« 音楽ランを遅さの言い訳にできるか | トップページ | 宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話 »

『ラスト・フレンズ』コミック版(竹田ミト)について

6月12日夜の時点で、Yahoo!で「ラスト・フレンズ 竹田ミト」を検索すると、

ウチのラスフレ記事が約9720件中の1位でヒットする。この記事は確かに、漫

画の作者・竹田に触れてるけど、情報量が少なすぎるので、新たに記事を1本

書いとこう。

     

フジテレビ系列の扶桑社が、今年4月28日に創刊した女性コミック誌『マリカ』

公式サイトによると、サンスクリット語の「マリカ」が表すジャスミンのように、落ち

込んだ気分を引き上げ、自信を持たせてくれる効果を持たせたいとの思いが込

められてるそうだ。5月28日発売の7月号では、フジテレビ連動企画の新連載

として、『ラスト・フレンズ』がスタート。その構成・作画を担当するのが竹田ミトだ。

     

私は以前から、ドラマに関連する本は実際に買って記事にすることが多かった。

原作小説・原作コミックもそうだし、ドラマの後から登場するノベライズやコミック

もちゃんと買ってる。ただ、今回は雑誌の中の1本にすぎないから、あんまし感

心しないよなぁと思いつつも、立ち読みしてしまった(^^ゞ マンガの立ち読みなん

て滅多にしないってこともあって、後ろめたさもあったから、読んでしばらくの間

はあえて記事にしなかったのだ。内容をバラすと営業妨害になりかねないもん

ね。ただ、7月号発売から半月経ったし、地方だとこの雑誌が手に入りにくいっ

て事情もありそうだから、ごく簡単に内容を紹介しとこう。ただし、読んでない人

にとっては、広い意味でネタバレと言えなくもないから、悪しからずご了承を☆

          

このマンガ版ラスフレ、公式ブログの紹介には次のように書かれている。

   

   瑠可から見た美知留やタケルは? フジテレビドラマ『ラスト・フレンズ』(毎

   週・木曜22時~)を瑠可の目から再構成。揺れる心理の動きを丁寧に描

   き、コミック表現ならではの描写で、もうひとつの「ラスト・フレンズ」がたちあ

   がる。ドラマを見逃したときだけでなく、ドラマを2倍楽しむための連動企画

      

結果的に言うと、この説明はほぼその通りだった。30ページちょっとの掲載で、

冒頭だけはカラー。キャラの絵は、美知留(長澤まさみ)タケル(瑛太)がキレイ

に描かれてて、瑠可(上野樹里)はやっぱり男っぽい。初回は瑠可がモトクロス

のレースで転倒するまでを描いてて、ストーリーはドラマとほぼ同じだけど、確か

に瑠可の心情が中心に置かれてた。割れたマグカップをタケルが直して使うエ

ピソードが、ドラマよりも細かく書かれてたのが印象に残ってる。

     

ウィキペディアの「ラスト・フレンズ」の項目には、「美知留と瑠可の高校時代が

・・・描かれる」と書かれてたから、ドラマにない高校時代がメインなのかと思って

たんだけど、少なくとも初回はそうじゃなかった。何回連載なのかは知らないけ

ど、今後はもっと高校時代が描かれるのかも知れない。あと、瑠可目線ってこと

で、もっと踏み込んだ心理描写があるのかと思ったけど、これまた、それほどで

も無かった。折角の連動企画なんだから、「ドラマを2倍楽しむ」ためにも、もっと

竹田のオリジナリティーを発揮していいと思う。一つの解釈の提示として。

    

ま、営業妨害だけじゃなくて、今この記事を書きながら見てる「最終章・愛と死」

も気になるから、この辺で早くもアップしとこう。次回8月号は6月28日だから、

ウワサされる特別編or総集編(26日)の後になっちゃうわけだよな。それじゃ

あ、ますます独自のものを発揮するチャンスだ。第2回以降の連載にも期待し

よう。いずれ1冊か2冊のコミックの形で発売されれば、ちゃんと購入して真面

目に記事を書くかも知れない。たとえ流行遅れでも、内容的に私がいいと思え

ばOKだ。

     

あ~、美知留がやられちゃったよ! 凄い交換条件だな。。

それでは。。☆彡

                

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.あぁ、宗佑が血を流したのか。。自殺なのか、自殺に見せかけてるだけ

    なのか。時間が経っちゃってるから、フツーなら死んでるはずだけど、ド

    ラマだからちょっとビミョーかな。。

       

cf.『ラスト・フレンズ』第1話、軽~い感想♪

   『ラスト・フレンズ』第2話、軽~い感想♪

   被害者としてのDV男・宗佑~『ラスト・フレンズ』第3話

   宗佑に再び負けた瑠可~『ラスト・フレンズ』第4話

   ボーダーライン・カップルの崩壊~『ラスト・フレンズ』第5話

   人間は白か黒だけじゃない~『ラスト・フレンズ』第6話

   タケルのアイスピック~『ラスト・フレンズ』第7話

   瑠可(上野樹里)の性別違和症候群~『ラスト・フレンズ』第8話

   ルーク vs 宗佑、最終章へ~『ラスト・フレンズ』第9話

   宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話

   共生を選んだビーチボーイズ~『ラスト・フレンズ』最終回

   白い家への憧れ、永遠に~『ラスト・フレンズ』SP アンコール特別編

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ラスト・フレンズ』ノベライズ本の内容

   『ラスト・フレンズ』ノベライズ本とアンコール特別編

   『ラスト・フレンズ』最終回、宗佑(錦戸亮)の遺書全文

   『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害に関する情報

   『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害・2 

   『ラスト・フレンズ』特別編or総集編と放送回数

   春ドラマ2008、期待のレビュー候補3本☆

|

« 音楽ランを遅さの言い訳にできるか | トップページ | 宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/41513843

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト・フレンズ』コミック版(竹田ミト)について:

« 音楽ランを遅さの言い訳にできるか | トップページ | 宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話 »