« 長期低迷脱出への序曲☆ | トップページ | 連続3日目、空腹と闘いつつ積極的休養 »

善悪の彼岸へ向かう水戸黄門~『医龍2』第2話

第3話じゃないのかよ!と突っ込んでるそこのあなた。そりゃ、ごもっともな指

摘だ♪ 今は25日(木)夜8時半だから、あと1時間半で第3話が始まってし

まう。第1話が2日遅れ、『ハタチの恋人』第1話が4日遅れ、『ガリレオ』第1話

が6日遅れ。そして遂に『医龍2』第2話は7日遅れとなってしまったわけだ。

「1周遅れのトップランナー」って言い回しもあるし、あわてんぼの読者が第3

話に関する最速の記事だと勘違いしてアクセスしてくれることを祈ろう。ま、中

身を読まないだろうから意味ないけどね♪

    

ちなみに、この記事はもともと、例によって、『医龍2』第2話、軽~い感想♪、

と名づけるつもりだったけど、書き終えたらそこそこ重かったので、マトモな題

に付け替えてる。ただしあくまで、普段の激重レビューとは別種のお手軽記事

なので、そのつもりでね☆

     

       ☆             ☆             ☆

さて、初回の2時間半スペシャルでまさかの視聴率21.0%を達成した医龍

2、第2話では16.8%に急降下ってことで、このくらいが定位置じゃないかな。

福山雅治と柴咲コウなら20%維持できたかも知れないけど、坂口憲二

田有紀水川あさみじゃ10%台後半だろう。せめて女優2人の髪型をどうに

かすれば0.1%ずつくらい上がると思うんだけど、それはまあいいや♪

逆に言うと、初回の視聴率は凄かったのだ。トリプル手術とライブデモ、昔の

メンバー総出演(鬼頭=夏木マリ霧島=北村一輝など)で、完全に視聴率

を取りに行ってたし、秋ドラマのスタート直後っていう時期的な幸運も力添え

となったんだろうね。

    

で、第2話を見終えた感想を一言でまとめれば、まずまずだ。客観的評価を

点数で表すと、75点くらいかな。甘めに見れば、80点出してもいいかも知れ

ない。80点って言うのは、「いわゆる」(カニカニ♪)優とかAだ。別の言い方

をするなら、やっぱりこのドラマは優等生、全体的な出来はいいのだ。

   

音楽(澤野弘之・河野伸)と映像は、第1話と比べると目立たなかったけど、

相変わらず上手い。もう少し細かく見ると、音楽は教科書的で、ストーリー的

関山藍果『Aesthetic』を流す機会はなかったけど、それぞれのシーン

で「正しい」曲を流してた。その適切さを言葉で表現できないのが残念だ。音

楽について語るのは難しい。ちなみに主題歌のAI『ONE』は、一つの心臓、一

つの心、一つのチーム、一つの社会を象徴してて、なかなかいい曲だと思う。

    

映像の方は音楽と違って、単なる教科書的なものじゃなく、ちょっとヒネリ

入ってる。斜めの映像の多用が象徴的だし、水槽を通したリスクマネージメ

ント部長・野口賢雄(岸部一徳)の上下逆転カットなんてものもあった。カット

のつなぎ方やズームは上手いし、光(明暗)の使い方も見事。このあたり、第

1シリーズから受け継いでる長所だ。

患者の西沢孝文(牟田悌三)孫(山本裕典)が会見場に入って来るシーン

(ワークブーツの足元を映す暗いスローモーション)もいいし、屋上の青空とか

でホッとさせてくれる配慮もある。片岡一美(内田有紀)がニューヨークへ人材

確保(=ヘッドハンティング)に出かけたシーンの映し方なんてのも、思わず

微笑んでしまうくらい上手い映し方だ。

        

まあ、映像って言っても、脚本と演出と映像の役割分担がどうなってるのか

分かりにくい箇所も多い。例えば、明真メディカル・シティの模型に朝田龍太

郎(坂口憲二)がコーヒー(?)をぶっかけたシーンと、会見場の完成予定図

に孫が赤ペンキをぶっかけたシーンとの、ほど良いつながりとか。もちろん、

赤ペンキの直後にコーヒーをフラッシュバックさせるなんていう説明過剰がな

いのも良かった。

    

あと、芸が細かくて感心したのは、片岡が「よろしくお願いしますよ、医院長」

と丁寧な口調で高圧的な命令を口にしたシーン。院長がうなづく代わりに、手

前に映った水飲み鳥の置物が頭を垂れて音を響かせた所なんて、ザブトン

2枚って感じだ☆ 

さらに、「アイスバット」(メイトー=共同乳業の「ホームランバー」のパロディ)

の当たりとハズレなんて可愛い話を使って、ハズレた木原(池田鉄洋)は明

真大学付属病院に残り、当たった伊集院(小池徹平)が北洋病院に飛ばさ

れる。伊集院の当たり棒の向こうには、「貧乏くじ」の象徴として西沢と孫と

吉(佐々木蔵之介)の姿。頑張ってるねぇ。こうゆうのは演出の水田成英をホ

メるべきなんだろうな。努力はちゃ~んと見てるから、これからも頑張ってね♪

      

一方、今回笑えたのが、北洋医院長の名前の「善田」秀樹(志賀廣太郎)

私は「善だ!」と、名前で善良さをアピールしてるわけで、ネームプレートを見

た瞬間、思わず噴き出してしまった♪ 顔見りゃ、分かるわ! 片岡の社名・

イーグルパートナーズっていうのも、そのまんまやんけ!と突っ込んだ♪ ハ

ゲタカ外資の名前が「イーグル(=ワシ)」なんて、ギャグとしか思えない。ただ、

深読みするなら、イーグルパートナーズって名前は、イーグル=ハゲタカ外資

がやがてチーム医龍(メディカルドラゴン)のパートナー(=仲間)になることを

暗示してるのかも知れないね。これは、前回の私の希望的ストーリー予想とも

一致する。外資は単なる悪役には終わらないはずなのだ。って言うか、原作

の青年マンガとは一応独立したオリジナル脚本なんだから、外資を単なる悪

役にするなんて子供だましは止めて欲しい。。

     

笑いの話に戻すと、北洋病院の臨床工学技師(ME=Medical Engineer)の

野村博人(中村靖日)の対人恐怖症も笑えるし、消火器外科医・松平幸太朗

(佐藤二朗)の雰囲気も笑える。佐藤は『タイヨウのうた』の警官役で名前を

覚えて以来、何となく好きだ♪ ガム男の血管外科・外山誠二(高橋一生)

お菓子&雑誌女の麻酔科・小高七海(大塚寧々)なんてのも、あそこまで分

かりやすいウザさだと逆に笑ってしまう。ま、やっぱオドオドPC男の野村君が

一番だけどネ。木原よりもいいアクセントじゃないかな。

    

で、いよいよ最後に、一番重要なことを書こう。肝心のストーリー構成。今の

所やっぱり「水戸黄門」で、伝家の宝刀・印籠を片手に地方で世直しする代

わりに、朝田のゴッドハンドを切り札として北洋病院の立て直しをするって構

図だ。正直、個人的には、水戸黄門なんてとっくに卒業してる。また年寄りに

なったら入学するかも知れないけど、今マジメに見る気はしないし、気軽に楽

しむ気にもなれない。

    

ただ、少し希望の光が差し込んでたのも事実だ。例えば、理想論=キレイ事

を語る善田に悪役・野口が説教するシーンを見てみよう。

   

   病院はそうゆうもんじゃない。誰もが平等に受けられる医療、

   そして地域に根ざした医療が必要なんです

   それを目指したキミの病院は破綻した。

   分かってる。悪いのはこの国の医療制度だ。

   当直と休日出勤で多くの勤務医は疲れ果て、常に医療ミスの恐怖に

   さらされながら、労働時間とリスクに見合うとは到底言えない給料しか

   もらえない。

   医者の献身と努力によってかろうじて守られてるのが日本の現状だ。

   人は、医者に聖人君子であることを求める。

   冗談じゃないよ。医者にだって生活がある。

   そのくせ患者ときたら、悪しきマスコミの影響でワガママし放題。

   生半可な知識で、やれ治療が悪い、やれ看護が悪い。

   ひどいのになると、救急車をタクシー代わりに呼ぶヤカラもいる。

   だったら、やつらの思うような病院を作ってやろうじゃないか。

   最高の医療、最高のスタッフ、最高のサービス! 

   その代わり、それに見合う報酬は頂く。

   それのどこがいけないんだ? それが現実だ。それが資本主義だ!

     

この野口の善田に対する説教は、言い回しのキツさや細部の粗さを除けば、

大筋でごもっともな話だ。だからこそ、階段で野口が、最後通告と共に朝田に

まで説教を聞かせた時、朝田は否定しなかったのだ。

   

   キミは、自分が聖人君子か何かになったつもりかね。

   こないだ、北洋の院長に説教したよ。医者は聖人じゃない。

   医者に重い責任と義務だけを押し付ける今の世の中は間違ってるとね。

   それを人々に知らしめるために、私が新生・明真を立ち上げる。

   この考えは間違ってる? 朝田君。

   いや、間違ってない。

   

この時、後ろの藤吉と伊集院は驚いてるが、その辺りが脇役の脇役たる所以

(ゆえん)だ。流石に主人公はそこまで能天気じゃない。でも、ほとんどの視聴

者は、その後の朝田の台詞の方を重視したことだろう。

「ただ、目の前に苦しんでる患者がいて、それに手を差し伸べない医者がいる

としたら、それは医者じゃない。オレは、医者だ」

    

この後ろの台詞に重きを置く発想こそが、「水戸黄門」的なものなのだ。複雑な

現実を表面的な善悪へと強引に分け、善が悪を懲らしめてスッキリする構図。

何とも庶民的なカタルシス。そこでは、悪代官がなぜ悪代官になったのか、ホ

ントに悪いのか、なんていう問いは、全く背景に隠されてしまう。

   

私は水戸黄門は小学校で卒業したし、水戸黄門に現代の医療問題は解決で

きない。印籠は通じないし、助さん、格さんの派手な立ち回りも空振りに終わる。

あえて強い言い方をするなら、一般市民が水戸黄門に見とれてるようではもう

ダメなのだ。悪代官を憎むヒマがあったら、医療制度や格差社会の深刻な現

状を直視して考えるべきだ。他人事じゃなく、自分やその周囲と直結する重い

話として。。

    

したがって、少なくとも外資の片岡は、悪のまま置いとくことはできない。命の

恩人のイケメン神様・朝田に対する恋愛2歩手前くらいの感情を背景に、外資

=「悪」と医龍=「善」をある程度歩み寄らせる必要がある。「それが現実だ」。

表面的な「善悪の彼岸」に、社会のリアルな姿はあるのだ。現代の水戸黄門

には、是非とも善悪を超えた地点を目指して旅して欲しいもんだ。

ま、野口くらいは悪の側に置いとく方が、ドラマとして面白いけどね♪ そうしな

いと、最後に野口がまた僻地に追いやられるっていうお約束も使えないでしょ。

        

さて、もう時間だ。結局、このドラマはどうするのかって言うと、「泣いて馬蜀を

切る」。ちょっと意味がズレてるな♪ ともかく、ここで切ることにした。全体的、

客観的に見た時、出来がいいのは明らかだから、もったいないオバケが出そ

うだし、去年のリタイアに続いて今年も落選ってのも引っかからなくはない。

        

でも、医療に特別な関心を抱いてる者としては、水戸黄門っていう「大衆娯楽」

よりも、むしろ新聞・雑誌・書物・ネットによる「報道」に目を向けたい。まあ、記

事を書かなくても、ドラマは時々見るつもりだ。命が残り僅かとなってることを

匂わせてた朝田の今後も気になるし、明真に淋しく残された荒瀬(阿部サダヲ)

ミキ(水川あさみ)の様子も見守りたいしね。公式サイトの予告によると、新し

い明真のエースっていうのは鬼頭で、これまた興味の湧く展開だ。余裕があれ

ば、最終回の記事くらいは書くかも知れないな。。

     

ともかく、医龍2にはひとまずここで別れを告げよう。

それでは淀川長治と共に、さよなら、さよなら、さよなら。。☆彡 (古!)

    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『善悪の彼岸』っていう言葉は、19世紀ドイツの哲学者・フリードリヒ・

    ニーチェの著作から取ってきたものだけど、有名な言葉を借りただけ

    で、内容的には特に意識してない。

    

P.S.2 理念を持ってるから朝田はつぶすと言った片岡。多分、何か暗い

      過去を引きずってるんだろう。理念を持ってた身の回りの人(自分

      とか父親とか)がつぶされたとかね。理念を持ってるから好きなの

      かと思わせて、逆につぶすと言った展開も上手かったし、もし伏線

      なら、張り方も巧みだ。。☆彡

   

P.S.3 この記事をアップした後、雑用をこなしながら第3話を流し見した。

      鬼頭が信念を持って野口と手を結び、朝田に説教。朝田は黙った

      まま反論せず。また、片岡はやっぱり過去に何かあったようだ。医

      師じゃないかとか鬼頭が突っ込んでたから、医療ミスか病院経営

      失敗かな。父親が経営失敗したとかいう話なら、外資への転身が

      説明しやすくなるけどね。

      ともかく、野口だけ悪者にしようとしてる流れも含めて、予想は結構

      いい線行ってるようだ。切ったのは勿体なかったかな。。(^^)v 

      

P.S.4 第3話最後の荒瀬の、マイナスとマイナスをかけたらプラスになるっ

      て話。一見もっともらしいが、子供だましの説明にすぎない。実際、マ

      イナスとプラスをかけたらマイナスになってしまうし、マイナスを3つか

      けあわせてもマイナスだ。

      単なるレトリック(言葉の技)で持ち上げても、所詮マイナスはマイナ

      スにすぎないんであって、それを強引にプラスに持っていく流れがやっ

      ぱり水戸黄門なのだ。。☆彡

                 

cf.神話的虚構から人間的現実へ~『医龍2』第1話

       ・・・・・・(以下、去年)・・・・・・

   権威的秩序vs破壊的天才~『医龍』第1話

   完成度の高い本格派~『医龍』第2話

   誤解と対立の爽やかな克服~『医龍』第3話

   君を必要としている人はいる~『医龍』第4話

   氷の涙~『医龍』第5話

   極限状況における人間の姿~『医龍』第6話

   屈折した愛と良心~『医龍』第7話

   『医龍』ひとまずリタイア・・

|

« 長期低迷脱出への序曲☆ | トップページ | 連続3日目、空腹と闘いつつ積極的休養 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

昨日コメント書き込もうとしても、書き込めなかったのですが。。。何でだ???
なので遅れましたが。。。
結局、医龍2はレビューおしまいってことですよね?

>淀川長治と共に、さよなら、さよなら、さよなら。。☆彡 (古!)

古っ!←知ってるけど(爆)

昨日の3話は結構面白かったよ(^^)
でも、疲れている木曜日の10時に見るには
ちょっとツライものがある。
うまく感想書けないんだもん。
思ったままを言葉にすればいいんだろうけどさ。
楽しいレビューは出来ない。
でも、裏のジョシデカもピンと来なかったよぉ。
夏より秋の方がドラマは面白いはず?なのに。
今クール、やばいよ。
来月放送の「SP」に期待しよっかなぁ。。。
うー

投稿: アンナ | 2007年10月26日 (金) 15時47分

テンメイ様、こんばんは。
とりあえず、候補のひとつ削除
ご苦労様でしたー。
少しでもかかわりのあったものを
切っていくのはつらいですからねー。

今回、キッドは木曜日のレビューが
まだなのでPSではテンメイ様に
抜かされている状態です。
は、反則?

今回、二話完結形式のような展開だったので
結局、三回やって
手術をほぼ二つ成功させたと・・・。
つまり、印籠を二回出させたわけですが
「お金をつっかえす」
ところがきれいごとすぎて
うぜーっと思ったキッドでした。

初回がまずまずだったジョシデカは
二回目で早くも破綻・・・。
ま、この脚本家にはよくあることですが・・・。
この日、一番面白かったのは
「おいしいごはん」(テレ朝)だった・・・。

ひえーっとのけぞる
取捨選択が苦手なキッドでございます。

投稿: キッド | 2007年10月26日 (金) 20時24分

こんばんは!
いきなりニーチェが出てきてすごいわ~~って脳みそが硬直したんですけど内容に関わらないって、ややほっとしてみたりしました(笑

あ、キッドじいやがおっしゃってる「おいしいごはん」の
子役の子がWSで泣いたのよね・・
すっかりほだされてねえ、見ようと思ってたのに
出かけてしまって忘れてました・・残念><。

失礼、話が飛んでしまいました。
医龍2にエリは最後まで付き合う予定です。
テンメイさんは琴線に触れる何かを探しておられるみたいですね。
で、2話で片岡が朝田に「潰れてもらいます」と言ったのは
過去の恋人がフラッシュしたかなあと勝手に思ってます。
荒瀬が潰れるなよと言ったあとでのこの言葉が
受けました。片岡は潰れた朝田をどうしたいのでしょう?全部引き受ける気があるから言ってるのかと。ちょっとロマンも感じさせてくれないかとかね。

あと2話3話とラストシーンでは必ず視聴者を気分よく終えるようにしているのでこのパターンを最後まで持っていくなら水戸黄門も悪くないと思っています。
医龍はここでおしまいなんですね。
でも外のドラマでというかガリレオですね、
(エリはさんまちゃんの方は見てないから)
ご一緒できますように♪

投稿: エリ | 2007年10月27日 (土) 00時26分

>アンナちゃん
   
こんばんは!
何でだろう??? テツ&トモにでも聞いて♪(古!)
って言うか、どうなったのか教えて☆
オレ自身、しょっちゅう書き込んでるけど
(当たり前)、トラブルなんてないよ。
たま~に古い記事にレス付ける時とかに、
スパム防止用の文字記入を要求されるだけ。

ま、ともかく医龍はさよなら☆
エッ、淀川長治なんて知ってるの? オレ知らないよ(^^)

うん、3話は2話より面白かったわ。
でも、曜日と時間帯の問題ってあるよね。
木曜の夜遅くは確かにダルイ。
思ったままだと楽しい感想にならない。。
そりゃ、言えた。オレは楽しむより勉強って感覚だったし。
ジョシデカ。。刑事ものって最近見る気しなくてね。
5年前の『逮捕しちゃうぞ』でさえ、すぐリタイア。
逮捕されたかったのに♪
ミニスカポリスは好きだよ。聞いてない? あっ、そう♪
  
夏より秋の方が面白い? ホホーッ。。
SP? フジの土曜ドラマは見る気しないなぁ。
『ライアーゲーム』で懲りたし、裏はさんまだもん♪☆彡
  
   
>キッドさん
  
こんばんは♪
そちらのレスによると、医龍の削除は歓迎のようですね。
僕は書くことにはそれほど困らないけど、
見ることに困るかな。どうしても引っかかっちゃって。。
でも全体的な出来はいいし、3話も面白かったし、
かなり残念ではあります。
ま、人生、別れの決断が重要ってことで。。
   
反則。。(^^) 確かに、いきなりP.Sで3話に
触れたのは前例のないことですしね。
二話完結。。僕も、直前まで第2話の記事を書いてた
こともあって、2時間ドラマ1本って印象。
印籠の出し方自体はインパクトがあっていいんですけど、
それを軸にしたストーリー構成が見づらくて。。
お金は、僕なんて見なかったことにしましたよ ^^;

ジョシデカもごはんも金八(or木八)も見てません。
時間がない。ホント、人生は短いですよ。
そりゃ朝田か。って言うか、話が飛び過ぎか。。♪☆彡
   
  
>エリさん
  
こんばんは!
ホホーッ、さすが人文系女子代表のエリさん♪
ニーチェに食い付いて来ましたか。
『野ブタ』の彰を思い出しますよね☆
そのうち、真正面から取り上げるかも知れませんよ。
読む人が少なそうだけど、物理よりはマシかも。。(^^ゞ

WSって単語が分からなくて検索しちゃいました。
ワイドショーでいいのかな。
『おいしいごはん』って、美味しそうだな。。
    
医龍2、「後は任せたぞ」って感じです♪
琴線に触れるっていうか、冷静な総合的判断なんですよ。
自分、読者、ブロガー、世評の求めるものを考えて、
1本だけなら何が一番いいかなって考える感じ。
これだ!って選び方じゃないんですよね。
って言うか、そこまでのドラマは最近ないし。

過去の恋人ね。なるほど!それは頭に無かったな。
医者の卵時代の同僚とか、ありそうですね。
荒瀬の「潰れるなよ」は僕の趣味じゃないもんで、
聞かなかったことにしちゃいましたよ(^^ゞ
ふむふむ、それはそうでしょうね。
片岡は、潰れた朝田を見て萌えるんでしょう♪
潰して引き受けるってのも、なかなか凄い発想だなぁ。
ひょっとして、エリさん好みとか。。^^
  
ラストの狙いは分かるんですけど、僕の趣味じゃないもんで。。
まあ、重いドラマだから、適切な工夫でしょうけどね。
『水戸黄門』はもちろん、日本を代表するっていうか、
世界的にも珍しいドラマだから、好きな人は多いでしょう。
せめて萌え要素があればなぁ。
さんまちゃんは全く趣味じゃないってことですか。
大好きな僕としては残念だな。。
さて、ご一緒できるでしょうか・・♪☆彡

投稿: テンメイ | 2007年10月27日 (土) 04時38分

テンメイさん、おっはー!

昨夜は爆睡してた(苦笑)
えっと、コメントの件だけど。。
前回書き込めなかった時のようにスパムがどうのこうのじゃなくて、ただ単に字が打ち込めなかっの。
うちのパソコンがおかしかったのかなぁ?
一旦ブログ閉じて何回かやったけど、キーボード叩いても字が打ち込めなくて???
でも、他のブログへは書き込みが出来たのよね。
なので???てっきりガードかけられたのかと思った。へんな人は出入り禁止?(爆)
ちょうど、昨日Explirerを7にバージョンアップしたからかな?でも、今はこうやって書き込めるわけだし。うーーん?謎。

投稿: アンナ | 2007年10月27日 (土) 06時56分

これでお別れって事なので(えっ?もちろんドラマ、、笑)
そんな事
わかってるって?あっそう(テンメイさん調、、笑)

>手前に映った水飲み鳥の置物が頭を垂れて音を響かせた所

反して、野口のアロワナが不気味で
効果的ですよね~。
そうかぁ、、水戸黄門。
自分の中で終わってるドラマって
ありますよね。
で、黄門様とくれば
ちなみにワタシは「渡る世間」(ボソ、、、笑)
えっーー実に不思議だ~?。(*^▽^*)ゞ
皆、引いちゃいますよね~。
でも、山岡さんが亡くなった時
さよならしました(´_`。)グスン

医龍は書きたい意欲がある回があったら
飛び入り参加して下さ~い。
それではまた(^_^)/~~

投稿: ルル | 2007年10月27日 (土) 11時23分

>アンナちゃん
   
寝る子は育つ。しっかり爆睡してくれたまえ♪
わざわざ教えてくれてサンキュー☆
字が打ち込めない? それは珍しいなぁ。。
ブログとかコメントと関係なしにだったら、
1回か2回くらいあったかな。再起動で治ったよ。
でも、他のブログへは書き込みが出来たのか。
意味不明。。。(@_@;)
他のココログにも書き込めたってことかな。
Explorer7へのバージョンアップは影響したかも。
ま、ともかく一応、記憶にインプットしとくわ。
貴重な情報、どうもありがとう♪☆彡
  
  
>ルルさん

アハハ(^^) 出た、ルル=テンメイ!
みんなで広めよう、テンメイ節☆
「じつに面白い」と共に、どんどん使ってください♪

アロワナ。。マニアックな名前を出しますね。
そうか、あれって古代魚だったのか。
だから、古い医者の野口の象徴なわけね。
南米、オーストラリア、東南アジアの淡水に生息か。
ってことは、タイで買ってきたものかも。
ただ、今回の野口には新しい部分もあるから、その辺の
処理が今後のストーリー展開で難しい所でしょうね。
  
僕の中で終わってるドラマって言うと、
時代劇と刑事ものかな。教師ものも辛いか。。
「渡る世間」! あっ、ちょっと意外かも♪
ルルさんなら足モミしながらずっと見てそう (=^‥^=)
じつに不思議だ☆
山岡久乃が亡くなってもう8年半なのか。
感じのいい女優でしたよね。。
   
医龍は、意欲もそうだけど、時間の問題が大きくて。
まあ、最終回には飛び入り参加したいと思ってます。
それではまた。。(^^)/~~~ ☆彡

投稿: テンメイ | 2007年10月28日 (日) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/16871586

この記事へのトラックバック一覧です: 善悪の彼岸へ向かう水戸黄門~『医龍2』第2話:

» 医龍2 [医龍2]
ドラマ医龍2の情報サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 20時56分

» 福山雅治・東野圭吾 ガリレオ 2007秋月9ドラマ [福山雅治・東野圭吾 ガリレオ 2007秋月9ドラマ]
福山雅治・柴咲コウ出演 作家・東野圭吾の短編小説集が原作の新月9ドラマタイトルが探偵ガリレオから「ガリレオ」に変更しました [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 21時36分

» 医龍2と働きマンの第2話を見たけれど。。。 [アンナdiary]
一応ドラマの初回は出来る限りレビューをしたものの。疲れちゃった〜〜〜(@@)/ マジ、私には毎日のレビューは無理。なので、3〜4本に絞ろうと思いますが。。。医龍と働きマンは脱落の予感が。。。... [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 22時24分

» フジテレビ「医龍 −Team Medical Dragon 2−」第2話:捨てられる患者 [伊達でございます!]
本当の物語の始まりは、ここからでした。「バチスタの次を考えている」という朝田は、「チームをつくるために日本に戻ってきた」と。さらに「自分には時間がない」とも。 [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金) 00時24分

» 口で言うより拳銃の方が早い。(仲間由紀恵)VSチョコレート・・・。(大塚寧々)VS・・・追い出してごらん。(草刈麻有) [キッドのブログinココログ]
うわあ・・・ついに捕まった・・・。っていうか木曜日・・・面白すぎるぞ・・・もう「 [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 02時01分

» 医龍2(2) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 16.9%・・・前回(21.0)より [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 10時59分

« 長期低迷脱出への序曲☆ | トップページ | 連続3日目、空腹と闘いつつ積極的休養 »