« ほぼ2年前の走力まで回復☆ | トップページ | 愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話 »

食後の運動に潜む深刻な危険性

RUN 10km,48分31秒,心拍151

食べてすぐ走ると横腹が痛くなるってのは、小学生の頃からさんざん経験して来

たから、食べてから走るまでに1時間ほど空けるようにして来た。ところが、場合

によっては、4時間空けても大変な事態になるって話が、昨日10月26日の朝日

新聞・朝刊に載ってたから、記事にまとめとこう。

              

いや、ホントは今晩なんて、日経平均株価26年ぶりの安値とかの金融危機ネタ

の方がいいんだろうけど、昨日の新聞を読んだ時点で記事にしようと決めてたも

んでね。ま、円高、株価暴落、市場安定化策とかの話は、明日以降に単独の記

事をきっちり書きたいと思ってる。残念ながら、もうしばらく大混乱は続くだろうし。。

         

さて、昨日の健康相談記事(回答者は海老沢元宏)によると、「食物依存性運動

誘発アナフィラキシー」っていう、耳慣れない新しい病気があるそうだ。食後2~4

時間以内に運動した場合にのみ急に顔が晴れたり目がかゆくなったりし、ひどい

時は呼吸困難に陥ったり血圧が下がったりして生命の危機もあるとのこと。運動

で身体が揺れ、消化器内のアレルギーの原因物質が吸収されやすくなっている

可能性があるけど、まだよく分かってなくて、対症療法以外の治療法も確立され

てないようだ。

    

80年代に発見されたってことは、20年以上経過してるのに、よっぽど症例数が

少ないってことなのかね。患者は小学生以上で、中学生に目立つものの、大人

でもあるらしいから、一応知っといて損はない話だろう。ま、要するに、食べた後

の運動は身体に色んな悪影響を及ぼすって話だ。でも、空腹だと持久系の運動

はやりにくいんだよなぁ。。

    

ってことで、今日のコネタは終わりにして、昨日のランニングについて。自宅で仕

事に追われて、片付かなくて困ってたからよっぽどサボりそうになったけど、「迷っ

た時はしんどい方を」の原則にしたがって、10kmだけ我慢。前日にかなりのス

ピードで18km走ってたから、さすがに足腰が重くて、なかなか1km5分ペース

にさえならなくて、ちょっと動揺。仕方なしに、後半は心拍を上げて無理やりペー

スアップ。結局は1km4分50秒ペースで終えた。でも、有酸素レベルでゆっくり

積極的休養した方が良かったような気はするな。時間的余裕もないし、その辺り

の抑えがなかなか効かないわけよ。

        

今晩は今、雑用をしながら堀北真希&北川悠仁『イノセント・ラヴ』第2話を流し

見して、これからもう一仕事あるから、残念ながら走れない。明日、レビューを

書き終えた後に、走る時間がどれだけあるかな。一応、最低でも16kmは走ろ

うと思ってる。走力は完全に回復軌道に乗ってるし、故障もゼロだから、走るの

が楽しいもんね♪ ではまた。。

                     

往路(1.15km)   6分12秒      平均心拍126

 1周(1.1km)    5分40秒            138

 2周          5分33秒            144

 3周          5分26秒            150

 4周          5分24秒            153

 5周          5分10秒            157

 6周          5分03秒            160

 7周          4分48秒            166

復路           5分22秒            162

 計          48分31秒       151(最大167,周回ラスト)

|

« ほぼ2年前の走力まで回復☆ | トップページ | 愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話 »

「ランニング」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ2年前の走力まで回復☆ | トップページ | 愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話 »