« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

自転車でも高速水着レーザー・レーサーか・・

BIKE 70km,2時間28分,平均時速28.4,平均心拍141

快走♪ 今期、一番気持ちいい走りだったな・・・とか言いつつ、まだ今期ロクに

走ってないけどさ (^^ゞ 昨日、3ヶ月ぶりにRUNでハーフ走った後だし、そんなに

体調が良かったわけでもないんだけど、気温がちょっと低めだったのが良かった

かな。普段より眠りが深かったし、走ってる時もわりと涼しかったしね。

    

おっと、そうそう。先に自転車ニュースの話をちょっと書いとこうか。昨晩つい笑っ

ちゃったのが、「自転車でもレーザー・レーサー」って記事。ちょっと前まで、日本

の水泳界で話題沸騰だった英・スピード社の水着を、長塚智広が北京五輪で

用するってお話だ。まあ、一時的効果はあるのかも知れないけど、大きな目で

ると妙な方向に進んでるなって気もするよな。実際、BIGLOBEニュースに対し

て読者が気持ちを示す「気持ち玉」を見ると、圧倒的に「呆れ玉」が多い。つまり、

みんな呆れてるわけ。ま、違反じゃないし、道具の進歩って話はスポーツに付き

ものではあるけどさ。。

             

この長塚選手、トラックで行う短距離レースに出場するようだけど、ロードレース

の世界でも使われるようになるかもね。そうなると、多摩川や荒川にもレーザー・

レーサーが溢れかえるのか。陸上短距離なんてのも可能性あるね。ま、値段が

かなり高いし、キツくて着るのが大変みたいだから、私はパスする。トップ選手じゃ

あるまいし、そこまでして僅かなタイムを稼ぐ気もない。似たような話として、ヒル

クライム・レース用の部品で僅かな軽量化を目指すってのも、まったく遠い世界

の話に感じるよな。マニアックな趣味としての興味深さはあるけどね。。

        

さて、乗鞍のヒルクライムのちょうど1ヶ月前になる今朝。月末ってこともあって、

また早朝ランを決行。とにかく、典型的な夜型の私にとって早朝に走るってこと

自体がだるいんだけど、この日は最初から意外なほど調子が良かった。多摩

水道橋を過ぎてすぐ、巨漢レーサーが抜いて行っても、すぐに追走。軽い追い風

ってこともあって、時速35km前後で是政橋まで付いて行った。その時点でまだ

心拍は160台半ばだから、国立折返しまで行こうかなとか、抜き返してやろうか

とか思ったりしたけど、その後が辛そうだし、ちょっと速過ぎて危ないから自粛。

自転車は何より安全第一! ま、メリハリがあったから恐くはなかったけどね。

       

その後、折返しと関戸橋の間を1往復して距離を稼いで、復路のセブンイレブン

080731 府中四谷5丁目店

 補給。隣には有名な青

 い自転車店・Y’s 

 Bike Park もある

 し、多摩川サイクリン

 グロードを走る者にとっ

 てホントに便利な地点

 だ。久々だったから、

080731b 写メまで取ってしまった♪ 少し

 走って、雲の形も面白かったから

 パシャリ。その後またロード2台と

 軽くバトルしたりして、何とこの日

 の平均時速は28.4km。多摩水

 道橋(下の写メ)の上流側だけな

 ら30kmは超えてたはずで、おま

 けに平均心拍から考えてもまだ余

 裕十分。復帰して1ヶ月も経ってな

 いけど、急激に身体が慣れて来た

080731c 感じだ。太腿が太くなっ

 て、お腹がちょっと凹

 んだかも♪ 腰の痛み

 もかなり軽くなった。

              

 ここで気を緩めたら無

 意味だから、残り1ヶ

 月も頑張ろう。最低で

も1000kmは走りたい・・・とか大風呂敷広げて大丈夫かね。。(^^ゞ ☆彡

          

P.S.試しに検索したら、自転車屋の名前が「Y’s Road 府中多摩川」に変

    わっちゃってるみたいだね。いつからだろう。前の方が好きだけどな。。

| | コメント (0)

サロマ湖100kmを見て早朝ハーフ♪

RUN 21.1km,1時間49分59秒,平均心拍159

この程度の距離でも、4月20日のかすみがうらのフル以来なんだよなぁ。満足、

満足。夏なのに、朝からきっちり走りこめたのは、昨夜のNHK『にっぽん夏紀行』

のおかげだ。「ふたりでゴールへ~北海道サロマ湖100km~」と題して、有名な

超長距離レースに挑むご高齢の夫婦を紹介してくれたから、刺激になったわけ♪

     

夫が能渡武美さん妻が能渡貴美枝さんで、ご結婚もランニングを通じてとの事。

貴美枝さんは見るからに速そうな走りで、自宅にはたくさんのトロフィーや盾が飾っ

てあった。サロマ湖も14年連続完走で、青色のゼッケン(10回以上の完走者用)。

まだ1回しか完走してない武美さんを支えながら走る姿がとても感じ良かった。語

りの平泉成も落ち着いた味わいだし、テーマ曲(ウォンウィンツァン)も心休まる癒

し系のメロディー♪ ドラマの『シバトラ』は見逃しちゃったけど、代わりにいい番組

に出会えてラッキーだ。

         

それにしても、サロマ湖ってやっぱ景色がいいね。北海道は10回以上行ってる

けど、ここはまだ未経験だ。オホーツク海に面した、日本第三の湖とのこと。コー

ス的には、結構アップダウンがあってきつそうに見えたけど、気温が低いのはい

いな。制限時間13時間で、今年は大会史上最多の2811人参加。例年、3割

がリタイアで、7割は40台以上の中高年とのこと。よくやるよな。

     

私自身は、ウルトラをやるよりは普通のフルやハーフのタイムを上げたいんだ

けど、区切りがいいから、いつかは100km走ってみたいような気もする。ま、

今は雲の上のお話だ。能渡さんご夫妻、完走おめでとうございます☆

       

で、この番組の余韻が残る中、久し振りに長めの距離にチャレンジしたわけ。か

すみがうら以降、ロクに運動してないし、特に今月は自転車を再開したから、ラン

はほとんどやらなくなってる。朝だし、18kmくらいが限界かなと思ったんだけど、

ペースが遅いし、周囲に大勢ランナーやウォーカーがいたこともあって、無事ハー

フを走りぬくことができた。

     

自転車のせいで太腿の前側に筋肉が付き始めてるから、ランニングの時にちょっ

とギクシャクする感じがある。ま、要するにもっと走ればいいだけのことだけどね。

あと、流石に暑くてノドが乾いたから、めずらしく周回後に給水。30秒ほどのロス

かな。トータルでは1km5分14秒。ま、遅いけど、今の状況だとこんなもんでしょ。

          

ちなみに、ホントは今朝は自転車のはずだったんだけど、前夜に断続的な大雨

が降った直後だからランニングに切り替えた。明日こそ自転車に乗りたいね ☆彡

      

  往路(2.45km)     12分55秒   平均心拍137          

  1周(2.14km)     11分07秒        151        

  2周              11分11秒         154        

  3周             11分02秒         159

  4周              10分59秒         163 

  5周              11分08秒         162

  6周              11分21秒         162 

  7周              11分16秒         169 

  8周(1.22km)        7分07秒(給水込み) 170

  復路               11分54秒          168

  計 21.1km  1時間46分24秒     154(最大178,ゴール時)

| | コメント (0)

売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

 この音の値段 いくらだ?

 エッ?

 この声 いくらで買う?

   (ドアの外でドンドン叩く音 そして叫ぶ声 「灯里! 灯里!」)

 心や愛に値段つけられんだったら あいつらにも値段つけろよ

 100円か? 1000円か? 1万円か?

 違うだろ 人の心は売り物じゃない

 世界中の金かき集めたって あいつらの心を買うことはできない 

 人の心をさ 何かに替えるなんてこと できない ウサギのリンゴみたいにさ

 お前がホントに欲しいのは どっちだ 時計やバッグか ウサギのリンゴか?

 ・・・ウサギのリンゴ

 あいつらの声に あいつらの心に応えてやれ

 心に応えられるのは 心だけだ

 洋貴 凛久 大和 茂市 ハチ・・・♪

       

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい! まるでダイヤモンドの原石みたいなドラマだ・・と言いつつ、ダイヤ

の原石なんて見たこと無いんだよな♪ 早速、検索でチェック。なるほど、カット

や研磨の前だと、いまいちパッとしない石だね。今回の『太陽と海』そっくりだ。

     

前回、一発で決定したように、ウチの今期のメインはこのドラマであって、もう変

更はない。残念ながら昔から特別扱いしてた山P=山下智久の『コード・ブルー』

は、二番手以下の存在になった。同じく特別扱いの藤木直人の『シバトラ』と比

べると、ローテーションの問題(藤木は前期レビューしたばかり)で山Pの方が優

先的だけど、妙に楽しめる『ヤスコとケンジ』とあんまし変わらない位置づけだ。

    

で、赤丸急上昇でメインに躍り出た『太陽と海』の第2話だけど、疲れた身体と

眠い頭でボーッと見たオンエア直後は、「あれ、ちょっと失敗しちゃったかな」って

気も多少あった。海は大好きだし、櫻井朔太郎(織田裕二)の暑苦しさもイイし、

凛久(りく=北乃きい)も可愛いんだけど、前回よりは出来が悪い。美しい映像

が少ないし(夜のプールくらいか)、榎戸若葉(北川景子)のギャグもほんの僅か。

何でホテルの従業員に連絡しなかったのか、なんて感じの突っ込みもあるけど、

それより大きいのは、期待した灯里(吉高由里子)がイマイチだったことだ。

    

吉高を知らない人は、単なる若手女優の一人として、こんなもんかと軽く流して

おしまいに出来るかも知れない。ただ私は、冬ドラマ『あしたの、喜多善男』で、

売れないアイドル・宵町しのぶを演じる吉高の光り輝く演技力と魅力に惚れこん

でたから、今度はどんな演技を見せてくれるのか、凄く楽しみにしてたのだ。そ

れなのに今回程度の出来じゃ、まったく満足できないね。これは、坂元裕二の

脚本若松節朗の演出のせいなのか、それとも吉高自身のせいなのか、まだ

分からないけど、正直ガッカリしたのは事実だ。

    

という訳で、放送終了直後は顔をしかめてたんだけど、録画をマジメに見直すと、

やっぱりこのドラマを選んだのは正解だと確信した☆ 前回もそうだけど、この

ドラマは欠点も目立つから、自分の側で長所を見出してやらないといけない。

カットと研磨に、時間とパワーを費やす必要のあるドラマで、まさにマニアック・

サイトのウチにピッタシだろう。

       

           ☆          ☆          ☆

それではまず、カットから。つまり、主題=テーマやモチーフの取り出しから行

こう。先日の『コード・ブルー』第4話では、「愛と嘘」が中心テーマだと主張した

けど、似たような短い言い回しを使うなら、『太陽と海』第2話の中心テーマは

「心の声」だ。ありがちな「心」ではなく、心の「声」。その重要さを分かりやすく示

すための道具立てが、株とかの売買や値段との比較。この構図が分からない

と、ポイントになる部分の意味が曖昧なままになってしまうだろう。

        

ではまず、心の売買(=金銭的やり取り)の話から研磨作業を始めてみる。愛

とか友情に、必ずしもお金は必要ないということは認めてもいいかも知れないけ

ど、お金とのつながりもかなりあるのは確かだ。恋人とデートするにせよ、友人

と遊ぶにせよ、ある程度のお金は当然かかる(極端な例外を除く)。特に最近

の若者だと、毎月数千円程度の携帯の費用が払えなくなったら、人間関係を保

つのに苦労するだろう。

    

一方、お金があれば、友情はともかく、愛とか愛に少し似たものは手に入りやす

くなるだろう。服装、住居、プレゼント、車、化粧、整形、お見合いパーティー、結

婚相談所、等々。これらの価値を認めず、心と心のつながりばかり強調するの

は、空疎なキレイ事にすぎない。

    

すると、単純かつ大雑把にまとめるなら、愛や友情にはお金が必要だし、お金

があれば愛は買える。だから結局、心も金だと思ってしまいやすくなる。実際、

広義の風俗産業では、男と女(たまに同性)の間で、愛の類似物の売買が行わ

れている。そこまで行かなくても、女子高生の灯里が食事とかに付き合うだけ

で、高価なプレゼントが手に入る。それをオークションや質屋などで換金して、

さらに自分の魅力アップへの投資に使えば、愛も獲得しやすくなるだろう。光っ

てる女の子には、いくらでも男は寄って来る。その意味で、「愛は株と同じ。見返

りを求めて売り買いするもの」と言いたくなるのも無理はない。

       

ただ、証券会社で忙しいお母さんに代わって、ハチ=八朗(濱田岳)が灯里に

作ってくれたウサギのリンゴみたいに、売買できないものはいくらでもあるし、

それこそが人生で重要なものだったりもする。一般的かつ抽象的に言うなら、

その代表が、「今ここにある、唯一無二の特定の心」なのだ。

        

たとえば、灯里が愛と金の複雑なやり取りを通じて、しばらく後の八朗の愛を

「買う」ことは可能かも知れない。でも、「今このピンチに駆けつけてくれてる八

朗の愛」は、将来だともう売ってないし、今現在でさえ売ってはいない。それは、

冷たくラブレターを破り捨てた灯里に対してタダ(=無償)で与えられたものなの

だ。これに対して、バッグとかの物の場合だと、時間的変化が少ないし数も多

いから、たとえ今買えなくても、いずれほぼ同じ物を買える可能性が高いのだ

(反復可能)。

                       

「今ここにある、唯一無二の特定の心」を具体的に表すものこそ、オーシャン

パレス503号室の扉を叩く、や叫びだ。洋貴(岡田将生)、凛久、大和

(冨浦智嗣)、茂市(鍵本輝)、ハチ=八朗が、灯里の身を案じて出す音声。こ

れらは反復不可能(録音は無意味)で、この一瞬に感じ取った後には、ゆっく

り静かに流れ去るものだ。だからこそ櫻井は、窓ガラスをぶち割って灯里を助

けた後、奇妙な台詞を口にしたのだ。「この音の値段、いくらだ?・・この声、い

くらで買う?」。この重要な箇所で、「音」や「声」って言葉を出してるのが、文学

的な脚本家・坂本の特徴なんだろう。

         

こう考えると、あの国語の問題の意味も分かってくる。一見、羽菜(谷村美月)

らが内職したがってた数学の話にも見える、

   「八万三千八三六九三三四七一八二 四五十三二四六百四億四百」

の意味の解読だ。

    

櫻井は「に出して読むとわかりやすい」とヒントを出した後、正解の短歌を発

表した。「やまみちはさむくさみしなひとつやに よごとみにしむももよおくしも」

つまり、「山道は寒く寂しな一つ家に 夜毎身に凍む百夜置く霜」

    

元の文字(漢数字)を見ただけだと理解できないものが、声に出すと解読しや

すくなる。と同時に、文字とは違って反復不可能で、しかも刻々と流れ去る、そ

の場限りの詠み手の心の動きを、ある程度まで想像しやすくなるのだ。もちろ

ん、元の詠み手の気持ち自体を再現することなど出来ないし、それで構わない。

自分と他人は別の存在だし、一人一人が時間の流れに沿って移ろい行くわけ

だから。

     

したがって、少し難しい言い方をするなら、櫻井はまず国語の授業で、音声言語

通時性(時の流れに沿って順に生成消滅する性質)を用いて、心の通時性の

理解への道筋をつけた。その後さらに、ホテルの救出劇の際には、音と声を用

いて、心の単独性(ただ一つきりのものであること)と売買不可能性を教えたのだ。

要するに、売買できない心の声の貴重さってお話だ。自分の、相手の、そして

詠み手の、流れゆく交換不可能な思いの数々。

        

こうした学習が、テストで何点になるか、実社会で何円に相当するのかは分か

らない。でもまさに、そうした数字とは関係なく大切なものがあることを示そうとし

たのが、今回の「太陽と海の教室」。その意味で「Homeroom on the Beachside」

という副題は適切なものだろう。これは普通の学科とは別扱いのホームルーム

なのだ。。

    

        ☆          ☆          ☆

今回、笑いが少ないのも気になったけど、最後のプールのシーンは、ヒネった

ギャグと見れなくもない。「太陽と海」と言いつつ、「月夜のプール」だったんだか

ら♪ まあ、実際はむしろ、最終回で「太陽の海」にみんなで入るシーンへの伏

なんだろうけどね。

     

個人的には、ヤキソバやもんじゃ焼きをめぐる櫻井と凛久のやり取りがクスクス

笑えたな。「海の家」じゃなくて「カフェ」だと凛久が言い張ってたあの店。「SEA-

LASS」って名前だから、「海の少女」ってこと。ここからも、最終回辺りで凛久が

海に入るのはほぼ間違いないだろう。おそらく、水着じゃなくて制服のまま入ると

予想している。って言うか、そう期待している☆ 若葉先生には女教師の制服と

してのスーツで海に入って欲しいもんだ。男子は何でもいい♪

     

最後に、2回見て思ったのは、やっぱりこのドラマは『水戸黄門』的な勧善懲悪

ストーリーではないってこと。前回もそうだけど、今回の悪役で、レインボーマン

じゃなくてレインボーメンの一人、イエローMAN・河端正吾(要潤)も、別に櫻井

に叩きのめされた感じにはなってない。むしろ、櫻井の授業の参考資料として

役に立ったって感じで、灯里も彼に対しては、怒るどころか最後に頭を下げて

謝ってた。あくまで、「教室」内での教師と生徒のホームルームが中心なのだ。

    

このドラマには、今後もこのまま行って欲しいと思う。間違っても、理事長・神谷

龍之介(小日向文世)英語教師・真山春佳(吉瀬美智子)教育指導・柴草

(八嶋智人)、音楽教師・赤木(池田鉄洋)を倒して、生徒と若葉と校長・長谷部

杏花(戸田恵子)と一緒に、大喜びするようなストーリーにはして欲しくない。

    

さて、今日も暑そうだから、お昼は焼きそばにしようかな。暑い夏こそ、熱いもの

をじっくり味わいたいもんじゃ♪ シ~ン・・・冷たいものまで味わえちゃったか。

どうも、ご馳走さま。ではまた。。☆彡

        

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「軽井沢事典」というHPによると、例の短歌は、軽井沢の碓氷峠に近い

    「一つ家」という茶店の歌碑にあったもので、歌碑だけは現存してるらしい。

    ただし、それは再建後のもので、かつての石碑には少し違う次の短歌

    彫られてたとのことだ。弁慶の作という言い伝えを信じるかどうかはとも

    かく、少なくとも志賀直哉や太宰治や芥川龍之介とは関係なさそうだ。

    「八萬三千八 三六九三三四 一八二 四五十二四四億四百」

    (山道は 寒く寂し 一つ家に 夜毎に白く夜置く霜)。赤が違う箇所。

            

P.S.2 「通時性」の対立概念は、「共時性」だ。たとえば、一目で同時に見れ

      る黒板の文字の列は、共時性を持つと言っていい。短歌を詠むとは、

      ある短い時間での通時的な思いを、通時的な音声言語にすること

      それを文字言語にすると、共時性が強まると共に、もとの流れゆく思い

      とのギャップが広がることになる。そのギャップを縮めるのが音読だ。

                  

P.S.3 色分けされた5人ほどのメンバーが活躍する「スーパー戦隊シリーズ」

      というものは、一度も見たことがないんだけど、ウィキペディアによると、

      常に「レッド」が主役らしい。だからこそ、灯里の手帳にはレッドMAN

      だけ見当たらなかったわけだ。それは、ボタンまで頂いちゃってる一番

      大切な男性で、凛久の彼氏の洋貴だから。

      ちなみに「レインボーマン」には、レッドという色の優越性はないらしい。

        

P.S.4 謎の文書「内秘 私立湘南学館高等学校 2008年度 学年別調査

      報告書」というのが、2年前に騒がれた「高校必修科目・単位未履修

      問題」と関係してる可能性は、少し高まった。と言うのも、再び内職(授

      業中こっそり別の科目を勉強すること)が話題になってたからだ。

      ただ、ドラマの予想は別として、私の考えとしては、やや古い話題だし、

      今さらそんなに大げさに扱うような問題でもないと思ってる。少なくとも、

      そんな話なら内部告発ですぐ発覚するから、理事長が頑張った所でど

      うにもならないし、櫻井が活躍する余地も少ないだろう。ま、代わりの

      ネタは思いつかないんだけどさ。。

          

P.S.5 吉高由里子と要潤は、『喜多善男』でも共演している。その時は、テー

      ブルを挟んでにらみ合う対決ムードだった。

    

P.S.6 第2話の視聴率は14.4%第1話の20.5%から急落した。まあ、

      1話は久々の織田の月9ってこともあったし、かなり下がるのは想定内

      だろう。ただ、2話は表面的には1話よりかなり出来が悪かったから、

      どこまで下がるかが心配だ。今のところ、ウチのアクセスは先週並み

      の健闘だけど、マジメに読んでない人がかなり多そうだし、来週以降

      がちょっと心配かも。。

       

P.S.7 来週は、川辺英二(山本裕典)と若葉の「禁断の愛」を軸に話が進む

      のかな。今週ラスト、キスはしてない可能性の方が高いと思うけど、

      赤ちゃんはもう出来てるらしい♪

    

P.S.8 例の短歌、内容的には、灯里の心の淋しさを表してると取れなくもな

      いけど、かなり隔たりが大きい。それよりは、数学の内職をしてる生徒

      たちを軽くからかうお遊びの中で、言語の持つ音声的側面の重要さに

      気付かせようとしたと考える方が自然だろう。。☆彡

        

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  パンドラの箱に残されたもの~『あしたの、喜多善男』第1話

| | コメント (9) | トラックバック (9)

27度の早朝、ガクガクの足腰で・・

RUN 12km,1時間01分23秒,平均心拍 152

日焼けが熱い! 前日の自転車での荒川遠征でかなり日焼けしてしまって、身体

中がホカホカしちゃってる。日焼け止めはそれなりに塗ってたし、シャツもUVカット

の高機能製品を使ってるんだけど、やっぱり真夏に何時間も走ると日焼けするね。

もっとコンスタントに走ってれば、身体も慣れて大丈夫なんだけど、今年の私の自

転車シーズンはまだ始まったばっかだから、紫外線には慣れてない。ランニング

も、ほとんど夜か早朝だし。。

         

そうでなくても熱帯夜が続いてるのに、身体まで熱いんじゃ、いくら睡眠不足だか

らって、なかなか眠れない。ますますボーッとした状態になるんだけど、それでも

今朝はちょっとだけ走りに行った。月末だし、眠るのもなかなか大変だから、気

分転換に公園へお散歩する感じだ。

    

ところが、最初から足腰がガクガク。最近ほとんどランニングをしてないってのも

ちょっとはあるだろうけど、それよりも単に太腿が疲れてるのだ。昨日の自転車

は、バトルごっこも含めて、今シーズンで一番マジメに走ったもんね。一歩ごとに

身体がガクガクする感じのまま公園に到着。普段なら周回中に何とかなるのに、

今朝は暑くて汗が吹き出すだけ。実際、後でピンポイント予報を見ると、気温27

になってたから、かなり暑い朝だったわけだ。遅いのにやたら心拍が高くて、

本気で走ってるみたいにしんどい。ただ、呼吸はそうでもなかったし、途中で止め

たくなる感じでも無かった。

    

結局、トータルで1km5分07秒。まあ、あの状況にしては上手くまとめたような

気もするね。ちょっと甘過ぎるか♪ 今晩はこれからまた『太陽と海の教室』の

ドラマ記事が待ってるから、明け方まで時間を取られて、走る余裕はなさそうだ。

ホント、これさえ無ければこんなにスポーツで落ちぶれることは無かったんだけ

ど、ブログ運営上は成功だから、ビミョーなんだよなぁ。ともかく、夜ちょっと走る

か、1日休んで水曜からまた頑張るとしよう。ではまた。。☆彡

              

  往路(2.45km)    13分20秒  平均心拍132

  1周(2.14km)   11分15秒        150

  2周           11分13秒         154

  3周          10分48秒         160 

  4周(0.68km)   3分29秒         164

  復路           11分19秒         162

  計 12km  1時間01分23秒    152(最大心拍173,ゴール時)

| | コメント (0)

荒川で心拍175のバトル、刺激的♪

BIKE 103km,3時間53分,平均時速 26.4,平均心拍 147

眠かった。。とにかく最近、寝不足続きで、今朝も4時間睡眠。それでもちゃんと

080727 起きて、暑い中を走っ

 た自分はエライ!・・

 ・・って言うほど走って

 ないけどネ (^^ゞ

 いや、眠くなければあ

 と20km走ってたん

 だけどなぁ。。左はお

 馴染み、葛西橋。私

にとっては、荒川サイクリングロードの起点で、外観も結構好きだ。

         

最近、多摩川ばっか走ってるから、この日は都心を抜けて荒川へ。いつもながら

ホント、都心は信号が多いよな。マジメに守ってるから、荒川到着まで20回前後

も引っかかってしまう。朝のガラ空きの道が台無しだ。ま、お散歩気分で走れば

いいんだろうけどさ。荒川ってことで、例によって友人Hを呼び出そうとメールした

のに返信なし。荒川到着後に電話しても出ず。後で聞くと、2日酔いで寝てたっ

080727b て話だ。そうなると、

 荒川を一人でマジメに

 走ることになる。多摩

 川より広くて走りやす

 いから、眠さと暑さ以

 外には言い訳できない。

 左の写真は、荒川のス

 タート前の光景。この

スロープで、土手から河川敷に降りて、ひたすら向こう側へ上って行くわけ。

        

最初から強い向かい風で、スピードが上がらない中、適当に走ってたら、前方

にパトロール(?)を発見してスピードダウン。どうも自転車の安全運転をチェッ

してるらしい。公的なものか私的なものか分からないけど、これは要警戒だな

と気を引き締める。案の定、あちこちの車止めの柵も、以前より走りにくくなって

て、柵の脇から強行突破することが出来なくなってた。そうすると、柵がある度

にほとんど止まるような感じになる。これじゃ、道が細い多摩川と比べて、それほ

どのメリットを感じないな。ま、柵以外は走りやすいけど、都心を抜けるダルさを

考えるとビミョー。ただ、100km前後走るのなら、荒川の方が上だとは思う。

       

080727c 帰宅時に確実に100km到達す

 るように、家から51km地点で

 折り返そうと思って走ってたら、

 ちょうど朝霞水門の辺りになった。

 この辺りから、荒川の景色は一

 変して、緑と水に囲まれた田舎

 道って感じになる。余裕があれ

 ばのんびり楽しみたい所だけど、

 極度の睡眠不足だし、どんどん

 暑くなって来たから、安全策で

080727d 引き返した。ちょうど

 1年前、眠さと暑さと

 で、歩道の自損事故

 んていう信じられない

 ミスをしたのを忘れる

 ことはできない。グニャッ

 と大破した前輪は、記

 念にまだ家にある。

     

復路に入って、また適当に頑張ってると、終盤になってようやく手頃なターゲット

を発見した。時間帯が悪いのか、みんな山へ走りに行ってるのか、速い自転車

がほとんど見当たらない中、ちょうど同レベルらしき「フラットバーロード」に追い

ついたのだ。いわゆるロードバイク(レーサー)で、下向きに湾曲したドロップハン

ドルの代わりに、横一直線のフラットバーハンドルを付けたもの。私のクロスバイ

クを軽量にしてタイヤを細くしたと言ってもいい。実は、次に買うならこのタイプだ

なと狙ってるものだ。

    

後ろの私に気付いた途端、彼は逃げ始めて、そこから8kmくらいのバトルだった

かな。お互い余裕が無いから、スピードは30~35kmくらいで揺れ動いたけど、

葛西橋に戻るまでそのまま一体となって突き進んだ。心拍は最大で175(実測

最大心拍の95%)まで上がったから、かなりの負荷で、気持ちの上でも刺激的

だった。最後に2人で抜いたロードバイクが猛然と抜き返した所で葛西橋になっ

たのは、残念だったね。3人バトルのチャンスだったのに♪

     

荒川を出てからは、もうお気楽モード。途中でジャスコ南砂店によってドリンク補

充して、サイクルショップでお買い物。ここのショップ、以前は使い物にならなかっ

たけど、いつの間にかマトモなスポーツ系ショップに変身してた。チョコッと立ち寄

080727e るのには便利だね。そ

 の後は、目黒通りの上

 り坂2ヶ所で気合を入

 れただけで、あとは暑

 さに耐えつつお遊びラ

 ン。無事102.9km

 走り終えることができ

 た。その後は、クソ暑

い中でお昼寝♪ 上の写真は、都心辺りの相生橋からの眺め。以前も書いたけ

ど、東京って所は意外なほど「水の街」なのだ。

             

さて、できれば翌朝はランニングと行きたいけど、起きれるかな。ま、一応チャレ

ンジしてみよう。。☆彡

| | コメント (0)

1年ぶりに多摩川南端までお散歩ラン♪

BIKE 48km,1時間50分,平均速度 25.9,平均心拍 139

眠い。。よく起きれたなぁ。。ずっと睡眠不足で、特に木曜の夜は山P=山下智久

のドラマ『コード・ブルー』のレビューのせいで、僅か1時間半睡眠。金曜は0時半

就寝。これで今朝、早起きできるとは思わなかったけど、不思議なことに一応目

が覚めてしまった。まあ、4日連続サボった後だったし、曇り空で走りやすそうだっ

たから、ちょっとだけ散歩してくるかって感じだ。午後から仕事に近い用事が入っ

てるから、早めに帰宅する必要もある。

        

どうせマジメに走る気力も体力もないから、気持ちのいい多摩川下流を選択。去

年のこの時期に、友人と羽田空港まで探検して以来、1年ぶりのことだ。川の下

流っていうのは、荒川や江戸川だと単に川が太くなるだけで単調なんだけど、多

摩川の場合はわりと変化に富んでて、気分的に走りやすい。

    

080726 ただし道路は区間によっ

 てかなり違ってて、草む

 らっぽい所とか凸凹とか

 もあるし、広くて路面の

 キレイな箇所もある。そ

 の最たる場所が、左の写

 真だ。残念ながら、曇り

 空ってこともあって上手

く写せてないけど、ここは上流側から見て大きく右カーブになってる区間で、サ

イクリングロードの道幅も広くて、多摩川で一番安心して飛ばせる場所だ。ゆっ

くり走っても眺めがいいし、河原に降りてものんびり出来る。

         

080726a  そこから更に進むと、

 「自転車止め」みたいな

 鉄の関門が続く区間が

 あって、そこを強行突破

 すると、いよいよ多摩川

 サイクリングロードの南

 端だ。その手前にあるの

 が、左の大師橋。これも、

画像をJPEG圧縮するとワイヤーが点線になっちゃうわけか。なかなか難しいね。

元々の画像をある程度小さく写しといた方がいいのか。加減が分からない。。

   

この辺りまで来ると、土手のすぐ下の街側に自販機がたくさんあって、ドリンク補

充が簡単にできる。上流側だと、なかなか見つからないもんでね。今日は久々に

PEPSIのレモン味(twist)を買って、帰りながら飲んで美味しかった♪ 距離は

僅か47.7kmだけど、風も適度で凄く気持ちのいい走りになったな。でも、明日

はもうちょっと長めに走らないとマズイ。

乗鞍まであと1ヶ月ちょっと。何とか盛り返そう。。☆彡 

| | コメント (0)

ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

(☆2014年10月2日の追記: 関連記事をアップ。

    代理ミュンヒハウゼン症候群か、米国の母親の例

         ~『なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか?』 )

 

 

           ☆          ☆          ☆

 やっぱり ユニフォーム姿が一番ですね

 田所部長 すみません ご迷惑をおかけしました

 無事回復 何よりです

 いつも 役に立たなくてすみません

 エヘッ♪ 何言ってるんです 藤川先生は 寝ていながら患者さんを治療した

 ミュンヒハウゼン症候群の患者さんは 追い詰めるとエスカレートする場合が

 多い 聞きましたよ

 藤川先生の一言が、患者さんの心を溶かし 偽りの病気を認めさせた

 ま 簡単には治らないでしょうけど 少なくとも しばらくはやらないでしょ

 先生のおかげです

   (ミスチルの主題歌『HANABI』スタート♬)

 これ あの人の写真です

 その頃は あの患者さんも 夢とかあったんでしょうね・・・

   (病院を一人で出て行く患者・宮本の後姿)

 

        ☆          ☆          ☆

なるほど、なるほど。良かったんじゃないの、今回♪ それほどホメる気にもな

らないけど、少なくとも今までで一番マシだろう☆ 脚本は相変わらず林宏司

けど、演出が今までの西浦正記から葉山浩樹に替わったのもプラスだったのか

な。過去3回、レビューするのも録画を見直すのも、かなりキツかったのに、今回

はどっちも平気だね。先週書いたお釈迦様の話と同じく、4度目にしてようやく少

し心を通じ合えたのかも知れない。「仏の顔も3度まで」とは、4度目にキレて怒

ることを表す言葉じゃなくて、4度目に状況が変わる可能性を表してたわけか。

エライぞ、仏教! ズレてるか♪

 

ここまでかなり不満が溜まってたから、場合によっては今回、スルーしようかと

考えてた。でも、ドラマの内容が意外にマトモだったし、昨晩のつぶやき日記に

書いたような特殊な事情もあったから、一応軽く記事を書いとこう。とはいえ、も

今期のメインは『太陽と海の教室』に決定したから、時間はかけないけどね。

例えば、母親を演じた役者が山本道子だなんて書いたりはしない。書いとるわ!

 

第4話のサブタイトルは「母の愛」となってて、藤川一男(浅利陽介)母・静子

の愛にターゲットを絞ってある。確かに、今回一番目立ってたのは藤川と母親だ

けど、ドラマ全体を通してみれば、「愛と嘘」とでもまとめられる内容だった。ウチ

が初回から指摘してるように、コード・ブルーには一応、各回ごとのテーマ=主題

とか中心的モチーフと呼べるものがある。第1話が腕。第2話が折られた鼻。第

3話が生身の人間。残念ながらそれらはハッキリと示されることが無かったから、

毎回ゴチャ混ぜの散漫な話という印象だった。でも4回目にして初めてテーマ性

をそこそこ明確に打ち出すことに成功したわけだ。

 

愛と嘘というのは、一見別物のようだけど、実際の人間社会では密接につながっ

てるだろう。ウソは基本的に良くないって感覚はみんな持ってるのに、どうしても

色んな場面でウソをついてしまう。悪気のない、愛されたいがための嘘。あるい

は、愛するがゆえの嘘は、ある程度までは必要悪の一種だ。こうしたものの価値

が分かるからこそ、私は『CHANGE』第1話で、朝倉(キムタク=木村拓哉)の必

要悪に対する姿勢を軽く批判したわけだ。私なら子供たちに、嘘にも大切な意味

があることを、真正面から「伝える」。悪にも必要なものがあることを「話す」。ただ

し、「教える」んじゃないから、後は子供たちが自分でゆっくり考えていけばいい。

 

話を戻すと、愛と嘘というテーマを象徴する専門用語が「ミュンヒハウゼン症候群」

だった。英語だと「Munchausen syndrome」だけど、元のドイツ語の人名(実在す

るホラ吹き男爵:1720-97)は、「Munchhausen」(アクセント記号省略)。途中の「h」

が2コになるわけで、こうでないとミュンヒハウゼンとは読めない。どうしてこんな

細かい話を書いてるかって言うと、最初にウィキペディアをチェックした時、英語

のつづりが間違ってるんじゃないかと思ってしまったからだ。でも英語としては正

しかった。元のドイツ語から「h」が1コ減らされたわけ。英語の発音は、「ミュンヒャ

ウゼン」じゃないかな。日本の医学用語は、まだまだドイツ語の影響が強いって

ことだろう。

 

ミュンヒハウゼン症候群とは、偽の病気を装うことで自分に関心をもってもらおう

とする病気だ。今回のドラマの患者・宮本茂だと、血をこっそり用意して吐血を

装ったり、痙攣の演技をしたり、薬を飲んで低血糖を装ったりしてた。ま、可愛い

白石先生(新垣結衣)の気を引きたいってことで、気持ちは分からなくもないけど

ネ。ウソの話を作ることも多いってことだから、ひょっとすると妻と子供が火事で

死んだって話もウソなのかも知れない。昔、羽振りが良かったことを示す写真も、

おそらくデジタル合成による偽造だろう。そりゃ、言いすぎか♪

 

この病、世界の厳しい視線に鍛えられてる英語のウィキでは、説明の一番最初

から、「精神医学的障害」(psychiatric disorder)と書いている。つまり、心の病

(精神疾患 or 精神障害)ってこと。救急医よりも、『アラフォー』のスーパー臨床

心理士・岡村(藤木直人)がじっくり話を聞いてあげるべき症例だ。精神医学の

世界標準マニュアルDSM-Ⅳ-TRだと、項目としては載ってないけど、「虚偽

性障害」の説明に「最も慢性的で重症な病型」としてミュンヒハウゼンの名前が

出ている。ICD(国際疾病分類)でも「精神および行動の障害」へと分類されてる。

 

ミュンヒも含めた「虚偽性障害」(factitious disorder)は、「詐病」(malingering)と

は別物とされている。前者は今回のドラマみたいに、精神的・内的な利益のため。

それに対して後者は、仕事のズル休みとか兵役回避とか、現実的・外的な利益

のためのものだ。ま、個人的には、ハッキリ分けれるとも思わないけどね。それ

より重要なのは、この病気が、変わった人の特殊な病気に過ぎないのではない

ということだ。今回のドラマ、広い意味ではミュンヒハウゼン症候群だらけだった。

 

と言うのも、まず藤川が母親に、自分を良く見せるウソをついている。自分が1番

とか、冴島(比嘉愛未)と仲良しとか、今度ドクター・ヘリに乗るとか。28歳か29

歳にしては余りに幼い振る舞いだけど、母に愛されたいから、母を愛してるから

ついやってしまうことになる。それに加えて、恐らくは自己愛も関係してるはずだ。

つまり、自分で自分を愛したいからこそ、自分を偽るわけ。人間の「ハート」とは、

単なる臓器よりも遥かに微妙で複雑なのだ。

 

続いて、緋山(戸田恵梨香)のウソ。第2話以降、医学論文に関する感心しない

ウソをついたってことが尾を引いてるけど、今回のウソは理解できるものだった。

僅か21歳でいきなり首から下の身体が動かなくなった、脊髄損傷の患者・飯田

敏夫。すぐに西条(杉本哲太)の所見は出てたし、忙しい西条に代わって自分が

伝えると約束したのに、緋山は患者や家族・友人たちの前で、「詳しい検査の結

果はまだです」とウソをついた。もちろん、この種の言葉は普通、ウソとは言わな

い。気遣いとか躊躇、ためらいと呼ばれるわけだけど、要するに事実と違うこと

を意図的に言うのだからウソの一種。飯田らに対する緋山の愛(および自己愛)

がそうさせるのだ。

 

さらに、森本(勝村政信)も、CS(コミュニケーションスペシャリスト)の轟木(遊井

亮子)にかまってほしくて、藤川の病についてウソをついたらしい。ホントは急患

の除細動(=心臓の痙攣除去)の際にドジって通電して、一時だけ心停止したん

だけど、もう藤川はダメみたいな話を、森本がバラまいちゃったらしい。あわてて

轟木が藤川の見舞いに駆け出せば、先週と同じく、後ろから網タイツの足を眺

められると考えたわけだろう。違うか♪

 

この記事の冒頭に引用した田所部長(児玉清)の言葉も、軽いウソと見れなくも

ない。つまり、落ち込んでる藤川を励まそうと思って、わざと大げさに藤川の功

績を称えてるとも考えられるだろう。ちょうど「父の愛」みたいで、ほど良い温かさ

が伝わるシーンだった。

 

それに引き換え、肝心の「母の愛」はもう一つだったな。脚本、演出、演技のす

べてが、イマイチだった。ま、イマニってほどでもないけど、ラストの女子高生を

装った励ましの手紙とナース達の大げさなハシャギ方は、「どんだけぇ~!」っ

て感じ。もう死語? あっ、そう♪ とにかく、あのオバチャンが女子高生っての

は、冗談としてもちょっとキツイね(失礼)。ま、手土産のそば饅頭は、白石や緋

山が喜んでパクついてたけどさ。

 

ウソの最後は、もちろん藍沢(山P=山下智久)によるものだ。「ひょっとしてウチ

のおふくろに会ってない?」とたずねる藤川に対して、「知らん」。これは、お母さ

んや藤川への気遣いで、クールな愛とでも呼べるもの。藍沢は実際には、お母

さんと会ってその無償の愛とか母性に心を打たれたから、藤川を手術に引っ張

りだして手助けしたわけだ。でも、それを口にしてしまうと、藤川のプライドが傷つ

くだけだし、お母さんも藤川に怒鳴りつけられてしまうだろう。だからこそ、藍沢も

ウソをついた。

 

ま、ひょっとするとあれは、ファンに対する山Pの愛から生じたウソだったかも知

れないな。つまり、「知らん」と素っ気なくクールに言う姿の方が、ファンもより強く

萌えられるだろうと配慮したってこと♪

 

         ☆          ☆          ☆

こう見てくると、第4話が「愛と嘘」をテーマにした物語だというのは明らかだろう。

ドラマに限らず、多かれ少なかれ、誰もがミュンヒハウゼン症候群の「患者」なの

だ。どこにでもある「病」だからこそ、このレビューのタイトルには「普遍性」という

言葉を使ってある。

 

ちなみに私自身は、このブログでウソをついたことはない。3年近い毎日更新を

通じて、ただの一度もない。もちろん、言いたくない事や書くべきでない話は、差

し控えたりボカしたりするけどね。ブログでウソをつくほど愛に飢えてはいないと

も言えるし、信頼性の方をより重視してるとも言えるだろう。自己愛の形が違う

という見方も可能だ。必要悪のウソといえども、本当に必要な状況というのは限

られてる

 

それはともかく、今回のドラマ、形式的にも一応のまとまりが2つついてた。1つ

は、ドラマの最初に黒田(柳葉敏郎)が藍沢に、キツイこと平気で言えるだろと

ネガティブなことを語って、最後は藍沢がポジティブな優しいウソをついて終わっ

たこと。もう1つは、これまたドラマの最初あたりで緋山が「私のついたウソって

やっぱり大きな問題?」と語ったのに対して、最後辺りでは緋山が、ウソをつい

た患者(飯田)の家族に深々とお辞儀をしたこと。

 

藍沢の時と同じく、ネガティブからポジティブへと反転するドラマ的な枠組が出来

てるし、ミスチル=Mr.Children の主題歌『HANABI』と上手く溶け合ってたから、

ちょっとウルウルしてしまった。そろそろ主題歌も耳に馴染んできたようだな。

刻のセピア色でつないだ一連の映像もまずまずだった。。

 

という訳で、これだけ書けば十分でしょ♪ ただし、来週は休むかも知れないか

ら念のため。やっぱり夏は、暑苦しい織田裕二の『太陽と海の教室』で決まりだ☆

『コード・ブルー』は残った時間で適当にって感じ。『シバトラ』や『ヤスコとケンジ』

も気になるしね・・・って、そんな事より、走らなきゃヤバイ!

それでは。。☆彡

 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.藤川が読んでた『実践 フライトドクター』って本は、美術さんが作ったの

    かね。検索しても出てこないな。。

 

P.S.2 第4話の視聴率は13.2%へと急落。第1話の21.2%と比較すると、

      かなり悲惨な落差だけど、今回の数字だけ見るなら、ちょっと悪い程

      度だろう。『クロサギ』は12.3%まで落ち込んでるしね。ま、第3話ま

      での出来はかなり悲惨だったから、ある意味、当然の反応。これでス

      タッフが本気になって盛り返せば、「良薬、口に苦し」ってことだ。。☆彡

 

P.S.3 08年12月25日、この記事への検索アクセスが急増。どうやら、24日

      に逮捕された岐阜県の母親が「代理ミュンヒハウゼン症候群」(MSBP

      =Munchausen Syndrome By Proxy)ではないかと報道された

      からのようだ。自分の代理として他の誰か(今回は子供)を病気にさせ

      て(今回は汚水or腐敗水の注入)、周囲の関心を引く。さらに、看病す

      る気の毒の母親の立場に自分が立つこともできる。

      う~ん、病名つけて病気とするのは簡単だけど、一昔前なら単なる犯罪

      者として扱われてたと思うけどね。。

 

P.S.4 6年後、美青年主演『なぜ少女は記憶を失わなければならなかった

      のか?』では、母親の「代理ミュンヒハウゼン症候群」が登場。患者

      (偽造含む)の代理のように嘘をついて周囲の注目を浴びる姿が映

      し出された。この記事の最初に、関連記事へのリンクを付けてある。

 

 

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (8) | トラックバック (6)

また単なるつぶやき日記だけど、何か♪

ダメだ。。朝も晩も走りに行くヒマがなかったし、他の記事を用意する余裕もない。

ってことで、久々に超手抜き記事でお茶を濁しとこう。エッ、昨日の「全記事一覧

7月~」も超手抜きじゃないかって? フッフッフッ♪ 分かってないねぇ。あれは

そこそこ面倒なのよ。写真を用意して、リンクをつけて、絵文字を入れて、おまけ

に今までの「全記事一覧4月~」を「全記事一覧4月~6月」へと編集し直す必要

があるわけ。トータルだと、見た目よりも面倒なのだ。

    

さて、昨日からちょっと仕事が立て込んでて、クソ暑い中を色々あおられてる状況

なんだけど、今日はまた特別な出来事があった。『コード・ブルー』第3話レビュー

へのアクセスが少し多かったのだ。大した事はないけど、アップ後7日目で、検索

サイトの扱いもパッとしない中では、ちょっと目立つ多さになってる。何事かと思っ

て調べると、どうもあちこちにリンクが貼られたようだ。

    

アクセス解析から推測する限り、おそらく3ヶ所だろう。最初は昨夜、個人的な山P

=山下智久ファンサイトに貼られて、それを見た誰かがもう少しメジャーな場所に

2ヶ所貼ったんじゃないかな。レビュー内容の中心じゃなくて、周縁部分への反応

みたいだけど、そこそこ好意的な反応だからOKでしょ♪ ただ、あれこれチェック

するのに時間がかかったし、途中で知らない言葉を発見して、その意味を調べる

のにも時間がかかってしまったわけ。

    

その言葉とは、「ヲタナリ」or「オタナリ」だ。皆さん、ご存知だろうか。エッ、当然?

いや、胸を張られてもビミョーなんだけどネ♪ なかなかハッキリした説明が見あ

たらなかったけど、どうもジャニーズ関連サイトで使われてた言葉があちこちに

広がったらしくて、「ヲタ=オタクにナリすました人」を略した言葉のようだ。ただし、

なりすまし全体ではなくて、ファンのふりを装いつつ実際は「アンチ」(=反対者、

否定的な人)的行為をする人を指す言葉らしい。ま、色々と大変な世界みたいだ

ね・・・と、遠い目で。。

        

とか書いてる間に『コード・ブルー』第4話が始まっちゃったわ。『太陽と海の教室』

をメインにすることに決定したとはいえ、こうゆう状況だし、一応今回もマジメに見

とくことにしよう。書くのはどうしようかなぁ。

それでは。。☆彡

| | コメント (0)

全記事一覧(08年7~9月)

081031    

   

   

   

   

   

   

   

   

ハロウィンって、いまだにピンと来ないんだけど、カトリックの万聖節(諸聖人の日)

の前晩(10月31日)に行われるアングロ・サクソン系(英米豪など)の伝統行事っ

てお話 birthday オレンジ色のカボチャの顔は、アメリカの風習なわけね flair これ見ると、

2年前の『たったひとつの恋』を思い出すよな。懐かしいねぇ note 魔女のコスプレし

た綾瀬はるかに、亀梨和也がジャケットとキャンディーを渡すシーンとか heart01 あれ

は今から考えると、当時思ってた以上に名作だったのかも知れない ring ちなみ

に写真は、例によって『写真素材』から頂いた。グリーングラスさん、ありがとう present

          

全記事一覧(08年4~6月)全記事一覧(08年1~3月)全記事一覧(07年

10~12月)全記事一覧(07年7~9月)全記事一覧(07年4~6月) もよ

ろしく。それ以前もネ sign01 3周年から2ヶ月経過。依然として、毎日更新継続中 shine

                       

         ☆   ☆   9月   ☆   ☆

ベルリンマラソン世界新記録のラップとスプリット ランニング,自転車 9/30

松原隆一郎(東大)の金融悲観論~朝日『論壇時評』 経済,政治,国際 9/29

やっと1年半前のレベルまでは復調したけど・・ ランニング,自転車 9/28

CM不況の民放、番組制作費を削減 テレビ,経済 9/27

体調が戻らない中、世田谷246ハーフは当選☆ ランニング,自転車 9/26

腹痛&吐き気・・東京の抽選は高倍率・・ ランニング,自転車 9/25

『an・an』好きな男ランキング2008を見て思うこと テレビ,書籍,芸能 9/24

夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回 テレビ,芸能 9/23

PCモニターに出た青い線を消す方法 パソコン,日記 9/22

『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ ランニング,テレビ,芸能 9/21

おねだりココア、5ヶ月ぶりに帰宅!♪ ブログ,ゲーム 9/20

『ガリレオ』民放連賞!スペシャルも映画も接近中☆ テレビ,芸能 9/19

優れたブログの閉鎖 ブログ,日記 9/19

体調下降、痛みは上昇・・ ランニング,自転車 9/18

☆サーバー過負荷によるシステム障害のお知らせ☆ お知らせ 9/17

海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話 テレビ,芸能 9/16

去年走った川口ハーフのパンフレット到着 ランニング,自転車 9/15

福田辞任を生んだのは我々の情緒性~佐伯啓思(京大)の問題提起 政治 9/14

システム障害でやる気半減、おまけに残暑・・ ランニング,自転車 9/13

ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回 テレビ芸能 9/12

新型の迷惑メールにご用心! パソコン,日記 9/11

10日ぶりの朝型、眠くて眠くて・・ ランニング,自転車 9/11

初心に帰って有酸素機能テスト ランニング,自転車 9/10

全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話 テレビ,芸能 9/9

超~気持ちいい走りで復活の予感♪ ランニング,自転車 9/9

大切な携帯メールをPCに保存 パソコン,携帯,日記 9/8

深夜ランの後、サッカーW杯予選を観戦♪ ランニング,自転車 9/7

世田谷246ハーフに初エントリー☆ ランニング,自転車 9/6

迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話 テレビ,芸能 9/5

08年8月の全走行距離 ランニング,自転車 9/4

旅は道連れ・・乗鞍レース後の信州サイクリング♪ ランニング,自転車 9/3

空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話 テレビ,芸能 9/2

☆ブログ公開3周年☆ 日記 9/2

メンテナンスのお知らせ(9月2日) お知らせ 9/2

マウンテンサイクリングin乗鞍2008 ランニング,自転車 9/1

             

                  ☆   ☆   8月   ☆    ☆

無事、生還できそう♪ モブログ(携帯による投稿) 8/31

乗鞍はレース中止かな・・悲惨な天気・・ ランニング,自転車 8/30

ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話 テレ,芸 8/29

大敗確定の乗鞍、悪あがき完了♪ ランニング,自転車 8/28

乗鞍のレース直前、雨続きはイタイ・・ ランニング,自転車 8/27

朝晩で30kmラン、雨で自転車に乗れなくて・・ ランニング,自転車 8/26

見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話 テレビ,芸能 8/26

雨が止むのを待ちつつ北京五輪閉会式を鑑賞♪ ランニング,自転車 8/25

男子の長距離、世界レベルは凄すぎ・・ ランニング,自転車 8/24

陸上男子400mリレー銅メダル、おめでとう☆ ランニング,自転車 8/23

家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話 テレビ,芸能 8/22

ボルトの200m世界新を見た後、軽くラン♪ ランニング,自転車 8/21

超久々のジムの後遺症、2日目・・ ランニング,自転車 8/20

宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話 テレビ,芸能 8/19

積極的休養、ベケレの半分のスピードで♪ ランニング,自転車 8/18

土佐の激走の後、9ヶ月ぶりにジム ランニング,自転車 8/17

暑過ぎて水浴び&給水ばっか・・ ランニング,自転車 8/16

誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話 テレビ,芸能 8/15

北京五輪、マイナー競技を楽しむのは一苦労・・ ランニング,自転車 8/14

単なるフツーの日記だけど、何か♪ 日記 8/13

恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話 テレビ,芸能 8/12

東京湾大華火祭を見物♪ 日記 8/11

コーナーの砂で転倒!ケガで戦意喪失・・ ランニング,自転車 8/10

多摩川北端までサイクリング♪ ランニング,自転車 8/9

親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話 テレビ,芸能 8/8

心拍179の早朝バトル、面白かった♪ ランニング,自転車 8/7

野口みずきを見た後、汗だくの低速ラン ランニング,自転車 8/6

世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話 テレビ,芸能 8/5

湾岸ポタリング、海風が涼しくて快適♪ ランニング,自転車 8/4

テンメイの「ブログ通信簿」公表♪ ウェブログ,日記 8/3

8月攻勢のスタートは積極的休養から ランニング,自転車 8/3

「火星に生命存在の可能性」というニュースについて 科学,ニュース 8/2

08年7月の全走行距離 ランニング,自転車 8/2

必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話 テレビ,芸能 8/1

         

      ☆   ☆   7月   ☆   ☆          

自転車でも高速水着レーザー・レーサーか・・ ランニング,自転車 7/31

サロマ湖100kmを見て早朝ハーフ♪ ランニング,自転車 7/30

売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話 テレビ,芸能 7/29

27度の早朝、ガクガクの足腰で・・ ランニング,自転車 7/28

荒川で心拍175のバトル、刺激的♪ ランニング,自転車 7/27

1年ぶりに多摩川南端までお散歩ラン♪ ランニング,自転車 7/26

ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話 テレビ,芸能 7/25

また単なるつぶやき日記だけど、何か♪ 日記 7/24

全記事一覧(08年7月~) 全記事一覧,7/23

青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話 テレビ,芸能 7/22

連日の多摩川、向かい風でバテバテ・・ ランニング,自転車 7/21

依然として順調に回復中♪ ランニング,自転車 7/20

快晴・30度のランはきつい・・ ランニング,自転車 7/19

不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話 テレビ,芸能 7/18

哲学者・鷲田清一の自殺論(朝日新聞) 心,文化 7/17

CHANGEはまだ始まってない~『CHANGE』最終回 テレビ,芸能 7/16

また早起きで、リハビリ順調♪ ランニング,自転車 7/15

自転車復帰後、初のバトルごっこ♪ ランニング,自転車 7/14

『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪ テレビ,芸能 7/13

約1年ぶりに多摩川下流をポタリング ランニング,自転車 7/12

折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話 テレビ,芸能 7/11

公園で自転車に乗るのは大変・・ ランニング,自転車 7/10

『シバトラ』第1話、軽~い感想♪ テレビ,芸能 7/9

『コード・ブルー』のヘリコプターMD902について テレビ 7/8

居眠りランのつもりがマトモな走り♪ ランニング,自転車 7/7

PCも携帯もデータが一杯・・ 携帯,日記 7/6

単なるつぶやき日記だけど、何か♪ 日記 7/5

ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話 テレビ,芸能 7/4

08年6月の全走行距離 ランニング,自転車 7/3

朝日新聞の『CHANGE』レビューについて テレビ,芸能 7/2

熱でボーッとしながら月末の距離稼ぎ ランニング,自転車 7/1

続きを読む "全記事一覧(08年7~9月)"

| | コメント (4)

青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

 無くなったのは金じゃない 

 カッコ良かった 世界一カッコ良かった 親父の後姿だよ

 オレだって 将来の夢ぐらいあったよ だけどさ そんなのかなわないじゃん

 オレは多分 このまま・・・

 青い画用紙にさぁ 青いクレヨンで絵描くとどうなる?

 何も見えないに決まってんじゃん

 じゃあ 絵は何にも描いてないってことか?

 絵は描いてあるけど・・・

 絵はあんだ たとえ見えなくたって 確かにそこに絵はあんだよ

 見えない絵 見えなくてもそこにある絵 その絵は 青春と呼ばれる絵だ♪

 あがけ あがくことで見えてくるものがある

 たとえいつか破れても たとえ夢がかなわなくても

 あがけばあがいた分だけ ここに残る ここに残せ

 全力で青春の絵描け それはお前の人生で 一番の味方になるから

     

           ☆          ☆          ☆

素晴らしい! 女子高生の制服だけなら『ヤスコとケンジ』の方がいいし、海風

を受ける北乃きいよりも、派手にコケる多部美華子(=ヤスコ)の方がサービス

精神で優ってる。でも、深みと重さと味わいで、『太陽と海』の方が遥かに優れて

た。笑いでも負けてないし、チアガールのオマケも付いてたし、総合的に見て素

晴らしいドラマだった♪ やっぱり夏は、輝く太陽と青い海、そして、暑苦しすぎ

て笑える織田裕二で決まりだ☆

      

完成度って側面では、それほどでもない。あちこち、気になる点はあった。でも

逆に、荒削りで未完成な部分までが、この先の可能性を感じさせてくれるし、自

分の側で創造力を働かせる余地をたっぷりと与えてくれる。こうゆうドラマなら、

時間さえあればいくらでもレビューを書けるだろう。今回なんて、3本くらい記事

を書けそうなほど盛り沢山の内容で、しかもちゃんと一つのストーリーになってた。

あるいは、そう予感させてくれた。その点だけでも、山P=山下智久の『コード・

ブルー』の脚本(林宏治)とは、比較になってないのだ。

           

実際には、今は連休最終日の夜(追記.もう朝・・)。朝から平日のお仕事に追

われるわけで、それほど時間をかけるわけにはいかない。さて、何を書くかって

言う時、一番重要なのはやっぱり、冒頭に引用した言葉だろう。でも、そこから

書き始めると、すぐ帰っちゃう読者が多そうだから、まずは軽めの話から始める

方が良さそうだね。。

     

           ☆          ☆          ☆

このドラマで一番感心したのは、最後のタイトルバックだ。皮肉で言ってるんじゃ

ない。ドラマの内容も素晴らしかったけど、それを表しつつ、独自の魅力や面白

さを加味してたのが、尾形竜太のタイトルバックだった。検索すると、役者と同時

に美術活動もやってる人なのか。まだ37歳で、わりとイイ男のようにも見えるね。

期待の中堅アーティストってことで、早速この名前はインプットしとこう♪

    

タイトルバックの解説というのは、『アラフォー』でもやったし、『太陽と海』でも再

び共演してる小日向文世吉高由里子の前作『あしたの、喜多善男』の時にも

やってる。でも、やっぱり今回の素晴らしさは際立ってた。まずは、海が大きく盛

り上がって、生徒や榎戸若葉先生(北川景子)が驚愕する。この時点で早くも、

怪獣映画とか怪奇映像のパロディとして笑えるのだ。何しろ、みんな逃げ出す

どころか、ハシャいで近寄って行くんだから♪ ヌボーッと海から笑顔で現れた

巨大な櫻井朔太郎(織田裕二)に立ち向かう生徒達が手にしてるのは、ラケット、

オモチャのバット、メガホン、昆虫採集っぽい網。意味ねぇよ! 

    

巨人としての櫻井の姿によって、ドラマの中での櫻井が半ばギャグになってるの

は言うまでもない。これは、偉大な教師がバカな生徒に上から説教する「教育」

ドラマではなく、おバカな人間同士が太陽と海を前にして戯れる「遊び」の物語だ。

教室とは、勉強をする場所ではないのだ。それが分からないと、櫻井がますます

暑苦しく感じられることになるわけで、その重要なポイントを風刺マンガのように

誇張して描いてるのが、このタイトルバックなのだ。

                                    

その後の映像では、慶応医学部志望の澤水羽菜(谷村美月)らが巨大な凧に

乗って櫻井を取り巻き、綱を生徒たちが引っ張る。ところが、櫻井が濡れた頭を

ブルッと振ると、水しぶきが飛び散って、生徒は逃げていく。その時、若葉がコン

トのダメ出しみたいにピーッと笛を吹いて、それを合図にネズミ捕りみたいな装

置で櫻井の足がパチッと固定される。仰向けに倒れた櫻井に、生徒達がロープ

をかけて、ガリバーみたいに大の字に砂浜で拘束。旗まで振って派手に勝利を

喜ぶ生徒のバカバカしさがすごくイイ! 最後はロープをふりほどいた櫻井が

ヌボーッと立ち上がって、なぜか突然、机の上の古びた写真になって終了

           

この写真は、中央に巨大な櫻井が座って、周りに生徒と若葉が写ってる海岸の

様子で、2008夏とサインしてある。ひょっとするとドラマの最後に、似たような写

真が出てくるのかも知れないね。というのも、ドラマの最初は、海岸で生徒が携

帯の写真(picture)を撮る所で始まったから、夏の間に思い切り「絵」(picture)

を描いた後で、最後はまた写真ってのは、形式的にまとまりがいい構図だ。それ

に、タイトルバックのスタートは、ドラマでの櫻井の登場を誇張したものなんだか

ら、タイトルバックのラストも、ドラマのラストを誇張したものになるのは自然なこ

とだ。古びた写真だから、数年後の様子が最後に映る可能性も十分あるだろう。

    

タイトルバックに続いて、キャストの話を軽くしとこう。織田裕二は文句無くイイ♪

何をやっても笑えるのは、彼特有の長所だ。あれをキムタク=木村拓哉がやる

と、マジメな熱さに近くなっちゃうし、表情の変化に乏しい山Pではそもそも無理。

よく見ると、織田は色んな表情を見せてるのだ。ま、どれも暑苦しいから見分け

がつきにくいけどネ。

         

北川景子をドラマで見るのは初めてで、予想外に好感持てたな♪ こうゆう三枚

目キャラだったのか。ちょっと滑り気味な部分もあったけど、そこはルックスでカ

バーできてる。北乃きい(白崎凛久役)も初めてだったけど、これまた予想外に

可愛いね☆ 雑誌のグラビアとかだとそれほどとも思わなかったし、髪が短いの

も個人的にマイナスなのに、ドラマを見ると結構萌えてしまった♪ 『喜多善男』

で最初から大注目だった吉高由里子屋嶋灯里役)は、今週はちょっと地味だっ

たかな。ま、来週早速大活躍するようだから、期待しよう。他は、クラスメートの

一人、AKB48・前田敦子(船木真由役)がちょっと可愛いかも。ま、全体的にそ

こそこ満足だった。

      

イケメン達は、どうなのかね。私は男だし、知らない人間ばっか。古典的な二枚

目の岡田将生(根岸洋貴役)が目立ってた程度かな。鍵本輝(Lead,日垣茂市

役)と山本裕典(川辺英二役)と冨浦智嗣(楠木大和役)はちょっとビミョーだし、

濱田岳(ツルじゃなくて田幡八朗役)のモジャモジャ頭はどうにかなんないのかね。

キムタクのモジャ倉先生とか、山Pの藍沢先生とか、モジャモジャのパーマを流

行らせるために美容業界が暗躍してるような気がするほど♪

              

ストーリーでは、理事長・神谷龍之介(小日向文世)英語教師・真山春佳(吉瀬

美智子)が、典型的な進学校の悪役っぽく映されてたけど、少なくとも理事長が

単純な悪ではないことは、既に明らかだろう。この時点で早くも、善が悪を退治

する単純な大衆ドラマ『水戸黄門』とはかなり違った、深みを感じさせる作品に

なってる。夢はかなわないこともある、努力や恋は実らないこともある、悪が正

義に勝つことだってある、なんて櫻井の言葉も含めて、脚本家の坂元裕二はやっ

ぱ大人だ。

     

音楽教師・赤木保則(池田鉄洋)と教育指導・柴草修平(八嶋智人)がおバカ役。

体育教師・与田典人(今井ゆうぞう)が櫻井と同じくウザキャラか。気になったの

は、実権を奪われてお花畑の世話をしてた、校長の長谷部杏花(戸田恵子)

若葉の実の母で、離婚して別居してるって設定なのかな。戦車の前に立つ櫻井

の写真なんてものを持ってたのも気になった。戦車に手を挙げて笑ってる姿も、

いかにも織田裕二らしくていい感じだ。戦場から帰って来たばっかってことかね。

『医龍』の朝田(坂口憲二)かよ♪

     

音楽は、主題歌の『君の瞳に恋してる』(UZ)がまあまあかな。元は大昔(67年)

の曲で、ボーイズ・タウン・ギャングのアレンジで80年代ディスコの大ヒットとなっ

たから、『アラフォー』のディスコシーンでも流れてた。今回のアレンジは、私の趣

味じゃないし、そもそも今の時代にも合わないような気はするけど、どうだろう。

ま、基本のメロディーラインは美しくエモーショナルで好きだし、ベタな歌詞も好き

なんだけどね。

     

ちなみに、櫻井がにらめっこしてたのは、半ばこのテーマ曲に合わせてのことだ

ろう。原題は「Can't Take My Eyes Off You」。つまり「あなたから目が離せない」

だからこそ、「目を逸らした者が負け」なのだ。残りの半ばは、ドラマの内容全体

と関わるはずだ。つまり、櫻井は生徒の瞳に恋してる。生徒もやがて、櫻井の瞳

に恋をする。つまり、太陽と海を前にしたにらめっこという遊びで、実質的に引き

分けるというドラマだ。櫻井が一度負ける可能性もあるけど、それは表面的な描

写にすぎないだろう。もうそこまで予想すんのかよ! 話が逸れたけど、主題歌

以外の音楽(服部隆之)はまったく印象に残ってないな。ってことは、可もなし不

可もなしか。そりゃ、言い過ぎかも♪ 主題歌の変奏に気を取られたもんで。。

            

           ☆          ☆          ☆ 

さて、時間も無くなって来たことだし、軽めでフツーのお話はこの程度にして、重

めで突っ込んだ話に向かおう。冒頭の引用の解読だ。

       

「青い画用紙」とは何のことか。それは直接的には、櫻井と洋貴の目の前に広

がってた、青い海と空。もちろんこれは、美しく清らかであると同時に、残酷なま

で未熟な人生の一時期、「青い」時代を象徴するものになってる。次に、「青い

クレヨン」とは何のことか。直接的には、ヒロキ=洋貴のことだけど、さらに考え

れば、まだ「青い」創造力や生きる力のことだ。最後に「絵」とは何か。それは、

狭い意味では、未来に対する夢。広い意味では、生きることそのもの、生という

名のパフォーマンスを表してる。

                

従って、青い画用紙に青いクレヨンで絵を描くとは、直接的には、青い海と空を

目の前にして洋貴が未来の夢を思い描くこと。より一般的には、美しく未熟な時

代に、同じく美しく未熟な人間が、思い描く夢、あるいは生きる姿そのものだ。そ

の典型例が、高校生の学園生活ってこと。年齢や身分とは必ずしも関係ない話

だけど、小学生だとクレヨンの性能や品質が気になるし、中高年だと画用紙の

色が曇り空みたいなグレーになってる可能性が高まる。確率・統計の問題から、

高校生が選ばれてるのだ・・・と説明しておこう。

   

ま、これはある意味、建前であって、実際には視聴者の多くを占める女性が、若

いイケメンを大好物にしてるってだけのことかも知れないけどネ。食べすぎにご

用心♪ その点、やっぱり『アラフォー』=『Around40』の素晴らしさは際立って

る。何しろ、40歳前後で勝負して結果を残したんだから☆ 一番若い藤木直人

でさえ、実年齢で36歳だもんな。エライぞ、橋部敦子! 頑張れ、フジッキー!

そりゃ、いま関係ないか♪

             

話を戻すと、青い画用紙に青いクレヨンで書いた絵は、どちらも「青い」から、そ

の時点では見えにくい。でも時間が経つにつれて、その絵は浮かび上がってくる

し、元々の絵よりも美しくさえなって行く。これは、私自身を振り返ってもその通り

だ。やっぱり二十歳前後あたりに描いた絵、たどり着こうとしてあがき続けた夢

は、今でも思い出すし、「ここに残る」素晴らしい思い出になってる。こことは胸、

ハートであって、ハートとはもちろん、単なる臓器ではないのだ。だからこそ、思い

出の絵が生きる力を生み出すこともある。その辺りは、『コード・ブルー』の藍沢

も、今後学んでいくことになるだろう♪

             

それにしても、冒頭の引用にある櫻井の台詞は、それ自身が恐ろしく「青臭い」

言葉だ。この臭さを示してたのが、櫻井が最初に体育館に現れた時の、生徒

の鼻つまみの仕草。逆に櫻井が教室に入った時には、シャンプーの香りを指摘

している。櫻井の臭さは大自然の海の匂いで、生徒の香りは人工的な朝シャン

の香り。ちなみにテンメイは花王メリットの香りだ。聞いてない? あっ、そう♪ 

実際に比べると、シャンプーの方が心地良かったりもするんだけど、もちろんこ

のドラマは自然=natureを前面に出そうとするものだ。それは、人間の本性=

natureと深い所で本質的に関わるものだからだ。

       

自然的なものと人工的なもの、あるいは本物と偽物の対比=コントラストは、

看板切断シーンでも明確だった。まるで『ヤスケン』第1話のケンジ(松岡昌宏)

みたいに、倉庫の扉を開けて参上した櫻井は、電動ノコギリ(チェーンソー)で

ワルども(末吉ら)を切り刻む代わりに、洋貴の親父の工場の看板「コーラル 

リーフ テクノロジー」(Coral reef technology = サンゴ礁テクノロジー)を切断。

その裏側に残ってた「(有)根岸造船所」の看板へと戻した。

        

切断された看板は、白地に青い塗料で描かれたもので、実はある意味、あれ

も「青い絵」だったのだ。正確には「偽物」の青い絵。だから、青い絵なら何でも

いいって話ではなくて、よりキレイな絵を描こう、より美しい形でハートに残そう

て話なのだ。もちろんそれは、表面的なものではなくて、本質的な美の話。古び

てパッとしない造船所の看板の方が、下請け工場の小奇麗な看板より遥かに美

しいのは言うまでもない。同様に、プライド=誇りを捨ててイジメや嫌がらせをグッ

と耐える姿よりも、水泳の対抗戦で必死に泳いで勝利する姿の方が、後々まで

自分のハートの中できらめき続けるだろう。

                    

          ☆          ☆          ☆

おっと、朝になっちゃったわ。また徹夜かよ! もう唐突に止めよっと。とにかく、

海で生まれ育った私にとって、まったく文句なしのドラマだった。満場一致で採用

決定・・って、オレだけだろ!♪ と、こうゆう妙な自分突っ込みが出るのは、眠

い時や疲れた時なのよ。ちなみに、『コード・ブルー』をどうするかは、第4話を見

て決めよう。少なくとも、『太陽』より下のランク付けは確定。夕陽のドクターヘリ

と、夕陽の砂浜を見比べるだけでも、映像的に大差だろう。ヘリと違って、砂浜

にはお休みのカバーをかけれないしね♪ やはり、自然は偉大で永遠なのだ。

ではまた。。☆彡

      

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.理事長の「28万9452」とか、すぐ後の「289450分」って言葉から、あの時

    の日付けを計算してみた。1時間は60分、1日は1440分だから、セン

    ター試験のほぼ201日前ってことになる。平成21年度のセンター試験・

    第1日は、1月17日9時30分だから、理事長の話は08年6月30日9時

    18分~20分くらいだ。つまり、7月直前の月曜日

    

    ここから考えると、やっぱりこのドラマは、ホントは7月に入ってすぐ、7月

    7日のスタートの予定だったんじゃないかな。『CHANGE』の変則的な放

    映日程は、戦略的なものじゃなくてアクシデントだっていう一部報道の信

    頼性が少し高まったと思う。

     

P.S.2 「櫻井」って名前で思い出すのは、ちょうど11年前に海を描いた月9

      『ビーチボーイズ』の桜井広海(反町隆史)。桜井が初めてビーチに

      現れた時も、鈴木海都(竹野内豊)と共に、海に落ちてビショ濡れになっ

      てた。これは、海の持つ「遊び場」としてのイメージを表すと共に、女性

      ファン向けに濡れた男のショットをサービスしてるのかも知れない。

      

      ちなみに、櫻井と違って桜井は、自分でプールの水泳勝負を演じてる。

      水泳シーンの脚本を比べるなら、『ビーチボーイズ』の方が圧勝だ。やっ

      ぱり『ちゅらさん』でお馴染みの脚本家・岡田惠和は優秀なのだ。ま、

      『太陽と海』の坂元も優秀な脚本家みたいだね。『東京ラブストーリー』

      『ラストクリスマス』『わたしたちの教科書』等々、見事な実績だ。。

     

P.S.3 最近はボールペンばっかで消しゴムなんて当分買ってないけど、300

      円に驚いた櫻井が気になって、一応検索してみた。要するに、特殊な

      消しゴム(オモチャ、アクセサリー、高性能)のことね。お寿司の消しゴ

      ムがちょうど税込315円だった。使う気にならないと思うけど・・・って

      いうより、幼児がいたら危ないな。。

            

P.S.4 若葉が、辞めそうな生徒の川辺に結婚を迫られてたけど、ちょっと危

      なっかしいエピソードだな。上手く組み込めればいいけど。。

    

P.S.5 22日の朝現在、どうもブロガーの冷たい評価が目立つけど、ウチは

      わが道を行くだけだ。このドラマなら、私は全くレビューに困らない。

      ま、TB先に困る程度でしょ♪ 読者はどうか知らないけど、『喜多善男』

      より下のはずはないから問題ない。

                            

P.S.6 そう言えば『ビーチボーイズ』のラストも、それをアレンジした『ラスフレ』

      のラストも、1枚の写真だったな。やっぱり最終回のエンディングは写

      真かも。タイトルバックのラストと同じかどうかはともかくとして。。☆彡

   

cf.売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (8) | トラックバック (10)

連日の多摩川、向かい風でバテバテ・・

BIKE 82km,3時間09分,平均時速 25.8,平均心拍 140

キツかった。。昨日とは全然違ってたな。最初から脚が疲れてたし、一段と眠く

080721 て途中でウトウトしたこ

 ともあったし、二子橋の

 南側がすごく走りにくかっ

 た。温厚な私がキレそう

 になったほど。。(^^ゞ

      

 この日は、前日の疲れが

残ってるのは想定内だったけど、ほとんど寝れなかったのが想定外だった。2日

続けて2時間睡眠で早朝ランの予定だったのに、どうゆうわけか全く眠れない。

わりと涼しめの夜だったし、メンタルが悪いわけでもないのにね。寝る前にコーラ

は飲んだけど、別に珍しいことじゃないんだよな。。

       

ともかく、目をつむって2時間ゴロゴロしてただけ。ランニングだったら絶対サ

ボってた状況だけど、自転車だとボーッと走ることもできるから、渋々スタート。

その前に、ちゃんとゴミ出しをする辺りがエライ♪ 夏はこまめに捨てなきゃネ。

前日、後ろのタイヤのサイドがちょっと裂けてるのに気付いたから、夜の間に

タイヤ交換しておいた。走ってみると、問題なし。昨日は乗り心地が悪かったも

んな。タイヤの裂け目の所で、チューブが部分的に膨らんでたからだと思う。

     

自転車はいいし、気象条件も涼しめの曇り空。それでも、脚の動きが悪いし眠

いから、最初から適当に流す走りになった。もちょっと気になる感じで、しかも

場所によって向きが変わるから調子が狂う。ま、それでも、国立折返しまでの間

で1台しか抜かれなかったから、みんな走りにくかったんだろう。自転車は、いわ

ゆるロードバイク(レーサー)中心に、今日もかなり走ってた。

   

問題は、折り返した後。今日は連休最終日ってことで、せめて80kmくらいは走

りたいから、下流の多摩川大橋(冒頭の写真)まで走って、東京側に渡って帰る

予定だった。この多摩川大橋までの道のりが、途中から強い向かい風になって

て、油断すると時速22kmとかになる状況。私が疲れてたのもあるけど、誰にも

抜かれてないってことは、みんな苦戦してたってことだろう。荒川下流の夕方の

向かい風に近くて、正直途中で止めて帰りそうになった。

   

おまけに、二子橋から南は、道が狭いし、前を塞がれることが凄く多いし、路面

の凸凹もかなりあって、いつも走ってる北側とはかなり違ってる。ま、暑くなかっ

たことだけは、不幸中の幸いだけどね。

      

結局、国立折返しの時点で平均時速27.0kmだったのが、帰宅時には25.8

まで落ちてしまった。実感としては、24kmくらいまで落ち込んだかと思ったほど。

それでも、ちゃんと80kmのノルマをこなしたことだし、一応合格点だろう。明日

は休んで、明後日はランニングにしようかな。ではまた。。

| | コメント (0)

依然として順調に回復中♪

BIKE 70km,2時間33分,平均時速 27.2,平均心拍 145

気持ち良かった~♪ 色んな面で今期一番の走りだな。まだ7回しか乗ってない

080720a けどね ^^; 何がいいっ

 て、早朝の気温がほん

 の少し低めで、おまけ

 に曇ってたのがラッキー

 だった。復路の途中か

 ら晴れて来たから、もう

 ちょっとスタートが早け

 れば、日差しなしの快適

ランだったな。ま、睡眠2時間のスタートだから、十分頑張ったんだけどさ。

    

いや、正直言って、朝ラン止めて『ヤスコとケンジ』第2話のレビューを書こうかな

とか思ったりもしたけど、ドラマに時間かけ過ぎてるからグッと我慢した。でも、あ

れはやっぱ面白いね。松岡昌宏、多部美華子の妙な兄妹愛が抜群にいいし、広

末涼子と山口紗弥加の元レディース・コンビもなかなか笑える。今回は大倉忠義

の出番が少なめだったから、ジャニーズや関ジャニ∞ファンにとってはちょっと不

満だったかも。来週はナイスボディのサトエリ=佐藤江梨子とケンジがお見合い

か。また見なきゃネ。おっと、脱線しすぎたか。ま、ドラマファンの一部がスポーツ

記事も読んでるから、サービスってことで♪

               

さて、この日は梅雨明け直後で、3連休の中日。例年、この時期はどっか出かけ

ることが多いんだけど、今年は家で仕事と雑用を片付けることになってる。もう悲

惨な状況で、先日も仕事が一つ、締切に間に合わないなんていう失態を演じて

しまった。もちろん、ブログに気を取られて、なんていう本当の理由はナイショだ♪

いや、感心しないわな。社会人失格だ。反省、反省。。

         

で、基本的には家で真面目にあれこれやる予定になってるから、涼しい朝の内

に走っとこうってわけ。気分転換もかねて、夏物のバーゲンで買った高機能シャ

ツを着てみたんだけど、これが大当たり♪ 凄く涼しかったな。吸汗・速乾・UV

カット。摩擦が少なくて肌に優しい素材。色やデザインもお気に入りだし、エライ

ぞ、フェニックス☆ 会社の経営はまだ厳しいんだろうけど、ここの製品は昔か

らよく買ってるから応援しよう。

        

気象条件がわりと良くて、ウェアも大当たり。おまけに走りまで、最初からいいよ

うな感じだった。実はこれは勘違いで、普段と逆に往路が追い風だっただけなん

だけど、30km以上キープして、誰にも抜かれてないし、いわゆるロードバイク

(レーサー)だけでも往路で10台以上抜いたと思う。最後の相手はちょっと手強

かったから、抜かずに後ろでラクさせてもらった♪ この日は今までより8kmほ

どプラスするつもりだったから、体力温存したかったのよ。時速35kmまで上げ

て振り切ろうと頑張ってたけど、追い風でその程度の逃げじゃ無理でしょ♪ 危

ないから、それ以上は出しにくいんだけど、折返し到着後にすぐ休んでたから、

余裕もなかったのかな。

                                 

ところで8kmプラスってのは、関戸橋~国立折返しの往復1回。ここは、多摩

川サイクリングロードの中で一番気持ちよく走れるし、道の脇にセブンイレブン

まである素晴らしい箇所だ。今日は寄り道しなかったけど、トイレを借りてアイス

やドリンクの補充をすることが多い店。ともかく、プラス8kmでトータルは69.7

km。あと300m追加して70.0kmにすべきだったな。ま、四捨五入ってことで♪

     

復路は疲れてたし向かい風だったから、イマイチのスピードで、トータルの平均

時速は27.2kmだった。あと1ヶ月ちょっとで、これを28km以上に持って行け

ば、乗鞍のヒルクライムもボチボチのタイムは出せると思う。ちなみに、冒頭の

写真は、多摩川を代表する堰。わざわざ土手から下に降りて写したのは初めて

080720 で、間近に見るだけで涼しく感じられる光

 景だった。左は今日のご褒美のアイスね。

 お馴染みの名作、『爽』♪

      

 さて、ちょっとお昼寝した後で、お仕事に

 取り掛かるかな。ではまた。。☆彡

        

P.S.何か書き忘れてるなと思ったら、ツール・ド・フランス2008の話を書いて

    なかったわ。時間が無いから、また今度ってことで。。

| | コメント (0)

快晴・30度のランはきつい・・

RUN 10km,50分39秒,平均心拍 158

暑いって言うより熱い! 今日は梅雨明けで、何と35度まで上昇。暑さの苦手

な人間にとっては地獄の1ヶ月半の始まりだな。。避暑地でロング・バケーション

とか出来る身分になりたいもんだ。やっぱ、宝くじかサッカーくじか♪

   

超遅まきながら、ようやく自転車シーズンに突入したから、ここ最近ランニング

はご無沙汰。走る気はあったけど、水木金と忙しくて時間が取れなかった。で、

仕方なく今日は早朝ランを計画してたのに、まったく起きれず・・・って、最近この

パターン多いね。だって睡眠不足だし、暑くて寝苦しいんだもん。。結局、7時前

に起きて、スタートは8時半過ぎ。もう外はカンカン照りの猛暑で、気温は30度

~31度くらいだけど、それより肌が熱くてかなわないって感じ。何しろ、普段は

ほとんど深夜ラン、たまに早朝ランだから、太陽の下で走ること自体がめったに

ないのだ。ましてこの酷暑は、ただただ炎天下地獄。。

        

最悪、1km6分ペースでもいいなと思って走り出したら、やっぱり自転車による

太腿強化の影響で、自然に大きめのストライドになってしまう。もっとゆっくり走り

たいなぁとか思いつつも、1km5分ペースで前進。近所の公園はわりと木陰が

多いんだけど、それでも軽く日焼け止めを塗ってる程度じゃ、短パン&Tシャツ

の身体は守れない。そもそも、紫外線慣れしてないもんね。周りのランナーや

ウォーカーの足取りも、かなり重そうだった。特に女性は、かなり紫外線対策に

気を使ってる感じだね。

     

時間が経つにつれて、心拍は面白いほど上昇。ロクにスピードを出してないの

に、周回ラストは心拍176に到達! これは、実測最大心拍184の96%だ。

全般的に、普段より心拍が10くらいも高かったような感じ。子供の時から体質

的に、夏は弱いもんでね。数字にきっちり表れると、ちょっと安心するかも。。

          

ともかく、僅か10kmでもよく頑張ったって感じ。風がちょっとあったのはラッキー

だった。トータルで1km5分04秒ってのは、思ったよりはマシだからいいや。さ

て、明日は自転車に乗らないとマズイよな。気温、下がってくれぇ。。☆彡

       

  往路(1.15km)    6分29秒    心拍129    

  1周(1.1km)      5分39秒        147           

  2周            5分35秒       156               

  3周            5分29秒        160       

  4周            5分34秒       163             

  5周            5分28秒       167                 

  6周            5分30秒       168             

  7周            5分18秒       172             

  復路            5分38秒       171             

  計  10km     50分39秒       158(最大心拍176,周回ラスト)

| | コメント (2)

不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

 何か用か? 患者はなぁ お前の練習台じゃない

 黒田先生までキレイごと言わないでください

 何?

 先生だってさんざん切りまくって来たんでしょ

 危険な賭けも一杯して来たはずです 外科医は練習が全て

 ピアニストやスポーツ選手と同じように 違いますか?

 その通りだよ ただ一つ その練習台が生身の人間だってこと除けばな

 好きにやれ ただし 賭けには勝ち続けろ

 一度でも負ければ お前の医者としてのキャリアは終わりだ

 患者の死はなぁ 患者や家族だけじゃない 医者の人生を変える

  (スタスタ・・・)

     

          ☆          ☆          ☆

いやぁ、あの演説内容で22分もたせて高視聴率まで取った『CHANGE』最終回

のキムタク=木村拓哉も凄いけど、このドラマで視聴率取る山P=山下智久にも

感心するよな。それほどまでの美しい少年ってことなのか。生身の人間を超えた、

作り物のような美しさ。ただし、髪型は除いてネ♪

     

「仏の顔も三度まで」とはよく言ったもんで、3回まではこんな出来でも何とか我

慢できた。エライぞ、自分♪ さすがは心優しい甘口ブロガーだ。でも、流石に

四度目にはお釈迦様でも怒り出すぞ!・・・と書きながら、試しにこの諺を検索し

てみると、面白い出典が出てきた。何と、4回目に怒ったんじゃなかったのか!

詳しくは省略するけど、要するにお釈迦様は、相手と4回顔を合わせた時、初

めて心を通じ合わせたとも解釈できるエピソードなのよ。へぇ~~。。

    

ってことは、来週の第4話まで粘れば、私も『コード・ブルー』と心を通じ合わせ

れるのかも。う~む。単なる趣味のタダ働きで、そこまで努力しなきゃなんないと

は、ブログの道は何と厳しいものなんだ。海と共に育った私としては、『太陽と海

の教室』で織田裕二の暑苦しい顔と喋りと演技を見る方が、夏っぽくていいよう

な気もするけどなぁ。『シバトラ』『ヤスコとケンジ』も面白いし、アクセスも好調

だったし。。

            

         ☆             ☆             ☆

さて、今回は記事のタイトルに悩んでしまった。元のサブタイトルをほとんど無

視して、独自のタイトルを付けるからには、当然それなりの水準が要求される。

私の場合は、その回の中心テーマ、あるいはモチーフを持ってくることが多くて

第1話は腕、第2話は鼻。だから、今回は足とかが分かりやすかったけど、

終わってすぐは正直言って考えがまとまらなかった。「ゴチャゴチャの寄せ集め

かよ!」って感じ。

           

最初に浮かんだのは、「治すこと、治ること」。これは今でも、そこそこ核心を突

いてるとは思う。つまり、藍沢(山P)や緋山(戸田恵梨香)を見てると、患者を治

してあげたいという優しさや人間愛よりも、自分自身の露骨な向上心とか知的

好奇心を強く感じる。医者が患者を治すということは「キレイごと」じゃないのだ。

もちろん、大手術の現場もキレイごとではない修羅場だったし、当直の徹夜明け

の「不細工」な緋山&白石(新垣結衣)も、治すことの実情を具体的に表してた。

    

さらに、緋山が担当するムカつく女性患者・若杉(鳥居かほり)が言ってたように、

医者も弁護士も人の不幸がメシの種。医者は、人の健康や幸福そのものを願っ

てるというよりも、人の病気を治したい、不幸を和らげたい職業なのだ。

    

一方、前頭葉の脳腫瘍で、爪を手のひらに食い込ませるほどの頭痛に苦しんで

るにも関わらず、手術の同意書にサインしなかった本山由希子を見てると、治り

たいというよりも、息子の「ナオヤ」を忘れたくないという思いの方が優ってる。

瘍をそのままにしとけば、幻覚とか一過性せん妄を通じて、死んだナオヤに「会

える」し、何で自分はこんな痛みを我慢してるのかと考えるたびに、ナオヤのこと

を思い出さざるを得ないだろう。とにかく、自分が治るよりも、ナオヤを忘れない

ことの方が大切。これが、治ることの現実なのだ。

     

という訳で、「治すこと、治ること」というタイトルはそこそこ核心を突いてるものだ

けど、治療や治癒の現実を再考するってテーマだと考えると、色んなものが抜け

落ちそうになってしまう。

      

例えば、フィギュア・オタクのあぶないストーカーに狙われてた、急性虫垂炎(い

わゆる盲腸)の患者・雪村のオナラ。藤川(浅利陽介)が担当した彼女の術後の

生理現象に、オタクが幻滅したことも含めて、病気が治ることの現実を表してる

と見れるけど、考えてみればオナラは病気ではなく、単なる日常だ。

    

あるいは、意外なことに、強気の黒田(柳葉敏郎)が見せてたバツイチ男の弱い

部分も、治療とは関係ない。さらに、妙なアイ・キャッチ(視線捕捉)シーンになっ

てた、CS(コミュニケーション・スペシャリスト)・轟木聖子(遊井亮子)の網タイツ

のアップ。あの生々しい脚の魅力と温かい挨拶で、フライトドクター・森本(勝村

政信)は一気に元気を取り戻してた。これもまた、治療とも病気とも関係ないこと

だ。「発表会の失敗でうつになってた心の治療」なんて説明だと、治療って言葉

を拡大解釈しすぎだし、男独特のみっともなさという側面が無視されてしまう。

     

したがって、ドラマ内の印象的な言葉を引用して全体を統一するなら、「不細工」

な「生身の人間」ということになる。これだと、治療をめぐるキレイごとでない現実

の話はすべてカバーされるだけでなく、可愛い雪村の生理現象も、別れた女房

と息子に頭が上がらなくてポリポリしてた黒田も、一瞬の網タイツの挨拶で元気

を取り戻す森本も、カバーできることになる。患者を一人一人ちゃんと本名で呼

ぶ姿勢にもつながるわけだ。本名とは、個々別々で尊厳を持つ生身の人間を

表すものなんだから。

                

そう言えば、ドラッグでラリって運ばれるハメになったワガママな患者・小倉が、

冴島はるか(比嘉愛未)に怒鳴りつけられてシュンとしてしまった姿も、思い切り

不細工だった。あるいは、オタク男が包丁で自分を刺した姿を見て腰を抜かして

しまったフェロードクター・藤川も、何とも不細工な生身の人間だったわけだ。死

なせてしまった患者のお墓(?)に手を合わせる三井(りょう)を不細工と形容す

るのは酷だろうけど、黒田の言葉を借りれば「医者としてのキャリアは終わり」か

けてるようだから、目を覆いたくなる状況なのは確かだろう。。

     

          ☆          ☆          ☆

という訳で、先週と同様に、やっぱり『コード・ブルー』は『野ブタをプロデュース』

の裏返しに思えてくる。と言っても、山P&戸田(&亀梨和也&堀北真希)が出

演した名作ドラマではなく、白岩玄原作小説の方だ。野ブタの修二が、生身の

人間の不細工さに耐えられなかったのに対して、『コード・ブルー』はその醜さを

真正面から受け止めようとしてるように感じられるのだ。それを象徴してたのが、

ナースに「顔、ひどいですよ」と言われて「ありがとう」とハモってた、白石&緋山

の仲良しコンビだろう。

      

人間の醜さを真正面から受け止めるには、病院とか救急現場というのは、まさ

にピッタリの舞台だ。時間的にも精神的にも、自分を着飾る余裕のない場所だ

し、醜く見えても実は美しいというドラマ的な枠組みに持っていきやすい。まあ、

ドクターヘリまで使う必要があるかどうかはともかくとして。今回、ヘリにカバー

がかけられてたのは、自虐ネタっぽくて笑っちゃったな♪ お荷物とかお蔵入り

かよ! 全体の構成が散漫すぎるから、こうゆう事になるわけだ。映像も音楽

も、依然として『医龍』に負けてる状況だし、脚本・林宏司、プロデューサー・増本

淳、演出・西浦正紀の巻き返しに期待しよう・・・なんて言葉を書くのがちょっと虚

しのは、私だけじゃないでしょ。。

        

最後に一言。不細工な生身の人間を映すには、新垣と戸田は可愛すぎたし(特

に新垣)、山Pなんて相変わらず美しき人工物って感じだった。それらをちょっと

でもフォローしたかったのが、藤川の背中の「バカ」って貼り紙なわけか。う~ん、

やっぱ藤川を応援すべきだな。いまだにヘリから仲間外れにされちゃってるしね。
  
     

ともかく、仏の顔の四度目、あるいは「四度目の正直」に一応期待しよう。ただし、

ダメならもうリタイアだ。聞きづらい専門用語の連発も我慢の限界に近いし、これ

ならキッチリしたドキュメンタリーでも見た方が遥かに面白いだろう。ま、最終回

くらい書くかも知れないけどさ。

それでは。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.白石がこっそり勉強してた『当直医マニュアル 2008 第11版』って、

    実在するロングセラーなんだね。小畑達郎ほか編、医歯薬出版、4200

    円。携帯しやすい小型(A6)だけど、597ページもあるようだ。ま、やっぱ

    り医者は優秀なんだよな。原則としては。。☆彡

    

P.S.2 エンドロールに奥貫薫って名前があったけど、ひょっとして本山由希子

      なのかな。『クロサギ』早瀬の魅力的なたたずまいから、「不細工」へと

      一気にメイクし直したってことかね。やっぱ、女はコワイ。。♪

      (☆追記:やっぱり違ったみたい (^^ゞ 失礼発言だったかも♪ じゃあ、

      黒田の奥さん役ってことかね。。)

   

P.S.3 医師が患者を「実験台」にするのは、仕方ないことでもあるし、別に構

      わない。実力と誠意とインフォームド・コンセントさえあればOKだ。もち

      ろん、誠意とは、不幸にも失敗してしまった際の対処や賠償金、善後

      策まで含めた言葉だ。

     

P.S.4 2007年の新潟県中越沖地震からちょうど丸1年。上越大学出身で、

      地震発生当時は長岡救命センターに勤めてた藍沢と、結び付けてくる

      のかどうか、乞うご期待。。☆彡

            

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (9) | トラックバック (7)

哲学者・鷲田清一の自殺論(朝日新聞)

日付け変更まで、もう時間がない。毎日更新継続のための間に合わせで書くよ

うな話でもないんだけど、他に思いつかないから、これで行こう。今日、2008年

7月17日の朝日新聞・朝刊文化欄に、大阪大学総長・鷲田清一の現代自殺論っ

て感じの文章が載ってた。見出しは、底知れない「孤立貧」。副見出しは、自殺者

10年連続3万人超過

       

鷲田を知ってる人の割合は多くないだろうけど、哲学者としてはかなりメジャー

な人だ。文学的で柔らかい文体と独特の着眼点・切り口が売りで、私もわりと好

感は持っている。ただ、文章の論理的な曖昧さと、実証性の無さはちょっと引っ

かかる所で、今回の記事もかなり読みにくかった。阪大総長の肩書きを持つと

はいえ、もし小論文のテストなら、かなり減点されてもおかしくはない。理系の論

文形式ともかけ離れたものだ。

                   

まず、1300文字程度のこの小論の内容を要約してみよう。

    

   多数の自殺の報道を見ると、我々は「なぜ?」と疑問に思う。同じ社会に

   生きながら、彼らが自殺して私たちが死なないのはなぜか、その分かれ道

   が知りたいからだ。でも、その問いは二重の理由で「やがて虚空に消える」

    

   まず、彼らと自分の間にはかなりの距離があるから。どうしても自分とは

   「無縁」なものという側面があり、「死なれた」痛手を感じにくいのだ。一方、

   自分たち自身も「所在のなさ」が膨れあがって、存在が曖昧になってるの

   で、彼らとの分かれ道=違いをとらえにくい。こうして、「なぜ彼らは自殺し

   て私たちはしないのか」という問いは、答のないまま消えざるを得ないのだ。

        

   ここに見て取れるのは、個々の人間が孤立して、存在が貧しくなった状態

   だ。柳田国男の言葉を少し変形して借りるなら、「孤立貧」と言えるだろう。

   昭和のはじめ、自殺者の数が毎年1万数千人となった頃、彼はこう言った。

   「われわれの生活ぶりが・・・・・・個人の考え次第に区々に分かれるような

   時代が来ると、・・・貧は孤立であり、従ってその防御も独力でなければな

   らぬように、傾いて来る」(『明治大正史・世相篇』)。

    

   柳田の言う孤立は、共同体から家族への細分化のことだが、平成に入る

   と、建築家の山本理顕が、最小単位としての家族でさえ最後の拠り所とは

   ならなくなってると指摘する。つまり孤立が、家族から個人へと更に細分化

   してるのだ。柳田が「われわれは公民として病みかつ貧しいのであった」

   (同上)と語った時代からも、唐木順三が自殺は「僕らと無縁ではない」と

   語った時代からも、遠く隔たった現代。私たちは、孤立した個人として、存

   在が貧しくなっている。まさに、底知れない孤立貧の状況なのだ。。。

     

          ☆          ☆          ☆

これを読んで最初に感じたのは、まず曖昧さだ。「孤立貧」は、直接的には、

他人の自殺に対する我々の隔たりを説明するキーワードとして挙げられてい

る。おそらく、孤立貧と自殺そのものも結び付けたいはずなのに、その表現は

見当たらない。また、柳田国男という超大物の民俗学者の名前を援用してるだ

けで、広い視野や細かい論証・データもない。柳田が語った貧しさと鷲田の言

う貧しさがどの程度関係してるのかも気になる所だ。

           

ただ、自分で深く考えることこそ哲学だという観点に立つのなら、鷲田の文章は

まさに哲学的だろう。つまり、「所在のなさ」という表現の意味とかも含めて、あち

こち読者に考えさせる箇所だらけなのだ。孤立貧という造語がしっくり来るという

人もいるだろうから、哲学とは新しい思考を求める営みだという観点からも、鷲

田の文章はやはり注目に値する。半ば理系の人間として、読んでてイラつく表現

だらけでも、やっぱり魅力や価値を感じてしまうのだ。

       

最後に、おそらく鷲田とは全く違う、私の見方を一言書いとこう。そもそも、自殺

は多いんだろうか? 急速な増加が続いてるわけでもないし、死因の主要な部

分を占めてるわけでもない。多様化の時代に、毎年1万人中の2、3人が自殺

(or 自死)し続ける割合というのは、巨視的に考えると不自然ではない気もする

のだ。この数字は、自分の周囲ではなかなか起こらないことを表してるのだから、

低い値と言えなくもない。

       

もしそうなら、孤立貧の状態だから他人の自殺と疎遠なままだという鷲田の主張

は、根底から崩れることになる。孤立貧など無くても、人々は、一つの死の形

あるがままに受け入れてるだけかも知れないだ。いわゆる自殺は、精神的な行

為だけど、ガンだって身体的自殺とも見れる。タバコによる肺がんや、無謀な運

転による交通事故死などは、精神的自殺と見ることさえできるだろう。その意味

で、いわゆる自殺をさほど特別視しない人がいても不思議でないかも知れない

           

ただし、誤解のないように付け加えると、私自身は現状を良しとしてるわけでは

ない。人間は、多少なりとも自然に逆らって生きる主体的動物だ。社会的に自

殺を減らしたいとは思ってるし、自分の周囲の自殺を絶対に避けたいとも思って

る。ただ、もし鷲田の言うように、人々が他人の自殺との隔たりを持ってしまって

るのなら、それは孤立貧など持ち出さなくても説明できるだろう。

    

人は、昔から全く知らない人の死に関心を持ちにくいし、現在は多様化の状況

にも慣れている。その程度の説明でも十分だと思う。その多様化を孤立貧と呼

びたいのなら、必ずしも反対しないが、特に賛成もしない。いずれにせよ、もう

少し精密で繊細な論証が必要な話なのだ。

   

とにかく、もう時間なので、今夜はこの辺で。。☆彡

| | コメント (0)

CHANGEはまだ始まってない~『CHANGE』最終回

(生放送ですので、皆さんお静かに願います。

 5秒前、4、3、2、すみません。先にCMでした・・・)

            

皆さん、こんにちは。テンメイです。実は今日は、僕がCHANGE第1話のレビュー

「キムタクは素うどんかたぬきで♪」をアップして、ほぼ丸2ヶ月なんです。

そんな今、ウチのCHANGEレビューは、最終回という一つの区切りをつけようと

しています。僕はブロガーとして、今の気持ちを直接、読者の皆さんに伝えたい。

そうワガママを言って、こんな機会を、作って頂きました。

     

まず僕は、皆さんに、謝らなければなりません。2日前、僕は録画ミスで、最終

回のラストシーンを見逃してしまいました。ハードディスクがほぼ一杯になってる

状況について、何も知らずに、PCの前から離れて台所に行ってしまったのです。

ちょうど、キムタク=木村拓哉深津絵里に2つ目のお願いをした所なのに、そ

の返事以降が録画されてませんでした。僕は皆さんを失望させたと、痛感して

います。申し訳ありませんでした。。(深々とお辞儀・・・)

       

今日は、皆さんにいくつか、話したい事があるんです。できるだけ、自分の言葉

で、難しい言葉は使わずに。以前僕は、高校生相手の塾でバイトしてました。で

すから、女子高生にも分かるように話をしたいと思います。男子高生は気にしな

くても大丈夫でしょう。世の中、平等ではないのです♪

     

皆さん、ご存知のように、ウチはドラマブログでもテレビサイトでもありません。話

題のドラマには人並みに付いて行ったりもしましたが、いつも見たかっていうと、

すみません。見ないことが度々ありました。月9やキムタク主演作品など、人気

ドラマは大事なものだって、頭では分かってるんですけど、どうも面白くないって

いうか、と言うよりも、ドラマにも視聴者にも、何かを期待することはあまりありま

せんでした。視聴者の声でドラマは変わるという話はありますが、僕の言葉で、

僕の考えで、ドラマ界が変わると実感したことはありませんでした。

     

そんな僕が、なぜかドラマ記事を書いて、なぜかそれなりにヒットして、実質的な

ドラマブロガーになってしまったんです。この世界はとまどうことばっかりでした。
     
多くの視聴者は、タレントの活躍を楽しみたいだけに見えたんです。多くのブログ

も、あらすじと一口コメントだけに感じたんです。これは過去の粗雑な個人的イ

メージにすぎないので、誤解のないように注意してください。

      

僕は塾教師の時に、生徒にこうゆう風に教えてました。わからない問題があった

時は、解き方が分かるまで考えよう、議論しようって。でも、ここではそんなルー

ルは通じなかった。ファンの間、あるいはネット界での暗黙の了解や、多数意見

に従うのが当然で、力のある発言者が、いいドラマだと言った途端に、いい。そ

の見方が、本当にドラマのために、あるいは自分たちのためになったのかどうか

は、誰も確かめようとしない。マナーも論理構成力もない木村ファンの書き込み

第4話レビュー)を、真正面から受け止めて優しくたしなめても(第5話レビュー)

謝って来ることもない。

      

そんな時です。最終回レビューを書いてみないかって感じのアクセスを少なから

ず頂いたのは。既にCHANGEは4回連続スルーしてるし、その前も決して気楽

に楽しめる心地良いレビューは書いてない。最初はもちろん断りました。今さら

CHANGEで書くくらいなら、ウチの読者に大勢いらっしゃる藤木直人ファンのた

めに、『シバトラ』第2話で書いた方がいい。あるいは、かつてプロまで夢見たほど

の隠れ将棋ファンとして、昨晩のNHKプロフェッショナル「将棋名人戦スペシャル

 森内俊之vs羽生善治」の記事を書く方がいい。司会の脳科学者・茂木健一郎

は趣味じゃないけど、女子アナの住吉美紀は、35歳とは思えないほど清楚で可

愛らしい♪

       

でも、ふと思ったんです。もし自分が、最終回レビューを書いたとしたら、ドラマ界

に希望ある未来を、用意してあげられるかも知れないって。結局、僕は、最終回

レビューを書くことになってしまいました。他のブロガーや視聴者の意見を聞いた

なら、いやそれは違うんじゃないかなとか、思うかも知れませんが、自分が書き

終わるまでは他人の話はシャットアウトします。だから、皆さんと同じ目、同じ耳

で、ドラマをとらえてるのかどうかは分かりませんが、自分だったらこう考えると

いう話を書きましょう。

      

          ☆          ☆          ☆

このドラマは、第1話で書いた通り、基本的には「天ぷらうどん」です。「スーパー

ヒーローの大成功」というコテコテの天ぷら入りのうどん。少し違う言い方をするな

ら、第8話まではほとんど『水戸黄門』と同じです。複雑な世の中を、善と悪へと単

純に二分割した上で、善の大勝利と大活躍を見た視聴者がスッキリするための、

古典的な大衆ドラマ。水戸黄門ご一行、キムタク、美山(深津)、韮沢(阿部寛)、

ひかる(加藤ローサ)、生方(石黒賢)は最初から安泰。ここに瑠美子先生(堀内

敬子)や母・貴江(富司純子)、SP・壇原(大倉孝二)を加えてもいいでしょう。

      

悪の中にも、善に改宗して仲間入りする者がかなりいます。郡司(平泉成)、百

坂(西村雅彦)、小野田(中村敦夫)、西(矢島健一)、秋山(鈴木浩介)。一方、

逆らい続けて、最後まで黒い描き方を引きずった神林正一(寺尾聰)のような、

悪代官さまもいます。

   

こうした分かりやすい構図は、昔から不動の人気を保ち続けてますし、福田靖

の脚本も含めて、最近のキムタクドラマでも目立ってます。山P=山下智久主演

『コード・ブルー』の脚本家・林宏治の前作『医龍』もそうだし、『ラスト・フレンズ』

の最後もそう。長澤まさみ&上野樹里&瑛太らが、錦戸亮をやっつけて、白い

家の中で仲良くハッピーエンドってことで、性同一性障害とか性別違和の話はど

こかへ吹っ飛び、DVの問題の複雑さも忘れ去られてしまった。鋭い問題提起が

売りのはずだった話題作は、水戸黄門でお茶を濁した形で終わったのでした。。

            

でも、ドラマはもうそろそろ、こんな枠組みからは卒業すべです。これでは、

村拓哉という稀有な俳優の「ネギ入り素うどん」の味が台無しなのです。余りに天

ぷらが目立つと、うどんの素朴な味わいや腰の強さ、あるいはネギの独特のクセ

を味わうことは難しい。天ぷらの強烈な味のせいで、あちこちに散りばめられてる

コメディー的要素も、仄かな恋愛エピソードも、十分な力を発揮できてないのです。

    

また、そもそも実際の政治、リアルな社会の中では、善と悪、正義の見方と悪の

化身とは、混沌としています。スーパーマンのような活躍もあり得ないし、誠意だ

けで通じてしまう交渉相手というのも珍しい。何が正解なのか分からない難問も

山積みなのです。だからこそ単純明快なフィクションの世界で爽快感を得るという

考えはありがちですが、ちゃんと問題の複雑さを理解した上で、単なるフィクション

と割り切って楽しんでる人がどのくらいいるのかが、かなり怪しいでしょう。

    

ましてCHANGEは、月9とキムタクが組んで、『SMAP×SMAP』の直前に放映

される注目の政治ドラマ。その影響力は、計り知れないほど大きいからこそ、こ

の白黒単純に分ける子供だましの構図は非常に残念でした。どうしてこの時期に

こんな分かりやすい方向性を持った作品を、と考える時、巷に流れるビミョーな

噂さえ少し気になってしまうのも、無理はないと言えるでしょう。。

     

         ☆          ☆          ☆

でも、このドラマは第9話になってようやく、軌道修正しました。やっと少しだけ、

水戸黄門をはみ出る部分を描き出すことに成功したのです。

    

まずは、善の側、内閣の中で、不祥事が暴かれました。皮肉なことに、悪の手に

よって。悪代官、神林のやり方は感心しないものの、伝えられたのが事実である

ことは確か。結局、閣僚は解雇、朝倉総理は責任を取って辞任となりました。

    

この時、同時に、朝倉も普通の人間だということが示されます。まず予算委員会

で倒れてしまったこと。映画やマンガのスーパーマンじゃないんだから、そんなに

凄い活躍を続けられるはずはありません。また、責任を取って辞めるという行動

も、ごくフツーの政治家、あるいは組織のトップ達がやってる事にすぎない。やは

り朝倉も、決して特別な政治家ではないのです。

    

極めつけは、お茶事件でした。残り1週間の在任期間で何をするか考えた時、で

きる事といったら、官邸連絡会議の無駄なお茶出しを止めさせる程度のこと。総

理大臣がこんな些細な事をやるのでさえ、実際にはなかなか上手く行きません

した。あちこち話がタライ回しになるし、反論も出てくる。

    

あれをまた、悪の勢力の間違った抵抗と見た視聴者が少なくなさそうだけど、そ

れは水戸黄門的見方に染まってのことです。仕事を無くせば、職を失う人が出る

かも知れないし、お茶を一人一人が家から持ってくるよりも一括して現場で出した

方が、安全管理の上で優れてるかもしれない。朝倉はわずか50日間しか見てな

いけど、それ以前の歴史の中では、いくらでもお茶を飲んだ人はいたはずです。

お茶を出す行為には、その場をなごませる効果だってある。第5話で、アメリカの

通商代表に日本茶を出してたシーンを思い出しましょう。

     

長年やって来たから正しいとは限らないけど、長年やって来たことはそれなりの

意味を持ってる可能性を十分持ってるし、大きな間違いでもなかったわけです。

それを、1週間で何かやりたいからという理由で頭ごなしに断行して、おまけに

苦戦してしまう。成功した後も、達成感もメリットも僅かなもの。これは、国家の

政治の途方も無い難しさを、ヒネった形で表したものになってる。これこそ、私が

昔からこのドラマに求めてた事の一つだったのです

     

大堂商事疑惑の悪役となってた、朝倉の父の扱いが変わったのも、印象的な出

来事でした。金にまみれた汚い政治家だと思ってたのに、実はアジアとの共存と

か子供たちの交流というキレイな事を夢見ていた。それに、金は自分のためでは

なく、党のために仕方なく集めたものだった。この件は、啓太の父親観を変えた。

精神分析的に言うと、父親との対立から和解へ。息子のエディプス・コンプレックス

の解決の典型的な具体例になっていました。

            

一方、その父の話は、政治に対する朝倉の見方も変えたでしょう。話を伝えたの

が、かつて朝倉に簡単に白旗を上げたベテラン・小野田だったのもいい。朝倉一

人がいつも正しい判断や行動をするのではなく、時には周囲の方が朝倉を諭す

こともある。若手の新鮮さや人気よりも、ベテランの知識や熟慮が優ることは珍

しくない。この当たり前のことを、ちゃんと形にしてたのです。

     

ドラマの一番最後、私は台所から帰って来て、一応見ることが出来ました。選挙

ということで、政治家・朝倉は再スタートとなったのです。ここで、当選まで映さな

かったのも良かった。そして何より目立ってたのは、22分20秒にもわたった、

テレビドラマ史上に残る1シーン1カットの大演説。

    

正直言って、中身は思い出話と平凡な指摘だけで、超人気のキムタクだから成

り立つ演説にすぎません。『華麗なる一族』最終回で、鉄平が山小屋を出てから

ジェームス・パーディーで猟銃自殺するまでの、約10分間の濃密な描写と比べ

ると、何とも内容空疎なものでした。要するに、キムタクとはこれほど視聴者を

つかむ力を持ってるんだぞという事実を、世間に再認識させただけのシーンです。

      

でも、やはり私は感心しました。なぜなら、演説が終わった瞬間、すぐCMになっ

たからです。今までのパターンなら、朝倉の見せ場には直ちに称賛が続いてた

のに、あっさりCMに入ってしまったのです。私も愛用してる、花王のロングセラー、

メリット。CMタイムの後には、身内の小さな拍手がパラパラ。その後、一般市

民も加えて、衆院解散・総選挙の英断を称える声は映されたものの、結局は

スタートが支持されただけで、首相続投どころか、国会議員の職まで朝倉が失っ

ことを見落としてはいけないでしょう。水戸黄門は、印籠を捨てたのです。もち

ろん、顔つきで本人だと識別できてしまうわけですが。。

         

オーイ、誰かいますか~~! ・・・失礼しました。読者が誰も残ってないかも知れ

ないので、大声で確認してみました♪ 

        

            ☆          ☆          ☆ 

結局、朝倉の演説のパロディを書く中で、私は何が言いたいのか。それは、

当の意味で、『CHANGE』はまだ始まってないということです。ドラマの形式的

な意味では、最終回が終わった。最終回だけの平均視聴率27.4%で、ヤンク

ミ=仲間由紀恵の『ごくせん』を逆転。瞬間最高視聴率も31.2%、を記録。全

体平均の21.7%はごくせんに1%近く負けたものの、オリジナル脚本の新作

政治ドラマとしては十分な結果を残したのは確かです。

    

でも、ドラマの内容的には、CHANGEはこれからなのです。朝倉は、やっと自分

の足で、一から出直し始めたばかり。結局、ほんの僅かなCHANGE(変化)しか

実績として残してないし、神林もまだまだ健在です。おそらく美山とは、より深い

付き合いが続くんだろうけど、ひかるはともかく、小野田、生方、韮沢らとは、い

ずれ別の道を歩む可能性が十分にあるでしょう。

    

それより重要なのは、ドラマ界のCHANGEです。一応、型にハマった水戸黄門

で数字は取りたいけど、少しでもそこからはみ出す大人の方向性を見せて行き

たい。こうした制作サイドの姿勢が、最後の2話でようやく微かに見えてきた気

がするから、まさに最終回こそ、CHANGEの初回なのです。

         

他人事ではなく、私自身も含めて視聴者の側も、もう少し自ら主体的に考え、意

見を述べるべきでしょう。国民主権ならぬ、視聴者・消費者主権。いくら考えても

分からない事はあるし、いくら議論しても意見が一致しないこともフツーにある。

もちろん、簡単なことではないでしょう。

    

でも、どうか知ってください。評価してないドラマでさえ、相当な部分まで突っ込ん

で考え、形にするブロガーがいることを。どうか知ってください。耳ざわりのいい

話や楽しい感想を聞けそうになくても、独自の重みを持った意見を読もうとして

アクセスし続ける読者が、少なからずいらっしゃることを。(シュン・・・シュン・・・)。

どうか知ってください。まだネットとかで意見表明する気にはなれなくても、世間

に流されず、かと言って無視もせず、ほど良いバランスとスタンスで、自分なり

にドラマや政治を考えてる視聴者がいることを。

        

あぁ、木村君はやっぱり素敵だった。あの演説の涙に萌えちゃった。悪い政治

家は最後に負けるんだ。等々。こういった素朴な感想だけに留まらず、その先

厄介な現実に、可能な範囲で目を向けること。ドラマの放送が一応終わっても、

複雑な社会問題を少しでも理解しようと、自分の頭を使い続けること。選挙の際

には、公約その他をじっくり比較した上で投票して、当選したらその後の実行力

を注視すること。

    

こういった市民レベルの何気ない努力が広がっていけば、少しずつでもドラマは、

また社会は、いい方向にCHANGEしていくでしょう。少なくとも、そう期待したい。

でも、今はそこまで到達していません。CHANGEは終わったどころか、まだ始まっ

てもないのです。

    

だからこそ、子供たちに希望ある未来を用意するためにも、私は演説したのです。

最後まで聞いてくださった皆さん、心より感謝します。エッ、いない? あっそう♪

ま、ともかく、ありがとうございました。失礼します。。

 (スタスタ・・・)

      

はい、CM入りま~す・・・☆彡

           

           

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. この記事のタイトルは、フランスの現代思想家ボードリヤールが、湾岸

     戦争の開始後に書いた作品、『湾岸戦争は起こらなかった』を少しだけ

     意識した言葉遊びになっている。と同時に、ベルギーの画家・マグリット

     が書いたパイプの絵『これはパイプではない』をも軽く意識したものだ。

     したがって、同名の著作でこの絵を論じた、フランスの哲学者・フーコー

     をも微かにイメージした遊びなのだ。。

              

          

cf.キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

  見つからないように、こっそり本音♪  (第3話に対するつぶやき)

  朝倉総理(木村拓哉)が本当にすべきこと~『CHANGE』第4話

  他者との交渉のマナー~『CHANGE』第5話

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『CHANGE』レビュー、中国か台湾でウケたみたい♪

  朝日新聞の『CHANGE』レビューについて

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  鉄の悲劇から、犬の感動物語へ~『南極大陸』第1話

  映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、軽~い感想♪

| | コメント (12) | トラックバック (8)

また早起きで、リハビリ順調♪

BIKE 61.5km,2時間16分,Av 27.0,心拍Av 143

よく早起きできたなぁ・・・エライぞ、自分♪ 相変わらず寝不足が溜まってる状況

080715 だから、前夜は早めに寝たかっ

 たのに、0時半になってしまっ

 た。キムタク=木村拓哉主演

 のドラマ『CHANGE』が最終

 回スペシャルで22時半まで。

 その後はSMAP×SMAPで

 後続の『太陽と海の教室』の

主演である織田裕二が登場したから、これも途中までチェック。実質的にドラマ

ブログと化してるウチとしては、情報収集として仕方ないわけよ♪ その後は更

に、単なる雑用に追われたって感じの夜だった。

    

で、これで早起きして多摩川なんてことが出来るとはあんまし思ってなくて、起き

れなかったら別にいいやって感じだったのに、余りに蒸し暑くて寝苦しい夜だっ

たから、目が覚めてしまったのだ。その後も、ダルイなぁ、二度寝しようかなぁと

か思いつつ、ダラダラと準備をして、渋々自転車置き場へ。すると、ワイヤー錠

が自転車と絡まって外れないなんてアクシデントが発生! 15分もかけて、蚊

に3ヶ所刺されながら外して、ようやく出発。そこからは順調な走りだった。

    

日曜朝よりちょっと風が強めだった代わりに、雲が多くて日差しが弱かったから、

プラスマイナスでいい勝負のコンディション。眠さも同じくらい。ただ、夜の間に水

分が失われてたらしくて、やたらノドが乾くから、珍しく往路の多摩水道橋手前で

コーラの補給。写真は、自販機前から小田急の鉄橋を映したもので、多摩川を

走ってる人なら誰でもお馴染みの光景だ。サイクリングロード沿いの自販機は、

多摩川大橋から国立折返しまでの30kmちょっとだと、ここしかない(と思う)。

   

その後、横風気味の向かい風の中、前42×後13のギアで時速27km程度で

ボーッと流してると、時速31kmくらいの小径車(タイヤが小さい自転車)が抜い

て行ったので、直ちに追走♪ ラッキーだと思ってたら、僅か3kmほどで道を外

れてしまった。後は単独走で、復路はまた42×11。眠気と腰のダルさに絶え

つつ、時速31kmくらいでカバーした。途中、また自販機で補給。多摩川を離れ

た後は、ひたすら安全運転あるのみ☆ 平日朝の幹線道路は危険が一杯だ。。

    

さて、定番コースで平均時速27.0kmまで回復♪ いい感じでリハビリが進ん

でるけど、たまにはランニングもしなきゃ走れなくなっちゃうから、明日はジョギ

ングデーにしよう。8月末の乗鞍目指して、着実に盛り返していくぞ!☆彡  

| | コメント (0)

自転車復帰後、初のバトルごっこ♪

BIKE 61.5km,2時間20分,Av 26.4,心拍Av 148

暑かったけど気持ち良かった~☆ 10ヶ月半ぶりの真面目な自転車って感じだっ

080714 たな♪ まだ全然遅いけど、

 思ってたほど衰えてもなさ

 そうだ。盛り返そっ と!

   

 前夜は多摩川下流のポタ

 リングで、この朝は逆に多摩

 川上流を往復してきた。左の

写真が、二子橋たもとの分岐点。右の土手に行くと下流、左で河原に下りて180

度ターンすると上流だ。みんな一息いれる地点でもある。

               

睡眠わずか1時間半で、寝ぼけたまま上流に向かってると、早速手頃なロード発

。時速27kmくらいで流してるので、後ろについてみると、早速気付いてスピー

ドを上げてくれた。それそれ。そうこなくっちゃネ♪ 時速31kmくらいで逃げ始め

ものの、流石にその程度のスピードで振り切れるはずはない。多摩水道橋の

080714c_2  南側は狭くて人通りもわり

 とあるから、これ以上のス

 ピードも出しにくい。ってこ

 とで、橋のすぐそばまで引っ

 張ってもらって、楽できた。

 心拍は168くらいまで上がっ

 ちゃったけど、ランニングを

考えると別に大したことはない。ちなみに、上の写真は多摩水道橋を上流側か

ら帰りに写したものだ。この橋も、一息いれられる気持ちいい場所になってる。

                          

その後は単独走行になっちゃったから、一気に心拍は下がったけど、やや向か

い風の中を、前42×後13のギアでグイグイ進んでいく。脚も心肺もラクなのに、

腰の筋肉だけが辛くて、時速27km程度しか出せない。とにかく、腰が衰えてる

のだ。それでも、ほとんど抜かれることはなかった。

    

080714b  国立折返しからの復路は、

 追い風に変わるから、42

 ×11のギアでも楽勝。時

 速30kmちょっとくらいで

 流してると、一人だけロー

 ドが抜いて行ったから、追

 いかけようとしたのに、す

ぐ横道へ逸れていった。ま、別に今はバトルごっこするような状況じゃないけどね。

単なるリハビリ中だから、安全運転で身体を慣らせばいい。

            

家に戻ったのは9時頃で、もうこの時には太陽がガンガン照りつける状況。この

日はずっと、日焼けした身体が熱くて仕方なかった。ま、これも夏らしくていいか

な。さて、お昼休み終了。仕事に戻ろっと。。☆彡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪

9月21日追記: 最終回の感想目当ての方は、次の記事をどうぞ♪

           『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ )

       

 私 バチがあたったんだ あんな酷い事を言ったから

 あいつは いつも私を守ってくれたのに

 私 あいつの事が大好きだったのに なのに 私

 お兄ちゃん・・・お兄ちゃ~ん!

  (ブォン ブォン キキーッ・・・)

 てめえら オレの妹に何してる!

 ヤスコ オレをどんなに嫌っても構わねぇ

 はなから好かれようなんて思ってねぇしな

 けどなぁ 何があってもお前だけは絶対にオレが守る 

 それがオレの正義だ

 お兄ちゃん ゴメン・・・

  (チッ・・・) ケガ ねえな

 ウン♪ その格好・・・ 

 うん あっ あのバカどもがな

 世界遺産っすから♪

 でも・・・

 フーッ (特攻服を脱いでヤスコの肩にかけて)

 帰るぞ

 ウン♪

     

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい☆ 多部未華子らのセーラー服が!・・じゃなくて、典型的な少女マ

ンガの世界が♪ いやぁ、読者の一人から書いて欲しいってご注文を頂いたか

ら、一応見るだけ見とこうって感じだったんだけど、予想外にオモチロかった。

子供心に帰って楽しめたな。これぞ日テレの土9って感じだけど、視聴率はあ

んまし期待できそうにないかな。今どき暴走族ドラマじゃ苦しいかも。。(^^ゞ

     

見てない人が多そうだから、珍しくあらすじを書いとこう。ただし、私独自の超

省略ヴァージョンね。両親が死んだ後、暴走族の総長を辞めて、親族に土下座

までして、妹・沖ヤスコ(多部)を一人で育て上げた兄・沖ケンジ(松岡昌宏)。実

は、売れっ子・少女マンガ家の桜葉れいかとして活躍中。余りに口うるさいし、

服装とかが完全にヤンキーだから、女子高生のヤスコはケンジを毛嫌いして、

「あいつ」とか「あんた」呼ばわり。最後はついに「一人っ子の方が良かった!」

なんて叫んで家を飛び出す。

        

同級生のイケメン、椿純(大倉忠義)から携帯メールが来て、話を聞いてもらって

た所へワルのグループ登場。2人とも連れ去られたんだけど、ヤスコを探し回っ

てたケンジの手下・アジダス(渡部豪太)が目撃。もう一人の手下・モス(内山信

二)と共に、ケンジに付き添って、久し振りに暴走族姿で助けに向かう。バイク

も服装も、手下2人が長年こっそり「世界遺産」として保存してたものだ。

      

最後は、「沖ヤスコ」っていうバカでかい名前をケンジが書き込んだハンカチを、

ヤスコが落として、ワルに踏まれる。あれほど嫌がってたダサダサの恥ずかしい

ハンカチを抱き締めて、決して口にしなかった「お兄ちゃん!」って言葉を絶叫し

た瞬間、倉庫の扉が開いてケンジたちが登場。ワルどもをアッサリ叩きのめして、

兄妹は昔の仲の良さを取り戻したってお話。めでたし、めでたし☆

       

このラストで流れた主題歌『雨傘』(作詞・作曲・椎名林檎、歌・TOKIO)もなかな

か良かったね☆ やっぱり誰にでも、雨が降ることは必ずある。そんな時には、

手元に傘が欲しいわけだ。演歌かよ!♪

            

        ☆          ☆          ☆

もちろん、これだけ読むと、単なるありふれた陳腐なヒーロー物語のように感じ

るかも知れないし、私が普段から批判してる「水戸黄門ドラマ」のようにも見え

るかも知れない。でも、違うのだ。これは、正義と悪を単純に2つに分けた上で

正義が悪を倒したり大成功したりする「水戸黄門」よりは上の作品だ。型にハマっ

てるって意味では同じだけど、その型の種類が決定的に違う。

            

何が違うのか。まず、ケンジはいわゆる正義ではない。暴走族で悪い事をして

たのは昔話としても、今回の活躍だって、悪を倒すと言うよりむしろ、妹を守っ

たのだ。つまり、正義の形にはなってるものの、本質は兄妹愛で、大切な家族、

大切な女を守っただけだから、ごく平凡な話をマンガ的に誇張しただけで、水戸

黄門的なウソ臭さも押し付けがましさもない。

        

また、ケンジがそれほど美化されてないのもいい。普段は超過保護なヤンキー

で、トイレから出て洗ってない手でヤスコに触るし、ヤスコの携帯にまで大きく

ペンで名前を書き込むし、ストーカーみたいなことまでする。気に食わないと、

ホントに卓袱台をひっくり返してしまう(ドラマで初めて見たかも♪)。おまけに、

最後にワルをやっつけてヤスコにも素直に感謝されて、決まったって瞬間にも、

後ろから女にケリを入れられてしまう♪ 他にも、いずれ集文社の担当編集者・

星川優紀子(櫻井淳子)に族っぽい行動がバレて、叱られることになるんだろう。

        

要するにケンジは、イマイチ決まってないのだ。そのおかげで、妙な臭みが消

えて、自然に好感もてるキャラとストーリーになってる。それに対して、『医龍』の

朝田(坂口憲二)、『CHANGE』第8話までの朝倉総理(キムタク=木村拓哉)、

『ラスト・フレンズ』のシェアハウス・メンバー(上野樹里、長澤まさみ、瑛太ら)は、

正義のヒーローとして悪を倒して大成功しておしまい。何のヒネリも深みもない

水戸黄門にすぎないわけで、その点だけでも『ヤスコとケンジ』の方が優れてる。

あるいは、一歩先に進んでるのだ。

     

ちなみに、最後にケリを入れた女が、レディース軍団「黒薔薇」の元総長で、今

は花屋さんの「つばきフラワー」を営む椿エリカ(広末涼子)。その手下が宮園

かおり(山口紗弥加)だ。エリカは昔からずっとケンジが好きで、ペンダントに写

真まで入れて、告白しようと思ってるのに、実際に会うと素直になれなくて、蹴り

を入れたりガンを飛ばしたりタンカ切ったり。突っ張ってる最中にもまたデレっと

したりのツンデレ系。まあ、広末の迫力はイマイチなんだけど、山口が補ってる

から良しとしよう♪

           

それにしても、何と言っても抜群にいいのが、TOKIO・松岡昌宏の演技だ☆ 

私は『マンハッタンラブストーリー』をちょっと見ただけなんだけど、すぐに引き

付けられたし、名前と顔も一発で覚えたほど。今回も、普通の演技も抜群に良

くて隙がないし、最後の立ち回りも文句なし。目立ってたキレイな蹴りも含めて、

身体の動きがすごく様になってる役者だ。同じTOKIOの長瀬智也もいいけど、

松岡の方がいい意味でクセがあって、味のある演技を見せてくれた。

    

あとは、『鹿男あをによし』の多部。マイ鹿には乗ってくれなかったけど、これぞ

女子高生って感じ。明るく楽しく胸キュンで、ちょっと反抗的な妹役を、上手くこ

なしてたと思う。エリカと同じく、これまた典型的なツンデレだ。ただ、空中を飛ん

で派手にコケるパターンは、もうちょっと大げさに映した方がいいな。少女マンガ

なんだから。その辺り、多部って言うより、演出の大谷太郎に頑張って欲しい所

だ。ただし、全体的には演出は良かったと思う。むしろ主題歌以外の音楽(大島

ミチル)がもう一声って感じかな。

            

エリカの弟の椿純は、公式サイトの相関図(チャート)だと、ヤスコに無関心となっ

てるのに、実際にはずいぶん親しくしてたね。ラスフレもそうだったけど、チャートっ

てものは参考程度に留めるべきなんだろうな。

    

ともかく、古典的で典型的な学園&ホームコメディーにも関わらず、マンガ的楽

しさに満ち溢れてて、また次も見たくなるドラマだった♪ ま、個人的にバイクに

乗ってるのも、プラスに働いてるだろうし、『シバトラ』と同じく可愛い女の子が大

勢出てたのも大きいかも。別冊マーガレットの原作(アルコ作)と、どの程度似て

るのかは知らないけど、脚本の山浦雅大が上手くまとめてたのは間違いない。

ケンジのライバル・青田(RIKIYA)や、相談役の渋谷(嶋大輔)を上手く組み込

めれば、話に厚みも出てくると思う。それにしても、ベタなキャスティングだよな♪  

      

ってことで、意外や意外、亀梨和也&綾瀬はるかの『たったひとつの恋』以来、

1年半ぶりに、土9が面白かったってお話だ。まったく別の路線だけどね♪

それでは。。☆彡

      

cf『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ

| | コメント (6) | トラックバック (10)

約1年ぶりに多摩川下流をポタリング

BIKE 34.9km,1時間40分,Av 20.7,平均心拍 114

相変わらずお遊び気分だけど、何か♪ とか開き直ってる場合じゃないよな。マジ

080712 でヤバイ! もうちょっ

 として仕事が一段落つ

 いたら、一気に盛り返

 そうなんて、甘い考え

 にすがりついてるのが

 現状なのよ (^^ゞ 

      

 実は、この日も早起きして

朝ランしようと思ってたのに、余りの眠さで起きれなかった。ま、もともと寝不足

なのに、寝たのが3時だから、朝ランするような状況じゃなかったけどね。今日

は久々に仕事が無かったから、昼間ジムでも行こうかなと思ったものの、今年

一番の猛暑でパス。気温34度の中、デイパック背負って、片道2.5km離れた

ジムに行く気はしない・・・ってこともないか。去年なら行ってたかもね。やっぱ疲

れてるし、気力も体力も落ちてるな。。

              

で、雑用と家での仕事で1日つぶしそうだったけど、夕方になって反省。ちょっと

だけでも走っとこうと思って、実に1年ぶりくらいに、多摩川の下流(二子橋から

南)をのんびり走って来た。前回も書いたように、とにかく自転車はさっぱり乗っ

てなくて、去年8月末の乗鞍以来、まだ200km程度しか走ってない。ジムのバイ

クを除くと、回数にして僅か4回目だ。ナイトランをするにも、何の準備があったっ

けって感じでまごつく状況。ヘッドライトの電池の充電と、後ろのフラッシャーの電

池交換を一応済ませて、夕闇の多摩川へ向かった。出発前、また蚊の襲撃で7

箇所も刺されたのが超ムカついたな。

        

久々の多摩川ナイトランは、新鮮味があっていいんだけど、虫が顔に当たったり

目に入ったりしたのには参った。ちょうど、虫が一番多い時間帯だったのかも知

れない。お散歩気分の安全運転で、南の折返し地点の多摩川大橋に到着。する

と、狭くて走りにくかった歩道の拡張工事なんてやってた(一番上の写真)。来年

080712b 2月までかかるらしいけど、これは

 凄くいい公共工事だね♪ 折角だか

 ら、工事中の歩道で東京側に渡って、

 妙にお気に入りの丸子橋(左写真)

 で再び川崎側へ。丸子橋の広めの

 タイル張り歩道を走るのがやたら好

 きなのだ♪  

     

       

080712c その後ものんびり走って、20時50

 分に帰宅。急いで準備して、ロッテの

 名作アイス『爽』を食べながら、日テ

 レの新ドラマ『ヤスコとケンジ』を視

 聴♪ 読者の1人がこの記事を書い

 てくれと注文してくださったので、

 一応見るだけでも見とこうと思っ

たんだけど、予想外に面白かった☆ 完全に少女マンガの世界をドラマ化してて、

松岡昌宏多部未華子の兄妹がホノボノといい味出してたな。広末涼子のレ

ディースシーンは、もうちょっと迫力があってもいい。まあでも山口紗弥加がちょっ

と可愛かったからいいや。関ジャニ∞の大倉忠義も、なかなか可愛いイケメンだ

ね。記事は、時間もないし、パスかなぁって感じ。。

    

 (☆13日追記: 結局、ウチとしては軽い記事を一応アップした。

            『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪ )

            

さて、明日はどうしようかなぁ。どうせまた早起きは出来ないだろうし、夜のランニ

ングにしようかな。ともかく、何か運動はしとかなきゃね。それにしても、今日の

後の雷は迫力あった! 自転車の場合は、気象変化にも注意しなきゃ、マジで

危ないよな。。ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

 お疲れ

 当直?

 うん 

 悪いけど 私 全然ヘコんでないし 反省もしてないよ

 今回は運が悪かっただけ だって 現場にもう1人なんて予想しないでしょ

 そうね

 次だ 次 これでもう 要領分かった

 良かった 思ってたより元気で

  (・・・沈黙・・・)

 あんた バカじゃん・・・こんな時でも キレイ事ばっか バカみたい

 現場に 藍沢が来た時 正直ホッとしたんだ 自分が責任取らなくていい

 藍沢がやってくれるって 私 あん時 患者から逃げたんだ

 そっか・・・

 フーッ・・・ 最低だよ 私 最低 ・・・シュン・・・

 立派だよ 飛び込んだでしょ 自分で自分から患者に向かって行った

 私は 出来なかった だから その勇気は 立派

 ・・・キレイ事ばっかの優等生に何が分かるの?

 キレイごとばっかって 自分はウソつきじゃない?

 うるさいよ♪

 うそつき カッコ悪♪

      

          ☆          ☆          ☆

いやぁ、『シバトラ』面白かったなぁ♪ さすがはクセのない中堅俳優、藤木直人。

色々と大変な時期だと思うけど、さらに上のレベルを目指して、挫けず頑張って! 

エッ? 『コード・ブルー』のレビューだろって? そりゃ、失礼♪ ハイハイ、ちゃ

んと見たから大丈夫。

     

で、第2話だけど、これってどうよ?とか、みんなに聞きたくなるわな♪ 山P=

山下智久のファンはともかく、フツーの視聴者にね。私は正直、ブログが無けれ

ば、途中で見るのを止めてたかも。ま、別に珍しいことじゃないし、卓袱台は投

げなかったけどさ。実際にはブログがあるから、我慢して見続けるし、レビュー

も一応そこそこに書くわけよ。これがブロガー魂ってもの。

     

総務省・情報通信政策研究所の実態調査によると、2008年1月現在の国内の

ブログ数は約1690万! 熾烈な生き残り競争を勝ち抜くのは大変なことなのだ。

いや、何で生き残らなきゃなんないのかっていう根本的な話はあるんだけどさ。。

     

ま、それはともかく、このドラマはやっぱ、「群像劇」にちょっと近い構想なのかね。

それぞれ独自のストーリーを持ってる複数の登場人物を一つにまとめた作品って

こと。2回見た限りで言うと、山Pのプロモーションビデオって感じはないもんな。

『クロサギ』はもちろん、『プロポーズ大作戦』と比べても、山Pの扱いが小さいの

は明らか。『1ポンドの福音』の亀梨和也の扱いと比べても、違いはハッキリして

るだろう。

     

ウチは一応、過去の経緯から、山Pと亀梨と藤木の3人は特別扱いしてるんだ

けど、もちろん山下ファンではないから、緋山(戸田恵梨香)白石(新垣結衣)

藤川(浅利陽介)に光が当たるのは望むところだ。三井(りょう)が患者を死な

せて損害賠償請求の被告になってるとか、黒田(柳葉敏郎)が奥さんか誰かとの

関係を引きずってるとかも(予告からの想像)、全然OKだろう。ただ、オムニバス

じゃないんだから、もうちょっと全体をまとめて欲しいね。脚本家・林宏司プロ

デューサー・増本淳の共同責任かな。

    

まとまりが足りないように感じる原因は2つまず、今のところ、中心の4人のフェ

ロードクターの結びつきが弱いから。例えば今回、藍沢(山下智久)と緋山の仕事

は結びついてたけど、白石の鼻曲がり女(醜形恐怖症)や藤川の「ブラ男」(骨折

&パニック障害or閉所恐怖症)は、表面的には全く別の症例だった。

                

ストーリーの流れの上で結びついてないものを、あえて結びつけるには、テーマ性

の表現が有力な手段になる。ところがこれも弱かったっていうのが、まとまり不足

の2つ目の原因だ。ここをもっとハッキリ示しとけば、遥かにスッキリした印象になっ

てただろう。要するに、鼻を折られた自分と上手く向き合うこと。これが今回の中心

テーマなのだ。

     

藍沢は、救急患者・西口八重の処置が甘かったために、死の危険と向き合わせ

てしまうハメになった。白石は、前回のドクターヘリ搭乗で何も出来なかったのに

加えて、今回はフライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)にまでボコボコに鼻を折

られて、途中で白旗を上げてしまったほど♪ 緋山は胎児心拍(?)の重要な論

文に関わったとか見栄を張って、実際の胎児にはほとんど対処出来ず、1秒を争

う救急現場で藍沢と交替するハメになってしまった。藤川なんて、いまだにドクター

ヘリに乗せてもらえず、一般病棟を任されてしまってる上に、緋山の陰口を言って

藍沢に強くたしなめられてしまった。

    

で、結局4人はどのように、自分の折れた鼻と向き合ったのか。藍沢は患者が落

ち着くまでずっと見守って、田所(児玉清)に任せることなく自分で家族に謝った。

さらに、失敗に臆することなく現場への志願もして、見事に成功した。白石は、緋

山に自分の情けなさを告白すると共に、鼻の形成手術を拒んでた患者・横田英子

をボコボコにする言葉で、見事に病んだ心を動かした。ちなみに、その荒療治の

伏線が、最初に患者を診た時の、鼻つまみ&「痛い、痛い!」ってわけだ。不親

切な表現だけど、形は一応出来ている。

              

緋山は、ヘリでの帰還を辞退して、1人で電車に乗って長時間の反省を終えたあ

と、さらに自分の情けなさを白石にさらけ出している。この時の2人のやり取りが

爽やかで可愛かったから、この記事の冒頭に引用しておいた☆ 欲を言えば、あ

のシーンの最後は、白石の笑顔じゃなくて緋山の泣き笑いにするべきだった。細

かいけど、演出の西浦正記のミスでしょ。ドラマ全体で言うと、白石の方が中心。

でも、今回とかあのシーンに限るなら、緋山が中心なんだから。

       

それはともかく、残る藤川も見てみると、彼はヘリに乗れなくてもくさることなく、親

身になってヤッちゃん系ブラジャー男の面倒をみてた。窮屈なMRI(磁気共鳴断

層撮影装置)に入るのを恐がってパニックを起こす男に、認知行動療法の一種

である暴露療法(狭いトイレへの閉じ込め練習)を受け入れさせて、交換条件とし

て自分もブラを付けてたし、自分の責任でブラを付けたままMRIを受けさせてた♪

「それが、僕のミッション」なのだ。ま、滑り気味の脚本&演出だけどね。

          

もっと言うなら、実は4人の医者だけじゃなく患者も、鼻を折られた自分と向き合っ

てる。鼻折られ女は、自分の要望で殴ってもらったことを告白した上で、修復手

術を受けることにした。ブラ男は、みんなにブラを見られてしまって、ボコボコに

鼻を折られたにも関わらず、ブラを付けたまま藤川にも勧めてたし、最後まで強

気の姿勢は崩さなかった。

             

こうしてみると、散漫に感じる今回のドラマが、「鼻を折られた自分と向き合う」と

いうテーマのもとにまとめ上げられてるのがよく分かるはず。ただ、残念なことに、

それがクリアーじゃなかったから、視聴者にはあんまし伝わってないと思う。その

辺りの技術的工夫は、今後のコード・ブルーでも課題となるだろう。。

    

         ☆          ☆          ☆

今週は既に2本もドラマ記事を書いてるから、この程度でもう終わりにする。最後

に、ある意味で根本的な問題を指摘しよう。それはフェロードクターの「年齢」だ。

    

現在の日本で医師を志す者は、医学部で6年の教育を受けて医師国家試験に受

かった後、2年の「研修生(狭義)」を経て、さらに3年程度の「後期研修生」を務め

ることになっている。この後期研修生のことを、フェローと呼ぶことがあるらしいの

だ(その制度がフェローシップ=専門研修制度)。したがって、「フェロードクター」

とは、奨学金という意味での「フェローシップ」とは結びついてないし、アメリカの医

学教育でのフェローシップ制度とも別物だ。

     

ここで、先週チラッと映った藍沢の履歴書を確認すると、現役&最短で上越大学

医学部を卒業、医師免許取得。上越大学附属病院で2年「研修生」を務めて、そ

の後は長岡救命センターで3年「後期研修生」を務めて、さらに翔陽大学附属北

部病院救命救急センターに来たことになってる。

     

それで結局、藍沢は29歳(79年4月3日生まれ)だし、浪人してる藤川は27歳

以上、白石と緋山も26歳以上なんだけど、それにしてはキャラの設定が幼すぎ

るのだ。見た目が若すぎるって話じゃなくて、中身の問題、精神年齢だ。今回なん

て、とても30歳間近の大人には見えなくて、無意味にリアリティーが失われてしまっ

てる。成長物語の筋書きをハッキリさせたいのは分かるものの、ドラマ界はそろ

そろ、「20歳前後」の成長への執着から卒業すべきだろう。それこそがドラマの

成長物語だし、視聴者の成長物語でもあるのだ。

    

ま、あれこれ不満はあっても、やっぱりガッキーも戸田も可愛いし、CS(コミュニ

ケーションスペシャリスト)の轟木(遊井亮子)はカッコ良くて萌えるし、夕陽のヘリ

コプターは美しい。エンジンを止めずに藍沢を乗せた「タッチ・アンド・ゴー」もなか

なか良かったな。来週も「見る」ことにしよっと。「書く」かどうかはともかくね♪

それでは。。☆彡

         

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.先日アップしたヘリコプター解説記事には、ほぼ狙い通りに検索が入り続

    けてる♪ ラスフレバブルとじゃ比較にならないけど、ま、この程度がフツー

    でしょ。ところで、ドクターヘリって、日没までに離陸しなきゃいけないのか。

    ネットで久留米大学病院のサイトを見ると、日没の30分以上前に、出動

    要請最終時刻が設定されてた。何でだろう。法律の類があるのかな。東

    京湾や横浜のナイトクルージングがあるくらいなのに。。

          

P.S.2 先週の記事で、救急ヘリの事故や墜落リスクの問題に触れた途端に、

      取材ヘリの墜落事故が起きてしまった。青森朝日放送がチャーターし

      た、小川航空所属のヘリ。機体はフランスのアエロスパシアル社(英

      語的に言うとエアロスペシャル社)のAS350だから、コード・ブルーの

      米国製とは別だけど、やっぱりヘリの墜落はやたら多いと思う。ファン

      の皆さんは、毎朝お祈りを欠かさないように。。♪

            

P.S.3 醜形恐怖症は、現在の精神医学の世界標準マニュアル・DSM-Ⅳ-

      TRでは「身体醜形障害」(BDD:Body Dysmorphic disorder)とされて

      いる。そう言えば秋葉原事件の彼もそんな感じか。いよいよ精神鑑定っ

      てお話。2人とも、醜さへの嫌悪感が破壊衝動と結びついて自傷行為

      になってしまってるようだ。ま、彼の場合は「他傷行為」の側面の方が

      問題だけど。。

           

P.S.4 仕方なく彼女を殴って鼻を折った、愛情あふれるDV男=福井博章

      一昨年の長澤まさみヴァージョンの『セーラー服と機関銃』が懐かしい

      ね。Amebaでブログまで持ってるとは知らなかった。。

    

P.S.5 なぜか「暴露療法」と書くことが多いようだけど、「Exposure Therapy」

      だからホントは「曝露療法」(何かにさらす治療法)と書くべきでしょ。

        

P.S.6 三井への通達は次の通り。(「外 名」は、外には0名って意味だろう)。

        千葉中央裁判所

        事件番号 平成19年(ワ)第1532号

        損害賠償 請求事件

        原告 真壁 清    外 名

        被告 三井 環奈

      

P.S.7 ちなみに、私の鼻もボキボキに折られてる。ブログに力を入れてるの

      は、ある意味、自分で形成手術を行ってるようなもの。無理して鼻高々

      状態にしてるわけだ。

     

P.S.8 視聴率は16.0%で、前回の21.2%から急降下。ま、前回は春ドラ

      マと夏ドラマの交替期で、ちょうど空白期間に話題作登場っていう恵

      まれた条件だった。今回の出来なら、このくらいの数字が妥当でしょ。

      

P.S.9 今回の記事のタイトルは、ウチの初期の代表作の一つ、

        『リアルな人間との向き合い方 野ブタ原作』

      を意識したものだ。この記事は、ドラマを意識した書評で、書き方が

      まだ下手だけど、内容的には今読んでもなかなかの出来になってる。

      『野ブタ。をプロデュース』のファンでまだ読んでない方に、改めて紹

      介しておこう。小説のあらすじを知りたい方にもお勧めの記事♪

      簡単に言うと、コードブルーの4人よりも、原作の修二は「幼い」のだ。

      悲しいまでの幼さが不気味なリアリティーを醸し出す秀作だった。。☆彡

    

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (8) | トラックバック (7)

公園で自転車に乗るのは大変・・

BIKE21.6km,57分,Av22.7km,心拍Av111

全くお散歩レベルの走りだな。。(^^ゞ 距離もスピードもそうだし、心拍なんて下手

したらウォーキングよりも低い数字になっちゃってる。って言うか、汗かき体質なの

にほとんど汗もかいてないから、胸のトランスミッター(送信機)が乾いて反応が悪

かったほど。ボトルの水も全く飲まなかったし、そもそも忘れてた。。

    

さて、乗鞍のヒルクライムまであと50日しか無いのに、いまだにほとんど自転車に

乗れない状況だ。今日は早起きして朝ランのつもりだったのに、寝不足で目覚まし

の音に気付かず。普段の眠りは浅いから、よっぽと眠かったってこと。ま、あと1

間ガマンすれば、何とかなるんだよなぁ。仕事もドラマ記事も一息つけると思っ

てるんだけど、ちょっと甘いかも。。

   

で、今晩は仕事が早めに片付いたから、22時から始まる山P=山下智久主演

のドクターヘリドラマ『コード・ブルー』を見る前に、ちょっとだけでも走ろうと思って、

自転車置き場へ。空気を入れてる間に、天敵の蚊に1ヶ所刺されたけど、私とし

ては少ない方だからむしろホッとしたほどだ。乗り心地の良くなったクロスバイク

公園へ行くと、奇妙なほど人が多い。梅雨の合間の涼しい夜ってことと、時間

がわりと早かったからかね。ランニングにとっては賑やかでいいんだけど、自転

車だと人が多いのはジャマでしかない。みんな、サイクリングコースを平気でふさ

もんな。。

    

ただ単にサイクリングコースを歩いてたり、自転車で逆走したりっていうのなら、

こっちも心構えがあるから、今さら驚かないんだけど、今晩は一瞬カチンと来て

しまった。狭いコースをカップルがそれぞれ犬を連れて逆向きに歩いて来た

だ。おまけに、人がかなりいて逃げ場も少なかったから、完全にブレーキをかけ

るハメになったんだけど、その時に男がこう言って来た。「お兄ちゃん、逆走だよ

!」。オイオイ、そりゃ、お前だろ!!(-_-メ) 

       

コントや漫才のボケみたいなツッコミを入れて来たから、思わず「ハァーッ?!」

と言い返して止まったものの、すぐ気を取り直して走りを再開した。向こうは犬の

散歩カップル、こっちは1人の自転車。公園で周囲のウケがいいのは、残念なが

ら明らかにあっちだ。全く論外のルール違反なんだけど、そうゆう正当性の問題

なんかよりも、単なる直感的な感情で人は動くもの。とにかく、ガマンして波風立

てないように走るしかない。でも、超~不愉快だったな。。

      

という訳で、ブログに書いて僅かなウサ晴らしをしてるわけ♪ ランニングと違っ

て、自転車はこうゆう問題が多いんだよなぁ。1ヶ月くらい前の朝日新聞によると、

多摩川サイクリングロードは実は自転車道じゃないなんて話もある。結局、ガマ

ンしたり、安全運転テクニックを磨いたりするしかないってことね。あぁ、これじゃ、

日本でサイクルスポーツが花咲くことなんてあり得ないでしょ。田舎に引っ越すか、

ランニングやジムで負荷をかけるか、どっちかだよなぁ・・・とかボヤいてるヒマあっ

たら、ちょっとでも走ろっと。。

| | コメント (0)

『シバトラ』第1話、軽~い感想♪

 おい ここに柴田と美月が来ただろ!

 来たよ そこの窓から飛び降りた

 ・・・いねぇ。。オイッ、入り口を押さえろ!・・・

 ありがとう♪

 早く行けよ

 あのさぁ こんな事 止めたいって思ったこと ある?

 あるに決まってんじゃん しょっちゅうだよ 私らだってバカじゃないんだから

 いつまでもこんな事続けちゃマズイってことくらい 分かってるよ

 そうか

 ウリやってないんだろ もう来んなよ

 (ウン・・)

 (アイ・コンタクト♪)

     

           ☆          ☆          ☆

素晴らしい☆ 大後寿々花の翳りを帯びた童顔と、南明奈のミニスカ婦警コスプレ

が! ・・・じゃなくて、ドラマ全体の出来が予想外に良かった。お見事、お見事! 

この『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』、視聴率は知らないけど、個人的には、

春以降に見たドラマの中で最高の出来だった☆ 1話ごとに見るなら、ラスフレや

アラフォーやコード・ブルーよりも上。3月下旬の『プロポーズ大作戦SP』以来の

大満足だ♪

                

正直、事件モノのヒューマン・コメディーとでも言うか、この手のドラマは基本的に

趣味じゃない。少年マンガ(安童夕馬原作、朝基まさし作画、週刊少年マガジン)

のドラマ化っていうのも、勘弁してくれよって感じ。フツーなら全くパスなんだけど、

藤木直人が金髪の元ワル・藤木小次郎(♪)の役で出るって言うから、雑用をこ

なしながら一応見てみたわけ。ウチは『ギャルサー』以来、藤木ファンが密かに

集う溜まり場となってるもんでネ。で、音声中心にチラチラ見る程度だったんだ

けど、グイグイと引き込まれてしまって、後半は真面目に見ちゃったわ。

      

冒頭いきなり、シバトラ=柴田竹虎(小池徹平)カッパを着てて、そこに藤木

が並んだだけでも、ニヤッて感じ。もちろん、『ホタルノヒカリ』以降、藤木と言え

ば、高野部長=雨ガッパ男なのだ。実際、アラフォー=『Around40』でも、カッ

パを着た妙なシーンが登場してた。藤木の金髪も、意外なほど違和感がないし、

ツッパリっぽい喋り方も、シンノスケ(『ギャルサー』)と「高野ぶちょお」を混ぜた

感じでスッと耳に馴染んでしまった。いかにも古着屋オーナーって感じのファッ

ションも含めて、いいんじゃないの♪ 藤木にとっては新たな分野の開拓だし、

おそらく早くも成功の印象がある☆

     

小池徹平は、まさに童顔刑事にピッタシのキャスティングで、可愛い顔と声で

淡々とマジメに演技する姿は、『医龍』の伊集院と重なった。上手いって感じは

ないけど、大げさじゃないのにマジメさが伝わる、好感持てる演技なのだ。剣道

四段ってことで、ハンガー、ビニール傘、掃除機のホース、ゴルフクラブを使っ

ての立ち回りを見せた後、最後は素手で真剣白刃取り。温もりのある血を流し

ながら、自殺しようとする宝生美月(大後寿々花)の包丁をつかんで止める姿は、

目を背けたくなる映像だったけど、ドラマのラストにふさわしい気持ちのこもった

ものになってた。

         

あそこは、映像の流れ的にもキレイに形が出来ている。ハンガーの「突き」のお

笑いからスタートして、包丁の「突き」(に見える自殺阻止)のシリアスな結末へ。

演出の佐藤祐市をホメるべきか、脚本の武藤将吾をホメるべきか分からないけ

ど、どっちにせよ上手かった。他の部分もね。

        

ストーリー全体の構成も、マンガ的なウソっぽさ死神の手、警察へのハッキング、

etc)が気にならないほど巧みなテンポとヒネリで、ドラマとしては模範的。Helter 

Skelter(ヘルタースケルター)所属のワル・池谷が美月を痛めつけてると見せか

けて、実は父親が問題・・・かと思ったら、ホントに病んでるのは美月自身かよっ

て感じで、リアリティも一応あるし、15分延長の時間を目一杯有効に使ってる。

      

おまけに、小技もあれこれ面白かったと思う。サイドカーに藤木と白豚(塚地武雅

ドランクドラゴン)が乗ってるB級映画っぽいシーンや、白豚がサイドカーから降り

れないってのも、ベタ過ぎて笑えたし、ウィッグ(かつら)まで娘に強要するコスプレ

近親愛もほど良いアクセント。さらに、SM的な要素の使い方も巧みだった。

            

まず、ウリをやってる女子高生が美月に対して「ドM」って言葉をお遊び的に投げ

かけておいて、実は本質を突いていた。と言うのも、美月は自分から家に戻って

父親の性的虐待(広義のDV)を受けようとしてたし、最後には自殺を試みたから

だ。『あしたの、喜多善男』第2話レビュー「母を抱擁するマゾヒスト」でも書いた

ように、広義のマゾヒズム=下へ向かう傾向の極端なものこそ自殺願望なのだ。

       

一方、もっと性的なイメージを含めたSMシーンに関しては、童顔の男の小池を

使ってたから、21時からの地上波でも問題ないだろう。緊縛、吊り、水責めといっ

た典型的かつ古典的な要素が、フィクションとして適度なアクセントになっていた。

           

さらに、ウリの女子高生たちが外見も中身も可愛かったのもいいね♪ 一見、全

く別世界で楽しく生きる理解不能なギャルに見えた彼女らが、実はフツーの女の

子で、美月&シバトラの脱出をサラッと手助けする。この僅かな情緒的シーンが

気に入ったから、この記事の冒頭に引用したわけ。彼女たちも決して、話の通じ

ない「宇宙人」ではない。それを、アクション的な展開の中にサラッと挿入してある

のに感心して、純粋で涙もろい私は、ちょっとウルウルしてしまったほどだ☆

         

あと、『ガリレオ』でもお馴染み、菅野祐悟の音楽もまずまずだし、Every Little

Thing (ELT)の主題歌『あたらしい日々』も結構好みで、ドラマの軽快な明るさに

合ってた。ベテランお笑い芸人・今田耕司の使い方もいいし、真矢みきのすっと

ぼけた係長も、シバトラの上司としてふさわしい。藤木小次郎とは、昔付き合って

た仲なのかな。最後に「いやらし~!」って感じの口パクをやってたけど。あんな

事とかそんな事とか、色々やってたのかね。今からまた復活してもいいけどさ♪

         

ほんと、全体的に出来のいいドラマで、目立つ減点ポイントといえば、事件解決

後の巨大バルーンの破裂シーンくらいかな。あそこは白豚の使い方がちょっと外

してて、スベった感があった。まあでも、その前の伏線として、あの巨大風船を入

れてたらしい黒いケースで藤木が白豚をポカッと殴る細かい漫才的お笑い(宝生

家の玄関)がプラスだったから、差し引きゼロでOK。他にも滑った感じが所々に

あるんだけど、それもまたB級コメディーっぽくて悪くないのだ。

            

あっ、そうそう。アッキーナ=南明奈のスカートの裾が上がったとかいう話をわざ

わざ出すんなら、あと5cmは短くしなきゃ! アイドル婦警があの程度のミニスカ

じゃ、全く物足りない。あれじゃ、ウリのたまり場や神奈川県立本牧高等学校の

女子高生たちにも負けてるね♪ 

       

という訳で、もう時間だ。とにかく、凄く印象がいいドラマだったから、今後もたま

に見ると思う。ただ、藤木は前クールでもかなり無理して扱ったから、レビューと

しては今期はパスしたいな。『ギャルサー』と違って深みやメッセージ性があんま

し感じられないのも、マニアックサイトのウチとしてはやり辛い所。ドラマの出来

は劣るけど、久々の山P=山下智久に注目する方が、ブログ全体のバランス的

にいいだろう。

               

ま、そう言いつつも、キムタク=木村拓哉の『CHANGE』に続いて月9に登場

する、織田裕二の『太陽と海の教室』の方が気になってるんだけどさ♪ 

それでは。。☆彡

                     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「Helter Skelter」の意味は、「でたらめに、乱雑に、あわてふためいて、

    混沌」って感じだ。副詞、名詞、形容詞、どれでもありで、「メチャクチャ」

    とか「ワヤ」とか訳すのがピッタリかも。

    古着屋のテンメイじゃなくて店名「SABBATH SABBATH」は、「安息日、

    休息、悪魔の宴」って感じだ。あの店にピッタリの名前かも♪

           

P.S.2 シバトラ=小池徹平が一生懸命こいでた自転車(MTB)の車種を求

      める検索があちこちで飛び交ってるんだろうけど、残念ながら今回は

      分からなかった。ちょっと悔しいかも。。

            

P.S.3 初回視聴率13.0%か。ちょっと厳しいけど、まあそんなもんでしょ。

      ファンタジックでシリアスなコメディーとしては同類の傑作ドラマ、『ギャ

      ルサー』だって、その程度の数字だもんね。全く、ノープロブレム♪☆彡

         

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

cf.18km走まで回復&『ホタルノヒカリ2』第1話

  鼻呼吸ジョグ&『泣かないと決めた日』第1話

  『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン

  『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪

  再び駆け出したアリスたち~『Around40』最終回

     ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   縁側と結ばれた少女~『ホタルノヒカリ』最終回

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

| | コメント (10) | トラックバック (14)

『コード・ブルー』のヘリコプターMD902について

月曜日の朝、早起きして自転車に乗ろうと思ってたのに、予報に反してまさかの

雨。急に余った時間をどうしようかと思ってる内に、ハマってしまったのが、『コー

ドブルー』でドクターヘリ用に使ってるヘリコプターの研究だ♪ ドラマファンの多

くを占める女性は、全くスルーしそうな内容だけど、少数派の男性の中には興味

を持つ人間が少なからずいるだろう。実際、男性ブロガーにはヘリ情報を掲載

した人が目立ってた。ともかく、私自身は調べて面白かったし、かなりキレイに理

解できて気持ち良かったから、記事にまとめとこう。

     

まず、ドラマのエンドロールに出てくる「日本医科大学付属千葉北総病院」のサ

イトに飛ぶと、「マクドネルダグラス社製、MD-902」という名前を出したあと、

エンジンスタートから約2分で離陸可能・・・機体がコンパクトでテールローター

が無いため安全で低騒音・・医療機器が標準装備された救急専用ヘリ」という

特徴が書かれてる。「テールローター」とは、ヘリコプターのテール(しっぽ)の末

端によく付いてる小型プロペラのことだ。なるほど、確かにドラマのヘリには、後

ろのプロペラがない。

    

続いて、「MD-902」とかで検索すると、日本の代理店「株式会社エアロパー

トナーズ」のサイトがすぐ見つかる。ここで説明を読むと、製造会社は1999年

以降、MDヘリコプターズ社という名称になったとある。さらにウィキペディアを見

ると、マクドネルダグラス社は1997年にボーイング社に吸収合併されてるし、

英語のウィキを見ると、マクドネルダグラス社やボーイング社とMDヘリコプター

ズ社は全くの別会社だ。したがって、日本医科大学付属千葉北総病院が2001

年に導入したヘリを「マクドネルダグラス社製」と書いてるのは、ちょっと疑問だ。

97年以前の中古機なら一応つじつまが合ってるけどね。

            

会社からヘリの話に戻すと、代理店のサイトには細かいデータが載っている。   

   機体寸法 全長10.39m、横幅2.84m、高さ3.66m

   プロペラ(=ローターブレード) 直径10.3m

   キャビン寸法 全長2.69m、横幅1.44m、高さ1.24m

   標準座席数 8 (担架1つ乗せると座席5)

   最大巡航速度 250km/h

   最大航続距離 標準648km (燃料タンク増槽で828km)

   

なるほど確かに、数十km以上の距離の場所だと、救急車より遥かに速そうだし、

かなりの僻地までの往復でも大丈夫だ。エンジン2基の双発機だから、能力はも

ちろん、安全性も高い。キャビン寸法から考えると、おそらく架2つ乗せること

も可能だろう。担架1つなら、操縦士の梶寿士(寺島進)と藍沢耕作(山P=山下

智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)

の全員を乗せれるわけね。ま、指導係の黒田修二(柳葉敏郎)を乗せるんなら、

藤川か緋山が置いてけぼりってことか♪

            

        ☆          ☆          ☆

さて、この程度で止めるようでは、まだマニアックサイトの名に値しない。当然、

アメリカの MD Helicopters 社 のHPにも飛んだ。すると意外な事に、なかなか

「MD902」という機種名が見当たらない。僅かに、「NEWS」の欄に記事があ

るだけで、それっぽい機体の写真には「MD EXPLORER」という名前が付い

ている。そこでまた英語のウィキを見ると、「MD902」というのは非公式な通称

にすぎないそうだ。

    

で、元の会社のHPに戻ってMD EXPLORERの説明を読むと、さらにまた引っ

かかることになる。なぜか機体の寸法が違うのだ。例えば機体全長。日本の代

理店には10.39mとあるのに、こちらでは9.86mになってる。英語のウィキだ

と9.4m-9.8m。要するに、年式とかによって多少の変化があるってことなの

か、今のところ不明だ。(追記: 下のコメント欄ラストも参照)

      

気になってた直接的な稼動コストもチェックした(保険、格納庫、人件費は別)。

2001年の時点で、1時間あたり、燃料136ドル、機体150ドル、エンジン113

ドル、計398ドルとなってる(端数は四捨五入。元のデータが一部間違ってたの

で訂正)。ちなみに、燃料は「ジェットA」と呼ばれる灯油系のもので、灯油の値

段はこの7年間でほぼ倍増したことを考慮すると、現在は燃料272ドル、1時

間あたりのコストは534ドル。現在の為替レートは1ドル107円ほどだから、結

1時間57000円ほどだ(日米の各種価格の差は無視)。

       

 (☆深夜追記:2007年版の直接的稼動コストが別に記載されていた。計659

          ドルで、この1年の灯油価格の上昇(3割ほど)を加味すると、

          759ドル。つまり約1000円

          そこには「Model 902」とも表示されてた。まさか、これを略し

          たのがMD-902という呼び名なんてことはないと思うけど♪)

                  

この値段にはちょっと驚いた。というのも、各種情報源でドクターヘリの1時間の

コストは50万円ほどだと聞いてたから、完全に1ケタ違ってる。ということは、ドク

ターヘリのコストのほとんどは人件費と考えていいのかな。やっぱ医者やパイロッ

トは儲かるってことか。保険や格納庫にそんなに金はかからないでしょ。とにかく、

ヘリ自体の稼動コストは予想外に安かった。   

        

最後に、この機種の売りの一つであるテールローター(後部プロペラ)を使わな

いシステムについて。NO TAil Rotorの略で「NOTAR」(ノーター)と呼ばれる

このシステム。一番簡単に本質を説明するなら、後ろの小型プロペラを機内に

格納してるのだ。で、テール(しっぽ)の途中と末端から空気を噴き出して、機体

をコントロールしてるわけ。

    

そもそも、なぜヘリコプターにはテールローターとかNOTARが必要なのか。そ

れは、回転イスに座った時のことをイメージすれば分かりやすい。上体をグイッ

とひねると、反動で逆向きにイスが回転するはずだ(物理学的には角運動量保

存則による動き)。回転イスと同様に、ヘリコプターのプロペラが上から見て反時

計周りに回転すると、機体は逆に時計回りに回転しようとする。この動きを止め

るように制御するのが、テールローターやNOTARシステムなのだ。

       

さて、このくらい書けば、ブログのドラマ関連記事としては十分だろう。もちろん私

は、「ヘリオタ」ではなく、英語と物理と数学にあまり不自由しないマニアックブロ

ガーにすぎない。ヘリそのものに興味があると言うより、ヘリをネタにして自分の

調査技術を磨いたってことだ。ちょうど、ドクターヘリの救急患者をネタに自分の

医療技術を磨く藍沢みたいにね♪

ではまた。。☆彡

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ちなみに、ヘリと違って扇風機の本体が回転しないのは、羽が軽くて小さ

    めなことと、本体が重くて床とかに固定されてることによる。

    テールローターやNOTARも、プロペラが軽くて小さいから、機体への悪影

    響は無視できるんだろう。

    

P.S.2 おかげさまで多くの方の情報提供により、機体に関する情報が相当

      正確になったようだ。下のコメント欄をご覧あれ♪☆彡

       

        

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        

cf.僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

| | コメント (20)

居眠りランのつもりがマトモな走り♪

RUN13.5km,1時間03分52秒,平均心拍163

意外や意外♪ ほとんど居眠り状態でスタートしたのに、なぜかやたら脚が軽い

4時間睡眠でたっぷり働いた後だから、眠いし疲れてる状態。おまけに、ランニ

ングは1週間ぶりで、その間は自転車に2回乗っただけ。って事は、この自転車

が意外に効果的だったってことだろう。ちょうど太腿が超回復した時だったか♪

     

ホントはこの日は、21時に帰宅して、すぐ走りに行く予定だった。ところが、最終

回直前になってるドラマ『CHANGE』の誘惑に勝てず、チラチラ見ながら雑用を

こなすことに。で、終わったらすぐ走ろうかと思ってたのに、キムタク=木村拓哉

が演じる朝倉総理が病気で(?)倒れたのがちょっと気になって、ついつい記事

を軽く書きたくなってしまったわけ♪ でも、準備をちょっとした所で思い直して、

22時35分にようやくスタート。実はSMAP×SMAPの香里奈&えれな&能世

あんなも気になったんだけど、グッと我慢した。えれなって趣味なんだよな☆

    

で、眠いから12kmの居眠りランのはずだったのに、最初から妙に脚が軽い。

腰は自転車の疲れがいまだに抜けなくて重だるいって感じなのに、太腿が凄くしっ

かりしてるのだ。昼間、仕事であちこち歩いてる時は、そんなに軽く感じなかった

のにね。とにかく、往路が意外にマトモだったから、その後もマジメに走って、

中からはタイムを意識しながらハーハーゼーゼー。それでも、脚は全然余裕だっ

たな。心肺的に辛かっただけ。流石に復路はちょっとバテたけど、ここ4ヶ月くら

いで一番マトモな走りになった。ま、まだまだ論外なんだけどさ。。

    

トータルは1km4分44秒ペース。もう一声って感じはあるけど、そりゃ贅沢か♪

明日(8日)はまた雨だから、自転車に乗れないんだよな。いよいよジムに復活

する時が来たか。何しろ、今年に入って一度も行ってないもんね。あっ、そうか。

夜、用事があるからダメだ。ほんじゃ、傘ジョグでもやろっと。とにかく、今日は気

持ちよく走れたから、心地良い眠りになりそうだ。ラッキー。。♪☆彡

            

  往路(2.45km)    12分41秒  平均心拍138         

  1周(2.14km)    10分08秒         160        

  2周              9分58秒         164        

  3周            10分01秒         166

  4周              9分49秒         172

  復路(2.49km)     11分16秒        172

  計 13.5km    1時間03分52秒      163(最大心拍178, 4周目)

| | コメント (0)

PCも携帯もデータが一杯・・

参った~・・・今日も全然時間がない! ってことで、今日は何をやってたかにつ

いて、簡単に日記を書くだけにしとこう。2日続けて手抜き記事だけど、何か♪

        

さて、今とにかく忙しいので、月曜から土曜まで寝不足が溜まってるのだ。そこで、

唯一の休日である日曜には寝ダメをすることになる。専門家は寝ダメはできないと

か言うけど、色んなことが分かってない人達だ。一番分かってないのは、寝ダメと

呼ばれるものが、実際には寝不足の部分的解消だってこと。つまり、溜めるんじゃ

なくて、借金の一部返済を表すことが多い言葉なのだ。借金返済ができないわけ

がない。身体は大喜びで受け取ってくれるのだ。

        

で、今日はたっぷり寝た後、溜まった仕事とか雑用をこなすのに一生懸命で、結

局21時からの新ドラマ『Tomorrow』は見れなかった竹野内豊は好きだから、

初回くらい見てみようかなと思ってたのにな。菅野美穂の演技も当分見てないし、

医療ドラマとして『コード・ブルー』の山P=山下智久と比較したかったしね。ま、ド

ラマどころか、22時からの全英テニスの決勝戦さえ見れない状況に追い込まれ

てるのだ。フェデラーvsナダルの試合じゃ、見飽きた感もあるけど、やっぱ全英

は特別。テニスファンとして、全英の男子決勝さえ見ないようじゃ、終わってるっ

て感じだ。ま、ホントに終わってるんだから仕方ないけどさ。あっ、今なんとナダル

が2セット連取でリードしてる! 雨の中断を終えた後、いよいよ初優勝かな。。

7日朝の追記ナダル、ウィンブルドン初優勝おめでとう☆ 6-4,6-4,

          6-7,6-7,9-7 って、フルセットの凄い死闘だな。。)

       

        

ちなみに、ついさっきまで何をやってたかと言うと、携帯のSDメモリーカードが

一杯になったから、パソコンに移そうと思ったわけ。ところが、パソコンのハード

ディスクも一杯だから、昔の『あしたの、喜多善男』とか『1ポンドの福音』をDVD

に焼いて、HDから削除して、ようやくスペースを確保。で、いよいよメモリーから

データを移そうと思ったら、アダプターが見当たらない。一度も使ったことがない

から、どこに置いたか分からなってしまった。で、あちこち探し回って、ようやく書

類の山の下で発見。ホッと一息って感じだった。

       

080707 ところが更に、一難去ってまた一

 難。アダプターにマイクロSDカード

 を差し込んでPCにセットしたのは

 いいんだけど、入れた途端に

 「Smart Hobby」なんて使ったこ

 ともないソフトが勝手に起動してしまっ

た。試しに使ってみると、すぐ取り込みを始めたのはいいんだけど、1GB程度

のデータの保存がやたら遅く感じてしまう。計ってないけど、10分近くに感じた

な。5分以上は絶対かかったと思う。で、Windowsのマイコンピュータで、保存

を確認しようと思ったら、どこに取り込んだのか分からない

       

私も当然、フツーの知識は持ってるから、Cドライブのそれっぽい所を探すんだ

けど、入ってない。ソフトの「設定」を見ても書いてない。結局、3分以上はかかっ

たかな。ようやく発見して、保存を確認した後、メモリーからデータを削除。これ

は流石に早かったな。30秒くらいだったと思う。で、携帯に戻して、動作を確認

して、めでたし、めでたし♪ 携帯の写メは仕事でも使ってるから、大切なのだ☆

デジカメと言うより、超小型スキャナーって感じの使い方をしてるのよ。

           

さて、どうして5分だの3分だの、セコイ話をしてるかっていうと、ブログの更新

の締切時間が迫ってたからなのだ。毎日更新継続のためには、24時までに

何か書かなきゃなんないわけ。1050日も続けるのは大変なのよ。あわててパ

ソコンに記事を打ち込み始めて、23時59分に仮アップ。で、現在0時17分、

ようやくここまで書き上げたってこと。あぁ~、また1日何とかなった。。

     

ってことで、ドラマ系でもスポーツ系でもない、つぶやき日記系の記事を2日続

けるハメに陥ったから、今日(7日)のアクセスは厳しいだろうな。ま、ラスフレバ

ブルで頂点を極めたから、まだまだ減っても大丈夫なんだけどさ♪ あんまし余

裕をかましてると、近々悲惨な状況になるかも。とりあえず、あと2週間で仕事

が少しラクになるから、それまではブログは最低限にしとこう。

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

単なるつぶやき日記だけど、何か♪

暑い! 疲れた! 眠い! 時間ない! ってことで、久々に完全な手抜き記事

を提供しよう。ドラマでもスポーツでもなく、単なるつぶやき日記だけど、何か?♪

      

今日は土曜日だけど、また仕事なのだ。おまけに関東は今年一番の猛暑! 私

の家の辺りでは、正午の気温が何と34度だ☆ 暑さとジメジメにはホントに弱い

もんで、仕事の移動中に駅の売店でコーラのペットボトルを買ったわけよ。で、

員電車の中で栓を開けたら、ブシューッ! ドボドボドボ。。。おいおい、マジかよ!

って言うか、夏は時々あるんだよなぁ。特に、いつからか分かんないけど、コーラ

の炭酸がキツくなってるから、強烈に溢れ出てしまった。。

    

目の前の席に座ってた女性2人がジロッとこっちを見る中、あわててバッグから

ティッシュを取り出して床を拭き拭き。真ん前の女性のスニーカーにもかかって

たから、謝って軽く拭こうかなとも思ったけど、シカトして寝たふりしてるし、普段

着のおばちゃんだから、ま、いいやってことでスルー♪ ヤっちゃんの類じゃなく

て不幸中の幸いだったかな。電車の中の飲食は止めなさいっていう天の声かも。。

     

さて、仕事の後は、夜の新宿でちょっとお買い物。帰りに久々に地下街をのぞい

てみると、凄い騒ぎになってる。あっ、バーゲンの時期か。あちこちの店員がうる

さいほど声を張り上げてるし、最近の「文化」なのか、ヒッチハイクみたいに紙に

値段とか書いて、必死に手でアピールしてる。それにしても、女の子はホント、店

員も客も元気いいねぇ♪ 完全に女性オンリーのお祭り状態っていうか、戦場に

近かったから、5分ほど見物しただけで撤退した。最近はネットで簡単にバーゲン

を楽しめる時代だけど、やっぱ品数も雰囲気も、本物のショップの方が遥か上☆

           

21時過ぎに帰宅して、晩飯を食べようと思ったんだけど、暑くて疲れてて何にも

食べたくない。でも、今日は朝、ヤマザキナビスコのクリームサンドクラッカー(レ

モンパック)を食べただけで、昼飯を食べるヒマも無かったから、無理してでも何

か口に入れようとして、冷蔵庫を開けると、絶好のおかずを発見。キムチ! こ

080705 れこれ♪ よく冷えてるし辛いし美

 味しいし、最高でしょ。このキムチ、

 マジで美味しいから、写メで宣伝し

 とこう。「ごはんに合う こくうま コ

 クと旨さ 熟うま辛キムチ」。国産

 白菜使用だから安心だし、エライぞ、

 東海漬物! これだけ宣伝したら、

お礼に1箱くらい送って来るでしょ♪ ちなみに、キムチだけ食べたわけじゃない

から、ご安心を。アスリートは栄養が重要なのだ☆

                  

という訳で、手抜き記事終了。ま、これがテンメイの平凡な日常生活なのよ。

ではまた。。☆彡

| | コメント (4)

ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

 どうだった ヘリ?

 何とか1ミッション終えたってとこかな

 19歳の子 右腕切断だったよね

 あぁ

 現場で 腕切断した時 何か感じた?

 感じたよ 熱さ

  (エッ・・・)

 熱いよ 凄く 外のオペは 普段のオペとは全然違う

 戦場だよ 切断中もな 汗が落ちるんじゃないかと思って 冷や冷やした

 でも 面白かった~~♪

  (・・・・・・)

 やっぱ凄いね ここは 面白い症例が続々来る

 フツーの病院の1年の経験が フライトドクターなら1ヶ月でできる

 お前だってそうだろ そのためにここに来たんだろ

 オレはやるよ ここで1ミッションでも多くヘリに乗って 沢山の症例をこなす

 そして誰よりも早く オレは 名医になる

     

              

          ☆          ☆          ☆
   
しまった~! またやってしまった。あれこれ下調べしてたら、肝心の記事を書く

時間が無くなっちゃったわ。人間なかなか成長しないね。そりゃ、オレだけか♪

『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』。救急車よりも「緊急」の救命を行うの

が、ドクターヘリってわけか。山P=山下智久は、ドキュメンタリーで見て知って

たって話だけど、私は知らなかったから、早速あれこれ調べてみた。ドクターヘ

リだけで、8時間くらいはかかるんじゃないかな。ネットだけでもね。もちろん途

中で止めたけど、思ったより面倒な話だった。

    

  (☆7月8日追記: ヘリコプター自体の解説記事を追加。

             『コードブルー』のヘリコプターMD902について

             

公式サイトには「日本では昨年6月に法制化された新たなる医療システム・・・

今、世界各地で検討・実施され、日本でも2007年から本格的に始動したプラ

ン」とか書いてるから、去年始まったのかと思ったら、ウィキペディアだと「2001

年にドクターヘリ導入促進事業が始まって」とある。ところが、さらに調べると、そ

もそもドクターヘリってものは救急ヘリを表す通称にすぎないから、救急ヘリコプ

ターってことなら1959年~60年頃から自衛隊がやってたそうだ(『わが国にお

けるドクターヘリの歴史』 小濱啓次 川崎医科大学救急医学)。

   

という事は、ドクターヘリ誕生の地とされてるドイツの1970年よりも古いことに

なる。それどころか、英語のウィキの「Air ambulance」(直訳すると航空救急。

ambulance helicopter より普通の言葉)を見ると、様々な軍事組織で1914年

から18年にかけてテスト、28年にオーストラリアで初めて設立されたとある(ヘ

リかどうかは不明)。

            

もちろん、ヘリを使った十分なシステムとしての整備はドイツが最初って話なん

だろうけど、何をもって十分なシステムと呼んでるのかがまたビミョーな話だ。

そうすると今度は、ドイツの実情を探る必要が生じるわけ。ちなみにドクターヘ

リは、ドイツ語で「Rettungshubschrauber」。「Rettung」が救急、「hubschrauber」

がヘリだから、直訳すれば救急ヘリだ。これをドイツ語のウィキペディアで調べ

ても、かなり簡単な説明しか載ってない。むしろ日本のサイトで調べた方がいい

な、とか思い始めた所で時間切れになってしまった。。

        

エッ、ドクターヘリなんかどうでもいいから、ドラマについて語れって? って言う

か、山下のムキムキの裸体とか、『クロサギ』的な翳りを帯びた美しいルックス

の魅力について書けって? 分かってないねぇ! 確かに山Pは、飛び抜けた美

少年だとは思うけどさ。あの髪型が似合ってるかどうかはビミョーでしょ♪ いや

いや、そんな話じゃなくて、そもそもドクターヘリがどんな物か分からなきゃ、語る

に値するドラマなのか、書くに値する主人公なのかどうかも、分からないわけよ。    

             

ウチがドラマに傾斜するキッカケとなった『野ブタ。をプロデュース』以来、山P

(彰)や戸田恵梨香(まり子)は特別扱いしてきたし、ウチでの2006年最大の

ヒットとなった『ギャルサー』以来、新垣結衣(ナギサ)も結構好きだ。柳葉敏郎

(黒田)児玉清(田所)も好きな俳優だけど、肝心の主題のヘリに興味が持て

なきゃ、莫大な時間とパワーを費やす気には「なりにくい」。ま、「ならない」とま

では断言しないけどね。小市民ブロガーだからさ♪

         

で、このドクターヘリがどれほど活躍してるのかっていうと、確かに独特の効果

は発揮してるんだけど、大きな目で見るとちょっとビミョーなのだ。公式サイトに

は、「平成20年1月末現在、累計で、13道府県14か所」と書いてあるし、ウィ

キだと1道1府10県13病院、6月27日の朝日新聞朝刊には全国で14機と書

いてあった。要するに、僅か15機くらいしかなくて、2007年6月にドクターヘリ

法ができた後でさえ、費用の面などでまだそれほど整備が進んでないのだ。

         

1時間で50万円(朝日)とか、年間1億8000万円(ドラマと関わった日本医科

大学付属千葉北総病院のサイト)という運営費用は、国と自治体で折半するら

しいけど、自治体にはなかなか余裕がないだろう。燃料は灯油系にせよガソリン

系にせよ、元をたどると原油だから、原油価格の暴騰も響くはずだ。

       

おまけに、「ドクターヘリ普及の会」のサイトでさえ、6月29日に米アリゾナ州で

救急ヘリ2機が空中衝突して6人死亡、1人重症っていうニュースを掲載してい

る。日本の事故の歴史を見ても、飛行機と比べてヘリの安全性はかなり低いだ

ろう。費用対効果(=コストパフォーマンス)と言う時の費用とかコストには、金

や手間隙だけじゃなく、墜落リスクも当然入れるべきだ。ちょっと調べた感じで

は、ドクターヘリ法を議員立法する際の議論は、費用対効果の計算がやや楽

観的な印象もある。。

   

結局、ドクターヘリってものを数時間調べて自力で考える限り、世界的に一定

の活躍をしてるのは分かるものの、特別の注目に値するとも感じなかった。消

防庁のデータから推測すると、救急車(ヘリ除く)の出動回数は約500万件、

台数は約6000。ヘリとの差は圧倒的なのに、どうしてヘリのドラマなのかと考

えると、目新しさと緊迫感と華やかさしかない。要するに、ドラマ的で大衆ウケ

する内容ってことなのだ。。

    

               

         ☆          ☆          ☆

という訳で、読者が10分の1に減ってしまったわけよ♪ それでも残る熱心な固

定読者を着々と増やし続けるのが、ブロガーの腕ってもんだし、フツーの感想

やまとめじゃなくても読み続けるのが読者の腕ってもんだ。私はこれまでも、ほ

とんど誰も読みそうにないマニアックな話をあれこれ書き続けてきた。『野ブタ』

での時間の解説、難解な『燃えよ!カンフー』第22話の解読『ギャルサー』第

6話『プロポーズ大作戦』のタイムスリップ。。『ガリレオ』の数学・物理は予想

外のロングセラーになったけど、『あしたの、喜多善男』はあんまし読まれてない。

             

でも、この間、私は着々と自分の「腕」を磨いてきたのだ。調査、読解、思考、

執筆、応答、等々。それがたまたま視聴者や検索ロボットの好みと合った時、

一気に読者は10倍に膨れ上がる。前期のラスフレ・バブルはそうゆう現象だ。

性同一性障害やDVを調べるのと、ドクターヘリを調べるのは、同じ作業なのだ。

       

いまや、ここで言いたいことは明らかだろう。つまり、私は山Pなのだ・・・とか

書いたら、またファンが感情的になりそうだから、言い方を変えとこうかな♪ 

私は藍沢耕作なのだ。彼は、目先の患者やフライトドクターという仕事(ミッショ

ン)を越えて、自分の腕を磨くことを最優先してるのだ。その良し悪しはハッキリ

しないかも知れないけど、とにかく一刻も早く名医になりたい。この藍沢の欲望

をそのまま出したのが、この記事冒頭に引用した、白石恵(新垣結衣)との会

話で、白石の唖然とした顔が印象的だった。

            

藍沢は、他人の腕を切ることで、自分の腕を磨く。一番の関心は自分であって、

その象徴が、あの終盤のミッション、現場での腕切断だった。私も、誰も読まな

いような話まで書くことで、自分を刺激して、ひたすら腕を磨く。藍沢は他人の

腕を切り、私はドラマを斬るのだ。返す刀で、今週の『CHANGE』の記事みたい

に、専門の学者さんまで斬ってしまうこともある。おっと、話がズレちゃったわ。

全く宣伝してないのに、大勢の人が読みに来てくれたから、気分いいのよ♪

         

一方、同じフライトドクター候補生(フェロー)でも、明宝(?)大学・白石教授の

娘、白石恵は、自分の心とノウハウを磨く。そのために、腕を動かしてきっちり

メモを取ってたのだ。さらに、同じく候補生の緋山美帆子(戸田恵梨香)は、自

分の心と共に他人の心を学んでいた。そのために、腕を動かして滝山珠代さん

のご家族に連絡してたし、最後にはオバチャンと握手までしてた。緋山の腕は、

一度捨てた温かみ(患者の俳句仲間がくれた短冊)を拾って以降、人間の温か

みを感じ取ってたのだ。って言うか、おじいちゃん、おばあちゃん、オモロイぞ♪

                 

最後に、藤川一男(浅利陽介)は、栗山美樹(川島海荷:うみか)が腕を切断す

る前に、手を取り合っていた。つまり彼は、美樹に腕の記憶を刻み込んだのだ

から、自分の腕を使って、美樹の腕を永久保存したのだ。その意味で、藍沢と

藤川は対称的だった。切った医師と残した医師。ま、外見も対称的だけどね。

藤川のルックスは、犬のマルちゃんの写真にさえ負けてたらしいし♪

        

ともかく、4人のフェロードクターは、それぞれ別の腕の使い方をしてたし、患者

も含めて今回のドラマ全体が、ドクターヘリをめぐる様々な腕の競演になってた

わけなのだ。山Pの腕組みだけに見とれて萌えまくってるようじゃダメなのよ♪

ブロガーも読者も、それぞれ自分なりの腕をふるうべきなのだ。。

    

          

       ☆          ☆          ☆

もう時間だから、終わりにしよう。既にあちこちで書いたように、このドラマ、キャ

ストは好きだけど、ストーリーが不安だった脚本家・林宏司の前作の『医龍』は、

前期の『ラスフレ』終盤や『CHANGE』と同じく、典型的な「水戸黄門」的ドラマ。

つまり、人間や物事を白黒ハッキリ二つに分けて、白が大勝利や大成功を収め

ることで視聴者がカタルシスを得るドラマだ。映像や音楽を含めた全体の完成

度が高いのは認めるけど、個人的には途中でリタイアした。子供の頃からさん

ざん見てるから、水戸黄門は今更もういいだろう。    

         

今回の『コード・ブルー』は、水戸黄門とはちょっと違うし、専門用語の駆使とか、

技を見せてるのも分かる。それぞれの登場人物のキャラの書き分けも、差し当

たり問題ない。ただ、どうもスカスカするのは私だけなのかね。『プロポ』とは違

う意味で、なぜか妙に軽いのだ。ちょっと欲張りすぎって所はあるだろうな。まあ

でも、かなり優秀なのは認めるし、見てて退屈することも全くなかった。ってこと

で、初回は一応、思ったより良かったと言っとこう(脚本にはプロデューサーの

増本淳も絡んでるはず)。

        

とはいえ、映像と音楽は『医龍』の方が良かったな。映像は、初回の緊迫感を出

すためなのか、強引なつぎはぎが目立つだけで、美しくも興味深くもなかった。

演出の西浦正記がどの程度関与してるのかは分からないけどね。音楽は、

藤直紀によるBGMも、ミスチル=Mr.Childrenによる主題歌『HANABI』も、

フツー・・・とか書くと、ヤバイのかも。ファンの皆さん、大らかな気持ちでスルーし

てね♪ 

     

タイトルバックは、最初の短い赤紫っぽい空が良かったな。結構珍しい映像美

だった気がする。エンディングもまずまずか。ちょっと青春ドラマっぽくなりすぎ

てる感もあるけど、ホントに青春ドラマだからOKなんだろう。それにしても、ドラ

マって、不思議なほど20歳前後の役者が多いね。そう考えると、前クールの

『Around40』の健闘はやっぱり素晴らしかったな。40歳前後が中心で22時台

に、オリジナル脚本で平均視聴率15%近く取ったってのは、称賛に値する☆ 

2年前の『クロサギ』とほぼ同じだもんな。恐るべし、橋部敦子。。

           

で、結局この『コード・ブルー』をどうするかだけど、今のところ一応、夏ドラマは

これでいいかなぁって感じはしてる。そうは言っても、まだ他のドラマを何にも見

てないし、情報さえほとんど持ってないもんな。織田裕二の『太陽と夏の教室』

はチェックする予定。『シバトラ』はちょっとねぇ・・とか書くと、ウチに大勢来てる

藤木直人ファンが消えちゃうから止めとこ。もう書いとるわ!♪

    

それでは、確率60%くらいで、また来週。。☆彡

    

          

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.公式サイトの説明によると──「コード・ブルー」とは救命救急センター

    (ER)で使用される隠語のひとつで、患者の容態が急変したことを知ら

    せるもの。緊急事態発生・至急全員集合を意味する──。

    でも、検索して出てくるのはドラマ関連が目立つけどね。「アラサー」や

    「アラフォー」と同程度にしか使われない言葉なのかな。って言うか、「全

    員集合」と聞くと『Around40』の天海祐希のビデオを思い出しちゃうね♪

    

P.S.2 オンタイムで見てる時、フライトドクターの森本(勝村政信)と脳外科

      の西条(杉本哲太)がゴチャ混ぜだったのは、私だけ? 顔も髪型も      

      似てると思うんだけど♪ そこへ行くと、三井(りょう)の顔は誰ともか

      ぶらなくて分かりやすいぞ。。

      

P.S.3 公式サイトのChartに「医学以外のことを教える」と書いてある、ヘリ

      操縦士の梶寿志(寺島進)の存在が気になるな。多分、白石や緋山

      に人生を教えるフリをして、違うことを教えたいと思うはずだ。

      ま、それより気になったのは、CS(コミュニケーション・スペシャリスト)

      の轟木聖子(遊井亮子)♪ 制服でテキパキ指示する姿が、クールな

      オペレーターってイメージで、ちょっと萌えたかも☆ フライトナースの

      冴島はるか(比嘉愛未)も悪くないけどね・・・って、付け足しかよ♪

           

P.S.4 全般的に、固有名詞が分かりづらいね。翔陽大学付属北部病院を

      「翔北」と略してるのも分からなかったし、HCU(HIGH CARE UNIT)

      も、コンプロマイズドホスト(易感染宿主=免疫が低下してすぐ感染す

      る患者。ドラマだと美樹)も、知らなかった。プローブ(?)って、医療用

      測定の「探針」でいいのかな。。

     

P.S.5 コード・ブルーに合わせるかのように、『プロポSP』のDVDのお知ら

      せが、フジのサイトに出てた。番宣の徹底ぶりも含めて、ほんとフジ

      は抜け目ないよなぁ。直前に放映された『みなさんのおかげでした』

      の「食わず嫌い」は、山下が新垣に負けたらしいね。罰ゲームは何

      だったのかな。。

     

P.S.6 ついに山Pまで、公式サイトに写真もどきの絵が掲載されてるね。初

      めてじゃないのかな。いい加減、普通の写真にしちゃえばいいのに。

      朝日にもテレビ雑誌にも写真がデカデカと載ってて、スキャンなんて

      携帯の写メでも出来るのに、ジャニーズ事務所も粘り強いなぁ。。

   

P.S.7 藍沢耕作の「藍」は「藍田美知留」から、「耕作」は『1ポンドの福音』

      の畑中耕作(亀梨和也)から来てると見るのは考えすぎか♪

     

P.S.8 初回視聴率21.2%はフジの「木10」枠で歴代最高とのこと。瞬間最

      大視聴率は23時2分と4分の25.4%! 見事な数字、おめでとう♪

      美少年&美少女人気、恐るべし。。

       

P.S.9 キッドさんの指摘で、「藍」沢、「白」石、「緋」山、「藤」川という名前が

      それぞれ青、白、赤、紫に対応してることが分かった。すると、「藍」沢っ

      て名前は、コード・「ブルー」とか「青」空とも対応することになる。ちな

      みに、コード・ホワイト、コード・パープルってものは特にないようで、コー

      ド・レッドもウィルスを表す I T用語にすぎなかった。まさかこの先、「緋」

      山が病院内のシステムにウィルスを撒き散らすこともないでしょ♪☆彡

       

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『コードブルー』のヘリコプターMD902について

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   山P=山下智久『ルート66』、男のアメリカ横断一人旅が熱い☆

   愛と死を目指して生きる~『最高の人生の終り方』第1話

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

   生きる場所を求めて~野ブタ再考

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   感謝すべき遭遇、時空を超えた銀河~『ギャルサー』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

| | コメント (14) | トラックバック (13)

08年6月の全走行距離

BIKE15.6km+61.8km,2時間40分11秒,平均心拍127

やっと自転車復帰。1年近くもサボっちゃった ^^; いくら忙しかったとはいえ、こ

080703 りゃヒドすぎるな。去

 年の乗鞍のヒルクラ

 イムレース(8/26)

 以来、ほとんど乗って

 なくて、この10ヶ月の

 合計で僅か140km

 ほどの走行距離。しか

 もこの内の約100km

は、友達とお喋りしながらのんびりポタリングしただけだから、真面目に走った

距離はほとんどゼロに等しい。いやいや、悲惨だわ。。ちなみに、写真はお気

に入りの府中四谷橋

        

元々の一番の理由は忙しかったからだけど、やがて「乗ってないから乗らない」っ

て感じの悪循環になって来た。当分乗ってないから気が引けて今日も乗らないっ

て意味ね。タイヤの空気は抜けるし、チェーンやギアの油は飛ぶし、車体もホコ

リまみれになって来ると、触るのもイヤになってくるわけよ。運動はランニングで

いいやって感じ。でも、それはやっぱ間違いなんだよなぁ。。

    

ランニングと自転車は似て非なるものだと、改めて思い知らされたのが、昨晩と

今朝だ。まず昨晩、超久し振りの足慣らしとして公園を軽く周回。たった15km

ゆっくり走っただけなのに、早くもの筋肉が痛くなった。その後、注油して、私

としては早めに23時半に寝て、今朝は4時半起き。朝ランで多摩川復活したの

はいいけど、予想以上に太腿と腰が衰えてる。太腿の前側(大腿直筋とか)の

衰えは想定内だけど、腰が想定外だった。ランニングと全然使い方が違うんだ

よな。平地でさえこれじゃ、ヒルクライムなんて全くダメでしょ。あ~、焦る。。ま、

平均心拍の低さからも分かるように、心肺的には全くの余裕なんだけどね。。

           

結局、風がちょっと強かったとはいえ、気温も低くてかなり走りやすいコンディ

ションだったのに、平均時速23.1kmなんていうお笑いレベルの数字を記録し

てしまった。まあ、多摩川だけだと24km以上なんだけど、それにしてもこれで

2ヶ月後の乗鞍を闘うのは絶対ムリだな。でも、ここであんまし急に頑張り過ぎ

ても腰を痛めて走れなくなりそうだし、まあできる範囲で挽回するしかないね。

遥か遠く険しい道のりだ。ロング・アンド・ワインディング・ロード(by Beatles)♪

    

           ☆          ☆         ☆

話変わって、6月の全走行距離は

    RUN160km ; BIKE 0km

いやぁ、このひどい数字を見てもあんましショックを受けなくなっちゃってるのが

致命的だね。BIKEの0kmにもすっかり慣れっこになってしまった。生活全体で

見ると、目一杯頑張ってるのになぁ。今月は最低でも700kmは走りたいから、

朝ランで稼ぐしかないね。ランニングは100kmで十分だから、とにかく自転車

に乗ろっと。投げたらアカン!

     

080703a

  

  

  

  

  

  

  

080703b

| | コメント (0)

朝日新聞の『CHANGE』レビューについて

3週連続で『CHANGE』のレビューをスルーした。キムタク=木村拓哉主演の

月9で、平均視聴率はややビミョーながらも20.94%。政治ドラマとしては十分

な人気だし、いまだに火曜日になるとCHANGE目当てらしきアクセスがかなり

入って来るから、心苦しい部分はあるんだけど、残念ながら余裕がないし、気力

も湧かない。

         

4月期は、私としては久し振りに『ラスト・フレンズ』と『Around40』の2本をすべ

てレビュー(一部は単なる感想)して、おまけにCHANGEも少し書いてるから、

疲れきってるのだ。この1週間はラスフレの特別編だけだったから、CHANGE

の第8話について簡単な感想くらい書いても良かったかも知れない。でも、ここ

3週間はそもそもマジメに見てないし、録画もしてないから書けないわけ。最低

限の水準が保てないようなら、何も書かない方がマシだ。

                

とはいえ、ちょっと気になってるのは事実で、たまたま手頃な新聞記事を見つけ

たから、軽くコメントしとこう。朝日新聞6月30日朝刊の『TVレビュー』で、いわ

ゆる日芸(ニチゲー)、日本大学芸術学部准教授の中町綾子が短い感想を書

いてる。題して、「敵の本質描かぬ『CHANGE』」

    

全文700字弱の文章を手短に要約&引用すると、こうゆう話だ。

   

   ラスフレは若者の孤独な心を描いて話題となり、アラフォーは独自のライ

   フスタイルを見せて関心をひいた。若者でない男性陣が注目したのは

   CHANGEで、面白いという意見も少なくない。

   「決め手は、朝倉の『言葉』である。・・・・・・ただ、私にしてみれば、これで

   解決しちゃうの?という思いが拭えない。主人公が問題を解決する過程と、

   彼が対峙すべき敵の本質がほとんど描かれていない。今、彼は総理の座

   から降ろされようとしているが、それは政局の描写にすぎない。

   キムタクに約束されたヒーロー像。そこには、人間や政治劇の葛藤はあま

   り描かれず、批評性も感じられない。でも、現実の政治も、案外こんなだっ

   たりして」。

         

CHANGEに不満を抱いてる点においては、私は中町と同じだ。でも、不満のあ

り方はかなり違ってる。まず、ニチゲーの准教授として中町が示すべきものは、

「現実の政治も・・」なんて曖昧な言葉じゃなくて、具体的な作品だ。もっと優れた

政治ドラマの例を挙げないと、何と比べて不満なのか分からない。新聞や雑誌

の政治報道、あるいは専門家の政治分析と比較するのなら、やや無いものね

だりにも思えてしまうだろう。ドラマなりの役割というものを見る必要があるのだ。

       
    
「問題を解決する過程」という言葉も曖昧で不適切だ。表面的プロセスなら、そ

れなりに描かれてる。内面的プロセスなら、小説じゃなくてドラマなんだから、キ

ムタクの表情や語り口、仕草などをもっと見るべきだろう。言語的な説明は無く

ても、非言語的な描写なら色々読み取れるはずだ。そのくらい、専門家なら当た

り前の作業だろう。

        

レビュータイトルにもなってる「敵の本質」とは、何のことを言ってるのだろうか。

神林(寺尾聰)ら古い政治家たちの分かりやすい欠点なら、ちゃんと簡潔に表現

されている。つまり、国民の目線に立たずに私利私欲に走ってるとか、大きな理

想を忘れて目先の醜い争いごとに終始してるとか、正々堂々と闘わずに裏でコソ

コソやってるとかいう話なら、「ほとんど描かれていない」というのは言いすぎだ。

ドラマとしてはわりと頑張ってると言ってもいいかも知れない。

           

私自身は、そもそも「敵」のとらえ方が違ってる。倒すべき敵と、その力を持った

素晴らしい味方=ヒーローという構図が、そもそも全くの古典的虚構にすぎない

のだ。CHANGEはここまで、ラスフレ(の終盤)と同じことで、善悪を峻別した上

で、善が大勝利して悪が大敗する姿を描くドラマになってる。外見的にも優れた

スーパーヒーローとその仲間の大成功を見て、視聴者はカタルシス(=感情の

浄化)を得るわけだ。もちろん、外見そのものによる「萌え」とセットにして♪

       

では、現実の政治とは何なのか。まず認めるべきことは、どこにも素晴らしい

ヒーローなんていないこと。今後もそんなものは現れないということだ。ヒーロー

に見える者やその陣営にも、様々な問題点が含まれてるし、敵に見える者やそ

の陣営にも、マトモな部分がある。主席秘書官の美山(深津絵里)がほんの少

し総理と離れる程度では済まない、白黒の複雑怪奇なまだら模様こそが政治

のリアリティであって、その中で少しでも良い方向を目指して、必死にもがくこと

しか出来ないのだ。

     

もちろん、現実がそうだからこそ、フィクションの世界くらいはスッキリしたいとい

う思いは理解できる。ただ、どの程度の出来の作り話なのかが問題となるし、

現実が認識できてるかどうか、フィクションを現実とか理想像と見間違えてない

かどうかも問題だ。あり得ないものを幻想として抱いて、現実の政治の問題点

にひたすら短絡的な不満を持つようでは、何の解決にもならないし、フィクション

としてでもマイナスが大きい作品だろう。これまでも繰り返し書いて来たことだ。

     

CHANGEに「批評性」が欠けてるという中町の指摘は、表面的な言葉としては

正しい。でも、その批評性とは、「敵」の本質やそれを倒す道筋を描くことで実現

されるようなものではない。むしろ、敵と味方はハッキリ分けられないし、大活躍

するヒーローなんて存在しないこと。その状況のもとで、スーパーマンに頼ること

なく、我々自身ができる範囲で努力すること。こうしたことの描写を、ほんの少し

もCHANGEが何らかの形で織り交ぜたなら、「葛藤」も十分描かれるはずだし、

政治への「批評性」も持ちうるだろう。

              

残念ながら、脚本家の福田靖にはその能力も意志も無さそうだから、キムタク

が発言すればいいのだ。彼なら脚本も変えれるし、インタビューその他で、つま

りドラマ自体じゃなく、その周辺で、視聴者にメッセージを伝えることもできる。

総理大臣なんかにならなくても、十分な政治的効果を日本にもたらすことがで

きるのだ。

    

その意味で、超人気タレントへの期待は大きい。人気的にはもっと下のタレント

(東国原知事、橋下知事 etc)でさえ、大きな政治的力を実際に発揮できてるこ

とを考えると、彼にできないはずはないのだ。SMAPやジャニーズ事務所とい

う協力な味方も付いてるし、メディアもいくらでも注目してくれるのだから。その

意味で、最後に改めてキムタクにエールを送ろう♪

今こそ、CHANGE!☆彡

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.中町の弟は、『HERO』も含めて、「自分の意志でちゃんと決めて動く主人

    公だから・・・好き」と言ってて、中町のまとめでは「周囲に迎合せず、自分

    の大切にするものを貫く魅力」がポイントになるらしい。

    そうしたものは、もちろん魅力だろう。でも、そんな人間はいくらでもいる

    のだ。キムタク=朝倉啓太の魅力は、あくまでも圧倒的な成功に依存する

    ものにすぎない。その点で、『華麗なる一族』の万俵鉄平とはかけ離れた

    存在となっている。『空から降る一億の星』の片瀬涼とも違うし、『ロング

    バケーション』の瀬名秀俊ともビミョーに異なるのだ。。

           

P.S.2 CHANGEを政治ドラマとして見ないというのは、もちろん可能だ。他

      にいくらでも見るべきものはあるだろうし、コメディーとして単純に楽し

      むことだって出来るだろう。でも、話の中心は明らかに政治だから、そ

      の描き方が浅薄だと他の部分の魅力まで大幅に失われてしまうのだ。

      その点は、第1話レビューで技巧的な描写を用いて説明しておいた。

    

cf.キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話

  見つからないように、こっそり本音♪  (第3話に対するつぶやき)

  朝倉総理(木村拓哉)が本当にすべきこと~『CHANGE』第4話

  他者との交渉のマナー~『CHANGE』第5話

  CHANGEはまだ始まってない~『CHANGE』最終回

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『CHANGE』レビュー、中国か台湾でウケたみたい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱でボーッとしながら月末の距離稼ぎ

RUN18km,1時間31分07秒,平均心拍153

あぁ~、6月も終わっちゃった。どうしよう。。これで今年の前半は大敗ってことだ

よな。ま、かすみがうらのフルで最低限の成績を収めてはいるけど、走行距離も

実力も加速度的に落ちてきたブログは急上昇なんだけどなぁ。。

     

さて、この日は月末最終日ってことで、最後のあがきを見せるべき時だ。眠いし

疲れてるから、まず10km走って一眠りして、また10km走ろうかなとか思って

たけど、ブログの更新に予想外の時間がかかって、一眠りする余裕もなくなっ

てしまった。幸い、コーラ・紅茶・コーヒーの飲みすぎのせいか、妙に目が覚めて

来たから、微熱でフラフラする身体でスタート。風邪の終盤って感じで、土曜より

はマシな状態だ。

         

できるだけ距離を稼ぎたいけど、無理すると体調回復が遅れそうな気もする。最

低16km、できれば18kmを目標に、1km5分30秒近くでゆっくりと走っていく

と、かなりの余裕だ。これなら、あわよくば久々のハーフ21.1kmも狙えるかな

と思ってたら、予想外の伏兵が2種類現れた。

        

まずは、「お子様たち」の妨害だ。なぜかこの日はやたら多くて、あちこちでスケ

ボーに夢中になって、ランニングコースを塞いでくれる。去年秋に、スケボーで捻

挫させられた事件は頭に焼き付いてるので、かなり気を使うハメになった。おま

けに、信じられないことに周回コースを集団で逆走してくるバイクまで登場! ど

うしてこんな連中が免許持ってるんだよと、内心怒り狂ってた。

    

もう一種類の伏兵は、バトルごっこの連発。途中で、1km5分程度のランナーが

抜いて行ったので、お遊び気分で追走。1周半で消えたと思ったら、今度は1km

4分45秒程度のランナーが前方に現れたので、これまた追走。別に辛くもなかっ

たけど、まだ熱がある状態でスピードを出してしまったから、ハーフは断念して、

18kmにしといた。ま、お子様たちのせいで不愉快だったせいもあるけどさ。。

    

結局、トータルでは1km5分04秒。前半がスローペースだし、熱があって、おま

けに久々の18kmだったわりには、まずまずって感じ・・・な~んて満足してる場

合じゅないわな (^^ゞ 冷静に見れば死ぬほど遅いタイムだ。ま、かなり余裕は残

してたけどね。さて、いよいよ7月に入ったから、流石に自転車に乗らないとマズ

イよな。毎年恒例、8月末の乗鞍のヒルクライムレースまで、2ヶ月を切ってしまっ

た。よし、明日から復活するとしよう。今日じゃなくてね♪

         

  往路(2.45km)     13分35秒         平均心拍126 

  1周(2.14km)     11分31秒                141

  2周              11分24秒                147        

  3周             10分45秒               155 

  4周              10分41秒               159          

  5周              10分14秒               163        

  6周              10分12秒               166          

  7周(0.26km)        1分24秒                167

  復路             11分23秒                163        

  計 18km     1時間31分07秒   153(最大心拍170,ゴール時)

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »