« 我が家にノーベル物理学賞の受賞者が・・♪ | トップページ | 『ガリレオΦ』の数式、ナビエ・ストークス方程式 »

ノーベル化学賞やイグ・ノーベル認識科学賞はわかりやすい♪

サブプライム問題による金融危機が世界中で猛威を振るう中、日本はノーベル賞

フィーバーだね。いや、「フィーバー」って言葉はほとんど死語に近いけどさ♪ 昨

夜、「日本人」が3人物理学賞を受賞したかと思ったら、今晩はノーベル化学賞に

下村脩(おさむ)・米ボストン大名誉教授(80)が選ばれた☆ 何と「日本人」4人!

素晴らしいことだね。

       

ちなみに、「日本人」とカッコ付きで書いてるのは、昨日書いた面倒な理由による。

下村氏は60年に渡米して、今も米国在住、ただし日本国籍。南部陽一郎氏は、

渡米して50年、米国籍を取ってからでも40年近くて、公式サイトでも米国人扱い

されてるわけだ。まあ、二人ともどう見ても日本人って感じだけどさ。我が家にも

南部氏の日本語の著書があるし。そうそう、まさか昨日の記事「我が家にノーベ

ル物理学賞の受賞者が・・♪」に怒ってる常連さんはいないよね? 意外なほど

多くの人がクリックしてくれたみたいで、満足、満足。ちょっと心配♪

             

それにしても、極微の世界を扱う昨日の素粒子理論と比べると、やっぱり化学の

方が分かりやすいな。下村氏の受賞理由は、「緑色蛍光たんぱく質(GFP:Green

Fluorescent Protein)の発見と発光機構の解明」。62年にオワンクラゲで発見し

て以降、他の人々の研究で、他のたんぱく質の遺伝子に融合させて細胞に組み

入れることが可能になった。緑色の蛍光によって、細胞内のどの場所でその遺

伝子が働いてるのか一目瞭然になって、分子生物学や生命科学などの研究が

進展したってお話。実に分かりやすいし、ニュース写真もキレイだね。昨日なん

て、「対称性の自発的な破れ」、「CP対称性の破れ」、「小林・益川理論」とかだ

もんな。う~んって感じでしょ。

           

ところで、日本人のノーベル賞受賞と言えば、忘れちゃいけないのが、先行して

発表されて、既に授賞式も済んでるパロディ版、イグ・ノーベル賞♪ これ、本気

で怒る人がいらっしゃるようだけど、この程度の遊び心は理解して欲しいもの。

実際、今年の3人の日本人受賞者も嬉しそうにしてた。北海道大・中垣俊之准

教授、広島大・小林亮教授、科学技術振興機構さきがけプロジェクト・手老篤史

専任研究員ら。

   

脳も神経もない単細胞生物「真正粘菌」が、迷路の探索能力を持ってることを発

見して、認識科学賞。認「知」科学じゃないのが気になるのはともかく、これまた

分かりやすい研究だし、意外性もある。おまけに、中垣氏の授賞式での挨拶「日

本の辞書で単細胞は頭が悪いと書かれているが、単細胞はわれわれが考えて

きたよりずっと賢い」っていうのもユーモアのある言葉だ。ま、観衆を笑わせなきゃ

いけないってルールらしい。

      

日本人じゃないけど、生物学賞を取ったのは、犬のノミが猫のノミより高くジャン

プできることを突き止めたフランス人♪ こりゃ、ウケた! 超バカバカしいのが

最高にイイ! 授賞式の旅費・滞在費自己負担で賞金もゼロってのは、いくら何

でも気の毒だな。ま、それでも出席する研究者の心意気は、すごく好きだけどね。

           

ちなみに、何で2日続けてこんな記事を書いてるかって言うと、走りに行く余裕が

無くなったっていう単純な理由。昨日は雨がザーザーだから、家でお仕事その他。

今夜は、ノーベル物理学賞に刺激を受けたこともあって、物理学の専門書を買っ

て来て読みふけってしまった。先日の福山雅治『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』

出た数式が気になったから、意味を理解しようとしてるわけよ。ある程度は分かっ

たから、また記事にしようかな。エッ、要らない? あっ、そう♪ でも、ガリレオの

理系記事って、相当なアクセス集めてるロングセラーなんだけど (^^)v

      

という訳で、今夜はこれで終了。あぁ、全然運動してないから、かなりデブった感じ

だな。明日は絶対に走ろっと。。☆彡

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.それにしても、昨日の益川敏英氏のヒネった喜び方がイマイチ世間に伝

    わらなかったらしいのには驚いた。どう見ても、大喜びでしょ。そっけない

    言葉なんかより、あの表情を見なきゃ。一夜明けると会見で涙を流すほど

    の感激ってことで、こっちまでジーンとしちゃったな♪

|

« 我が家にノーベル物理学賞の受賞者が・・♪ | トップページ | 『ガリレオΦ』の数式、ナビエ・ストークス方程式 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家にノーベル物理学賞の受賞者が・・♪ | トップページ | 『ガリレオΦ』の数式、ナビエ・ストークス方程式 »