« 『情熱大陸』将棋・竜王戦に刺激を受けて、深夜ラン | トップページ | 控えめに連続4日目、間寛平はいよいよヨットで太平洋へ »

『CanCam』モデル、魅力的♪~『テレキャン』第2回

素晴らしいファッション・バラエティ番組だね☆ 先月下旬の第1回より遥かに楽し

めた♪ とりあえず、来月下旬の第3回はあるみたいだけど、こうゆう時代だから

その先が不安だな。ファッション雑誌『CanCam』、『AneCan』のCMがメインの

1時間番組じゃ、商業的にキツイだろうけど、せめて半年は続けて欲しいもんだ。

まさか業績絶好調の安売りアパレル・ユニクロじゃ、スポンサーとしてまずいわな♪

ちょっと高めのリアル・クローズ(普段着)を売るための雑誌とテレビなんだから。

               

さて、専属モデル総出演で雑誌をそのままテレビ番組にした感じの『テレキャン』

(teleCan)前回たまたま記事を書いてみたら、ココログが紹介してくれたおか

げで大量アクセスを頂いたし、その後も地味に検索アクセスは続いてる。ところ

が、ウチの常連さんの反応はイマイチかイマニで、スルーした人が多いようだ。

という事は、20台前半くらいのOL&女子大生はほとんどいらっしゃらないってこ

とかね♪ いたとしても、派手めのカワイイ系ファッションはパスとか。。

          

まあでも、ドラマレビュー&スポーツ記事&お堅い記事ばっかじゃ自分で飽きるか

ら、ちょっと変わった記事も書いてみたいわけよ。って言うか、個人的には完全に

ツボだもんね☆ 可愛くてスタイル抜群の女の子が10人ほど、オシャレして明る

く振舞ってくれる1時間番組なんて、地上波だと他にないでしょ。しかも半分くらい

のモデルは女優としても活躍してるからドラマとも関係してくるし、レディース・ファッ

ションの勉強にもなる。ファッションショーの様子も随所に挿入されてて華やかだ

し、まるで、『イノセント・ラヴ』の佳音(堀北真希)のファッションみたいにオフホワ

イト系で統一されたスタジオも心地良い♪ まさに、いいとこ取りだよな。

         

それにしても、前回も気になったけど、この番組は一体誰が見てるのかね。ファッ

ション的にも内容的にも、やっぱり男性向けの上品なセクシー番組みたいに思え

るけどな。明らかに萌え系でしょ。実際、スタジオで西山茉希・徳澤直子、安座間

美優の相手をする唯一の男性・永井大の顔は、ずっとニヤけっぱなしだ♪ 

    

真冬間近の12月末なのに、膝上10cm以上のミニスカートやショートパンツが多

いし、カメラアングルもきわどいものが多かったと思う。実際、見てる最中にブロ

グのアクセス解析を見てると、テレキャンに関するそっち系の検索が入って来た。

ひょっとして、女の子向けの洋服を男に買わせてプレゼントさせようって狙いなの

かね。ともかく、視聴率や番組の評判よりも、商品や雑誌が売れないと、小学館

もキャンキャン編集部も困るのは確かだろう。

             

          ☆          ☆          ☆

さて、番組内容は2008年の振り返りがメインで、雑誌『CanCam』の歴史回顧

がサブって感じだった。まず、キャンキャン的ファッションの2008年は、「レディ♡

カワ」「カッコ☆カワ」、そして前回登場した「CCエレガンス」(キュート&クラシカル)

が中心だったらしい。それぞれ、西山(チェック柄ワンピース)と徳澤(グレーのワ

ンピース&太ベルト&ニーハイブーツ)と安座間(ニット素材セットアップ)が見本

を実演してくれて、なるほどとは思うけど、テストされると間違えちゃいそうだな♪

モデル並みに可愛くて感じのいい、スタイリストの楠玲子には、ちゃんと区別が付

いてるわけか。

                         

次の2009ファッション大予測は、CCエレガンスが変化した「ミーハーエレガンス」

一つ目のポイントは進化系マリンスタイル(クリームイエローやミントグリーンなど

優しい色を採用)で、2つ目のポイントはスイートパステル(ベビーピンク、ラベン

ダー、アイシーブルーなど甘めの色を採用)とのこと。う~ん、私は好きだけど、そ

んなファッションがこの社会状況で流行るとも思えないけどなぁ。OLも余裕ないで

しょ。ま、来年の状況に注目しとこう。

       

そのミーハーエレガンスの紹介に登場したのが、山田優、高橋メアリージュン、

峰えりかの3人組。ほとんどアドリブの日常会話みたいな様子が笑えた。山田優

は、顔が私の趣味じゃないんだけど、やっぱスタイルはいいし面白いね☆ 『とん

ねるずのみなさんのおかげでした』のコーナーをパクった、「細かすぎて伝わらな

いモデルポーズ☆ものまね」はウケた♪ ものまねと言えば、野球の素振りにハ

マってる平山美春のコーナーも面白かったね☆ リスペクトしてるらしいお笑いの

杉浦双亮が、阪神・新井や元・近鉄のオグリビーの細かすぎるものまねをする様

子も笑えたし、それを素直に学ぼうとする平山も微笑ましかった。

                             

その後、徳沢直子がハマったものとしてスタジオで紹介されたルームウェアが、

超~可愛くて萌えまくり♪ ジェラート・ピケってブランドが紹介されたんだけど、

甘口パステルのモコモコした服にボンボン付きハイソックス(orレッグウォーマー)。

もちろんボトムはミニで、部屋着でも脚線美を強調している。徳澤は首から胸に

かけても露出してたね。寒いのに、ありがたいサービス精神だ。盲腸の手術成功

で、前より元気良さそうに見えたのは気のせいか。。

                     

前回は特に何とも思わなかったけど、阪井あゆみもイイね。整った可愛さで、ハマ

りものとして目蓋のラメを紹介した後、得意なはずのボウリングで思い切りミスし

て、オチをつけてくれた。バラエティの基本がよく分かってるね。後ろからのカメラ

映像もグッジョブだ♪ あと、新たにモデルに加わった舞川あいくがハマったもの

として、本場九州の白熊かき氷が映されて、目からウロコが落ちた。白熊アイスっ

て、ホントにカワイイ白熊の顔になってるわけか! 前に自転車記事とコメント欄

で触れたけど、理解できてなかったわ。近藤しづかは巻物にハマったとのこと。

          

もう時間が無くなっちゃったけど、終盤の10分ほどは、押切もえ&蛯原友里

コーナー。AneCanを仕切ってるもえちゃんは、ホテル・パークハイアットで本を

執筆中。エビちゃんは表紙撮影シーンを見せてくれた。やっぱ、大御所モデルの

2人にはオーラを感じるね。ちょっと大げさか♪ でも、エビちゃんのCMはイイ

ね。あと、そうそう。永井大は自慢のゴルフの腕を上げとかないと、またモデルの

女の子にパターで負けて恥かくよ。

                   

         ☆          ☆          ☆

という訳で、2008年に私がハマったものはこの『テレキャン』だ、とか書くとキレ

イにまとめ過ぎだろうな。でも、ホントに今から次回が楽しみだ。クリスマス時期

を除くと、レビューするドラマ以外ほとんどテレビを見なくなってるんだけど、この

番組は今後もできる限り見る予定。1年くらい続いてくれると嬉しいな♪

ではまた。。☆彡  

     

cf.雑誌『CanCam』&『AneCan』のテレビ版、『テレキャン』♪ 

|

« 『情熱大陸』将棋・竜王戦に刺激を受けて、深夜ラン | トップページ | 控えめに連続4日目、間寛平はいよいよヨットで太平洋へ »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『情熱大陸』将棋・竜王戦に刺激を受けて、深夜ラン | トップページ | 控えめに連続4日目、間寛平はいよいよヨットで太平洋へ »