« 緊急メンテナンスのお知らせ☆(20日) | トップページ | 東京の追加当選を諦めて青梅へ☆ »

『ガリレオ』第5話、ドラマと原作の比較

あ~、またズルズルと遅れが拡がってきた。忙しい秋に、これだけのドラマ記

事を書くっていうのが無理なんだよな。仕方ない。ここらで強引に先週分の原

作記事を書くことにしよう。第6話「夢想る」(ゆめみる)は後回しってことで。

        

第4話「壊死る」(くさる)に続いて、第5話「絞殺る」(しめる)も、ドラマと原作

(東野圭吾『予知夢』文芸春秋,第四章)はかなり違ってる。例によって、相違

点を箇条書きにしてみよう。ドラマ放映後、既に1週間以上経ってるけど、広

い意味ではネタバレ記事と言えなくもないので、十分ご注意あれ♪ 特に、こ

れから原作を読もうと思ってる方は、以下の文章は読まない方がいいと思う☆

    

ドラマの自殺者・矢島忠昭(岡本光太郎)が経営する長野の「ペンション・ヤ

ジマ」だけど、原作は東京の小さな部品工場で、社員が3人いる。その中で一

番年配の坂井善之が「最大の」共犯者だ。もう1人の共犯者が妻・貴子(水野

美紀)。長野って設定は、自然に囲まれた清らかさの演出と同時に、原作で複

雑だった妻のアリバイを分かりやすくするための工夫だろう。

    

ドラマでは子供は中学生(or高校生)の秋穂(大後寿々花)1人だったけど、

原作では小学校5年の秋穂と3年の光太の2人いる。原作の秋穂は喘息じゃ

ないし、特にひねくれてはいない女の子で、火の玉目撃以外はほとんど活躍

しない。ってことは、ドラマは寿々花=ニコのちょっとクセのある魅力を存分に

発揮させてたわけだ。

     

ドラマは電気配線工事の人を持ち出して密室殺人を強調してた。原作では

そうゆう話はなくて、貴子や従業員らがやったとは言えないっていうことが、少

しややこしく書かれてる。

    

ドラマでは、ホテルの部屋の焦げ跡は丸いけど、原作では幅1センチ、長さ

5センチとハッキリ書いてある。つまり、ドラマは火の玉の形になってるけど、

原作はアーチェリーの弦の形を暗示してるのだ。ちなみに、原作の火の玉は

1つだけ。つまり、2本目の弦が切れて、弓が大きくはね返った後だけだ。

    

ドラマではコーヒーカップ2つが残されてたけど、原作では缶コーヒーで、他

にタバコの吸殻もあった。吸殻から犯人の血液型がB型って話になるけど、

実は偽装工作だったようだ。

    

原作には内海薫(柴咲コウ)は登場してないので、例の「ベッドシーン」はな

い。だからと言って、代わりに草薙刑事(北村一輝)湯川学(福山雅治)と妖

しい雰囲気になるわけでもない♪

   

ドラマで湯川に恋愛相談を持ちかけたのは、ゼミの谷口紗江子(葵)だけど、

原作では男子学生で、名前もないしアーチェリーとも無関係。湯川が学生結婚

に反対する理由として「統計」を持ち出すと、ドラマの内海は「そうゆう考え方し

てて人生楽しいですか?」と突っ込んだけど、原作の草薙は思っただけで口に

は出さなかった。つまりドラマでは、湯川と内海の「夫婦ゲンカ」が大きな魅力

の一つなのだ。

   

「一射入魂」って言葉は原作では工場だけにあった。湯川が昔、アーチェリー

部の友人からその言葉を聞いてたって流れだ。湯川自身はアーチェリーをやっ

てないし、ウンチクも数式やグラフもない。湯川が派手に光るシーンはないのだ。

     

ドラマでは仕掛けに2本のハンダごてを使ってたけど、原作では工場にあっ

たヒーター1本を使う。工場経営者って設定が、からくりの複雑さにつながって

るのだ。

    

ドラマでは夫に携帯で頼まれた貴子が仕掛けを片付けるけど、原作では従

業員・坂井が片付けたらしい。ただし、貴子は薄々計画に気付いてて仕方なく

受け入れたんだろうって話になってて、警察の疑惑を坂井から外すための手

助けを自主的にしている。ドラマと同じく、保険金の請求まではしてないし、そ

もそも原作は証拠不十分で未解決って終わり方だから、貴子も坂井も捕まら

ない。ドラマの貴子が持ってた妙な暗さは、原作の貴子が自殺に気付いてた

のに止めなかったっていう淋しい設定を引きずってたんだろう。それに対して、

ドラマの夫が持ってた、突然自殺して妻に後始末させるなんて残酷さは、原作

にはない。

         

ドラマの最後は例によって湯川&内海の「夫婦ゲンカ」だけど、原作の最後

は、湯川がインパクトのある台詞を口にして草薙が返答に詰まる。

あえてここには書かないことにしよう♪

    

        ☆          ☆          ☆

こうしてまとめるてみると、改めてドラマと原作がかなり違うってことがよく分か

る。やっぱり、ドラマの方が映像重視で分かりやすくて面白くて一般向けだけ

ど、原作の方が緻密で現実的で重みがある。要するに、別物なのだ。

ではまた。。☆彡

    

cf.天才・湯川が示した物理学の解読と検証~『ガリレオ』第1話

   サンタと女、揺れる理系の男心~『ガリレオ』第2話

   ブランコとおにぎりでホカホカ~『ガリレオ』第3話

   科学と恋愛、2つの円端具流~『ガリレオ』第4話

   愛と矢、ひねくれた直進~『ガリレオ』第5話

   遠く離れたもののつながり~『ガリレオ』第6話

   つながりの中の細かい事~『ガリレオ』第7話

   結果が語る過剰なプロセス~『ガリレオ』第8話

   過剰な格差がもたらす劇的な出来事~『ガリレオ』第9話

   サンタを信じた科学者へのプレゼント~『ガリレオ』最終回

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、レーザー光線の計算式

   『ガリレオ』第2話、光の屈折の計算式

   『ガリレオ』第3話、共振現象の証明

   『ガリレオ』第4話、超音波による泡の衝撃波に苦戦中・・

   『ガリレオ』第5話、キューピッドの黄金と鉛の矢は流行るかな♪

   『ガリレオ』第5話の数式、波動方程式の導出と一般解

   『ガリレオ』第6話の数式「フーリエ変換」について

   『ガリレオ』第7話、ER流体とトリックについて

   『ガリレオ』第8話の数式、アレニウスの式と2次反応速度式

   『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・

   『ガリレオ』最終回の数式1~熱伝導方程式

   『ガリレオ』最終回、核爆弾処理シーンの数学的解説

     ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第4話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第6話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第7話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第8話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第1話の脚本チェック☆

|

« 緊急メンテナンスのお知らせ☆(20日) | トップページ | 東京の追加当選を諦めて青梅へ☆ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/17134292

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガリレオ』第5話、ドラマと原作の比較:

« 緊急メンテナンスのお知らせ☆(20日) | トップページ | 東京の追加当選を諦めて青梅へ☆ »