« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

ブログ公開から3年5ヶ月経過。ほんの少しずつだけど、ドラマ記事を通じてアジア

に受け入れられて来たようだ♪ 単なる検索アクセスはポツリポツリ入り続けてる

し、向こうのサイトでのコメントや引用も、これまで4回確認できている。一昨年は

福山雅治『ガリレオ』で香港女性にホメてもらった。去年はキムタク=木村拓哉

『CHANGE』で、中国女性から好意的な言葉を頂いた。皆さん、ウチの記事を理

解してるだけでも凄いことだね☆

           

そしてこの冬は、亀梨和也『神の雫』で、台湾女性と韓国女性に引用されている。

台湾の愛の絆さん(愛之絆 : ainokizuna)については、メッセージ記事第3話レ

ビューで語ったので、今回は韓国女性について触れてみよう。

      

         ☆          ☆          ☆

jyoze1212」と名乗るこの方、ブログを見ると相当細かく日本の様子を報告し

てるから、ひょっとすると現在は日本に住んでるのかも知れない。ブログは韓国

のサイトに開かれてるし内容もほとんど韓国語だけど、ブログ名は「かずにぃ~ 

やっぱり、いいね、彼は。」と日本語表記になってる。亀梨和也(かずや)だけで

なく、かなり日本を理解してる方のようだ☆

            

ウチへの最初の言及は、第1話の記事の日韓翻訳だった。これは直訳であっ

て、著作権は私にあるから、下に画像でコピー&ペーストさせて頂こう。一番上

にウチへのリンクが張ってある。こうゆう可愛い字体は日本だと珍しいね♪

                          

090131

 

      

    

   

   

   

   

   

    

             

まだ、あちらでの引用全体の半分ほどだけど、この程度にしとこう。ウチの熱心

な常連さんなら、多分お分かりだと思う。『神の雫』第1話の中盤で、雫とロベール

(竹中直人)フランス語の奇妙な歌を歌いながら踊ったシーンの解説だ。ここを

引用してるという事だけでも相当な理解力だし、フランス語の曲名を自分で英語

に直してる(図の末尾)から、英語も一応できるんだろう。

                        

ただしフランス語は苦手なようで、私がうっかり間違えた綴りをそのまま書き写し

てる♪ 「goutons」(グットン=飲もう)と書くべき所を、最後の「s」だけ付け忘れ

て「gouton」と書いてるわけだ。ちなみに私はすぐ気付いて訂正した。という事は、

jyoze1212さんはかなり早い段階でウチの記事を読んだってことだろう。台湾

の愛之絆さんもそうだけど、アジア女性によるジャニーズ情報収集は、驚くほど

熱心に行われてるような気がする。ま、ネットの時代だから集めやすいしね。

           

         ☆          ☆          ☆                  

さて、この引用話には後日談がある。上の彼女の記事は単なるウチの記事の翻

訳だけど、その後、彼女は別記事を書いて、私に関してコメントしたのだ。大雑把

な意味しか分からないけど、こんな感じの事を書いてるようだ。

             

   「先日のフランス語解釈、個人のブログだったのか。

    『野ブタ』以降、亀梨のドラマがきっちりと報告されてた。

    ざっと読んでみると、面白かったり主観的だったり。

    亀梨をホメまくることはないけど、好感はかなり持ってるようだ」。

             

これは、機械的な翻訳サイトを参考にした訳文で、正確な内容とは言えない。

ただ、色々と調べてみても、意味はそれほど違ってないような気がする。あと、

「主観的」の前辺りにあった強い意味の単語が気になるけど、省いて引用して

ある。私はこれに対して、下のコメントを韓国語で書き込もうとした。ハングル

(韓国語の文字)を使うと文字化けの恐れがあるから、日本語だけ載せとこう。

                           

   「こんにちは。私はテンメイ(tenmei)です。

    ご紹介ありがとうございます。

    これからもドラマを楽しみましょうね。

              

日本は別として、韓国ならこのコメントは文字通りの意味で伝わると判断した。

要するに、微笑んで握手を求めようと思ったわけだ。ところが残念ながら、どうし

ても書き込みが出来なかった。ひょっとすると、コメント欄への記入を制限してる

のかも知れない。

                                                

という訳で、代わりにこの記事を書いてみたわけ。台湾の愛之絆さんと違って、

jyoze1212さんがこの文章を読む可能性は低いと思う。でもまあ、試しにアップ

してみよう。さて、先日みたいな反応があるだろうか。あるとしたら、どんな反応か。

乞うご期待♪ ではまた。。☆彡

          

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (2)

絶不調10日目、ヨロヨロのハーフ・・

RUN 21.1km,1時間43分32秒,心拍159

全豪オープンテニスの終盤ってことで、テニスネタを2つ書いとこう。まず、女子

ダブルス決勝に杉山愛&ハンチュコバ組が進出! おめでとう☆ 33歳の杉

山、ホント頑張るねぇ。先輩・クルム伊達の復帰で、ますます気合が入ったって

所かな。相手は最強ペアとも言うべき、ビーナス&セリーナのウィリアムズ姉妹。

準決勝も圧勝してるし、順当にいけば杉山組は苦しそうだけど、セリーナはシン

グルスで決勝進出だから、集中力がそっちに奪われるだろう。ビーナスは調子

がイマイチだし、番狂わせは十分ありそうだ。

      

杉山の決勝進出よりもインパクトがあったのは、男子のホープ、錦織圭の電話

記者会見。「数年で世界ランキングのトップに立つ」と語ったそうで、1月29日の

朝日新聞・朝刊でもちょっと大きめに扱われてた。男子のテニス選手がこんな発

言で話題になることだけでも、テニスファンにとっては嬉しい出来事。ま、実際に

は錦織は全豪1回戦敗退だから、先は長い。じっくり力を伸ばして欲しいもんだ。

夢が実現すれば、日本のテニス界も一気に盛り上がるだろう☆

         

女子モーグルベテラン・里谷多英の復帰話なんてのも興味あるんだけど、まあ

この辺で自分の話に移ろう。今週から少し仕事がラクになったから、毎日走り込

んで距離を稼ごうとか思ってたのに、実際はさっぱり。。^^; まったく予想外だった

のは、亀梨和也『神の雫』に関するウチの本格的レビューが、台湾の人気サイト

で引用されたことだ。これがキッカケで、ブログやメールで台湾人女性とやり取り

することになって、かなり時間を取られてしまった。

           

実は向こうは日本語ペラペラだったんだけど、サイトは中国語(台湾ヴァージョン)

で書いてるから読むのが大変だったし、最初のアプローチではこちらも中国語を

使ったから、あれこれ調べまくるハメになった。ま、今後の世界の動きを考えると、

こうゆう機会に中国語の勉強をしとくのはプラスではある。ただ、月末の走り込み

時間が大幅に削られたのが痛い所だ。

                

で、火水と2日サボって、今朝(29日)はハーフに挑戦。先週月曜の25km走

で脚にダメージを受けて以降、慎重にリハビリして来たから、そろそろ快走でき

るかなと思ってたら、超甘かった。走り始めてすぐ、脚の異常な重さに気づく。

疲れてると言うより、痛めてるって感じで、両脚の付け根の外側が張ってギクシャ

するのだ。でも、もう月末だから、最低18kmは走らなきゃマズイ。

     

だから心拍を抑えて、有酸素レベルで走りたいのに、余りにスピードが出ないの

で、無理して少しスピードアップ。呼吸は大した事ないけど、心拍は急上昇、脚は

どんどん重くなる。止めたいなぁとか思いながら、結局ハーフを走りきった。トータ

ルでは1km4分54秒ペース。あれだけ辛くてこんなタイムじゃ、話にならないね。

脚の故障だけじゃなくて、また微熱が出てるのかな。ともかく、ボヤキながらでも

身体を動かし続けよう。いずれ必ず調子は戻るはずだ。ではまた。。☆彡

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今夜は女性ファッション雑誌『CanCam』のテレビ版、『テレキャン』第3回

    の放映日だったんだな。さっき気づいたけど、既に放送終了後。楽しみに

    してたし、過去2回記事を書いてそこそこアクセスが来てたのに、失敗した。。

    今まで週末だったのに、何で木曜夜なんだよ! 

       

  往路(2.45km)   13分11秒  平均心拍142

  1周(2.14km)  10分44秒        148

  2周           10分53秒        150

  3周          10分40秒        157 

  4周           10分27秒        161       

  5周          10分11秒        165 

  6周           10分10秒        166 

  7周          10分21秒        166  

  8周(1.22km)    6分03秒        168

  復路           10分53秒         169

  計 21.1km 1時間43分32秒       159(最大177 ゴール時)

| | コメント (0)

父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

 ブランドから安心感・・・

    

 大事なのは 名前でも値段でもない ただひたすらに味だ!

 ブランドワインは 常に一流でいるための努力が不可欠なのだ

 ブランドは一日にしてならず そのキュベ・ダ・カポもそうだ

 ボルドーやブルゴーニュに比べ 格下と思われていたローヌ地方のワインの

 可能性を信じ 並々ならぬ努力をしてきた人々の力が生み出した

 これもまたブランドだ

      

 神咲先生は 名前だけでない 価値を伴った真のブランドを認めて来た!

 ひょっとしたら キミは今回 最初から ブランドワインを外して

 使徒探しをしていたのではないか

 だとしたら 勘違いも甚だしい!

 結局キミは キミ自身が 神咲というブランドから逃げ 

 ノンブランドというブランドワインに迷い込んでいたに過ぎない!

    

 見事な勝利だった 一青

   

 ・・・・・・(雫 沈黙)・・・・・・

   

        ☆          ☆          ☆

ますます面白い♪ 書くことがあり過ぎて困ってしまうほど内容のある回で、前回

より更に私の評価は上昇した☆ 記事へのアクセスも多いし、今期この作品をレ

ビュー対象にしたのは正解だ。脚本の渡辺雄介も、演出の石尾純も、この調子

でいいと思う。自信を持って作り続けて欲しい。福島祐子中島靖雄の音楽には

最初ちょっと抵抗があったけど、ようやく耳に馴染んできた。KAT-TUNの主題

『ONE DROP』もね。ま、ホントはバラードの方が良かったけど、ファンに怒ら

れそうだから書かないことにしよう♪ 書いとるわ!

      
      
私の高評価の一方で、世間の評価を示す視聴率はさらに下がって、6.2%になっ

ている。低調気味の今期の連続ドラマの中でも、際立って低い数字だ。でも、前回

の急落ほどの衝撃はない。こうなると、視聴率5%台までは想定の範囲内だろう。

     

今回もまた、この視聴率に関して少し話したいんだけど、その前にまず、第2話の

記事に関してお伝えしたいニュースがある。第2話とは、素晴らしい「向こう岸」へ

とわたるための「桟橋」(=人の努力)の重要性を語ったストーリーだった。それに

対してウチのレビューでは、新たな視点を付け加えた。桟橋とは、ただ眺めるもの

ではなく、自分たちで作るものだという事だ。

    

例えば、父・神咲豊多香(古谷一行)の挑戦的な遺言状とは、息子・神咲雫(亀梨

和也)に対して、桟橋の支柱だけを作って差し出したようなもの。それに対して、雫

がその挑発に乗ったのは、支柱の上に桟橋の板を並べていくようなものだ。双方

の努力によって、父と子は美しい対岸を目指すわけだ。対岸(=行く先)が本当に

美しいかどうかよりも、そこへと向かうプロセスこそが美しいわけだ。本質的に限

りある存在である、人間の営みとして。

        

言葉だけだと空疎にも聞こえるこうした理屈は、語る本人が実行に移してこそ説

得力を持つ。私の場合、過去3年半近くにわたって書き続けてるレビュー自体が、

桟橋作りの実行の一つだ。そして今回、新たな桟橋作りにチャレンジした。それ

が、台湾のファンサイトとの交流だ。

       

昨日苦労してアップした「メッセージ記事」は既に読んでる方が多いだろうけど、

要するに台湾の優秀なサイト運営者・愛之絆さんが、ウチの記事を引用して4ヶ

国語(中国語、日本語、フランス語、英語)を使用した記事をアップしたのだ。そ

れを見て感心した私も、同じく4ヶ国語混じりで応答したってこと。日本男児たる

もの、当然だろう♪ (熱いわ!)

              

まさに、海(=泉)をわたる架け橋の、両岸からの建設だ。当初はちょっと誤解さ

れてしまったようだけど、それも想定内のこと。言葉も習慣も違うし、少なくとも私

はこうした経験が全くないから、ちょっとした失敗は覚悟の上だ。幸い、驚くほど

短時間でコメントとメールのやり取りを交わして、木造のささやかな桟橋が形を見

せてきた。これぞ愛の絆(ainokizuna)あちらでウチに言及してる最新の記事

へは、ここをクリックすればOK。

      

ひょっとすると次は別の国へ桟橋をかけるかも知れない。海外のあなた♪ そち

らのサイトはちゃんと拝見してますよ☆ 言葉は今の所ほとんど分からないけどネ。

                 

以上、『神の雫』自体が、海外(特にアジア)と日本の相互理解へとつながる桟橋

にもなってるって話をした後で、視聴率の話に戻ろう。私は冒頭で、今回の数字

は想定内だと書いたし、先週のコメント欄のレスにもそうゆう話を書き込んでる。

    

同じ「ジャニーズ・ブランド」の山P=山下智久主演、『コード・ブルー』の場合でさ

え、第7話で10.8%まで落ち込んだ。『an・an』好きな男ランキング2008にお

ける亀梨の得票数は、山下のほぼ半分だから、それだけ考えても、10.8%の

半分である5.4%までは不思議じゃない。2倍かどうかはともかく、「Pブランド」

は「亀ブランド」よりも優勢なのだ。「味」はともかく、「売り上げ」はね。

       

おまけに、『雫』の「火10」というブランド(日本テレビ・火曜夜10時からの連続ド

ラマ)は、『ブルー』の「木10」(フジテレビ・木曜夜10時の連ドラ)というブランドよ

りも格下で、販売中止(打ち切り)も決定している。共演者を見ても、失礼ながら

『雫』は『ブルー』よりやや格下だ(私の趣味は別)。

    

原作マンガ(原作・亜樹直、作画・オキモトシュウ)がヒットしてるといっても、日本

での単行本19巻の売り上げは計200万部程度。控えめに、1人が5冊だけ買う

と仮定しても、購入者は僅か40万人しかいない計算になる。日本の人口は1億

3000万人弱だから、原作ファンが全員ドラマを見たとしても、視聴率のプラスは

0.3%にすぎないのだ。

          

という訳で、5%台までは驚かない。ただ、去年冬の不人気ドラマ、小日向文世&

松田龍平&吉高由里子『あしたの、喜多善男』でさえ、5.2%で踏みとどまってる

から、『雫』が4%台まで行くとちょっとした事件だろう。5%を切ると、統計学的に

はゼロともみなせるのだ。ま、それでも私の評価は変わらないけどね。遠峰一青

(田辺誠一)の言葉を借りるなら、「大事なのは・・・ただひたすらに味だ」♪ ただ

し正確に言うなら、ちょっと違ってる(後述)。

             

       ☆          ☆          ☆

で、その味について、つまりドラマの内容や価値について、さらに話を進めていこ

う。今回のサブタイトルは「父が教えた団欒の味」だ。でも、これは神咲親子の関

係に焦点を当てたものだ。ドラマ全体を見るなら、「団欒」(だんらん)とは、ブランド

がもたらす価値の一つに過ぎない。だから、以下ではブランドについて考えてみる。

         

まず、そもそも「ブランド」とは何なのか。日本語の辞書の高級ブランド、岩波書店

『広辞苑』(第四版,1991)を引くと、元の英単語「brand」と共に、「(焼印の意) 

商標。銘柄」とだけ説明されている。余りに不親切な説明だから、去年発行の第

六版では改善されてるのかも知れない。ただ、試しにもう一つのブランドである三

省堂『大辞林』(第二版,2006)を見ても、英単語と共に「銘柄。商標」としか書か

れてない。間違ってはいないけど物足りないし、今回のドラマとは合ってない。

            

そこで更に、一般大衆向けの超お手軽ブランド、『ウィキペディア』(日本版)にアク

セスすると、すぐに読者が引き返しそうなややこしい説明の途中に、「狭義には、

ファッション分野での高級品イメージのついた一部メーカー及び商品群を指す」と

書かれてる。これこそ、今回のドラマの意味だ。つまり、私の言葉でまとめ直して

みると、ブランドとは商標、銘柄のことで、特に高級なものとか人気のあるもの

指す言葉だ。かつては焼印で示されてたけど、今では名前やロゴ(独特の簡単な

文字・記号・絵)で示されてる。

               

ブランド品はしばしば値段が高い(orコストがかかる)し、その割に中身を伴わな

いことも目立ってるから、一般には冷たい視線を浴びることも多い。ブランド品を

身に付けるだけで中身を伴ってない人間への風当たりも強いわけだ。例えば、

一流大学卒というブランドを身に付けた人間を叩く記事は、週刊誌でお馴染みだ

し、ブランド品を買いあさる若い女の子たちも、しばしば大人の男性(or 女性)か

ら冷たい視線を浴びている。今回のドラマでも、中盤まではブランド品を否定する

流れになってた。

      

つまり、「第二の使徒」をめぐる遺言状の「団欒」という言葉から、雫は「庶民的」

なワインを探すわけだ。その途中で、紫野原みやび(仲里依紗)の幼馴染・高杉

新一(松田悟志)が登場。ブランドワインは庶民的でないのに、ブランドだけで飛

びつく消費者の愚かさを笑いつつ、欠陥商品で金儲けする嫌味な男。ワインの

中身はダメでも、ブランドの「イメージが価値を生み出す」のだから、ノンブランド

なんて話にならない。

      

それに対して雫は、ノンブランドの3000円のワインを用意して、その中身=味で

高杉をうならせる。「ブランドが全てじゃない。そう思いませんか♪」。この辺りで、

私はちょっと不安を覚えてた。まさかこのまま、ノンブランドが味で勝利するなん

て話になってしまうのか。それじゃ、余りにレベルが低過ぎる、と思ってたのだ。

      

私自身で言うと、ブランドに対してそんな見方をしてたのは、せいぜい高校までの

こと。20歳くらいになると、それほど単純な話じゃないことはよく分かってた。ブラ

ンドが駄目で、ノンブランドがいいなんて話ではない。単純に上下を逆転させるだ

けの発想では幼過ぎるのだ。

              

雫が何歳の設定か知らないけど、20歳を数年過ぎた社会人だし、亀梨和也の

実年齢は22歳。夜10時台のワインドラマなら、視聴者の年齢層も高めのはず。

大丈夫かよ、と不安に思ってたら、大丈夫だった♪ ちゃんと終盤で、大人の一青

が、半ば子供の雫に対して、世の中の複雑さや奥行きの深さを教える話になった。

「超ブランド」が「反ブランド」に勝利したと言ってもいいだろう。ブランドとかノンブラ

ンドとかを超えて、いい物をいいと認める態度が、単純にブランドに反対する態度

に勝利したということ。

           

高級ブランドや人気ブランドがその地位を築き、更に保ち続ける背景には、絶え

間ない努力がある。ワインより庶民的で、しかもアジア全体での人気を26年間保

ち続けてる東京ディズニーリゾート(ディズニーランド&ディズニーシー)でも、その

圧倒的なブランド力を保つためには、絶え間ない努力を続けてる。今、私も含め

てネットユーザーの多くが使ってるWindowsも、OS(基本ソフト)の世界標準の

地位を守るために、必死に改革し続けてるわけだ。確かに、雫の言うように「ブラ

ンドが全てじゃない」。でも、ブランドは無意味でもない全否定ではなく、中身に

応じた部分肯定こそが重要。これは織田裕二『太陽と海の教室』でも書いた事だ。

                    

供給者の側の努力だけでなく、消費者の側の反応も、ブランドを鍛えている。つ

まらないテーマパークはすぐ口コミで情報が伝わるし、入場者数が減る。出来の

悪いOSなら世界中で非難されるし、初期費用が無料のリナックス(Linux)に少

なからずなりのユーザーが移行してしまう。こうした大規模な反応、あるいは人々

の変化があるからこそ、ブランドをキープする供給者側の努力が継続されること

になる。もちろん、営業力とか広告・宣伝という努力もあるけど、商品の中身に関

する努力も当然必要なのだ。コカコーラは宣伝も上手いけど、中身もノンブランド

の安物より美味いのだ♪

                

そうしたブランドの長年の努力が、「安心感」をもたらす。ノンブランド品の庶民的

な安心感ではなく、ブランド独特の「年老いた人こそが持つぬくもり」みたいな安心

感。この安らぎこそ、第二の使徒が醸し出すべき「懐かしき団欒」であった。一青

の完勝、雫の完敗。ワイン以外を断って、渇き=渇望を極限まで高めて探求した、

求道者のような一青は見事だったし、田辺誠一の激しすぎてちょっと笑える演技

も味わい深かった。手から流れるワインと血を、恍惚とした表情でなめた時、テロッ

プで小さく「これはフィクションです」とか映れば、もっと笑えたかも♪ あそこの内

田有紀の表情も良かったな。

                              

雫の敗北には、みやびへの仄か(ほのか)な思いも悪影響を与えたかも知れない。

バーのマスター・藤枝(辰巳琢郎)にもすぐ見抜かれてた、淡い思い。一時的に隣

のイスが空いたことによる、みやびへの渇き=渇望。これが、庶民性への志向(失

礼♪)を増幅させてしまったのだろう。高級ブランド or セレブ的な美少女、セーラ

(佐々木希)にも価値があることが分かってれば、また違う「展開」があったはずな

のだ。個人的には、そっちの方が見たかったかも♪

        

雫の敗北は、父に対する敗北でもある。一青が厳しく指摘したように、雫は「神咲」

というブランドから逃げて「ノンブランドというブランドワインに迷い込んでいたに過

ぎない」ように見える。またロベール(竹中直人)もほのめかしたように、雫は「ワイ

ン評論家・神咲豊多香」というブランドから目を逸らしてたように思われる。豊多香

はやっぱり実力者だし、負けたとはいえ素人の雫がここまで善戦してることを考え

ても、神咲家ブランドのDNAはやっぱり優秀なのだ。

      

その意味で、第二の使徒とは父・神咲豊多香のことだ。私は前回、第一の使徒と

は雫のことだと指摘したから、これでドラマの序盤に「息子ワイン」と「父ワイン」が

揃ったことになる。あと、母親で1本作れるとして、残りの4本はどうするのか、原

作者も含めてスタッフの腕の見せ所だ。

   

当然、残り4本のうち1本は、「ほのか」と呼ばれる女性(?)と関係してることが

予想される。20歳の誕生日に雫が見た「親父の裏切り」の証し。母が亡くなった

1990.12.19」に、父が「ほのかと実りを祝う」と書いてた相手(?)。ここで

「?」を2回つけたのは、それが女性であるとは限らないし、人間であるかどうか

さえ分からないからだ。でも、マキ(内田有紀)がある程度まで調べてるってこと

は、やっぱり女性なのかね。

            

霧生(戸田菜穂)の僅かな動揺を見ると、霧生のことのようにも思えるけど、それ

じゃヒネリが足りないな。「ほのか」が霧生で「実り」が子供じゃ、ベタ(そのまま)

過ぎるでしょ。ま、全9回ならそんなもんかね。私が脚本家なら、もっと変わった

ストーリーにしたい所。「ほのか」は人間じゃないとかさ。ただし視聴者としては、

ちょっと霧生に萌えて来た♪ シックな服装で取り澄ました感じがそそるね。男と

しては別な姿への探究心が湧くわけよ。これもまた、Y染色体という男性ブランド

の仕業なのか。「利己的な遺伝子」の生き残り戦略なのか。。

              

         ☆          ☆          ☆

さて、そろそろ時間だ。最後に一言、付け加えとこう。私は一青と少し違って、

「大事なのは、名前でも値段でもない。ただひたすらに味だ!」とまでは思わない。

名前がもたらす価値、値段がもたらす価値というのは確かにあると思うし、いく

味が良くてもコスト(金、時間、労力)がかかり過ぎなら評価は下がる。つまり、

コスト・パフォーマンス(=費用対効果)が重要ってこと。

            

実際、世界的に深刻な経済状況にも関わらず業績を伸ばしてるのは、アパレル

(衣服)では「ユニクロ」、飲食では「餃子の王将」が代表的。どちらも海外進出を

果たしている。安いわりにはいい商品を売ることで有名な、コストパフォーマンス

の高い「庶民的ブランド」だ。

                                           

10万円のワインを楽しむのなら、5000円のシャンパンで十分美味しいと思う

し、自分で運動して汗を流した後の100円程度のコーラの方がコスト・パフォー

マンス的に上だと思ってる。身体やノドの「渇き」があれば、一気にドリンクの美

味しさが増すわけだ。だからRUN&BIKE♪ テンメイ・ブランドの宣伝かよ!

ではまた。「le quatrieme verre」(グラス4杯目=第4話)にて。。☆彡

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.あえて本文には書かなかったけど、実は雫が用意したノンブランドのワイン、

    「ユッセリオ・コート・デュ・ローヌ(’07)」(USSEGLIO COTES DU 

     RHONE 2007)を調べると、樹齢100年近くのぶどうの木から大部分

     が作られてるようだ。すると、「100年の老木」とか「古いブドウの木」とい

     う「ドメーヌ・ペゴー」の売り文句と大差ないことになる♪ ま、もちろん高

     級ブランドとしての伝統の長さと重さを指す比喩的な言葉だろうけどね。

         

     あと、高杉の親父さんの豆腐屋も、ブランドではないのに歴史がありそう

     だから、ちょっと話がややこしくなってた。ま、みやびが雫の敗北に気づく

     流れを作りたかったのは分かるから、良しとしとこう。

                     

P.S.2 今回の遺言状2枚をほぼ元通りに再現すると、以下のようになる。

        (1枚目: 改行は原文のまま。漢字や句読点もほぼ合ってるはず)

   

               第二の使徒

          そのワインで、私は団欒を懐かしむ。

          ある冬の日、草むらで友達と

          遊び回っていると、夕焼けが

          辺りを真っ赤に染め、どこから

          ともなく、夕食の香りがした。

          空き地の草の匂いと、上等なハーブや

          スパイスが鼻をくすぐり、

          私は家路を急ぐ。

          だが途中、日が暮れ、道に迷って

          しまった。泣き出しそうになる私に、

          優しげな男性が声をかけ、手を

          差し伸ばし、一粒のお菓子をくれた。

          ホッとするような甘さ。

      

        (2枚目 改行、漢字はほぼ合ってるはず。句読点は豊多香の

         語り口をそのまま再現した)

        

          考えられないほどの芳醇さ。

          私は、その男性に手を引かれ、

          気がつくと、家の前にいた。

          中から団欒の声が聞こえ、

          私は温もりを求め、木の扉を開けた。

      

P.S.4 甘口の「貴腐ワイン」という言葉、初めて聞いたけど、インパクトある言

      葉だね。漢字の変換も出来るのか。「貴腐」はフランス語の「pourriture

      noble」(プリチュール ノブル=高貴なる腐敗)の直訳。テレビの台詞か

      ら「寄付ワイン」を一瞬イメージしたのは、私だけじゃないはずだ♪

     

P.S.5 どうも、みやびより一青の方がコミカルに思えてきた。今回、テイスティ

      ング(試飲)を続ける途中でうっかり(?)コルク栓まで口に放り込んだ

      のはギャグとしか思えない♪ ワイングラス無しに飲むフリをした「エア・

      テイスティング」(人気の「エア・ギター」からの造語)もコントでしょ。毎回、

      2、3回はサラッと何かやらかしちゃって欲しいもんだ。あくまで、それと

      なく自然に、真剣な表情で。

        マキがあの部屋で毛皮を着てたのも、半ばギャグだろう。もちろん15度

      以下のワイン用の部屋に長時間いることの描写にもなってるけどね。

            

P.S.6 お笑いってことでは、遺言状からのイメージが古過ぎるのも笑えた♪

      チャンバラ、メンコ、手作りの竹馬・・・どんだけぇ~古いんや! 海外の

      方、誤解しないでネ☆ あれは雫の父親の幼い頃、つまり50年くらい前

      のイメージだから。。

                  

P.S.7 またフランス語で面白いことに気づいた。『神の雫』のフランス語訳は

      『Les Gouttes de Dieu』(レ グット ドゥ デュ)。ところが、雫だけ

      英語にしてみると『Dew de Dieu』(デュ ドゥ デュ)。つまり『神の雫』

      とは、一言で訳すと「デュ」なのだ。フランスの出版社さん、今からタイト

      ル変更するのもいいかもよ。ま、米国との関係を考えると無理かな♪☆彡

     

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (7) | トラックバック (2)

『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

『神の雫』第3話(le troisieme verre : ル・トゥルワジエム・ヴェール : グラス3杯

目)が終わった所だ。本格的レビューにはまだ時間がかかるから、例によって先

「第二の使徒」ドメーヌ・ペゴー キュベ・ダ・カポ(’00)について、簡単な記事

を書いとこう。遠峰一青(田辺誠一)が対決の場に持って来たワインだ。神咲雫

(亀梨和也)が持って来たワインについては他のサイトにお任せってことで♪ 毎

回1本が限界だ。。

   

追記: 第3話レビューをアップ。

       父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話 )

              

まず恒例のワインラベル(=「エチケット」)の解読から。下の方は二箇所読み取

れなかったので、悪しからずご了承を。上段が元の表示、中段が読み方、

が翻訳 or 意味だ。文字化け防止のため、いつものように、フランス語のアクセ

ント記号は省略してある。

                    

            DOMAINE

            PEGAU

    Chateau neuf-du Pape

   APPELLATION CHATEAU NEUF-DU-PAPE CONTROLEE

   Mise en Bouteille au Domaine

   Paul FERAUD et Fille Proprietaire ???

   a CHATEAU NEUF DU PAPE V?? FRANCE 

         PRODUCT OF FRANCE

                

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         ドメーヌ

         ペゴー

   シャトーヌフ・デュ・パプ

   アペラシオン シャトーヌフ・デュ・パプ コントロレ

   ミ・ザン ブテーユ オ ドメーヌ

   ポール フェロー エ フィーユ プロプリエテール ???

   ア シャトー ヌフ デュ パプ ヴォク?? フランス

      プロダクト オブ フランス

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ドメーヌ

        ペゴー 製造

   シャトーヌフ・デュ・パプ(教皇の新しい城)

   原産地統制名称 シャトーヌフ・デュ・パプ村

   ドメーヌ(ぶどう園)にてボトル詰め

   ポール・フェローと娘の作品 所在地 ???

   シャトーヌフ・デュ・パプ村 ヴォクリューズ県?? フランス    

         フランス産

     

       ☆          ☆          ☆

原作マンガだと「第三の使徒」になってるらしいこのワイン、値段は前回と同じく

5万円~10万円程度のようだ。気になったのは、ラベルのどこにも「キュベ・

ダ・カポ」という名前が見当たらないこと。実は、裏のラベルに書いてあるのだ。

要するに、この生産者においては「5段階の1番上」を表す言葉らしい。

       

フランス語の表示は「cuvee da capo」。テロップは「キュベ」と書いてたけど、本

当の発音は「キュヴェ」なのだ。後ろの「da capo(ダ・カポ)」はイタリア語からの

借用で、日本語にもなってる「ダ・カーポ」のこと。音楽用語だと、「最初から繰り

返して」という意味で、色んな辞書にもそう書いてあるし、英語のウィキペディア

でもそう書いてある。

          

ただ、このワインの場合には、元のイタリア語の文字通りの意味に戻って考える

べきだと思う。すなわち「最初から」。「cuvee」はワイン園とか等級を表すか、あ

るいは発酵させられたという意味。だから、「cuvee da capo(キュヴェ・ダ・カポ)」

で「最初の等級」、結局は1級って意味だろう。そこに、「何年も前からじっくり発

酵させられた」という意味を重ねてるのかも知れない。

        

とりあえず今回はこの辺で。本格的レビューは24時間後くらいにアップしたいと

思ってる。ではまた。。☆彡

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ドメーヌ・ペゴーのHPはなかなかオシャレで、見るだけでも心地良いから

    お勧めだ。 http://www.pegau.com/

     

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (2)

台湾の愛之絆さんへ♪~『神の雫』第2話について

你好,愛之絆小姐。 (こんにちは、愛之絆さん♪) (Hello,ainokizuna.)

初次見面。 (はじめまして。) (Nice to meet you.)

我是 天命。 (私はテンメイです。) (I am tenmei.)

我看了你的博客 (私はあなたのブログを見ました。) (I read your blog.)

謝謝你介紹我的博客。 (私のブログを紹介していただき、ありがとうございます。

              (Thank you for your introduction of my blog.)

雫的第二句話、我省略了法語的口音記号。

       (雫の二番目の台詞、私はフランス語のアクセント記号を省略しました。

       (Shizuku’s second lines,I omitted French accent mark.)

真実的語言大概是這個。 (本当の言葉はおそらくこれです。

                 (Perhaps the true word is this.)

090127 法語「Passé」,英語「Past」。 

    

    

法語困難。 (フランス語は難しいですね。) (French is difficult,isn’t it?)

本周也享受「神の雫」吧! (今週も『神の雫』を楽しみましょう!

             (Let’s enjoy ‘kaminosizuku’ again this week!)

那麼,再見! (ではまた!) (See you!)

     

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆日本の読者の方へ☆

            

台湾のKAT-TUNファン、愛之絆(ainokizuna)さんのブログが、ウチの第2話

レビューの仏文和訳(亀梨和也とフランス美女の会話)を引用して、フランス語・

英語・日本語・中国語を並べる形で紹介してくださってる。是非一度、遊びに行っ

て頂きたい♪  (http://blog.xuite.net/radio_report/kattun/21989014

このURLからも分かるように、サイト全体の名前は「radio report」で、その中

の「日誌」(個人的内容のブログ)が「kattun」情報だらけってこと。

    

28日の追記: ウチのこの記事を読んだ彼女は、すぐにあちらの記事を削除

          したようだ。下のコメント欄と、ウチの第3話レビューを参照。)

            

著作権、肖像権の意識についてはとりあえず気にしないことにしよう。アジアなの

だ。ともかく、香港(福山雅治『ガリレオ』)、中国(キムタク=木村拓哉『CHANGE』

に続いて、テンメイのアジア進出第3弾でもある (^^)v それは良しとして、彼女の

語学力は驚異的(自動翻訳使用か・・)だけど、私が文字化け回避のためにフラ

ンス語のアクセント記号を省略したことまでは理解されなかったようで、英語が一

箇所違ってた。「Past(過去)」のはずが「Pass(通過)」となってしまってるのだ。

                              

それだけならスルーする所だけど、「この日本人は不確かだと言ってる。私も同じ

で、英語しか分からない。(爆)」って感じのジョークまで書き添えてたから、なるべ

く正確な話を伝えて、ついでに草の根の外交も試みたってわけ。これで何かあっ

ても、外務省が何とかしてくれるでしょ♪

                    

ちなみにこの方、情報収集力(テレビ,ネット,雑誌、ラジオ)も凄いから、サイト

もかなり人気のようで、続々と台湾からのアクセスがウチに入って来た。ただ、

『神の雫』を何語でどうやって見てるのかはハッキリしない。向こうの記事に字幕

関連のジョークがあるから、字幕付きで見てるようだけど、そのジョークを翻訳

するのが大変だからパスした (^^ゞ ま、「(笑)」と書いてるから笑い話でしょ♪

自動翻訳を二種類試しても、全く意味不明な日本語しか出なかった。いずれ解

読しようとは思ってるけど、社会的背景に関する知識も必要だろうね。。

               

なお、私の中国語は超初心者レベルだから、向こうの記事を軽く理解するだけ

で苦労したし、応答を書くのは超~大変! ネット(自動翻訳その他)と参考書で

調べまくって、失礼のないよう気配りしてるわけ。例えば最初に「你好(ニーハオ)」

と書くだけでもかなり時間を使ってる。中国と台湾の微妙な違いもあるしね。漢字

とフランス語で仕方なく特殊な文字を入れてるから、文字化けしてたら悪しからず

ご了承を

    

果たして、「第二の使徒」対決はどうなるのか。遠峰一青(田辺誠一)が反撃する

のがフツーだろうけど、ヒネッて来るかな。あと、ムートン85年へのチャレンジは

どんな結果になるのか。それではまた、『神の雫』第三話レビューにて。。☆彡

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf『神の雫』第1話、軽~い感想♪

   桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (3)

中学生の体力、現代社会でもあなどれず・・

RUN 18km,1時間29分15秒,心拍154

文科省初の全国体力調査の結果が、1月22日の朝日新聞・朝刊1面トップを飾っ

てた。大見出しは「『運動しない』女子生徒」と「中2 週60分未満3割」。これだけ

見ると、あぁ最近の子供はやっぱり勉強とゲームと携帯ばっかなんだな、とか勘

違いしてしまいそうになる。よく読むと、事実は全然違うのだ。

     

中2の男子はもちろん、女子も半分以上の生徒は週15時間前後も運動している。

しかもこれは、体育の授業や通学の徒歩・自転車を除いてのこと。ホホーッと感

心してしまった。年間平均で体育が週2時間とすると、計17時間もの運動! 

    

今、ちまたでは健康ブームとか言われてるけど、大人で週17時間運動してる人

間は1割もいないだろう。毎日2時間、土日は7時間って計算だ。これは時間を

稼ぎやすい自転車派にとっても簡単じゃないはず。なにしろ、自転車通勤は除か

ないと、中学生との比較が不公平なんだから。クラブ活動で鍛えられてる中学生

の体力は、現代社会でもあなどれない。。

            

上の記事は色々と面白かったけど、もう時間がないからこの程度にしとこう。ま、

刺激を受けたわけよ。やっぱり子供は大人より元気がいいってことでしょ。と言っ

ても、私が中2の時には週10時間も運動してないけどね♪ ところで今朝の新

聞は、ちょっと渋井陽子が気の毒だった。折角、大阪国際女子で涙の復活優勝

を遂げたのに、朝青龍の優勝の方が遥かに大きな扱いになってる。まあ、結果

によっては横綱の引退だったわけだし、注目度が全然違うのは仕方ないか。。

     

           ☆          ☆          ☆

で、自分の話に入ると、今朝はやっぱり起きれなかった。相当な睡眠不足が溜

まったから、仕方ないでしょ。下手に無理すると、その後がキツイしね。で、代わ

りにさっき18km走って来たわけ。ちょうど1週間前に25kmを走って以降、ずっ

両脚(特に膝下)がしびれた感じだったけど、ようやく7割くらい治ったって所か

な。まだ明らかに変だから、今夜も注意してゆっくり走った。

               

心拍はちょっと上がっちゃったけど、呼吸はほとんど乱れてないし、お散歩気

で辛くも何ともない。膝下が重いだけで、トータルだと1km4分58秒ペース。よう

やくキロ5分まで回復した。その間、低速のリハビリランで距離も稼いでるし、良

しとしとこう。明日は亀梨和也『神の雫』第3話を見なきゃなんないから、12km

前後だけ軽く走っとこうかな。それでは、また。。☆彡

                              

  往路(2.45km)    13分04秒  平均心拍135          

  1周(2.14km)    11分01秒        143        

  2周             10分50秒        151        

  3周            10分35秒        154

  4周             10分33秒        158 

  5周             10分30秒        160

  6周            10分22秒        163

  7周(0.26km)       1分16秒        166

  復路              11分06秒        162

  計 18km    1時間28分55秒        154(最大心拍171,周回終盤)

| | コメント (0)

渋井陽子、大阪国際女子優勝&世界記録宣言♪

RUN 16km,1時間21分28秒,心拍151

出た~! 渋井本来の持ち味、ビッグマウス♪ 今日(09年1月25日)大阪国際

女子マラソンで涙の復活優勝を遂げた直後、Qちゃん=高橋尚子と小倉智昭の

横で、何と2時間「15分台が目標だと公言したのだ。小倉の巧妙な誘導尋問に

乗せられた形とはいえ、あれが渋井らしさってもの。

          

ラドクリフの驚異的な世界記録、2時間15分25秒(2003年ロンドン)は、29歳

の時だった。今の渋井と同い年。2時間19分41秒(2004年ベルリン)っていう

見事なベストタイムも持ってることだし、まだまだ上を目指して強気で頑張って欲

しい。その前にとりあえず夏のベルリン世界選手権でメダル狙いもいいね。

                      

それにしても、競技場に戻って第3コーナーから最終コーナーに向かうカーブの

辺り、渋井が何度もまばたきしてるのを見て、思わずこっちもウルウルしてしまっ

た。メディアによく登場する日本陸連の澤木(or沢木)専務理事が、笑顔で「感服

した☆」とかベタ褒めしたから、渋井が照れてたけど、ハッキリ言って渋井らしく

はないレース。本人もそう認めてたから、今後は最初から飛ばして失速しない圧

倒的勝利を目指して頑張って欲しい。

             

初のフルで2時間25分40秒の2位に入った赤羽有紀子、プチ復活って感じの3

位・原裕美子(2時間26分57秒)もおめでとう☆ それにしても、35歳で5位に

入ったシモンのタフさには「感服した」♪ 10年間もトップレベルだもんなぁ。。

話が逸れるけど、黒の洋服に身を包んだ高橋尚子、ちょっと色気があったかも♪

女を感じさせるってことは、そろそろニュースが飛び出したりして。。

        

          ☆          ☆          ☆  

さて、たかが25km走で脚がしびれてしまった三流市民ランナーの方は、リハビリ

3日目。夜走れなくて、朝ランに回したから、正確には足かけ4日目だ。低速の16

kmを2日連続でこなした後で、ちょっと疲れはあるものの、それよりも脚のしびれ

の回復の方が大きかった♪ ジ~ンとした感じがかなり薄らいで、その気になれ

ば多少のスピードも出せそうだ。まあでも、滅多にないトラブルだから、慎重に対

処すべきだろう。渋井と同じく、ひたすら低速の有酸素ランで我慢、我慢。ま、一緒

にしちゃ失礼だろうけどね。

     

トータルでは1km5分06秒ペース。もうちょっとで1km5分ペースまで戻せるな。

心拍も低いし、呼吸は全く静かだし、OKでしょ。リハビリと言いつつ、ちゃっかり

距離も稼いでるし。これで、明日の朝もう1回リハビリ16kmをやろうと思ってる

んだけど、起きれるかどうかが問題だな。まあ、世界記録更新を宣言した渋井に

パワーをもらったことだし、一応頑張ってみよう。ではまた。。☆彡

      

  往路(2.45km)   13分15秒   平均心拍135          

  1周(2.14km)    11分02秒        145        

  2周            11分00秒        150        

  3周           11分05秒        150

  4周           11分00秒        155 

  5周           10分49秒        157

  6周(0.4km)       2分06秒         157

  復路            11分12秒         160

  計 16km    1時間21分28秒       151(最大心拍168,ゴール時)

| | コメント (2)

『ラブシャッフル』第2話を見た後、リハビリ2日目

RUN16km,1時間25分48秒,心拍145

悲惨な25km走から丸4日。いまだに両脚のしびれが消えなくて困ってる所だ。

こうゆう状況は、5年ほど前にランニング&自転車を再開してから初めてのよう

な気がするな。高校時代に腕立て伏せを毎日やり過ぎた時の、両腕のしびれに

似た感じだ。運動生理学的にはどうゆう事なんだろう。単なる乳酸の蓄積とか、

筋肉の微小断裂って話とは別だと思うけど。。

    

なんて話を6行書いただけで、ドラマ目当ての人が帰っちゃいそうだな♪ いや、

別にレビューとかドラマ記事ってわけじゃないから、ちょっと感想を書くだけね。

今期の本格的レビュー対象は、既に亀梨和也&田辺誠一『神の雫』で決定だ。

でも、冬ドラマ開始前には『ラブシャッフル』(Love Shuffle)が最有力候補だっ

たわけだし、低視聴率だった先週の初回も、個人的には面白かった。昨夜も

用をこなしながらサラッと流し見して、それなりに楽しめた。視聴率は更に下が

るとしてもネ。エレベーター前のパジャマ・パーティーなんて、シュールな漫画み

たいで笑えるでしょ☆

                          

前回は、野島伸司の脚本による台詞が非常に技巧的で圧倒されたけど、今回

はそれほど目立たなかったね。わざとフツーっぽい台詞を書いて遊んでるよう

にも見えたほど。考え過ぎかな。シャッフルで作られた4組のカップルのうち、やっ

ぱり啓(玉木宏)玲子(小島聖)が中心で、H系とビリヤードに焦点を絞ってた。

    

ドラマでは初めて見た小島聖、わりとマトモな女優なんだね。失礼、失礼♪ 単な

る妖しい女かと思ってた。それにしても、スッポンと血は強烈。。見てるだけで精

がつきそうだわ。あれなら、アルコールが入っても大丈夫か。って言うか、玉木

のビリヤードって、CGじゃなくて実写なの? 上手すぎて、正月のかくし芸大会

かと思っちゃったわ♪ ま、それなりの実力があるから、芽衣(貫地谷しほり)

憧れたってことね。諭吉(DAIGO)との漫才コンビはボチボチだったけど。頬が

コケてるって話が前回あった玉木の顔、今回はちょっとマシに見えた。

       

バケラッタの旺次郎(松田翔太)愛瑠(香里奈)の撮影シーンはインパクトあっ

たな。旺次郎が心を融かしたかと思った瞬間、愛瑠が平手打ちでシーン終了。

ところが、その後はまた打ち解けた様子。この辺りのゲーム感覚の遊び方が

珍しいし、私はそこそこ評価する。ま、前回書いたように、このドラマはある意味

ファンタジックなアート=芸術だから、テレビ視聴者の一般ウケは難しいでしょ。

せめて香里奈の水着がもっと大胆ならなぁ。小島聖の洋服みたいに♪ 

    

正人(谷原章介)の髪型は前回よりマトモだったけど、催眠療法はちょっとね。。

あれなら、堀北真希『イノセント・ラヴ』の方がマシだった。海里(吉高由里子)は、

1人だけ暗い役なんだから、もうちょっと可愛い部分も映して欲しいもの。ドリン

クのブクブクと氷ボリボリの映し方がイマイチだったかな。イマイチと言えば、プー

ルバーの外国人の扱いもちょっと物足りなかったね。

         

まあでも、非常に斬新で実験的な作品なのは間違いないから、基本的には応

援したい。古いネタが満載になってるのは意図的なレトロごっこだから、別に問

題ないだろう。完全なファンタジーに対して、現実離れなんて批判をするのも、

ナンセンスだ。ちなみに私が一番笑ったのは、冒頭でそれぞれがアバ(ABBA)

の名曲『ダンシング・クイーン』(1976年)を口ずさんでた箇所。途中の歌詞が

分からない愛瑠(香里奈)が鼻歌でごまかしてたのが面白かった。「細かすぎて

伝わらない」ギャグって感じかな♪

           

       ☆           ☆          ☆

・・・なんて話を書いてたら終わらないから、最後にランニングの話に戻そう。

のしびれは治らないものの、疲れとはちょっと違うし、月末も近づいてるから、

眠いのをガマンして夜の公園へスタート。前日と同じく、ものすごく抑えた走りに

徹して脚をかばったから、心拍もずっと150以下のまま。呼吸もまったく静かで、

ほとんどお散歩気分だった。こうゆうラクな走りは、脚が治っても取り入れるべき

だろうね。これぞ有酸素運動って感じだ。

    

結局、トータルでは1km5分22秒ペース。遅いけど、ノーダメージだし平均心拍

も僅か145だから、良しとしとこう♪ 今夜も出来れば12kmくらい走りたい。で

も仕事があるから、ちょっとビミョーかな。それでは。。☆彡 

      

  往路(2.45km)   13分43秒   平均心拍133          

  1周(2.14km)    11分35秒        146        

  2周            11分39秒        147        

  3周           11分43秒        146

  4周           11分28秒        148 

  5周           11分20秒        148

  6周(0.4km)       2分15秒         148

  復路            12分07秒         149

  計 16km    1時間25分48秒        145(最大心拍155,ゴール時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚が3日しびれたまま・・低速の傘ランでリハビリ

RUN 16km,1時間29分58秒,心拍136

戦艦大和の引き揚げ構想っていうニュースには、オーッと思ってしまった。私は

別に軍事オタクでもないし、宇宙戦艦ヤマトが好きなわけでもない。サバイバル

ゲームをやりたいとも思わないし、エアガン(空気銃)を買ったこともない。軍事

パレードどころか航空ショーさえ見たことないけど、やっぱり兵器ってものには妖

しい魅力を感じてしまう。ましてや、大和は武蔵と共に世界最大と言われる伝説

の戦艦だ。ああゆう物をカッコイイと思ってしまうのはどうしてなのかね。男の性

(さが)ってものか。DNAやY染色体の仕業とか。そりゃ、NHKスペシャルか♪

                 

このニュース、別に私だけがときめいた訳じゃなくて、BIGLOBEニュースの読

者の気持ちを表す「気持ち玉」(玉の形の顔)も「有頂天」の笑顔になってる。つ

まり、圧倒的に「嬉し玉」の入力が多いのだ(私は入力経験なし)。まあ、別に引

き揚げて改修しようって話でもないから、大目に見てもらいたいんだけど、少な

くとも高学歴の女性にはウケない話だろうね♪

            

話の中身は、意外にも(?)朝日新聞が一番詳しかった建造地の広島県呉市

の経済界が、「大和によるまちおこし」を狙って22日に準備委員会を開いたとの

こと。数十億円を集めて、主砲などの特徴的部分を引き揚げたいらしい。沈没

場所は鹿児島沖200km、水深350m。沖縄特攻に向かう途中、米軍機に撃沈

された悲劇は余りにも有名な話だろう。エッ、知らない? あっ、そう♪ ま、今後

おそらく反対運動や慎重論も出て来るだろうし、こうゆう経済状況だから、結局は

企画倒れになるんじゃないかな。特にこだわりもないし、それはそれで構わない。。

           

        ☆          ☆          ☆

いや、この程度の話を書くだけでも、ブロガーとしてちょっとパワーがいるわけよ。

大部分がドラマファンとはいえ、一応かなりの読者も集めてるしね。ってことで、

気を使って精神的に疲れちゃったから、後はカンタンに済ませよう♪ 火曜と水

曜は時間が無くて走れなくて、3日ぶりのランニング。月曜夜の悲惨な25km走

の後、ずっと両脚がしびれたような状態が続いてたから、ちょうどいい休養になっ

たと思う。いまだに脚は回復してないから、超低速の傘ランでリハビリってことに

した。少なくとも夏以降、これほどゆっくり走ったことはない。

      

最低13.3kmがノルマだったけど、流石にゆっくり過ぎて楽勝。心拍も130台

が続いて、鼻呼吸だけで十分。ただ、脚の具合は予想以上に悪そうで、あと3日

くらいはダメかも知れない。月曜の帰宅後すぐ、ヤバイなと思ったもんな。とにか

く、トータルでは16kmこなして、1km5分38秒ペース。明日もこんな感じで積

極的休養にしようと思う。ではまた。。

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P.S.そうそう。走りながら何か変な感じがするなと思ってたら、高橋愛主演の

    ドラマ『Q.E.D.』を見るのを忘れてた。1話、2話と記事を書いてたの

    に、ちょっと失敗だったね。亀梨和也『神の雫』第2話の本格的レビュー

    に気をとられてたもんで。。

           

  往路(1.15km)   7分17秒            112

  1周(1.1km)    6分23秒            127

  2周          6分07秒            131

  3周          6分06秒            133

  4周          6分10秒            133

  5周          6分08秒            136

  6周          6分11秒            137

  7周          6分07秒            139

  8周          6分08秒            140

  9周          6分10秒            139

 10周          6分04秒            141

 11周          6分04秒            143

 12周          6分02秒            141

 13周(0.5km)   3分06秒             148            

 復路           5分55秒             145

 計16km  1時間29分58秒          136(最大160,復路の坂)

| | コメント (0)

桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

    第一の使徒

 ジョルジュ・ルーミエ作

 ブルゴーニュ地方

 シャンボール・ミュジニィ村 1級畑

 レ・ザムルーズ 01年

            

 天地人、すべてがひとつに調和する中で

 生み出されるワインは単なる酒でなく、

 一編の名作であり、一枚の絵画である。

 だが、いかなる名作名画にも完全無欠

 なものなど存在しないワインもしかり。

 ワインという飲み物は不完全で、

 それ故、欠点を補ってあまりある

 魅力に溢れている。

      

 第一の使徒には、ぶどう造りに苦しんでもなお、

 それを乗り越えようとする、人間の姿がある。

                                   

     (改行、漢字は原文のまま。霧生は1級畑をプルミエ・クリュと仏語読み)

        

          ☆          ☆          ☆

面白い♪ 私自身が前回より満足したって意味でも面白いけど、視聴率が僅か

7.3%ってのも面白いな。もちろん、サッカー中継のせいで22時30分っていう

中途半端なスタートになったのも一因だろう。でも、それだけでこれほど低い数字

にはならないと思う。何しろ割合で行くと、初回の低視聴率から更に3割弱も下がっ

てる。プライムタイムの日テレのドラマとしては、かなり目立つ数字だ。

    

去年の冬にレビューした小日向文世&松田龍平&吉高由里子『あしたの、喜多

善男』が5%台まで急落した時には、私は世間に対して激怒したけど、この1年

でかなり人間が鍛えられてる♪ 織田裕二&北乃きい『太陽と海の教室』とか、

堀北真希&北川悠仁『イノセント・ラヴ』では、周囲の総攻撃の中でも平然と本格

的レビューを書き続けた。山P=山下智久&新垣結衣『コード・ブルー』では、周

囲が絶賛の嵐でも、平然と冷めたレビューを書き続けてた。

        

私は世間に迎合する気もないし、実際に迎合してない。これはかなり負荷のかか

る営みだから、精神的ウエイト・トレーニングを続けてるようなもの。当然、精神の

筋持久力が鍛えられるのだ。精神に筋肉はないけどネ。

    

私は別に、わざと世間に逆らってる訳でもない。実際、世間的に高評価&高視

聴率だった福山雅治&柴咲コウ『ガリレオ』は、ウチを代表するレビュー群(総数

38本)にもつながってる。では、マニアック・サイトを自称するウチの最大の特徴、

あるいは、このドラマをつまらないと感じる人達と違ってる点は何なのか。それは、

ドラマの見方、もっと広く言うなら、メディアに対する姿勢だ。そして、その点こそま

さに、今回の『神の雫』第2話の本質、「桟橋」の重要性と関わることなのだ。この

話は、過去3年半近くにわたって何度も書いて来たことだけど、改めてこのドラマ

に即しながら論じてみよう。新しい読者の方もかなりいらっしゃるようだしね。

       

        ☆          ☆          ☆

今回、神咲雫(亀梨和也)遠峰一青(田辺誠一)の勝敗を分けたのは、主役と

脇役の違いだ。いや、そうじゃない♪ 若いジャニーズとベテラン俳優の違いで

もなくて、「桟橋」の扱いの違いだ。父・神咲豊多香(古谷一行)が残した、「第一

の使徒」と呼ばれるワイン(別記事参照)を表現する文章の中で、雫は「桟橋」と

いう部分の重要性に気づいたが、一青は桟橋の向こう側の美しい光景しか見て

なかったのだ。

                   

既にあちこちで引用されてるはずだけど、ウチでも一応、あの遺言状の問題部

分2枚(この記事冒頭は解答部分)を再現しておこう。残念ながら、最初に霧生

(戸田菜穂)が読み上げた箇所は録画できてないので、以下の文章は不完全版

だ。でも、ほとんどの人が気づいてなさそうな指摘なら出来る。実はこの遺言状

には、似て非なる2種類があったのだ☆ 

     

ここでは、雫が「桟橋」という言葉に気づいた時、つまり水澤カオリ(加藤あい)

個展「遠い記憶」での映像を中心に再現する。漢字や句読点、改行も元のままだ。

           

 (1枚目)

      第一の使徒

   私は森の中を彷徨っている。

   木々から生命の香りが漂う中、

   私は森にあるはずのない花や

   赤い果実の香りに気づき

   はやる心を押えながら、歩みを

   速める。すると森から

   深い霧に包まれる泉があった。

   泉の対岸に美しい光景があるのを

   感じたが、霧が邪魔をして先に

   行けない。辺りを見回すと

   桟橋らしきものがあり泉を渡る。

   途中、風が甘い花と野生の赤い

   果実の香りを鼻腔に届け (以下不明・・)

     

(2枚目)

   (画面で見えないし、読み上げられてもないけど、内容的には

    「泉の向こうでからみ合う2匹の蝶と奇跡のような光景に見入ってた

    というような文章だろう・・・)

     

この遺言状は、藤枝(辰巳琢郎)のバーで開いた物とは僅かに違ってる。バーで

の手紙は、「泉の対岸に」の直前に「直観的に」という言葉が入ってるけど、個展

では抜けてた。それより重要なのは、改行の仕方だ。バーでの手紙だと、「桟橋

らしきもの」という重要な単語が、2枚目の最初(あるいは1枚目ラストから2枚目

にかけて)にある。それでは演出的にまずいから書き直して、1枚目に持って行っ

たんだろう。第一の使徒と上に書かれてる1枚目の文章の途中に、桟橋を持って

来たかったわけだ。スタッフさん、大当たりでしょ?♪

             

まあ、そうゆうドラマ・メイキングのネタバレ的な話はともかく、「桟橋」というものを

本当に理解してる人はかなり少ないんじゃないだろうか。私は瀬戸内海のすぐそ

ばで生まれ育ってるので、「さんばし」は子供の頃から遊び場の一つだった(漢字

は知らなかった)。船には水面下の部分が大きくあるから、海岸に泊めると船の

底が海底にぶつかる場合がある。そこで、海岸から沖に向かって橋を伸ばして、

その先に船を泊めたりする。これが本来の桟橋で、だから豊多香の遺言状でも

「桟橋らしきもの」というボカした表現が使われてた。

     

桟橋という言葉には、船の係留用の橋って意味だけじゃなく、別の意味も込めら

れている。「桟」とは一般に、細長い木材のこと。桟橋とはもともと、木造の簡単

な橋を指すのだ。実際、私が子供の頃に遊んだ桟橋は、山奥の吊り橋みたいな

もので、渡るとグラグラしてスリルを味わえた。ここでポイントは3つある。(与えら

れた)自然の活用、人間の努力、そして不完全性だ。

       

2001年とは、良質のぶどうが出来なかった、「霧」が立ち込めたような年だった。

世界的テイスター or 単なる酔っ払い、立会人ロベール(竹中直人)の言葉を使う

なら、「天」(気象条件)「地」(土壌)に恵まれなかったわけで、残されたものは

「人」の努力だけになる。ジョルジュ・ルーミエのワイナリーを始めとして、ぶどう園

の人達は、恵まれない状況の中でも与えられた自然の恵みを活かして、必死に

ワイン造りに励んだ。

    

人の手をわずらわせた様子がワインから感じられて、人間の努力を見出せる

らこそ、豊多香は2001年という平凡なヴィンテージ(年式)のワイン「レ・ザムルー

ズ(恋人達)」を「第一の使徒」として選び、称賛した。とはいえ、おそらく豊多香に

とっても、一青が間違えて選んだ2002年という完成されたグレート・ヴィンテージ

の方が、味そのものは上だったはず。それでも豊多香が01年を選んだのは、な

ぜなのか。

                           

ここで、人間讃歌のような話で終わらせるのなら、このドラマの理解は6割くらい

だろう。恵まれない状況で不完全な人間が努力するプロセスこそ美しいというよ

うな話は、私も好きだし同意するけど、一般的な形でなら、どこにでも書いてそう

な話にすぎない。

   

それを『神の雫』というドラマに具体的に取り込むには、ドラマ特有の筋立てへの

組み込みが必要になる。例えば、カオリと昔の不倫相手、カオリと現在のパート

ナー、部長と「ハニー」、いずれも困難と闘いながら必死に「生きる」(心中も含む)

カップルだ。つまり、自ら桟橋を作り、向こう岸で二匹の蝶のように美しく輝こうと

する「恋人たち」だ。何なら、さほど困難が無さそうに見える雫&みやび(仲里依紗)

を仲間に入れてもいい。でも、一番重要な恋人たちは、やはり豊多香と雫。つまり、

ワインと共に生きる宿命にある、神咲家の父と息子だろう。

      

私はドラマの今後に関してほとんど情報を持ってないし、原作マンガ(亜希直原作、

オキモト・シュウ作画)も全く読んでない。でも、ドラマを2話見ただけで考えるなら、

01年のワインとは雫のことだ。母の死、父との不仲、その他の恵まれないな状況

の中でも、必死に生きて来た息子のこと。したがって第一の使徒の遺言状とは、

父・豊多香から息子・雫へのラブレター。だから01年物を「第一」に選んだのだ。

妻の墓には、花の代わりに花のようなワインを捧げる。息子には、ラブレターの

代わりに挑戦状のような遺言を残す。これが、豊多香のスタイルなのだ。

    

言い換えるなら、豊多香は桟橋の支柱を作ったわけだ。その意図に、雫は少しず

つ気づき始めてる。前回、父が仕組んだ奇妙な謎解きへの参加を決めたのは、

無意識の内に桟橋の意味を感じたからだろう。今回はもっとハッキリ、意識的に

桟橋の意味を理解した。だから最後に、これまで避けてたムートンの85年を再び

飲んだわけだ。

     

   「出来の悪いヴィンテージなんて、まさかあの親父が言うなんてな。

    オレ、親父のこと、ちゃんと見てたのかな。

    今度は、オレが逃げずに頑張る番だ」。

      

ちょっと喋り過ぎだけど、原作を大幅に凝縮したドラマだから、オマケしてもいい。

こうして、父が作った桟橋の支柱の上に、息子が木の板を一枚ずつ載せていく

途中で何度も失敗してポチャンと落ちるだろうし、泉から遠ざかることさえあるだ

ろう。その際、森で迷う恐れもある。

    

でも最後は、桟橋が見事に完成し、父と息子は対岸で二匹の蝶のように和解

ることになる。それは、フィクションだからだ♪ 現実はしばしば過酷だから、夢

を見る自由は誰にでもあるだろう。ただし、原作マンガがまだ連載中なので、

橋の後半か終盤辺りでドラマが終了する可能性が高い。そしておそらく、続編や

スペシャルも作られず、ファンは漫画や脳内補完で満足することになるだろう。。

      

         ☆          ☆          ☆

ドラマの続きがないのは、視聴率や評判が主たる問題なわけだ。そこで、この

記事の冒頭の話に戻る。このドラマはなぜ評判が悪いのか。逆に、私はなぜ

面白がってるのか。  

     

ドラマの評価というものは、間違いなくタレントの人気に大きく左右されている。

『神の雫』でも、キムタク=木村拓哉が主人公なら視聴率は2倍以上だっただ

ろう。実際、同じく父と子の葛藤を描いた2年前の『華麗なる一族』は、平均視

聴率23.9%で、評判もかなり高かった。あるいは、雑誌『an・an』の2008年・

好きな男ランキングにおける獲得票数の差を見るだけでも、『コード・ブルー』と

『神の雫』の視聴率の差はかなり納得できてしまう。小日向文世の『喜多善男』

なんてものも、見向きもされない。これが人気商売の厳しい現実というものだ。

                      

もちろん、タレント人気だけではない。去年春の天海祐希&藤木直人『Around

40』は、ランキングなど無関係のベテラン俳優だけで平均視聴率14.7%を確

保した。夜22時台で、地味なテーマのオリジナル作品ということを考えると、脚

本家・橋部敦子の実力には感心させられる。

     

ただ、ここで私が強調したいのは、脚本とか演技の問題よりも、見る側の問題

だ。視聴者がドラマを見る時、いつの間にか一青になってないだろうか。画面の

向こうの楽しい様子、対岸の美しい光景、「ただそれを眺めているだけ・・」。つ

まり、その光景に至る桟橋の重要性、あるいは、それを自分で築き上げる地道

な作業を忘れてるんじゃないだろうか。ドラマの面白さ、美しい光景とは、作品

と自分の共同作業で創り上げるもののはずなのに。作品と自分という「恋人たち」

が、素敵な「結婚」(マリアージュ:mariage)を目指すプロセスこそが、一番ときめ

く時間のはずなのに。

             

私がドラマを評価する時には、桟橋まで含めて考えてるのだ。スタッフが作る努

力にも目を向けるけど、それ以上に重要なのは、自分で桟橋を築く作業。『神の

雫』で言うなら、ドラマのストーリーについて考えるだけでなく、フランス語やワイン

の勉強の楽しさまで含めて評価している。今週は自分の頭が中心だけど、先週

の軽い記事はあれこれ調べまくって書き上げたものだ。

    

私は元々フランス語が好きだったけど、ワインにはほとんど興味はなかった。で

も、世界的人気は何となく知ってるし、幅や奥行きが感じられるのも確かだ。い

い機会だから、その世界も垣間見てやろう。こう思って努力することが、自分で

桟橋を築く作業だ。

     

そして実は、この長いマニアックなレビュー自体も、別の意味の桟橋作りになっ

ている。私が支柱を立てるから、皆さん頑張って板を載せて渡ってねっていうメッ

セージだ。引き返す人や、途中で水中落下する人も多そうだけどね♪

     

という訳で、木曜の昼過ぎだからもうアップしよう。って言うか、仕事中にサボっ

て書いてるわけよ。感心しないネ。雫とみやびも仕事してないけどさ♪ 今週は

ハッキリ言って、雫に有利な条件が揃ってた。一青が勝負の前にちゃんとテイス

ティング(味見)してたら、自分の間違いに気付いて引き分けになってただろうし、

「天地人」という言葉で立会人ロベールがヒントを与えたのも不公平。来週はマキ

(内田有紀)の代わりに、顔が小さくて脚が長い「CG」美少女・セーラ(佐々木希)

がバックアップしてくれそうだし、一青が勝利するのは間違いない。断定かよ! 

土さえ美味しそうに食べるくらいだから、逆襲するでしょ。チョコに見えたほど。

            

ま、もっと気軽に、みやび主演の爆笑号泣コメディとして楽しむのもアリでしょ。

脇役の雫のオフィス・ギョーザもなかなか面白かったし、それをこっそり覗いて

るオフィス・ラヴ上司もマヌケで笑えた。脚本の渡辺雄介も、演出の中島悟も、

健闘してると思う。萌えポイントとしては、セーラ以外に、カウンターの向こう側

にいた白い服のロングヘアの女の子かな。「ミュジニィもらえますか」とか言いつ

つ友達とニコニコしてたコ。エンドロールに名前が見当たらないから、まさに謎の

美女だね。もちろん、手前のフランス美女も♪

            

要するに、桟橋だけじゃなく、対岸の美しい光景を眺めるだけでも、目線によっ

て色々と楽しめるってこと。ちょっと視点をズラすなら、「不完全な部分はあるけ

れども、客との距離が近く、親近感が湧く・・・小さな劇場で行われてる劇」を、

一体感を持って楽しむのもいいけど、「立派な劇場に大観衆を集め、すべてを

兼ね備えた商業演劇」をひたすら眺めるのもいい。

     

来週以降、ギョーザを食べた後にでも、雫&みやびにあれこれやってもらいた

いもんだ♪ 「完成されてる」商業演劇のごとく、魅力的に。雫&セーラでも、一

青&セーラでもOK。たとえ婉曲表現でも、私の目線は眺めるだけで真実を見

通すだろう。既にみやびもOKしてたし、部長にも怒る資格がないしね。ロベール

&霧生だと、ちょっとビミョーかも。。

            

ともかく今週で、本格的レビュー対象への採用決定! ではまた。。☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.今回の雫とフランス美女との会話にはテロップが出なかったから、自信

    はないけど、聞き取り初心者の私には以下のように聞こえた。客のグラ

    スワインの香りを嗅がせてもらって、探してるワインが「恋人たち」だと閃

    いたシーン。字幕を見た人、あるいは聞き取りに自信のある方、3行目の

    雫の台詞が間違ってたら教えてね♪ 「アンクレーブル」に聞こえちゃうけ

    ど、亀梨がフランス語に慣れてないせいだと思うんだよなぁ。他の単語は

    思いつかないし、残り4行は合ってるはず。アクセント記号は省略

    (追記: 愛之絆さんほか、台湾の皆さん、次の記事を読んでください♪

           台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について )

                       

       Pardon,mademoiselle.

          Oui.

          Passe・・・ca,c'est vision incroyable.

          C'est magnifique!

          Merci beaucoup♪

   

      パードン マドモワゼル

      ウイ

      パセ サ セ ヴィジョン アンクルワーブル

      セ マニフィック

      メルシー ボクー

    

        すみません。ちょっといいですか?

      はい、どうぞ。

      過去・・・これだ、信じられないほどの光景。

      素晴らしいですね!

      どうもありがとうございます♪

    

P.S.2 「第一の使徒」、すなわち「恋人たち 2001年」については、下のリン

      クから別記事をどうぞ。

        

P.S.3 冒頭の録画がないから断言できないけど、確かタイトル表示の画面

      では、第2話を「le deuxieme verre」(ル ドゥジエム ヴェール: グラス

      2杯目)と書いてたはずだ。いや、こうゆうマニアックな検索もたまに

      入るのよ♪☆彡

                 

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (7) | トラックバック (3)

『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

さきほど放映が終わった『神の雫』第2話。仕事に追われて、水曜の24時までに

レビューをアップするのは無理そうだから、毎日更新継続のために、まず今回の

謎の答だったワイン第一の使徒)のラベル解読その他をアップしとく。フランス語

の読み方と意味、あとは背景的な知識だ。

22日追記: 第2話の本格的レビューをアップ。

            桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話 )

            

遠峰一青(田辺誠一)マキ(内田有紀)が持って来た2002年ではなく、神咲雫

(亀梨和也)紫野原みやび(仲里依紗)が探し当てた2001年の方。水澤カオリ

(加藤あい)が飲んでたのはまた別物だった。父・神咲豊多香(古谷一行)が残し

た表現なんて、あちこちのブログに書いてるだろうけど、ラベルの完全な解読はな

かなか見当たらないだろう。マニアック・サイトとしては希少価値を目指すわけよ♪

今回は、元の表示と発音と意味と、3通りに掲載しとこう。前回のラベルと比べる

と遥かに簡単だった。例によって、アクセント記号は省略してある。

追記: 「第一の使途」とか検索が入ってるけど、「使徒」ね♪)

          

                      

          ☆          ☆          ☆ 

Chambolle-Musigny

1er CRU-AMOUREUSES

APPELLATION CHAMBOLLE-MUSIGNY PREMIER CRU CONTROREE

Domaine G.Roumier

PROPRIETAIRE A CHAMBOLLE-MUSIGNY (COTE-D'OR)-FRANCE

 2001                         Mis en bouteille

                                 au domaine

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャンボール・ミュジニィ

プルミエ クリュ アムルーズ

アペラシオン シャンボール・ミュジニィ プルミエ クリュ コントロレ

ドメーヌ ジェー ルミエ

プロプリエテール ア シャンボール・ミュジニィ (コート・ドール) フランス

ドゥ・ミル・アン          ミ・ザン ブテーユ オ ドメーヌ

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャンボール・ミュジニィ村

1級畑 恋人たち

原産地統制名称 シャンボール・ミュジニィ村 1級畑

ドメーヌ・ジェー・ルミエ製造

所在地 シャンボール・ミュジニィ村 (コート・ドール県) フランス

2001年産         生産地にてボトル詰め

      

         ☆          ☆          ☆

これはブルゴーニュ(Bourgogne)地方の有名な村のワインで、ぶどうの種類は

ピノ・ノワール(Pino-Noir)。ネットでは8万円とかいう価格が出てた。テロップで

は「恋人たち」を「レ・ザムルーズ」と書いてたし、ロベール(竹中直人)らもそう

している。でもこれは、ラベルに無い複数・定冠詞「Les」(レ)を前に付け加え

て発音したもの。間違いではなく一般的な呼び名だけど、ラベルをそのまま読む

なら「アムルーズ」だ。英語だと「ラバーズ」(lovers)となる。

           

「恋人たち」とは大きな畑の名前で、幾つかのワイン業者が関わってるようだ。ド

ラマは、ジョルジュ・ルミエ氏のドメーヌ(領地,会社,造り手,etc)のもの。本人

は他界して、今は息子が経営してるらしい。あと、2001年ものだけはラベルの

一番下に英語で輸入者が書かれてた。

INPORTED BY FINESSE CO.LTD TOKYO JAPAN」(東京・ファイネス社)。

あえて社名の英語「FINESSE」を訳すなら、「名品社」って感じかな♪

        

という訳で、肝心のドラマの内容については、明日(22日朝くらいかな)のレビュー

をお楽しみに♪ ではまた。。☆彡

      

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ 

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4ヶ月ぶりの25km走、バテバテ・・

RUN 25km,2時間04分28秒,心拍162

ロンドンのフルを3時間27分で走ってる伊達公子、全豪オープンテニス1回戦

突破ならず! う~ん、惜しかったね。公式サイトを見ると、4-6,6-4,6-8

の大接戦で敗退とのこと。まあでも、まだ現役復帰したばかりで予選突破しただ

けでも凄い偉業だ。38歳にしてこのパワー、ただただ頭が下がる思いだな。

    

ちなみに、本名「クルム・伊達」のクルムって「Krumm」と書くのか。夫がドイツ人

だから、つづりがちょっと変わってるんだね。ともかく、今後の活躍に期待しよう☆

最近めったにやらなくなったけど、私はテニスも好きなのだ♪ それにしても、現

役時代はかなりの気分屋だった彼女が、マジメにブログを書いてるとは驚き。。

                        

驚きと言えば、地球一周計画実行中の59歳、間寛平。ヨットでの太平洋横断は

相当キツそうだけど、相変わらず毎日何度もブログを更新してるし、コメントも沢

山ついてる。船酔いする私には絶対にムリな旅で、食べれない、眠れないで1週

間ももたないだろう。寛平は、日本からの応援の他、イルカや夕焼けや夜空の星

にも励まされて、必死にアメリカ方面へと東進してるようだ。とにかく、頑張ってと

か言うよりも、無事を祈るとしよう。。

           

さて、私の方は相変わらずで、基本的に元気がいい状態にも関わらず、ランニン

グはサボリがちだ (^^ゞ 日曜もうっかりNHKスペシャル『女と男』なんてものを見

てしまって、おまけに眠くなったから夜ランを朝ランに変更。で、朝は雨が降り出し

てたから中止。最低だ。。という訳で、流石に昨夜は反省して、2日分まとめて

ることにした。25kmという長距離は9月末以来で、その前となると、4月下旬

かすみがうらのフルまで遡ることになる(朝晩合わせてなら別)。

                        

12月初めの川口ハーフの快走から考えると、ちょっと調整すれば25kmでも相

当なタイムで走れるはずだ。ハーフから3.9km延ばしただけの距離。ところが

昨夜は、それがやたら長く感じられた。スタートしてすぐ調子が悪いと思ったから、

土曜夜のハーフの疲れが残ってたのかも知れないし、ウェアが下半身の動きを

邪魔してた気もする。たかが1km5分ペースで走ってるのに心拍がすぐ160に

到達。普段より、5くらい高いかな。その後も、スピードは遅いのに心拍だけどん

どん上がって、まさかの170で高止まり。あり得ない。。

                        

ハーフくらいで止めそうになったのをグッとこらえて、ヨロヨロと帰宅。トータルでは

1km4分59秒ペース。いくら何でも遅過ぎるけど、それ以上にマズイのは、バテ

バテになってしまった事。手足が動かなくなりそうだったし、帰宅後もしばらく吐き

気と頭痛に苦しんだ。珍しいね。。ま、長距離を避け続けたツケが回って来たわけ

か。荒川まで2ヶ月しかないから、今月中にもう一度25km走ることにしよう。来月

は30km、3月上旬に1度だけ35kmって感じかな。ではまた。。☆彡

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.サッカーJ2の東京ヴェルディが身売り検討って、何とも淋しいニュースが

    続くね。テレビ局の苦しい経営状況についてはウチでも何度か記事にし

    てるけど、日テレがそこまで追い詰められてるのか。カズ=三浦和良を始

    めとして、ラモス、武田、北澤といった人気選手を揃えたスター軍団だった

    のに、ほんと諸行無常、色即是空だね。そりゃ、大げさか♪

            

  往路(2.45km)      12分56秒   平均心拍129

  1周(2.14km)    10分41秒        151

  2周             10分36秒        158

  3周            10分28秒        162

  4周             10分26秒        163              

  5周             10分18秒        166

  6周             10分17秒        169         

  7周            10分21秒        170          

  8周            10分42秒        170        

  9周            10分49秒        170        

 10周(840m)         4分45秒         170      

  復路              12分09秒        170          

  計 25km   2時間04分28秒   162(最大心拍173 ゴール時)

| | コメント (0)

生物学の名を借りたエンターテインメント~NHKスペシャル『女と男』

昨日はNHKスペシャル『女と男~最新科学が読み解く性~』第3回を流し見して

る内に眠くなってしまって、夜ランを早朝ランへと変更。ところが、夜中から雨が降

り出してしまったから、早起きは止めてそのまま朝まで普通に寝てしまった。失敗

したなぁ。。いや、雨さえ無ければちゃんと走ってたのに。勝負事に「たら」「れば」

は厳禁か。どこが勝負事なんや♪

              

で、そのドキュメンタリーの内容。私は第1回「惹かれ合う二人 すれ違う二人」

第2回「何が違う? なぜ違う?」も見てないけど公式サイトの簡単なまとめは見た。

その上で全体を一言でまとめると、「最新科学とされがちな学問の怪しげな現状

の報告」って感じだ。その最たるものが、昨夜の第3回「男が消える? 人類も消

える?」。経験科学としての生物学的な知見に、大げさなトンデモ話を巧みに交え

て話すから、多くの視聴者はスルスルッと洗脳されてしまうだろう。

     

実はHPだとこの番組は「エンターテインメント」のカテゴリーにも入ってる事を意識

してる人が、どれほどいるだろうか。かなり極端で危なっかしい語り口の番組だっ

たから、その中和剤として、私もここでやや極端な口調で批判しとこう。どうせ個人

ブログだし、仮に100倍の極端さで語ってもNHKのテレビ番組の100万分の1程

度しか影響力はないだろう。にも関わらず、たかが番組の0.5倍程度の極端さで

語るのだから、以下の論述は私としてはかなり控えめに留めてるつもりだ♪

                            

       ☆          ☆          ☆

この番組の性格は、数分も見ない内にすぐ分かる。外国の生物学者が、男はす

ぐにいなくなるかも知れないと語るのだ。すぐというのは、数日後とか来週という

意味で言われてて、この時点でこの学者のレベルや性格が分かってしまう。男が

消えるという意味は、精子が消滅するとか男の新生児(or胎児)が無くなるという

意味だろうけど、もし数日以内に消えなかったらこの学者はどう責任を取るのか。

同じNHKで「私は間違ってました」とでも訂正すると言うのだろうか。

           

あり得ない。目立ちたがりの言いっ放しでおしまいなのだ。実際、もう撮影日から

2週間以上は経ってるはずのに、画面のテロップに「この発言は間違いでした」と

表示されることはない。「反証可能性」を持つ主張だから「科学的」という事は一応

可能かも知れないものの、あっさり反証されてしまった偽の主張。にも関わらず、

釈明もないまま、最新の科学的警鐘として放映されてしまう。制作スタッフはその

点、どう釈明するんだろうか。これがテレビではなく新聞だと、もう少し控えめで

保留を感じる報道になってたはずだ。

                           

この手の学者は、生物学に限らず外国によくいるタイプだと感じる。目新しくて極

端な意見を口にして名前と顔を売った後は、簡単に前言を撤回or変更してしまう。

使うデータも、自説に都合のいいものが中心。特にテレビ番組となるとその傾向

が強くて、今回ここ数年の精子の急激な衰えを示す際にも、一つの観察結果を示

すだけだし、その調査方法も生のデータに近いものも示されることはない。著名

な科学雑誌『Nature』を一瞬映しとけばいいというものでもないのだ。

        

こうした不正確さやバイアス(偏り)は、民放の情報バラエティで何度も問題視さ

れて来たのに、信頼性が売りのはずのNHKまで同調してしまってる。少なくとも、

番組とは別に公式サイトで、別の観点やより中立的な見方、あるいは基礎的な

情報を補足することは可能なはずなのだ。

                           

メディア以上に、視聴者や読者に特徴的なのは、面白話として消費しておしまい

にする姿勢だ。精密な話はスルーして、後の撤回や変更にも興味を持たず、最初

の目立つ話だけ楽しんでおしまい。「あぁ、面白かった♪」とか、「知ってる? 最

新の生物学によると男はもうすぐ消えるんだよ!」って程度の扱いだ。ホントに聞

き流してるんなら問題ないけど、ある程度以上信じてしまってるのが怖い所。

            

「数百万年前の人類誕生の話でさえ二転三転して来たのに、数億年前の生物だ

の、数百万年先の人類の未来だのがどうして語れるんだろう」・・・そういった常識

的疑問や冷静な慎重さは僅かしか感じられない。むしろ番組放映後の視聴者の

個人的コミュニケーションを通じて、話が「拡大」再生産され、信頼性は「縮小」し

ていくのだ。

                                                                  

ちなみに、男性特有のY染色体が、両性共に持つX染色体よりもかなり小さいと

いうのは確かな研究成果だろうし、Y染色体に見出された遺伝子の数がX染色体

のそれよりも遥かに少ないというのも別に問題ない。もちろん暫定的な知見だし、

個数はかなり流動的なようだけど、基本的には高校の教科書でさえ明記されて

る普通の話だ。そこまではいい。でも、人類の数百万年とされる歴史の中で、あ

るいは遥かに長い哺乳類や生物の歴史の中で、染色体や遺伝子がどう変化し

て来たのか。更に、どう変化するのか。その非常に複雑な長期的問題が、たか

が数十年の分子生物学や脳科学の研究で断定できるはずはない

              

「オス」と「メス」という対立概念の意味も、さほど確定的なものじゃない。現在は、

2種類の配偶子(人間だと精子と卵子)の違いから決めてる(小さくて動きのいい

配偶子を持つのがオス)ようだから、「もともとメスしか存在しなかった」とか言う

時には、「メス」という言葉の使い方は現在とは違ってしまってる。その時点では

2種類の配偶子がないし、2種類の生物個体もないのだから。後に登場するメ

スと同一だから最初もメスだ、という論法を使うにせよ、その同一性を保証する

のに十分なデータが揃ってるはずはない。と言うより、数億年前の生物の変遷

を明確に示す証拠など皆無に等しいだろう。

             

言葉の巧みなスリ替え、あるいは拡大解釈とか「外挿」(本来の範囲外への挿入)、

想像なのに、学者が語ると一般社会はそのまま受け入れてしまう。日本だと、例

えば売れっ子・分子生物学者の福岡伸一が『できそこないの男たち』(光文社新書)

とか語ると、「そうなんだ!」となってしまって、「ホントにそうなの?」とはなりにくい。

大きな書店に平積みされて何万部突破とか威勢のいい売り文句が付くと、一気に

受容されてしまう。売れてる科学本の内容=科学的事実という危うい構図だ。

                                                 

生物より遥かに単純な物質の知見でさえ、僅か数十年、数百年の間に大きく変

わってのだ。ましてや複雑な生物の数百万年~数億年の話など、言葉のフツー

の意味で、あるいは遥かに軽い意味で、「仮説」にすぎない。と言うより、民放の

情報バラエティがよくやる通俗的な「面白話」に近いもので、実際このNHKスペ

シャルの構成も情報バラエティっぽい作りになってた。筧利夫と西田尚美のミニ

ドラマを交えた、フィクションのような「新演出」(公式サイトの言葉)だ。

                        

そもそも、人類が子孫を残すためにオスとメスの役割分担という方法を獲得した

なんて話も「擬人法」にすぎない。人類とか遺伝子というものを、あたかも個々の

人間のように意志を持つ存在として扱う、通俗的なたとえ話なのだ。「利己的な

遺伝子」という、一昔前の流行り文句みたいなもの(元のドーキンスの主張自体

は意外なほど穏当)。

      

もちろんイソップ物語にも日本むかし話にも、たとえ話としての意義はあるけど、

それらを真に受ける人はいない。ところが、「最新科学」と名づけられたり、○○

大学教授とか△△研究所・研究員とかが登場すると、単なるたとえ話でも面白

話でもなく、かなりの信頼性を持つ科学的見解ということになってしまう。

               

それで何が悪いのかと言うと、個人がテレビを見たり本を読んだりしてるだけな

ら、それほど実害はないかも知れない。ところが、この種の話は実際の社会の

システムに影響を与えてしまのだ。例えばアメリカだと、男と女は生物学的に異

なる人間だから別々に教育すべきだという動きがある。日本だと、「生物学的に

はオスはメス多数に対してちょっとあればいい。・・・男よ威張るな」なんていう福

岡の発言(2009年1月5日・朝日新聞朝刊)があって、容易に精子バンクの肯

定へとつながるだろう。

                  

少数の優れた男性の精子を貯えて顕微授精すれば、女性は満足のいく妊娠が

可能になり、人類の種族保存も果たされるという発想。もちろんこれは基本的に、

優れた人間というものを理論的に決めてそれだけを優遇しようとする、悪名高き

優生学の発想と同様のものだ。しかも、考え過ぎとか杞憂などではなく、米国に

おける現実の選択として広がり始めてるのだ。これが行き過ぎると、技術革新に

よって容易に反動が生じるだろう。少数の優れた女性の卵子だけあれば十分だ

という風に。

                                               

全く違う観点からも問題点を指摘しとこう。仮に、「男が基本的存在で、女はもう

すぐ滅びる」という話だったとしたら、国営放送であるNHKスペシャルがここまで

大げさに扱うだろうか。フェミニスト論客に限らず、女性の反発が強くて、そこまで

制作スタッフも思い切れないだろう。女を持ち上げる話だから、現代社会で広く許

されるのだ。裏返して言えば現実はまだ圧倒的に男性優位ということ。「女と男」

という番組タイトル自体が、ヒネった形でその事実を示してる。男はすぐ消滅する

どころか、まだまだ余裕があるのだ。。

           

         ☆          ☆          ☆

色々と批判的な事を書いて来たが、私は基本的にNHKのドキュメンタリーは好き

だし、生物学も興味深いと思ってる。だからこそ、怪しげな面白話とマトモな話の

区別は必要だと言ってるだけのことだ。制作スタッフには良質な番組を見せて欲

しいし、生物学者には客観的で精密な見解を提示して欲しいと願ってる。ただし、

細心の注意を払いつつ。大胆な見解ほど慎重に、間違いが発覚した時は誠実に。。

ではまた。。☆彡

| | コメント (2)

『ラブシャッフル』第1話、カップルの組合せ方は何通りか♪

いやぁ、いきなり脚本家・野島伸司超絶技巧炸裂の回だったな☆ TBS・金曜

ドラマ『Love Shuffle』第1話。まさに、アース・ウインド・アンド・ファイアーの歌う

古典的名曲のタイトル通り、「Fantasy」(宇宙のファンタジー)のような内容。今ま

であえて書かなかったけど、実はこのドラマが今期のレビュー対象の最有力候補

だったのだ。

           

金曜夜の放送はレビューに好都合だし、野島のテクニックは去年の冬ドラマでも

見せ付けられてる。『花のない薔薇屋』。矛盾しとるわ! 『薔薇のない花屋』ね♪

香取慎吾&竹内結子。あの時かなり気になりつつ、あえて小日向文世&松田龍平

&吉高由里子『あしたの、喜多善男』を選んだから、今期はじっくり野島脚本を味

わおうと思ってたわけ。

                         

さて、第1話を見終わった感想は、やっぱり去年と全く同じだ。強烈にテクニカル

な脚本で、細かく見るとすごく密度が濃いしテンポもいい。具体的なセリフ回しも

そうだし、場面転換を見ても、その振幅の激しさは他のドラマの比じゃない。

(玉木宏)芽衣(貫地谷しほり)の描き方、あるいは終盤のプールシーンの展開

だけでもホホーッて感じ。停電エレベーターではアブナイ方向のサービスまであっ

て、その紙コップが乾杯に使われた後、後の場面でも何気なく再登場♪ 雪山

(アルツ磐梯スキー場)や夜道のネコの使い方もアクセントになってる。「ナイナイ」

「おサルさ~んだよ~」には思わずプッと吹き出した♪ これぞコメディー☆

          

こんな脚本を素早く書き終えてしまうらしい野島は、間違いなく才能溢れる人間

ろう。ただ、良し悪しとか好き嫌いの問題、つまり主観的な価値判断となると、か

なり意見が分かれると思う。私はこの脚本の上手さ、巧みさを高く評価するけど、

言葉や人間の気持ちを余りにも軽くもてあそんでる気がするのも確かだ。

                

ドラマはフィクションだから、リアリティの無さは必ずしもマイナスではない。でも、

やっぱり登場人物に感情移入したり好感を持ったりしながら見るわけで、そこに

「台詞マシン」じゃなく生身の「人間」が描かれてないといけないわけだ。野島

の場合、本人としては社会派志向って話だし、世間的にはドロドロ感とか過激さ

が話題になってるけど、私にはむしろ「言語芸術」とか「現代アート」のように感じ

られて、ちょっと遠くに行き過ぎてる気がしてしまう。去年パスしたのには、そうゆ

う理由もあったのだ。

                                

とはいえ、あれだけの技巧を精密に分析するサイトがないのは失礼だとは思う。

という訳で、やっぱり私が本格的に扱おう・・・と書きたい所だけど、予想外の事

態が起きてしまった。二番手候補だった亀梨和也『神の雫』第1話が、思ったよ

り面白かったし、低視聴率にも関わらず記事へのアクセスが多かったのだ☆ 

           

去年パスしたって事情なら、野島だけじゃなくて亀梨も同じ。『1ポンドの福音』は

第1話だけマジメにレビューして、後は時々軽い記事を書くだけだった。亀梨と

山P=山下智久は、『野ブタ。をプロデュース』以来、特別扱いして来たことだし、

やっぱり今期は『神の雫』で行こうと思う。来週の第2話で大コケしない限りはね。

もしコケまくったら、二番手候補が『ラブシャッフル』、三番手が月9『ヴォイス』だ。

            

       ☆          ☆          ☆

今週は一応、第1話の台詞の分析をやろうかと思ったんだけど、時間が無くなっ

てしまった。そもそも今年になって、ドラマ関連記事に時間を使い過ぎてるから、

ここは差し控えることにしよう。その代わり簡単なお遊びをお見せする。テンメイ

の得意技の一つ、数学を用いて、ラブシャッフルの組合せの数を計算してみよう。

基本的に高校数学の教科書レベルの話で、鍛えられた大学受験生なら秒単位

の暗算で答を出すだろうけど、ここでは丁寧にわかりやすく解説してみる。

             

今回ラスト、男性がJ(ジャック)、女性がQ(クイーン)のトランプの絵柄合わせで、

最初の組合せが決定した。カメラマン・旺次郎(松田翔太)&通訳・愛瑠(香里奈)

のスペード組。IT企業課長・啓(玉木)&人妻・玲子(小島聖)のクローバー組。株

トレーダー・諭吉(DAIGO;BREAKERZ)&心の病の患者・海里(吉高由里子)

のダイヤ組。そして、海里の担当医・正人(谷原章介)&社長令嬢・芽衣(貫地谷

のハート組。

               

さて、こんな風に、男女4人ずつ計8人を、男女のペア4つに分ける組合せは何

通りあるだろうか。トランプの絵柄は枝葉の問題にすぎず、要するに誰と誰を組

み合わせるかが問題だ。

         

090118 そこで、まず女4人を香里奈、

 貫地谷、吉高、小島の順に左

 から並べて、順に男1人ずつ

 を割り振っていくことにする(図

 を参照)。

 まず、香里奈の相手の男が4

 通り。次に、貫地谷の相手が

3通り。既に男1人は香里奈の相手になってるから、3人しか残ってないのだ。

さらに、吉高の相手が2通り。最後に、小島の相手は1通り。

したがって、4×3×2×1=24(通り)となる。

記号と公式を使うなら、₄P₄=4×3×2×1=24。「P」は「順列」を表す英語

Permutation」の頭文字だ。

                      

続いて、もう少しだけ複雑な組合せを考えてみよう。最近は、現実の社会でも同

性愛が珍しくないくらいだから、フィクションの世界での同性カップルなんて不思

議でもなんでもない。片思いに終わったものの、『ラストフレンズ』の上野樹里&

長澤まさみ、あるいは『イノセント・ラヴ』の北川悠仁&成宮寛貴がすぐに思い出

される所だ。

     

という訳で、男女無関係に、8人を2人ずつ組み合わせる方法は何通りあるか

まず1組目。最初の人間の選び方が8通り。その相手が7通り。でも、例えば玉

木&谷原なら、(玉木,谷原)の順に選んでも、(谷原,玉木)の順に選んでも、

カップルとしては同じことだ。したがって、(8×7)÷2=28(通り)。

    

続いて2組目も同様に(6×5)÷2=15(通り)。3組目が(4×3)÷2=6(通り)。

4組目が(2×1)÷2=1(通り)。全体では、28×15×6×1=2520(通り)

のように思われる

       

ところが実は、この中身はかなりダブってしまってるのだ。たとえば下の表にある

上下2通りの選び方を見てみよう。

090118b    

   

   

   

   

    

1組目、2組目・・がどのカップルかを見ると、上下の選び方は違ってるように思

われる。でも誰と誰がカップルかを見ると、結局は同じ組み合わせ方になってる

のが分かるだろう。つまりダブってるのだ。このダブリ=重複がどのくらいあるか

というと、4つの組の並べ方だけある。つまり、4×3×2×1=24(通り)

     

したがって求める答は、ダブリを割り算で消して、2520÷24=105(通り)

記号と公式を使うなら、

(8C₂×6C₂×₄C₂×₂C₂)÷₄P₄

=((8×7÷2)×(6×5÷2)×(4×3÷2)×(2×1÷2))÷(4×3×2×1)

=(28×15×6×1)÷24

=105(通り)。

「C」は「組合せ」を表す英語「Combination」の頭文字だ。

                                        

という訳で、このドラマは残り105回放送される・・・はずはない♪ したがって、

厳選された組合せの「恋人交換」(=ラブシャッフル)だけが放送されるのだ。た

とえば来週の組合せがどうして選ばれたのか、考えてみるのも面白いだろう。

案外、野島が本当にトランプをシャッフルして決めただけかも知れないけどネ。

トランプと言えば、最後のエンドロールでトランプの中にメイキング映像をハメ込

んでたのは面白いアイデアだった。

               

ちなみに、8人を3人+3人+2人に分けるとどうなるかを考えるのも、脳内トレー

ニングとして面白いだろう。任天堂DSなんて使わなくても、ネタはあちこちに転

がってるのだ。気になって眠れなくなったら、コメントで問い合わせしてくだされば

お答えしよう。ただし、女性限定で♪

    

今後もこのドラマは時間があれば楽しみたいから、ひょっとするとまた簡単な記

事くらい書くかも知れない。それでは。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.『ラブシャッフル』第1話視聴率は10.0%。『流星の絆』の直後でこの値

    はキツイね。やっぱ二宮和也とか錦戸亮とか、ジャニーズが出ないとダメっ

    てことか。まあ、今期は『ヴォイス』第1話の17.7%を除くと全体的に低

    迷してるんだけど。。

          

cf.『薔薇のない花屋』第2話、軽~いつぶやき♪

| | コメント (6) | トラックバック (7)

皇帝ゲブレシラシエ、世界記録更新ならず

RUN 21.1km,1時間39分41秒,心拍162

皇帝ゲブレシラシエ、自身の世界記録に1分30秒届かず! でも、雨にたたられ

つつ独走で2時間05分29秒だから、まだ圧倒的な王者だね☆ 北京五輪金メダ

リスト、ワンジルとの新旧対決を早く見たいもんだ。ゲブレセラシェとも書かれる皇

帝が走ったのは、1月16日のドバイ・マラソン。金曜日にやる辺りが、既にちょっ

と中東的、やっぱり変わってるかも。

    

公式サイトはゲブレ一色って感じで、英語のちゃんとしたページに見えるんだけど、

肝心のゲブレのラップタイム(区間記録)やスプリットタイム(通過記録)が見当た

らない。その代わりになぜか、ゲブレの記録証なんてものがpdfファイルでダウン

ロード出来たりする♪ ちょっと怖いなとビビリつつ、試しに見てみると、これがま

た最低限の内容しか書かれてないもので、やっぱり西側諸国とは別の基準で動

いてる感じだ。ま、世界は広いってことかね。男子一般の完走者は僅か674人

最下位が日本人だった。

                           

さて、昨夜は連続2日目のはずだったのに、ドラマ『ラブシャッフル』第1話を見て

しまって、しかも寝不足だからすぐ寝てしまった。最低だね (^^ゞ ま、冬ドラマ開始

時期だから、実質的なドラマブログとしては仕方ないわけよ、とか言い訳すると見

苦しいから止めとこ♪ 書いとるわ! ドラマは予想通り面白くて、玉木宏、谷原

章介、香里奈、松田翔太、貫地谷しほり、DAIGO、吉高由里子、小島聖の男女

4人ずつがどうシャッフルされていくのか、今後も楽しみだ。野島の脚本はホント、

テニクカルだね。記事を書く余裕はないかな。って言うか、最近ドラマ記事が多過

ぎるわな。。

18日追記: 結局、ウチとしては軽めの記事をアップ。

          『ラブシャッフル』第1話、カップルの組合せ方は何通りか♪ )

             

で、金曜にサボった反省も含めて、今夜は大晦日の早朝以来のハーフを走って

来た。ほんのちょっと寒さが緩んでたし、スタートがわりと早かったから、暖かく感

じたほど。って言うか、厚着し過ぎなのかも♪ サボリまくりの後のハーフだから、

1km5分ペース、1時間45分くらいでいいやって感じで走り始めたものの、意外

に足腰が軽くてしっかりしてる。ラクし過ぎだから当然か。

                    

心拍だけはドンドン上がるんだけど、呼吸と脚はかなりの余裕で、すごくいい感じ

で走り切れた。たまたま他のランナーも多くて、走りやすかったってのも幸いした

な。トータルでは1km4分43秒ペースで、1時間40分も切れたし、上出来だろう。

時間さえあれば25km走っても良かったのに、ブログの毎日更新があるから仕方

なくハーフで切り上げた。その分また明日走ろっと。ではまた。。☆彡

               

  往路(2.45km)   12分45秒  平均心拍137

  1周(2.14km)  10分20秒        156

  2周           10分20秒        160

  3周          10分08秒        163 

  4周           10分05秒        164       

  5周           9分57秒        165 

  6周            9分53秒        167 

  7周           9分51秒        168  

  8周(1.22km)    5分44秒        171

  復路            10分42秒        170

  計 21.1km 1時間39分41秒       162(最大175 ゴール時)

| | コメント (0)

ロクに走れないまま1月後半へ・・

RUN 13.3km,1時間05分30秒,心拍149

「26年ルービックキューブを解き続けた人」っていうYahoo!ニュースには、声

を上げて笑ってしまった♪ ブハハ (^^) 速い人なら秒単位のはずで、あまりに

バカバカしい話なのに本人の顔写真がすごく幸せそうなのが、また笑いを誘って

しまう。イギリスのグラハム・パーカー(Graham Parker)さん。「最も時間をか

けてルービックキューブを解いた人」として、ワールド・ルービック協会の記録に

残ったそうだ☆ (ニュースの配信元はギズモード・ジャパン) 

       

ちなみに私は、昔からわざと避けている。やり出すとズブズブにハマるのが見え

見えだからで、テレビゲームも基本的にパスだ。まあ、その代わりに別のものに

ハマってるわけで、ここ数年だとランニングと自転車とブログに膨大な時間を費

やしてるわけだ。何の儲けにも社会的評価にもつながらない事をやってるって意

味では、ルービックキューブと似たようなものだね。ま、スポーツは心身の健康

にいいし、ブログの方がルービックキューブよりマシだと思うけど、確信はない♪

      

さて、そのスポーツだけど、今年に入ってからはサボリがち。心身共に好調なの

走ってないのは、お正月や仕事の忙しさのせいだけじゃない。余ったパワー

をブログのマニアックなドラマ記事に回してるせいだ。今年に入ってから、ネット

上のどこにもないような内容の記事を連発してるから、当然時間がかかるし、

グラハムさんみたいに面白くて止められない状況なのだ。ちょうど冬ドラマの開

始時期でもあるしね。

         

でも流石にそろそろ走り込まなきゃ、3月の荒川のフルがマズイだろう。この週末

からちょっと余裕が出来るので、月末までにまとまった距離を稼ぎたい。そのた

めにはダメージを残さない走りが重要ってことで、昨夜も短い距離をゆっくり走る

だけにしておいた。丸4日近く走ってなかったわりにはマトモな出来で、スピード、

ストライド(歩幅)、ピッチ(歩数)、フォーム、どれを取っても適度だったと思う。

案外、今夜走ってみたら、疲れや痛みが残ってたりするんだろうけどさ。

    

トータルでは1km4分55秒。もうちょっと遅くても良かった気がする。4日か5日

連続で走るつもりだもんね。3月半ばまでに、1km5分で30km以上ラクに走

れるようにしたいもの。そうすれば、距離も走力も簡単に増えていくだろう。で、

荒川が終わったら、またスピードを出していけばいい。一度、10kmのレース

に出てみるのもいいな♪ とりあえず40分切りが目標だ。ではまた。。☆彡

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.書いてる途中に、150人乗り旅客機がNYのハドソン川に墜落して全員

    脱出したなんてニュースが飛び込んで来た。映画みたいだな。離陸時に

    鳥がぶつかるバード・ストライクが原因らしいってお話。まあ、鳥は死んだ

    んだろうから、見方を変えれば鳥の方が不運だったのかも知れないね。

    共生っていう理念の実現はなかなか難しいってことだ。。

            

 往路(1.15km)  6分31秒    平均心拍118

  1周(1.1km)   5分55秒          137

  2周         5分42秒          142

  3周         5分39秒          143

  4周         5分27秒          148

  5周         5分27秒          151

  6周         5分25秒          154

  7周         5分14秒          156

  8周         5分09秒          157

  9周         5分02秒          160

 10周         4分56秒          163

 復路          5分03秒          163

 計13.3km  1時間05分30秒        149  (最大166,ゴール時)

| | コメント (0)

『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック2、球の体積の重積分

第2話「銀の瞳」が終了したばかりのNHKドラマ8、高橋愛(モーニング娘。)

中村蒼主演『Q.E.D.証明終了』。今回は、物理学(静電気&ライデン瓶=

蓄電装置=コンデンサー)と、「九尾の狐」&「殺生石」の言い伝えと、松尾芭蕉

の俳句「石の香や 夏草赤く 露あつし」と、日本人形の館。4つを組み合わせた

トリック&謎解きで、最後はシンミリさせる話もあったし、話の構想としてはなか

なか上手く出来てると思う☆

                          

ただ、残念ながら演技が全員、ちょっとね。。やっぱり、福山雅治&柴咲コウの

『ガリレオ』と比べてしまう。高橋愛の魅力で勝負するんなら、もう少しサービス

してくれないとファン以外は萌えられない。来週は学園祭で、ピンクのメイド服の

コスプレが見られそうだから、楽しみにしよう♪ ま、NHKだから知れてるけど。。

             

それよりもっと期待してるのは、歯ごたえのある数学ネタだ。折角、理系の天才

児を活躍させるんだから、それなりのレベルを見せてくれなきゃ物足りない。今

週はずっと待ち構えてたのに何も見当たらなかったから(途中5分ほど見てない)、

来週以降には適度に難しい大学レベルの数学を持ち出して欲しいもの。あんま

し難し過ぎるのも困っちゃうけどね♪

        

        ☆          ☆          ☆

という訳で、今週は先週の続きを掲載しとこう。つまり、タイトルバックに映されて

「n次元の球の体積」を求める数式の、3次元を示しておく(先週は2次元まで)。

要するに普通の球の求積で、ドラマの式が扱ってるのは原点中心、半径1の球。

つまり、S³= {(x,y,z)|x²+y²+z²≦1}

     

高校の数Ⅱ・数Ⅲの方法では、軸に垂直な平面による切り口の断面積を軸に沿っ

て積分するけど、タイトルバックでは大学の「3重積分 ∫∬dxdydz」を使用。まず

「2重積分 ∬dxdy」へと変形し、極座標(r,θ)で「x= r cosθ,y=r sinθ」の

置換積分を実行。単な「累次積分 ∫dθ∫dr」へと変して求めるのだ。レベル

的には大学1年程度。xy平面の上側の球: 0≦ z ≦ルート(1-x²-y²) の体積

を2倍して、球全体の体積V₃を求めていく。

                                                                               

090115    

    

   

   

    

   

   

   

   

       

       

試しに、来週のオープニング映像をスローでチェックして欲しい。似た計算式が

バラバラに散りばめられてるはずだ。残念ながら、『ガリレオ』の数式解説と違っ

てアクセスが少ないので、もう4次元の球の体積は省略する。昨晩、亀梨和也

『神の雫』のフランス語読解で時間使っちゃったしね。

ではまた。。☆彡

         

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.ちなみに今、山田太一脚本の『ありふれた奇跡』をチラチラ見ながら記事

    を書いてる所だ。山田のドラマは久々に見たけど、やっぱセリフ回しが独

    特だね。短い単純な台詞を、きっちり間を空けてやり取りするのが特徴で、

    懐かしい香りが漂ってる。もうちょっと仲間由紀恵をキレイに映してくれれ

    ばなぁ。。

        

P.S.2 実際の映像では、少しだけ違う式変形を使ってるようだけど、正確に

      は読み取れない。2種類の変形をミックスしてる可能性もある。とにか

      く、重積分を置換して累次積分にする流れが映されてることだけは確

      かだ。。☆彡

    

P.S.3 4年半後、n次元の球の体積を証明する記事をアップした。

     n次元の球の体積(帰納法による証明)と、cosθのn乗の部分積分

     

                

cf.『Q.E.D.証明終了』というタイトルバックの正確な意味

  『Q.E.D.証明終了』第1話、黒板の数式の解説

  『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック、n次元の球の体積

| | コメント (0)

『神の雫』第1話、軽~い感想♪

 さあ ムッシュー

  (グラスを回して飲む)

 次の一杯 どうだ 

 見えた!

 Goutons voir oui oui oui,

  (グットン・ヴワール・ウイ・ウイ・ウイ: 味わってみる、そうさ、そうさ、そうさ、)

 Goutons voir non non non,

  (グットン・ヴワール・ノン・ノン・ノン: 味わってみる、いいや、いいや、いいや、)

 Goutons voir si le vin est bon.

  (グットン・ヴワール・シ・ル・ヴァン・エ・ボン:

                        ワインが美味いか味わってみてるのさ )

 目覚めたか バッカスが♪

                           

        ☆          ☆          ☆

面白い! これはサプライズだ☆ まさに、「こんなの初めて」♪ 正直言って、初

回だけ見て軽~く書いて、あとはパスかなと思ってた。山P=山下智久、フジッキー

=藤木直人と並んでウチが特別扱いしてるのが亀梨和也。その1年ぶりのドラマ

主演だから、一応最初のご挨拶くらいはしとこうと思ったけど、残念ながら私はワ

インというものに興味がない。スパークリング・ワインなら好きだし、白ワインをた

まに飲むと美味しかったりもするけど、赤ワインは苦手で、ワインのウンチクも興

味なし。相手役の若手女優・仲里依紗も知らないから、第1話が最初で最後かも

と思いながら見始めた。

                  

ところが、最初から顔がニヤけてしまった♪ 冒頭、いきなり神咲雫(亀梨)がワ

インを叩き割って、香りのCGが画面に現れたのだ。これが何とも安っぽくて、つ

い笑ってしまった。エッ、本格派ワインドラマかと思ったのにB級コメディーなの?、

と驚いてたら、次々とコミカルな場面が登場する。

                      

まず、1本30万円以上の超高級ワイン・DRCリシュブール(Domaine de la

Romanee-Conti RICHEBOURG)に対する社長(笹野高史)らの反応が大

げさすぎてコントだ。雫のデキャンタージュ(decantage: ボトルからデキャンタ

へのワインの移し替え)はマジメだけど、紫野原みやび(仲)が飲んだ後にはCG

のカラフルなお花畑まで映る。おまけに、みやびが「こんなの初めて・・」♪ もち

ろんこれは、あっちの意味を込めてるわけで、だからこそ可愛い女の子が腰を抜

かして唇を開いてたわけだ♪

                                   

原作マンガ(亜樹直原作、オキモト・シュウ画)にもあるのかも知れないけど、と

りあえず脚本・渡辺雄介演出・中島悟をホメとこう。私は普段、マジメな理屈を

ふり回すことが多いけど、ふざけたB級は嫌いじゃない。『1ポンドの福音』まで

行くとC級に思えたけど、『神の雫』なら『特命係長・只野仁』と同じく、良質のB級っ

てことで全然OKだ♪

                 

その良質さをもたらしてるのが、みやび以外のキャストほぼ全員の落ち着いた演

神咲豊多香(古谷一行)、遠峰一青(田辺誠一)霧生涼子(戸田菜穂)、西園

寺マキ(内田有紀)藤枝司郎(辰巳琢郎)はもちろん、土肥ロベール(竹中直人)

までシリアスで安心して見れるからこそ、みやび周辺やCGの俗っぽさが許容され

るわけだ。今回のゲスト、「Ma Famille (私の家族)」の益岡徹本仮屋ユイカ

落ち着いた演技を見せてくれて、安定感があった。本仮屋のソムリエ姿は可憐だ

から、また出て欲しいもんだね♪

         

一方、良質のB級っぽさの他に、予想外のプラスとなったのはフランス語だ。前に

藤木直人&綾瀬はるか『ホタルノヒカリ』第1話レビューで示した通り、私は読むだ

けならフランス語の専門書でも大丈夫だ。聞き取りは初心者レベルにすぎないけ

ど、このドラマは部分的に仏語の字幕(翻訳付き)を入れてくれてたから助かった。

専門用語の早口言葉だらけの『コード・ブルー』には、こうゆう小さな配慮が欠け

てるのだ。

        

で、ロベールと雫のフランス語もほとんど分かったわけで、ちょっと面白いことに

気付いたから解説してみよう。それは、あの変な曲のシーンの意味と、「雫」という

名前に関する話だ。

             

この記事の冒頭に引用したのは、雫とロベールが踊りながら歌ってた、古くから

シャンソン。「Chevaliers de la table ronde」(シュヴァリエ・ド・ラ・ターブ

ル・ロンド: 円卓の騎士たち)。酒飲みの騎士が「飲むぞ、飲むぞ」と騒いでるわ

けで、だからこそ2人も踊りながら遠い世界に行ってしまって、みやびでさえ驚い

てた。「Goutons」(グットン)は、「飲む,味わう」という動詞「gouter」の一人称・

複数形(アクセント記号省略)だから、(我々みんなで)「飲もう、飲もう」。もし一人

称・単数形で(私が)「飲む」だったら、「goute」(グット)となる。

                         

ところで「雫」という名前も、フランス語だと「goutte」(グット)。発音は全く同じで、

語形もほぼ同じだ(語源は不明)。という事は、「雫」という名前そのものが「飲む」

と言ってるわけだ。ワインは飲まないなんて約束事が簡単に破られるのも当然の

ことだろう。また『神の雫』とは、『神が飲むこと』という意味にもなるわけだ。もちろ

ん神とは、酒の神バッカス(英語読み。フランス語はBacchus:バキュス)の化身、

神咲雫だろう。。

                                            

          ☆          ☆          ☆

おっと、日付けが変わりそうだからもうアップしよう。とにかく、第1話(le premier 

verre 1:一杯目)の印象はかなり良かったので、第2話も当然見るつもりだ。

聴率が僅か10.3%ってのも、私の闘志をかき立てる♪ いくら何でも、『コード・

ブルーSP』23.1%の半分以下ってのは気の毒すぎるから、私が味方に付きた

いと思う。まだ『ありふれた奇跡』と『ラブシャッフル』を見てないけど、現時点では

『神の雫』が今期のレビューの最有力候補となった。ファッション誌『PINKY』のモ

デル・佐々木希も可愛くてキレイだったしネ♪

         

正式に採用決定となったら、来週から本格的に書く予定。

とりあえず、今週はこの辺で。。☆彡

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.私も含めて、ワインボトルのラベルが気になる人は結構いるようだけど、きっ

  ちりした具体的説明は驚くほど見当たらない。一般的な話を大まかにしてる

  サイトばかりが目立ってる。そこで、後半のレストランでお祝いに飲んだDRC

  リシュブールのラベルを私が試訳してみよう。母の形見のワインオープナー

  を父から受け取って、娘が開けたボトルだ。

  特殊な表記だし、私にワインの知識がほとんど無いので、適切な訳語かどう

  かは自信ない。でも、大部分は意味的に間違ってはいないだろう。もちろん、

  辞書やネットで調べまくって、一つ一つの単語を理解した上で訳してる(文字

  化け防止のため、アクセント記号は省略)。

                                           

  SOCIETE CIVILE DU DOMAINE DE LA ROMANEE-CONTI

  PROPRIETAIRE A VOSNE-ROMANEE (COTE-D'OR) FRANCE

  RICHEBOURG

  APPELLATION RICHEBOURG CONTROLEE

  11.446 Bouteilles Recoltees

  BOUTEILLE No 05783   LES ASSOCIES-GERANTS

  ANNEE 2004

  Mise en bouteille au domaine

         

  非営利団体・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社

  フランス・コートドール県ヴォーヌ・ロマネ村所在の所有者

  リシュブール

  原産地統制名称・リシュブール

  11446本の収穫

  ボトルナンバー 05783       共同支配人

  2004年

  収穫地にてボトル詰め 

        

  なお、共同支配人(?)の箇所にある筆記体のサインは、おそらく

  「Hease-Frederic. Rah  A. d. Villaine」と書かれてる(最初の1単語は曖昧)。

  人名らしき最初の3語は検索しても出ないが、後の3語は多分「Aubert de

    Villaine」で、DRC社との共同支配人の名前じゃないかな。とにかく、フランス

  のサイトを検索してもほとんど情報が出ないような単語なのだ。。

        

P.S.2 ソムリエ(sommelier: 仏語の女性形だとソムリエール=sommeliere)

      の役だった「仲里依紗」。「仲里」で検索が入ってるけど、名字は「仲」、

      名前が「里依紗(りいさ)」。モナ「リザ」から来た名前とのお話だ。クセ

      のある顔だなと思ったらスウェーデン人とのクォーターなわけね。それ

      でいて、特技が日本舞踊で好物はかんころもちってのが面白い。B級

      シーンorカットは彼女にお任せするから、今後もしずくん(雫ん)と一緒

      に頑張って♪☆彡

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (7) | トラックバック (6)

『ヴォイス』『神の雫』第1話を軽~く見終わった所♪

あぁ、日付けが変わる~! 時間がないけど何か書かなきゃマズイな。昨日、今日

と、仕事に追われながら、冬ドラマ2009を流し見した。今週は忙しいのよ。。

                         

まずフジ月9『ヴォイス~命なき者の声~』は、月9レビューが半年続いてることも

あって、最初からレビュー対象外だったんだけど、予想外に面白かったな♪ 雑用

をこなしながら声だけ聞いて、たまにチラッと見る程度でも、十分引き込まれた。世

間的には、瑛太、生田斗馬、石原さとみ、遠藤雄弥、佐藤智仁の学生5人組に注

目が集まるんだろうけど、個人的には久々に見た時任三郎の存在感が良かったね。

久々と言えば、矢田亜希子をドラマで見るのは織田裕二との月9『ラスト・クリスマス』

以来のこと。懐かしい♪ ゼミ室での時任との関係をあれこれ想像するだけでも楽

しめた。ちょっとアブナイか。。

     

素人目にも、法医学の現実からはちょっと外れてんじゃないかって感じはあったも

のの、「生きなさい=行きなさい=逝きなさい」っていう三重の言葉遊びもインパク

トあったし、鈴の音の使い方も悪くない。GReeeeNの主題歌も心地良かったし、

死者の声に耳を傾けて甦らせるって発想も目新しくて、よくある医療ものとは差別

化されてた。録画してないこともあって、第1話はスルーするけど、一応「補欠扱い」

でキープしとこう♪

               

次に、さっき見終わった亀梨和也『神の雫』。これについては、明日か明後日に

簡単な記事を書く予定だから、ここでは話を出し惜しみしとこう♪ 一言でまとめ

ると、『ヴォイス』より遥かに予想外のドラマだった。仲里依紗って女優(&モデル)

を見るのも初めてだったし、可愛い系モデルの代表・佐々木希が出るなんて知ら

なかったからオヤッて感じ☆ 第1話のゲスト、本仮屋ユイカも、去年の香取慎吾

『薔薇のない花屋』以来で懐かしいし、ソムリエの制服も似合ってたね。

 (14日追記: さきほど記事をアップした。

           『神の雫』第1話、軽~い感想♪ )     

      

他に、木曜の『ありふれた奇跡』と金曜の『ラブシャッフル』も気になってて、少な

くともどっちか片方は今週見る予定。それで今期のレビュー対象を決定して、来

週から週1本の本格的記事を書いて行こう。ま、単に見て楽しむだけなら、前か

らチョクチョク見てる『特命係長 只野仁』が一番だけどネ♪ エビちゃん=蛯原

友里も見れるし、ちょっとエッチな部分も大好きだ。ただ、やっぱレビューには使

いにくいわな (^^ゞ 『Q.E.D.』はマニアックな数学記事向けってことで。

      

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

気温0度の早朝ラン、微熱でポカポカ・・

RUN 18km,1時間28分55秒,心拍155

早朝に絹川愛(めぐみ)のテレビ番組が放送されたんだね。前にも何度か書いた

ように、19歳で女子長距離界のホープ、ミズノ所属。ウィルス性感染症で北京五

輪に出場できなかったことが大きく報道されたけど、陸上の世界だとその前から

有名人だった。10000mの高校記録とジュニア記録を作ってるし、フォームが

柔らかくて美しい☆ 病み上がりから間もない10月に、日本女子歴代10位の

31分23秒21を出してるのも、彼女のポテンシャルの高さを示すものだろう。

                    

さて、早朝5時15分からの番組はそもそも気付いてなかったけど、成人の日の

特別番組ってことかな。ちょうど成人式の年齢だもんね。ブログの『きぬめカン

タービレ♪』(なかなか面白い)を見ると、11月7日に仙台・関西・四国地区限定

でドキュメンタリーがあって、今日と同じく『ふるさと発』になってるから、同じ番組

が全国放送に昇格したってことか。成人の日向けの新しい映像をチョコッと追

加したりして。彼女、11月の時点で全国放送を望んでたから、素敵なお祝いに

なっただろう。

                 

ところで、その絹川は昨日の全国都道府県対抗女子駅伝に出るって話だったの

に、結果どころか出場した都道府県と区間も分からないな。主催の京都新聞の

HPを見てもダメ。出場しなかったってことかね。年齢や病気のせいもあるのか、

ブログを見ててもちょっと不安定な所が感じられる。まだ19歳4ヶ月だし、才能

も実績も抜群なんだから、じっくり力を伸ばして行って欲しいもんだ。ちなみに駅

伝の結果は、地元の京都が5連覇☆ 2位・岡山、3位・兵庫とのこと。

         

で、ガクッと話のレベルを落とすと、私はブログのドラマ記事に追われて金土日

と3日連続走れず、ようやくさっき18kmだけ早朝ランをやって来た。ピンポイン

ト予報だと気温0度になってるんだけど、耳が冷たいのを除けば大して寒くもな

。厚着とか身体の馴れだけじゃなくて、どうも微熱が出てるようだ。食欲が落

ちてるし、頭がボーッとしてる。微熱は、寒く感じる時と暑く感じる時と両方あって、

今日はちょっと暑く感じてるようだ。暖房費が節約できていいなとか考えるのは、

ポジティブ・シンキング過ぎるだろうネ。

               

要するに、生活の乱れで体調が悪化して、走りが鈍くなってるってこと。最初から

ゆっくり走るつもりだったとはいえ、遅いわりには心拍が高くて余裕のない走り。

ま、呼吸は乱れてないし、脚の疲れも特に感じないから、良しとしとこうか。トータ

ルでは1km4分56秒ペース。この遅さで平均心拍155か。う~ん・・・見なかっ

たことにしよう♪ 今日と明日は、家で仕事に追われて走れないかも知れないな。

今月の後半はわりとラクだから、そこで盛り返せばいいや。とりあえず、生活リズ

ムを整えよう。ではまた。。☆彡

            

P.S.今朝はJALホノルルのテレビ放映があったんだよな。やっぱ今年の主役

    は、激走した安田美沙子か♪ 4時間20分台は、確かに素晴らしい!

        

  往路(2.45km)    13分06秒  平均心拍135          

  1周(2.14km)    10分55秒        146        

  2周             10分47秒        152        

  3周            10分35秒        157

  4周             10分30秒        159 

  5周             10分24秒        160

  6周            10分06秒        164

  7周(0.26km)       1分21秒        165

  復路              11分12秒        162

  計 18km    1時間28分55秒        155(最大心拍171,ゴール時)

| | コメント (0)

出会い、別れ、ありがとう♪~『コード・ブルー新春スペシャル』

 別れは必ずやって来る どんな時にも

 でも 俺達は知っている

 悲しい別れがあるように 

 旅立ちの別れや 未来への別れもあることも

 そして 俺達は知っている

 ただ一つ確かなのは

 別れが人を強くするということを・・・

      

       ☆          ☆          ☆

メガネ女医萌え~♪ いやぁ、今までめがねっ娘好きの気持ちがサッパリ分から

なかったけど、これでちょっとだけ分かった気がするな。リピートでご飯三杯は食

べれそうだわ。演じてたのは、香里奈と同じくファッション誌『Ray』のモデルをやっ

てる今井りか♡ 心臓外科(Heart Surgery)のフェローとしての役名は、患者の

今野さんの枕元に「Dr.平川」と書いてたけど、ネットで見ると柏原と出て来るね。

        

それにしても、11日未明のブログ検索でさっぱり出て来ないってことは、まだま

だ無名なんだな。明石家さんまの『踊る!さんま御殿SP』にも出たらしいし、まだ

24歳。モデルとしてはスタイルがフツーだけど、控えめな派手さと上品さを兼ね

備えた顔立ちが売りってことか。演技も無難だったし、今後の活躍に期待しよう♪

『CanCam』の西山茉希と違ってバラエティには向かない感じだから、キレイ系

女優路線がいいと思うな。。

    

さてさて、4ヶ月ぶりの放送となった『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 新春

SP』。久々の山P=山下智久登場ってことで、正月明けからファンのものらしい

アクセスが急に増えてる。この方達は、夏の本編の全体的に素っ気ないレビュー

に耐え抜いた、ありがとうと伝えるべき読者なんだろう☆ 大人たるもの、間違っ

ても「お久しぶりですネ」なんて言葉をうっかり意味ありげに書いたりはしない♪ 

書いとるわ!

                     

それはともかく、実はPちゃんファンよりもっと急激に増えた方々がいらっしゃる。

それは、ドクターヘリ・ファン、あるいはヘリコプター・ファンの方々だ♪ 既に正月

記事「2008年・記事別アクセスランキング」で書いたように、実はウチの『コード・

ブルー』関連記事で去年一番読まれたのは、ヘリコプターMD902(JA6790)の

解説記事だった。正月明けから再び増えて、昨日一日のヘリの検索は150人だ。

            

この方達の多くはレビューなんて目もくれないし、新垣結衣にも戸田恵梨香にも

比嘉愛未にも興味は無さそうな気がする。ま、このドラマの主人公はドクターヘリ

とも言えるから、そうゆう見方も全然アリだろう。今回のスペシャルはとりわけヘリ

が効果的に映されてたような気もするね。ファンならあの映像だけでご飯三杯は

食べれるはずだ♪ いや、いま私自身が腹減ってるもんでね。。

          

ここまで、ストーリーに触れてないのは、もちろん意図的なものだ。あらすじを簡

単に言うと、「列車事故で緋山(戸田)が重傷を負って、結局助かる。その後、

田(柳葉敏郎)は翔北病院に別れを告げ、治った絹江ばあちゃん(島かおり)

藍沢(山P)に別れを告げる」ってことで、どこでも書いてる話だし平凡な筋書きだ。

「スペシャル」なものは特になし。

         

一方、山下の魅力を語るのなら、星の数ほどある萌え萌え女性ファンサイトにか

なうはずはない♪ 確かに美少年or美青年だとは思うけど、私は男だから、顔

よりもペン回しの上手さに感心する程度。福山雅治『ガリレオ』第4話の香取慎吾

(SMAP)のシャワーシーンみたいな裸体サービスにも、何も感じない。をじっと

見る仕草はちょっとカワイイかな。でも、脇役のメガネ美人女医の方が遥かに萌

えるのだ☆ 新垣も戸田ももちろん可愛いけど、どうしても白石や緋山には魅力

を感じられない。『ギャルサー』のナギサやサキの方がよっぽど魅力的だった。

          

おまけに、若手人気女優の中ではスタイルのいい戸田といえども、現役ファッショ

ンモデルの今井りかと並ぶと流石に苦しい。公称の身長差は僅か1.5cmだけど、

廊下でタイマン張ってる時にもジリジリ詰め寄られて苦しかったもんね。あの時、

森本(勝村政信)が止めに入らなければ、押し出しで緋山の負け。黒星で土が付

いてただろう。だから結局、電車の屋根から落ちて土まみれになって、今井りか

に上から手を差し伸べてもらうハメになったわけだ。。

             

な~んて話を書いてるだけでも、結構な字数になっちゃってるよな。もちろんウチ

の読者たるもの、この程度で疲れてるようじゃマニアック・レビューを味わえない訳

よ♪ じゃあ、ちょっとずつ感想モードから真面目モードに切り替えて行こうかね。。

            

          ☆          ☆          ☆

まず、話の冒頭に注目しよう。既にスペシャル予告記事に書いたように、フェロー

ドクター&フライトナース5人組が謹慎処分になった所からスタートする点に関し

ては高く評価する。最終回で安全管理委員会のシーンを絶賛したブログは、ウ

チ以外にほとんど無かっただろう。ドラマの描写としては確かに、委員会側を悪

者っぽく映し、5人組&田所部長(児玉清)善玉っぽく映してた。

       

でも、それは全く表面的なこと。命を救うドクターヘリにとって、安全管理はまさに

核心であって、違反した人間が処罰されるのはプロとして当たり前のことなのだ。

その辺り、脚本家の林宏司は流石に本格派だけあって、社会や医療システムを

よく理解している。

           

ただ、この脚本家はやっぱりセリフが過剰だ。一番気になったのが、今回の主役・

緋山が眠るベッドを前にして、メガネ女医と白石が語るシーン。メガネっ娘の表情

や仕草、あるいはやや婉曲な感謝の表現で、もう十分緋山は持ち上げられてい

る。そこへ更に、白石の長い説明が加わるのだ。「私も初めて最初に彼女に会っ

た時はビックリした。何でもハッキリ言うし、人の気持ちにもズカズカ入って来る。

でも、ホントは優しい先生なの。患者さんを思うあまり、つい熱くなる。分かってあ

げて」。

    

この後にはお父さんがしんみり緋山をホメるシーンも控えてたのに、どんだけぇ~

長い説明なんや!と私は突っ込んで、脳内削除してた。映像作品なんだから、白

石がメガネっ娘に優しく微笑むだけで十分な表現なのだ。ここで林が、「あなたの

レビューも長い説明ですね」と言って来るなら、ザブトン1枚プレゼントした後で、

私は更に2倍言い返すだろう。まるで父に叱られた時の緋山みたいにネ♪

               

続いて、長さと共にウチのレビューの特徴である、形式の話をしてみよう。このド

ラマ、時間がいつもの2倍以上の長さだったし、演出がまた例の西浦正記だとい

う事もあって、途中は相変わらずバタバタ&バラバラ。一貫した太い筋というもの

が出来てないし、救急医療をドラマやサイトで丁寧に説明する気もない(『医龍1』

と比べると対照的)。救急ドラマだからとか、海外の人気ドラマ『ER』もこんな感じ

だなんて話だけじゃ、フォローとして弱いだろう。ただ、冒頭とラストで最低限の形

を作ってあるので、何とか全体としてのまとまりらしきものを醸し出せてる感じだ。

                

まず、山下のモノローグが最初と最後にあって、どちらも出会いと別れの話だ。

最初は、事故現場の映像を交えながら、まるで誰かが死ぬかのようにネガティブ

なフェイントをかける。「人生に別れは憑き物だ。失恋、友との別離、そして死。予

想していた別れもあれば 不意打ちで来る別れもある。出会いの結末には、必ず

別れがあるということだ」。その後、色々あって、ドラマだからそこそこ丸く収まる。

そして最後は、ポジティブなモノローグを置くわけだ。「旅立ちの別れや、未来へ

の別れもある・・・そして、俺達は知っている。唯一つ確かなのは別れが人を強く

するという事を」。

    

まあ、細かい話をするなら、肝心の最後の言葉が日本語の文法的にちょっと変な

んだけど、恐らくほとんどの人は気付かないだろうから、P.S.で指摘するだけに

留めよう(分かるかな?♪)。ともかく、キレイなサンドイッチ構造で挟み込んで、ド

ラマの枠組みと流れを作ってるわけだ。 

       

形の話の2番目は、より重要なサンドイッチ構造に関するものだ。まず冒頭のモノ

ローグで、「オレの人生の最初の別れは、両親との別れだった。家を出て行く父

が最後にオレの頭を撫でた。なぜ撫でられるのか、不思議に思ったことを覚えて

る」と語る。そしてラスト辺りでは、プレゼントの帽子をかぶった絹江ばあちゃんが、

耕作(山下)に優しい言葉をかけて、「ありがとう」と感謝を伝える。つまり、親から

子への親愛の情が、ドラマを最初と最後で挟みこむサンドイッチ構造なのだ。

                

「ありがとう」こそは、別れにもっともふさわしく、また最も深く親愛の情を伝える言

である。別れで自分が強くなることを先取りした感謝にもなるだろう。たとえば、

黒田が何も言わずに去ろうとした時、なぜ緋山があれほど不満そうだったのか。

それは、「ありがとう」を伝える機会を奪われたから。つまり、感謝の怒りなのだ。

         

もちろん、「ありがとう」には他にも様々なヴァリエーションがある。黒田との最後

の別れで、藤川(浅利陽介)と白石と冴島は頭を下げてたが、藍沢は厳しい表情

で見送るだけだった。あそこではあれが、藍沢のありがとうなのだ。あるいは、黒

田に伝えるべき感謝を、ばあちゃんへの「一緒に暮らそう」へと転換したと見るこ

ともできよう。ちなみに私が演出家なら、あそこで白石の頭を一番深々と下げさせ

るし、カメラ的にも強調する。白石のミスが一因で黒田が去ることになったんだか

ら、当然の演出のはず。言葉じゃなく、仕草と表情の映像で表現するわけだ。

            

黒田は、彼らとの別れには憎まれ口を叩いていったけど、あの鋭さが彼なりのフェ

ローへの感謝だ。彼らとの交流を通じて、若者たちへの感じ方が変わったはずだ

し、(元)家族の有里子(奥貫薫)や息子とのふれ合い方も変わったんだろうから。

黒田は、田所やパイロットの梶(寺島進)にはちゃんと感謝を示してたけど、一番

印象に残ったのは、ヘリコプターへの感謝だ。あの時、黒田は頭を下げなかった

し、言葉も発しなかった。こうしてみると、黒田がもっとも感謝してたのは、実はフェ

ローとヘリなのかも知れない。

            

ありがとうは、新千葉鉄道で患者となった母親も繰り返した言葉だ。あのドリル絶

叫ママって、エンドロールから見ると西田尚美かな? 懐かしい名前だね。奥貫も

出てた『白夜行』で、亮司=山田孝之の子供を宿して、雪穂=綾瀬はるかと一緒

に育てることになった女性だよな。あぁ、DVD見て記事を追加するとか言っといて、

いまだにすっぽかしてるわ。やぶ蛇だった♪

      

それはともかく、「トリアージ」(Triage=選別: 災害医療における患者の優先度

決定)の件で白石に猛抗議してた女性が、死に瀕したお父さんに泣きついてたの

も、ありがとうの特殊な表現と言えよう。あらゆる人間にとって最も重要で不可避

の別れが、死という定めだ。そして、他人の死ならともかく、自分の死という世界

との別れにおいては、人は強くなりようがない。

        

そして最後に、緋山とメガネ女医がヒネリの効いた感謝を交換するシーンは可愛

かった。「大丈夫? ちゃんと縫った?」 「たぶん♪」。心を通じ合わせた2人は、

おそらく今後、親密な仲へと発展するはずだ。緋山がタチ、メガネっ娘がネコで間

違いない。断定かよ!

         

         ☆          ☆          ☆

おっと、そろそろ時間だ。形式の話の最後に、大掛かりな伏線の構図を指摘しと

こう。それは、冒頭のモノローグの直後、森本の講演だ。「人間は心肺停止に陥

り、10分間脳に酸素が行かないだけで、死に至ります。心肺停止してからの時間

が長ければ長いほど一命を取り留めても、脳は激しく損傷します」。これは、心臓

をめがねっ娘に縫ってもらった後、意識を失ったままみんなに心配されることに

なった緋山のアクシデントへのあからさまな伏線だ。

     

伏線と言えば、今回の黒田の扱いはスペシャル第2弾を準備する伏線とも見れ

るだろう。「もう1回、もう1回♬」(HANABI)。このままだと明らかに中途半端で、

田所が辞めて黒田が部長として戻って来るのが一番自然な流れだと思う。その

ために田所は、「部長を務めて頂くわけにはいきませんか」なんて言葉を口にし

てたわけで、黒田に後を任せた後は再び離島医療に従事すればいい。そう言え

ば、森本の「フライトドクター候補生オリエンテーション」を伏線と見るなら、次回

のSPで今の4人が卒業して、新しいフェローが入っておしまいって流れかも。

    

とはいえ、個人的にはプロポーズ大作戦SP2『ウェディング大作戦 in スペイン』

の方が楽しみだな♪ スペシャルの出来もプロポの方がかなり上。あれはちゃん

と、一つの物語にスペシャルな結末を付けていた。ウチのプロポSPレビューへの

アクセスも途切れない。

                                

では、この辺で。色々書いたものの、スタッフ&キャストの皆さん、どうもありがとう

伝えられる時に伝えないと」ね。。☆彡

             

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.藍沢のモノローグのラスト。文法的には、「知っている」に続く目的語(正確

    には節)に当たる部分、「ただ一つ確かなのは、別れが人を強くするという

    ことを」の構造がおかしいのだ。色分けに注意して、よく読み返して欲しい。

    修正するなら、「俺達は知っている。ただ一つ確かなこと別れが強くする

    ということを」とするとか、あるいは「俺達は知っている。ただ一つ確かなの

    は、別れが人を強くするということなのだ」。ちなみに字幕は「という事。」で

    切れてたらしいけど、そうは聞こえないし、モノローグの終わり方としても相

    当苦しい。

            

    文法は、慣習的にも意図的にも破ることが可能なものだけど、あれは単な

    る論理的ミスだろう。英作文とか仏文和訳でありがちな事だ。気持ちは分か

    るし、社会的に許容範囲だろうけどね。。

                                

P.S.2 山Pのモジャモジャ頭を見てると、一部で似てると噂されてるキムタク=

      木村拓哉の年末のクリンクリン・ヘアー(DJオズマ by さんま)を思い出

      すね♪ 

           

P.S.3 轟木聖子(遊井亮子)の網タイツの脚がなぜか映らなかったな。ファン

      はさぞ残念だっただろう。冬だから寒いってことか♪

           

P.S.4 ミスチル=Mr.Childrenの挿入曲『風と星とメビウスの輪』は、『HA

      NABI』の前の『GIFT』のカップリング。もう一つの挿入曲『』は12月

      発売の15枚目のアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲

      だ。って言うか、ボーカルの桜井和寿が『イノセント・ラヴ』の北川悠仁

      (ゆず)に見えるのは私だけ?

        

P.S.5 例の兵庫県・JR福知山線の大事故では、戸田も兄を心配したらしい。

      公式サイトに書いてあった。あれは空前の悲惨さだったなぁ。。

    

P.S.6 演出が葉山浩樹なら、ばあちゃんとのやり取りはもっと感動的になって

      たと思うけどなぁ。ま、ヘリを見上げる絹江を窓の外から映して、その窓

      の左からヘリが映りこんで来たのは面白いカットだったけどね。

       

P.S.7 たぶん視聴率は高いんだろうから、もう1回スペシャルがありそうだな。

      今度は音の使い方にも注目してみたい。このドラマはかなり意識的に音

      を利用してる気がする。今回だと、携帯や医療機器、ドリルのキィ~ンっ

      て音もそうだけど、冒頭のロッカーで「バタン」「バタン」とドアを4連発させ

      て、間髪入れずにヘリの「ズドドド!」っていうプロペラ&エンジン音を入

      れたのが印象的だった。

         (追記: 何と、驚異の視聴率23.1%! おめでとう・・・って言うか、

            極端に高いね。視聴者の質の変化を感じるな。。)

                 

P.S.8 今井りかのオフィシャルブログ「RICA RICA time」には、11日の朝

      になって出演報告が載った。それまでストップされてたのかな。

      「いくらフェローとはいえ 命に関わる仕事に大小はないのでスレスレの

       所で戦っていたと思います。 それにしても "コードブルー"は 迫力

       満点! ドラマを越えたドラマですよねぇ。 大きいスクリーンで観たいっ

       て思ってました」

       とのこと(一文字分の空白は原文の改行)。ちょっとたどたどしい文章

       が可愛いね♪ 下には好意的なコメントがズラッと並んでた。アクセス

       も増えてるようで、今後も注目だろう。ちなみにウチへも、心臓外科医

       フェローの情報を求める検索アクセスが結構入ってる ☆彡

           

                      

cf.僅かな積極的休養ラン&『コード・ブルー2』第1話

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ドクターヘリを取りまく腕~『コード・ブルー』第1話

  折られた鼻との向き合い方~『コード・ブルー』第2話

  不細工な生身の人間~『コード・ブルー』第3話

  ミュンヒハウゼン症候群の普遍性~『コード・ブルー』第4話

  必要とされるということ~『コード・ブルー』第5話

  親子の絆の超越性~『コード・ブルー』第6話

  誰のために、何のために~『コード・ブルー』第7話

  家族的な共同体~『コード・ブルー』第8話

  ドクターヘリ制度という疑似家族の揺らぎ~『コード・ブルー』第9話

  迷いと答の現場で~『コード・ブルー』第10話

  ブルースカイに飛び立つドクターヘリ~『コード・ブルー』最終回

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『コードブルー』のヘリコプターMD902について

| | コメント (8) | トラックバック (5)

『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック、n次元の球の体積

分かった! 今週からスタートのNHKドラマ8、高橋愛(モーニング娘。)&中村蒼

主演『Q.E.D.証明終了』のタイトルバックに映されてる数式の意味を、ほぼ解

できた♪ 去年の福山雅治&柴咲コウ『ガリレオ』の数式よりもっと瞬間的な映

像で、スロー再生&静止画でもなかなか上手く見えないし、数式の量も多くて雑多

な並べ方になってる。ただ、数式のレベルは『ガリレオ』より少し低いし、物理では

なく単なる数学だから、その意味ではラクだった。

          

一言でいうなら、あのオープニングは「n次元の球の体積」を求めてるのだ。と言っ

てもSFとかトンデモ科学みたいなお遊びではなくて、ちゃんとした数学の求積だ。

       

まず普通の球、つまり3次元の球は、原点中心・半径1として、高校数学で

「x²+y²+z²=1」という式で表してた。これは球面の式だから、球の中身まで含

めて正確な書き方をするなら、{(x,y,z)|x²+y²+z²≦1}。つまり、不等式を満

たす点(x,y,z)の集合だ。

           

続いて原点中心・半径1の円(中身も含む)を考えてみると、{(x,y)|x²+y²≦1}

と表される。この式は、球の式を2次元ヴァージョンにした形になってるから、円は

2次元の球」と呼び、円の面積は「2次元の球の体積」と呼ぶことにしよう。もちろ

んここで、「体積」という言葉の意味が拡張されてるわけで、円の体積はπとなる。

             

同様に考えると、「1次元の球」というのも定義できる。つまり、{(x)|x²≦1}で、

要するにx軸の2点、(-1)と(+1)両端とする線分のことだ。すると、「1次元の

球の体積」とはこの2点間の距離のこと。つまり、2だ。

            

新しい記号を導入して、ここまでをまとめてみよう。まず、拡張された意味での体

積を表すのに「vol」という記号を使う。英語の「volume」(ヴォリューム)の省略

だ。また、3次元の球をS³と表す。英語の「Sphere」(スフィア)の省略から造っ

た記号だ。同様に、2次元の球(つまり円)をS²、1次元の球(つまり線分)をS¹

とする。Sの右上の数字は、普通はこうではないようだけど、ここではドラマの映

像に合わせておこう。この時、次のようにまとめられる。

          

  (1次元の球の体積):V₁=vol(S¹), S¹={(x)|x²≦1}

  (2次元の球の体積):V₂=vol(S²), S²={(x,y)|x²+y²≦1}

  (3次元の球の体積):V₃=vol(S³), S³={(x,y,z)|x²+y²+z²≦1}

       

美しい! これぞ数学の形式美というもんだ♪ で、ここから先は機械的に4次

元、5次元・・・n次元と拡張していくことになる。普通の感覚だと非現実的かも知

れないけど、数学にとってはリアルな存在。これらの球の体積を、積分計算を使っ

て求めてたのがあのタイトルバックなのだ。画面では4次元まで映ってた。

    

今晩はもう時間がないから、簡単なV₂までの式だけを再現しとこう。高校の教

科書レベルの簡単な定積分(V₂は数Ⅲの置換積分で、x=sinθと置いてる)に

すぎない。残りのV₃やV₄については来週以降のお楽しみってことで♪ 大学

レベルの数学が登場することになる。

                       

090110    

   

   

090110b

      

    

     

   

   

   

   

   

   

   

     

   

     

さて、この後はいよいよ、山P=山下智久&新垣結衣&戸田恵梨香&比嘉愛未

&浅利陽介の『コード・ブルー 新春スペシャル』が登場だ。明日中にはレビュー

をアップする予定。『Q.E.D.』で時間を使いすぎちゃったから、どの程度マジメ

にレビューするか、ビミョーだけどね。

ではまた。。☆彡

     

    

   

P.S. 4年半後、n次元の球の体積を証明する記事をアップした。

    n次元の球の体積(帰納法による証明)と、cosθのn乗の部分積分

        

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『Q.E.D.証明終了』というタイトルバックの正確な意味

  『Q.E.D.証明終了』第1話、黒板の数式の解説

| | コメント (0)

真冬の傘ラン、意外とへっちゃら♪

RUN 13.3km,1時間08分04秒,心拍142

エッ、初雪なの? これを素直に喜べないのがダメな大人って奴だね♪ どうして

も、交通機関の乱れとか歩きにくいとか靴が濡れるとか、そうゆう日常的なマイナ

スばっか考えちゃうんだよな。自転車はもちろん、ランニングも難しくなるし。。

         

そうそう。昨日、書き忘れた事を書いとこう。音楽ランが超久々なのは書いたけ

ど、実は携帯で音楽を聴いたのも数ヶ月ぶりだった。で、パケット料金無料期間

携帯へ直接ダウンロードしてたお気に入りの曲を聴こうと思ったら、何と、聴け

なくなってるのだ! いつの間にかその曲だけ鍵のアイコンが付いてて、「再生で

きません。再生するためのコンテンツ・キーを取得しますか」なんて表示が出る。

              

最初、意味も分からず「はい」を入力したら、ネットに接続し始めたから慌てて電

源ボタンを押してストップさせた。要するにもう1回お金を払えってことで、曲の代

金は安いけど、定額料金制度に加入してないからパケット代が数千円もかかっ

てしまう! ほとんど詐欺みたいなシステムで、どうかと思うよな。

    

それはともかく、どうしてロックされてしまったか考えると、原因は一つしか思い

当たらない。それは、携帯のメールをPCに保存した時に、音楽も一緒に保存し

てしまったことだ。説明書を見ながら、よく分からないまま何の悪気もなくやった

事だけど、システム的には不正な複製と受け取られてしまったんだろう。ちなみ

に、CDからPCのiTunesを経由して携帯に入れた曲は、何の問題もなく聴けた。

やっぱ、まだまだCDの方がいいね。自分のだとタダだし、レンタルも安いし。

            

          ☆          ☆          ☆    

で、今夜のランニングに話を戻すと、金曜の天気が悪いと分かってたから、16

kmくらいは走ろうと思ってた。ところが、ちょうどこの日から始まった、高橋愛

(モーニング娘。)主演のNHKドラマ『Q.E.D.証明終了』について、マニアック

な記事を2本も書いてしまったので、走る時間が無くなったわけよ ^^; どうして

も、数学とか物理とか論理的な話になると夢中になっちゃうんだよな。子供の時

からのクセなのだ。ま、一長一短だけどね。

                    

ともかく、少ない時間でちょっとだけでも走っとこうと思ったら、今度はいきなり雨

攻撃がスタート。エェッ、ピンポイント予報だと明け方から降るって話だったのに

・・・とかボヤきつつ、渋々と折り畳み傘を用意。傘ランは3ヶ月ぶりくらいかな。

あいにく弱い風が吹いてて、傘を差してても下半身に雨粒が当たるから、冷たく

て引き返しそうになった。そこをグッとガマンして、5kmでもいいからと思って走っ

てると、案の定、身体が温まって冷たくなくなる。おまけに、運良く雨も小降りになっ

て来たから、結局13.3km走り切れた・・・って言うほどの距離でもないわな♪

         

トータルでは1km5分07秒ペース。元々ゆっくり走るつもりだったのに加えて、

予想外の傘ランになったから、遅いのはOKだろう。心拍も十分な低さだし、真冬

の深夜の雨なのに寒くも冷たくも無くて、むしろ傘がお散歩気分を醸し出してくれ

たほど。これなら金曜が雨でもまた傘ランできるかな、とか思ってたら、関東甲信

で大雪かって話になったわけ。雪で仕事が休みになるんなら、子供のようにハシャ

ぐのになぁ♪ 寒いから使い捨てカイロでも持って行こうかね。

おっと、そんな事を言ってる間にもう時間が来た。ではまた。。☆彡

              

 往路(1.15km)  6分47秒    平均心拍122

  1周(1.1km)   6分07秒          132

  2周         5分58秒          135

  3周         5分50秒          140

  4周         5分40秒          143

  5周         5分32秒          144

  6周         5分32秒          145

  7周         5分25秒          147

  8周         5分24秒          148

  9周         5分23秒          149

 10周         5分17秒          150

復路           5分11秒          152

 計13.3km  1時間08分04秒        142(最大156,ゴール時)

| | コメント (0)

『Q.E.D.証明終了』第1話、黒板の数式の解説

今夜、第1話が終了した『Q.E.D.証明終了』。さっきアップした解説記事への

検索アクセスは、ほとんどがモーニング娘。高橋愛に関するものだった。要す

るにそうゆうドラマなんだろうけど、ウチは福山雅治『ガリレオ』の大学レベルの

数式を解読したサイトだから、高校数学の数式の解説も一応やっておこう。前に

山下智久主演の人気ドラマ『プロポーズ大作戦』第3話で、教生役の藤木直人が

黒板に書いた数式を読み解いた時でさえ反応は鈍かったから、視聴率の低そう

な『Q.E.D.』だとさらに何倍も反応は鈍そうだね。ま、マニアック・サイトのお遊

びってことで♪

                           

モー娘。の高橋愛(水原可奈)が、MIT卒の天才転入生・燈馬想(中村蒼)とお喋

りしてると、数学の先生に注意されてしまった。すると、先生が黒板に書いてた数

学の証明に対して、燈馬が「先生、その証明のやり方は間違ってると思います」と

突っ込んで、黒板に向かって自分で書き直し始める。先生がタジタジになった所

でチャイムがなって、燈馬想はクラスの冷たい視線を浴びてた。

    

あそこで先生が書いてた証明(数列の和の公式)は、「間違ってる」んじゃなくて、

「下手」なだけ。下図がほぼ完全な再現だ。見えない箇所もあったけど、ほとん

ど合ってるだろう。

         

090108d   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

    

    

            

これに対して、燈馬が書こうとしたのは、「正しい」証明というより「上手い」証明

おそらく、次の変形だろう。高校2年生の教科書レベルの有名な変形で、もちろ

ん数学の先生なら誰でも知ってるはず。部分分数展開(or分解)とか言われる

変形の一例で、元の数列の一つの項を部分的な分数(ここでは2つ)へと分ける

のだ。例えば、2×3×4なら、(2×3×4×5)÷4-(1×2×3×4)÷4とする。

下では分母4で通分してある。

         

090108e    

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

    

これだけだとあんまし違わないように見えるかも知れないけど、燈馬の証明は

文字(nやk)や記号(Σ:シグマ)が非常に少ないし、もっと複雑な証明にも使え

から、先生の証明より上手いのだ。当然、証明を書き終えた後は「Q.E.D.」

と書き添えただろう♪ 

     

さて、この記事にどの程度のマジメな検索アクセスが入ってくるか、注目してみ

よう。『ガリレオ』はロングセラー記事としてヒットしたけど、これは無理だろうな。

もしそこそこ入るようなら、お遊び感覚でまた書いてみたい。ちなみに、先にアッ

プしたタイトル説明記事は遥かにマニアックな解説で、ドラマと関係ない検索も

期待してる本格的内容だ。

それでは。。☆彡

                    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「Q・E・D」と書く場合があるようだけど、省略を示す点だから「Q.E.D.」

    とピリオドを使うのが正しい。こう打つのが面倒なら、むしろ点は省いて

    「QED」とする方がラクだしマシだろう。。

                      

cf.『Q.E.D.証明終了』というタイトルの正確な意味  

  『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック、n次元の球の体積  

| | コメント (0)

『Q.E.D.証明終了』というタイトルの正確な意味

『Q.E.D.証明終了』という奇妙なタイトルのドラマが今日(09年1月8日)から

始まった。原作は、加藤元浩が『マガジンGREAT』に連載中の人気漫画で、『金

田一少年の事件簿』や『名探偵コナン』と同じ90年代に始まったロングセラーだ。

    

ドラマは、脚本が『ちりとてちん』の藤本有紀と相原かさね。キャストは、高橋愛

(モーニング娘。;水原可奈の役)と中村蒼(燈馬想の役)が中心で、他に石黒賢、

富岡晃一郎ら。「証明」係の天才・燈馬想(とうまそう)とは、走馬灯(そうまとう)を

ひっくり返した言葉遊びだろう♪ 主題歌は青山テルマ『このまま ずっと』だ。

    

           ☆          ☆          ☆

タイトルの「Q.E.D.」は、理系の人間の多くにとって見覚えがあるはずだ。数学

の証明の最後に書き添えられてる呪文みたいなフレーズで、教科書ではほとんど

使われてないけど、参考書とかでたまに使われてる。授業で使うシャレた先生も、

一部にはいらっしゃるかも知れない。半ば理系の私も一応は知っていた。

           

この「Q.E.D.」の意味を一番簡単言うなら、マンガやドラマのタイトル通り「証明

終了」だ。それでは満足できない人は、英和辞典やネットで調べると元のラテン語

を目にするだろう。「Quod Erat Demonstrandum」。ローマ字の読み方に従

うと、「クオド・エラート・デモンストランドゥム」で、ドラマもこう言ってた。このフレーズ

の定訳はないようで、「かく示された」、「これで証明終わり」とか書かれてるけど、

ラテン語に近い英語の直訳だと「(that) which was to be demonstrated」

つまり「Q.E.D.」とは、「これが証明されるべきことであった」となる。ちなみに、

英語の「that」(先行詞)は省略可能なので丸カッコに入れておいた。

       

         ☆          ☆          ☆

さて、この程度の説明なら、検索すれば一瞬で分かること。でも、これじゃあ満足

できないマニアックな方もいらっしゃるだろう♪ 私自身、マニアック・ブロガーを

自称してるので、この程度では全く満足できない。ネットを探しても、ウィキペディア

を含めて、十分な解説をまとめたサイトは見当たらなかったので、私が試しに書い

てみよう。もちろん、私はこの手の話に詳しいわけでも何でもないから、詳しい方

がコメント欄で情報提供してくだされば、より良い記事になるわけだ。

          

まず、言葉の問題から始めよう。ラテン語と英語の直訳との関係がどうなってる

のか、細かく対応付けると、ラテン語の「Quod」は関係代名詞(主格・中性)で、

英語の「(that) which」。ラテン語の「Erat」は、be動詞「sum」の三人称・単数・

未完了過去で、英語の「was」。最後のラテン語の「Demonstrandum」が動詞

「demonstro」(アクセント記号省略)の主格・中性・動詞状形容詞で、英語の

to be demonstrated」(証明されるべきもの)だ。

            

続いて、言葉の歴史的経緯について。「Q.E.D」という言葉が使われるのは、主

に数学と哲学、つまり高度に論理的な学問だから、それぞれの代表者を一人選ん

で、実際の使い方を見てみよう。ユークリッドとスピノザだ。

           

先に、有名なオランダの近代哲学者・スピノザの主著『エチカ』(倫理学)について。

この本は哲学の中でも非常に珍しい本で、数学の教科書みたいにガチガチに体

系立てて書かれてる。一番初めに「Q.E.D.」が使われてる箇所は、第1部「神

について」の定理3だ。原文のラテン語は下図の通りで、一番最後に確かに「Q.

E.D.」と書かれてある。引用元は、「http://glouise.club.fr/Ethic_1.htm」だ。

   

090108a    

   

   

   

   

   

日本語の翻訳は、手元の『スピノザ ライプニッツ』(中央公論社)から引用しとこう

(訳者は工藤喜作・斎藤博、色付けは引用者=私)。

                     

    定理三  たがいに共通なものをもたないものは、たがいに他の原因と

          なることができない

         

     証明  たがいに共通なものをもたなければ、〔公理五により〕たがいに

          理解しあうことができない。したがって、〔公理四により〕たがい

          に他の原因となることはできないかくてこの定理は証明された

           

さて、この哲学的内容はともかく、この証明の形式から、最後に「Q.E.D.」

(=これが証明されるべきものだった)なんて言葉を入れる理由が少し分かって

来る。つまり、証明すべき定理の核心「ちがいに他の原因となることができない」

(青色部分)が、証明の最後に導き出されてるからこそ、「これ」が証明されるべ

きもの、と言ってるわけだ。

           

この点は、「Q.E.D.」というラテン語の元になった古代ギリシア語まで遡ると、

よリ明確になる。スピノザの主著が強く意識している数学のバイブル、ユークリッド

(=エウクレイデス)『原論』を見てみよう。「Q.E.D.」の元になったとされるギリシ

ア語(ローマ字表記は、hoper edei deixai)が最初に使われたのは、第1巻・

命題4の証明だ。ちなみに、本来のギリシア文字表記は、下図の通り。

090108c

     

         

さらに、下の大きな図が命題4と証明の原文だ。

http://www.lulu.com/content/829379」からpdfファイルを無料ダウンロードさせ

て頂いた。

         

090108b2    

   

   

   

   

   

   

   

   

   

090108b3

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

    

     

     

               

ギリシャ語の専門書の縮小コピーだから分かりにくいだろうけど、最初の4行と最

後の5行(最後の3単語フレーズの直前まで)がほとんど同じ文章になってるのだ。

つまり、証明の最後に、証明すべき命題がそのまま繰り返されてるから、「これ」

(Quod)が証明されるべきものだったという言い回しになる訳だ。手元の日本語

訳(「エウクレイデス 原論」,池田美恵訳,『ギリシアの科学』所収,中央公論社)

だと、「これが証明すべきことであった」となってる。

                                             

          ☆          ☆          ☆

さて、今ちょうど第1話「青の密室~スカイダイビング殺人事件」が終わった所だ

けど、もちろんドラマの形式は、近代哲学や古代数学の厳密な証明の通りには

なってない。単に「証明終了」を示すちょっとシャレた難しい言葉として「Q.E.D.」

と言ってるわけだ。最後にMIT(Massachusetts Institute of Technology:

マサチューセッツ工科大学)卒の天才高校生・燈馬想がこれを書いた時、普通

の女子高生・水原可奈にはウケが悪かったけど、天才児にとってはフツーの言

葉なんだろう。そしておそらく、最後は彼が自分という不可解な存在を「証明終了」

して、水原可奈が笑顔で「Q.E.D.」と言うはずだ。断定かよ!♪

         

それでは、また。。☆彡

   

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.数学の授業での、証明へのツッコミ。残念ながら数式がハッキリ映されて

    ないけど、「先生、その証明のやり方は間違ってると思います」というのは

    おそらく言いすぎだ。数列の和の公式(高校2年の教科書レベル)で、先生

    の証明が「下手」だったから、天才君が「上手い」証明を書き始めたってこ

    とだ。シグマ記号を使った和の計算によくある話で、ひょっとしたら後で別

    記事にまとめるかも知れない。。

    (追記: すぐ別記事をアップした。

         『Q.E.D.証明終了』第1話、黒板の数式の解説 )

   

P.S.2 「Q・E・D」と丸点で書くのは本来なら間違いで、ピリオドが正解だけど、

      gooのテレビ番組紹介までこうなってるんだな。ま、いいけど。。

    

cf.  『Q.E.D.証明終了』のタイトルバック、n次元の球の体積

| | コメント (2) | トラックバック (1)

低心拍でのんびり音楽ラン♪

RUN 13.3km,1時間10分11秒,心拍136

やっぱ、ゆっくり走ると腹が減るね♪ 不思議だけど、いつもそうだから気のせい

じゃないだろう。余裕があり過ぎるから空腹を強めに感じるって話でもないと思う。

体内の代謝システムの動きが違ってるんだろう。本物の有酸素運動ってことかな。

そういえば間寛平も、大阪から千葉まで走ってる時にはやたら腹が減ってたよう

だ。今は揺れの激しいヨットだから、あんまし腹も減らないだろうけどね。修理し

たり筋トレしたり、太平洋の上でもなかなか忙しそうだ。

                

さて、この日は先にブログを更新してたから、毎日更新のタイムリミット24時を

気にする必要がない。だからのんびり16kmくらい走ろうかなと思ってたのに、

気が緩み過ぎて時間が無くなってしまった。仕方なく、近所の公園で13.3km

だけ走ることに決定。前日のショート・ビルドアップ(短い加速走)でちょっとスピー

ドを出した後だから、低心拍の走りに徹するつもりで、珍しく携帯とヘッドフォンを

用意した。

                     

音楽を聴きながら走るのは、去年の春以来かな。ずっとやらなかった理由は

簡単で、最近使ってるウェアに携帯を入れられるポケットがないからだ。そこで

今夜は、試しに携帯を手に持って走ってみた。どうせゆっくり短めに走るだけだ

から、ガマンできるだろうって読みだ。そもそも時々「傘ラン」なんてやってるくら

いだから、携帯とヘッドフォンのコードの鬱陶しさくらい何とかなるだろう。

         

で、実際やって見ると、手に持った携帯はあんまし気にならない。時々、左右の

手で持ち替えれば、そんなに重いものでもないし、メモリーだから音が飛ぶこと

も全く無かった。ただ、耳のヘッドフォンとコードはやっぱり邪魔だね。無線用の

ヘッドフォンはちょっと高いし、そんなに使うわけでもないから贅沢な気がしてしま

う。まあ、こうゆう時代だし、何事も辛抱ってことか♪

     

結局、途中でヘッドフォンが落ちることもなく、携帯を落とすこともなく、気楽に久々

の音楽ランを楽しむことができた。あらためて思ったけど、音楽って、音を楽しむ

と書くんだね♪ 誰が造った言葉か知らないけど、ザブトン2枚あげよう☆ ただ

し、公園内ではいいけど、公園まで往復する間の音楽ランはちょっと注意が必要

だ。車の音が聞こえにくくて危ないもんね☆

             

トータルでは1km5分16秒ペース。ま、ちょうどいいんじゃないかな。5分30秒

までは許容範囲だろう。平均心拍136も、満足できる低さだ♪ 明日もこのくら

いのペースでのんびり走る予定。金曜の雨がひどくない限り、土曜まで休み無し

で走るつもりだしね。ではまた。。☆彡  

                 

往路(1.15km)   6分43秒      平均心拍123

 1周(1.1km)    6分00秒            128

 2周          5分57秒            130

 3周          5分54秒            133

 4周          5分55秒            137

 5周          5分48秒            139

 6周          5分50秒            140

 7周          5分43秒            139

 8周          5分42秒            139

 9周          5分36秒            141

10周          5分31秒            145

復路           5分33秒            144

 計13.3km  1時間10分11秒          136(最大155,ゴール時)

| | コメント (0)

懐かしの名曲『モスラの歌』の歌詞の意味

昨日(2009年1月6日)、朝日新聞・夕刊の記事を参考に、「なぜゴジラより先に

モスラが東京タワーを倒したのか♪」という記事を書いた所、ブロガー仲間の

キッドさんから貴重なコメントを頂いた。「モスラの歌」(ザ・ピーナッツのヒット曲)

には「平和こそ繁栄の道」というありがたい教えがこめられており、それは作曲者・

古関裕而の紹介サイトに詳しく書かれてる、とのことだった。「モスラ~や! モス

ラ~」という、いかにも南の島っぽい歌声を聴いた事のある人は少なくないだろう。

        

私はこの種の話のマニアでも何でもないけど、こだわり人間ではあるので、早速

そのサイトへアクセス。誠実なマニアックさに感心した☆ でも気になる事が一つ

あった。インドネシア語(あるいはマレー語)で書かれた歌詞を説明する箇所で、

「平和こそ・・・繁栄の道」という日本語訳の部分に、「という意味とのこと」と書か

れてたのだ。

    

という事は、この管理者はインドネシア語(あるいはマレー語)を理解して書いてる

んじゃなくて、記念館の資料を引用してるんだろう。おまけに、作詞家ではなく作曲

家の記念館だ。その後に補足されてる英語訳も一部分のみで、平和とか繁栄と

いう話は見当たらない。

         

日本版ウィキペディアの「モスラの歌」の項目を見ても説明がないから、多くの場

合に日本版より優れてる英語版ウィキを参照。「Mothra」の項目に、マレー語の

歌詞の対訳を発見した☆ 以下、引用してみよう。日本時間で2009年1月7日

夜に取得したもので、歌詞の著作権の問題は書かれてないけど、念のため英語

「直訳」だけ引用しておく(英語の「歌詞」はまた別)。対訳だから、文の切れ目

がやや不自然になっている。

                          

         Mothra O Mothra

         With your mother's might

         Answer our prayer

         Your servants

         Overcome, rise and show

         Your Power!!

         

この直訳英語をさらに日本語に直訳すると、再び著作権の問題が生じそうだか

ら止めとこう。あえて大雑把にまとめるなら「モスラ、我々のために力を見せて!

という簡単な英文で、強大な味方に助けを求めてるのだ。少なくとも「平和(peace)」

や「繁栄(prosperity)」といった話はない。ひょっとして2番の歌詞があるのかと思っ

て「歌マップ」で歌詞(由起こうじ)を見ても、マレー語の歌詞のカタカナ表記で1番

が繰り返されてるだけだった。つまり、これで全てで、続きの歌詞はないのだ。

         

以上から、平和こそ繁栄の道というような話が歌詞自体にはない事は明らかだろ

う。でも単なる映画のメッセージと考えると、歌詞の意味の話とは少し距離がある。

したがって、おそらく平和への祈りは、作曲家や作詞家、あるいはその他スタッフ

(特に原作者)の内に秘めた思いだったんじゃないだろうか。それが日記や手紙

の類から読み取れるとか、あるいは歌詞が完成する前の原案がそうなっていた

とか。原案は記念館の収蔵資料として保存されてるのかな。。

    

        ☆          ☆          ☆

最初にも書いたように、私はたまたま新聞記事とコメントをキッカケにモスラ記事

を2本書いただけで、この種の話に詳しい訳ではない。もちろん、インドネシア語

とかマレー語が分かるわけでもない。だから、とりあえず目立つ形で仮説を記事

にして、マニアの方の情報提供を待ってみよう。山P=山下智久『コード・ブルー』

のヘリコプター記事でも、貴重な情報を頂けたしね。ま、ちょっとネタが古過ぎる

から、問題解決まで数年くらいかかるかも♪ それでも、映画史上に残る古典的

名作だから、十分意味はあるだろう。。

ではまた。。☆彡

      

   

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. モスラの歌も好評だった、ザ・ピーナッツの姉、伊藤エミさん(本名・

     沢田日出代)が、2012年6月15日に他界したそうだ。合掌。。

     

cf.なぜゴジラより先にモスラが東京タワーを倒したのか♪

| | コメント (0)

なぜゴジラより先にモスラが東京タワーを壊したのか♪

ニュースというものを、テレビやネットを通じて無料で手に入れるようになった今、

新聞という古いメディアが生き残るのは大変だ。今後、部数がかなり減っていくの

は確かだろうけど、それなりの価値がある記事を載せてくれれば、一定の読者は

キープできるだろう。

    

その意味で、朝日新聞・夕刊の一面に長期連載されてる「ニッポン人脈記」という

のは優れた企画だ。帰宅してホッと一息、新聞に手を伸ばすと、紙面を開かない

まま適度に詳しくて面白い話を読むことができる。今現在やってる小シリーズは

東京タワーに乾杯」で、昨晩は第9回。「モスラ ゴジラ 事情あり」が見出しで、

二匹の有名な怪獣と東京タワーの写真に引き込まれるようにして読み始めた♪

               

1961年の東宝映画『モスラ』で、蛾の怪獣モスラの幼虫が繭を作るために東京

タワーにとりつく。砲撃を受けたモスラは、のけぞって東京タワーを折る。スチール

写真を見るだけでも迫力があるこのシーン、実は原作の小説には無かったのだ。

    

東宝の依頼を受けて、純文学者3人(中村真一郎、福永武彦、堀田善衛)が連作

した原作『発光妖精とモスラ』は、東京タワーではなく国会議事堂に繭を作ること

になってた。そこで政府は、軍事条約を結んだばかりのロシリカ国から最新鋭の

武器援助を受ける。要するに、この軍事条約とは60年調印の日米安保条約の

ことで、モスラは反安保デモの象徴。ロシリカ国はアメリカ。記事には書いてない

けど、武器とはイメージ的に核兵器(原爆)だろう。もちろん本物の核は、都心じゃ

使えないけどさ♪ 

       

政治色が強すぎるから、プロデューサーは当然拒否。そこで国会議事堂の代わ

りとなったのが、封切りの3年前、58年にテレビ局用として出来たばかりの総合

電波塔・東京タワーだった。ちょうどこの年を境に、映画からテレビへと時代が

転換し始めてる。つまり、東京タワーとはテレビの象徴で、モスラがそれを倒した

のは、映画の怒りの代弁だったという訳だ。

へぇ~~。。案外、マニアの間じゃ常識なのかも知れないけどね。。

       

一方、ゴジラはどうしてたかと言うと、2作目までは東京タワーが出来てなくて、

3作目はモスラの翌年。今さらマネは出来なかったらしくて、そのうち東京タワー

の新味も消滅。結局、ゴジラが東京タワーを倒すのは03年の27作目「コジラ×

モスラ×メカゴジラ 東京SOS」(手塚昌明監督)までおあずけとなった。手塚は

今度、新電波塔・東京スカイツリーに照準を定めてるらしい♪ 「怪獣は新し

名所を壊すものなんです」。キングコングはエンパイア・ステート・ビルを壊したん

だったっけ? 登っただけのような気もするな。ありゃ、米国映画だから別か。

                                                   

ちなみに、61年のモスラの時には、壊され役の東京タワーは非協力的で、特殊

美術チーフ助手の入江義夫も苦労したらしい。ところが03年のゴジラでは全面

協力。「最近は、壊すというとたいがい歓迎されます」。話題になれば客足が伸び

ると期待されてるって話だけど、今さら映画で東京タワーに登る人がどれだけい

るのかね。実は私は、いまだに一度も登ってない。タワーの下の道は何度も通っ

てるのに、いつもチラッと見上げるだけ。。

           

という訳で、歴史の陰に女あり。モスラの陰に政治あり。映画の陰にテレビあり

見えにくい部分を面白く描き出す記事を読ませてくれる間は、新聞が消滅するこ

とはないだろう。ただし、衰退するのは間違いなさそうだから、いずれ新聞小説

の中で、怪獣がパソコン工場を破壊するかも知れない♪ ま、フィクションの中で

の破壊活動なら構わないんだけどね。

ではまた。。☆彡       

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.原作の「ロシリカ」とは、ロシア=アメリカって意味かも知れないけど、新聞

    にはそこまで書かれてないし、ロシアとの軍事条約も無い。そもそも、当時

    はロシアじゃなくてソ連だ。

   

P.S.2 「モスラの歌」に関する興味深いコメントを頂いたので、別記事で応答

      させて頂いた。

          懐かしの名曲『モスラの歌』の歌詞の意味

| | コメント (2)

意識的にショート・ビルドアップ

RUN 14km,1時間06分28秒,心拍155   

間寛平の地球一周、ヨットは大変そうだね。動画に映るヨットの揺れが悲惨だし、

画質が落ちてるのも揺れてるせいかも知れない(海上のせいもあるか・・)。風速

は15ノット前後って話で、ノットの意味が分からないからすぐ検索。1ノットとは時

速1.852kmのスピードだから、秒速で約0.5m。すると、風は秒速7.5m前

後ってことか。海風としてはフツーのような気もするけど、どうなんだろ。とにかく、

今の時代状況と同じで、生き残るだけでも大変そうだから、場合によっては勇気

ある撤退を決断して欲しいと思ってる。スタッフも大変だし、ご家族も心配でしょ。。

          

さて、私は今年に入ってようやく2回目のランニング。やる気はあるけど、時間が

なかったのだ。正月に走れる人というのは羨ましい限りで、かなり恵まれてると

思う。私にとって、正月は疲れるためにあるって言うと大げさ過ぎるかな♪ でも、

まったく自分の自由にならない期間なのは間違いない。

        

言い訳はともかく、今晩はホントはゆっくり18kmくらい走りたい気分だったのに、

またまたブログの毎日更新がジャマをする。走った後で記事をアップしなきゃなん

ないから、23時半くらいにはパソコンの前に座ってないとマズイのだ。仕方ない

から、久々にショート・ビルドアップをやってみた。要するに、加速走だ。自然にそ

うなるのはいつもだけど、今夜はハッキリ意識的にスピードアップした。

     

どうゆう訳か往路がやたら遅かったし、1周目も1km5分04秒ペース。ガクッと

来たけど、ラクし過ぎただけかも知れないね。2周目でちょっと気合を入れるとす

ぐ1km4分40秒になって、3周目で1km4分30秒ペース。そして4周目は、超

久々の1km4分15秒ペースまで持って行けた。近所の小さい公園だと、最後の

周だけ1km4分で走ったりしてるとはいえ、本拠地の公園では1年ぶりとかかも。

どうせなら1km4分ペースまで上げたかったなぁ・・とか言うのは贅沢ってもんか。

4分15秒でもかなり疲れ切って、の後は大幅にスピードダウン。まあ、たまに

メリハリを付けるのは大切なことだ。

                

トータルだと1km4分45秒ペース。これだけ見ると遅いけど、スピード変化を付

けた時に全体が遅くなるのは当然のこと。実際、日本の長距離陣も、スピード変

化の激しい海外のレースだと、タイムが大幅に悪くなることが多いもんね。そりゃ、

次元が違いすぎる話か♪ ともかく、明日の晩もちょっとは走ろう。ではまた。。☆彡

              

  往路(2.45km)    12分55秒  平均心拍130          

  1周(2.14km)    10分51秒        143        

  2周             10分00秒        158        

  3周             9分39秒        164

  4周              9分07秒        170 

  5(0.54km)        2分45秒        165

  復路              11分12秒         161

  計 14km    1時間06分28秒    155(最大心拍175,4周目ラスト)

| | コメント (0)

2008年・検索ワード&フレーズランキング☆

先日の記事別アクセスランキングに続いて、新春企画第2弾。検索ワード&フレー

ズランキングをお届けしよう。ウチの中だけのランキングに興味を持つ人は少ない

だろうけど、要するに私自身がブロガーとして気になるから調べて、ついでに記事

にまとめてるってことだ。記事別ランキングとはちょっと違った内容になってるし、

熱心な読者の方やブロガーの方には参考になると思う。

                

これまた集計にかなり手作業が入ってて、記事別よりもっと大変だった。記事別と

同じくベスト30にしようと思ったけど、余りに面倒だから断念。ベスト20に留めとく。

カタカナとひらかな、半角と全角、点を挟むか挟まないかなど、ほんの少しでも違う

と別扱いになってるので念のため(アクセス解析の設定)。それでは、検索ワード

(検索に使われた一つの単語)のベスト20から。

                 

   第1位   ラストフレンズ

   第2位   結末

   第3位   プロポーズ大作戦

   第4位   特別編

   第5位   最終回

   第6位   原作

   第7位   テンメイ

   第8位   続編

   第9位   ネタバレ

   第10位  ガリレオ

   第11位  上野樹里

   第12位  ドラマ

   第13位  太陽と海の教室

   第14位  ラスト・フレンズ

   第15位  性別違和症候群

   第16位  自転車

   第17位  感想

   第18位  イノセントラブ

   第19位  数式

   第20位  コードブルー 

        

約3万アクセスを集めた1位を始めとして、やっぱり『ラスフレ』関連が圧倒的なん

だけど、山Pの「プロポーズ大作戦」の健闘も目立ってる。これは、続編情報の記

事が長い間Yahoo!で1位近辺に置かれてたためで、山下とプロポの人気を物

語ってるとも言えるだろう。「原作」という言葉は、脚本と混同してる人がものすご

く多いようだ。脚本はドラマの制作現場で使う筋書きで、必ずある。一方、原作は

脚本のもとになった小説やマンガで、無いことも多い。テンメイの7位は健闘かな♪

ウチの代表作、ガリレオの10位は嬉しい。本編は2007年に終わってるんだか

ら、完全にロングセラーなのだ。

             

記事別のベスト30には入ってなかった、織田裕二&北乃きい「太陽と海の教室」

が13位に入ってるのは嬉しい驚きだね♪ 16位の「自転車」は、ラスフレの上野

や瑛太が乗ってたものや、『Around40』で天海祐希が乗ってたものの車種を求

める検索だ。18位に、イノセントラヴの誤記であるイノセントラ「ブ」が入ってるの

には苦笑。。それにしてもすべてドラマ関連の言葉って所は残念だな。もっと普通

の言葉の検索を増やしたいもんだ。夏以降、Googleがウチを高くランク付けして

くれるようになったから、以前より遥かに色んな検索が入ってるんだけど、まだドラ

マには対抗できてない。

                

           ☆          ☆          ☆ 

続いて、検索フレーズ(検索時の単語の組合せ。一つの場合も含む)のベスト20

         

   第1位   ラストフレンズ 特別編

   第2位   プロポーズ大作戦 続編

   第3位   ラストフレンズ 原作 結末

   第4位   テンメイ

   第5位   ラストフレンズ 最終回 予想

   第6位   ラストフレンズ 上野樹里

   第7位   性別違和症候群

   第8位   ラストフレンズ ネタバレ 結末 

   第9位   針間

   第10位  プロポーズ大作戦 スペシャル

   第11位  藤木直人

   第12位  ラストフレンズ 特別編 内容

   第13位  ガリレオ 数式

   第14位  ラストフレンズ 原作 ネタバレ

   第15位  プロポーズ大作戦 2時間スペシャル

   第16位  山下智久

   第17位  ラストフレンズ マグカップ 割り方

   第18位  ラストフレンズ 最終回 結末 原作

   第19位  ラストフレンズ特別編

   第20位  ラストフレンズ 性同一性障害

         

約5200アクセスの1位を始めとして、これまたラスフレだらけ(9位もその関連)

で、プロポがちょっと食い込んでるって感じの顔ぶれ。その中で「テンメイ」が4位

に入ってるのは嬉しいけど、どうせなら3位以内に入りたいね♪ そりゃ贅沢か。

    

第13位に「ガリレオ 数式」が入ってるのは強調しときたい。ガリレオの数式が

気になる人は意外なほど大勢いるし、30本を越えるレビュー全体で見た時、ウ

チの解説は圧倒的だろう。何しろ、熱心な読者だけでもかなりいるのに、すべて

を熟読してる人は僅かしか見当たらないのだ。つまり、読むだけで大変ってこと

だけど、もちろん書く方が数十倍~百倍大変だ。ま、あれでも不十分だけどね。

                                    

他に、ウチの特徴を表してるのが11位の「藤木直人」。『ギャルサー』、『プロポ』、

『ホタルノヒカリ』、『Around40』と、度々ドラマレビューで扱ってきたし、知的で大

人のイケメンタレントとして私も好感を持ってるので、ウチには藤木ファンが多い

のだ。まあ、この半年でかなり消えちゃってるけどさ。。まだまだタレント目当ての

読者が多いし、そのタレントを扱わなくなったりドラマが終わったりしたら消える人

が多い。正直、残念だ。ボヤキはともかく、ファンサイトでもないのに、キムタク=

木村拓哉や福山雅治よりも藤木の検索の方が多いサイトってのも珍しいだろう。

                          

という訳で、今日の記事はこれにて終了。寝不足で、走りに行く余裕がないのだ。

休み明けの仕事で疲れきってるしね。ではまた。。☆彡

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.2008年・記事別アクセスランキング(前編)☆

  2008年・記事別アクセスランキング(後編)☆

| | コメント (2)

08年12月の全走行距離

RUN 11.1km,52分52秒,心拍156

初ランでいきなり初コケ。。自転車の転倒は、夏の多摩川で1度あったけど、ラン

ニングだと一昨年の11月にスケボーの襲撃でコケて以来、1年2ヶ月ぶりだな。

公園の植木の陰に、なぜか黒い硬質ゴムみたいな輪が2コあって、つま先が引っ

掛かってしまった。タイヤにしては硬くて重過ぎると思うな。何だろう・・・? ともか

く、ちょうどスピードに乗ってきた所で左肘を擦りむくアクシデントが起きたせいで、

後半は冴えない走りになってしまった。前途多難な年明けだ。。

     

今夜は、31日の早朝ハーフ以来、3日半休んだ後で、疲れが抜けていい感じか

なとか甘い考えを持ってたけど、やっぱり正月明けだから身体が重い。運動せず

に飲み食いばっかしてるんだから、当然だね。まあ、それでもボチボチの走りに

はなってたし、周回ラストはほぼ1km4分ペースまでアップできたから、良しとし

よう。ブログの毎日更新さえ無ければ、もっと長く走れたのにな。。

     

トータルでは1km4分45秒ペース。脚には異常はなさそうだけど、身体が冷え

たらどこか痛み出すかも知れない。一応、用心しよう。明日も走りたいんだけど、

仕事始めで余裕はないかな。明後日はたぶん走れるでしょ♪ それにしても、

箱根を見てるとやっぱ1km3分ペースだね。そこまでは無理としても、今年は

1km4分のスピードを身体に思い出させるのが目標の一つだ。高校陸上部時

代には軽くキープしてたんだから、出来ないはずはないと思いたい。

               

箱根と言えば、まさかの初優勝となった東洋大が胴上げの代わりに頭を下げた

のは正解だろう。自分たちが起こしたトラブルじゃないんだから、下げなくていいっ

て考えも一応可能だけど、今の日本社会じゃ通じにくい。出場辞退でも何の不思

議もなかったもんね。ともかく、追い詰められた末の快挙、本当におめでとう☆ 

ちなみに、間寛平の地球一周は、順調に太平洋2日目を終えたようだ。イルカを

発見したり、かもめが遊びに来たり♪ とはいえ、食事とか普段の生活だけで大

変そうだね。。

                       

 往路(1.15km)    6分01秒    心拍125   

  1周(1.1km)     5分33秒       143            

  2周            5分20秒      150               

  3周            5分13秒       156       

  4周            5分01秒      164             

  5周            5分11秒      162                 

  6周            5分11秒      162             

  7周            5分06秒      166             

  8周           4分35秒      172

  復路            5分40秒      165             

  計           52分52秒      156 (最大心拍176,周回ラスト)

     

         ☆          ☆          ☆

続いて、2008年12月の全走行距離

         RUN 201km ; BIKE 0km

      

う~ん、秋以降はすっかり、ランニング200kmだけがノルマとなってるね。それ

以上には届かないし、自転車は0km続き。ずっとジムが改装中だから、エアロ

バイクもこげないわけ。まあ、今月半ばからちょっと余裕が出来るから、一気に

追い上げようと思ってる。実際、去年の1月はかなり距離を伸ばしてるもんね。

3月下旬の荒川目指して、走りこまなきゃ! ではまた。。☆彡

           090104     

        

    

     

   

   

   

   

   

      

090104b    

   

| | コメント (0)

2008年・記事別アクセスランキング(後編)☆

箱根駅伝、東洋大初優勝おめでとう☆ 6区で早稲田に抜き返された後、8区で

再び逆転。そのまま逃げ切って、往路と復路を共に制する完全優勝となった。総

合2位は、早大が2年連続で獲得。3位は日体大。。とか、自分で書いてても分か

るけど、やっぱ1位と2位以下の扱いって凄く違ってるね♪ 

       

オリンピックとか一部の例外を除けば、4位以下なんてほとんど無視される。まし

てや市民ランナーの低レベルの走りなんて、世間的には何の価値もない。そこに

価値を生み出すのは自分自身だし、ブログ記事に価値を付加するのは各ブロガー

の実力や個性ってことだろう。ちなみに箱根の最優秀選手賞(金栗杯)は、往路5

区で区間賞の見事な山登りを披露した、東洋大1年の柏原竜二。今後は注目さ

れるから、逆に大変だと思う。更なる飛躍を期待するとしよう。

         

もう一つ、スポーツネタを書いとくと、間寛平の地球一周・ヨット編は、一旦出航し

てすぐ引き返したとのこと。安全第一とはいえ、初日からそんな調子で今後大丈

夫なのか、ちょっと心配だね。もともと成功の可能性は低いと思ってたけど、折角

ここまでランニングで頑張って来たことだし、数ヶ月くらいは続けて欲しいもんだ。。

             

         ☆          ☆          ☆

それでは、前日の前編に引き続き、2008年記事別ランキング・ベスト30の後編

をお届けしよう。もちろん、全てリンク付き。まず、第11位~第20位から。

        

  第11位 タケルのアイスピック~『ラスト・フレンズ』第7話

  第12位 宗佑に再び負けた瑠可~『ラスト・フレンズ』第4話     

  第13位 被害者としてのDV男・宗佑~『ラスト・フレンズ』第3話     

  第14位 共生を選んだビーチボーイズ~『ラスト・フレンズ』最終回   

  第15位 人間は白か黒だけじゃない~『ラスト・フレンズ』第6話     

  第16位 ボーダーライン・カップルの崩壊~『ラスト・フレンズ』第5話     

  第17位 春ドラマ2008、期待のレビュー候補3本☆    

  第18位 『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較3     

  第19位 純粋無垢な罪深さ~『イノセント・ラヴ』第1話     

  第20位 『イノセント・ラヴ』公式裏サイトを見る方法(図解付き)

     

昨日も書いたように、ランキングの集計はかなり手作業が入ってるので面倒だ。

それを30位まで調べるハメになった理由は、11位から16位までの顔ぶれに

表れてる。つまり、上位は『ラスト・フレンズ』の記事だらけで、単調だからなのだ。

17位と18位も、ラスフレ関連の検索でたまたま上位にヒットしたからで、Yahoo!

のイタズラに過ぎない。

        

上野樹里・瑛太・水川あさみらと錦戸亮とが、長澤まさみ争奪戦を繰り広げる形

となったこのドラマ。視聴率や世評が高かっただけじゃなく、ウチの記事へのアク

セスが暴騰する「ラスフレ・バブル」を巻き起こしたことで、強く印象に残ることに

なった。回を追うごとにアクセスが急増して、終盤の最高記録は1日の訪問者数

5000、アクセス数1万ほど。マニアックサイトがちょっとだけ人気サイトの気分

を味わえただけじゃなく、制作サイドのお二人からコメントまで頂けた。

                       

正直言って私から見ると、ラスフレの記事の出来は普段と大差ないし、精神医学

的な色合いの濃さにおいても、小日向文世&吉高由里子『あしたの、喜多善男』

や藤木直人&天海祐希『Around40』と大差ない。「人気」の問題ってのは複雑

だなと、改めて思い知らされた。やっぱり、ファンの多いタレント(特にジャニーズ)

が起用されてるかどうかが、一つの大きなポイントだろう。

                 

こうしたラスフレ人気の中、19位と20位に堀北真希&北川悠仁『イノセント・ラヴ』

が入ってるのは嬉しい驚きだ♪ 19位は、連ドラの第1話だから有利ってだけじゃ

なくて、誤ってイノセント・ラ「ブ」で検索すると1位とかにヒットしたおかげでもある。

他にも、ほとんどのブロガーが否定的な言葉を連ねる中、ウチでは本格的レビュー

で真正面から支持したのも大きかっただろう。よそとは全く違うサイトだという事が

よく分かったはずだ。20位は、裏サイトの入り方マニュアルで、ピアノの鍵盤の弾

き方を図解したのがポイント。Googleがトップクラスでランクしてくれたおかげで、

最後までアクセスが途絶えなかった。

              

         ☆          ☆          ☆      

では最後に、いよいよベスト10の発表へと移ろう。

   

 第1位  『ラスト・フレンズ』特別編or総集編と放送回数   

 第2位  『明石家サンタ』、今年もまったりと♪

 第3位  『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害に関する情報 

 第4位  瑠可(上野樹里)の性別違和症候群~『ラスト・フレンズ』第8話     

 第5位  『ラスト・フレンズ』第1話、軽~い感想♪     

 第6位  ルークvs宗佑、最終章へ~『ラスト・フレンズ』第9話     

 第7位  『ラスト・フレンズ』第2話、軽~い感想♪     

 第8位  『ラスト・フレンズ』瑠可(上野樹里)の同性愛と性同一性障害2     

 第9位  『ホタルノヒカリ』最終回予告から予想される結末☆   

 第10位 宗佑の死、ドラマの終焉~『ラスト・フレンズ』第10話   

     

当然のごとく、これまたラスフレだらけで、9位もYahoo!のイタズラによるラスフ

レ関連。そんな中で、第2位の『明石家サンタ』だけが際立ってる☆ クリスマス恒

例の深夜バラエティ番組に関するもので、別記事に書いたように、Yahoo!検索

ランキングで目立つ扱いをしてくれたのが強烈だった。僅か1日で訪問者数とアク

セス数が6000ほどに到達、初めてのココログ全記事ランキング1位も獲得。年末

での6日間だと1万人、1万アクセスほどで、もう少し日数があればウチのランキ

ング第1位に輝くところだったのに、惜しかった。

        

第3位は、瑠可(上野樹里)の同性愛&性同一性障害(or性別違和症候群)に関

する細かい情報記事で、第4位も同様。瑠可を男として捉え直すために私が提

案した「ルーク」って呼び名は、ちょっとしたヒットになって嬉しかった♪ そして、

第1位に輝いたのもラスフレの記事だけど、レビューではない。最終回の翌週の

特別編に関する情報だ。

        

今となってはほとんど意味がないけど、ラスフレ終盤の人気爆発時においては貴

重だった。と言うのも、同種の情報はネットに溢れてたものの、ソース(情報源)を

自力で調べて正確な情報と推測を掲載したのは、その時点でウチだけだったの

だ。詳しくは記事に委ねるとして、ともかくこの何気ない情報記事は、マニアックサ

イトとしてのプライドを誇示している。訪問者数10000、アクセス数11000ほど

で、明石家サンタの追撃から紙一重で逃げ切った。

              

        ☆          ☆          ☆

なお、惜しくもベスト30には入らなかったものの、いくつかの記事の名前は挙げ

ときたい。まず、スポーツ部門のトップは「マウンテンサイクリングin乗鞍2008」。

ランニングだけだと「世田谷246ハーフ、距離が1.1km短かったのか!」。

『喜多善男』だと第1話「パンドラの箱に残されたもの」、『アラフォー』も第1話で

パステルグリーンの自転車の並走」、織田裕二&北乃きい『太陽と海の教室』

だと第3話「世界に導く言葉と海」だった。

        

という訳で、長くなったけど、2008年・記事別アクセスランキングはこの辺で終了。

2009年はどうなるのか、次の正月をお楽しみに!(と言いつつ書かないかも♪)

それでは。。☆彡

          

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.さっきから、「阪井あゆみ」って検索が次々に入るなと思ったら、今放送し

    てた『特命係長 只野仁』の主題歌「悲しみを愛しさで」を歌ってるCanCam

    モデルね。ちょうど、この記事を書きながら見てた所だ。歌唱力はともかく、

    曲はわりと好きかも。離婚してるって情報があるけど、仮にそれが本当と

    しても、今の時代なら大したマイナスにもなんないでしょ。スタイルがOKな

    のは当然として、ルックスもかなり可愛くて好みだ♪

                   

cf.2008年・記事別アクセスランキング(前編)☆

  2008年・検索ワード&フレーズランキング☆

| | コメント (0)

2008年・記事別アクセスランキング(前編)☆

箱根駅伝・往路、東洋大初優勝おめでとう! 4区まで快走した早稲田の逃げ切

りかと思ったら、東洋大1年生ルーキー・柏原が5区の山登りで区間新の激走

大逆転劇の立役者となった。ところが、ちょうどその辺りで私は外出しちゃったか

ら、テレビで見れなかったんだよな。元々、山登りを一番見たかったのに残念だっ

た。ま、お正月の予定はなかなか自分の自由にはならないのだ。。

        
    
さて、慌しい中でも3月末まではブログの毎日更新を続けたいってことで、今晩

は年頭恒例の企画、『2008年・記事別アクセスランキング』をお届けしよう。

コログのアクセス解析から分かるPC経由の「訪問者数」と「アクセス数」(ペー

ジビューのこと)から、総合的に判断したものだ。携帯経由のデータもあるけど、

PCに比べると遥かに少ないし不正確だから考慮してない。携帯で長いドラマ

レビューを読むと、実際は1人の1アクセスなのに、10人の10アクセスと表示

されたりするのだ。

         

この集計はかなりの部分が手作業で面倒だから、ベスト10だけのつもりだった

のに、それだと内容的に面白くない。仕方なく、ベスト30まで計算するハメになっ

てしまった。もう時間がないから、今日は前編として第21位~第30位をサラッ

と見ておこう。

追記: 後編の第1位~第20位も既にアップした)

                  

         ☆          ☆          ☆

それではまず、10本の記事を列挙しておく。

       

  第21位 『ホタルノヒカリ』、ドラマと原作コミックの比較4  

  第22位 キムタクは素うどんかたぬきで♪~『CHANGE』第1話    

  第23位 『コード・ブルー』のヘリコプターMD902について      

  第24位 プロポーズ大作戦・続編スペシャル、3月25日に2時間半☆   

  第25位 『ガリレオ』最終回の数式1~熱伝導方程式

  第26位 ドクターヘリを取り巻く腕~『コード・ブルー』第1話

  第27位 『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』の数式と図について

  第28位 『ガリレオ』最終回、核爆弾処理シーンの数学的解説       

  第29位 『ラスト・フレンズ』最終回、宗佑(錦戸亮)の遺書全文    

  第30位 『an・an好きな男ランキング』2008を見て思うこと  

           

第21位で2007年の『ホタル』の原作記事が登場してるのは、藤木直人や綾瀬

はるかのファンのおかげじゃない。Yahoo!で『ラスフレ』の検索をした時に、な

ぜかこの記事がトップクラスでヒットしたためだ。そうゆうのはすぐ気付くから、

ちゃんと『ラスフレ』記事への誘導リンクを記事に追加したんだけど、ほとんどの

人はすぐ帰ってた。ま、要するに、反射的行動をする人たちのアクセスってことだ。

第22位はキムタク=木村拓哉主演の月9で、熱狂的タクヤファンのアンナちゃん

が、ブログ別館(秘密基地だからリンクは付けない♪)で紹介してくれたのが大き

かった。記事内容もテクニカルで、ウチの自信作の一つだ。

     

第23位は、山P=山下智久の女性ファンには想像もつかないヒットだろう。検索

サイトの高いランクにも助けられたけど、男にはメカ好きのこだわり人間が多いっ

てことだ。もちろん私は「ヘリオタ」じゃないけど、英文サイトも調べてるし物理学

的補足もあるし、貴重なコメントにも恵まれて、中味のある記事に仕上がってる。

第24位は、Yahoo!で1位にランクされたおかげで、Pちゃん人気とプロポ続編

への期待の大きさを誇示する結果となった。続編レビューよりアクセスが多いの

には苦笑するばかり (^^ゞ

      

第25位は去年の人気ドラマの記事だけど、福山雅治とか柴咲コウの人気とは

直接関係はない。「ガリレオ 数式」とかの検索でベスト3をキープし続けたから

で、ドラマ内でチラッと登場した大学レベルの数学・物理学が気になる人が凄く

多かったのだ。この記事そのものは大した内容でもないけど、ガリレオの一連

の記事は、半ば理系・半ば文系の私の能力を存分に発揮できた自信作。ロン

グセラー記事となってるのはすごく嬉しい☆ まさかの女子中学生2人のコメン

トも嬉しかった♪ アブナイわ!

          

第26位は、連ドラの初回だから有利だったって話で、別に『コード・ブルー』レ

ビューの中で最高傑作って訳ではない。第27位は、今秋放送された『ガリレオ

SP』終了後に素早く書いた数学・物理記事。ココログでも紹介されたし、あちこ

ちにリンクが貼られたおかげで、勢いよくアクセスが集まった。第28位は完全

に自信作♪ 昨年末の『ガリレオ』最終回・クライマックスで、湯川(福山)が何を

頑張ってたのかをキレイに読み解いた記事で、国内だけでなく香港でも賛辞を

頂いた。やっぱり、数式は世界共通の言語であって、理解できる人間にとって

は、論理的かつ正確な主張の極致なのだ☆ まだスルーし続けてるそこのあな

た! 今年こそ数学や物理の理系ワールドへと冒険してみよう♪

                           

第29位はタイトルのまんまの記事で、宗佑から美知留(長澤まさみ)にあてた

遺書の完全な再現。今でも錦戸ファンらしきアクセスが時々入ってる。第30位

は、ドラマと直接には関係ないけど、要するに男性タレントの人気ランキングを

知りたい女性が非常に大勢いるってことだろう。2007年にも同様の記事がヒッ

トしてたから、柳の下のドジョウって奴だ♪

    

        ☆           ☆          ☆

という訳で、もう時間が無いから今日はこの辺で。残りは明日に回したい。何し

ろ集計だけでかなりの手間ヒマがかかってるので、悪しからずご了承を。クイズ

『ヘキサゴン』の羞恥心ラスト・ライブとか、紫式部『源氏物語』とかを無理やり

大音量で見せられながら、壊れかけの旧式PCで頑張って書いた記事なのよ♪

それでは、また明日。。☆

    

cf.2008年・記事別アクセスランキング(後編)☆

  2008年・検索ワード&フレーズランキング☆

| | コメント (0)

☆謹賀新年 2009☆

081231  

  

  

  

  

     

        ☆謹賀新年☆

         

画像は例によって写真素材さんから3枚頂いて、縮小&連結した。ぐらいんだぁ

さん、whoopiさん、どうもありがとう☆ ちなみに左は大黒天、中央は弁財天。

右端は門松だ。そりゃ、余計か♪

    

去年の正月は、あらかじめ元日分の記事を作ってたんだけど、今年はホントに

元日に書いてるから大変だね。生活のリズムが違うし、周りでペチャクチャ喋っ

てるし、テレビのチャンネルはコロコロ変わるし。。寛容で温厚な私でさえ、新年

早々、「うるさい!」とか怒鳴りつけたくなっちゃうわ♪

        

                           ☆          ☆          ☆

昨晩は最初、格闘技の『Dynamite』と『紅白歌合戦』を交互に見てたんだけど、

途中からいつの間にか紅白ばっか。でも、意外に面白かったな☆ 演歌も1年

に1回なら、物珍しさでOKって感じ♪ そもそも最近、クリスマスや年末年始を

除くと、レビューするドラマ以外にほとんどテレビを見なくなってるから、曲やアー

チスト名と顔があんまし結びついてない。紅白で勉強するようになっちゃ、人生

終わってるかもね (^^ゞ

         

年末のMステ(ミュージックステーション)で、Perfume羞恥心はすぐ覚えたけ

ど、いきものがかりGIRL NEXT DOORはモヤモヤしてたから、紅白でやっ

とハッキリ認識。青山テルマは顔も曲も知ってたものの、歌ってるのを見たのは

初めて。Paboは一人一人なら知ってたけど、3人で歌う姿は初めて。キマグレン

は曲しか知らなかった。何と正直な人間なんだ! 金の斧と銀の斧をもらえるか

も。ちなみに、曲にはすぐ適応できるので念のため。エッ、フツー? あっ、そう♪

         

紅白で私が一番感動したのは、大トリの氷川きよしの涙じゃなくて、藤岡藤巻と

一緒に「崖の上のポニョ」を歌う大橋のぞみの可愛さだ。そりゃアブナイわ! そ

うじゃなくて、森山直太朗の「生きてることが辛いなら」。あらかじめ、白組司会の

SMAP・中居正広が釈明。命を粗末にするなとか、歌詞に対する批判があるけ

ど、よく聞いてくださいって感じのお話。で、緊張して聞き始めると、冒頭からいき

なり引き込まれた。

             

   生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい

     

JASRAC(日本音楽著作権協会)に怒られそうだから止めるけど、ホーッ・・これ

NHKの紅白で流すってのはなかなか過激だね☆ これまでの紅白の歴史でも、

歌詞が問題となったことは何度もあったはず。まあ、実績のある森山だからって

のもあるだろうし、曲も歌詞も森山のヴォーカルも素晴らしいもんな♪

               

ただ、不特定多数の人々、特に少年少女がこの歌詞を聞いてどう思うかなって

のは、ちょっと気にはなる。最後までじっくり歌詞を聞けば、明らかに「生の肯定」

だ。「辛いなら くたばる喜び取っておけ」。でも、一番の歌詞だけサラッと聴けば

「死の肯定」、辛けりゃ死んじゃえと聞こえなくもない。文章読解力の個人差がか

なり大きいのも事実だ。ドラマでも、少し曖昧だったり難しかったりすると、たちま

ち誤解や無理解が拡がることになる。

                    

「小さく死ねば」だから、ホントに死ぬんじゃないって釈明は可能だけど、じゃあ

小さくって具体的に何を指してるのか考えると、別の問題が生じてくるだろう。

リストカット、ひきこもり、一人旅、出家、巡礼、失踪など、どれ一つとっても簡単

な話じゃない。ま、森山のポジションだと大丈夫ってことかね。これがジャニーズ

の歌詞だと、問題が大きくなりそうだもんな。ともかく色んな意味で一番印象に

残った曲で、個人的には絶賛する。

歴史は小さなブランコで 宇宙は小さな水飲み場」。素晴らしい!☆

       

ノリの良さなら、Perfume「ポリリズム」やキマグレン「LIFE」、あるいは復活を

果たした倖田來未「TABOO」辺りかな。二宮和也&錦戸亮&戸田恵梨香主演

ドラマ『流星の絆』の主題歌「ORION」(中島美嘉)って、そんなに大ヒットしたん

だっけ? 中島の去年の曲って意味で選ばれたのかな。正月だから、オリオン

で調べるのもダルイわ。そりゃ、オリコンか♪

     

         ☆           ☆          ☆

そうか、こうやって紅白の曲であれこれ書いてると、どんどん長くなっちゃうわけ

ね。ホントは『ゆく年 くる年』についても書きたいけどガマン。新年の挨拶だから、

最後に今年への思いを書いとこう。今、私は基本的に元気がいい♪ 精神的に

も身体的にもそこそこ充実した状態だ。春までは、ブログもスポーツも去年後半

と同じ感じだろう。硬軟取り混ぜた色んな記事を書くつもりだし、3月下旬の荒川

のレースを目指して走りこみも強化する。

       

ただ、3周年記事とかで書いたように、ちょっと特殊な事情があるし、4月以降

のブログの予定はまったく分からない。公開以来3年4ヶ月の毎日更新継続も、

流石に相当苦しくなってきた。時間のかかるドラマレビューをしばらく止めるとか、

週3回にするとかしばらく休むとか、選択肢を色々考えてる所だ。ドラマレビュー

を止めても、これまでの圧倒的蓄積は残るし、Yahoo!にもGoogleにも高く評

価されてるから、検索アクセスは続々と入って来るだろう。実際、先日初めてコ

コログの全記事ランキング1位に輝いたのは、「明石家サンタ」の記事。バラエ

ティだし、読者約1万人のほとんどは検索からだった。

                    

重要なのはドラマではなく、ブログの総合的充実。それより遥かに大切なのは、

テンメイのプロデュースだ。ブログやスポーツはそのための一手段に過ぎない。

あくまで優先順位を間違えないように、激動の2009年を生きていこうと思ってる。

ともかく、今年もよろしく。。♪☆

| | コメント (4)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »