« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

『コード・ブルー 新春スペシャル』の放送内容が決定☆

09年1月11日追記: SPのレビューをアップ

        出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』 )

     

ブログを運営してると、アクセス解析を通じて色んな事が分かってくる。たとえば、

キムタク=木村拓哉とか福山雅治ってのは、『an・an』のランキングだけじゃなく

て、ホントに相当な人気があるってことがすぐ分かるし、世の中には変わった検

索をやってる人がいるもんだなってことも分かる。知りたくもないドラマのネタバレ

情報が、検索ワードから分かってしまったことも何度かあった。

                    

で、今日は何が分かったかって言うと、山P=山下智久『コード・ブルー ドクター

ヘリ緊急救命 新春スペシャル』の詳細決定の情報が分かったのだ。って言うか、

遅いよな (^^ゞ どうも11月23日に発表されたらしいから、何と1週間遅れになって

しまった。なるべく余計な情報はシャットアウトしてるから、仕方ないことだ。まあ、

もともと正月番組だと分かってたから、『プロポーズ大作戦・スペシャル』の時ほど

の衝撃はないけどね。あの時はアクセスも強烈で、すぐ気付いて速報記事を書い

たらYahoo!で1位獲得。歴代トップクラスの大ヒットになったわけだけど、この

記事はダメだな。ま、一応、ドラマファンの常連さんへのご挨拶ってこと♪

             

さて、今さら日時を書くのもピンボケだけど、2009年1月10日(土)21:00~

23:10放送。公式サイトの予告によると、本編の終盤でレスキュー隊の制止を

振り切って治療を続けた藍沢(Pちゃん)、白石恵(新垣結衣)緋山美帆子(戸田

恵梨香)冴島はるか(比嘉愛未)藤川(浅利陽介)の5人が謹慎1週間となる

所からスタートらしい。私はあの時、5人の処分が甘いと書いたから、この筋書き

には納得できる☆ ああゆう「活躍」に感動してるようじゃ、救命のリアリティが不

足するのだ。緋山が謹慎の1週間で実家に帰ってお見合いするのもいいと思う。

彼女は家族が描かれてなかったし、結婚願望らしきものも見えてたもんね。

                  

謹慎が解けた頃、黒田(柳葉敏郎)がリハビリに専念するために病院を去るって

のもOK。あの状態で頑張り続けてるのは無理があり過ぎた。藍沢のばあちゃん・

絹江(島かおり)には少し変化が起きるってのも、リアリティはともかく、ドラマ的に

は全く自然な流れだ。列車の脱線転覆事故が起きて、黒田にニュースが伝わり。。

            

この辺りで予告は終了なんだけど、大筋はもう読めるわな♪ 当然、黒田は微力

ながらも病院に復活。どこかで、奥さんの有里子(奥貫薫)と息子の健一(北村

悠貴)も顔を出すだろうし、西条(杉本哲太)との熱い絆もまた見られるだろう。

絹江も藍沢を少し思い出して、本編ラストでは不足してた感動の場面が描かれる

はず。藤川は、出所した佳音(堀北真希)のお兄ちゃん・耀司(福士誠治)と再び

同居するんだろう。そりゃ、『イノセント・ラヴ』の貞夫か♪ マジメな話、藤川はしっ

かりした姿を黒田や田所(児玉清)や他のメンバーに見せ付けるはずだ。

                       

緋山は思い出のハヤシライスの味に涙を流すことになる。そりゃ『流星の絆』か♪

緋山が山Pに失恋するってのは変だけど、藤川とくっつくのならギリギリOKかな。

森本(勝村政信)は相変わらず、CS(コミュニケーション・スペシャリスト)の轟木

(遊井亮子)の網タイツに振り回されるんだろうけど、ちょっと進展しそうだし、また

フェロー達に適切な言葉をかけてくれるだろう。梶(寺島進)みたいにね。

                               

ま、正直言って、基本的にはドクターヘリの単純な活躍物語。『プロポーズ大作戦

SP』と違って話の枠組みがかなり決まってるから、想像する楽しみが少ないよな

・・・とか書くと、山Pファンに怒られるから止めとこ♪ 書いとるわ! 山下はやっ

ぱ人気あるもんね。顔だけで視聴率10%は稼いでる美少年だもんなぁ・・・とか

書くと、また怒られるかも知れないから止めとこ♪ ブロガーも大変だよな。。

              

という訳で、断言はしないけど、余裕があれば『コードブルーSP』のレビューも

書くつもり。ミスチル=Mr.Childrenの主題歌『HANABI』みたいに、「もう1回、

もう1回」だけ頑張って書くって程度のノリでね♪ 脚本は林宏司のままでいいと

して、演出は最終回の西浦正記とは違って、葉山浩樹にして欲しいもんだ。ま、

最終回自体は悪くなかったけど、本編全体を見ると、葉山の方が遥かに良かっ

たもんな。

     

ま、単なるご挨拶だから、この程度の記事で十分でしょ。ではまた。。☆彡

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

cf.ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

  出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』  

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『コードブルー』のヘリコプターMD902について

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ブカブカの大きな愛に包まれて~『プロポーズ大作戦SP』

   遠い夜明け~『クロサギ』最終回

   生きる場所を求めて~野ブタ再考

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口マラソンの1週間前、心地良く早朝ハーフ♪

RUN 21.1km,1時間39分55秒,心拍158

      

 (12月7日追記: 2008年のレース記事はこちら。

             川口ハーフ、全力を出し切って快走☆ )

         

野口みずきが先日の神戸全日本女子ハーフマラソンで10km走ってたんだね。

昨日、新聞を整理してて気が付いたから、早速ネットで検索すると、笑顔の写真

がすぐに出て来た。もともと単なる抽選会の顔見せゲストだったのに、前夜になっ

て本人がレース参加を希望したとのこと。同じく10kmをゲストランナーとして走っ

有森裕が見た所、痛みもなさそうだしスピードもあったって話だから、今後の

復活に期待しよう♪

      

ところで、その野口のタイムは46分台って話だから、1km4分40秒程度。私が

普段走ってる時のペースとほとんど同じだから、急に親近感が湧いてきた。いや、

まあ野口にとっては、ウォーミングアップとかお遊びにすぎないんだけどさ。野口

のハーフのベスト記録は06年2月の香川丸亀で出した1時間07分43秒だから、

1km3分13秒ペース。高校陸上部時代の私でも僅か3kmしか付いていけない、

雲の上のスピードだ。

            

さて、野口も順調に回復してるようだけど、サボリ過ぎの三流市民ランナーも順

調に回復中♪ 昨日の朝は、すごく気持ちのいいビルドアップで18km。今朝は

疲れた脚で軽めのハーフ。2日とも快晴で、ランナーもかなり多かった。公園の

様子を見るだけでも、ホントに市民ランナーが増えたなぁと感じるね。先日の朝

日新聞にも載ってたけど、やっぱり荒川も青梅も急に申込のペースが早まって

るようだ。実際、私も青梅にギリギリ間に合わなかったもんなぁ。油断してたわ。。

      

で、大勢いるランナーと一緒に、朝日の中を気持ちよく周回。ロングタイツ姿の

女性が4人、そのうち2人はランスカ(ランニングスカート)だったかな。どうしても

目が行っちゃうのは男の性(さが)ってもんでしょ♪ 後ろで結んでポニーテール

にした髪の毛が揺れるのを見るのも可愛くてイイ。やっぱ女性ランナーには、美

しくファッショナブルに走って欲しいもんだ。

                      

それはともかく、1km4分50秒くらいでいいと思ってたんだけど、途中で1km4

分40秒ペースのランナーを追走する形になって、ちょっとだけマジメに走ってし

まった。まあバトルする気もなかったから、大人しく5m~10m後ろを付いて行っ

ただけ。多分、抜いてたらお互いペースアップしてただろう。当然、向こうも私を

チラチラ気にしてたもんね。後ろを見なくても、足音や気配ですぐ分かるのだ。

                   

結局、トータルでは1km4分44秒ペース。1時間40分をギリギリ切ったのはい

いんだけど、心拍が高めだし、ちょっと脚に疲れを残しちゃったかな。これで後1

回、火曜か水曜にスピード走をやって、後は超回復させて川口ハーフに臨むだ

け。ジョグを1回入れるか入れないかって感じだ。世田谷ハーフの時は、少し疲

れを残しちゃったから、今度は気をつけよう。ではまた。。☆彡

         

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ココログが紹介してくれたし、タイミングが良かったこともあって、金曜の

    記事「裁判員の候補者から外される仕組み~朝日新聞『人を裁く』」には

    既に700人ほどの訪問者からアクセスが入ってる♪ ドラマ記事を除くと、

    ペース的にはここ2ヶ月で最大のヒットだろう☆

    それにしても、ブログ検索をかけてみると、「当選した!」って記事を書い

    てる人が予想以上に少ないな。やっぱ、怒られるのが怖いのかな。完全

    な匿名サイトなら問題なしって話だし、そもそも罰則はないんだけどね。。

           

  往路(2.45km)   12分38秒  平均心拍135

  1周(2.14km)  10分34秒        149

  2周           10分23秒        153

  3周          10分15秒        154 

  4周           10分04秒        159       

  5周           9分50秒        165 

  6周            9分59秒        166 

  7周           9分53秒        168  

  8周(1.22km)    5分39秒        170

  復路            10分40秒        167

  計 21.1km 1時間39分55秒    158(最大173 ゴール時)

| | コメント (0)

朝焼けのビルドアップ、爽快♪

RUN 18km,1時間22分54秒,心拍162

気持ち良かった~♪ 9日の世田谷ハーフ以降だと一番いい走りだな。まだ85%

の回復って感じだけど、美しい朝焼けを眺めながら、キレイにスピードアップ出来

た。やっぱり、最初ゆっくりめに入って徐々に速くするビルドアップの方が、最初か

ら飛ばすより心地良い気がする。トータルのタイムの比較は微妙なんだけど。。

     

さて今は、来週7日の川口ハーフに向けて、走力を回復させてる途中。9月に自

転車シーズンからランニングシーズンへと切り替えて以降、世田谷までの2ヶ月

ちょっとは、意外なほど好調だったのに、世田谷が終わってから急にガタ落ちに

なってしまった。それを少しずつ戻して、何とかギリギリ川口に間に合わせようと

狙ってるわけだ。

         

ちょっと誤算だったのが木曜夜の雨。あそこで18km走る予定だったのに、休ん

でしまって、金曜の夜も寝不足が溜まってたから早めに就寝。で、土曜の朝ラン

久々の18kmにチャレンジ。この程度の距離でも、世田谷以降初めてだから、

ちょっと緊張。おまけに、走る前のエネルギー補給で、サッポロポテト・バーベQ

味を1袋ボリボリ食べちゃったから、最初は胃が重くてスピードが出ない。公園ま

での往路は、ここ最近だと珍しいくらい遅いタイムになってしまった。

      

ところが、逆にこの遅いスタートが良かったようで、凄くラクにスピードが上がって

いく。感覚的には1km5分ペースくらいの軽いノリで、実際には1km4分30秒前

後のペースまで上昇。特に最後の6周目になって1km4分21秒まで上がったの

が素晴らしい。これでも別に、ハーハーゼーゼー言ってたわけじゃなくて、ごく

然にペースアップしただけ。その気になれば、1km4分15秒ペースまで上げるこ

とも出来ただろう。ただ、翌日も長めの距離を走るつもりなので、自重しておいた。

    

結局、トータルでは1km4分36秒ペース。世田谷直前の18kmが1km4分32

秒ペースだったから、まだ遅いけど、明日の朝ランで軽めにハーフを走って、火

曜の夜か水曜の朝に18kmでスピードを出しとけば、川口は何とかなりそうだ♪

問題は天気。火曜がまた雨の予報なんだよな。ま、その時は仕方ないから、傘

ランにするか、いざとなったら水曜の夜まで延期だね。ではまた。。☆彡

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今日はいよいよ、裁判員候補者の通知が来るかも知れないんだよな。自

    分が重大事件の裁判に参加するなんて、やっぱ緊張しちゃうね。ま、選ば

    れる確率は0.3%程度にすぎないけど、ポストに大きい封筒が入ってた

    ら、ちょっとビビるかも♪ 小市民かよ! ブログに書いちゃう人がどのくら

    いいるのかも注目だ。。

                   

  往路(2.45km)    12分41秒  平均心拍133          

  1周(2.14km)    10分20秒        155        

  2周              9分56秒        163        

  3周             9分44秒        165

  4周              9分42秒        167 

  5周              9分25秒        170

  6周             9分18秒        172

  7周(0.26km)       1分22秒        172

  復路              10分28秒        169

  計 18km    1時間22分54秒    161(最大心拍175,ゴール時)

| | コメント (0)

裁判員の候補者から外される仕組み~朝日新聞『人を裁く』

いよいよ裁判員制度の導入が秒読みになってきた。我々みんなが、人を裁く側と

して、裁判に参加する可能性を持つことになる。来年2009年5月21日以降に起

訴された、重大事件に関する地方裁判所での裁判が対象。まず有権者の約350

人に1人がくじ引きで候補者に選ばれ、そこから更に約14分の1まで絞り込まれ

る。その結果、有権者の約5000人に1人が裁判員に選ばれる(他に補充裁判

員も選ばれる)。そして、基本的には、裁判官3人、裁判員6人で審理・裁判を進

めていくわけだ。

                  

今日08年11月28日から、候補者通知(=裁判員候補者名簿記載通知書)が発

送されるから、約0.3%の確率で、明日には自分のもとに届くかも知れない。ちな

みに、もし私に届いたとしても、守秘義務があるのでブログには書けないようだ。で

も、ブロガーって数百万人もいるんだから、絶対に誰か書くと思うな。ま、小市民ブ

ロガーとしては、この程度の文章で留めとくのが賢明でしょ♪

     

29日追記: 今朝の朝日新聞によると、匿名性が保たれてるサイトなら書いても

         いいし、匿名性が保たれてないサイトが書いても罰則はないそうだ。

         ウチとしては、やっぱり書くつもりはない)

                 

この裁判員制度には、既にメディアで報道されて来た通り、色んな問題点があっ

て、反対運動も根強いんだけど、11月26日の朝日新聞・朝刊の記事にはちょっ

と驚いた。「人を裁く」シリーズの第3部「選ばれる日」(中)、「外す側の論理」と見

出しが付いた記事だ。

                  

候補者の中から最終的に裁判員6人が選ばれるのは、またクジ引きだ。ところが

その直前の過程で、弁護側と検察側がそれぞれ4人までを候補者から外すこと

ができるらしい。しかも、候補者にとっては、クジで外れたのか、弁護側や検察側

によって意図的に外されたのかは分からないのだ。

      

外れればラッキーと思う人も多いだろうけど、よく考えるとかなり引っ掛かる話で

もある。外す仕組みを導入した理由や意味について、記事から引用してみよう。

            

   「外された側」には不合理としか思えないこの仕組みは何のために

   あるのか。「突拍子もない考えをしそうな人」を除いて裁判の公正さ

   を保つとともに、弁護人や検察官にとっても納得できそうな市民を

   選ぶためにつくられた。

     

つまり、外された人というのは、裁判に参加する資格のない例外的な人だと判断

されたってことだ。代表的な基準は、死刑賛成か反対か。死刑反対論者は検察

側から外され、死刑賛成論者は弁護側から外される可能性が十分ある。また、

ありそうな話として記事が遠回しにほのめかしてるのは、若い女性は被告に厳し

いから弁護側が外す、高齢の男性は刑がやや軽いから検察側が外すというパ

ターンだ。どうだろうか。なるほどと思う人もいるだろうけど、恣意的(=勝手&適

当)だとか失礼だと思う人も少なくないだろう。

        

ちなみに諸外国ではどうか。今年から「国民参与裁判」が始まった韓国でも、似た

ような仕組みがあるらしい。デンマークは原則としてないけど、アメリカでは質問攻

めで候補者を厳しく選別するとのこと。う~ん、何ともアメリカらしい話だね。。

             

個人的には、外されること自体は結構ラッキーだと思うけど、外されたという個人

情報が外に漏洩するのは不愉快だし、実害が及ぶ恐れもある。俗っぽい言葉を

使うなら、あいつは変なヤツだってことだし、警察に情報が漏れた場合、未解決

事件の捜査で容疑者の候補にされてしまうことだってあるかも知れないもんね。

          

もちろん、何事にもマイナスとかネガティブな面は必ずあるわけで、外す仕組み

がおかしいから裁判員制度や陪審制はダメだなんて話には直結しない。ただ、

抽選を用いた建前上の公平さに反して、実際には思想、性別、年齢、服装とか

による人間の人為的選別が、裁判員制度には組み込まれてるという具体的事実

は知っとくべきだろう。

            

極端な話、これを逆手に取って自分の応答や服装を意図的に操作すれば、裁

判員を逃れる確率をアップさせることだって可能なのだ。反対に、選ばれる確率

をアップさせることも可能だろう。ちなみに、日当は1万円以内。日数は、約7割

が3日以内、約2割が4~5日、約1割が5日超とのこと。フリーターにとっては、

短期にちょっとした収入を得られるバイトかも知れない。

                                                        

とにかく、制度のスタートまで残り半年。候補者に選ばれる可能性は低いけど、

事態の進展は注視しときたい。ではまた。。☆彡

    

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.全国の約29万5000人に通知が発送された28日の朝日・朝刊のデータ

    を見ると、各裁判所ごとの当選確率は、大まかに言って、都会が高くて地

    方が低くなってる。最高は大阪本庁の1/211(約0.5%)、最低が秋田

    の1/786(約0.1%)。ちなみに東京本庁は1/257(約0.4%)だ。

     

P.S.2 この記事は、先日のテレビ版『CanCam』の記事に続いて日刊ココログ

      ガイドとニフティ・トップで紹介して頂いた。スタッフさん、度々どうも♪

081129

| | コメント (0)

川口ハーフの参加証到着、焦りつつ積極的休養

RUN 11.1km,54分49秒,心拍146

高橋尚子は先日の『SMAP×SMAP』で、「スパゲティ♪ スパゲティ♪」と思い

ながら走るって話をしてたけど、昨夜の私は「チョコクッキー♪ チョコクッキー♪」

と思いながら走ってた。子供かよ! ゆっくり走ると腹が減るのは気のせいなの

か、それとも生理学的に根拠があるのかね。

        

ありがちな説明だと、有酸素運動だから血液中のブドウ糖がエネルギー源として

取り込まれて血糖値が下がって空腹を感じるってことだろうけど、同じ有酸素運

動でも軽めの方が腹が減るような気がする。なまじ心に余裕があるから、余計な

事を考えるってことなのか。あるいは、私が有酸素運動だと思ってるものの中で

キツめのものは、無酸素運動の割合が高いってことなのか。要研究だね。ま、性

格的にも時間的にも、本当にゆっくり走る機会が少ないのは確かだ。

     

081127 さて、前日は遂に川口ハーフの参加通知書が到着して

 しまった。まだロクに備が出来てないのに、焦るよなぁ。

 スタート時間の1時間以上も前に受付終了となってるの

 が気になるけど、まあ去年もアバウトだったからシカトし

 ようか♪ 大体、一部のマジメ派を除けば、スポーツ系

 の人間のノリは適当だ。良し悪しは微妙として、スポー

ツの苦手な人との距離は、そうゆう所からも生じてる気がするね。私自身は例

外的にわりと細かいタイプなんだけど、早起きに関しては大の苦手だし寒いから、

マジメに行く気はしない。って言うか、スタッフの方、読んでたら来年から受付時

間をもっと遅くしてね♪

                                                       

という訳で、川口が10日後に迫ってるから、前夜も軽~く走っておいた。その前

の夜に、かなりマジメに16km走ったばっかで、脚が疲れてるから、ゆったりとし

た積極的休養の走りだ。深夜なのに、珍しくカップルのランナーがいて羨ましかっ

たな♪ 1km5分45秒ペースくらいで仲良く周回を重ねてた。かなり慣れてる感

じだったけど、初めて見かけたな。ま、そんな事とか、腹が減ったとか、色々考え

てしまうくらい、のんびり走ったってこと♪

     

それでもトータルでは1km4分57秒。あぁ、こんな感じでほぼ毎日ラクに走れば、

かなり速くなるんだろうな。ま、無理だけど。。今晩は本当なら18km走る予定だっ

たのに、雨の予報が出ちゃってる。サボるか、傘ランか、雨が一瞬止んだ時間帯

を狙うか、ネットの雨雲情報とか見ながら判断しよっと。ではまた。。☆彡

               

 往路(1.15km)    6分35秒    心拍124    

  1周(1.1km)     5分44秒       135            

  2周            5分35秒      138               

  3周            5分19秒       146       

  4周            5分18秒      150             

  5周            5分19秒      151                 

  6周            5分14秒      154             

  7周            5分12秒      157             

  8周           5分12秒      158

  復路            5分22秒      154             

  計           54分49秒      146 (最大心拍159,ゴール時)

| | コメント (0)

締切間近なので荒川市民マラソン・エントリー☆

RUN 16km,1時間14分11秒,心拍165

キツかった~。。世田谷ハーフが終わってからだと、一番マジメに走ったな。それ

でもこの程度だから、ちょっと気を緩めただけで如何に走力が衰えるかっていうの

がよく分かる。って言うか、調子の波が落ちてるせいもあるのかも。9月から11月

初めまで、ずっと好調だったもんな。

      

さて、衝撃の青梅締切事件で、今シーズンの予定はかなり狂ってしまった。世田

谷と川口でハーフ2本、青梅で30km走って、最後は荒川か東京でフルの予定

だったのに、どうしようって感じだ。東京の追加抽選の連絡が12月中旬って話

だから、それまで荒川の申込は控えようと思ってたけど、青梅で失敗したから、

念のためにエントリー状況をチェック。すると何と、11月21日時点での情報と

して、フルはもうすぐ締切って話が掲載されてたから、慌てて申し込み。やっぱ

り、以前より人気が出てるね。一昨年なら、1月中旬まで大丈夫だったはず。

        

これで万が一、東京が追加当選になったら、3月15日が荒川で、22日が東京

フルの連発になっちゃうよな。ま、あり得ないから心配いらないだろうけど、一応

心構えはしとこ。先に、荒川を本気で走って、1週間身体を休めて、東京は半ば

お遊びでブログのネタに使うって感じかね。そりゃ、贅沢か。って言うか、逆か。

でも、東京は人数が多過ぎて走りにくそうだし、荒川から1週間だと体力回復し

てないだろうからなぁ。ま、当たるわけないからいいか♪

      

さて、川口を前にして体力を回復させようとしてるんだけど、イマイチ思うように

行ってない。実質的に4日連続走ったけど、距離は短いし内容もサッパリ。月曜

夜は雨と、『イノセント・ラヴ』のドラマレビューその他で仕方なく休んで、昨日は

最低16kmだと思ってた。走り出すと意外に脚が軽かったから、18kmにしよう

かと思ったのに、途中でやり忘れてた大切な仕事を思い出す。火曜が期限で、

延長は不可能。って事で、走りのスピードを上げて16kmってことで妥協。

         

脚はわりと回復してきたのに対して、心肺はまだまだ。特に心拍がやたら高くて

中盤からはずっと170以上ってありさま。大してスピードも出てないのに、心拍

だけは完全にレース並み。最後も179に到達。結局、トータル1km4分38秒

でクリアできたけど、これじゃあ川口は大敗だから、あと10日ほどで何とか間に

合わせなきゃマズイね。今晩もちょっとだけ走って、明日は18kmゆっくり走ろう

かな。ではまた。。☆彡

            

  往路(2.45km)    12分20秒  平均心拍137          

  1周(2.14km)    10分10秒        161        

  2周              9分49秒        167        

  3周             9分42秒        170

  4周              9分46秒        172 

  5周              9分45秒        174

  6周(0.4km)       1分52秒         174

  復路              10分49秒         173

  計 16km    1時間14分11秒    165(最大心拍179,ゴール時)

| | コメント (0)

もう一つのイノセント・ラヴ~『イノセント・ラヴ』第6話

 片手の萎えた人がいた・・・

 その人に 「手を伸ばしなさい」と言われた

 伸ばすと もう一方の手のように元どおり良くなった

 ・・・大勢の群集が従った イエスは皆の病気をいやして

 御自分のことを言いふらさないようにと戒められた

 それは 預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった

       

 「見よ わたしの選んだ僕(しもべ)

  わたしの心に適った愛する者

  この僕にわたしの霊を授ける・・・」

         

 ・・・人が犯す罪や冒涜(ぼうとく)は どんなものでも赦されるが

 “霊”に対する冒涜は赦されない・・・

                       

                     (『聖書 新共同訳』,日本聖書協会,

                      マタイによる福音書 12章 13節~31節)

    

           ☆          ☆          ☆

オーッ、いきなり新約聖書から始めると、また一段と格調高いサイトになった気

がするね☆ 全然? あっ、そう♪ とにかく、病める人はイエスのもとに集まれ

ばいいってことでしょ。信じる者は救われる。神の心に適った者だけが救われる

のだから、誰にでも奇跡を言いふらしたりしちゃマズイわけ。「鰯の頭も信心から」

とは言うけど、やっぱりイエスを選ぶべきだし、その集いに参加するべきなのだ。

あるいは浅野妙子脚本を任せれば、奇跡的に回復したりもするわけよ。ただし、

一旦病状が悪化して、危ないと思った所で急に完治するのだ。まるで、フジテレビ

のドラマみたいにネ。

                              

さて、前回第5話は危うく卓袱台を放り投げそうになったけど、じっくりドラマを見

直して大胆な解釈を提示し、無事、卓袱台を引っ込めることになった。今回は普

通に楽しめたし、特に不満もない。ビルの屋上の危険な撮影、ご苦労様って感じ

だ。ま、どこまでCG使ってるのか分かんないけどさ。

                  

不法侵入から合法的つながりへの全体的変化で、聖花(内田有紀)が安堵の涙

を流して目を閉じる──この私の解釈は、今週の内容に照らし合わせても全く問

題なかった。実際、今までさんざん映された不法侵入がパッタリ消えて、その代わ

りに、佳音(堀北真希)殉也(北川悠仁)の合法的つながりが強調されてたわけ

だ。おまけに今回のサブタイトルは「深まる絆」。ピッタシだろう。

        

ほとんど新婚生活みたいで、編集によるカットさえ無ければ、ベタベタの甘~い

同棲生活の毎日。ま、カットされた部分は、想像力を鍛えるために試練を与えて

くれたんだと思って、自分の脳で補えばいい♪

     

強いて今回への不満を挙げるなら、聖花の回復が1話くらい遅いと思う。3話終

了時点で、そろそろ聖花が覚醒するんじゃないかとあちこちに書いたけど、前回

5話終了時点では、もう遅いと書いた。それは内容と時間のバランスを考慮した

からだ。まだ未定のようだけど、おそらく『イノセント・ラヴ』は全10話、12月22日

で終了と考えるのが自然だろう。大物で特殊な脇役である聖花の覚醒は、残り半

分以上残した時点で起きるべき出来事だから、第6話のラストで治るんじゃちょっ

と遅い気がする。

                 

実際、そのあおりを受けて、最初から悪役っぽく映ってた鉄仮面じゃなくて美月

(香椎由宇)は、まるでマタイ12章の聖書朗読という小話を出すためだけの存在

みたいになってた。来週の予告を見ると、新たに聖花が悪女とか小悪魔として前

面に出るようだから、ますます美月の影が薄くなってしまうだろう。ま、義道神父

(内藤剛志)と一緒にいるだけで何となく笑えるからいいけどネ♪ あの2人をあ

やしいカップルと見て楽しんでるのは、私だけじゃないはずだ。おそらく、神聖な

場所で罪を犯してるはずだけど、「いつくしみ深き」神はどんな罪もお赦しになる

から大丈夫なんだろう。さすが、世界3大宗教ともなると偉大なもんだ。

                                    

一方、前回は影が薄かった昴(成宮寛貴)は、久々に短い時間で目立つ活躍をし

たから、全国数万人か数十万人の成宮ファンもそこそこ満足したんじゃないかな。

前に、お兄ちゃんの耀司(福士誠治)のブログが意外なほど人気だって話を書い

たけど、成宮の人気の方がやっぱり上。現在、Ameba芸能人・有名人ブログの

総合ランキング7位で、毎日の記事にコメントが1000とか付いてる! 写真を

添えた日常のつぶやきでこれほど反響があるっていう辺り、有名芸能人パワー

恐るべしって感じだ。

        

これでも『an・an』好きな男ランキング2008だと28位に過ぎないんだから、1位

のキムタク=木村拓哉や2位の福山雅治だと凄いことになるんだろうね。やっぱ

り女と男は別の生き物だなぁとか、しみじみ思うわけよ。そりゃ、ちょっと飛躍か♪

       

話を戻すと、小粒でもピリリと辛い山椒みたいな(古!)、昴の活躍。それは、聖

花が救急車で運び込まれた病室のシーンと、そこにかぶさる回想シーン。「聖花、

オレだよ。とうとう、あいつをラクにしてあげる気になったの。お前、最悪な女だも

んな」。そこで挿入されたのが、過去の意味深な映像だった。

            

私は土曜深夜に、エビちゃん=蛯原友里&山田優で有名な女性ファッション誌

『CanCam』のテレビ版、『テレキャン』第1回の記事をアップして相当なアクセス

を頂いたばかりだから、ごく自然に若き聖花のプチ悪女ファッションに目が行っ

てしまう。上が茶系のカットソー&マフラー、ウエストがかなりフィットしたもので、

胸元にはネックレスでアクセント。佳音よりかなり短めのグレーのタイトミニを挟

んで、足元がまた茶系。スウェードのニーハイ・ロングブーツを膝で折り曲げて。

ヒールは低め、ありがちの歩きやすい高さだ。

                              

なるほど、ちょっと時代を感じさせつつ、適度に上品で適度に遊んでるっぽい雰

囲気を醸し出してるわけね。『テレキャン』や雑誌の『キャンキャン』がプッシュし

てる甘い「ミルキー配色」とは違うけど、あれで正解だと思う。衣装さん(増田歩)

か、あるいはスタイリストさん(宋明美)か、地味ながらもグッジョブ(Good Job)だ♪

こう書いても、佳音の白いコートみたいな検索アクセスは集まらないだろうけどさ。

                           

で、結婚式の前日の聖花と昴のやり取りは、「おめでとう」「おめでとうなんて言わ

ないで。私にはこんなに愛される価値がない。知ってるでしょ」。ここで昴の肩に

手をかけて寄り添う聖花。時間帯はハッキリしないけど、部屋が暗くて照明が付

いてるし、掛け時計が19時30分のように見える。となると、この後に起こること

は古今東西ただ一つだろう♪ 長崎家の佳音&殉也と同じこと。男女の真実に、

何も違いはない。

                      

ドラマでは、その後は編集でカットされてて、現在の病室の昴に映像が戻る。

さよなら。聖花」。そこで医療器具がアップで映されるから、一瞬また犯罪行為

にチャレンジするのかと思ったけど、残念ながら(?)オルゴールを持って戻っ

た佳音に妨害された(or 救われた)形になってた。昴が顔色を変えたのは、佳

音が持って来たのがおにぎりの差し入れじゃなかったからではないだろう♪

聖人とは違って、一般人の愛とは不平等なものなのだ。。

                 

          ☆          ☆          ☆

さて、この聖花&昴の短い場面を見て思い出したのは、11月20日に出版され

たばかりの、外伝っぽいノベライズ。『君が笑ってくれるなら もう一つの「イノセ

ント・ラヴ」』(前川奈緒,幻冬舎,税込1050円)。読者の方が熱心に勧めてくだ

さったので、ドラマの数時間前にサラッと立ち読みしてたのだ。

         

ネタバレには一応気をつけてたけど、「もう一つの」とわざわざ書いてるし、サラッ

と見るくらい平気だろうと思ってたら、甘かった。いきなり最初のページから聖花

が回復してて、結果的にはドラマを4日ほど先取りしてたことになる。おまけに、

少しページをめくると、聖花&昴が特別な仲だって話も出て来てて、これまた結

果的にはドラマと同じだったわけ。

          

ただ、ドラマはあくまで佳音&殉也が中心だし、耀司も美月も池田(豊原功補)

もいるから、そんなに聖花と昴を丁寧に描く余裕はないと思う。そこを補う内容

だからこそ、「もう一つのイノセント・ラブ」なんだろう。ちなみに「ブ」は検索ミス用

にわざと書いてるから念のため♪ 今でも結構、入るのよ。

                               

昔からの常連さんは覚えてると思うけど、ウチでは以前、亀梨和也&綾瀬はるか

『たったひとつの恋』と、山下智久&長澤まさみ『プロポーズ大作戦』で、ノベライ

ズを買って軽めの記事をそれぞれ複数書いている。他にも、『野ブタ。をプロデュー

ス』『華麗なる一族』、藤木直人『ホタルノヒカリ』、福山雅治『ガリレオ』、小日向

文世&松田龍平&吉高由里子『あしたの、喜多善男』で、原作記事を書いてる。

今回もちゃんと、ノベライズの記事を書きたい気持ちはあるんだけど、残念なが

ら余裕がないのだ。

                                          

そこで、代わりと言っちゃなんだけど、読者の皆さんにお勧めしとこう。色々見て

来たけど、この前川奈緒の小説はなかなか出来がいいと思う。本文138ページ

で、文字数もそれほど多くないものの、白い表紙カバーを始めとしてキレイな装丁

だし、内容もサラッと読んだ感じでかなり印象が良かった☆ 心に滲みる切ない

ラブストーリーで、共感も持てるしリアリティもある。女性ウケしそうだし、ドラマよ

りいいんじゃないのって感じもしたほどだ。視聴率さえ高ければ、スペシャル版で

「もう一つのイノセント・ラヴ」を脚本にしても全然OKなんだけどな。。成宮ファン

の皆さん、力を合わせてフジテレビにアピールすれば、何とかなるかもよ♪

            

            ☆          ☆          ☆

最後に、もう一つの、「もう一つのイノセント・ラヴ」に触れて終わりとしよう。これ

はもちろん、入力ミスではなく、新約聖書でイエス・キリストが周囲に示してるイノ

セントな(純粋で罪の無い)愛だ。美月のお気に入りで、この記事冒頭に引用した

マタイによる福音書12章は、イノセントとギルティ(有罪)に対する考察を中心と

したものになってる。

                       

安息日にも関わらず、イエスが善い事(身体の治療)を行ったのに対し、反対派

(ファリサイ派)は、律法に反するギルティな行為だと批判する。それに対してイエ

スは、たとえ表面的に法に背くことでも、人に対して善い事をするのだからイノセ

ントだと主張するわけだ。要するに、休日出勤禁止だろと怒る人に対して、会社

のためになる仕事をしてるんだからいいだろと言い返すようなもんでしょ・・・とか

書いたら不謹慎かも知れないから止めとこ♪ 書いとるわ!

                          

私はこれまで、完全なイノセントというのは理想論であって、現実には必ずギル

ティと混じり合ってるという話を、あちこちで何度も書いて来た。誰もが被害者だ

し、誰もが罪人なのだ。でも、イエスの論法を使うのなら、些細な罪は罪の名に

値しない。やっぱりイノセントという概念はリアルだし、イノセント・ラヴも実在する

ことになる。

                                  

ただし、殉也に対する昴の愛はギルティだし、佳音に対する耀司の愛もおそらく

ギルティだろう。聖花も今のところはビミョーな位置にいる。だからこそ尚更、イノ

セントでピュアな愛を描こうとしてる『君が笑ってくれるなら もう一つの「イノセント・

ラヴ」』は貴重なのだ。殉也が笑ってくれるなら、昴が笑ってくれるなら、聖花が笑っ

てくれるなら。そこにあるのは、おそらく徹底的にイノセントでピュアな愛だろう。ま

るで、聖書のイエスが示す愛のように。。

          

           ☆          ☆          ☆   

ドラマの今後についてもちょっとだけ書いとこう。ここまでの流れがほのめかして

るのは、佳音が父親から虐待を受けてただけじゃなく、佳音が親殺しの真犯人

で耀司がかばってるというストーリーの可能性だ。あり得ないとまでは言わない

けど、これほどの重大犯罪の捜査で、少年・少女の単純なウソがバレなかった

というのは非常に考えにくい。

                   

そもそも、ミートスパゲティやラーメンを食べるだけでも、服に飛び散ったりする

わけだ。両親をナイフで惨殺した後、服を着替えて風呂に入ったくらいで証拠が

消せるとは思えないし、そんな隠蔽工作をする余裕があるとも思えない。大人2

人が無抵抗というのも全く奇妙な話だし、どんな事情を考慮しても、どんな映像

を使っても、ドラマのラストの印象は暗く重いものになってしまうだろう。

            

真実を知った2人が心中なんて話だと悲惨で、今回の神父の言葉も自殺だけは

罪だと禁じるものだった。それはおそらく、神から授かった“霊”とか魂への冒涜

だからだろう。聖書マタイ12章の言葉を再掲しておく。

            

    この僕(しもべ)にわたしの霊を授ける・・・

    人が犯す罪や冒涜は、どんなものでも赦されるが、

    “霊”に対する冒涜は赦されない・・・

    

クリスマス直前に、バッドエンドのドラマを流すのも、聖なる時への冒涜として赦

されないだろう♪ たとえ殉也が弾いてた名曲『虹の彼方に』(Over the Rainbow)

の歌詞の「オーバー・ザ・レインボウ」が空高く遠い世界をほのめかす言葉であっ

ても、このドラマ・スタッフお得意のフェイントだと思いたい。私としてはあくまで、

ある程度以上の明るさを含んだ美しいホワイト・クリスマスを見せて欲しいもんだ。

ではまた。。☆彡    

      

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今回も、刑務所の面会シーンはなかなか凝ってた。あらかじめ、直前の

    長崎家のシーンで、目を見開いて口元を動かす聖花をアップで映して、

    ホラームードを軽く匂わせる。画面が切り替わって、面会室。ガラスか強

    化プラスチックか、透明な衝立の向こうにいる暗い表情の佳音を映して、

    衝立には耀司の姿が微かに映りこむ。この時、まるで亡霊が佳音の背

    中から襲い掛かるような不気味な映像になってるのだ。好きだねぇ♪ 

    第4話のホラー演出で全国をガクガクブルブルさせたのは松山博昭だけ

    ど、今回の演出は遠藤光貴だ☆彡

              

P.S.2 2人でやってたトランプは「神経衰弱」かな。英語だと「concentration」

      だから、むしろ「神経集中」。要するに、数合わせだけど、この言葉は

      しばらく前までは軽い心の病の一つを指す言葉だった。今はほとんど

      聞かなくなってるけどね。「神経症」(=ノイローゼ)なんて言葉もかなり

      マイナーになった。こうして、名前だけ変わっても、症状そのものはちゃ

      んと残ってそうな所がややこしい話だ。突き詰めれば結局、人間の心っ

      てややこしいなっていう、素朴な事実だろう。。

    

P.S.3 黄金色に輝く並木道を歩く佳音が、少女時代の佳音(沢木ルカ)と入れ

      代わるカットなんてのは、二宮和也&錦戸亮&戸田恵梨香『流星の絆』

      の演出を意識したお遊びかね。さっぱり記事は書いてないけど、一応

      戸田のコスプレとかドレスアップを期待して、見続けてはいるのよ。超~

      不真面目だけどさ♪

    

P.S.4 『SMAP×SMAP』のゲストは何と、ランナーの憧れ、高橋尚子! 本

      当に「朝飯前」に50km走ったことが何回あるのかはビミョーだけど、

      キムタクの食い付きがかなり良かったね。彼が本気でチャレンジし始め

      たら、女性ランナーが一気に数万人くらい増えるんだけどなぁ。。☆彡

         

P.S.5 『イノセント・ラヴ』第6話視聴率は12.6%、『流星の絆』第6話視聴率

      は14.8%。う~ん、ちょっと上がったけど、逆転は苦しいかな。。☆彡

             

cf.純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話

   愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話

   白さとヴァルネラビリティ~『イノセント・ラヴ』第3話

   PTSDカップルとしての佳音&耀司~『イノセント・ラヴ』第4話

   傷、侵入、つながり~『イノセント・ラヴ』第5話

   風船と共に去りぬ~『イノセント・ラヴ』第7話

   抑圧されたものの回帰~『イノセント・ラヴ』第8話

   ギルティ・ラヴとしての嫉妬~『イノセント・ラヴ』第9話

   オフホワイト・クリスマスの祈り~『イノセント・ラヴ』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『イノセント・ラヴ』、タイトルバック映像の英単語

   『イノセント・ラヴ』公式裏サイトを見る方法(図解付き)

| | コメント (8) | トラックバック (5)

青梅はもう応募締切になったのか!

RUN 11.1km,53分49秒,心拍152

国際千葉駅伝、この冷たい雨の中でよくやるよなぁ。。短パンにランニング1枚で

走ってるんだから、体感温度って言うか皮膚の表面はかなり体温が下がってる

はずだけど、日本チームはなかなかの健闘。解説の高橋尚子も満足って感じだ

ね。高橋はやっぱり、テレビ慣れもあって、引退直後にしては滑らかな語り口♪

増田明美や有森裕子や千葉真子らの仕事が減っちゃうかも。

      

私は強運なのか、今までランニングでも自転車でも、雨のレースは1度も経験し

てない。高校陸上部時代に小雨の駅伝を経験したような気もするけど、大した

ことはなかったと思う。普段走る時も、雨の日はなるべく走らないし、走る時には

たとえ小雨でも傘ランだ。流石にレースで傘を差すのはマズイだろうから、雨だ

と棄権しちゃうかも。ま、駅伝だと自分だけパスってわけにもいかないけどね。

    

さて、昨晩は衝撃的な事実が発覚した。連休でちょっと時間の余裕があったから、

そろそろ青梅のエントリー(申込)でもしようかと思ってアクセスすると、何と既に

受付終了! ガ~~ン。。って反応はちょっと古いかな♪ 「9月1日から参加者

募集を開始しておりますが、おかげさまをもちまして、30キロの部が定員数に達

したため、 お申込期間最終日前の 平成20年11月20日(木)で応募を締め

切らせていただきました」とのこと。僅か3日遅れだったのか! 今年2月は大雪

で中止になったし、これで2年連続走れないことになってしまった。

         

運も悪いけど、世田谷ハーフや川口ハーフ、東京の抽選にも気を取られて、忘れ

ちゃってたわ。って言うか、青梅ってこんなに人気あったっけ? 本来の受付期

間は12月1日までだから、11日も早く定員に達したのか。東京の申込も毎年急

増してるし、やっぱランニングはブームだね。自転車もかなり普通の趣味になっ

て来たし、いいことでしょ。ガソリン価格が一時的に下がっても、自動車産業はな

かなか苦しそうな感じだな。

                 

さて、この日は実質的に4日連続の走りとなった。かなり脚が疲れてるので、ゆっ

くり走ろうとするんだけど、寒いからどうしても脚をスタスタと動かしてしまう。ピッチ

走法みたいなウォーミングアップでスタートして、その後もごく自然にスピードアッ

プして、最後は1km4分27秒ペースまで上がった。4日連続だと、脚は疲れるけ

ど、心拍は逆に下がってて、この日は最高でも165まで。いいことだね♪

    

トータルでは1km4分51秒ペース。まあ、1km5分を確実にキープしようと思う

と、ちょっと余裕をみてこのくらいのペースになっちゃうわな。今晩はかなりの雨

だから、パスしたいけど、深夜に雨が止む可能性もあるから、心構えは一応しと

こう。大雨の中を走るのは嫌だけど、小雨の傘ランくらいならOKだ。ま、足元が

グチャグチャなのはうっとうしいけどさ。ではまた。。☆彡

          

P.S.男子テニスの元スター選手、ジミー・コナーズが、バスケの観戦中に騒い

    で逮捕されたってお話だ。名プレイヤーのイメージがガタガタ。。

                                         

 往路(1.15km)    6分14秒    心拍124    

  1周(1.1km)     5分40秒       141            

  2周            5分28秒      149               

  3周            5分24秒       153       

  4周            5分21秒      155             

  5周            5分16秒      157                 

  6周            5分11秒      158             

  7周            5分07秒      160             

  8周           4分53秒      163

  復路            5分24秒      162             

  計           53分49秒      152 (最大心拍165,周回ラスト)

| | コメント (0)

地球温暖化の一方で、寒冷化のきざしも☆

RUN 13.3km,1時間03分34秒,心拍156

ちょっと前まで、暑くて暑くてガマンできないな・・とか思ってたはずなのに、アッと

言う間に「寒いわ!」とボヤく気候になって来た。天気も人間社会も、極端な動き

をするようになってるね。首都圏では、いきなり元厚生労働省事務次官を殺傷し

たり、全国の小中学校ではちょっとからかわれただけで急に刃物を持ち出したり。

こうゆうのは、10年前なら「世紀末」って言葉でまとめてたけど、今は使えないん

だよな。「世紀初め」じゃ、間が抜けてるもんね♪

    

さて、一昨日、11月21日の朝日新聞・朝刊の科学欄には、「太陽 元気なし」っ

ていう大きな見出しが写真と共に掲載されていた。小見出しは、「活動期でも黒点

増えぬまま」「地球に寒冷化の恐れ」。面白いなと思って、本文を読んでみた。今

は世界中で、温暖化という言葉が叫ばれて、エコブームとつながってる時代なの

に、一部の科学者は逆に寒冷化の心配をしてるらしい。

    

A4で1枚程度の記事の要点は、こうゆう事だ。爆発とかの太陽の活動は、黒点

(低温で黒く見える箇所)の多さに表れる。黒点は約11年周期で増減を繰り返し

てて、今は増え始める時期なのに、減ったままの状態が続いてるのだ。もし太陽

の活動が低下すると、地球に届く太陽エネルギーが減るだけじゃなく、太陽風(陽

子などの流れ)も弱まり、それが地球の雲を増やすことにもなる。日光が遮られて、

太陽光発電とか太陽熱発電なんて話も吹っ飛ぶわけだ。もちろん、二酸化炭素

を減らして地球温暖化を防ごうなんて動きも、意味がなくなるだろう。

      

寒冷化は数百年~数千年のレベルで見た時のことで、今世紀は温暖化が続くと

見られてるものの、太陽の元気が無くなっていく様子を写した連続写真なんて見て

ると、日本とか地球だけじゃなくて太陽系は大丈夫かねって気にもなるよな。そりゃ

大げさか♪ ともかく、温暖化の一方で寒冷化にも注目が集まってるってことだ。

     

        ☆          ☆          ☆

何でこんな事をここに書いてるかっていうと、単なる練習日誌じゃ芸がないってこと

もあるけど、走り始めが寒くて嫌だなってことだ。ウォーキングなら厚着するだけで

いいけど、ランニングだと重いし、途中から汗を流すことになるから、あんまし厚着

は出来ない。なかなか服装に気を使う時期なのだ。特に私は、冷え性で寒がりな

くせに汗かきだから、すごく難しい。ここ数日は、夏用の薄手の高機能シャツを上

に3枚着て、ちょうどいいって感じだ。暑くなったら、胸のファスナーを開けたり、少

しだけスピードを落としたりして調節してる。手袋は途中で暑苦しくなるけど、距離

が短いから最後までハメたままだ。11月下旬の手袋は大げさかもね♪

     

で、実質的に連続3日目となったこの日はどうだったか。世田谷後の10日間で衰

えきった身体は徐々に回復しつつあって、脚の疲れにも関わらず自然にスピード

アップ。もっとゆっくり走ろうとか思いつつ、最後は1km4分15秒ペースまで上がっ

てしまった。意図的じゃないビルドアップ(少しずつスピードアップする走法)って感

じだったね。     

       

結局、トータルでは1km4分47秒ペース。まだまだ論外だし、距離も短いけど、体

力回復してきた点はプラスだ。かなり脚に疲れが溜まってるから、今晩は軽い有酸

素運動に留めるとしよう。川口ハーフまで僅か2週間。何とか間に合わせなきゃね。

ではまた。。☆彡 

                                  

往路(1.15km)   6分22秒      平均心拍125

 1周(1.1km)    5分41秒            142

 2周          5分31秒            147

 3周          5分24秒            153

 4周          5分18秒            155

 5周          5分15秒            158

 6周          5分12秒            159

 7周          5分06秒            162

 8周          5分02秒            165

 9周          4分57秒            168

10周          4分44秒            171

復路           5分02秒            170

 計13.3km  1時間03分34秒          156(最大175,ゴール時)

| | コメント (0)

雑誌『CanCam』&『AneCan』のテレビ版、『テレキャン』♪

徳澤直子って可愛いよなぁ♪ ファッションもお嬢様系でキレイだし、前からちょっ

といいなと思ってたけど、ますます気に入ったわ☆ テレビ的にはもう少し元気が

あってもいいかなと思ってたら、徳沢のブログによると、番組収録した11月12日

は盲腸の手術の直前だったらしい。そりゃ、大変だったね。見事なモデル魂だ!

                             

さて、ウチはスポーツ(ランニング&自転車)とドラマ・レビューを中心に、お堅い記

事を交えたマニアックなブログで、今までファッション系の記事を書いたことはおそ

らくたった1回だと思う。2年前の9月に、NHKのドキュメンタリーを見てアップした、

目指せエビちゃん♪~東京カワイイ☆ウォーズ」だけ。この記事は、検索サイトに

も助けられて、かなりのアクセスを集めることになったけど、その後そういった話を

扱うことはなかった。

      

ところが、この日は三連休の初日で、さすがに夜はまったりムード。レビューする

ドラマ『イノセント・ラヴ』以外は、最近ほとんどテレビを見てなかったから、珍しく

夜中の番組を見てみた。それが、この日に第1回を迎えた、雑誌『CanCam』の

テレビ版、『teleCan』(テレキャン)だ。テレビ朝日で0時30分から1時間放映さ

れた番組。タイトルは要するに、「televiCanCam」の略ってこと。「teleCan」って

ロゴの先頭の「t」は、「C」に横棒を1本入れて、「CanCam」に似せたデザインに

なってる。この辺り、流石に上手いね。

                         

内容は、軽いスタジオトークにロケを交えた、トーク&ファッション&グルメって感

じのもの。スタジオは、いかにもキャンキャンって感じのカワイイ系ファッションに

身を包んだ徳澤直子&西山茉希安座間美優を相手に、永井大がインタビュー

する形で、金曜夜の『サラリーマン金太郎』のプロモーションにもなってるわけだ。

昔は高橋克典とエビちゃん=蛯原友里でやってたのに、今は永井と安座間がやっ

てるもんね。おまけに、先週は徳澤がゲスト出演したらしい。

      

テレキャンのスポンサーも、『CanCam』を発行する小学館だから、ひょっとして

テレビ朝日と小学館に資本関係があるのかと思ってウィキペディアを見たけど、

分からなかった。まあ、西山茉希は、フジの格闘番組『SRS』『K1』でテレビ進出

に成功したし、徳澤だって日テレやフジでも活躍してるから、関係ないか。

   

スタジオトークでは、やっぱり西山が一番慣れてたね。アドリブでちょこちょこ面

白いことを言ってた。例えば、永井が革好きだとか言って、「革」を連呼してると、

「ちょっ、ちょっ、ちょっと気になるのは・・・レザーって言った方がいい」とナイス

突っ込みを入れる♪ こうゆうのは、やり方を間違えると逆効果になるんだけど、

言い方やタイミングも含めてかなりテレビに馴染んでる感じだった。キャンキャン・

モデルとしての経歴や年齢は徳澤の方が上だけどね。

        

ファッション紹介だと、雑誌のCanCamに合わせて、「CCエレガンス」を前面に

押し出してた。画面下のテロップには、「女の子が幸せ♡になる為のファッション

の法則 冬のCC(キュート&クラシカル)エレガンス」。モデル並みの容姿を備え

スタイリストの楠玲子によると、チェックポイントは3つ。ハデ☆カワ、ミルキー

配色、ミニ♡ボトム。この「☆」や「♡」がテレビに映るのも、雑誌のまんま。あち

こちのショップを訪ねながら具体的に説明するのは、モデルの高橋メアリージュン

峰えりか。大勢いて、顔と名前覚えるのが大変だよな♪ 女性読者ならちゃん

と覚えてるのかね。スタイルだけなら、高橋が目立ってたかも。ハーフだからなの

か、やっぱ脚が長い。顔は日本人の方が好きだけどさ。

             

その後、これまた発売されたばかりの雑誌にあった企画として、いまや女優と

しても名前が売れてる山田優の「束の間の休日」の紹介。続いて、スタジオの3

人のプライベートの紹介。徳澤が乗ってる自転車が、私と同じイタリアブランド

「Bianchi」(ビアンキ)だったのが嬉しかった♪ ただし、私や、『Around40』で

天海祐希が乗ってたのはファクトリー・カラーのチェレステ(パステル青緑)だけ

ど、徳澤は珍しく黒中心のカラーのものだった。

    

その後は、雑誌『CanCam』を遂に卒業、『AneCan』に移ることになったエビちゃ

んのイタリア・ローマロケ。流石に売れっ子のベテランだけあって、可愛いし慣れ

てるね。表情や身体の動きが全然違う。それに続いて、また2人モデルが登場。

阪井あゆみ平山美春。人数、多いわ!♪ 銀座でお鍋の紹介をしながら美容

トーク。直後には、スタジオでも鍋。美味しそうだな☆ 納豆は余計だけどさ。。

                     

CMを挟んで、今度はお笑いのオードリー(Audrey)が登場して、街中で読者モデ

ル探し。苦労したあげくに、やたら可愛いコをつかまえてたけど、ヤラセじゃない

わけね。最後は、『AneCan』の押切もえ高垣麗子の気になるものインタビュー。

ちょっと芸がない企画だけど、押切が可愛いから良しとしよう♪ 押切は、ホノルル

のフルをかなりいいタイムで完走してるくせに、気になるスポーツを聞かれてランニ

ングと答えなかったね。ちょっと残念だし、勿体ないと思うな。確か、スポーツ系の

男性タレント・永井も同じ年に完走して、女性モデルの押切の方が上だったと思う。

長谷川理恵もそうだけど、モデルは体脂肪率が低くて長距離走には有利なのだ。

                         

こんな具合に、1時間まるごと雑誌のテレビ・ヴァージョンって感じの番組で、私の

印象はかなり良かった☆ 1ヶ月に1回、キャンキャンの発売に合わせて月末に

放送するみたいだけど、単独スポンサーを続けられるほど小学館に余力がある

のか、ちょっと心配かも。講談社と並ぶ最大の出版社だから大丈夫ってことか。

          

あと、誰が見るのかなってのも気になる所。ファッションとか映し方とか、かなり男

性視聴者を意識してるみたいだったけど、気のせいかね。ミニ+ロングブーツと

か、女の子っぽい色とか、フワフワ感とか、モテ系はまだまだ強いから、あれで女

性的にも満足なわけか。視聴率や評判はどうなのか、今後の反応に注目しよう。

実際の街中だと、首都圏でさえあの手の女性は少ないのが現実で、百貨店の売

り上げ急減とユニクロの好調も伝えられている。テレビや雑誌のファッションは、

夢物語としてOKなのかも知れないね。女性にとっても、男性にとっても。。

        

という訳で、まずはこの記事がどのくらい読まれるか確認してみたい。読者が相

いるようなら来月も書こうかな。番組を見るだけならまた見てもいいね♪ ちな

みにこの番組、キャンキャンの動画サイト「CanCam.TV」でも月末に流すとの

こと。見逃した方はどうぞ。キャンキャンのサイトは全般に良く出来てると思う。

ではまた。。☆彡

    

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.この記事は、日刊ココログガイドが「おすすめ記事」として取り上げてくれ

    て、ニフティのトップページでも紹介された。スタッフさん、毎度どうも♪

    081123

| | コメント (0)

朝日を浴びて早朝ラン、まだ論外・・

RUN 13.3km,1時間04分35秒,心拍160

東京国際女子で活躍した尾崎好美(第一生命)と渋井陽子(三井住友海上)は、

相次いで中国・昆明の高地合宿に出発したんだね。フルの激しいレースが終わっ

まもないのに、ご苦労様なことだ。よく見ると、二人とも一流保険会社なんだけど、

金融危機の影響とかはまだないのかな。サブプライム問題で、直接的には証券

や不動産の損害が大きいはずだし、間接的にも営業に支障が出てるはず。厳し

い会社業績が、チームに悪影響を及ぼすことはないのかね。高橋尚子が契約

してたファルテンが陸上部の廃部を決定したのは、ほんの1ヶ月前のことだ。

            

ところで、最近やたら昆明って地名を聞くけど、全く知らないから検索してみた。

中国の南西端、ベトナムやラオスと隣接する辺りに位置する雲南省・中部の省都

が昆明なのか。海抜1900mで、夏は暑過ぎず冬は寒過ぎず。一年中穏やか

植物も豊か(紹介サイト『昆明ノート』の情報)。ふ~ん、いいことだらけに聞こえる

けど、環境はともかく、道路とか食事は大丈夫なんだろうか。特に道路は、北京五

輪でさえ色々と言われてたほどだから、日本と比べるとかなり違ってそうだよな。

ま、みんな行ってるから大丈夫ってことか。個人的には、独特な風景で名高い桂林

に行ってみたいんだよなぁ。そりゃ、関係ない話だね♪ 水墨画で見て以来、憧れ

てるのよ。。

            

        ☆          ☆          ☆

ってことで、僅か13.3kmのパッとしない練習日誌を記事にするのも気が引ける

から、オマケの話を付けたわけ。ブログ運営も大変なのだ。さて、この日はどうだっ

たか。まず誤算だったのが、走った時刻。余りに眠いから、帰宅後に2時間ほど

寝て夜中に走ろうと思ってたのに、ズルズルと後ろにズレこんで、結局走ったの

は土曜の朝になってしまった。気分的には金曜の夜の走りだけど、実際は朝日

の中で走ったわけ。ま、それはそれで気持ち良かったけどね。爽やかな朝日を

浴びながら走るなんて、8月以来だもんな。日焼けしちゃったかも。

          

それにしても、体力を衰えさせるのは超簡単だけど、戻すのは大変だなぁ。非対

称性と言うか、不公平と言うか。木曜夜よりは少しマシだったけど、まだまだ全然

だね。酸素を吸っても身体に入らないって感覚は消えたものの、やたら心拍が高

くてしんどい。僅かな距離なのに、周回最後は心拍179! ほとんど実測最大心

拍184に接近する値だ。別にスパートしたわけでもなくて、1km4分20秒まで上

げただけなのに、この有り様。マズイよなぁ。。

                        

結局、トータルでは1km4分51秒。2週間前の世田谷だと、遥かに速いペースで

ほぼハーフ(約1.1km不足)を走ってるのに、何じゃ、こりゃ!って感じだ。また

すぐ今晩、軽いジョグでもやっとこ。明日も明後日も休みなし! ではまた。。☆彡

        

往路(1.15km)   6分26秒      平均心拍125

 1周(1.1km)    5分38秒            148

 2周          5分31秒            151

 3周          5分19秒            155

 4周          5分23秒            159

 5周          5分20秒            163

 6周          5分17秒            165

 7周          5分15秒            167

 8周          5分08秒            170

 9周          5分07秒            171

10周          4分49秒            176

復路           5分22秒            173

 計13.3km  1時間04分35秒       155(最大179,周回ラスト)

| | コメント (0)

世田谷後に10日なまけたら体力ガタ落ち・・

RUN 13.3km,1時間05分23秒,心拍155

ひどい走りって言うか悲惨な持久力だね (^^ゞ まずまずの走りだった世田谷246

ハーフから僅か10日で、こんなに衰えるとは驚いた。途中、10kmと9kmを1回

ずつ走っただけだから、仕方ないのかな。それにしても極端だね。。

         

この10日間は、やる気はボチボチで体調はイマイチかイマニ。でも、こんなに

なまけたのは、時間が無かったことに尽きる。世田谷ハーフの直前はちょっと

無理して走ってたから、終わった途端に雑用の山が押し寄せて来たし、誘導ミス

による距離不足問題で記事を連発したことでも時間を取られた。おまけに仕事

でもプライベートでも想定外のことがあったから、結局さっぱり走れなかったわけ。

     

それにしても、9月からランニングシーズンに入って以降、11月9日のレースま

で、かなりいい感じで走ってたから、10日なまけたくらい大した事ないだろうと

思ったら、超甘かったわ。気温が一気に下がったせいで、身体が温まるのに時

間がかかるようになったって事情はあるけど、とにかく1km5分ペースでやたら

しんどい。脚はともかく心肺能力がガタガタで、酸素を吸っても身体の隅々まで

届かない感じなのだ。血液の循環が悪くなると同時に、細胞内のミトコンドリア

の数が急減したってことか。

        

まあ、スポーツ生理学的な理屈はともかく、怠けると衰えるっていう当たり前のこ

とを改めて思い知らされた。たった13.3kmが長く感じたなぁ。。結局、トータル

では1km4分55秒。あの辛さから考えると、途方もなく遅いね。4分20秒ペース

くらいに感じたな。これじゃあ12月初めの川口ハーフは大敗しそうだから、しば

らく休みなしで走る予定。と言っても、明日(金曜)の夜もあんまし時間がないか

ら、10kmくらいしか走れそうにない。あぁ、焦る。。ってことで、また次回♪☆彡

            

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.世田谷ハーフの記事は3本とも、検索サイトの高い順位のおかげでかなり

    アクセスがあったし、最後の東京国際女子の記事も結構なアクセスが入っ

    た。って言うか、渋井陽子と尾崎好美の検索が思ったより多かったな。レー

    スをリードした実力者と、遅咲きの優勝者ってだけじゃなくて、2人ともやっ

    ぱ人気者なんだね♪  

                   

往路(1.15km)   6分43秒      平均心拍122

 1周(1.1km)    5分56秒            134

 2周          5分31秒            144

 3周          5分29秒            151

 4周          5分23秒            156

 5周          5分15秒            159

 6周          5分17秒            161

 7周          5分16秒            162

 8周          5分09秒            165

 9周          5分09秒            167

10周          4分50秒            170

復路           5分24秒            164

 計13.3km  1時間05分23秒       155(最大173,周回ラスト)

| | コメント (0)

厚生次官殺傷事件での誤報とウィキペディアの日時表示

知らなかった。。なるほど、そうだったのか! 前から変だと思ってたんだよなぁ。

ネットのフリー百科事典、ウィキペディア(Wikipedia)日本版の日時表示は、

「協定世界時」(UTC)だから、日本時間の9時間遅れなのか。9時間ってのは、

イギリスのグリニッジ天文台を基準にした「グリニッジ標準時」とほぼ同じだから、

大まかに言うなら日本とイギリスの時差ってことだ。まぎらわしいね。。

                

今日11月20日の夕方、たまたまネットであちこちのニュースを見てると、どこか

分からなくなったけど、毎日新聞の「誤報」の話が載ってた。先日から話題となっ

てる元厚生事務次官殺傷事件の予告らしきものがウィキペディアに載ってたと報

じたものの、それは記者がウィキの時刻を誤解したためだったという内容だ。改

めて、毎日新聞HPと IT media とウィキ(日本版,英語版)を調べて分かったの

は、こうゆう事だった。

    

毎日新聞の11月19日朝刊が、「ネットに犯行示唆?」と題する記事を掲載。事件

は18日夕方に起きたのに、「昼過ぎ」には既に、犯行をほのめかすような書き込み

が行われてたと報じた。「履歴」の欄を見れば記録が残ってるのだ。ところがウィキ

は世界を意識したネット百科事典だから、ユーザーが変更しない限り、日時表示

も協定世界時(UTC)になってる。だから、「昼過ぎ」と思われた書き込みは、実は

夜、つまり犯行が報じられた後のもので、予告とか犯行示唆ではなかったのだ。

        

エッ、と思ってウィキのあちこちを探しても、なかなか日時表示の説明は見つから

ない。でも、各項目の履歴を見ると、上部に「日時はオプションで未設定ならUTC」

と書かれてる。この「UTC」は何の略なのかなと思って、英語版のウィキで調べる

と、面白いことが分かった。「Universal Time,Coordinated」の略なんだけど、英語

としては不自然な語順と書き方。これは、英語とフランス語というライバル同士の

妥協として、国際電気通信連合が創り出したためらしい。

                

普通の英語だと「Coordinated Universal Time」(略してCUT)なのに対して、フラ

ンス語だと「Temps Universel Coordonne」(略してTUC;アクセント記号は省く)。

だから、重要なUとT(世界と時間)の語順は英語に合わせて、C(協定)の位置

だけはフランス語に合わせたということだ。なるほど、この辺りが妥協点か。。

                  

話を戻すと、ウィキの日本版の日時が協定世界時(UTC)だと分かったことで、

半年前の疑問が解決したのだ。大量のアクセスが集まった、4月中旬の『ラスト・

フレンズ』の記事で書いた話だけど、私は4月17日の昼に、瑠可(上野樹里)の

ネタバレ情報をうっかり見せられてしまったのだ(結果的に正しい情報だった)。

ところがその後、その情報はすぐ消えた。履歴を見ると、「17日早朝」に削除さ

たことになってる。でも私は確かに17日の昼に見たから、おかしいなと思って

たのだ。ところが、実際は9時間遅れの表示だから、削除されたのは日本時間

だと昼過ぎで、私が見た少し後。つじつまが合ってるのだ。なるほど!

                      

という訳で、「誤報」は言い過ぎかも知れないけど、襲撃事件をめぐる毎日新聞

の不適切な報道をきっかけに、ウィキの日時表示に対する誤解を訂正すること

が出来た。おまけに、協定世界時(UTC)というものも少し理解出来たわけだ。

めでたし、めでたし♪ 今後ウィキを使う時は気をつけよっと! ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

インターネット全体の図書館、WEBアーカイブ

今夜も時間がない中、何か記事をアップしなきゃなんない。毎日更新ってのは、ホ

ントに大変なことなのだ。先日、「コネタ記事をブログに導入しようかな♪」という記

事をアップして、ポータルサイト『エキサイト』の話を少ししたから、今夜は『R25.jp』

にしようかなと思ってアクセス。このサイトは、エキサイトと比べると遥かにマイナー

だけど、首都圏で毎週木曜日に60万部配布されてるフリーマガジン『R25』のウェブ

版。「Restrict25」だから、25歳以上限定って意味だ。基本的に、30歳前後の男性

読者を対象とする記事が載ってるけど、女性が読んでもそこそこ楽しめると思う。

    

さて、そのサイトですぐ目に留まったのが、「IT・デジタル」関連の「過去のサイトを

検索できるWEBアーカイブの実力」という記事。アーカイブという言葉は、まだピン

と来ない人もいるだろうけど、保管所とか倉庫という意味だ。したがって、「WEB

アーカイブ」とはWEB保管所。極端に言うと、広大なインターネット全体の図書館

ていう凄い意味になる。

          

記事によると、10月末まで「2001 Google Search」という期間限定サイトが

開かれて、2001年の時点での検索結果が表示されたらしい。毎日グーグル使っ

てるのに気付かなかったな。2008年の今と比べると恐ろしく異なる結果だったら

しくて、「YouTube」の検索ヒット数が当時0件なのは当たり前としても、「ブログ」

の検索ヒット数が僅か1520件というのには驚かされる。今現在は約6億件だか

ら、40万倍に膨張したわけだ。1520だと、ウチの記事数に近い値にすぎない。

                      

その期間限定サイトは、Google自体が持ってるデータを使ったものじゃなく、アメ

リカの非営利団体「インターネット・アーカイブの保存データを使ったそうで、この

アーカイブこそWEBアーカイブの代表のようだ。他には例えば、先日の朝日新聞

の特集「ネットは今」で紹介されてた、「ソシオセンス」と呼ばれるWEBアーカイブ

もあるけど、こちらは非公開。そこで早速インターネット・アーカイブに飛んでみた。

         

すると、ページ上部に「WAYBACK MACHINE」(時間をバックする機械)と書

かれた検索窓があったので、既に閉鎖されてるお気に入りサイト(日本)を一つ

選んで検索してみると、おぉっ!出て来た、出て来た。ホントに保存されてたの

だ☆ その実力には敬意を表するけど、完全な保存には程遠いのも確かだね。

         

実際に、ウチのサイトで検索した結果をお見せしよう。向こうも無断で保存して

一般公開してるんだから、私も無断で画像表示させて頂く♪ ウチのトップページ

のURLを入力すると、出てくる結果はこんな感じだ。

081119    

   

   

   

   

   

   

   

   

081119b    

   

   

   

   

   

   

   

   

    

上の各項目をクリックすると、保存した時点でのトップページが出る。つまり、ウチ

の場合は1週間分の記事だ。画像までちゃんと保存されてるようだけど、サーバー

の能力が不足してるのか、エラーが多くて滅多に表示されない。文章やデザイン

に関しては全くそのままだ。データを収集してから一般公開するまで、6ヶ月もか

かるので、今年は今のところ2月でストップしたまま。意図的なものか、技術的な

ものか、あるいは経済的なものなのか。収集したデータを公開するくらい簡単な

はずだけど、元のサイトに遠慮してるってことかな。国をまたぐこともあって、

律的にどうなのかよく分からないけど、常識的に考えると著作権侵害だし、ちょっ

と礼儀知らずだもんね。ま、公的機関に近いから別にいいけどさ。。

              

結局、ウチの場合は、2005年からの3年ほどで、トップページが16回保存され

てるだけ。どうせなら、もっと完全に記録して欲しいもんだけど、あんまし完全でも

ちょっと不気味かな。削除したものまで公開されちゃうし、話はなかなか通じそう

にないし。まあでも、ネットの国際的図書館みたいなWEBアーカイブというものを

知ったのは興味深いことだった。また後で、削除されたサイトを見に行こっと。た

だし、あんまし変なサイトを見ると、アクセス記録まで世界中に公開されそうな気

もしちゃうから、皆さんもご注意あれ♪

                                           

という訳で、もう時間が来たから、今日はこれで終わりにしよう。

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

傷、侵入、つながり~『イノセント・ラヴ』第5話

 12歳っていうと 事件の1年前だよな

 はい

 何で事件の年のことじゃなく その前の年のことを思い出すんだ

 分かりません

 その頃は まだ幸せだったってことか

 キキーッ!   

 これ 見てみてよ その写真探すのに苦労したよ

 君の同級生の家回って 頼み込んで出してもらった 

 ・・・ハァハァハァ・・・

 何か思い出せないか

 ハァハァハァ・・・ (ダッ・・・)

 おい 待てよ! 逃げんなよ どこ行くつもりだよ 待てって

 バタッ!

 おい 大丈夫か

 ・・・・・・

 どうした おい おい!

 止めて! ハァハァハァ・・・

 何か・・・されたのか 誰かに 何か 親父か? 兄貴か?

 ・・・・・・

 何もしやしないよ 帰ろう♪

 フ~・・・・・・

      

             ☆          ☆          ☆

そうか、「石頭の池」だから、金槌で殴られた池田次郎(豊原功補)の傷は大した

こと無かったわけね。私も小学校時代は、石頭を武器にしてよくケンカしたもんだ。

よいこの皆さんは、マネしちゃダメよ。読んでない? あっ、そう♪ 女子中学生の

読者は2人名乗り出てくれてるけど、流石に小学生はいないよな・・・とか書いたら、

監視システムに誤解されそうだから止めとこ♪ 書いとるわ!

                     

さて、今回は急に大切な用事が入ったために、レビューに回す時間が少ししか

残されてない。独自の内容を簡潔に書いて、サラッと終わることにしよう。ただし、

時々書いてる「軽~い感想♪」と言うよりは、「軽~い発見☆」って感じで、自分

でホホーッと思ってしまった♪ 自己満足かよ!

      

帰宅後すぐのオンエアは、例によって他の用事をこなしながら軽く見ただけで、

正直言って印象は過去最悪! ホラーにもなってないし、ヒネったコメディーとし

ても弱い。ほとんど衝撃も感動もなくて、天海祐希&藤木直人『Around40』第

5話以来半年ぶりに、「ガラガラガッシャーン」と卓袱台を投げたくなったわけよ♪

話がそれるけど、神奈川県横須賀市秋谷の久留和海岸には、ちゃぶ台とたき火

を囲んで夕日を眺める「焚火カフェ」ってのがあるんだって(毎日新聞)。ヘェ~~、

海と卓袱台が好きなカップルには最高かも☆

                 

で、話を戻すと、卓袱台は結局ウチの押入れに入ったままとなった♪ よく見ると

なかなか面白かったのだ☆ 出来がいいんじゃなくて、味わい深いっていうか、興

味深いっていうか。今回は、一言でまとめれば、「傷」の話だ。古代ギリシア語だ

と「trauma」で、そのまま今でも世界中で、トラウマと呼ばれ続けてる。

       

精神分析の創始者フロイトが注目して以降、この言葉の心理的な用法が普及。

特に1980年、精神医学の世界標準マニュアルDSM-Ⅲに「PTSD」(Post 

Traumatic Stress Disorder:外傷後ストレス障害)が採用されてからは、トラウマ

という言葉が一般社会でも普通に使われるようになって来たわけだ。ちなみに今、

PTSDは「心的外傷後・・」と訳すことが多いけど、マニュアル最新版DSM-Ⅳ-

TRの翻訳(医学書院)を見ると、単に「外傷後・・」となってる。

                 

さて今回、普通に見るなら、山本心療内科の山本医師(山本圭;そのまんま♪)

による治療場面が異様に目立ってただろう。ありがちな疑問に先に応答しとくと、

古典的精神分析を模倣してベッドを用いた面接(つまりカウンセリング)の際、池

田の同席やビデオ録画が許されてるのは、ちょっと引っ掛かって当然だ。かなり

珍しいパターンではある。

          

ただ、池田に関しては、佳音(堀北真希)と医師の承諾があれば可能だし、録画

も何十年も前から一応行われてること。カウンセリングの場をテレビのドキュメン

タリーで映すこともあるわけだから、あり得ないことではない。催眠術もどきのや

り方も、精神分析の源流まで遡ると普通のことだし、今現在でも探せばあちこち

に生き残ってるはずだ(かなり特殊だけど・・)。

                                 

他には、あんなにすぐ思い出すわけないという疑問も当然だろう。この点は、以

前治療を行ってた医師が再び担当してることに加えて、これが映像作品であるこ

ととイノセント・ラヴの特徴を考えれば納得できる。つまり、さり気ない時間の省略

が多いのだ。分かりやすい例の代表は、佳音の掃除。まるでいつもやってるよう

に見えても、前回のカレンダーから、週1回程度だと分かる。つまり、間をざっくり

省略してるのだ。

                                  

他の例だと、今回終盤の踏切シーンを見てもいい。耀司(福士誠治)が佳音と

也(北川悠仁;ゆず)の前から逃げ去る時に手助けとなった踏切は、遮断機が降

り始めてから上がるまで僅か20秒しか経ってない。つまり時間的省略があるわ

けで、山本医師の面接も省略されてて当然だ。ビデオモニターの13分55秒とか

いう表示が短すぎるなんて話も、どうにでも解釈できること。そもそも佳音があそ

こで喋ったのは、普段からフラッシュバックしてることが大半だし、山本医師も本

来なら非常に時間がかかることをちゃんと強調してた。ベッドを使ったことも、トラ

ウマを思い出すための手助けに偶然なった可能性がある。少なくともトラウマの

最初は、まさにベッドの上で起きたんだろうから。

                                                      

些細な疑問への応答はこのくらいにして、私は面接よりむしろ、終盤の佳音の

薄暗い部屋が気になったのだ。佳音の目の前には、血痕のついた耀司の白い

シャツと、昔の家族4人の写真。そこで、佳音の頭では、血まみれの両親のそば

に立ってた耀司の姿が思い出される。けれども、それは両親の傷であって、その

1年前の自分の傷ではない。だからこそ、盗み聞きしてた耀司も、落ち着いてい

られたのだ。いや、入る時は靴くらい脱いで欲しいけど、逃亡生活で靴下に穴が

開いてたのかも♪ 指名手配なんてされちゃうと、色々大変なわけよ。

                             

さて、火事の1年前に生じたらしい、佳音の傷=トラウマとは何か。それを表すの

が、この場面でも、冒頭の池田襲撃シーン直後でも映像的に強調されてた、白い

布の赤いシミだ。フロイトの主著、世界的ロングセラー『精神分析入門』に出てくる

数少ない症例報告の一つも、この特別な染みをめぐる女性患者の話だった。

                               

ここまでなら、誰でも気付きそうな話で、ホホーッと感心するような話じゃない。私

はここから、更に先へと考察を進めたのだ。このヴァルネラブルな(=傷つけられ

やすい)ドラマが、世間的に一番攻撃されてたのは、不法侵入だろう。先週のフラ

イデーか何かにも、その点が強調されてた。初回から佳音が繰り返して来たのに

続いて、前回と今回は耀司も行ってるし、違法性はほとんど無いとはいえ、終盤

になって殉也が佳音の部屋に入る時も、許可は取ってない侵入だ。もう少し意味

を広げるなら、ズカズカと他人の心に踏み込んで来る池田や貞夫(浅利陽介)

侵入者だろう。

                        

侵入とは、何かが強引に他のものの中へ入ることだ。それが人間の中なら、傷

がつくことになる。ナイフが侵入すれば、肉体に傷がつく。父か兄が侵入すれば、

少女の心に傷がつく。そうした、人を傷つける侵入、あるいは「傷つける愛」を象

徴的に表現するものが、度々繰り返されてきた不法侵入だったのだろう。心理

療法(=精神療法=サイコセラピー)の世界でもお馴染みのこと。普通に思い出

すのは心理的再現、行動で(無意識に)表すのが身体的再現なのだ。

              

こう考えると、今回のラストや、『イノセント・ラヴ』というタイトルも非常に納得が

いく。最後は、殉也に導かれて、佳音が夜の長崎家に合法的に入った。「大丈

夫。もう怖い思いさせないから」という言葉に続いて、殉也が毛布を渡し、愛し合

う2人が見詰め合う。この後に起こるのは、不法侵入ではなく「合法的つながり」

しかない。古今東西、男女の真実はただ一つだ。リア・ディゾンも真木よう子も、

できちゃった結婚したことを思い出そう♪

                                     

既にそれぞれ傷ついてる2人の間で、もはや「相手を傷つけない愛」が育まれる

ことになる。第1話に書いたように、イノセントの語源は「傷つけない」。したがって、

たとえ編集でカットされるにせよ、2人が毛布にくるまってつながり合ったはずの

あの夜は、傷つけない愛、文字通りのイノセント・ラヴの記念日だったのだ。

                                                               

いまや、見詰め合う2人から少し離れた別室で、聖花(内田有紀)を流して

目を閉じた理由も想像がつく。あれは決して、直後の『SMAP×SMAP』のスポ

ンサー・ロート製薬に配慮したサブリミナル広告なのではない♪ ドライアイ気味

の視聴者を目薬へと誘う潜在的な仕掛けではなく、これでやっと安心して眠れる

という、婚約者の優しい安堵の思いだ。

        

そして少しだけ、傷ついた思いもあったのだろう。イノセントな佳音、あるいは佳音

&殉也のイノセント・ラブによって、殉也を奪われてしまった思いも。イノセントとは、

完全な意味ではどこにも存在しない概念なのだ。佳音と殉也のイノセントな愛は、

鉄仮面じゃなくて美月(香椎由宇)昴(成宮寛貴)を傷つけることになる。一般化

するならイノセントとは、無数の人間や集団それぞれに相対的な概念にすぎない。

               

したがって厳密な意味では、イノセント・ラヴとは単なる理想、虚構=フィクション

であって、現実には人は皆、たえず傷つけ合っている。その中で、傷を癒しつつ、

許し合い、愛し合いながら、何とか生きていくわけだ。。

                 

という訳で、これを読んだ脚本家・浅野妙子演出家・加藤裕将がニッコリ微笑

む姿を勝手に想像しながら、「軽~い発見☆」を終えるとしよう。

ではまた。。☆彡

          

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.犯人とか結末を求める検索アクセスが目立ってる。結末は何度も書いた

    からいいとして、佳音を傷つけたのは父親(平田満)が本命だろう。当たり

    前すぎるけど、佳音が動揺した写真でも、耀司より父親の方が、佳音に近

    づいてたことを思い出そう。耀司とか、父親&耀司2人というのは、ドラマ

    チック過ぎる展開だと思う。意表を突いて母親だとギャグになっちゃうしネ。

    まあ、私はそんな事より、最終回のラストをキレイなホワイト・クリスマスに

    して欲しいなぁと願ってる♪☆彡

              

P.S.2 来週の予告を普通に考えるなら、聖花の姿は単なる回想シーンだろう。

      この先、聖花が死んで(または既に今週死んでて)、殉也の記憶の中で

      まざまざと生き返ると考えるのが自然だけど、果たしてどうかな。覚醒す

      るには、もう遅すぎるタイミングだと思う。。☆彡

                 

cf.純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話

   愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話

   白さとヴァルネラビリティ~『イノセント・ラヴ』第3話

   PTSDカップルとしての佳音&耀司~『イノセント・ラヴ』第4話

   もう一つのイノセント・ラヴ~『イノセント・ラヴ』第6話

   風船と共に去りぬ~『イノセント・ラヴ』第7話

   抑圧されたものの回帰~『イノセント・ラヴ』第8話

   ギルティ・ラヴとしての嫉妬~『イノセント・ラヴ』第9話

   オフホワイト・クリスマスの祈り~『イノセント・ラヴ』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『イノセント・ラヴ』、タイトルバック映像の英単語

   『イノセント・ラヴ』公式裏サイトを見る方法(図解付き)

| | コメント (14) | トラックバック (5)

東京国際女子、尾崎おめでとう!渋井も良かったよ♪

遅咲きの大輪、尾崎好美、東京国際女子での見事な逆転優勝、おめでとう☆

ある程度この世界を知ってる人なら、そこそこ予想できたレース展開だったろう。

でも、好調を口にしてた渋井陽子が終盤まで粘ってくれたおかげで、文字通りの

ドラマチックな逆転劇になった。今年の第30回記念大会で幕を下ろすとあって、

関係者も大満足の大会だったんじゃないかな。そもそも、朝の雨がキレイに止ん

だだけでも、相当な幸運と言える。あの雨が続いてたら、選手の走りも観客の応

援もまったく違うものになってただろう。

       

尾崎の優勝タイム、2時間23分30秒が、日本歴代10位タイとは驚いた。24分

切ってる女子選手って、そんなに少なかったのか。2時間20分を切ってる野口み

ずき、渋井陽子、高橋尚子の3人だけが全然別格なわけね。どうもラドクリフの驚

異的な世界記録、2時間15分25秒(03,ロンドン)が頭に染み付いてて、女子

のレースは感覚が狂っちゃうな。そこへ行くと男子のレースは、世界記録クラスの

タイムが度々出てるから分かりやすい。

           

尾崎はもう27歳だけど、まだ2回目だし、これからまだまだ期待できそうだ・・・

と書きたい所なんだけど、実際はどうなのかね。いや、正直言って、活躍してす

ぐ停滞する選手が多いんだよな。期待感でいえば、今回の尾崎より遥かに上の

選手は何人もいたけど、みんな結局いつの間にか消えちゃったって感じ。まあ、

尾崎は高校生に間違えられるとか言うほどの童顔だし、とりあえず来夏のベル

リン世界選手権での活躍を祈るとしよう(内定)。好きなお酒はホドホドにネ♪

       

それにしても、今日の朝日新聞朝刊・社会面にも写真が出てるけど、かつての

トップランナー・山下佐知子監督との仲は良さそうだ。監督の結婚式に月桂冠

をプレゼントしたら、逆に監督から名古屋国際女子2位のご褒美としてプレゼン

トされて、寮のドアに飾ってるっていうお話(朝日のコラム「ひと」より)。で、今回

の優勝の月桂冠を、今度は尾崎が監督にプレゼント。いい話だなぁ♪ 「実は

・・・」って感じの暴露話が週刊誌に載らないことを願いたい。

     

2位の加納由里(24分27秒)、3位のヤマウチ(25分03秒)も、共に自己新だ

し、かなりいい走りだったと思うけど、やっぱり4位の渋井(25分51秒)の飛び出

しをホメたいね。いや、これが世界選手権やオリンピックだったら、無謀って感じ

だけど、今回は世界選手権の選考会って位置づけだし、まだ29歳。スピード的

にも性格的にも、鈴木監督の言うように「いけいけどんどん」でいいんじゃないの。

         

時事通信が昨日、走り込み不足を監督が指摘したって話を載せてて、それなら

どうしてプッシュしたんだろうと不思議に思ってたけど、今朝の朝日を読んで納得

した。北京五輪の1万mから準備が3ヶ月しかなかったので仕方ないっていう、優

しいいたわりの言葉なわけね。そりゃ、確かに短いわ。ま、渋井が自分で出るっ

て言ったんだから仕方ないけど、これでまた3月に名古屋国際女子となると、また

準備不足って言い訳はさすがに辛いかも。4ヶ月近くあるから、何とか今度こそ優

勝して欲しい。悲運のランナーとして終わっちゃうんじゃ、あまりに報われない。。

        

         ☆          ☆          ☆   

という訳で、昨晩は私自身が仕事に追われて走れなかったから、単なるレース記

事でお茶を濁しといた。関係ないけど、県立の女子高生・吉田えりのプロ野球入りっ

てのも凄いニュースだな。まだ来年も制服のままだし、ルックスもアイドルっぽいか

ら、大ブレークを期待しよう。。って言うか、他人の活躍の話ばっかじゃなくて、自分

が活躍した話を書きたいもんだね。なかなか時間が無くて・・・って言い訳ばっかじゃ

聞き苦しいから、もう書くのは止めとこ♪ 書いとるわ!

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

GoogleとYahoo!、検索サイトの現状

ウチは表向きには、いまだにランニングと自転車(RUN&BIKE)のブログだけど、

実質的には3年前から、ドラマブログに近いサイトになっている。アクセス数がケ

タ違いだし、記事のレベル、執筆に投入したパワー&時間、ブロガーや読者との

コミュニケーションなどを考えても、圧倒的にドラマが中心だ。

                                       

にも関わらず、9月下旬までに山下智久&新垣結衣『コード・ブルー』、織田裕二&

北乃きい『太陽と海の教室』のレビューを終えた後は、平均して1週間に1本ほどし

かドラマ記事を書いてない。以前として毎日更新継続中とはいえ、最近はランニン

グの記事が目立つ状況。お気に入りやブックマーク、「テンメイ」とかの検索、RSS

リーダーとかでいらっしゃる常連さんの数は流石に減って来たし、少なからずの人

が、来ても何も読まずに帰ってるようだ。ドラマ系の人の多くはスポーツ系に関心を

持たないし、その逆も言える。残念ながら、両者の溝は非常に深いのだ。

            

ところが、アクセス数(ページビュー:PV)や訪問者数(Visit)の全体は意外なほど

の高水準を保ち続けてる。『ラストフレンズ』関連記事の大ヒットによるアクセス暴

騰(ラスフレバブル)が終了して以降、その余韻を4ヶ月以上キープしてる格好だ。

それは要するに、検索サイトの高いランク付けのおかげだ。Yahoo!は前から

ウチを高く評価してくれてたけど、7月半ば以降、Google の扱いも飛躍的に上昇

したから、過去に蓄積してきた1500本近い記事に対する検索アクセスが入り続

けてるのだ。

            

という訳で、Yahoo!やGoogle を代表とする検索サイト(or 検索エンジン)への

関心は高い。ブログ運営と関係なしにも、私自身が毎日あれこれ検索してるわけ

だ。そこへたまたま、朝日新聞夕刊のシリーズ「ネットはいま」が目に付いたわけ

(朝日HPでも見れる)。11月12日と13日の2回は、「グーグルとヤフー」と題して、

両者の戦いや戦略、現状などを簡単に紹介していて、両者の違いの説明が特に

面白かったのだ。中でも、次の文章はインパクトがあった。

                         

     「死にたい」。検索窓に、そう打ち込む。ヤフージャパンの検索結果で、

     トップに表示されるのは、「自殺は防ぐことができる」の文言と「いきる」

     のロゴ。自殺予防総合対策センターのサイトにつながる。

      

実際に検索してみると、確かにその通りだった。それに対してGoogleは、ごく

普通に、「死にたい」という言葉をタイトルに含むページが検索順位の上位を占

めている。Google は、複雑で自動化された検索方法を用いて、「人為的な介入

」を無くした「正確で客観的な」を提供する(同社の公式サイトにある表現)。それ

に対してYahoo!は、人の判断を加えた最終的微調整によって、検索結果の

質と信頼性を高めようとしてるのだ(朝日の記事)。一般に、Yahoo!の方が、

新しい記事の反映が少し遅いけど、機械的システムの違いだけじゃなく、人の手

が加えられてるということも関係してるのだろう。

      

世界的にはもちろん、Google が圧倒的に優勢だけど、日本国内に限っては、

Yahoo!の方が優勢だ。シェア(市場占有率)だと、ヤフーが51.2%、グーグル

は39%。この日本独自の状況は、上に書いたような検索システムの基本的違い

もあるだろうし、サービスの多様性が日本人ウケするという事情もあるのだろう。

ヤフーとグーグルのトップページは余りにも対照的で、ヤフーが色んな項目を載

せてるのに対して、グーグルは検索窓を中心とした非常にシンプルなレイアウト。

研究者や理系の人間がグーグルを選びがちなのに対して、一般の日本人がヤ

フーを選びがちだという現状は、非常によく分かる気がする。もちろん、一般人

の方が人数は多いわけだ。

        

この違いに対して、大和総研の長谷部潤シニアアナリストは鋭い分析を示してた。

ヤフージャパンはコンテンツを配信するメディア。グーグルの検索結果をヤフー

のサイトが占めればいい、という考え方もうかがえる」。

                         

         ☆          ☆          ☆

ところで、話を元に戻すと、ウチに対する両者の扱いを比べた時、現在はどちらも

かなり高いのだ。まだYahoo!の検索の方が多めだけど、ここ最近のGoogle

は、ウチが少し変わったことを書くと、僅か数時間でトップページに載せてくれるこ

とが多い。ここ1週間の検索フレーズで言うと、トラブルが生じたレースの「世田谷

ハーフ」(現在3位)、あるいは今レビューしてる堀北真希&北川悠仁のドラマに関

する情報の「イノセント・ラヴ 裏サイト」(1位)。さらには、アメリカでも話題になっ

てる「オバマ 黒人 定義」(2位)。いずれも、数万件~数十万件の中での順位だ。

        

こうした高いランク付けは、一体何をもとにして行われてるのか、検索サイトに大

きく頼ってる状況のウチとしては当然気になるわけだ。そこで更に、検索順位の

決め方を調べてみたんだけど、今日の所はもう時間が来た。続きはまた今度書く

ことにしよう。あんましこうゆう記事を書いてると、ヤフーやグーグルに目を付けら

れそうで、ちょっと怖いけどね♪

ではまた。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.Googleやgooは「全文検索型」、Yahoo!JAPANはカテゴリー別の

    「ディレクトリ型」という分類は、今では過去のものと言うべきだろう。実際

    には、Yahoo!からの検索アクセスも、検索ワードやフレーズを用いた

    全文検索がほとんどだし、Yahoo!もおそらく全文を蓄積してるはずだ。

    ウチのサイトの扱いや、私自身の検索から考える限り、検索エンジンの

    2つの型は、いまや名ばかりのものになっている。私がYahoo!で最後

    にカテゴリー別の検索をしたのは、数年前だろう。。

          

P.S.2 今のところ、Google で「GoogleとYahoo!」を検索すると、上位100

      番くらいまではコンピューター系のサイトがズラッと並んでる。カタカナで

      「グーグルとヤフー」としても同様だ。果たして、この記事はどこまで行け

      るかな。。

        

P.S.3 アップ後1日経過。「GoogleとYahoo!」だと。Googleで約478000

      件中の45位。う~ん、健闘とも言えるけど、流石にこの辺りは強豪ひ

      しめく激戦区だね。地道にトップページ目指して頑張り続けよう。サイト

      名と全体の記事構成を変えなきゃダメかな。。☆彡

| | コメント (0)

世田谷246ハーフのお詫び状が到着

RUN 9km,41分24秒,平均心拍158

湿度98%は蒸し暑い! 何か、妙に暑苦しいと思ったけど、今ネットでこの地域

の湿度表示を見て納得。何十回書いたか分からないけど、蒸し暑さには極端に

弱いのだ。まあ、不調の原因が分かってホッとしたかな。

                     

さて、今日は世田谷ハーフ実行委員会事務局から、青い封筒が届いてた。やっ

と来たかと思って開けると、予想通り「お詫び」と書かれたA4の紙が1枚。既に

世田谷区スポーツ振興財団のHPに書かれてたのとほぼ同じ謝罪報告が印刷

されてた。大量の発送だし、郵送料は割引だろうけど、1通50円としても1000

人で5万円。決して儲かるイベントじゃないだろうから、臨時の出費は痛手だろう。

案外、役員の誰かのポケットマネーかも。

            

まあ、遅まきながら誠意は受け取ったけど、これよりは、公式HPでレース後すぐ

にお詫びを掲載して、来年の優先出場権を与えてくれた方が嬉しかったな。ま、

ちょっと贅沢かもね。13日付けってのも、ちょっと引っ掛かるものがある。どうして

10日付けじゃないのか。これじゃまるで、12日の産経新聞の事件報道を見てあ

わてて送ったようにも感じられちゃうけど、考えすぎかね。ま、いいか。もう、これ

でおしまい。まずまずの走りだったし良しとしよう。来年はちゃんと誘導して欲しい。

                 

世田谷から頭を切り替えると、明日はいよいよ最後の東京国際女子渋井陽子

にそろそろ涙の勝利をプレゼントしたいんだけど、加納由里尾崎好美もいるし、

外国勢(北京五輪6位のヤマウチ、前回2位のコスゲイ)もいるから微妙だね。

高橋尚子の初の解説も見ものって言うか、聞きものだろう。市民ランナーの皆さ

んも、頑張ってね!

        

で、私の方は、今日も時間が無くて10kmしか走れなかった・・・と書こうと思って

たら、スタート直前の急用で5分取られたから、9kmしか走れなかった。ブログの

毎日更新のタイムリミット23時59分から逆算すると、それが限界なのだ。ホント、

こうゆう時はブログがジャマくさいね。体調が悪いとはいえ、14kmくらいなら走っ

ても良かったのに。

         

昨日よりはマシな体調だったものの、なぜか筋肉痛と疲労がちょっとあったし、蒸

し暑さで気象条件が悪かったから、ダメな走りだった。いきなり1km4分30秒ペー

スに上げたせいもあるかな。もう、早い段階でハーハーゼーゼー。下の心拍を見

てもらえれば分かるように、周回終盤には170オーバーまで行ってしまってる。大

してスピード出てないのにね。ま、ラスト1周を1km4分でカバーした点だけは評

価できるかも。

      

結局、トータルだと1km4分36秒ペース。遅っ・・・。たった9kmなら、4分15秒

でもおかしくないのにな。昨日と合わせて、僅か19kmしか走ってないし、明日も

少しくらい走るようにしよっと。ではまた。。☆彡

                  

往路(1.15km)   6分12秒      平均心拍123

 1周(1.1km)    5分20秒            142

 2周          5分03秒            155

 3周          4分57秒            161

 4周          4分52秒            167

 5周          4分50秒            171

 6周          4分31秒            174

復路(1.25km)   5分39秒             172

 計  9km    41分24秒       158(最大177,周回ラスト)

| | コメント (0)

世田谷後のサボリ過ぎで風邪が悪化・・

RUN 10km,48分42秒,心拍149

サボリ過ぎた罰だ。。パブロン無しだと日常生活にも不自由する状態になっちゃっ

たな。咳がゴホゴホ、鼻がシュンシュン。おまけに寝不足で、とても走る気になら

ない状況だったけど、日曜の世田谷246ハーフの後、丸4日もサボっちゃったか

ら、仕方なく10kmだけ走って来た。脚は完全に超回復状態で、ものすごく軽かっ

たけど、心肺的にはダメ。まあ、鼻呼吸だけで走ったからってのもあるけどね。

      

ところで、その世田谷ハーフだけど、距離が1.1km短かった件で、かなりのア

クセスが入ってる。ハーフの定員は1000人しかいないのに、2番目に書いた

衝撃の記事には148人もの訪問者(236アクセス)がいらっしゃった。日付けが

変わると別人扱いだから、重複も少しは混ざってるし、参加者以外にウチの常連

さんのアクセスもある。とはいえ、参加者の1割前後がアクセスした計算にはなる

から、やっぱり凄いことだろう。Google の順位がベスト3近辺だったのもあるけ

ど、要するにみんなの関心が高かったわけだ。

                    

それにしても酷いのは、金曜の夜になっても、公式HPに謝罪報告を載せてない

ことだ。主催する財団のHPに載せるだけじゃ、検索しない限り気付かないし、公

式HPからそこへ飛ぶリンクさえ貼られてない。要するに、誠意も謝罪する気もな

いのだ。クレーマーみたいなことはしたくないけど、こうゆうのは組織の体質的な

ものだから、誰かが外部から怒らないと直らない。政治家とか、お偉方が参加し

てて、ちゃんと怒ったら、一瞬で改まるはずだけどね。困ったもんだ。。

    

ちなみに、さっき気付いたけど、13日未明になって遅まきながら産経新聞が事

ニュースっぽく配信したようで、イザやYahoo!にも転載されている。「今月9日

に行われた『第3回世田谷246ハーフ』で誘導ミスが起こり、選手が本来よりも

約1キロ短い距離を走ってゴールしていたことが12日、分かった。正月の風物

「箱根駅伝」に出場する大学の選手も多数参加。大会は、今回から日本陸連

下部組織の公認競技会とされ、タイムは公式記録として認められるはずだった

ため、記録無効に関係者は落胆の色を隠しきれないでいるという」。

                                

ま、9日の時点で分かってたことだし、ウチでさえ10日の朝には伝えてたことだ

けど、主催の読売新聞みたいに僅か一言で片付けるよりは遥かにマシか。いつ

までもこの話ばっか書いてると、自分でも流石に嫌気がさすから、このくらいに

しとこう。で、今晩は二宮和也&錦戸亮&戸田恵梨香『流星の絆』第5話があっ

たんだけど、走らなきゃなんないから最初の10分ほどしか見れなかった。わざわ

ざ録画してまで見るほど面白くもないもんね。あの内容で視聴率15%取ってる

のは、摩訶不思議としか思えない。ジャニーズ人気恐るべしってことか。。

              

走りの方は、冒頭に書いた通り。脚力がものを言う1000mタイムトライアルとか

やれば、かなりいい記録が出たかも知れないな。脚の筋肉に力が溢れてるって

感じだった。まあ、今は体調がかなり悪いから、保守的な軽い走りでつないどけ

ば十分だろう。トータルでは1km4分52秒。こりゃ、遅いね。前半、ラクし過ぎた

かも。ま、明日も明後日も走るつもりだから、良しとしとこう。ではまた。。☆彡

                

往路(1.15km)   6分29秒      平均心拍118

 1周(1.1km)    5分48秒            138

 2周          5分36秒            141

 3周          5分34秒            144

 4周          5分11秒            153

 5周          5分07秒            159

 6周          4分56秒            163

 7周          4分51秒            165

復路           5分10秒            159

 計          48分42秒       149(最大170,復路の坂)

| | コメント (0)

コネタ記事をブログに導入しようかな♪

おっと! 今日の分の更新をするために、管理画面で「新規記事を作成」のページ

を開くと、いきなり上側にドーンと「ブログのネタ」というものが出て来た。ココログ初

のブログネタマガジン「コネタマ BETA」に掲載されたコネタの中から、一つ選ん

で自動的に表示してるらしい。この場合の「コネタ」は、「ココログのネタ」という特殊

な意味に、「小ネタ(=コネタ)」という普通の意味を掛け合わせてるんだけど、そも

そも「小ネタ」とか「コネタ」って言葉はどの程度普及してるのかね。

           

私がこの言葉を覚えたのは去年、ポータルサイト『エキサイト(Excite)』の「コネタ」

特集ページをたまたま見た時だった。この時はやたら面白くて、次々に色んな項目

を読んで、気に入ったものは「エキサイト コネタ」フォルダを作ってページ保存まで

したもんだ♪ この妙なフォルダ、その後全然使ってなかったけど、外付けHDを探

ると今でもちゃんと残ってた。中身のコネタ、つまり私のお気に入りはこんな感じだ。

       

   “コンピューター”と“コンピュータ”、正しいのはどっち?

   2倍サイズ「ペヤング超大盛」は誰のため?

   テニスの最初の一球、「サーブ」か「サービス」か?

   茨城はいつから「いばらき」になったのか!

   映画館のひじ掛け、左右どっちが自分用?

    

どう? なかなかイイでしょ♪ 特に、ひじ掛けは、タイトルだけでも笑えるネタだ。

バカバカしいけど、ちょっと気になる小さいネタ。これぞ、コネタの代表格だろう。

「教えて!goo」とか「Yahoo!知恵袋」にも、この種のネタは沢山あるけど、素

人の書き込みと、商業サイトのプロの記事とは、全体的に見るとちょっと違うのだ。

     

例えば、ひじ掛けだと、田幸和歌子記者(or 執筆者)はちゃんと、映画館やイス

のメーカー、さらにJR東日本まで取材している。情報源(ソース)がしっかり明記

されてて、文章もそれなりにまとまってる訳だ。ネットを見てて思うのは、情報源が

ない話が非常に多いこと。ちなみにウチは、その点かなり注意している。

               

たとえば先日、相当なアクセスを集めた、世田谷246ハーフの距離不足問題

記事でも、あちこち検索しまくってるし、公式HPとは別の運営団体HPも読んでる

し、電話での問い合わせまでして、どこから何の情報が得られたのかを書いてる

わけだ。あるいは、一昨日の堀北真希&北川悠仁『イノセント・ラヴ』第4話記事

でも、ちゃんと世界標準の専門書を明記して、そこから正確に引用しておいた。

         

話を戻すと、結局ひじ掛け問題の「答」らしきものは何だったか。メーカーもJRも、

左右どちらが自分用か設定してないそうだ。つまり早い者勝ちの争奪戦ってこと。

トイレに立った隙の逆襲もアリだ。実際の映画館だと、なぜか右側を使う人が多い

とのこと。右利きが多いからかね。確かに私も、右側を使うことが多いような気は

するな。あと、最近では、ひじ掛けの幅を大きくして、両側から使えるような工夫も

してるとのことだ。まあでも、記者も書いてるけど、他人と共有するのはかなり抵

抗がある。肘と肘がぶつかり合うだろうしね。

           

           ☆          ☆          ☆ 

という訳で、コネタ関連で簡単に記事を書いてみた。実は、こんな内容にするつも

りはなくて、最近読んだあるコネタで書こうと思ってたのに、ココログが「コネタマ」

なんてものをたまたま導入してたから、話が逸れまくったわけ♪ 責任転嫁かよ!

まあ、とにかく、今後は時々、コネタ関連記事を書こうかなと思ってる。これまでも

ドラマ記事やスポーツ記事にちょこちょこと書き添えてたけど、コネタがメインの記

事はごく僅かだったもんね。ちなみに、今日読んだ「コネタマ」は、面白くなかった

からパスした。アカウントとパスワードを入力させる、登録制の参加形式も抵抗が

あるしね。普通にTBで十分でしょ。あれじゃまるで、フィッシング詐欺みたいだ。

                     

ちなみに、エキサイトの記事を読んだ直後、私はすぐコンビニで、ペヤング・ソース

やきそばの2倍サイズ・超大盛(まるか食品)を買ってみた。なるほど、普通サイズ

を2コ買うよりかなり割安だけど、ソースの袋が1コにまとめられてるから、半分だ

け食べるのには不便だね。全部食べると、凄いカロリーになっちゃうし。ま、2倍サ

イズのソースを2袋に分けちゃうと、普通サイズの売れ行きが落ちるだろうけどさ。

               

ともかく、ドラマレビューを週1本に制限したことだし、こうゆうまったりした記事を

導入するのも悪くないでしょ。ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

『イノセント・ラヴ』の公式裏サイトを見る方法(図解付き)

堀北真希&北川悠仁『イノセント・ラヴ』に裏サイトがあるという話を、ブロガー仲

間のキッドさんがほのめかしてたので、早速検索して難関クリア☆ まだ知らない

人が多いみたいだし、入り方も難しいので、分かりやすく解説しとこう。ドラマ本編

に関するネタバレは、ウチでは禁止なんだけど、これは全くのお遊びだからOKだ

ろう。それに、普段から「ヤマハ音楽教室の元エリート」だと勝手に豪語してるから、

楽器ネタの記事を書いときたいって気持ちもあるわけよ♪ 先日は読者の方と一

緒にエレクトーン大会に出場して、福山雅治『ガリレオ』の主題歌を演奏したしね☆

            

自分でチャレンジしたい方は、ここですぐ、あるいは途中まで読んで、公式サイト

に飛んで頂きたい。上野樹里&長澤まさみ&瑛太&錦戸亮『ラスト・フレンズ』

裏サイトにアクセスする時に、マグカップを割る方法も凝ってたけど、今回はもっ

と凝った趣向になってる。気軽に見たい方は、以下をご参照あれ。

            

            ☆          ☆          ☆            

公式サイト・トップの左下にある黒くて小さなピアノの画像をクリックすると、画面

ピアノの鍵盤が登場。これを使って、ドラマでお馴染みの讃美歌「いつくしみ

き」の最初のメロディー(15個の音)を演奏する。ピアノの弾き方はこうだ。

                 

   「bシ シ ド bシ ソ bミ bミ ド bシ bミ ソ bミ bシ ソ ファ 」 ♬

     

上手く弾ければ、画面左に「Innocent Love 裏サイト」という文字が出てくる

ので、それをクリックすればOK。表サイトよりもイノセントでピュアな感じの綺麗

なページが表れて、左下の小さい画像は白いピアノになる。ちなみに「bシ」とは、

シのフラット(半音低い音)。「シ」の白鍵の左上にある黒鍵を叩くという意味だ。

                                             

081112 こう言われても困る方は、

 左図の番号順に鍵盤を

 クリッすればOK。私

 は画面中央のやや左

 りで弾いて成功した。リ

 ズム(弾くスピードの緩

 急)が関係あるかどうか

 は分からない。弾く途中

 で失敗したら、画面を更

 新してやり直せばOK。

          

それでは、皆さんの健闘と幸運を祈りつつ。。♪☆彡

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.上手くいかないという方が少なくとも1人いらっしゃるようだが、私は何度も

    自分でチェックしてる。ひょっとすると、PCやソフトの相性があるのかも。。

          

cf.純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話

   愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話

   白さとヴァルネラビリティ~『イノセント・ラヴ』第3話

   PTSDカップルとしての佳音&耀司~『イノセント・ラヴ』第4話

   傷、侵入、つながり~『イノセント・ラヴ』第5話

   もう一つのイノセント・ラヴ~『イノセント・ラヴ』第6話

   風船と共に去りぬ~『イノセント・ラヴ』第7話

   抑圧されたものの回帰~『イノセント・ラヴ』第8話

   ギルティ・ラヴとしての嫉妬~『イノセント・ラヴ』第9話

   オフホワイト・クリスマスの祈り~『イノセント・ラヴ』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『イノセント・ラヴ』、タイトルバック映像の英単語

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   読者&テンメイ、『ガリレオ』でエレクトーン大会出場♪

| | コメント (0)

世田谷246ハーフ、最終決着は1.1379km不足

失態につぐ失態、またミスなのか。。(-_-メ) 誘導ミスで距離が短くなってしまった

2008年・第3回世田谷246ハーフ。何と、謝罪報告もまた間違ってたらしい。以

下、財団法人・世田谷区スポーツ振興財団のHPから該当箇所を引用した。

          

     残念ながら、コースの誘導ミスにより距離が不足し、今回の記録は

     公認記録となることができませんでした。また、昨日(10日)不足した

     距離は1.383kmと発表させていただきましたが、実際は「1.1379

     kmの不足」でした。従って、レースの正確な距離は「19.9596km」

     となります。距離の誤りはランナーが実際に走ったDゲートからゴール

     までの距離も差し引いてしまったためです。再度お詫びするとともに

     訂正させていただきます。

     参加された方々や関係する皆様に改めて深くお詫び申し上げます。

     

081110b 昨日の記事の図を再掲す

 るが、要するに誘導ミスし

 た地点で走るのを止めた

 計算になってたのだ。競技

 場内の250mほどは、ちゃ

 んと正しく走ってたのに。。

           

その計算ミスもお粗末だけど、それより遥かに問題なのは、この訂正記事が

レースの公式HPには掲載されてないこと。実行委員会事務局が置かれてる

財団のHPに行かないと読めないのだ。何とか辿り着いても、簡単な言葉で

謝罪するだけで、何の実質的補償もない。来年のレースの優先的出場くらい

あってもおかしくないけどね。今年は結局「ハーフのレースが行われなかった」

わけだし、費用もほとんどかからないのだから。我々はちゃんと当選して、参

加費も払って出場して、にも関わらず、ハーフの記録が得られなかったのだ。

         

誰が間違えたのかなんて聞くつもりもないけど、要するに全体の運営ミスだ。

ミスだけならともかく、事後処理も誠意が見られないし、ミスの再発防止にもい

きなり失敗した形になってる。

    

最近の世の中は、何事も曖昧に流してしまいがちだけど、おかしいものにはお

かしいと言うこと、言えることも重要なのだ。全然納得はしてないけど、三流小市

民ランナーとしては、ブログで不満を述べた後は我慢するしかないんだろう。

仕方ない。前の記事にも書いたけど、正直言って、走行距離が伸びたのはちょっ

と嬉しかったのも事実だ。これなら一応、普段より速い、レースならではの走り

てことにギリギリなる。平均心拍170(92%)で頑張ったんだから、当然だろう。

気を取り直して、来月の川口ハーフを目指すとするか。。☆彡

| | コメント (2)

PTSDカップルとしての佳音&耀司~『イノセント・ラヴ』第4話

 お兄ちゃん そのとき私は 大きな罪を犯しました

 あなたさえいなければと 心の中で思ったのです

 あなたは私のために戦っていたのに

 あなたのした事は 本当は何もかも 私のためだったのに・・・

        

        ☆          ☆          ☆

住友3M(スリーエム)って、そんなに儲かってるのかね。あるいは逆に、危機感

を持ってるのか。「ポスト・イット」の宣伝で、女性向けドラマに攻勢をかけてるな♪

二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香『流星の絆』だと、これでもかって感じでポスト・

イット攻撃のギャグが連発されたけど、『イノセント』(or イノ・ラヴ)だとアッサリと

可愛い使い方だった。殉也(北川悠仁;ゆず)のカレンダー(1月22日)に貼って

あった、「佳音ちゃん 13:00~」とか。折角、殉也がそわそわしながら待ってた

のに、16時15分になっても無断遅刻で携帯にも出ないようじゃ、佳音(堀北真希)

はまだまだ半人前だ。

      

あれは、鉄仮面じゃなくて美月(香椎由宇)に脅迫されてたから行けなかったって

だけじゃないだろう。実際、聖花(内田有紀)の誕生日(1月14日)にも、連絡なし

で大遅刻してたもんな。って言うか、あのカレンダーの前にあったピアノを弾く男性

の置物(or写真立て)、何気によく出来てたね♪ 美術さんの労作なのかな。さす

がは職人芸だ。しっかり受け止めて、いいものはしっかりホメて、悪いものは控え

めにけなす。これこそ、作品の受け手のエチカ(=倫理)ってもんだろう。

              

さて、やたら軽い話から始めたのには理由がある。ついさっきまで、やたら重い

調べごとをしてたから、疲れちゃった訳よ♪ おまけに、下調べに時間をかけ過

ぎて、肝心の記事を書く時間がもう僅かしか残ってない。超ワンパターンだな。。

     

という訳で、サラッと行こう。今回、私は最初からずっと笑ってた。前回はマジメ

に見ちゃったけど、今回はもう、スタッフが遊んでるでしょ♪ 脚本の浅野妙子

て言うより、演出の松山博昭を中心とする撮影現場のスタッフが面白がって仕事

してる感じだ。

    

『ラスト・フレンズ』が、宗佑(錦戸亮)主役のホラーみたいになって行ったみたい

に、『イノセント』は耀司(福士誠治)主役のホラーを目指すのかな。おそらく、女性

視聴者の風当たりはDVより遥かに弱いだろうから、彼にとっては美味しいかも♪

ただ、福士の顔立ちはマジメで正統派だから、そこは演技とセリフで補う必要はあ

る・・・とか書いたら、錦戸ファンに叱られそうだから止めとこ♪ 書いとるわ!

       

で、何がホラー仕立てなのか。まず、冒頭が違ってる。いきなり最初から、サスペ

ンス(心理的宙吊り)的な音楽を流して、スタッフ&キャストのロール(役柄や職務

の説明書き)を流して行く。美しいメロディーの主題歌、宇多田ヒカルの『Eternally

-Drama Mix-』は、別扱いで後に取っとくわけだ(特にラスト)。で、ロールが終わっ

た後、オルガンを弾き終えた殉也に、耀司が襲い掛かるかのように見せかける。

カツッ、カツッ、響き渡る足音が迫って来て、殉也が振り返ると、単なるフェイント。

なぜか耀司は消えてて、ガラーンとした教会が映されるわけだ。

    

あの演出で、そんなにすぐ消えるわけないだろ!なんて怒ってるようじゃ、今回

のドラマはさっぱり楽しめないだろう。私なんて、声をあげて笑ったほど。もちろ

ん、一瞬の静寂の後、次の佳音のシーンがガチャンというドアの音から始まっ

てるのは聞き逃さない。音の緩急、静けさと騒々しさを、シーン転換の区切りに

使ってるわけだ。

           

その後、佳音の部屋で、写真がはがされたボードをじっとにらんだり(最初は目

線だけ映す)、大家のヒロタさんから苦情が来た時には、寝たフリしながらジッ

と目を開いてる様子を少しずつ映していく。最後は「ドン!・・」というインパクトあ

る効果音。さらに横浜コスモワールドを出た後、佳音が『たびまる 横浜 みなと

みらい・中華街』(昭文社,第2版,2007)を見てた時には、気付かないフリをし

て、しっかり鏡越しに殉也の姿をにらんでた。

      

ちなみに私なら、殉也なんかより、あのガイドブックの表紙でミニ・チャイナ着て

た女の子に目が行くけどな。そりゃ、アブナイ趣味か♪ いや、真面目な話、

撃的な気持ちまで含めて広く「関心」って言葉を使うなら、耀司の関心の半分近

は男に向かってる気もする。つまり、裏返しの同性愛(いわば「同性憎」)が混

ざってるようにも感じるわけだ(専門的には「反動形成」)。精神分析的に考えて

も、もっともな考えと言える。幼児期に父親に複雑な愛憎を抱くというのが、エディ

プス・コンプレックス理論なんだから。いずれにせよ、耀司の残り半分以上の関

心は佳音に向かってるから、昴(成宮寛貴)みたいなゲイ(男性同性愛者)と同

じに扱うことはできないけどネ。

                       

一方、ドラマ中盤で、超ウザイ職場の同僚(浅利陽介)にスパナをぶつけて電動

ドリルを突きつける箇所は、織田裕二『太陽と海の教室』第1話の電動ノコギリ

(チェーンソー)よりも迫力があったし、シーンが長崎家に変わった途端に殉也が

ちょっとやり過ぎかな」と言ったのも面白かった。この台詞、直接的には誕生パー

ティーの準備のやり過ぎを指してるんだけど、もちろんドラマの構成的には、直前

の耀司の脅しのやり過ぎをも指してたわけだ。ま、ちょっとじゃないけどさ。(それ

にしても、あれが山下智久『コード・ブルー』に出てた浅利だったとは・・!)

     

その工場シーンは、池田次郎(豊原功補)が秋山を訪ねてくる所から始まってた

んだけど、池田の接近の映し方もなかなかシャレてたと思う。工場長(or現場責

任者)の身体にぴったし隠れるようにして、ほとんど姿が見えないまま、向こう側

から不気味に接近してきたのだ。壁の役目のためにじっと立ってるだけの工場

長が、おバカっぽく見えたのも、屈折した面白みを醸し出してたと思う。

      

さらに、聖花の誕生日の夜、殉也と佳音が「ハッピー・バースデー」を歌って、佳

音の手作りケーキに立てたローソクを吹き消した直後、心地良いBGMが一気に

消えて、一瞬の静寂と暗黒。この時、カメラは家の外から映してて、窓に微かに、

外の耀司の顔が映りこんでいる。それが素早く滑らかに反転して、カメラは家の

中。外の耀司がクリアに映し出されて、逆に中の2人の顔が窓に映りこむ。まる

で、耀司を挟み撃ちにして追い詰めて、金槌を買いに行かせるかのように。ここ

でも冒頭の効果音が「ドン!」。録画してる熱心な方は、ぜひ見直して頂きたい。

地味ながら、高度に技巧的なシーンだった☆

        

その後、聖花の不気味な薄笑いに動揺して、殉也襲撃を一旦諦めたビビラーの

耀司(ちょっと可愛かった♪)は、代わりに『週刊時潮』編集部の池田を襲撃しに

行く。再び、静寂と暗闇で恐怖感をあおった後、一旦物音に気付いた池田が振

り向いて、何事もないなと安心。パソコンのモニターに目を戻すと、右端に耀司

の顔が映りこんでて、間髪を入れずに金槌で殴り倒す。緊張→弛緩→緊張、あ

るいは恐怖→安心→恐怖の基本パターンでキレイに一本取ったシーンだった。

もちろん、電気が何で消えてるんだなんて突っ込みは無用だろう。今は節電や

省エネで、気味が悪いほど電気を消してるビルもある時代なんだから。

                 

こうして、冒頭からラストまで、あるいは予告の聖花の涙まで含めて、全体がサ

スペンス&ホラー色の強い作品になってたのが第4話だ。私は怖がるより笑っ

てたけど、ネガティブな笑いじゃなく、ポジティブに楽しんでた。もともとこのドラマ

に期待してたものとはかなり違うとはいえ、これはこれでOKだろう。佳音は可愛

いし、讃美歌の勉強にもなるし、全く問題ない。

        

殉也の『アメイジング・グレイス』(Amazing Grace)って、アメリカの代表的賛美歌

だったのか。唐沢寿明『白い巨塔』と本田美奈子のテーマ曲かと思ってたわ♪ 

驚くばかりの恵みなりき この身の汚れを知れるわれに・・・」。グレイスとかグ

レースって、神の恵みって意味にもなる素晴らしい言葉なわけね。ちなみに、こ

の語源をラテン語まで遡ると、「楽しますこと」となるらしい(『小学館プログレッシ

ブ英和中辞典・第2版)。という事は、エンターテインメントを強く意識した今回の

『イノセント』こそ、アメイジング・グレイス(=驚くほど楽しますこと)という名に相

応しいのかも知れない・・・とかベタ褒めしとけば、フジテレビとのパイプもいずれ

作れるだろう♪ 打算かよ!

              

         ☆          ☆          ☆

ここまで、ホラー色の強い演出を少し細かく見てきた。ブログでドラマレビューを

やってると思い知らされるのは、いかに視聴者がタレントとストーリーで判断して

るかってことだ。それに対して、ウチでは別の話をよく書いてて、上の文章もその

一例にすぎない。ここからは、また全く違う話に向かうとしよう。それは、PTSD

に関するマニアックな話だ。

         

池田によると、佳音は長野両親殺害放火事件の後、PTSDで地元の精神科にか

かってた。PTSD(Post-Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)

ていう病名(or診断名)は、ウチの記事やコメント欄にも度々登場してるけど、一

番詳しく扱ったのは、天海祐希&藤木直人『Around40』第5話だ。加藤雅也が

演じる金杉和也が、アフガニスタンでの悲惨な戦場体験による後遺症に苦しんで

て、スーパー臨床心理士の藤木の無料青空カウンセリングですぐ治ってしまった

から、温厚で寛容な私も我慢できず、つい卓袱台を放り投げてしまったのだった♪

        

あの記事では、個人的ではなく一般的観点から、またドラマの設定から考えて、

どうして薬物療法の話が出ないのかと疑問を投げつつ、SSRIとかSNRIといっ

た代表的な薬の話を出しておいた。今回は、ウチの常連さんならお馴染みの、

『DSM-Ⅳ-TR』(精神疾患の診断・統計マニュアル新訂版,医学書院,2004)

におけるPTSDの扱いに着目してみよう。

          

この本は、米国精神医学会による世界標準の診断マニュアルで、心の病という

難しい対象をできるだけ「単純」に扱うことを目指すものだ。ただし、それは必ず

しも「簡単」な診断基準ではない。「診断基準309.81 外傷後ストレス障害」

項目を見ると、単純な項目の箇条書きが38行も並んでいる。だから、ややこし

過ぎるという批判も出るんだけど、一つ一つは単純で、素人でも一応理解できる

話がほとんどだ。

       

13歳の佳音(沢木ルカ;このとき既にマニュアルは存在)はPTSDと診断された

ようだけど、19歳の佳音をPTSDと言えるかどうか、具体的に軽く考えてみよう。

基準A(1)「実際にまたは危うく死ぬまたは重症を負うような出来事を、1度また

は数度、あるいは自分または他人の身体の保全に迫る危険を、その人が体験し、

目撃し、または直面した」は満たされてる。ちょっと複雑な文章だけど、一応分か

るでしょ。基準A(2)「その人の反応は強い恐怖、無力感、または戦慄に関する

ものである」も満たされてると言っていいと思う。

                   

また、基準B(1)「出来事の反復的、侵入的、かつ苦痛な想起で、それは心像、

思考、または知覚を含む」も満たされてる。いわゆる「フラッシュバック」のシーン

は何度も映されてた。基準B(2)「出来事についての反復的で苦痛な夢」という

のは、今現在ビミョーだ。あの山奥で襲われる悪夢だけだと、まだ「反復的」とは

言えないから。ただし、これは満たされなくてもいい条件だから、重要ではない。

基準Bは、どれか1つだけ、つまりB(1)だけでもOKなのだ。

      

ただ、基準C・Dが満たされてるかどうかはちょっと微妙(長くなるので省略)。

準E「障害の持続期間が1カ月以上」は満たされてるとして、最後の難関、基準F

がまたビミョーなのだ。これはDSM全般に見られる特徴的な基準項目だけど、

「障害は、臨床上著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域

における機能の障害を引き起こしている」。つまり、「著しい」問題が起きてない

と、PTSDとは診断できないのだけど、佳音がそこまで言えるかどうかは疑問だ

ろう。ま、世評的には、著しい問題なのかも知れないけどさ♪ 盗撮、ストーカー、

プライバシー侵害、不法侵入、履歴書偽造、別人詐称とか。

          

こうして、現代精神医学の基準に即して考えると、19歳の佳音がPTSDかどう

かの診断は難しい。でも、13歳ではそう診断されたわけだし、ドラマの流れを見

ても、いまだにPTSDだとみなしてるように感じるのは確かだ。まあ、厳密な診断

なんて無くても、佳音は子供時代の出来事がいわゆるトラウマになって苦しんで

るわけだから、大雑把な通俗的意味でPTSDと考えてもいいだろう。

           

それより、私がむしろ注目してるのは、実は耀司もPTSDなんじゃないかという

ことだ。歴史的に見て、PTSDというのはもともと戦争(特にベトナム)の後遺症

を主に指してた言葉だし、その後も被害者に対して使われるのがほとんどだ。

でも、ここまで加害者っぽく描かれてる耀司も、幼い頃に加害者へと追い込まれ

たこと自体で、被害者とも言えるだろう。

               

より重要で学問的な話を加えると、日本トラウマティック・ストレス学会の2007年・

第6回大会シンポジウムのテーマが、「加害者に認められるPTSD類似の症状

なのだ。総評(平林直次)にはこう書かれてた。「重大な他害行為を行った精神障

害者にも、他害行為を契機としてPTSDに類似した精神症状を認めることが報告

された。また・・・PTSDは他害行為の原因となる可能性があることが示唆された」。

      

わざわざ「類似」という言葉を補って微妙に区別する辺りが、何とも学術的なんだ

けど、ここに来てようやく、加害者の側にも目が向き始めてるのは注目すべきこと

だろう。これはちょうど、『ラスフレ』の記事にも書いたように、DVでも加害者側に

ようやく目が向けられ始めてるのと同様の流れだ(裁判では逆に、被害者側に目

が向けられ始めてる)。

                     

とにかく、佳音はもちろん、耀司にもPTSDという言葉を使える可能性は十分ある。

しかも同じ出来事が心の傷となったPTSDだ。だから、彼らを「PTSDカップル」と

呼ぶことは可能だろう。これは私が初めて使った言葉かも知れないから、遊び心

のある常連さんは、今後は「テンメイ PTSDカップル」とかで検索してくれると嬉

しいかも。「テンメイ 同性憎」でもいいけどね♪ 

       

ちなみに、『ラスフレ』で宗佑&美知留(長澤まさみ)を「ボーダーラインカップル」

と呼んだ時とは、似て非なる状況だということは注意しとこう。ボーダーラインカッ

プルは、基本的には片方がボーダーライン(境界性パーソナリティー障害)で、相

手と共依存的関係を結ぶ。それに対して、PTSDカップルは両方が同じ障害を持

つ患者なのだ。

     

ただし、どちらの関係も、第三者の介入で大きく揺らぐ点は一致している。宗佑&

美知留は、ルーク=瑠可(上野樹里)の登場で悲劇へと突き進むことになった。

一方、耀司&佳音は、殉也の登場で大きく揺らいでる。「佳音のために」戦って来

た耀司が、殉也のせいで「あなたさえいなければ」と佳音に思われるようになった

時、どんな悲劇が繰り広げられるのか。どんな崩壊が過剰な兄妹愛を襲うのか。

単なるテレビ視聴者としては、激しい展開に期待しよう。ま、それでも最後は、キ

レイなホワイト・クリスマスってことで。。

                     

ここで遂に、時間切れ。まだまだ一杯書くことはあるんだけど、差し当たり、私一

人で味わうことにしよう♪

ではまた。。☆彡

      

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.池田が書いてた原稿(の一部)は次の通り。

        長野両親殺害放火事件に新事実!

                        「週刊時潮」編集部 池田 次郎
   
        ・・・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・

    殺害の背景には複雑な家庭環境が入り乱れていたのだ。

    兄の歪んだ愛情 

    耀司元受刑者と妹・佳音の中の良さは近所でも有名で、2人はどんな時

    も一緒にいたという。耀司元受刑者は佳音を誰よりも可愛がり、佳音が

    道に迷った時には何時間も名前を叫び続け、町中を探し回っていたと近

    所の人が証言していた。耀司元受刑者にとって妹・佳音は特別な存在で

    あった事は周知の事実であった。

    誰の目から見ても中の良い兄妹であった2人だが、耀司元受刑者の佳音

    に対する愛情はいつしか兄妹愛を超え、兄の妹への歪んだ愛情へと化し

    ていったのだった。そんな耀司元受刑者がひきこもるようになったのは事

    件発生の1年前、誰よりも愛している妹・佳音を一時も自分の目から離し

    たくなかったと考えると納得がいく。

    やがてこの耀司元受刑者の歪んだ愛情こそが両親殺害という見るも

    無残  (ここで終了)

    

P.S.2  白雪姫セットって、この後で使うのかね。殉也が白雪姫になったら、

       昴やその同性愛仲間がどんな顔をするのか、見てみたい気もするな。

       ちなみに私は、レースクイーン・セットやキャビン・アテンダント・セット

       の方が好きだ。聞いてない? あっ、そう♪ 日曜学校のお楽しみ会

       でも、怪しい牧師(内藤剛志)だけは喜んでくれると思うけどな。

    

P.S.3 スピンオフ『イノセント・ラを初めて見たけど、ホントにラフな出来だ

      ね ^^; あれを有料で見るファンが一体何人いるのか。。

      ちなみに、『イノセント・ラ』だと、ドラマ本編の題にもスピンオフの題

      にもならないんだけど、相変わらず検索がたまに入って来る♪

               

P.S.4 ラストで佳音がやって来た教会の玄関の貼り紙

      聖パウロの言葉 

      もし わたしたちが キリストと一体になって その死の姿にあやかる

      ならば その復活の姿にもあやかれるでしょう 

                                (ローマ 6・5)

         

      手元の新約聖書(新共同訳)の「ローマの信徒への手紙」の第6章・5節

      を読むと、全く同じ文章が書かれてた。

      殉也が十字架を背負ってるって話があったから、殉也をキリストとして

      とらえると、佳音が殉也と一体となって、殉也の死と再生に遭遇すると

      読めなくもない。殉也って名前からして、殉職とかで死にそうだしね。

    

P.S.5 美月が見てた検索サイト「Seargle」に関する検索アクセスがポツリポツ

      リと入ってる。これはもちろん、「Search + Google」で作った架空のサ

      イト名で、福山雅治『ガリレオ』第4話で使われてたものだ。

      

P.S.6 『イノセント・ラヴ』第4話視聴率は、11.7%。『セレブと貧乏太郎』の

      11.6%には勝ったから良しとする・・・訳には行かない。『流星の絆』

      が15.6%で踏ん張ってるのは、かなりの驚きだ。。

    

P.S.7 『イノセント・ラヴ』に裏サイトがあるという話を、キッドさんがほのめか

      してたから、早速検索して難関クリア。簡単に記事にまとめといた☆彡

         『イノセント・ラヴ』の公式裏サイトを見る方法(図解付き)

                

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話

   愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話

   白さとヴァルネラビリティ~『イノセント・ラヴ』第3話

   傷、侵入、つながり~『イノセント・ラヴ』第5話

   もう一つのイノセント・ラヴ~『イノセント・ラヴ』第6話

   風船と共に去りぬ~『イノセント・ラヴ』第7話

   抑圧されたものの回帰~『イノセント・ラヴ』第8話

   ギルティ・ラヴとしての嫉妬~『イノセント・ラヴ』第9話

   オフホワイト・クリスマスの祈り~『イノセント・ラヴ』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『イノセント・ラヴ』、タイトルバック映像の英単語

   『イノセント・ラヴ』の公式裏サイトを見る方法(図解付き)

| | コメント (5) | トラックバック (5)

オバマ新大統領の黒人扱いに関する再考

「初の黒人(アフリカ系)の米大統領」とされるオバマの当選直後に書いた記事、

オバマ大統領誕生、新聞3紙の社説と黒人の定義」には、地味にアクセスが続

いてるが、その中で目立つのが「日経 ワンドロップルール」といった感じの検索

アクセスだ。日経の普通のHPでサイト内検索しても出てこないけど、専門のサー

ビスの日経テレコンで検索してみると、日経新聞11月7日朝刊の記事が見つかっ

た。見出しは、「母が白人 オバマ氏なぜ『黒人』 / 本人が主張」

         

朝日新聞の有料サービスや、読売新聞の普通のサイト内検索では、この種の記事

はヒットしないし、普通にYahoo!やGoogleで検索しても、なかなか信頼できる記

事が見当たらないこともあってか、この日経記事に多少の注目が集まってるようだ。

      

この僅か31行×15文字の短い記事、2つの見出しだけをつなげて読むと、まる

で「オバマ本人が主張してるからオバマは黒人だ」と書いてるように思えるかも知

れないが、本文を読むとそう単純な話ではない。著作権があるので全文引用は

できないが、ポイントは2つだ。「米メディアで、同氏の『人種』の定義を巡る議論

が繰り広げられている」と、「オバマ氏は演説などで『黒人』だと主張している」。

       

オバマのその主張には、2つの背景が記されている。まず、自伝『マイ・ドリーム』

によると、オバマは少年時代、無理やり皮膚を白くした黒人の写真を見て人種問

題の深刻さをを痛感し、自らは黒人だとの認識を深めたとのこと。次に、先日の

ウチの記事にも書いたけど、伝統的なワン・ドロップ・ルール(一滴主義:少しでも

黒人の血が混ざってれば黒人とみなす基準や傾向)というものがあって、最高裁

が1967年に違憲判決を出した後でも、色の黒い人は白人と主張しにくいようだ。

つまり、色が黒い人は一滴以上の黒人の血が混ざってるとみなされるのだろう。

         

他にも、国勢調査の際に人種の選択を迫られる話が書いてあって、オバマが自

分で黒人を選択してることがほのめかされてはいる。けれども、この日経の記事

は、ウチの前の記事でも書いた州ごとの基準(黒人の血が一定以上混ざってた

ら黒人とか)には全く触れてない。また記事冒頭で、議論が繰り広げられてると

書いてるだけで、独自の説得的な解答を与える記事にもなってない。何しろ、た

かが原稿用紙1枚強で、ウチのこの記事よりも短い説明にすぎないのだ。

       

そもそも、本人が主張してるから黒人だなんて話に、それほどの説得力はない。

じゃあ、マケインが黒人だと主張したら黒人なのかというと、そんな事はないのだ。

つまり本人ではなく他人が、あるいは社会が黒人と認める必要があるわけで、

人や社会の基準が重要なのだ。そうなると、やはり肌の色と、黒人の血が半分

(つまり十分多く)混ざってるハーフだということがポイントなんだろうと推測される。

    

ちなみに、英語のウィキペディアでオバマの項目を見ると、脚注の4番に面白い

話が書かれてた(06年のBBS News.com)。白人のアメリカ人の55%が、

彼を混血と分類するのに対して、黒人の66%は彼を黒人とみなすそうだ。つま

り、オバマが黒人とされるのは、自分で主張してるからだけではなく、周囲が、

特に黒人たちがそうみなしてるからでもあるのだろう。

    

という訳で、差し当たりの結論としては、以上に上げた4つの要素が、オバマを

黒人とするためのポイントと言っておこう。肌の色、黒人の血統に関する基準、

自己主張、他者(特に黒人)の認識だ。

ではまた、機会があれば。。☆彡

| | コメント (3)

世田谷246ハーフマラソン、距離が1.1km短かったのか!

変だなぁと思ってたら、やっぱりミスだったのか。。(-_-メ) とんでもない話だな。

昨日2008年11月9日、駒沢オリンピック公園・陸上競技場をスタート&ゴール

081110 にして開催された、第3回世田谷246

 ハーフ。フル42.195kmの半分

 (ハーフ)だから、21.0975kmな

 きゃなんないのに、実際は1kmほど

 短い約20kmのコースだったらしい

 まだ非公式情報だけど、色んな情報

 を考え合わせると、少なくとも距離が

 おかしいのは間違いなさそうだ。

 「まさかの快走♪」なんてレース記事

 まで書いて、怪しみながらも喜んでた

のに、やられたって感じだ。。

                 

   (追記: 10日の早朝、19.7kmと書いてるブログを一つ発見したものの、

        情報源が書かれてないし、公式発表や報道もまだない。もしそうな

        ら、普段のスピード練習とほとんど変わらないタイムになってしまう。

        大ショックかも。。)

                   

   (☆追記2: 事務局に電話で確認した所、1383m短かったとのこと!

           つまり、コースの距離は19.7145kmしかなかったわけだ。

           この後、公式HPにも掲載されるらしい。ドッヒャ~~~ッ・・・。。

           ちなみに、昨日の場内では19kmほどと放送してたという話だ)  

           

   (☆追記3: 11日昼前の最新情報によると、1383mは間違いで、本当は

           1.1379kmの不足とのこと。直ちに、この記事のタイトルも

           修正した。相変わらず、何ともアバウトな話であきれるけど、

           走行距離が250mほど伸びて、19.9596kmになったから、

           ちょっと嬉しいのも事実♪ 詳しくは次の最新記事にて。

             世田谷246ハーフ、最終決着は1.1379km不足 )

           

レース記事に書いたように、そもそも途中の距離表示が少しずつおかしかったし、

最後に駒沢公園に戻ってからのコースが明らかに短くて、ラストスパートし損ねたっ

081110c  て感じだった。あらかじめ、左

 図のコースを覚えてたから、

 「あれっ、コース案内図が間

 違ってたのかな?」と思ってた

 のだ。

           

 ところが、案の定、ウチのアクセ

ス解析に「世田谷ハーフ 距離がおかしい」って感じの検索がいくつか入って来

たから、あちこち検索をかけると、9日夜の時点で6つのブログが1km短かった

とかいう話を掲載してた。私自身は聞いてないし、いまだに公式HPにも掲載され

てないけど、どうも会場でアナウンスがあったようだ。係員が先頭集団を誤って

誘導した後、平等のために修正せず、そのまま続けたとかいうお話。そんな平等、

一般ランナーには大迷惑なんだけど。。(ーー;)  

                                                                              

081110b 左に、間違いのポイント

 を図示しておいた。点線

 部分が、省略されてしまっ

 たコースで、確かに1km

 くらいの長さだと思う。し

 たがって、各選手のスピー

 ドに応じて、タイムに3

 分~6分プラスして考え

る必要がある。私の場合、プラスすると、普段のスピード練習より少し速い程度

の、ごもっともなタイムになった。まあ、それでも自分のノルマはちゃんと果たして

るから、一応満足できるレース内容だけどさ。。

追記: 1kmじゃなく1.1379km短かったので、3分半~7分のプラスが必要

                 

とはいえ、ミスはミス。冒頭に掲げた公式パンフレットの最初にも、今年からコー

スを一部修正して公認レースにしたと、繰り返し強調されている。学生のトップラ

ンナーも出場してるのだ。それが非公認レースになってしまったどころか、ハーフ

未満の中途半端な距離になってしまったんだから、最低でも謝罪報告を公式サ

イトに載せるべき。本当の距離は何kmだったのか明示した上で、できれば希望

者は来年のレースに優先的に出場させて欲しもんだ。無料とは言わないけど、

半額とか1000円引きのサービス料金にしてくれてもいいね♪

             

コース変更が裏目に出たのかどうか知らないけど、とにかく初歩的で重大な運営

ミスを犯したんだから、最低限の責任は果たして欲しい。間違えたスタッフ達も、

その方がスッキリするだろう。そもそも、記録証を配布する際に、一言断りがあっ

てもおかしくなかったし、競技場の出口に事情説明があっても良かったと思う。

                               

という訳で、「まさかの快走♪」かと思ったら、「まさかの誘導ミス」だったってお話

だ。数年前に、競歩で話題になったのを思い出すアクシデントだな。トホホ・・・

ま、気を取り直して、地道に川口マラソンを目指すとしよう。ではまた。。☆彡

    

cf.世田谷246ハーフマラソン、まさかの快走♪

| | コメント (4)

世田谷246ハーフマラソン、まさかの快走♪

RUN 21.0975km,平均心拍170 (92%)

2年半の沈滞を経て、やっと復活のきざしが見えて来た♪ 今日、11月9日に

駒沢オリンピック公園を拠点にして行われた、第3回世田谷246ハーフ。まさか

081109 まさかの出来だった

 な☆ ホントに距離

 合ってるの?と疑問

 に思っちゃうほど、

 普段より大幅に速い

 タイムだった。

            

  (追記: 1.1km短

かったらしい! 詳細は後で記事をアップする予定(完了)。係員の誘導ミスとの

噂。実は普段のスピード走より少し速い程度の出来だったわけ。大ショック・・・)。 

                

                        2年半前、私が一番速かった頃(高校陸

081109e 上部は除く)に神奈川で

 出したベストタイムと比

 べると流石に遅いけど、

 もう射程圏内には入って

 る。来春ハーフで自己記

 録更新っていう目標は、

 ひょっとすると実現でき

 ちゃうかもネ。ほんの数ヶ

081109i 月前までドン底をさまよっ

 てたのに、よくまぁここま

 で一気に回復したもんだ。

 ロクに走り込んでもない

 のに。。(^^ゞ

          

 この日は、3時間程度の

 浅くて短い睡眠で6時過

081109h ぎに起床。まぁ、フルを

 走る時でも2時間前後し

 か寝てなかったりするか

 ら、個人的には許容範囲

 だ。昨日から急激に気温

 が下がってるので、すぐ

 服を着こんで温かい朝食

 を取って、あわてて出発。

会場到着は受付時間のリミットぎりぎりの7時45分だった。ちなみに、すぐ上の

写真の右が駒沢のシンボルのオリンピック記念塔(管制塔)、左端は体育館だ。

そのまた上の写真に映ってる周回コースは、ホノルル、東京、24時間テレビと

いったメジャーなイベント前に、芸能人が練習で走って、よくテレビに映ってる。

               

081109d 駒沢公園の陸上競技場な

 んて初めてだし、着替え・

 トイレ・ゼッケン装着・荷

 物預けで時間を取られて、

 スタート地点に並んだの

 は出発5分前。ま、去年

 の川口ハーフなんてスター

 トに3分ほど遅れたくら

081109k いだから、今日は上出来とも言える♪ レ

 ンタルトイレ無しなのに待ち時間が僅かだっ

 たのがラッキーだったんだけど、トイレの

 数が元々多いってことかな。かすみがうら

 も青梅も、ずいぶん行列が長かったもんなぁ。

 結局行けなくて、途中で感心しないことをする

081109l 男性ランナーが大勢いるのが実情なの

 だ。女性はどうしてるのか、不思議だな。

 ちなみに、左は記念品のTシャツだ。

                       

 さて、駒澤大学、日本体育大学、日本大

 学のチアリーダー&応援団とか、どこ

かのブラスバンドが賑やかに盛り上げてくれる中、8時半に競技場のトラックを

スタート。私がいつも後ろに並ぶハメになってるせいもあって、最初は「どいてく

れぇ~!」と内心叫びながら、少しずつ抜いて行く。ものすごく遅く感じるけど、

心拍は1km地点で早くも166。タイムを見ても、実はかなり速いのだ。普段走

る時の1km地点なんて、まだウォーミングアップ状態だもんね。

             

コースは簡単に言うと、国道246号線(通称246:にーよんろく)を多摩川まで

走って、川沿いの道(ごく一部は多摩川サイクリングロード)をしばらく走った後、

目黒通りを中心にして駒沢公園に帰るもの。もともと寝不足なのに加えて、風邪

薬のパブロンを飲んだせいもあって、多摩川に着くまでの5kmくらいは眠くて

方なかった。あと、気温10度が意外に寒く感じなかったな。まあでも、上は長袖

にして正解だったと思う。私は冷え性で寒がりなのだ。

           

予想以上に多い沿道の応援を受けながら、やや抑え気味のイメージで走ってる

内に、胃袋の中の朝食も消化されてくる。中間地点を越えて、じゃあそろそろ本

気で走るかなと思ったのに、心臓が悲鳴をあげてペースアップできない。脚と呼

吸はそれほどにも感じなかったのにね。それでも、色んなランナーとバトルを繰

り広げながら、心拍170くらいで走り続ける。実測最大心拍184の92%で、こ

こまで追い込めたことは滅多にない。やっぱ、9月以降、急激に調子が上がって

るんだね。

     

走ってて気になったのは、1kmごとのラップ(区間タイム)がかなりバラついてる

こと。私は普段から細かくチェックしてて、こんなにバラつくことなんて全く無いか

ら、距離表示がおかしいとしか思えない。バトルとかアップダウンを考慮しても、

差が大き過ぎる。一番奇妙だったのは、最後に駒沢公園に戻ってから。私の予

想より500mくらい早めに競技場に着いてしまって、得意のラストスパートが僅か

200mしか使えなかった。コースが分かってたら、もっと早めにスパートして、15

秒くらいは縮められたのになぁ。。

    

まあでも、メインスタンド前の全天候トラックを気持ちよくスパートする感覚を楽し

んで、もう終わりなの?って感じでゴール。タイムは、エッ?と思うような速さだっ

たので、実はいまだにピンと来てない。そろそろ公式HPで「距離が足りなかった」

とか掲示されるんじゃないかと思ってビクビクしてる所だ♪

               

081109j ゴール後は、即時発行の記録証を受

 け取った後、茶カテキンがたっぷり入っ

 たヘルシアウォーターを2本もらってグ

 ビグビ飲みながら、ゆったりした更衣

 室でのんびり着替え。ハーフが1000

 人、健康(10km,5km,2km)

が1600人もいるのに、何でこんなに空いてるのかね。さすが東京オリンピック

記念の競技場ってことか。

                          

081109b 着替えた後は、スタンドに上がっ

 たり公園内を歩いたりしながら、

 写メをパシャパシャ。バックスト

 レート側でずっと応援してるチア

 リーダー達が、豆粒ほどにしか

 見えなくて、気の毒だったな。何

 であんな遠くでやるのかね。

                               500万画素、光学3倍ズー

081109c ムの910SHをもってしても、

 この程度にしか撮れなかっ

 た。その代わりと言っちゃなん

 だけど、子供向けウルトラマン

 はしっかり撮影♪ 元祖とコス

 モスとティガが、M78星雲から

                             わざわざ応援にいらっしゃって、

081109f 子供たちと遊んでた。地球の平和を守る

 のも大変だね♪

                

 帰り際に、ちょうど10kmレースが始まっ

 て、前走(=先導役)を2台の自転車

 (ロードバイク)がやってるのに驚いた。

 なるほど、公園内の周回コースだから、

 車が使いにくいわけか。しばらく見よ

 うかと思ったけど、身体が冷えて痛く

081109g なって来たから、止め

 て帰宅。要するに、そ

 のくらいまで力を振り

 絞れたってことで、嬉

 しい痛みなのだ。高校

 陸上部時代、初めての

 大会で1500mを4分

 31秒5で走った直後

は、完全に脚が動かなくなって、他の部員に助けてもらったのを思い出した。

やっぱ、本気で全力を出すってのは、凄く気持ちいいことだね。

                  

という訳で、肌寒い曇り空のもと、今シーズン初戦をまさかの快走で終了したっ

てお話だ。タイムは、普段公表してるスピードと心拍からある程度想像できるだ

ろう。平均心拍170(92%)まで追い込んで、調子もそこそこだと、普通に考え

てもかなりのペースアップだけど、それにプラスして予想外に速かったのだ♪

まあ、さっきまでテレビでやってた東日本女子駅伝と比べると、負けてるけどさ。

     

081109p とにかく、世田谷ハーフはまさかの大満

 足。ちょっと休んだ後、今度は来月上旬

 の川口ハーフを目指してまた頑張るとし

 よう。明日は堀北真希『イノセント・ラヴ』

 第4話もあることだし、休もうかな。そう

 そう、東京の抽選結果が落選だったから、

 代わりに荒川に申し込まなきゃ。どうせ

 追加抽選なんて無理でしょ。

 ではまた。。 ☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.まさかの1.1km距離不足で、一気にイメージがガタ落ちとなった ((+_+))

    詳細はこの後すぐアップした次の記事にて。

       世田谷246ハーフ、距離が1.1km短かったのか!

| | コメント (0)

東京マラソン2009抽選結果&世田谷ハーフ直前調整

RUN 10km,57分17秒,心拍129

今日(7日)から東京マラソンの抽選結果を知らせるメールが順次発送されるっ

てことで(公式HP)、ウチの去年の記事にも検索が入って来てる。何度もメール

ボックスを見てるんだけど、まだ来てないから、たぶん当選したんだろう。どんだ

け楽天的なんや!♪ 何しろ、フルの抽選倍率は7.5倍で超難関・・・と書いた

後、公式HPをよく見ると、10kmの部も7倍なんだね! いやいや、凄まじい人

気。ほかにもたくさんレースはあるのに、東京ブランド恐るべし。。

                

追記: 日付けが変わってから記事をアップしようと思って、下書き状態のまま

     待ってたら、夜の10時半になって到着。結果は・・・また落選かよ! 

     試しに友達に聞いてみたら、やっぱり落選とのこと。う~ん、追加抽選な

     んてもっと厳しいだうし、やっぱり落選続きの人を優先させるシステムを

     導入して欲しいな。で、私が当選した翌年から、そのシステムはすぐ廃止

     とかネ♪ ジコチューかよ!)

         

さて、その東京ブランドを遥か以前から付けてる東京国際女子マラソンが、30

回大会の今年で終了となって、来年からは横浜に舞台を移すことになる。そこ

で、主催の朝日新聞では、今日の朝刊で特集を組んでるし、昨日の夕刊からは、

一面の特集「ニッポン人脈記」の新シリーズで「女が東京を走った」と題して、女

性ランナーのフルマラソン挑戦の歴史を、原点から数十年にわたってたどってる。

          

夕刊の特集は、まだ第2回だからいずれまた取り上げるとして、差し当たり朝刊

の特集を見ると、一番大きな写真で掲載されてるのは、大会新記録で去年優勝

した野口みずきのゴールだ。そのすぐ下には、先日引退表明した高橋尚子が、

2003年のレースで終盤に失速、アレムに抜かれる印象的シーンが掲載されて

いる。一見、対照的な2人だけど、よく考えてみると野口も結局、この後で北京

五輪を欠場することになったんだから、栄光と挫折を感じさせるという意味では

似たような写真とも言えるだろう。

    

他に大きく扱われてる写真は、83年に初の日本人優勝者となって故・中村清監

督に感謝する佐々木七恵。95年の終盤で転倒する浅利純子(逆転優勝)。80年

にマナーを守って自分のつばをハンカチで受け止めるスミス(2連覇)。82年の

ゴール直前に足がけいれんして、ナンバーカードの安全ピンを太腿に刺して走り

続けるツフロ(2位)など。なかなか、いい写真を集めてるって感じで、まさに見出

しの通り、「30年 ドラマの数々」になってる。最後を飾る今年は一体どんなドラ

マが待ち受けてるのか、16日のレースを楽しみにしよう。

    

さて、トップランナーとは違って三流市民ランナーの昨夜は、世田谷246ハーフ

直前ってことで、極端に軽いジョグでの積極的休養。前夜のスピード練習でかな

脚が疲れてたので、心拍130程度の超低負荷に抑えて10kmだけ走っといた。

流石に全くの楽勝で、鼻呼吸だけで十分だし、小雨の中の傘ランも気にならない

ほど。それでも1km5分44秒ペースで、6分ペースにはまだ余裕がある。やっぱ

り、着実に力が回復してるのは間違いない。ま、ロクに走ってないんだけどさ♪

      

走り終わった後は、レース準備完了のご褒美として、またキャラメルコーンをボリ

ボリ1袋食べてしまった (^^ゞ いやぁ、美味しくて止められないな。甘い物は別腹っ

ていう女性たちの気持ちがよく分かるわ。これで金・土と2日完全に休んで、日曜

がレース。今現在、まだかなり脚に疲れが残ってるのが気になるけど、世田谷の

調整に少しくらい失敗しても、来月にはまた川口ハーフがあるから挽回可能。気

楽にチャレンジするとしよう。

ではまた。優れたジャーナリスト、筑紫哲也氏の逝去を悼みつつ。。☆彡     

        

P.S.9日午後、世田谷ハーフの記事をアップ。

       世田谷246ハーフ、まさかの快走♪

    

P.S.2 『流星の絆』第4話、戸田恵梨香は地味女どころか、ホント華やかな

      服装が似合うね。「朝日ミルク」のフタの「500えん」も可愛かった♪

          

往路(1.15km)   7分19秒      平均心拍115

 1周(1.1km)    6分26秒            124

 2周          6分17秒            127

 3周          6分24秒            129

 4周          6分19秒            131

 5周          6分15秒            132

 6周          6分09秒            134

 7周          6分05秒            135

復路           6分05秒            138

 計          57分17秒            129(最大139,ゴール時)

| | コメント (0)

オバマ大統領誕生、新聞3紙の社説と黒人の定義

史上初の黒人(アフリカ系)の米大統領として、バラク・オバマが当選した。マスメ

ディアは一斉にトップニュースとして扱ってるが、ここでは当選直後、2008年11

月6日の、朝日、日経、読売の社説を比較してみよう。これら3紙は、日本を代表

する新聞であると同時に、共同で比較サイト「あらたにす」を作ってる仲間、あるい

はライバル同士でもある。そこから3紙のサイトの社説ページに飛ぶことも可能だ。

          

まず、3紙が共通してるのは、黒人初の当選を祝福する姿勢だ。一見、当たり前

のように思えるけど、そもそもオバマはどうして黒人扱いなのかという問題がある。

この記事を書く前に30分ほどあちこち検索をかけてみたけど、3紙のサイトも含

めて、まだどこにも信頼できる情報は見つかってない

    

 (追記: その後、日経の短い説明を発見したので、別記事にまとめた。

         オバマ新大統領の黒人扱いに関する再考 )

       

一応、「Yahoo!知恵袋」にいくつかの個人的意見が情報源(=ソース)無しで書

かれてて、それは英語のウィキペディアの詳しい説明とも整合的だ(話がほぼ合っ

てる)。黒人の定義、あるいは白人の定義というものがアメリカ合衆国の各州で定

められていて、ある程度以上の黒人の血が混ざってる場合は黒人扱いとなるらし

い。例えば、ヴァージニア州なら16分の1以上で黒人。オバマの場合、父が黒人、

母が白人で、2分の1という高い割合が黒人の血になってる。だから、どの州の基

でも、あるいは古典的な「ワン・ドロップ・ルール」(one-drop rule:一滴の血でも

混ざってれば黒人扱いとする基準)に照らし合わせても、オバマは黒人となる。

    

 (追記: 何分の1とかいう血統の計算は、真面目にやるとかなり面倒な話になる

      はずだ。したがって、実際上はアバウトに扱ってるのだろう )

          

ただし、英語のウィキ(「African American」 の項目)でさえ、「情報源が全くない」

とか「独自のものにすぎない研究や、実証されてない主張が含まれてるかも知れ

ない」と注意書きされてるくらいだから、まだまだ満足はできない。とりあえず今回

は、この程度で妥協しとこう。

        

           ☆          ☆          ☆      

さて、3紙の比較に戻ると、社説の文章構成が一番まとまってるのが朝日だ。こ

れは別に、ウチが朝日新聞を購読してるからって話ではなくて、単なる現代国語

的な見方からだ。社説のタイトルは「オバマ氏当選─米国刷新への熱い期待」

まず冒頭で黒人初を祝った後、「厚い壁を打ち破って」という小見出しのもとで、

さらに根深い人種問題を扱う。続いて「ブッシュ時代へ『No』」という小見出しの

もとに、ブッシュがもたらしたイラク・アフガニスタンでの戦争と金融危機に立ち向

かう状況を書く。

    

最後に、「米一極支配の終わり」という小見出しで、今後は多極化とかグローバル

な世界的協調に向かうだろうけど、米国にはまだ主導的国家としての役割を果た

して欲しいと主張。結局、全体として、社説のタイトル通り、米国刷新や再生への

期待を表すポジティブな文章に上手くまとめ上げられてるのだ。微妙なニュアンス

も含めて、「優等生的」な社説と言っておこう。

          

一方、日経(=日本経済新聞)は少し違う。まずタイトルは「歴史的な経済危機

に挑むオバマ大統領」となってて、最初から経済と危機が強調されてるのだ。内

容的にも、金融危機との対決とか、大恐慌時のルーズベルトの対策を再現する

ことの困難さが、かなり強調されている。また、自国を守りたいがゆえの保護主

義には陥らないようにクギを刺してる点も、いかにも日本経済を代表する新聞ら

しい部分だろう。後は、戦争とか、日米関係の話がパラパラと加えられてる感じ

で、社説全体の統一感はやや不足している。「保護主義に陥らぬよう」、「日本か

らの提案も重要」という小見出しも、はっきり言って無くてもいいような使い方だ。

     

あと、自社独自の主張性もやや薄くて、客観的な分析を淡々と行ってる印象が

ある。「大人」の態度と言えなくもないだろうが、これでは「社説」というより一般的

説明に近いようにも感じる。ただし、金融問題を中心に、記述が細かくて具体的

な所は評価できるだろう。その点、朝日は大雑把で抽象的、もっと冷めた言い方

をするなら、キレイごとっぽいのだ。

       

最後に、読売新聞タイトルは、「オバマ氏圧勝 米国の威信は回復できるか」

これが疑問形になってる所が、そもそも朝日とは違ってる。つまり、日経よりやや

強く、不安や疑問や要求が出た内容だ。小見出しの「金融危機克服に全力を」の

もとでは、新人政治家だから不安だという話とか、日経と同様に保護主義への懸

念が書かれている。次の小見出しも「どうするイラク撤退」という疑問形で、公約

の実現の大変さが強調されている。

    

最後の小見出し「日米同盟の再確認」に続く部分が、最も読売らしい部分だろう。

ここで、米国と協調して、北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題に対処することの重要

が書かれてるのだ。この極めて日本的・極東的な話は、他の2紙にはないけれ

ど、読売は最後の目立つ箇所で強く明言している。好き嫌いの分かれる部分だろ

うが、私は日本人として、わりと評価する。ただ、読売の主張は一般にかなり強め

なので、もうちょっと柔らかさが欲しいとは思う。相手を変化させるためには、北風

をビュービュー吹き付けるだけじゃなく、太陽でポカポカ温めることも必要。その微

妙な「北風と太陽」のバランスこそが、他者とか外部との交渉においては決定的

に重要なのだ。

          

           ☆          ☆          ☆  

以上、ウチでの初めての試みとして、主要メディアの論調の比較を簡単に行って

みた。普段なかなか、じっくり行う余裕はないけど、やっぱりこうした客観的、第三

者的な分析は重要だと思う。是非またやってみたいし、今後はテレビとかネット、

あるいは世界の論調の比較にもチャレンジしてみたい。ま、余裕があればね。

ではまた。。☆彡

      

cf.オバマ新大統領の黒人扱いに関する再考

| | コメント (4)

世田谷ハーフ直前、最後の負荷

RUN 18km,1時間21分38秒,心拍164

上出来って言ってもいいかな♪ メンタルもフィジカルもあんまし良くない中で、

きっちりレース直前の負荷をかけて、走りもまずまず。幸い、痛みもほとんど無

し。よく頑張ったから、ご褒美に好物のキャラメルコーンを食べようと思ったら、

走る前にボリボリ食べちゃってたわ (^^ゞ 絶対やせないね。もうちょっとアスリー

トっぽい、絞り込まれた身体にしたいんだけどなぁ。。

        

珍しく5日連続マジメに走った後、月火と休んで『イノセント・ラヴ』の本格的レ

ビューを書き上げて、気分新たに水曜の夜。世田谷246ハーフが日曜だから、

これが最後の負荷だ。いつもレースの4日前、細かく言うと3日半前に高負荷

トレーニングをやって、後はジョグと休養だけにしている。ホントは早めの時間

帯に走って、回復の時間を長く取りたかったのに、結局スタートは夜中。眠いけ

ど、これで木金土とラクできると思えば、それほどダルイわけでもない。

       

走る前から、いまいち脚が回復してないなと思ってたけど、一応それなりには動

いてくれる。ちょっと重いから軽めに終わらせようかなぁとか思いつつ、慎重に

スピードを上げて行くと、一応1km4分半ペース前後に持って行けたので、その

ままハーハーゼーゼー言いつつ必死にキープ。どうせ日曜は、もっとキツイ思い

をすることになるんだから、その予行演習だ。フルと違って、ハーフはスピードが

要求されるから、心拍も170前後、実測最大心拍184の92%くらいまで上げ

て走ることになる。この日の走りも、序盤を除けばそのくらいの心拍になった。

                 

中盤で1km4分25秒ペースまで上がった時には、オォーッと思ったのに、そこ

からはペースダウン。ま、これが今の実力だね。ただ、復路がかなりの好タイム

だったので、トータルは1km4分32秒ペースとなった。もうほとんど4分半ペース

と言っていいだろう。レースより3km短い距離とはいえ、アップ込みの単独走だ

から、ちょっと自信が湧いてきたかな♪ これで今晩はジョギングをするだけ。お

遊びランだから、気楽にこなすとしよう。ではまた。。☆彡

                

  往路(2.45km)    12分13秒  平均心拍134          

  1周(2.14km)    10分01秒        157        

  2周              9分47秒        162        

  3周             9分27秒        167

  4周              9分30秒        168 

  5周              9分36秒        170

  6周             9分32秒        172

  7周(0.26km)       1分16秒        173

  復路              10分17秒        171

  計 18km    1時間21分38秒    164(最大心拍179,ゴール時)

| | コメント (0)

全記事一覧(08年10~12月)

090121    

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

大晦日にあわてて更新して以来のトップ写真変更 camera 秋の紅葉狩りツアー写真に

続いて、熱心な読者のまりこちゃんvirgoが送ってくれたものだ。どうもありがとう note

カナダとしか聞いてないけど、前の車に「COLUMBIA ICEFIELD」とあるから、

コロンビア山の麓の大氷原なのかね snow いつの間にか、雪山シーズンか。。ski snowboard

                           

全記事一覧(08年7~9月)全記事一覧(08年4~6月)全記事一覧(08年

1~3月)全記事一覧(07年10~12月)全記事一覧(07年7~9月)

全記事一覧(07年4~6月) もよろしく。それ以前もネsign01

公開3周年から4ヶ月経過。依然として毎日更新継続中 shine

                      

        ☆          ☆          ☆

鼻呼吸で低速ハーフ、ちょっと無理だったか・・ ランニング,自転車 2/13

ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話 グルメ,テレビ,芸能 2/12

『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ グルメ,テレビ,芸能 2/11

ネットの書き込みによる逮捕事件について インターネット,社会,経済 2/10

不調の半分はウェアのせいか・・ ランニング,自転車 2/9

言葉の「誤用」や「間違い」について 日記,社会 2/8

SoftBank携帯の電池無料サービスを利用 携帯,日記 2/7

絶不調でも早朝の長距離ラン ランニング,自転車 2/6

亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について テレビ,雑誌,芸能 2/5

使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話 グルメ,テレビ,芸能 2/5

『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり) 

                                 グルメ,テレビ,芸能 2/4

09年1月の全走行距離 ランニング,自転車 2/3

ノートPCのバッテリーをリフレッシュで回復させる方法 パソコン,日記 2/2

不調でも月末は距離稼ぎ ランニング,自転車 2/1

       

        ☆   ☆   1月   ☆   ☆

『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪ テレビ,芸能 1/31

絶不調10日目、ヨロヨロのハーフ・・ ランニング,自転車 1/30

父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話 グルメ,テレビ,芸能 1/29

『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒) グルメ,テレビ芸能 1/28

台湾の愛之絆さんへ♪~『神の雫』第2話について テレビ,芸能 1/27

中学生の体力、現代社会でもあなどれず・・ ランニング,自転車 1/26

渋井陽子、大阪国際女子優勝&世界記録宣言♪ ランニング,自転車 1/25

『ラブシャッフル』第2話を見た後、リハビリ2日目 ランニング,テレビ,自転車 1/24

脚が3日しびれたまま・・低速の傘ランでリハビリ ランニング,自転車 1/23

桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話 テレビ,芸能 1/22

『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒) グルメ,テレビ,芸能 1/21

4ヶ月ぶりの25km走、バテバテ・・ ランニング,自転車 1/20 

生物学の名を借りたエンターテインメント~NHKスペシャル『女と男』 

                                      テレビ,科学 1/19

『ラブシャッフル』第1話、カップルの組合せ方は何通りか♪ 数学,テレビ芸能 1/18

皇帝ゲブレシラシエ、世界記録更新ならず ランニング,自転車 1/17

ロクに走れないまま1月後半へ・・ ランニング,自転車 1/16

『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック2、球の体積の重積分 数学,テレ芸能 1/15

『神の雫』第1話、軽~い感想♪ テレビ,芸能 1/14

『ヴォイス』『神の雫』を軽~く見終わった所♪ テレビ,芸能 1/13

気温0度の早朝ラン、微熱でポカポカ・・ ランニング,自転車 1/12

出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』 テレビ,芸能 1/11

『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック、n次元の球の体積 数学,テレビ 1/10

真冬の傘ラン、意外とへっちゃら♪ ランニング,自転車 1/9

『Q.E.D.証明終了』第1話、黒板の数式の解説 数学,テレビ,芸能 1/8

『Q.E.D.証明終了』というタイトルの正確な意味 文化・芸術,テレビ,芸能 1/8

低心拍でのんびり音楽ラン♪ ランニング,自転車 1/8

懐かしの名曲『モスラの歌』の歌詞の意味 映画・テレビ,音楽 1/7

なぜゴジラより先にモスラが東京タワーを倒したのか♪ 映画・テレビ,社会 1/7

意識的にショート・ビルドアップ ランニング,自転車 1/6

2008年・検索ワード&フレーズランキング テレビ,芸能 1/5

08年12月の全走行距離 ランニング,自転車 1/4

2008年・記事別アクセスランキング(後編)☆ ラン,自転車,テレビ 1/3

2008年・記事別アクセスランキング(前編)☆ テレビ,芸能 1/2

☆謹賀新年 2009☆ 日記,テレビ,芸能 1/1

続きを読む "全記事一覧(08年10~12月)"

| | コメント (2)

白さとヴァルネラビリティ~『イノセント・ラヴ』第3話

 ハーハー・・・(走ってくる殉也)

 ダッ・・・(逃げ出す佳音)

 ゴメン! 疑ってごめん! 

 前にも似たような事が一度あって その時もキミじゃないかって

   (宇多田ヒカル「Eternally-Drama Mix-」ピアノ・ヴァージョン開始♬)

 ホントにごめん 彼女は 僕の婚約者なんだ

 結婚式の日に事故にあってあぁなった

 医者は見離してるけど 僕はまだ望みを持ってる

 いつか目覚めるんじゃないかって そう思えてしょうがない

 毎日毎日 反応のない彼女に話しかけて 教会に行ってお祈りをして

 何やってんだろう バカみたいだなって思うこともあるよ

 でも でもね 彼女なしに僕の人生はあり得ない

 彼女のいない世界で 幸せになんかなれないんだ

 ウゥッ・・ウゥッ・・

 ・・・だったら私 祈ります

 あなたに幸せになって欲しいから

 いつか あの人の目が覚めるように 私も祈ります

 シュン・・・

    

         ☆          ☆          ☆

「ヴァルネラビリティ」という言葉をご存知だろうか。Yahoo!やGoogleで数千件

しかヒットしないことを考えても、かなりマイナーな言葉なんだろう。ちょうど、『ラスト・

フレンズ』第8話以来いまだに検索が入り続けてる「性別違和症候群」と同程度の

検索ヒット数だ。

      

ところが、このヴァルネラビリティを、今現在フツーになってる訳語「脆弱性」(ぜい

じゃくせい)に置き換えて検索すると、Yahoo!で1000万件、Googleで300万

件に急増。どちらも1ページ目は、コンピューター関連のサイトで占められてる。

ただし、元々の英語「vulnerability」の意味は、傷つきやすさ、攻撃されやすさで

あって、コンピューターとの特別な関連はない。ラテン語まで語源を遡ると、「傷つ

きやすさ」が原義のようだ(英単語のウィキ、『wictionary』より)。

      

ここまで読んで、何言ってんの?とか思ってる読者は、ウチには一人もいないは

ずだ。エッ、大勢いるの? あっ、そう♪ もちろん、「ヴァルネラブル」とは、「イノ

セント」の関連語。第1話レビューに書いたように、「innocent」(純潔の、無罪の)

という言葉の語源は、「傷つけることがない」だった。

                

でも、格闘技の世界には、「攻撃は最大の防御なり」という言葉がある。裏返して

言うと、攻撃しない人間は相手の攻撃を防御するのが大変なのだ。それと同様、

「傷つけることがない」人間は、周囲に傷つけられやすいという性質を持つ。これ

こそ、ヴァルネラビリティだ・・・とか書いとくと、格闘系の検索が入ってきて面白い

わけよ♪

              

私がこの言葉を始めて知ったのは、有名な文化人類学者の山口昌男の本を通

じてのこと。日本の現代思想界にこの言葉を導入した立役者と言っていい・・・な~

んて前置きをいつまでも書いてたら読者がいなくなるから、ドラマの話に向かおう。

一言でまとめると、このドラマの特徴(or特長)の一つはヴァルネラビリティであり、

その象徴こそが白という色なのだ。

    

まず分かりやすい話から始めると、最近ここまで不評のドラマがあっただろうか。

二宮和也&錦戸亮『流星の絆』とか、山下智久『コード・ブルー』みたいな、ジャ

ニーズ中心のドラマじゃないのは大きいだろう。堀北真希北川悠仁(ゆず)だと、

守ってくれるファンのパワーが不足してるのは確かだ(北川起用のタイミングも

悪かったかも)。

            

でも、ジャニーズの問題だけじゃないはずだ。例えば、ウチが前期にレビューし

た2本の一つ、織田裕二&北乃きい『太陽と海の教室』も、最初から評判は良く

なかったけど、『イノセント』ほどの不評の大合唱はなかったはずだ。小日向文世

&松田龍平の超低視聴率ドラマ『あしたの、喜多善男』でも、こんな状況は目にし

てない。単に、相手にされてなかっただけだった。

          

ひょっとすると、先週の『週刊現代』が書いてたように、SMAPの中居正広に突然

降りられてあわてて間に合わせた脚本だから出来が悪いなんていう、いかにもっ

て感じの事情も多少あるのかも知れない。ただ、ハッキリ言ってその気になれば、

一つ一つのネガティブな突っ込みに真っ向から反論することも可能だし、そうした

い思いもある。

          

でも、「ならぬ堪忍、するが堪忍」♪ 大人気ないし、ネットの現状を見ると色々と

厄介そうだから、差し当たり直接的反論は止めとこう。イノセント・ファンの皆さん、

一緒に我慢しようね☆ その代わりとして、より高度な反論形式を取ってみる。つ

まり、ヴァルネラビリティ自体、傷つけられやすさ自体をテーマにしてレビューする

わけだ。格闘技で言うなら、相手の攻撃力を利用することに相当するだろう。つか

みかかる相手の勢いだけを利用して「空気投げ」するイメージだ。

           

         ☆          ☆          ☆

まず、ドラマのヴァルネラビリティ=攻撃されやすさとは、視聴者にとって欠点な

のか、と考えてみよう。すぐ分かるのは、ストレス発散だの、内輪でけなし合って

盛り上がる分には好都合な番組だってことだ。「敵の敵は味方」。『イノセント』と

いう共通の敵に対して反対する者たち(敵)は、お互いが味方の気分を味わえる。

    

でも、もう少し考えてみよう。何が攻撃のポイントなのかというと、大きく分けて2つ

ある。佳音(堀北)のキャラが変、そして、脚本や演出が変。要するに、「変」とい

うことだ。多くの視聴者にとって、「普通じゃない」のだ。

   

この意味は、『流星』と比べると分かりやすい。二宮&錦戸&戸田恵梨香がやっ

てる詐欺とか、狙ってる復讐殺人に対しては、明白で重大な違法行為にも関わら

ず、不満の声がほとんど無い。それは、視聴者がそうゆう行為をやってるからじゃ

なくて、思考回路が出来上がってるからだ。被害者が加害者にやり返すのは、とり

わけ今の日本では自然な発想(世界的に突出した傾向)。好感持ってる登場人物

が多少の悪い事をしても、ドラマということで受け流しておしまい。

              

ところが、佳音のような、裁判どころか事件にもならないような微罪(盗撮もどき、

軽いプライバシー侵害、知人に対する住居不法侵入)に対しては、強烈な拒否

反応が現れる。それは、ギャップがあるからだ。清純な外見や、それを強調する

演出・演技と、軽すぎて逆にリアルな罪深さとの間にギャップがあって、そこがしっ

くり来ない、つながらない。つまり、基本的には主観的問題なのだ。

                          

だからこそ、実は自分の思考や視野を深める絶好のチャンスとも言える。直感

や世評につられて、ドラマに突っ込みまくりで楽にストレス発散するだけじゃなく、

そのギャップは本当にドラマのせいなのかと自問すること。案外、この方が現代

社会をよく表してるんじゃないかとか、自分の想像力を働かせればギャップなど

消えるんじゃないかとか、考えてみること。こうした知的創造行為によって、自分

自身に変化がもたらされる。難しい言い方をするなら、異化作用が生じるわけだ。

      

一方、ドラマのヴァルネラビリティは、ドラマ自体にとっても、あるいは制作サイド

にとっても、マイナスなだけではない。攻撃されやすいということは、相手(=視聴

者)の手の内がよく分かるということだ。何が突っ込まれるのか、何が気に入らな

いのか。それさえ把握できれば、弱点の補強も簡単だし、話題の要素を逆手に

とって視聴率につなげることも可能だろう。

               

ラスフレで言うなら、DV男・宗佑(錦戸)の評判が悪ければ、それを逆手にとって、

もっと悪い男にしていく。ドラマの中でも外でも極度にヴァルネラブルな(=攻撃さ

れやすい)美知留(長澤まさみ)なら、もっと弱弱しくてイラつく存在に作り上げて、

逆に瑠可(上野樹里)を実質的なヒロインとしてたくましく描き上げるわけだ。

    

         ☆          ☆          ☆

時間が無くなって来たから、次の論点に移ろう。ここまでは、『イノセント』の特徴

のヴァルネラビリティは単なる弱みではなく強みでもある、という話だ。もちろん、

脆弱性を強靭性に変えるには、視聴者や制作サイドの努力が必要条件となる。

続いて考えたいのは、「白」という色だ。

    

この特別な色について、あるいは「白と黒」という対比については、これまでも何

度か書いて来た。『ラスフレ』とか、『喜多善男』とか。もちろんこれは、まもなく始

まる米国の大統領選挙(マケインvsオバマ)の争点だし、「無罪と有罪」を言い換

える俗語でもあるわけだが、さしあたりはこの記事の冒頭に引用した、佳音と殉

也の会話シーンを見てみよう。ドラマのために作ったセットみたいな、小さくて下

を広く見下ろせる公園(or空き地)のシーンだ。

      

涙を流しながら辛い思いを打ち明ける殉也の手を、佳音が優しくつかむ印象的

なカットで、佳音は真っ白なコート、殉也は黒に近く見える濃い色のダウンだ。こ

れは、殉也の側から見て、暗い人生に光が射すこと。つまり、黒が白になること

を表してる。クリーンスタッフとしての仕事を、時間外の無報酬でサービスしてた

わけだ。もっと上品な言い方だと、この瞬間だけ佳音は聖母マリア様。ここから

ドラマ全体を見直すと、黒から白への転換が大きな枠組みだと気付くだろう。

                 

一番わかりやすいのが、佳音の兄・耀司(福士誠治)。第1話での騒ぎにも関わ

らず、佳音と松下保護司(浅野和之)の尽力のおかげで、刑務所から仮釈放され

た。まさに、黒から白。あるいは、闇から光への流れだ。無実かどうかはともかく、

罪とか罰に対して最低限のけじめをつけ終えたことになる。闇の刑務所から光

の教会への移動という見方も可能だろう。

           

続いて、美月(香椎由宇)。まるで、聖花(内田有紀)の生命維持装置のチューブ

を外した犯人であるかのように映されてた彼女は、実際には単なるフェイントで、

教会の十字架の前で心の罪を告白しただけだったらしい。それより重要なのは、

神だの怪しげな神父(内藤剛志)だのじゃなく、愛する殉也に対して、「聖花さん

が死ねばいいと思った。罪深いでしょ」と告白したことだ。これで、暗い色の服装

をした美月の気持ちは、少しキレイになったはず。自分自身の言葉によって、暗

闇の心に光が一筋だけ差し込んだ形だ。ささやかながら、黒から白への転換。

         

そして、ラスフレのルカほどじゃないけど、話題の同性愛者、昴(成宮寛貴)。彼

も先週は、殺人未遂を十字架に告白しただけだったのに、今週は殉也にも佳音

にも堂々と打ち明けてしまった。これまた、闇に一筋の細い光。黒から白だ。完

全な重大犯罪だけど、殉也との絆が深いから、警察沙汰になることはない。これ

はまったくリアルな話で、実際の社会でも、犯罪や悪や暴力が明らかになったか

らといって、それが警察とか裁判につながるとは限らないのだ。数々の偽装事件

を見るだけでも、そのことはよく分かるだろう。むしろ、うやむやに流す方が普通

かも知れない。   

        

         ☆          ☆          ☆

では、ヴァルネラビリティと白い色の関係はどうか。私が子供の頃、母親が口癖

のように「白は汚れが目立つ」と言ってた。つまり、洗濯が大変だから嫌だという

ことだ。確かに、白のTシャツでラーメンやスパゲティーを食べるだけでも、ちょっ

と気を使ってしまう。非常に汚れやすいし、汚れが目立つのだ。だから逆に、汚れ

(よごれ=けがれ)の無さを示すためには、意図的に白衣(はくい=びゃくえ)や白

装束を着ることになる。

     

つまり、白とは最もヴァルネラブルな(=傷つきやすい)色なのだ。汚れを漂白で

キレイにしても、またすぐ汚れてしまう。したがって、このドラマの登場人物も、白

さを一瞬強調するたびに、また黒さが目立つことになるだろう。ドラマの物語の中

でもそうだし、ドラマの外側の反応もそうだ。

    

佳音が純粋無垢で潔白な笑顔を見せるたびに、脚本家の浅野妙子演出家の

加藤裕将・松山博昭(今回担当)は罪を犯させて黒くするだろう。佳音が白いコート

を着る度に、白いマフラーを巻く度に、「貧乏なのにおかしい」という視聴者の冷た

い声が暗く覆いかぶさるに違いない(先に低価格品の相場と品質を調べることを

お勧めする♪)。美月や昴の嫉妬は、今度は別の形で暗闇をもたらすだろうし、

耀司の過激な暴力性は、すぐにでも彼を刑務所に引き戻そうとするだろう。

              

今現在、一番注目の白は、6年前の秋山家のクリスマスの情景だ。幼く可憐な佳

音(沢木ルカ)の白いセーター、美味しそうな白いケーキ、白くゆらめくローソクの

光、そしてイメージ全体をソフトに覆う白っぽい光。未確定だけど、池田(豊原巧補)

の追及シーンを見ると、どうもこの白さは幻想にすぎず、一気に暗転してしまいそ

うな雰囲気だ。父親・誠太郎役の平田満は、山田孝之&綾瀬はるか『白夜行』に

続いて、また少女に黒い欲望を抱いてイタズラしたのかも知れない。ロリコンは治

らないってのは本当だね♪ そのせいで、堀北&福士が白夜をひっそり歩んで行

くことになったわけか。

        

まあ、先週の予告で、耀司が殉也に言ってるように見えた「お前を殺す」は、実際

には池田に対する言葉だったし、その辺りはフジテレビ独特のあざとさで、何とで

もヒネってきそうだから、慎重な心構えは必要だろう。ま、騙されること自体を面白

がってもいいけどね。

      

とにかく、実に面白いドラマってことよ。この後、白いカサブランカの花が好きで、

真っ白なふとんにくるまれてた聖花が覚醒、黒い本性をむき出しにしそうな気配

はある。手も不気味に動いてたし、あのままじゃ内田も目が疲れてドライアイに

なるでしょ。だけど、最後は当然ホワイト・クリスマス。白く舞い降りる雪だけは、

誰も汚すことができない究極のイノセントだろう。雪景色の中で鮮やかに浮かび

上がるのは、白いツリー、白い教会、そして、白い洋服の清純な佳音で決まりだ。

ではまた。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S 「福士誠治」の検索アクセスが目立つなと思って調べたら、結構な人気者

    なんだね。朝の連続テレビ小説『純情きらり』で宮崎あおいの相手役をし

    たからなのか、髪と服装を変えればイケメンだからなのか、公式ブログも

    羨ましいほどの超人気! 写真1枚とごく短い文章の記事1本に、コメント

    が数百もつくとは。。管理してるスタッフさん、お疲れさま♪

    

P.S.2 『ラスフレ』の最後が白い家での幸せだったのと同じく、『イノセント』の

      最後も白い教会の美しさは保たれるだろう。実際の教会は、歴史的に

      はイノセントどころじゃないけどね・・・とか書いたら怒られそうだから、

      止めとこ♪ 書いとるわ!

      

P.S.3 全然関係ないけど、書き終えてホッと一息、ネットを見渡すと、何とあの

      小室哲哉が5億円詐取の容疑で逮捕されるって? こりゃ、驚いた!

            

P.S.4 佳音が面会の際に、耀司に対するグチをこぼしてしまったのは、今さら

      驚くことでもない。私は既に第1話の面会で、佳音の罪深さを語ってお

      いた。あの時、兄は叫び狂ったけど、今回は何事も起きてない。つまり、

      既に罪深さが露呈している佳音がキツイ事を言ったところで、大した事

      じゃないのだ。そもそも「お兄ちゅんのせい」だっていうのは本当だしね。

      表面的な意味では。

      ちなみに、面会室で2人を隔てる強化ガラス(or プラスチック)の使い方

      はなかなか上手かった。顔の映り込みを正確に計算した演出と撮影だ。

                                    

P.S.5 白ければヴァルネラブル。逆に、ヴァルネラブルなものは白いとも言え

      そうだ。傷つけられやすいのは、広い意味で純粋無垢だからだろう。

      極端すぎるかも知れないけど、その典型はイエス・キリストだ ☆彡

       

P.S.6 2回目のチューブは昴が外したとしても、1回目の謎は一応まだ残って

      る。有力なのは聖花自身だけど、理由を考えるとちょっと奇妙だ。佳音

      に罪をきせるためなら、自分の死ぬリスクが高すぎてワリに合わない

      し、自殺願望としたらキャラ設定的にも今後の展開的にも難しい。かと

      言って、理由なしに外した(外れた)んじゃ、ドラマにならないだろう。。

      1回目も昴としたら、謎の密室殺人未遂だけど、ラスフレとか見てると、

      その方が浅野っぽい脚本かな。。☆彡

                         

cf.純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話

   愛の罪人たちの告白~『イノセント・ラヴ』第2話

   PTSDカップルとしての佳音&耀司~『イノセント・ラヴ』第4話

   傷、侵入、つながり~『イノセント・ラヴ』第5話

   もう一つのイノセント・ラヴ~『イノセント・ラヴ』第6話

   風船と共に去りぬ~『イノセント・ラヴ』第7話

   抑圧されたものの回帰~『イノセント・ラヴ』第8話

   ギルティ・ラヴとしての嫉妬~『イノセント・ラヴ』第9話

   オフホワイト・クリスマスの祈り~『イノセント・ラヴ』最終回

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   『イノセント・ラヴ』、タイトルバック映像の英単語

   『イノセント・ラヴ』の公式裏サイトを見る方法(図解付き)

| | コメント (9) | トラックバック (8)

駒大3連覇、ラドクリフ連覇、おめでとう☆

RUN 21.1km,1時間40分17秒,心拍155

全日本大学駅伝、駒澤大学3連覇おめでとう☆ さすがは箱根駅伝の覇者。実

力を見事に出し切ったって所か。2位はエース・竹澤がいる早大、3位はモグス

を擁する山梨学院大で、ここまでは順当な結果なんだけど、今年のレースを盛り

上げたのは4位の東洋大だろう。シード校じゃなくて、予選通過(2位)なのに、

3区までトップを快走。後半は惜しくも地力の差が出た形だけど、チームや大学

関連は盛り上がっただろうね。ウチにも昨日、「東洋大」なんていう珍しい検索が

入ってたほどだ。

             

そして、もう一つのニュース。ラドクリフ、ニューヨークシティー連覇おめでとう☆ 

北京五輪惨敗で34歳という年齢、おまけに故障の影響を考えると、どうかなぁっ

て感じはあったものの、見事に世界記録保持者の貫禄を見せてくれた。タイムは

2時間23分56秒だから平凡だけど、勝負重視だと言ってたし、去年より47秒遅

かっただけだから、OKだろう。男子はブラジルのドス・サントスが2時間08分43

秒で優勝した。男女共に、日本人の上位進出は無かったみたい。まあ、女子は

東京国際女子、男子は福岡国際が控えてるから、NYシティどころじゃないか。

       

ちなみに、ラドクリフの5kmごとのラップ(区間タイム)は、公式HPによると、18

分05秒、17分28秒、17分11秒、16分58秒、17分14秒、16分36秒、16

分41秒、16分27秒、7分16秒(2.195km)。尻上がりのいいペース配分じゃ

ないかな。平均で1km3分24秒ペース(5kmで17分ジャスト)。やっぱ速いね。

って言うか、脚が長過ぎ!♪

              

さて、三流市民ランナーは昨夜もマジメに走って来た♪ 相変わらず風邪気味で

咳がちょっと出てるし、メンタルもかなり悪かったんだけど、世田谷246ハーフの

1週間前だから、もう走るしかない。8月まで自転車中心で、9月以降もロクに走

りこんでないもんね。9月が191km、10月が200km。自転車は乗ってないか

ら、これだけしか運動してない。まあ、あれこれ忙しくやってるから、なまけてラク

してる感覚は全くないんだけどさ。

      

久々の5日連続で、最初から脚(特に膝下)が重かったから、16kmくらいしか

もたないかなと思ってたんだけど、控えめに走ってたら結構大丈夫で、ちゃんと

ハーフ21.1kmを走り切れた。欲を言えば、レース前に一度25kmを走っとき

たかったんだけど、贅沢ってもんかな。脚は重くても、心肺能力は上がってる

たいで、前半は心肺的にはまったくの余裕。右膝内側がまたちょっと痛んだけど、

少しだけかばって走ればOKだった。膝を伸ばして着地するのがダメみたいだ。

         

トータルでは1km4分45秒ペース。まずまずって感じかな。もうちょっとで1時間

40分切れたんだけど、まあ4日前に1時間37分で走ってるし、良しとしよう。これ

で明日、明後日と休養して、水曜にレースレベルのスピードを出す練習。これが

最後の強い負荷で、木曜は軽いジョグ。金土は休養で日曜レースの予定。天気

も大丈夫そうだし、心配は右膝の軽い痛みだけだね。ではまた。。☆彡

              

  往路(2.45km)   12分28秒  平均心拍142

  1周(2.14km)  10分23秒        147

  2周           10分26秒        151

  3周          10分20秒        154 

  4周           10分11秒        156       

  5周          10分11秒        156 

  6周           10分11秒        157 

  7周           9分55秒        161  

  8周(1.22km)    5分43秒        165

  復路            10分32秒        162

  計 21.1km 1時間40分17秒    155(最大171 ゴール時)

| | コメント (0)

08年10月の全走行距離

RUN 10km,47分42秒,心拍150

ラドクリフが2日のニューヨークシティー・マラソンで復活をかけるっていう記事が、

朝日新聞11月1日夕刊に出てた。一応、大会2連覇がかかってるとはいうもの

の、アテネに続いて北京五輪でも惨敗(23位)した後だけに、自分でも不安があ

るだろう。いまだに断トツの世界記録を保持してる彼女も、12月で35歳。それで

も現役続行への意思は強くて、地元開催のロンドン五輪も視野に入れてるそうだ。

                  

38歳で迎えることになるから、最近の女子の傾向だとギリギリ大丈夫ではある

ね。とりあえず、ニューヨークでの快走に期待しよう。そうすれば、高橋尚子の現

役復帰なんて話もちょっとくらいは可能性が高まるし、北京欠場に追い込まれた

野口みずきへの刺激にもなるはずだ。案外、土佐礼子も引退を思い直したりす

るかも知れないね。もちろん、4年前にベルリンで日本記録(当時)を打ち立てた

渋井陽子なんてのは、まだ29歳だから、復活を目指して頑張って欲しいもんだ☆

         

さて、日本ではまもなく全日本大学駅伝が始まるんだけど、三流市民ランナーの

昨夜は10kmだけ軽く走ってきた。21.1km、12.2km,16kmと走った後の

連続4日目。走り込み不足の足腰はさすがに疲れ気味で、明らかに乳酸が溜まっ

てる感覚があるものの、重いってほどでもない。ストライド(歩幅)を狭めてスタスタ

進むピッチ走法なら大丈夫で、周回終盤は勝手に1km4分半までペースアップし

てた。やっぱり、このスピードに身体が慣れて来たようだ。ま、どん底から回復し

てる途中にすぎないけどね。

      

結局、トータル1km4分46秒ペース。ビミョーな速さだけど、相当な余裕を持っ

てたから、感触としては悪くない。右膝内側も、ほとんど痛みを感じなかった。こ

れで、明日18kmとかハーフ21.1kmを軽く走れば、充実した5日間になるん

だけど、果たしてどうかな。最悪でも14kmくらいは走る予定。

        

往路(1.15km)   6分12秒      平均心拍126

 1周(1.1km)    5分31秒            141

 2周          5分18秒            148

 3周          5分13秒            150

 4周          5分07秒            155

 5周          5分08秒            156

 6周          5分01秒            158

 7周          5分01秒            160

復路           5分16秒            155

 計          47分42秒       150(最大163,復路の坂)

      

         ☆          ☆          ☆

さて、話変わって10月の全走行距離は、

      RUN 200km ; BIKE 0km

       

う~ん、すっかり自転車ゼロに抵抗が無くなってるな。8月末の乗鞍以降、一度

も乗ってない。いや、走りたい気持ちはあったんだけど、なかなかまとまった時間

が取れなくてね。自転車だとどうしても、何だかんだで3時間以上かかるって感じ

があるから、平日は無理。10月は土曜も仕事してたから、たった週1日の休みを

自転車でつぶす気にもなれなかったわけよ。金曜夜の二宮和也&錦戸亮&戸田

恵梨香『流星の絆』とか、10月4日(土)の福山雅治『ガリレオΦ』をレビューして

たって事情もあった。実質的にドラマブログと化してる現状では、仕方ないのだ。。

           

ま、それでもランニングは200kmギリギリ到達で、最低限のノルマは達成11

月はちょっとだけラクになるから、RUN 220km、BIKE 200kmくらいを目標

にして頑張ろう。まずは今シーズン最初のレース、9日の世田谷246ハーフで、

それなりの結果を出しとくつもり。ではまた。。☆彡

    

081102    

   

   

   

   

   

   

   

   

081102b

| | コメント (0)

10月最後は居眠りラン、明日は全日本大学駅伝

RUN 16km,1時間17分52秒,心拍151

第40回全日本大学駅伝が明日あるんだね。名古屋の熱田神宮から、伊勢神宮

までの8区間106.8km。1区間の平均距離は13.35kmだから、やっぱり1万

メートルの記録が目安になるってことで、主催の朝日新聞も26チームの選手の

今年度自己最高をすべて掲載してた(半分くらいは5000m)。やっぱり、三連覇

を狙う駒大とか、早大、山梨学院大、東洋大とかの有力校は、30分を切ってる

選手が揃ってるようだ。5000mなら、13分台とか。

      

北京五輪出場の早大・竹沢は28分23秒28、山梨のエース・モグスは27分27

秒64、先日の出雲駅伝で日本大を優勝に導いたダニエルは、5000mが13分

32秒88。やっぱり有名選手は凄いタイム(1km2分40秒台)を持ってるけど、

よ~く全体を見渡すと、かなり遅い選手も一応いるんだね。これは、今年度たま

たま故障してたとか、何か特殊な事情があるのかな。私の高校陸上部時代とほ

ぼ同じレベルの選手さえ見つかった。

    

ちなみに、私は地区大会をギリギリ通過、県大会予選落ちってレベル。実質的

には1年半しかやってなかったしね。もちろんそれでも、今と比べると遥かに速い。

1500mだと4分半を切ってたから、1km3分を切るペースだ。つまり、今の大

学トップ選手のスピードは、一応自分で体感してたわけ。距離は短いけどね。  

                   

当時、1km5分なんてのは全くお遊びで、一度そのペースで1時間走(当時は

数学に引っ掛けた「一次関数」って呼び名♪)をやってたら、温厚な部長(同学

年)に軽くダメ出しされたことがある (^^ゞ 「いくら何でも、もうちょっと速く走れな

いの?」って感じで言われた時、返す言葉が無くて苦笑した。懐かしいねぇ。。

             

で、10月最後のランニングは、その1km5分ペースが目標の居眠りランだった

わけ。あまりに眠くて、よっぽどサボリそうになったけど、月末だしレース前だか

ら、渋々16kmだけ走ることにした。これで3日連続で、初日にハーフ21.1km

を結構マジメに走ってるから、ちょっと足腰に疲れが溜まってる。おまけに、ハー

フの途中でピリッと軽く痛んだ右膝内側が、昨日に続いて今日もちょっとだけ痛

んだから、一時は右脚をかばう走りになってしまった。最近は全く故障なしだった

のに、真面目に走り出すと、どうしてもあちこち問題が生じてくるね。

      

そうは言っても、まったくの楽勝の走り。実はこの日、フィジカルだけじゃなくてメン

タルも良くなかったんだけど、それでも軽々と1km4分52秒ペースでクリアできた。

な~んて強気の発言してたら、昔の部長に叱られそうだな。「もうちょっと速く走れ

ないの?」ってね♪ ま、衰えきったものは仕方ない。お気楽な高校生と違って、

社会人は色々と大変なわけだ。でも、ひそかに、高校時代の自分の記録を破りた

いなとは思ってるんだよな。遥か雲の上だけどさ。。ではまた。。☆彡

                           

  往路(2.45km)    12分40秒  平均心拍133          

  1周(2.14km)    10分44秒        147        

  2周             10分42秒        150        

  3周            10分21秒        156

  4周             10分27秒        154 

  5周             10分16秒        156

  6周(0.4km)       1分52秒         164

  復路              10分52秒         161

  計 16km    1時間17分47秒    151(最大心拍172,ゴール時)

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »