« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ベルリンマラソン世界新記録のラップとスプリット☆

(☆2011年9月26日追記: 新たな世界記録の記事をアップ。

    ベルリンマラソン2011、マカウの世界新記録のラップとスプリット☆ )

     

     

         ☆          ☆          ☆

RUN 25km,2時間13分34秒,心拍143

           

皇帝ゲブレシラシエに10分負けたか・・・とかボケると、ちゃんと「距離が違うわ!」

とか突っ込んでくれる人がいるかね♪ いやぁ、完全な雨降りの中、4月のかすみ

がうらのフル以来の長距離を走りきっただけでも満足なのよ。久々の傘ランだから、

パラシュート型ブレーキをかけたまま走ってるみたいなもんだしね。ま、雨続きの

月末に、最低限の意地を見せたわけ。だんだんノドの腫れが悪化してきたし、鼻

もグシュグシュしてきたから、しばらく長距離は無理かも。今夜はパブロンで何とか

ごまかしたって感じだ。。   

        

なんて話より、世界新記録のラップとスプリットね。いやぁ、流石は皇帝と呼ばれる

ハイレ・ゲブレシラシエ、やってくれました。大気汚染を理由に北京五輪をパスして、

自身の世界記録2時間4分26秒の更新を狙った、2008年9月28日の第35回

ベルリン。見事に27秒更新して、2時間3分59秒で3連覇。晴天、微風に恵まれ、

ペースメーカーにも助けられたとはいえ、日本人の感覚だと驚異のタイムだ。北京

に尾形剛・佐藤敦之の2人を送り込んだ、中国電力の坂口監督は、朝日新聞の

記事で、このタイムは日本人には無理だと語ってる。ま、レースは一応、別物って

ことだけどね。

                  

皇帝の身長は164cmで、日本人よりも低いし、脚が長いと言ってもそれを動か

すのは簡単じゃないだろう。おまけに、何と35歳! エチオピアの恵まれた環境

だけじゃなく、トップレベルのたゆまぬ努力が生んだ素晴らしい結果だろう。ちな

みに、ウィキペディアの名前は「ゲブレセラシェ」となってる。「Haile Gebrselassie」

をどう読むかって話なのか、あるいはエチオピアの言語(アムハラ語ほか)での

発音なのか、詳細不明。。

           

で、2日も前の話を何で今さら記事にするかっていうと、去年の記事が結構ロング

セラーになったから♪ 去年、英語の公式サイトでは、距離がバラバラのスプリット

タイム(通過までのタイム)しか掲載されてなかったから、私が計算して普通の表示

に直したところ、ヒット記事と言うほどじゃないけど、かなり最近までポツリポツリと

検索アクセスが入り続けてた。もちろん、記録更新後の昨日と今日も入ってるか

ら、二匹目のドジョウ狙いってわけ。

         

ただし今回は、公式サイト内で検索すると、5kmごとのスプリットがちゃんと見れ

たから、私の計算は単にラップタイム(5kmごとの区間タイム)を出すだけだった。

ま、それでも多分、そこそこのアクセスは入ると思う。Yahoo!にもGoogleにも

かなり優遇されてるしね。

    

という訳で、下が世界新記録のスプリットとラップ。そのまた下に、3流市民ラン

ナーが傘を片手に25km走った記録も書いてある。世界新は1km2分56秒

ペース。私の傘ランは1km5分21秒ペース。天と地とはこのことか。。(^^ゞ

ではまた。。☆彡

      

注: ラップとスプリットという言葉の使い方がかなりバラついてるようだ。いず

    れ詳しく調べてみたいけど、少なくともベルリンの公式表示では下のよう

    な意味で「SPLIT」という言葉が使われてるし、07年の荒川でも下の意

    味だし、ポラール心拍計S120でもこうなってる。元の英語の意味を考え

    ても、これで正しいと思う。

    つまり、スプリット=途中通過タイム、ラップ=区間タイムだ。)

                        

                スプリット      ラップ

      5km      14分35秒    14分35秒

     10km      29分13秒    14分38秒

     15km      44分03秒    14分50秒

     20km      58分50秒    14分47秒

     25km  1時間13分41秒    14分51秒

     30km  1時間28分27秒    14分46秒

     35km  1時間43分05秒    14分38秒

     40km  1時間57分34秒    14分29秒

     ゴール  2時間03分59秒     6分25秒(2.195km)

          (参考: ハーフ21.0975kmのスプリットは1時間02分05秒)

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  往路(2.45km)      13分54秒   平均心拍125

  1周(2.14km)    12分01秒        132

  2周             11分37秒        136

  3周            11分57秒        140

  4周             11分36秒        143              

  5周             11分47秒        144

  6周             11分28秒        146         

  7周            11分24秒        150          

  8周            11分20秒        151        

  9周            11分03秒        154        

 10周(840m)         4分25秒         158      

  復路              11分04秒        159          

  計 25km   2時間13分34秒   143(最大心拍171 ゴール時)

| | コメント (2)

松原隆一郎(東大)の金融悲観論~朝日『論壇時評』

2010年4月29日追記: 新たな記事をさきほどアップした。

      東浩紀とネットが開く新たな言論空間~朝日新聞「論壇時評」 )

                 

     

経済は一般に、様々なレベルで、信用(=クレジット)というものを必要とする。例え

ばクレジットカードなど持たないフリーターが、日払い現金支給の力仕事で1万円札

を1枚受け取るとしよう。彼は自分の労働力という商品を先払いで雇用者に渡すの

だが、その際にまず、雇用者が仕事の直後に賃金を支払ってくれることを信用す

ることになる。また、彼が特殊な趣味の持ち主でない限り、1万円札という紙切れ

には興味ないから、それが後で、自分の欲しいものと交換できることを信じている

ことになる。つまり社会や貨幣を信用してるのだ。空気のように、意識することなく

            

もちろん、多くの労働の場合、給与は銀行振り込みだから、この場合には銀行と

いう金融機関への信用も必要となる。雇用者が本当に銀行振込みするかどうか

についてはもちろん、銀行が本当にそれを自分に払い戻してくれるかどうかにつ

いての信用も必要なのだ。

           

経済を基本的に支えるこうした信用は、現代の日本においては、まだそれほど裏

切られることはない。でも、かなりの裏切りが生じてるのは事実だし、信用が揺ら

いでるのも確かだ。零細業者が破綻したために従業員に賃金が支払われない、

中小企業が破綻したために投資した金が返って来ない、個人の自己破産のため

に消費者金融が貸した金が返って来ない、等々。信用不安という言葉は身近に

なってきたし、信用収縮というやや難しい話も、銀行の貸し渋りで現実味を帯びて

きた。

          

そして、信用の崩壊を世界規模で爆発的に進ませたのが、昨年の夏から目立っ

てきた、米国発のサブプライム問題だ。余裕のない個人が借金で住宅を購入し

て、より高い値段で住宅を転売、借金を返して手元にまだお金が残るなんていう

夢のような話は、遂に崩壊。これだけなら、まだローカルな話題にも見えるけど、

実際はこの借金が複雑なシステムによって世界中にバラまかれてるわけだ。一

口でいうなら、貸した金融機関が借用証書や担保同意書を他の金融機関にバラ

売り(証券化&販売)したってことだ。このバラ売りは、少し前まではお得な安売

りに見えたのに、今では不良品販売みたいなものとして、地球規模で被害報告

が出て来てる。

            

この問題、実は数年前から危険性は指摘されていて、まだ大丈夫とか言ってる間

に、事態はますます深刻化。1年前に一度騒がれた後にも、既に峠は越したとい

うような話は何度も聞いてたけど、春以降、日本の不動産関連は悲惨な状況へ

と加速度的に転落。そこへダメ押し的に出現したのが、米国史上最大の約64兆

円の負債を抱えたリーマン・ブラザースの経営破綻。その翌日、9月16日には、

米保険最大手のA I Gに公的資金約9兆円の融資が決まった。米国の金融当局

としては、本来なら公的救済なんてものは避けたいから、リーマンは見捨てたもの

の、A I Gだと影響が大きすぎるから、なりふり構っていられないわけだ。

      

        ☆          ☆          ☆

さて、前置きが長くなったけど、社会経済学者・松原隆一郎朝日新聞に毎月連

載している「論壇時評」が、9月27日の朝刊に掲載された。今回の見出しは「米

金融危機の深層 見えぬドル不安の値」となっていて、何でも屋的にマルチな活

躍を見せる松原にとっては、本来の専門分野の実力を見せる場となった。で、実

際に読んだ感想は、残念ながらネガティブなものだった。「経済学者」の良くない

部分が前面に出てしまってる文章で、これなら彼お得意の格闘技の話でもした方

がよっぽどいいのにな、と思ったほどだ。。

      

論壇時評だから、13の「注目論文」を中心に多くの文章に目配りしてるわけで、

出てくる名前は、北野一、水野和夫、野口悠紀雄、吉川元忠、金子勝など、私

でさえ知ってるものがズラッと並んでる。まず、楽観論の北野を軽く笑い飛ばし

た後、水野、野口、吉川の悲観論を並べた上で、その本質的な違いは、「資産

の流動性を信じるか否かによっている」とすること自体にもかなり引っ掛かるも

のの、とりあえず流しとこう。それより問題なのは、そこから、この信頼は「何らか

の確固たる根拠にもとづくものではない」と語って、結局悲観的ムードのまま時評

を終わらせてることだ。公的資金注入は必要だけど、それでも不完全。絶対では

ないから不安だというのだ。そもそも世の中に、完全なものや絶対的なものなど、

どこにも見当たらないはずだけど、彼には今までそれが見えてたとでも言うのか。。

        

信用とか信頼というものは、もともと確固たる根拠などもたないものであって、その

不安定な性格は、サブプライム危機で生じたものではない。今回の危機までは、不

安な中でそこそこ上手くやって来たわけだし、少なくとも遠い将来には、また上手く

やれるようになるだろう。人間の多くは、学者ではない。表面的に難しい理屈で自

分や他人の不安を増幅して生活を成り立たせる存在ではなくて、軽い感覚で信用

して、失敗を重ねながら何とかしぶとく生きていく生物だ

      

松原が悲観論を唱えたいのなら、信用の無根拠的な性格なんていう当たり前のこ

とを前面に出すのではなくて、今回のサブプライム危機における特殊な信用崩壊

を語らなければならない。断固たる公的援助や、世界の金融当局の連携をもって

しても不安だと、わざわざ強調せざるを得ないほどの特殊性はどこから来るのか。

そうなると、おそらく彼は、普通のメディア報道と同じく、既に起きてしまってる悲惨

な状況を列挙するに留まるような気がする。悲惨だから不安だという、何とも普通

の心情吐露だ。

       

たまに、03年の日本みたいに上手くいくことがあるにせよ、「それとて社会心理

の機微にすぎない」とも語る。しかし、信用をもとにした経済全体を大きな目で見

た時、むしろ今の危機の方がよほど特殊なことであって、これこそが「社会心理

の機微にすぎない」のではないか。もちろん、彼の言い方を借用して反論してるだ

けで、実際にそんな単純で小さなこととは思ってないわけだが。

             

私は決して楽観論者ではない。でも、今まで経済学者の理路整然とした悲観論

が外れるのを何度も見てきただけに、今の悲観論にも同調する気にはなれない

のだ。そもそも、経済学、特に大きな視野で語るマクロ経済学は、過去や現在の

分析は得意だけど、予測は不得意な学問。現実の人間社会は、あまりにも複雑

で混沌としたシステムなのだ。

                    

楽観とか悲観とかではなく、人はみな、ある程度の信用を保って、ある程度の裏切

りを乗り越えつつ、何とか生きていく。ほんの5年前、りそなもみずほもUFJも潰れ

ると言われてたことを思い出そう。今や、ほとんど忘れ去られて、サブプライム危機

でさえ、それらの銀行の株価は落ち着いた下落に留まってる。経済学的な悲観論

など、その程度のもの。学者「心理の機微にすぎない」と、私は思ってる。ちなみに、

格闘技は別としても、松原は基本的に好きな学者だから、念のため♪

ではまた。。☆彡    

| | コメント (0)

やっと1年半前のレベルまでは復調したけど・・

RUN 16km,1時間14分36秒,心拍157

この程度で小市民的喜びに浸っていいのかね。。う~ん、何ともビミョーな感じだ

な。帰宅した直後は、思ってたより遥かにいい走りだったから、満足感で一杯だっ

た。ところが、これが自分にとってどの程度のタイムなのか、自分のブログ内で

過去記事を検索して調べてみると、ほぼ1年半前、ノロウイルス&インフルエンザ

で悲惨な思いをした後くらいの状態だった。その半年前には遥かに速いペースで

走ってるから、2年前から1年半前にかけて、急激に走力が落ちてるんだな。その

後さらに落ちた分だけを、ようやく取り返したって程度なわけ。

      

しばらく忘れてたけど、そう言えば2年前の秋から冬にかけて、色んな事があった

んだった。最後のダメ押しの病気連発以外にも、右太腿の付け根の痛みをこじら

せてしまったとか、自転車に乗らなくなったとか、ブログのドラマレビューがマニアッ

クになって時間を取られるようになったとか。他にも、ここには書けないアクシデン

トが少なくとも3つはあったもんね。

         

1年半前からこの夏にかけては、走る時間が無くなったのが主な原因で、ズルズ

ルと後退。8月末の乗鞍の自転車ヒルクライムまで右下がりが続いて来たけど、

どうやらやっと底打ちで反転してきた感じだ。走る量は相変わらず少ないけど、そ

れがかえって幸いしたのか、脚の故障が消えたのが凄く大きい。痛みを気にせず

思い切り走るって、やっぱ最高に気持ちいいね♪ 幸運に感謝、感謝。と言いつ

つ、いつまで続くのか、かなり不安なのも確か。。

           

ま、ともかく、今晩は思ったより遥かにいい走りだったわけ。寝不足だし、土曜出

勤で疲れてるし、胃はまだ重いし、12kmのジョギングでいいやって感じのスター

トだったのに、余りにも足が軽いから、後半グングン飛ばしてしまって、最後はタ

イムトライアル感覚だった。トータルでは1km4分40秒ペース。呼吸は荒いけど、

心拍も脚もまだ余裕があった。実際、平均心拍はそれほど高くない。

       

問題は、徐々に治ってきた胃腸よりも、ノドの腫れ。少しずつ悪化してるようで、気

温が下がるとか寝不足とか、何かあったら一気に腫れ上がりそうな気配だ。風邪

をひくと、私は治るのに2週間もかかるから、11月上旬のハーフがまずくなる。ま、

できるだけ気をつけるようにはするけど、自信なし。ではまた。。☆彡

     

  往路(2.45km)    12分53秒  平均心拍137          

  1周(2.14km)    10分22秒        152        

  2周             10分10秒        158        

  3周             9分57秒        160

  4周              9分36秒        163 

  5周              9分33秒        165

  6周(0.4km)       1分47秒         166

  復路              10分20秒         163

  計 16km    1時間14分36秒    157(最大心拍172,ゴール時)

| | コメント (0)

CM不況の民放、番組制作費を削減

ここ7年で、急激にテレビを見る時間が減っている。まず7年ほど前、学生時代に

ちょっとやってたランニングと自転車(RUN&BIKE)を再開。どちらも持久系のス

ポーツだから、大幅に時間を取られるようになった。そして3年前、ブログの毎日

更新を始めたことで、スポーツ以上に時間を取られるようになって、今やテレビは

たまに見るだけになってしまった。ブログを書くのは、読むのに比べて50倍前後

の時間がかかるのだ。

                     

実際この1週間で私が見たテレビは、ブログでレビューした松岡昌宏&多部未華子

『ヤスコとケンジ』最終回と、織田裕二&北乃きい『太陽と海の教室』最終回だけだ

ろう。記事を書くために見直す時間を除いて、放映時間だけで考えると、2つのドラ

マ合わせて僅か2時間半。1日平均だと、たった20分しかテレビは見てない。それ

どころか新聞さえ読むヒマが無くなって、ネットで済ますことが増えてしまった。

             

その私が、ふと開いた23日の朝日新聞朝刊に、民放テレビの苦戦の話が載って

た。社会面で定期的に掲載してる特集「Media Times メディア タイムズ」で、

今回の大見出しは「CM不況で民放苦闘」。小見出しは2つで、「制作費を圧縮 

再放送増やす」、「制作会社にしわ寄せ」となってる。要するに、業績が悪いから

経費削減に躍起となって、番組制作費まで削り始めてるというお話。

     

5つの民放キー局(日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)とも、

2008年度・第1四半期(4~6月)の営業利益は、前年度比で大幅に減少。テレ

東は赤字に転落している。この原因は複雑だろうけど、最大の原因はCM収入

の落ち込みで、それをもたらしてるのがライフスタイルの変化だろう。特にメディア

の利用形態の変化。ここ数年、ネットと携帯が大幅に伸びて、その分、伝統的な

4大メディア(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)が減る形になってる。実際、私自身の生

活を見てもそうなのだ。

           

数字で見ると、どうなるか。最大手の広告代理店・電通が発表してる「2007年

日本の広告費」で言うと、総広告費は4年連続増加なのに、テレビは0.9%減

少、ネットは24.4%の増加だ。決算の数字から考えると、テレビ広告費の減少

は2008年度に入って加速してるのだろう。朝日新聞の記事によると、各局とも

番組制作費をトータルで数%削減してるようで、中でも外注先の制作会社にしわ

寄せが回ってる感じだ。弱い立場の中小企業としては、いきなり10%削減され

ても文句は言えないらしい。

    

番組制作費を削る方法には色々あって、記事によると、再放送を増やす、特番

の時間を短縮する、放映権料の高い映画を購入しない、スポーツイベントの制作

費を圧縮する、といった努力が行われてるそうだ。あと、ゴールデンタイムは少し

だけ削って他の時間帯は大幅に削る、という話もあるとのこと。もっと細かく見る

と、ロケの下見をやめたり、音声スタッフを無くしてカメラだけにしたり、CGを増

やしてスタジオ美術費を減らしたり、という動きになってるようだ。

    

こう見てくると、何とも淋しい状況のように思えるけど、今は大掛かりな過渡期

いうことだろう。総広告費は去年まで増え続けてることを考えても、社会のメディア

全体が経済的にレベルダウンしてるわけじゃない。要するに、金がどんどん入って

ネットの世界がレベルアップして、テレビその他のダウンを補えばいいわけだろ

う。ただ、この過渡期はかなり長い間続きそうで、その間には混乱もありそうだ。

たとえば、民放キー局と新聞社の大掛かりな再編とか、人材移動とか、今後10年

前後かけて、ゆっくりと全体的変化が進みそうな感じだ。

      

突然なんでこんな話を書いたかというと、先日の『太陽と海の教室』最終回で、制

作費の削減をちょっと感じてしまった所に、たまたま新聞記事が重なったから。ま、

こうゆう話は、本来はもっときっちり書くべき内容だけど、今日の分の更新を手っ取

り早く済ませたいという思いもあるわけだ♪ この程度書けば、ブログ記事としては

十分でしょ。

    

ちなみに、先日のニュースによると、今年度上半期(3/31~9/28)ゴールデン

タイムの視聴率は、何とNHKがトップになることが確実らしい(朝日ほか)。色んな

面で、民放は追い込まれつつあるようだ。今後の巻き返しに期待しよう♪

それでは。。☆彡

| | コメント (0)

体調が戻らない中、世田谷246ハーフ当選☆

RUN 10km,48分15秒,心拍150

東京の抽選倍率はどんどん上がって、今回は遂に7.5倍になってるのに、やっぱ

世田谷の倍率は低いんだね。僅か2回の応募で当選♪ って言っても、全然準備

出来てないから、嬉しさよりも焦りの方が大きいな。おまけに今、体調不良だし、あ

僅か1ヶ月半後のレースで、今シーズンは開幕。昨シーズンは12月初めの川口

だったから、1ヶ月早まったことになる。8月末まで自転車シーズンだった私にとっ

て、かなりキツイ条件だよなぁ。。

    

さて、その体調不良。色んな無理が重なって、内臓に大きな負担がかかったらしく

て、めったにない腹痛&吐き気に苦しんだのが水曜の夜。1日経った木曜の夜に

なっても、まだ胃が重くて、食欲もイマイチだし身体の動きも鈍い。呼吸で腹が動く

のも、ちょっとダルイ感じだ。でも、足腰はそんなに疲れてないし、故障もないから、

ちょっとだけ走っとくことにした。途中で調子が悪くなったら、即撤退の覚悟。

      

実際に走り出すと、胃腸は前日よりマシだけど、足腰はちょっと疲れてるから、結

局トータルで大差なし。ただ、環境的には思ったより良かった。短い距離の時に

使ってる、すぐ近所の公園は、夜は少年グループが騒いでることが多いんだけど、

この日はそんなにうるさくもない。たまに池に飛び込んだり、爆竹を鳴らしたり、ス

ケボーでガチャガチャ遊ぶ程度なら、むしろラッキーって感じだ。酷い時は走るの

が嫌になる感じがある。酒も飲んでるし、何するか読めないもんね。

         

ともかく、パッとしない走りながらも、大きめのストライドを意識しながら地道に周

回終了。復路も、前夜みたいなトラブルはなし。トータルでは1km4分50秒ペー

スだから、距離が短いことを差し引くと、前夜とほぼ同じ出来栄えだ。ま、相変わ

らず足腰はしっかりしてるから、焦らずに体調が戻るのを待つことにしよっと。

ではまた。。☆彡

         

往路(1.15km)   6分21秒      平均心拍120

 1周(1.1km)    5分44秒            137

 2周          5分31秒            143

 3周          5分21秒            150

 4周          5分22秒            150

 5周          5分02秒            159

 6周          5分01秒            162

 7周          4分45秒            166

復路           5分08秒            165

 計          48分15秒       150(最大170,周回ラスト)

| | コメント (0)

腹痛&吐き気・・東京の抽選は高倍率・・

RUN 14km,1時間10分02秒,心拍147

痛たたた・・・。まさかの胃痛で、止めそうになってしまった。かなり珍しいことだな。

少なくとも、ここ1年では覚えがない。ま、色々と自分を振り返ってみると、ある程度

納得できる急変なんだけどね。。

        

さて、スポーツ記事が4日ぶりになってしまったので、まずは東京のエントリー

話から。今回は開催が3月下旬にズレ込むってことで、エントリーの受付締切も

1ヶ月遅くなって9月22日。まだまだ先だよなと思って、ズルズル先延ばしにして

たら、いつの間にか21日の深夜になってた。あわててネットで申し込もうとする

と、やたら画面が重い。翌日が月曜日で、おまけに夕方の締切だから、みんな

あわてて日曜の深夜に殺到したってことかね。激重の画面を4ページほど我慢

して、あれこれ記入して最後の送信ボタンを押すと、何とエラー! マジかよ。。

  

仕方なくやり直すと、「クッキー」に記録されてたのか、前の記入がそのまま全て

表示されてラクだった。再び送信ボタンを押すと、今度は成功。完了メールもちゃ

んと来て、めでたしめでたし♪ 

    

途中オヤッと思ったのは、アンケートの質問。どうも、落選した人を次から優先さ

せるシステムを考えてるらしい。2007年が3倍、08年が5倍、そして何と、09年

は7.5倍の抽選倍率だから、もう参加することがかなり難しくなっちゃってる。い

いんじゃないの、落選が続いてる人ほど優先するってシステムはね。そのための

個人情報保存なんて、そんなに危ないわけでも難しいわけでもないでしょ。住所

や電話番号を、当選後の入力にすれば、より安全になる。ま、スポーツ系の人は、

そんなの気にしない人が多いけどね。。

           

さて、仕事やドラマ記事とかで時間を取られて、丸3日休んだ後の夜、寝不足で

フラフラしながら公園へスタートした。もうすぐ世田谷246ハーフの抽選結果も

来るし、ちょっとでも走っときたい。ちょうど疲れが完全に消えて超回復した所だっ

たのか、最初は驚くほど足腰が軽くて、タイムトライアルにしようかと思ったほど。

ところが、往路のタイムが意外にパッとしなくて、1周目も平凡。アレッて感じで、

すぐにタイムは諦めた。ストライド(歩幅)は明らかに大きいから、ピッチ(歩数)

が少ないってことだろう。ちょっと気温が高いからかな、とか思ってた。実は既に、

身体の中では異変が始まってたようだ。

       

その後、2周目くらいから体調がどんどん悪化。どうも腹が痛い感じで、腸よりも

胃の重さが気になって来た。3周走り終わった直後には、1回止まりかけて、そ

こからは徐々に減速。吐き気が強まり、脂汗みたいなものも滲んで来て、復路で

は1回完全に止まって歩いてしまった。まあ、それでも何とか帰宅。ホッと一息。。

   

トータルでは1km5分ペース。休養十分の14kmにしてはものすごく遅いけど、

寝不足その他で内臓が弱ってたんだから仕方ない。今も胃腸が変だから、今晩

は軽いジョギングにしとこうかな。ではまた。。☆彡

    

  往路(2.45km)    12分54秒  平均心拍130         

  1周(2.14km)    10分38秒         148        

  2周             10分23秒         152        

  3周            10分12秒         158

  4周             10分36秒         157

  5周(0.54km)      2分41秒          154

   復路             12分39秒        143

  計 14km    1時間10分02秒  147(最大心拍161,3周目)

| | コメント (2)

『an・an』好きな男ランキング2008を見て思うこと

今日、2008年9月24日は、女性雑誌『an・an』(マガジンハウス)の毎年恒例

の人気企画が発表される日だ。一般には「アンアン 好きな男ランキング」って感

じで省略されることが多いけど、今回1628号表紙に書かれた名称は「超最新版 

’08年あなたが選ぶ好きな男・嫌いな男」。「好きな」以降だけが大文字だ。ただ

し、この名前は、この号の特集企画全体を指すもので、人気上位タレントの写真

&インタビューも含めたもの。その特集のメイン記事が「’08好きな男・嫌いな男

ランキング」なのだ。

                    

そのランキングは各部門に分かれてて、一番メインが「好きな男」ランキング。ここ

で、キムタク=木村拓哉がV15という偉業を達成したことは、既に昨晩からネット

で流れてるから、少なからずの人が知ってるだろう。

     

私は男だけど、キムタクは外見も性格も演技も結構好きだ。また、3年以上毎日

更新してそこそこのアクセスを集めてるブロガーとしても、彼の名前で入って来

る検索の多さは実感してる。身近でも、熱狂的なファンの女性を数人知ってる。

        

でも、15年連続1位ってのは、いくら何でも妙な気がするよな。いや、何が妙なの

か、具体的には指摘しづらいけど、木村拓哉が好きって言うより、「1位の男」が好

きな女性がかなり混ざってるんじゃないだろうか。もっと正確に言うと、過去ずっと

1位を続けてる男に投票する女性。選挙用語で言うと、「勝ち馬に乗る」ってことだ。

この現象は、ドラマの視聴率でも見られること。最近だと、『ラスト・フレンズ』の終

盤の人気が典型的なものだろう。「好きなドラマを見る」んじゃなくて、「人気がある

ドラマを見る」人がかなりいるわけだ。そうとでも考えないと、木村個人の実力とか

ファンクラブの組織票なんてものじゃ到底説明できない、奇妙な現象だと思う。

          

とはいえ、そういった話を差し引いてもやっぱり凄いものは凄い。それは認めよう。

そもそも、アンアンのターゲットが20台女性ということもあるのか、好きな男ベスト

30の中で、24人(8割)は20台の男なのだ。その中で、35歳で既婚・子持ちの

キムタクが断トツの1位に君臨してるのは、いかに突出したタレントなのかをよく

表してるだろう。「好きな男」以外に、「抱かれたい男」、「恋人にしたい男」、「セク

シーな男」、「おしゃれな男」でも1位で、昨年に続く「5冠」を達成してる。ちょうど

アンケート実施時期が『CHANGE』終盤と重なったのもプラスになっただろう。去

年は『華麗なる一族』終了から3ヶ月経ってのアンケートだったもんね。

     

         ☆          ☆          ☆     

さて、ベスト30に入ってる30台の男6人のうち、木村を含めて5人はSMAP

メンバーだ。結成20年、ちょうど今日からは2年ぶりの全国ツアーがスタート。

東京ドームから全国5大ドームを巡って、16公演・80万人動員って話だから、

超人気だ。5位が中居正広(36歳)。7位、香取慎吾(31歳)。10位、草なぎ剛

(34歳)。12位、稲垣吾郎(34歳)。心優しい私としては、どうしてもゴローちゃん

を応援したくなっちゃうね♪

         

で、残る1人の30台男こそが、キムタクに続く2位をキープし続けてる福山雅治

だ。何と39歳で、30人中の断トツ最年長。さすがに40歳直前で勢いが衰えた

のか、去年よりもかなり得票数は減って、キムタクとの差は広がってた。福山の

場合はキムタクとちょっと違って、「結婚したい男」、「好きなミュージシャン」、「カッ

コ面白い男」で高く評価されてる。もうすぐ、『ガリレオ』の映画とSPも同時公開に

なるし、まだまだ頑張って欲しいもんだ。

                     

木村、福山という飛びぬけた2人が、どの程度の「得票率」なのかについては、

去年の記事でも計算してみた。「好きな男」の場合、1位3票、2位2票、3位1票

だから、参加者1人あたり6票持ってる。今年の17457人全員だと、約10万票

ここから計算すると、木村の得票率は約7.5%、福山は約6%。こう考えると、

彼らの独走ぶりがわりと納得しやすくなる。つまり、断トツの木村でさえ1割にも

達してないわけで、統計的に数字を見ると、それほど極端な集中でもないのだ。

      

他のタレントについても簡単に見とこう。「好きな男」ランキングだと、3位・赤西仁、

4位・松本潤、6位・山P=山下智久、8位・岡田准一、9位・小栗旬、11位・亀梨

和也、13位・妻夫木聡、14位・櫻井翔、15位・堂本光一、16位・二宮和也、

17位・瑛太、18位・長瀬智也、19位・玉木宏、20位・錦戸亮、21位・生田斗真、

22位・松山ケンイチ、23位・滝沢秀明、24位・大倉忠義、25位・速水もこみち、

26位・小池徹平、27位・市原隼人、28位・成宮寛貴、29位・小出恵介、30位・

三浦春馬。。あらためて感じるのは、恐るべきジャニーズ人気だ。。

           

私は、レビューするドラマ以外、テレビはあんまし見ないし、雑誌もあんましだけ

ど、一応名前だけは全員知ってるし、顔も大体なら分かるね。エッ、当たり前?

あっ、そう♪ いやぁ、社会人の男だと、かなり怪しいと思うな。そもそも、こんな

名前、ほとんど話題にもならないしね。代わりにどこかの「好きな女」ランキング

が話題になるかっていうと、それも聞いたことがない。全く女性的な話題なのだ。 

               

ウチのドラマ・レビューと比較した時、やっぱり目立つのが山下の飛躍だろう。

去年は人気ドラマ『プロポーズ大作戦』直後の投票でも14位だったのに、今年

は視聴率で劣る『コード・ブルー』の開始時期の投票で6位。映画『クロサギ』も

影響したのかな。ウチへの検索もかなり増えてるから、人気がかなり上がって

るのは確かだろう。山Pの顔がキムタクに似てるなんて話もあるし、来年はもっ

と上に行くかも知れないな。

           

『1ポンドの福音』の亀梨は、一つランクを下げて11位。KAT-TUNの中で、

赤西との差が広がった形だし、野ブタの彰(=山P)にも大きく逆転された形に

なってる。ファンの皆さん、来年は頑張らなきゃね。ただ、「抱きたい男」や「セク

シーな男」では上位になってたから、強くひき付ける何かを持ってるんだう。

『ラスフレ』で活躍した瑛太と錦戸亮も、なかなか好位置につけてるね。

    

個人的に一番凄いと思ったのは、ウチで扱ったドラマの中で目立った活躍をして

たのに、ランクインしてないタレントたちだ。『あしたの、喜多善男』松田龍平

『Around40』藤木直人『太陽と海の教室』織田裕二。若い女性の人気が

それほどでもないのに、藤木や織田はそれなりの視聴率を残したし、松田は演技

で素晴らしい魅力を放ってた。やっぱりブロガーとしては、こういった俳優たちを

自分の手で少しでもプッシュしたいと思うな。。

          

           ☆          ☆          ☆

という訳で、この程度書けば十分でしょ。いや、こんな記事書く気はなかったんだ

けど、今週に入って、去年のアンアンの記事に結構アクセスが入って来たから、

ついフラフラッと書いちゃったわけ♪ ま、ドラマのキャスティングと関係する話だ

し、常連読者さんへの軽いサービス記事って意味も含めてね。

    

ちなみに、「嫌いな男」は1位・江頭、2位・みのもんた、3位・島田紳助。分かりや

すい結果だけど、江頭はともかく、みのと島田はこれでも圧倒的人気を誇ってる

んだから、逆に凄いタレントだと思うな。あと、ランキングの調査方法については

下のリンクを参照あれ。ウチらしい、希少価値のある記事だと思ってる。女の子

はほとんど関心を持ちそうにない話だけど、それを語る所に意義があるわけよ♪

それでは。。☆彡

       

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf『an・an』好きな男ランキングを見て思うこと (2007年)

  『an・an』好きな男ランキングの調査方法など (同上)

      

P.S.この記事は、かなり久し振りにココログ(ニフティのブログ)が紹介してくれ

    たこともあって、ラスフレバブル以来の大量アクセスとなった。以前はもっ

    と頻繁に紹介してくれたのに、担当者が変わったんだろうな。今の担当者

    は、30台タレントの頑張りって部分に注目してくださったようだ。

    ともかく、ご紹介に感謝、感謝。。♪

       

080925

| | コメント (0)

夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

 あのさぁ 広島の大学に造船工学科ってのがあって

 そこは造船の勉強が出来るんだ

 オレ 第一志望でそこにしようと思う

 オヤジの後を継ぐには それが一番いいからさぁ

 冗談キツイよ

 本気だよ

 同じ大学に行く約束は?

 それは ゴメン

 ずっと2人で目標にして来たことだよ

 ・・・ゴメン

 広島ってこっから離れるってことだよ 4年も離れるってことだよ

 て言うか 何で急にそんな事言うの 何で勝手に決めちゃうの

 訳分かんないよ

 わかんないかな

 わかんないよ

 ハチのことがあったからだよ

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私たちはさぁ 何て言うか 先生からリレーのバトンを受け取ったんだと思う

 もっと胸を張れっていうバトンだったり もっと自由になれっていうバトンだったり

 私たちはさぁ みんな先生のバトン受け取って走ってるんだと思う

 もっともっと もっと前に もっと前にって

 それでいつか 今度は私たちが先生に渡すの

 もっともっと 前に前にって思いながら・・・

     

         ☆          ☆          ☆

素晴らしい! 見事な未完成品だ☆・・・とか書き始めても、今度は皮肉と勘違い

する人は少ないだろう。先週のように失敗作と書くと、その言葉だけがネガティブ

なインパクトをもってしまうけど、未完成品という言葉はそれほどネガティブじゃな

い。「未完の大作」と書くのはちょっと無理があるけどね♪

    

オンエアを見終わった直後の印象は、正直言ってかなり悪かった。先日終了した

山P=山下智久の『コード・ブルー』最終回を見終わった時とは正反対。既に先週

第9話で、全体的に「失敗作」なのはほぼ確定してたものの、最後の切り札とな

るべき日輪祭まで不発。制作費不足みたいなひまわりのモニュメントが淋しく燃え

るだけで、涙も感動もなし。むしろ、これまでほとんど無視してきた履修問題の扱

いの方がマシだったほど。何を書けばいいのか、途方にくれてしまった。もちろん、

単なる否定的感想の羅列なんて平凡なものは、始めから全くの論外だ。

          

最初に思い出したのが、オンエア前、仕事帰りの書店で見入ってしまった『容疑者

Xの献身』の宣伝映像(DVDかな)。そこでは、親友&天才数学者・石神(堤真一)

のトリックを意識しながら、ガリレオ=湯川(福山雅治)がこんな感じの事を言って

た(不正確)。「絶対に解けない問題を作るのと、それを解くのとでは、どっちが難

しいと思う?」。で、私は思ったわけよ。「絶対にホメようのない作品を作るのと、そ

れをホメるのと、どっちが難しいと思う?」とね♪ この最終回をどうホメればいい

のか「さっぱりわからない」。

    

ただ、同時に古代ギリシャの哲学者ソクラテスの逸話も思い出してた。悪妻と伝

えられるクサンティッペを意識しながら、彼は周囲の人にこう言ったと伝えられて

いる。「ぜひ結婚しなさい。良い妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私の

ように哲学者になれる」。で、私は思ったわけよ。「良いドラマを見れば幸せにな

れる。悪いドラマを見れば人間が鍛えられる」とね♪

   

それ以降は、久々に「産みの苦しみ」を楽しんだって感じだった。自分でどう解釈

すれば、この「未完成品」が輝くのか。それを延々考えるのは、「じつに面白い」

ことだった。。

    

          ☆          ☆          ☆

なんていう、長めの前フリからスタートした最終回レビュー。いつものように、肝心

の本論を書く時間が無くなってしまったから、サラッと書き上げよう。この程度でウ

ンザリして帰っちゃうようじゃダメよ♪ 内海(柴咲コウ)だって、湯川の長い理屈

にウンザリしながら頑張ってたもんね。

    

今回の話を読み解く際に、3つのポイントがあった。まず、2つのポイントに目を向

けよう。1つ目、圧倒的に気になったのが、注目のラストシーン。海辺にみんなが

集まってはしゃぐ所までは合格だ。私は以前から、最後は海ではしゃぐシーンだと

言い続けて来たから、よし、ジャブジャブと中に入れ!と念じてたのに、生徒が走

り去るのを櫻井が見送るだけ。あれっ、制作費が足りなくなって、ブレザーのクリー

ニング代が惜しくなったのか、とか思ったほど。今朝の朝日新聞・社会面で、民放

の制作費圧縮が話題になってたもんね。フジテレビで第1四半期、6%減らしい。

         

ちなみに、かつての月9の名作『ビーチボーイズ』なら、ちゃんと海に入ってくれた

のだ。ドラマの最初と最後にきっちりと、「桜井」広海(反町隆史)と、「エリート商社

マンの身分を投げ捨てて夏の海に来た」海渡(竹野内豊)の2人とも、海に入って

はしゃいでくれた。海辺=ビーチのドラマとして、しっかり形が出来てたわけだ。

              

2つ目のポイントは、先週から善玉に寝返った柴草(八嶋智人)のシュメール人の

。メソポタミア文明への青春の情熱を話すのはいいし、その証として論文を持っ

て来てたのもOK。でも、どうしてあそこで、ハンコの話が出て来たのか、分からな

かった。楔形文字を刻んだハンコを首から提げて、偉い人間の象徴にしてたなん

て話。大げさにを指差しながら。どうみても時間がない最終回で、わざわざそん

な話を脇役がしてるのは、何か意味とか意図があるんだろう。今までも、このドラ

マは常に、細かくて高度な伏線を張り続けてきたんだから。

        

この2つのポイントを見事に結びつけてくれたのが、羽菜(谷村美月)の台詞だっ

た。この記事冒頭の引用の後半。つまり、バトンリレーなのだ。紀元前3500年と

いう数字をそのまま真に受けるなら、今から5000年以上も前に始まった壮大な

リレー。それに気付いた時、私はまるで、「タイムスリップするような」「ドキドキ、ワ

クワク」感を味わうことができた♪

     

そこでつながれて来たのは、「誇り」という名のバトンだ。他人に対してというより、

むしろ自分自身に対して胸を張る思い。究極の生きる力となる自己肯定。まるで

バトンのように棒の形をしたハンコとは、遥か古代の原点で、誇りの象徴だった。

       

そして今、生徒たちも、誇りの象徴としてのバトン、円筒形のケースに入った卒業

証書を手に、海辺をはしゃいで走り去る。洋貴(岡田将生)凛久(北乃きい)

辺(山本裕典)灯里(吉高由里子)、羽菜大和(冨浦智嗣)、茂市(鍵本輝;Lead)

の7人。アカリのブレザーのポケットには、ハチ=八朗(濱田岳)の形見のアタリ棒

も、小さなバトンとして入ってるに違いない。残念ながら編集でカットされてるけど

ね♪ リレーの前走者、櫻井朔太郎(織田裕二)が後ろから見送るのは自然なこと

だ。追いかけるのは、腹が減って焼きそばが欲しくなってからでいい。

         

あのバトンは、何に対する誇りなのか。それは、体育、家庭科・世界史・音楽の補

をしっかり受けて卒業したことに対するプライドだ。補習そのものの中に、本当

に「宝物」が見つかったのかどうかは分からない。でも、補習を受けたことによって、

結果的に誇りのバトンという宝物を手に入れられたのだ。

      

バトンをつかみ取ったのは、あくまで彼ら自身の手。でも、彼らの手元まで運ん

きたのは、櫻井先生だ。これまで長い時間、バトンを運んできた櫻井が、最後に

生徒たちに必死で手を伸ばしてバトンを渡そうとする動作。それこそ、あの大昔

の青春ドラマのパロディみたいな、愚直なランニングなのだ。背筋を伸ばして胸

を張った、堂々たるフォームで生徒にアピールするランニング。校長(戸田恵子)

が言うように、生徒たちの代わりに1人で補習をしてる(or受けてる)のなら、家

庭科のぞうきん作りでもいいはずだけど、それではパロディとしてヒネリ過ぎで分

かりにくいし、学園ものに見えないわけ。

           

もう少し細かくみるなら、桜井から生徒にバトンをつなぐ際、柴草のやたら熱い言

葉以外に、榎戸若葉(北川景子)も手助けしてた。その言葉に反応した洋貴が先

頭に立って、臨時の「ホームルーム」を生徒たち自身で開き、補習の受講を決定

した。だからこそ、直後のランニングは、バトンを受け取った生徒たちが前を走り、

その後ろに桜井&若葉が続いてるのだ。思い切りズームアウトしたカメラが遠く

に映し出した背景は、もちろん湘南の海。ここにホントは、明るく輝く太陽が欲し

かったんだけど、ロケで「太陽待ち」する余裕がなかったのかも知れない。

        

       ☆          ☆          ☆

ただ、あの曇り空は、意図的なものの可能性もある。と言うのも、このドラマ、終

盤に来て、公式サイトのトップやタイトルバックみたいな眩しくきらめく太陽を避け

てるような感じがあるからだ。その代わりに目立ってきたのが、「夕陽」という太陽

これこそ、残された3つ目のポイントを解き明かす鍵となるものだった。

   

その、3つ目のポイントとは、この記事冒頭の前半に引用した、洋貴と凛久の会話

だ。唐突に表れたイルカのプールは、私には『ビーチボーイズSP』へのオマージュ

(敬意を込めた模倣)に見えた。あのSP(冬のスペシャル版)は、「小さなプール」

から「大きな海」へとイルカを解き放つお話で、この最終回とも密接に関係し合って

る。と言うのも、洋貴は「小さな共同体」を抜け出して、遠くの広島を目指すわけだ

し、他のメンバーもみんな、小さな仲間内、小さな学校から、「広い社会」へと一人

一人で旅立つからなのだ。でも、残念ながらそうゆう比較話は、奇妙なほどウケが

悪いから、書くのは止めとこう♪ 書いとるわ!

        

で、話を戻して、2人の会話の何が気になったかって言うと、もちろん、洋貴が広

島を目指す理由だ。「ハチのことがあったからだよ」ハチの死と洋貴の旅立ちと、

どうゆう関係があるのか、説明せよ・・・なんていう、人文・芸術系の大学入試問

題があってもおかしくないような、興味深い箇所だった。「焼きそばを作ってて、

広島風お好み焼きを本場で食べたくなった」なんて解答は、ハチと関係ないから

0点だ。一方、「親友のハチが突然死んだので、気が動転して変な行動を取った」

とか、「死別の悲しみで、どこか遠くに行きたい気持ちだった」なんて答えると、採

点者によっては案外、そのシュールな斬新さを評価してくれるかも知れない♪

                     

でも正解は、「有限性の自覚」だ。人は必ずいつか死ぬ、無限ではなく有限な存

在だ。しかも、その終わりは、遥か先のことではなくて、明日とか今日なのかも知

れない。だから、大切なことは先延ばしにせず、「今」すぐに行う必要がある。そう

した、生の有限性を、単なる理屈じゃない現実として、まざまざとハチの死が教え

てくれたからこそ、洋貴はなるべく早く父親の後を継げる道を選んだのだ。一番

最後の「今を生きてるか?」「はぁ~い♪」なんてやり取りも、有限な生を刻一刻

と尊重する姿勢を示す言葉だ。これまたパロディのようにも感じるけどね。

          

その「生の有限性」を桜井が授業で語るのなら、「メメント・モリ」(memento mori)

というラテン語の警句(英語としても通用)を黒板に書くだろう。「死を忘れるな」

そうした有限性をイメージ的に象徴表現してたのが、終盤に来て急激に増えた、

夕陽の映像だ。まもなく沈む太陽のもつ、独特の美しさ。ここへのこだわりには、

脚本家・坂元裕二の個人的嗜好も感じるけど、あの夕陽の美しさが誰にも伝わ

ることは確かだし、死にゆく人のもつ独特のインパクトも、古今東西、普遍的な

ものだろう。夕陽とは、人間そのものなのだ。限りある命を精一杯美しく生きよ

うとする我々自身を映し出す、超越的次元の鏡だ。  

               

ハチの死がもたらした警句は、もちろん洋貴の進路にだけ影響を与えたのでは

ない。もっと重要なのは、誇りを持って、胸を張って今この時を精一杯生きる姿

勢を、クラス全体にもたらしたことだ。今さら補習なんて何十時間も受けてるよう

じゃ、「しばらく先の」受験には失敗して浪人するかも知れない。でも、今この瞬間、

胸を張って生きることができる。その誇りは、「不意のアクシデント」がなければ、将

来の自分へとバトンパスされるだろうし、アクシデントがあっても、悔いは残らない。

   

それに対して、救済策のレポート提出なんてものでごまかすことにして受験勉強

に打ち込むと、今の自分が誇りを持てないだけでなく、将来の自分に対しても、

負の思いのパトンパス、ネガティブな継承が生じてしまう。もちろん、途中でアクシ

デントが生じたりしたら、後悔しながら死ぬハメにもなりかねないわけだ。

    

ハチの死は、さらに灯里の進路も変えた。と言うより、決定したと言うべきか。第

2話で櫻井のバトンパスを受けて、ハチの心に心で応えようと思った灯里はアイス

屋さんを目指すことにした。いやいや、そうじゃなくて、先生を目指すことにしたの

だ。これは、ちょっと変化した形のパトンパスだろう。誇り、すなわち自分への愛

ではなく、他人への愛というバトン。これをハチと櫻井から受け取ったアカリは、今

度は子供たちに愛をつないで行こうと考えたわけだ。アタリ付きのアイスを売るこ

とを通じて♪ しつこいわ!

      

ともかく、先週のウチのレビュータイトル通り、「海の死を太陽にして」、みんなの

高校生活は、最後の半年間、輝き続けたわけだ。日輪祭の後、モニュメントを燃

やす際にやって来た次原雪乃(大政絢)は、絵馬っぽい札の代わりに間に合わせ

の紙に大きく書いてた。「精一杯生きていきます」。これもまた、ハチの貴重な遺

産、生のエネルギーのバトンパスだろう。海で死んだハチのもたらすエネルギー

を象徴するものこそ、あの激しく燃える、ちょっと不恰好なひまわりのモニュメント

だったのだ。。。

     

       ☆           ☆          ☆

あぁ、日付けが変わる! 毎日更新継続の観点からも、そろそろ終わりにしなきゃ

マズイ。オンエア直後、意外にそこそこ印象が良かったのは理事長(小日向文世)

真山春佳(吉瀬美智子)だ。もし櫻井が、理事長まで説得して味方につけてたら、

いくら何でも『水戸黄門』的すぎて、私は「ガラガラガッシャーン」と卓袱台を放り投

げてたかも知れない。でも、理事長も最後まで胸を張って、教育と必要悪に対する

自分の考えを堅持したし、その姿勢は辞任後にも、真山へとバトンパスされたよう

だ。これでいいと思う。私が手元に用意した卓袱台も、まるで『ヤスコとケンジ』最

終回ラストで松岡昌宏がやったみたいに、クルクルッと回って真直ぐ無事に着地

したわけよ♪

          

最初から書いてるように、別に櫻井たちの選択は絶対的に正しいものでも何でも

ないのだ。有力でテレビ受けの良さそうな「一つの」選択肢を描き出したにすぎない

のだから、対抗する「別の」選択肢を最後まで残したのは評価に値する。ただ、残

念ながら時間切れなのだ。先週書いたように、全11話の可能性があったのをギ

リギリで10話に決めた余波が残ってしまったんだろう。

    

最後に、オンエア直後の失望感の中、唯一非常に印象が良かったのは、凛久の

描き方だ。最高だったのは、櫻井と2人で夕陽の海辺に座って、過去の思い出に

ひたりたい思いを感傷的に話すシーン。凛久が可愛いのはもちろんのこと、櫻井

が珍しく黙って聞いてたのも凄く良かった。その前の、海辺のランニングシーンで、

凛久の暗い表情に気付いてた櫻井は、実は凛久とほのかな恋愛関係にあったと

も見れるだろう。特に、凛久の態度は、最初から特別のものがあった。

       

でも、それは破局したのだ。洋貴のヒネった告白「オレ、まだ凛久に告白してない」

と、凛久のはじけるような笑顔のOKサインによって。となると、生徒達も卒業した

し、櫻井の愛は別の女性に向けられることになるだろう。もちろんそれは、校長だ。

違うわ! 一回り以上年下の、自分に好意的な女教師、若葉だ。二人の熱烈な

関係は、残念ながら編集でカットされてるので、想像力で色々と補うことにしよう。

北川の女優デビュー作『美少女戦士セーラームーン』のセーラーマーズのコスプレ

とかもやらせてるに違いない。ここであと一行、「テーマの身体的表現」とか余計

なことを書いたんだけど、自主規制で削除しといた♪ 残っとるわ!

               

という訳で、じっくり見直して考えて見ると、「じつに面白い」最終回だったのだ。余

裕があれば、好評だったキムタク=木村拓哉の『CHANGE』最終回レビューみた

いに、櫻井の最後の大演説をパロった文章を書き加えようかと思ったんだけど、

もうすぐ日付けが変わってしまうから止めとこう。そう言えば、あのドラマも、第1話

から必要悪をめぐって演説が行われてたね。偶然か、それとも時代の要請か。

         

最終回の欠点なんてのは、ウチに書かなくても、どこにでもあれこれ書かれてる

ことでしょ。後で書き足すかも知れないけど、とりあえず「未完成品」という一語で

省略表現しとこう。完成は、視聴者それぞれのイマジネーションで補えばいいし、

DVDに未公開映像をたっぷり詰め込んでもらえるとありがたいと思う。つまらない

とか駄作とか、否定的なコメント・評価をくだすのは自由だけど、それに見合うだ

けのものを自分で書き上げてないと、何の説得力もない。表面的な共感を呼び込

んで満足するくらいなら、むしろ圧倒的な批評を書いて、生産的な批判を行って

欲しいもんだ。その基本は、愛。そして、余裕という名の大人のパワーだろう。。

                   

とにかく、今回の演出・若松節郎プロデューサー・村瀬健ほか、スタッフ&キャスト

の皆さん。「素晴らしい未完成品」を見せてくれて、どうもありがとう☆ このドラマを

夏のレビューの中心に選んだのは大正解だったと、自信をもって言えるだろう。

ドラマの真の主役、海にも、ありがとうと伝えたい♪

ではまた、いつの日か。。☆彡

     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.雪乃はもちろん、後半のスタートを切った船木(前田敦子)の扱いが小さかっ

    たのは不満だけど、まあ寝たフリと絵馬(宇宙物理学者を志望)で笑わせて

    くれたから良しとしよう。それに対して、素晴らしい出来だった第4話のピアノ

    男・三崎雅行(中村優一;D-BOYS)や貴林優奈(黒瀬真奈美)は結構目

    立ってたね。

    音楽教師・赤木(池田鉄洋)体育教師・与田(今井ゆうぞう)副校長・槇村

    肇(小林すすむ)らにちゃんと出番を与えてたのも良かった。。☆彡

      

P.S.2 最終回の脚本は、8月22日の北京五輪・陸上男子400mリレーの

      銅メダル獲得後に書かれたのかも知れないね。日本チームの見事な

      バトンパスが光ったレース。主役のアンカー(最終走者)として脚光を

      浴びたベテラン・朝原宣治の引退レースとなる、スーパー陸上・100m

      が昨日行われ、10秒37で日本人最高の3位に入った。20年間どう

      もお疲れさま♪ ちなみに、リレーの他のメンバーは、塚原直貴が4位、

      末續慎吾が5位、高平慎士が7位だった。

           

P.S.3 誰も書きそうにない小さな欠点としては、最後のお説教を「君たちは

      誰だ?」という謎かけで終えた後、生徒たちとの「にらめっこ」が僅か

      だったこと。第1話レビューに書いたように、あれはUZがカバーして歌

      う主題歌『君の瞳に恋してる』の原題(キミから目が離せないという意味

      の英語)から来たお遊びなんだから、最後にもう一度、3秒くらいはやっ

      て欲しかった。その程度なら、以前のような激しい拒否反応も出なかっ

      たはずだ。それとも、櫻井が「目が離せない」のは凛久だけだったか♪

             

P.S.4 『あしたの、喜多善男』に続いて、素晴らしい演技を見せてくれた吉高

      由里子。20日公開の映画『蛇にピアス』は好調なのかな。書店には、

      金原ひとみの原作がズラッと並んでたけどね。書店と言えば、吉高の

      写真満載のタレント本『吉高由里子のあいうえお』が平積みになってた

      からペラペラッとめくってみた。文章は読んでないけど、写真は吉高の

      アイドル的笑顔満載だったと思う。個人的には、もっと小悪魔的な笑み

      とか、翳りのある表情を見たかったな。ま、最初だから、無難な企画で

      スタートってことかね。今月は他にも、完全な写真集が発売されたとの

      こと。今後ますます輝きを増すことを祈ろう♪

     

P.S.5 60進法(六十進法)とは、記数法(数を記す方法)の一種。普通に使わ

      れてる10進法は、10ごとに位が一つ進むが、60進法だと60ごとに

      位が一つ進む。ということは、一つの位を表す数字が60コ(普通の言

      い方だと0~59)必要になる。シュメール人が築いたメソポタミア文明

      の初期には、くさび形文字の数字59コと空白1コ(0の代わり)を用い

      たらしい。ちなみに、コンピューターの世界、つまりデジタル・ワールドで

      は、数学の問題によく出る2進法と共に、16進法もよく使われている。

             

P.S.6 「メメント・モリ」で思い出したのが、本木雅弘主演で今月公開の映画、

      『おくりびと』。納棺師の話で、先日の朝日新聞によると、本木が写真

      家・藤原新也の古典的名作『メメント・モリ』を見たのが、企画の一つの

      キッカケになってるようだ。

      第32回モントリオール世界映画祭グランプリ、おめでとう! やはり、

      死は世界共通の主要な関心事、生を縁取りする基本的な枠組だ。。

         

P.S.7 「壁はホントは鏡なんだ。君たち自身を映す」とかいう櫻井の言葉は、

      いまいちインパクトが無かったけど、正しいと思う。似たような話として

      は、「自分が嫌いな人間は、自分を映す鏡だ」というものがある。どち

      らにおいても注意すべきは、鏡とは元のものをそのまま正確に表す物

      ではないということだ。左右反転してたり、細く見えたり、汚く見えたり。

      だから色んな壁=鏡が必要だし、直接自分を見る必要もあるだろう。

    

P.S.8 他のクラスでは、補習は受けずにレポートで済ませた可能性が高い。

      じゃあ、そうした生徒たちが胸を張って生きてないのか、誇りを持って

      ないのか、と言うと、そうとは言い切れないだろう。私があの学校にい

      る受験生だったら、どちらが自分に誇りを持てる選択なのか、かなり

      迷うと思う。人によって、時によって、答えは変わるだろう。カリキュラム

      を作ったのは理事長だし。

      ただし、私があの学校の先生だったら、受けたいと言ってる生徒の補

      習を手伝うのは間違いない。体育のランニングとかね♪

   

P.S.9 夜が明けて、今日24日は雑誌an・an(アンアン)の発売日。毎年恒例

      人気企画、「’08年あなたが選ぶ 好きな男・嫌いな男」ランキング

      発表されるんだよな。果たして、織田裕二がランクインしてるかどうか。

      とりあえず、表紙に載ってる29人には名前が見当たらないね。それに

      しても、木村拓哉V15達成とは、絶句。。

      ちなみに、去年の記事には数日前からアクセスがかなり入ってる♪

      (追記: 今年の記事は、ココログの紹介もあって大量アクセス☆)

     

P.S.10 『太陽と海の教室』最終回の視聴率は15.6%。平均視聴率14.45

       %。月9としては、ギリギリ合格かな。去年夏の『ファースト・キス』よりも

       僅かに上だしね♪☆彡

                          

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

    

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手作業TB: 太陽と海の教室 最終話 「最終回75分SP・涙のラストメッセージ」

                                  (テレビお気楽日記)

| | コメント (6) | トラックバック (8)

PCモニターに出た青い線を消す方法

やばい。。ますますノートパソコンが危なくなって来た。まだ買って2年も経たない

のに、定評あるNECでこんな目に会うとは、運が悪いのか、使い方が悪いのか。。

       

土曜の夜、ネットをあちこち見てて、ふとモニター中央に青い線が入ってるのに

気付いた。縦に1本、幅1mm程度の線。たまたまそのサイトがおかしいだけか

と思ったら、そうじゃない。自分のPCモニター自体が狂ってるようで、ブラウザを

閉じてデスクトップ画面にしても入ってる!

       

ギョエッ!と思って早速あちこち検索開始。大げさだと思われるかも知れないけど、

私は前のノートパソコンでも、モニターの故障で泣かされたのだ。ノートにしては解

像度が高いせいで、見積もりの修理費は12万とか! もちろん断ったけど、外付

けモニターにくっつけたんじゃ、ノートの意味がないし、壊れたモニターが邪魔だ。。

結局、新しく買ったのが今のノートだから、またモニターかよって感じなのだ。

                         

調べてみると、大雑把に言って2つの理由があるようで、一つはモニターの故障。

もう一つは、モニターのケーブルの問題。私はノートだから、ケーブルはもちろん

使ってないので、結局モニターの故障かよ・・・と諦めかけた時、偶然ふと気付い

た。モニターを開く角度を少し変えると、線が消えるのだ! なるほど、左右に2ヶ

所ある、本体とモニターの連結部に問題があるってことだろう。つまりデスクトップ

で言うと、モニターのケーブルの問題にあたるわけ。

     

半年前に記事を書いたように、このパソコンは右側の連結部が壊れかけてる。何

とかごまかしながら使い続けてるけど、症状はひどくなる一方で、ついに左側も少

しずつ壊れてきた。今回の青い線は、グラついてる右側の連結部から来てるよう

で、そこを指で押すだけで線が出たり消えたりする。原因と対策(対症療法)が分

かって一安心したから、別に線の有無も気にならなくなった。

    

ただ、要するにどんどん壊れてるのは確かで、いつ映らなくなってもおかしくない。

他にもパソコンは持ってるけど、主力で使ってるものだから、早めにデータのバッ

クアップとかやらないとマズそうだ。ちなみに、青い線をプリントスクリーンで画像

にしてここに貼り付けようかと思ったら、出来なかった。物理的障害による線だと

「プリント」できないわけね。あと、モニターの角度を色々変えても、赤い線や黒い

線が出ることはなかった。緑や紫の線くらい出てもよさそうなもんだけどね。ま、

出てもあんまし嬉しくないけど♪

    

11月15日追記: 1週間ほど前から、青い線の4cmほど左側に赤い線も出始

            めた。どちらの線も、モニターの傾きによっては一応消せる

            けど、なかなか難しい状況。両方の線を同時に消すのは極

            度に難しい。あと何ヶ月もつのか、ますます怪しくなって来た)

                       

ともかく、モニターに青い線が入ったら、まずモニターの連結部を疑う価値はあり

そうだ。ノートなら左右のつなぎ目(中は金具)。デスクトップならケーブルとか端子。

ではまた。。☆彡

| | コメント (4)

『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ

RUN 21.1km,1時間41分09秒,心拍156

ドラマも良かったけど、走りも意外に良かったな♪ ドラマレビューを書きたいの

をグッとこらえて真面目に長い距離走ったから、ご褒美ってことだろう。ただ、ウチ

の読者の大部分はドラマファンだから、一応チョコッとだけ感想を書いとこうかな。

              

『ヤスコとケンジ』最終回、十分な出来だと思う♪ これぞ日テレ・土9って感じの

ドラマだね。子供から大人まで安心して楽しめる、ハッピーエンドのコメディー。

単純で分かりやすくて笑って泣けて、軽いヒネリと萌え要素も交えた、模範的な

ドラマだろう。ベタベタな展開なのに楽しめた。平均視聴率は13%弱くらいにな

りそうだから、ボチボチで、前クールの仲間由紀恵『ごくせん』の22.6%と比べ

ると激減だけど、むしろ『ヤスケン』関係者はホッとしてるんじゃないかな。

22日追記最終回視聴率16.3%で、平均視聴率13.0%に到達☆)

         

主役の兄妹・沖ケンジと沖ヤスコを演じる松岡昌宏(TOKIO)多部未華子は、

そこそこ人気はあるけど、数字を稼げるほどでもない(私は好きだから念のため)。

仲間や山P=山下智久、キムタク=木村拓哉、福山雅治、長澤まさみらとは違う

わけ。準主役の椿エリカを演じる広末涼子もそんな感じだ。おまけにケンジと子分

のモス(内山信二)&アジダス(渡部豪太)、相談相手の勝(嶋大輔)は、元暴走族。

エリカと子分のかおり(山口紗弥加)も元レディースで、世間一般での印象はあま

り良くないはず。アルコの原作少女マンガ(同名)も、大ヒットというほどじゃない。

          

ところが、ドラマは初回から凄く上手く作ってた。主役の2人が抜群で、ケンカし

ながらも凄く仲のいい兄妹を好演してたし、演出もマンガ的な作りを適度に散り

ばめて笑いやアクセントを生み出してた。例えば、ヤスコのコケ方、純(大倉忠義

関ジャニ∞)への萌え方。あるいは、ケンジの怒り方、ツッパリ方、卓袱台の投げ

方。さらにはエリカの燃える目、ケンジとのにらみ合い、等々。。

cf. 『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪ )

                     

最終回も文句ない出来栄えで、エリカが10年越しの愛をケンジに告白するもの

の、最初は上手く行かない。ケンジの写真入りロケットをエリカは投げ捨てたけ

ど、それを元々の悪役・青田(RIKIYA)が拾ってケンジに渡す。ヤスコも、ケンジ

が胸に秘めた愛を込めて描いた少女マンガをエリカに見せて、力づける。最後

は、金がらみの悪者連中が登場してエリカを拉致してる所へ、毎度お馴染み、

バイクに乗った特攻服のケンジが登場。TOKIOの主題歌『雨傘』が流れる中、

他のみんなも手助けして、悪者を倒して、ケンジが不器用な愛の告白をして、桜

が舞い散る春の結婚へ。

        

告白は、最後の「2人で人生、バリバリ走ろうぜ。お前と一緒なら、人生エンスト

知らずだぜ」なんていう、「ダサ」すぎて全員ズッコケる言葉よりも、登場シーンの

「てめぇら・・・ウチのクソあまに何してんだ?!」だろう。「クソあま(くそ女)」エリカ

が、妹のヤスコと同様、「ウチの」大切な人になったわけだ。

                       

お決まりのパターンやポイントを全て組み込みながら、主要なキャラが全員力を

合わせて、全体的ハッピーエンドを作り上げる。勧善懲悪的な部分もあるけど、

僅かだしコミカルだから、別に嫌味はなくてスッキリするだけ。あくまで、不器用

な愛を描くほのぼのコメディなのだ。ケンジとヤスコの兄妹愛、ケンジとエリカの

恋愛、ケンジと仲間の友愛。ヤスコの台詞「お兄ちゃんを笑顔にすることが、私

の正義なんだよ」は、そのことを良く表してた。敵を倒すんじゃなく、味方を幸せ

にする正義。

                  

最後は、結婚式当日、家の居間でヤスコがケンジへの手紙を読む練習。手紙の

台紙はひまわり。卓袱台に亡き両親の写真を置いて、周りには全員集まって盗

み聞きしてる。怒ったヤスコにケンジが逆ギレして、ウェディングドレスのエリカも

巻き込んでにらみ合い。ラストはケンジが卓袱台を2回転させてタンカを切って、

ヤスコの「おにいちゃん!」でドタバタの終了。族っぽい火の玉の形の「おわり」が、

ケンジの口のあたりから出る形を作ってた。大昔の怪獣かよ!

                         

いいんじゃないの♪ このラストなんて見ても、やっぱり変則的なホームドラマ

んだよな。結局、家の居間とちゃぶ台を中心に、みんなが仲良く暮らすわけだか

ら。おまけに外の庭にはわざとらし過ぎて笑える桜の花びらまで。『サザエさん』

のように安心して楽しめる、日本的な物語だった。これなら、ご高齢の方でも意外

に大丈夫だったんじゃないかね。多部は、『鹿男あをによし』もそうだけど、和風

の建築や物語に合うのかも。惜しかったのは、最後のヤスコの手紙がちょっと泣

けなかったことくらいか。ま、多部は可愛いセーラー服姿でずっと頑張ってきたか

ら、良しとしよう♪ 庭でテント張って飯ごう炊いて、自立を目指す姿も笑えたしネ。

ちなみに、ナイター延長で録画に失敗した人、お気の毒さま。。

                        

         ☆          ☆          ☆      

おっと、ドラマの話を書きすぎたわ。やっぱ、ランニング記事にチョコッと挿入する

だけでも、この程度は書かないとガマンできないね。普段の本格的レビューはこの

5倍だもんな。で、走りはどうかって言うと、微熱でボーッとしてたのに、走り出すと

意外に脚が軽い。台風一過で、わりと涼しい夜だったし、2ヶ月ぶりのハーフ21.1

kmに挑戦。途中からはタイムを意識して、練習としては1年ぶりにマトモな走り

なった。まだランニングシーズンに入って僅か半月。まさかまさかだね♪

       

トータルでは1km4分48秒ペース。最後はさすがにバテたけど、ロクに走ってな

かったんだから当然だ。前回の18kmと違って、足腰の痛みもあんまし残ってな

。ただ、明日と明後日は忙しくて走る時間がないかな。ま、火曜日にのんびり

16km前後走ることにしよう。結果的に、ドラマ記事みたいになっちゃったけど、

たまにはイイでしょ (^^ゞ ではまた。。☆彡

                         

  往路(2.45km)     12分28秒   平均心拍133          

  1周(2.14km)     10分28秒         152        

  2周              10分15秒         155        

  3周             10分17秒         157

  4周              10分06秒         158 

  5周              10分00秒         161

  6周              10分11秒         160 

  7周              10分22秒         159 

  8周(1.22km)        6分02秒         160

  復路               11分01秒         163

  計 21.1km  1時間41分09秒     156(最大171,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねだりココア、5ヶ月ぶりに帰宅!♪

何と何と!台風13号による雨で走りに行けない夜、ふと思い立ってブログのペット

080920 「おねだりココア」をいじってたら、「みんなのところ

 に」帰ったはずの「テンちゃん」ココアがウチに戻っ

 て来た♪ 実に5ヶ月ぶりの帰宅。いやぁ、お別れ

 も感動だったけど、再会もまた感動だなぁ。。☆

           

 始めたのは07年4月。今年の4月末に見事「おね

 だり王」になって、コレクション型育成ゲームはひと

まず終了。その後、常連さんが育ててるココア(まこりんココア etc)のために残

してたんだけど、自分のココアがいなくなってガラーンとした空き部屋に「テンちゃ

080427 んさんのココアはもういないようです・・・」っていう

 文字が流れ続ける様子は、何とも淋しかった。そ

 こへ突然、あの可愛い笑顔が戻ってきて、おまけ

 にまた、おねだりに出かけるようになるとは、何と

 嬉しいサプライズ! 

      

 ちなみに、リセットしたんじゃなくて、一応以前の

続きなのだ。おねだり王になる目標は達成しちゃったけど、おねだりコレクション

やポイントはそのままだし、ペットを飼うのに目標なんかなくてもいいでしょ。案外、

今後も何かビックリさせる仕掛けがあるかも知れないしね♪

         

         ☆          ☆          ☆         

070421a という訳で、テンちゃんココア復活記念に、あらた

 めてこのブログパーツの遊び方を書いとこう。

 まずボックスの上にあるボタンをクリックして、公

 式HPにジャンプ。そこでメアドとかの超簡単な登

 録を済ませると、IDとパスワードと公開アドレスが

070421c 書かれたメールが届く。それを利用してログイン、

 あとは適当にあちこち、犬のココアをおねだり

 行かせて、お菓子やおもちゃ、色々コレクションし

 ていく。次第に「おねだりポイント」が増えて「おね

 だりレベル」もUP。色んな場所へ行けるようになるし、

070421f 「かしこさ」が増してより上手くおねだり出来るよう

 になる。「なかよし」度が上がると表情も変わるし、

 途中からは仲良しのうさぎ「ミルク」もお手伝い♪

   

 最後は「おねだり王」になって、一度いなくなってからま

Cocoa10 た帰って来てくれるわけ♪ 公開アドレスは、コメ

 ント欄で公表すると、他の人があなたのココアの

 状況を見れるようになる。私の場合は、プロフィー

 ルに書いてる通り、「tencoco7」だ。そうそう、お部

 屋の色も変えれるようになってる。IDやパスを

自分で入力するのは最初の1回だけで、後は自動入力だ。

                           

070421e ちなみに、メアドにメールが来るのも最初の1回

 だけ。余計なメールは一切来ないし、迷惑メール

 も増えてない。私が使ったのは、スパム防止機能

 がしっかりしてるgooのフリーメールだけど、前か

 らある会社だし、他のメールサービスでも何の問題も

ないと思う。ま、用心のために、フリーメールの方がいいと思うけど、軽いお遊び

だ。入力情報や操作の様子は、私には全く分からないし、会社側も悪用のしよう

がないだろう。クリックしてもウチのアクセス数は増えないので、念のため。単に、

常連さん一緒に遊びましょっていう、無邪気なお話♪

                  

いやぁ、それにしてもこれ、気付かずに止めた人が結構いるだろうな。ちょっとウッ

カリしてたわ。あぁー、これで自分のブログを見る時の一抹の淋しさが消えたな♪

気分新たに、もうしばらく頑張るとするか。。☆彡

             

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.ブログのペット「おねだりココア」、よろしくネ♪

  「おねだりココア」、すくすく成長中♪

  「おねだりココア」が帰っちゃった・・

  「おねだりココア」が会社ごと行方不明に・・

| | コメント (4)

『ガリレオ』民放連賞!スペシャルも映画も接近中☆

福山雅治&柴咲コウの『ガリレオ』、民放連賞受賞おめでとう☆ 昨日発表され

2008年(平成20年)日本民間放送連盟賞・番組部門で、フジテレビの去年

の秋ドラマ『ガリレオ』が、テレビドラマ番組の優秀賞を獲得した。

    

ちなみに、最優秀賞はテレビ東京・山田太一ドラマスペシャル『本当と嘘とテキーラ』、

優秀賞は他にテレビ朝日『点と線』、WOWOW『パンドラ』、中部日本放送『ガラス

の牙』が受賞している。ラジオも含めて、全国の番組その他、全体的に表彰するも

のなので、受賞作品などの数はかなり多いんだけど、残念ながら私が知ってるのは

『ガリレオ』ただ一つだった。最近、ドラマレビューに追われて、他の番組を見る時

間が無いんだよな。ラジオも、嫌いじゃないけど、最近は滅多に聞かなくなってるし。。

     

さて、ガリレオは全10回の連続ドラマだけど、賞に応募したのは第1話のようだ。

連ドラ全体で応募するんじゃなくて、1回の放送で勝負するらしいね。第1話(or

第1章)のサブタイトルは「燃える」。公園にたむろする若者の頭がいきなり燃え

て死んでしまう事件で、レーザーを悪用した犯人を演じたのはゲストの唐沢寿明

だった。

     

受賞理由(or 選評)のポイントだけ引用すると、次のように書かれてる。

    

   ドラマオリジナルの登場人物として、主人公の相方に新米の女性刑事

   を配し、謎解きだけでなく、男女のかけあいの楽しさも加味。男女の新

   しい関係性にも言及して、今日的な批評性がある。繊細でテンポのあ

   る脚本は人間ドラマとしても秀逸で、隅々まで行き届いた映像の濃密

   さと情報性は日本の連続ドラマの一つの到達点といえる。1話完結で

   ありながら、次回を観たいと思わせる連続ドラマとしての醍醐味がある。

     

確かに、柴咲が演じた内海薫は、すごくいい味を出してた。正直言って、このド

ラマを見るまで、彼女はあんまし趣味じゃなかったんだけど、『ガリレオ』のおか

げで好感度は急上昇。アニメとかゲームをほとんど知らない私でも、「ツンデレ」

という言葉の意味がよく分かった気がする。ツンツン、冷たくて愛想の悪いエラ

そうな態度を取る側面と、デレデレ、温かくて可愛い従順な態度を取る側面との

共存が魅力的で、ちょっと「燃える」じゃなくて「萌える」女性キャラだった。

    

学生食堂での、内海とガリレオ=湯川(福山雅治)の強烈な会話は、今でも覚え

てる人が多いだろう。全10話を通じても、あれほどインパクトのある会話は他に

無かったと思う。ま、「男女の新しい関係性」というのはかなり大げさだけどネ。

    

「繊細でテンポのある脚本」、「人間ドラマとしても秀逸」、「映像の濃密さと情報性」

というのはほぼその通りで、映像の情報性という所に、あの湯川独特の「数式」

入るんだろう。実際に書いたもの以外にも、頭の中の数式を僅かに映して、天才

物理学者のイメージを上手く作りあげてた。あのおかげで、ウチは数学・物理学

的な解説記事を書けたし、Yahoo!とGoogleの高いランクに助けられて、いまだ

にアクセスが続くロングセラーとなってるのだ。

     

選評が忘れてるように見える事を一つ付け加えると、山奥の実験場で行われた

大掛かりなレーザー照射実験も素晴らしかった。東野圭吾の原作小説には全く

ないもので、テレビの特性を上手くいかして、初回から視聴者を一気に引き付け

る効果があったはずだ。

    

ちなみに、去年の民放連賞記事に詳しく書いたけど、この賞の選考方法はどこ

にも示されてない。受賞作品などを見るかぎり、プロが選んでるのは間違いない

だろう。その点、「ザ テレビジョン ドラマアカデミー賞」などとは違うわけだ。ま、

ガリレオはこのアカデミー賞も獲ってるけどね。今年1月発表の第55回において、

最優秀作品賞、主演男優賞、助演女優賞、監督賞(西谷弘)、脚本賞(福田靖)、

ドラマソング賞(「KISSして」,KOH+)、まさに総なめ状態だった。作品賞は、

プロデューサーの鈴木吉弘が受け取っていいだろう。

       

さて、この『ガリレオ』、いよいよこの秋に復活するのだ☆ 10月4日に130分

のスペシャル番組(特別編)として、『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』が放映される。

長澤まさみ、香里奈、三浦春馬らを加えて、湯川の原点(=ゼロ)を描くらしい。お

まけに、同じ日に映画も公開されるのだ。「容疑者Xの献身」で、福山の映画出演

は20年ぶり、主演は初めてとのこと。意外だけど、音楽とか写真とか色々と忙し

いんだろうね。かなりこだわりがあるから、納得のいく作品じゃないと出ないだろう

し。映画には、松雪泰子や堤真一らも加わる予定。もちろん、お馴染みの脇役、

渡辺いっけい真矢みき品川祐らも登場する。

        

という訳で、ウチとしては今から、10月4日のスペシャルを待ち構えてるわけ。去

年と同じく、本格的レビューと数学・物理学的解説と2本立てで書きたいのは山々

なんだけど、時間がないから、1本しか書けそうもない。あの数式、一時停止やス

ロー映像で読み取るだけでも大変だもんね。部分的に一瞬映すだけだし、解説

は一切ないし。

     

まあでも、レビューすることだけは既に決定だ。実は、昨日までそのスペシャル番

組の話を全く知らなかったんだけど、ウィキペディアの履歴を調べると、8月22日

に書き込まれた情報らしい。恥ずかしながら、1ヶ月も遅れてしまった。ドラマ自体

と公式サイトしか見ないようにしてるから、仕方ないけどね。。

ともかく、2週間後に期待しよう。月曜じゃなくて土曜だから、ご注意あれ♪

ではまた。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.天才・湯川が示した物理学の解読と検証~『ガリレオ』第1話

   サンタと女、揺れる理系の男心~『ガリレオ』第2話

   ブランコとおにぎりでホカホカ~『ガリレオ』第3話

   科学と恋愛、2つの円端具流~『ガリレオ』第4話

   愛と矢、ひねくれた直進~『ガリレオ』第5話

   遠く離れたもののつながり~『ガリレオ』第6話

   つながりの中の細かい事~『ガリレオ』第7話

   結果が語る過剰なプロセス~『ガリレオ』第8話

   過剰な格差がもたらす劇的な出来事~『ガリレオ』第9話

   サンタを信じた科学者へのプレゼント~『ガリレオ』最終回

   操縦ることの巧みさと難しさ~『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』

         ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、レーザー光線の計算式

   『ガリレオ』第2話、光の屈折の計算式

   『ガリレオ』第3話、共振現象の証明

   『ガリレオ』第4話、超音波による泡の衝撃波に苦戦中・・

   『ガリレオ』第5話、キューピッドの黄金と鉛の矢は流行るかな♪

   『ガリレオ』第5話の数式、波動方程式の導出と一般解

   『ガリレオ』第6話の数式「フーリエ変換」について

   『ガリレオ』第7話、ER流体とトリックについて

   『ガリレオ』第8話の数式、アレニウスの式と2次反応速度式

   『ガリレオ』第8話の数式、2次反応速度式の計算と答

   『ガリレオ』第9話、雷の放電エネルギーの数式か・・

   『ガリレオ』最終回の数式1~熱伝導方程式

   『ガリレオ』最終回の数式2~熱伝導方程式の計算と答

   『ガリレオ』最終回、核爆弾処理シーンの数学的解説

     ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』第1話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第4話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第5話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第6話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第7話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第8話、ドラマと原作の比較

   『ガリレオ』第1話の脚本チェック☆

     ・・・・・・・・・・・・・・・・

   『ガリレオ』レビュー、香港女性もウットリ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優れたブログの閉鎖

アレッと思った時には、もう遅いのか。。まさか、これほど突然消えてしまうとは

夢にも思わなかった。数ヶ月前に存在を知って以来、ある程度は記事に目を通

してるし、幾つかのページは保存もさせて頂いてるんだけど、こんな事ならもっと

真面目に読んどけば良かったな。もちろん、私なんかより、ご本人の方が何倍

も残念だろう。。

     

「最初」の出会いは、上野樹里&長澤まさみ&錦戸亮&瑛太の四角関係で盛り

上がったドラマ、『ラスト・フレンズ』だった。非常に短いけれど、好意的なコメント

をくださったブロガーがいらっしゃったので、早速訪問してみると、その分野のエ

キスパートの方で、ウチの記事をリンク付きで紹介してくださってたのだ。恥ずか

しながら私は知らなかったんだけど、その世界では相当な人気ブログのようで、

非常に多くの方がリンクを通してウチにアクセスしてくださった。おまけに、実は

この方、これ以前にたまたま「知ってた」方だということも判明。ご本人が積極的

に告知してないので、私も書くのを差し控えるが、一般のブロガーとは少し違う方

だった。

                        

私もすぐ、コメント&TB返しをして、その後も数回やり取りした。一番ホホーッと

思ったのは、私がある耳慣れない用語を軸にレビューを書いた時のこと。ラスフ

レ人気に加えて、Yahoo!が1位でランクしてくれたので、相当な数のアクセス

が入ったんだけど、数日後に2位へとダウンしてしまった。というのも、この方が

専門的な記事をアップして1位に躍り出たからなのだ。一般の視聴者には難しす

ぎたとは思うけど、多少の知識を持ってる私にとっては非常に刺激的な内容で、

ドラマと関係なくチェックする価値のあるブログだなと確信した。

             

それ以降、わりとまめに拝見させて頂いてたんだけど、先日突然アクセス不能

になった。どうも、告知後わずか数日以内に閉鎖されたようだ。大勢いらっしゃっ

たはずの常連読者の方々も、さぞ残念に思ってることだろう。色々大変だとは思

うけど、いずれ復活して頂きたいと願ってる。数ヵ月後か、数年後か。ご本人も、

ひそかに考えてらっしゃるんじゃないかな。。

            

まったく事情は違うけど、先日書いたように、ウチもそろそろ停止か閉鎖になっ

てもおかしくない状況だ。私の場合は、数年後くらいの復活を狙うだろう。今から

書くのも変な話だけど、まったくの本音だ。少なくともここ半年のようなペースでは、

もう維持できない。山P=山下智久の『コード・ブルー』が先週終わり、織田裕二

『太陽と海の教室』が来週最終回を迎えたら、意図的にパワーダウンするつもり

だ。まあ、年末までの毎日更新継続くらいは達成したいと思ってるけどね。

ではまた。。☆彡

           

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記: なんと、早くも再開! この記事の立場は・・(^^ゞ まあ、応援の声がそ

     れだけ大きかったってことだろう。データもちゃんと残してたわけね。閉

     鎖しても、データだけ残しとけば、簡単に復元できるんだよな。

     ともあれ、今後の更なるご活躍に期待ってことで。。 ☆

| | コメント (0)

体調下降、痛みは上昇・・

RUN18km,1時間26分43秒,心拍154

感心しないトレーニングだよなぁ。。ダメージが大きくて、故障のリスクもあるし、回

復に時間がかかっちゃう。もっとのんびり走るつもりだったのに、丸2日休んじゃっ

たから、ちょっと無理してしまった。。

       

さて、月曜日は雑用に追われて走れず。火曜は織田裕二『太陽と海の教室』の

ドラマレビューのアップとコメント&TBに追われて走れず。そして水曜の晩も、

ブログのレスに時間を取られてサボリそうになったんだけど、天気予報を見て気

が変わった。日曜まで、傘マークの連続なのだ。秋雨の時期ってことかね。とに

かく、その前に1回走っとくべきだなと思って、深夜に渋々スタートした。9月後半

にしては、蒸し暑くていやなコンディション。雨が降り出す直前だったしね。

           

この時期、毎年体調が崩れるんだけど、今年もどうも微熱が出て来たようで、身

体がだるいし頭の回転は鈍いし、食欲も落ちてる。だから、14km前後を目標

に、身体の様子をうかがいながら走ることになった。2日休んだ後だから、脚は

重くはないものの、ダメージがあちこちに残ってて、特にふくらはぎがピクピク痛

む。股関節あたりもギクシャクして、当然スピードなんか出せない。これはダメか

なと思ってたら、3周目くらいからようやくマシになって来て、16km走ることに決

定。4周終えても大丈夫そうだったから、結局18kmにして、スピードアップを控

えめにした。呼吸はやや荒いけど、心拍はそうでもない

      

復路は心拍計のタイムを見ながら、1時間27分を切る感じで走って、見事に目

標達成。トータルで1km4分49秒ペース。ランニングシーズンに入って間もない

時期としては十分だろう。ただ、痛みを我慢して無理して走ったから、余計あち

こち痛むようになった。身体が冷えた後は、歩くのがぎこちない状況。ホント、感

心しないよなぁ。今晩は休んで、翌日に傘ジョグって感じかね。自転車も乗りたい

のに、なかなか余裕がない。。とかボヤいてる暇はないんだった。ではまた。。☆彡

                

  往路(2.45km)     12分53秒         平均心拍131 

  1周(2.14km)     10分34秒                145

  2周              10分30秒               150        

  3周             10分20秒               156 

  4周              10分07秒               160          

  5周              10分04秒               162        

  6周               9分54秒               164          

  7周(0.26km)        1分23秒                164

  復路             10分58秒                162        

  計 18km     1時間26分43秒        154(最大心拍 測定ミス)

| | コメント (0)

☆サーバー過負荷によるシステム障害のお知らせ☆

前からあちこちでボヤいてたけど、昨日9月16日、ようやくココログ(ニフティの

ブログ)が障害発生の報告を掲載した。9月2日以降、深夜時間帯(主に21時~

24時)に、記事投稿時のファイル反映に時間がかかってるというもので、原因

「アプリケーションサーバー過負荷」とのこと。初めて聞く話だけど、普通のサー

バーとどう違うのか、よく分からない。まさか、新機能の顔文字挿入や「お絵描

き」(ウチでは未使用)のせいじゃないでしょ。

        
    
記事投稿時のファイル反映というのは、単にブログに記事を掲載するだけじゃ

なくて、TB(トラックバック)やRSS(検索サイト向け更新情報)を飛ばす直前の

プロセスでもある。だから、その反映が上手くいかないと、新しい記事が掲載で

きなかったり、TBやRSSが不調で記事のアピールができなかったりする。ブロ

グをこまめにいじってる運営者ほど、苛立つわけよ。

      

ちょっと気になるのは、今回の報告まで2週間かかってる点。検索で調べれば

すぐブログ記事がヒットしたはずだし、苦情もかなり入ってたはずだ。私はずっ

と我慢して、重い時間帯を外して他の時間帯を利用してたんだけど、夜がダメだ

とすごく不便だから、そろそろ問い合わせメールを出そうかと考えてた所だった。

   

ともかく、報告も出したことだし、ニフティさん、早急に改善策を取ってね。あと、

読者の皆さんには、ここ2週間くらいでウチの毎日更新が途絶えたら、システム

障害だと思って頂きたい。その先は、個人的に途絶えるかも知れないけどさ♪

     

という訳で、そろそろアップできなくなりそうだから、短いけど今日の分の記事と

して投稿しとこう。毎日更新継続ってのは、なかなか大変なのよ。昨日の『太陽と

海の教室』第9話レビューは時間がかかってるから、今日は手抜きでOKでしょ。

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

 ごめんなさい

 いい 謝らなくて ハチを返して

 屋嶋さん! やめなさい! アッ・・・

 屋嶋!

 あたし ハチを返してもらうんです

 ダメよ そんな事したら!

 何で? 何でこんなヤツかばうの ハチはこいつに殺されたんだよ こいつに

 屋嶋 田幡はどんな奴だった? 田幡の どこを見て友達になった

 田幡の何を知って 好きになった 田幡は どんなヤツだった?

 優しかった

 うん

 他人のことばっかり心配して 

 うん

 お人よしで すぐ他人のこと信じて 

 うん

 バカで

 お前が笑ってると 田幡も笑ってた

 うん

 お前が泣いてると 田幡も泣いてた

 うん

 田幡は今 怒ってるか? 

 復讐を望んでるか? 田幡は そんなヤツだった?

 違う ハチは違う ハチは多分 言うかなぁ

 灯里 そんな事しちゃダメだよって 言うかなぁ

  (櫻井、頷いて接近。カッターを受け取る)

 ごめんなさい 本当にごめんなさい

 お願いします

 ハイ

  (若葉が次原と退室。櫻井、やさしく頷いて、灯里に背中を向ける)

 屋嶋 泣いていいんだ 泣いていいんだよ

 泣いたら 泣いたらハチが流されちゃう

 流すんじゃない 心に滲み込ませるんだ

  (コクリ・・・) ウウッ・・・・・・

     

        ☆          ☆          ☆

素晴らしい!見事な失敗作だ☆・・とか書き始めると、皮肉と聞き間違えるそそっ

かしい人が出てきそうだな。そうゆうミスは、サザエさんにでも任せときなさい♪

絶賛と失敗呼ばわりが少しも矛盾するものでないことくらい、ウチのこれまでのレ

ビューを読まなくても明らかなこと。読んでれば尚更、当たり前だろう。私はこの

ドラマ、大好きなんだけど、だからこそ怒鳴りつけたい気持ちもあるのだ。ちょうど、

ハチ=田幡八朗(濱田岳)を「怒った」お母さんみたいにね。。

                      

このドラマ、「全体的には」もう、失敗作がほぼ確定したと言っていい。実は今回、

一通り見終えた直後には、何とか盛り返せるかなとも思ったのだ。この展開なら、

あと2回あるはずで、単位履修問題と日輪祭をこなした後、最後は太陽がきらめ

く海にみんなで入って、楽しくはしゃいで終了。画面左端には江ノ島、右端には小

さく凧揚げの様子とか映ったりしてれば、もう満足だ。その凧に、羽菜(谷村美月)

の代わりに忍者・赤影が乗ってたりしたら、もう言う事はない。古いわ!

         

ところが最後に黒い画面が出てしまったわけよ。「最終回 15分拡大スペシャル」

これじゃあ、時間的にかなり苦しいし、予告の内容がさらに落胆させてくれた。「櫻

井先生は最後の授業で何を語るのか・・・・・・」「夏が終わるとき 彼らは何を学ぶ

のか─?」とテロップ(文字)が出た後、悪玉から善玉に寝返った柴草(八嶋智人)

が叫ぶ。「お前らは、素晴らしい先生に出会えたんだぞ」。勘弁して欲しい。。櫻井

朔太郎(織田裕二)が校庭をランニングする姿なんて見ると、大昔の青春ドラマの

パロディのようにも感じるけど、おそらくお笑いじゃなくてマジメにやってるんだろう。

ま、RUNやBIKEの宣伝をしてくれる分には別にいいんだけどさ。。

      

一体、誰が悪いのか。。周囲の圧力に負けた脚本家・坂元裕二か、総責任者の

プロデューサー・村瀬健か、あるいは多数派の視聴者か。。

    

このドラマ、少なくとも当初の構想は、こんな紋切り型の勧善懲悪・学園ドラマじゃ

なかったはずだ。「素晴らしい先生」が周囲を教育して、悪を叩いて学園に平和を

取り戻す、ステレオタイプの『水戸黄門』的ストーリーを超えるものを持ってたはず

だ。型破りの「巨大怪獣教師」が海から登場して、生徒がキャーキャー騒ぎながら、

ビーチで一緒に遊ぶ。タイトルバックや公式サイトのトップページからも分かるし、

第1話を見てもそうゆう破天荒(メチャクチャ)なエネルギーを感じ取れた。

       

ところが、第1話がかなり不評だったためか、ズルズル普通の学園ものになって、

第6話からは、ほとんど別のシリアスな青春ものへと変貌を遂げた。つまり、ドラ

マ全体がほぼ真ん中で真っ二つに折れてるわけで、第7話で既に感じ取ってた

ものの、今回でもう完全に決定となった。トータルの統一感は取り戻すのはもう不

可能に近いという意味では、ほぼ失敗作決定

    

もちろん、理事長(小日向文世)の描き方なんてのも、想定内の最悪の部類だろ

う。流行おくれの履修問題をまさかそのまま使うとは思わなかったのに、何のヒネ

リもなく不正行為として使って、それを正す流れになって来てる。履修不足問題発

覚で、理事長の顔写真がネットの「WAVE news」で大きく報道されるなんて流れ

は、苦笑するしかないレベル。個人的には前からほとんど無視してるからいいけど、

目障りな汚点になってるのは確かだ。

      

結局、ここまでの全体を見渡すと、連ドラとして珍しいほどの失敗作に感じてしまう

し、来週の挽回も期待できない。ただ、それがドラマの「全否定」にはならないとい

う話は、先週、先々週と続けて書いて来たわけだ。不愉快なことがあっても、嫌な

人間がいても、人生の全否定にはならないのと同様だ。

     

そこで、「部分肯定」となる。もちろん、今回だけ見ても、部分的に「素晴らしい」と

頷ける箇所は沢山あったわけで、そうした部分には上手く風を当てて、複数の小

さな凧のように、天高く飛ばす必要がある。タイトルバックで青空を舞う凧を思い

出そう。あるいは、第7話の若葉の授業で使われた魯迅『凧』を思い出そう。

                     

              ☆          ☆          ☆    

という訳で、ここからは部分肯定(裏返して言うなら部分否定)に向かうんだけど、

ここまでの前置きと準備で、既に時間が無くなってしまったから2点に絞ろう。一つ

は、海の使い方屋嶋灯里(吉高由里子)が夜になるまで、波打ち際でハチを待ち

続けてる所からスタートしたのがいきなりイイ♪ ずばり、私が待ち望んでた冒頭

で、岸壁の母ならぬ、砂浜の女子高生。現代日本ではほとんど絶滅状態だろうけ

ど、だからこそフィクションの中で見せてもらいたい姿だ。

          

その後、青空のもと、やや沈みかけた太陽がきらめく海に再び灯里が佇む。ちょっ

と時間が短いと感じるのは、贅沢言いすぎなんだろうから、まあ良しとしよう。ああ

ゆう映像を軽く挟んでくれるだけでも、ドラマのイメージは大きく変わるわけだ。最

後は、櫻井が夕陽の海に花を一輪流す。例の挿入曲、サイモン&ガーファンクル

『サウンド・オブ・サイレンス』(sound of silence = 沈黙の音声)が流れる中、みん

なで葬儀に参列した後、喪服のまま1人で海へ。波の音をしっかり挟んだ後、今度

は主題歌『君の瞳に恋してる』(UZ)のピアノ・ヴァージョンを流しながら。

    

欲を言うなら、ハチが受け取って大切に握り締めてたアイスの当たり棒を、灯里

が再び海で手にするシーンが欲しかった。検索すると、「アカリとアタリ」のつなが

りを強調したサイトはほとんどウチだけみたいだけど、このドラマの言葉へのこだ

わり、特に文字や音への鋭い感覚を考えれば、意図的なのは明らかなことだ。検

索してウチしか出ない事実は、いまだにほとんどのドラマ視聴者が、言葉を「意味」

のレベルでしかとらえてないことを物語っている。

            

私は、高校の現代国語の授業でかなりの時間を割いて「言語」を勉強して以来、

かなり敏感なのだ。言葉とは、意味とか情報を伝える手段であると共に、小さな

図形、短い音なのだ。三角形とか、ドレミのドと似たようなもの。最初は、妙な話

だなって感覚も強かったけどね。おっと、話が脱線気味だから元に戻そう。

                              

前回、あれほど強調されてたことだし、アタリが無かったのは相当おかしいなぁと

思って公式サイトに行くと、キレイに謎が解けた。本当はあったのだ。私の個人的

な想像で作ったんじゃなくて、元々は櫻井がアカリにアタリを手渡すはずだった

しい。当然、海でだろう。それがカットされたのは、第10話で終わりにすることが

決定されたからかな。今回、ちょっと強引な編集も感じたもんね。

        

ちなみに、内部情報や不確定情報でもすぐにアップされるウィキペディアを見ると、

第10話で放映終了という「予定」が掲載されたのは9月10日。この「予定」という

文字が消えたのは、15日の昼だから、かなり最近まで第11話の可能性が残って

ってことだろう。第9話の予告に当たり棒の話が書き込まれたのは9日だから、

全10話か11話かが未定の段階、つまり元々の筋書きを表してたと思われる。

                  

ともかく、当たり棒を別とすれば、最初と途中と最後、海へのこだわりがちゃんと形

になってて満足だった。個人的にはさらに、反町隆史&竹野内豊『ビーチボーイズ』

での海orビーチの使い方とか思い出して、重ねたり比較したりしてたんだけど、反

応がないどころか、その種の検索さえ一つも入らないお寒い状況だから、書くのは

止めとこう。同じ月9で平均視聴率24%獲得してるヒット作なのに、不思議なもん

だ。2人とも現役の主役級タレントで、ファンだけでも相当な数に達してるはずだけ

どね。初期の代表作を忘れてるのか、あるいは、ゴニョゴニョ。。♪

         

            ☆          ☆          ☆

さて、地味な海の使い方より遥かに目立ってた、もう一つのホメるべき点、今回

最大の見せ場は、この記事冒頭に引用した教室シーン。まず次原雪乃(大政絢)

若葉(北川景子)と一緒に教室に入って、後から灯里がアブナイ表情で追って

くる。カッターナイフで雪乃を脅してる所に、正義の味方・櫻井が参上。ただし、昔

と違って、最近は変身ポーズがない。

            

このシーン、まず、気付きにくい長所を指摘する所から入ろう。雪乃と灯里が立っ

てる場所が上手いのだ。彼女達と櫻井を結ぶ線上に、ちょうどハチの机&お花

来ている。3点を結ぶ線分として、数学の図形問題によく出るイメージにも感じる。

一見、何気ないこのカット、実に7秒も映されてるから、意図的強調なのは明らか

だ。つまり、ハチを媒介にして、灯里と櫻井が対話する場面だから、そうゆう位置

関係になってるし、そうゆう構図を最初に強調してある。これぞ、映像の文法だ。

多分、演出の永山耕三をホメるべきなんだろうね。脚本で立ち位置までは指定し

てないはずだから。

      

カッターナイフも、これしかないって感じの凶器。要するに生徒が学校に持ち込ん

で不思議のない物だし、人を傷つけることはできても殺すのは難しいという点でも

ピッタシだ。抵抗されればもちろんのこと、抵抗がない一瞬に突き刺しても刃が折

れるだけだろう。感心しないのは当然だけど、まだ可愛げがある。これがサバイ

バルナイフとかダガーナイフ、ライフル銃とかだと、灯里が完全に犯罪者となって

しまってマズイわけだ。

                

会話については、吉高の抑えた演技が絶妙なのは当然だし、最後の「流すんじゃ

ない。滲み込ませるんだ」が技ありなのも、どこにでも書かれてそうなことだろう。

わざわざ背中を差し出してくれた櫻井のジャケットに涙をしみ込ませながら、ハチ

に対する思い出を心に滲み込ませていく、灯里の可憐な姿。遠くからは、2人を優

しく包む窓の明かり、太陽の光。死のマイナスは、生のプラスへと転じる。まるで

太陽のエネルギーの代わりに、海で死んだハチが遠くから手助けしてくれたかの

ように、灯里に灯りが蘇る。海の死を太陽にして、教室に笑顔が戻ってくる。

          

こうした、基本的には普通の話に対して、台詞の「形式的反転」については、お

そらく誰一人として指摘してないはずだ。ポイントだけ再掲すると、

     

   「人のことばっかり心配して」

   「うん」

   「お人よしで、すぐ他人のこと信じて」

   「うん」

   「バカで」

   「お前が笑ってると、田幡も笑ってた」

   「うん」

   「お前が泣いてると、田幡も泣いてた」

   「うん」

   「田幡は今、怒ってるか?」

    

上の10行をよく見てみよう。「バカで」「お前が」の間で、台詞がキレイに反転して

るのが分かるはずだ。前半は灯里が喋って櫻井が「うん」、後半は櫻井が喋って

灯里が「うん」

          

こうゆう台詞の書き方は、文学的素養の豊かな坂元特有のもので、意味ではなく

形を味わうものだ。反復、類似、対称性。何を言いたいのかなんて観点ではない、

まるで音楽のメロディーやリズムのような味わい方。この詩的言語の鑑賞能力が、

このドラマや脚本家を部分肯定できるかどうかの一つの大きなポイントだと思う。

まあ、世間的には、ほとんど櫻井のお説教の内容、つまり言葉の意味に注目する

所だろうし、それだけでも十分なんだけどね。

      

その後、お通夜に行くと称して、仲間が教室に入って来る。マスコミに騒がれない

よう、お通夜代わりに教室でお別れってことだろう。この時のビデオ映像が、凄く

よく出来てた。洋貴(岡田将生)凛久(北乃きい)大和(冨浦智嗣)羽菜茂市

(鍵本輝;Lead)英二(山本裕典)らが別々にしっかり映されてて、ハチのナレー

ションも適切だ。

       

最初に灯里を映して、終盤にハチ自身と櫻井への憧れを入れた後、最後はやっ

ぱり灯里で締めてる形もいい。途中、ハチと灯里が「会話」するのも味のある変奏

だったし、「みんな、働こ! 灯里、頑張れ」で灯里がVサインして終わりというのも、

最高の終わり方だろう。まるで現在の全員の様子を予知してたかのように、ハチ

は日輪祭と受験勉強に向けたエールを贈り、灯里を励ましてるのだ。普通の高校

生活記録ビデオとしてもおかしくない、見事なビデオだった。

        

           ☆          ☆          ☆

最後に、遥かにマニアックな指摘を簡単に書き加えとこう。実は今回、いつも以上

にアップが遅れたのは、難解な現代思想の名著を読み返してたからなのだ。前に

も何度かチョコッと触れてる、20世紀フランス現代思想の代表的著作、ミッシェル・

フーコー『言葉と物』。去年の夏、藤木直人&綾瀬はるか『ホタルノヒカリ』の第1夜

の冒頭で、高野部長(藤木)の台詞に「ジャック・ラカンによると・・・女というものは

存在しない」という言葉がいきなり登場。私が原書のフランス語まで遡って解説した

のを覚えてる常連さんはいるはずだ。かなり大雑把に言うなら、この2人はほぼ同

時期に似たような活躍をした天才思想家たちなのだ。

        

080917 さて、そのフーコーの名著は、

 序文の後、17世紀の画家

 ベラスケスの「侍女たち」とい

 う絵を詳細に解説する第1章

 からスタートする。この「侍女

 たち」には、絵を描いてる画

 家自身がこちらを向いて描き

 込まれてて、画家が見てる

モデルの人物(こちら側)は、「侍女たち」の奥にある鏡の像として小さく映し出さ

れてるのだ。挿入図は、ポイントだけ抜き出した概略イメージ。

                   

ここには、2つのポイントがある。まず、画家が見てる対象(モデル)は正確には分

からないけど、それを大まかに示す鏡像が、画家と共に描かれている。また、こち

らを見てる過去の画家を、現在のこちら側から我々が見てる様子を、まるで現在

の画家が見てるかのように感じられる。原著は、そこから難解かつ鮮やかな歴史

解釈へとつなげて行くんだけど、それについては省略せざるを得ない。

          

ここで、ドラマに戻ってみると、見事にこのビデオ映像と重なることに気付くわけだ。

ハチ自身が、こちらを向いて映ってるのが大きなポイントだ。

      

まず、撮影者ハチが見てる対象(仲間たちへの本当の思い)は正確には分からな

いけど、それを大まかに示すビデオ映像が、ハチと共に描かれている。また、こち

ら側を見てる過去のハチを、現在のみんながこちら側から見てる様子を、まるで

現在のハチが見てるかのようにも感じられる。まさに、「侍女たち」と同じなのだ。

                

私は、第6話と第8話のレビューに、視線の反転(見る、見られる)という話を書い

たけど、ここまで読み込むと、それ以上に高度な構図が使われてるのに気付くだ

ろう。もちろん、この辺りの話はほとんどの読者がスルーするだろうけど、私自身

がドラマを見てる時、このくらいまで考えてるという事は書いときたい。漠然と思い

浮かべるだけじゃなくて、明晰な文章で表すこともできるわけだ。ここに成立する、

ドラマとは独立した創造的作品こそが、レビューと呼ばれるものなのだ。。

         

         ☆          ☆          ☆

あ~、遠くに行っちゃった人、何人かは帰って来てね。上に書いてない、今回のド

ラマの注目点としては、雪乃にたいする櫻井のお話が代表的なものだろう。あれ

悪くはないけど、内容的にはどこにでもある話で、誰にでもすぐ分かる話だ。マ

ニアックサイトとしては、パスしとこう。

    

それより、ちょっと面白い話を書き添えることにしたい。それは、「太陽と海の教室」

という題名を正確に覚えてない人が多いって話だ。ここ30日間でウチに入った検

索の中で、間違ったタイトルを、アクセス数が多い順に書き並べてみよう。

      

   海と太陽の教室、海の見える教室、太陽の見える教室、太陽と海の物語、

   タイヨウと海の教室、空と太陽の教室、空と海の教室、太陽と海の学園、

   海と太陽の見える教室、太陽と空の教室、太陽と風の教室、

   そして、太陽と海の焼きそば。。

          

最後は題名じゃないだろ!と突っ込んだそこのあなた。なかなかいいツッコミだけ

ど、わざと遊んでるんだから分かってネ♪ でも、こうゆう検索が入ってるのは事

実だ。この記事を機に、「海と死の太陽」なんて検索が入ると笑えるな。間違いが

多いのは、ドラマのタイトルとしては多い、3つの基本単語の組合せだからだろう。

普通は1語か2語だもんね。

                

ウチがレビューしたドラマだけ見ても、山P=山下智久の『コード・ブルー』、『プロ

ポーズ大作戦』、『クロサギ』、『野ブタ。をプロデュース』、キムタク=木村拓哉

『CHANGE』、『華麗なる一族』、藤木『ギャルサー』、『Around40』、亀梨和也

『サプリ』、『1ポンドの福音』、福山雅治『ガリレオ』、小日向&吉高『あしたの、

喜多善男』。すべて2語以下で、例外と言えそうなのは亀梨の『たったひとつの恋』

くらいしか見当たらない。

         

ただ、ドラマの内容に、「太陽と海の教室」というタイトルにぴったし合わせる努力

が足りないのは確かだ。せめて最後は、文字通り、太陽と海に囲まれた場所を教

室として、仲良く遊ぶように授業して欲しいもの。素晴らしい先生が有難い話をし

て、生徒がそこから学んで成長するなんていう、ありきたりのパターンを打ち破る

もの、はみ出るものを、最後くらいは見せて欲しいと思ってる。

     

海の死を太陽にして、本来このドラマが見せるはずだった輝きを取り戻して欲しい。

眩いばかりの、夏のきらめきを。。

ではまた、最終回をお楽しみに。。☆彡

      

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.公式サイトの「秘密の掲示板」って、結局見ないまま終わりそうな感じ。携

    帯を使うってのが面倒なんだよな。抗議の意味を込めて、見ないようにし

    てるわけ。ま、こんな事を書くヒマあったら、調べてアクセスする方が早いん

    だけど、ラスフレの裏サイトほど盛り上がってないもんな。。

    

P.S.2 『太陽と海の教室』第9話視聴率は14.5%。ま、こんなもんでしょ。。

    

P.S.3 お通夜で、灯里がハチにキスしたのは、それ自体が斬新だし、たっぷり

      時間をかけて映したのも素晴らしかった。ハチも幸せだろう。。☆

            

P.S.4 雪乃をあの学校に残すのは、もし現実なら相当危険な賭けになる。私

      が教師や親ならとても無理だろう。ドラマの中、物語的にも、今の櫻井

      や校長がそこまで自信を持ってるのはおかしな話だ。でも、ドラマの外

      側、ドラマ作りの観点からは、仕方ないんだろうね。ここまで引っ張っ

      ちゃったから、今更さよならって訳にもいかないもんな。

           

P.S.5 細かい話を思い出したから、書き足そう。喫茶店「SEA-LASS」から、

      灯里が1人で先に帰る時、何気なく洋貴にクレープを渡してる。ビデオに

      よると、洋貴がクレープ好きなのはみんなには内緒の話だ。ということは、

      このクレープを渡す灯里のカットが、灯里とハチの特別な親しさを表す

      像になってるわけだ。もうちょっと上の角度から映すべきだったけど、わ

      ざと控えめにしたのかも知れないね。ともかく、甘い物が好きな私にとっ

      て、クレープと同じくらい「うまい」カットだった。。

         

P.S.6 ハチは何で死んだのか、という疑問をあちこちで見たので、補足しとこ

      う。先週の高波の映像とライフジャケット、今週の新聞記事の「転覆」と

      いう文字から、素直に考えればいいだけだ。もちろん、この記事の詳し

      い内容は見えないし、事実かどうかも検証のしようがないけど、それな

      りに筋が通った普通の説明で、他に同等以上の説明がないんだから、

      これで満足するべきだろう。理論の受容とは、一般にそうゆうものだ。

      ちなみに個人的には、ハチの死の説明は今回のままで十分だ。それよ

      り問題なのは、もっと根本的な制作方針。雪乃やハチの死への奇妙な

      ほどの傾斜&こだわりだろう。。☆彡

           

P.S.7 ウチには非常に珍しいタイプのコメントが付いたので、残念ながらとりあ

      えず非公開にしとこう。3年間で一度も無かったことだけどね。。

                         

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (6) | トラックバック (10)

去年走った川口ハーフのパンフレット到着

RUN 16km,1時間16分34秒,心拍154

また朝ラン失敗。。どうしてもズルズル、後ろへズレちゃうね。早起きするだけで

も苦手なんだけど、走り始める1時間前に起きなきゃなんないってのが面倒だ。

      

まあ、30分で走っても、そんなにマズくもないとは思うけど、過去の経験からいっ

て、ランニングだと1時間くらい目覚ましの時間があった方がいい。自転車の場

合、のんびり走るのはラクだから起きて40分くらいで走っても肉体的には大丈

夫だけど、その代わり、眠くて事故るリスクがあるし、準備が面倒でもある。

       

ともかく、また夜のランニングになったんだけど、本当はゆっくり有酸素レベルで

走りこんで行くべきなのに、どうもスピードを出しちゃうんだよな。と言うのも、初

めてエントリーした世田谷が2ヶ月後に迫ってるから、早めに最低限の走力を回

080915 復しときたいわけ。仕事の関係で秋は忙しい

 から、レース前とかロクに走れない可能性も

 十分ある。風邪や故障もありそうだ。余裕が

 ある今のうちに、短めの距離でいいから、レー

 スペースの走りを思い出しときたい

         

 世田谷246ハーフは抽選でハズレる可能性

 が高いけど、今日ようやく案内状を開封した

 川口ハーフなら、単なる先着順のはず。川口

 だって、もう3ヶ月もないのだ。去年はスター

 トで大幅に遅れるトラブルがあったものの、

友人と一緒だったこともあって、印象は結構いい。H、読んでるか? そろそろ

走り込みを開始しろよ♪ ってことで、要するにハーフのレースを意識してるのだ。

                 

で、いざ走り出すと脚がちょっと重いし、珍しく筋肉痛なんてものまである。金曜夜

の10km46分30秒の後遺症だろう。まあ、久々の16kmだから1時間18分台

で十分だと思って、かなり余裕をもって走ってると、17分台が狙える感じになって

来た。久々のチャンスだから行っちゃえ!ってことで、終盤は一気にスピードアッ

プして、16分台達成。トータル1km4分47秒は上出来だろう。調べてみると、

年の暮れ以来のタイムで、おまけに心拍は今回の方が遥かに低かった。ランニ

ングシーズンに入ってすぐにしては、十分だと思う。って言うか、むしろ無理し過ぎ

で後遺症が心配かも。ちょっと咳が出てるもんね。。

    

さて、明日って言うか、今晩はどうしようかな。1日休んで18kmにチャレンジす

るか、10kmのジョグを挟むか。ま、臨機応変で対処しよっと。。☆彡

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.午前中、たまたまNHKで北京パラリンピックをやってたから、車いすテニス

    だけちょっと見た。国枝慎吾&斎田悟司ペアの男子ダブルス準決勝だった

    かな。意外にラリーが続くし、面白かったな♪ 2バウンドまでOKっていっ

    ても大変だろうけどね。選手の技と力だけじゃなくて、いすの性能が凄く高

    いような気がしたな。メーカーの職人さんにもメダルあげなきゃネ☆

         

  往路(2.45km)    12分51秒  平均心拍125          

  1周(2.14km)    10分34秒        147        

  2周             10分20秒        153        

  3周            10分13秒        157

  4周             10分10秒        161 

  5周              9分49秒        163

  6周(0.4km)       1分52秒         165

  復路              10分46秒         166

  計 16km    1時間16分34秒    154(最大心拍172,ゴール時)

| | コメント (0)

福田辞任を生んだのは我々の情緒性~佐伯啓思(京大)の問題提起

小雨がパラつく日曜の朝、ちょっと刺激的な文章を見かけたので、簡単に記事

にしとこう。専門の経済学の枠をはみ出して積極的に主張し続ける、京都大学

教授・佐伯啓思の政治批判で、昨日・2008年9月13日の朝日新聞・夕刊に掲

載されたものだ。見出しは、「福田首相の唐突な政権放棄 政治の漂流 端的

に示す」

      

この題名だけだとインパクトが弱くて、既に流行遅れの聞き飽きた話に感じてし

まうけど、彼の文章は昔から好みだから試しに読んでみた。相変わらず、シャー

プでラジカルで面白い人だ。説得力、精密さ、多角性などはともかくとして、非常

に刺激的な所が彼の最大の長所だと思ってる。刺激をどう活かすかは、読み手

の側の問題で、それなりの能力や努力は必要だろう。

          

政治の「漂流」というのは、もっと普通の言い方にすれば、「フラフラと流されてし

まってる」ということだ。しっかりした流れに乗ってるわけでもないし、自分の側で

強い方向性を打ち出すこともできない。「ほんと、今の政治はそうだよなぁ」と思っ

た、そこのあなた。実は、漂流してしまってるのはあなた自身、一般大衆なのだ♪

       

佐伯の議論を、私なりにまとめ直してみよう。福田辞任の基本的な理由は2つ。

衆参のねじれ現象から来た政治運営の行き詰まりと、総選挙対策だ。前者のね

じれも、選挙から来たものだから、結局、辞任は選挙、つまり民意がもたらして

ることになる。その民意とは、「著しく情緒的で短絡的な」ものであって、三年前

の衆議院・郵政選挙では「小泉劇場」のパフォーマンスに流されて、自民党大勝

を生んだ。一方、昨年の参院選では、「消えた年金」がらみの反・安倍ムードに

流されて、民主党の大勝を生んだ。だから、人気者の麻生太郎を新たに首相

にした方が次の総選挙で有利だと考えるのは、政治家として自然なことだ。

          

したがって、福田首相の唐突な政権放棄は、情緒的な民意、つまり我々の感情

的ないい加減さが生んでることになる。国民が周りの雰囲気であちこち流されて

しまってるからこそ、総理大臣がこうゆう事態になったのだ。

      

もちろん、これは二重の意味で極論だ。まず、私のまとめ方が意図的に極端な

ものになってる。佐伯は、民意を動かしたのが政治やマスメディア(特にテレビ)

であることも当然指摘している。つまり、漂流には民意の他にも共犯者が色々

いるのだ。でも、明らかに全体の論調が、情緒的な民意の批判だから、そこに

焦点を絞ってまとめたわけだ。

     

もう一つの極端さは、私ではなく、佐伯自身によるものだ。福田辞任の理由はも

ちろん、選挙の要因なんてものは、非常に複雑で曖昧なもののはずなのに、バッ

サリと単純化してしまってる。また、民意が仮にそれほど情緒的だとして、それが

悪いことなのかどうか、これまでの歴史の中で飛びぬけた程度にまで達してるの

かどうか、そういった厄介な議論は抜きにして、ひたすら表面的にシャープな議論

を構成してるのだ。

      

それでも、やっぱりこの種の主張は価値があるし、それをブログで伝達し直すこ

とにも意義はある。新聞の読者、ネットの閲覧者、一人一人が、他人事のように

政治を嘆くのではなく、自分自身もいい加減な当事者として批判する視線こそが、

「政治の漂流」への現実的対処の第一歩だからだ。

それでは。。☆彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

システム障害でやる気半減、おまけに残暑・・

RUN 10km,46分30秒,心拍151

夜のココログ、超~重いんだけど。。(-_-メ) 検索すると、まだそれほどでもない

けど、不満を書き込んだ記事は確実に増えてるね。でも、障害情報が出てない

てことは、何にも対策取ってないのかな。今晩なんて、19時前から深夜0時半ま

で、ずっと使い物にならなかった。先日のメンテナンスに問題があったんだと思う

けどなぁ。。

     

スポーツ記事に何でこんな事を書くかっていうと、このシステム障害のおかげで

やる気も時間も大幅に削られてしまったからだ。特に、時間は大損。今晩は本格

的なドラマレビューをアップしたんだけど、このTB(トラックバック)が他のブログ

に飛ばせないし、自分のブログの関連記事にリンクを張る作業もものすごく手間

がかかるのだ。山P=山下智久の『コード・ブルー』だけで12本書いてるから、トッ

プメージの目次も含めると、1本あたりで12コのリンクを自分のサイトに張ること

になる。1コ張るのに5分もかかる状態だから、これだけで丸1時間なのだ!

     

まあ、その間、他に何も出来ないわけでもないけど、他の作業も含めるとものす

ごいマイナスで、結局16kmのランニングの予定が10kmになっちゃったわけ。

もう単なるジョギングでいいやと思って走り出すと、思ったより脚が軽くて、しかも

勝手にどんどんスピードが上がっていく。ほんじゃあってことで、8日の14km以

来4日ぶりにマジメに走ることにした。 

      

前日の居眠り朝ランが49分14秒だから、一応47分台を目標にペースアップし

ていくと、46分台も狙えそうな感じ。心肺はかなりキツイけど、脚はもうちょっと

余裕がある。やっぱり、夏の自転車で鍛えた太腿のおかげだ。復路でちょっと

スピードダウンしたものの、結局46分30秒。トータルで1km4分39秒ペースで、

偶然にも4日前の14kmの時とぴったし同じ数字になった。ま、あの時は絶好調

だったし、今晩よりも2、3度気温が低かったもんね。今日は昼から残暑が厳し

かったもんなぁ。最高気温32度! まだ夏かよ。。

          

さて、この46分30秒ってタイムは、ここ1年では一番速いみたいだけど、2年前

の記事を読み返すと、44分37秒で「遅い」とか嘆いてた (^^ゞ 3年前には41分

49秒で走ってるんだから、当然だろう。人間、落ちぶれたくないもんだね。

ま、ちょっとずつ盛り返して行くとしよう。。☆彡 

                

往路(1.15km)   6分35秒      平均心拍119

 1周(1.1km)    5分32秒            137

 2周          5分23秒            145

 3周          5分06秒            150

 4周          4分48秒            161

 5周          4分45秒            165

 6周          4分45秒            168

 7周          4分39秒            170

復路           4分57秒            166

 計          46分30秒       151(最大175,ゴール直前)

| | コメント (0)

ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

(2010年3月23日追記: コード・ブルー2の最終回記事をアップ。

       無風ぽかぽかラン&『コード・ブルー2』最終回 )

     

      

 レスキューの制止を振り切って 治療を続けたそうじゃないですか

 これは大変な問題ですよ 2次災害にでもなってたらどうするんです?

 その通りです しかし フェロー達の奮闘のおかげで

 1人の患者が救われたのも また事実です

 しかし・・・

 事故や災害現場に医師が行くドクターヘリに 危険が避けられないのも事実です

 どうすれば 安全に ドクターヘリを運行できるのか

 そこを 皆さんともっと議論を深めたい

 廃止ではなく 存続を前提として!

 フェロー達に 何らかの懲罰を科すべきではないですか!

 彼らに必要なのは 罰ではなく 再教育なのではないでしょうか・・・

     

       ☆          ☆          ☆
  
惜しかった~! もうちょっとで、エレベーターの中での熱いシーンを見れたのに。

「感じたか」「感じた。熱さ。人の鼓動の熱さ。感じたでしょ、あなたも」「あぁ。感じ

たよ」。。おそらく本当はあの後、藍沢(山P=山下智久)白石(新垣結衣)の2人

で、物置とか草むらに向かったはずだが、残念ながら編集でカットされたようだ♪

そこでは、轟木聖子(遊井亮子)&ニクソンに勝るとも劣らない凄い光景が繰り広

げられたはずだろう。轟木&「安西さん」には楽勝かも知れない。。

         

な~んて軽薄なスタートで、無意味に読者を1割減らすくらいなら、「素晴らしい!」

と書き始めた方が得なのかも知れないネ。でも、ここにウソは書けないのだ。オン

タイムで見終わった直後には、大きく頷いて「素晴らしい!」と内心呟いたものの、

レビューのためにもう一度見直してる間に考えが変わった。ほとんどの場合、見直

すと評価が上がるんだけど、このドラマは評価が下がってしまったのが事実だ。つ

まり、表面的にはよく出来てると感じたものの、さらに新たな発見を生み出すほど

の技や深みは無く、むしろ短所が目立って来たってこと。

        

まあでも、建前上の最終回として十分な出来だと思う。と言うか、「最終回」だから

こそ、脚本家・林宏司&演出家・西浦正記ペア特有のバタバタ感、バラバラ感が

さほど気にならなかったんだろう。最終回なら、時間が無い中で視聴率を気にし

つつ、強引に全体をまとめようとするから、誰がやってもある程度以上、バタバタ、

バラバラするからだ。

    

ちなみに、バタバタとバラバラは、関係はあるけど一応別物だ。バタバタというの

は慌しさ、落ち着かなさのこと。主として、時間の使い方と映し方(各カットにおける

カメラの使い方、および編集によるカットのつなぎ方)から来てると思う。救急だか

らある程度バタバタするのは当たり前、なんて事情を考慮した上でのことなのは、

当たり前だ。

    

バラバラというのは、カットのつなぎ方よりも、シーンのつなぎ方が断片的だからだ

ろう。関連が無くて順序にも意味がないから、まとまった一つの物語=ストーリー

に思えない。複数シーンをシャップルして順番を変えても、分からないはずだ。た

とえ、つなぎ方が上手くなくても、各シーンがそれぞれ単独で充実してれば、バラ

バラ感は目立たないはずだが、そうでなければ目立つことになる。

        

やや話が逸れたが、要するに最終回だからこそ、林&西浦にしてはスムーズに

感じたんだろうってことだ。

       

           ☆          ☆          ☆    

今回のドラマは、キレイに前半と後半に分かれた構成になってる。放送時間のほ

中央の22時38分、無事1人を救助し終えた後、夕陽の中をドクターヘリが飛

んでいくシーンが分岐点で、これは意図的な変化だろう。それに対して織田裕二

『太陽と海の教室』の第6話からの変化は、視聴率とかが影響した偶発的なもの

だと思う。意図的だと良くて偶発的だと良くないっていう、単純な話でもないけどね。

       

今回、前半は夕陽のヘリで終わり、後半は青い空(ブルー・スカイ)で締めくくる。

コード・ブルーに相応しいヘリの映し方にはなってた。夕陽があと5秒、ラストの青

空があと7秒映ってれば、もっと良かったけどね。最後は遠くの富士山にズーム

インして、パラマウント映画のパロディにしてくれても良かったな♪ そこに三角

マークで「フジ」とか出ても面白かった。そりゃ、東映か。

    

前半は、正直言ってちょっと退屈で、またよそ見しそうになった。実際、後半だけ

見ても、特に困らなかったはずだ。せいぜい、緋山(戸田恵梨香)三井(りょう)

の息子の「誕生日=大切な日」にこだわる理由が、ピンと来なかった程度だろう

(前半の患者との会話を受けての言葉)。

    

もちろん前半にも、褒めるべき点は色々とある。まず、藍沢が手がけたバイク男

が死んだこと。公式サブタイトルは「生と死」だし、大災害で救助不能な患者がい

るのは当然であって、「ここで悲しんでられない。オレ達は助けられる患者を助け

んだ」と、藍沢が頭を切り替えたのは正しいことだ。意図的なものなのか、最終

回と日付けが重なった米国の9・11同時多発テロでも、そんな辛い場面が続いた

ことだろう。ま、要するに、バイクの2人乗りで高速使って、新潟の花火を見に行く

のはハイリスクだってことだね。私も含めて、ライダーの皆さん、くれぐれも注意し

よう。近場の東京湾大華火祭にしといて正解だった。

            

また、藤川(浅利陽介)がヘリに乗ったのも良かった♪ 若手5人の中では一番下

の扱いで、特に後半はオマケ扱いになってたけど、ウチでは一貫して藤川のヘリ

搭乗にこだわって来た。この搭乗には、前回第10話だけで4つの伏線が張られ

ている。冒頭の手術シーンでの、山Pに対する強い言葉。ヘリへの強い意志を見

せたシーン。田所(児玉清)の気遣い。そして、白石との手術での冷静な動きを見

守る、黒田(柳葉敏郎)のポジティブな目線。

        

藤川をどう見るかは、実はこのドラマの受け取り方と深い所で関わってる。医療、

特に救急の現場では、患者の選別はないのだ。1つでも多くの命を救う。ただ、

それだけのこと。それと同様に、中心人物5人の中で、ルックスだの細かいキャラ

だので分け隔てせず、みんなが幸せになるラストを思い描くこと。これこそが大人

の視線であり、そうしたイメージこそが、十分な意味でのハッピーエンドなのだ。

       

前半3つ目の長所は、前半を締めくくる形がキレイに出来てたこと。最後は、若手

5人が命を救うシーンで終わるべきであって、見事にその形になってた。緊迫の

場面の後、一瞬の沈黙。そして、梶(寺島進)と三井が先に出てきて、その後5人

がゆっくりと患者を連れて出る。最後は、藍沢と白石がヘリに乗る。これで、形式

美の完成。ベタなのは、最初からそうなのだ。初回でタイトルバックを見るだけで、

すぐ気付くべきことだろう。

      

          ☆          ☆          ☆

続いて、後半はもう、欲しいシーンが全て詰め込まれた作りになってた。好物だら

けの幕の内弁当と言うべきか、欲しい物だらけの福袋と言うべきか。全体的にか

なり甘口だったけど、これまた最終回でハッピーエンドを強引に作りに行くのは分

かってたことだから、大目に見るとしよう。多くのテレビ視聴者が甘党なのは明ら

かだしね。映画とはちょっと違うし、小説とはかなり違う世界なのだ。

      

出て来た順に書くと、まず緋山の落書き。最初は単なるお絵描きだったけど、最

終回では南総自動車道多重衝突の被害人数。これだけでも、緋山の成長の表現

になってる。

     

続いて、藤川。以前は、母と息子で、まるでミュンヒハウゼン症候群みたいにウソ

を付き合ってたのに、今回はどちらも本当のことを言う。おまけに藤川は、自慢よ

りもプロとしての無念さを前面に出してるし、以前の「女子高生」からの投書の手

紙に対してもちゃんと御礼を言った。ありがとうとは、適度な距離感のあるものに

対してしか出ない感謝だ。携帯での涙の会話は、いい年した親子の甘ったるい結

びつきではなく、遅まきながらのほど良い親離れ、子離れを示すものになってた。

もちろん感謝は、今回全体の隠れテーマでもあったわけだ。トンネルの患者、運ば

れた夫、藍沢&絹枝ばあちゃん(島かおり)のやり取り、等々。。

    

3番目に、黒田&健一(今井悠貴)元妻・有里子(奥貫薫)奥貫が今までで一

番キレイに見えたね♪ しっかり抑制された元夫婦の愛情表現が絶妙。ま、健一

があまりに素直に父・黒田に接してたから、そこは勝手にヒネった味付けを加えて

見てた。私の頭では、タクシーから身を乗り出して手を振り続ける健一は、道端の

看板に頭をぶつけてし、黒田も一瞬よろめいてる♪ 前から時々書いてるけど、私

はリアルタイムで見てる時、色々と空想してニヤけてるのだ。アブナイ人かよ!

そうそう、その直前、西条(杉本哲太)の心優しい憎まれ口も良かったな。

       

4番目が、今回の記事冒頭に引用した、安全管理委員会のシーン。第9話と同様、

これこそ私が、部分的には今回のドラマでもっとも評価する所だ。もちろん、多くの

人の目には、春日部事務長(田窪一世)相馬弁護士(隈部洋平)が悪者に見え

てしまって、つまらないシーンに見えてることだろう。実際、第9話の時もそうだった。

でも、そう感じるのは、演技と演出による所が大きい。あの2人はいかにも悪者、

田所はいかにもいい人に映ってしまってて、その辺りは、このドラマの限界という

より、テレビの限界と言うべきなのかも知れない。要するに多くの人は「水戸黄門」

的な善悪の二分が好きだし、なかなかその枠を越えられないのだ。

               

でも、「悪者2人」が言ってたことは、冷静に考えればもっともな事。ドラマだからみ

んな無事だし、田所もかばってくれるし、視聴者の共感も得られる。でも、実世界

なら問題で、前回の黒田の腕切断なんかより重大だ。その意味で、欲を言うなら

この1分弱のシーンは、ちゃんとフェロードクター達も交えて、3分ほど映して欲し

かった。時間はあったはずだ。とは言え、ちゃんと制度のリスクや課題を映した点

は評価する。ブルースカイへとドクターヘリが飛び立つための最低限の配慮はちゃ

んとあった。このシーン、お寿司で言うとわさびなのだ。日本の大人がさび抜きの

寿司ばかり食べてるようじゃ、世界のsushiファンから突っ込まれるだろう。

                  

5番目。冴島(比嘉愛未)&難病ALS・田沢(平山広行)カップル。これに2分使う

くらいなら、委員会に30秒回せと言いたくなるし、ちょっとウェット過ぎる演出(最

後の泣き方)だけど、冷たい冴島が温かくなる様子を最後まで映しきったってこと

で、良しとしよう。私なら、もっと普通に笑顔でお見舞いに来る様子を撮るし、前に

も書いたけど、実生活でもそうゆう感じでお見舞いする。手のひらのアリさんはま

あまあかな。

        

6番目。白石を黒田が励ますシーン。黒田の言葉よりも、むしろ雨と涙で濡れてカ

ピカピになったメモ帳が、芸の細かい所。文字がまだ読めるというのは、流れて消

えかけたヘリへの思いがまだしっかり残ってることを表すわけだ。

        

7番目。緋山が三井のために当直を代わるシーン。要するに緋山だけは、自分の

家族を映さず、他の色んな家族を思いやる姿を映してることになる。三井とか、患

者とか。上手いヒネリで、いいアクセントを作ってると思う。

      

8番目。田所が白石に辞職願を返却。これも甘すぎだけど、辞職願を破り捨てた

りはしなかったし、まあ大目に見よう。「頼もしかった」と言うのなら、その前に一言

クギを刺す言葉も必要だけどね。2回にわたって問題行動を起こしたんだから、

「再教育」の片鱗が欲しかったのは事実だ。ま、いいや。

     

9番目。おそらく、藍沢と黒田の会話は世間的にウケが悪くないだろう。その意味

で、商業的には失敗ではない。この2人が少し距離を開けて並んでる絵を撮りた

いのも、屋上シーンを入れたいのも分かる。でも、やっぱり林宏司の台詞はくどい

のだ。6人救って12人死んだなんて話は、映像的に繰り返し登場した後だし、藤

川と母親の会話の中で、無力感が言葉になってる。そこへさらに、同じ情報を言

葉で再び加える辺りが、何とも林的なのだ。

    

黒田の応答は、一見ごもっともに見えても、これまた救命のプラスの部分しか見

てない。命の時間を僅かに延長することに大きな意味があるのは当然だけど、

そのために自分の命を大きな危険にさらすことはどうなのか。そこが問われてる

のに、難しい部分はスルーしてしまってるのだ。ま、それがドラマ的には失敗と言

えない辺りが、今のドラマの限界なんだろう。

       

10番目。森本(勝村政信)&轟木。これは文句無くイイ♪ この2人のすっとぼけ

た関係が今後も続くと考えるだけで、気分が明るくなる。遊井ファンなら、網タイツ

姿の轟木と「安西さん」の開放的な夜を想像するだけで、萌えまくりだろう。ちなみ

にニクソンの次に付き合うのは、フルシチョフかブレジネフのはずだ。古いわ!

       

そして11番目。この記事冒頭で扱ったエレベーターの中の「熱さ」を感じるシーン

の後、12番目が絹枝ばあちゃんに帽子をプレゼントして散歩に誘うシーン。まる

で『ラスフレ』のマグカップみたいに、ご高齢のぴぃファンの方の間で、人気爆発

となるはずだ。

                 

そしてラスト、13番目が、藍沢&白石の乗ったブルースカイ・ヘリ。既に一線を越

えたカップルが、神聖なヘリで我慢できずにイチャついて梶に叱られたことは、間

違いない♪ 相変わらず、編集さんは禁欲的修行を続けてるようだけど、いずれ

ネットにお宝映像が流出するだろう。

       

             ☆          ☆          ☆

以上、最終回ってことで、後半の各シーンに網羅的に番号をつけて書いてみた。

前後関係や重要度を考えると、全くバラバラという訳でもないけど、かなり自由に

順番変更できるはずだ。それが、シャッフルできるとか、バラバラという意味だ。

           

一通り終わった後、ミスチル=Mr.Childrenの「HANABI」の2番を聞きながら、

2つの事を考えてた。まず、黒田の腕の扱いが足りないなってこと。あれだけ強

調したんなら、リハビリで顔をゆがめるだけじゃなくて、明るいものを最後に映さ

ないといけない。もう一つは、曲が終わった後、再び絹枝ばあちゃんと藍沢が映

るはずだってこと。そうでないと、最後にしては「母子」の描写が物足りない。12

番のシーンのラストで、ばあちゃんの笑顔が不足してるし、藍沢の笑顔もなかった。

     

そう、2つの事を思ってたら、曲が終わった直後にいきなり宣伝画面が登場した。

「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 スペシャル 2009年 新春 放送決定」

なるほど! ホントの最終回じゃなかったわけね。それなら、ばあちゃんや黒田の

腕の物足りなさもOKだ。アメリカで健一がバスケする様子を黒田が見守るなんて

話がやたら強調されてたのも理解できる。おそらく健一が黒田に話したい内容と

は、お母さんがアメリカ人のケネディと付き合ってるって話だろう。古いわ!

        

という訳で、後半は美味しい幕の内弁当でしたってお話だ。一つ一つは小ぶりの

おかずでも、ちゃんと美味しいし、全体の見栄えもいい。前半クール、後半ウェット

&ハッピーエンドにしたのもOKだろう。色々書いて来たけど、第二東名高速道路・

長尾橋の撮影だけでも大変だったはず。十分満足できる「最終回」だった。確か

に、若き5人を乗せたドクターヘリは、夕陽を越えてブルースカイへと飛び立った

のだ。スタッフ&キャストの皆さん、どうもお疲れさま♪

         

今回、ドラマ自体は惜しくも絶賛できなかったけど、代わりに、今これを読んでる

あなた自身を絶賛したい。時々、顔をひきつらせながらも、ウチのレビューを最後

まで読み続けた皆さん。特に山Pファンなら、かなりの努力が必要だったと思う。

その熱さと真剣さは、ドラマ以上に素晴らしかった☆ 

エッ、「ドラマ以上」が余計? あっ、そう♪

     

さて、もう金曜の晩だから、この辺でアップしよう。既に相当なアクセスを頂いて、

感謝、感謝。会社で読んでる人は火曜日になっちゃうかもね。怒られないように♪

それでは、またいつか。。☆彡

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.キムタク=木村拓哉のCM、なかなかカッコ良かったね。Levis501の

    「LIVE UNBUTTONED」。調べちゃったわ。フルモデルチェンジを機に、

    ボタンフライ(隠しボタン)のボタンを上から2コほど開けて、自分を開放=

    解放して生きようっていう、リーバイスのキャンペーンか。

    下っ腹が出てないスリムな人限定のファッションだな。あと、間違ってジップ

    フライ(隠しジッパー)のジーンズでやらないようにね。男の場合は♪

    

P.S.2 最終回に来て、TBが飛ばないどころか、RSSも飛ばないから、検索

      サイトにも無視されてしまった。。ココログ~~!!

          

P.S.3 最終回視聴率は19.5%に急上昇。平均視聴率も15%以上達成で

      合格点。おめでとう。。☆彡 

            

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (8) | トラックバック (8)

新型の迷惑メールにご用心!

最近、気になる英文スパム(無差別・大量送信の迷惑メール)が急増してる。普段

は性的なものが圧倒的で瞬間削除なんだけど、これは最初、削除しにくかった。

件名や本文に「statement of fees」と書いてある。つまり、「料金計算表、請求書

という意味で、もし本物なら慎重かつ迅速に対処する必要があるわけだ。28KB

くらいの zip 形式の添付ファイルがいつも付いてる。

    

まず用心のため、自分のPCより前の段階、ニフティのメールボックス内でウィルス

チェックをすると、警告が出るものもあったけど、出ないものの方が多い。もちろん、

だから安心ってことにはならないんであって、検索をかけてみると、それほど多くは

ないけど、迷惑メールの例としていくつかのサイトがヒットした。全体を見渡すと、ど

うも8月頃から増えてきたようだ。

      

ほとんどの人がすぐ削除したようだけど、実験的にこの添付ファイルを開いてみ

た方もいらっしゃって、どうやらスパイウェアをインストールするものらしい。注意

すべきは、やっぱりウィルスチェックをくぐり抜けてるってこと。どうも、次々にプロ

グラムを更新してるらしくて、セキュリティーソフトの対策も後手に回ってるらしい。

     

念のために、最新のクレジットカードの明細をネットでチェックすると、不正利用

は無かったので一安心。メールを読んでも、個人情報が漏洩した形跡はない

ただ、かなり悪質で巧妙な迷惑メールだから、読者の皆さんにも注意を促しとこう

と思ったわけ。

     

世界は悪意に満ちている。でも、善意もある。全否定じゃなく、部分肯定すること。

そりゃ、先日の織田裕二『太陽と海の教室』第8話レビューか♪

とにかく、くれぐれもご用心! ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

10日ぶりの朝型、眠くて眠くて・・

RUN 10km,49分19秒,心拍144

眠い。。居眠りランって感じの走りは、今までも何度もやってるけど、フツーは5km

も走れば目が覚めてくるもんだ。それが逆に、今朝はどんどん眠くなって、途中で

止めそうになったほど。やっぱ、夜型を一気に朝型にして、おまけにランニングま

でしようってのは無理があるね。

     

夜型遺伝子だの夜型脳細胞だのがあるのかどうか知らないけど、私は物心つい

た頃には夜型だった気がする。周りには朝型の人が多かったし、何となく朝型の

方が健康的だとは思ってたけど、何回チャレンジしても朝型は続かなかった。朝

ランどころか、早起きしてラジオの英語講座を聞くのさえ、最長でも数ヶ月しか続

いてないし、聞きながら居眠りすることも多かった。母親に何度怒られたことか。。

    

それに対して、夜型は続くのだ。まあ、人間の1日のリズムがもともと25時間だ

から、普通に生活してればどんどん後ろへズレるっていう説明もあるけど、性格

的に朝より夜の方が好きなのかも知れない。朝日もすがすがしいけど、毎日だっ

たら、月夜の方が落ち着く気がするな。

     

という訳で、とにかく今朝は、乗鞍のレース以来10日ぶりに朝型に戻したら、眠く

て眠くて仕方なかったのだ。ホントはのんびり16kmとか狙ってたのに、なかなか

起きれないし、走ってても眠いしで、僅か10kmだけ。中身はホントに適当な走り

だけど、それでも自然にスピードが上がって、周回最後は1km4分20秒を切る

ペースになった。やっぱり、確実に力が戻って来てる感じだ。復路はラクしたから、

トータルは1km4分56秒。眠かったし、ま、こんなもんか。

         

問題は、そろそろ風邪をひく時期だってこと。季節の変わり目は弱くて、特に夏

から秋になる時には度々やられてる。一度風邪を引くと、2週間かかる体質だ

から、気をつけよう。ではまた。。☆彡

             

  往路(1.15km)    6分29秒    心拍118    

  1周(1.1km)      5分47秒        131           

  2周            5分35秒       136               

  3周            5分35秒        141       

  4周            5分24秒       145             

  5周            5分14秒       152                 

  6周            5分09秒       155             

  7周            4分44秒       166             

  復路            5分23秒       161             

  計  10km     49分19秒       144(最大心拍167,周回ラスト)

| | コメント (0)

初心に帰って有酸素機能テスト

RUN 10km,51分08秒,心拍137

ココログ、重いぞ! 1時間半くらいムダにして、オマケに超~苛立ってしまった。

前から夜11時台はちょっと重かったけど、今日は夜10時台から悲惨な状況。。

『太陽と海の教室』第8話レビューのTB(トラックバック)を飛ばせなくて困った。

TBするには、記事を保存し直す必要があるんだけど、ボタンを押しても画面が

先に進んでくれないわけ。で、「もう1回、もう1回」と、ミスチル=Mr.Childrenの

『HANABI』みたいに失敗を繰り返して、無駄に消耗してしまったのだ。。

     

時間も気力も失ったし、昨日かなりスピードを出した直後だから、今夜は10km

のんびり走るだけに決定。どうせなら目的意識を持とうと思って、超久々に有酸素

機能のテストをやってみた。強度の低い運動で、持久力の核心である有酸素レベ

ルの能力を調べるわけだ。マフェトン理論で言うなら、MAF(Maximum Aerobic

 Function)テストだけど、マフェトンは細かすぎて、エアロバイクじゃないとやりに

くい。ランニングだと、心拍の強引なコントロールのために、走りがギクシャクして

しまうのだ。2、3年前に何度か試して、その不自然さを痛感した。

     

で、実際にやったのは、要するに低心拍のランニングってこと。心拍計を見なが

ら、アップを除いて145前後をキープして走ることを目指したんだけど、当然な

がら(?)上手くいかない。まず、なまじ調子がいいから、ゆっくり走ると心拍が

130台にしかならないのだ。逆にスピードを出すと、すぐ140台後半になってし

まう。おまけに、楽な運動でありがちなことだけど、途中で腹も減ってしまったし、

昨日の疲れで脚の筋肉が少しだるくなってしまった。

    

という訳で、かなり粗雑なテストになったけど、有酸素レベルの10kmランで、

51分08秒となった。1km5分07秒ペースってこと。これは予想より遥かにい

から、ちょっと気分が良くなった♪ 今後も時々やって、有酸素能力の推移を

しっかりチェックしよう。こうゆう事は、3年前にブログを始めた頃にはマジメに

やってたのだ。初心忘るべからず。一から出直すつもりで、頑張ろう☆彡

                 

  往路(1.15km)    6分51秒    心拍113    

  1周(1.1km)      5分55秒        131           

  2周            5分38秒       137               

  3周            5分35秒        138       

  4周            5分26秒       139             

  5周            5分27秒       144                 

  6周            5分27秒       147             

  7周            5分19秒       142             

  復路            5分30秒       143             

  計  10km     51分08秒       137(最大心拍153,復路の坂) 

| | コメント (0)

全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

 ハチ?

 灯里 灯里?

 灯里だよ 今どこにいるの?

 今? そんなに遠くない もうすぐ着くよ

 迎えに行くよ

 もうすぐ着くって 灯里は心配性だな 大丈夫 大丈夫だから

 ホントに大した事ないから オレを信じて そこで待ってて

 アイス アイスのアタリ持って帰るから

 分かった 待ってる

 アカリ?

 何?

 呼んでみただけ♪

 バ~カ♪

 じゃ、また後で

 うん 後で

  (ビーチで青空と砂浜に囲まれた灯里の美しいシルエット映像)

       

       ☆          ☆          ☆

「素晴らしい!」ってこともないけど、「実に面白い!」。懐かしのガリレオ・湯川

(福山雅治)の決まり文句を久々に冒頭へ持って来よう♪ いや、再放送と映画

とGoogleのランク付けアップとで、1年前の『ガリレオ』レビューへのアクセスが

続いてるのよ。ま、こう書いても、読者はまるで内海(柴咲コウ)みたいに嫌そうな

顔をしそうだけど、ガリレオは気にせずわが道を突き進むのだ。

      

前回、珍しくネガティブな色調のレビューを書きながら、「ドラマ凧」は墜落するか

も知れないけど、「セリフ凧」や「シーン凧」はまだ飛ばせるという話を書いた。

本家・坂元裕二プロデューサー・村瀬健らが中心になって作り上げてる『太陽と

海の教室』全体は、失敗作に終わるかもしれない。でも、一つ一つのセリフやシー

ンは、それぞれの視聴者が価値を持たせうるものだろう。そうゆう意味で書いた

わけだ。ドラマを全否定するのではなく、部分肯定すること。それは、我々の側の

問題だし、部分は必ずしも全体に劣るものではない。

      

後半に入って、足かけ3週もの間、次原雪乃(大政絢)の自殺話を引っ張って来た

上に、来週の4週連続も予告で既に確定している。ドラマ全体の構成は、前半5話

と後半とで極端に変調してしまってて、背骨を真ん中でポキッと折られたような形

になってしまった。全11話ならまだしも、もし全10話なら、たとえ日輪祭で盛り上

げても、当初の全体的構想はもう実現不可能だろう。実行委員の凛久(北乃きい)

洋貴(岡田将生)灯里(吉高由里子)、羽菜(谷村美月)大和(冨浦智嗣)、茂市

(鍵本輝)、川辺(山本裕典)らが一生懸命準備しても、再来週で終わりならちょっ

と挽回し切れない。そのくらい、「太陽と海のもとで異色の教師と優等生がたわむ

れる眩しい青春物語」からは程遠い方向に、全体は進んでるのだ。

          

でも、前半という部分、後半という部分を別々に見るなら、それぞれの統一性は

ちゃんと保たれてるし、それぞれ独自の魅力もある。前半は一話完結型で色ん

な生徒の問題を解決し、後半は継続型で「生と死」という最も重い問題を扱って

るわけだ。そして、さらに後半を細かく部分的に見るなら、船木真由(前田敦子)

をめぐる「円」の話があり、ハチ=八朗(濱田岳)をめぐる「凧」の話があり、その

他にも櫻井朔太郎(織田裕二)の印象的な言葉の数々が光ってた。

     

そして今回、全体の暗すぎる色調は別として、部分的に何が一番光ってたかとい

うと、雪乃じゃなくて、ハチ&灯里のカップルだ。特に、吉高は素晴らしかった☆

もともと、極度に不人気だった冬ドラマ『あしたの、喜多善男』第1話のラストで、

宵町しのぶ役で登場した瞬間に、素晴らしいとウチでホメたのが彼女だ。背伸び

した小悪魔的魅力、翳りのある屈折、憎めない幼さ。これらが同居する若手女優

は、今の日本で他に見当たらない。

      

当然、このドラマでも彼女の活躍を期待してたんだけど、最初に光が当たった第

2話では、正直言ってイマイチだった。あれじゃ、あちこちにいそうな脇役女優で

しかない。ところが、前回第7話から光り始めて、今回は見事な輝きを見せてた。

しかも、遠く第2話とつなげることで、以前の不完全燃焼をフォローするかのよう

な形になってる。この辺り、脚本家・坂元はまるで職人・橋部敦子のように、部分

と部分を紡ぎあげることに成功してるわけだ。

    

もちろん、吉高本人の演技も個性的で上手いし、谷村政樹の演出も良かったと

思う。アイスを食べる唇の映し方とか、スカートの前を押さえて脚を投げ出して座っ

てるカットとか、控えめで適度なエロスの表現を交えてたのも、吉高にピッタシの

撮り方だった。

          

         ☆          ☆          ☆

という訳で、ここからは、第8話でハチ&灯里がどのように描かれてるのか、そ

の部分に焦点を絞って、解読&解説してみよう。

     

まず、視聴率稼ぎにも思える「誰が死ぬか」問題で、ハチが死ぬことについては、

既に前回の記事で、一番可能性が高いことを述べていた。誰も死なないのが一

番スムーズだけど、凛久のモノローグで、誰か死ぬのはほぼ決定。でも、これだけ

引っ張って雪乃が結局死ぬのはおかしい。脇役のために主役=ヒーローがさんざ

ん奔走して、結局最悪の事態になるんじゃ、櫻井のイメージがガタガタになるわけ

だ。一方、灯里その他が死ぬのも余りにもわざとらしいヒネリで不自然すぎる。す

ると、ハチが死ぬのが一番マシな選択肢じゃないかって予想になる。

             

で、今回はもう最初から、ハチの死に向けて話が組み立てられていた。最初の幻

想的な回想シーンで、もうハチの死は決定なのだ。灯里に告った西高柔道部の

男の所へ、ハチが代理で断りに行ったっていう、二人のなれそめのお話。これは

巧妙な伏線だ。つまり、灯里の代理役となることでハチが悲惨な目にあって、結果

的に愛が育まれる話なのだ。お分かりだろう。ハチは今回後半、アカリ(灯里)の

代理役となって、アイスのアタリ(当たり)の棒を持って行く。それで酷い目にあって、

結局は永遠の哀しい愛が刻まれたのだ。

        

元に戻って、ハチが死ぬ前にはまだまだ色んな準備がされている。ハチが大丈

夫って言う時は大丈夫じゃない、とかいう灯里の台詞は、ドラマ終盤の携帯でハチ

が語る「大丈夫」の連発へとつながっていく。全く大丈夫じゃないと感じた灯里は、

「そこで待ってて」という言葉を文字通り守って、波打ち際で待ち続けることになる。

まるで『岸壁の母』みたいに、「とどかぬ願いと知りながら もしやもしやに もしや

もしやに ひかされて ♫」。古いわ! いや、ふと思いついたわけよ。

                 

ハチはさらに、ケンカしてた洋貴と微笑ましい仲直りをして、日輪祭へとクラスを

まとめ上げる手助けをする。いい思い出として、クラスのみんなの心に残るため

の準備ってことだ。そして、第2話以来の夜のプールサイド。ここでは、女(灯里)

への愛のために、ハチが水に落ちる。もちろんこれも、女(雪乃)のために水に

落ちるラストの伏線となってるわけだ。ハチが泳げないっていう重要な情報を、さ

りげなく添えながら。

               

おまけにハチは、櫻井の話を受け止めて、人生という旅の思い出として、ビデオ

撮影もするのだ。撮影で思い出を残す(=見る)ハチの姿そのものが、やがて

来週以降、ヒネった形で思い出になる(=見られる)。この視線の反転は、第6話

でもあった高度なものだ。見てるんじゃない、見せてるんだと船木が言った時の

視線の反転と、同じ形になってることを思い出そう。かなり優秀な脚本家でないと、

こうゆう話は作れない。

       

将来、先生になりたいっていう夢をハチが唐突に語ったのも、死の準備。そして、

波の高い海で揺れるボートを映して、一つしかないライフジャケットを失神した雪

乃に着せて、アタリを見ながら、アカリと「どっかに行きたいね」とつぶやく。これで

準備完了。残念ながら、山P=山下智久が乗ったドクターヘリは、第二東名高速

道路・長尾橋に着陸してたから、助けに来れなかったわけ。そりゃ『コード・ブルー』

最終回か♪

      

こうして、非常に周到かつ巧妙にハチの死を準備した後、灯里との携帯電話

別れがなかなか美しかった。ウルウルする所までは行かなかったけど、非常に計

算し尽された会話で味わいがある。「死的」でない、つまり死を直接に書かない配

慮が、圧倒的に「詩的」なのだ。

    

できれば来週さらに、波打ち際でアカリがアタリの棒を拾い上げるシーンを見たい

と思う。たとえ無くても、私の心象風景の中で創り上げるつもりだ。携帯の別れの

直後、砂浜と青空に囲まれた灯里の姿を映し出してた、美しい映像と重ね合わせ

ながら。。

    

          ☆          ☆          ☆

最後に、一見別の話にも目を向けてみよう。それは、櫻井が雪乃に書いた手紙

の内容だ。静岡の雪乃に会おうとして、江ノ電で藤沢駅に向かう櫻井を映しなが

ら、「サウンド・オブ・サイレンス」(=沈黙の音声)をBGMにして語られた全文を

掲載してみよう。

    

   次原雪乃様

   拝啓 

   静岡の海はどうですか。

   湘南の海は、今日も変わらず穏やかで、夜になると、

   学校の教室にいても、心地良い波音が届きます。

   海のすぐそばにあるこの学校を、僕はずいぶんと気に入ってしまいました。

   できる事なら、あの太陽と海のもとに教室を移し、君たちと話したかった。

   今日まで僕が見て来たこと、僕が行った場所、僕が出会った人。

   この世界には、ありとあらゆる事がある。

   だけど、僕達はその一部しか見ることができない。

   だから僕達は、できる限り旅をし、人と出会うべきなんだと思う。

   生きてれば、嫌なこともあるだろう。

   嫌な人に会うこともあるだろう。

   それでも君は、生き続けなければいけない。

   君は17歳だ。

   君が過ごして来た時間は、君がこれから生きる時間の、ほんの一部なんだから。

   君が生きて来た場所は、君がこれから行く世界の、ほんの一部なんだから。

   君はまだ、人を嫌いになるほど、人に出会ってない。

   君はまだ、世界が嫌いになるほど、どこにも行ってない。

   君はまだ、生きることに絶望するほど、生きてはいない。

   君が知ってるその小さな世界から出れば、まだまだ希望はある。

   君が信じた数だけ、希望はある。

   どうか信じて欲しい。

   この世界は、君が思うより、ずっとずっと眩しく、ずっと美しく、

   あの太陽と海のように、君を迎え入れてくれる。

     

私は見てないけど、似た言葉は、坂元の去年のドラマ『わたしたちの教科書』でも

あったらしいから、彼の基本的な考えなんだろう。これはある意味で、自殺という

全否定に向かわず、生の部分肯定に向かえという話だと解釈できる。否定的な

部分もあるけど、肯定的な部分もある。今まで見てきた嫌な世界もあるけど、ま

だ見てない希望ある世界もあるはずだ。その肯定的部分の可能性に賭けて、希

望を信じて、自殺という全否定は止めようってことだろう。

     

ちなみに、私は前から、同じテーマで違う内容を主張してる。精神は死にたいと

思ってても、肉体は生きようと思ってるのが普通だ。自分という存在の半分だけ

で、全体を否定するのは、許されない暴力だろうという話だ。ただし、肉体の側

が精神まで否定するほど悲惨な状況になってる場合については、「例外」として。

       

全否定から部分肯定へ。ドラマについても、自分の人生についても、その他に

ついても、深く考えてみるべき視線の変換、姿勢の転換だろう。ただし、逆向きの

行き過ぎ、つまり全肯定には注意すべきだ。そこには無理があるし、全肯定する

姿勢と全否定する姿勢とは、奇妙なほど似てるのだから。

     

という訳で、もう時間だ。ではまた。。☆彡

        

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今回、私があまり肯定する気になれないものとして、理事長とかの描き方

    の他に、『人魚姫』の使い方がある。まず若葉(北川景子)が楽天的な受け

    取り方をして、その後に「悲しい話」だとひっくり返すのはいい。ただ、結局

    人魚姫=雪乃は助かったから、ストーリー的に重ならないし、ハチと王子

    様とじゃ、イメージ的にも重ならない(失礼♪)。

    意図的に雪乃の死をイメージさせたフェイントなら、余りにもわざとらしい視

    聴率稼ぎで、『人魚姫』の伝説に対しても失礼だろう。元々のストーリーに、

    独自の後日談を加えて、実は人魚姫を助けた人間が死ぬって話を出すと

    か、何かもう一工夫欲しい所だった。来週フォローすることも多分ないでしょ。

    

P.S.2 雪乃が、櫻井の手紙を切り刻んで送り返したことに関して、全く説明が

      ないことに対しても、ちょっと引っかかる。結局、私を助けてくれなかった

      のねって感じの逆恨み的な話を出しとくとか、何か欲しかった。ただし、

      もし若葉が拾った「希望」のかけら(手紙の切れ端)を今後上手く使うの

      なら、全くOKだ。

           

P.S.3 『太陽と海の教室』第8話の視聴率は13.3%。ま、こんなもんでしょ。

      今回、なぜかウィキペディアでは、まず速報として深夜に18.2%という

      高視聴率が書き込まれ、早朝になって13.3%に訂正されている。他

      の情報源を見ても、おそらくこの数字が正しいはずだ。

        

P.S.4 『コード・ブルー』第10話で、脚本家・林宏司の台詞がくどいって話を

      書いたけど、くどいようでくどくない巧みな台詞を一つ、坂元から拾い上

      げてみよう。それは、灯里の台詞だ。

      「ハチの彼女にしてくれる? 私、大変だよ。すごく甘えるし、タマゴ片手

      で割れないし、ヒールとか履くとすぐ転んじゃうし、冷え性だから冬とか

      すごく手、冷たいよ。そんなんでいい?」

      これは、そんなに長くもないし、全くムダのない台詞なのだ。すごく甘え

      るっていうのは、灯里とハチの立場の反転を示すし、タマゴは手作り料

      理をほのめかす言葉。ヒールはハチのためのオシャレだし、冷え性は

      身体のふれ合いをほのめかしてるわけだ。何気ない台詞だけど、私は

      リアルタイムでホホーッと感心しながら聞いてしまった♪

      

P.S.5 櫻井が静岡へ向かう方法がおかしいという面白い突っ込みを見かけた

      ので、細かく検証してみた。湘南から静岡へ向かうのなら、新横浜じゃ

      なくて小田原から新幹線に乗ればいいし、新横浜を選ぶのなら江ノ電

      で藤沢駅へ行くよりも逆に鎌倉駅に向かうべきだという話だ。

          

      結論から言うと、突っ込みとしては面白い着眼点だし、間違ってもいな

      いけど、正しいとも言い切れない。新横浜だと回り道になるけど、新幹

      線の本数が遥かに多いし、速い新幹線が停車するから、むしろ有利

      なケースが多いのだ。新横浜に向かう際、江ノ電の藤沢経由で行くの

      も、十分あり得ること。出発地を適当に選んで、ネットで乗り換え案内

      の検索をしてみればすぐに分かる。私は土曜午後の鵠沼発で調べた。

      ただし、ドラマで使ってた新幹線の切符は偽物だ。ひかり393号は、

      実際には早朝の下り便だから。。

             

P.S.6 朝日新聞の1面を見てて、ふと内閣府の広告に気付いた。9月10日

      から16日まで、自殺予防週間だったのか。じゃあ、最初から雪乃の

      自殺は実行される可能性が低かったかも。。☆彡

                

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

| | コメント (11) | トラックバック (9)

超~気持ちいい走りで復活の予感♪

RUN 14km,1時間05分10秒,心拍155

超~気持ちイイ♪ってのは、4年も前の流行語大賞なんだね。アテネ五輪の時の

北島康介の名セリフ。でも、今夜の走りはまさにこの言葉がピッタシだった。距離

は短いけど、ここ1年で最高の走りじゃないかな☆ 14kmのタイムとしては、こ

こ2年で最高のようだ。ま、他の距離ならこの程度のペースは出してるし、2年半

前まで遡れば、もっと速いペースで25km走ってるから、まだまだだけどね。。

             

先月末の乗鞍のヒルクライムレースで、僅か2ヶ月の自転車シーズンを終えて、

ぼちぼちランニングシーズンに移行し始めた段階。4.5km、10km、12kmと

走って、1日サボって、今日は14kmか16kmがノルマだ。ドラマレビューのため

に、織田裕二『太陽と海の教室』第8話をしっかり見た後、ちょっとパソコンをい

じってからスタート。数時間前ににわか雨が降ったものの、すぐ止んだから、路

面も乾いてるし、湿度もそれほど高くない。気温は24度くらいだけど、かすかな

風のおかげか、もう少し涼しく感じる。

     

走り始めてすぐ、脚がやたら軽いのに気付いて、それなら14kmでちょっと飛ば

してみようかなぁとか思い始める。最近はいつも1km5分強くらいで走ってたか

ら、4分50秒くらいで走りたいなぁって程度の感覚だった。ところが、公園到着

後に周回を始めても全然しんどくない。脚力が余る感じで、面白いようにスピード

アップ。2周目、3周目をまさかの4分30秒ペースでクリアして、4周目は何と、

4分24秒ペース。完全な単独走なのに、ちょっと覚えがないペースで、しかもま

だ心肺も足腰も余力がある。信じられないくらいの好調だ。やっぱし、先日の

10kmや12kmで何となく感じてた脚力は本物だった♪

    

こうなったらタイムトライアルにして、最後まで本気で走ろうかなとも思ったけど、

残念ながら足の甲が軽くピキピキ痛み出したので、無理しないことに決定。まだ

衝撃に耐える足が出来てないもんね。それでもトータルでは何と1km4分39秒

ペース! おーっ、やれば出来るじゃんって感じだね。スピードを出して快走した

時の気持ち良さは、自転車よりもランニングの方が上だと思う。全身の躍動感

が大きいね。自転車は腰から下の小さめの回転運動だから、はじけるような爽

快感はない。

     

ともかく、超久し振りの快走で気を良くしたから、今シーズンは結構いけそうな感

じだ。ここ2年間、ブログに時間を取られすぎて走力はガタ落ちだけど、いよいよ

復活の時が来たような気がする・・・とか書くと大げさすぎるネ (^^ゞ ま、気楽に

続けよう。ランニングは、故障せずに続けることが何より大切だ。

とにかく、超~気持ちいい走りで、気持ちよく眠れそうだ。ではまた。。☆彡

               

  往路(2.45km)    12分54秒  平均心拍130          

  1周(2.14km)    10分23秒         150        

  2周              9分41秒         159        

  3周             9分44秒         164

  4周              9分27秒         165

  5周(0.54km)      2分33秒          167

   復路             10分28秒         161

  計 14km    1時間05分10秒  155(最大心拍174,ゴール時)

| | コメント (0)

大切な携帯メールをPCに保存

しまった~! マジメに走りに行こうと思ってたのに、携帯にズブズブとハマっちゃっ

て、そのまま寝てしまったわ。マニアの哀しい性(さが)ってもんかね。。(^^ゞ

     

事の発端は、携帯のmicroSDカードに溜まった写真をパソコンに移す作業。PC

のエクスプローラー(マイコンピュータ)でカードの中を見ると、「picture」(写真)の

他にも色んなフォルダがあって、mail フォルダもある。携帯のメール受信ボックス

も半分ほど埋まってることだし、いい機会だからメールもPCに移そうと思ったわけ。

    

もともと何についても、収集癖や保存癖があるし、携帯メールの保存は大昔から

気にはなってた。まだメモリーカードが使えなかった前の機種だと、ずっと一つ一つ

PCに送信してて、そろそろ専用ソフトでも買おうかなと思ってた頃に、携帯電話そ

のものを機種交換。これでまた、保存が先延ばしになってしまったのだ。でも、メモ

リーカードでデータを移すだけなら超簡単だろう。

          

と思って、調べ出したらハマってしまったわけ。まず、携帯メールをカードに移す

作業は、バックアップっていう特殊な保存方法しかない(SoftBank910SHの

場合)。この作業は、マニュアルを見ると注意書きがやたら色々ついてて、読む

のが面倒だ。ただ、重要なのは一つだけで、カードにバックアップしたデータを

携帯で復元する時には、携帯側に既にあるデータが全部消えてしまうってこと。

普通に使ってる分には問題ないけど、実験的にあれこれ操作してたら、大失敗

でほとんどデータが消えてしまうことにもなりかねないわけだ。

      

ともかく、メモリーカードに一括バックアップして、カードをアダプターに差し込ん

で、PC側でチェックしてみる。すると、あらかじめネットで情報ゲットしてた通り、

vmg ファイルっていう形式で保存されてる。これは、「メモ帳」で一応開けるとか

ゆう話だったのに、実際やってみると、私の場合は開けなかった。理由は不明。

              

まあ、いざとなったら、vmgファイルを不通の eml ファイルに変換するフリーソ

フトを使えばいいって話だけど、面倒で不安だし、当然絵文字とかはダメ(下の

P.S.で紹介した新しい記事を参照)。それなら、vmg ファイルのまま保存しと

けばいいだろう。いざとなったら、自分の携帯とか、新しい携帯へとデータを復元

すれば、ちゃんと見れるわけだ。

                                

という訳で、結局、携帯メールのデータをvmgファイルとしてメモリーカードにバッ

クアップ、それをそのままPC保存(写真を除けば約2MB)したってお話だ。あれ

これ調べたり試したりするのに時間を取られてしまった。携帯本体のメモリーが

一杯になる前に機種変更を続ければ、別に必要ない作業かも知れない。まあ、

データの半永久保存にはならないけどね。古い携帯の本体をメモリー代わりに

残しても、機械的に10年くらいしかもたないだろうから。

                    

ちなみにトリスターやソースネクストの専用ソフトを使っても、絵文字はダメらしいっ

て話を読んだけど、ソースネクストの「携快電話ZERO」で910SHならOKらしい

通信会社、機種メーカー、型番によって細かく対応が分かれてるので注意)。

ただ、ソースネクストは大昔、高速閲覧ソフトってものを7000円くらいで買って全

く役に立たなかったから、それ以降は信頼してない。凄い売り文句だったのに、

スピードアップなんか全くせずに、時間と金を無駄にしただけだった。ま、ムエタイ

のキック連発を映した懐かしのCMは面白かったけどね。。

                             

ともかく、携帯メールがあふれそうだけど削除したくない人には、PCへの保存を

お勧めする。アドレス帳、ユーザー辞書、カレンダーとかも保存可能。ただし、く

れぐれも、間違えて元のデータまで消してしまわないように。機種ごとに違うマニュ

アル熟読は、必要不可欠だろう。

それでは。。☆彡

     

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事の7ヵ月後に、もう一歩か二歩進んだ記事を追加。

        携帯メールをPCに保存して見る方法

| | コメント (0)

深夜ランの後、サッカーW杯予選を観戦♪

RUN 12km,1時間0分0秒,心拍148

ビンゴ~! ぴったし1時間なんて、初めてだな♪ だから何って言われても困る

し、ハッキリ言ってタイムが遅すぎるんだけど、帰宅して心拍計を見た時に気分が

良かったのは事実だ。ブログ公開以来、丸3年で覚えがない。60分00秒と書くか

どうか迷ったけど、1時間0分0秒の方が100点みたいでイメージいいね。。

     

さて、僅か2ヶ月間の自転車シーズンの最後を飾る乗鞍のレースを終えて、一昨

日からボチボチとランニングシーズンに入ったところだ。4.5km、10kmと来て、

今晩は12kmの予定だった。夜、雨が降ったのは予報通りなんだけど、まで

は予想外。何となくサボリそうになったものの、世田谷246ハーフの初エントリー

を済ませたばっかだし、軽く流して来ることにした。

     

昨晩と同じで、最初はやたら脚の動きが悪いんだけど、身体が温まるにつれて

どんどんスピードがアップする。やっぱり、自転車でついた太腿の筋肉のイタズラ

だろう。脚が重いんじゃなくて、ほぐれにくいだけなのだ。心肺的にも、まだまだ

余裕がある。それより問題だったのは、土曜の深夜ってことで、ランニングコース

を周回する原付の2人乗りとか、コースを挟んでキャッチボールする連中とか、

困ったちゃん達がいたこと。あと、落雷のせいなのか、ライトが一部消えてて真っ

暗になってるのが気味悪かった。こうゆう時、男は気がラクなんだよな。。

      

で、結局トータルでは1km5分ちょうど。復路だけなら、下りってこともあって、

1km4分22秒までペースアップした。トータルのタイムは悪いけど、スピードが

ちょっと復活し始めてるのは確かだね。ハーフのレース目指して、どんどんペー

スアップしていこう。

    

さて、今テレビ朝日系列で、サッカーW杯アジア地区最終予選・日本vsバーレーン

戦が始まったところだ。先日は大学生チームとの練習試合で負けちゃった、岡田

ジャパン。中東の難敵とどう戦うのか、じっくり楽しませて頂こう。。☆彡

             

(☆追記☆) 前半18分、中村俊輔の低いフリーキックが壁を抜けて先制!

           前半43分、ハンドの反則をもらって、遠藤がPKを決めて追加点!

         後半の終盤、あっと言う間に3対2。。速い展開。。

         終了~~ 3対2のまま、日本勝利。ただ、選手の顔はビミョー

         勝ち点3でやった!って感じの表情は見当たらないね。

         俊輔のインタビューも、「最後の(相手の)2点は要らない」から

         スタート。まあでも、暑いアウェーで結果を残せた。おめでとう!☆

             

  往路(2.45km)   13分41秒  平均心拍129

  1周(2.14km)   11分19秒        143

  2周           10分51秒         149

  3周          10分12秒         159 

  4周(0.68km)    3分15秒        162

  復路           10分43秒         161

  計 12km    1時間0分0秒        148(最大心拍171,ゴール時)

| | コメント (0)

世田谷246ハーフに初エントリー☆

RUN 10km,50分16秒,心拍144

僅か2ヶ月の自転車シーズンを終えて、再びランニング・シーズンだ♪ この2ヶ

月は、RUNとBIKEの合計だとそこそこ走ってるんだけど、RUNだけだと距離は

非常に少ない。おまけに、マトモにランニングするのは9日ぶりとあって、かなり

ギクシャクした走りになってしまった。

      

丸3日間サボった後の、昨日の僅か4.5km走が響いてるのか、スタート直後

から脚がガクガク。疲れとかダメージって言うより、ひょっとすると、自転車で太

くなった太腿の筋肉が滑らかに動いてないだけかも知れない。実際、その気に

なれば力はグイグイ入るのだ。下のラップを見れば分かる通り、1km6分ペー

スの超スロースタートからどんどんペースが上がって、最後は1km4分20秒ま

で到達してる。ショート・ビルドアップって感じだ。ずっと脚はギクシャクしてたけど、

まだ力は残ってたと思う。

          

トータルでは、1km5分02秒ペース。今後走りこむにつれて、急激にスピードが

上がっていくんじゃないかと期待してるんだけど、ちょっと甘いかな。まあ、故障

が全くないのは強みだろう。案外、伏兵は残暑の厳しさかも。今晩もやたら蒸し

暑かったもんなぁ。。

     

で、最後になったけど、世田谷246ハーフのエントリーについて。一昨年から開

催されてたのに、エントリー締切が8月末の乗鞍のヒルクライムと重なってたか

ら、2年連続で申し込み忘れてた。今年も先延ばしにしてる内に忘れて、5日が

締切なのに、思い出したのは日付け変更の直前。ギリギリセーフで、何とか抽選

に望みをつなぐことができた。倍率は知らないけど、抽選で1000名だから、3倍

前後じゃないかな。制限時間が130分っていうのは、ちょっと厳しいから、それだ

けでエントリーできる人間はある程度限られてくる。

         

ま、ダメでもともと。9月25日頃までに当選通知が来なかったら、また11月か12

月に別のハーフへ申し込むとしよう。その後は青梅、続いて東京か荒川の予定。

ではまた。。☆彡

           

  往路(1.15km)    6分56秒    心拍113    

  1周(1.1km)      6分01秒        130           

  2周            5分42秒       136               

  3周            5分35秒        141       

  4周            5分29秒       148             

  5周            5分12秒       154                 

  6周            5分07秒       159             

  7周            4分47秒       166             

  復路            5分27秒       160             

  計  10km     50分16秒       151(最大心拍174,ゴール直前)

| | コメント (0)

迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

 どうした~?

 昨日・・・判断に迷いました

 今までのオレなら 何も考えずに母体を優先させてました

 でも 昨日は両方救おうとした

 救えたじゃないか

 結果論です 両方死んでたかも知れない

 何が言いたい?

 この病院に来るまでのオレは 迷いなんてありませんでした

 でも 今は迷いだらけです

 先生の腕も 今までのオレなら 単なる処置の一つでしかなかった

 心が痛むこともなかった 今は 直視できません 

 先生 名医ってなんですか

 ・・・その答えは たぶん現場にしかない・・・

                

        ☆          ☆          ☆

「素晴らしい!」と、たまには絶賛したいんだけど、そうゆう出来でもないよな。ま、

それなりに面白くて満足したし、色々と惜しかった部分もあったけどね。一番惜し

いのは、何と言っても絹枝ばあちゃん(島かおり)の「ボケ」のシーンだろう♪ な

かなか良く出来てて、あと一歩で笑えたんだけどな。

追記: これが「笑い」かどうかについては、コメント欄のエリさんへの応答を参照)

          

まず、「電気の配線工事」中に転落した救急患者で、最初の伏線を張る。続いて、

ウチに帰してくれって言う時の「ウチ」の正体で、「病室かよ!」と軽く突っ込ませ

る。さらに「外に出ると鉢植えが気になっちゃって」と言わせて「鉢植え、ねぇよ!」

と再び突っ込ませる。そして、いよいよフィニッシュ。藍沢(山P=山下智久)の胸

の名札を映して、ばあちゃんの笑顔を映して、「耕作なの?♪」と気付くかに見せ

た瞬間、「あなた、工事の方?」。 。ここは、「あなた」っていう余所余所しい言葉

から入ると、「工事の方」っていうオチの言葉のインパクトが薄れるから、「あぁ・・」

とか、「もしかして・・」の方が良かったのになぁ。。

     

たとえ笑えなくても、藍沢のほんの微かな突っ込みつぶやきとか、僅かにのけぞ

る仕草、あるいは笑いをかみ殺すナースの引きつった顔を1秒だけとか、ほんの

ちょっと味付けが欲しかった。そもそも、このドラマ、最初からチョコチョコと笑い

を入れようと頑張ってるんだし、私が藍沢なら実際に「そっちかよ!」と小声で突っ

込むだろう。

    

          ☆          ☆          ☆

ずいぶん細かい話から入ったのは、レビューしにくい内容だったからだ。何を書く

べきか、「迷う」ドラマだった。今回はそもそも、記事のタイトルに困ってしまうドラ

マのサブタイトル「揺れる心」そのものだったから、独自のものを出しにくいし、深

い解釈の余地も少ない。

    

それに対して、前回のサブタイトル「壊れた絆」なんてのは、完全なピント外れだ

から、ウチの側で無視して、逆に「疑似家族・田所一家」という大きな絆を提示で

きたわけだ。黒田(柳葉敏郎)妻・有里子(奥貫薫)の元・夫婦に対して、「壊れ

た絆」なんて見方は全くピント外れで、むしろ逆に「壊れてた絆の修復へ」とでも言

うべき流れなのは明らかなこと。あるいは前回ラスト、黒田が白石(新垣結衣)

言った「お前らに会わなければ良かった」とかいうセリフも、「壊れた絆」と言うより

「絆が壊れたと見せかける視聴率稼ぎ」なのは明らかだった。

             

ところが、今回は確かに「揺れる心」、あるいは「迷い」の話だ。それも、最終回直

前に来て、主役の2人・藍沢&白石に焦点を絞り込んでる。あまりにそのまんま

過ぎて、特に異論はないし、かと言って、ホメるほどの感動を呼ぶインパクトも、

感心するほどの技もなかった。深読みを売りに、マニアック・サイトを自称するウチ

としては、困っちゃうわけよ♪ 小奇麗だけど、厚みがない

      

今回も、ヘリの映し方だけでも葉山浩樹っぽい演出になってるんだけど、優秀な

彼でさえ、この脚本だとこんなものかも知れないな。脚本家の林宏司は、いい意

味でも悪い意味でも、彼らしい仕事を見せてくれた。麻酔を解いた、アウェイク

(awake=目覚めたまま)の手術なんて専門的な話を取り入れて、黒田と健一

(今井悠貴)の微妙なふれ合いを描いてるのは、流石の力量だ。

   

記憶にほとんど残らないような温かいふれ合いというのは、もちろん、離婚前の

親子関係をユニークな形で再現or反復したもので、斬新かつテクニカルなのは

認めよう。でも、台詞が過剰だし説明的すぎて、肝心の味わいが薄れてしまって

るのだ。せっかく今井クンが可愛くて抑えた演技を見せてくれてたし、柳葉も渋く

持ち味を出してたのに、惜しかったと言うしかない。

    

他にも、短いけど似たようなシーンがある。田所(児玉清)に辞表を出して辞めよ

うとしてる白石を、気配で察したんだろう。緋山(戸田恵梨香)冴島(比嘉愛未)

が、引き止めようとしてわざと白石に仕事を押し付けた箇所。本来なら心温まる、

心安らぐシーンだ。

     

まず緋山が、薄いファイル2冊を白石に渡す。これ自体は、お約束的なヒネリの

入った愛情表現で、別に問題ない。ところが、その直後の緋山と白石の会話が

少しだけ長過ぎる。何度も言うように、過剰な情報は、無意味どころかマイナスな

のだ。その後、今度は冴島が白石に、分厚いファイルを4冊押し付けて、憎まれ

口を叩きながら引き止める。残念なのは、この後の緋山の台詞だ。「さすが、私

よりメチャクチャ」。省略というものを知らないのか、映像芸術と言語芸術の違い

を理解してないのか。余計な台詞に4秒使うくらいなら、最初に映像的に、薄い

2冊と厚い4冊のコントラストを作って、最後は緋山の微笑を映せばいいのだ。

      

そして、一番目立ってた惜しいシーンが、この記事冒頭に引用した箇所。主役の

山Pが、心の揺れ、迷いを素直に告白する、重要というより中心的なシーンだ。ド

ラマ全体を見渡しても、今回の中だけでも、形や流れはちゃんと作れてる。それ

は認めよう。

    

ドラマ全体だと藍沢も白石も、①迷い無し→②迷い(→③迷いつつ成長した段階)。

ある状態から、対立する2つ目の状態へと移行し、その後は両方の状態を踏まえ

てより高い3つ目の状態・段階へと上昇する。これは、近代哲学の「完成者」とも

言われるヘーゲルの言葉を借りるなら、精神の弁証法的運動と呼べる普遍的

変化だ・・・とか書いたら読者が減るから止めとこ♪ 書いてるだろ!

                      

今回の中だと、藍沢&白石が二人とも迷ってる状態から、まず白石が少しだけ

抜け出しかかる。たまたまICUで難しい手術と直面して、そこから逃げずに、悲

惨な目に合わせてしまった黒田と協力しながら、見事に成功したわけだ。辞職

についてはともかく、手術については、迷いが消えた状態になってる。

      

こうして、迷いを抜け出す流れを1本作った後、一番の主役の山Pの方は、最終

回まで迷いを残すわけだ。その迷いの様子は、冒頭と終盤の手術で表現する。

それはいいんだけど、藍沢の告白がまた過剰で説明的すぎるのだ。母子共に救

うことへの迷いとか、成功が結果論でしかないことについては、手術自体で表現

されてた上に、その後の三井(りょう)との会話でも説明される。それでもう十分な

のに、さらに黒田にまで丁寧に説明してるのだ。

             

三井、黒田との会話は、トータルで半分に縮小できるし、それが大人のドラマって

もんだろう。その省略によって、直後のヘリでの藍沢の台詞「何も分からないっ

ことですね」や、梶(寺島進)「この先一体、どうなってんだ」が活きてくるわけだ。

明るい一本道の向こうに暗いトンネルが映った構図も活かされて来る。その意味

で、何とも惜しいシーンだった。。

               

         ☆          ☆          ☆

もう時間だ。最後に、迷いについて、簡単に。迷いとは、ある意味で、最も創造的

な知的営みだ。キッカケは様々だが、今までの状況、普通の考えに疑問を投げか

けて、新たにベストの道を探しだそうとする点では同じこと。紋切り型の青春ドラマ

や小説、人生論なら、「大いに迷うことだ」とでも言うところだろう。藍沢なら、目標

としてたはずの「名医」とは何なのか、つまり良い医者・良い医療とは何なのか、あ

らためて問い直すことで、新しい考え方や生き方に出会う可能性は広がっていく。

                             

ただ、別の意味では、迷いはネガティブな営みでもある。さんざん迷った結果、悪

い選択をするというのはありがちな話だし、迷うヒマがない状況、例えば救急の現

場で、時間をかけてあれこれ考えるのは危険な行為だ。そこまで特殊な状況じゃ

なくても、迷うこと自体にのめり込んでしまうと、自分の生命も維持できないだろう。

誰かが強引に維持してくれない限りは。。

       

名医が何かと聞かれて、黒田は「答えはたぶん現場にしかない」と応じたけど、こ

れは医療とか救急だけじゃなく、生きること一般に言えること。ただし人生の場合

は、遠くの現場にヘリで飛ぶわけじゃない。今ここで生きてること、そうした日常自

体が現場なのだ。ドラマを見ること、ブログを書くこと、読むこと。こうした日常の中

で、迷いについて、答について、一人一人が考えるべきことだ。私で言うと、今回

はまず、何を書こうか悩んだし、今は、こんな記事で良かったのかとか、そもそも

ブログなんかに時間かけてていいのかとか、迷うわけだ。

      

もちろん、「答え」があるのかどうか分からないし、「答え」が言語的なものかどう

かも怪しい。迷いなどない、あるいは気にならない状況に到達すること自体が、

「答え」かも知れないし、迷いとか答という考え自体が消えた状態こそが「答え」

かも知れないわけだ。似たような話は、去年の『プロポーズ大作戦』第6話でも登

場した。多田先生(藤木直人)と礼(長澤まさみ)の、「問題」と「答」をめぐる会話

が懐かしく思い出される。。

      

昔話との比較はさておき、差し当たりは『コード・ブルー』が最終回でどこにたど

りつくのか、スタッフが迷った末に出した答は何なのか、じっくりと見守ることにし

よう。最終回15分拡大スペシャルは、大規模災害の回でもあるし、かなり慌しい

内容になるはずだ。

    

普通に予想するなら、絹枝ばあちゃんが微かに耕作を思い出し、健一も微かに

黒田パパを思い出す。元妻・有里子と黒田は、微妙に心を通じ合わせるに留ま

る。白石は、辞めるかどうかはともかく、どん底を脱出。藤川(浅利陽介)は、白

石の補助でも黒田が注目してたことだし、この病院か地元でヘリに乗る姿が映る。

緋山は外資系の合コンで成功して結婚退職・・はできないでしょ♪ 

    

そしてラストはもちろん、山Pと白石がスペインで熱い抱擁&キスをして、ファンを

絶叫させるはずだ。そりゃ、『プロポSP』続編の『ウェディング大作戦』か♪ いつ

やるのかね・・・って、決定事項かよ! 早く作らなきゃ、ツル(濱田岳)がいなくなっ

ちゃうよ。そりゃ、『太陽と海』のハチか。。

                      

ともかく、第10話まで書いてしまったから、ついでに最終回もレビューするとしよう。

ではまた、来週。。☆彡

         

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.前クールの『ラストフレンズ』もそうだったし、今の織田裕二&北乃きいの

    月9『太陽と海の教室』もあからさまだけど、フジのドラマ(特に終盤)の視

    聴率稼ぎっぽい作りは、どうにかなんないのかね。小手先の技で次週も見

    させるあざとさ。トータルして、マイナスの効果だと思うけどな。少なくとも個

    人的には止めて欲しいと、ここでハッキリ要望しとこう。

            

P.S.2 これだけ黒田を前面に出すってことは、藍沢の「師」だからってだけじゃ

      なくて、緋山や藤川よりも視聴者ウケがいいのかな。もともとの構想が

      欲張りすぎのような気はする。藍沢とドクターヘリに絞り込んでれば、もっ

      と締まった硬派なドラマになってただろうし、アクセントとして恋話も軽く

      できただろう。

          

P.S.3 第10話視聴率は14.9%。これで平均視聴率は15.26%。残すは

      最終回スペシャルだけだから、合格点の平均15%確保はほぼ決定

      だろう。美少年・山P恐るべしと言うべきか、あるいは、女性のジャニー

      ズ熱、恐るべしと言うべきか。。♪☆彡

       

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (7) | トラックバック (5)

08年8月の全走行距離

RUN 4.5km,23分01秒,心拍136

あぁ~、3日休んだら身体が重い。。体重測ってないけど、かなりデブった感じが

するな。腹の周りがタプタプするし、疲れてないのに身体の動きが鈍い。そもそ

も、起きてる間ずっとお腹が一杯って気がするのがダメだね。いや、要するに、

運動してないくせに飲み食いし過ぎってことだけどさ (^^ゞ

      

さて、30日、31日と、週末は毎年恒例の乗鞍遠征。ここ1年、どれほど自転車

に乗ってなかったかを改めて思い知らされてしまった。ま、ほぼ予想タイム、僅

か1分しか違わなかったから、別にショックもない・・・って言うのがまたダメなん

だよな。ここ5年で最低の成績に、もっと衝撃を受けないといけないんだけど、こ

こ4日間はほとんど反省も後悔もなし。むしろ、レースや帰り道のレポート記事を

書きながら、楽しい旅行だったなぁと振り返ってた。タイム以外は、かなり恵まれ

てたと思う♪

     

で、ともかく丸3日まったく運動なしで、今晩こそは12kmくらい走ろうと思ってた

のに、雑用が長引いて走る時間が無くなってしまった。でも、毎日更新継続用の

ネタが他になかったから、仕方なしに僅か4.5kmのランニング。いや、形だけ

作ったわけよ。ま、別に、先月全体を振り返るだけの記事にしても良かったんだ

けどね。とにかく、一応1km5分07秒でサラッと流して来たってお話。

              

  往路(1.15km)    6分41秒    心拍116    

  1周(1.1km)      5分41秒        134           

  2周            5分09秒       146               

  復路            5分30秒       152             

  計  4.5km     23分01秒      136(最大心拍159,ゴール時)

    

            ☆          ☆          ☆

さて、8月の全走行距離は

      RUN 130km ; BIKE 731km

       

う~ん、1月以来のマトモな距離じゃないかな♪ ま、自転車最大のイベントがあ

る月にしては物足りないけど、ランニングと自転車を合わせたらそれなりのもん

でしょ。私の場合、大体ランニングの1kmは自転車の3.5kmに相当すると思っ

てるから、ランニングを3.5倍して足し合わせると、BIKE 1186kmになる。あ

るいは逆に、自転車を3.5分の1にして足し合わせると、RUN 340kmだ。な

かなかでしょ♪ ま、3、4年前の8月はもっと走ってたんだけどさ。最後の雨続き

さえ無ければ、あと100kmくらい自転車に乗れたのになぁ・・・って言い訳は、聞

き苦しいから止めとこ。書いてるだろ!

            

という訳で、今年の自転車シーズンは僅か2ヶ月しか無かったけど、ここからは

ランニングシーズンへと移行したい。ま、残暑が厳しいし、もう1週間くらいラクし

ようかな。その後は、適当にハーフのレースでも目指すとしよう。ではまた。。☆彡

            

080904    

   

   

   

   

   

   

   

   

080904b

      

| | コメント (0)

旅は道連れ・・乗鞍レース後の信州サイクリング♪

☆2011年の追記: 最新記事をアップ。

       マウンテンサイクリング in 乗鞍2011

       乗鞍ヒルクライム後の信州サイクリング、3年ぶり♪

     

           

          ☆          ☆          ☆

一昨日アップした乗鞍のヒルクライムレース記事の続きとして、毎年恒例、帰り道

の信州サイクリングの記事を追加しよう。私にとって、レースと同じくらいの楽しみ

だ♪ 乗鞍高原から乗鞍スーパー林道を奈川まで南下、境峠を越えて薮原まで

070828_gg_2 で行き、そこ

 から木曽路

 を北東に進

 んで塩尻駅

 に向かうコー

 スで、70km

 程度だと思う。

 上のグーグル

 アースの図で

 見ると、左上

の白い部分が乗鞍山頂と畳平(ゴール)付近。その右側辺りが宿泊&スタートの

乗鞍高原で、そこから下の正方形で囲まれた薮原まで行き、右上の青い点の塩

尻駅に進む逆三角形コースだ・・・というのは、ほとんど去年の記事のコピー&

ペーストね♪

            

080903a 今年は天気が怪しいか

 ら、13時からの表彰

 式は見ないですぐ帰ろ

 うと思い、宿からスー

 パー林道へ直接登って

 いく。これが運命の分

 かれ道、偶然のいたず

 らで、もし表彰式に向

080903b かってたら、出会いに

 恵まれなかったはずだ。

 かなりキツイ坂を上っ

 てると、荷物を背負っ

 た自転車を前に発見

 レース後に自転車で帰

 る人はごく少数しかい

 ないから、親しみを込

080903c めて「お疲れ様です♪」

 と声をかけてみた。普

 通は「お疲れさま」と

 返事が返ってさよなら

 なんだけど、この方は

 「あっ、薮原までです

 か?」と尋ねて来たの

 で、「はい。何ならご

080903d 一緒しますか?」と応

 じると、笑顔で同意。

 その後はゆっくりスー

 パー林道を進みながら、

 自転車関連のお喋りを

 楽しんだ。

        

 個人情報保護の観点で

080903e 大幅に省略するけど、このKさん

 今の私よりも遥かに自転車好きの

 方で、各地の大きなイベントにも参

 加されてるとのこと。雑誌も読んで

 るしチームも組んでて、ロードバイク

 (レーサー)なのに旅行気分のサイ

 クリングも楽しんでる、まさにサイク

 リストって感じの方だった。焼けて締

 まったふくらはぎを見るだけでも、

 走りこんでるのは一目瞭然。

        

080903f_2 林道途中の見晴台で、お互いに写

 真。林道を下りて一般道に入り、そ

 こから境峠へと300m弱の標高差

 を登っていく。ゆっくりだから、途中

 で後ろからKさんを写メで撮ったりし

 てるうちに、駐車場完備の大きめの

 蕎麦屋に到着。ここのおろし蕎麦(税

 込850円)は美味しかった♪ 蕎麦

 もおろしもわさびも、本物って感じ

 だ。その後、もうしばらく登って、

境峠(標高1486m)の看板でまた写真。トータルすると、乗鞍高原から下った

分をまた登ってるわけだ。我ながらご苦労さま。。あとはひたすら下るだけ☆

                 

080903g 薮原駅の近くまで来て、

 Kさんとはお別れ。こ

 んな風に、偶然出あっ

 た人と数時間一緒に走っ

 たのは、学生時代以来

 のこと。貴重な出会い

 に感謝、感謝♪ 是非

 また、どこかでご一緒

したいもんだ。Kさん、どうもありがとうございました。。

              

080903h 別れを惜しみつつ、私

 は国道19号に入って、

 鳥居トンネルまで少し

 登っていく。自転車は

 歩道を通るように看板

 の指示が出てるんだけ

 ど、これに気付かずフ

 ツーに車道を走ったら、

080903i かなりの恐怖だろう。

 路側帯はほとんどない

 し、大型トラックが次々

 と飛ばして行くから、

 トンネル内の風圧は相

 当なもの。歩道も狭く

 て暗くては走りにくい

 から、1.7kmちょっ

080903j との距離に10分近く

 かかったと思う。

 その後は、塩尻まで緩

 い下りをのんびり走る

 だけで、安全な歩道を

 ポタリング(自転車の

 散歩)気分で25km

 ほど楽しむ。ワイン樽

080903k の大看板で、塩尻市が

 歓迎してくれて、信州

 の雄大な夕焼けを味わっ

 てる間に塩尻駅到着。

 あぁ、楽しかった☆

         

 ところが、実はこの後の

 JRが結構大変だった。

080903l 貨物車の事故とかいう

 話で、大幅な遅れが生

 じて、たまたま飛び乗っ

 た特急の中は、やがて

 超満員に。結局、到着

 は1時間半遅れで、も

 う夜中。鈍行だったら

 深夜過ぎになってたは

ずだ。これまた運命のいたずらで、不幸中の幸いって感じかな。

                    

という訳で、前日までの悪天候にも関わらず、今年の乗鞍もすべて楽しく終了し

た。最後は、毎年恒例の言葉で締めくくろう。

     

   夏は終わったね。。☆彡

      

cf.マウンテンサイクリングin乗鞍2008

  乗鞍、レース直後の信州サイクリング♪ (2007年)

  乗鞍ヒルクライム後の信州サイクリング、3年ぶり (2011年)

| | コメント (2)

☆ブログ公開3周年☆

080902b_2_re      

     

      

やった~~! 遂に公開3周年の記念日を迎えることができた。登録後、密かに

1ヶ月半の試運転を終えた後、2005年8月31日に公開開始。身内の一部に知

らせると同時に、検索エンジンその他への更新通知の設定を「はい」へと変更。

それ以降、毎日更新を続けて、いまや記事数1300ほどに達した。ちなみに、8

月末という時期は、信州・乗鞍で日本最大級の自転車レースが開かれる時で、

上の写真も今年の大会参加で写したもの。もともとブログを始めた主な理由も、

乗鞍の成績の伸び悩みに喝を入れたいからだった。実際は逆に、ブログで時

間を取られて走力ガタ落ちになってるけどネ。。^^;

          

最初の1年半ほどは、日付けが変更してから数時間ほどで前日分の記事をアッ

プ、その後に日時を変更することもあったけど、それ以降そういった小細工は一

切してない。毎日いらっしゃってる方ならお分かりのように、0時から24時までの

間に何か必ず記事をアップし続けてる。私にとってブログはもう完全に、ご飯を

食べるとか風呂に入るとか、そうゆうレベルの基本的なことになっている。

         

何度も書いて来たように、ブログの内容は、最初の半年で急激にドラマ・レビュー

へと傾斜。アクセス数は大きく見ると、一貫して右上がりの好調を維持してるけど、

その大部分がドラマ関連っていうのは、『テンメイのRUN&BIKE』としては苦しい

所だ。1人の人間が、ドラマについて語り、ランニングや自転車もやってるわけだ

けど、多くの人はドラマ記事以外ほとんど読もうとしない。ここで改めてハッキリ言

うと、ウチは特定のドラマやタレントのためのサイトじゃなくて、テンメイという1個人

のサイトだ。何に対しても、誰に対しても、その点は譲るつもりはない。

         

            ☆          ☆          ☆   

強気の自己アピールはともかく、この1年でウチのブログに起きた大きな出来事

は、3つに分けられる。順番に書くと、まず福山雅治&柴咲コウ『ガリレオ』の一

連の記事で、理系的関心の強いマニアックな読者を大勢呼び込んだこと。たまた

ま先日まで首都圏で再放送してたこともあるけど、放送終了後もコンスタントにア

クセスを稼ぐロングセラーとなった。ドラマと関係なく、数学や物理の記事としてア

クセスが入って来るのも、すごく嬉しいもんだ。何度も書いてるように、ウチはドラ

マブログでもテレビサイトでもないし、私は元・理系の文系人間だから、どちらに

もそれなりに自信を持ってる。だからこの流れは、待ってましたって感じだ♪

           

2つ目の出来事は、4月下旬から6月末まで続いた『ラストフレンズ』ブーム。この

「ラスフレ・バブル」は、単独の記事まで書いたように、全く経験したこともない凄

い大量アクセスを呼び込むことになった。1日の最高で、訪問者数・約5000人、

アクセス数・約10000。ほとんどラスフレ関連のみでの数字だ。あぁ、これをキー

プすれば人気サイトの仲間入りなんだなっていうイメージを与えてくれた点でも、

知名度が大幅に増した点でも、かなり大きな出来事だった。もちろん今では大幅

に減少してるけど、ラスフレ前と比べると、まだ2倍以上のアクセスになっている。

        

3つ目の出来事は、ラスフレの影響があるのかどうか分からないけど、7月から

急に Google の扱いが上がったことだ。ウチは1年半前、キムタク=木村拓哉

『華麗なる一族』の頃から、Yahoo!には高くランクされ続けてたけど、Google

にはほとんど無視されて来た。それが、7月半ばから、何を書いても高い順位で

拾ってくれるような感じになったのだ。例えば昨日の乗鞍のレース記事も、検索

の仕方に応じて、トップ5からトップ30までの間にランクイン。自転車記事として

はかなり多い訪問者数を獲得している。

         

           ☆          ☆          ☆

さて、いい事ばかり書いてると、自慢の記事かよと突っ込まれそうだけど、悪い

こともある。ブロガー以外でコンスタントにコメントをくれる読者は増えてないって

いうのも気になるけど、実は文字通り全てを吹っ飛ばすような悪い事もあるのだ。

           

正直にハッキリ書いとこう。このブログは1年後には消えてる可能性が十分ある。

ブログ削除か、更新停止かはともかく、毎日更新のまま公開4周年を迎える可

能性は半分以下だ。来年の3月一杯か、早ければ今年一杯か、いずれにせよ

半年前後で転機を迎えそうな気配がしてる。つぶやき日記みたいなものを書き

続けるだけなら、何とかなるかも知れないけど、今みたいに毎週2本のドラマレ

ビューを書くのは全くの無理。とりあえず、1年で一番忙しい秋からは、ドラマは

週1が限界と思ってて欲しい。ま、「軽~い感想」とか「軽~いつぶやき」を時々

プラスするかも知れないけどね。 

                

ただ、ブログが消えようが、更新が止まろうが、私が生きてる間は、虎視眈々と

復活を狙い続けるだろう。基本的にお喋りだし、目立つのも嫌いじゃないもんね♪

折角「テンメイ」って名前がある程度認知されてるんだから、今さら別の名前にす

るつもりはない。もし重病になれば、『テンメイのGAN』なんてのもいいかもネ。

あと、自分のブログじゃなくても、よそのブログやサイトへの書き込みくらいはた

まにするかも知れないな。

      

ともかく、ここまで順調に来たブログだけど、実は最近いつも、「そろそろ、差し当

たりは終わりが近いな・・」と思いながら書いてるのだ。よく読むと、その種の表現

があちこちに見つかるだろう。

            

まあ、出来れば4周年、5周年を目指したいけど、そうゆう状況なので、あらかじ

めお伝えしとこう。できる限りのことはやって、後は天命に身を委ねるだけだ。

1日1日をこれまで以上に大切に生きようと、素直に思ってる。

それでは。。☆彡

     

cf.☆ブログ公開1周年☆  (2006年8月31日)

  ☆ブログ公開2周年☆  (2007年8月31日)

  公開以来、1000日連続更新♪  (2008年5月28日) 

  ☆ブログ公開4周年☆  (2009年8月31日)

| | コメント (7)

空高く舞う凧を夢見て~『太陽と海の教室』第7話

 割に合わないか そりゃ 分かんないよ

 分かります 先生が何を伝えようとしても 生徒たちは受験勉強で頭が一杯だし

 履修問題のことも 理事長に握りつぶされました

 先生の努力は少しも・・・

 教師の仕事は ゴールに着くことじゃないよ

 エッ?

 教師はいつもスタートラインに立ってる どこにゴールがあるのかは見えない

 俺たちはただ スタートラインに立って 生徒たちの背中を押す

 彼等が 走り出すのを見送る 彼らの背中を見送り続ける

 俺たちにゴールはない だけど 結果はいつか

 彼等がゴールにたどりついた時、笑顔が知らせてくれる

 それだけで 十分 わりに合うんじゃないかな

 何があってもさ 放り出しちゃいけない仕事があるんだ

 這いつくばってもしがみついても 途中で止めちゃいけない仕事がある

 教師はそんな仕事なんだと思う

 少なくとも 3年1組の生徒たち全員が卒業証書を手にするまで

 オレはこの学校にいたい ここにいたいんだ

  (・・・微笑・・・♪)

    

              ☆          ☆          ☆
   
どうしてなんだ! どうして灯里(吉高由里子)は、「0が1になって、1が・・」の

次に、「8(ハチ)になって」と言わなかったんだ!・・・って話じゃなくて、どうして

次原雪乃(大政絢)の話を3週も引っ張るわけ? 「つづく」って、まさか、山P=

山下智久の『コード・ブルー』で、黒田(柳葉敏郎)の腕切断を3週引っ張るのと

形を合わせたわけでもあるまいし。いくら私がこのドラマをプッシュしてるからっ

て、流石に今週は絶賛できないな。むしろハッキリ言って、今までで一番不満な

内容、残念な脚本だ。才能溢れる坂元裕二も今年の暑さで夏バテしちゃったか。。

              

形を作ることだけ考えれば、先週・今週で前編・後編にしとけば良かったわけだ。

先週が生、今週が死。合わせて、「生と死」を語る2週間。そこから、最終回に

向けて、明るくパワフルな流れにしていけば良かったのに、これじゃあ少なくとも

今週・来週の2週間が死の話になる。その暗く長い流れを明るく引き戻すには、

2週間以上の時間が必要だから、変則的に7月下旬に始まったこのドラマは、

全10話で9月22日の終了か、全11話で9月29日の終了ってことなのか。もし

全9話だったら、ドラマ全体の構成が崩れてしまうだろう。

     

前回第6話から、誰が死ぬのかをめぐる技巧的な変化が作られてる。簡単に

図式化すると、前回が船木真由(前田敦子)→雪乃またはハチ=八朗(濱田岳)

今回は、雪乃またはハチ→灯里→ハチ→雪乃またはハチ。ここでの「または」

は、両方の場合も一応含んでる(論理学の「両立的選言」)。

    

前にも指摘したように、これはまるで冬ドラマの『あしたの、喜多善男』でやって

たような、余計なサスペンス(=宙吊り)だ。2つのドラマで、主要スタッフは違っ

てるみたいだけど、何で「太陽と海の学園生活」を描くこのドラマでこうゆうあざと

い技を使うのかね。これで視聴率が上がるんだろうか。確かに「誰が死ぬのか」

に関する検索はかなり入ってるけど、少なくとも私の「視聴質」は下がるだけだ。

          

        ☆          ☆          ☆

もちろんウチは、こうゆう時、単に表面的な文句をつけて終わりにしたり、ストー

リーのあらすじをまとめて終わりにしたりするようなサイトではなく、マニアック・

レビューを創り出すサイトだ。ただ、自転車レースとかの関連で、先週からずっ

と時間に追われてるから、今回は凧(たこ)を中心にして、簡単に独自のテキスト

を展開するに留めよう。

        

まず、雪乃&ハチがデートもどきをしてる最中に、櫻井朔太郎(織田裕二)が電

話した場面の会話から、凧の話を引用しておく。

追記:若葉の授業で出て来た魯迅=ろじんの短編『凧』についてはP.S.7参照)。

            

   何か、困ったことないか? 例えば、クラスメートの誰かに

   悩みを打ち明けられたりとか。田幡?

   あの、分かんない問題があるんですけど。英語なんですけど。

     A Kites rises against the wind.

   これ、何かの諺(ことわざ)でしたよね。

   あぁ。「凧は向かい風で飛ぶ」。 

   凧は風に流されるんじゃない。風に向かって飛ぶんだ。

   困難に立ち向かうほど、人は成長する。そんな意味で使う。

   いい言葉ですね。

   大丈夫か?

   大丈夫です。失礼します。

    

たまたま見かけた雪乃の家周辺のポスター(JOCX DAIBAだから、お台場フジ

テレビの夏祭りをイメージ)に書いてあったのは、英語の諺だった。英文法的に

単数形の「A Kite rises」と複数形の「Kites rise」がゴチャマゼになった初歩的ミス

に見えてしまうのは見逃すことにしとこう。これをハチが読み上げたことは、ちゃ

んと後の話につながってる。つまり、家庭訪問中の櫻井が次原家の跡地(火事

による「焼け野原」)に続いてポスターを見かけて、雪乃とハチのつながりに気付

き、ハチと一緒に雪乃を助けに向かうことになったわけだ。

     

それだけでもポスターや諺に意味はあるんだけど、ここまでずっと、言葉に対す

る鋭敏な感性を見せてくれた脚本家・坂元裕二なら、凧の話と、教師の仕事の

(この記事冒頭に引用した、若葉=北川景子との会話)をつなげるくらいのこ

とはして欲しいと思う。ここでは差し当たり、私の側でつなげてみよう。

       

凧はもちろん、人を表す比喩だ。実際、わかりやすいことに、タイトルバックで

羽菜(谷村美月)は凧に乗って飛んでいる。ポスターでは、背中に動力としてプ

ロペラを付けたハングライダーが写ってたけど、普通の「凧=Kite(カイト)」は、

凧揚げする人がいる。彼が地上で走ったりヒモで操作したりして、上手く風に乗

せるわけだ。ということは、凧が生徒、凧揚げする人が教師だろう。より正確に

言うなら、一つの凧に複数のヒモがついてるだろうから(親、友達など)、凧揚げ

する人達の中の代表が教師ってことだ。

     

教師は「スタートライン」(=地上)にある凧を軽く操作して、大空に揚げる。でも、

その後タコがどうなるか、「ゴール」について決定権はないし、予想もできない。

風、凧の性能、自分の技術、電線、運、等々の影響。さらに、一度上手く揚げた

凧を、子供の手に渡すかも知れないし、糸が切れて飛び去るかも知れない。た

だそれでも、凧が高く空を舞う姿を見るのは楽しくて気持ちいいもんだ。凧揚げ

が上手くても、金にも名誉にもならないけど、それでも人は凧を楽しむ。教師と

は、凧の空中浮遊のスタートを手助けする人、空高く舞う凧を夢見る人のことだ。

      

このドラマでは、櫻井が毎回1つの凧を上手く空に揚げてたのに、雪乃に限って

は3週にまたがって揚げることになるらしい。それだけ、死の問題は重いのだ。

この凧は重過ぎて揚げにくいし、途中で落ち始めたら一気に地上へ墜落してし

まう。どうも「雪乃凧」は、「ハチ凧」「灯里凧」と絡まってしまったようにも見える。

もし、さんざん時間をかけた雪乃凧がこのまま墜落したら、櫻井のたこ揚げ能力

に疑問が生じてしまうから、彼女は死なない方が自然だ。

     

と言うより、どの凧も墜落しない、誰も死なないのが一番自然だけど、もう凛久

(北乃きい)の印象的なモノローグで、誰か友達が死ぬのは確定のはず。それ

ならむしろ、先週「うっかりハチ兵衛」って言葉を出したように、運命のいたずら

の中でハチがうっかり死ぬ方がマシだろう。灯里が死ぬのは話がズレ過ぎてる

し、洋貴(岡田将生)、羽菜、大和(冨浦智嗣)、茂市(鍵本輝;Lead)、川辺(山本

裕典)らの中心メンバーもあり得ない。前回、空に舞い上がったばかりの真由が

すぐ墜落するのは論外だし、今回ちょっとだけ一緒に映ってた優奈(黒瀬真奈美)

ショパン・三崎(中村優一;D-BOYS)の心中も論外だ。

      

でも、これはドラマだし、実際につまらない視聴率稼ぎみたいな事をやってるわ

けだから、雪乃やハチ以外の誰かが死ぬことにするのかも知れない。ま、所詮

はフィクション=作り話だから、普通に考えるなら、何とでも作れるわけだ。ただ、

どの凧が墜落するか、誰が死ぬかなんて話よりも、もっと根本的に、『太陽と海

の教室』という「ドラマ凧」が墜落してしまう可能性も少し出て来たように感じる。

前回からの流れだから、今回初めて担当したベテラン演出家・永山耕三の責任

とは言えない。坂元あるいはプロデューサー・村瀬健が、たこ揚げに失敗した可

能性があるのだ。第7話視聴率はほぼ変わらずの14.1%だけどね。

       

まあそれでも、このドラマに出て来た数々の言葉、あるいは美しいシーンは、そ

れぞれが小型の凧であるかのように、人の手を離れて大空高く飛び続けるだろ

う。視聴者やブロガーとは、それらを飛ばし続ける人のことなのだ。したがって、

もし急激にドラマ凧が墜落した場合、むしろ我々自身が「セリフ凧」や「シーン凧」

を飛ばす能力を問われるのだと、分かっとくべきだろう。

        

大人とは、他人の失敗を見て笑うのではなく、むしろ自分の行為を省みる者の

ことだ。他人の失敗を理解しつつ、自分の成功を目指して全力を尽くす者。ある

いは、他人の失敗を自力で成功へと転換できる者のことを言うわけだ。とりあえ

ず、ドラマ凧が空を飛ぶ様子をもう少し見守ろう。たとえ一時的に墜落しても、自

分で新たに凧揚げを引き受けて楽しむ。こうした大人の遊び心を空高く舞い上

がらせること。これこそ、「ドラマ視聴凧」であり、「青春凧」でも「人生凧」でもある。

     

最後は必ず落ちてしまう凧だからこそ、できる限り長く、途中の爽快な飛行を楽

しみたいもんだ。「ブログ凧」「スポーツ凧」「恋愛凧」、色んな凧を揚げ続けながら、

空高く舞う姿を夢見つつ。。

ではまた。。

     

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.吉高由里子の演技は、第2話より光ってた♪ まさか線香花火の玉が落

    ちる直前のきらめきではないことを願う。ま、筋が通ってればいいけどネ。

    

P.S.2 どうも、理事長(小日向文世)の扱いに困ってる気がする。間違っても、

      ここから単なる悪の側にしてしまうのはやめて欲しいもんだ。真山春佳

      (吉瀬美智子)なら、脇役の悪女としても魅力的だし、柴草(八嶋智人)

      も脇役のおバカ教師で構わないけど、理事長はせめて校長(戸田恵子)

      と同じくらいの存在感を保って欲しいもの。とはいえ、ここから理事長が

      履修問題の非を認めて、櫻井や校長と共に補修授業に力を注ぐ流れ

      にするのも、かなり難しそうだな。。

     

P.S.3 櫻井的に言えば、総理という仕事も、放り出しちゃいけない仕事の代表

      だろう。ただ、私は前から、櫻井の言葉が「正しい」とは、必ずしも思っ

      てない。教師も総理も1人の人間だ。無理して頑張る教師の多くが心の

      病に陥ってるのはよく知られた事実だし、日本の首相が飛び抜けて大

      変な職業なのも、『CHANGE』など見なくたって明らかだろう。

      私なら、キムタク=木村拓哉みたいに担ぎ上げられたって、総裁選に

      なんか出たくない。ま、自民党・麻生太郎幹事長は、待ってましたとば

      かりに事実上の出馬表明をしたって話だけどね。文字通り、ご苦労さま。

      あと、突然の総理の辞意表明で、録画予約を20分ほど失敗しちゃった

      方、ご愁傷さま♪ 今後は、予約時間は長めにするってことで。

     

P.S.4 櫻井の「俺たちにゴールはない」って言葉は、1967年アメリカの有名な

      ギャング映画「俺たちに明日はない」をもじったっぽいね。あと、「凧=

      カイト」というのは、櫻井と似た存在として指摘した『ビーチボーイズ』の

      鈴木海渡(カイト)=竹野内豊と音声的に一致するものだ。言葉に敏感

      な坂元なら、意識してても全く不思議じゃないだろう。

    

P.S.5 キーホルダーを上から落としても、飛び降り自殺しようとしてる雪乃に

      は見えないだろうけど、砕け散る音と、頭の中のイメージを喚起すれぱ

      十分なのだ。ま、教師としてはかなり怖い「賭け」だけどね。

      って言うか、鍵を拾いに行かないと困るかも♪

    

P.S.6 私がここ数年、唯一読み続けてるマンガ『週刊ヤングマガジン』の今週

      の巻頭グラビアが、ミスマガジン2005グランプリの北乃きいなんだけ

      ど、やっぱり動きのあるドラマの方が遥かに可愛く見えるね。ちなみに、

      宣伝文句は「フジテレビ月9の顔!!」となってた。

           

P.S.7 首相辞任会見の直後だったからだと思うけど、私は若葉の国語の授

      業を全くスルーしてしまってた。近代中国文学を代表する作家・魯迅の

      短編『凧』を数秒読んでたんだけど、ネットで調べた所、なかなか興味

      深い使い方のようだ(他の作品なら、中学の国語で読んだ気がする)。

      フツーに考えれば、軽くネタを合わせただけだろう。ただ、言葉や国語

      にこだわりのある坂元なら、もう少し考えてる可能性もある。その『凧』

      という小説(?)、子供の頃に弟の凧揚げを馬鹿にして邪魔した主人

      が大人になっても後悔する話なのだ。この主人公を、理事長に重ねて

      もいいし、朔太郎に重ねるのも面白いだろう。。☆彡

                 

cf.青い海に描く青春という名の絵~『太陽と海の教室』第1話

   売買できない心の声~『太陽と海の教室』第2話

   世界に導く言葉と海~『太陽と海の教室』第3話

   恋に落ちて、線を越えて~『太陽と海の教室』第4話

   宝探しとしての無駄な努力~『太陽と海の教室』第5話

   見せる私、見える世界~『太陽と海の教室』第6話

   全否定から部分肯定へ~『太陽と海の教室』第8話

   海の死を太陽にして~『太陽と海の教室』第9話

   夕陽の海辺を走るバトンリレー~『太陽と海の教室』最終回

   

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手作業TB:焼け野原を暗闇が隠す・・・(大政絢)けれど朝日は屍を照らす・・・

       (吉高由里子)  (キッドのブログinココログ)

| | コメント (8) | トラックバック (8)

メンテナンスのお知らせ(9月2日)

今日、9月2日9時~15時の約6時間、ココログ(ニフティのブログ)のメンテナン

が行われる。その間、記事のアップができないのはもちろん、コメント・トラック

バックを付けれないし、携帯閲覧も出来ないので、悪しからずご了承を♪ 

      

春以来、4ヶ月半ぶりかな。最近、記事の反映とか、レスポンスが悪くなってるから、

ニフティさん、よろしくネ!☆彡

| | コメント (0)

マウンテンサイクリングin乗鞍2008

☆追記: 2010年のレース記事をアップ。

        マウンテンサイクリングin乗鞍2010 )

    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BIKE 計140km (レース20.5km,標高差1260m,心拍164)

終わった~! 第23回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍は、前日までの悪天

080901a 候にも関わらず、何の問題もな

 く開催された。前日の未明まで、

 首都圏ではかなりの雷雨だった

 し、全国的にも警報とか被害と

 かが相当あったのに、まさか

 州の山&高原でここまで天気が

 回復するとは、奇跡的なことだ

 ろう。ま、自分のレースには、

 奇跡は起きなかったけどね(^^ゞ

          

080901b2 さて、天気の奇跡はまず前日の

 朝に始まった。何と、私が出発

 する直前に、雨がピタッと止ん

 だのだ。その時点で、各種の天

 気情報はいずれも小雨となって

 たのに、全く降ってないし空も

 わりと明るい。これはいけるか

 な♪と思ってたんだけど、信州

 に入ると流石に雨が降り出した。

 ところが、標高1500m近い

        

080901f 大会会場に到着した頃には、僅か

 なの雨粒がパラパラ落ちてるだけ。

 ラッキー♪と思ってたら、もひと

 つオマケに幸運到来。私が受付を

 済ませた途端に、レースクイーン

 撮影会が始まったのだ。先着30

 名というアナウンスを聞いて、み

 んな控えめに舞台に集まり始めた

 ので、私はダッシュ。と言うのも、

 仲間内の中心人物のくせに今回来

080901g なかった I さんから、RQの

 写真を一杯撮ってきてくれと頼ま

 れてたからだ。写すだけでも良かっ

 たけど、折角だから係の人にポラ

 ロイド写真を撮ってもらった。無

 料だし、私の携帯でも丁寧に写し

 てくれたし、何と親切なんだ! 

 エライぞ、乗鞍♪ これでまた、

 「乗鞍 レースクイーン 写真」

 なんて検索が入って来るだろう。

キャンギャルの正式名称は「NORIKURAガール」。コスチュームは去年と同じっ

ぽいけど、流行のウェッジソールの編み上げブーツを新たに加えてる。仲間内の

T・Sさんが、レース後に上の写真のコから抽選の景品(サドルバッグ)を受け取っ

て、「可愛かった~!」とマジで感激してたのがかなり笑えた♪ 正直でイイね。

2日夜追記:背の高い方は、昔の有名レースクイーンの三好さやか。低い方は

 あきちゃんとのこと。たまたま検索で発見した三好のブログに書いてあった) 。          

        

080901d_2 宿に到着後、簡単に自転車の準

 備を済ませて、温泉につかると

 もう食事。まるでモーニング娘。

 みたいに毎年メンバーが交替す

 る大集団になってて、名前と顔

 を覚えるのが大変だ。今年10

 人近くも新たな人がいた中で、

注目は何と言っても、夕食で隣に座った可愛い女のコ、Aさんだ。何とT・Yさんの

「愛人」だと自分で名乗って、マンション買ってもらったと話したり、乗鞍初登場な

のにやたらノリがいいし愛想もいい♪ 男はやっぱり金と地位だなと、改めて思

い知らされた夜だった。そりゃ、話がズレてるか。

              

それにしても、メンバーが両極端に別れてきた気がするな。マジメ派とお気楽派

もちろん、いまや私も完全にお気楽派だけど、ほとんど運動してなさそうな旧友

S・HやA・Kさん、体重増加を嬉しそうに語るFさんを見てると、ますます気が楽に

なって来る・・・とか言ってちゃダメだね♪

                 

        ☆          ☆          ☆

080901c たまたま、マジメな人が揃った

 部屋になったから、前日は21

 時過ぎに早くも消灯。朝は4時

 起き! スタートの3時間ちょっ

 と前に起床して、ゆっくりウォー

 ミングアップするって理屈は一

080901e 応わかる。でも、例年

 なら5時だから、私だ

 け1人で5時過ぎまで

 フトンにもぐってた♪

 その前も私は2時間半

 しか寝てないもんね。

 肝心の天気は、雲の合

 い間に晴れ間が見えて、

080901h 開催は間違いなさそう

 な感じ。自分で持ち込

 んだメロンパンと缶コー

 ヒーで朝食を済ませて、

 荷物預けのリミットの

 7時ちょっと前に大会

 会場へ登っていく。途

 中、乗鞍山頂やゴール

080901i 地点辺りがキレイに見えたので、

 写メ。道路が写った写真の上側中

 央、白い部分が名物の大雪渓、そ

 の右側のくぼんで見える箇所がゴー

 ルだ。荷物を預けた後は、自転車

 を置いて、あちこちウロウロ歩き

 回る。スタートまで時間があるか

 ら、身体が冷えないように適度に

 動かすわけだ。計3400人もの

 参加者が10以上に分かれてスター

 トするから、他の集団の写メを撮っ

た後、体調不良で欠場のS・Hや、愛人Aさんを脇に従えたT・Yさんの声援を受け

て、いよいよスタートだ☆

           

3年前にブログを始めるまでは、そこそこマジメに走りこんでたから、コースの前

半はかなり緩い登りに見えた。部分的には平らに感じた程で、前32×後11くら

いの重めのギアでもクルクル回してスピードアップできた。ところが、途方もなく

走りこみ不足の今回は、スタート直後でさえ結構だるい。もともと敗北は確定し

てたとはいえ、レース開始後すぐ、奇跡が起きないことを確信させられてしまった。

       

何しろ、去年の乗鞍が終わってから今年の6月まで、ほとんど自転車に乗ってな

いし、ランニングも2割くらい減っている。7月からようやくマジメに走り始めたもの

の、結局この1年間で自転車に乗った距離は僅か1500km程度。1ヶ月でも走

れる距離にすぎないし、ヒルクライム(山登り)は全くのゼロだ。たかが5%程度

の前半の勾配でさえ、キツく感じるのは当然のこと。ましてや、7%程度の後半の

勾配は、ギアが足りないと思ってしまったほどだ。美ヶ原の激坂じゃあるまいし。。

             

前のインナーギア(22T)は使わないことにしてるから、一番軽いギアは前32×

後30。これでもクロスバイクだから、いわゆるロードバイク(レーサー)よりも遥

かに軽いギアなんだけど、後半の数箇所はダンシング(立ちこぎ)で切り抜ける

ハメになった。そもそも、今まではいつも途中で仲間を発見してたのに、今回は

誰も発見できないままだ(実際は1人抜いてたみたい)。

                

それでも、一応最後まで、ペダルはほぼキレイに回せてたし、呼吸や心拍もいい

感じで適度に追い込めて、悲惨な走りって感じでもない。ゴール直前のラストス

パートもダンシングで決めて、最後に5人ほど一気に抜いてゴール! 手元の時

計は・・・う~ん、ほとんど予想通りだね。当然、ここ5年で最低のタイムだった。

ま、こんなもんでしょ。野口みずきがよく口にするように、「走った距離は裏切らな

い」。文字通り、そうだね。私が走った僅かな距離がそのまま表れた結果だった。

    

奥の自転車置き場&荷物受け取り場に自転車を押していくと、既にKさんとM・Y

さんが帰り支度を済ませてた。さらに進むと、今度は今年気合が入ってるS・Kさ

ん発見。私より少しだけ遅かったけど、予想通りの躍進ぶりで、「いやぁ、キツくて

・・・」とか言いつつ嬉しそうな顔♪ あと、T・Sさんと挨拶を交わして、いよいよ写

080901j 真撮影タイムに入ろうかと思っ

 たら、まさかの大失敗。1枚、

 うっかり指が当たって失敗写真

 (下側に私の自転車、向こうが

 岐阜側の乗鞍スカイライン)を

 撮った瞬間、電池切れになって

 しまって、せっかく晴れてたの

に何も写せなかったのだ。トホホ。。山だと電波が弱くて、電池の消耗が早いん

だよな。特にソフトバンクは。。(ちなみに走ったのは長野側の乗鞍エコーライン。

去年の記事には、コースとかの写真を豊富に掲載)

                  

仕方なく、先導車の後にしたがってゆっくり下山。コースのあちこちにいらっしゃる

スタッフに「お疲れさまでした」と声をかける。この挨拶、昔はかなりの選手がやっ

てたと思うのに、年々減って、今年は私の周囲を走ってた中で、僅か2人ほどしか

やってなかった。皆さん、気持ちよく挨拶を返してくださるのに、残念な傾向だね。

まあ、満員電車で降りる時でさえ、みんな声を出さずにグイグイ身体で押すもんな。

大部分、教育や躾の問題だろう。そうそう、途中で後ろから、ライバルのF・Hさん

が追いついて来たんだった。意外な好走だったようで、今年は私の大敗となって

しまった。「今年は」ネ♪

            

会場に戻って、計測用センサーを返却。抽選の景品が見事に外れてるのを確認

した後、各クラス上位10名の入賞者をチェック。今年は若手のホープH君が入賞

宣言してたのに、名前が見当たらない。後で本人に聞くと、先頭集団で落車に巻

き込まれてしまったとのこと。ま、この調子なら来年は間違いないだろう。ちなみに

H君、毎月1000kmほど走ってるそうだ。あちこちのレースにも参加してるし、速

くなるのも当然だよな。。  

     

宿の前で、自転車にスタンドとかの装備を付けて帰り支をしてる間に、S・Hや

S・Sさんが「どうだった?」と声をかけてくれたので、「全然ダメ・・」と苦笑。その

後、Mさんと仕事関連の難しい話を楽しんだ後、去年から小径車になったSさん

とも挨拶を交わす。「やっちゃった・・」F・Kさんの話を聞いた後、新人Oさんとも

帰り道の話とかをしばらくして、今年の幹事役だった風邪気味のF・Mさんに宿

代を払って、バーベキュー会場へ。初対面だったS・Hの息子さんを含めて、皆

さんに挨拶して、いよいよ帰りの単独・信州サイクリングに出かけようとした瞬間、

I・Kさんが話しかけてくれた。

     

080901k 彼女、今年初参加なのに、見事なタイムで

 完走! かなり走りこんでる証拠に、痩せて

 キレイになってるし、まだ若いから、今後の

 飛躍も期待できるだろう。身体的にも恵まれ

 てるもんね。とりあえず、今年の活躍おめで

 とうって事で、ガッツポーズ写真を掲載しとこ

 う。I・Kさん、表彰台目指して頑張ってネ!

 ただし、テンメイさんを抜かすのはダメよ♪

                             

という訳で、ここからは信州サイクリングの話なんだけど、長すぎるから後で別

記事としてアップすることにしよう。いつも楽しいんだけど、今年は全く意外な展開

になったのだ♪ 明日は『太陽と海の教室』第7話のレビューがあるから、明後日

のアップになるかな。いずれにせよ、乞う、ご期待。

    

ではまた。仲間の皆さん、特にF・Mさん、お疲れさまでした。。☆彡  

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.頂上やコースのキレイな風景は、去年の記事をご参照あれ♪

     マウンテンサイクリングin乗鞍2007  

        

P.S.2 関係ないけど、この記事アップ直後、ドラマを見てる最中に、突然ドラマ

      が中断。臨時ニュースが飛び込んで来た!

      福田首相が辞任の意向☆ ほぅ・・・後任は自民党・麻生太郎幹事長

      でほぼ決定かね。。

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf. マウンテンサイクリングin乗鞍2010

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »