« おねだりココア、5ヶ月ぶりに帰宅!♪ | トップページ | PCモニターに出た青い線を消す方法 »

『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ

RUN 21.1km,1時間41分09秒,心拍156

ドラマも良かったけど、走りも意外に良かったな♪ ドラマレビューを書きたいの

をグッとこらえて真面目に長い距離走ったから、ご褒美ってことだろう。ただ、ウチ

の読者の大部分はドラマファンだから、一応チョコッとだけ感想を書いとこうかな。

              

『ヤスコとケンジ』最終回、十分な出来だと思う♪ これぞ日テレ・土9って感じの

ドラマだね。子供から大人まで安心して楽しめる、ハッピーエンドのコメディー。

単純で分かりやすくて笑って泣けて、軽いヒネリと萌え要素も交えた、模範的な

ドラマだろう。ベタベタな展開なのに楽しめた。平均視聴率は13%弱くらいにな

りそうだから、ボチボチで、前クールの仲間由紀恵『ごくせん』の22.6%と比べ

ると激減だけど、むしろ『ヤスケン』関係者はホッとしてるんじゃないかな。

22日追記最終回視聴率16.3%で、平均視聴率13.0%に到達☆)

         

主役の兄妹・沖ケンジと沖ヤスコを演じる松岡昌宏(TOKIO)多部未華子は、

そこそこ人気はあるけど、数字を稼げるほどでもない(私は好きだから念のため)。

仲間や山P=山下智久、キムタク=木村拓哉、福山雅治、長澤まさみらとは違う

わけ。準主役の椿エリカを演じる広末涼子もそんな感じだ。おまけにケンジと子分

のモス(内山信二)&アジダス(渡部豪太)、相談相手の勝(嶋大輔)は、元暴走族。

エリカと子分のかおり(山口紗弥加)も元レディースで、世間一般での印象はあま

り良くないはず。アルコの原作少女マンガ(同名)も、大ヒットというほどじゃない。

          

ところが、ドラマは初回から凄く上手く作ってた。主役の2人が抜群で、ケンカし

ながらも凄く仲のいい兄妹を好演してたし、演出もマンガ的な作りを適度に散り

ばめて笑いやアクセントを生み出してた。例えば、ヤスコのコケ方、純(大倉忠義

関ジャニ∞)への萌え方。あるいは、ケンジの怒り方、ツッパリ方、卓袱台の投げ

方。さらにはエリカの燃える目、ケンジとのにらみ合い、等々。。

cf. 『ヤスコとケンジ』第1話、軽~い感想♪ )

                     

最終回も文句ない出来栄えで、エリカが10年越しの愛をケンジに告白するもの

の、最初は上手く行かない。ケンジの写真入りロケットをエリカは投げ捨てたけ

ど、それを元々の悪役・青田(RIKIYA)が拾ってケンジに渡す。ヤスコも、ケンジ

が胸に秘めた愛を込めて描いた少女マンガをエリカに見せて、力づける。最後

は、金がらみの悪者連中が登場してエリカを拉致してる所へ、毎度お馴染み、

バイクに乗った特攻服のケンジが登場。TOKIOの主題歌『雨傘』が流れる中、

他のみんなも手助けして、悪者を倒して、ケンジが不器用な愛の告白をして、桜

が舞い散る春の結婚へ。

        

告白は、最後の「2人で人生、バリバリ走ろうぜ。お前と一緒なら、人生エンスト

知らずだぜ」なんていう、「ダサ」すぎて全員ズッコケる言葉よりも、登場シーンの

「てめぇら・・・ウチのクソあまに何してんだ?!」だろう。「クソあま(くそ女)」エリカ

が、妹のヤスコと同様、「ウチの」大切な人になったわけだ。

                       

お決まりのパターンやポイントを全て組み込みながら、主要なキャラが全員力を

合わせて、全体的ハッピーエンドを作り上げる。勧善懲悪的な部分もあるけど、

僅かだしコミカルだから、別に嫌味はなくてスッキリするだけ。あくまで、不器用

な愛を描くほのぼのコメディなのだ。ケンジとヤスコの兄妹愛、ケンジとエリカの

恋愛、ケンジと仲間の友愛。ヤスコの台詞「お兄ちゃんを笑顔にすることが、私

の正義なんだよ」は、そのことを良く表してた。敵を倒すんじゃなく、味方を幸せ

にする正義。

                  

最後は、結婚式当日、家の居間でヤスコがケンジへの手紙を読む練習。手紙の

台紙はひまわり。卓袱台に亡き両親の写真を置いて、周りには全員集まって盗

み聞きしてる。怒ったヤスコにケンジが逆ギレして、ウェディングドレスのエリカも

巻き込んでにらみ合い。ラストはケンジが卓袱台を2回転させてタンカを切って、

ヤスコの「おにいちゃん!」でドタバタの終了。族っぽい火の玉の形の「おわり」が、

ケンジの口のあたりから出る形を作ってた。大昔の怪獣かよ!

                         

いいんじゃないの♪ このラストなんて見ても、やっぱり変則的なホームドラマ

んだよな。結局、家の居間とちゃぶ台を中心に、みんなが仲良く暮らすわけだか

ら。おまけに外の庭にはわざとらし過ぎて笑える桜の花びらまで。『サザエさん』

のように安心して楽しめる、日本的な物語だった。これなら、ご高齢の方でも意外

に大丈夫だったんじゃないかね。多部は、『鹿男あをによし』もそうだけど、和風

の建築や物語に合うのかも。惜しかったのは、最後のヤスコの手紙がちょっと泣

けなかったことくらいか。ま、多部は可愛いセーラー服姿でずっと頑張ってきたか

ら、良しとしよう♪ 庭でテント張って飯ごう炊いて、自立を目指す姿も笑えたしネ。

ちなみに、ナイター延長で録画に失敗した人、お気の毒さま。。

                        

         ☆          ☆          ☆      

おっと、ドラマの話を書きすぎたわ。やっぱ、ランニング記事にチョコッと挿入する

だけでも、この程度は書かないとガマンできないね。普段の本格的レビューはこの

5倍だもんな。で、走りはどうかって言うと、微熱でボーッとしてたのに、走り出すと

意外に脚が軽い。台風一過で、わりと涼しい夜だったし、2ヶ月ぶりのハーフ21.1

kmに挑戦。途中からはタイムを意識して、練習としては1年ぶりにマトモな走り

なった。まだランニングシーズンに入って僅か半月。まさかまさかだね♪

       

トータルでは1km4分48秒ペース。最後はさすがにバテたけど、ロクに走ってな

かったんだから当然だ。前回の18kmと違って、足腰の痛みもあんまし残ってな

。ただ、明日と明後日は忙しくて走る時間がないかな。ま、火曜日にのんびり

16km前後走ることにしよう。結果的に、ドラマ記事みたいになっちゃったけど、

たまにはイイでしょ (^^ゞ ではまた。。☆彡

                         

  往路(2.45km)     12分28秒   平均心拍133          

  1周(2.14km)     10分28秒         152        

  2周              10分15秒         155        

  3周             10分17秒         157

  4周              10分06秒         158 

  5周              10分00秒         161

  6周              10分11秒         160 

  7周              10分22秒         159 

  8周(1.22km)        6分02秒         160

  復路               11分01秒         163

  計 21.1km  1時間41分09秒     156(最大171,ゴール時)

|

« おねだりココア、5ヶ月ぶりに帰宅!♪ | トップページ | PCモニターに出た青い線を消す方法 »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/42541392

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤスコとケンジ』最終回の後、久々のハーフ:

« おねだりココア、5ヶ月ぶりに帰宅!♪ | トップページ | PCモニターに出た青い線を消す方法 »