマじゃないのだ。考えは最初から全

く変わらない。マコトは部外者、よそ者、お客さんにすぎない。一方の高野も、

男というより縁側的存在だ。蛍が昔から愛し続けるのは縁側の小さな光、ある

いは干物空間だから、蛍&高野は最後まで仲良し程度に留まるだろう。高野

は縁側の蛍の光的な存在のまま、ドラマの『蛍の光』=お別れを迎えるわけだ。

    

いつものように、こう補足しとこう。もしこの予想が外れても、私が間違ったわ

けじゃない。ドラマが間違ってるのだ。終わり方を間違ったドラマの『クロサギ』

は、続編を作ることになった。『ホタル』はそこまで人気がないから、間違うとも

う取り返しがつかない。スタッフさん、その点を注意してキレイに終わらせてネ♪

    

という訳で、今週は終了。ちょっと手抜き気味だけど、大切な自転車レース直

前にこれだけ頑張って書いた自分には、ご褒美として宇治金時・練乳がけを

プレゼントしよう♪

いや、ホントは誰か、「リンゴをすりおろして絞った中に、フランス産の蜂蜜を

5gと、国産のレモンを2mmの輪切りにして2枚と半分入れたジュース」でも

作ってくれると嬉しいんだけどな。

だって、飲みたいもん。甘えたいもん♪

ほんじゃ、また来週。。☆彡

    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「乗り越えられないものは存在する」というのは認識として正しいが、

    生き方として正しいかどうかは全くの別問題だ。もちろん場合によって

    は、「大丈夫。きっと何でも乗り越えられる」と思う方が正しいだろう。

    その意味で、今回のラストの蛍&マコトは決して「間違ってた」わけじゃ

    ない。虚偽や誤謬は、しばしば真実以上の働きをするものだ。。

    

P.S.2 エンドロールに珍しく「劇中使用書籍『猿蟹合戦』(講談社)」なんて

      文字があった。井川洗涯による、新・講談社の絵本シリーズのこの

      作品、原作を掲載してる雑誌『Kiss』とおなじ講談社だから気を使っ

      たのかね。

      ちなみにあの昔話は、今回のストーリーと関係ないお遊びだと思う。

      栗・蜂・臼を交えて激しく戦う猿と蟹を、マコトと高野の喩えと見るの

      は苦しいし、優華と蛍の喩えと見るのも苦しい。内心の葛藤としても

      無理がある。もっと斬新な発想があるかも知れないけど、時間切れ。

       (29日追記:新たに考察して書いた次の記事を参照。

        『ホタルノヒカリ』第7話の『猿蟹合戦』をめぐる解釈

    

P.S.3 下ネタが目立つ今週のスピンオフ(派生作品or外伝)『メンズホタル

      ノヒカリ』第7夜。ソクラテス=沢木瞬(渡部豪太)の表情や喋り方が、

      キムタク=木村拓哉を意識してるように見えたのは気のせいか。案

      外、いずれ大ブレークしたりして。。♪

    

P.S.4 今回の演出は吉野洋。やっぱ面白さでは南雲聖一が上か。。

    

P.S.5 aikoの主題歌『横顔』が、ドラマ第七夜に合わせて発売。CMを見る

      と、aikoも蛍(&高野)と同じチョンマゲなのね。最初は「まあまあ」っ

      て程度だったこの曲も、今ではかなり馴染んできた。こうなると、もう

      すぐドラマは終了ってことなんだよな。

      淋しいような、ラクできて嬉しいような。。☆彡

   

P.S.6 もはや高齢者となった欽ちゃんの、日テレ・24時間マラソン。アホ宮

      には3分しか続かないことだから偉業だけど、市民ランナーの端くれ

      として、歩いてばかりじゃなくてもうちょっと走ってほしかったと思うの

      は酷な要求か。あるいは無い物ねだりか。

      ま、視聴率的には大成功だし、視聴質的にも成功なんだろうけどね。。

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

   安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

   本を読むこと、本を書くこと~『ホタルノヒカリ』第5話

   閉じられた空間での静寂なる接近~『ホタルノヒカリ』第6話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (12) | トラックバック (4)

いざ乗鞍!最後は軽いランニング☆

(23日)RUN10km,57分01秒,心拍Av133

終わった~♪ 乗鞍前、最後の走りは軽いランニング。鼻歌気分で問題なく

終わらせて、あとは心身の超回復を待つだけ。まずは、めでたし、めでたし。

    

この日は本当は朝ランにする予定だった。大きなレースの前は、基本的に丸

3日身体を休ませるようにしてるからだ。レースは日曜朝だから、木曜朝で最

後にしときたい。ってことで、前日の朝ラン&夜ジムの疲れにも負けずにちゃ

んと早起きしたのに、珍しく雨がポツリポツリ。最初は傘ランしようかと思った

けど、少し強くなってきたし脚の疲れもかなり感じたから、夜に回すことにした。

ま、どうせ軽く10km走るだけだから、朝でも夜でも大した問題じゃない。

       

ただし、ちょっと気になる問題が他にあった。左の靴のかかと部分に入ってる

硬い樹脂が歪んでしまって、足のくるぶし下あたりをこするようになってたのだ。

気付いたのは日曜のハーフの後で、ソックスを脱ぐと皮がめくれて血が滲んで

た。ま、扱いがかなり悪かったから自業自得だ。よく踏んづけたりしてたもんな。

水曜のジムの往復もかなり痛かったから、この日は左足だけソックスを2枚に

して、傷口にはクリームを多めに塗ってスタート。問題なく走れて、ラッキーって

感じ♪ ダメだったら、靴を買い換えなきゃなんない所だった。金もかかるけど、

むしろ時間の方がもったいない。

        

靴はランナーグッズで圧倒的に大切なものだから、もし買うとなるとかなり時間

かけるハメになってた。ちなみに今の靴は、去年の荒川直前に少しでもタイ

ムを縮めようとして買ったもの。足よりほんの少し大きかったし、値段も高め

(買値で13000円以上)だったけど、試しに購入。ところが結果は、まさかま

さかの惨敗。。^^; ま、靴のせいじゃないだろうけどね。。

    

ともかく、靴さえ問題なければ、10kmの軽いランニングなんて何ともない。

おまけにこの日は久しぶりに暑さが緩んでたから、かなり快適だった。ま、さ

すがに足腰は重いけど、負荷をタップリかけた直後だから当たり前のこと。

超回復の前の、生みの苦しみってやつだろう♪ タイムは1時間切れば十分

だと思ってたのに、57分で終了。帰宅後は毎度お馴染み、冷たい物の暴飲

暴食。ちなみにこの日は、カルピス1Lと宇治金時練乳がけアイス2本♪ あっ、

その後のコーラは別腹ね☆

   

さあ、後は自転車の注油と、キャリア、ベルその他の不用品はずし、さらに

荷物を準備して終了。天気もまったく問題なさそうだ。気温の高さがちょっと

気になるけど、標高が高いし朝だから大丈夫だろう。ヒルクライム(坂登り)

だから、ゴール地点は寒いくらいだもんね。

あ~、せめて自己最高タイムの更新くらいはしたいんだけど、今年の状況じゃ

無理かな。とにかく、少し重めのギアを全力で回し切ることに専念しよう。

自転車シーズンの最後を飾る乗鞍、いい走りができますように♪☆彡

   

 往路(1.15km)    7分37秒       平均心拍113

  1周(1.1km)     6分34秒              134

  2周            6分25秒               129

  3周            6分33秒              133

  4周            6分17秒             135

  5周            6分01秒             138

  6周            5分51秒             142

  7周            5分45秒             145

  復路            5分59秒             142

  計           57分01秒       145(最大心拍 測定エラー)

| | コメント (2)

乗鞍前、最後の追い込みは朝ラン&夜ジム

(22日)RUN5km ; BIKE89.2km(朝+夜)

乗鞍4日前、追い込み無事終了♪ この日も寝不足なのにちゃんと夜明け前

に起床、朝ランでグリグリ重いギアを回して、夜はジムでハーハーゼーゼー。

予定通り、最後に2種類の負荷をかけることができた。そこそこの満足感♪

    

070823 この日は実質的に

 乗鞍前の最後の走

 りだから、もう眠

 いとか疲れたとか

 関係なし。まず、

 早朝の多摩川でキ

 レイな朝日を拝ん

 だ。最近、夜の公

 園ばかりで写メを

070823c 撮ってなかったか

 ら、あちこちで数

 枚パシャパシャ。

 私以外にも、ラン

 ナーとサイクリス

 トが1人ずつ写真

 を撮っていた。そ

 の後はマジメに、

 一番重いギア(42

 ×11)を回して

 国立折返しを目指

す。風は前日と同じく、横風気味の緩い向かい風。眠いし疲れてるし、夜もジ

ムに行く予定だったので、時速27kmくらいで回す。っていうか、踏み込む。

    

すると、多摩水道橋向こうのクランク(Uターン2回連続で土手と河川敷をつな

ぐ場所)でロードバイク(orロードレーサー)発見。チラっと目が合った瞬間、逃

げ始めたので、当然追いかける。みんな好きだねぇ、追いかけっこ♪ たかが

30kmくらいだけど、疲れた脚で向かい風だとちょっとだけダルイ。それでも余

裕を持って追いかけてると、時速28kmくらいにダウンしたのであっさりパス。

すると今度は、後ろから付いて来た。みんな同じこと考えるよなぁ。。(^^ゞ

        

太腿に負荷をかけるのが目的だから、別に引き離すつもりもない。そのまま

30kmくらいで引っ張ってると、府中四谷橋手前で急にダッシュして抜いて行っ

た。過去の経験上、こうゆうのが長続きすることはほとんど無い。ラストスパー

トにせよ、インターバルにせよ、こうゆうスピードアップは大抵一時的なものだ。

実際、マイペースを保ってると案の定、セブンイレブン向こうで減速してたの

で再度パス。今度は付いて来なかった。全く読み通り。

    

070823d その後は前日同様、折返し~関戸橋を

 1往復して、セブンイレブンで補給。珍

 しく、『爽』の温州みかんヨーグルト味な

 んてものがあったから早速チャレンジ。

 適度にすっぱくて美味しかった♪ そう

してる間にも、気温も太陽もグングン

上昇していくので、早めに再スタート。しばらくすると、時々見かける特徴ある

ジャージのロードが抜いて行ったので、追走。33~34kmくらいでしばらく引っ

張ってもらった。この時の心拍は160くらいだから、やっぱり先日の公園バト

ルの方がハイレベル。あれは息が切れたもんな。。

       

さて、このロードは多摩水道橋の北側でインターバル・トレーニングをやってる

らしくて、ダッシュした後で休憩し始めたので心の中でさよなら。また会おうネ♪

朝ランは結局、69.7km,Av27.5,心拍Av144早朝なのに暑かった。。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってことで帰宅後は1日仕事、さらに夜から久々のジムだったんだけど、もう時

間がない。締め切り間際に駆け込んで、すぐバイクをクルクル回す。夜は心肺

能力の強化とペダリング練習。軽い負荷(180w)から意外なほど順調に上げ

て行ったのはいいとして、予想以上だったのは暑さ! 汗がボタボタと吹き出

して、拭いても拭いても止まらない。最後の辺りは、背中が異常に熱くなって、

負荷を上げれなくなってしまった。どうも、連日の朝ランで紫外線を受けたせい

らしい。白いシャツが紫外線をよく透過してしまうのをウッカリしてた。呼吸も心

拍もまだまだ余裕だったのに、残念だな。。

   

まあそれでも、疲れきった状態にもかかわらず、精神的にはかなり追い込ん

だからよしとしよう。結局ジムのバイクの内容は次の通り。

19.5km,454kcal,心拍Av150

175w(毎分90回転)×7分,180w(85~90)×5,200(同)×10,

210(同)×14,150(60~75)×1

   

さあ、あとは軽いジョグで完全に終了だ。最後まで気を抜かないようにしよう。

ちょっと緊張してきたかも。。☆彡

| | コメント (2)

乗鞍5日前、ようやく多摩川復帰・・

(21日)BIKE70.6km,Av26.9,心拍Av142

070821 25日ぶりの多

 川! 歩道の自損

 事故なんていう信

 じられない凡ミス

 で、悲惨な夏になっ

 てしまった。もは

 や乗鞍まで5日。

 時すでに遅しか。

     

さて、前夜の公園周回を40kmに留めといたのは、翌朝すぐに多摩川へ行く

つもりだったから。もともと疲れてるのに、礼儀正しいロード君とのバトルから

僅か6時間しか経ってないから、当然足腰は重い。でも別にいいのだ。火水

は最後の負荷をかければいいだけだから、スピードとか心地良さとか関係な

い。頑張るとかガマンするとか、そうゆう問題だ。そうそう、昨日のロード君と

のバトル話は予想以上の人が関心を持ってくれたようだ。やっぱ自転車好き

はバトル好きが多いのかネ。私もそうだけどさ♪

    

ところで、最大の難関の早起きは意外にスムーズ。流石にここに来て眠いと

か言ってる場合じゃない、とか書くとカッコつけすぎかな。ま、短時間睡眠なの

にすんなり起きれたわけ。朝ランとはいえ、約1ヶ月ぶりに熱い日差しを受け

て走るんだから、お肌の弱い私としては日焼け止めが必要。そうしないと、後

でヒリヒリして眠れなくなってしまう、と先日の大先輩Oさんも同じ事を言ってた。

さらに蚊と互角に闘ったあと、ちょっと不安に思いつつ多摩川へ。いや、自転

車で幹線道路を走るのが怖いわけよ。何しろ歩道で事故ったくらいだから ^^;

    

朝っていうのは、なまじ道が空いてるから、トラックや一般車が結構飛ばして

て危ないんだけど、何とか無事に多摩川到着。でも実はサイクリングロードも

ちょっと怖い。左手の捻挫はほぼ治ったとはいえ、とっさに強い力とかひねる

動きとか加わるとグキッと痛む状況だ。いつも以上に安全運転。ギアは最初

から最後まで一番重い42×11。私は1年の半分以上はランナーだから、フ

ツーのサイクリストよりも遥かに自転車に乗る時間が短くて、太腿がイマイチ

発達してない。そこを集中的に強化しようって考え。そもそも、この1年で山に

行ったのは美ヶ原だけ。こんなんで乗鞍1時間20分切りを狙うなんてのは、

かなりずうずうしいかも♪

    

ま、そうゆう訳で、クソ重いギアをグリグリ回して国立折返し到着。なぜか自

転車が少ないのは、暑いからかね。折返しから関戸橋まで1往復追加して、

写メを撮ってセブンイレブン♪ すっかりクセになっちゃったよな。この日の

アイスは定番中の定番、『爽』のバニラ。やっぱこれは名作だ☆ ドリンクも

補充して、あとは暑い中を重いギアでひたすらグリグリ帰宅。朝なのに、帰

宅時には30度を超えてたと思う。日焼け止め塗ってて良かった。。

    

さあ、頑張るのはあと1日だけ。もうサボることはあり得ない。グリグリ回して、

ハーハーゼーゼー追い込んで終了の予定。最後の力を振り絞ろう!

| | コメント (0)

公園でバトルしたロード君、こちらこそありがとう♪

(20日)BIKE41km,Av26.9,心拍Av141

熱かった~、気温もバトルも♪ いやいや、まさか公園のサイクリングコース

でバトルをするハメになるとは思わなかったな。やってる最中はキツかったけ

ど、終わってみればすごく爽やかだった。。☆

    

さて、この日も時間が無かったので、多摩川復帰は出来ず。公園で手っ取り

早く40kmだけ走ることに。距離だけ見ると論外だけど、前から書いてるよう

に、ここはかなり質の高い走りになる。上りと下りが半々で、上りでハーハー

頑張って、下りは危ないから流すって感じ。要するに、インターバル・トレーニ

ングみたいなもんなのだ。たかが公園の上りといえども、心拍も呼吸も脚も

正直に反応する。やっぱり、どうしても平地とは違ってくるわけで、おそらくこれ

は、平地で頑張るとスピードが出過ぎて危ないからだろう。自然に身体がセー

ブしてしまうわけだ。上りはいくら頑張ってもスピードは知れてるもんね。

         

で、この日は珍しく夜21時過ぎのスタート。この時間帯だとまだムッとするよう

な暑さで、ランニングだとあり得ないけど、自転車なら許容範囲かなと思った

わけ。ところが最初から汗が流れるし、人も多くて不規則な動きをしてるし、か

なり走りにくい。ま、明け方と比べる方がおかしいか。ともかく、疲れもあるし、

少し低めのスピードで余裕を持って走ってた。

    

それが、途中でロードバイク(or ロードレーサー)を抜いた直後に激変。後ろ

に付かれてしまった。上りで軽く振り切れるだろうと思ったのに、ピッタリ付い

て来て、お得意のダンシング(立ちこぎ)でもダメ。ほんじゃ前に行けよとスピー

ドを落としても前に行かない。10mほど右後ろの模範的な位置をキープして

るのだ。これだと、バックミラーに映るし危なくないし、風よけに使われてるわ

けでもない。私自身もバトルではこの位置を基本にしてる。

   

ただ、もうちょっとコンディションのいい時に来てくれよな、とか内心思いながら、

ミラーで相手のヘッドライトを確認しつつハイペースを維持。1周ごとの記録を

後で確認すると、Av(平均時速)27kmで走ってたのが29kmになったって感

じ。これは多摩川だと33~34kmくらいの感覚だと思う。実際、心拍は163

(最大心拍の約90%)まで上がった。まさか公園でこんなことになるとは。。     

    

で、そのまま最後まで行くかと思ったら、意外な結末となった。私の自転車か

ら何か金属の部品が落下して音が鳴ったので、ストップして探すハメになった

のだ。追突されないようにバックミラーを見ながらゆっくり停止。すると何と、

ロードが抜き際に、息を切らしながら「ありがとうございました」とお礼の言葉

をかけてくれた♪ こんな経験は一度もないし、あまりに意外で言葉を返せな

かったので、次の周回まで待って挨拶を返そうと思ったのに、残念ながらもう

回って来なかった。かなり疲れたってことかな。。

    

後ろへの付き方は模範的だし、ちゃんと安全を考えてメリハリつけた運転して

たし、お礼の言葉までかけてくれたし、非常に後味が爽やかで、寝るまで気分

が良かった。学生っぽく見えたから、ロード君でいいかな。こちらこそいい刺激

になりました。どうもありがとう。今度はちゃんと先頭交替して仲良く走ろうネ☆

               

ちなみに、私が落としたのは、サイドスタンドの固定金具とボルト1本。ヘッド

ライトで10分ほど探し回って、運よく発見できた。ホント、色んな事が起きる

よな。これを暗がりで苦労してハメ直した後は、残りの周回をほどほどのス

ピードで終わらせて、帰宅。冷たい物の暴飲暴食しながら、録画してた欽ちゃ

んの24時間マラソンの特集番組をのんびり見たってわけ。

    

さあ、乗鞍まであと火水木と走るだけ。木曜は軽いランニングだから、頑張

るのは火水の2日だけになった。もう言い訳無用。時間の問題はあるけど、

絶対に走り抜こう!

| | コメント (0)

2日サボった天罰か・・雨粒&大崩れ・・

(19日)RUN21.1km,1時間51分32秒,心拍Av155

誰か『サライ』を歌ってくれぇ~! 『負けないで』でもいいけどさ♪ どうして

有名人が頑張る時だけみんな応援したり涙流したりして、一般人だと無視な

のかね。そりゃ当然か。。格差社会のひずみはこんな所にも表れてるわけネ。

ま、実力の違いとも言うけど。。

    

さて無意味なボヤキはともかく、何とこの大事な時期に2日も休んでしまった ^^;

いやぁ、休む気はなかったんだけど、色んなスケジュールがどんどん後ろにズレ

こんでって、最後は時間が無くなったって感じ。やる気は全然あったのになぁ。。

という訳でせめてナイトランで粘ろうと思って、24時間テレビの欽ちゃんのマラ

ソンを見終わった直後、久しぶりに多摩川に復帰するつもりだった。事故以来

初めてってことで、準備万端、各種の天気予報も確認していざスタートしようと

思ったら、ポツリポツリと雨粒! エーッ、雨は明け方じゃなかったの?

    

雨雲が広がって来てるのは知ってたから、即座に自転車を諦めてランニング

に変更。自転車は70kmくらい走る予定だったから、ランニングならハーフを

走る必要がある。私の場合、自転車とランニングの距離の換算比率は、3.5

対1って感じだ。このクソ蒸し暑いのに傘ランかよ! ブツブツ。。

    

まあ、猛暑は一段落したし、走りこんだ後に2日休んでるから、かなり余裕は

あるはずだ。久々にちょっとペースを上げてみようかな。な~んて思ったのが

超甘い判断。走ってみたら脚が重いし、蒸し暑さは腹が立つほど。おまけに、

運がいいと言うか悪いと言うか、すぐ雨が止んでしまって、傘は単なる邪魔者

になってしまった。ちょっと重いバトンを持って走る感じだ。こんな事なら自転

車にすれば良かったと思っても後の祭り。。

     

結局、後半に大崩れでかなりひどい走りになってしまった。納得いかないなぁ。

どうしてだろ。右のふくらはぎもかなり良くなってるし、自転車は確実にレベル

アップしてるのにな。やっぱ2日サボった天罰か。ま、この時期は毎年ハーフ

2時間くらいまで大崩れしてるから、こんなもんかね。夏のランニングは向い

てないことを再確認。

ともかく、もうここからは休めないから、木曜の軽い調整まで一気に走りぬけ

よう。ちなみに、帰宅した頃には空がゴロゴロ鳴り始めてたから、やっぱり自

転車で多摩川は止めて正解だった。

        

それにしても、『サライ』のリフレインってしばらく残るよなぁ。 

「サクラ吹雪の サライの空へ いつか帰る その時まで 夢はすてない・・・」

自分一人で歌うと、ちょっと淋しいぞ。。(^^ゞ

     

  往路(2.45km)     13分22秒         平均心拍128 

  1周(2.14km)     10分47秒                148

  2周              10分52秒               155        

  3周             10分46秒               158            

  4周              10分53秒               162          

  5周              11分10秒               162        

  6周              11分30秒               160          

  7周              11分48秒               160          

  8周(1.22km)        7分42秒(給水・水浴び込み)   161

 復路               12分43秒               160        

  計 21.1km  1時間51分32秒      155(最大心拍173,ゴール時) 

| | コメント (0)

南の島から残暑見舞い♪

070819_2   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

フーッ・・・猛暑が一段落してホッと一息♪ 7月末まで梅雨が長引いて涼しかっ

たのに、一気に記録的な暑さになったのには参った。。でももう8月下旬か。

ちょっと淋しい気もするな。あ~、南の島に行きたい! まだ夏休みはこれか

らなんだけど、ちょっと無理だろうなぁ。海外って企画もあるんだけどさ。。

この写真も、JALグループのJTA(日本トランスオーシャン航空)が運営する素

晴らしい沖縄紹介サイト、「美ら島物語」で無料配布してる壁紙の1枚(photo by

moriko)。「びらしま」とか読んじゃダメよ! 前にも書いたけど、この海のエメラ

ルドグリーンが、私の自転車ビアンキの色(チェレステ=空色)の原点だし、ブ

ログの全体的色調でもある。故郷の瀬戸内海が一番キレイな時のイメージね。

ちょっと美化しすぎかも♪

著作権は小文字の英語1行だけだし、ブログの壁紙ってことで大目に見てもら

おう。JTAさん、また飛行機使うからよろしくネ☆彡

| | コメント (0)

閉じられた空間での静寂なる接近~『ホタルノヒカリ』第6話

 何か 変な感じ 

 手嶋さんがウチの縁側にいるなんて 考えたこともなかったから

 いい縁側ですね 

 ホント?♪

 何か のんびり出来るっていうか 

 そうなんです ここで1日の終わりに缶ビールを飲むと

 すっごい美味いんです

 分かります・・・そうか ここが雨宮さんが元気を取り戻す場所なんだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 同居人のおタカさんに よろしくお伝えください

 ハイ

 部長にもお詫びしなきゃ

 ハイ

 突然押しかけて すみませんでした

 いえ 気にしないでください

      

        ☆          ☆          ☆

このドラマ、初回のタイトルバック直後にいきなり奇妙なセリフがあった。それ

については既に解説済みだけど、今回のタイトルバック直後にもまたかなり

奇妙なものが出現した。セリフじゃなくて、人間というか行動というかシーンと

いうか。干物女=雨宮蛍(綾瀬はるか)手嶋マコト(加藤和樹)の初デートに、

俺様=神宮司要(武田真司)が乱入したのだ。中学生や高校生ならまだ分か

る。でも要は30歳、蛍とマコトは20代前半で、全員社会人だ。これだけ奇妙

なものを目にすると、考えることは二つしかない。脚本に問題があるか、解釈

=改釈を要求されてるかだ。

ところで、初回の記事から書いて来たように、脚本家・水橋文美江はかなり優

秀な頭脳の持ち主だと思う(視聴率は別として)。すると、問われてるのはこち

らの能力だ。面白い。じゃあ、大胆に解釈or改釈してみせよう♪

    

まず、映像的に目立ってた遊園地(日テレと同じ読売グループのよみうりランド

に着目しよう。彼らが乗ってたのは、2人乗り空中自転車(スカイサイクル)、

ジェットコースター(バンデット)、ゴーカート(おそらくファミリーコース)。他にも、

大観覧車やメリーゴーランドが映ってた。これらに共通するのは、円形の軌道

に沿った乗り物だということだ。正確には円というより輪(ループ)だけど、そん

な事は枝葉の問題にすぎない。

    

どうして遊園地の乗り物には円形が多いのか。それは、限られた領域(=敷地)

で滑らかに動き続けるのに都合がいいから。そして、動きの変化(様々な加速

度)を楽しめるからだ。ちなみに、私が普段走ってる公園のコースも円形だし、

陸上競技、競馬、競輪、カーレース、すべてそうなってる。永遠に続く命の輪廻

という発想もちょっと似たものだろう。

    

個々の乗り物の円形軌道にせよ、それらを含む遊園地全体の敷地にせよ、

じられた「空間」(3次元とは限らない)の中で、滑らかな動きの連続やその

変化を楽しめるようになっている。それに対して、両端のある軌道に沿って動

く乗り物の場合、端まで行くと一瞬止まらないといけないし、後半の動きは前

半の動きを逆にしたものになって、変化が大幅に制限されてしまう。

       

さて、この記事はもちろん、遊園地レビューじゃなくてドラマレビュー♪ だか

ら、上に書いたのは全てドラマの本質に関わる話だ。つまり、『ホタルノヒカリ』

というドラマは、閉じられた空間を中心に据えて展開されているってこと。縁側

と庭の周囲、つまり温かくて儚い小さな「蛍の光」周辺に展開されているってだ

けなら当たり前。でも、そこを深く読み込もうとしてるわけよ。

    

この空間は広い意味で「縁側」と呼べるものだけど、誤解を避けるためにとり

あえず「干物空間」と呼ぶことにしよう。干物空間が閉じられてるとは、どうゆう

ことなのか。それは、勝手に出ることも入ることも出来ないってこと。また、中

にいるだけで滑らかな動きの連続と変化を楽しめるってことだ。

蛍は遠い夏の日の思い出以来、干物空間という遊園地を中心に楽しく生きて

のだ。これは結局、過去のある時間に縛られてることにもなるから、「干物

時空間」と呼んでもいいかも知れない。でも語感的にイマイチだし、差し当たり

そこまで言う必要もない。

      

さて干物空間は蛍のものでもあるし、タカコ(おタカさん)=高野部長(藤木直人)

のものでもある。「蛍の光」周辺だから蛍のものだし、所有者ボンちゃんの息子

で正当な住人だから高野のものでもあるってこと。だから、「干物&高野空間」

とも呼ぶこともできるけど、高野にとってこの空間は一時的な避難所にすぎない

かも知れないし、高野自身が空間の一部の可能性もある(後述)。だからやっ

ぱり、干物空間とだけ呼んどく方が無難だ。

    

いずれにせよ、閉じられた干物空間にいる2人は、たとえそれぞれ勝手な方向

に進んだとしても、たびたび遭遇することになる。それは、遊園地の中で仲間

同士がはぐれてもいずれ見つかるし、社内恋愛の相手と別れても会社でたび

たび顔を会わせるハメになるのと同じことだ。

今まで蛍と高野は、衝突してもいつの間にか一緒に縁側に座ってた。そして今

回、2人は完全に逆方向に歩み出す。蛍はマコトとの恋愛へ。高野は深雪(黒

谷友香)との離婚へ。それでも、閉じられた干物空間にいる限りいずれ遭遇す

るだろうし、たびたび遭遇してれば親しくなっていくのは自然なことだ。

    

ただし、遭遇とは偶然の出会いのことだから、そこには熱いものはない。蛍と

マコトの接近には、熱いもの、パワフルでエネルギッシュなものが一応あるの

に対して、蛍と高野の接近はあくまで静かで緩やかだ。縁側と庭がかもし出す

日本庭園みたいな雰囲気や、映像の独特の色調を加味すると、「静寂」なる

接近と言ってもいいだろう。

     

この静けさや緩やかさは、ひょっとすると今の時代の恋愛模様を映し出した

ものなのかも知れない。8月15日の朝日新聞朝刊・文化欄には、“消えた「男

の子」~メディア社会の中で<5>”と題する興味深いシリーズ記事が載ってた。

大見出しは、“「もてたい」下心、淡白に”。小見出しは、“クルマとバンド”。

以前、「男の子」は、クルマやバンドのブームに乗りながらあからさまに女の子

を求めてたのに、今ではそうゆう男の子は消えてしまった。今の男の子は、も

てたい下心、恋愛を求める姿勢が淡白で、友達や家族との関係とそれほど変

わらない扱いになってて、まるで女の子になったようにも見える。

    

一方、女の子の側も変わった。「90年代のドラマは恋愛至上主義の女が人気

だったが、今は“恋愛温度”の低そうなヒロインが共感を得る」。ここで例に挙げ

られてるドラマが『ホタルノヒカリ』なのだ。したがって、蛍の干物女的な態度だ

けでなく、蛍&高野の静寂な接近も、こうした淡白さや恋愛温度の低さを反映

してるのかも知れない。そう言えば去年ヒットした『僕の歩く道』も『結婚できない

男』も、恋愛温度は低めだったような気がする。

もっとも、露骨な恋愛ドラマ『プロポーズ大作戦』のヒットや、モテ系ファッション

誌『CanCam』の躍進を見ると、もう少しじっくり考えてみるべきだとは思う。

       

さて、話を元に戻そう。蛍&高野が静寂なる接近を続ける干物空間に、外か

ら「異物」あるいは「他人」が侵入してきた。「何か、変な感じ」がする異物、そ

れがマコトだ。この記事の冒頭に引用した、蛍&マコトの縁側シーン。素朴な

視点だと、好きな人と好きな場所で一緒に過ごせて良かったね、と見えるかも

知れない。けれども、あのシーン、見逃せないポイントが3つある。

                

まず、蛍とマコトの間にタカコ=高野のサンダルが挟まってること。マコトが

そのサンダルをじっと見る所からあのシーンはスタートしている。断定はしな

いけど、マコトは本当は分かってしまったと見る方が自然だろう。蛍のゲタも

マコトの靴も白っぽいキレイな色なのに、タカコのサンダルだけ薄汚れた茶色。

もともとマコトは男の存在を疑ってたし、なぜか酔っ払った高野がここに連れ

て来て、その説明は全くない(下のP.S.2参照)。おまけに第2話でも、蛍の

資料を受け取りに行ったらなぜか、高野が資料を持って現れた。マコトは心の

で、蛍と高野の同居に気付いてしまったのに、その思いに自分でフタをして

ないようにしながら、お邪魔虫を続けてるんじゃないだろうか。そうでないと、

マコトは単なるおバカだし、おバカにデザイナーとしての活躍は難しいはずだ。

     

続いて、縁側シーンの2つ目のポイント。それは、2人が飲んだのがお茶だった

ことだ。以前の回で伏線を張ってあった「夫婦茶碗」だけに気を取られると、仲

良しのカップルになれて良かったね、と見えてしまうかも知れない。でも、お茶と

いうのは「お客様」に出すものの代表。外から一時的に入って来てすぐに出て

行く人、それがお客様だ。

この時、蛍は「ここで1日の終わりに缶ビールを飲むと、すっごい美味い」と言っ

てる。缶ビールを一緒に飲む相手は誰か。それは、あたりめと蛍とネコと、タカ

コ=高野だ。2日酔いだからお茶しか出せないだろ、なんて理由付けはどうで

もいい。結果として、お客様用のお茶を一緒に飲むマコトと、美味しい缶ビール

を一緒に飲む高野のコントラストが鮮明になってたシーンなのだ。今回、缶ビー

ルシーンは無かったと思うけど、先週も含めてこれまで何度かあったはずだ。

     

最後に3つ目のポイント。縁側から歩いて帰るマコトを蛍が送っていく時。1回

別れてすぐ、マコトが蛍を連れて遊園地に行く。夏休み初日が遊園地での「間

違った」ダブルデート。2日目がドライブ&昼寝&トイレ(ご不浄)で、「宇宙の

塵になりたい」ほどの連敗。そして3日目が、縁側&遊園地&横浜。夏休み3

日間をすべて2人で過ごして、最後にやっとリベンジ成功。最後はきらめく海と

風車をバックにキスして、まさに「ありがとうございます♪」って感じのデートだ。

    

でも、マコトが思い直して蛍を遊園地に連れて行く動きは、直線上をバックす

る形になってた。反対方向に離れていく途中で、マコトが一度止まって、方向

転換して蛍と一緒になる形。これはまさに、遊園地の直線系の乗り物と同じで、

滑らかではないのだ。それに対して、直後の帰宅途中で蛍&高野が遭遇する

動きは、大きく見れば全く自然な円形の動き。閉じられた干物空間を別々に

移動して、いつの間にか自然にもとに戻る、一緒になるわけだ。

      

ラストシーン、高野の周りを蛍がはしゃいでグルグル回ったのに続いて、二ツ

木(安田顕)が持ってきたスイカがゴロゴロ転がったのは、単なるアイキャッチ

のコミカルな演出だろうか。もしあれらが滑らかな円運動をも表してるのなら、

制作サイドの見事なテクニックだ。たとえそれが意図されてないとしても、こち

らが読み込むことができるなら、それはテクニックと言えるだろう。制作サイド

じゃなく、視聴者サイドのテクニック。視線の技術。。

    

という訳で、タイトルバック直後の奇妙なシーン、要の乱入とは何なのか。いま

や明白なはずだ。あれは、マコトの比喩だったのだ。ステキな恋人に見えたマ

コトが、実は干物空間にとっては要と同様の異物であることを暗示する、ハイ

レベルなシーンだった。

そしてさらに、要の乱入を止めに来たのがステキ女子=三枝優華(国仲涼子)

だったことを考えると、もしこの後、干物空間へのマコトの侵入をも優華が止

めたなら、見事な全体構造に拍手するだろう。そのとき、ステキ女子のステキさ

も、邪魔者を追い払うことで確保されるわけだから、視聴率だの世評だのまっ

たく関係なく、「素晴らしい!」という賛辞を贈るだろう。。☆彡

      

           ☆          ☆          ☆

前回の記事を思い出して欲しい。「ドラマを読む」のではなく「ドラマを書く」とは、

たとえばこうゆう事なのだ。もちろん、作られたものとしてのドラマを読むことが

ベースにあるのは確かだろう。映像を見ること、セリフや音楽を聴くこと、必要

なら調べること。そうした基本的な「読む行為」の先に「書く行為」があるわけだ。

    

でも、その時もはや、脚本家や演出家の意図など、特別に重要なものではな

くなる。彼らは放映作品としてドラマを書き、私はレビューとして「ドラマを書く」。

2つの創造が共鳴し、関連するだけであって、それぞれはあくまで独立した存

在だ。だから、「要は道化の脇役、マコトは準主役、全然別ですよ」などとスタッ

フが証言したところで、この記事への影響は少ない。この記事はオリジナル作

品なのだから。それどころか、「あなたがたの意図とは別に、このドラマはこう

ゆう側面を結果的に持ってるんですよ」と教えてあげたいくらいだ。

ま、大人はそうゆう事はしないんだけどネ。何であれ、制作者と現実にコンタ

クトする場合には、彼らの意図を尊重するのは「大人のマナー」だ。ショコタン

=中川翔子主演のプロミスのCMに採用されてもおかしくはない♪

      

さて、今回で早くも第六夜。仮に全11回としても、既に後半に突入した。今後

の最大の注目点は、干物空間と高野の関係の結末だ。今回、蛍はチューし

て起こそうとした後、「ちょっと、ドキドキしちゃいました。部長も男の人なんだ

なって」と告白してた。高野も、「ある時はヘビ女、ある時はカメ女、ある時は

タイヤ女、またある時は顔なし女。そして今は、ただの女」だと思うようになっ

てる。いよいよ男女関係へと接近してるわけだ。おまけに、まだ蛍は奥さんと

の復活を応援している。来週以降、実は離婚届も出してると知って、さらに

奥さんの口からも破局がハッキリしたら、蛍の気持ちがどう揺れ動くのか、楽

しみだ。「マコト家お泊まり計画」に従って「干物式ダイエット」を完了しても、

お泊まりはしにくいと思うけどね。

        

ネタバレ防止のために、原作は3巻の最初で読むのを中断。他の情報もほと

んどシャットアウトした状態で言えることは、依然として変わらない。蛍&マコト

はもちろん、蛍&高野の典型的ハッピーエンドもあり得ない。あくまで、遠い昔

の小さな光、あるいは淡白な幸せへと回帰するはずだ。さらに言うなら、ラスト

シーンはもちろん縁側、つまり干物空間だ。蛍の前には小さく光る蛍、そして

横には高野。それは、上司以上、恋人未満。縁側の一部のようなホッとする

存在、干物空間の壁や床のように温かく包み込んでくれる存在のはずだ。

男が子宮のような存在になること。これもまた、男性の女性化、あるいは中性

化の表れなのかも知れない。。

          

あ~、しんどかったけど面白かった! 自分へのご褒美に、煎餅でもかじるか

な。ただし、こぼさないようにネ。煎餅のかけらを踏むと痛いから♪ 

ではまた。。☆彡

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.マコトと高野の差は、「ラブシーン」にも表れてる。マコトは今回2度目

    のキスをしたけど、どちらも干物空間の外側、「よそゆき空間」でのこ

    とだ。それに対して高野は、縁側で蛍の太腿に脚をのっけて包帯を巻

    いてもらってるし、庭で蛍の腰に抱きついてる。どちらも干物空間での

    ことなのだ。

    男2人の差は、お茶の種類にも表れてた。マコトにはお茶碗に入ったお

    茶、高野にはペットボトルのお茶。これがお客様と身内の差だ。干物空

    間には本来、お茶碗入りのお茶など無いってことを考えると、マコトは侵

    入しかけて失敗したとも言えるだろう。今までと同様、家に入れてもらえ

    ないままなのだ。ちょっと可哀想かも。。

    

P.S.2 高野がなぜマコトを蛍の家に連れて来れたのか。原作マンガの場

      合1コマだけ説明があったけど、ドラマでは全くなし。意図的かも知

      れないけど、単なる不注意のような気もする。ちなみに、原作記事の

      第3弾はそろそろ書こうかなと考慮中。ここに来てようやく原作とドラ

      マのつながりが増えて来たみたいだしネ

    

P.S.3 今回一番笑ったのが、ラストの二ツ木。その直前に、マコトにふられ

      た形の優華の所へ要がやって来て、冷たい言葉を浴びせられてた。

      それに続いて、奥さんの深雪と別れようとしてる高野の所へ二ツ木が

      やって来て、おまけに冷たい仕打ちにあってたから、ヒネリの入った

      反復に思わず吹き出してしまったわけ♪ 

      二番目に笑ったのが、蛍&高野が眠りこんだマコトを障子の窓から

      のぞくシーン♪ クリーンヒットだった。三番目は、ドライブに誘われ

      た蛍が「明日は上手くやってやる」とはしゃぐのに対して、すかさず

      高野が冷静に「今日は上手く行かなかったのか?」と突っ込んだ箇

      所。あそこでもう1秒ほど凍りつく時間を長くしてくれればもっと笑え

      たのになぁ。

      他にも、蛍の「間違えた?」とか、高野が庭で石を積み上げるシー

      ンとかが笑えた。やっぱ、南雲聖一の演出のおかげかな。

    

P.S.4 お気に入りの箇所は、ラスト前。遊園地の2人のシーンと、家の高

      野のシーンとの、カットバック(複数シーンの交互映写)だ。

      手をつないで走る2人→夫婦茶碗を洗う高野→ジェットコースター

      の2人→掃除機をかける高野→ゴーカート→冷蔵庫掃除→ゲーム

      →縁側→プリクラ→離婚届。そして最後に、バカップルのラブラブ

      モード&キス→離婚届投函。

      セピア色に包まれて、何とも切なくてしみじみ味わえる映像だった☆

   

P.S.5 恋愛ハンター=山田姐さん(板谷由夏)「恋か・・正解なんてないの。

      正解があるとしたら、自分が出した答え。それが正解」ってセリフ、蛍

      よりも要に響いたようだった。ありふれた言葉だからスルーしたいけ

      ど、やっぱ一言だけ書いとくかな。

      この言葉は、フツー後半を中心に受け止められてるような気がする。

      つまり、自分が出したのが正解ってこと。でも、それはちょっと違うと

      言いたい。あくまで前半の方が重要なのだ。正解はない。だから「正

      解があるとしたら」というのは、「正解に一番近く感じるものは」ってこ

      と。したがって当然、実は「間違い」かも知れないわけだ。例えば、自

      分の気持ちに素直になって、すぐバイクで優華を迎えに行って冷た

      く拒絶された要の行動みたいに。

      ちなみに、あの山田姐さんの相談シーン。要、蛍、豪徳寺(丸山智己)

      と3連発だったけど、あれは公式サイトのスピンオフ(派生作品or外

      伝)、「メンズホタルノヒカリ」の第五夜を受けてのものだ。今回のドラ

      マの脚本に、水橋と並んで「メンズ」の山岡真介の名前があるのも、

      そのためなのかも。。

    

P.S.6 デートシーンで何気に目立ってた風車。3月から運転開始の横浜風

      力発電所のようだ。確かに、同じ綾瀬と日テレによる昨年秋の横浜

      恋愛ドラマ、『たったひとつの恋』には映ってなかった気がする。

      愛称の投票を9月9日までやってるらしくて、候補に残ってるのは、

      うみつばさ、かぜみらい、ハマウィング、ビッグY、ベイウィング、ベイ

      ウィンド。う~ん、この中だとベイウィンドかな。。

        

P.S.7 要の言葉。単なる広島弁じゃないとあちこちに書いて来たけど、「メ

      ンズ」第五夜でもやっぱりそう言ってた。菅原文太の言葉が混ざって

      るとかいうお話♪

     

P.S.8 初めてのデートはよ~く覚えてる、なんて書こうとしたけど、生まれ

      て初めてとか、付き合いの深い相手ならともかく、他の女の子との

      初デートってのはあんまし思い出せないな。生まれて初めてのデート

      は今思い出しても赤面するほど「間違えた」もので、笑いの自虐ネタ

      に時々使ってる。ま、初めての告白の方が遥かに笑えるけど。。(^^ゞ

     

P.S.9 「もし私が今のキミだとしたら、つないだ手は二度と離さない」って高

      野の台詞。気持ちはよく分かるけど、相手が離すのを離すまいとし

      たらマズイし、相手の握る力が緩まった時にこっちだけギュッと握り

      続けるのも辛いよなぁ。。

    

P.S.10 煎餅のかけらを最近踏んだ覚えがない。いや、イラついた時とか

       ボリボリ食べてるし、掃除がマメなわけでもないけどね。ってことは、

       神経が鈍ってるのかも。恐竜か!♪

       

P.S.11 蛍&高野の「手嶋をチューして起こすか」「そうゆう無茶はやめろ」、

       「えっ? チェッ」ってやり取り。チューとチェッの類似を使った言葉

       遊びなのは明らかとして、ひょっとしたら「無茶」はやめろってのも

       言葉遊びだったのかも。「茶が無い」のはやめろと言われたから、

       マコトに眠気覚ましのお茶を出したとか♪

       いや、この場合は深読みしすぎって奴だろうけど、文芸作品とか映

       像作品とか、単なる軽いお遊びってかなり入ってるもんネ。

    

P.S.12 今回の高野の「もんもん攻撃」は2回。冒頭の「そんな言い方しな

       いもん」と、ラストの「見せないもん」。来週、奥さんの前でも出るか  

       も知れない。ただし、奥さんへの愛情表現じゃなく、蛍との親密さ

       の表現として。。

     

P.S.13 manaさんの指摘を受けて録画を見直すと、蛍がマコトにお茶を

       入れる時に、コーヒードリッパーとコーヒーサーバーを使ってる♪

       あそこは干物らしい笑いのポイントだったのか・・・ウッカリしたわ。。

       コーヒーを入れる普通の映像だから何気なくスルーしちゃったけ

       ど、よく見るとテーブルの上にお茶の缶と夫婦茶碗のケースが置

       かれてた。前の晩に高野が急須を割るのはちゃんと見てたのに。。

   

P.S.14 蛍とマコト、ジェットコースターで両手を挙げるのをためらってるよ

       うにも見える。時代状況を表してるように受け取るのは考えすぎか。

       ともかく、みんな安心して両手を挙げれるように、遊園地の皆さん、

       頑張ってネ!☆彡   

     

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

   安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

   本を読むこと、本を書くこと~『ホタルノヒカリ』第5話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (5) | トラックバック (5)

ドラマファンの皆さんへのお知らせ

「今週は都合によりドラマ記事はお休み」って書いたら、ガッカリする人が大勢

いるかな。どうでもいい? あっ、そう♪ ほんじゃ、そう書こうかな ^^

       

でも、自分がガッカリするわけよ。だって、一番熱心な読者は自分自身だから。

という訳で、今ちょっとずつ書いてる所。この時期は大切な自転車レースの直

前だから、去年はドラマ記事を1回休んでるんだけど、今年は休まないことに

決定。ただ、急な仕事に追われてることもあって、アップは明日以降になる。

明日の夕方って感じかな。

   

別に先々週みたいに記事が書けなくて困ってるわけじゃなくて、逆にむしろ、書

きながらワクワクしてるって印象。まるで遊園地にいるみたいにネ♪

あっ、ウチはネタバレ禁止だった! 危ない、危ない。ここで止めとこ。

ではまた、おそらく明日。。☆彡

| | コメント (0)

7日目~太腿復活で意外な好調♪

BIKE51.3km,Av28.5,心拍Av146

連続7日目。いい走りだなぁ♪ これだけマジメにやってれば当然か。疲れや

暑さよりも、レベルアップの方が勝ってるようだ☆

    

この日はドラマ放映翌日ってことで、普段なら運動はサボってマニアックなドラ

マ記事作りに専念する所だけど、流石に今はそんな事言ってる時じゃない。4

月から8月まで、5ヶ月間の自転車シーズンの最後を飾る乗鞍のヒルクライム

に向けて、力を集中すべき時だ。残念なのが、想定外の仕事が入って来て盆

休みがつぶれたこと。本当はこの日とか前日とか、もう少し長く走りたかった

のに、時間がないのだ。左手の捻挫もかなり治ったから、そろそろ多摩川に

復帰したいんだけど、短時間で効率良く運動するためにまた公園で妥協。い

や、ホントはジムの予定だったのに、急用で間に合わなかったわけ。

    

74年ぶりに国内最高気温40.9度なんてものが記録されたくらいだから、当

然(?)この日も明け方の走り。自宅で仕事してるから、生活リズムは超夜型

になってて、健康には良くないけど朝ランには好都合だ。とは言っても、明け

方でさえ29度くらいだから、全然涼しくはない。自転車で風を受けても生ぬる

くて湿っぽくて、ネトッと身体に貼りつく感じがある。おまけにまた蚊と激闘した

あげく、4ヶ所刺された直後だから超不愉快。ま、5匹くらい撃墜したけどね。。

    

ともかく、イマイチかイマニのノリで公園周回を始めたものの、軽いランニン

グを2日続けた後だから、太腿がかなり復活してた♪ 超回復じゃなくて、単

なる回復って感じかな。ジムの代わりだから結構マジメに走ったものの、トー

タルの平均心拍は146だから全くの余裕。最大心拍もたかが163だから、

限界にはほど遠い。安全を考えると、こんなもんで丁度いいと思う。

       

それでも平均時速はグングン上昇、公園を出る時には28.6kmだった。コ

ンビニに寄って帰宅する間に28.5になっちゃったけど、それにしても高記

録だ。何度も言うけど、このコースはアップダウンしかなくて、しかも公園だか

ら下りは飛ばせない。もし下りで飛ばしてたら軽く30kmはオーバーしてたは

ずだ。しかも数々の障害物(人、犬、自転車、直角コーナー)をパスしながら

の単独走、有酸素レベルの心拍で♪

           

この勢いで今日もガンガン走りたい所だけど、時間がないし、夜は久々に

雨らしい。ま、傘ラン10kmくらいでお茶を濁して、また翌日頑張ればいい

か。ここ2週間で1日しか休んでないしね☆彡

| | コメント (0)

6日目~心拍計電池交換終了&積極的休養2

RUN10km,51分43秒,心拍Av145

サウナみたいな暑さだな・・何じゃ、こりゃ! サウナは座ってりゃいいけど、

ランニングは前進しなきゃいけないってのがキツイ。ま、この異常な暑さとも、

週末でお別れなのかな。終わってみればいい思い出になるんだろうなぁ・・って、

ならねぇよ、こんなの!♪

    

さて、この日は7月29日以来久し振りに心拍計を使って軽いランニング。前

日にやっと電池交換が終わって返送されて来たのだ。かなり面倒な手続き

だったので、ここでまとめとこう。ちなみに私の機種はPOLAR・S120。ポラー

ルなら基本的に全機種同じ手続きのはずだ。

        

まず、7月末に突然表示が全部消えた。買って2年だから電池切れだろうと

判断。説明書を引っ張り出して「仕様」をチェックすると、「リストレシーバー 

電池の種類CR2430 電池の寿命:平均2年(1日2時間、週7日使用)」と

書いてある。まさにピッタリの時期だ。使用頻度はかなり負けてるけどネ♪ 

なぜか少し前の「取り扱い」のページには「1年程度」と書いてるけど、間違

いだろう。CR2430ってのは、ネットで見ると税込240円で売ってるフツー

のボタン電池のこと。

    

さて、「取り扱い」には「正規のポラール サービス センターにお持ちくださ

い」とだけ書いてるけど、裏表紙には「修理サービスご相談窓口」として「キャ

ノントレーディング(株)ポラールサービスセンター」の住所が書かれてて、リ

ストレシーバー(腕時計)だけじゃなくトランスミッター(胸の送信機)も一緒に

送れなんて、ダルイ指示がある。ただし「必ず」とは書いてないから、ポラー

ルのサイトをチェックすると、トランスミッターも一緒に送れとは書いてない。

この辺り、色んな記述がバラバラなんだけど、当然ラクなものを選択。リスト

レシーバーだけをビニールや新聞紙で梱包して、普通の封筒に入れて郵送。

重さは100g以内だろうから、郵送料140円。あと、お盆休み前に終わらせ

たかったから速達料金270円。計410円分の切手を貼付した。

    

ポストに投函後、9日目に自宅へ電話連絡が来て、電池交換が終了したか

らこれから宅急便で送るとのこと。代金引換での到着は10日目、料金はサ

イトに書いてあった通り、税込2940円だった。修理票を見ると、電池はCR

2430じゃなくてCR2032を使ったらしいけど、これもネットでたかが税込

210円。ってことは、2940円ってのは相当な手数料を取ってることになる。

ま、オーバーホール(パッキン・ビス交換、受信テスト、耐水テスト)をしてくれ

たようだから、良しとするか。

    

でも、これだけ面倒で高いんだったら、自分で電池買ってきて交換する人も

いそうだな。ウチにも一応、精密機器用のドライバーがあるから、その気に

なれば出来たかも知れないけど、やっぱハイリスクだもんね。感電の確率は

低いとしても、故障がどうか。。ともかく、私も全くお勧めはしないし、自分で

もやる気はしないので念のため☆

    

ってことで、心拍計の電池交換の話はこれにて終了。長すぎると思われそう

だけど、こうゆう記事をきっちり書いとくと後々かなり検索が入って来るのよ♪ 

過去の実例だと、携帯の記事、バイクの記事、極真空手、占い、ダイエット、

サッカー。。ロングセラーになるもんネ。きっちり書くのは、ポリシーでもあるけ

ど、検索順位を上げるためでもある。それぞれの記事の順位だけじゃなく、ウ

チのブログ自体の順位(少なくともYahoo!はランク付けしてるはず)にも影

響するわけ。ま、超マニアックなドラマ記事で十分ポイント稼いでるけどネ (^^)v

    

で、肝心の走りの話を書く時間はもう無くなっちゃった♪ 要するに、前日の

積極的休養に引き続き、この日も時間がないから軽く走っただけ。クソ暑い

のには参ったけど、前日よりは脚が軽かった。あと、やっぱ心拍計がある方

が全然やりやすい。いくら暑くても、心拍が低ければ安心するしね。

さあ、もうこうなったら乗鞍直前まで休みなしで走り続けるぞ!と書きたい所

だけど、1日くらい休むかも♪☆彡

               

 往路(1.15km)    6分45秒       平均心拍117

  1周(1.1km)     5分49秒              137

  2周           5分39秒               143

  3周            5分42秒              150

  4周            5分38秒             148

  5周            5分33秒             154

  6周            5分35秒             155

  7周            5分24秒             158

  復路            5分40秒             153

  計           51分43秒     145(最大心拍164,周回後半)

| | コメント (0)

5日目~東京マラソンエントリー&積極的休養

RUN10km,58分(推定)

ギリギリ間に合った~! 去年はエントリーしようと思ったら締め切り直後だっ

た東京マラソン。何事もギリギリにならないとやる気がしないタイプだから、今

年もまだまだ大丈夫だろとタカをくくってたら、いつの間にか8月半ばになって

た。あわてて公式サイトを検索して、すぐエントリー。トップページには「現在の

申込み総数10万人を突破し、昨年の申込者数95,044人を上回りました」

なんと書いてあるから、まだの人はもう諦めた方がいいかも♪ ライバルは

ちょっとでも減らしとかないとネ ^^

    

実際にエントリーして改めて思ったのは、参加料が段違いに高いなってこと。

1万円ってのは、同じく都内のフルマラソンの荒川と比べて2倍の金額だ。川

じゃなくて都心だから色々とお金がかかるのは分かるけど、テレビの放映権

料も入るはずだし、スポンサーも多いはず。他の大会とのバランスも考えると、

せめて8000円、できれば7000円にして欲しいもんだけどね。Tシャツのサ

イズなんて、あんなに細かく分けなくていいからさ。

    

ま、ともかくこれで、10月上旬の抽選結果を待つのみ。当選したら気合入る

よな。有名人やテレビカメラを探す練習もしとかなきゃ♪ それにしても、

式名称はやたら長いんだな。「東京マラソン2008 兼 第92回日本陸上競

技選手権大会男子マラソン 兼 第29回オリンピック競技大会代表選手選

考競技会」。。落語の寿限無かよ!

    

さて、東京マラソンもエントリーしたし、乗鞍のヒルクライムも間近だし、この

日も元気良く走り出した、な~んて言うのは大ウソで、またまたサボる寸前

だった。いや、もともと疲れ切ってたから、ジョギングで積極的休養するだけ

の日だったんだけど、NHKのドキュメンタリーに関する重い記事をきっちり

書いてたら時間がかかって、眠くなっちゃったわけ。まあでも、10kmのジョグ

くらい居眠りしながらでも出来るはずってことで、ヨタヨタと出発。これが予想

より遥かに辛かった・・(^^ゞ

       

誤算だったのは、明け方近くなのにかなり暑かったこと。気温もそうだけど、

湿度が高かったのかも知れない。激重の脚でのんびり走ってるだけなのに、

最初から汗がボトボト。10日前に29度でハーフを走った時と同じくらいの汗

だった気がするな。まあそれでも、例によって5、6kmくらいから有酸素シス

テムが作動し始めて、その後はわりとマトモなジョグになった。その前までは

止めて帰りたかったんだけどネ。。

    

さて、今日は一応、ジムでハーハーゼーゼーとバイクを回す予定。ただ、あれ

これとやる事があるから、もう1日ジョグでお茶を濁すかも。ともかく、休むつも

りはない! と、一応強気で書いとこっと。ホントはサボリたいけど♪☆彡

| | コメント (0)

東京裁判で非暴力を訴えたインド人~NHK『パール判事は何を問いかけたのか』

毎年この時期になると、戦争関連の番組や記事がメディアで急増する。8月6

日、広島に原爆。9日、長崎に原爆。そして15日、終戦or敗戦。せめてこうゆ

う時期には、戦争についての報道をしなければならないという使命感みたいな

ものが、メディア側にあるのかも知れない。あるいは視聴者・読者の側にも、

似たような義務感があるのかも知れない。

    

山根基世の落ち着いたナレーションで進行したNHKスペシャル『パール判事

は何を問いかけたのか』は、まず題名が気になった。副題の「~東京裁判 知

られざる攻防~」を見ると、全体の意見に逆らった一人の判事に注目する番

組だろうと想像がつく。それと同時に、ちょっと気が引ける、あるいは腰が引け

てしまう。あの複雑でデリケートな話か。。

    

東京裁判とは、戦争に勝った連合国側が、負けた日本の政治家・軍人らを裁

いたもので、正式名称は「極東国際軍事裁判」だ。特に興味を持ってない人

でも、非常に激しい論争になることくらいは容易に分かるだろう。実際、ネット

上のフリー百科事典『ウィキペディア』でこの項目を見ると、そのページが保護

されていること、中立的な観点によって書かれているかどうか議論中であるこ

とが最初に明記されていて、かなり無難で短めの説明が書かれている。

       

私も、無益な争いはしたくないし、もともと自分ではわりと「中立的な」立場だ

と思ってるので、なるべく中立的な記事を簡単に書くことにしよう。ただし、必

ずしも表面的ではない。例えば、番組のタイトルは疑問形になっているけど、

答えは視聴者それぞれに任されている。これに対して私は一言、「非暴力」

と独自の答を示しておこう。パール判事は、非暴力の精神こそが最も正しい

ものではないのかと、他の判事に、関係者に、世界に問いかけたのだ。

       

まず、基本的な事実を確認しよう。最初に極東国際軍事裁判所憲章が定めら

れ、1946年5月3日から審理開始。判事は11人で、オーストラリア(ウェッブ

裁判長)、アメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、フランス、ソ連、中国、ニュー

ジーランド、フィリピン、インドの代表だ。一次資料や各国での取材をふまえた

NHKの報道をそのまま信用するのなら、ここからの話の流れは次のようにな

るだろう。

        

当初は、判事全員一致による有罪判決(人道に対する罪、平和に対する罪

ど)を目指していた。少なくとも、少数意見の公表は避けようとしていた。ところ

が、インド代表のパール判事(ラダ・ビノード・パール)は真っ向から多数派に

抵抗。被告たちはおそらく間違ってたのだろうけど、事が起こった後でそれを

裁く法を作って判決を下すのはおかしい・・etc。これに対して、イギリス代表

のパトリック判事は、与えられた法に則って判決を下すのが自分たち判事の

仕事だと主張し、多数派形成の活動に努力する。ところが、当初は少数意見

の公表を避けようと自ら主張していたオランダのレーリンク判事は、隣の席に

いたパール判事の影響を受け、また広島の参上を目の当たりにして、考えが

変わって行く。

    

結局、激しい攻防の末に1948年11月12日判決。25人全員有罪、うち7人

死刑となった。それに対して、パール判事は全面的に反対する1235pもの

独自の判決書を作成、全員無罪としていた。「第二次世界大戦以前にあって

は 国際法の発展の程度はまだ これらの行為を 犯罪もしくは違法とする

程度には至っていなかった」。一方、レーリンク判事は意見書を書き、政治家

中心に5人を無罪、ただしパール判事とは違って、平和に対する罪は認めて

20人を有罪としていた。

    

さて、ここからは、戦争体験のない一人の素人としての私の見方だ。戦争と

か侵略行為、残虐行為などに反対する気持ちは、誰だって同じだろう。もち

ろんパール判事も、そうした行為を正当化する意志など全くない。ただ、総論

賛成・各論反対という言葉があるように、具体的に何を重視するかというレベ

ルになると、それぞれの結論は大きく違ってくる。この辺り、日本の憲法改正

論議と似たものがあるかも知れない。

           

多数派は、先行するニュルンベルク裁判(ドイツの戦争犯罪を裁く国際軍事

裁判)の流れを引き継ぎ、新たな法を作って戦争を裁き防ごうとした。レーリ

ンク判事は、多数派とは異なるものの、戦争に反対するには新たな法(平和

に対する罪への処罰)を作るのも止むを得ないと考えた。最後にパール判事

は、尊敬するインド独立の父・ガンジーの非暴力の精神を受け継ぎ、新たな

法を制定して裁くことに反対した。と言うのも、これこそ欧米諸国が世界で行っ

てきた「暴力」だからだろう。植民地政策に代表されるように、強いものが弱

いものに自らの基準を無理やり押し付けること。軍事的とは限らないものの、

社会的な「暴力」。パトリック判事の母国イギリスなどからの、そうした暴力に

長く苦しみつつ非暴力を貫こうとしたインドの代表だからこそ、徹底的に暴力

に抵抗したわけだ。もちろん、非暴力を貫きつつ、あくまで言葉を用いて。

     

では、パール判事が正しくて他が間違ってるのかというと、もちろんそれほど

単純な問題ではない。もし東京裁判で全員無罪にしていたらその後の世界が

どうなっていたのか、考えてみることは重要なはずだ。

また、ガンジーやパール判事も含めて、絶対的な非暴力など現実にはあり得

ず、あくまで相対的な非暴力があるのみだ、という考えも一応可能だろう。東

京裁判は別に被告全員をいきなり処罰したわけではなく、一応は(非暴力的

な)裁判の形式を取っているし、その結果もっと大きな暴力の発生を防げたの

ならトータルで見て非暴力的と言えるだろうということだ。少なくとも、第二次世

界大戦の暴力と比較するならば。

そして最後に、たかがテレビのドキュメンタリー1時間と軽いネット検索と社会

常識程度で判断できるような問題ではないことも確かだ。

    

だから結局、専門家や戦争体験者に任せるしかない、というのは、半ば正しく

半ば間違っている。専門家も含めて全ての人は、自分一人で解決できることな

どごく僅かにすぎず、他の何かに頼らざるを得ない。他人の意見、何らかの資

料など。それでも、一人一人ができる範囲で考えていくこと、自立した思考を練

り上げていこうとすることは絶対に必要だろうし、これこそ、この番組の中心的

主張とも言えるだろう。

パール判事が求めた非暴力とは、より広く言うなら、自立の尊重なのだから。。

    

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ウィキペディアの「ニュルンベルク裁判」の項目には以下の記述がある。

      この軍事法廷は「法廷は法を発見する場所」という、英米法的な

      「裁判」の考え方を基礎に進行された。そのため、日本やドイツ

      の欧州大陸法的な常識からは「法廷による法の創造」が行われ

      た違法な裁判との批判が当時から現在まで根強くある。しかし、

      英米法的な考えではその正当性は否定されない。

   

    これによると、パール判事の「後から作った法で裁くのはおかしい」と

    いう考えは、欧州大陸法的な常識にすぎないということになるかも知

    れない。ただ、常識的に考えて、「英米法的な」考えを危険に感じてし

    まうのは事実だ。それが本当に「英米法的」なのかどうかも気になる所。。

    

P.S.2 安倍首相が19日からのアジア3ヶ国歴訪の際、インドでパール判

      事の遺族と面会するらしい。何ともコメントしにくいニュースだ。。

   

| | コメント (0)

4日目~軽めのギアで気持ちよく距離稼ぎ♪

BIKE51.4km,Av27.8

いい走りだったな♪ BIKEだとここ1ヶ月で一番気持ち良く走れた。頑張った

人にはご褒美ってことで、帰りに定番アイス「明治スーパーカップ・超バニラ」

を買ってムシャムシャ♪ その後さらに、家にあったアイスとコーラとカルピス

の暴飲暴食。これじゃ絶対、体脂肪率下がんないな。ま、美味しいからいいか☆

   

この日は、3日続けて負荷をかけた後だったから、軽い内容にしようと思って

た。でも、今月の走行距離を計算してみると、BIKEが全然物足りない。休み

が少ないから頑張ってるように感じるものの、1回当たりの距離が短いから、

合計するとガクッと来るわけだ。まあ、走力的にもダイエット的にも、150km

のツーリングを1回やるより50kmを3日続ける方が効果的とは思うけど、やっ

ぱり気分的にある程度の距離は稼いどきたい。やっぱ人間にとって、メンタル

はすごく重要だ。

   

という訳で、予定変更でまた公園を50km走ることに。ただし、足腰がはなり

疲れてるから、いつもの一番重いギア(42×11)は止めて、二番目(42×13)

にした。物理的には85%(=11÷13)の力ってことで、足腰の負荷を小さく

する代わりに、回転数を少し上げて心肺の負荷を少し上げようってこと。プラ

ス・マイナスは人それぞれだけど、筋力不足の私にとってはラクになる。

      

実際、走りやすさは明らかで、おまけにスピードもあまり変わってない。コース

の特徴をかなりつかんで来たってことも大きいけど、やっぱりギアの選択は大

きい問題だ。レースだったら、こんな感じの走りがベストかも。呼吸はハーハー

でも、重いギアでヒーヒー言うより全然マシだ。

結局、引き足を中心にした走りで最後までイーブンペース。アップダウンしか

ないこのコースで、平気時速27.8は十分な値。3日前の28.0と比べると、

負けてるのは下りで、上りはむしろ速かった気がする(当然か・・)。前回パン

クして修理した後輪も、何とか大丈夫だった。まだちょっと不安だけどね。。

           

これで、次はさすがに軽くつないどいて、その次はジムでハーハーゼーゼー

言うことにしようかな。しんどいのはいいんだけど、汗のかきすぎで汗疹が出

来るのがいやなんだよな。冷房の温度をもっと下げてくれればいいのに。ス

タッフさん、読んでたら水曜夜の冷房は2度下げてネ♪☆彡

| | コメント (0)

激重の太腿で汗だくのハーフ

RUN21.1km,1時間49分15秒

「膝が笑う」って言い方があるけど、「太腿が笑う」って感じの走りだったな。。

2日連続、自転車で太腿が疲れる走りをした直後。走る前はわりと身体が軽

く感じてたのに、とんでもない錯覚だった。大腿直筋だけが激重。。

   

さて、世間的には盆休みの今、私は自宅で仕事に追われてる。しかも結構あ

おられてるので、高校野球もK1も見るヒマはない。唯一の気分転換(?)が

運動だから、ホントはゆっくりジョギングでも楽しみたい所だけど、乗鞍のヒル

クライムまで僅か2週間だし、暑いからゆっくり走るのもかなり辛い。という訳

で、1km5分ペース、ハーフ1時間45分を目標に走り始めたんだけど、とん

でもなく甘いことにすぐ気付いた。

     

公園に向かう途中で、余りの太腿の重さに早くも完走目標に変更。2周目く

らいまでは、10kmで止めようかな、とか思ったりもした。でも、いつものよう

途中から有酸素システムが作動。何とかハーフの完走くらいできそうな気

がしてくる。太腿の重さにも少し慣れてきた。ただ、前の2日間よりほんの少

し涼しかったとはいえ、21kmもランニングすると全身汗ビッショリ。下は例の

短いビーチウェアだけど、それでも太腿の上側に張り付いて走りにくかった。

それでも何とか1km5分12秒くらいのイーブンペースを保って帰宅。当然、

冷たい物の暴飲暴食だ。あ~、この瞬間が最高なんだよなぁ。。♪

    

流石にもう疲れきってるから、今晩は軽いジョグくらいでつないで、また翌日

から頑張ることにしようかな。もう乗鞍までほとんど休みなし! ま、「ほとん

ど」って所がミソだけどネ♪ それにしても、そろそろ心拍計の電池交換終わ

らないかなぁ。やりにくくて仕方ない。キャノンさん、もうお盆だけど宜しく☆彡

    

  往路(2.45km)     13分20秒 (タイムは推定。心拍計は電池交換中) 

  1周(2.14km)     11分05秒                

  2周              11分00秒                 

  3周             11分00秒        

  4周              10分55秒          

  5周              10分55秒        

  6周              11分00秒          

  7周              11分00秒          

  8周(1.22km)        7分05秒(給水・水浴び込み)  

 復路               11分55秒        

  計 21.1km  1時間49分15秒     

| | コメント (0)

後輪のパンクにも挫けず連日のリハビリラン

BIKE51.3km,Av27.5

危ない、危ない・・途中で止めて帰りそうになっちゃったわ。。^^; この日は週

末だし家で仕事に追われてたせいで、深夜って言うより明け方近くのスタート

ノルマは前日と同じ50kmで、かなり足腰が疲れてるし眠いから、あんまし頑

張る気はなかった。安全に重いギアで完走すればOKって程度の感覚。

        

最初の誤算は、蚊の集中攻撃。もともと他人の3倍は蚊に刺されるタイプな

のに加えて、明け方はやたら元気がいい。朝飯ってことなのかね。自転車置

き場から出してスタートするまでの僅か数分間に、何と7匹も殺してしまった。

ひょっとすると生涯最高記録かも♪ 無益な殺生は避けたいとはいえ、降り

かかる火の粉は払わないといけない。実際、3ヶ所刺されて、最初から顔をし

かめるハメになった。

     

公園に着いてすぐ気付いたのは、足腰の重さっていうか、スピードの遅さ。2

周目くらいから早くもガタ落ちで、まあいいかって感じで諦めてたら、6周目く

らいで後輪のリムが地面に当たり始めた。空気が少なめなのは分かってた

けど、そうゆう問題じゃない。コーナーを曲がる時にもグニャッと歪むのがわ

かる。パンクってほどでもないよなぁ、とか思いつつ、一応ストップして空気を

注入。再び走り始めたら、あっという間に元通りの状態。またストップして

ろのタイヤをチェックすると、バネみたいな物が突き刺さってて、抜き取った

ら一気にタイヤがペシャンコになった。ガクッ。。

    

せめて前輪にしてくれよなぁ、とかボヤキつつ、広くて風通しがよくて虫がい

そうにない場所へ移動。ワイヤーを外して後輪も外す。今から考えると、別

に後輪を外す必要なんてなかったよな。多分、去年後輪のチューブ交換をし

た時の記憶が無意識に働いたんだろう。ま、ともかく、穴の場所が分かってた

から、タイヤレバーでタイヤを外して、チューブにパナレーサー・イージーパッ

チをペタッと貼り付けておしまい! のはずだったのに、そこからが大苦戦。

なぜか後輪が上手くはまらない。ブレーキパッドがリムに当たってしまうのだ。

先日の事故で、ワイヤーを締め直すって技を覚えたものの、たかがパンクで

そんな技を使うのも納得いかない。ブツブツ言いつつ、あちこちイジって、

後は後輪をはめ直したら上手く行った。どうしてはめ直すだけで変わるのか

ね。今後の研究課題だな。。って言うか、メカを知らな過ぎるだけか。。(^^ゞ

    

ともかく20分以上のロスタイムで、朝の日差しが照りつけ始めたから、帰っ

て寝ようかな、と思いつつも、乗鞍2週間前にそんな事を言ってる場合じゃな

い。やる気が失せても完走はしようと思い直して、大勢のランナーやウォー

カーや犬にサイクリングコースを塞がれつつも、42×11の重いギアで最後

まで走り通した。ホント、障害物競走って感じで、怒りを抑えるのに一苦労。

「ここはサイクリングコースだぞ! いい加減にしろ!」とか怒鳴りつけたら、

こっちが悪者になっちゃうもんな。多勢に無勢。やっぱ日本では、自転車は

まだまだ肩身の狭いマイナースポーツだ。もっと自転車が増えれば、こんな

不愉快な思いをしなくても済むのにな。。

         

ボヤキはこのくらいにするとして、感覚的にはAv26(平均時速26km)にも

達してないかと思ったのに、意外にもAv27.5♪ 前日より0.5遅いだけだっ

た。多分、コースの走り方が分かってきたってだけの話だろうけどネ。帰宅後

はもちろん、冷たい物の暴飲暴食♪

     

という訳で、連日のリハビリラン終了。まだまだ左手は不自由で、ほとんど

右手に頼ってる状態。ま、一応ダンシング(立ちこぎ)も出来るからいいか。

さぁ、明日っていうか、今日も仕事の合間にちょっとだけ走ろっと!☆彡

| | コメント (0)

1日休んで再びリハビリラン

BIKE51.1km,Av28.0

猛暑! 深夜で30度かよ・・参った。。こんな日にランニングなんてやってら

んないから、また公園のサイクリングコースで自転車のリハビリラン。なかな

か左手の捻挫が完治しなくて。。

   

さて、この日は新しい試みとして、左手だけグローブを2重にしてみた。かな

り前から、ちょっとパッドが厚めの新しいのを買ってたんだけど、古いのが

まだ使えるし手に馴染んでたからそのまま使用。新しいのは使わないままだっ

たから、ふと思い出して左手のガードに利用してみたわけ。最初はいい感じ

で、明らかに振動の影響が減ったよなぁとか喜んでた。ところが20kmくらい

走った頃から、左手の締め付けが強すぎて、しびれが発生。しばらく我慢した

けどダメだったので、古いグローブをはずして新しいのだけにしたら、今度は

何とも無い。パッドは厚くなってるから、これが現在の最善策みたいだ。

    

走りの方は、ドラマ記事のために1日休んだ後だからわりと好調。そうは言っ

ても、その前は6日連続走ってたし、連日の暑さ。疲れは当然残ってる。こ

の日のノルマ50kmを、一番重いギアの42×11で走り通すために、力を

適度にコントロールしながら走った。前にも書いたように、上りと下りしかな

いコースだから、上りはダンシング(立ちこぎ)も含めてそこそこ頑張って、

下りはスピードが出過ぎないようにラクに走るって感じ。人が少ない時間帯

とはいえ公園だから、人や犬との衝突は絶対避けなきゃなんない。いくら賠

償1億円のスポーツ保険に入ってるからって、金で済む話じゃないもんね。。

    

後半かなりバテたものの、結局かなりのハイペースでノルマ達成。走行距離

50kmでAv28.0なんて、多摩川まで行ってちゃまず無理な値だ。近所の

公園のサイクリングコースで、人が少なくて風も弱いから出せる値。なかな

か効率がいいし、緑に囲まれて環境もいいから、手が治っても時々やろうか

な。同じコースをグルグル回り続けるのは、高校陸上部時代で慣れてるしね。

   

ともかく、乗鞍まで僅か2週間になってしまった。もうほとんど休みなしで、一

気に追い込む予定。ハッキリ言って、また今年も似たようなタイムになりそう

な感じだけど、やれるだけの事はやっとこう。来年以降も射程に入れて☆彡

| | コメント (0)

本を読むこと、本を書くこと~『ホタルノヒカリ』第5話

 待て 3分考えろ

 考えました 開けてください

 チャンスだろ それは君にとって チャンスじゃないのか

 エッ?

 上手くいく友達関係より 上手くいかない恋愛に挑む 

 最後のチャンスかも知れないぞ

 いいか 上司が部下に私事をベラベラ喋るのは美学に反するゆえ

 これまで敢えて口にしなかったけど 私は妻と別居したことを後悔してる

 いや 正しくは 妻の申し出を黙って受け入れることが 

 大人の男の採るべき態度と思ったことを悔やんでる

 ホントは言いたかった やだもんって

 別居なんてやだもん 君といたいもん

 君が好きだもん 君を失いたくないもん

 そう言いたかった でも 言えなかった

 思いをぶつけて 受け入れてもらえなかった場合

 無様な思い出として 深い傷になる

 しかし君は若い たとえ無様な思い出でも 何もないよりマシだろ

 どれだけ恋愛から遠ざかってたのかは知らないけど

 久し振りに恋に落ちたんだろ 他人を好きになったんだろ

 その気持ちを 愛おしいと思え

 久し振りに他人を好きになることが出来た自分を 愛おしいと思いなさい

 部長~・・・

 思いは、言葉にしなければ伝わらないんだよ

  (ツーツー ・・・ プルルル)

 はい

 肝心な事を言い忘れてた 今回 私が仕組んだことではない

 じゃあ 一体 誰が?

 君が言ってた、恋の神様が仕組んだんじゃないのか

 部長~・・・
  
     

         ☆          ☆          ☆

面白い! 初回を超えて、過去最高の出来だ♪ いつもと同じ脚本家・水橋

文美江やその他スタッフ&キャストが、いつも以上の力を発揮したのかも知

れないけど、今回初めて演出補から演出へと出世した茂山佳則の力も大き

かったのかも。

    

ボケ満載、ツッコミ所満載。「ヘソで茶を沸かす」ほど笑えるし、テンポが良く

て引き込まれるし、ウチにとって何より重要な深みもそれなりにあった。点数

にすると80点、4段階評価ならAか優だ。素晴らしい!と絶賛するほどのイ

ンパクトはなくても、前回みたいな「これで何書くの?」って悩みは全くなし♪

最後、毎度おなじみの縁側のオチにもうちょっと切れがあれば85点だった。

時間があればかなり色んな事を書けそうなのに、運悪く急な仕事が入ってし

まったので、いきなり本題に向かおう。いきなり帰らないようにネ♪

    

今回、メディア向けのサブタイトルは「干物女遂に告白!恋の神様が降りて

きた」。一方、タイトルバック直後のサブタイトルは「干物女と恋の神様」だ。

一長一短でどちらがいいとも言えないけど、2つに共通するのが恋の神様

で、明らかに今回の中心的な言葉だ。それに対して、ちょっと気になる言葉っ

て感じだったのが、山田姐さん(板谷由夏)の尊敬する知人が言ってたって話

「本を読むように恋愛する」って台詞。蛍(綾瀬はるか)手嶋マコト(加藤

和樹)が「どうゆう意味だろ」「よく分かんないですよね」っていう「普通の会話」

に成功したものの、その後も説明は全く無かった。

    
   
個人的にちょっと思ったのは、脚本の水橋はやっぱり現代思想を少しかじっ

てそうだなってこと。初回のタイトルバック直後にいきなり難解なジャック・ラカ

の言葉を引用してたし(初回の記事で考察済み)、今回も現代思想の源流

の一つと言うべき哲学者ニーチェの言葉「らしきもの」を引用してた(末尾の

P.S.参照)。一方、水橋の頭の良さもずっと感じてたことで、そこから考える

今回のドラマの本質も、20世紀思想界でキムタク的人気を誇ったミシェル・

フーコーの出世作、『言葉と物』を意識してるような気がしてしまう。

     

流石に深読みしすぎかも知れないけど、少なくとも何かそういった素養がない

と、「恋の神様」と「本を読むように恋愛する」とを、ドラマの中で結びつけるの

は難しいだろう。皆さん、両者の関係がお分かりかな? シ~~ン・・・ほら、

返事がなくて淋しいよ。。やっぱ疑問形はリスク高すぎるわ、山田姐さん♪    

ともかく、こうゆう時こそマニアック・レビューの出番♪ じっくり考えてみよう。

     

ニーチェが確かに書いた有名な言葉の一つに、「神は死んだ」というものがあ

る。この解釈はともかく、神の存在 or 不在というのが、古来多くの人の関心

を引きつけて来た問題なのは事実。神の存在を示すとされる「証拠」の一つ

は、世の中の仕組みの見事さだ。物理法則とか論理法則とか難しい言葉を

持ち出さなくてもいい。テレビという魔法の箱を使えば全国で同じドラマを見

られるし、ケータイやパソコンなんていう特殊な機械を使えばいつでも遠くの

人とコミュニケーションできる。機械なんてなくても、言葉が他人に通じること

自体、あるいは人体の構造や機能、天体の変化の規則性・・・etc。普段何と

も思ってなくても、あらためて考えてみると、世界は見事な完成度を誇ってる。

    

そこで神を信じる者は、例えば次のように言う。「これほどの世界が偶然でき

るとは思えないから、誰かが意図的に創った、あるいは仕組んだに違いない。

それは世界の上あるいは外に位置する特別な存在で、これこそ神なのだ」。

これに対して、そんなの偶然にすぎない、特別な存在なんてのは勝手な思い

込みにすぎない、とかいう反論ももちろん可能だ。

ただ、いずれにせよ次の事は認めてもいいだろう。世の中の仕組みの巧みさ

や素晴らしさには、人間を超えたレベルに感じられるものがあるということだ。

    

今回のドラマで、恋の神様なんてものを蛍が思いついたのは、自分とマコトは

初デートできなかったのに、その直後にステキ女子=優華(国仲涼子)とマコ

トが「偶然会った」から。自分の代わりに優華がマコトと東京デザインアワード

に行ったって話を二ツ木(安田顕)から聞いた蛍に対して、優華が「マコト君の

事を考えながら歩いてたから、神様が私に味方してくれたのかも」と言ったの

を聞いて、高野部長(藤木直人)にボヤくことになったわけだ。「これまで一生

懸命恋愛してきた人の所には、何て言うか、恋の神様みたいな、そうゆうの

がついてるんじゃないかって思うんです」

    

これに対して、高野の反応は「あっ、そう」を連発するだけ。直前に蛍に何時

間も風呂に閉じ込められてムカついてたのかも知れない。あるいは、その罰

として蛍から取り上げた、コンビニのサンドイッチと牛乳パックらしき飲み物

に夢中だったせいもあったかも知れない。ともかく、何とも素っ気ない態度だっ

た。でも実は、「恋の神様」という言葉、あるいは運命のように自分を超えた

ものののイメージは、高野の心に深く突き刺さってた。それを表すここからの

展開の巧みさは、神様なんて持ち出すべきじゃなく、スタッフ&キャスト、みな

さんのおかげでしたと言うべきだろう。特に、水橋(脚本)、茂山(演出)、綾瀬、

藤木の名前を挙げるべき所だ。

    

まず、恋の神様に見放されたらしい蛍が、やっぱり上手く行かない恋愛より

上手く行く友達の方がいいと言うのに対して、高野が「そう・・」と溜息をつく。

翌日、会社で高野がまた溜息。そして屋上で妻・深雪(黒谷友香)に事務的

な電話連絡をし、「君が望むなら、離婚届に判を押そう」とまで言う。その直

後に、また閉じ込められた蛍から怒りの電話があって、この記事の冒頭に

引用した部分へとつながる。

     

要するに高野は、別居中の妻のことをもう「仕方ない」と諦めた。あるいは

運命(or 神の定め)を受け止めたのだ。自分の知らない所で、妻は大学の

後輩と一緒になってたわけで、これはどうしようもない事実だ(二ツ木が高野

狙いでウソついたんじゃなければ♪)。一方、今さら妻に「やだもん」とすがり

ついて「受け入れてもらえなかった場合、無様な思い出として深い傷になる」。

だから、「恋の神様が仕組んだ」運命を溜息と共に静かに受け止めた。

    

これは、「本を読むように恋愛する」一つのパターン、諦めヴァージョンとでも

言うべきものだ。つまり、他人が書いたストーリーを読むように、逃げたり避け

たりすることなく恋愛の現実をそのまま受け止める。神は、「妻が自分を離れ

て後輩に向かう」ストーリーを書いたのだから、自分はそれを読んで(受け止

めて)諦めようってことだ。

それに対して「上手く行かないから面白い」と言ってた山田姐さんは、「本を読

むように恋愛する」別のパターン、楽しみヴァージョンだ。神が書いた本、つま

り上手く行かないストーリーを受け入れて、面白い展開の小説だな、今後どう

なるのかしら、と楽しんでるわけだ。

     

さて、そうは言っても高野もホントは、神が書いたストーリーに自分で納得でき

ない部分がある。そしてまた、蛍は若い部下だ。そこで高野は、上から説教口

調で、ホタルに「本を書け」と言ったのだ。他人が書いたストーリーを読むより

も、自分で書け。受動的・消極的に生きるよりも、能動的・積極的に生きろ。

これは、「言うは易し、行うは難し」の典型で、高野自身にはできないのだ。自

分で書くのは大変な作業で、上手くいかないと無様で深い傷になるし、責任も

自分に降りかかる。だから、年齢のせいにして、自分の代わりに若い蛍に檄

を飛ばしたってこと。

    

もちろん、これは別に悪い事じゃないし、蛍にとってプラスに働いたようだから、

少なくとも結果オーライだろう。「高野の言葉は、蛍のためを思って口にした心

温まるアドバイスだ」なんて普通の受け取り方も、別に間違ってるわけじゃない。

ただ、高野も蛍と同じく、恋や人生に悩む一人の人間。二ツ木に言わせれば

「女に幻想を抱き過ぎ」で、妻と後輩の不倫にも気付かずやり直そうなんて考

えてる哀れな男にすぎない。

    

蛍から見ると高野は上に見えるかも知れないけど、高野から見ると逆に蛍が

上に見える場面もあるかも知れないなってこと。それが分かれば、例えば一番

最後の高野の「私は君の、君の、・・・ここが許せん」って怒りも、単なるオチじゃ

なく、上手くやった蛍に対する嫉妬とか八つ当たりのように見えてくるわけだ。

そうすると、マコトから蛍に電話がかかって来た時の高野の複雑な表情もよく

理解できるだろう。。

      

本を読むことと、本を書くこと。もちろん、どちらも重要だ。生きるとは、本を読

みつつ書くことなんだから。ただ、上手く行かない人生を避けたり逃げたりせず

に受け止めたい時、本を読むというイメージは有効かも知れない(例えば重病

患者)。その遥か延長に、信仰とか宗教があるわけだ。

一方、受動的・消極的に惰性で生きてる人間にとって、本を書くというイメージ

はピンと来ないだろうけど、だからこそ逆に重要なのだ。自分が無意識の内に

避けてるもの、知らないうちに欠けてるものを知る手がかりになり得るし、自分

が実際にやってる事(読むこと)を明確に把握する手がかりにもなり得るのだ

から。男が分かってこそ女も分かるのだし、苦しみを味わって楽しみも味わえ

る。同様に、書くことを知ってこそ読むことを知ることになる。。

     

        ☆          ☆          ☆

私にとってドラマのレビューとは、まさに本を書くことだ。それは、本にしてすぐ

出版できるくらいの量の文章を自分で実際書いて来たって意味だけじゃない。

他人が作ったドラマ、つまり他人が書いた本を読むに留まらず、能動的・積極

的に自分で書き込みしてるって意味でもあるわけだ。

    

例えば、今回ここでは、「恋の神様」と「本を読むように恋愛する」という2つの

言葉を結びつけて、ドラマを統一的に捉え直している。それなりの自信は持っ

てるものの、制作サイドが本当にこう考えて作ってるとまで断言するつもりは

ない。ただ、比喩として言うなら、「ドラマを読む」だけじゃなく、「ドラマを書く」こ

とも大切でしょってことだ。与えられたもの、既にあるものを受け止めるだけじゃ

なく、自分から創り出すこと、書き加えていくこと。これは、自分を創ることでも

ある。実際、数時間前の私は、ここに書いたような考えはおぼろげに持ってた

だけだ。それが今、明確な形に出来上がってる。膨大なパワーを費やして自分

の考えを創ること。これほど知的で刺激的な遊びもなかなか無いだろう♪

     

そして最後に、もちろん「ブログを読む」だけじゃなく「ブログを書く」ことも大切

でしょ、と言いたい。ブログを書くとは、自分で運営することだけじゃなく、他人

のブログを読んだ後で自分なりの考えをまとめること。できれば、文字にする

こと。それは自分の手元に置いたままでもいいし、記事やコメントの形で公開

してもいい。公開すれば、他人とのハイタッチ、つまり共同作業の成功の確認

&共感を味わう可能性も開ける(例えば蛍とマコト)。あるいは、ブログに触発

されて自分で何か行動を起こすのも、ブログを書くことの一つと言えるだろう。

     

それが他人から見て平凡なものであったとしても、気にする必要はない。自分

が頑張って書いたのなら、行動したのなら、必ず自分は新しくなってる。「自分

探し」とは違う「自分創り」。読むことによる変化とは別種の変化。お金も道具

も要らず、ただ自分を素材とするアート。「自分の、自分による、自分のため

の芸術」に成功したのだから。

    

という訳で、今日からあなたもインテリア事業部の一員、あるいはデザイナー。

皆さんも始めてみませんか? って言うか、ウチの常連さんならもう書いてます

よネ? シ~~~ン・・ やっぱ、疑問形はダメだよ、山田姐さん!♪

ともかく、久々にテンメイ節を炸裂させて自己満足した所で、今週はこの辺で。。

エッ、もう誰もいないの? あっ、そう♪☆彡

     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.二ツ木が大好きな高野のために言った、「女なんて、俺たちよりずっと強

    くて、したたかで、図太い神経の持ち主なんだよ」って台詞は、身の回り

    を見渡してもかなり正しいと思う♪ 特に、女が自分から別れを切り出し

    た時には90%以上の確率で他に好きな男がいる。あと、男の方が過去

    を引きずる。やっぱり、女より男の方が可愛いわけよ。

    あっ、それを強調したくて二ツ木はあんなこと言ったのか。奥さんより自分

    の方が可愛いぞってことネ♪

    

P.S.2 別れに限らなければ、男も女も同じで、淋しい時には「代わりの人間」

      を求めるもんだ。例えばマコトは優華とデザイン展に行ったし、優華

      は神宮寺要(武田真治)を遊びに誘ってた。二ツ木も高野に熱い視線

      を送ってた。そりゃ、代わりじゃなくて本物か♪

    

P.S.3 往年の大女優グレタ・ガルボ(Greta Garbo)の名前は、ユーミン=松

      任谷由実のペンネーム「呉田軽穂」としても有名らしいけど、「最も美

      しかったのは腕を組んで歩く老夫婦だった」とかいう名言はかなり怪

      しい。普通に検索してもほとんど出ないし、世界中の厳しい視線に鍛

      えられてる英文の引用句検索「Wikiquote」にもない。

      ニーチェ(Friedrich Nietzsche)の「夫婦生活は長い会話」とかいう名

      言(っていうか平凡な言葉・・)も、かなり怪しい。英文のWikiquoteに

      見当たらないし、日本のウィキクォートでは「出典を確認していないも

      の」に入ってる。普通に検索すると、一応『人間的な、あまりに人間的

      な』って書名が出るけど、引用の仕方や記事数から考えて、かなり疑

      問が残る。

      この辺り、『プロポーズ大作戦』のリンカーンの台詞の時にも指摘した

      けど、制作サイドはもうちょっとキッチリ調べて使うか、ドラマの中で出

      典の怪しさを示すべきだと思う。例えば台詞を、「昔読んだ本に~と書

      いてあったような気がしますが・・」とするとか。

      なお、もし手元の本で確認できた方がいらっしゃったら、お詫びして訂

      正するので、書名、出版社名、ページ数を教えて頂きたい♪ あるい

      は、ウチなんかに書くよりも、ウィキクォートを正しく編集しては如何?♪

    

P.S.4 「顔なし女」は面白くなかったけど、「どっこい庄一」「どっこい庄太郎」

      に続く「よっこい庄太郎」の登場はちょっと感動してニヤけた♪

      ちなみに今回一番笑ったのは、蛍がマコトに告白した時の「埋もれて

      たと言ってもゴミじゃなくて」とか言う余計な言い訳と、マコトのキョトン

      とした表情。二番目は、「ブログ、ブログ! やってないし」っていう一

      人ボケ突っ込み☆

      それに対して、閉じ込められた高野の「そりゃ仕方ない・・・って、どう

      ゆう事だ!」ってノリ突っ込みはイマイチ切れが足りなかった。

    

P.S.5 蛍が高野を閉じ込めた時のつっかえ棒(orつっかい棒)の使い方に、

      「それじゃ、すぐ開くだろ!」と突っ込んだのは、私だけ?♪

      ま、新聞をかけた蛍が可愛かったからいいけどネ。。

    

P.S.6 エコだか安全性だか知らないけど、ゴミの出し方はホントうるさくなっ

      たよな。ウチの田舎なんて、ゴミ置き場に鍵がかかってて見張り当番

      までいる。ま、守らない人間がいるから仕方ないのか。蛍みたいに♪

    

P.S.7 美奈子(浅見れいな)の「エビスのバーの施工計画」って台詞。「施工」

      (せこう)と「施行」(しこう)を間違えてる人を見ると、気になって仕方な

      い。ちょっと性格が高野に似てるかも♪

      ま、そうゆう私も、20歳過ぎまで「提携」を「ていたい」と読んでたけど

      ネ。つまり、「携帯」(けいたい)とゴチャ混ぜにしてたわけ。バイト先で

      後輩に指摘された時はかなりショックだった(^^ゞ

    

P.S.8 屋上のヘリコプター用の看板が目立ってた。あとで使うのかな。『ハケ

      ンの品格』みたいに。。

    

P.S.9 お気に入りの物が半径1m以内にある状態で寝転がるってのは、確

      かに最高かも♪ 究極は、縁側よりも、病院に入院してる状態かな。

      食事もトイレもナース任せ。いや、経験ないけどね。でもこれ、人生最

      後って意味でも究極か。そう考えていくと、「干物女」なんて言葉も、若

      くて健康な女性だから使えるわけね。。

    

P.S.10 3度目に蛍を閉じ込めた「恋の神様」は二ツ木だったらしい。確か

       に彼は神のように超越的な部分を持ってた。蛍の知らない間に蛍

       を閉じ込めることが出来るのに、蛍の側では反撃できない。また、

       高野の知らない間に奥さんの情報を仕入れることが出来るのに、

       高野が二ツ木に対して似たようなことをすることはできない。

       これは、人間の知らない間に世界を一方的にコントロールする神

       の超越性と同じ形だ。。☆彡

   

P.S.11 途中で触れたフーコーの名著『言葉と物』。これは、言葉と物で書

       かれた世界という名の本を、人間がどう読み、またどう書いて来た

       かについて研究した難解な本だ。

       ちなみに、人間が本を書く行為自体も神が書いた本の中での出来

       事だ(予め定められてる)という考えももちろん可能。真相はまさし

       く、神のみぞ知る。。ただ、神がどうであれ真相がどうであれ、人間

       にとっては、人間が書くということは決定的に重要なことなのだ☆彡

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

   安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (4) | トラックバック (7)

6日目~久々の陸上月刊誌で気合注入☆

RUN16km,1時間20分50秒

蒸し暑い! 今年2番目にキツイ気象条件だったな。。ピンポイント予報だと

27度になってたけど、28度に感じた。この辺りの1度の差が結構大きいの

は、冷房の設定温度でもすぐ分かることだ。あるいは湿度が高かったのかも。。

    

070809 さて、連続6日目の今日もまた、かな

 りサボリそうな気配だった。最近暑く

 て熟睡できてないから、眠かったのだ。

 そんな中で既に5日連続走ってるから、

 腰も疲れてる。こうゆう時は何か気

 合の入るものが欲しいってことで、たま

 たま古本屋にあった『月刊 陸上競技

 8月号』(講談社)を購入。定価980円

 (税込)が200円(同)だったってのも大

きいけどネ♪

           

『月陸』と略されるこの雑誌については、2年前の秋の記事「陸上月刊誌とラ

ンナーズの比較」で1度触れている。『陸上競技マガジン』(ベースボール・マ

ガジン社)と共に、トップアスリートの写真や紹介記事満載で、芸能人情報誌

(例えば『Myojo(明星)』)に似てると書いといた。一方『ランナーズ』は、マラ

ソンを中心とする長距離市民ランナーのための懇切丁寧な情報誌だ。高校

陸上部時代は前者、最近は後者をちょくちょく見てたけど、この日はトップ選

手の活躍を刺激にしたかったわけ。

    

いきなり表紙が末續慎吾(100m,200m)のド派手な姿だし、日本選手権

の特集に加えて、懐かしの夏の高校総体(インターハイ)の完全ガイドも付録

で付いてる。あと長距離で言うと、大阪世界選手権のマラソン代表記事(尾方

剛,土佐礼子)や、あの超人ラドクリフの記事に目が留まった。連続写真だと

女子5000m絹川愛(仙台育英高)の「とても柔らかく、美しいフォーム」には

ホホーッて印象。トレーニング講座だと、宮崎・小林高校の06年9月の実践

例で、質の高いスピード練習が光ってた。ともかく、200円分の刺激は十分

受けたぞって感じ♪☆

    

ってことで、クソ暑くて疲れてる中でも、それなりの走りは実行できた。のんび

り走ればいいと思ってたのに、ほぼ1km5分をキープできてるし、連続写真

を見たせいか、それともまた短いビーチウェアで走ったせいか、ストライド(歩

幅)が大きめでいい感じの走りだったと思う。ただし、周回終了後の給水&水

浴び、帰宅後の冷たい物の暴飲暴食は欠かせない♪

    

さあ、これで月末から月初めのサボリは取り戻せたと思う。後は、ここから更

に先に進めるかどうか。今晩は時間がないから休むかも知れないけど、少な

くとも明日は走るはず。また、捻挫中の左手で自転車に挑戦する予定☆彡

    

 往路(2.45km)    13分20秒 (タイムは推定。心拍計電池交換中)

  1周(2.14km)     10分53秒                 

  2周              10分43秒                 

  3周             10分39秒        

  4周              10分37秒          

  5周              10分30秒        

  6周(0.4km)        2分38秒(給水・水浴び込み)         

  復路               11分30秒        

  計 16km    1時間20分50秒    

| | コメント (0)

5日目~乗鞍の参加証到着☆

(7日)BIKE40.8km,Av26.8

痛たたた・・・やっぱダメだ、左手は。。歩道での自損事故による捻挫から既

に10日、日常生活はかなりフツーに送れるようになってるけど、自転車はま

だ苦しかった。マズイよなぁ。。

   

070808 今日はまた仕事が後ろにズ

 レ込んで、ほとんどサボりそ

 うになってた。でも、今月末の

 全日本マウンテンサイクリング

in 乗鞍の参加証が届いたので、

グッと我慢して深夜の公園へ。前に封筒の活字が変だって指摘したのはちゃ

んと直ってた♪ ま、当然だけどネ。

          

さて、ホントはそろそろ多摩川に復帰したいけど、まだ自信がない。往復の

幹線道路や歩道がイヤだし、遠くまで行って左手の痛みがひどくなったら大

変だし、そもそも自転車が本当に直ったのかどうかイマイチ怪しい気もする。

ってことで、先週金曜日に続いて公園のサイクリングコースで妥協。結果的

にこれはまたまた正解だった。やっぱり、振動とか色んな動きが辛かった

    

ただ流石に前回よりは良くなってて、実際Av(平均速度)が21.8から26.8

へと急上昇。まだ遅すぎると思われるかも知れないけど、前から書いてるよう

に、このコースは上りと下りしかなくて、しかも公園だから下りでは飛ばせない。

おまけに今日は全て42×11の一番重いギアで走ってるから、結構な負荷に

なってる。ダンシングも左手をかばいつつ少しは取り入れたしネ。ちなみに

拍計はまだ電池交換中。多分、平均135くらいじゃないかな。ランニングと比

べると遥かに低いものの、自転車特有の足腰の負荷はかかってるはずだ。

    

さて、量的にはイマイチだけど、これで一応5日連続達成。あと1日続ければ、

月末から月初めまでのサボリを取り戻せるはずだ、と勝手に確信してる♪

時間がないけど、頑張ってちょっとだけでも走ろっと!☆彡

| | コメント (0)

4日目~ビーチウェアでハーフ♪

(6日)RUN21.1km,1時間48分55秒

連続4日目。やっぱ暑い! でも一昨日の地獄の暑さに比べればかなりマシ

だったな。ピンポイント予報によると、公園の気温は26.5度前後。私にとっ

てはこれでも暑過ぎるけど、一昨日の夜の29度と比べると雲泥の差だった♪

    

さて、この日は新しい試みにチャレンジした。普通の人の3倍くらい汗かきな

ので、長く走ってると短パン(ハーフパンツ)がビショ濡れになって太腿に張

り付いてしまう。かなりの妨害だし、汗疹ができてしまうことも珍しくない。そ

こで、以前沖縄で衝動買いして以来一度も着てなかったビーチウェアをはい

て走ってみたのだ。水着(スイムウェア)というよりはビーチウェアで、男女兼

用の派手で短いショートパンツ。ブログのトップページに沖縄の写真を飾って

て思い出したってわけ。昼間だとちょっと恥ずかしいけど、夜なら全然OKだ。

    

で、結果的にこれは大正解だった。太腿が涼しいし、かなりラクだ。軽い素材

でかなり短いから、本格派用のランパン(ランニングパンツ)に近い。私も高校

陸上部時代は当然ランパンを使ってたけど、さすがに単なる3流市民アスリー

トとなった今ではちょっと気が引けるし、ハーハーゼーゼー全力で走らなきゃ

なんないような気がしてしまう。そこへ行くと、カラフルなビーチウェアなら全然

気軽だ。ランパンと違ってスソがちょっとジャマに感じたけど、普段よりは遥か

にラク。という訳で、疲れと暑さのわりにはいい感じでハーフを走りきれた。タ

イムはまだまだ論外とはいえ、目標タイムの1時間50分は切ったし、ちゃん

と距離を稼いだんだからOKでしょ。

ちなみに、一昨日よりマシだったとはいえ、周回後はやっぱり給水&水浴び

に1分近く使ってしまった。ちゃんと走る前にも給水してるんだけど、暑くて。。

     

ともかくこれで、先月末から今月初めまでのサボリの分は7割くらい取り返し

た感じだ。あと2日続ければ完全にイーブンになる、と勝手に思ってる♪ 乗

鞍まで既に残り3週間を切ってしまった。最後まで諦めずに頑張るぞ!☆彡

         

  往路(2.45km)     13分15秒 (タイムは推定。心拍計は電池交換中) 

  1周(2.14km)     11分10秒                

  2周              11分10秒                 

  3周             10分55秒        

  4周              10分50秒          

  5周              10分50秒        

  6周              10分55秒          

  7周              10分55秒          

  8周(1.22km)        7分00秒(給水・水浴び込み)  

 復路               11分55秒        

  計 21.1km  1時間48分55秒     

| | コメント (0)

沖縄のビーチの暑中見舞い♪

070807_2  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

暑いなぁ・・! 暑中見舞いってのは立秋の前までって話だから、今日が最後。

南の島のビーチに行きたいなぁ、とか思ってたら、素晴らしいサイトを発見☆

その名も「美ら島物語」。ちゃんと読めるよネ?♪ JALグループのJTA(日本

トランスオーシャン航空)が運営する沖縄紹介サイトで、ダウンロードページに

は無料の美しい壁紙が大量に置かれてる。登録も専用ソフトも必要なく、単な

る画像として並べてるだけ。著作権もうるさい注意は無くて、ページの一番下

に小文字の英語で1行だけ書かれてるのみ。

何と太っ腹なんだ! エライぞ、JTA♪☆

         

という訳で、サイト紹介も兼ねて「プログの壁紙」として1枚掲載させて頂いた

(Photo by Kou)。JTAは何度か使ってるし、宣伝してるんだからOKでしょ。

ちなみに、ウチのPCの壁紙も今これを使ってる。私にとって、これぞ沖縄の

心象風景。ビーチに佇む彼女と私。海と共にきらめく愛。。♪

夏はやっぱ、海だねぇ~!☆彡

| | コメント (2)

向精神薬の闇との苦闘~『オーバードーズ(精神薬依存)』

「オーバードーズ」という言葉は、まだ一般にはそれほど知られてないだろう。

でも「薬物依存」なら誰でも知ってるはずで、昔は麻薬や覚せい剤などへの依

存を指す言葉だった。ところが今では、心の病に対して普通に処方されてる

薬(向精神薬)の過剰摂取による薬物依存が問題になってる。この過剰摂取

オーバードーズ(over dose:略してOD)。これは例えば、リストカットとかと

並んで、有名な夜回り先生・水谷修が戦ってる強敵の一つとも言えるだろう。

    

今のところ若い世代が中心なのかも知れないけど、内容的には中高年の間に

も十分浸透しうる恐れのあるものだ。試しにウィキペディアで「オーバードーズ」

の項目を調べると、「オーバードーズで亡くなった人物」として有名人の名前が

ズラッと並んでいる。もちろん正確には、「亡くなったと思われる」と言うべきだ

ろうが、それにしても世界的に大きな問題となってることは感じ取れる。

     

NNNドキュメント’07『オーバードーズ(精神薬依存)』は、一人の女性患者(仮

名:ノリコ)がそこから這い上がろうと苦闘する姿を中心に描いたもので、覚悟

はしてたものの余りに重くて、記事は止めようかなと思ったほどだ。でもラストは

一応かすかな光を見せてくれたことだし、スポーツやドラマだけじゃなく社会問

題について発言するのも重要だろうから、簡単な記事を書いとくことにした。

    

精神疾患(心の病)というと、昔は一部の人のものというイメージがあったもの

の、今では「心の風邪」という言葉が示す通り、身近な存在だ。特に、うつ病の

カミングアウトをする患者・元患者は、有名人の中でも珍しくなくなっている。

これに対する現代精神医学の治療は、世界的に薬物療法中心のようだ。

観的な診断マニュアル(とりわけ『DSM』)と医師の経験をもとに、個々の患者

適切な薬物を処方する。薬物の有効性や安全性は、少なくとも建前上は、

しい科学的チェックを受けたもので、かなりの医師(過半数かどうかは不明)

は薬物を信頼して処方し続けてるし、患者も実際に服用している。ただ問題は、

処方と服用が正しく行えるかどうかということで、どの程度の割合かは議論の

余地があるけれど、無視できない数のオーバードーズ(過剰摂取)が起きてし

まってるのが実情のようだ。

        

今回の女性が過剰摂取してたのは「リタリン」(Ritalin)。これは代表的な商品

名であって、一般的な薬品名はメチルフェニデートだ。20世紀半ば以降、うつ

病やナルコレプシー(突発的に強い眠気に襲われる病)、ADHD(注意欠陥多

動性障害)に広く使われて来たとの事。彼女もちょっとしたことで精神科のカウ

ンセリングを受けてリタリンを処方され、不幸にものめり込んでしまったらしい。

     

こうした事態について考える際に重要なのは、どこに問題があると見て、どう

するのかということ。番組では、薬そのものの危険性と、安直に処方する医師

やネットの違法サイトの問題性を強調してたように感じた。女性の精神的弱さ

もかなり描かれてたかも知れないけど、それを責める資格のある人間は、医

師とごく身近な人間(親、恋人、相談相手など)だけだろう。

         

安直な医師や違法サイトの問題性は明らかとして、微妙なのは薬そのものだ。

そもそも世界中で医薬品として何十年も使われてるわけで、単なる悪役でも

なければ毒でもない。ただ、精神医学をとりまく世界が、薬の過剰摂取とか不

適切な投与・流通という問題まで深く考えてきたがどうかは気になるところ。日

本でリタリンを販売している「ノバルティス ファーマ株式会社」(番組では名前は

出ず)のサイトで、リタリンの添付文書を読んでみて、目にとまったのは「使用

上の注意 2.重要な基本的注意(2)」。そこにはこう書かれてる。「連用によ

り薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間

に注意し、特に薬物依存、アルコール中毒等の既往歴のある患者には慎重

に投与すること」(色づけによる強調は引用者)。

          

要するにこれは、医師個人の能力や努力、心がけの話であって、薬物療法

という科学的な外見の治療法の基本に、何とも人間的な要素が据えられてい

わけだ。だからやっぱり薬はダメだ、当てにならないというのはもちろん早計

で、むしろ、だからやっぱり薬には人間的フォローが非常に重要なんだ、とい

う話だ。ここから何が導かれるかというと、まず医師の人間的能力(知識や技

術でなく)に対する厳しい姿勢やシステムが必要だということ(チェック、賞罰)。

また、患者の側も、薬だけをもらって安心・満足してしまう姿勢を正し、医師を

慎重に選んで長く付き合う必要がある。さらに、患者でなくても、薬物依存とは

どうゆうことなのか、具体的に知っておくべきだろう。例えば中学・高校だけで

なく、大学でもビデオ教材とかを用いて必修の講義を行うことなどが挙げられ

よう。

    

最後に強調したいのは、結局大切なのは人間であって薬じゃないということだ。

もともと精神科に行くことになったキッカケは仕事や人間関係。安直に薬を与

えたのは医師(最初の医師ではなく新宿の医師)だし、安易に依存を深めたの

は本人。それを支えたのは恋人だし、そこから抜け出す地獄の苦しみを手助

けしたのは専門の医療機関の治療者たちだ。もちろん、最後に立ち直らせた

のは、本人の強い意志が一番のポイントだ。

      

現実には、違法なドラッグならともかく、合法的医薬品の白い錠剤が不要にな

る世の中は遥か彼方だろう。だからこそ我々は、あくまで人間として、この物質

と最善の関係を結べるように努力し続けるほかはない。医師も患者も、企業も

第三者も。今はただ、必死に薬物を断った彼女が、二度とオーバードーズの闇

へと戻らないことを祈るとしよう。。

NNNドキュメント、丹念に重い事実を伝えていく、見応えある番組だった☆彡

| | コメント (0)

連続3日目、短時間のジムで汗だく・・

RUN7km ; BIKE18.6km,35分,462kcal,心拍Av160程度

200w(毎分85~90回転)×3分,214(同)×28,220(90~95)×3,

250(同)×1,150(70~80)×1

    

脚が重い。。昨晩の気温29度のハーフがかなり脚に来てたなぁ。。ゆっくり

走ったけど、湿度も高くて完全な我慢大会だったもんね。。

    

さて今日は連続3日目。日曜だけど、自宅で仕事の締め切りに追われてた。

ま、仕事が無くても、クソ暑い昼間に自転車に乗る気はしなかっただろうな。

って言うか、左手の捻挫がまだ痛くて乗れないんだけど。。

ともかく、ちょっとでも走っとこうと思って、入館リミットぎりぎりでジムに駆け込

んで、すぐバイク。今日も結構人がいたな。外が暑いからっていうのもあるん

だろうけど、みんなよく頑張るわ♪ 時間は僅か35分だから、ホントは220w

くらいで回したかったんだけど、ジムまでのランニングで脚のダメージを感じ

てたので、控えめに214wのキープ。この値は、要するに1時間800kcal

負荷ってことで、キリがいいのでよく使ってる。早くこれを軽々と回せるように

ならなきゃマズイんだよなぁ。。

         

最初は、かなり冷房が効いてるように感じたけど、すぐに両手が汗の玉だら

け。気のせいなのか、どうも今年は冷房の温度を少し高めに設定してるよう

に思えてならない。ひょっとすると、スタッフに高齢者を採用し始めてるからっ

てことが関係してるのかも。今までずっと、入り口は学生かバイトっぽい女の

子ばっかだったのに、今年はおじいちゃん一歩手前って感じだもんね。。

ま、とにかく全身汗だくで35分ガマン。両脚付け根に汗疹が出来たほどだけ

ど、このくらいの短さならかなり辛くてもわりと大丈夫だ。それに対して、昨日

のハーフは2時間近くのガマン大会だったから、精神的にもキツかった。。せ

めて今晩程度の暑さならマシだったのにな。

    

ともあれ、これで一応3日連続。明日も明後日も走る予定。果たして、有言実

行なるか。メンタルはいいんだけど、左手と気象条件が大きいかも。。☆彡

| | コメント (0)

07年7月の全走行距離

RUN21.1km,1時間56分00秒

暑い・・・夜なのに29度かよ! 湿度も高い! 今までは梅雨明けの遅れを

利用して涼しい夜に走ってたから、25度前後だったと思う。ところが遂に梅雨

明けってことで、もう贅沢言ってられない。生活は乱れまくってるから朝ランな

んて全く無理。ってことで、湿気や気温の高さを極端に苦手とする私にとって

は地獄のハーフになった。。

    

まず、公園に向かう往路ですぐ引き返しそうになる。話にならない蒸し暑さ!

ウォーキングでも辛そうだ。本来なら自転車が一番マシなんだけど、まだ一週

間前の事故の後遺症で、左手の捻挫が治ってない。昨日ムリしてちょっと乗っ

てみたらかなり痛かったので、やっぱりランニングしかないのだ。ハーフなん

て全く自信なかったけど、事故後のゴタゴタとかでサボリまくった後だから、こ

れでも最低限度の運動量。という訳で、当然スロースタートだ。

    

クソ暑いわりには公園の人は多かったけど、ランナーはやっぱキツそうな感じ。

一人だけわりと速いランナーがいたけど、ハーハーゼーゼー、目一杯って走

りだ。私はひたすら我慢大会で、ものすごく久し振りに腕時計を見ながら走る。

心拍計の電池が切れたのだ。買って2年だから、カタログ通りの電池寿命だっ

た。いつも心拍を見ながら走ってるから、どうも調子がつかめないけど、まあ

かなり控えめのスピードをキープ。「暑いな~!」とか時々ボヤきながら、何と

か周回終了して、給水&水浴びを1分ちょっと。もう帰りは歩きたかったのを

グッとこらえて、途中のコンビニもグッと通り過ぎて帰宅。その後は当然、冷

たい物の暴飲暴食♪ 美味し~い!☆

    

心拍計がないからラップタイムを記録してないけど、トータル1km5分30秒

ほどだから、大っ嫌いなコンディションにしてはよく頑張ったと思う。汗でビショ

濡れの短パンが太腿にまとわり付いてたし、今のランニングの実力ならこん

なもの。毎年この時期は、熱中症一歩前みたいなフラフラの走りを経験して

るんだけど、今日は最初からわりと上手くスピードコントロールできた。でも、

こんな我慢大会は当分やりたくないな。。テレ東『TVチャンピオン』かよ。。^^;

        

さて、話変わって最後に、遅まきながら7月の全走行距離を発表しよう。

   RUN 170km ; BIKE 441km

    

いやぁ、勝負に「たられば」は禁物って言うけど、7月末の自転車事故さえ無け

れば、BIKEは700km前後まで追い上げてたと思う。それなら、まあまあって

感じになってたのにな。折角、右脚の故障にも関わらずRUNは頑張ってるの

に、肝心のBIKEがこれじゃあね。。

    

ま、やっちゃったものは仕方ない。幸い、自転車は直ってるし、左手の捻挫も

少しずつ治ってる。今月末の乗鞍まで、週に6日くらい走る感じで追い込もう!

投げたらアカン!☆彡

    

070805   

  

  

  

  

  

  

070805b

| | コメント (0)

痛みに耐えつつリハビリラン開始・・

BIKE40.8km,Av21.9,心拍計電池切れ

痛たたた・・・まだ全然ムリだった。事故&捻挫から1週間、サボリ4日間

そろそろ自転車に乗っても大丈夫だろうと思ったら、スタートする時点から

躓いてしまった。。

    

事故と仕事を中心に、諸々の理由で丸4日もサボった直後だから、流石に

今晩は多摩川でナイトラン60kmくらいやろうかなと思ったんだけど、捻挫し

てる左手にも、交換した前輪にも、さっぱり自信がないから、控えめに近所の

公園のサイクリングコースでリハビリランをすることに。結果的にこれは大正

解。多摩川まで出かけてたら、また事故ってたかも知れない。。

    

最初に躓いたのは、メーターのセンサー。以前の前輪に付けたままだったの

で、あわてて新しい前輪に付け直す。そして、いざ自転車にまたがってスター

トしようとすると、左手が痛くて上手くいかない。知らなかった。またがるだけ

で、左手をこんなに使ってたのか。。この左手。転倒時に自分を犠牲にして身

体や頭を支えてくれた殊勲選手だから、あんまし悪く言いたくないんだけど、

厄介者になってるのは確かだ。内側(親指側)を中心にして、ある一定の方向

に力を加えるのなら結構OKだけど、それ以外はまだかなり痛い。

    

ってことで、痛くないように左手を使って走ってたんだけど、これがやっぱりダメ

だった。ジムのバイクと違って、自転車だと路面からの振動が結構あるから、

左手にビンビンと響いてくるわけ。仕方ないから、痛みがひどくなったら右手一

本にして、しばらく後にまた左手を添えるって感じで、トレーニングって言うより

リハビリ。あるいは、痛みの我慢大会って感じの走りだった。

        

まあそれでも40km我慢したから、まあまあってとこか。かなり無理したから、

さすがに明日は自転車に乗れないな。ランニングかジムにしよっと。これから

乗鞍まで、ほとんど休まない予定。美ヶ原直前の追い込みのロングヴァージョ

ン。果たして、実行なるか。乞うご期待☆彡

| | コメント (0)

安らぎへと回帰する緊張~『ホタルノヒカリ』第4話

  ビール断ちしてよく頑張ったよなぁ 自分

  あ~飲みたいな 縁側でビール

  いつものように グビッグビッ クワァーッと

  いかんいかん それどころじゃない

  今日は 何たって 初デート

  おっと! デート♪ デート♪・・・

  おぅ この前ありがとな ビール

  いいえ ビール♪ ビール♪・・・

   (家に直帰、冷蔵庫をパカッと開いて) 

  アァッ!!

    

           ☆          ☆          ☆

「どっこい庄一」「いただきマンボ」「ラッシャー板前」までは、わりとマネしやす

い言葉で、全国の職場・学校・家庭で心地良い冷房の役目を果たしたはずだ。

でも「どっこい庄太郎」までいくと、あまりに無意味でマネしにくいよな。複雑な

心境の時にゴロゴロするのも、アホに見えるからイヤでしょ♪ でも、「踊る阿

呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損、損」っていう阿波踊りの唄もある。

高野部長(藤木直人)も、結局はアホ宮=雨宮蛍(綾瀬はるか)と一緒にゴロ

ゴロしてたし、マネしてみようかな。

    

個人的には、前回に続いて今回も蛍がやってた妙な踊りの方が好きなんだ

よな。「デート♪ デート♪ ウォッホッホー!」とか叫びながら、両手と片膝を

突き上げてた踊り。あれがドジョウ掬いじゃないことは、もはや明らかだと思

うけど、いまだに「ホタルノヒカリ 蛍 大根踊り」で検索すると実質的にウチ

しか出ない ^^; 「ホタルノヒカリ 蛍 踊り」でも、妙にウチが目立ってるし、他

にいい情報も出ない。箱根駅伝の応援だけじゃなくて、バラエティ番組でも

見たような気がするんだけど、何だったっけなぁ。

自分で踊ってビデオ撮影して、YouTube に動画アップして情報を公募しようか。

アホらしいから止めとけ? あっそう。ここにリンク貼ったら、10人くらいはア

クセスすると思うけど、読者を10人失うことになるか♪

       

さて、かなり緩い出だしになった今回の記事。要するに、困ってるわけよ。初

回はともかく、第2話、第3話と記事に悩んで来たけど、今回はあまりに書け

なくて1回パスしたくなった。見てるだけなら退屈しないけど、何書くの?って

感じ。いや、フツーの記事ならすぐ書ける。だけど、ウチらしいマニアックな記

事を書こうとしたら、ほとんど絶望的。。

    

例えば手嶋マコト(加藤和樹)の腕時計のブランドは「VABENE」(ヴァベーネ)

で、安くてオシャレだから若いデザイナーにはピッタシとか、彼氏のお誕生日

プレゼントにいいよ、なんてことを書けばいいのかね。何なら、もうちょっとマ

ニアックに、この言葉は「イエス+チャオ」の意味を表すイタリア語だ、なんて

書いてもいいけどさ。こうゆうのはP.S.とかにオマケとして挿入する話だよな。

とか言いつつ本文に入れちゃったけど♪

舌をペロッと出したトラっぽいネコのマーク「E121 VEN-CAT」ってのも、

意味不明だし、あれを追求してもねぇ。「可愛い♪」ってノリの感想なら、女性

ブロガーにお任せした方が良さそうだし。。

       

ところで、この前アップした『ドラマのマンガ化について』って記事、狙い通りニ

フティのトップで紹介されたから、相当なアクセスを頂いた (^^)v 皆さん、もう

読んだかな? ドラマの原作にやたらマンガが目立つようになってる現状が、

ドラマ全体にどんな変化をもたらしてるかってお話で、ウチとしては珍しい一

般論の記事だ。変化の主たる要素としては、極端さ、現実離れ、分かりやす

さ、ゲーム性、独特の映像表現、とかを挙げている。

    

『ホタルノヒカリ』も、ひうらさとるのマンガが原作で、上の要素の中だと、分か

りやすさと独特の映像表現が目立ってる。その点は、『華麗なる一族』と比較

すると明らかだろう。『華麗』は、金融と鉄鋼の話をある程度以上理解してな

いと、大人でも分かりにくいドラマで、だからこそナレーションによる解説も時々

入ってた。マンガっぽい映像表現も見当たらず、むしろ大人向けの経済映画っ

て感じの作品。あれを視聴率的に大成功させたスタッフ&キャストはお見事。

特に主演のキムタク=木村拓哉のタレントとしての総合的力量は圧倒的だ☆

「華麗ぱん」はわりと平凡だったけど♪

    

それに対して『ホタル』は、平日22時っていう大人の時間帯にも関わらず、小

学生(高学年)でも分かるドラマだ。たとえリノベーションとかデッドスペースな

んて単語が分からなくても、横井庄一なんて知らなくても、このドラマを楽しむ

のに困らないはず。一方、イモムシみたいにゴロゴロする姿、「プーッ」「誘っ

てよ」っていうロボットみたいな動き、「冗談は顔だけにしてちょんまげ」、大根

踊りとかは、マンガ(orギャグマンガ)っぽい映像表現と言っていい。

      

こうした傾向は、必ずしも悪いものじゃないどころか、多くの視聴者に喜ばれ

るのかも知れない。でも、やっぱりちょっと引っ掛かるものがある。見てるその

場はそれなりに面白くても、軽くてスカスカしてしまうし、次回も絶対見ようって

気にはなりにくい。単発のギャグは、後につながらないのだ。

実際、個人的には、回を追うごとに期待が薄れてきた。来週なんて、ブログが

なければ見ないかも知れない。ま、今までもこうゆうボヤキは何度も書いたよ

うな気がするけどネ。。♪

    

           ☆          ☆          ☆

さて、ここで止めても、ブログのドラマ記事としてはそれほどおかしくないだろう。

字数も最低限あって、今回の内容もあれこれ取り入れてるし、ドラマのマンガ

化なんて一般論にも触れている。ただ、記事のタイトルと冒頭の引用の説明、

つまり本論がまだだから、残り時間で一応書き加えてみよう。強引にネ♪

    

人間は最初、母親の子宮の中で安らいでる。複雑な人間関係に悩んでゴロ

ゴロすることもなく、テストやノルマにあおられることもなく、飲み食いの心配も

ない。その後、母の体内から出て、様々な外的・内的ストレスにさらされながら

生きていく。大体、10代から40代くらいまでが緊張のピークで、最後は灰に

なって、あるいは千の風になって、再び安らぐことになる。

つまり、安らぎから緊張を経て、再び安らぎへと回帰するわけで、これが人間

の生(正確には存在)の最も大きなリズムだ。

     

これは、1日っていう単位のリズムとも考えられる。スヤスヤ寝てる状態から起

きて、昼間頑張って、最後はまたスヤスヤ寝る。あるいは、私のブロガーとし

てのリズムでもある。週初めは気楽なもの、週1のドラマ記事を書く木曜前後

に緊張して、週末からまたのんびり。あくまで、ブログだけ見ての話だけどね。

    

今回の蛍の場合、大きく見ると、緊張と安らぎ(弛緩)の3つのリズムが重なっ

ている。1つ目は、恋愛、正確には恋のリズム。干物女としてまったりくつろい

でる所へマコトが登場して、初デートを中心にしたリズムが描かれる。緊張の

ピークは、遅刻してあわてて待ち合わせ場所に向かったけどマコトがいなくて

携帯でさよならされる辺りだろう。わざわざ買ったのに無意味だった洋服は、

値札を捨ててしまったから返品できないはずだ。カレーパンの匂いも付いて

そうだしね♪

     

2つ目は、仕事のリズム。これまで雑用っぽい事に追われてたのに、山田姐

さん(板谷由夏)の発案で、いきなり社内コンペ参加でクリエイティブな仕事を

求められることに。ペアを組むのは、マコトを取り合うライバルのステキ女子

=三枝優華(国仲涼子)だし、争う相手ペアはマコトと先輩の神宮寺要(武田

真治)。時間も僅かしかないから早起き&残業、帰宅後は玄関で「ビール・・」

とか言いつつ倒れこんで、優しい高野に新聞紙をかけてもらうことになる。

全国の視聴者が「毛布じゃなくて新聞かよ!」と突っ込んでそうなこのシーン、

半ばギャグだが、半ばマジメだ。蛍にとって新聞は、一番安らげる毛布なんだ

から。結局、無事コンペに勝利、ネコマークにお礼した後、一仕事終えて上手

いビールを飲む時点が、安らぎへの回帰。もちろん、デートを思い出してあわ

てる瞬間だけど、それは別の次元、恋のリズムの話だ。

     

3つ目は、人生全体のリズム。「ずっと昔、遠い夏の記憶」が最初の安らぎで、

それを象徴するのが縁側とホタルだ。その後しばらく経って、飲み屋で知り合っ

た高野の父・ボンちゃんに割り箸袋の契約書で借りた家が、安らぎへの回帰

の始まり。上司と同居になろうが、アホ宮呼ばわりされようが、雨ガッパの報い

による雨戸攻撃に襲われようが、もはや他に安住の地はない。縁側で手打ち

うどんを踏む楽しさも味わえるし、庭で防火訓練さえ出来るんだから♪

    

070803c  以上、3つのリ

ズムが重なる様

子を図に表すと、

左のようになる。

ピンク色が恋、

水色が仕事、

青色が人生だ。「恋も仕事も両方いっぺんは無理」だから、ピンクと水色の

ピークは少しズレてる。エッ、図が汚い? 放っといて! これでもWindows

のアクセサリーソフト「ペイント」で頑張ったんだから。手書きだと、折角のマニ

アックな努力が報われなかった『プロポーズ大作戦』のタイムスリップ記事を

思い出すからイヤだったわけ。。^^;

    

で、結局何が言いたいのかって? それは、蛍のリズムを考えると、仕事の

後で無意識に縁側のビールへと向かったのは当然だってこと。つまり、仕事

のリズムを表す水色曲線のピークの後、3本のグラフを全体的に見れば右

下がり、つまり安らぎを求める方向だから、緊張を極度に増す初デートより

縁側のビールを選ぶ方が自然なわけ。

         

もちろん、脚本&演出の細かいテクニックは上手かった。あらかじめビール

の差し入れをしておいて、職人さんのお礼の言葉で「デート♪ デート♪」が

「ビール♪ ビール♪」に変化。その前にネコマークにお祈り&御礼をしたの

も、実は縁側へと戻るための巧妙な伏線とも言える。ネコは縁側の安らぎを

表す記号だから。ただ、そうゆう細かい技が無くても、蛍は知らないうちに縁

側へ向かう流れだったのだ。

     

今回のサブタイトルは、メディア向け発表では「干物女、恋も仕事もいっぺん

にはムリ!?」、ドラマのタイトルバック直後の表示は「干物女は恋よりピー

ル!?」。この2つを比べると、後者の方が的確だ。でも、より正確に言うな

ら、「干物女は恋より縁側」あるいは「恋より安らぎ」なのだ。

   

ここから考えても、やっぱりこのドラマの結末予想は変わらない。最後は縁

側の安らぎしかないはずだ。ビール、ジャージ、チョンマゲも変わらないだろ

う。ただ、最後に高野がいるかどうかはちょっとビミョーで、これはリズムだ

けでは語れない。つまり、高野の存在が安らぎを与える「愛」のレベルに達

してるなら、ラストで蛍と高野が縁側に座ってネコとホタルを見ながらビール

を飲む、なんて映像がすぐ浮かぶ。でも、それは恋人同士の関係ではない

はずだし、ラストは蛍一人っていうのも十分可能。

     

そういった事態をまとめて、私は「中途半端なハッピーエンド」とか「小さなヒ

カリ」と呼んで来たわけだ。その予想に関しては、これまで全く変更はない。

『ホタルノヒカリ』のラストは、縁側の安らぎ、小さなヒカリだ。まるで今回のラ

スト、カレーパンに刺した1本のロウソクみたいに、ささやかで温かくて、ちょっ

ぴり寂しさを漂わせた光。。。

    

           ☆          ☆          ☆

最後にガラッと話を変えて、ステキ女子っていう存在について一言。前から

あちこちに書いてるように、かなりの綱渡りって印象だ。国仲涼子がキャス

ティング・ミスじゃないかって話とは別に、そもそも優華のステキさの強調が

甘い。要の絶賛をのぞけば、ちょっとだけ社内でもてはやされたり、コロッケ

蕎麦を食べた時に見知らぬサラリーマン3人を萌えさせた程度。今回なんて、

言われなければステキって感じは全くない。せいぜい、ちょっと可愛い女の子

であって、好感度とか共感度としてもビミョーだった。

    

もちろん、脚本家・水橋文美江の綱渡り技術は認める。まず、コンペの締め

切りが繰り上げになって、優華が諦めたように見えた時。蛍との険悪なやり

取りを見てて、ギリギリの技だよなぁと感心した。つまり、ホントに優華が諦め

て蛍が一人で頑張ったら、ステキ女子って存在はそこでおしまいだ。そこをあっ

さり、西麻布のカレーパンを差し入れに買って来ただけとか、軽いジョークと

かで切り抜ける。

     

その後、夕陽の屋上で「東京デザインアワード ロイヤルボックスシート プレ

ミアムペアチケット」(長いわ!)をマコトに返して、蛍を誘うように促すことで、

ステキさを少し取り戻す。さらに、最後近くで「ごめんね。あたし、蛍さんに意

地悪しちゃった」なんて言葉で一瞬オヤッと思わせて、マコトの誕生日を教え

た上に、「ステキ女子 わざわざ律儀に 電話で謝る(字余り)」

    

こうして、ギリギリで最低限のステキさを保ってるのは分かるけど、蛍に別れ

を告げた直後のマコトに偶然出会うだけでも多少マイナスポイントになるし、

蛍がカレーパンの誕生日プレゼントを買わなかったらギリギリ30分の遅刻

で間に合ってたかもと考えれば、ステキ女子のマイナスポイントはさらに増す

ことになる。

まあ、ステキ女子なんて存在が消えても、それほどドラマに悪影響はないの

かも知れない。その場合は、高野の妻・深雪(黒谷友香)が代わりに活躍す

ればいいわけか。うーん、「雑誌に書いてた」ように、ドロドロしそうだな。ま、

複雑な状況に困ったら、ゴロゴロすればいいわけね♪

     

ともかく、来週以降の展開、あるいは巻き返しに期待しよう。って言うか、もう

ちょっと深みやヒネリを入れてくれないと、ウチとしてはキツイなぁ。。マニアッ

ク・レビューを自称するならこの程度は書かなきゃ論外だろうけど、一体この

記事を力づくで書くのにどれほどのパワーを注いだことか。。

ドラマの選択ミスかな、とか今さら思っても遅いし、レビュー対象として他にめ

ぼしいものもない。見るだけなら一杯あるけどね。視聴率も全般的に低迷し

てるし、やっぱ当初の予想通り、夏ドラマは全て小粒ってことかな。

     

ま、ボヤいてても仕方ないから、今後も強引に腕力で書き上げるとしよう。パ

ワーが残ってればね。案外、来週はコロッと態度を変えて、絶賛してるかも知

れないし♪

ではまた。。☆彡

    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今週は高野の「もんもん攻撃」が陰をひそめてたな。冒頭で小さく、

    「別に複雑じゃないもん」と呟いただけ。。

    

P.S.2 シネコン内の「デッドスペース」って言葉は、文字通り訳せば「死ん

      だ空間」だから、やっぱりリノベーションとか再開発の路線だ。つま

      り、かなりネガティブな状態を表す言葉になってる。たとえ、実際の

      空きスペースの外観は華やかでも。。

    

P.S.3 蛍がそのまま着まわしをパクってるらしい『オフィスファッション』

      9月号。1か月の着まわしが記事にできるのはOLだからであって、

      サラリーマンの記事だったら似たような写真が並ぶギャグだよな。

      雑誌を検索してももちろん出ないけど、Yahoo!の2ページ目で

      早くもコスプレ記事がヒットするのは笑えた。嫌いじゃないかも♪

    

P.S.4 手打ちうどんがやたら目立ってたのは、後の話への伏線かな?

      それとも単なるアクセントか。『プロポ』の流し麺とか十割ソバみた

      いなもんか。水と塩はともかく、中力粉(ちゅうりきこ)、打ち粉ね。

      初めて聞いた単語で勉強になった。常識? あっ、そう♪

      どうでもいいけど、こないだ手打ちうどんを買ってきて、ゆでずに

      そのまま冷やし麺にして食べてみたら、モソモソして超マズかった。

      真似しないようにネ。そんなヤツいない? あっ、そう♪

    

P.S.5 「プレミアム」ペアチケットと、SUNTORY PREMIUM。こんなに

      スポンサーに気を使ったら、再放送で困るんじゃないのかね。。

    

P.S.6 今週のスピンオフ(派生作品or外伝)、「メンズホタルノヒカリ」第4

      夜では、豪徳寺(丸山智己)が山田姐さんを誘って東京デザイン

      アワードに行ったことになってる。でもあの感じだと、この2人はな

      いな。やっぱ山田姐さんは要との凸凹カップルか。。

    

P.S.7 どのくらいまで相手を待つのか、たずねたマコト。二ツ木(安田顕)

      が折角8時間59分なんて言ったのに、要が「30分待って来なかっ

      たら相手にされてないってことだよ」なんて言ったせいで、マコトと

      蛍は会えなかった。

      イチイチ他人に聞いて鵜呑みにすんな!と突っ込みたいところだ

      けど、ああゆうマコトのうぶな感じに年上の女性視聴者が萌えるっ

      てことかね。まあ、今はみんな携帯持ってるから、本人が来なくて

      携帯の連絡もなければ15分かも知れないな。良くも悪くも、ケー

      タイの影響は巨大だ。

      そのわりに、通信会社・端末会社・コンテンツ会社とトータルで見る

      と、イマイチ儲かってないみたい。案外、利用者も「儲かってない」

      のかも。それでも、今さら流れは止められないんだよなぁ。。

    

P.S.8 マコトのイスのミニチュア・キーホルダー。公式サイトのスタッフ日

      記によると、某マネージャーの手作りってお話。商品化して売れ

      ばいいのに。『野ブタ。をプロデュース』のキーホルダーなんて、

      しばらく経った後でも検索が入ってたもんな。。

    

P.S.9 シネマ・ライブラリー・カフェ、この後でホントに作るのかな。そこで

      優華がマンガ読んでたら、横に夏川結衣がゲスト出演でやって来

      るなんていう、『結婚できない男』のパロディもいいかも♪

    

P.S.10 蛍はまず、高野師匠の教えで作った手打ちうどんに感激して縁

       側で涙。最後は、マコトのさよならとビールの苦さに縁側で涙。

       キレイなコントラストだった。ここからも、蛍が高野寄りなのは明

       らか。ただし、いわゆるハッピーエンドではなく、縁側の安らぎ、

       小さなヒカリで終わるってこと。

       その意味で、最後のビール缶への書き込みは象徴的だった。

       「祝 初デート よかったな おめでとう」優しい気持ちがたっ

       ぷり込められてるものの、蛍と高野の距離をも示す言葉だ。

       今後2人の距離が縮まっても、この微妙さは残るだろう。。☆彡

    

P.S.11 今回の演出は、第2話に続いて南雲聖一。やっぱり南雲の方が

       面白いとは思う。ただ、演出の責任がどのくらいあるのかはともか

       く、ウチとしてはかなり書きにくい回だった。。

    

cf.女というものは存在しない~『ホタルノヒカリ』第1話

   ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話

   愛の道化の温かさ~『ホタルノヒカリ』第3話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較1

   『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較2

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回 

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   救われない生の存続と終焉~『白夜行』最終回

| | コメント (5) | トラックバック (5)

ドラマ記事に大苦戦中・・まだ当分ムリ・・

いやぁ、参った参った。今回のドラマ記事はさっぱり書けない。。今、こんな事

に悩んでる場合じゃないんだけどなぁ。キツイねぇ。。

    

さんざん苦しんで、今ようやく4割くらいの出来かな。とにかく、いつまでも考え

てるヒマはないから、明日の昼までにはアップする予定。早くてもあと3時間

らいはかかるな。ってことで、わざわざウチの記事を読みに来てくださってる常

連さん、また明日にでも来てくださいな。内容には期待しないでネ (^^ゞ

   

というわけで、今日の日付けの穴埋めを手抜きで済ませて、また頑張ろう。。☆彡

| | コメント (0)

事故後の混乱継続中!全く走れず生活崩壊・・

悲惨だなぁ。。事故で月末の追い込みが全くできないどころか、月初めまで

混乱を引きずるとは。何もかもパニック状態。。

    

先週末、歩道の自損事故なんていう訳の分かんないものに見舞われて以来、

元々乱れてた生活が崩壊してしまった。自転車の前輪(ホイール)を買うのは

初体験だし、前輪だけだとなかなか売ってないから、調べて注文するだけでも

かなりの時間ロス。おまけに左手の捻挫のせいで、全ての作業が遅い。例え

ば今やってるキーボード操作なんてのも、まだ不自由だ。前輪が月曜に届い

てからも、交換作業が大変。特にタイヤをホイールにはめ込むのに一苦労。

      

ようやく前輪交換を終えても、ブレーキ調整がまた分からない。パッドは何度

か交換してるからいいとして、ワイヤーの本格的調整は初体験だ。そもそも、

何でワイヤー調整が必要になったのかがいまだに納得いかない。リムの太さ

が変わったなんて話ではないようだ。

理屈はともかく、ブレーキを直さないと乗れないのは確か。近所の自転車屋は、

ママチャリ用とか変な頑固オヤジとかしか知らなくて、ちょっと遠くにある専門店

はそこで自転車を買った人しか修理しないなんていう姿勢。人に頼るのも気が

引けるので、やっぱり自分で直すしかない。

      

ネットや本で調べても、いい情報が出なかったけど、試しにアーレンキーを使っ

てブレーキ本体とワイヤーのつながり具合を調整してみたら一発OK。どうして

1分ちょっとで済む簡単な方法をハッキリ強調してるサイトがほとんどないんだ

ろう。何かマズイことがあるから、なるべく避けろってことかね。締め方が緩い

と危ないってのは当然のことだけどさ。。

ま、細かい話は今後の課題として、とにかく最後はあっけなかったけど、そこ

に至るまでに時間がかかった。

           

そして今日。朝ランやろうと思ったら急な仕事が入って、ナイトランしようと思っ

たらメーターが見当たらない。事故後の混乱でどっかへ行ってしまったようだ。

1時間半くらい探して、結局発見できず。まさしく徒労。。さらに、心拍計が突然

電池切れになって、説明書を引っ張り出して対処法を探す始末。

     

結局、月火水と、自転車だけじゃなくランニングもゼロ。。おまけに、メーターと

心拍計はこれからどうにかしなきゃなんないし、左手の捻挫もまだ完治にはほ

ど遠い状況。一方、運悪く仕事もアクシデント連発で、完全に追い込まれた。。

イライラの極致ですることはただ一つ。寝ること♪ とにかく、ちょっと休もっと。

後のことはそれから。。☆彡

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »