« 久々の2日連続ラン、快適♪ | トップページ | 超眠くても10kmだけ我慢・・ »

タケルのアイスピック~『ラスト・フレンズ』第7話

 洗い物しちゃおうかな

 オレも手伝うよ・・・・・・昨日の夜 泣いてたね 彼のこと 思い出して?

 何でもわかっちゃうんだね タケル君は 

 宗佑のこと考えると 絶対に戻れない キレイな懐かしい場所を 

 思い出してるみたいに 悲しくなるの

 変だよね 本当は地獄だったのに 

      

 ・・・分かるよ 

 分かるの?

 オレにも そうゆう経験あるから

 そうゆうって?

 大好きだった人を 後で 大嫌いになったことがある 

 大丈夫だよ きっと 少しずつ変わって行く

 うん 好きな人もできて 友達もできて まぎれていく 

 心に傷が残っても 自分でなだめられるくらい 小さくなるから

 好きになっても いいかなぁ? タケル君のこと 好きになっても いいのかな

     

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい!☆ 別に感動するとか、すごく楽しいとかいう回じゃないんだけど、

前回以上に良く出来てたから、ラスフレとしては初めて絶賛の言葉を送っとこう。

脚本・演出・演技・音楽など、ドラマ自体の出来も良かったし、ウチの数々の主

張とピッタシ合ってるって意味でも大満足だった♪ やっぱ演出の遠藤光貴

地味にいい仕事してる気がするな☆ ま、後述するように、ちょっと気になる点

もあったけどね。 

    

時間さえあれば、いくらでも書く事があるんだけど、残念ながらそんな時間はな

い。そもそもウチは、もともと『テンメイのRUN&BIKE』であって、『テンメイの

DRAMA』じゃないもんね。ちょっとドラマに時間をかけ過ぎだわ。そう言えば、

ラストで気になったのは、宇多田ヒカルの主題歌『Prisoner Of Love』のCM。宇

多田ももっと、ランニングや自転車で運動すべきじゃないのかね。そりゃ、余計

なお世話か♪ 数分前に流れてたCMの「au Smart Sports」が役に立つと思う

んだけどな。携帯でRUN&WALKの距離、時間、速度、消費カロリーが分かっ

て便利なのに。勝手に走っても距離が分かるってのは便利でしょ☆

       

          ☆          ☆          ☆ 

さて、まったく予想通り、水島タケル(瑛太)が崩れ始めた。一番好きな岸本瑠可

(上野樹里)と、瑠可が好きな藍田美知留(長澤まさみ)との、奇妙な3人プレイ

には、やっぱり無理があったのだ。あれを無難にこなす男も一応いるだろうけど、

若くて非常に不安定なタケルには無理。そのままでも、長くはもたなかっただろ

うけど、瑠可への告白をキッカケにして一気に崩れ始めた。

    

瑠可が期待に応えられないのは当然だし、その後も今まで通り仲良くなんてキレ

イ事が通じないのも当たり前。失敗するに決まってる告白さえ、我慢できずにやっ

てしまったタケルが、急に悟りを開いてフラれた後の自分を平常心にキープする

なんて、絶対あり得ないことだ。覆水盆に返らず。もう元には戻れない。。

     

実際その後のタケルは、これまで世間的人気を集めてきたポジティブな彼とは

逆に、どんどんネガティブになって行った。タケルも、「重荷になっちゃいけない」

と考えて瑠可との距離を取ることになるし、瑠可の側でも、タケルをきっぱり諦

めさせようとして、バイクのコーチの林田一巳(田中哲司)に「付き合ってるフリし

てくれ」なんて頼みごとをする。

      

エリが手に入れたタダ券で行った遊園地(東武動物公園)では、運命のいたず

らと言うか、脚本家・浅野妙子の意地悪と言うか、お姉さん・白幡優子(伊藤裕子)

の仲良し3人家族と遭遇。気分が悪くなって、美知留と一緒に先にシェアハウス

へ戻ってたら、瑠可が林田を誘って帰宅。タケルの目の前で、タケル用のトール

マグカップ(パープル)を林田に渡す。瑠可に悪気はないんだけど、タケルにとっ

てはかなりキツイ状況だね。「おかえり Michiru」の美味しそうなお祝いケーキ

と楽しそうな歓迎会の雰囲気とで、一時的にタケルの気がまぎれることはあって

も、後で自分の個室に戻れば、倍返しで落ち込むことになるだろう。

    

こうなってくると、「ひとつ屋根の下」に暮らしてるのは、まさに『愛の囚人』みたい

な刑罰だろう。職場恋愛が破局を迎えた後の元・カップルにとって、職場が地獄

なのと似たような話だ。瑛太の・・いやいや、タケルの大きな耳をヘッドフォンで

覆って音楽に没入したところで、囚人(Prisoner)が刑務所(Prison)から脱出で

きるはずはない。人間社会のシステムはなかなか巧妙に構築されてるのだ。誰

が創ったのかはともかく。。

          

一見感じのいい、鍵マークのマグカップや白いシェアハウスが、実は束縛とか牢

獄の意味を持つことについては、早くも第1話以降、あちこちに何度も書いて来

たことだ。前回、ミチルが宗佑のマンションから、タケルのバーやシェアハウスに

移ったことだって、決して正義の味方による解放なんかじゃなく、ミチルの奪い

合いの中での新たな囲い込みにすぎないと、ハッキリ書いておいた。宗佑だけ

が極悪人ではないという主張も含めて、これまで一貫して独自の解釈を示して

来たけど、それが単なる個人的見方じゃないことは、もはや明白だろう。

        

実際、今回一番インパクトがあったのは、間違いなくタケルのバーのシーンだ。

カッカッカッカッ。。。暗いバーの中、1人で神経質にアイスピックで氷を割るタケ

の姿には、ゾッとしてしまった。お遊び気分で数えてみたら、たった1コの氷に

約92回もピックを突き刺してた。暇人? 分かってないねぇ。こうゆうのがウチ

の隠し味なのよ♪

        

前から何度か書いてるけど、私は学生時代、バーのカウンターで長くバイトをし

ていた。だから、あのシーンの危なさが良く分かる。考え事なんてしてなくても、

あの割り方だと、氷を持った自分の手にアイスピックが刺さってしまう恐れがあ

るのだ。タイトルバックの赤いリボンのような血が流れる恐れ。左手の氷の小さ

さに対して、右手のアイスピックの鋭い先端を出しすぎてるあのシーンは、まさ

第2話での宗佑の自傷行為的なハサミと重なるシーンだ。

       

今回は幸い、氷が割れただけだったけど、やはりあの瞬間、タケルは新たな傷

を作ってしまった。あるいは、今までの傷口を広げてしまったのだ。と言うのも、

あそこでタケルは、瑠可とのブランコシーンを思い浮かべて、もう一度打ち明け話

を聞こうと思いついたんだから。

     

これは今さら全く余計なこと。あるいは、非常にタイミングが悪い行為であって、

結局はルカを激怒させるハメになってしまった。「うるせえんだよ! 他人の悩み

にいちいち首突っ込むんじゃねぇよ! 友達、友達って、人にはなぁ、死んだって

言いたくない事もあるんだよ!」。落ち着いて考えれば、こうなる事くらい予想で

きたはずなのに、どうしても瑠可に近づきたい、瑠可に特別な存在だと認めて欲

しい、哀しく切ないタケル。。

      

たとえ可愛い美知留が自分から寄り添ってくれても、タケルにとってはむしろ、そ

こを瑠可に見つかってしまったショックの方が遥かに大きいだろう。ちょっと、あ

そこの演出は説明過剰だったけどね。瑠可がソファーに置き忘れて、取りに帰っ

携帯。タケル&美知留の寄り添いシーンを目撃した後、こっそりハウスを飛び

出した瑠可が倒した、玄関の植木鉢。まるで『CHANGE』の新人議員・朝倉啓太

(木村拓哉)に対して、秘書の美山(深津絵里)が委員会の説明した時みたいに、

わかりやすい演出だった♪ ま、軽く流し見してる視聴者にもわかりやすくってい

う、テレビ的配慮なんだろうな。。

            

それはともかく、今回ついにタケルの幼児期のトラウマ(心の傷となる体験)が、

一部再現されていた。ルカに怒られて、部屋でうつ伏せになって落ち込んでた時

の回想。「キレイな、懐かしい場所」。どうも、優子お姉ちゃんと2人、野原でかく

れんぼしてた時、「お姉さんがいい事してあげよっか。お父さんには秘密だよ」

て言葉と共に、性的なイタズラをされたような感じだ。それが、タケルの心をアイ

スピックのように鋭く傷つけることになったらしい。「本当は地獄だった」。。

      

ホントはもうちょっと続きを見ないと分かりにくいけど、大人の性でさえ出来るだ

け回避しようとする最近のドラマ界を考えると、幼児の性の表現はあの程度で

留めるのかも知れないね。タケルを抱き上げて、お尻(つまり下腹部の前じゃな

くて後ろ)に両手を当てた映像で。

             

ただ、それでもやっぱり、私はあと2分くらいあのシーンを見たい。と言うのも、

白幡優子が登場した時から書いてることだけど、タケルの「勘違い」、あるいは

後で創り上げた幻想の可能性があるからだ。この辺りは100年前、精神医学

界の大物2人・フロイトとユングが論争した点でもある、非常に微妙な現実的問

題だ(記事末尾のP.S参照)。もともと幼児期で、記憶は曖昧だし、証拠も証人

もほとんどなし。本人の記憶なんてものが、それほど当てにならない事について

は、様々な実証的研究による立証も行われている。

      

そもそも、性同一性障害(&同性愛)、DV、セックス恐怖症に加えて、やや広い

意味での近親相姦的な行為まで出すのは、脚本的にやり過ぎだと思う。興味本

位で、あるいは視聴率のために、人目を引く話を無理やり寄せ集めたって感じ。

だから、私が脚本家なら、実は性的イタズラなんて無くて、タケルが創り上げた

幻想だってことが分かる流れにする。やはりアイスピックを持ってたのはタケルっ

てことで、今回のバーシーンともつながる。「本当は地獄」じゃなくて、ホントに

「キレイな懐かしい」過去だったってこと。予想というより、私の趣味、考えだ。

        

タケルはその時、救われるどころか激しい衝撃を受けるだろう。自分のこれまで

の女性恐怖がすべて否定されてしまうし、姉へ向けてた憎しみがそのまま自分

に跳ね返ることになる。瑠可に加えて、姉に関してもショックを受けたタケルが、

アイスピックを手にしてしまうのは、ごく自然なことだろう。暗いバーにある本物の

アイスピックなのか、同じく自分を傷つける別の物や行為なのかはともかく。。

    

        ☆          ☆          ☆

さて、タケルとの立場が逆転してきたのが宗佑(錦戸亮)だ。前回の投書や今回

の貼り紙が宗佑のものかどうかはいまだにハッキリしないけど、まあそう考える

のが自然だろう。あの双眼鏡は、貼り紙する前にあらかじめ、バイクの練習場を

偵察してたってことなのかね。ただ、美知留との別れ話では全く落ち着いてたし、

DVも無ければ自傷行為もなし。代わりに映ったのは、例の母親から暴力やネグ

レクト(無視)の虐待を受けてる男の子、樋口直也(澁谷武尊)優しくする姿だ。

        

食べる物がなくて飢えてる姿、自分の過去のように荒れ果てた部屋を見た後、

宗佑は直也を自分のマンションに連れて行って、カレーをご馳走していた。ケユ

カの暖色系スタンドライトが柔らかく灯る中、「彼女」に関する無邪気な突っ込み

を直也から受けながら。とても、先週までホラー的な描写をされてた宗佑と同一

人物とは思えないほど。当然、美知留ともこうゆう雰囲気はあったはず。宗佑

のこの温かいシーンが、タケルのアイスピックの直前に置かれてるのは、決して

偶然ではない。ネガティブさの主役の変化、あるいは交替を象徴する、シーンの

切り替えだったのだ。

        

そして最後は、踏み切りでお母さんを見つけて飛び込んだ直也を、宗佑が助け

に飛び込む。まるで、思いやりがあって行動力もある、正義感の強い好青年

たいだ☆ これで宗佑が死んで、第1話冒頭の美知留のモノローグ、「あの恐ろ

しい出来事」「あの死」も一件落着・・・って、違うわ!♪ そんなはずはない。来

週の予告で、宗佑の手紙が映ってたしね。「・・・とのない手紙を毎日・・・(キミの

こと?)を思い出しながら。愛してる。  宗佑」。1人で勝手に書くだけの、美知

留に読まれることのなさそうな手紙を、直也がハウスに持って行っちゃうのかな?

     

ま、それはともかく、ここで宗佑が死ぬのは変だし、手紙が遺書なら「毎日」って

言葉は変。したがって、予告に映ってなかったものの、宗佑は踏切事故で病院

に入院するのかな。公式サイトの錦戸亮のインタビューも何とも模範的で好感

の持てるものだし、折角まともに映され始めた所で宗佑を消すとファンの反応

が怖いから、フジテレビも慎重に対処するでしょ♪

         

あとは、瑠可ね。英語の「Aesthetic plastic surgery」(=美容形成手術)のペー

ジなんて見てたから、カウンセリング(心理療法)の次の段階の手術(身体療法)

まで踏み込もうとするんでしょ。USAって文字が見えたから、やっぱアメリカか。

日本だとなかなか話が進まないらしいもんね。まあ、アメリカの医者が「ルーク」っ

て声をかける所を見たい気もするんだけど、やっぱ手術の手前の段階で終わっ

とく方が無難だと思うけどなぁ。

      

ちなみに、美知留が部屋に来た時、瑠可はブラウザのページを閉じずに、ノート

PCを閉じただけだった。これは、来週への伏線かも知れない。つまり、来週うっ

かりパソコンを滝川エリ(水川あさみ)に見られてしまうのは、瑠可の不注意によ

るものだろう。第2話でいきなりエリが飛び込んで来た時ならともかく、今回は証

拠隠滅の余裕は十分あったはずだ。

       

予告ではPC画面に、「性別再判・・・性同一性障害」って文字が見えた。現在、

性別適合手術と訳されてるSRS、つまり「Sex Reassignmet Surgery」は、以前

は「性別再判定手術」とか訳されてたらしい。「判定」って訳はかなり変だけど、

再判定に基づいた手術って意味なのかね。ま、ともかく、フツーに言えば性転換

手術。ホルモンや乳房切除の次の段階の、下腹部の外観を変える治療だから、

瑠可はかなり本気で考えてることになる。いよいよエリにばれて、そこからオグ

リン=小倉友彦(山崎樹範)にもれるのかな。。

          

ってことで、もう時間だ。前から探してた『性同一性障害』(吉永みち子,集英社

新書)って本をようやく手に入れたから、今後の展開によっては、また詳しい話

を紹介することになるかも知れない。

あっ、そうそう。オグリンがまた奥さんと楽しそうに空港でお茶して、エリを嫉妬

させてたね。来週は瑠可も出て行くし、シェアハウスもいよいよ崩壊か。宗佑&

美知留のボーダーライン・カップル崩壊とほぼ同時なのは、偶然ではないだろう。

美知留の言葉を借りるなら、まるで「淡雪」のように全てが消えていくわけか。。

                 

ともかく、誰が最後に死ぬかって予想は、今週でついに逆転した。先週の時点

では、宗佑説とタケル説が互角だったけど、もはや60%の確率でタケルだと言

いたい。スタッフさん、聞いてる? はずれるとカッコ悪いから、よろしくネ♪

『CHANGE』第2話オンエアクイズのパロディで、予想クイズなんてのもいいか

もよ。「問題.最後に死ぬのは誰か? A.猫 B.ねずみ C.タケル」とかね。

「タケルじゃなくてトラだろ!」と突っ込んだそこのあなた! なかなかいいセンス

をお持ちだ☆ 突っ込めなかったキムタクファンは、反省するように♪

       

ドラマとは、こんな風に隅々まで色んな楽しみ方のできる、内容豊かな映像芸術

なのだ。あんまし多くの部分をムダに切り捨ててると、『アラフォー』の藤木直人

も怒るだろう♪ ま、私のように全部楽しんで記事に書いてると、『CHANGE』み

たいに、東アジアから「鋭いけど長い」っていうコメントが来そうだけどネ (^^ゞ

ではまた。。☆彡

         

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.かつてフロイトとユングは、患者の幼児期のトラウマが現実か幻想かで

    論争したらしい。もちろんケースバイケースで、一概には言えないけど、

    ユングが幻想性を強調したのに対して、フロイトは現実性に執着してる

    ように感じられる。

    ちなみにフロイトは、その論争について、有名な症例『狼男』(正式名称

    「ある幼児期神経症の病歴より」,フロイド選集改訂版第16巻所収)の

    中で紹介してるんだけど、この症例の男性患者(狼の夢を見た男)は、

    タケルと同じく、幼い頃に姉に性的いたずらをされたってことになってい

    た。単なる偶然の一致だろうけど、浅野が知ってた可能性も無くはない。。

       

P.S.2 美知留が美容室を辞めた後まで、先輩美容師・平塚令奈(西原亜希)

      が登場して嫌味を言うとは思わなかったな。来週の予告にも出てたし、

      美知留の今後に影響を与えるってことかね。本屋からスタスタ出てた

      姿は、万引きで逃げたのか、あるいは特殊な本を立ち読みしてる所

      を美知留に見られて恥ずかしかったのか。流れを考えるとおそらく、

      美知留を何か「手助け」するんだと思うけど。例えば、アドバイスとか。。

        

P.S.3 「キミと一つになりたいから」殴るっていう宗佑の理屈は、納得できる

      かどうかは別として、一応の筋は通ってる。つまり、時間を守らない

      とか、瑠可への「浮気」とか、男の客との接触とか、一つになることに

      対して美知留が協力的でない時に、宗佑は殴るのだ。それだけ、ボー

      ダーライン・カップルは不安定な均衡状態ってことだろう。。☆彡

      

cf.『ラスト・フレンズ』第1話、軽~い感想♪

   『ラスト・フレンズ』第2話、軽~い感想♪

   被害者としてのDV男・宗佑~『ラスト・フレンズ』第3話

   宗佑に再び負けた瑠可~『ラスト・フレンズ』第4話

   ボーダーライン・カップルの崩壊~『ラスト・フレンズ』第5話

   人間は白か黒だけじゃない~『ラスト・フレンズ』第6話

   瑠可(上野樹里)の性別違和症候群~『ラスト・フレンズ』第8話

   ルーク vs 宗佑、最終章へ~『ラスト・フレンズ』第9話

   宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話

   共生を選んだビーチボーイズ~『ラスト・フレンズ』最終回

   白い家への憧れ、永遠に~『ラスト・フレンズ』SP アンコール特別編

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ラスト・フレンズ』最終回、宗佑(錦戸亮)の遺書全文

   『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害に関する情報

   『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害・2 

   春ドラマ2008、期待のレビュー候補3本☆

|

« 久々の2日連続ラン、快適♪ | トップページ | 超眠くても10kmだけ我慢・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~!

そうそう、特別すごいことが起きたわけじゃなく
静かな回だったけど、私も丁寧な作りに感心。
それぞれの心の葛藤を、丁寧に描いているので
見てる自分までもが苦しくなる。
でも、タケルが崩れ始めるのを予想するテンメさん
さすが。えっと宗佑はそのうち病院のベット?coldsweats01
で・・・死ぬのはタケル説濃厚になった?
違ったら面白いな~(笑)
そうそう、植木鉢の演出はうまいな~って
思ったよ。
CHANGEもこのくらい入り込んでレビューしたい。
そのくらい私ハマっちゃってるのですbleah

投稿: アンナ | 2008年5月23日 (金) 09時25分

こんにちは~。
テンメイさんは今回一番の評価なんですね♪
確かに今回は見せてくれました。
なのに読み辛かったんです。私。
だから面白いっちゃぁ面白いんですが(笑)
取り急ぎ報告。
2回、TB届かないようです。
3回目はどうだー!それ~≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

投稿: mana | 2008年5月23日 (金) 17時24分

あれれ?飛んでましたね~。
お気楽さんとぶつかってました?ヾ(^o^;) オイオイ

投稿: mana | 2008年5月23日 (金) 17時26分

うちは前回同様2回目で飛びました。airplaneどうやら他のブログと同時にやるとだめで、ここだけ1本で送ると届くのかなぁ・・・?
瑠可がキレるシーンは、今まであれだけ気配り上手なタケルが、無神経で、お前のせいだろってイライラしたからスルーしちゃった。
どうもお子ちゃまだから、ぶったり、追い駆けたり、ストーカーしたりしてくれないと物足りないのです。美知留と同様。

投稿: お気楽 | 2008年5月23日 (金) 18時38分

初めましてmaiと申します。
テンメイさんの鋭い7話の解説とても興味深く読ませてもらいました。ただただ感動で・・・一気に読んでしまったです。自分が本当に浅~~~くドラマを見てたんだなと気付きましたです(++)恥ずかしいです(汗)・・・今回の7話は友達にはかなり中だるみでつまらいと言われてしまったんですが、私は凄く好きでタケルやルカの心情の変化が良く現れてて何か今までの話よりも引き込まれて見てたです。でも何が良かった?って聞かれてもうまく説明できなくて(笑)私にはテンメイさんの様に深く読み取る事はできませんでしたが、ぜひ友達にこのサイトを紹介したいと思います。本当凄いです。1話からの解説も全部読ませてもらいました。本当凄いですね。1回見ただけでそこまでドラマを見れてしまうなんて・・・一体テンメイさんは何者でしょうか??素直に感動してます。(*^^*)又覗きに来たいと思います。。一言お礼が言いたかった物で深夜に長文で失礼しました。

投稿: mai | 2008年5月24日 (土) 01時44分

>アンナちゃん
   
こんにちは~sun
  
静かめの今回の良さが分かる所がエライね note
さすがによく見てるわ。感心、感心☆
これだけ大勢のネガティブな心を丁寧に描いてる
作品も珍しいかも。重さが見づらさにつながってない。
   
いやいや、タケルが崩れ始めるのを予想するんじゃなくて、
既に今回から崩れ始めてるって言ってるのよ。
タケル死亡説、濃厚じゃなくて有力って程度。
来週もこの流れだったら、濃厚へとランクアップ。
宗佑は今頃、美知留の代わりにナースくどいてるでしょ♪
  
アハハ happy01 違ったら面白いって、何じゃ、そりゃ sign01
宗佑が死ぬんだったら、悲しい死になっちゃって、
「恐ろしい出来事」にはならないはず。
ほんと、CHANGEよりノリがいいよね。
ラスフレ用に別館2号店でも作れば?^^ shine
   
  
> mana さん
   
こんにちは~sun
今回、大満足でしたよ。文句なしに一番の評価 crown
あまりにも予想通りの展開だしね。
宗佑だけが悪っていう構図が一気に解消されてました。
  
えっ、この記事が読み辛い? ウチとしては易しい方だけど。
あちこちに入れてるお遊びの文章に躓いたのかな。
書いてる時、ちょっとハイ(High)だったもんで♪
マジメな話とおふざけがゴチャ混ぜになってます。
TB問題は、そちらへのコメント通りってことで shine
   
   
>お気楽さん
   
また2回もかかったんですかsign01 タイムラグじゃなくて?
mana さんにも伝えたけど、何分か時間がかかることが
あるんじゃないのかなぁ。
ちなみに僕は、1本ずつ飛ばしてますよ airplane 何か不安だから。
機械とかシステムとか、あんまし信用してなくてね。
実際、トラブル多いし。
   
タケルが今まで気配り上手っていう見方が、どうなのかな。
みんなそう言ってたけど、僕にはそうは見えなくて。
ちょっと似てる知り合いがいて、やっぱし
すごく弱い部分を持ってたんですよね。

アハハ happy01 わかりやすい出来事がないとダメなのか。
ま、お気楽さんが「お子ちゃま」じゃなくなったら、
『テレビお真面目日記』になっちゃうしネ♪shine
    
   
> mai さん
   
はじめまして shine コメントありがとうございます note
アハハ (^^) ただただ感動って、そりゃ大げさでしょ!
まあでも、自分では気に入ってる記事ですけどね。
第3話以降は、まずまずの出来かな。
ただ、時間とパワーで言うと、もっとかけてる
レビューが他に色々あるんですけどね。
     
浅く見るのと深く見るのと、どっちがイイかは微妙で、
深く見るとやっぱ大変なんですよね。
娯楽っていうより、仕事とか勉強のノリになっちゃう。
ただ、浅く見るのはいつでも簡単に出来るのに対して、
深く見るのは努力の積み重ねが必要です。
その意味で、深く見る力を鍛えるのは悪くないことかも♪
   
今回つまらないって声は、僕も相当あちこちで聞いてます。
でも、つまらなかった人と大満足の人と、どっちが
幸せかって言ったら、大満足の人の方じゃないのかな♪
僕も mai さんも、すごく幸せなんですよ☆
それに、ホラー的演出で簡単に数字を取るだけじゃ、
テレビにとっても不幸でしょう。。
   
アハハ(^^) 友達に紹介して頂けるのは嬉しいけど、
この長さと重さに付いてこれるかな?♪
僕の周囲でも、冷淡な評価がほとんどです。
ま、ネット上でそれなりに評価されてるからいいけど。
  
いやいや、1回見ただけじゃないですよ!
基本的に2回見て、ポイントだけ更にチェックしてます。
録画とかネット検索なしじゃ、こんなの書けませんよ。
放送終了後、朝7時まで徹夜で必死に頑張って、
やっとの思いで書いてるのが実情です。
ま、ラスフレは読者がものすごく多いから、
頑張ろうって気にはなりやすいですネ。
   
テンメイさんは何者? 理屈屋の市民アスリートです。
理屈こねすぎて、アスリートが開店休業状態だけど (^^ゞ
    
ともあれ、またぜひ遊びに来てください!
ウチでは長文コメントはざらにあるので、
次の力作もお待ちしてます。
mai さんご自身の考えの披露も、遠慮なくどうぞ♪shine

投稿: テンメイ | 2008年5月24日 (土) 10時22分

テンメイさん、こんにちは~♪

今週はタケルデーでしたね~。
亮ちゃんがホラーじゃなかったせいか、
タケルの方に視点が移ったようです。
てか、傷つきやすいナイーブそうなイメージがタケルなんですね。
アイスピックで92回って数えたの?
ほんとにマニアック(笑
ようやくタケルの過去がイメージされてますけど
やっぱりよくわからないですよねえ。
ウチの弟にもアカンボの時にびよーんって遊んだけど(笑)
そんなんじゃ別に大丈夫でしょ?
やっぱりテンメイさんのおっしゃるようにただの幻想なのかもね。
ということにするとなんであんなに暗いの?
エリーも迫ったし、美知留も迫るし、
最高にモテモテのシチュエーションなんですけどね。
応えられなくて葛藤してる風があるんですよね。
その苦しみに同化して一緒に悩むのが正しい視聴者の姿か?

西原亜希サンは不要だという声があるけどこの頃、快感なのね。
でも仰るとおり逆になりそうな予感。
口うるさい人ほど情が濃いっていうでしょ(言わないか^^;
いずれ出産する美知留に援助を差し出すかもね。

ということでまた来週♪
暑くなってきて走る人にはタイヘンそうね。
エリもお散歩しますが、アスリートはすぐにわかる。
筋肉の付き方から違うモンね。
水分調整してがんばれ~~☆

投稿: エリ | 2008年5月24日 (土) 13時04分

テンメイさん、こんにちは~。
宗佑役で錦戸君の好感度ガタオチ…と書いてあるドラマブログをあちこちで見るたびにちょっぴりヘコむ亮君ファンのayaですけれども~(笑)。あ、今回はいい人の一面も描かれていたのか。それでも裏があるようにしか見えない…と見てる人もいて、本当に役のイメージって大きいんだな~と実感。
ファンの戯言はどうでもいいですが、今回は私、見てて何だかシンドくて。「一つになりたいんだ」の宗佑も?だったし、タケルの告白はショックだっただろうけど、いい友達と信頼してたタケルに瑠可のあの仕打ちはないんじゃないのと思い、美知留の「好きになっても~」のくだりも切り替えハヤッ!と感じてしまって、なんだか皆の気持ちが理解しづらかったのですが。テンメイさんの記事を読んで、なるほど、そうなのか!と。深いですね~、このドラマ。そこまで考えて作られているのかと感心しました。ていうか、感心すべきはテンメイさんの考察のほうですね。よかったです!
タケルの姉さん関係は、私もテンメイさんの意見に1票です。性的虐待とか、もう過激なネタ満載すぎていらないかも…。言葉は悪いかもしれないけれど、過激なテーマで視聴者を釣っている?…と穿った見方をしたくなったこともあるので。そういう意味では、たしかにこの2回ほどは見応えあるのかな。ちょっと脱落しかかってましたけど、おかげで見続けられそうです(笑)。次週も楽しみにしていますね~♪

投稿: aya | 2008年5月24日 (土) 14時12分

あぁ、タケルが壊れちゃった(;_;)というのが率直な感想です。
タケルが壊れたきっかけは、
5話ラスト、瑠可の「さわんな!」のほうかな。
前回の逃避行は瑠可の代行で、
あの段階でタケルは既に壊れてたように思うの。
タケルの「勘違い」は考えてなかったけど…ありえますねぇ。
でも、それだとタケルくんが今よりキツイことになるから
勘弁したってやってください、ってテンメイさんに頼んでどうする。

アイスピックのシーンは、まさに自傷行為ですね。
素手で掴んだ氷が瑠可の心のようで、
突き刺すんじゃないかと心配するとともに、
左手が冷たいだろうにと泣きたくなりました。
フロイト的に、代償行為かとも思いましたけどね。
ところで実際、ああいう店では素手でやるものですか?

林田が買ってきた洋食弁当は
「キッチンマカロニ」って…「ランチの女王」かっ!
…そういや瑛太くん、端役で出てたな。

投稿: なな | 2008年5月24日 (土) 17時21分

テンメイ様、こんばんは。

まあ・・・悪魔が
恐ろしい出来事と思うのは
性転換手術を終えた瑠可が帰国。
美智留に夜這いをかけ
下腹部天狗状態の瑠可を
美智留が激しく拒絶。
天狗の鼻がぽっきり折れて
瑠可涙目・・・というような展開だと思うので
ございますが・・・あるかーっ。

まあ・・・とにかく
宗佑よりもまだ
瑠可や
タケルの
狂気の危うさが
お茶の間には伝わりきっていないようですね。

まあ・・・基本的に
人間は正気と狂気の混合物で
その割合とか
露出面積とかで
判断されるもの・・・。

瑠可や
タケルが
どれほど危ういのかは
来週あたりから
炸裂してもらいたいものです。

キッドは告発文は
宗佑(それ以外だと編集ミスリードしすぎ)
と決めているのですが。

瑠可の別人格の仕業だとしても
驚きませんよ。
もう・・・瑠可は
爆発ギリギリですからねえ。

タケルは「さわらなくてすむ相手」として
瑠可を選んでいたわけで
美智留のようにセックスそのもののシンボルに
ふれられて・・・
よく平気だな・・・と思いましたが
まあ・・・狂気は常に狂気とは
限らないのですからね。

晴れときどきアイスピックで
ございますからなーっ。

投稿: キッド | 2008年5月24日 (土) 23時42分

>エリさん  
   
こんばんは~moon3
雨の深夜ランから戻って、眠い目をこすりつつレス
してたら、「>テンメイさん」って書いちゃいました (^^ゞ
「キミと一つになりたい」願望の現われなのかも♪
   
そうそう。傷つきやすいナイーブなタケルが主役。
他人への気遣いまで、ネガティブな描写に反転してました。
92回でしょ。93回かもと思ってYahoo検索すると、
「タケル アイスピック 92回」で出るのはウチだけ。
91回と93回はヒットなし。
ってことで92回決定! 数えたブロガーは僕だけみたい(^^)
ま、自他共に認めるマニアック・ブログですからネ☆  
            
アハハ (^^) エリさん、弟にそんな事してたのか kissmark
それは弟の人生を狂わせちゃったかも note
マジメな話、P.S.で挙げてる有名な論文では、生後
6ヶ月で何も分からない時期の性的経験が、後になって
トラウマとして機能するって話が書かれてるんですよ。
ところでその遊び、今どうなってるのかな♪(下ネタかよ!)
   
おっ、幻想説への賛同者第1号☆
なんであんなに暗いのって、自分じゃ幻想だとは
思ってませんからね (^^ゞ 
う~ん、そんな特殊なシチュエーションへの「同化」は
難しいなぁ。感情移入も難しくて、理解が精一杯。。
  
アハハ (^^) そうそう、やっぱドラマファンなら
西原亜希を楽しまなきゃ!
ひょっとして、シングルマザーで、子育ての本を
立ち読みしてる所を美知留に見られるとかかな?
すると、苦しい生活の中で頑張ってるから、気楽そうな
美知留にムカついてたってことで、筋は通りますよね。
やがて、シングルマザー同士のつながりで、
悪役からイイ人への転換もできるし。
    
それそれ。昼間はかなり暑くなっちゃいましたね。
まあ、僕は夜型だからまだいいんだけど、
昼間のサイクリングはちょっとダルイかな。
エリさんも、たまにはお散歩をウォーキングに変えて
みては如何?♪ やがては、ジョギングへ。
「エリのRUN&DRAMA」ってタイトルもいいかも♪shine
   
   
> aya さん
   
こんばんは~night あっ、もうすぐ夜明けだ。。sun
好感度ガタオチ。。(^^ゞ そりゃ、ヘコみますね。
まあ、ここから「いい人」になっていけば、状況は
一変するでしょう。今さらホラーは無いと思うけど。。
裏がある。。^^; 僕もあちこちで読んだな。
まだ完全にいい人っぽく映されてる訳じゃないですしね。
  
ジャニーズ事務所も、次はいい役にしてくれる
だろうから、すぐ挽回できるでしょ。
『白夜行』の殺人カップル・山田孝之&綾瀬はるかだって
全くマイナス・イメージ引きずってませんからね☆
  
宗佑の言葉は、もうちょっと説明が欲しかったかな。
僕はスーッと受け入れちゃいましたけどね。
瑠可の冷たい仕打ちも、まったく自然に感じましたよ。
もともと瑠可は、特にいい人でも何でもないから。
顔立ちのキレイな性同一性障害者ってことを除けば、
ごくフツーの女の子でしょ。良くも悪くもない。
美知留の切り替えはちょっと早過ぎますね。
もうワンクッションないと、無理がある。
そろそろドラマの時間配分が難しくなって来てるのかも。
    
このドラマ、ここまでほとんど読み通りで、もし
このまま宗佑がいい人になってタケルが死んだら、
自分的には大勝利ですね♪
特に、もしタケルのトラウマが幻想だったら、完勝☆
ま、今回の視聴者の反応や視聴率低下を見て、
あわててスタッフが軌道修正するのが心配だけど (^^ゞ
やっぱホラー宗佑を殺せ、いい人タケル復活って感じで。
   
おっと、幻想説賛同者の2人目になって頂けましたか note
よしよし。これでホントに幻想だったら凄いな。
穿った見方っていうか、そのままズバリの見方でしょ。
キワモノ的なドラマですよ、ラスフレは。
だから、あんまし絶賛したくはないんです。
ただ、今回に限るとキワモノ的部分は少なくて、
丁寧に描写してたから、ホメときました。
    
脱落はダメ♪ ファンなら宗佑の復活を信じて!
ウチも強力にプッシュし続けてますからね。
来週も、いい人・宗佑の活躍に期待しましょう shine
   
   
>ななさん
   
アハハ note タケル、もう壊れちゃいましたか。
まだ崩れ始めただけだと思うけどなぁ。
来週は瑠可の回みたいだから、再来週に壊れそう。
   
きっかけってのは、2種類あるんですよ。
宗佑の心の中でのきっかけと、ドラマの描写上のきっかけ。
僕が言ってるのは、主に後者です。
告白以降、一気にネガティブな描写が続出してるから。 
   
おっ、ななさんも幻想説にグラついてるかな♪
そうでしょ。勘違いに気付くと、非常にキツイはず。
ほんじゃあ、勘弁してあげようかな (^^)

アイスピックは露骨な自傷行為でしょ。
やってる事自体も、映し方も明らかなこと。
まあ、そう書いてる人はなかなか見当たらないけど。
なるほどね。瑠可の心が冷たい氷か。ザブトン1枚 bell
代償行為としては簡単すぎて、フロイトも退屈しそう。。
   
素手で氷を握ってアイスピックで刺すのは、
それほど変な感じはしません。上手くやればカッコイイ。
すぐそばに水道もあるから、汚くもありません。
そもそも、カクテルのデコレーションも素手で触るしね bar

ただ、実際問題、あれじゃ時間がかかり過ぎだし、
危ないから、コストパフォーマンス的には苦しいですね。
データは持ってないけど、今だと多分、手で割ったような
カチ割り氷(袋詰め)を買うか、そうゆう形にできる
製氷機を使うか、どっちかが主流だと思うな。。
僕がバイトした2つ目の店だと、基本的に買ってました。
たまにもっと小さく砕く時だけは、アイスピックで。
   
『ランチの女王』って、1回も見てないけど、
調べたら凄いキャストが揃ってますね。
山Pと山田孝之が共演してたのか。。shine
       
   
>キッドさん
   
晩上好(ワン・シァン・ハァオ)
って言うか、もう早上好(ズァオ・シァン・ハァオ)か sun
ま、時間を気にせず、你好(ニィ・ハァオ)ですかね♪
    
アハハ (^^) そりゃ、恐ろしすぎて爆笑でしょ!
もし手術したら、男子トイレくらい映るかも♪
折れるって、想像するだけで痛いですよねぇ。
キッドさんだと、悦楽の極致なのかな。。^^
   
それそれ。美知留が変だってのはみんな言ってるけど、
瑠可やタケルが変ってことが理解されてないですね。
アイスピックの怖さも伝わってなさそう。
割合や露出面積も重要ですが、やっぱり質も重要でしょ。
例えば、タケルの変さはこれまでも露出していて、
量的に僅かではあっても、変だと気付いた人はいるわけです。
まあ、瑠可が来週炸裂、タケルが再来週って感じかな。。
   
告発文は、もちろん宗佑が大本命ですけど、
どっちにしてもかなり変でしょ。
宗佑なら、どうしてこんなに回りくどいのか分からない。
宗佑じゃなかったら、ストーリー的にも映像的にも
かなり無理がありますよね。
このままスルーされて、DVDの完全版映像を見て初めて
宗佑だと分かるとかっていうのもアリかも。。

瑠可の別人格?! そりゃ凄い発想だな。一理ありますね。
瑠可は来週、宗佑の手紙を燃やすし、ハウスは出るし、
エリにはバレるしで、もう爆発でしょ。
タケルは、「お姉さん」じゃなかったら、わりと大丈夫
じゃないのかな。年は同じでも美知留 virgo は「妹」でしょ。
   
まあ、ほとんどの人間は、正気と狂気の混合体。
晴れときどき曇or雨、ごく稀にアイスピックですね♪shine
   
  
P.S.そちらのレスについて☆
    タケルのトラウマが現実でも幻想でも本人に
    とっては同じと書いてますが、それは
    区別がつかない状況でのこと。
    何らかの事情で、幻想だと分かっちゃったら、
    大違いになるでしょう。。thunder

投稿: テンメイ | 2008年5月25日 (日) 06時53分

こんにちは~。

ドラマの登場人物(瑠可とタケル)の気持ちが
読み辛かったんです。
テンメイさんは主語を抜いても読めると読んでました。
ってうそうそ(^▽^;)
抜けててすみませんでした。←これは私の頭の中。

テンメイさんの記事が読み辛い訳ないでしょう。
長いけど(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
取り急ぎって書くのも、まだちゃんと読んでないからです。
長いから(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

maiさんのコメントを読んで、
私も始めてココへ足を踏み入れた時の気持ちを思い出してました。
すごいですね、テンメイさん。
皆さんスゴイですけどね。お陰で色々学べます。

キッチンマカロニには気づかなかったですわぁ!
エリさんの所でもチェックしてましたけど、
瑛太君への突っ込みはナイスでした。
見逃した自分が悔しいです!
『ランチの女王』テンメイさんはご覧になってないですと?
勿体無い(笑)
そうそう、今思えば豪華メンバーですよね~。
あの時の竹内結子ちゃんのショートヘアが好きでした。
あ、瑠可のショートもそうですけど、
バサッとイメージチェンジに成功するととっても嬉しいです。
他人事でも(^▽^;)

意地悪先輩、そう来たら嬉しいですね。
苦しい生活のシングルマザー…
あぁしっくり来るわぁ(笑)


で、今回のテンメイさんの記事はアイスピック!
約92回なんだ~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
隠し味ってのがまた うける _(^∀^)ノ彡☆ばんばん
私も遠い昔にバイトで経験あるんですけど、忙しいと「氷がない」って
中も手伝わされて、アイスピックなんて使ったことないのに。
案の定、掌は血だらけ!
でも冷たすぎるもんだから痛い感覚もなく割り続け…
あの時のお客さん…血の味しなかった?
汚染されてないから大丈夫(笑)ヾ(゚∇゚*)オイオイ
でもテンメイさんがバーのカウンターでね~。。。
お客さんの話をこっそり聞いてる姿を想像(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

ってことで、ドラマとテンメイさんの記事&コメント&レスで
妄想他、色々と楽しませて貰えたのと、
文章の基本を改めて肝に銘じることが出来ましたことを…
謝謝(^人^)

アイスピックのとこだけかい!
って突っ込まないで下さいね(^_-)

投稿: mana | 2008年5月25日 (日) 10時11分

> mana さん

おはようございます sun
あっ、気持ちが読みづらいってことだったのか!
「気持ち」は主語っていうより目的語ですけどネ(^^)
主語は「私」。ま、ホントは難しい話なんだけど。。
   
アハハ(^^) 「長いけど」って、流行語扱いね。
「長いから」ってヴァージョンもあるのか♪
このコメント欄もやたら長いなぁ。最長記録に近いかも☆
おっと、一転してベタ褒めですか!
あぁ、ダメダメ。皆さんとか書くと焦点がボケるでしょ。
その一文は無視します。無視の一文。武士の一分だろ!
ドッと疲れる、筆者と読者。。
      
瑛太への突っ込みってどれだろ。耳かな♪
髪型ね。いやぁ、やっぱ女性は肩より下でしょ☆
あんまし長すぎても困るけど。。
いいでしょ、意地悪先輩の予想。ビシッと当たらないかな♪
  
アイスピックは、後世に残るウチの業績ですよ(^^)
「テンメイ氏によると約92回」とか引用されるでしょう。
隠し味って、自分で書いてるから、隠れてないけど♪
エッ、美容師さんがバーのバイト?
そうそう、忙しいと誰でも使っちゃってました。

でも、アイスピックは危ないなぁ。あれは完全な凶器。
血だらけ!? うわぁ。。有名な店だと今なら大変。
ま、出た直後なら有害でもなさそう。
あぁ、冷たいから痛くないってのは分かります。
忙しかったから、あんまし話を聞く余裕は無かったかな bar
フロアの女の子virgoにちょっかい出すのも忙しかったしネ ^^
   
という訳で、アイスピックのとこだけかい!
って突っ込んで欲しかったのね♪ 一応、お約束で。
それでは、再見(ザィ・ジィアン)shine

投稿: テンメイ | 2008年5月26日 (月) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/41291871

この記事へのトラックバック一覧です: タケルのアイスピック~『ラスト・フレンズ』第7話:

» 『ラスト・フレンズ』第7話 [strの気になるドラマ 気になるコト]
ルカ→ミチル→タケル→ルカ→…宗佑から逃げるミチルとタケル。宗佑、恐い。。前回、ルカがカミングアウトしようとしたところに。。タケルがルカに告白して。。でも、ルカは「タケルの気持ちには応えられない。。」「他に好きな人がいるから?」うなづくルカ。。ルカは自...... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 08時19分

» ラスト・フレンズ 第7話 [アンナdiary]
タケル、私たちこれまで通りだよな? 今まで通り付き合えるよな?タケルが瑠可に告白してから、少しずつ少しずつ何かが狂い始めてきたような気がする。いや、美知留ちゃんが瑠可と出会ってからか。。。... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 09時13分

» ラスト・フレンズ 第7話 [エリのささやき]
宗佑〜〜!!亮ちゃん、線路に消えちゃった!!ものすごく嫌〜な予感。亮ちゃん無事でいて!! [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 12時47分

» ラスト・フレンズ(7) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 16.0%・・・前回(17.2)より 「残酷な現実」 [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 14時56分

» ドラマ『ラスト・フレンズ』第7話をみたのだ! [ひるめし。]
第7話『残酷な現実』 おもしろいほど、それぞれの関係がグチャグチャになっていってる〜。 瑠可とタケルは可哀相すぎでしょ・・・。 二人ともみてて辛かったわ・・・。 タケルは瑠可に告って玉砕。 なおかつ「美知留を好きになって」って言われたり。 瑠可に恋人(役)を見せつられたり。 遊園地でお姉ちゃんにばったりあってトラウマが甦ったり。 瑠可から貰った大事なマグカップは勝手に使われたり。 「人には死んでもいいたくないことがある」って瑠可にどなられたり。 挙句の果てには美知留に「あなたのこと... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 15時49分

» ラスト・フレンズ 第7話 「残酷な現実」 [テレビお気楽日記]
タケル(瑛太)「俺、滅多に人を好きにならないし、この気持ちは揺るがないって自信がある。だから何でも安心して打ち明けてほしいんだ。俺は君の味方だから。」瑠可(上野樹里)「ごめん。タケルの気持ちには応えられない。わたし・・・。」「他に好きな人がいるから?」美知留(...... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 17時18分

» 『ラスト・フレンズ』 第7話 [美容師は見た…]
「…瑠可、俺、君が好きだ。 …何でも安心して打ち明けて欲しいんだ…」「ごめん。タケルの気持ちには応えられない」「他に好きな人が居るから?」「〈うん〉…ごめん」「いいよ、いいんだ。分かってた」いつも冷静に聞き役に回るタケルでしたけど、今回はお姉さんからの電話も... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 17時18分

» 愛に自由を奪われし者(ラスト・フレンズ#7) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『ラスト・フレンズ』「ごめん。タケルの気持ちには応えられない」水島タケル@瑛太の告白を拒否(爆)そりゃ〜そうだとも。“レジュ”改め“GDI”(性同一性障害:Gender Identity Disorder)な岸本瑠可@上野樹里が好きなのは、藍田美知留@東宝の箱入り娘な清純派女優・長....... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 21時34分

» ピッチャーとキャッチャー二人の三角関係(中山優馬)VS・・・同じ苦しみなんてねえよっ(上野樹里) [キッドのブログinココログ]
・・・どうしてこんなことにっ・・・と誰もが思う時がある。しかし・・・中には願望達 [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 17時21分

» ラスト・フレンズ (瑛太さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆瑛太さん(のつもり)瑛太さんは、毎週木曜よる10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ラスト・フレンズ』に水島タケル 役で出演しています。先週は第7話が放送されました。 [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 14時24分

« 久々の2日連続ラン、快適♪ | トップページ | 超眠くても10kmだけ我慢・・ »