« 約1年ぶりに多摩川下流をポタリング | トップページ | 自転車復帰後、初のバトルごっこ♪ »

『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪

9月21日追記: 最終回の感想目当ての方は、次の記事をどうぞ♪

           『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ )

       

 私 バチがあたったんだ あんな酷い事を言ったから

 あいつは いつも私を守ってくれたのに

 私 あいつの事が大好きだったのに なのに 私

 お兄ちゃん・・・お兄ちゃ~ん!

  (ブォン ブォン キキーッ・・・)

 てめえら オレの妹に何してる!

 ヤスコ オレをどんなに嫌っても構わねぇ

 はなから好かれようなんて思ってねぇしな

 けどなぁ 何があってもお前だけは絶対にオレが守る 

 それがオレの正義だ

 お兄ちゃん ゴメン・・・

  (チッ・・・) ケガ ねえな

 ウン♪ その格好・・・ 

 うん あっ あのバカどもがな

 世界遺産っすから♪

 でも・・・

 フーッ (特攻服を脱いでヤスコの肩にかけて)

 帰るぞ

 ウン♪

     

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい☆ 多部未華子らのセーラー服が!・・じゃなくて、典型的な少女マ

ンガの世界が♪ いやぁ、読者の一人から書いて欲しいってご注文を頂いたか

ら、一応見るだけ見とこうって感じだったんだけど、予想外にオモチロかった。

子供心に帰って楽しめたな。これぞ日テレの土9って感じだけど、視聴率はあ

んまし期待できそうにないかな。今どき暴走族ドラマじゃ苦しいかも。。(^^ゞ

     

見てない人が多そうだから、珍しくあらすじを書いとこう。ただし、私独自の超

省略ヴァージョンね。両親が死んだ後、暴走族の総長を辞めて、親族に土下座

までして、妹・沖ヤスコ(多部)を一人で育て上げた兄・沖ケンジ(松岡昌宏)。実

は、売れっ子・少女マンガ家の桜葉れいかとして活躍中。余りに口うるさいし、

服装とかが完全にヤンキーだから、女子高生のヤスコはケンジを毛嫌いして、

「あいつ」とか「あんた」呼ばわり。最後はついに「一人っ子の方が良かった!」

なんて叫んで家を飛び出す。

        

同級生のイケメン、椿純(大倉忠義)から携帯メールが来て、話を聞いてもらって

た所へワルのグループ登場。2人とも連れ去られたんだけど、ヤスコを探し回っ

てたケンジの手下・アジダス(渡部豪太)が目撃。もう一人の手下・モス(内山信

二)と共に、ケンジに付き添って、久し振りに暴走族姿で助けに向かう。バイク

も服装も、手下2人が長年こっそり「世界遺産」として保存してたものだ。

      

最後は、「沖ヤスコ」っていうバカでかい名前をケンジが書き込んだハンカチを、

ヤスコが落として、ワルに踏まれる。あれほど嫌がってたダサダサの恥ずかしい

ハンカチを抱き締めて、決して口にしなかった「お兄ちゃん!」って言葉を絶叫し

た瞬間、倉庫の扉が開いてケンジたちが登場。ワルどもをアッサリ叩きのめして、

兄妹は昔の仲の良さを取り戻したってお話。めでたし、めでたし☆

       

このラストで流れた主題歌『雨傘』(作詞・作曲・椎名林檎、歌・TOKIO)もなかな

か良かったね☆ やっぱり誰にでも、雨が降ることは必ずある。そんな時には、

手元に傘が欲しいわけだ。演歌かよ!♪

            

        ☆          ☆          ☆

もちろん、これだけ読むと、単なるありふれた陳腐なヒーロー物語のように感じ

るかも知れないし、私が普段から批判してる「水戸黄門ドラマ」のようにも見え

るかも知れない。でも、違うのだ。これは、正義と悪を単純に2つに分けた上で

正義が悪を倒したり大成功したりする「水戸黄門」よりは上の作品だ。型にハマっ

てるって意味では同じだけど、その型の種類が決定的に違う。

            

何が違うのか。まず、ケンジはいわゆる正義ではない。暴走族で悪い事をして

たのは昔話としても、今回の活躍だって、悪を倒すと言うよりむしろ、妹を守っ

たのだ。つまり、正義の形にはなってるものの、本質は兄妹愛で、大切な家族、

大切な女を守っただけだから、ごく平凡な話をマンガ的に誇張しただけで、水戸

黄門的なウソ臭さも押し付けがましさもない。

        

また、ケンジがそれほど美化されてないのもいい。普段は超過保護なヤンキー

で、トイレから出て洗ってない手でヤスコに触るし、ヤスコの携帯にまで大きく

ペンで名前を書き込むし、ストーカーみたいなことまでする。気に食わないと、

ホントに卓袱台をひっくり返してしまう(ドラマで初めて見たかも♪)。おまけに、

最後にワルをやっつけてヤスコにも素直に感謝されて、決まったって瞬間にも、

後ろから女にケリを入れられてしまう♪ 他にも、いずれ集文社の担当編集者・

星川優紀子(櫻井淳子)に族っぽい行動がバレて、叱られることになるんだろう。

        

要するにケンジは、イマイチ決まってないのだ。そのおかげで、妙な臭みが消

えて、自然に好感もてるキャラとストーリーになってる。それに対して、『医龍』の

朝田(坂口憲二)、『CHANGE』第8話までの朝倉総理(キムタク=木村拓哉)、

『ラスト・フレンズ』のシェアハウス・メンバー(上野樹里、長澤まさみ、瑛太ら)は、

正義のヒーローとして悪を倒して大成功しておしまい。何のヒネリも深みもない

水戸黄門にすぎないわけで、その点だけでも『ヤスコとケンジ』の方が優れてる。

あるいは、一歩先に進んでるのだ。

     

ちなみに、最後にケリを入れた女が、レディース軍団「黒薔薇」の元総長で、今

は花屋さんの「つばきフラワー」を営む椿エリカ(広末涼子)。その手下が宮園

かおり(山口紗弥加)だ。エリカは昔からずっとケンジが好きで、ペンダントに写

真まで入れて、告白しようと思ってるのに、実際に会うと素直になれなくて、蹴り

を入れたりガンを飛ばしたりタンカ切ったり。突っ張ってる最中にもまたデレっと

したりのツンデレ系。まあ、広末の迫力はイマイチなんだけど、山口が補ってる

から良しとしよう♪

           

それにしても、何と言っても抜群にいいのが、TOKIO・松岡昌宏の演技だ☆ 

私は『マンハッタンラブストーリー』をちょっと見ただけなんだけど、すぐに引き

付けられたし、名前と顔も一発で覚えたほど。今回も、普通の演技も抜群に良

くて隙がないし、最後の立ち回りも文句なし。目立ってたキレイな蹴りも含めて、

身体の動きがすごく様になってる役者だ。同じTOKIOの長瀬智也もいいけど、

松岡の方がいい意味でクセがあって、味のある演技を見せてくれた。

    

あとは、『鹿男あをによし』の多部。マイ鹿には乗ってくれなかったけど、これぞ

女子高生って感じ。明るく楽しく胸キュンで、ちょっと反抗的な妹役を、上手くこ

なしてたと思う。エリカと同じく、これまた典型的なツンデレだ。ただ、空中を飛ん

で派手にコケるパターンは、もうちょっと大げさに映した方がいいな。少女マンガ

なんだから。その辺り、多部って言うより、演出の大谷太郎に頑張って欲しい所

だ。ただし、全体的には演出は良かったと思う。むしろ主題歌以外の音楽(大島

ミチル)がもう一声って感じかな。

            

エリカの弟の椿純は、公式サイトの相関図(チャート)だと、ヤスコに無関心となっ

てるのに、実際にはずいぶん親しくしてたね。ラスフレもそうだったけど、チャートっ

てものは参考程度に留めるべきなんだろうな。

    

ともかく、古典的で典型的な学園&ホームコメディーにも関わらず、マンガ的楽

しさに満ち溢れてて、また次も見たくなるドラマだった♪ ま、個人的にバイクに

乗ってるのも、プラスに働いてるだろうし、『シバトラ』と同じく可愛い女の子が大

勢出てたのも大きいかも。別冊マーガレットの原作(アルコ作)と、どの程度似て

るのかは知らないけど、脚本の山浦雅大が上手くまとめてたのは間違いない。

ケンジのライバル・青田(RIKIYA)や、相談役の渋谷(嶋大輔)を上手く組み込

めれば、話に厚みも出てくると思う。それにしても、ベタなキャスティングだよな♪  

      

ってことで、意外や意外、亀梨和也&綾瀬はるかの『たったひとつの恋』以来、

1年半ぶりに、土9が面白かったってお話だ。まったく別の路線だけどね♪

それでは。。☆彡

      

cf『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ

|

« 約1年ぶりに多摩川下流をポタリング | トップページ | 自転車復帰後、初のバトルごっこ♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

そっか、これチョイスするとは・・・ってゆうか、ドラマレビューブログに完全移行?tv
なるほど、こうゆうの好きなのかぁ。ちょっとドジで妹のために奮闘する兄ちゃんね。
実は顔が苦手以外は内容的にはコード・ブルーより面白かったんですけどね・・・。coldsweats01

投稿: お気楽 | 2008年7月13日 (日) 14時03分

テンメイさん、こんばんは。

「コードブルー」の影響なのか、夏ドラマめずらしく結構見ています。

テンメイさん、もしかしてこれ好きかもって思ってたら、やっぱりでしたね。私も良かったなあって、楽しめました。「シバトラ」より断然面白く感じたのは、これが少女マンガ原作だからなのか?原作は知らないけどね。

ヤスコの少女時代の八木優希ちゃんがかわいかったです。

土曜の夜にピッタリだからまた見るかも、です。

投稿: youko | 2008年7月13日 (日) 22時26分

> お気楽さん
   
アハハ coldsweats01 ドラマレビューブログに完全移行ね♪
そりゃ、ないはず。「ウチはドラマブログでも
テレビサイトでもない」って言い続けてるんだから。
正直、本命のコードブルーが楽しめないから、
他で楽しみたいってのはあるなぁ。。
     
こうゆうのって言っても、ちょっと違ってたらダメかも。
ヤスケンは中心の2人が文句なしでした。
ま、脇が甘い気はするけど、今後に期待ってことで。
ほらほら、やっぱこっちの方が面白いでしょ♪
ま、面白さだけで選択できないのが辛い所。。shine
   
   
> youko さん
   
こんばんは。最近、元気いいですね sign01
コードブルーから山Pパワーをもらってるのかな♪
   
シバトラが少年マンガで、ヤスケンが少女マンガ。
どっちも子供のように素直に楽しめました☆
シバトラと比べると、やっぱ女性向けでしょ。
イケメン同級生と頼りになる兄貴の2人に挟まれた
幸せ一杯の女の子virgoが主人公だし、チャンバラはないし、
恋愛の要素が多いし。「本物」の少女マンガまで登場♪     
ヤスコの少女時代ね。確かに可愛かったです。
名前は知らなかったし、調べる気もしなかったけど。

土曜の夜、安心して楽しむのにピッタリのコメディー。
先の不安も少しあるけど、僕もまた見ると思います shine

投稿: テンメイ | 2008年7月14日 (月) 00時18分

こんばんは~dog
春ドラ終了のご挨拶もナシで
夏ドラが始まってしまい、、、
相変わらず無礼者でm(_ _;)m
今期は善い悪いに限らず
初回だけは全ての感想を書こうと挑戦(大袈裟だよネ、、笑)をしてるわけですが、、
お返事もお返しもままならずでして、、
ワタシもバチが当たるかも~?(笑)

>正義の形にはなってるものの、本質は兄妹愛で、

そうなんです!この自然な説得力に
納得出来ますねhappy02
しかし、このドラマを気に入られたとは
意外でした~。

投稿: ルル | 2008年7月14日 (月) 20時45分

テンメイ様・・・おはようございます。

密林の東側・・・カーテン閉めても
すでに熱中症ににりそうな朝日が・・・。

松岡くんといえば
「秀吉」(1996)の森蘭丸・・・。

朝倉・浅井のドクロの盃を
お披露目する際の不気味な魅力が
未だに脳内再現されるほどの迫力でした。

ああいう煌きは一瞬で過ぎ去るものですが
松岡くんの場合は
なかなか・・・チロチロと
燃え尽きない鬼火でございますな。

演出・音楽は
ベタベタのベタですからもう・・・
これ以上は過酷なのだと思います。

広末も・・・もう残り香ですね。
青春の残り香・・・そこがいい。

まあ・・・とにかく
月9・木10・日9が嵐のように
過ぎ去るまで
「シバトラ」「正義の味方」「ヤスケン」
はキッドのいこいのひとときでございます。

悪魔はしばらく「魔王」つきですので・・・
一週間か・・・それが真夏の一週間なのか・・・。
いや・・・CHANGEは終ったけど・・・。

・・・早めに暑中お見舞い申し上げます。

投稿: キッド | 2008年7月15日 (火) 06時00分

> ルルさん
  
こんにちは~sun プチご無沙汰でした。
暑いですね。ワンコもへばってそう♪dog
    
忙しそうだから、わざと書き込まないように
気配りしてたんですけど、随分書いてますよね☆
いつの間にか、全盛期のペースに戻った感じ。
その意味では「余裕」が出来たんでしょうかね♪
    
初回だけは全て?! 偉大な挑戦だなぁ。。♪
見るだけでも大変でしょ。僕は時間的に絶対ムリ。
DVDレコーダーが不調だから、裏番組の
録画も出来ない状況ですしね。。
ま、僕はドラ☆カフェの応援団員だからいいけど、
よそさまはちゃんとお付合いしないと、
バチが当たって倉庫に監禁されるかも♪
元総長のお兄ちゃんもいないだろうし (^^)
    
オーッ、流石にいい所を引用してくれましたね。
そうでしょ。「正義の味方」の話じゃなくて、
「可愛い妹を溺愛する妙な兄貴」のお話。
ただ、流石に兄妹愛だけじゃ間がもたないから、
今後の脇役たちの絡みが重要ですね。  
   
いやぁ、僕自身もヤスケンを楽しんで記事まで
書くなんて、意外でした。
ま、レビュー対象の1本には選びにくいけど、
時々見て楽しもうと思ってます。。shine
   
   
> キッドさん
   
こんにちは sun 急に暑くなりましたね sweat01
蒸し暑さには極端に弱いもんで、早くも夏バテ気味。
ま、食欲が落ちて、ダイエットにはなるかも♪
   
松岡って、僕はマンハッタンしか知らなかったけど、
かなり場数を踏んでる役者なんですね。
今から12年前に、早くも迫力を出してましたか。
11年前の『ビーチボーイズ』の広末も、
少女のきらめきを感じましたよ。
論外? あっ、そう (^^♪
広末の残り香。。ここ数年、印象薄かったけど、
調べてみるとかなり仕事はしてたんですね。。
   
演出はベタで、全般的に良かったと思いますが、
音楽はそんなにベタとも思いませんでしたよ。
効果音もちょっと物足りなかった気がします。
完全に少女マンガなんだから、もう一声って感じ。
   
シバトラ、正義の味方、ヤスケンが憩いっていうか、
大後寿々花、志田未来、多部未華子のトリオね virgo
ちょっとクセのある美少女ってことかな♪
ちなみに、そちらのレスによると、多部のリボンの
色はあんましお好みじゃないんですね。
僕も水色は好きだけど、多部のリボンはもっと好き♪
     
しばらく「魔王」つき? ちょっと分かりにくいけど
ドラマの『魔王』で忙しいって意味ですかね。  
ともあれ、まだ梅雨明け前ですが、こちらも早めに
暑中お見舞い申し上げます。。shine

投稿: テンメイ | 2008年7月15日 (火) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/41821055

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪:

» ヤスコとケンジ 第1話 「アニキは元暴走族!妹を守る・・・それが俺の正義だ!!」 [テレビお気楽日記]
早くに両親を亡くし、元暴走族総長で少女漫画家の兄・ケンジ(松岡昌宏)がヤスコ(多部未華子)の親代わりだった。 [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 13時45分

» 『ヤスコとケンジ』 第1話 [美容師は見た…]
このメンバーで見ない訳がありませんが…面白かったですぅ。内山君の存在も手伝ってか『ごくせん』を思わせるようなBGMや効果音♪最後はまた倉庫って…(^_^;)「ヤスコちゃんだけ見ていたい…」そんな兄・ケンジ(松岡昌宏)の異常な過保護ぶりも見もの?妹・ヤスコ(多部未華子)... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 16時48分

» 日本テレビ系土曜9時の新ドラマ 「ヤスコとケンジ」 [Flower that blooms in snow]
日テレ系で今日からスタートしたドラマ「ヤスコとケンジ」の 第1話「アニキは元暴走族!妹を守る…それが俺の正義だ!」 を見たのですけど、個人的にはこういった「ベタな展開」が 好みなので、結構ハマって見てしまいました。「大げさ」と 言ってもいいぐらい「コメディタッチ」に描かれていたり、 それでいて「人情味」があるというところが、前クールの 「ごくせん」に通じるところがあるのかもしれません。(\'-\'*) 「ヤスコとケンジ」は、交通事故で両親を亡くしてしまった 「沖ヤスコ」(多部未華... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 20時56分

» ヤスコとケンジ(1) [ドラ☆カフェ]
「アニキは元暴走族!妹を守る・・・それが俺の正義だ!!」 [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 20時58分

» ヤスコとケンジ#1 [Sweetパラダイス]
私のお兄ちゃんは、背が高くて、手が大きくて、足も大きくて、声も大きい。三者面談に何ですかその格好は!?そしてその言葉!!その態度!!そう何を隠そうお兄ちゃんは元・暴走族なのです今は足を洗って【桜葉れいか】と言うペンネームで少女漫画家なのです。ヤスコちゃ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 23時01分

» ちょっと似てる ヤスコとケンジ [カネハトキナリ〜勝手に予想とランキング〜]
『正義の味方』に… 高校生の妹が兄(姉)悩まされるところとか、妹はわりと普通の高校生で明るい性格のところとか。 あと、両方ともマンガが原作ってのも同じ。 でも、兄が妹を思う気持ちは正反対。 松岡くんは妹を心配するあまり嫌われているけど、山田優ちゃんは妹を...... [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 00時01分

» 大好きです。(八木優希)大キライです。(多部未華子)・・・んだとこらぁ。(松岡昌宏) [キッドのブログinココログ]
さて・・・夏ドラマもほぼ出揃ってきたわけだが。 残るは「深田恭子の学校じゃ教えら [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 00時42分

» ヤスコとケンジ 第1話 [裏 TV RANKING SHOW]
「ヤスコとケンジ」の第1話が放送されましたね。ドラマ冒頭で「あれ?TOKIOはT [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 03時59分

» 「ヤスコとケンジ」1話 [ice-coffee]
なにかと気になり過剰な干渉をする兄のケンジ(松岡昌宏) ですが 思春期に入った妹ヤスコ(多部未華子)はそれがだんだんウザクなる・・・・・ そこに イケメンで頭の良い転校生がくる ヤスコは一目ぼれ... [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 08時22分

» ヤスコとケンジ&U-23代表&ジャンプ33号&ロッテ [別館ヒガシ日記]
ヤスコとケンジは元総長の少女漫画家で妹思いの兄&妹の展開で 今回が初回で松岡が主演ドラマは数多く見てるから期待も出来るし テーマがベタだが分り易く流れも悪くなかったし充分に楽しめそうで は北京五輪のU-23代表18人を発表もOA枠が無く心配で は戦で試合の終了... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 21時10分

« 約1年ぶりに多摩川下流をポタリング | トップページ | 自転車復帰後、初のバトルごっこ♪ »