« 『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・ | トップページ | 『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆ »

『ガリレオ』第8話、ドラマと原作の比較

現在、本格的な風邪で絶不調。。(-_-;) 正直言うと、第8話の原作記事は無期

延期!と書きたい所だけど、もう来週で『ガリレオ』は終わりだもんな。2007

年の最後でもあるし、病体にムチ打って軽く書いとこうか。まだ第2話と第3話

の原作記事も延期したままだしね。。

       

ドラマ第8話の「霊視る」(みえる)は、原作だと東野圭吾『予知夢』(文芸春秋)

第二章だ。第4話以降のドラマは全て、原作を大胆に変更してあるんだけど、

今回はさらに科学的な謎解きの部分もかなり違ってる。自分の頭を整理する

ためにも、いつものように淡々と両者を比較してみよう。

その前に、毎度おなじみの前置き。以下、見方によってはネタバレになって

しまうので、くれぐれもご注意あれ☆ 特に、これから原作を読もうという方

にはお勧めしない。。

         

         ☆          ☆          ☆

071212 久々に、図を入れ

 てみよう。ドラマと原

 作の共通構だけを

 チャートにして取り出

 すと、左図のように表

 せる。

             

被害者の女性は、ドラマでは料理研究家・前田美鈴(引田博子)。原作で

は、クラブで働く長井清美。両者の共通点として、飲食関係ってことを挙げ

ることはできるけど、むしろプラスとマイナス両極端の異なる設定って感じが

強い。実際、ドラマでは美鈴はいい人っぽく描かれてたけど、原作の清美は

もともと感じ悪い女で、殺される前は犯罪者でもあった。

要するに、ドラマが温かい人間の触れ合いを強調する一般ウケ路線なの

に対して、原作は硬派で現実的な科学ミステリーなのだ。

    

逆に目撃者については、むしろ共通点の方が重要だろう。ドラマで被害者

の幽霊を目撃した(霊視した)のは、妹の千晶(釈由美子)。原作では恋人の

細谷忠夫。どちらも、被害者と非常に親密な人間だ。だからこそ「霊視」も起

きるし、あわてて携帯で連絡するって流れにもなる。 

             

ドラマでは、目撃者の携帯連絡のせいで犯人(共犯者)の小杉はすぐ死ん

だ。密かに交際してた恋人の無茶な頼みを断れず、既に死んでる被害者を

メッタ刺しにしてストーカー殺人に見せかけ、最後は電話と警備員に動揺して

転落死。生きてる間も社会性のないヒモで、何ともパッとしない男だった。要

するに、ドラマにとって小杉はオマケ的存在にすぎない。

              

一方、原作では、目撃者の携帯連絡のせいで、絞殺の犯人(主犯)・小杉は

すぐ捕まった。スポーツライターとしてそこそこ活躍してた男で、目撃者との

普通の付き合いもあったし、別に悪いイメージはない。むしろ、悪い女に騙

された男って感じで、哀れに思えてしまうほどだ。女との出会いもスポーツ絡

みだから、ドラマよりはしっかり描かれている。

      

被害者を憎んだ犯人の女・金沢頼子は、ドラマでは被害者の共同経営者

たくませいこ・主犯)で、活躍に対する嫉妬が原因だった。原作の金沢は、

たまたまひき逃げ事件を被害者に写メで撮られてしまったスポーツ関係者

(ひき逃げ事件では単独犯、絞殺事件では共犯者)で、脅迫されたのが原因

だった。いずれにせよ、女に対する女の憎悪ってこと。やっぱ女は怖いね♪

ちなみに、原作の1つ『探偵ガリレオ』(文芸春秋)第ニ章「転写る」(うつる)

で、湯川は草薙(ドラマでは北村一輝)にこう語ってる。「真犯人は身近にいる、

しかも女、というのは推理小説のセオリーだが」。

             

謎解きの中心は、ドラマでは「結露」だった。水滴でくもったガラス越しに被

害者が好きだった黄色を見て、錯覚で「霊視」が生じてしまったってお話。物

理記事でほぼ解明したように、湯川学(福山雅治)が描いた数式やグラフも

結露に関するものだった。

        

一方、原作では結露なんて話は無くて、単に黄色その他の変装に騙されて

錯覚って話。だから、原作の科学ミステリー的要素は湯川の論理的思考そ

のものが中心で、後は錯覚と、例の「ガリ」音の話。オーディオのガリガリ音

から小杉の女関係がバレるって箇所は、原作の湯川の台詞がほとんどその

ままドラマにも使われてるんだけど、どの程度信じていいのか分からない。

ガリ音→シリコン微粒子の影響→ヘアスプレーの使用→女の存在っていう

論理だけど、「音響機器メーカー」の「データ」は検索しても出てこないし、ヘ

アスプレーのシリコンとガリ音の関係についての信頼できる科学的記事も

当たらない。

                    

ドラマでは、被害者だけじゃなくて湯川や内海薫(柴咲コウ)までお料理して

たけど、原作には料理シーンは全くない。ま、湯川が事件を料理したとは言え

るけどね♪ やっぱりドラマの脚本(古家和尚)は、湯川の萌えシーンとして料

理を選ぶ所から作って行ったんじゃないかな。。

     

         ☆          ☆          ☆

フーッ、こんなもんでしょ。第9話は前編だから止めとこうかな。下手に原作

を見るとネタバレになるし、余裕もないしね。

ともかく、今日のところはこの辺で。。☆彡

        

cf.天才・湯川が示した物理学の解読と検証~『ガリレオ』第1話

   サンタと女、揺れる理系の男心~『ガリレオ』第2話

   ブランコとおにぎりでホカホカ~『ガリレオ』第3話

   科学と恋愛、2つの円端具流~『ガリレオ』第4話

   愛と矢、ひねくれた直進~『ガリレオ』第5話

   遠く離れたもののつながり~『ガリレオ』第6話

   つながりの中の細かい事~『ガリレオ』第7話

   結果が語る過剰なプロセス~『ガリレオ』第8話

   サンタを信じた科学者へのプレゼント~『ガリレオ』最終回

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、レーザー光線の計算式

   『ガリレオ』第2話、光の屈折の計算式

   『ガリレオ』第3話、共振現象の証明

   『ガリレオ』第4話、超音波による泡の衝撃波に苦戦中・・

   『ガリレオ』第5話、キューピッドの黄金と鉛の矢は流行るかな♪

   『ガリレオ』第5話の数式、波動方程式の導出と一般解

   『ガリレオ』第6話の数式「フーリエ変換」について

   『ガリレオ』第7話、ER流体とトリックについて

   『ガリレオ』第8話の数式、アレニウスの式と2次反応速度式

   『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・

   『ガリレオ』最終回の数式1~熱伝導方程式

   『ガリレオ』最終回、核爆弾処理シーンの数学的解説

     ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第4話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第5話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第6話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第7話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第1話の脚本チェック☆

|

« 『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・ | トップページ | 『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/17345597

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガリレオ』第8話、ドラマと原作の比較:

« 『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・ | トップページ | 『プロポーズ大作戦』続編、来春スペシャルで決定☆ »