« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

無事、生還できそう♪

無事、生還できそう♪
42時間ぶりの更新がこれかよ!と突っ込んでるそこのあなた!なかなかイイ指摘だ♪レースで変則的生活を送ってたから、ブログどころじゃなかった訳よ。PCはないし、携帯は圏外だし、電池は切れるし、天気は不安定だしって感じで、なかなか記事をアップ出来なかった。今日の更新はもうこれだけになりそうだし、コメントのレスも遅れるので、悪しからずご了承を☆

| | コメント (2)

乗鞍はレース中止かな・・悲惨な天気・・

これは悲惨な天気だなぁ。。単なる雨じゃないもんね。昨日に続いて今晩も、夜中

まで雷の連発。気象庁によると、上空6000m付近に零下9度前後の寒気が流入

してるのに加えて、北海道から四国まで停滞してる前線に南から湿った空気が流

してるそうで、大気の状態が非常に不安定とのこと。各地で豪雨による災害の

ニュースが入ってるのを見てると、高地の山道でヒルクライムレースなんてあり得

ないって感じがして来た。

    

過去の例だと、もっとマシな天気の時でもレースは中止になってる。雨、雷だけじゃ

なく、風、ガスも大敵。高地だと、登るにつれて気温もグングン低くなるし、たとえ

小雨で雨天決行になっても、地獄のレースになるだろう。登りだけじゃなく、下山も

寒くて危なそう。

    

どうしようかなぁ。。大勢の仲間との同宿だから、1人で判断できないのが辛い所。

今は深夜だから連絡も出来ないし、明日また最新の天気予報を見て決定するし

かないな。とりあえず、もう寝よっと。

レース直前で余裕ないから、お手軽記事にて失礼♪☆彡

| | コメント (0)

ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

 どうした?

 いえ・・・あの・・・オレの処置は 正しかったんでしょうか

 ・・・分かんないよ そんなの オレにも分からない

 もしもあの時 現場に森本先生がいたら

 黒田先生は 腕を切断しなくて済んだかも

 救命の世界に もしもはないんだよ

 あの時 現場にはお前がいた オレはいなかった それが全てだ

 ドクターヘリ、エンジンスタート! ドクターヘリ、エンジンスタート!

          
      
             ☆          ☆          ☆

全国数百人の、「テンメイの素晴らしい!」ファンの皆さん、お待たせお待たせ♪

・・・って、いきなり先日の記事のコピー&ペーストかよ! 織田裕二&前田敦子

&北乃きいの『太陽と海の教室』第6話では、ここから「それではご一緒に。せぇ

のぉ、『素晴らしい!!』」と続いたんだけど、今回の『コード・ブルー』第9話は、

そこまで行かないんだよなぁ。かなり惜しかったけどネ。

     

第7話の時もそんな評価をしたけど、今回はそれ以上に満足できる内容だった☆

かなり早い段階で大きく頷く出来で、『ひみつのアラシちゃん』でよそ見してた前回

とは全く違ってる。過去最高かも知れない。やっぱり、演出葉山浩樹だと格段

に出来がいいし、脚本家・林宏治の本領発揮でもあったんじゃないかな。

      

説明抜きで断片を寄せ集めた単調なドキュメンタリーではなくて、ちゃんと抑揚

ある1回のドラマになってるし、来週へもしっかり話がつながっていく。今週登場

した黒田(柳葉敏郎)元妻(奥貫薫)や、息子・ケンイチには、これまでも前フリ

が軽くあったし、今後につながる意味もある。それに対して、前回の多くを占め

た福島一家の話など、無くても誰も気付かないだろう。

         

今回のレビューは、基本的にはドラマをホメる甘口の内容だけど、前置きとして、

あるいは比較の参考として、やや辛口の話を先に書いておこう。第8話の半分以

上をカットして、終盤の黒田の事故だけを第9話冒頭につないだドラマを実験的

に作って、『コード・ブルー』を見たことのない人間に見せたとしよう。誰もカットに

気付かないはずだ。テーマ的には、「揺らぐ家族」とでもまとめればいい。そうす

れば、黒田の腕の話に限って3話も引っ張り続ける不自然さも生じなかった。

    

ひょっとして、全12話放送が決定したために無理やり1回引き伸ばしたんじゃな

いか、とか想像してしまうほど。いや、全11話か12話か知らないんだけどさ。基

本的に、ドラマ自体と公式HPしか見ないもんで。

   

とにかく、無くてもいいような前回を始めとして、出来の悪い回が半分ほど入って

るから、なかなか絶賛する勢いが生まれない。せめて、一部の人間しか見れない

字幕にある程度書かれてるらしい専門用語を、誰でも見れる公式HPとかスタッフ・

ブログで簡単に掲載してくれれば、かなり印象が良くなってた。白石(新垣結衣)

のメモ帳だの、『笑っていいとも』出演の山P=山下智久の看板だのを掲載できる

んだから、台本に載ってる数十の専門用語の抜書きくらい、簡単に出来るはず。

金も手間もかからない。同じ脚本家・時間帯だった昔の『医龍』なんて、ちゃんと

キレイな図解付きで専門用語の解説があったのだ。

     

              ☆          ☆          ☆
       
さて、早くも山Pファンの5割が帰った所から、マニアックサイト本来の内容に移ろ

う♪ ウチでは既に前回、『家族的な共同体』と題するレビューで、「黒田一家」と

いう家族の動揺がメインだとハッキリ指摘してある。そのためのやたら長い前フリ

が、福島一家だったわけだ。この記事を書いた翌日、8月23日の朝日新聞朝刊

文化欄に、興味深い記事が掲載されていた。「かろうじてつながる家族 黒沢・是

枝・橋口 3監督の映画に見る」と題する、野波健祐記者によるレビューだ。

     

黒沢清『トウキョウソナタ』、是枝裕和『歩いても 歩いても』、橋口亮輔『ぐるりの

こと。』と、気鋭の監督がこぞって家族の物語を撮ったことに注目しながら、野波

は次のように語っている。

    

   この10年、地縁や血縁、社縁といった共同体が急速に崩れていくなか、

   物語は好んで「疑似家族」を描いてきた。旧来の共同体に裏切られ、傷

   ついたもの同士が集って生活する。そんな作品は、最近話題になった

   テレビドラマ「ラスト・フレンズ」をはじめ、枚挙にいとまがない。

   3監督も過去に疑似家族を扱っている・・・

      

なるほど、そういえばこの時間帯の前作『ラスト・フレンズ』は、同性愛・性同一性

障害、DV、セックス恐怖症が注目を集めたけど、疑似家族の共生物語でもあっ

た。最終回は瑠可(上野樹里)、美知留(長澤まさみ)、タケル(瑛太)、エリ(水川

あさみ)、オグリン(山崎樹範)の仲良し5人組が、美知留のお腹に宗佑(錦戸亮)

が遺していった瑠美と共に仲良く暮らし始めて終了となった。

     

私はあの時、悪を退治した善のグループが白い家で暮らす『水戸黄門』的ストー

リーに、かなりの違和感を感じた。でも、ちょっと違う見方も出来そうだ。奇妙な

疑似家族を作って、何とか楽しげに暮らさないとやっていけないくらいに、普通

の共同体が崩壊してしまった社会を表してたのかも知れない。ま、制作サイドの

意図は違うだろうけど、作品は制作者から独立した価値を持つものだ。

     

で、今回の『コード・ブルー』に目線を戻すと、実は『ラスフレ』に似た共同体=疑

似家族が描かれてることに気付くわけだ。藍沢、黒田という、「腕」に自信のある

中心人物2名は、どちらも普通の共同体に恵まれてない人間だ。私は最初から、

黒田を凄腕の医師としてより、単なる孤独な1人の男として見てたから、今回の

話には大きく頷いた。まったく干されてた人間を、田所(児玉清)が救って、黒田

一家の家長に据えたのだ。それどころかフェロードクターまで、黒田の「養子」と

して田所は用意した。したがって、大きく全体を包みこむ枠組は、田所一家とい

う共同体、さらに限定するなら、ドクターヘリ制度という名の疑似家族なのだ。ま

た、『太陽と海』第6話の養子・真由とか、船木一家とも遠く関連し合ってるのだ。

          

ラスフレの疑似家族は、瑠美を育てながら白い家で暮らす。コード・ブルーの田

所一家は、ドクター・ヘリ制度を育てながら「白い巨塔」で暮らす。ところが、所詮

人工的でモロい共同体だから、すぐに亀裂が入る。内側で生じたのは、白石

のミス、黒田の「腕」喪失。外側から押し寄せて来たのは、事務長・春日部(田窪

一世)や弁護士・相馬(隈部洋平)による、ヘリ制度そのものに対する厳しい追求。

     

今回、高く評価したのは、あの院内医療事故・安全管理委員会のシーンだ。あそ

こだけなら、名作『華麗なる一族』のキムタク=木村拓哉の裁判シーンよりも評

価していい、とか書いたら、また熱狂的ファンが怒ってくるから止めとこ。書いてる

だろ!♪ 昨晩『コード・ブルー』を見てる最中には、正直言って、甘口すぎる流

れになりそうで不安だった。例えば、田所や森本(勝村政信)が白石をかばう箇

所も不安がよぎったし、ヘリのパイロット・梶(寺島進)が感情的に事務長に反発

した場面なんて、もしそのまま終わってたら、レビューで厳しく批判してただろう。

    

ところが、専門的な話を得意とするらしい脚本家・林宏治は、さすがに話の本質

を理解してた。事務長は梶の議論を軽く逆手に取って黙らせ、未熟な医師に高

度な処置を要求する制度そのものへの疑問を改めて提示したのだ。既に第1話

レビューから、ドクターヘリ制度そのものに対する疑問を軽く示してた私としては、

非常に納得できるリアルな展開だった。このドラマの主役は、山Pと共にドクター

ヘリだ。夜22時台の大人のドラマとしては、この程度の追求は当然必要だろう。

親子が仲良く安心して週末を楽しむ日テレ・土9とは違うのだ。

       

そして、決定的に良かったのが、この記事冒頭に引用した場面だ。ドクターヘリ

を前にして、藍沢と森本が話す場面。森本は、委員会では藍沢の腕切断を肯定

する発言をしてたけど、2人きりになって「正しかったんでしょうか」と聞かれると、

「分かんないよ」と答えたのだ。ここに来て初めて、第1話の味わいも増してくる

あの時、腕をすぐ切断した藍沢に対して、まるで勇敢に正しいことをやったかの

ような世評が強かったはずだ。それに対して、私の見方は違った。要するに藍沢

は、他人の腕を切ることより、自分の腕を磨くことに関心があったってこと。その

点では、スーパードクターの大活躍を描くマンガ的『医龍』よりも深みがあるのだ。

            

また、前回・第8話のレビューのP.S.では、個人的な知り合いの医療関係者の

話を付け加えてある。専門家1人を含む2人の現役のベテランは、ドラマの話が

出ると同時に「腕を切るのは変だ」と言った。もちろん、ドラマにも専門の監修者

がいる訳だし、切るのが間違いだと断定するつもりはない。ただ、「分かんない」

微妙な話でしょってことだ。医療に限らず、最先端で起きてるのは、いつも複雑

で微妙な性格を帯びている。それをありのままに描いた今回の林の脚本は、さ

すがの出来だった。もちろん、ドラマ全体としては、最後にドクターヘリ制度に対

する温かい姿勢をほのめかして行けばいい。その前の通過儀礼として、今回の

厳しい追求は機能してるのだ。

    

         ☆          ☆          ☆
   
おっと、時間が来たから唐突にやめよう。仕事中、レース直前で、こんな事をい

つまでもやってるわけにはいかない。最後に一言だけ。今回、ドクターヘリで運

ばれた患者は誰だったのか? それは、黒田だけじゃなく、藍沢と白石だったの

だ。悩む藍沢を森本が支える。泣き崩れる白石を藍沢が支える。どちらの場面

も、ちゃんと後ろに大きくドクターヘリが映し出されてる。白石の時なんて、涙に

合わせて雨も降らせて、ヘリにはカバーもかかってる。白石とヘリとの遮断の表

現ってことだ。この辺りは、第7話で冴島(比嘉愛未)を、「患者」として上手くドク

ターヘリに載せた葉山なら、当然の演出だろう。軸がしっかり出来ている。演出

家だけど、脚本にもかなり関与してるんじゃないかと想像するのは、そのためだ。

                        

時間切れだから、アッサリとこの辺で。。☆彡

              

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
P.S.腕を切ったのが白石じゃなくて黒田で良かった、とかいう緋山(戸田恵梨香)

    の台詞は、ちょっとやり過ぎじゃないかな。緋山のキャラに合わせて、醜い

    本音を出しながら仲間をフォローすると共に、黒田一家の亀裂を示して、更

    に直後の森本の本音につなぐっていう意図は分かるけど、あの種の場面

    でそんな事を言う「大人」を、私は1人も見たことがない。もちろん、私自身

    も絶対に言わない。

    大きな目で見れば、緋山や藤川(浅利陽介)を完全な脇役扱いにしてしまっ

    た余波とも言えるだろう。。

              

P.S.2 第9話の視聴率は15.8%に急回復。北京五輪による落ち込みを取り

      戻せたようだ。合格点の目安となる平均15%を確保できるように、最

      後まで頑張ってほしいもんだ。いまだに、終わり方があんまし想像つか

      ないけど、やっぱり数年後、みんなが全国のドクターヘリで活躍する姿

      を映すのかな。その時期なら、黒田の奇跡的復活も一応アリだろう。

       

P.S.3 山田孝之&綾瀬はるかの『白夜行』、山P&堀北真希の『クロサギ』以

      来、奥貫薫って結構好きだな。ちょっとクセのある顔だけど、大人の女

      の色気を感じるね。演技も安心して見ることができた♪☆彡

     

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  共生を選んだビーチボーイズ~『ラスト・フレンズ』最終回

| | コメント (7) | トラックバック (6)

大敗確定の乗鞍、悪あがき完了♪

BIKE82km,2時間58分,時速27.6,心拍138 ;

RUN12.1km,1時間01分34秒,心拍144

終わった~♪ 雨と忙しさとで、イマイチの追い込みだったけど、まあそれなりの

悪あがきはちゃんと出来た。特に今日は、かなりキツイ内容をわりとラクにこなせ

たから気分がいい。故障もないし、後は体調を整えるだけ。行くぞ、乗鞍!

     

レースは日曜日で、身体の超回復のための休養を考えると、水曜がトレーニング

の最終日になる。ってことで、最後はきっちり、朝晩走って来た。まず朝は、プチ

ご無沙汰の多摩川へ。夜まで体力温存しなきゃなんないし、安全も考えて、余裕

を持った走りを心がける。ただし、ペダルを踏むんじゃなくて回すことだけは強く

意識した。軽いギアなら簡単だけど、重いギアをキレイに回し続けるのは簡単で

はない。前42×後13とか、42×11とか。足腰が疲れて、ついグイッ、グイッと

踏み込んでしまう。すると、身体がムダに疲れるのだ。特にヒルクライムなんてそ

うだと思う。

               

080828 今年の実力はここ5年

 で最低とはいえ、多摩

 川で人に抜かれるのは

 結構珍しい。ところが

 この日は、いきなり2

 台続けて、いわゆる

 ロードバイク(レーサー)

 が追い抜いて行った。

080828b 最初が時速36km程

 度、次が35km程度。

 別に追えないスピード

 じゃないけど、この日

 は自重。どうせ、多摩

 川で30km台後半で

 走ってる自転車のほと

 んどは、長く続かない

のだ。実際、この2人も折り返して来なかった。私は朝だけで80km、夜もラン

ニングが12kmある。おまけに昨晩もジム、その前は30kmのランニング。だ

から、追わないのが正解だ。

                   

080828c ある意味、「今シーズン」最後

 の多摩川だから、国立折返し

 ~関戸橋を1往復して、その後

 は府中四谷橋を渡って、あさ川

 に沿ってのんびり流す。途中で

 は2回、トイレと公園で水浴び。

 これらが今年のパターンだった

 から、この日も繰り返したってこ

 と。誰ともバトルにならず、無事に帰

 宅できた。かなり余裕を持ってたの

080828d に、時速27.6kmにはニンマリ。やっ

 ぱりペダルは、踏むより回す方が効率

 的だね。高速サイクリングって感じの朝

 で、ご褒美にシャーベットを楽しんだ。

 

 写真は上から、一番橋(あさ川の折返し

地点)、万願橋歩道橋2枚(別名・ふれあいばし)、AKAGIのシャビィ・オレンジ♪ 

                     

はネットの天気予報で雨雲の様子とか眺めながら、なるべく遅い時間帯に出

発して公園をランニング。途中でかなりの雨になって挫けそうだったけど、寒くは

ないから水泳の感覚でノルマをこなした。疲れきってるはずの足腰が意外によく

動いて、トータルだと1km5分08秒ペース。なかなかイイね♪ 心拍の値は低

すぎてエラーかも知れないけど、実際もかなり低めだったと思う。雨と脚がダル

かっただけだ。

             

さて、問題はレース当日の信州の天気。今の所は曇りだけど、山だから、一雨

降りそうだね。特に帰り道はほぼ確実でしょ。ま、あんまし気にせず、ゆっくりと

身体を超回復させよう。あとは持てる力を発揮して、9月からのランニングシーズ

ンにつなげればいい。

ではまた。。☆彡 

    

  往路(2.45km)    13分42秒  平均心拍125

  1周(2.14km)   11分11秒        142

  2周           10分59秒         146

  3周          10分36秒         149 

  4周(0.78km)   3分58秒         153

  復路           11分09秒         153    

  計 12.1km  1時間01分34秒       144(最大心拍160,ゴール時)

| | コメント (0)

乗鞍のレース直前、雨続きはイタイ・・

RUN 5km ; BIKE 18.9km,37分,463kcal

まさかの雨続きだし、時間はないし、実力の蓄えもないし、こりゃヤバイわ。どうし

よう。間違いなく、ここ5年で最低の実力だな。4日後に迫った乗鞍のヒルクライム

タイムが悪いのは覚悟できてるとはいえ、仲間内の女性陣に負ける可能性も十分

出てきた。一緒にスタートすれば男の意地を見せるんだけど、別々だもんなぁ。。

      

さて、何とも情けないボヤキから入ったけど、実は今年の私は、ブログに一切書い

てない特殊なハンデを背負ってるのだ。つまり、本当のボヤキは書いてないのよ。

社会人ともなれば、色々と厄介な事情があるわけだ。ま、それは仕方ないとして、

昨晩はまた微妙な天気に泣かされた。雨が止みそうで止まないから、自転車のナ

イトランにするかジムにするかで迷ったわけ。出来れば自転車で60km前後走り

たかったのに、結局はムリだと判断。入館リミットの少し前に、ジムへ駆け込んだ。

     

前日は、朝晩で30kmのランニングをこなしてたから、足腰は当然重い。今は、

ハーフ21.1kmでさえ長く感じる状況だもんね。エアロバイクを回せる時間

僅か37分しかないから、以前なら220wくらいで回してた所だけど、控えめに

170wからスタート。180,190と上げて、200w×5分の後、210wに挑戦。

これで最後までキープしたいなと思ったのに、やっぱり脚が重くてムリだ。翌日

も走る予定だったから、無理せずに200wに戻して、その後は210wとの間を

行ったり来たり。詳しくは記事のラストを参照。ま、適度な負荷はかけたと思う。

37分でも汗ビッショリだ。

            

心拍はうっかりデータを消してしまったんだけど、そんなに高くなかった。要する

に、心肺よりも脚が疲れてたわけ。ジムを出たら雨が止んでたから、ランニング

を追加しようかなと思ったものの、翌日のことを考えて自重。体力とか時間とかの

配分がビミョーなわけよ。さて、いよいよ今日で乗鞍対策は終了。有終の美を飾

れるかな。乞うご期待♪☆彡

     

170w(毎分80~90回転)×1分,180(同)×1,190(同)×1,200(同)×5

210(同)×5,200(70~85)×5,210(75~85)×5,200(70~80)×10

210(75~85)×2,220(85~95)×1,150(60~75)×1

| | コメント (0)

朝晩で30kmラン、雨で自転車に乗れなくて・・

(深夜)RUN 15.6km,1時間20分55秒,心拍146

雨、雨、雨。。何じゃ、こりゃ! 乗鞍のヒルクライムレース直前で、最後の走り込

みをするはずの大切な時期に、まさかの雨続きはマジで痛い。。(-_-メ) 疲れを

残さないように、水曜日で走るのを止める予定だから、もう丸1日ちょっとしか残っ

てないのだ。ヤバイなぁ。今も小雨だし。。

      

仕事が一段落ついて、北京五輪のお祭り騒ぎも日曜夜で終了。月火水で最低

200kmは自転車に乗るはずだったのに、このままだと全く乗れないかも知れ

ない。ま、ランニングとジムっていう逃げ道はあるんだけど、ちょっと違うんだよ

なぁ。ランニングだと、自転車用の腰や大腿が作りにくいし、エアロバイクは風が

当たらないから汗ビッショリ。退屈だし、1時間前後しか続けられない。

     

ま、ボヤいてても仕方ないから、昨日はまず朝、14.4kmの小雨ラン(別記事

で既にアップ)を決行して、さらに夜中、一瞬雨が止んだタイミングに15.6km

走って来た。合わせて何と、30km! そりゃ、大げさか♪ でも、一日にこんな

距離を走るのは、4月下旬のかすみがうらのレース(フル)以来のこと。それ以前

に遡っても、4月中旬に1回、1月に2回走ってるだけだ。そりゃ、ダメだね (^^ゞ 

ま、ともかく久々の距離だから、正直言って自信は無かった。

     

あまりにも脚がキツかったら早めに切り上げるつもりで、ゆっくりスタートしたん

だけど、足腰はまあまあしっかりしてる。朝もゆっくりだったもんね。おまけに、

雨模様の天気のおかげで秋みたいな涼しさ♪ 蒸し暑さに極端に弱い私にとっ

ては、まさに天の恵みだ。身体が温まるに連れて、自然にスピードアップして、

周回最後は1km4分51秒まで上がった。トータルでは1km5分11秒ペース。

上出来、上出来。朝晩で30km完走ってだけでも、自分をホメてあげよう♪

        

さて、問題は残された1日ちょっとの過ごし方だ。まず、今晩これからジムへ行っ

て、エアロバイク&ランニング。明日は、天気予報がビミョーだけど、できれば自

転車に乗っときたいな。雨が数時間止んでくれるのを期待しよう。。☆彡

           

  往路(2.45km)   13分58秒       平均心拍127        

  1周(2.14km)    11分35秒             139  

  2周             11分27秒             143      

  3周            11分04秒             150

  4周             10分57秒             153

  5周             10分24秒             158

  復路              11分32秒              155

  計 15.6km    1時間20分55秒    146(最大心拍164,周回ラスト)

| | コメント (0)

見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

 (「HAPPY BIRTHDAY MAYU」でお祝いした校庭から、教室へみんな移動)

 誕生日なんて好きじゃなかった あの人達が勝手に決めた誕生日だし

 私は祝福されて生まれて来たわけじゃないから

 いいや 今日はお前の誕生日だよ 祝福される日だよ

 でも・・・

 今日は お前と ご両親が初めて出会った日なんだ

 ヘッ?

   (施設の回想 主題歌『君の瞳に恋してる』(UZ)の

    センチメンタル・ヴァージョン開始 ♬)

 ご両親はその日をお前の誕生日に決めた

 誕生日は 何も 生まれた日だけを指すんじゃない

 誕生日は 親と子が初めて出会った日でもあるんだ

 お前とお前のご両親は 今日まで何度も

 その出会いの日を 祝い続けて来たんじゃないのか

 船木の誕生日はさ ご両親がお前のことを愛してるっていう 証明なんだよ

  (両親が教室に入ってお辞儀)

見えるか? お父さんとお母さんの顔が

 (ウン)

描けるか?

 (ウン)

           

             ☆          ☆          ☆

全国数百人の、「テンメイの素晴らしい!」ファンの皆さん、お待たせお待たせ♪

それではご一緒に。せぇのぉ、「素晴らしい!!」。いやぁ、船木真由(前田敦子;

AKB48)の机の上歩きは素晴らしかった。あれは難しいし危ないのよ・・って話

ぢゃなくて、校庭シーンから教室シーンへの連続、船木の絵と両親(ダンカン&

美保純)の表情が抜群に良かった☆ 6月に他界した映画評論家・水野晴郎な

ら、間違いなく天国で「いやぁ、ドラマって、本当にいいもんですね~」と微笑んで

ることだろう。私にとっても、至福のひとときだった☆

       

今回、非常に盛り沢山の内容で、しかも「詩的言語」を駆使しつつ、ちゃんと一つ

のドラマ=物語(前編)になってる。脚本家の坂元裕二の才能、とくに言葉に対す

る愛の深さは、絶賛に値する独自のものだ。まさに、素晴らしい! 時間さえあ

れば、長い記事3本は書けそうな大盛の幕の内弁当だったけど、私は今レース

直前で、それどころじゃないのだ。

     

一昨年はこの時期、ドラマ記事(亀梨和也『サプリ』)を1回休んだし、去年は基

本的に1本しか書いてなかった(綾瀬はるか&藤木直人『ホタルノヒカリ』;最近

半減してる藤木ファンの皆さん、元気?♪)。ところが今年は、山P=山下智久

ファンの反応が怖いから、『コード・ブルー』を切れないまま、毎週2本書き続け

てる。冬に『1ポンドの福音』をアッサリ切った時のトラウマをまだ払拭できてないっ

てことだけど、仕事もスポーツもあるし、北京五輪もあったのに、これじゃあもう

身体がもたない。という訳で、軽く行こう。ただし、全くオリジナルな内容で♪

          

           ☆          ☆          ☆

前田敦子は、主要な生徒仲間には入ってなかったものの、このドラマの最初か

ら目立ってた子だ。アイドルには興味も知識もほとんどないし、私の好みの顔っ

てわけでもないけど、それでも一発で覚えたくらい存在感があった。先週8月21

日の朝日新聞・夕刊の特集によると、AKB48のプロデューサー・秋元康にとっ

ても、光る原石だったようで、審査員全員一致の合格だったらしい。

      

彼女は幼い頃、ご両親の実家がある福岡とか、今の実家近くの江戸川とかで、

父や姉と川遊びをして楽しく過ごしてたとのこと。だから今でも、川のせせらぎは、

元気をチャージしてくれる場になってるそうだ。前田のイメージに合ってるね。

       

このドラマで言うと、船木に元気をチャージしてくれる場は、「円=サークル」だっ

たのだ。彼女が体育館に作った奇妙な円(広義のミステリー・サークル)。もちろ

ん、常識的な大人の見方・言葉で言うなら、「SOS」だ。「淋しい! 助けて!」。

でも、いや、だからこそ、円の中で妄想してた39時間後の地球の滅亡は、彼女

にとっては至福の瞬間だ。なぜなら、UFOが迎えに来て、本当のお父さんとお母

さんが住んでる星に連れて帰ってくれるのだから。たとえ薄々、妄想にすぎない

と気付いていてもいいのだ。そもそも人間をチャージしてくれる希望なんてものは、

そうゆうものなんだから。

      

この体育館のシーンで、脚本家・坂元は技ありを1本決める。「何を見てるんだ」

「見てるんじゃないよ・・・見せてるの。本当のお父さんとお母さんに、私を見せて

るの」。このやり取り、船木の最初の「見てるんじゃない」から「見せてる」までの

数十秒のじらし感覚がたまらなくイイ♪ あの時間間隔が絶妙! ドラマ直後の

『SMAP×SMAP』で、ビストロSMAPにゲスト出演してた北島康介なら、超~

気持ちイイと言うはずだ。古いわ!

    

その後、別の鮮やかな円=サークルが登場する。怪物・櫻井朔太郎(織田裕二)

が作った「HAPPY BIRTHDAY MAYU」と祝う円。このおかげで真由は、妄

想的と言うよりは夢想的・ファンタジックなチャージを受けるし、生徒全員が一つ

サークル=仲間へと一体化できたのだ。凛久(北乃きい)洋貴(岡田将生)

灯里(吉高由里子)ハチ=八朗(濱田岳)茂市(鍵本輝)羽菜(谷村美月)

大和(冨浦智嗣)。深夜まで夜遊びしてないで、勉強しろよ♪ 川辺(山本裕典)

だけ、家でマジメに頑張ってたわけか。

      

もちろん、日付けが変わる前に電球を見つけてシラけてしまうような生徒は、た

だの1人もいない。それは、彼らに電球が見えないからではなく、櫻井の意図が

見えないからでもなく、見たくないからだ。人間はある程度まで、見たいものを見

るように出来ている、複雑で高度な認知システムだ。みんなでサプライズ的祝福

を一緒に味わいたい。だから、余計なものは見ないのだ。

         

その後、みんなで向かった夜の教室。用務員さんも女子高生には甘いってこと

だろう♪ ここで3つ目の、究極の円が出たのに気付いたかな。それは、「大好

きな」育てのお父さん・お母さんの顔の輪郭だ。彼女は小学校から、顔のない、

つまり目・鼻・口のない、丸い輪郭だけの両親を描き続けてきた。それは、嫌い

だからじゃなくて、逆に、大好きだからだ。涙が出るほど感謝してるからだ。

      

このままだと、本当のお父さん・お母さんを忘れてしまうほど好きだから、目の前

の両親は無理やり消してしまう必要がある。だから、本当の両親へとつながる

円形の輪郭しか書かない。ブスとか汚いとか、精神的虐待を受けてるなんてい

う可愛いウソも、必死で育ての親から自分を引き離そうともがいてるのだ。ある

意味で、あの人騒がせっていうか、若葉(北川景子)騒がせのウソも、SOSだ。

          

ところが、櫻井のレトリック(修辞学)、言葉のアートによって、船木が自己防衛

のために周囲に張り巡らせていた壁は、もろくも崩れる。見えない円が壊された。

後に残るのは、見える円2つだ。育ての両親の顔の輪郭。その中心に、見える

「顔」を2つ書き込めば、究極の円が完成する。その時もはや、チャージは妄想

的ではなく、現実的になるのだ。目の前にいて、本当に愛してくれる両親を、そ

のまま受け入れて、本物の元気を素直にもらえるようになるのだから。

       

妄想的な両親に「見せる私」から、現実的に「見える両親」への移行。まさにスタ

イリッシュでエモーショナルなシーンだ。この時もちろん、私のつぶらな瞳には、

星屑のような涙が浮かぶことになる。まるで、きらめく宝石のようにきれいな2つ

の円だった。聞いてない? あっ、そう♪

      

         ☆          ☆          ☆

さて、この記事のタイトルを「見える両親」ではなく「見える世界」としたのは、もち

ろん今回のもう1人の主役・次原雪乃(大政絢)の台詞にも着目したからだ。映

画『卒業』の挿入曲として知られる、サイモン&ガーファンクルの名曲『サウンド・

オブ・サイレンス』が流れる部屋の中、雪乃は誘い込んだハチにこう言った。

「目に見える風景と、心の中の風景は違うよ。

 私に見えるこの世界の風景は、焼け野原だよ」。

      

実在するティーン向け人気ファッション誌『Popteen』を上手くパロった『TOP

TEEN』で活躍する、「キレイだし、スタイルもいい」雪乃にとって、自分も含めた

世界の風景は、なぜか殺伐とした様子に見えるらしい。だから、ネットの掲示板

に、生徒手帳の詩をもじって自殺予告する。

    

   絶望を胸に

   わたしたちは逝こう

   海原に死を

   大空に死を

   天国に向かって

   弔いを捧げよう

         

それ以外にも、事故にあった悲惨な他人を写メで撮ってハチに見せたりもするし、

しおかぜ書店で(?)『自殺入門』(税込1521円)を買うし、涙を浮かべた瞳でハ

チを心中に誘ったりもするわけだ。

      

雪乃の「焼け野原」という言葉は、櫻井がUFOの秘密基地じゃなくて地下室に閉

じ込められた時、凛久に話したボランティア体験談にあったもの。そこでは人は、

涙さえ忘れて、「ただ呆然と立ち尽くす」。その意味では、ここで雪乃が涙を流した

のはちょっと引っかかる部分だ。今回初めて演出した村谷嘉則の小さなケアレス

ミス(不注意)のようにも思える。ただ、『コード・ブルー』第6話の結菜(大作空)に

よると、女は計算以外では泣かないとのこと♪ だから、単にハチを誘う計算で

涙を流したと見れば、ミスではなく、演出家という男の計算ってことになるだろう。

         

とにかく、今回は前編で、来週の後編を待つしかない。フツーに考えれば、死ぬ

のはハチじゃなく雪乃ただ1人だろうけど、重苦しい雰囲気の凛久のモノローグ

とか、映し方を見てると、「大切な友達」ハチがうっかり死んでしまう可能性もある。

うっかりハチ兵衛。そりゃ『水戸黄門』か♪ 「太陽と海の教室 死ぬのは誰?」

なんて検索が全国で入ってるんだろうけど、いずれにせよ、ドラマがこれを機に

暗転してしまうはずはない。短期的に見ても、凛久が実行委員となって開く文化

祭「日輪祭」で明るくなるはずだし、全体的に見ればドラマの最後は、教師と生徒

が海に入って楽しく遊ぶはずだ☆

         

ちなみに「日輪」とは円形の太陽。この至高の円が、学園をチャージし、海の上

で輝きながらビーチ全体をチャージするわけだ。円の力、恐るべし! したがって

取るべき戦略は、円買い・ドル売りだ。そりゃFX(Foreign Exchange=外国為替)

か♪ 主婦の皆さん、ハイリスクなネットゲームで家庭を壊さないようにね。NHK

の職員も、仕事中にやると職を失うよ。

     

いやぁ、本当に素晴らしいドラマで大満足だった。速攻で書いたこの記事も、結構

お気に入りかも♪ 見終えた後も、書き終えた後も、素晴らしく爽快だ。見る目、

書く力を与えてくれた両親に感謝。「中華一」の中華料理でもご馳走するかな。

ではまた。。☆彡

               

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.坂元らのテクニックについて、1つ補足しとこう。30年前の日輪祭の絵を

    見て、その派手さに「これ、生徒たちだけで作ったのかな」と驚いた実行委

    員・凛久が、櫻井に言う。「できたんですか?」「あぁ」

    直接的には、金属管を加工したドライバーが「できた」って話で、これで通

    気口の空調カバーを取り外してエアダクトに入って脱出できるって意味だ。

    でも、もちろん生徒たちだけで立派な文化祭が「できた」という掛詞になっ

    ている。凛久の表情、主題歌の変奏のスタートからも明らかだし、わざわ

    ざ日輪祭の絵をエアダクトの下に運んで、カメラで上から写して強調してる

    のだ。制作サイドの意図が非常によく「見える」、細かい芸だった☆

     

P.S.2 ウチで何度も書いてるように、あの理事長(小日向文世)は単なる悪で

      はない。実際、櫻井は教室でたった一人、理事長との激しいやり取りを

      思い出していた。もちろん、理事長に投げつけた「生徒たちの幸せが

      何かなんて、誰にも決められない」という言葉が、自分に跳ね返るから

      だ。生徒のために教育委員会に進言して握り潰された校長(戸田恵子)

      も、単純に怒るだけではすまず、自分への問い直しが続くだろう。

    

P.S.3 第6話視聴率は14.0%。ま、こんなもんだろうね。。

   

P.S.4 真由に言わせれば、「人間が泣きながら生まれてくるのは・・・生まれて

      来るのが嫌だから」。朔太郎に言わせれば、「人間がさぁ、泣きながら

      生まれるのは、叫んでるからだよ 僕はここにいるぞ ここに生きてるぞ」

      どちらも、詩的表現だ。短めの言葉で、珍しいつながりを作って、インパ

      クトを生み出す一方、細かい説明や根拠はない。

      こういった詩的言語に対して、「何の根拠もない」と切り捨てるのは、私

      で言うと高校生までだ。人間は根拠で動くんじゃないし、根拠があるよ

      うに見えて非常に曖昧なものに囲まれた状況で生きている。

      これが大人の現実認識だ。。☆彡

           

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (11) | トラックバック (8)

雨が止むのを待ちつつ北京五輪閉会式を鑑賞♪

RUN 14.4km,1時間20分11秒,心拍150

北京五輪の閉会式を、そこそこマジメに見た。開会式は長すぎて流し見だったし、

これほど派手な五輪は最後かもと言われてるのもあったけど、雨がずっと止まな

いから走りに行けなかったのが大きい。当初の予報だと、少なくとも夜には一度

止むことになってたのに、小雨がシトシトと降り続けて、仕方なくテレビを見たのだ。

      

派手な花火や演出、ロンドン五輪を意識した二階建てバスとか、十分楽しめたし、

長さも適度。男子400mリレー銅メダルの塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原

宜治の4人の笑顔も見れたし、人工消雨で天気もOK。警備も万全、中国美人も

大勢登場♪ 合格点の閉会式に見えたものの、やっぱり開会式の偽装問題が尾

を引いて、ライブ感覚には浸れなかったね。

     

キレイな花火はCGに見えちゃうし、歌手だけじゃなくてジミー・ペイジ(レッド・ツェッ

ペリン)も、エア・ギターみたいに弾き真似じゃないかと思っちゃう♪ サッカーの

ベッカムがボールを蹴るパフォーマンスも、そっくりさんじゃないかとかね。ま、中

央のオブジェ「記憶の塔」は流石に本物に見えたけどさ。折角、ジャッキー・チェン

なんて呼んだんなら、歌りもカンフーを見せて欲しかった。

    

ところで、閉会式の中で表彰式が行われた、昨日の男子のレース。13位だった

尾方剛は、ゴール後のインタビューだとわりとケロッとしてるように見えたんだけ

ど、今朝の朝日新聞を見ると、気丈に話した直後にはおえつを繰り返して、膝に

手をついてうなだれて、左足もひきずってたそうだ。精一杯、頑張ってたわけか。

すると、完走76人のうち最下位でゴールした佐藤敦之も、わりと元気そうに見え

て、実はボロボロだったのかも知れないね。トラックへの一礼とか、インタビュー

とかだけ見ると、ラストスパートくらい出来たんじゃないのかって思っちゃったけど、

酷な要求か。それにしても、福田富昭選手団長も言ってたように、男子も女子も

補欠制度が機能しなかったのは問題だ。今後の改善が必要だろう。

      

あぁ、北京五輪の話で時間が無くなった。こんな事、やってる時じゃないんだよな。

とにかく、昨日はずっと雨が止まなくて、おまけに閉会式終了後には予想外のハプ

ニングもあったから、走れなかったわけ。代わりに今朝、軽~く近所の公園を流し

だけ。太腿がかなり重くて、小雨に濡れながらの走りにしては、そこそこ気持ち

よく有酸素運動をこなせた。一応、夜もまた走るつもり。雨は止むかな。天気予報

はビミョーな所。運を天に祈ろう。。☆彡

                             

往路(1.15km)   6分28秒      平均心拍124

 1周(1.1km)    5分53秒            142

 2周          5分44秒            146

 3周          5分42秒            147

 4周          5分50秒            149

 5周          5分44秒            150

 6周          5分40秒            152

 7周          5分41秒            153

 8周          5分33秒            155

 9周          5分41秒            156

10周          5分33秒            157

11周          5分30秒            158

12周          5分29秒            159

復路           5分45秒            156

 計15.5km  1時間20分11秒       150(最大160,周回ラスト)

| | コメント (0)

男子の長距離、世界レベルは凄すぎ・・

BIKE 71.3km,2時間45分23秒,時速25.8,心拍132?

昨日に続いて男子400mリレーの話。表彰式、4人とも嬉しそうだったねぇ♪ 左

(1位の脇)から、塚原直貴、末続慎吾,高平慎士,朝原宣治。走った順番に並ん

でるんだね。ポールに日の丸が揚がるのを見ると、オォーッて感じがあるな。一応、

高校では陸上部だったしさ。チャイナドレスの中国人コンパニオンもキレイだった

し、素晴らしい表彰式だった。スリットはもうちょっと深い方が好みかも♪ NHKの

インタビューで、末続が「欲しかったオモチャをもらうみたい」とか言ってたのが印

象に残ったな。わかりやすい表現だ☆

       

表彰式後、生で見た男子5000m決勝は迫力あった! 10000mを五輪新記録

で制したケネニサ・ベケレ。圧倒的なラストスパートで勝ついつものパターンじゃなく

て、早い段階からエチオピア勢3人で引っ張ってたし、3000m付近から残り2000

mもの間、逃げ続けたのは凄かった。あれでもまだ最後にスパートできて、おまけ

に12分57秒の五輪新で優勝した後も、ケロッとしてビクトリーラン(or ウォーク)し

てたもんな。インタビューだと、きつかったって言ってるし、映像的にもしんどそうだっ

たのに、一瞬で回復する驚異的体力を持ってるわけか。世界のトップはホントに

凄いわ。。

            

          ☆          ☆          ☆

さて、世界のボトム(底)の話に移ろう♪ 金曜夜は遅かったし、寝不足。それに、

翌日はずっと涼しいのが分かってたから、土曜は早起きせず、のんびり午前中

を過ごした。ようやくスタートしたのはお昼近くで、雨雲が近づいてるのは分かっ

てたから、遠出はできない。そこで、調布花火大会を避けて、多摩川の南側を走

ることに決定。相変わらず、舗装は悪いし道は狭いしで走りにくいんだけど、途中

4km弱くらい、後ろにくっ付いてきた自転車がいたから、珍しく逃げのパターンを

楽しめた。フツーはいわゆるロードバイク(レーサー)なのに、私と同じクロスバイク

だってのも珍しい。

     

まあ、予想通り、早めにいなくなって、後は適度な頑張りの一人旅。南の端の少し

手前でUターンして、途中でほんのちょっとロードバイクとバトルして、引き離した後

は多摩川とおさらば。雨対策として、ランニングの本拠地の公園に戻って、そこそ

このスピードで周回した。夏休み中の土曜の昼間だから、家族連れが多くて、完全

な障害物競走のノリだったけど、安全第一で一番重いギア(42×11)を回し続け

る。上り坂ではわざと毎回ロング・ダンシング(立ちこぎ)。小雨が降り出した後、

70km確保を計算した上で帰宅した。

    

距離は短いし、平均時速25.8kmも遅いけど、中身はかなり充実してたと思う。

涼しかったこともあって、走り終えた後の感触はかなり良かった♪ 平均心拍の

132はちょっと低すぎるな。涼しすぎて、胸のトランスミッター(送信機)が上手く

作動してなかったかも知れない。

     

今日は夕方までずっと雨の予報だ。今は男子のレースを生で見てる所なんだけ

ど、15歳から日本で活躍してきたケニアのワンジルが金メダル目指してスパート

中。そのまま決まるか。2位がモロッコのガリブ、3位がエチオピアのメルガか。

              

日本の尾方剛、佐藤敦之はまったく通じなかったけど、驚きが全くないのがちょっ

と哀しいかも。世界レベルは凄すぎる! 大崎悟史の故障欠場は残念。女子の

野口みずきに続いて、補欠システムが機能してないのはどうかと思うな。。

追記: 尾方は後半追い上げる得意のパターンで13位ゴール。健闘おめでとう☆

     大崎は76位で無事完走。おつかれさま♪)

        

今日は雨が止んだ後、ランニングにしようかな。乗鞍1週間前、最後の頑張りって

言うか、悪あがきくらいしときたいもんね。ではまた。。☆彡

             

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.1位のワンジルは2時間6分32秒。夏としては驚異的な記録で五輪新

    2位はそのままガリブ、3位には競技場で逆転したエチオピアのケベデ

    が入った。それにしても、30度近い気温でよくやるよなぁ。。

     

P.S.2 大気汚染を理由に出場しなかった皇帝・ゲブレシラシエ。昨日の朝日

      新聞・夕刊によると、後悔してるらしいね。ちょっと可愛いかも♪ 結局、

      北京はほとんど問題なかったみたい。ワンジルとの激闘が見たかった。

         

P.S.3 関係ないけど、今飛び込んだニュース。松井秀喜、長嶋茂雄に並ぶ

      日米通算444号ホームラン、おめでとう!

| | コメント (1)

陸上男子400mリレー銅メダル、おめでとう☆

BIKE 70.5km,2時間32分,時速27.8,心拍143

終盤に入った北京五輪で、大きなニュースが飛び出した。陸上男子400mリレー、

銅メダルおめでとう☆ 個人の短距離種目では残念な結果に終わった塚原直貴、

末続慎吾、高平慎士、朝原宣治が、確実と言われるアンダーハンドパスでバトン

をつないで、トラック種目で男子初のメダルを獲得した。トラックとは400mの楕

円型コースのことで、室伏のハンマー投げとかは別扱い。女子を見ても、トラック

だと80年前のアムステルダム五輪800m2位の人見絹枝しかいないってことで、

陸上界にとっては画期的な偉業だ。

                         

英国、米国、ナイジェリアの強豪3国が揃ってミスで予選落ちしたおかげとはいえ、

素直に喜び称えるべきことなんだろう。1位・ジャマイカの37秒10、2位・トリニ

ダード・トバゴの38秒06に次ぐ38秒15ってタイムも、かなり良かったしね。一人

あたり9秒54だから、あのウサイン・ボルトの100m世界新記録9秒69よりも速

い計算になる。次の走者が加速しながらバトンを受け取るから、タイムが上がる

わけだけど、アンダーハンドパスが、世界の主流のオーバーハンドパスよりも確

実とか、接近しないと渡せないとかいう説明は、正直ピンと来ない。ま、私が昔、

バトンの影響がほとんどない1600mリレーに1度出ただけだからかね。自分で

400mリレーをやってみると分かるのかも。

                

           ☆          ☆          ☆

さて、私は前日の木曜日、ついにサボってしまった。連続記録は僅か5日間でストッ

プ。やる気はあったんだけど、時間が無かったし、ものすごく無理してジムに駆け

込もうとした時にものすごい雷雨になったから、プツンと切れてしまった。ここ数年

で最も激しい雷雨だったもんね。距離的に近いし、百回前後も連発してたし。で、

金曜の朝は久々に頑張って自転車に乗ったわけ。運よく涼しかったこともあって、

短い睡眠でも起きれたし、走りもラクだった。汗はまったく流れ落ちてない。

       

涼しいし、1日休んで足腰もラクになってたから、超久々にマジメに走ってみた。

速いロードバイク(レーサー)とのバトルは別として、一人でマジメに走ったのは

1年ぶりかも知れないな。そうは言っても、ジムと違って安全の問題があるから、

ホントに全力にはなれない。いつもの多摩川サイクリングコースで、前半は心拍

150台前半程度しか上げられなかった。頑張ったにしては低すぎるけど、気温

が低いし、脚よりも腰が痛くなって、スピードアップできなくなったわけ。美ヶ原や

乗鞍のヒルクライムレースでも、いつも脚より腰がやられてしまってる。自転車

の走りこみが足りないってことだね。ランニングとは似て非なるスポーツなのだ。

と言いつつ、ランニングも足りないけどさ (^^ゞ

               

曇り空で風も普段より強かったし、後半は腰がもたなくなって、かなり流し気味

国立折返しと関戸橋の間を1往復する間に、集中が途切れてしまった。そこそこ

速い自転車が1台いただけで、誰も引っ張ってくれなかったのも不運だ。トータル

平均時速27.8kmは、不合格の数字。最低でも28kmは超えなきゃね。ま、

多摩川だけなら29kmくらいだったし、誰にも抜かれてないんだけど、それでも

過去の自分と比べて遅いのは間違いない。

     

もう1週間後の乗鞍は大敗決定だな。寝不足も溜まってるから、今日はゆっくり

お昼寝しようかな、とも思うけど、軽く自転車に乗って来るか。投げたらあかん!

午後には雨だし、明日の天気も怪しいもんね。ただ、今晩の調布花火大会のせ

いで、多摩サイの一部が通行止めになってしまってる。南側でお遊びランでもや

ろうかな。ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

 耕作って名前・・・

 エッ 名前?

 晴耕雨読って知ってるか 

 せいこううどく?

 晴れの日は畑を耕し 雨の日は読書をする

 まあ 自然に逆らわずに生きるってことだ

 ふうん

 ばあちゃんがつけてくれた

 古臭い名前

 そうだな 

 でも いい名前 

 あぁ ゆうなって名前は? 

 人と人をね 結びつけるってことだって

 そうか

 おじいちゃんが付けてくれた

 ゆうなのなは?

 菜っ葉の菜 おじいちゃん 菜っ葉好きなの

 いい名前だ 

 そうなの・・・(ウゥ・・・グシュン・・・)

 おじいちゃんとお父さんを手術するのは どっちもこの病院で

 一番腕のいい先生だ 全力を尽くすから

 (シュン・・・シュン・・・) 一番の先生が2人いるの?

 そうだ

 変なの♪ 

  (ミスチル=Mr.Childrenの主題歌『HANABI』スタート♫)

   

 2人とも・・・

 エッ?

 2人とも 助けたいな

 ガラにもなく熱くなってるじゃない♪

 でも 助けたいね 

 うん!

    

          ☆         ☆         ☆
   
勉強になった~! そうか、女は計算以外で泣かないのか。『太陽と海の教室』

で話題になってたような受験勉強より、遥かに役立つ知識を教えてくれてありが

とう、結菜(大作空)♪ 漢字の書き順や化学式より重要なのは、織田裕二も認

めてくれるだろう。お礼に金魚をあげようね。藍沢耕作(山P=山下智久)みたい

にフツーの金魚じゃなくて、ちゃんと黒い金魚。ま、ケンタロウとショウタと一緒に

可愛がってくれたまえ。男遊びはほどほどにしとけよ♪

      

さて、今週は今までで一番時間がないし、ドラマもイマイチだから、パスしたい所

だった。でもまあ、ならぬ堪忍、するが堪忍。医大じゃなくて偉大な母の教えに

従って、「もう1回 もう1回」頑張ってみよう。ホントは「もう、いっか・・」と放棄す

る方がラクなんだけどな。。

     

さて、ウチの常連さんなら、もう今回は途中で演出家が分かっただろう。エッ、分

からなかった? ダメダメ♪ これが西浦正記なのよ。私は3週連続で早めに演

出家がわかってしまった。断片的で単調な、インパクトのない作り。説明を手抜き

した分かりにくいドキュメンタリーみたいなドラマ。葉山浩樹とは全く違ってる。

      

正直に告白しよう。オンエア中、PCでドラマを見てる最中に、私は普通のテレビ

で『ひみつのアラシちゃん!』をチラチラ見てた♪ この番組を見るのは初めてだ

し、嵐と言われてもピンと来ないほどなんだけど、話題の椿姫彩菜のSPだった

からだ。現役青山学院大生のニューハーフ。単行本の立ち読みで写真を見ると、

なかなかイイ「女」だもんね。『ラスト・フレンズ』の瑠可(上野樹里)で、性同一性

障害とかトランス・ジェンダーに対する関心が深まった余韻が残ってるわけよ。

        

おっと、失礼。話が逸れたけど、まあそのくらい前半は退屈したのだ。文句だけ

つけるんじゃなくて、具体的にどうすべきだったかを2点書いとこう。現場の演出

レベルで簡単にできそうなことだ。まず、最初に1分前後、夏祭りの風景を簡単

に映せば良かったのだ。事故直後の様子でもOK。そうすれば、早口言葉みた

いな説明よりも遥かに事故の全体像が良く分かるし、福島達夫(平賀雅臣)

突き刺さった山車の木片とか、結菜の金魚もインパクトが増す。可愛い法被姿

も、浮いてしまわずにちゃんと活きてくるのだ。

         

もう一つは、結菜の演技。この子役女優が健闘してるのは認めるけど、同じく西

浦が演出した第6話の絹江(島かおり)と同じで、演技過剰だ。頑張りすぎと言う

より、頑張らせすぎで、可愛さもリアリティも半減してた。あまりにコロッと態度を

変える様子は、母の清美(宮地雅子)とも少し共通してる。良くない意味で、整合

的だった。

             

脚本(林宏治)のレベルでも、似たようなことが言える。頑張りすぎなのだ。やって

る事も意図もよく分かるし、物語の構造がなかなか高度なのも認める。ただ、や

り過ぎで逆効果、意味が薄れてしまってる。過剰な情報は、過小な情報と同じだ。

     

実は今回、もし三井(りょう)の医療裁判をもう少しきっちり扱ってれば、それをレ

ビューのメインにするつもりだった。と言うのも、つい先日わりと大きなニュース

が飛び込んで来たからだ。福島県立大野病院で2004年に帝王切開手術を受

けた女性(当時29)が死亡。担当の産婦人科医・加藤克彦医師が業務上過失

致死罪などに問われた裁判で、福島地裁が無罪判決を出したのだ。三井の話

と内容的にも時期的にも重なってるし、現場の医療の細部まで司法の裁きを受

けることになったという点で、注目に値する判決だった。

          

医療界は一安心だろうけど、まだ地裁判決だし、今後も似たようなケースが出

てくるのは間違いない。で、本格的に扱おうかなと思ってたら、番組冒頭であっ

さり裁判の取り下げだったわけ。この解決自体は、ウチの前回の記事で既に

予想してたことだから、別にいい。ただ、わざわざ今週まで引きずって、あのアッ

サリした終わらせ方だと、ポカーンと肩透かしの感じがしてしまったのは事実だ。

       

          ☆          ☆          ☆

さて、熱狂的な山Pファンがほとんど帰ったところで、脚本の頑張り(過ぎ)に少

しだけ触れとこう♪ 今回のテーマは、一言でいうと「家族」だ。広い意味での家

族だから、記事のタイトルは「家族的な共同体」としたけど、こうゆう言い方が趣

味じゃない人は、単に「家族」と思っとけばいい。

       

家族というのは、第6話のテーマであった「親子」よりも少し緩い結びつきの小さ

な集団のことだ。夫と妻の血はつながってないし、離婚も多い。二世代離れると

血縁も薄れる。そうした集団内で、それぞれに異なる人間が、時々ぶつかり合い

ながらも、それなりに仲良く暮らしてるのが家族ってもの。その様子を、福島一家

という患者でドタバタと映したのは、もちろんもっと重要な家族のヴァリエーション

としてなのだ。それは言うまでもなく、「黒田一家」だ。

     

黒田(柳葉敏郎)を中心に、病院内で一緒に働いてる小さな集団は、まさに家族

のようだ。その黒田一家の長が倒れて、家族全体が動揺するという話への伏線

として、福島一家の長・達夫がドクターヘリに乗ったことになる。もちろん来週、黒

田もドクターヘリに乗るだろう。皮肉なことに、患者として。(追記: 今週のラスト

に乗ってたのを忘れてた)。

        

この黒田のアクシデントには、複雑に伏線が張られてるのだ。白石(新垣結衣)

の悪夢、緋山(戸田恵梨香)が重蔵に言った「切りますか、この手」。さらに、

所(児玉清)の「彼らだけでヘリに乗せてみては」とか言う台詞。来週はフェロー

だけがドクターとしてヘリに乗ることになるのだ(黒田は患者)。あと、「安全確認」

に対するこだわりを挙げてもいい。そして最後に、この記事冒頭に引用した、2人

の孫同士のしんみりするエモーショナル(情動的)な会話のラスト。結菜は奇妙な

突っ込みを入れてた。「一番の先生が2人いるの?・・・変なの」。

    

もう、お分かりだろう。今週、いつもより西条(杉本哲太)が目立ってたのは、「一

人しかいない」一番の先生として残すための流れを作ってるわけだ。もちろんま

だ、長期療養の後に黒田が復活する可能性は残されてるけどね。

      

実は、視野を広げるなら、もっと遠大な伏線も張られてる。それは第1話のテーマ

だ。私はズバリ、「腕」と指摘して、「ドクターヘリを取りまく腕」と題するレビューに

まとめておいた。その視点が間違ってなかったことが、これでハッキリしただろう。

あれは「腕」(技量;身体の一部)の話であって、一番腕に自信をもってそうな黒田

の腕が切られる話への遠大な伏線と見れるのだ。腕の切断を迫られるシーンが、

今回ラストの事故シーンと似てることから考えても、意図は明らかだろう。。

       

         ☆          ☆          ☆

あぁ、もう時間がないから、唐突に止めよう。「家族」と言うと、他に2つ登場してた。

まず、一番小さな家族としての藍沢&絹江。もう一つが、医療スタッフと患者の全

の結びつきだ。そこに家族的な結びつきが生じたからこそ、いつも以上にフェ

ロー達が気合を入れて助けようとしてたわけだ。もちろん、その特別な努力は来

週も続くことになる。

    

次回は、黒田の家族も再登場するらしいね。ドライ&クールな黒田が、以前の

冴島(比嘉愛未)や藍沢に続いて、ウェットな部分を見せてくれるのを期待しよう。

あと、前からウチでは書いてたことだけど、藤川(浅利陽介)がヘリに乗る瞬間が

近づいて来たようだ。もしこれで乗らなかったら、脚本がおかしいと、厳しく細かく

批判することになるだろう。

       

ほんとに時間がないので、これでおしまい。黒田の腕は、結局切らないけど、ダ

メになるって流れだと予想追記: 下のP.S.2を参照)。最後は奇跡的に何と

かなることになって、ハッピーエンドっぽく仕上げるかな。やっぱり視聴者の多く

は、甘口が好きだもんね。

それでは。。☆彡

          

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.轟木聖子(遊井亮子)にふられた森本(勝村政信)が可哀相。。アメリカ

    人も、網タイツ攻撃に撃沈したのか♪☆彡

      

P.S.2 記事に書いたように、私は1回目は不真面目にしか見てないし、2回

      目は途中で時間が無くなってしまった。そのため、最後に黒田がヘリ

      に乗った辺りが曖昧になってたし、ヘリの床に黒田の切り落とされた

      腕が置かれてるように見えることも抜け落ちてた

      ただし、私が脚本家なら、黒田の腕は切らない。こんな事が二度もあ

      るのは医学的に不自然すぎるから。これじゃまるで、テレビドラマだ♪

    

      一昨年の『医龍』の記事にも書いたように、私には数人、優秀な医療

      関係者の知り合いがいる。実は今日、時間が無かったのは、その人

      達と会ってたのが大きかったのだ。

      食事中に救急医療やテレビの話になったから、『コード・ブルー』の感

      想を細かく聞いたんだけど、2人のベテランがいずれも、あそこで腕を

      切るのは変だと明言した。そのうち1人は、この分野の専門家だ。ま、

      ドラマとして許容範囲だとは思うが、不要な不自然さだから、私なら避

      ける。切るかどうかで藍沢らが苦悩すること、腕がダメになってみんな

      ショックを受けること。この2点が用意されれば十分なわけだ。。☆彡

       

P.S.3 第8話視聴率は13.4%。ソフトボール決勝が21時47分に終了した

      13分後のスタートだから、金メダルの余韻やニュースに数字を奪われ

      てる分は考慮していいだろう。現在、平均視聴率が15.2%で、一つ

      の目安になる15%の攻防になってる状況。果たして、五輪後に数字

      がどの程度戻るかな。。☆彡

                 

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (8) | トラックバック (8)

ボルトの200m世界新を見た後、軽くラン♪

RUN 10km,51分47秒,心拍147

凄い! まさにライトニング・ボルト(lightning bolt=稲光)。あだ名そのものの衝撃

的な走りだった・・・って、朝日新聞・朝刊の引用かよ♪ 上手いこと書くね。エライ

ぞ、堀川貴弘記者! ウサイン・ボルトも、ライトニングボルトも、「bolt」なんだね。

電圧の単位のボルト(Volt)じゃなかったのか。「v」じゃなくて「b」。テレビをじっと

見てる人は、掲示板の表示とかで分かってるんだろうけどさ。。

            

100m決勝の最後は、よそ見して流してたけど、200m決勝は最後まで本気で

走ってたね。ちょっと人間味を感じたな♪ スローで見ると顔の動きが凄まじいも

んね。96年アトランタ五輪のマイケル・ジョンソンの記録19秒32を破る、画期

的な世界新記録。そのジョンソンは「スーパーマン2だ」と評したとのこと。

    

レース直後、日付けが変わると競技場にハッピーバースデーのメロディーが流れ

たそうで、出来すぎのハッピーエンド、大成功ドラマだな。男子短距離2冠は84年

ロサンゼルス大会以来、2つとも世界新は史上初。ドーピングによる失格で大ど

んでん返しなんてオチのないことを祈ろう。ホントに結構あるもんな。陸上短距離

や自転車の世界だと。走路違反で2、3位が失格なんていう滅多にないことまで、

実際に起きちゃったし。。

    

その少し前には、男子5000m予選竹沢健介だけ見たんだけど、残念ながら

松宮隆行の靴が脱げるハプニングは見逃してしまった♪ 3000m過ぎから、そ

のまま裸足で走って14分24秒か。速いなぁ。タイム的には、靴を履き直した場

合とほぼ同じだろうけど、記憶に残る走りだね。早速、ネットの「gorin.jp」でチェッ

ク、しっかり激走が映ってた。まだ見てない方は早速アクセスどうぞ♪

    

雲の上の話はこのくらいにして、地底をさまよう3流市民アスリートは、最近早起

きが出来なくなって困ってる所。眠くて疲れてて、失敗ばっか。この日はほとんど

サボリそうになったけど、4日連続走った後だから、久々の5日連続に挑戦。ボル

トの走りを見た直後の深夜にスタートして、近所の公園で軽く10kmだけ流して

みた。やっと日曜のエアロバイクの疲れが抜け始めたのかな。意外に涼しかった

こともあって、結構気持ちいい汗を流すことができた。こんな感じのラクな走りを

マジメに続ければいいんだよな。ま、なかなか続かないけどさ (^^ゞ

        

結局、トータルで1km5分11秒ペース。まだ遅いけど、思ったよりいい走りで

小市民的なプチ満足にひたれた♪ このまま来週水曜まで連続で走りたいん

だけど、どうかなぁ。ま、一応チャレンジしてみよう!☆彡

    

P.S.自転車の新種目・BMX(バイシクルモトクロス)では、阪本章史が予選落

    ち。32人中の最下位か。。ま、新しいマイナー競技だから、恥じることなく

    日本を引っ張って欲しいもんだ。。

                   

  往路(1.15km)    6分48秒    心拍124    

  1周(1.1km)      6分08秒        138           

  2周            5分57秒       142               

  3周            5分48秒        144       

  4周            5分36秒       148             

  5周            5分26秒       155                 

  6周            5分21秒       158             

  7周            5分05秒       165             

  復路            5分40秒       156             

  計  10km     51分47秒       151(最大心拍169,周回ラスト)

| | コメント (0)

超久々のジムの後遺症、2日目・・

RUN16km,1時間25分35秒,心拍153

脚が異常に重い。。こんなにダメージが残るとは思わなかったなぁ。それほど全力

を出し切ったってほどでもなかったのに。日曜、9ヶ月ぶりのジムで超久し振りに

エアロバイクを真面目に回した疲れが抜けなくて、困ってるわけ。ま、真夏の4日

連続ってこともあるんだろうけどさ。。

      

とにかく最近、暑くて暑くて、早朝しか走る気がしないんだけど、なかなか毎朝早

起きするのは難しい。もともと夜型だし、仕事もあれば北京五輪やドラマ、ブログ

の毎日更新&コメント&レスもある。ブログに回してきた莫大な時間やパワーを、

スポーツに回してたら、どれほど速くなってたかなぁ・・・とか、毎度お馴染みのボ

ヤキも出ちゃうわけ。

     

内心ぶつぶつ言いながらも、結局は眠さと闘いながら朝ラン決行。朝なのに日焼

け止めを塗らなきゃいけないってのが、またダルイね。昔から、お肌が弱いのだ。

公園だから木陰も多いのに、何もしてないとやっぱり皮膚がヒリヒリ火傷状態に

なるわけ。ま、みんな結構苦労してるのかな。特に女性とか。今年の夏はかなり

暑いしなぁ。。

                  

肝心の走りは相変わらず重くて、前日よりはマシだけど無理やり動かしてる感じ。

やる気はあるし乗鞍直前だから、時間があればゆっくりハーフとか走りこみたい

気もしたのに、残念ながらそんな時間はなくて、16kmが精一杯。いや、これで

もよく走れたなって気がするね。スピードが遅ければ、相当な悪条件でも結構走

れちゃうってことか。最初からずっと、1km5分台後半でヨロヨロ走り続けて、最

後の周回だけ1km5分ちょうど。水浴び&給水に1分以上かけた後、やや下り

の復路は、4分47秒まで上げることができた。

     

トータルでは1km5分21秒。やっぱり、10000m連覇のベケレの半分のスピー

だな (^^ゞ あぁ、1日サボって休養したいけど、どうしようか。。まあ、心身のコ

ンディションとじっくり対話して決めよう。乗鞍の参加証も見ながらね。。☆彡

    

P.S.110mハードル予選で棄権した中国の劉翔に、自国内で批判が集中して

    るってニュース(朝日)を読んだけど、気の毒だな。情報統制されててもそ

    んなに凄いんだから、当局の締め付けが緩んだら大変ってことか。もちろ

    ん温かく励ます人もいるようだけどね。。

                   

  往路(2.45km)   13分47秒       平均心拍134        

  1周(2.14km)    11分54秒             147  

  2周             11分50秒             153      

  3周            11分38秒             156

  4周             11分09秒             160

  5周             10分41秒             164

  6周(0.4km)       3分16秒(給水・水浴び込み) 153

  復路              11分22秒              161

  計 16km    1時間25分35秒    147(最大心拍172,ゴール時)

| | コメント (0)

宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

 オレも 以前はお前たちと同じような疑問を持ってたよ

 受験勉強は無意味だって 将来 必要の無い無駄な勉強をさせられてるって

 でも 今一つだけ 思う事がある

 オレにとって勉強とは 宝探しの旅なんじゃないかって

 宝探し・・・

 うん 宝物がどこにあるかは分からない 見つかるまでは無駄骨の連続だ

 海を渡り 山を越え 道無き道を歩く ゴミをつかむことだってあるだろう

 だけど それはムダな事だと言って旅を止めてしまえばそれで終わりだ

 その一歩先に 宝物が埋まってるかも知れないのに

 発見できずに終わってしまう

 想像してごらん 1%の宝物発見できたということを

 想像してごらん 99%の無駄な努力の先に宝物はある

 無駄な努力は 無駄じゃないんだ

 オレから言えるのはこれだけだ 後はお前たちが 自分で決めろ

 気をつけて帰れよ

 先生!

 うん?

 先生は見つけたんですか その宝を

 見つけたよ だからこうしてお前たちに勉強教えてる

  (・・・笑顔・・・♪)

      

          ☆          ☆          ☆

素晴らしい! 船木真由(前田敦子;AKB48)のスプーン曲げの超能力が。いや

いや、そうじゃなくて最後の授業が、見事なレトリック、言葉のアートだった♪ やっ

ぱり、脚本家・坂元裕二の言葉に関する知識、才能、感覚は素晴らしい。受験勉

強に対する考察も、まずまず無難な合格点だろう。

       

ま、目隠し超能力って言うか、言葉の音に着目したなぞなぞはちょっと簡単すぎ

たけど、懐かしかったからいいや♪ これ何ポンか? 1ポン。何ホン? 2ホン。

何ボン? 3ボン。。中学くらいで聞いたかなぁ。目だけじゃなく、耳も大切だと教

えてくれてるわけね。もちろんその背景には、言葉の二面性に対する認識がある。

視覚的な文字と、聴覚的な音声、この2つから言葉というものが構成されてるこ

とをよく理解してるからこそ、こうゆう脚本が書けるのだ。

      

今回の櫻井朔太郎(織田裕二)の授業は、「ハチドリのひとしずく」「宝探しの旅」

う~ん、語る内容と言うより、語り口が巧みな技だなぁ。生徒に対して、また視聴者

に対して。もちろん、櫻井が「話す前に・・・答えを見つけて」た澤水羽菜(谷村美月)

楠木大和(冨浦智嗣)にとっても、最後の一押しになっただろう。

         

しないと不安だから受験勉強してたリク=白崎凛久(北乃きい)、義務だからして

ヒロキ=根岸洋貴(岡田将生)、修行としてやってたハチ=田幡八朗(濱田岳)

将来への保険としてやってたアカリ=屋嶋灯里(吉高由里子)、妹と弟のために

頑張ってた川辺英二(山本裕典)らも、これまでより勉強しやすい気持ちになった

だろう。櫻井にとって、自分たち生徒こそが宝物だってことも伝わったはずだ。あ

れ、モイチ=茂市(鍵本輝)がいないね。ダンスユニットLead(リード)でダンスで

もやってたのかな♪

           

さて、今回のメインテーマである受験勉強についてウンチクを語る前に、このド

ラマの欠点とか短所を軽く指摘しとこう。私はずっとこのドラマをホメてるけど、

手離しで絶賛したことは一度もない。例えば、榎戸若葉(北川景子)の使い方が

甘くて、全体的に遊び心が不足してるって話は、何度も指摘してきた通りだ。

    

それより今回一番問題だったのは、羽菜&大和が河合塾・江ノ島校の横にある

ラブホテル「HOTEL Aland」に入る前に、コンビニで買出しをしなかったこと♪

それじゃあ、300円のミネラルウォーターを買うハメになるのだ。いや、そんな

セコイ話じゃなくて、大和の携帯に邪魔されて何もしなかったことこそ問題だ♪ 

それでは、ちゃんとシーツ交換してくれるおばちゃんに失礼なのだ。そこかよ! 

     

いやいや、本当にマジメな話、すごく問題なのは、最初からウワサされてた「国が

定める履修科目の授業時間数」問題なんてものを前面に押し出して来たことだ。

話題として古いし、あれだけ騒がれた問題を首都圏の一流進学校がいまだにやっ

てるっていうのも、リアリティがやや不足してるだろう。教師・生徒・親が教育委員

会やメディアに告発したら、すぐバレてしまう浅薄な不正だ。

        

世界史、地理、保健、家庭科、情報科のいずれも、規定時間の半分以下にして、

余った時間を入試科目に回す手段は、偽装という点でも、他校との公平性の面

でも論外だ。スキャンダル発覚による不利益に対するリスク管理にも、大きな問

題がある。ま、私の高校がどうだったかと聞かれると、全く覚えてないけどさ。。

           

この冬、小日向文世が主演、吉高由里子が脚光を浴びた『あしたの、喜多善男』

でも、原作にない余計なサスペンスを組み込んでて、玉にキズだったけど、ああ

ゆうものをドラマに入れるのは、誰の趣味なのかね。視聴者がホントに望んでる

のか、あるいはプロデューサー(村瀬健)や脚本家が勘違いしてるのか。少なくと

も、このドラマにこんな話は邪魔者でしかない。見なかったことにしたいほどだ。

     

もちろん、受験勉強が本格化する時期の進学校の物語だから、話のつながりとし

ては悪くないし、理事長(小日向)・真山春佳(吉瀬美智子)柴草(八嶋智人)らと、

長谷部校長(戸田恵子)・櫻井との対決の構図を強化する意図も分かる。でも、

の構図を強めすぎると、浅薄な『水戸黄門』ドラマになってしまう恐れがあるのだ。

善悪を単純に二分して、善が大勝利や大成功する紋切り型の物語。『太陽と海』

は、その種の作品とは一線を画してるはずのドラマだから、その長所を台無しに

して欲しくはない。

       

むしろ、深めるべきなのは、櫻井がやったことが、結果的に理事長の希望に即し

てるという側面の描写だ。第3話の川辺、第4話の三崎雅行(中村優一)、そして

今回の羽菜。櫻井が彼らを、受験や進学校の世界に引き戻したことは、結果だ

け見るとすべて理事長の思惑通りなわけで、実は櫻井を利用してるのは校長よ

りも理事長のような気さえしてしまうほど。こうした善悪の混沌こそが社会の現実

であって、分かりにくくて人が目を逸らしたがる暗部なのだから、軽めでいいから

このドラマで上手く描けば、十分な希少価値があったのだ。

       

このままだと、最後に水戸黄門になる最悪パターンも予想される。ちなみに、前

クールの『CHANGE』では、キムタク=木村拓哉を徹底的に水戸黄門として大活

躍させながら、最後で少し変化をつけて、複雑な現実を描く方向性を打ち出した

のだった。つまり『CHANGE』というドラマ=虚構の終わりは、ヒーローの一時的

消去を通じて、本物の「CHANGE」=変化の始まりになってたわけだ。

            

         ☆          ☆          ☆

さて、ちょっとだけ欠点を指摘するつもりが、長くなってしまった。ま、今さら単位

履修問題を前面に出すんなら、独自の切り口を見せてくれってことで、話を元に

戻すとしよう。今回のメイン、受験勉強について考えてみる。

      

受験勉強が大人の実生活でほとんど役に立たないってのは、間違いなく事実

あって、理事長さえ認めてたほどだ。ただし、現場の教師はそんな話はしたがら

ないし、生徒だって目を逸らせたい。と言うのも、そんなことを考えてると勉強する

のがバカバカしくなるからだ。

     

じゃあ勉強しなきゃいいだけじゃないかという考えは、間違いとは言い切れない

けど、あまり正しくもない。やっぱり、大多数の生徒は教育システムに大人しく従

うのが社会的現実だから、自分だけ逆らうと社会生活とかコミュニケーションに

問題が生じてしまう。それが今回の羽菜と大和のトラブルの本質だ。

      

羽菜が言ってることはそれなりに正しいし、疑問もごもっとも(下のP.S.3参照)。

ただ、羽菜に見えてないのは、周りが自分に同調してくれないっていう問題の波

紋の大きさだ。大和は自分の考えを曲げないどころか、羽菜を受け入れようとも

せず、折角キス(以上)まで進んだ仲に亀裂が入ってしまう。大和も、受験生として

の自分を防衛するのに必死なのだ。他のみんなも同調してくれないし、親は心の

病気とか考えて転校させようとする。もし転校すると、折角の仲間関係は消滅。恋

人も面白い先生も失って、新たな学校とか卒業後の生活では、孤独から登校拒

否とか引きこもりとかの問題が生じる可能性も高いだろう。

             

だから、とりあえず羽菜を引き止めるのが、おそらく正解なのだ。その正解へと向

かうために、国語教師・櫻井は巧みな比喩を使う。一つは、南アメリカの先住民

の民話とかいう「ハチドリのひとしずく(一滴)」。私は知らなかったけど、そこそこ

有名な話らしいね。これは一般ウケの要素が凝縮されてる物語だ。大自然の危

機に、ちっぽけな身体と水の滴で精一杯立ち向かおうとする鳥。都会が舞台だと

ダメだし、アリが砂をかけるのでもダメだろう。火事というのは、地球温暖化とい

う危機のイメージとも重なって好都合だ。

       

ただ、受験勉強と比較すると、かなり大きな違いもある。森の火事なら消すのが

一番と思ってしまうけど、高校三年生が受験勉強するのは最善策とは限らない。

そもそも現在でさえ、大学進学率はたかが半分程度。大学に行かなくても、この

脚本家のように立派に生きていける。つまりハチドリは、水の滴を火事に落とす

だけじゃなくて、火事が広がらないように周りの草木を減らしたり、逃げ遅れた生

き物を助けたり、逃げて別世界で新たな生活を築いたり、複数のポジティプな選

択肢を持ってるのだ。

     

宝探しの旅についても、同じ点を指摘できる。「無駄な勉強」を続ければ、確かに

いずれ宝物と出会う可能性はある。櫻井は実際、国語とか文学と出会うことがで

きて、国語教師の道を選べたわけだ。でも、99%も無駄になりそうなことなら、残

り1%も結局ムダなままの可能性が高いだろう。それよりも、20%くらいは役に立

ちそうな別のことを探して選ぶというのは、合理的な判断だ。受験勉強でも、宝は

見つかるかも知れない。でも、可能性は低いし、他の道なら宝が見つかる可能性

がもっと高いかも知れない。それなら、他の道を選ぶのはおかしくないのだ。

     

という訳で、櫻井の2つの話は、絶対に正しい教育ではなく、レトリック(修辞学)、

つまり言葉の技術なのだ。ただし「技術にすぎない」とまで言ってしまうと、逆向き

の行き過ぎになってしまう。つまり、ネガティブすぎる見方になってしまうだろう。た

とえレトリックにすぎなくても、悪質なウソではないし、それなりの正しさや説得力

もあるし、生徒たちが怒ることもあり得ない。むしろ、進学校の高3なら、「あぁ、ど

んなつまらない事にもそれなりの意味はあるんだってことだな。ムダに思える受験

勉強にも宝探し的な意義はあるって話だな」と、好意的にとらえて前向きに活かし

てもおかしくはない。

    

そう考えると、櫻井の話はやはり、正しい方向性を持ってるし、結果的にも成功

たわけだ。つまり、プールで羽菜&大和が既に気付いてた「受験勉強にも意味は

ある」という考えを、詩的効果と共に強化することで、軽く手助けできたってことだ。。

    

         ☆          ☆          ☆

前から書いてるように、櫻井は必ずしも「正しい教師」じゃない。その点が十分理

解できてないと、櫻井の授業に無用な不満を感じてしまうだろう。生徒に対して思

いやりがあって、能力も行動力もあって、生徒もそこそこ好感もてる「怪物」教師

これが櫻井だ。今回だと、冒頭の羽菜の挑発的スピーチに、一人で大きく拍手し

たのも怪物的だし、生徒と一緒に模擬テストを受けて自分の頭の悪さを実証した

のも怪物的だ。その後さらに、おとぎ話的なたとえを2つ用いて生徒たちを優しく

導いたのも、怪物的な行為。

              

このドラマに足りないのは、櫻井の正しさではなくて、むしろお遊びの要素なのだ。

船木と一緒に超能力ごっこしたり、船木の妙なアイマスクを使ってなぞなぞ遊びし

たりするだけじゃ、まだ小さ過ぎるだろう。もっと大がかりな遊びを見せて欲しいも

の。その意味で、前回、崖の上にみんなでピアノを運んで開いたショパン演奏会

なんてのは、素晴らしいお遊びエピソードだった。ああゆうのが、もう1回か2回あ

ればいいね。ま、トラックのレンタル料金が高かったから、安上がりの模擬テスト

にしたのかな。っていうか、撮影費用の配分の問題か♪

     

ともかく、今後の大胆な展開に期待しよう。間違っても、履修科目問題に平凡な

切り口だけで固執したり、水戸黄門に陥ったりする事のないようにしてもらいたい。

ではまた。。☆彡

          

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.既にあちこちに書いてあるだろうけど、目立ってたからウチも書いとこう。

    優等生カップルが口にしてた言葉遊びの意味だ。

    「ひとよひとよにひとみごろ」(一夜一夜に人見頃)=無理数ルート2

       (2乗して2になる0以上の数:√2)の小数表示(1.41421356・・・)

    「ひとなみにおごれや」(人並みに奢れや)

       =ルート3の小数表示(1.7320508・・・)

    「水平リーベ僕の船」(水平さんが僕の船を愛してる。リーベはドイツ語)

       =元素の周期表の覚え方(素H,リウムHe,チウムLi,

         リリウムBe,ホウ素B(=Boron)、炭素,窒素,酸素

         ッ素F,オンNe)

    「咲いたコスモス コスモス咲いた」=三角関数sin(サイン)の加法定理

        sin(α+β)=sinα・cosβ+cosα・sinβ

    「コスモスコスモス 咲いた咲いた」=三角関数cos(コサイン)の加法定理

        cos(α+β)=cosα・cosβ-sinα・sinβ

   

P.S.2 もちろん、上のP.S.なんてものをスッと書けるのは、「無駄な」勉強を

      さんざんやらされたからだ。宝物が見つかったとも思わないけど、単な

      る無駄骨でもなかったね。この記事に限らず、ロングセラーとなってる

      『ガリレオ』レビューなんてのも、「無駄な」勉強が大活躍だった☆  

      

P.S.3 羽菜の「最高」のスピーチに出てきた疑問に、一つ一つ簡単に答えて

      みよう。漢字の書き順は確かに役に立たない。小学校卒業以来、役に

      立った回数はゼロだ。因数分解も、実生活で使ったことはほとんどない。

      ただ微分・積分は、科学関連の文章を読む時に役立つし、発想自体が

      非常に大胆で個人的には大好きだ。極限まで小さい変化を考えるとか

      (微分)、大きなものを極小のものの積み重ねで考えるとか(積分)、自

      分では絶対に思いつかないだろう。もちろん『ガリレオ』は微積だらけだっ

      た。まあ、自分の実生活に直接使うことはないけどね。

                       

      歴史の年号は、個人的には今までほとんど役に立ってないけど、関心

      の持ち方が変わったらある程度は役立つと思う。様々な出来事のつな

      がりを考えたり、順序だてて覚えるのに好都合だろう。化学式は今の

      所ほとんど役に立ってない。特に、実生活には全く必要ないと思う。

                

      知識一般というのは、ネットの時代でも重要だ。検索というのは、記憶

      とかメディアとかから与えられた言葉があって初めて意味を持つのに

      対して、知識は自分自身の中から湧き出てくる。おまけに、分からない

      事が多すぎると検索の時間がかかり過ぎるし、検索の文章も読めない。

      教科書というのは、私は昔から嫌いじゃないし、今はかなり改善されて

      いる。絵や写真が増えてるし、身近な話題もたくさん掲載されてて、最

      近流行ってる新書なんかより遥かに出来がいい書物だ。ま、難しすぎ

      るものや、工夫のないものもあるけどね。。

         

      結局まとめると、役に立つものも役に立つことも一応あるけど、無駄が

      多過ぎるし、強制され過ぎるということだろう。ま、実際に教育改革しよ

      うとすると、あっちこっち迷走することになるわけで、やっぱり難しいのだ。

               

P.S.4 今回は「何の役に立つのか」ってテーマだから、先日の山P=山下智久

      の『コード・ブルー』第7話とも関係してくる。つまり、誰のために、何のた

      めに医療に携わってるのか分からなくても、やってる内に宝物が見つか

      る可能性があるってことだ。ま、医療訴訟とぶつかる不運もあるけどね。

     

P.S.5 理事長が羽菜のことを「03112」(第3学年1組12番)と番号で呼んだ

      のは、やり過ぎだと思うけどね。ちょっと引いたな。伏線にも見えないし。

      「wedding」(結婚)を書き間違えて「weading」って話も、ちょっとビミョーで

      はある。ま、「love」や「kiss」だと簡単すぎるから、仕方ないのかね。     

    

P.S.6 第5話視聴率は14.7%に急回復。やっぱり第4話の視聴率は、北島

      の金メダルが大きかったんだろう。この辺が落ち着き所かな。

   

P.S.7 『ハチドリのひとしずく いま、私にできること』(辻信一監修,光文社,

      税込1200円)って、83ページもあるけど、絵が多いってことかね。

      まさかエコ・アイディアがたっぷりってこともないと思うけど。3万部売

      り上げとか、坂本龍一・中島朋子・C.W.ニコルが共感してメッセージ

      とか、ハチドリ計画事務局とか、目立つ話が書いてるな。アンデス地方

      のお話なのか。地球環境問題は異論が多くてややこしいんだよなぁ。。

      って言うか、「クリキンディ」(ハチドリの名前)って栗きんとんに似てるな

      とかツッコミ入れると、真面目な方々に叱られちゃうから止めとこ♪

      子ども向けの絵本だから、「一滴」じゃなくて「ひとしずく」なわけね。。

                          

P.S.8 次回の予告。「大切な友人の死」なんて文字を出してたけど、船木が

      死ぬってこと? ちょっと唐突で不安だなぁ。『自殺入門』なんて書かれ

      てるレシートが映ってたけど、少なくとも来週は思い止まって欲しい☆彡

    

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (8) | トラックバック (7)

積極的休養、ベケレの半分のスピードで♪

RUN 12.2km,1時間06分20秒,心拍145

陸上男子10000m、ベケレ(エチオピア)金メダルおめでとう☆ 2大会連覇で、

おまけに五輪新記録27分02秒17。内容的にも、圧倒的なラストスパートで引

き離す余裕の勝利で、まさに王者の風格だった。走りの美しさには、ため息が出

るほど。。あんなキレイで伸びやかな脚の動き、絶対マネできないな。

    

それにしても、同じエチオピアの先輩で、皇帝と呼ばれるゲブレシラシエ(or ゲブ

レセラシェ)がアシスト役(6位)みたいな走りをしてたのがインパクトあった。そん

な事を実現してしまうベケレも凄いし、余裕で手伝うゲブレシラシエも凄い。ま、

同じアフリカ勢のケニアとの争いが激しいから、チーム戦って感覚なんだろう。自

転車競技みたいな話だよな。別々に走ってた日本の2人・竹沢健介&松宮隆行

とは、実力はもちろん戦術も違ってることになる。

                     

で、このベケレのスピードが1km2.7分(=2分42秒)。私の今日のスピードが

1km5.5分弱(5分26秒)。ちょうど半分のスピードなのだ (^^ゞ 単なる積極的

休養だし、今は自転車シーズンの夏だから、遅いのは当たり前なんだけど、あら

ためてトップアスリートの凄さを思い知らされるね。ピッチ(歩数)は似たようなも

んだから、違うのはストライド(歩幅)だ。あんな大きなストライドで長距離走れる

なんて、恐るべきスタミナだよなぁ。。

    

ただ、あのラストスパートは一応イメージ可能なスピードだ。最後の1周(400m)

は53秒42。私の高校陸上部時代の400m走のベストが58秒ちょうどくらいだ

から、4.6秒の差だもんね。まあ、10000m走と400m走を比べるってのは、

インチキだけどさ♪

       

ちなみに、この日の私は、前日の9ヶ月ぶりのジムで足腰がヨロヨロの状況。休

みたかったけど、乗鞍の2週間前だから、もう怠けてる余裕がないわけよ。当然

明日も明後日も走る予定。ま、予定は未定とも言うけどね♪ ではまた。。☆彡

    

P.S.男子200mの末続慎吾、「まさかの1次予選敗退」とあちこちに書かれて

    るけど、まさかって感じもないけどな。調子が良くないのは、かなり前から

    報道されてたことだ。ま、過去の実績と努力に敬意を表するための「まさ

    か」ってことかね。高平慎士の二次予選敗退は、本人も認める通り、こん

    なもんでしょ。女子400mH(障害)の久保倉里美が準決勝敗退ってのも、

    まあ、そんなもんかな。成績より、タイムや走りの内容に不満だったかも。

       

    それにしても、中国の110mH(障害)・劉翔の1次予選棄権は気の毒だ

    な。スーパースターだからこそ、色々言われるんだろうけど、右アキレス

    腱痛じゃ仕方ない。まだ25歳だから、じっくり治して復活して欲しいもんだ。

    あぁ、女子サッカー・なでしこJAPANは、アメリカに逆転負けか。。

         

P.S.2 織田裕二『太陽と海の教室』第5話レビューは明日午後アップの予定

      感想はもちろん、またあの言葉でスタートでしょ♪

          

 往路(1.15km)    6分46秒   心拍120    

  1周(1.1km)     6分13秒      137            

  2周            6分08秒      143               

  3周            6分09秒       145       

  4周            6分14秒      146             

  5周            6分04秒      150             

  6周            6分01秒      152             

  7周            5分56秒      154            

  8周           5分51秒      156

  9周           5分23秒      161

  復路            5分42秒      160             

  計 12.2km 1時間06分20秒  心拍145 (最大心拍167,周回ラスト)

| | コメント (2)

土佐の激走の後、9ヶ月ぶりにジム

RUN 8.7km ; BIKE 28.9km,703kcal,1時間,心拍161

悲愴だったね、土佐礼子の走り。外反母趾がそんなに酷いとは知らなかった。

正直な話、3流市民アスリートのテレビ観戦者としては、必死に最下位でゴール

する姿を見たかったような気もするけど、まあ夫と監督とコーチのストップが正解

でしょ。この先もまだ、選手人生が残ってるんだろうからね。手術とかするのかも。

中村友梨香は、今回は13位で十分でしょ♪ まだまだ、これからの選手。とりあ

えず休養して、また次の五輪を狙ってほしいもんだ。まあでも、ハンマー投げで期

待の室伏広治でさえ5位に終わったし、北京五輪の陸上で日本がサッパリなのは

淋しいな。。

      

さて、雲の上の話から地底の話へ急降下。三流市民アスリートは、期待の土佐

が棄権した後もメダル争い(特にヌデレバvs周春秀)を楽しんで、その後すぐに

9ヶ月ぶりのジムへ行くはずだったのに、すごく手間取ってしまった。余りに久々

すぎて、プリペイドの利用カードがどこへ行ったのか分からない。探し回っても見

つからないから、渋々小銭をもってジムへ。ま、使い切ってたような気もするな。

      

到着後はすぐにエアロバイク。昨日の猛暑の自転車75kmでかなり疲れてる状

態だけど、一応どの程度回せるのか頑張ってみた。170w、180、190、200

と上げて、そこでキープ。1時間耐えられるかと思ったのに、心拍がどんどん上

がって171。汗もグショグショで、ハーフパンツが太腿にまとわりついて回しにく

いほど。呼吸もハーハーゼーゼー、懐かしいくらいの久々の感覚で、45分まで

耐えた後、12分間は170wまで負荷をダウン。そこからまた200wに戻して、

最後の30秒だけ214wにした。昔はこの負荷でキープできたのになぁ。ま、疲

れてたし、超久し振りだし、こんなもんかね。とにかく、1Lのスポーツドリンクを飲

みながらやったんだけど、終わった後もかなり水を飲んだほど。汗が凄かった。

          

その後は、しばらく休んでトラックの競技会を眺めた後、ランニングマシン(or

トレッドミル)を3.8kmだけ軽く。20分制限になってたから、時速10kmから

徐々に上げて行って、最後は16kmまで持って行った。バイクでガクガクの足

腰にしては、意外に動いたね。やっぱりランニングマシンって、面白いし好き

な。またやろっと♪

      

それにしても、今日は台風通過の影響で、涼しくて助かった。不安定な天気だ

から、ジムにしたのも正解。もし自転車に乗ってたら、雨で寒かったと思う。これ

で乗鞍まで残り2週間。大敗はほぼ決定だけど、ま、最後まで投げずに頑張ろ

う。ランニングの復活へとつなげたいしね。そうそう、東京も申し込まなきゃ!☆彡

    

☆バイクの内容:

 170w(毎分80回転)×5分,180(同)×5、190(同)×5、200(同)×30、

 170(70)×12、200(80)×2.5、214(85)×0.5

         

P.S.男子10000m、ベケレ(エチオピア)、五輪新記録27分01秒17で連覇、

    おめでとう! 日本の竹沢健介(早大)28位(28分23秒28)、松宮隆行

    31位(28分39秒77)、おつかれさま♪

| | コメント (0)

暑過ぎて水浴び&給水ばっか・・

BIKE 75km,時速25.8km,心拍138

ボルト、9秒69世界新記録! 凄い速さだな。流してあれだから、本気なら9秒5

くらい狙えそう。ともかく、ジャマイカの若き巨人スプリンター、ウサイン・ボルト、

陸上男子100m金メダル、おめでとう☆ 明日は土佐礼子の番かな♪ そうそ

う、レスリングの吉田沙保里も金メダルおめでとう☆ ケイリン・永井清史の銅も

自転車界にとって画期的!

                

080816 さて、3流市民アスリー

 トのお話。暑かったっ

 て言うより、熱かった

 ~~! 朝はそうでも

 なかったのに、昼にか

 けて急激に上がった

 て感じ。いつもより遅

 い時間帯だっていう

080816b のが大きいんだろうけど、それ

 だけじゃないな。台風の影響で、

 太陽の照りつけが強烈だった気

 がする。実際、私だけじゃなくて、

 多摩川を走ってたほとんど全員が

 元気ない走りだった。のせいも

 あるけどね。。

 さて、今週は何と5日連続サボリ

 7割くらいは仕事のせいだから、

 仕方ない面もある。言い訳はと

080816c もかく、さすがに今日

 は走らなきゃマズかっ

 たんだけど、やっぱり

 早起きできなかった。

 かなり夏バテしてるん

 だよなぁ。おまけにブ

 ログの『コード・ブルー』

 レビューをチョコチョ

コと手直ししたから、出発は何と9時半近く。今シーズン一番遅いスタートになっ

てしまった。

   

5日間も休養したから脚は軽いだろうと思ったら大間違い。最初から何となく鈍い

感じ。多摩川到着後、抜いて行ったロードバイク(レーサー)とバトルになって、向

かい風で時速36kmまで上がった時には一気にエンジン全開だったけど、すぐ

に25kmまで減速したからガクッて感じ。ほんと、多摩川で30km台半ばを長く

持続できる自転車って、ほとんど見たことないな。私も含めてね。ま、危ないって

のもあるけどさ。

      

で、その後は暑さと向かい風に苦しみながら、重い脚で国立折返しまで。余りに

暑いから、トイレの洗面所で軽く水浴び。復路は府中四谷橋を渡って「あさ川」

沿いの道を探検。今日初めて川の名前を知ったな。余りに暑くて熱射病の危険

を感じたから、途中で川に降りてまた水浴び。ここ、結構大きい魚もいるし、水

もわりとキレイに見えるね。川遊びしていい場所なのかどうか知らないけど、私

が子供だったら遊び場にするな。

    

水浴びした後は折り返して、小さな公園に寄り道してまた水浴び。その後は多

摩川サイクリングロードに戻って、追い風の中を軽く流す。場所によっては軽く

35km出たから、やっぱり普段より風がきつい。ま、南の海上に台風があるん

だから、北風が強いのは当たり前。そこそこ速いロードバイクを発見したから、

またくっ付いたんだけど、また5kmくらいでスローダウン。抜いてもわざと付いて

来なかったってことは、バトルが嫌だったのか。いわゆるロードバイクってのは、

もともとレーサーだから、競技で戦うための自転車なんだけどね。

            

その後は、さらに1回水浴びして、多摩水道橋の下流側でまたロードバイクを追

走。30km台前半をラクにキープしてたから結構速いし、明らかに逃げようとし

てたんだけど、その程度じゃいくら私の足が重くても無理♪ ま、5kmほど引っ

張ってくれてありがとうって感じだ。給水は全部で4Lくらいしたんじゃないかな。

飲みまくりで、糖分だけでエネルギーを摂ってた感じだ。良くないことだね。。

        

ところでこの日は、うっかり忘れてたけど、多摩川花火大会の日。午後からは

少しずつ自転車の通行制限が始まってたから、ちょうどいいタイミングで走り終

080816d えることができて、ラッキーだった。帰宅後は、

 今年初めてのシャーベットを食べて、頭がキー

 ン・・(^^ゞ いやぁ、夏っぽくていいネ。ともかく、

 走りはヨロヨロしてたけど、プチ川遊び、プチ

 バトル3回、シャーベット、花火の準備見物と、な

かなか夏気分を味わうことができた走りだった。ま、こんな事やってちゃ、乗鞍

の大敗は決定だな。。☆彡

| | コメント (0)

誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

 私たちって 誰のために医者やってるのかな

 難しいね 医者になるのって

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 色々ご迷惑おかけしました もう退院しました 二度と 会うことはないと思います

 ・・・そう・・・

 最低です 私 自分の恋人の命からも 逃げ出した

 こんな私が ヘリに乗っててもいいんでしょうか

 オレも 自分が一番大事だよ

 ばあちゃんが大切なら もっとラクな科に移ればいい

 本当に心配なら 少しでも長く一緒にいればいい

 でもオレは そうしなかった そうできなかった

 大切なんだよ 自分が ばあちゃんの面倒みるより

 オペに入ったり ヘリに乗りたい 自分の腕を磨きたい

 結局オレも 自分自身が一番大切なんだ

 時々わからなくなるけどな 何が一番大事なことなのか

 ・・・でもオレは 明日もヘリに乗るよ

   (・・・涙が一滴・・・)

 多分 これからもずっと

   (・・・号泣・・・)

      (ヘリのドアを閉めて立ち去る・・・)

          

          ☆          ☆          ☆

素晴らしい!とか絶賛するには、あと一歩って感じだけど、これなら十分満足

できる出来だ♪ おかげで、またレビュー打ち切りには出来なかったな。。前回

同様、今回も見てる途中で演出家が分かってしまった。これが、コード・ブルー

の中では出来のいい第4話・第5話を担当した、葉山浩樹の作品だ♪ 同じ

本家(林宏治)の連続ドラマが、演出家によってこれほどハッキリ違うのを感じ

たのは初めてのこと。その意味では、勉強させてくれてありがとうって感じかな。

     

例えば前回のラスト、絹江ばあちゃん(島かおり)藍沢(山P=山下智久)

泣かせた直後だけに、今回はやりにくかったはずだ。それでも葉山は、今回の

ラストで再び、ばあちゃん&耕作でしんみりといいシーンを作ってくれた。私の

つぶらな瞳は、今回は輝かなかったのに、むしろ見終わった後の感触は今回

の方がいいのだ。前回は、絹江の台詞の繰り返しと演技が過剰で、引いてた

部分もあったけど、今回はしっかり抑制が効いてる。山Pの美しさとか、一瞬の

涙の効果だけに依存してるんじゃないドラマ作りとして、好感もてるし、じっくり

余韻を味わえるのだ。

     

あるいは、ヘリコプターの使い方。本来のドクターヘリとしての活躍は目立たな

かったけど、要するに今回は、冴島はるか(比嘉愛未)を緊急救命するための

ヘリとして使われてるわけで、かなり味のあるヒネリだ。そのアイデアは脚本家

が出したにせよ、ドラマの中できっちり救命ヘリに仕上げたのは演出家の技。

映像の撮り方・つなぎ方とか、パイロットの梶(寺島進)の使い方が上手かった。

夕陽や陰影、ヘリのドア、ミスチル=Mr.Childrenの主題歌『HANABI』のアレン

ジ&映像コンビネーション、シートをかけに行こうとする部下を梶が止めたりね。

シーン最後、ヘリ全体を映すカットも美しい。

                 

山Pと違って、冴島が号泣したところで、ドラマへのポジティブな効果は大きくは

ないだろうけど、かなり感じが悪かったフライトナースの落とし所を上手く作ったっ

て感じだろう。これで、クールでドライな藍沢と冴島のウェットな人間味を表現し

たから、来週はもう一人のクール男、黒田(柳葉敏郎)の番ってことかね。

     

あと、分かりやすい演出としては、冴島の元カレ・田沢悟史(平山広行)が病院

を出て行く直前の、エレベーターの扉の使い方なんてのもある。光る扉を、涙で

歪んだ鏡のように使って、距離をおいてる冴島の姿を映してるわけで、やり過ぎ

ると台無しとか逆効果になってしまう技を、ほど良い程度に使ってた。

    

ここまで、葉山演出の上手さを個別に3つ見てきたけど、一番大きいのは、彼

が担当すると、断片の寄せ集めじゃなくて、ちゃんと1本のドラマになってること

だ。まるで、脚本家が代わったようにさえ感じてしまう。演出家が脚本にどの程

度関与してるのかは、ケースバイケースだろうし、ホントにごく一部の関係者し

か実情は知らないんだろう。ただ、葉山が演出する時は、テーマ性が明確なの

だ。今回は、第5話の「必要」ほど明確でもなかったものの、「誰のために」とか

「何のために」という主題が扱われてるのは明らかだろう。目的、意図、理由

いうことだ。

           

これは「必要」を変奏したと見ることも可能だし、ドラマでよく扱われる話とも言

える。ウチのレビューで言うと、山P&亀梨和也&堀北真希による「誰かのため

に、自分のために~野ブタ最終回」とか、そのタイトルを逆転した、沢尻エリカ様

&山田孝之「自分のために、誰かのために~『タイヨウのうた』第4話」なんての

が、そうゆう話を扱ってるものだ。

                 

何のために医療にたずさわってるのかという問題は、より一般的な「何のため

に生きてるのか」という問題の、医療ドラマ・ヴァージョンと言っていい。医療とい

うのは、見かけ上は患者のためという目的がハッキリあるんだけど、個々の医

療従事者を具体的に細かく見ていけば、とてもそんなキレイ事ではないはずだ。

ましてや、「何のために生きるか」なんて話は遥かに複雑で難解な問題とも言え

るだろう。

     

「何のため」という話には、2つの側面がある。当事者の意識(or意図)の側面

と、行為の価値の側面だ。これらは、裁判の時によく問題にされる2つでもある。

どう考えてのことなのか、結果としてどうだったのか。この2要素を中心に、今回

脚光を浴びた登場人物の一人一人について、簡単に分析してみよう。

        

まずは第7話の主役ともいうべき、冴島。彼女は、自意識としては自分のために

生きてるし、元カレから身を遠ざけてることの価値から考えても、自分のために

生きてることになる。総合的に見ると当然、冴島は自分のために生きてて、悟史

のためではない。これは、フツーの感覚だとあまり感心しないことだから、冴島自

身も苦しむわけだ。本当にいけないことかどうかは別として。ちなみに私が冴島

なら、別れた後、相手の気持ちを読み取りながら知り合いとして適度に接触する。

                   

続いて、藍沢の生き方。自分の意識としては、ほぼ自分のため。その生き方の

持ってる価値から考えると、患者のためと同時に、藍沢自身のためになってる。

いずれにせよ、認知症になってまでお菓子をいっぱい買ってくれようとしてる、

大切なばあちゃんのために生きてることにはなってないのだ。もちろん、藍沢も

多少はフツーの感覚を持ってるから、冴島同様に苦しむことになる。きつく非難

してきた藤川(浅利陽介)をにらみつけながらも、最後は少しだけばあちゃんの

ために時間を割いたわけだ。

     

それが結果的に、自分のためにもなってたことは言うまでもなかろう。箸を投げ

捨てて、素手でご飯を食べ始めたばあちゃんに合わせて、藍沢も素手で食べ始

めた時の、ばあちゃんの嬉しそうな顔。あの笑顔が、今後の藍沢にとってプラス

にならない訳がない。

   

さらに、冴島の次くらいに今回目立ってた三井(りょう)はどうか。自分の意識とし

ては、自分のために(1年前の自分を感情移入して)、真壁清の妻の処置を誤っ

て、母子共に死なせてしまった。この医療行為の価値はマイナスで、ほとんど誰

のためにもなってない。トータルで見て、彼女は自分のために感情的治療をして

失敗したことになってしまって、深く苦しみ続けることになる。女性視聴者は共感

できたとしても、裁判でも有利ではないだろう。

       

病院側の最後に、田所部長(児玉清)。彼も自分のために、僻地の島の診療所

でずっとラクをしてたとのこと。でもそれはもちろん、住民のためにもなってた。マ

イナス面は少ないのだ。だから、「偽善」とか自嘲しつつも、田所はそれなりに安

定した心を保てるだろう。その余裕が、三井への心配りに使われてたわけだ。

         

一方、4人の患者はどうか。まず悟史は、自分のために病院に出向いて、さやか

に会うことを期待した。この行為は結果的に、自分のためにも冴島のためにもなっ

たと見るべきだろう。だから悟史は、病院に来たことに関しては、「何のために」と

悩むことはない。ただ、ALS(筋萎縮性側索硬化症:amyotrophic lateral sclerosis)

という進行性の難病と共にあと5年生きることに関しては、今後も何のためと悩み

続けるに違いない。早くしないと、自分で自分の命を終わらせる自由さえ、完全に

消えてしまう。首の傷さえ、つけられなくなるのだから。

         

続いて、ばあちゃんは、耕作にお菓子を買ってあげるために、お金に固執した。

結果としても、耕作の美しい涙につながったし、ドラマの流れ的には耕作のため

の存在と言っていい。ただ、もはや自分の意識としては、何のために生きてるか

という考えが消えてる可能性が高い。彼女が生きてることの価値は、藍沢にとっ

て多少あるって程度だろうけど、もはやそうした事で悩んだりする状況でもなさそ

うだ。ある意味、生きながら悟りの境地に達したと言えるかも知れない。 

           

さらに、真壁(阿南健治)は、亡くなった妻子のためにと言うよりも、自分のやり場

のない気持ちのために裁判を起こして闘ってるものの、自分にも三井にも価値

のない、むなしい闘争に陥ってる。急な体調悪化で三井の気持ちも理解できたし、

こんな裁判は無意味だから止めようって話になりそうだ。賠償金のためでもなさ

そうだしね。

                

最後に、大山恒夫あらためメリージェーン洋子(古本新乃輔)。カレは、自分の意

識としては好きな男のために性転換手術をバンコクで受けて、絶食に耐えられず

に腸閉塞を起こしてしまった。腸管を切除して膣を形成したのに、彼は喜んでくれ

るどころか、あっさり電話でサヨナラ。大変な思いをして、彼も失って、結果的に

は途方もないマイナスとなってしまった。あらかじめ予想できたけど、それでも彼

だけは違うと信じて、愛する彼のために頑張ったわけだ。

    

その意味では、ばあちゃんに近い特殊な存在として扱われてると言ってもいいし、

同じ時間帯で前クールにやってた『ラスト・フレンズ』の軽い引用とも言えるだろう。

広義の性同一性障害(性別違和症候群)だった瑠可(ルカ)=上野樹里には、今

でもウチにちょくちょく検索が入ってる。ラスフレはともかく、「洋子」の手術はやが

て、新しい彼のためになるかも知れないし、もともとそうゆう性癖なんだから、自

分のためでもあるはずだ。そんなに後を引く失敗でもないだろう。「ブス」な医者

とも仲良くなれたし、大きな目で見れば結果オーライじゃないかな。白石がニュー

ハーフ・ショー(?)を見に来てくれるかどうかはともかくとして♪

          

           ☆          ☆          ☆
   
前からあちこちで触れてるけど、「何のために」と考えること自体、それほど普通

のことじゃない。人は普通、生きてる中でいちいちそんな事は考えないし、たとえ

何のためにもならなくても生きていくわけだ。逆に言うと、「何のために」と考える

時点で、何か特殊な状況、特にネガティブな置かれてることになる。病気、貧困、

失恋、家庭の不和、絶望、等々。その意味では、ばあちゃんこそが一番「自然」

に生きてると言ってもいいだろう。食べたくないものは食べない。食べたければ、

人目や常識を気にせずに素手でむさぼり食う。大切な財布を取り上げられると、

反射的に騒ぎ立てる。大人として、社会人としてどうかって話はあるけど、本人

はそのまま自然に生きてるだけだ。

        

それと似て非なる存在が、白石(新垣結衣)だろう。もともとルックスにも家庭環

境にも才能にも恵まれてるし、緋山(戸田恵梨香)と違って性格も素直で真面目

で優しい。何のためとか特に考えなくても、単純に患者のためとか地域医療の

ためとかで済ませて、これまでやって来れたようだ。ただ、ドラマで描かれるかど

うかはともかく、いずれ一度は大きく躓くことになるだろう。医療ミス、医療裁判、

自分の病気、プライベートの問題、能力の限界の認識、等々。

    

その時、鍛えられてない心が耐えられるかどうかは分からない。少なくとも、親

以外に支えてくれる人を持ってる方が良さそうだ。でも、ここから藍沢との恋愛話

に持っていくのは、ドラマ的に時間が不足気味。やるとしたら、来週第8話が最

後のチャンスだと思う。

    

        ☆          ☆          ☆     

ともかくこうして、今回のドラマは「何のために」という主題を様々な色合いで描き

出してるわけで、やや散漫にも感じるけど、まずまずのまとまりにはなってる。も

ちろん、答えを出してないのは一向に構わないわけだ。そんなものに一般的な答

えなんてあるはずはない。

    

むしろ重要なのは、我々自身がドラマをきっかけに、少しでいいから「何のため」

という問いを自分に投げかけてみることだろう。本当に重要な時のための、練習

的な思考と言ってもいい。何のためにこんな理屈っぽい記事を書いてるのか。あ

るいは、読んでるのか。なぜドラマを見てるのか。どうして生きてるのか。こうした

深い根源的な問いは、それ自体に人間的な価値や意義があるかも知れないし、

悩みの解消につながるかも知れないし、人生を豊かにしてくれる可能性もある。

    

その意味で、そうした問いへの導きとなる今回のドラマは、視聴者のためになっ

てるだろう。ま、視聴率のためになってるとは言えないだろうけどさ。第7話の視

聴率は10.8%と急落。『太陽と海の教室』第4話とほぼ同じの低い数字だけど、

両方とも五輪の影響もあるし、気にすることはない。どちらも満足な出来だった。

特に、織田裕二&北乃きい&ショパンが大活躍した『太陽と海』はね♪

それでは。。☆彡

        

             ☆          ☆          ☆

P.S.五輪は、やっぱり北島康介の連続二冠の影響が大きかったかな(報道

    ステーション)。あるいは、TBSの野球・日本vs台湾か、NHKの柔道か。

    ま、私もブログが無ければ五輪見てるもんね。

    あっ、北島が現役引退なの? ま、スポーツ選手はコロコロ言う事が変わ

    るから、話半分って言うか、話4分の1くらいで聞いとこう。とりあえず、素

    晴らしい活躍&鍛錬、おつかれさま♪ 

    

P.S.2 脇役気味の扱いになってる戸田恵梨香。車のCM(マツダのDEMIO)

      はなかなかセクシーだし、着物のCM(京都きもの友禅)も可愛いね♪

      あのコもまだ19歳なんだよなぁ。8月17日の誕生日で20歳。うらやま

      しいなぁ。。

         

P.S.3 最近、Googleの扱いが良くなってるせいで、色々と面白い検索が増え

      ている。例えば、「コード・ブルー 網タイツ」だと、約38400件中の4位

      にランクイン♪ ま、今回もまたCS・轟木聖子(遊井亮子)が頑張って

      たから、検索が入って来るかな。森本(勝村政信)も検索してるかも♪

         

P.S.4 実はすべての人間が、進行性の難病患者だ。数十年しか生きられず、

      治療法もない難病。それこそが、老衰だ。。

    

P.S.5 ウィキペディアによると、S字結腸を用いた性転換手術(男→女)は、

      欧米圏で主流だけど、タイではそうでもないらしい。ドラマの正確な設

      定は不明だけど、腸管を直接使ったのではないのかも。。

              

P.S.6 メリージェーン洋子に対する緋山の言い間違い(or ギャグ)「コモエスタ・

      ジュンコ」とは、スペイン語で「どうですか。ジュンコさん」という軽い挨拶

      になるらしい。「コモ エスタ」(como esta,アクセント記号省略)とは、英

      語に直訳すると「 how is 」のようだ。たま~に聞く言葉かな。要するに

      「コモエスタ・ジュンコ」は、英語の「how are you」みたいな言葉だ ☆彡

               

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (9) | トラックバック (9)

北京五輪、マイナー競技を楽しむのは一苦労・・

自転車のテキストライブ(文章による生中継)って、ここにあるのか! いやぁ、発

見するまで1時間もかかっちゃったな。達成感はあるけど、失った時間が大きすぎ

て徒労感も巨大。それにしても、どうしてハッキリした形で情報を載せてるサイトが

一つもないのかね。今さらウチが書いても、北京五輪の自転車ロードレースに関し

てはもう遅いけど、まあ半ば日記だしOKでしょ。他のレースにも使える情報だしね。

          

さて、昨日やっと仕事が一区切りついたから、今朝は走ろうと思ってたのに、余り

の疲れで起きられず。代わりに夜のジムに行って、ランニングマシンとバイクをや

ろうと思ったけど、暑くて疲れてて、家の外に出る気さえしない。ダメだよなぁ。。

せめて、有意義な時間の使い方をしようと思って、溜まってた新聞を読み始めた

わけ。ここ1週間、ほとんどチラ見しかしてなくて、処分も出来ずに部屋のゴミと化

してたから、目を通して片付けなきゃなんない。

        

で、今日8月14日の朝日新聞朝刊を見始めて、最初に目にとまったのは、恒例

の社会面の企画「もっと知りたい!」の、「日本の地名、中国で商標に」って記事。

青森とかの都道府県名が中国で勝手に商標登録されてるって話で、昔から知っ

てたけど、まだやってたのかって感じだね。よく読むと、日本も以前はやってたっ

て言うから、あんまし他国のことは言えたもんじゃないよな ^^;

   

その次に目に留まった記事にやられちゃったわけよ。文化面の「五輪 映像の力

(下) マイナー競技もネット動画で」。民放が共同で立ち上げた「gorin.jp」で、射撃

とかまで見れるって話で、早速アクセス。自転車の男女ロードレースとテニスをチ

ラッと楽しんだ。最初のCMがうざいし放送が短いけど、そこそこ楽しめるね。あり

がたい時代になったもんだ♪ 

    

そこからが脱線に次ぐ脱線。選手の個人サイトにリンクが貼ってあったので、あ

ちこち飛んでみると、テキストライブ(英語)を読んだとかいう読者の書き込みを

発見した。あれはマジメに読むと臨場感があって面白い。「CYCLINGTIME.com」

でやってるツール・ド・フランス(日本語)のものや、ツール公式サイトのフランス

語・英語なら時々読んでるけど、北京五輪については知らないし、アクセスして

も見当たらない。新聞に載ってた中国中央テレビの「CCTV.com」もチェックした

けどダメ。検索はYahoo!もGoogleもやってるけど、正しくヒットしてる情報が

ほとんどあの掲示板だけみたいなのだ。

            

私はよほどの事がない限り、あそこはパスしてるんだけど、仕方なくアクセスす

ると、独特の文体はともかく、やっぱりきちんとした情報がない。海外の動画サ

イトへのリンクをたどると、怪しげで重いサイトが登場。結局、役に立たなかっ

た。1時間もかけて、結局見つからなかったか・・・と諦めかけた瞬間、ついに

検索で発見した。世界初の自転車情報サイトと自称する「cyclingnews.com」

ここの北京五輪特集ページで、ロードレースも個人タイムトライアルも、テキスト

ライブをやってた。なるほど、「Complete live report」って名前になってるから、

なかなか見つからなかったわけか。

        

今さらって感じはあるけど、まあこのサイトは今後もマニアックな用途で使えそう

だ。英語がフツーに読める自転車ファンにはお勧め♪ って言うか、そうゆう人

はとっくの昔に知ってるんだろうな。私も多分、昔のパソコンならお気に入りとか

ブックマークに入れてると思う。何しろ、去年の夏以来ほとんど自転車と無縁の

生活を送ってたもんで。。

    

という訳で、マイナー競技をリアルタイムで楽しむのは大変だなってお話♪ ほん

と、陸上はかなりメジャーなのに、自転車はほとんど相手にされてないもんね。ま、

実力的にも人気的にも、仕方ないってことか。あぁ、もう日付けが変わるからアッ

プしよっと。ちなみに、山P=山下智久の『コード・ブルー』第7話のレビューは、明

日の午後にでも軽くアップしようかなって感じだ。

それでは。。☆彡  

| | コメント (0)

単なるフツーの日記だけど、何か♪

あぶない、あぶない。。また余裕がなくて忘れそうになったわ。いやぁ、今日は

お盆だけど、昼間ずっと家でお仕事してたのよ。ま、要するに、お盆前に仕上げ

なきゃいけない仕事がズルズル遅れちゃってたわけ。

    

ホントは昨日、『太陽と海の教室』第4話のレビューなんて書いてるヒマなかった

のに、余りに素晴らしかったから、仕事そっちのけで書いちゃったんだよな。。

あっ、これはちょっと不正確かも。今期のウチのメインだから、なるべく早くアップ

して、アクセス数を稼ぎたかったってのはある。何と正直者なんだ! 金の斧と

銀の斧を自分にあげよう♪

     

で、話をもとに戻すと、仕上げた仕事を夕方あわてて遠くの職場まで持参。締

切日だから、郵送じゃ間に合わないもんね。そこで思ったのは、意外にみんな

出かけてないんだなってこと。地下鉄もJRも私鉄も、普段とあんまし変わらな

かった気がするな。景気の後退が影響してるのかね。もっとガラガラの車内を

期待してたのに、席が空いてないのにはガッカリ。寝てないんだけどなぁ。。

     

帰宅後は、たまった急ぎの雑用をこなして、今ようやくブログの順番になったわ

け。北京五輪は、競泳男子200mバタフライで松田丈志が銅メダル柔道女子

70kg級で上野雅恵が金メダル(連覇)フェンシング男子・太田雄貴が銀メダ

って感じかな。それより、ダルビッシュがキューバに打ち込まれた野球の方が

注目度高いのかも。個人的にはやっぱり、欠場した野口みずきが気になるなぁ。

直前のNHKスペシャルの内容(40km走リタイア&涙とか)がちょっと気になっ

てたけど、悪い予感が当たってしまった形だ。まあじっくり治して、今度は日本記

録更新とか目指して欲しいもの。ラドクリフの世界記録は余りにも遠いけどね。

      

それにしても、開会式の歌は口パク、足型花火はCGって話にはガッカリした。

口パクで裏方に回された女の子、名前も顔写真も報道されちゃって可哀相。。

足型花火は変な映像だと思ったけど、インパクトは凄くあったのになぁ。。ホント、

最近は事実とフィクションが恐ろしく曖昧だし、偽装が多過ぎてウンザリ。。

      

ま、このくらい書けば十分でしょ。もう眠くて眠くて。ではまた。。☆彡

    

| | コメント (0)

恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

 謝ってんじゃん いつまで怒ってんのよぉ

 うるせぇ! 

     (あっ これ撮ってんの 私だ・・・

     (今と関係変わってない) 

     (鼻血出てる 鼻血

 見してみ 鼻 曲がってない?

     (これでまたケンカしたんだ・・

 何か聴こえる

 うん? 誰か ピアノ弾いてるんだよ

 キレイな曲だな

 洋貴でもキレイな曲だとか思ったりするんだ

 うるせぇなぁ

 これね ショパンだよ

 ショパン? 何 何パン?

 ショパンはパンじゃないわよ 作曲家 これはショパンのノクターン

   (教室シーンの回想:パンじゃねぇよ ショパンだよ 覚えてねぇならいいよ

 何よ 私の鼻は見ないでいいわよ

 鼻なんか見てねぇよ 鼻の 下だよ

 鼻の下って?

    (唇だよ♪

    (エーッ! 洋貴 凛久の唇見てんの?

    (凛久は気付いてないよ)

       ブチッ・・・ビデオを凛久が止める

 エェ~~~ッ!!

 勉強 勉強!

 ・・・・・・♪

 うるさい!

 何も言ってませんけど♪

    

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい!!5年3組白崎凛久白坂奈々?)の体操着姿が♪・・じゃなくて、

ビーチバレーの凛久(北乃きい)のミニスカ・タイプの水着が♪ ビーチウェアだっ

け? いや、そうゆう話じゃなくて、何と言ってもショパンが素晴らしい☆ まるで

『ラスト・フレンズ』の宗佑(錦戸亮)が明るくサッパリしたような生徒、三崎雅行

(中村優一)。彼が、凛久たちのエッチ話に続くシーンでいきなり奏で始めたの

は、フレデリック・ショパンの名曲『英雄ポロネーズ』。懐かしいねぇ。。

       

ウチの熱心な読者の方はご存知だろう。私の小市民的自慢の一つに、YAMA

HA音楽教室のエリートだったって話があることを。いや、クラスは10人くらいだっ

たけどさ♪ まあでも、音楽とかピアノ(or オルガン,ピアニカ)に対する関心は

小さい頃から人並み以上に持ってたし、音程にせよリズムにせよ、音感は良かっ

た。高校の選択科目も音楽で、音譜の書き取りは一番だったし、年末には市民

ホールで「ハレルヤ」の合唱もしてる。ご希望の方には、ダビングして進呈しよう。

要らない? あっ、そう♪

        

で、この『英雄ポロネーズ』(ポロネーズ第6番変イ長調・作品53,1842年)は、

高校の音楽でレポートを書いた曲の一つだったはずだ。残念ながら残ってない

けど、何回も聴き直して細かく書いたから、お気に入りの曲だったのは確か。

ビューっていう意味では、今のドラマ記事の原型だったと言えるかも知れない。

今現在ウチにある唯一のクラシックCDもショパンで、当然この曲も入ってる。い

や、正直言うと、今CD探したら見つからなかったんだけどさ♪

     

さて、そのCDには当然、北島康介が北京五輪100m平泳ぎ金メダルへの追い

上げを開始した、得意の50mターンは入ってないけど、『ノクターン』なら入って

る・・・って、寒いわ! 誰でも耳にしたことはある、夜想曲第2番・変ホ長調・作品

9-2(1831年)ね。この曲と共に、洋貴(北村匠海=たくみ)と凛久は恋に落ち

て、いきなり「線」を越えたようだ。何と美しくドラマチックな展開。。

          

今回のドラマは全体的に、見た目より遥かに巧みな構成になってる見事な作品

だけど、ドッジボールの後の教室の2人に焦点を当てて分析してみよう。あの小

学校シーンのポイントは、ドッジボール、頭にぶつける、ショパンの曲、ショパンっ

て何パン?っていうボケ&ツッコミ、幼い痴話ゲンカ、自分の恋心に対する洋貴

の気付き、そして、ファースト・キスだ。

        

こうした数々の要素は、ドラマの各部分と上手く結び付けられている。まず、ドッ

ジボール(orドッヂボール)には、ドラマの一番最初の会話(凛久&H女子高生

2人)で、早々とつながりが作られてる。櫻井朔太郎(織田裕二)が話を持って

来たビーチバレーも、ドッジボールと似た、お遊び感覚の強いスポーツで、コー

トの中央には線が引かれてる。その意味では、人気のオグシオ(小椋久美子,

潮田玲子)が負けちゃったバドミントンでもいいけど、それじゃあ北乃きいの水

着姿が見せられないわけよ♪

             

三崎の頭に焼きそばパンのヤキソバが当たったのは、後のビデオの伏線だし、

ビーチバレーで凛久の頭にボールがぶつかるシーンの伏線でもある。ショパンの

曲は、ドラマの最初が芸術性の強い『英雄ポロネーズ』で、ビデオの方は子供で

も好感もてる甘い『ノクターン』。「ショパンって何パン?」って言葉は、高校の教

室でも反復されてたし(ボケが洋貴から凛久へと交替)、痴話ゲンカも7年の月日

を経て反復されてる。ケンカの途中で洋貴の方が少し先に恋を自覚するのも同

じで、ファーストキス(or セカンドキス)を試みるのも同じ。

               

こうゆう列挙の形で、断片的に見ただけでも、緻密な構成は明らかだけど、こ

のドラマの優れた所は、しっかりした深みもある点だ。軽くて明るい話をテンポ

良く展開するだけじゃなく、じっくり考えながら見る余地も作ってあって、しかも

それが非常にユニークな切り口になっている。脚本家の坂元裕二は、相当な

才能と実力の持ち主と見た☆

     

今回だと、一番深みのある言葉は、もちろん「線=せん」だ。誰でも子どもの頃

には持ってなかったのに、いつの間にか沢山引いてしまう、「なれません」とか

「できません」という名の否定的な「線=せん」。自分の限界を決める線を、ただ

乗り越えて行こうなんて話ならありふれてるけど、櫻井の話はそうじゃなかった。

「できま線」にしたがって、逃げてもいいんだと、ハッキリ三崎の前で語ったのだ。

つまり、「もうピアノは弾けません」というのもアリってことで、単に「頑張れ」とい

う励ましをかけたんじゃない。

          

ただ、「なれま線」「できま線」を自分の中に沢山ひいて、自分の「地図」を作る

だけではダメ。時には、線を越え、限界を超え、可能性を信じて、「向こう側」へ

「はみ出して行く」ことも必要になる。つまり、地図を壊すことが重要なのだ。今

回だと、もし三崎がホントは今でもピアノが大好きなのなら、目先の1日10時

間特訓とか演奏会のプレッシャーから逃げずに、「ひけま線」という限界をはみ

出していかなければならない。

           

だからこそ、「崖の上のショパン」なのだ。ピアノへの恋心と覚悟を確認するため

のシチュエーションと儀式。櫻井は自腹で、半日2万円程度のトラック・レンタル

料金を払って、ハチ(濱田岳)、茂市(鍵本健)、川辺(山本裕典)、凛久、灯里

(吉高由里子)、貴林優奈(黒瀬真奈美)らに手伝わせて、ピアノを崖の上に運

んで、三崎に向かわせた。仲良しの校長(戸田恵子)と話をしてたから、学校の

ピアノかな。赤木(池田鉄洋)が怒り狂いそうだけどね♪

    

崖とは、単に邪魔な監視役がいないってだけの場所ではない。「崖っぷち」とい

う線が引かれてると同時に、その向こうに無限の海が広がってる特殊な場所

のだ。その線を越えるのは、勇気がいるし、失敗の可能性もある。でも、まだ高

校3年生で、いくらでもやり直しのチャンスがある時期。ホントに好きなら、やっ

てみろ! 櫻井のこの誘いかけは見事に成功。三崎は崖の上で、ぶどうパンを

食べた・・・じゃなくて、ショパンを弾いた。似てないわ! 

         

この時、三崎は、練習として無理やり弾かされるんじゃなく、いつの間にかピアノ

への恋に落ちた頃の気持ちを思い出すと共に、崖っぷちという線をはみ出して、

無限に広い海へと飛び込んだのだ。櫻井の言うように、「恋は、するもんじゃない。

落ちるもんだ」。意図的なものじゃなく、自然に何かに向かうポジティブなプロセス。

三崎は自然に=自分の本性にしたがって( naturally )ピアノに向かい、海へと飛

び立った。もちろん、演奏会も成功。大学の推薦も上手く行きそうだ。

               

この展開が、前回の話ともつながってることは明らかだろう。前回は、言葉を手

がかりに海を越えて世界に飛び出す話。今回は、音楽という特殊な言葉を手が

かりに海を越えて限界を突破する話がメインだったのだ。主題の巧みな変奏

言ってもいい。

          

その後、この三崎の勇気に後押しされるかのように、洋貴(岡田将生)も線を越

えようとする。2回目のキスという線。「鼻の下」の鼻血やティッシュを気にするこ

ともなく、もう少し下にある凛久の唇に触れようとしたのに、いい所で仲間が妨

害にやって来て、あわててケンカモードに戻ってた(編集でカットしただけかも)。

まあでも、この調子なら、やがてもっと太い線もはみ出していけるだろう。既に、

恋に落ちた瞬間まで思い出したし、忘れかけたらDVDを見直すこともできる。

そもそも凛久だって、早くサナギから蝶になって美しい羽を広げないと、エッチ

な女友達2人から、「キモイ奴」呼ばわりされちゃうもんね♪

                 

もう、これだけでも十分素晴らしいドラマだったのに、今回はさらなるオマケまで

付いてた。毎回独特の味わいを醸し出してる羽菜(谷村美月)大和(冨浦智嗣)

のお勉強カップル。図書室で勉強しながら、淡くて可愛い思いをメールでやり取

りしてる内に、図書室係(司書?)の女性の手から本が落ちた。その瞬間、2人

も恋に落ちて、同時にキスの線も越えた。明るく開放的な崖の上とは一変して、

暗く妖しげな本棚の間で。

        

勉強好きのせいで、凛久&洋貴カップルに7年遅れちゃったけど、一気に追撃。

あの後、2人はもっと隅の場所に移動して、次の線も越えたことは間違いない♪

ま、その辺りが図書室の限界線だし、月9の線でもあるだろう。

ちなみに私の場合は・・・エッ、興味ない? あっ、そう。じゃ、止めとこ♪   

          

         ☆          ☆          ☆

という訳で、今回のドラマが、恋に落ちて、線を越えて行く、美しくも緻密な物語

だったことはお分かり頂けただろう。時間さえあれば、何度でもリピートしたい

うな、北乃きいの水着倒れこみシーンだった。いや、そうじゃなくて、ロマンチック

でファンタジックな胸キュン・ラブストーリーだった☆ 私が今回のドラマへの恋

に落ちるのに要した時間は、わずか1分ほど。女子高生のH話とショパンの『英

雄ポロネーズ』を聴いただけで、第4話が過去最高の素晴らしい出来なのは明

らかだ。

       

もう間違いない。この夏のドラマ選択は大正解だ。太陽と海を前にした素敵な教

室で繰り広げられる、ビーチバレーみたいな遊び感覚の授業。怪獣と子どもが

愉快に繰り広げる、ひと時の青春ごっこ。学園ドラマの線をはみ出した、大胆な

チャレンジの今後に、ますます期待していこう。

ではまた。。☆彡

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.幼い洋貴役の北村匠海って、年齢と名前からすぐ、『プロポーズ大作戦』

    のケンゾー(山P=山下智久)の子役・北村海斗を思い出したけど、出身

    が東京と埼玉で離れてるし、関係ないのかな。でも、話の設定はプロポの

    ケンゾー&礼(松元環季,長澤まさみ)にちょっとだけ似てたね♪ 女の子

    がどっちも可愛かった・・・って、危ないわ!

     

P.S.2 『コード・ブルー』の演出家の一人に対しては厳しい態度を取ってるけ

      ど、ここ2回の『太陽と海』の演出(谷村政樹)はほとんど不満がない♪

      例えば、崖に向かう前に三崎が一人で胸に手を当ててる暗めの映像。

      これはもちろん、櫻井の変身ポーズのヴァリエーションで、幼虫からサ

      ナギに、あるいはサナギから蝶に脱皮していくための儀式だ。崖の上

      のピアノの映し方も非常に美しくて幻想的だし、演奏の際にみんなが

      三崎から距離を置いて、ピアノと1対1で向き合わせてるのもいい。櫻

      井がトラックで寝たフリしながら聞いてるなんてのは最高だ(脚本かな)。

                    

      あと、『ヤスコとケンジ』第1話で、ヤスコ(多部美華子)が空中を飛ぶ

      時間がちょっと短いっていう小さな不満をもらしたけど、今回ヤキソバ

      が空中を飛ぶ時間は十分かつピッタシで、その後の「ケガはない?」

      「ヤキソバでケガはしないだろ」っていう優奈&洋貴のおバカなやり取

      りと合わせて、上手く笑いを誘ってた。全体的な編集も必要かつ十分。

      テンポも非常に良くて、お見事だった♪

            

P.S.3 強いて欠点を挙げれば、やっぱり若葉(北川景子)の活躍不足かな。

      もうちょっと独特の面白みを引き出してあげればいいのにネ。あるい

      は、最後まで出し惜しみして、櫻井との関係も含めて一気に盛り上げよ

      うって戦略かも。。

   

P.S.4 おっちょこパーっていう凛久の台詞は、今後も使うのかね。単発の言葉

      遊びとしては、使い方が中途半端だった気はするな。ま、可愛いけど♪ 

      あと1回、白崎家代表としてお母さんが使ってれば、まとまりが良かった

      んだけど、流石にちょっと苦しかったか。。

             

P.S.5 第4話視聴率はさらに下がって10.7%。オリンピックとお盆の影響

      なんて言い訳しなくても、そんな「数字」はもはや気にする必要ない。

    

P.S.6 今回のサブタイトル「崖の上のショパン」が、先月公開の宮崎駿監督

      のアニメーション映画『崖の上のポニョ』(スタジオジブリ制作)をどの

      程度意識してるのかは分からない。まだ見てないし、ウィキや公式サ

      イトじゃ情報少ないしね。

      そういえば、4年前の『ハウルの動く城』は難解なアニメだったな。いつ

      かレビューしてみたい気はあるけど、余りにも流行遅れか。。☆彡

                 

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (5) | トラックバック (6)

東京湾大華火祭を見物♪

花火大会でビショ濡れになったのは初めてかも♪ 傘を持ってない人も半分くらい

080811 いたのに、みんな意外

 に冷静だったね。最寄

 り駅の一時閉鎖なんて

 事態まであったのに、

 大声で騒ぎ立ててたの

 はごく一部。まさに、

 人間は理性的動物だっ

 てことか。エライぞ、

080811b 見物客! 私も含めて

 ネ☆

    

 この日は早起きして自

 転車に乗った後、眠い

 目をこすりつつ、転ん

 でケガした手をかばい

 つつ、会場近くの勝ど

080811c き橋へ。色々あって、

 待ち合わせの友達とな

 かなか会えなかったん

 だけど、まあ都心のメ

 ジャーな花火だから、

 想定内だ。今は携帯が

 あるから、ちょっとく

 らい混乱しても何とか

080811d なる。会場周辺は携帯

 がつながりにくいって

 事前情報はあったもの

 の、実際はそれほど問

 題なくつながった。打

 ち上げ会場近くの観客

 席に座ってる時、つな

 がりにくかった程度か

080811e な。待ち合わせに関し

 ては実害なし。

   

 19時スタートの花火は、

 尺五寸玉10発も含め

 て約12000発が夜空

 に打ち上げられて、も

 ちろんキレイだった。

080811f 携帯の写メでさえ、そ

 こそこに見えると思う。

 ただ、これは光学3倍

 ズームを使ってるし、

 パソコンで少しだけ修

 正したものだ。実際は

 席がかなり後ろだった

 から、見上げるような

080811g 迫力は感じられなかっ

 たし、東京湾だから

 が明るいのも痛い所。

 やっぱり、田舎の暗い

 空の方が見栄えがする

 ね。江戸川花火とかさ。

 おっと、住民の方々に

 失礼か♪ あと、これ

も席のせいなのか、歓声が少なかった。スマイルとかハート型の時に一部の女の

子がキャーキャー言うのと、でっかい尺玉で一部の男性(私を含む♪)がオォーッ

とうなるのを除くと、やたらみんな静かだ。隅田川とか、最近行ってないけど、もっ

と声が上がってたと思うけどな。「タ~マヤ~!」っていうお馴染みの掛け声は、たっ

た1回しか聞かなかった。拍手もまばらだし、もうちょっとみんな反応しようよね。

     

良かった点と言えば、何といっても涼しかったこと♪ ヒヤロン(冷たい版ホカロン)

を買って持って行ったのに、暑がりの私でさえ全く不要。一杯いたアイス屋のおじ

さんには残念だったかも。仮設トイレが少ないせいもあって、冷たい飲み物もそ

れほど飲まなかった。今朝の朝日新聞(後援)を見ると、「猛暑をしばし忘れ」な

んて紋切り型の記事が載ってるけど、大ウソだ。実際には、ウチワを使ってる人

さえ少なかったほど。昼間の最高気温でさえ、28.8度にしかなってなくて、ここ

最近で一番暑くない日だった。個人的には大ラッキー。

           

ただ、涼しさをもたらしてた曇り空が、終了後から雨を降らせ始めて、15分後く

らいにはかなりの雨。まるで、北京五輪の開会式みたいだった。式の間は、直

前の人口消雨で降らなかったけど、終わった途端にまた降り始めたってやつね。    

私は折り畳み傘を持ってたけど、かなり濡れてしまった。持ってない人はハンカ

チを頭に乗っけたり、ビニールシートをかぶったり。まあ、夏だから冷たいってこ

ともなくて、浴衣姿の女の子たちの多くは平然と濡れて歩いてたけどネ。最近は

彩りが華やかでいいよなぁ。。☆

                  

ともかく、歩いて行った銀座のお店でのおしゃべりも含めると、直前の思いつきで

行ったにしては十分楽しめた夜だった。やっぱり夏は花火ってことよ♪ 約70万

人の観客の皆さん、お互いお疲れさま! 花火師さんを始めとするスタッフの皆

さん、どうもありがとう! 

第21回東京湾大華火祭 in 晴海のレポートは、これにて終了。それでは。。☆彡    

| | コメント (0)

コーナーの砂で転倒!ケガで戦意喪失・・

BIKE 71.6km,2時間42分,時速26.5,心拍132

コケた~! 去年の歩道の自損事故以来、1年ぶりかな。自転車の転倒は。目撃

者が5人ほどいらっしゃったから、名乗り出て頂ければサイン入り色紙をプレゼン

ト♪ 自転車とバイクを通じて、生まれて初めてのコケ方だったと思う。。

    

この日は、珍しく曇りで気温がやや低めって予報だったから、70kmほど稼いどこ

うと思って、また早起き&朝ラン。睡眠は3時間半だけど、涼しかったからわりとグッ

スリ眠れたと思う。軽い朝食とか、のんびり準備を済ませて、昨日に続いて多摩川

へ出発。お盆が近づいてるせいなのか、車も自転車もウォーカーも少ない気がし

た。いつもこんな感じだと走りやすいのにな。

      

昨日、ちょっと腰の痛みを感じてたから、軽めのギアをのんびり回して適当に走っ

てるうちに、多摩水道橋の上流側に到着。180度ターンを2回繰り返すクランク

の部分をゆっくり曲がろうとした途端に、ズルッ! 前輪が見事に滑って、キレイ

に内側にコケてしまった。が浮いてるのは分かってたけど、十分スピードを落

としてるから大丈夫だと思ったのになぁ。ま、ターンの時には内側のビンディング

(ペダルと靴の留め金)を外すようにしてるから、足はほとんど無傷。ただ、咄嗟

に両手を地面についたらしくて、右の手のひらと左腕から血が流れてた。

      

傷口を水で流そうと思ったのに、なかなかサイクリングロード脇に水道が見つか

らなくて、結局は国立折返しのトイレまで我慢。手が気になって、ますます走りは

080810 流し気味。その後、距

 離稼ぎと気分転換を兼

 ねて、府中四谷橋を渡っ

 て上流側へ探検。橋か

 ら4kmほど進んだ辺

 りで折り返した。3年

 ぶりくらいじゃないか

 な。のんびりした、い

080810b い道だね♪ 川(多摩

 川の支流かな)では4

 匹の犬が水浴びを楽し

 んでて、その様子を楽

 しんでる観客も数人い

 た。まったりと涼しげ

 で、なかなかイイな。

        

080810c 橋を渡って戻った後は、

 追い風なのに時速30

 km程度で、おまけに

 ロードバイク(レーサー)

 の後ろにくっついて、

 思い切りラクをした♪

 手が不自由だから、安

 全のためって意味もあ

る。やっぱり、誰かの後ろにいる方が安全だ。もちろん、車間距離は取ってるし、

前方は確認してるし、ブレーキに指をかけてるけどね。

        

今日はかなり走りやすいコンディションだから、100kmくらい流しても良かった

のに、やる事がたくさんあるから渋々帰宅。遊ぶ約束もあるし、お盆前に片付け

080810d なきゃなんない仕事もあるわけよ。頑張っ

 たご褒美は、『爽』ゴールデンパイナップル。

 美味し~い♪ さて、明日は軽いランニン

 グにしようかな。どこかでジムのバイクも回

 しとかなきゃなんないけど、いつにしようか

 考慮中。どうも最近、ジムに行く気がしなくて、

当分行ってないもんなぁ。ではまた。。☆彡

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.自転車・男子ロードレース、やっぱり残念な結果だった。宮沢崇史86位、

    別府史之が途中棄権宮沢は、今日の朝日新聞朝刊で見たけど、お母さ

    んのために肝臓提供手術をした後なのか。そりゃ、凄いわ。トップと31分

    差とはいえ、ゴールしただけでもお母さんは嬉しかっただろうね。

    それにしても、上位6人が、245kmを6時間23分49秒の同タイム。時

    速38kmくらいか。ツール・ド・フランスみたいなチームのサポートもない

    のに、よく走るね。恐るべし。。

    話かわって、野口みずきの状態が心配だ。こないだNHKスペシャルで

    努力と涙を見た直後だけに、これで欠場だと、言葉がないよなぁ。。

| | コメント (2)

多摩川北端までサイクリング♪

BIKE 102km,3時間57分,平均速度25.8,心拍139

暑かった~。。いい加減にして欲しいよな。最近完全に夏バテで、冷たい物ばっか

080809b 口にしてるから胃が弱っ

 てるし、パワーも出な

 い。まあ、それでも流

 石に5日間も自転車に

 乗ってないんじゃ話に

 ならないから、早起き

 して多摩川へ出発。

            

って言うか、あんまし早起きになってないのがそもそもの失敗だった。昨晩、22時

には寝ようと思ってたのに、北京五輪の開会式を見始めたら止められなくなって

まったわけよ (^^ゞ こんなに派手な開会式はこれで最後かもなんて話が、8月8日

の朝日新聞朝刊の「巨大五輪と決別へ」って記事に書いてたから、冥土の土産に

と思って一応見たわけ。世界中で4年に1回だけなんだから別にいいと思うけどね。

費用の問題を商業的に上手くクリアすればだけどさ。

           

印象に残ったのは、足の形の花火がメイン会場に向かって進んでいく様子かな。

まあ、やっぱ花火はキレイだ♪ あと、空中を駆けていく女の子が可愛かった。

こうして見ると、聖火もそうだけど、五輪の基本は走ることなんだね。

それに引き換え、聖火最終点火者で元体操選手の李寧は、あんまし可愛い姿じゃ

なかったね。実業界で成功すると、かつての「体操王子」もああなっちゃうわけか。

それはともかく、もしまた東京五輪を開催することになったら、あんまし税金は

使って欲しくない。なるべく放映権料の範囲で、程々にやって欲しいもんだ。

           

話を元に戻すと、北京五輪のせいであんまし早起きできなくて、ますます暑い時

間帯に走るハメになったって話。丸2日休養した後なのに、走り始めてすぐ身体

の重さに気付いて、おまけに暑さが身にしみたから、基本的にサイクリング感覚

の気楽な走りになってしまった。そうは言っても、結局トータルでたった一人にし

か抜かれてない♪ 速い連中は、時間帯か走る場所が違うんだろう。

            

080809d この日のコースは

 川サイクリングロー

 の北端(上流側の端っ

 こ)までの往復。ここ

 に来たのは1年ぶりく

 らいかな。ほとんど変

 わって無かったね。例

 によって、青い羽村堰

080809_2 下橋(はむらせきした

 ばし)を渡って数百m

 走ると、端っこ到達。

 左の写真の地点だ。

 ここまで、ウチから

 47kmほど。ここか

 ら自転車をおいて山に

 登る探検ごっこは、以

080809c 前Oさんと一緒にやっ

 て面白かったけど、こ

 の日は一人だし時間も

 ないからすぐUターン。

 橋の下で水遊びしてる

 人達が羨ましかったな。

 ちなみに、ホントはもっ

 と一杯写真を撮ったん

080809e2 だけど、途中でレンズ

 部分のガラスを汚して

 しまったらしくて、帰

 宅後に見たらボケボケ

 になってた。おバカな

 ミス。左の写真だと、

 圧縮してるからあんま

 しボケを感じないかも

知れないけど、元の画像はボケボケで、見るのも不愉快なのよ。。

          

復路でまた、サイクリングロード脇のセブンイレブンに行こうと思ったのに、やた

ら大勢のサイクリストがいたから、仕方なくパス。代わりに、府中四谷橋を渡って、

反対側の川岸をちょっと上って距離稼ぎしてる間に、自販機を発見した。ホント

はセブンイレブンでアイスを楽しむつもりだったのに、ちょっと残念かも♪ 

         

結局、100kmのノルマを無事こなしたけど、42×11の重いギアを多用したの

が予想外に効いて、腰が痛くなってしまった。仕方ないから、明日はランニング

にしようかな。ともかく、もう乗鞍まで余裕なし!☆彡

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.あれ、今、男子ロードレースの真っ最中なのか! フーミン=別府史之

    と宮沢崇史、両選手の健闘を祈ろう。と言いつつ、メダルの期待ができ

    ない所が辛いよな。。

       (レース後の追記: 宮沢86位、別府は途中棄権。きびしいねぇ・・)

   

P.S.2 五輪関連でもう一つ。何と、連覇が期待されてる野口みずきが一時

      入院してたとの情報。主に疲労の検査が目的だって言うけど、主にっ

      てことは、検査だけが目的ってことでもないわけね。出場か欠場か

      慎重に判断してるそうだから、かなり状態は悪いんだろう。レースは

      17日だから、休む時間はある。回復して出場できることを祈ろう。。

| | コメント (0)

親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

 小田さんはステージフォーの直腸がんです

 腰の骨や肋骨にまで転移が見られます

 それで それでどうなるの?

 放射線と化学療法で 保存的治療をします

 お父さん 死ぬの? 

  (・・・・・・)

 そんなぁ ねぇ そんなぁ いやだ 

 落ち着け!

 いやだ

 心配なんだよ お前が 思った以上に難しいぞ 人と一緒に暮らすってのは

 相手の言う事も半分くらい聞いてやれ それと 母さん頼むぞ!

 いやだ いやだ いやだ お父さん

 ユミ!

 やだ 

 有美 

 やだ お父さん いやだ やだよ

 こっちを見ろ お前に突き落とされたおかげで ガンが見つかった 

 順序を守ることより 娘がいい人にめぐり合えたことを

 大事にしろってことかも知れん

 ゴメン・・・ゴメン・・・

 先生 12月なんだ その バージンロードとやら 一緒に歩けるよな?

 ・・・・・・全力を尽くします!

  (ミスチル=Mr.Children 『HANABI』スタート ♬)

       

         ☆          ☆          ☆

まるでダイヤモンドの原石みたいなドラマだ・・って、『太陽と海の教室』第2話レ

ビューのコピー&ペーストかよ! この暑くて忙しくて疲れて寝不足の状態で、こ

んな退屈なドラマが見てられるか!と思いながら我慢してたんだけど、録画を見

直してじっくり考えると、まずまずの出来かもね。ま、第5話と違って、あんましホ

メる気もしないけど、レビューを打ち切るほど悪いドラマでも無かったって所か。   

               

私はオンエア中、2つのことを予想しながらボーッと見てた。一つは、演出がま

た西浦正記に戻ってしまってること。単調でまとまりも強弱もなく、印象的映像も

ないドラマ作りは、前回や前々回の葉山浩樹とかなり違ってる。もう一つは、

沢耕作(山P=山下智久)の育ての親であるおばあちゃん・藍沢絹江(島かおり)

の話にエモーショナル(情動的)なオチがあることだ。ドラマの一般論としても当

然だし、今回終盤までの流れを見てると、最後にひっくり返すのは明らかなこと。

あのままじゃ、単なる気の毒な認知症老人にすぎない。緋山(戸田恵梨香)

井(りょう)の語り口だけからでも、藍沢がいずれ泣くのは当然だろう。泣かせる

のは、「親」の愛しか考えられない。

              

とにかく、作りが下手だし展開も見え見えだから、相手にしてやんないぞ、と思っ

てたのに、22時47分過ぎのオチで、不覚にもやられてしまった♪ ジャニーズ

が誇る美少年・山Pの涙が予想以上にキレイだったし、実は私自身、ちょっとだ

け似たエピソードを持ってたからだ。大人になってもお菓子を買ってくれる親の

。。西浦演出でさえ、私のつぶらな瞳に星屑のような涙が浮かんでしまったか

ら、葉山演出だと、真珠のように美しい涙の雫がこぼれ落ちたことだろう♪ そ

の意味では、やや残念だったかも知れない。

            

あるいは、演出の代わりに、脚本を少し変えるだけでも遥かに良くなってただろ

う。林宏治に、まとめ上手の橋部敦子がアドバイスすれば、全体のテーマと構成

がクリアになって、感動が増したはずだ。前回のドラマが、「必要」をめぐる話だ

ということは、かなりの人がすぐ理解できたと思うけど、今回のドラマが何をテーマ

にしてるのか、一言でまとめられる人がどの程度いるだろうか。サブタイトルの

『無償の愛』だと、一番重要なものは表せても、他の多くのものが抜け落ちてしま

だろう。それでは、今回のドラマのほぼ全体が活かされないのだ。

              

まず、ポイントとなる要素を4つ列挙してみよう。

① 前回のおじいちゃんの死。その瞬間、年金目当てと思われた家族は涙を流し

た。藍沢が、年金がもらえなくなったからと説明したのに対して、白石(新垣結衣)

は「お金だけじゃない」と答えた。ドラマ冒頭のこの言葉が、ラストのお金に対する

絹江のこだわりへとつながる伏線なのは言うまでもない。その意味で、最低限の

形は出来ている。

                

② 藤川(浅利陽介)黒田(柳葉敏郎)にかけようとして失敗した、黒田術。じゃ

  なくて、患者の上村秀雄(北見敏之)に対して息子・久志(熊谷知博)がかけた、

  黒マジック。しつこいわ! 黒魔術ね♪ ネット情報にしたがって、呪いの人形

  と悪魔の聖杯でかけられた魔術が、冴島(比嘉愛未)によって解かれたこと。

       

③ 娘に突き落とされた患者・小田浩一(大高洋夫)と、犯人のギャル娘・有美

   (伊藤麻里也)の涙の和解。この記事の冒頭に引用した会話がそれだ。も

  ちろん、誰でも注目するおばあちゃんの台詞は、わざとスルーしてるわけだ

  から念のため♪

       

④ 最後はもちろん、クールな藍沢が不覚にもこぼしてしまった、美しい涙。。

     

要するに、今回登場した4人の患者をめぐる話だ。すべてが親子の絆に関わる

ものなのは当然だけど、それではまだ漠然とし過ぎてる。問題は黒魔術という奇

妙なものをどうとらえるか。単なる遊びだとしたら、ものすごく外した脚本というこ

とになるけど、そうではない。

    

黒魔術とは、ネガティブな性質の魔術の総称であって、要するにこの世の自然

や知識・常識を超え出た効力を持つ技だ。越境的と言ってもよい。ただし、ドラ

マ全体は、ネガティブではなくてポジティブな色合いになっている。したがって、

ややポジティブな中立的響きを持つ言葉、「超越性」を用いておこう。今回のドラ

マの主題は、親子の絆の超越性だ。こうゆう言い回しが趣味じゃない人には、

「理屈を超えた親子の絆」と言い換えてもかまわない。

          

まず①について。あの息子夫婦は、おじいちゃんの事なんどうでもいい。ただ年

金が欲しいだけだと思ってた。ところが、目の前で息を引き取ると、血のつながり

の無かった嫁の方まで涙を流してしまう。この涙が年金を失ったためじゃないこ

とくらい、藍沢もホントは分かってたはずだ。息子夫婦の意識を超えた次元で、

親子の重い絆が働いて、涙をもたらした。藍沢は、そういったものを認めたくなかっ

ただけのこと。個人的にも、理性的にも。でも、最後には認めざるを得なかった。

自分自身の心と身体のありさまを通じて。    

             

次に②について。もちろん患者は、黒魔術なんてものにホントにかかってた訳で

はない。でも、息子としては、黒魔術をかけたかったほど、そして、実際にかかっ

たと思ったほど、父親を超~憎しんでたわけだ。逆から見ると、それほど父親の

期待or愛は超~重かったということでもある。ここで登場するのが、藤川と共に

黒魔術をかけたくなるほど生意気でムカつくスーパーナース・冴島。彼女が図書

室で、白石に皮肉と自嘲の言葉を返しながら発見した「髄膜炎」という原因が、黒

魔術を解く鍵となった。

     

なぜ冴島に分かったかと言うと、医学の素養が医者並みにあったから。つまり、

父親は『高齢者医学』の著者でもある医大教授。遺伝にせよ環境にせよ、愛憎

の入り混じった親子の絆が遠く影響してたからだ。魔術的な状況を生み出した、

上村親子の超~重い絆を、冴島親子の潜在的な絆がキレイに解きほぐした。ま

さに親子の絆をめぐる超越的な出来事だったのだ。

      

続いて③。勝手に結婚を決めた娘が、賛成してくれない親を突き落としてケガさ

せたおかげで、幸運にも末期ガンが見つかると同時に、一瞬で親子のわだかま

りが解消されることになった。ユミの一撃は、先週の山Pの一撃みたいに超越的

効果を持ってたわけだ。もちろん、あのギャルは毎日遊びまくってるはずだから、

「ヴァージン」ロードを一緒に歩くのは不可能だ。おっと、口が滑ったわ♪ そうじゃ

なくて、12月の結婚式まで生きていられる保証はない。でも、父が残された僅か

な時間を幸せに過ごせるような魔術的出来事が、親子の重すぎる絆から奇跡的

に生まれたことは確かだろう。

        

ちなみに、森本(勝村政信)がまたCS室で、轟木聖子(遊井亮子)に小田親子

の噂話をしてる時につぶやいた「結婚式には魔物がいる」って言葉も、親子の

絆の超越性をめぐるものだ。結婚式とは、子供がこれまでの親子関係から、新

しい親子関係へと重心移動する儀式だ。その事の重さを改めて考えると、当人

たちが思ってもみなかったような流れ、常識では考えられないようなハプニング

が起こるのも、さほど不思議ではないかも知れない。魔物が登場する可能性は、

高くはないにせよ、そこそこはあるのだ。    

       

最後に④。これはもう、説明するのがヤボってもんだろう。説明しとるやんけ!

現実的で理性的な行動をクールに決めてた美少年が、認知症になっても残って

るおばあちゃんの愛に触れた途端、病院の売店に星が輝き始めたのだ。宇宙

論が語る星の生成プロセスを飛び越え、優秀な藍沢の理性的思考をも遥かに

凌駕する出来事の登場を超越的と呼ばずして、何を超越的と呼ぶのだろうか。

もちろん、正常な思考を失ってからも、まだ孫への愛に従って行動し続ける祖母

の存在自体も、普通の筋道を超え出た崇高なものだから、超越性という言葉に

ふさわしいだろう。畏敬すべき世界の表出だ。。

    

         ☆          ☆         ☆     

という訳で、クソ暑い中、普段より半日遅れながらも、ちゃんとレビューを続けた

私の仕事も、超越的なグッジョプ(Good Job)だろう。エッ、普通? あっ、そう♪

どうでもいいけど、さっきの首都圏の地震、凄かったんだけど☆ 眠さでボーッと

する私の頭を目覚めさせようとする、天界の超越的営み、神の叱咤激励だった

のかも知れない。って言うか、本来の仕事をしろ!って怒ってたのかな・・・^^;

      

ま、こんな事に時間を使ってるヒマがあったら、北京五輪で神業とか超越的な

パフォーマンスを見た方がいいかもね。できれば、ネガティブなものじゃなくて、

ポジティブな驚きを楽しみたいものだ。

それでは。。☆彡

    

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.山Pの涙は、このドラマの強みでもあるけど、弱みでもある。アイドルの

    外見に甘えてるのだ。そうゆう手段も使わず、かと言って、キムタク=

    木村拓哉や福山雅治のような超人気俳優も使わずに、織田裕二で勝負

    する『太陽と海』を、私はあくまで支持する。それは、小日向文世と松田

    龍平で勝負した『あしたの、喜多善男』を支持する態度と同じものだ。

    私が愛するのは、アイドルでも視聴率でも世評でもない。ドラマ自体だ。

    そして、挑戦的な作品に意欲的に取り組む制作サイドだ。

        

P.S.2 『コード・ブルー』第6話の視聴率は15.6%。そんなもんだろう。来週

      は、オリンピックとお盆の影響が読めないけど、この辺りが定位置

      じゃないかな。

   

P.S.3 ウチはちょっと前まで、Yahoo!には優遇されてても、Google には

      ほとんど無視されてた。ところが、ここ1ヶ月間で急にGoogle の扱い

      がマシになって来てる。多分、サイト自体の格付けが上がったんだろ

      う。たとえば「コード・ブルー ギャル」で検索すると、ウチが188000

      件中の1、2位なのだ♪ いや、これ自体はほとんどアクセスと結びつ

      かないランク付けだけどね (^^ゞ☆彡

                        

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (9) | トラックバック (7)

心拍179の早朝バトル、面白かった♪

RUN14km,1時間09分17秒,心拍157

暑い中、熱いバトルごっこをやってしまった (^^ゞ いやぁ、青いね♪ 青い春って

言うより、青い夏って感じ。ランニングだと半年振りくらいの刺激だったな☆

     

この日は本当なら自転車に乗りたかったんだけど、あんまし時間がない。自転

車だと、多摩川までの信号だらけの往復だけで45分前後かかるから、1時間半

は走らないと元を取れないって感じがある。おまけに、パンクのリスクも考えなきゃ

なんないから、全体で2時間はないとやりにくい。それに対してランニングなら、1

時間程度でも十分な負荷になって、パンクで遅れる危険もないわけ。ってことで、

仕方なくランニングに決定。

        

ところが、この日も朝から28度を超えてて、おまけに集中豪雨の翌朝だからムッ

とする湿気が公園に漂ってる。1日休んだ後とはいえ、蒸し暑さに極端に弱い私

としては論外のコンディションだから、1km5分程度でヨロヨロと走ってた。そこ

に突然、救世主が登場♪ 私よりちょっとだけ速いペースで抜いて行ったから、

これ幸いと追走。向こうも当然、足音や雰囲気ですぐ気付いて、引き離そうとす

るかのように、徐々にペースアップ。

    

せいぜい1km4分30秒くらいまでだろうと思ってたら、どんどんスピードアップ

して、最後は1km4分くらいに達してしまった。こうなると、公園に大勢いるウォー

カーやランナーの中で、2人だけ完全に浮いた存在で、他人にぶつからないよう

に気をつける感じになってた。心拍は何と179! 実測最大心拍184の97%

で、ラストスパートでもなかなか到達しない無酸素運動領域だ。どこまで我慢しよ

うかなぁとか考えながら、追走って言うより並走する感じでダッシュしてると、相手

が突然コースを外れて行った。出た! やっぱりラストスパートだったのか。自転

車もそうだけど、やたら速い人間に付いていくと大抵すぐ止めるんだよな。。

     

ま、僅か1周で終わったとはいえ、ランニングでここまでヒートアップするのは珍し

い。最後は運動会のかけっこみたいな面白さもあって、暑さなんて頭から吹っ飛

んでた♪ これが2周目で、下のラップタイムを見れば分かるように、3周目は当

然ガクッとスピードダウン。でも、4周目の半ばくらいにはかなり復活してたな。

    

結局、給水&水浴びで1分使ったのを含めて、1km4分57秒ペース。それを除

けば、1km4分52秒だから、ここ最近ではかなり速い方。おまけに強烈なバトル

ごっこも楽しめたし、彼には感謝してる。また一緒に走りましょう! 読んでない?

あっ、そう♪ ともかく、暑くて熱い早朝ランだったってお話。今日は走れないから、

今度は明日かな。。☆彡

           

  往路(2.45km)    13分07秒   平均心拍139         

  1周(2.14km)    10分36秒          154        

  2周              9分26秒          168        

  3周            11分08秒          161

  4周             10分27秒          166

  5周(0.54km)      3分27秒(給水・水浴び)161

   復路             11分08秒         159

  計 14km    1時間09分17秒  157(最大心拍179,2周目)

| | コメント (0)

野口みずきを見た後、汗だくの低速ラン

(4日) RUN12km,1時間01分57秒,心拍154

危うく1回書き忘れる所だった! 危ない、危ない。。最近暑過ぎて、頭も身体も

動きが鈍いから、色んな事がどんどん後回しになっちゃってるんだよな。月曜なん

て昼間36度まで上がって、気分が悪くなったほど。。

    

そうそう。また思い出した。ランニング日誌の前に、野口みずきのNHKスペシャル

について触れとこうか。日曜夜21時からの『北京五輪金メダルの道 野口みずき

涙の直前合宿』ってやつね。これは番組欄のタイトルで、放送時はちょっと違って

た。ともかく、民放みたいに大げさなタイトルが付いてたんだけど、ホントに泣いて

たし、金メダリストだと素直に受け止めやすいんだよな。

             

北京のコースは、大気汚染と同時に、道が硬いのが特徴。その対策をどうする

かって時に、藤田監督の提案で、逆に柔らかい山を走りこむことに決定。筋トレ

も上半身まで頑張って、成果を確認するために40km走を開始。ところが、取

材カメラや地元の人達の目が気になったのか、集中できない走りでスピードダウ

ン。最後はリタイアで、監督と広瀬コーチの前でショボンと泣いてた

    

その後、もう1回チャレンジしていいタイムを出したっていうテロップが出たけど、

映像は無かったから、取材を差し控えたのかも知れない。いいタイムって情報も、

野口サイドのものだろうから、ちょっと引っかかる所はある。ま、金メダル連覇を

狙う選手の状況なんて想像もできないから、陰ながら応援することしか出来ない

ね。余りにも雲の上すぎる話で、自分のモチベーションを高める効果もあんまし

ないな (^^ゞ むしろ、先日のサロマ湖ウルトラの方が刺激になった。ま、北京五

輪のレースを見てる最中にでも、この涙の特番を思い出すことにしよう。ホント

に連覇したら恐るべき偉業だ。。

        

            ☆          ☆          ☆

で、テレビの話は終えて、低レベルの自分の話に戻ると、この走りは月曜の早朝

のこと。前日までの疲れがたっぷり残ってたし、朝から29度の暑さで、ゆっくり走っ

てるのに最初から汗だらだら。14kmの予定を12kmにしても、公園から出る前

給水が我慢できなかった。走り終わった後は、短パンから汗がボタボタ落ちた

ほどだから、間違いなく今シーズン一番の蒸し暑さだった。

   

トータルでは1km5分10秒の低速走行。ま、給水がなければ1km5分06秒だっ

たし、私にとっては論外のコンディションで朝ランしたんだから、自分をホメてあげ

よう・・・って、甘過ぎるわ! あぁ、今週から来週にかけて、あれこれ忙しくてあん

まし走れないんだよな。仕方ない。お盆休みにでも取り返そっと。。☆彡

         

  往路(2.45km)    13分13秒  平均心拍133

  1周(2.14km)   11分12秒        151

  2周           10分54秒         156

  3周          10分35秒         164 

  4周(0.68km)   4分34秒(給水込み)  165

  復路           11分29秒         164

  計 12km  1時間01分57秒        154

| | コメント (0)

世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

 ある時ね 学校もない小さな村で 道案内をしてくれる男の子に会ったの

 その子の名前は アミーン

 櫻井先生 ある時 彼に御礼を言ったんだって

 そしたらアミーンは逆に聞き返して来たの 日本語で御礼は何て言うんだって

 桜井先生は答えた ありがとう と

 それ以来 アミーンは何度も何度もありがとうって 繰り返し言うんだって

 まるで宝物でも見つけたみたいに

 どうしてその言葉が気に入ったんだ? 櫻井先生は聞いてみた

 するとアミーンは こう答えた

   

 僕はたぶん 一生この国から出られない 

 だけど 海の向こうの言葉を知っている

 僕はたぶん この国で死ぬだろう 

 だけど 海の向こうの言葉を知っている

 ありがとうと言うと 海を渡る魚になれた気がする

 ありがとうと言うと 空を飛ぶ鳥になれた気がする ・・・・・・と

     

 櫻井先生は思ったの そうか そうなのか

 それが勉強をするという事なのかって 

 そして彼は その村で 学校の先生になった 

    

         ☆          ☆          ☆

素晴らしい!! 私のつぶらな瞳から星屑のように美しい涙がこぼれ落ちそう

に・・って、超ワンパターンかよ♪ いやぁ、でもこれは、まさかの逆転ホームラン

だった。第1話みたいなチアガールはいなかったから、私が代わりにスタンディ

ング・オベーションしとこう。ブラボー!☆(BRAVO!)

     

先日の『コード・ブルー』第5話にも感心したけど、今回はそれ以上に感動した。

独特のギクシャク感はあるものの、やっぱり『太陽と海の教室』を今期のメイン

に選んだのは正解だった。主題の深さや広がりと叙情性とで、格段の差がある。

山P=山下智久の美貌をもってしても、織田裕二のサル顔には追いつけない。

ま、救命シーンだけなら互角だけどね♪

     

今回は、ダイヤの原石みたいに見栄えがイマイチだった第2話の直後で、子育

て高校生のお話。正直言って、あんまし期待してなかったけど、冒頭からすぐ出

来の良さが感じられた演出家が、若松節朗から谷村政樹に変わったってのも

あるのかね。『のだめカンタービレ』、『東京タワー』、『ライフ』か。まあでも、やっ

ぱり坂元裕二の脚本が全体的に上手かったと思う。詩的センスも好きだけど、

折角キレイに「散叙式」の形にまとめあげられていたから、その点に絞って書く

ことにしよう。断片的に、ここ良かったね、あそこは感動したなって感じで書き連

ねても、簡単にそれなりの長さになるはずだけど、ウチはマニアック・サイト。誰

も書かない独自な内容を書く必要がある。

      

誰も書かないって意味では、今回の話と、11年前の月9『ビーチボーイズ』との

関連を書くブロガーもほとんどいないだろう。『ラスト・フレンズ』最終回の時もい

なかったし、私がキレイに類似性を指摘しても、数千人いた読者の誰一人とし

てポジティブな反応を示さなかった。それでもまた書くのがウチだ♪ 

    

既に第1話で、櫻井朔太郎(織田裕二)の名字が、ピーチボーイズの主役・桜井

広海(反町隆史)とほぼ同じという点と、どちらもプールの勝負を使ってるという

点については指摘してある。今回、非常にいいタイミングで、しかもエモーショナ

ル(情動的)な形で、櫻井の過去が明かされた。いつまでも引っ張るような話じゃ

ない。その内容が、ビーチボーイズのもう1人の主役・鈴木海渡(竹野内豊)と非

常に似てたのだ。どちらも元エリート商社マンで、途上国でのエネルギー関連プ

ロジェクトをやってたのに、何もかも投げ捨てて海にやって来た。おまけにビーチ

ボーイズ第3話も、竹野内が元エリートだって話が前面に出て、東京湾フェリー

で海を渡った後で引き返す。11年の時を隔てた形式的類似は鮮やかだ。

       

さて、こう書いてると、早くもまたラスフレの時のように、冷たい反応が湧き上がっ

てるだろう。そうゆう人達にあえて聞いてみたい。「私がここでビーチボーイズに

ついて書くこと」と、今回の第3話の内容と、主題的につながってることが分かる

だろうか、と♪ 

       

要するに、話の本質は「外に出ること」、外出なのだ。私がビーチボーイズにつ

いて語る時、あるいは、思い出して重ねながら今回のドラマを見る時、私は『太

陽と海』第3話の外に出ている。目の前のドラマの中で「国内旅行」すると同時

に、「外国旅行」も楽しんでるのだ。そのためには、「言葉」が重要になる。「さく

らい」、「エリート商社マン」という言葉。あるいは、「プールの勝負」とか「東京湾

フェリー」などの記号(広義の言葉)。これらを理解してるからこそ、私は自由に、

目の前のドラマの外へと旅立てる。海を隔てた、遠い世界、広い宇宙へと。

     

一方、今回のドラマの主題も、外の世界に旅立つことなのだ。言葉を通じて、海

を越えて。この主題は全編を通じて、「共通の主題に対して物事を散り散りに述

べた」形で描かれている。つまり、「散叙」式という方式なのだ。櫻井は、生徒の

「言葉」に合わせてブログとかbbsを例に挙げたけど、あまり的確ではない。と言

うのも、これらは「その時に思った気持ちをどんどん書いていく」だけで、「共通の

主題」の存在が無かったり薄れてたりすることが多いからだ。むしろ、散叙式の

例としては、ドラマの方が的確だ。『コード・ブルー』は典型的だし、今回の『太陽

と海』自体もそうだった。

      

一つ一つ、具体的に見て行こう。まず、アミンかアミーンかアミィかハッキリしない

けど、アフリカの少年と櫻井との「ありがとうの交換」エピソード。この記事冒頭に

引用した部分で、校長の長谷部杏花(戸田恵子)が娘の榎戸若葉(北川景子)

に優しく語って聞かせた、切なくて心温まるいいお話だ。

      

ドリンクをくれた少年に櫻井が「サンキュー」と言うと、日本語で何と言うのかと聞

かれたから、「ありがとう」だと教えた。すると少年は、宝物みたいに「ありがとう」

と繰り返す。この美しい言葉は、おまじないの呪文のように、彼を日本へと導い

ていく。海を隔てた、遥か彼方の異国の地への空想旅行。という事は、勉強とは

言葉を通じて世界旅行をすることであって、その道先案内人こそが教師なのだ。

    

櫻井自身は、昔から超エリートで、非常に恵まれた立場の人間。既に実際の世

界をあちこち渡り歩いて来てる。今度は、恵まれない子供たちのためにツアー

コンダクターをしてみたい、と考えたのだろう。それこそが、自分にとっての全く

新たな世界旅行でもあるのだ。

         

で、最も恵まれないのがアフリカの子供たちだと思ってたら、実は携帯のカメラ

でアミーンの死を無邪気に映す日本の高校生だったってことね。彼らには、物

はあっても心がない。便利な機械はあっても、死の厳粛さを理解する能力も無

ければ、他人の悲しみへの最低限の配慮もないのだから。

       

一連のエピソードは、話の内容や戸田の柔らかい演技・語り口だけじゃなく、映

像的にも凄く良かった。青い空と白い雲の下に広がる青い海。そこに突き進ん

で、海を飛び越えるかのように見える、バイク(原付)に乗った櫻井。ま、原付の

制限速度30kmをオーバーした違法行為に見えるのはオマケしとくとしよう♪

          

続いて、ドラマ全体の大きな枠組みを作ってたのが、若葉の異国旅行。冒頭、

若葉は川辺裕二(山本裕典)の家に押しかけて、子供たちが騒ぎまくる様子を

見ながら、「人間の言葉、通じないんじゃない? だから子供は嫌いなのよ」と

ボヤいてた。これはもちろん、子供が教室に乱入した時の櫻井の態度とは対照

的なのだ。櫻井は、子供には子供の言葉があるとか言いつつ、下品な幼児語

をあえて2つ連発して、子供の気を引くことに成功してた。ここにあれを書くと、

またニフティのシステムに引っかかる恐れがあるから、安全策として止めとこう♪

    

話を戻すと、若葉はずっと国内にいたのだ。常識的日本人の言葉の世界。だか

らこそ子供は嫌いだし、川辺や櫻井の言葉も分からないし、責任という言葉の

理解も不十分だった。ところが、一連のフェリー騒動を通じて、外国の言葉を学

ぶと共に、嫌悪感が消えて、逆に魅力を感じるようになっていく。と同時に、海を

渡って異国に向かう恐さもまざまざと実体験して、外国旅行の責任や覚悟を学

びつつ、逆に自国の良さも再確認できただろう。こうゆう訳で、最後に若葉は、

櫻井が先生をしていた国でありがとうを表す言葉、「マハドゥサニ」を、少し照れ

つつ心を込めて口にしてたのだ。櫻井を通じた、川辺、ゆうか(大森絢音)りょ

うた(中村柊芽)ら、外国の人々みんなへの感謝。

     

ちなみに私は、水戸黄門的な勧善懲悪の単純ストーリーは遥か昔に卒業した

とよく書いてるけど、このマハドゥサニのベタさを臭く感じてしまうような青さとも、

遥か以前にさよならしている。と言いつつ、「マハ・ドゥ・サニ」って何語なのか

索しまくる性格とはさよならできないけどね。全然分からなくて30分ほどで撤退

したけど、聞き取りのミスかな。ま、サンキューが通じる国だったけどさ。ラスト

が「サンキュー」じゃ、美しくないってことね。普段、幅を利かせる英語圏の人々、

衝撃かも♪ 「ベリィ マッチ」を付け加えてもダメなんだよな。

           

一方、生徒たちも少し別の外国旅行をした。川辺は、入院中の母のもとへ旅立

とうとして、ウッカリあの世へと旅立ちかけてしまった。海という名の三途の川の

重さは、彼の今後の人生に適度な緊張感を与えるだろう。そして、櫻井先生と

いう外国人の語る言葉は、彼を「大人の世界」という異国へと誘ってくれたことだ

ろう。「一人一人離れてても、決して一人じゃない」。

      

仙台と東京に、弟や妹が離れていっても、決してそれぞれが一人きりになるわけ

じゃないんであって、この認識こそが、大人の世界へのプチ旅行なのだ。川辺だ

けじゃなく、幼い2人もハートと目で理解できただろう。あの後、川辺は久々に、

遠く離れて入院中の母に電話もしただろうし、あの世へ旅立った父の遺影にも語

りかけたはずだ。「別れたら ただの人」じゃなくて、「別れても 好きな人」なんだ

から、つながりを持つのは当然のこと・・・って、突然30年前のヒット曲かよ! 

                          

遠く離れたもののつながりって意味では、福山雅治&柴咲コウの『ガリレオ』第6

話の主題を思い出す所でもある。ちなみにこの時の記事は、ウチの中でもとりわ

けマニアックなレビューの一つだから、まだ読んでないマニアックな方にお勧めし

とこう。素敵な海外旅行になるかもよ♪

        

それはともかく、川辺以外の生徒達。洋貴(岡田将生)凛久(北乃きい)、八朗

(濱田岳)灯里(吉高由里子)茂市(鍵本輝)らにとっても、貴重な冒険となっ

たことだろう。三途の川は見れたし、大人の世界も垣間見れたし、子育て&家事

の世界もとりあえず1日、体験入学できたわけだ。

     

そして最後に、忘れちゃいけないのが、大和(冨浦智嗣)羽菜(谷村美月)の旅。

トマトと微分・積分の話は、中途半端なのに思わせぶりで、出来はあまり良くない。

意味も分からず変な計算に夢中になってるのかっていう、受験勉強批判のニュア

ンスが強く出てしまってたせいもあって、分かりにくくなってた。でも、構想的には

非常に高い志で、要するに三重の異国旅行が合わさってるのだ。

    

まず、素朴な疑問を抱く子供との新鮮な出会い。次に、川辺がトマト(野菜)の値

段を覚えること(子育て)と、他の生徒が微積分を学ぶこととの間にある、「勉強」

という意味での類似性の新発見。さらに、数式という言葉と世界全体との結びつ

きの認識。あの数式はおそらく、歪んだ球形になってるトマトの体積を求めるもの

だ。適切に数式を立てて正しく計算すれば、もちろんトマトの体積が求まるわけ

で、「トマトが宇宙になってしまう」ことなどない。ただ、これは受験勉強の無意味

さを皮肉ると同時に、数式という言葉が宇宙旅行へと導いてくれることをも示し

てるのだ。

   

かつて天才ガリレオ・ガリレイは、次の有名な言葉を残したと言われてる(出典

不明。英語の引用句集・ウィキクォート)。「世界は数学の言葉で書かれている」

(Mathematics is the language with which God has written the universe = 数学

は、神が世界を書いた言語だ)。見事な成功を収めてる物理学が示す通り、一

見奇妙な外国語に見える数学の言葉も、それを通じて世界全体を精密に理解で

きる魔法の呪文なのだ。アミーンならあの世で勉強を続けながら、こう語るだろう。

「数式を書くと、宇宙を貫く光になれた気がする」。。

             

               ☆          ☆          ☆

いまや、散叙式の形で、外へ出ること、他者と触れ合うことが語られてるのは明

らかだろう。これだけ大掛かりな構造は、櫻井が例に出してたブログやbbsだと

ほとんど見られない。やっぱり、ドラマを始めとする芸術作品に典型的なものだ。

    

もちろん、もっと気楽に楽しんだり味わったりできる作品だってのは間違いない。

先日の山Pの一撃に匹敵する、織田の一針。織田と北乃きいの軽妙なやり取り。

ありがとうの交換。簡単そうに見えて実は難しい、山本裕典の演技の健闘。妹と

弟が密かに用意してた片瀬江島神社の絵馬の、「えいじにいちゃん じゅけん 

がんばってね ゆうか りょうた」という文字と似顔絵の可愛らしさ。北川景子と

吉瀬美智子(真山春佳役)の色っぽさ。そして、神谷理事長(小日向文世)の得

体の知れない迫力。

      

ただ、それは要するに、手軽な国内旅行なのだ。海を隔てて遠い異国へと旅

するには、気合を入れてドラマの主題を読み取ったり、ややこしいブログ記事

を読んだりすることも重要だろう♪ もちろん私も書きながら言葉を必死に探し

て、それを手がかりに別世界へと旅立とうとしてるわけだ。海を渡る魚のように、

空を飛ぶ鳥のように。。

           

ともかく、また一つ素晴らしいドラマと出会えて幸せだった♪

ではまた。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.櫻井は、昭和43年10月6日生まれの39歳。神奈川県出身、血液型は

    O型。現役で東京大学に入学して、経済学部を主席卒業。スタンフォード

    大学経営大学院に留学してMBA(経営学修士)も取得。四海商事に入社

    してエネルギー部門で活躍。英語とフランス語と中国語ができて、スペイン

    語とドイツ語も日常会話程度ならOKらしい。まさに、スーパーエリートだ。

    ただし、相手に合わせた柔らかい語り口を使うし、悪役をやっつけるんじゃ

    なくて、生徒と触れ合うのが基本だから、押し付けがましくはなってない。

    知らないことを教え込むんじゃなく、薄々知ってることをハッキリ分からせ

    る手伝いをするって意味で、哲学者ソクラテスの産婆術や対話法と同じだ。

    

P.S.2 櫻井は、川辺がよく考えて納得するまでの時間とプロセスを手助けし

      ただけのこと。結論的には、理事長と同じだ。ここまでの理事長の描

      き方は、非常に興味深いと思ってる。単なる悪役でも敵役でもない。 

     

P.S.3 「ありがしま」って、ありが島=ありがとうっていう言葉遊びなのかな♪

     

P.S.4 アミーンを映した携帯の写メは、秋葉原事件を映した多数の携帯と同

      じではない。報道性がない、単なる個人的な記念撮影だったからだ。

   

P.S.5 ドラマを見ながら「ドクターヘリ、呼べよ」と思った人が、全国に100万

      人はいただろうな♪ デッキへの着陸は無理だろうから、縄バシゴで。

      それじゃまるで、ドラマみたいか。

      

P.S.6 江島神社(えのしまじんじゃ)は、合格祈願じゃなくて良縁祈願が有名

      みたいだ。あの辺りは何度も行ってるのに、まだお参りしたことないな。

      って言うか、ドラマの片瀬江島神社とは別物かも知れないな。

    

P.S.7 今回一番笑えたのは、子供が黒板にお絵かきした時、前の女の子が

      マジメにノートしてた箇所だ。私が生徒でも、半分ギャグで書き写すか

      も知れない。このドラマ、全般的にもうちょっと笑いとか遊び心が欲しい

      な。怪獣映画のパロディなんだから、斬新なタイトルバックを見習って!

    

P.S.8 来週は、北乃きいがメインの恋愛話みたいだね。アイドル人気で、視

      聴率を盛り返して欲しいもの♪ スパナくらい知っとこうね。第3話の

      視聴率12.7%というのは、今週の内容というより先週の内容を反映

      したものだろう。それほど驚きはない。視聴率とは遅行性の指標。つ

      まり、実態を遅れて示す数字だ。もし来週も下がるようなら、そんな

      「数字」に興味はない。

            

P.S.9 羽菜役の谷村美月が「宇宙」にこだわってたのは、6月公開の映画

       『神様のパズル』の影響もあったんだろう。私は見てないけど、谷村

      が天才・穂瑞沙羅華役として出演して、「宇宙は人間に作れるのか」

      という問題に取り組んでる(by ウィキペディア)。ただし、映画とフジテ

      レビの直接的関係はないし、ドラマにとって外的要素にすぎない☆彡

                     

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (6) | トラックバック (7)

湾岸ポタリング、海風が涼しくて快適♪

BIKE 71km,3時間07分,時速22.8,心拍123

気持ち良かった~♪ 思ったほど暑くなくて助かったな。湾岸はやっぱイイわ。距

離もスピードも全然だけど、夏の雰囲気を存分に味わえて、リフレッシュできた☆

      

080804 先月後半くらいから、

 かなり真面目に走って

 るので、心身共に疲れ

 が相当溜まってる。貴

 重な日曜日だけど、こ

 こは1回気分転換しと

 いた方がいいなと判断。

 大好きな湾岸をのんび

080804b りポタリング(自転車

 散歩)することにした。

 前日の予報によると、

 昼には35度となって

 たから、朝早く出よう

 と思ってたのに、ブロ

 グの記事やレスで時間

 がかかって、スタート

080804c は8時半。日焼け止め

 はかなり塗ったけど、

 酷暑との闘いになるこ

 とを覚悟してた。

    

 ところが、お祭り中の

 銀座を抜けて湾岸に入

 ると、海風が強烈だか

080804d ら、あんまし暑くない

 どのくらいの風かって

 言うと、典型的な場所

 では追い風で時速40

 km、向かい風で時速

 20kmって感じ。普

 段全く経験することの

 ない風で、扇風機みた

080804e_2 いに涼しくてラッキー

 だったな♪ まず適度

 な人出の葛西臨海公園

 の中をのんびり走って

 海と緑を味わった後、

 隣接する「健康の道

 だったっけ、長い一本

 道を走って強烈な追い

080804f 風と向かい風を楽しん

 だ。ここはかなりの自

 転車が走ってたな。海

 沿いのコンクリートの

 上では、浅草サンバ

 カーニバルの練習らし

 きものもやってて、数

 人の女の子が衣装に着

080804h 替えてたので、目の保

 養になった♪ 残念な

 がら、遠すぎて写メだ

 と上手く映せてない。

     

 さらに、そばの若洲海

 浜公園で6km弱の周

 回コースを2周。ここ

080804g は、知る人ぞ知る都内

 の穴場的存在で、いつ

 も家族連れが大勢キャ

 ンプを楽しんでるし、

 自転車派にも気持ちの

 いい所だ。風車の回転

 が速すぎて、ちょっと

 恐かったほど。数ヶ月

前に、どっかで落下事故があったでしょ。あんな巨大な羽が落ちて来たら、ひとた

まりもない。

     

丁度いい時間と距離になったから、あとはのんびり帰るだけ。日焼け止めを塗り

忘れてた場所がヒリヒリする以外は何事もなく、無事楽しいポタリングを終えるこ

とができた。来週は友人Hと一緒にお台場の辺りへ向かう予定。つまり、今回の

エリアの少し西側で、フジテレビやレインボーブリッジもあるし、よくドラマのロケ

に使われてる場所だ。

さ~て、朝のジョギングでもしてくるかな。。☆彡

    

P.S.今回から、平均時速と平均心拍は単に「時速」「心拍」と書くことにする。

| | コメント (0)

テンメイの「ブログ通信簿」公表♪

先日、伊達さんのブログ「伊達でございます!」で、「ブログ通信簿」というものを

知ったので、ちょっと遅まきながら昨日試してみた。これはgooラボ(gooとNTT

研究所による共同実験の場)によるもので、ブログのURLを入力してクリックす

ると、最新の10件の記事をもとに通信簿を作ってくれる。という事は、ウチのよ

うに毎日更新だと、通信簿も毎日変わるかも知れないってことだ。

      

昨日(8月2日)の午後の時点で、ウチの最新10件の記事は以下の通り。自転

車レースが迫ってるので、普段よりもスポーツ記事がちょっと多め(6本)になっ

てる。実質的にウチのメインとなってるドラマ・レビューは3本、あと手抜きのつ

ぶやき記事が1本だ

    

  08年7月の全走行距離 ランニング,自転車 8/2

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話 テレビ,芸能 8/1

  自転車でも高速水着レーザー・レーサーか・・ ランニング,自転車 7/31

  サロマ湖100kmを見て早朝ハーフ♪ ランニング,自転車 7/30

  売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話 テレビ,芸能 7/29

  27度の早朝、ガクガクの足腰で・・ ランニング,自転車 7/28

  荒川で心拍175のバトル、刺激的♪ ランニング,自転車 7/27

  1年ぶりに多摩川南端までお散歩ラン♪ ランニング,自転車 7/26

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話 テレビ,芸能 7/25

  また単なるつぶやき日記だけど、何か♪ 日記 7/24

         

さて、待つこと約10秒。今どきのPCでは珍しい png 画像で表示された通信簿

は以下の通り。

Tushinbo_img   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   

   

      

男性25歳か。大当たりだな (^^♪ 「図書委員」タイプってのも笑えるけど、驚

いたのは「主張度2」っていう低い評価。「もっと自分の意見を言ってみても」って、

ウチはかなり強烈に自分の意見を主張してるブログだと思うけどね (^^ゞ ドラマ

記事が3本しかないのが災いしたってことかな。でも、内容的にも字数的にも残

り7本より上だから、この通信簿システムは、1本ごとに評価して10本の単純平

均を取ってるのかも知れない。

   

「気楽度」ってのは、ポジティブな表現(楽しいとか)がどの程度あるかってことを

見てるそうで、「3」って評価はそんなもんでしょ。「マメ度」は当然「5」。1日1本

必ずアップしてるもんね。5だと太字になるわけか。「影響度」っていうのは、ウチ

へのリンクや引用の数から出してるらしい。「3」もあるのかね。TBを自分から送

るのはごく一部のブログだけだし、交友範囲は広くないけど、勝手にリンクを付

けてくれてるサイトがちょっとあるのが幸いしたのかな。ま、影響度5ってのが分

かりやすい目標ってことか。

        

簡単なお遊びだから、少し時間を空けてまたやってみたいと思う。ともかく、テン

メイが男性25歳と判定されたから、このシステムの優秀さは証明された♪ これ

から頑張って、遅咲きのスポーツ選手を目指すとしよう!

それでは。。☆彡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月攻勢のスタートは積極的休養から

(2日)RUN10km,51分50秒,平均心拍151

いやぁ、最近よく走ってるなぁ。普段なら「自分で言うな!」とか自分ツッコミを入れ

るトコだけど、ここ1週間は「ほぼ」毎日走ってるから、何の不満もない。「ほぼ」っ

てのは、日付けの決め方の問題があるからで、今まで朝ランを前日付けで記録

してたのを、今日からはわかりやすく当日付けで記録することにしよう。つまり、こ

の10kmは8月2日の早朝に走ったものだ。これを今までのように8月1日付け

で記録すると、形式的に1週間連続になるわけ。。

    

ま、6日連続にせよ、1週間連続にせよ、暑さもあって疲れてるのだ。7月末の

距離稼ぎをきっちりこなした直後だし、この朝は休んでも良かったんだけど、どう

も走るのが当たり前になって来てるから、ちょっとだけランニングをしてみた。先

月はようやく自転車シーズンに入って、ランニングそっちのけの状態だったから、

気分的にRUNもやらなきゃって感じだったのもある。

    

と言っても、積極的休養だから、1km6分くらいのジョギングで十分なのに、どう

最近ゆっくり走れなくなってしまってる。これは妙な自慢じゃなくて、感心しない

ことだろう。もちろん、スポーツの3つの基本は、運動・食事・休養だ。「超回復」

で上昇するためには、休みが必要なわけで、毎日負荷をかけても単なる逆効果。

そんな事は分かってるんだけど、暑さもあって、どうしても早く家に帰ろうとしちゃ

うわけ。正確には、早く冷たい物の暴飲暴食をしたいってこと♪ コーラ、カルピ

ス、アイス。走った後はホントに美味し~い!   

          

で、結局この日も、最初は疲れでヨタヨタ走ってたのに、少しずつスピードアップ。

最後は1km4分47秒ペースまで上げてしまった。平均心拍も無駄に高いし、トー

タルで1km5分11秒ってペースも中途半端だし、あんまし良くないことだね。ま、

それでも走らないよりはマシでしょ。少し大きな目で見れば、走ることが当たり前

になって来てるわけだから。

   

さて、今は3日の朝だ。これから急激に暑くなるらしいんだけど、家で仕事&雑用

するか、ちょっとだけ走って来るか。これから考えてみよう。ともかく、これから1ヶ

月は、月末の乗鞍のヒルクライム目指して攻勢をかける!☆彡     

        

  往路(1.15km)    6分38秒    心拍126    

  1周(1.1km)      5分54秒        138           

  2周            5分51秒       145               

  3周            5分47秒        150       

  4周            5分43秒       154             

  5周            5分35秒       158                 

  6周            5分33秒       159             

  7周            5分18秒       164             

  復路            5分31秒       164             

  計  10km     51分50秒       151(最大心拍168,ゴール時)  

| | コメント (0)

「火星に生命存在の可能性」というニュースについて

2日(土)の午後、たまたま読売新聞のサイトを開いたら、トップに面白いニュース

が報じられていた。火星に生命存在の可能性?「NASA近く発表」と米専門誌

       

ワシントンの増満浩志によると、米専門誌アビエーション・ウイーク(電子版)は

1日、米航空宇宙局(NASA)が、火星の生命存在の可能性に関する重大な発

見を8月半ばにも発表する計画だと報じた、とのこと。先日、火星で水の検出に

成功した米探査機フェニックスに搭載された分析装置MECAで得られた発見だ

そうで、分析は現在も進行中だから、発表は9月にずれ込む可能性もあるらしい。

    

常連さんはよくご存知のように、ウチはこうゆう時、へぇ~とか面白いとか、そうゆ

う簡単な感想を書いて終わらせるサイトではない♪ 当然、元の英語の情報を自

分で読んでみた。「aviation week」で検索すれば簡単にサイトが見つかって、トップ

に大きく報じられている。なるほど、2008年8月1日付けの記事で、執筆はCraig 

Covault。タイトルは「White House Briefed On Potential For Mars Life」。つまり、

「ホワイトハウスは火星の生命存在の可能性に関して報告をまとめた」ってことだ。

    

読売の報道よりも遥かに長くて詳しい記事をザッと読んだ直後の印象は、誤報

に近い大げさな憶測記事じゃないのか、というものだ。確かに、ホワイトハウス

の発表があるらしいのは分かるけど、それは普通に考えれば、「火星に生命が

存在しうる可能性」に関するものにすぎない。一般の人間が期待する、「火星に

生命が存在している可能性」とか「存在していた可能性」ではないのだ。

       

もちろん、今後の分析によって、そこまで踏み込む可能性は一応無くはないし、

記者会見でわざと担当研究者を出席させなかったなんていう情報も添えられて

いる。顕微鏡観察で細菌(つまり生命)や痕跡を直接発見する可能性も、無くは

ないだろう。アポロ宇宙船の月面着陸の真偽や、UFO&宇宙人ネタみたいに、

今後も事あるごとに、世界中で話題にされそうな話題ではあると思うけど、とり

あえず今回の記事を読んだだけでは、驚きや感心はない。興味がある方は、自

分で英語の原文記事をご覧あれ♪

   

ちなみに私は、地球以外の宇宙に生命があっても何の不思議もないと思ってる

ので念のため。単に、今回の記事だけなら、それほどのニュースとは思えないと

言ってるだけだ。読売の記事は2日の14時37分だけど、16時現在、朝日も毎

日もYahoo!も追随記事を掲載していない。

追記: その後、Yahoo!とBIGLOBEが読売の記事を転載してるのを確認)

          

さて、世界を驚愕させるニュースが今月か来月飛び込んでくるのか。楽しみに

待つとしよう。もし大統領が声を震わせて報告するようなことがあれば、ほとん

ど映画みたいな話になるけどね ☆彡

   

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.しまった! 今なら、NHK『ためしてガッテン』の「水よりお湯の方が早く凍

    る」説の方が人気だったか♪ ムペンバ効果ってやつね。直感的には、強

    く否定する大槻義彦よりも、部分的に弱く肯定する北大低温科学研究所

    の前野紀一の方が、科学者らしい態度だと思うけど、ウチの冷凍庫は一杯

    だから実験できないしなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08年7月の全走行距離

(31日)BIKE 71.4km,2時間40分,平均時速26.7,平均心拍134

7月最後、走りの中身はサッパリだったけど、ちゃんとノルマを果たしたってのは

大きい。月間走行距離を意識して、71.2km以上走るのが目標だったんだけど、

ほぼピッタシの距離を完走。上出来、上出来♪

      

この日は、山P=山下智久のドラマ『コード・ブルー』第5話のレビューとか雑用で

明け方になっちゃって、徹夜で走りに出た。止めて寝ようかなとも思ったけど、そ

の気持ちを封じるために、ドラマ記事ラストに「これから走りに行く」なんて書いた

わけ。つい先日、ウチのブログにウソは一つもないと宣言したばっかだから、こ

れでもう走るしかなくなった。ま、ブログにはこうゆうポジティブな使い方もあるの

よ。時間の面のマイナスはすごく大きいけどさ。

        

徹夜明けってこと以外にも、前日70kmを平均時速28.4km/hで走った直後

だし、これで6日連続の運動だ。流石に身体が重くて、最初からパッとしない走り。

やたら風もきつく感じて、向かい風だと28km前後、追い風でも30kmちょっとし

か出ない。たった2kmの差しかないのは、それだけ向かい風で疲れてたってこ

とだ。心拍は低いから、足腰の筋肉がバテてたわけ。

        

最近の朝の多摩川は、基本的に往路(上り)が逆風、復路(下り)が順風なんだけ

080802 ど、あちこちで細かく風向きが変

 わってて、余裕のない身体はなか

 なか対応し切れない。運悪く、こ

 の日はバトル相手もゼロだったか

 ら、1人で苦笑しながらヒーヒー頑

 張るハメになった。

         

 国立折返しと関戸橋の間を1往

 復すると共に、セブンイレブンで

 補給した後、距離調整のため、

080802b 府中四谷橋を渡って対

 岸へ。写真は、橋と、

 橋から見た上流側の流

 れ。ここも私の好きな

 眺めなんだけど、軽い

 高所恐怖症だから、写

 メを撮るだけで恐かっ

 た。基本的に手すりと

かあんまし信用してないもんでね。強度の偽装もあふれ返ってるし。

       

ってことで、無事ノルマ達成。よく頑張った。エライぞ、自分!♪

さて、7月の全走行距離は、

       RUN 57km ; BIKE 700km

    

オーッ、1月以来、久々の自己満足だ。片方しかやってない人の方が多いだろう

から、換算の方法を書いとくと、私の場合、RUN 1kmでBIKE 3.5kmと計算

すると大体合ってると思う。消費カロリーとか時間とかじゃなくて、キツさと効果

考慮した話だ。ただし、距離が伸びるとこの換算方法は合わなくなる。RUN 42

kmとBIKE147kmだったら、今の私にとってはRUNの方が遥かにキツイ。

        

ともかく、上の方法で換算すると、RUNだけなら257km。BIKEだけなら900

kmってことだ。これはまずまずの値でしょ♪ って言うか、6月まで9ヶ月間ほと

んど自転車に乗ってなかったんだから、BIKE 700kmだけでも見事な復活だ。

ここに留まらず、8月はBIKE 1000km(RUNの換算も含む)以上を目指して

頑張ろう☆彡

    

080802c_2     

   

  

  

  

  

  

  

   

   

080802d

     

     

| | コメント (0)

必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

 始めから知ってるよ あのじいさんは 家族の望みが自分の年金だってこと

 今朝受け取った 手術の同意書だ

 どうして?

 自分が必要とされてるから たとえそれが年金目当てだとしても

 そんな・・・

 人は人から必要とされないと生きていけない だからみんな必死になる

 勉強でも仕事でも 人から必要とされる人間になるために

 医者もそのために腕を磨く 患者から必要とされたいからな

 医者も?

 外科医は一番にならないと意味がない

 二番目 三番目の医者に 誰が命を預けたい?

 横山さん あなたの腕だけに命を預けたのかな

 違うと思う 横山さんはきっと・・・

 松原さんのオペ 11時からだ

 脳ヘルニア 面白いオペになりそうだ♪

 ・・・(沈黙)・・・

 ・・・(スタスタ)・・・

         

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい! 文句なく過去最高の出来だ☆ って言うか、これなら、医学用語

の聞き取りにくさを除けば、特に不満はない♪ 最初からこうゆう風に作れば良

かったのに。要するに、演出家の違いが大きいってことかね。第3話までが西浦

正記。第4話から葉山浩樹。かなり実力の差を感じるな。ウィキペディアによると、

実績も違ってるしね。

    

さて、これだけ緊迫感も統一感もあるエモーショナル(情動的)な作品を見せら

れたんじゃ、無視はできないけど、今さら『コード・ブルー』に時間をかけることも

できない。もう今期のメインは『太陽と海の教室』に決定した後だ。ハッキリ言っ

て、『太陽と海』第2話よりも『コード・ブルー』第5話の方が遥かに出来がいいド

ラマだけど、ここでまた揺れ動くのは止めとこう。

     

という訳で今回は、ウチとしては短い時間で軽めの記事を書くのみにする。本来

なら、「軽~い感想♪」とか「軽~いつぶやき♪」と題するべき記事だけど、この

ドラマは毎回テーマが決まってるから、一応それをレビュータイトルにしとこう。

もちろん今回のキータームは「必要」。テーマは「必要とされること」だ。

    

左前頭葉の脳腫瘍が右前頭葉に広がって、運動マヒを起こすと共に脳ヘルニア

まである患者。松原秀治、87歳。オペの悪影響と年齢を考えると、脳圧降下薬

を使ってラクに余生を過ごしてもらう方がいいと言うのに、息子夫婦はどうしても

手術してくれと頼んだ。ここでは、医師が家族によって必要とされると共に、秀治

も家族に必要とされている。毎月7万円の年金が目当てだから。

    

これは一見残酷に思えるけど、考えてみれば世間によくある構図にすぎない。

父=夫の存在意義がほとんど給料だけになってる家庭なんて、珍しくもないし

驚きもない。多くの場合、人は人から、正確には「他人から」、必要とされたいわ

けで、その必要性には色んなタイプがあるわけだ。経済的必要性、医療的必要

性、精神的必要性、等々。秀治は既に、その辺りを悟ってるんだろう。手術する

と意識がなくなって、そのまま死ぬかも知れないのに、同意書にちゃんとサイン

してた。ある意味で、人生の終わり方を自分で選択したのだ。

   

その意味で、記事冒頭に引用した藍沢(山P=山下智久)の言葉の前半はおお

むね正しいけど、後半はそれほど説得力がない。だから、白石(新垣結衣)は反

論したわけだ。災害現場で、鉄筋が刺さってた横山は、別に藍沢の腕が一番だ

から任せたんじゃない。そんな事、そもそも知ってるはずはないんであって、その

場で藍沢の行動や言葉から信頼しただけのことだ。

    

外科医が他人から必要とされるには、一番になる必要などない。したがって今後、

なぜ藍沢が一番にこだわってるのかの説明が必要で、スケジュール的には、来

週か再来週あたりに出て来るのが自然だと思う。そのくらい、ここまでパッとしな

かった脚本家・林宏治も分かってるだろう。

    

一方、藤川(浅利陽介)は今の所、ドクターヘリ要員としては必要とされてない。

それどころか、黒田(柳葉敏郎)によって、病院全体にも必要ないって感じで冷た

くあしらわれてた。ところが彼は、落ち着いた患者を別の病院に送る地味な作業

を黙々とこなすだけじゃなく、黒田に面と向かって反論したのだ。「いいんです! 

オレには、ここしかないんだ!」。流石の黒田も引き下がって、「勝手にしろ~」。

それを脇から見て微笑んでた森本(勝村政信)が、後で藤川に「グッジョブだ♪」

(Good Job=良い働き)。その様子を近くで見てたCSの轟木聖子(遊井亮子)

が、さらに「グッジョブですよ。森本先生も♪」。

     

これはちょうど、災害現場で藍沢&白石&冴島(比嘉愛未)が成功する辺りから

流れてたミスチル=Mr.Childrenの主題歌『HANABI』が終わる辺りと重なってて、

ハートウォーミングで爽快な流れを作ってた。スタッフ&キャストも「グッジョブ♪」

だったのだ。

    

これで来週、また藤川が活躍するらしいから、ドラマの流れは、やっぱり藤川は

必要だって方向になっている。ま、そこを藤川自身がひっくり返して、自分から去

るなんて展開も予想できるけど。ともかく藤川が負け犬扱いで終わる可能性は

もうゼロに近い。すると、黒田の判断は間違いだったわけで、これは私があちこ

ちに書いた事とも一致する。彼も単なる一人の医師、不完全な人間にすぎない。

       

さらに今回、冴島も「田沢悟史」によって必要とされてることが分かった。これは、

死んだとか言ってた恋人のことかな。実は植物人間で、母親が必死で看病を続

けてるってことか。もしそうなら、かなり辛い「必要」だね。長いすで落ち込む姿も

理解できるし、医者に冷たいように感じられたこれまでの様子も理解できる気が

する。イライラだけでもかなりのものだし、悟史を扱った医師にも不満があるの

かも知れない。

    

いま、辛い「必要」と書いたけど、そもそも他人から必要とされるということは、相

手の要求に応える辛い義務を与えられるわけだ。その意味で、誰かに必要とさ

れる人間は、その人に対して責任を負うことになる。医師はもちろん神ではない

から、その責任を果たせないこともあるわけで、その不運なケースが三井(りょう)

なんだろう。裁判で下手な応答すると、今度は病院や局長から必要とされなくなっ

てしまうから、三井はかなり追い込まれた状態だ。今後の描き方が楽しみだし、

ちょっと不安でもある。

     

冴島や三井と共に、緋山(戸田恵梨香)も辛い「必要」と向き合ってた。血だらけ

で死にかけてたあの患者にとって、最後に自分の手を握ってくれる医師は、この

上なく必要な存在だった。ただ、緋山としては、真っ赤な手を握るだけじゃ満足で

きなくて、どうして助けられなかったのに「ありがとう」と感謝されなくちゃならない

んだ、という思いに押しつぶされそうになってしまう。もちろん、梶(寺島進)の言う

ように、医師だから避けて通れないことではあるけど。。

         

それにしても、人は人から必要とされないと生きていけないというのは本当なん

だろうか。「人から」は、「ペットから」でも「自然から」でも構わないと思うし、もっ

と言うなら、「自分から」でもいいはずだ。私が生きたいから生きる。あるいは、

私の心=脳は死にたがってるけど、他の身体全体は生きたがってるから、我

慢して生きる。何のために生きるのか、多くの人に分かりにくくなってる現代。生

に対するそうした根本的な態度や考察がますます必要とされてるのだろう。。

    

        ☆          ☆          ☆

今回、「人から必要とされるということ」という主題=テーマがハッキリ打ち出され

てるし、患者の大部分も同じ災害現場だったから、まとまりもあった。ドクターヘリ

も大活躍で、カバーをかぶってるヒマなんて無かった♪ おまけに、藍沢が横山

を助けた場面は、短めながらも一点集中型になってて、40秒にもわたる沈黙の

使い方も効果的だったし、拳でバンと叩いて蘇生させるっていう展開も非常にドラ

マチック! 光の使い方も合わせて、藍沢の存在感、山Pの魅力を存分に見せ付

けるものになってた。全国のファンの皆さん、しっかりリピートして萌えまくってね♪

       

という訳で、私はこれから徹夜で走りに行く。ウチのドラマレビューは、全く独自の

ものだから、それなりの数の人に必要とされてると思うけど、私の走りは誰にも

必要とされていない。でも、私は走る。人は、他人のためだけに生きてるのでは

ないのだ。ここに私が生きている。そこに川が流れてる。理由なんて人間的なも

のなど無くても、世界は確かに存在するのだ。

それでは。。☆彡 

   

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.山Pといい、織田裕二といい、モノトーンの映像で沈黙して「変身」するの

    が流行ってるのかね♪ わりと好きなんだけど、反応に困っちゃうんだよ

    な。少なくとも『太陽と海』の織田=櫻井の場合、笑うべきシーンなのかも。

    

P.S.2 トリアージ・タッグ(triage tag)。人間が4色に分けられちゃうのか。救

      急治療の優先度が低い順に、緑、黄、赤。そして、死亡を含めて、差

      し当たりどうしようもない場合が黒なわけね。う~ん。。超苦しい時に

      緑色とか付けられちゃったら、自分で破いて赤にして、ドクターヘリに

      乗せてもらおうかな♪
    
P.S.3 白石が夜通し読んでて、目を開けたまま居眠りするハメになったガイド

      ラインって、「AHA」(アメリカ心臓協会=American Heart Association)

      でいいのかな。とにかく、分かりづらいし聞きづらい専門用語が不愉快

      だなぁ。時間使う気もしないし。公式サイトやテロップで簡単に説明して

      くれれば済む話なのにね。これに関しては「バッジョブ」(Bad Job)!

   

P.S.4 横山が奇跡的に助かったのは、彼が家族に必要とされてるってことだ

      ろう。ま、脚本家が山Pファンに配慮しただけかも知れないけどさ♪

       

P.S.5 予想通り、視聴率が回復した。第5話は15.7%。この数字は第4話

      と第5話の出来の影響が大きいと思う。かなりの部分、葉山浩樹の演

      出のおかげだろう。。☆彡

    

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (11) | トラックバック (5)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »