« 中学生の体力、現代社会でもあなどれず・・ | トップページ | 『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒) »

台湾の愛之絆さんへ♪~『神の雫』第2話について

你好,愛之絆小姐。 (こんにちは、愛之絆さん♪) (Hello,ainokizuna.)

初次見面。 (はじめまして。) (Nice to meet you.)

我是 天命。 (私はテンメイです。) (I am tenmei.)

我看了你的博客 (私はあなたのブログを見ました。) (I read your blog.)

謝謝你介紹我的博客。 (私のブログを紹介していただき、ありがとうございます。

              (Thank you for your introduction of my blog.)

雫的第二句話、我省略了法語的口音記号。

       (雫の二番目の台詞、私はフランス語のアクセント記号を省略しました。

       (Shizuku’s second lines,I omitted French accent mark.)

真実的語言大概是這個。 (本当の言葉はおそらくこれです。

                 (Perhaps the true word is this.)

090127 法語「Passé」,英語「Past」。 

    

    

法語困難。 (フランス語は難しいですね。) (French is difficult,isn’t it?)

本周也享受「神の雫」吧! (今週も『神の雫』を楽しみましょう!

             (Let’s enjoy ‘kaminosizuku’ again this week!)

那麼,再見! (ではまた!) (See you!)

     

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆日本の読者の方へ☆

            

台湾のKAT-TUNファン、愛之絆(ainokizuna)さんのブログが、ウチの第2話

レビューの仏文和訳(亀梨和也とフランス美女の会話)を引用して、フランス語・

英語・日本語・中国語を並べる形で紹介してくださってる。是非一度、遊びに行っ

て頂きたい♪  (http://blog.xuite.net/radio_report/kattun/21989014

このURLからも分かるように、サイト全体の名前は「radio report」で、その中

の「日誌」(個人的内容のブログ)が「kattun」情報だらけってこと。

    

28日の追記: ウチのこの記事を読んだ彼女は、すぐにあちらの記事を削除

          したようだ。下のコメント欄と、ウチの第3話レビューを参照。)

            

著作権、肖像権の意識についてはとりあえず気にしないことにしよう。アジアなの

だ。ともかく、香港(福山雅治『ガリレオ』)、中国(キムタク=木村拓哉『CHANGE』

に続いて、テンメイのアジア進出第3弾でもある (^^)v それは良しとして、彼女の

語学力は驚異的(自動翻訳使用か・・)だけど、私が文字化け回避のためにフラ

ンス語のアクセント記号を省略したことまでは理解されなかったようで、英語が一

箇所違ってた。「Past(過去)」のはずが「Pass(通過)」となってしまってるのだ。

                              

それだけならスルーする所だけど、「この日本人は不確かだと言ってる。私も同じ

で、英語しか分からない。(爆)」って感じのジョークまで書き添えてたから、なるべ

く正確な話を伝えて、ついでに草の根の外交も試みたってわけ。これで何かあっ

ても、外務省が何とかしてくれるでしょ♪

                    

ちなみにこの方、情報収集力(テレビ,ネット,雑誌、ラジオ)も凄いから、サイト

もかなり人気のようで、続々と台湾からのアクセスがウチに入って来た。ただ、

『神の雫』を何語でどうやって見てるのかはハッキリしない。向こうの記事に字幕

関連のジョークがあるから、字幕付きで見てるようだけど、そのジョークを翻訳

するのが大変だからパスした (^^ゞ ま、「(笑)」と書いてるから笑い話でしょ♪

自動翻訳を二種類試しても、全く意味不明な日本語しか出なかった。いずれ解

読しようとは思ってるけど、社会的背景に関する知識も必要だろうね。。

               

なお、私の中国語は超初心者レベルだから、向こうの記事を軽く理解するだけ

で苦労したし、応答を書くのは超~大変! ネット(自動翻訳その他)と参考書で

調べまくって、失礼のないよう気配りしてるわけ。例えば最初に「你好(ニーハオ)」

と書くだけでもかなり時間を使ってる。中国と台湾の微妙な違いもあるしね。漢字

とフランス語で仕方なく特殊な文字を入れてるから、文字化けしてたら悪しからず

ご了承を

    

果たして、「第二の使徒」対決はどうなるのか。遠峰一青(田辺誠一)が反撃する

のがフツーだろうけど、ヒネッて来るかな。あと、ムートン85年へのチャレンジは

どんな結果になるのか。それではまた、『神の雫』第三話レビューにて。。☆彡

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf『神の雫』第1話、軽~い感想♪

   桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第四弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

|

« 中学生の体力、現代社会でもあなどれず・・ | トップページ | 『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

テンメイ様へ
はじめまして、台湾の愛の絆です。
テンメイさんの文章を勝手に使わせて本当に申し訳ございません。亀梨さんが言ったフランス語台詞は確かに苦手なので、WEBで色々検索して、テンメイ様のブログにたどり着きました。無断使用の件本当にすみませんでした。もし良かったらそのまま引用させて頂けませんでしょうか?お願いします。ありがとうございます。
もし引用の件はだめだったら、私が直ぐ引用した部分を全て消します。
メールを待ちしております。
再び、無断引用の件申し訳ございません。

投稿: 台湾の愛の絆 | 2009年1月27日 (火) 23時36分

テンメイ様へ
2度目の書き込みすみません。引用の文章を全て消しました。この件について本当に申し訳ございません。

投稿: 台湾の愛の絆 | 2009年1月27日 (火) 23時44分

> 台湾の愛の絆さん
   
はじめまして♪ コメントありがとうございます happy01
日本語がとてもお上手なんですね!
中国語も英語も必要ありませんでしたか (^^ゞ
ひょっとしたら何か反応があるかと思ってましたが、
こんなに早いとは驚きました。。
    
ウチの記事の引用は全く構いませんよ♪
記事の一部を引用して、ウチへのリンクを付けて、
できればご自身のコメントも少し付け加えて
くだされば、まったくOKです。
        
ですから、先日の引用はそのままでいいですよ♪
どうぞ、どうぞ (^^)
もう消してしまったのなら残念なことですね。
また気が向いたら何か書いて下さると嬉しいです。
   
台湾と日本、『神の雫』を通して少しでも
理解し合えればいいですね♪
今回はちょっと誤解されたのかも知れませんが、
すれ違いを通して少しずつ近づいて行きましょう。
    
以上、先ほど送ったメールの文章と重なってますが、
一応こちらでもレスしときました。
ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2009年1月28日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学生の体力、現代社会でもあなどれず・・ | トップページ | 『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒) »