« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

信仰、信頼、愛~佐々木閑『日々是修行』(朝日夕刊)

ネットとテレビが中心の現代、新聞の夕刊というのは、コラムや特集を読まない

とほとんど意味が無くなってる。朝日新聞・夕刊に掲載されたその種の記事につ

いては、これまでも何度か触れてきた。今回は、花園大学教授・佐々木閑連載

コラム「日々是修行」に軽く触れてみよう。ちなみに花園大は、が基本の仏教系

大学だ。

                 

彼は京大工学部と文学部の両方を卒業した学者で、理系&文系という意味では、

私と似てなくもない。彼の理系の議論はちょっと危なっかしいけど、それはここで

は置いとこう♪ 毎週1回(最近は木曜)、原稿用紙2枚(800字)程度の仏教的

文章を書いてて、まとまりはいいし、気軽に読めて、分かりやすい。「独自の刺激」

も持ってるから、その意味では模範的なコラムだと思う。

                    

ただ、独自の部分はかなり刺激があるから、私も含めて、多少引っ掛かってる人

もいるようだ。その点は本人も、自分で認めている。たとえば、2009年2月12日

夕刊の見出しは「信仰ではなく信頼する」で、かなり議論の余地のある話だった。

少し引用してみよう。

   

     釈迦の仏教は、信仰で成り立つ宗教ではない。・・・信仰とは、「絶対に正

     しい存在がこの世にいる」と考えて、その前に自分のすべてを投げ出し身

     を任せることである。・・・釈迦は絶対者の存在を認めなかった。・・・ただ

     常人よりすぐれた智慧があって・・・私たちは、その道を信頼する・・・それ

     だけで仏教は成り立つのである。

    

反発する人も多い」と書かれたこの考えに、私はわりと好意的だ。けれども2点、

無視できない問題がある。1つは、その「信頼」とは、他の信頼とどうゆう関係を

持ってるのかという問題だ。たとえば、科学に対する信頼、あるいは身近な人間

に対する信頼。もし同じというのなら、わざわざ宗教と呼ぶ必要があるのだろうか。

早い話、仏様の前で手を合わせてお祈りする人間は大勢いるが、科学や知人に

お祈りする人間を見たことはない。科学は大昔の書物に依拠することはなく、日々

実験&検証の対象になっているが、仏教は大昔の経典というものがいまだに権

威を持っている。

    

誤解を避けるために書いておくが、私は科学が良くて仏教がダメということを言い

たいんじゃなくて、同じく「信頼」されるものにも大きな違いがあるという事を言いた

いだけのことだ。もし、科学や知人に対する信頼よりも、お釈迦様や経典に対する

信頼の方が遥かに大きいのなら、仏教における信頼とは、実質的に「信仰」に近

ものと言えるだろう。科学や日常生活より、キリスト教に近いということだ。

        

この事は、もう1つの問題ともつながる。それは、信頼だけで仏教が成り立つの

か、あるいは、成り立っているのかという事だ。成り立つという人間がいるのは、

別に構わないが、信「頼」はするけど信「仰」はしてないという仏教徒がどのくらい

いるのか、かなり怪しいとは思う。「仏教」とは、仏の教えと書く。やっぱり、遥か

上空からの有難い教えなのであって、それは通常、単に「頼」るものではなくて、

「仰」ぎみるものになっている。その意味で、佐々木の考えは、かく「あるべき」仏

教、かく「あり得る」仏教を示してはいるものの、かく「ある」仏教については語っ

てない。さらに言うなら、今後も仏教のあり方はしばらく変わらないだろう。

        

       ☆          ☆          ☆

ただし、仏教をさほど特別視せず、出来る限り普通の思考の対象にしようとして

いる佐々木の姿勢は、基本的に正しいと思う。その場合、科学を信じること、あ

るいは、普通の人間を信じることとの比較分析が重要になるだろう。昨日、2月

26日夕刊では、宗教教育の重要性が語られていた。私も重要だとは思うが、憲

法の問題(第二十条・信教の自由)と関わるから、直接的には難しい。そこで代

わりに、もっと広く、「信じること」に関する教育という形で進めるべきだと思う。

     

その場合には、「愛すること」とも合わせて考えるべきだろう。例えば、ウチのドラ

マ記事でもお馴染みのジャニーズ・タレント(キムタク=木村拓哉、山P=山下智久、

亀梨和也、錦戸涼など)に対する女性ファンの熱狂ぶりは、まさに「信じ、愛するこ

と」の身近な代表例だと思う。それがどこから生じて、どんな意味があって、どんな

リスクがあるのか。そうゆう形の考察なら、教育の場でも可能だろうし、興味を持っ

て気楽に聞くこともできるだろう。もちろん愛は、普通の意味での宗教や信仰とも

密接に関わってるはずだから、話の広さや深さの点でも十分なものになるはずだ。

          

ちなみにウチの記事でも、そういった話に関しては、色んな機会に書いてきたし、

今後もまた書きたいと思ってる。それでは、また。。☆彡

     

     

         

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.2009年9月19日に突然、ウチの3本の記事に続々とアクセスが

    入り始めた。調べてみると、朝のラジオに佐々木閑が出演して本

    のことを話したらしい。道理で、「佐々木しずか」「日々これ修行」   

    なんていう、ひらがな混じりの検索が多いわけだ。それにしても、

    そのラジオについて書いたブログは僅か1つしか見当たらないね。。

          

cf.仏教の語り方と目的~佐々木閑「日々是修行」(朝日夕刊)

  宗教学者という困難、あるいは至福~佐々木閑「日々是修行」(朝日夕刊)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NHK『永平寺』~身体の行動形式

  続『永平寺』~禅問答

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  信じること、本当の事~野ブタ第8話

| | コメント (0)

ノルディックスキー複合団体、14年ぶりの金メダル☆

RUN 16km,1時間17分21秒,心拍158

ノルディックスキー複合団体、14年ぶりの金メダルおめでとう☆ かなり懐かしい

響きのあるニュースだね。荻原健司を中心にして、圧倒的な強さを誇ってた90年

代半ばから、五輪や世界選手権の華々しい活躍がほとんど無くなってたけど、よ

うやく復活したようだ。世界選手権(今回はチェコ)は2年に1回だから、7大会ぶ

のこと。かつての主役の1人、河野孝典ヘッドコーチもさぞ嬉しかっただろう。当

時と比べるとメディアの扱いが小さいような気もするけど、金メダルの価値には違

いがないはずだ。

                   

ノルディックの複合は、前半がジャンプで後半が距離スキー。以前は、V字に板

を開いたジャンプでリードして、距離で逃げ切るパターンだったのに、今回はジャ

ンプ5位からの逆転優勝。最後は写真判定の僅差。持久系のスポーツをやる者

にとっては、刺激のある話だ。

       

前から距離スキーには興味があるんだけど、スキー場に行ってもなかなか自分

でやる機会はない。ただ、ゲレンデの連絡区間とかを、スケーティングとストック

で本気で走ると、ハーハーゼーゼー言うことになるのはよく知ってる。これがスノ

ボーにはないスキーの魅力、メリットの一つでもあるわけだ。とにかく、見事な走

りを見せた湊祐介、加藤大平、渡部暁斗、小林範仁の4選手に拍手を送ろう☆

                   

        ☆             ☆             ☆

さて、雲の上の世界と違って、地上とか地底の三流市民アスリートはここ数日パッ

としない生活を送ってる。寒い、眠い、やる気が出ない。。生活パターンが不規則

になってるし、小さな不愉快さがいくつも積み重なると、メンタル的に落ちていくの

だ。大きいショックにはわりと強い方だと思うんだけどね。。

              

ともかく昨夜は、小雨模様ってこともあって全然走る気がしなかったんだけど、月

末でもあるし、最低10kmだけでも稼いどこうと思って渋々スタート。24日早朝の

27km以来だから、2日半ぶりのラン。疲れとか痛みは感じないのに、妙に脚が

重くてギクシャクする。力が入らないのだ。毎度お馴染みの微熱が出てたのかも。

前半のんびり適当に流してたのが、途中からいつの間にかハーハーゼーゼーの

乱れた走りになって、心拍計も見ずにただガムシャラに16km完走。幸い、小雨

は途中で止んだから、傘は公園内の適当な場所に隠しておいた。

           

トータルでは1km4分50秒ペース。距離が短いわりには遅いけど、後半だけなら

4分30秒ペースをキープしてるので、それなりの意味はあったと思う。ここ最近は

フル42kmをターゲットにしてるから、こうゆうペースで走り続けたことはなかった。

さて、本当は今日・明日と連続で走りたい所なのに、スケジュールの関係で多分

ムリだろう。これで2月が終わって、15日にはもう荒川か。こりゃ、ダメだね。ま、

投げたらアカンってことで、最後まで悪あがきするとしようか。ではまた。。☆彡

               

  往路(1.15km)   6分42秒  平均心拍127

  1周(1.1km)    5分59秒       143  

  2周          5分41秒       143

  3周          5分30秒       146

  4周          5分21秒       151

  5周          5分17秒       154

  6周          5分13秒       158

  7周          5分05秒       162

  8周          4分59秒       166

  9周          5分01秒       169

 10周          4分56秒       172

 11周          5分01秒       171

 12周          4分57秒       173

 13周(0.5km)    2分37秒        172            

 復路           5分03秒        173

 計16km   1時間17分21秒       158 (最大178,ゴール時)

| | コメント (0)

弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

       第五の使徒

   このワインは悩める者に沈黙を持って

   応えてくれる。歩き疲れた私は、初めて

   味わう孤独に怯え、暗闇の中で

   動けないでいた。やがて闇の向こう側に

   柔らかで安堵に満ちた、藍色の光が

   佇んでいるのを見た。

   弥勒菩薩 半跏思惟像。光をまとった

   その姿は、厳かでありながら、慈愛に充ち

   溢れている。それは、夢に迷い、間違いを

   犯し躓いた私の前でさえも、語るでも

   なく、笑うでもなく、泣くのでもなく、

   ただ静かにそこにいるだけなのだ。

   ゆえに私は思う。その人への思いを

   愛という言葉では表せない。

                     (以上、1枚目)

        

   その佇まいは、人でありながら宇宙である。

   見返りを求めず、あなたは有りのままの

   私を受け入れる。

   家族 友人 恋人、愛と呼べる対象は

   数あれど、果てしなく広がる宇宙の中で、

   何ものにも代えがたい、かけがえのない、

   崇高で美しい存在。

   その人への思いは、感謝という言葉で

   表す。  

                    (以上、2枚目)

   (第五の使徒に関する遺言状より。1枚目前半と2枚目はテレビ映像のまま)

            

        ☆          ☆          ☆

次回の予告に最終回の表示は無かったし、読者の方の情報によると、テレビ雑

誌に3月10日が最終回と書いてあったとの事。ますます、『神の雫』は全9話

終了の可能性が高まったと言えるだろう。要するに、私が以前、「打ち切り情報

記事」で書いた予想と同じで、最初のワインの設定本数から十分予想できた回数

だから、打ち切りとか騒ぐほどのことではない。第7話までのストーリーを見ても、

全9話で終了なら自然なことだ。

 (☆26日夜の追記: 自分でも『月刊ザテレビジョン』4月号で確認した。)

        

あらためて強調しとくと、私があの記事を書いた時点では、ネット上には「打ち切

り決定」といった情報が乱れ飛んでた。検索した方ならよくご存知のはずで、一時

はウィキペディアにも書き込まれてた。それに対して私は、自分で『週刊女性』を

読み、ネット上の情報をあれこれ見渡した上で、反論に近い応答を提示したわけ

だ。総合的に考えて全9話が有力だし、それなら打ち切りとは言えないと。

    

別に、結果的に当たったらしいから急に胸を張るわけでもないし、たまたま当たっ

たわけでもない。前にも書いたように、私は去年の『ラストフレンズ』SPの時にも

似たような情報記事を書いて、去年のウチの最大ヒットになったのだ。受け売り

の怪しい情報ばかりが流れる中、私は自分で正確な情報を調べ上げて、内部関

係者の支持も得ることができた。

                      

他にも、例えばオバマの黒人扱いに関する記事を挙げてもいいだろう。短いなが

らも、その時点でネット上に見当たらなかった正確な情報を交えた独自の記事だっ

た。結局、ネットの情報やサイトにも色々あるわけで、選球眼が重要だって話だ・・

とだけ書いとこうかな。弥勒菩薩のように、慈愛に充ちた表情で♪ 

        

        ☆          ☆          ☆

ところで、サイトをそれなりのレベルに保とうとすると、見た目以上に大変な思いを

することになる。記事にしにくい努力が色々とあるわけだ。今回、予想外の時間を

使うハメになったのは、「弥勒菩薩・半跏思惟像」(みろくぼさつ・はんかしゆいぞう)

だった。

     

「弥勒(ミロク)」とは、音声的な語源をたどると、インド古来の神「ミトラ」に行き着く。

ミトラは友を表す言葉で、そこから「慈愛に充ちた」(マイトレーヤ=弥勒のサンスク

リット語とされる)という意味が出て来る。一方、「菩薩」とは、仏陀(ブッダ=悟りを

開いた人)になろうとして修行する者で、仏陀に近い存在だと思えばいい。

          

要するに弥勒菩薩とは、仏陀に近くて慈愛に充ちた存在で、遠い未来、お釈迦様

(唯一の仏陀)の救いから漏れた人々を救ってくれるのだ。「半跏」とは、片方の

足(普通は右足)だけをあぐらに組む姿勢。「思惟」とは考えること。そりゃ蛇足か。

ここまではすぐに情報も集まったし、理解も出来た。ところが、どうでもいいような

トリヴィア的情報にハマったわけよ。それは、弥勒菩薩・半伽思唯像(誤検索用♪)

の右手の指だ。

                                

事の発端は、バー・モノポール(monopole)のシーンで、紫野原みやび(仲里依紗)

のモノマネに笑ってしまったこと。あれがアドリブだったら大したもんだネ。神咲雫

(亀梨和也)の横で、唐突に弥勒の姿をマネしながら、元気を出してと念を送った

らしいけど、私には懐かしの「影絵」用に指で作った狐に見えたのだ♪ 右手の

親指と中指・薬指で輪を作って(狐の口元)、人差し指と小指は立たせてる(両耳)。

        

ところが、本物の弥勒の右手とどこが違ってるのか、ハッキリとは分からなかった。

ウィキでは、「中でも有名な京都府・・・広隆寺・・・右手の薬指を頬にあてて物思い

にふける姿」と書かれてるけど、そこにある写真をどう見ても、薬指を頬に当てて

るとは思えない。テレビ映像が正しいのか、いい加減なCGなのかもよく分からない。

       

結局、テレビの映像と、鮮明に映ったネット上の実物写真(ウィキとは別)をじっ

くり見て、個人サイトの詳しい描写も拝読。どうも本物の弥勒は、親指と薬指で輪

を作って、人差し指・中指・小指を立たせてるようだ(頬には当ててない)。これで、

みやびのモノマネのどこが変なのかハッキリした。中指だけが違ってるのだ(変顔

は別)。僅かなズレっていうのは、笑いの基本だろう。アドリブにせよ演出にせよ、

あのみやびは上手かったし、可愛かったと思う♪

    

         ☆          ☆          ☆

という訳で、マニアックサイトは書く方も読む方も妙に疲れるってことよ♪ ウィキ

の記述がそれほど信頼できないってことの更なる実証でもある。ではここから、ド

ラマの真面目なレビューに向かおう・・・って、遅いわ!

    

今現在、世界的に大きな問題となってるのは「救い」、あるいは「救済」だ。たとえ

ばアメリカなら、その対象はサブプライム問題の震源である住宅金融ローンで困っ

てる人々。巨大な自動車会社・GM(ゼネラル・モーターズ)とクライスラー。大手

銀行のシティグループ。保険のAIG。あるいは日本だと、格差社会の底辺であえ

ぐ人々。大手も含めて、資金繰りや不況に苦しむ多くの企業、自治体など。論点

がボケるから、他の救済については省略しておく。

       

これらをどのように救うのか。あるいは、そもそも救済すべきかどうか。これは非

常に重要かつ複雑な社会問題で、議論がかみ合わないために感情的な対立も

引き起こすし、落とし所とか妥協点も難しい。目の前で飢えや寒さに苦しんでる人

を、その場で少し助けることに関しては、あまり異論はないし、ボランティア(自発

的に行う人)も少なからず現れる。

    

ただ、無条件に救うのは能力的に無理があるし、自己責任とか法的責任をある

程度認めないと、いわゆるモラル・ハザード(倫理の欠如)の問題も生じる。つま

り、何をやっても救ってもらえるセーフティー・ネットがあるのなら、自分で困難を

回避する行動を取らなくなってしまうわけだ。これでは収拾がつかないし、反発

も生じてくる。もっと具体的に書いてもいいけど、そこは想像にお任せしよう。

      

私は今回のドラマも、基本的には高く評価してる。脚本・渡辺雄介、演出・石尾純

ほか、スタッフ&キャストの皆さん、お疲れさまって感じだ。ただ、ドラマでの救い

とか救済の扱いが、ちょっと気になってしまった。

         

まず、誰でもすぐ引っ掛かりそうなのは、神咲豊多香(古谷一行)が救いを求め

る態度だ。まだ詳細は不明だけど、ここまで普通に見るなら、妻と息子・雫がい

るにも関わらず、愛人・ほのかに遠峰一青(田辺誠一)を生ませたことになる。こ

の場合、浮気が雫にバレて孤独に陥るくらいのことは当たり前。ドラマで無けれ

ば、単なる自業自得だろう。

       

ところが、「夢に迷い、間違いを犯し躓いた私」でさえ救ってくれる、慈愛に充ちた

弥勒菩薩がいるというのだ。それが、第三の女、霧生涼子(戸田菜穂)。弥勒と

言えば聞こえがいいけど、世間的に見るなら、浮気男の「都合のいい女」ってこと

だろう。豊多香が霧生に、「またここで席を共にしてくれるか」と救いを求めるのは、

更なる罪を犯すリスクが高まることでもあり、モラル・ハザードと言っていい。

         

にも関わらず、その男のご都合主義的な態度に対する怒りが全く表現されてな

いのだ。雫は、ほのかへの浮気には激怒したのに、霧生への態度にはまったく

寛容なまま。一方、霧生もまったく怒りを見せないどころか、相変わらず今は亡

き豊多香に対する敬愛を見せ続けるだけ。何と悲しい女なんだ。。

           

私は男として、豊多香の気持ちも行動もよく分かるし、悲しい女という存在も結構

好きだったりする。非常に優れた人間の場合、多少の欠点はむしろ好意的に受

け止められがちだという事も知ってる(ドラマだと部長=升毅の態度)。ただ、一言

くらいは豊多香を責める台詞を雫に言わせるべきだったと思う。つまり、最低限

の筋を通すべきって事。それが無い辺りに、この古風なドラマの現代性とか時代の

空気を感じるのだ。

       

豊多香よりも判断が微妙なのは、霧生だ。私は前からちょっと「霧生萌え」してた

ので、髪を下ろした姿で豊多香と向き合って、飲めないワインの席に付き合って

る彼女の姿も気に入った。向かい合うのは、翳りある2つの妖しい光。豊多香と

お月様。ポーッと見とれた後は当然、色んな事が起きていいはずだけど、残念な

がら編集でカットされたらしい。そこを補完するのが、人間の想像力というものだ♪

         

前回、男同士の闘う絆のことを「古典的」と書いたけど、それはフィクション(特に

男性向け)の中で大昔から度々扱われて来たという意味であって、別に過去の遺

物という意味ではない。ところが今回の霧生は、いま現在、世界中探してもなかな

か見当たらないような「古典的」女性キャラだったと思う。こうした二重の古典的性

格(古くから&昔の)が、今回もまた記録更新となってしまった極端な低視聴率の

一因になってるようにも感じられる。前回は財務省辞任という言い訳(=救い)が

可能だったけど、今回はもう救いようがない。弥勒菩薩でさえ、不人気という事実

を「有りのまま・・受け入れ」なさいと仰るだろう♪ 私は好きだし面白いけどね。

             

で、その古典的な霧生。豊多香から見ると弥勒菩薩に見えるものの、本人自身

はもちろん、普通の人間だ。とても弥勒菩薩(=仏陀の次に偉い存在)などでは

ないし、「宇宙」のように広い心を持ってる「崇高」な女性でもない。だから、遺言

状の2枚目を隠してしまったのだ。それは、自分に対する豊多香の思いを率直に

書いた、最初で最後のラブレターだから。それを読むと、女として涙がこぼれてし

まうから、自分の胸だけにそっとしまっておこうとしたわけだ。

      

テレビでさえ透けて見えるあの便箋なら、「崇高」とか「感謝」という文字は見えた

だろうし、弁護士の国語能力なら、2枚目が愛と同格以上の真剣な告白になる事

くらい分かるはず。古風で切ない女にとって、人前で読めないのは自然だろう。

              

けれども、遺産相続を管理する弁護士としては、まったく論外のことをやってしまっ

てる。自分で分かってるからこそ、聞かれてもない事を自分から白状したのだ。こ

の時、マキ(内田有紀)が責任を追求したのは、ある意味で当然のこと。霧生も素

直に責任を認めてた。

          

ところが、雫は「どこが悪いんですか」と真っ向から反論する。誰もマキに同意しな

いどころか、行動を共にしてきた一青までが、「マキさん、この場にふさわしくない

のは・・」と非難する。非常に攻撃的なやり方で、罪人の霧生が救済されたのだ。

仏陀=主役による、菩薩=脇役の救済。せっかく私のつぶらな瞳に、先週に引

き続いて星屑のような涙が浮かびかけてたのに、このマキの扱いで一気に冷め

てしまった。マキのせいではなく、マキに対する総攻撃のせいで、子供のイジメに

近いものさえ感じたほどだ。

                      

大きな流れとしては問題ない。マキは最初からずっと悪役だし、霧生は可哀相な

女。雫は優しい男だし、一青はマキと距離を置いてる。その意味で、脚本は不自

然な展開ではなかった。

      

でも、私が脚本家なら少し違った書き方になるし、演出家とかプロデューサーなら

軽く口を挟んだだろう。雫の台詞は、「どこが悪いんですか」ではなく、「僕は霧生

さんを責めるつもりはありません」。一青の台詞は、「私も同じです」。何なら、立

会人のロベール(竹中直人)も加えていい。これなら、対決の当事者2人(または

3人)の個人的判断にすぎないから、最低限の筋は通ってる。

     

つまり、一般論としてマキは正しいけど、今回は特別に霧生の責任を問わないと

いう事にすればいいのだ。例外的で部分的な救済。直接の被害者がいないのだ

から、霧生の責任を追及する意味もないし、私の涙も引っ込むどころか更に勢い

を増してただろう。ところが実際のドラマは、責任追及するマキだけが明白に悪い

かのように描いてた。

             

この脚本家は頭がいいから、当然わざとやってるのだろう。ハッキリした悪役を

作って話にメリハリをつけてるわけで、その考えは分からなくもない。雫の台詞

に関しては、わかりやすさとインパクトを優先させたもの。まだ子供だからという

言い訳も不可能ではない。でも私は、こうゆう時代になってしまったのか、と思わ

ざるを得なかった。それほど追い詰められてる状況なのかとも思えるし、その意

味では、時代に即した脚本だと言えなくもないだろう。

         

多くの人々が、救いを求める。基本的には、救済する人間が善で、救済に反対

する人間は悪。このとき、善を完全に実現することは決してできない。と言うのも、

「救済に反対する人間」を救済してはいないのだから。あるいは、「救済が不利益

となる人間」を救ってはいないのだから。それが、現実の限界、人間の有限性と

いうものだ。

           

どんな人間でも、どんな罪でも救済してくれる弥勒菩薩など、この世にはいない。

にも関わらず、その心地良い幻想、甘美な誘惑をただ夢見てしまうそうした表

面的な思考は、フィクションの世界に留まるならともかく、いずれ必ずリアリティの

世界にも忍び込むだろう。実際のこの世でどんな救済をすべきで、どんな救済を

すべきでないのか、深く考えることもなく。あるいは現実社会で何が救済からもれ

てしまってるのか、救済の負の側面は何なのか、目配りすることもなく。

          

いまや、アメリカのアカデミー賞が『おくりびと』(英語タイトル:departures=旅立

ち)に与えられた理由も、正確に理解できるだろう。向こうでの配給担当者が、主

演の本木雅弘に「柔らかい救い」だと表現した意味も分かるだろう。この世では

不可能な、普遍的救済。それをこの世の最後で可能にする者の姿を描く、稀有

な作品なのだから。あの世への旅立ちの瞬間にだけ可能になる、現実の弥勒菩

薩こそが、おくりびと=納棺師なのだから。

        

          ☆          ☆          ☆

最後に、全く違う話を簡単に書いておこう。それぞれのワインが何を表してるの

、これまで私は記事やコメント欄に書いて来た。簡単にまとめると、第一の使

徒=雫。第二の使徒=父。第三の使徒の手がかり(アルタ・エゴ)=兄弟。第三

の使徒=母。第四の使徒=孤高 or 山 or 崇高 or 理想

    

そして第五の使徒に関しては、前回のコメント欄のレスにこう書いておいた。「次

は、ポジティブなものなら愛 or 光 or 海、ネガティブなら孤独 or 闇 or 深海 or

森って感じ」。どうだろう。ネガティブな選択肢まで含めて、自分ではなかなかい

い線だったと満足してる所だ♪

                   

先行するワイン記事に書いたように、来週の第六の使徒では、原作の枠組みか

ら離れる可能性が高い。単なるドラマ視聴者にとっては、今までよりも予想しや

すくなるわけで、私なら「友」とか「仲間」を持ってくる。最大の理由は、ロベール

出すためだ。対決にも豊多香にも関わる重要な人物なのに、これまでワインに

は表現されてない。今回、霧生を表現したのだから、私なら最後はロベールにす

る。友とか仲間という形でなら、失明の危機にある一青をも、一緒にポジティブな

形で表現できることになる。みやびや太陽ビール社員を入れてもいいだろう。

       

それが本命として、対抗(二番手候補)はナシ。穴馬(意外な候補)は、アルタ・エ

ゴに続いて一青を表現するものだ。別れ、恐怖、絶望、闇といったネガティブなも

の。ただし、これはかなり可能性が低いし、もしこれで行くのなら、最後の1本で

ある「神の雫」の扱いが難しくなる。当然、明るい話に転回するはずだけど、原作

はまだ進行中だから、具体的に書くのは難しい。第六の使途(誤検索用♪)の暗

さを払拭できない恐れがあるのだ。

     

さて、そろそろ時間が来た。残り2話もじっくりテイスティングして、深い表現を創

り上げるとしよう。ではまた。。☆彡

   

    

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.雫がみやびをワイン・オープナー(開栓用器具)にたとえてた。素敵な世

    界へと導いてくれる物で、必要不可欠だけど、身近すぎてうっかり忘れが

    ちな存在ということだろう。

    

P.S.2 先週書いた、闘う男たちの絆。そのちょうどいい例が、2月24日の朝

      日新聞・朝刊に大きく掲載されていた。共にベテラン俳優。芸名の名字

      は違うけど実の兄弟である2人の、インタビュー記事。タイトルも分かり

      やすくて、「張りあって、寄りそって 津川雅彦VS長門裕之」。ケンカみ

      たいに真っ向から顔を付き合わせつつも、仲良さそうに見える写真が

      印象的だった。

    

      おそらく雫VS一青も、最後までそう描かれるだろう。一青が失明して雫

      が思いやるという流れはまずあり得ない。そもそも、完全に失明するの

      なら、視力の衰えの原因を精神的ストレスとした意味が無くなってしまう。

      「精神的」とは「精神的なものによって回復可能な」という意味のはずだ。

        

P.S.3 一青と言えば、先週の最後に「待っていたよ、雫」と呼び捨てにしたよう

      に思った方が結構いらっしゃった。それに対して、私は先週の追記で、

      雫と聞こえるけど雫君だろうと書いた。今回の序盤、やっぱり一青の呼

      びかけは「雫君」だった。

      

P.S.4 霧生のことを、「昔の」という意味で「古典的」と書いた。実は先週「孤高」

      の例として挙げた二刀流の達人、『宮本武蔵』(吉川英治作,1939)の

      主要な登場人物になってるのだ。1人は、ひたすら孤高の武蔵を愛す

      る女性。もう1人は、ひたすらダメ息子を慈しむ女性。70年前の小説の

      2人を合わせると、見事に今回の霧生、慈愛あふれる弥勒菩薩になる。

    

      ちなみに、この小説は朝日新聞連載で、1954年の映画化(三船敏郎

      主演)ではアカデミー賞・外国語映画賞名誉賞に輝いてる。つまり、『お

      くりびと』の先駆け的作品なのだ。まあ、それよりも、実戦空手で有名な

      極真空手の創始者、大山倍達の愛読書って話の方が有名かな。

      聞いた事もない? あっ、そう♪☆彡

            

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (5) | トラックバック (2)

『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

普段なら、ドラマ終了後の深夜の内にワイン記事を単独でアップしてるんだけど、

今回は翌朝になってしまった。原作情報はほとんど知らないものの、あちこちで

入って来た情報で、今回のワイン「第五の使徒」からは原作でもまだの物らしい

と思ってた。ところが今、ネットで検索すると、「神の雫 カンヌビ・ボスキス」があ

ちこちにヒットする。どうも、最近の原作マンガで「第六の使徒」として発表された

ばかりだったらしい。という事は、次のドラマ版・第六の使徒こそは完全に原作

を離れることになるのかね。あるいは、原作で既に出た他のワインを使うのか。

        

ドラマだけ見てる人間にとってはどうでもいいような話なんだけど、ブロガーとし

てはちょっと厄介なのだ。というのも、既に原作に出たワインだと、それをネット

で調べてる間にどうしても原作情報がちょっと目に入ってしまう。ま、大した事は

書いてないことが多いし、詳しく書いてあったら一瞬でパスするから、ほとんど実

害はないものの、なかなか気を使うわけよ。ネタバレ禁止を公言してるもんで。

          

さて、ともかく今回のドラマ版・第五の使徒は、神咲雫(亀梨和也)遠峰一青

(田辺誠一)も両者正解。テレビのテロップだと、「イタリアの王」バローロの最高

峰 ルチアーノ・サンドローネ バローロ・カンヌビ・ボスキス(’01)。やたらシン

プルなラベルなんだけど、一応恒例のワインラベル・チェックを掲載しよう。普段

は、ラベル表示、日本語の発音、日本語の意味の3段組で示す所を、今回はラ

ベル表示、日本語の2段組にまとめておく。意味って言っても、ほとんどそのまん

まだからネ。

     

             2001

        CANNUBI BOSCHIS

           SANDRONE

            BAROLO

   DENOMINATIONE DI ORIGINE CONTROLLATA E GARANTITA

   

      ☆          ☆          ☆

          ドゥーエミルーノ

         カンヌビ ボスキス

          サンドローネ

           バローロ

   デノミナチオン ディ オリジン コントロラータ エ ガランティータ

     (意味: 統制保証付きの原産地呼称)

   

       ☆          ☆          ☆

さて、バローロというのはイタリアの代表的なワイン産地名で、そこの最高級の

畑の名前がカンヌビ・ボスキス。そして、ルチアーノ・サンドローネ(LUCIANO 

SANDRONE)が生産者名だ。制度的な呼称が付いてることも含めて、フランス

ワインと非常によく似た表示になってる。サンドローネのHPはたまたま工事中で、

数日中にまた来てくれという表示があった。まあ、イタリアの話だから、数日が数ヶ

月だったりするのかも知れない(失礼♪)。

            

私にワインの趣味がないせいか、あちこちの説明を読んでもピンと来ないので、

味や香りや色については省略しよう。一言でまとめるなら、深みがあるってこと

かな。ネットでサラッと探した範囲では、2001年というヴィンテージに関しては、

完売が数箇所あるだけで、値段表示も無し。その前後の生産年から推測すると、

15000円~20000円だろう。富裕層の趣味としては、わりと手頃な感じがする。

やっぱり、ドラマのストーリーと同様、イタリアの方がフランスより身近ということか。

        

という訳で、ワインだけに関する先行記事はこれにて終了。本格的レビューは24

時間以内にアップする予定(追記: 既にアップ済み)。さて、注目の第7話視聴率、

流石に5%台へは回復するかな。あるいは、また4%台か。ま、もう打ち切り説は

消えたからいいけどね。

ではまた。。☆彡

      

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.第7話視聴率は4.7%! また最低記録更新ってことで、極端な不人気

    だね。こうなると、せめて4%台はキープして欲しいもんだ。。

        

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (0)

『おくりびと』、柔らかい救いでアカデミー賞☆

RUN 27km,2時間10分43秒,心拍162

『おくりびと』がアカデミー賞・外国語映画賞を獲得ということで、日本では大きな

話題になってる。今朝(09年2月24日)の朝日新聞・朝刊でも、1面に大きなカ

ラー写真付きで報道。滝田洋二郎監督、出演者の本木雅弘(主演)、広末涼子、

余貴美子の4人が凄く嬉しそうな表情を見せている。

    

日本初の外国語映画賞って話だけど、わざわざ外国語と言ってるからには、アカ

デミーの会員は日本語で見たってことなのかね。字幕も無しで。滝田監督は記者

会見で「言葉の通じない海外の人にこの映画が通じたのはとてもうれしい」と言っ

てるから、映像と音楽だけで通じたのか。もしそうなら、凄いことだな。生と死って

いう普遍的なテーマと、「departures」(デパーチャーズ=旅立ち,出発)っていう

シンブルでキレイな英語タイトルも良かったんだろう。

      

朝日の2面の解説記事「時時刻刻」には、本木が米国の配給担当者から聞いた

話が載ってた。「日本人の繊細なもてなし方を感じ、心が癒やされる映画だ。・・・

『デパーチャーズ』には・・・柔らかい救いがある」。この言葉を聞いて、私はすぐ

に別のニュースを思い出した。

       

昨日から、「柔らかい救い」とは対極にある一連の報道があったのだ。自動車ビッ

グ3のGM、クライスラー、保険大手のAIGが、破綻処理になるかも知れないらし

い。金融大手のシティーグループも、国有化されれば株は紙切れになる可能性

が十分ある。こうゆうハード・ランディング的な話がアメリカ全体を覆ってるからこ

そ、『おくりびと』が高く評価されたんじゃないか。私は今朝、そんな事を考えてた。

ま、経済的には、柔らかくない救いの方が良かったりもするんだろうけどね。。

          

         ☆          ☆          ☆

さて、時事ネタはこのくらいにして、今朝の私のランニング。余りに寝不足が溜まっ

てたから、昨夜はすぐ寝て、早朝ランに切り替えた。前日は休みだけど、その前

1週間で84kmも走ってたから、まだ疲れはある。最低でハーフ、できれば25

km走りたいなって程度で、適当にスタートした。

       

すぐ感じたのは、脚よりも胃の重さ♪ 朝っぱらからチャーハンをたっぷり食べて

30分後のスタートだから、当然だよな。公園の神聖なランニングコースを汚すわ

けにはいかないから、何よりも胃に神経を集中。それはどうにかなったんだけど、

毎年フルの前の走り込みの時期には、脚のあちこちが痛くなる。今朝はまず両

脚の付け根、その後は右膝と左膝がピキピキ。止まりたくなったけど、こうゆう時

は大抵、「やわらかい」着地でしばらくガマンしてれば痛みは収まるもんだ。ハー

ドランディングは、短めの距離のレースだけにすべきだろう。

          

その後そこそこの走りになって来たから、27kmまで距離を延長。トータルでは

1km4分50秒ペースだから、まあまあかな。雨上がりで、下が少し滑る感じが

して走りにくかったんだけど、あんまし言い訳にはならないかもね♪ それにして

も、今月はホント、距離が伸びない。。今晩は亀梨和也&田辺誠一『神の雫』の

第7話を見なきゃなんないし、明日もレビューその他でつぶれてしまう。次は木

曜に16kmくらいかな。雨続きだから、天気予報にも注意しよう。ではまた。。☆彡

        

  往路(2.45km)      12分22秒   平均心拍139

  1周(2.14km)    10分33秒        153

  2周             10分33秒        158

  3周            10分19秒        162

  4周             10分27秒        163              

  5周             10分24秒        163

  6周             10分20秒        164         

  7周            10分17秒        165          

  8周            10分11秒        167        

  9周            10分20秒        167        

 10周            10分20秒         169      

 11周(0.7km)      3分21秒        171

  復路             11分17秒        168          

  計 27km    2時間10分43秒       162(最大心拍180 ゴール時)

| | コメント (0)

PCモニターのトラブル、意外な原因を発見

こんな簡単な原因があったのか! もっと早く気付いとけばなぁ。。コロンブスの卵

て比喩は死語に近いかも知れないけど、簡単な事なのに最初はなかなか出来ないっ

て経験はあるね。ちょっと見方を広げるなら、小学生の逆上がりなんてのもそう。頭

脳ではなく、身体に関するコロンブスの卵ってことだ。

          

ちなみに、「コロンブスの卵」とは、ヨーロッパ人で初めてアメリカ大陸を発見したと

される事が多いコロンブスが、「そんなの誰でもできる」とか妬みの言葉を受けた際

に、「このタマゴを立ててみて下さい」と言い返した有名な逸話(エピソード)。誰も出

来なかった後で、コロンブスが玉子のお尻を軽く割って立てる。最初に行うことの

難しさと、発想の柔軟性の大切さを語るいいお話だけど、数百年前のこの種の話

はしばしば作り話とされてる。これも、良く出来た作り話だろう。以上、蛇足かも♪

            

          ☆          ☆          ☆ 

さて、私がメインで使ってるノートPCが壊れかけてることについては、何度か書い

て来た。動作に関しては2年以上全く問題ないのに、モニターが本体から外れか

090223d けてグラグラする状況。写メのよう

 に、左右の連結部分のプラスチッ

 ク・カバーが割れて、中の金属が

 むき出しになってる。更にこのトラ

 ブルが原因で、モニター中央には

090223e 縦に2本の細い線(赤と青緑)が入ってしまっ

 た。モニターを手で細かく動かすと、この線

 は一瞬消えるから、連結部が主な原因なの

                  は間違いない。

090223b_2 この線は、暗い画面だとものすごく目立つけど、明る

 い画面だと見えなくなるので、我慢できなくもない。た

 だ、最初は右側の連結部分のカバーが割れただけ

090223c だったのに、どんどん事態が進行してしまって

 る。このままだとモニターが映らなくなるのも時

 間の問題だなと思って、最近は新聞のチラシ

 でPCを見てたほどだ。やっぱ、地デジ対応の

 ノートかなぁとか、地デジ完全移行は延期にな

りそうだからアナログTV対応で済ませようかなぁとか。

               

             ☆          ☆          ☆

さて、ここまでが長い前置きだ♪ もう諦めかけてたのに、昨日たまたま簡単な事

に気付いたのだ。何と、モニター連結部の金属をPCの裏側から固定するボルト

090223a_2 が、左右2本とも外れてたのだ! ふ

 とノートPCの裏側を見て、アッと思った

 わけ。ボルトの固定くらいは前から考

 えてたんだけど、本体側面のボルトし

か見てなくて、それを締め直すことしかやってなかったわけ。まさか、側面のボルト

とは別に、裏側にもう1本あったとは。。

                  

このボルトを2本買いに行くのもダルイから、あちこち探すと、普段使ってない外

付けキーボードのボルトが同じ直径だったので、2本だけ借用。ま、返却の予定

はないけどネ♪ ところが、長さが少し足りなくて締まらない。そこで、PCに使わ

れてるボルトを色々チェック。短くても締まる箇所のボルトを外して、それをモニ

ター連結部に締め込む。外した箇所には、キーボードから借用した短いボルトを

代わりに締め込む。これで完成! モニターのグラ付きは全く無くなった。

    

残念ながら、2本の細い線は映ったままだけど、連結部が既に壊れてしまってる

んだから仕方ないだろう。多分これで、あと1年くらいは使えるはずだ。今は世界

的に大変な時期だし、エコブームでもある。使える物はなるべく修理して長持ちさ

せるのが当然だろう。修理費が高いのは論外だけど、今回は0円で解決。いやぁ、

ラッキー、ラッキー☆ ま、最初に右側のボルトが外れた時に気付いてれば、こん

な事にはならなかったんだけどな。。

    

ともかく、差し当たりの応急処置が完了して安心した。去年の秋にアップしたモニ

ターのトラブル記事にはアクセスが続いてるから、他にもボルトが外れてモニター

がグラついてる人はいるはずだ。心当たりのある方は、試しにチェックすることを

お勧めしとこう。ではまた。。☆彡          

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.PCモニターに出た青い線を消す方法

  ノートパソコンのモニターがはずれそう・・

| | コメント (0)

横浜国際女子駅伝が終了する理由を辿ると・・

RUN 16km,1時間19分03秒,心拍152

渋井陽子や北京五輪・金メダリストのディタ(旧姓トメスク)らが出場する、横浜

国際女子駅伝。今日の第27回で終了とのことだけど、理由が書いてない。公

式サイトにも、主催の読売新聞社のHPにもないから、信頼性で劣るウィキペディ

を仕方なくチェック。すると、意外なことが分かった(気がする)。

            

私は最初、不況でスポンサーの都合がつかなくなったのかなと思ったんだけど、

そうではないらしい。今年の秋から、横浜国際女子のフル・レースがスタートす

るから、代わりに駅伝を止めるそうだ(その後サンスポの結果記事でも確認)。

で、横浜でフル・レースが始まる理由は、東京国際女子が去年秋で終了したか

ら。更に、東京国際女子が終了した理由は、東京の男女混合フル・レースが一

昨年から始まったからだ。都心で1年に何度も大規模交通規制をするのは無理

だという、警視庁からの指摘に素直に応じたってわけ。

         

という訳で、全体の流れをまとめると、東京フル開始→東京国際女子フル終了

→横浜国際女子フル誕生→横浜国際女子駅伝終了ということになる。つまり、

元を辿ると東京が原因なのだ。ま、東京の大人気のおかげで、ランニングブー

ムがブレイクしたって側面もあるから、仕方ないって感じかな。私が12月に川

口のハーフに出場した時も、交通規制で困ってる自動車を見かけてる。みんな

妥協の線を模索するしかないだろう。首都圏の乗用車は多過ぎるけどね。特

に東京。公共の交通機関が発達してるんだから、もっと減っていいとは思う。。

                    

         ☆          ☆          ☆

という訳で、マニアックな追求を一通り終えて満足した後は、昨夜のランニングの

報告。相変わらず寝不足でフラフラするから、サボって寝ようかとも思ったんだけ

ど、2月の走行距離が全然足りないのだ。今月は、長距離(25km以上)を3本も

走ってるし、感覚的にはそこそこ頑張ってるつもりなのに、さっぱり距離が伸びて

ない。長距離走は前後に数日の休みを入れることになるし、2月上旬は仕事その

他でちょっとしか走れなかったからだ。

               

仕方ないから、渋々着替えて近所の公園へ。本拠地の公園は遠いから、気分

的に行く気がしなかった。どっちで走っても、距離は同じなんだけどね♪ 一応

16kmを目標にして走り始めると、意外に脚は軽い。連続3日目だし、前夜は

ショート・ビルドアップでちょっとスピードを出したのに、疲れは少なかった。かな

足腰はしっかりして来たと思う。後は心肺機能の回復、特に心拍数の問題だ。

        

ゆっくりでいいと思ってたけど、途中から気が変わって1km5分ペースを死守す

ることに決定。少しずつスピードアップして、トータルでは1km4分56秒ペース。

・・・って、満足してる場合じゃないわな。年末にかけてのハーフ・シーズンと比べ

ると極端に遅くなってる。ま、その分、長距離を走り抜く持久力は少し上がってる

ような気がするから、良しとしとこう♪ 今夜は早めに寝るか、雑用に専念するか、

ちょっとだけ走るか、ビミョーな所だ。雨が降ったらお休みだね。ではまた。。☆彡

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.箱根駅伝でも有名な学生長距離界のトップランナー、山梨学院大のモグス

    が、帰国中のケニアで自動車事故を起こして、木村翔コーチが意識不明

    重体とのこと。不幸中の幸いを祈ろう。それにしても、ランナーが自動車事

    故ってのも皮肉な運命だな。。

          

P.S.2 この記事には、ランニング系としては異例のアクセスが集まった。駅伝

      終了理由が気になった人がかなりいたことと、Googleがいつものよう

      に高いランク付けを与えてくれたことが、記事のヒット「理由」だろう♪

      レースは日本代表チームが4年ぶり10度目の優勝。有終の美となった。

           

  往路(1.15km)   6分08秒  平均心拍127

  1周(1.1km)    5分52秒       138  

  2周          5分38秒       141

  3周          5分37秒       145

  4周          5分36秒       146

  5周          5分37秒       148

  6周          5分36秒       150

  7周          5分25秒       154

  8周          5分19秒       156

  9周          5分10秒       159

 10周          5分10秒       160

 11周          5分06秒       162

 12周          5分04秒       164

 13周(0.5km)    2分38秒        165            

 復路           5分08秒        162

 計16km   1時間19分03秒       152 (最大167,復路の坂)

| | コメント (0)

ショート・ビルドアップで気分転換♪

RUN 14.4km,1時間09分51秒,心拍153

冬に走るとラーメンを食べたくなる♪ それも、味噌とか塩の辛いヤツだ。どうし

てかな、と考えてみると、当たり前だよな。エネルギー補給、身体を温める、塩分

補給の3点セットなんだから。甘い物もいいけど、塩辛い物もいい。って言うか、

たまに単なる塩をなめると、超美味しかったりする。栄養士さんや医者には怒ら

れそうだけどね♪ 他の人がどうなのかは、聞いたことがない。まあ私の場合、

塩分の濃い汗がかなり流れるからだろう。夏だと塩の跡がウェアに残るほど。。

      

という訳で、塩ラーメンは美味しかった・・・って話を書きたいんじゃなくて、昨夜の

僅かなランニングの話ね。前夜、傘ランでビショビショになった後だから、まずは

シューズを乾かす所から始まる。他にも持ってるけど、シューズを変えて走ると調

子が狂うから、なるべく同じ物を使いたいのだ。中敷をはずして靴紐を緩めとくと、

丸一日でそこそこ渇くけど、冬だから内側がまだ湿ってる。そこでドライヤーの温

風を3分ほど当てると、見事に復活。気持ちよく履くことが出来た。

         

走り始めると、脚はまったく問題なし。流石に13.5kmの低速傘ランくらいじゃ

何ともない。距離を伸ばそうかなとも思ったけど、とにかく寝不足が溜まってるか

ら自重。サラッと流して終わることにした。序盤は鼻呼吸でのんびり。中盤は、鼻

から吸って口から出す呼吸で少しペースアップして、終盤は口でハーハーしなが

らどんどん加速。ここ1ヶ月は不調だし、荒川のフルを意識してゆっくり走ってばっ

かだから、飛ばす感覚が新鮮だ。ショート・ビルドアップって感じで、最後は1km

4分12秒ペースまで到達。4分ジャストを狙ったんだけど、スピードの感覚が鈍っ

てたようだ。体力的には余裕あったのにな。。

                     

結局、トータルだと1km4分51秒ペース。ハーハー言ってたわりには遅すぎ。ビ

ルドアップ(加速走)だからこんなもんか、と無理やり納得しとこう♪ ま、平均心

拍は低いし、足腰は最後までしっかりしてたしね。今晩はのんびり15kmくらい距

離稼ぎしようかな。ホントは、土曜の朝に32km走るつもりだったのに、予定外の

用事があれこれ入って来て、しばらく延期にした。荒川まで残り3週間ちょっとしか

ない。焦るなぁ。。ってことで、今朝はこれにて。。☆彡

                    

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.鼻呼吸で思い出したけど、先日ネットで面白いニュースを見た。「鼻がスッ

    キリとおる着信音」というのがリリースされたとの事。お遊び系 IT 企業の

    dwango(ドワンゴ)だから、あんまし本気にできないけど、単なるウソでも

    ないんじゃないかな。鼻にケータイを当ててバイブで振動させ、同時に着  

    信音に合わせてハミングして、共鳴させるらしい。男女別で、男はラの音

    (440Hz)、女はドの音(523Hz)。花粉症や鼻炎でお困りの方、騙された

    と思って一度お試しあれ。ただし、ホントに騙されちゃったら自己責任♪

              

 往路(1.15km)  6分23秒   平均心拍127

  1周(1.1km)   5分43秒         134

  2周         5分43秒         137

  3周         5分41秒         143

  4周         5分40秒         147

  5周         5分26秒         152

  6周         5分16秒         156

  7周         5分10秒         160

  8周         5分06秒         161

  9周         4分55秒         166

 10周         4分53秒         169

 11周         4分38秒         172

 復路          5分19秒         164

 計14.4km  1時間09分51秒       153 (最大175,最終周)

| | コメント (0)

冬の居眠り傘ラン、ビショビショ・・

RUN 13.5km,1時間14分50秒,心拍146

高橋尚子が鹿児島・徳之島での合宿を公したそうだ。11日から、1周31.2

kmの「尚子ロード」や1周2kmのクロスカントリーコースを走りこんでるそうで、

3月の名古屋国際女子(一般参加)への準備は着々と進行してるらしい。ちょっ

と驚くのは、現役引退後の南国合宿なのに約30人の報道陣がいたとの情報。

やっぱ、別格の人気者だね☆

         

2月1日の香川・丸亀ハーフの時には、かなり太って見えたし、タイムも1時間26

分18秒(非公式)。本人も「走れなさにビックリ」したらしいけど、名古屋はテレビ

で全国中継もされるし、注目度は格段に高い。今まで受けた応援に対する「あり

がとうラン」として、それなりの走りを見せてくれるだろう。沿道の観客に手を振り

ながら2時間55分以内で完走すれば十分だと思う。本人の目標は3時間切りと

のこと。ま、つい先日までオリンピックを目指してた元・金メダリストだし、まだ36

歳のプロランナーだから、もうしばらく2時間台の走力はキープして欲しいもんだ。

        

        ☆          ☆          ☆

さて、私は昨夜は超~寝不足状態。前日、亀梨和也&田辺誠一『神の雫』第6話

レビュー徹夜で書き上げた直後だったので、すぐ寝たかったんだけど、その前

もサボってるからちょっとだけ走ることにした。不運にも、ちょうど走り始める直前

から雨が降り始めて、徐々に強くなる展開。天気予報だと雪に変わるって話だっ

たから期待してたのに、ずっと雨のまま。傘ランとはいえ、ヘソから下辺りはビショ

濡れになった。風はほとんど無かったのにね。。

            

こうなると、ウェアが脚の動きをジャマするし、道は水たまりだらけ、靴も水浸し

てことで、ひたすらガマン大会だ。公園内に私1人しか見当たらない、孤独な闘い。

その気になれば16kmは行けたけど、寝不足だし、余裕をもって13.5kmで終

了。スピードはかなり遅くて、トータル1km5分33秒ペース。う~ん、1月初めの

傘ランより条件悪かったけど、それにしてもすぎるし、このペースにしては心拍

も高過ぎ! 140前後に留まって欲しかったな。ま、日曜の「エア青梅」30kmの

ダメージはほぼ消えたことだし、ここから追い上げて行くことにしよう。

                                  

帰宅後に太腿を見ると、濡れたウェアの摩擦のせいで、汗疹(あせも)みたいな

ものが出来てた。夏ならよくある現象だけど、冬は珍しい。こうゆう時は、かゆく

てもガマン。放っとけば半日程度、悪くても1日くらいで消えるのだ。雨があがれ

ばまた今夜軽く走る予定だけど、寝不足だから寝ちゃうかも♪ ではまた ☆彡

                           

 往路(1.15km)  7分20秒  平均心拍122

  1周(1.1km)   6分23秒        135

  2周         6分15秒        139

  3周         6分01秒        146

  4周         6分00秒        147

  5周         5分58秒        149

  6周         5分54秒        149

  7周         5分56秒        151

  8周         5分53秒        153

  9周         6分00秒        154

 10周         6分04秒        154

 復路(1.35km)  7分08秒         152

 計13.5km  1時間14分50秒       142(最大157,復路の坂)

| | コメント (2)

孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

 このワインは 巨大で険しい

 孤高の頂は神秘に包まれ 私を誘う

 高い理想を抱き はやる気持ちを抑えながら

 踏みしめるように私は頂を目指した

 困難な道のりは 荒ぶる魂となって牙をむき

 魔物に魅入られたかのような執念を駆り立てる

 どれだけの時が流れたのか

 私は気が付くと 頂に立っていた

 眼下の峰 全てはひれ伏すように美しく沈黙し

 岩肌に張り付く白銀は 絹のドレスをまとうかのように

 滑らかに輝いている

 何と言う至福 何という透明

 この頂から全てを鳥瞰できる喜び

 私は それを胸一杯に吸い込み 頂を後にした   

              (第四の使徒、シュヴァリエ・モンラッシェに関する遺言状)

          

          ☆          ☆          ☆

オォ~~~! 実に素晴らしい☆ 孤高の頂のようにそびえ立つ第6話の前には、

これまでの5話全てはひれ伏すように美しく沈黙するだろう。何という至福。何とい

う感動。私は、それを胸一杯に吸い込み、テレビを後にした。。♪     

     

という訳で、ようやく登場した「実に素晴らしい」♪ これまで、自分の側から「実

に楽しめる」という感覚はあったけど、作品の側が「実に素晴らしい」という思い

までは無かった。ところが今回は、遂に素晴らしいと思えたし、私のつぶらな瞳

に星屑のような涙さえ浮かんだのだ。

    

ここで、この表現に対して「また出た!」と突っ込めた人は、ウチの熱心な常連

さんと言えるだろう♪ 久々に書いたね。試しに「テンメイ つぶらな瞳」で検索す

ると、去年は5回登場したらしい。一番最近なのが、織田裕二&北乃きい『太陽

と海の教室』第6話。その前が山下智久&新垣結衣『コード・ブルー』第6話。そ

のまた前が、藤木直人&天海祐希『Around40』第10話。そしてちょうど1年前

が、小日向文世&松田龍平『あしたの、喜多善男』第7話第10話だ。

     

こうして見ると、低視聴率の『喜多善男』の健闘が光ってる。これは恐らく、偶然

ではないだろう。『神の雫』との共通点は、男の世界を描いてること、そして低視

聴率だ。ちなみに、高視聴率だけど同じ仲間のドラマは、『ビーチボーイズ』だろ

う。『ラスト・フレンズ』最終回レビューで書いて、恐ろしく冷淡な反応しか返って来

なかった話だけど、私が今こうやってマニアックなレビューを書き続けてるのは、

あのドラマの再々々々放送くらいをたまたま見たおかげが大きいのだ。

    

夏の太陽と海をバックに、反町隆史と竹野内豊の熱い絆を描いた切ない青春ス

トーリー。これについて一晩考え続けた内容を友達に話したら真面目に聞いてく

れて、面白いと言ってくれたこと。それが、テンメイのドラマレビューの原点だった。

         

          ☆          ☆          ☆        

男と男の関係というと、最近では一部の女性を中心に妙なものが流行ってるら

しいけど、それは脇に置いておこう。『喜多善男』は、「低さ」を極めようとする物

だった。ひたすら死のうとする冴えない中年男と、場末のキャバレー勤めの

怪しい青年が主人公なのだ。一方、『ビーチボーイズ』は、高さを極めようとして

挫折した男の物語だ(若者2人、年配1人)。そして『神の雫』は、高さを極め続

ける3人の男の物語だ。

                          

男が女の世界を理解しにくいように、女も男の世界を理解しにくい。しばしばお

互い、ネガティブな思いを抱くことになる。ただし、ドラマの視聴者の多くは女性

だ。すると当然、男の世界を描いたドラマは不利だろう。『ビーチボーイズ』の場

合、今より人気があった月9でたまたま当時の代表的イケメン2人を揃えたから、

例外的な人気を獲得できただけのこと。実際、知り合いの竹野内ファンの女性

も反町ファンの女性もさっぱり評価してなかったし、今も残る代表的ファンサイト

の運営者は歴代ずっと男、集まってる人間も男が中心なのだ。

        

男と男の関係に見られる大きな特徴は、闘いを含んだ絆(闘争的友愛)と、己の

道の探求だろう。まず、闘いを含んだ絆、もう少し広く言うなら、ぶつかり合いなが

らの友愛について考えてみよう。

            

『喜多善男』での2人の出会いは、タクシー乗り場での戦いだった。正義と悪の

小競り合いから、一転して深い仲へと変わったわけだ。その特殊な絆に対して、

女(栗山千明)は不満を抱くことになる。『ビーチボーイズ』での2人の出会いは、

車に乗った広海(ヒロミ=反町)と、電車に乗った海渡(カイト=竹野内)との、バ

カげた競争だった。ビーチの民宿の共同生活でも、事あるごとに子供じみた闘

いを繰り広げて、その度に女の広末涼子や稲森いずみはあきれてた。たとえば、

子供向けヒーロー番組のウンチクとか、砂浜のビール運び競争。ゲームと言って

もいい、子供のケンカみたいなバトルを通じて、男たちは友情を深めていくのだ。

               

そして『神の雫』では、最初から神咲雫(亀梨和也)父・豊多香(古谷一行)

女(=母)の墓の前でぶつかり合う。遠峰一青(田辺誠一)と雫は、いきなり遺産

相続を賭けて対決するゲームの場に立たされる。そして一青と豊多香も、初対

面から対決ムードだったことが今回示されてた。そうした男同士の関係に対して、

女の霧生(戸田菜穂)マキ(内田有紀)は冷めた視線を投げかけ続けている。

         

これだけ見ても、3つのドラマにシンプルな共通構造があるのが分かるだろう。

男の私が大好きなものの一つが、この闘争的友愛。ライバルと言うより、漢字で

「好敵手」と書くべき関係だ。それを、人間の発達段階の中に位置づけるなら、

一番メジャーなのが、先日も書いた幼児の争いということになる。とりわけ、母親

を取り合う兄弟の争いだ。でも、さすがに本物の子供のケンカを大好きにはなれ

なくて、もっぱら大人の男同士の(子供じみた)関係に引き付けられる。

                      

私が今回、ウルッと来てしまったのは、終盤の対決シーンの2人、特に一青を見

てのこと。まず、雫が来ないかとドアに目をやる。続いて、ドアの向こうの気配(or

足音)に気付き、ロベール&霧生に向かって「お待ちください。来た!」。みやび

(仲里依紗)と共に入って来た雫に対して、一青が微かに笑みを浮かべる。雫は、

さらに微かな笑みを含んだ好戦的な視線。

       

そして、「もう一度戦いたい。これが僕の答です。お願いします。もう一度チャンス

をください!」という、雫のヒネリの効いた解答=回答を聞いた一青は、優しい微

笑を浮かべながら、「待っていたよ。雫君」。オォ~~~、これこれ! これが男

同士の熱いバトル関係だ☆ この瞬間、男の私の瞳もキラリと輝くことになる♪

                

その直後、ロベールも嬉しさを滲ませて、「では、決まりだな」と言うものの、霧生

は硬くて複雑な表情で黙って頷くだけ。非常に鮮明な男女のコントラストだ。マキ

やみやびに至っては、映像さえ映ってない。女の目線は、男女の恋愛の方に向

かい、実生活では、女性同士の共感的な友情の方に向かう。そこには、絆や闘

いが別々にあるものの、「闘う絆」という一体のものが存在しない

           

この対決シーンは最後まで、細部まで、よく出来てた。「ありがとうございます」

と雫が頭を下げた後、2人が見つめあう。雫は僅かに見上げる挑戦的な視線。

一青は僅かに見下ろす視線で、優しさと不敵さが込められてる。別々に映した

カットだから、視線の角度差は171cmと182cmの身長差だけによるものでは

なく、演技 or 演出によるものでもあるのだ。そして、そのまま帰りかけた一青&

マキを、霧生が「お待ちください。答を」と呼び止めると、一青が軽く首をヒネった

だけの笑顔で、「聞かずとも分かります♪」。それを見送る雫の表情は、「流石

だな、兄貴。でも、俺は負けないよ!」と語ってた。冬ドラマでも熱いのだ。

            

そして、みんなが帰った後。ロベールは、対決した2人の男の才能を素直に讃え

た。ところが霧生は、豊多香の写真を振り返りながら、冷めた様子で呟くのだ。

あなたを、あの二人が越えることなど・・・出来ない」。霧生の目に映るものは、

「あなた」への思い、尊敬に満ちた愛だけだった。。

        

既にこの時点で、見事な出来栄えのドラマだ。脚本家・渡辺雄介、演出家・中島

悟、プロデューサー・桑原丈弥&秋元孝之、4人の男性は、プロとして反省すべ

き点はあるとしても、クリエイターとしては自信を持っていい。持ち直しかけた視

聴率が4.9%まで急反落したのは、突然の財務相辞任で報道ステーションの視

聴率が18.2%まで上昇したからだと内心思っとけばいいのだ。公の場で口に

出すとマズイけどね♪

     

         ☆          ☆          ☆

さて、実はここまで前置きのつもりだったのに、もう時間が無くなって来た。毎度

お馴染み、私が日常生活でもよくやる失敗だ♪ 今回、本当は、男と男の関係

に見られるもう一つの特徴、己の道の探求を主題にしようと思ってた。それは、

「孤高」の歩みと考えることもできるだろう。遺言状の冒頭に出て、山の映像で

イメージ化されてた、やや古めかしくて崇高な概念、孤高。最近の日本のスポー

ツ界だと、おそらく野球のイチローとサッカーの中田英寿が代表で、本当に孤立

してしまった結果だけ見るなら、中田の方が孤高の名にふさわしいかも知れない。

       

私個人としては、小説家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』がすぐ浮かんで来る。

たった一人、全国を渡り歩いて武者修行しながら、ひたすら己の道を究めてい

く二刀流の剣豪。大河ドラマや映画にもなってるし、井上雄彦の人気マンガ『バガ

ボンド』の原作としても有名。来月からは、井上ひさし・脚本、蜷川幸雄・演出、藤

原竜也&小栗旬&鈴木杏・出演の舞台『ムサシ』にもなるようだ(東京と大阪)。

もちろん、井上は極端な遅筆で有名だから、公演が予定通り行われると思ってる

人など皆無だろう♪ それでも、悪名高きマイペースを崩さない辺り、井上自身も

孤高の作家と言えそうだ。

         

それはともかく、「孤高」を三省堂『大辞林』(第二版,1988)で引くと、「ただひと

り、他とかけ離れて高い境地にいること」。一方、小学館『大辞泉』(1995)で引

くと、「俗世間から離れて、ひとり自分の志を守ること」とある。面白いのは、主要

な大辞典(他に岩波書店『広辞苑』,講談社『日本語大辞典』)の中で、企画的に

一番新しい『大辞泉』が、「孤高」の意味として「高」いという言葉を外してることだ。

これはなかなか斬新な解釈で、正しいと思う。この辞書は、知名度がイマイチだ

けど、もっと評価されていい仕事だろう。

             

「孤高」のイメージとしてよく使われるのは、険しく「孤」立した「高」い山で、今回

のドラマもその典型だ。でも、孤高とは必ずしも文字通り高く無くてもいいわけで、

実際『宮本武蔵』の有名なラストは「誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを」

だった。つまり、深さなのだ。更に「低さ」にまで拡大解釈するなら、孤高とは、死

を決意した『喜多善男』にまで適用されることになる。

             

にも関わらず、なぜ人は孤高に高さを求めがちなのか。もちろん、突き詰めた様

子をポジティヴに表現する際に、「高い」という言葉を使う習慣があるのは確かだ。

でも、なぜそうゆう言語的習慣が、古今東西に見られるのかまで考えた時、2つ

の理由が浮かんで来る。

                   

1つは、高さには限界が無いのに対して、低さには限界があるから。エベレスト

=チョモランマの高さ(標高8848 or 8844m)よりも、マリアナ海溝の低さ(水

深10911m)の方が優ってるけれど、山の高さには地殻変動による上昇の余

地が十分残されてるわけだ。そしてもう一つの理由は、多くの人にとって分かり

やすいからだ。山の高さは誰でも一目で分かるし、その価値も共有しやすいが、

海の深さはほとんど誰にも分からない。神秘の暗黒世界といったイメージだ。

低さというのも、その価値は非常に分かりにくい。

                 

ここで、面白い「矛盾」に気付くことになる。己の道の探求、すなわち「孤高」の

歩みとは、「高」さを目指す限り、つまり人々の感覚の共有に訴えかける限り、

「孤」立したものではないということだ。孤高とは、孤立してない。あるいは、「弧」

と「高」は相容れない。けれども、現実の世界には、本当の意味での矛盾などな

いはずだ。すると、思考のどこかが間違ってるのだろう。

         

そう。問題は、「孤」の概念にある。大辞林も大辞泉も、それを「ひとり」と受け取っ

てたけど、それが不十分でミスリーディングな(誤解を招きやすい)解釈だったのだ。

「弧」とは、実際の世の中だと、決してひとり(=単独)では成立しない。むしろ、周

囲の多数があって初めて成立する状態なのだ。

       

孤高とは、ほとんどの場合、周囲の人間が口にする言葉だ。また孤高の道を歩む

といっても、実はその道は、多くの人間にとって理解できるものだ。さらに、孤独と

いうのは、時間的・空間的に離れた場所に大勢の人がいて、初めて成立する状況

だ。そして、孤立した山とは、その周りを山でない土地が囲んでこそ存在しうるのだ。

           

こうして、己の道の探求、孤高の歩みとは、そもそも他者を前提としたものである

ことが分かる。だからこそ、男同士の闘う絆と自然に結びつくわけだ。ワインを分

かるもの同士が、闘う絆を作り上げ、その中でそれぞれが己の道を探求していく。

共通のものをめぐる争いを通じて、別々の生き方を深めていく。そうした姿は、そ

の他の人々からは、広い意味で、孤高の存在として認識される。

           

ただし、豊多香や一青が「孤立」の側にやや傾いてるのに対して、雫は仲間の温

かさとか、しっとりした母親的な「湿気」の側に傾いてるわけだ。それは時代がも

たらしたものかも知れないし、女性視聴者への配慮も関わってるのかも知れない。。

         

         ☆          ☆          ☆

ア~~~ッ!と、ここで私は叫ぶ。まるで、山の頂での雫のように。何と、ほとん

どの読者が付いて来てないのか♪ ま、これでいいのかも知れない。私は男。孤

高のマニアック・ブロガーだし(自称)、アマチュアだから視聴率も関係ないのだ。

分かる人はそのままOK、分からない人には「『神の雫』で分からないレビューを

書いてるブロガーがいる」とだけ認識してもらえればいいだろう。 

           

とにかくこれで、『神の雫』が極端に不人気な理由の一つが明らかとなったはず

だ。つまり、古典的な男と男の関係を描く大人の物語だから、ドラマ視聴者の多

くを占める女性が入り込む余地が非常に少ないし、子供にも味わえないのだ。

熱狂的な亀梨ファンやKAT-TUNファンの女性だけだと、東京ドームは連日一

杯に出来ても、視聴率を稼ぐのは難しい。ワイン通のドラマ理解者も数少ない。

             

こうしてみると、『巨人の星』とほぼ同時期、40年前の男と男の関係を描いたド

ラマ『華麗なる一族』の大成功が、いかに凄いことかがよく分かる。亀梨には、

キムタク=木村拓哉という巨大な山、あるいは「兄」を目指して、男の道を歩み

続けて欲しいもんだ。    

                         

「重い~コンダ~ラ、試練の~道を~♬」。

「そりゃ、ローラーだろ! 歌詞は『思いこんだら』!」と突っ込んでくれた方、ど

うもありがとう。ちなみにウィキペディアには、「コンダラ」という項目があるのだ。

「整地ローラー」を指す俗語・・・『巨人の星』の視聴者が・・・「・・重いコンダラ」と

勘違いしたことが由来、とのこと。ま、今ならコンダラを引っ張る鍛錬よりむしろ、

これまたキムタクの力でメジャーになった「全力坂」とたとえるべきかも。雫君、

全力のうさぎ跳びで坂を登りたまえ!

                     

という訳で、理屈で疲れて眠い時には、くだらない話を書きたくなるわけよ♪ こ

のレビューは私にとって、孤高の頂への厳しい歩みだった。何という至福。何と

いう透明。喜びを胸一杯に吸い込み、頂を後にするとしよう。。って、また朝かよ!

ではまた。。☆彡 

        

         

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S. ちょっと分かりにくい箇所について補足しておこう。雫がどうして対決から

     降りて、なぜそれが長介(田口浩正)の言うようなヘナチョコ野郎ではない

     のか。それは、みやびが気付いたように「一青さんが言ってた事は、ホン

     トは自身に向けられてた言葉じゃないか」と雫が思ったからだ。

        

     ホントは一青にも、血を分けた弟、数少ない家族と争いたくない気持ちが

     ある。だからこそ尚更、「神咲の名が聞いてあきれる・・・キミはもっと骨の

     ある男だと思っていた。神咲豊多香のした事がそんなに許せないか。血を

     分けた兄だという事が腹立たしいか。情けない」と声を荒げる必要があっ

     たのだ。つまりこれは、対決を止めたいと思う自分に対して一青が、自分

     はもっと骨のある男だと思っていた。・・・血を分けた弟だという事が腹立た

     しいかと叱咤激励してるわけだ。

    

     そこまでして、兄弟の対決を続けようとする一青の姿が寂し過ぎるから、

     雫は降りたかっただけであって、弱腰のヘナチョコ野郎なのではない。実

     際、周囲の応援もあって、寂しさを克服しようと決意した雫は、対決の場に

     戻って潔く頭を下げた。むしろ雫は、男らしい奴なのだ。

     頭を下げる辺り、『野ブタ』を思い出したりもするね。あの時も、頭を下げ

     たことへの巷の評価はなかなか見当たらなかった。これはドラマの不幸、

     あるいは男の不幸と言うべきだろう。

                       

P.S.2 会社で雫が使ったグラスは、第4話レビューで触れたテイスティング・グ

      ラスのように見えた。器の部分がやや長くて膨らんでて、脚が短いのが

      分かりやすい特徴だ。部屋の隅っこには、世界No.1のワイングラス

      会社、リーデル(RIEDEL)の紙袋もさり気なく置かれてた。

    

P.S.3 一青が失明の危機にあると分かれば、話はまた変わってくる。当然、

      差し当たり眼の治療に専念すべきと考えるのが常識だろう。でも、辰吉

      は海外でボクシングの試合を続けるし、世界では死をも恐れぬ戦争や

      紛争が絶えないわけだ。色んな意味で、恐るべし! 男の闘争本能。。

          

P.S.4 そういえば今、ウチのHPのトップページには、孤高じゃないけど、険し

      くて崇高な山々の写真が飾られてる。トップページを見る習慣のない方、

      たまにはどうぞ♪

       

P.S.5 雪山の映像はなかなか良かったと思う。素晴らしいって感じもないけど、

      あの程度でもロケ地探しや撮影は大変なはずだ。 

    

P.S.6 個人的に懐かしいエピソードを追加しとこう。昔、ウエイターのバイトを

      してた飲食店で、コックの1人ともの凄く仲が悪かった。私もまだ子供

      だったから、何度も「外へ出ろ!」って感じになって、ある日とうとう限界

      に到達。本当に2人で外に出そうになったんだけど、店長になだめられ

      て仕方なく我慢した。それにお互い、仕事は真面目にこなしてたのだ。

       

      翌日、私がまた「やる気」満々で店に行くと、そのコックが驚いて、こん

      な感じの事を言った。「てめぇ、どうせ休むだろうと思ったら、ちゃんと来

      たのか。結構、骨があるじゃねぇか♪」。この日を境にくだらないケンカ

      はパタッと収まった。男同士の闘う絆とは、たとえばこうゆうものだ☆

         

P.S.7 一青の台詞は、「待っていたよ、雫」と呼び捨てだったのではという指

      摘があったので、録画を見直してみた。確かに、音としては「シズ・・ク」

      と聞こえるけど、「シズ」と「ク」の間に0.1秒ほど間があるのだ。物語

      の流れを考えても、また社会習慣を考えても、これまで通り「シズ

      と言ったと考えるのが自然だと思う。呼び捨ては、もっと後だろう。

      Yahoo!とGoogleで、フレーズ検索を利用して調べてみると、「雫」より

      「雫君」がほんの少し多いかなって程度だった。ま、いずれにせよ、あと

      4日待てば結論が出る。意表を突く「雫ん」に期待しよう♪ ナイナイ!☆彡

                     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (14) | トラックバック (4)

『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

『神の雫』第6話終了。次回が最終回という表示は無かったから、少なくとも全8話

以上の放映であることは決定した。10日ほど前にアップした「打ち切り情報記事

では、全9話が有力であって、それなら打ち切りとかいう話ではないと書いといた。

物語の進行から考えて、全8話での打ち切りはますます考えにくくなってるし、それ

どころか全10話でもおかしくないと思う。遠峰一青(田辺誠一)の失明とかいう話

も飛び出したし、豊多香に対する霧生(戸田菜穂)の特別な思い(尊敬に満ちた愛

か)もようやくハッキリと表れて来た。

        

それはさておき、第3の使徒に続いて、第4の使徒(or 使途 ; 誤検索用♪)探し

もなかなかヒネリが効いた展開になってた。雫(亀梨和也)は対決を放棄して山登

り。一青は部屋に閉じこもって沈思黙考。そこで出た答が「ブルゴーニュ白ワイン

の最高峰のひとつ ミシェル・コラン・ドレジェ  シュヴァリエ・モンラッシェ(’00) 

フランス」(画面のテロップ)だ。

                  

という訳で、恒例のワインラベル・チェックを行おう。いつものように、上からラベル

の表示(ほぼフランス語、一行だけ英語)、発音日本語の訳または意味だ。仏語

のアクセント記号は省略してある。

          

          MICHEL COLIN-DELEGER ET FILS

          Grands Vins   2000 de Bourgogne

             Chavalier-Montrachet

               Grand Cru

     Appellation Chevalier-Montrachet Grand Cru Controlee

           WHITE BURGUNDY  WINE

               Mis en bouteille par

          MICHEL COLIN-DELEGER et Fils

     ?  A CHASSAGNE-MONTRACHET COTE-D'OR FRANCE

                 

        ☆          ☆          ☆

         ミシェル・コラン-ドレジェ エ フィス

       グラン ヴァン ドゥ・ミル ドゥ ブルゴーニュ

           シュヴァリエ-モンラッシェ

              グラン クリュ

     アペラシオン シュヴァリエ-モンラッシェ グラン クリュ コントロレ

          ホワイト バーガンディ ワイン

          ミ・ザン ブテイユ パー

       ミシェル コラン-ドレジェ エ フィス

   ? ア シャサーニュ-モンラッシェ コート・ドール フランス

      

       ☆          ☆          ☆

      ミシェル・コランとドレジェ家&息子たちによる製造

      最高級ワイン  2000年  ブルゴーニュ産

             モンラッシェの騎士

                特級畑

      原産地統制名称 シュヴァリエ-モンラッシェ 特級畑

            ブルゴーニュ白ワイン

       ミシェル・コランとドレジェ家&息子たちがボトル詰め

  ? シャサーニュ・モンラッシェ村にて コート・ドール県 フランス

       

         ☆          ☆          ☆

いつも思うけど、一般人にとっては、生産者と銘柄名の区別が分かりにくい。テロッ

プで「ミシェル・コラン・ドレジェ シュヴァリエ・モンラッシェ」と書かれたって、ゴチャ

ゴチャと長い名前だなという印象しか残らないのだ。遺言状のようにハッキリ分けて、

   

        ブルゴーニュ白ワインの最高峰のひとつ 

           ミシェル・コラン・ドレジェ作

        「シュヴァリエ・モンラッシェ (’00)」  フランス

    

とするだけで遥かに分かりやすくなるだろう。元のテロップも3段なのだから、出来

ないはずはない。色分けは要らないけど、「作」という漢字を1文字挟んで、改行し

て、カッコ等で強調する。まったく基本的なレイアウト方法だ。

   

生産者(ドメーヌ)の名前は、ミシェル・コランさんと、妻の側のドレジェ家を組み合

わせたものらしい。130年の歴史があるそうで、今は息子たちが受け継いでるか

ら、ラベルにも律儀にそう書かれてる。この辺りの家庭的感覚は、日本だとなか

なか見当たらないものだ。この辛口ワイン、ネットだと22000円~24000円(税

別)で、このドラマの中ではそれほど高くないけど、やっぱり2つの店で完売になっ

てた。サラッと探した範囲では、他でも見つからなかったから、値段以上に手に

入れにくい希少なワインということだろう。

               

ドラマのストーリーを考えた時に、気になるのは、「モンラッシェ」という村の名前。

これはフランス語だと「mont」+「rachez」で、ウィキペディアには「」+「かさぶた

ができた」という語源説明がある。ただ、「rachez」という単語は手元の中辞典を

見ても載ってないし、ネットでも実質的にはこのウィキのみ。おまけに出典も明記

してないし、かさぶたが意味するものも不明(山の形か・・)。したがって、差し当

たりは「モン」=「山」だけが物語に関わってると考えとこう。

             

本格的レビューは、24時間後くらいにアップする予定。ではまた。。☆彡

    

      

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「シュヴァリエ」(騎士)という単語は、第1話でロベール(竹中直人)と雫が

    歌いながら踊ってた曲「シュヴァリエ・ドゥ・ラ・ターブル・ロンド」(円卓の騎士

    たち)と同じものだ。日本人の感覚だと「侍」みたいに古臭く感じるけど、

    向こうだとそうでもないのかね。。

        

P.S.2 注目の『神の雫』第6話視聴率は、4.9%! 先週もち直したかに思

      われたものの遂に5%割れ。中川財務相の辞任のせいだと思いたい。。

     

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使途の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青梅の人数から分かるランナー急増

RUN 10km,54分29秒,心拍139

「青梅」という名前は、ランニングをやらない人にとっても有名みたいで、昨日の

「エア青梅」30kmの記事にも意外なほどアクセスがあった。ウチの読者の大半

はドラマファンで、普段はスポーツ系の記事なんて読まない人が多いんだけど、

昨日は試しにクリックしてみた人が多かったようだ。

   

今年の青梅に私が出れなかったのは、意外なほどの人数が集まって、締切前

に申込が打ち切られてしまったからだけど、それがどれほど意外なことだったの

か、実証的に調べてみた。青梅の参加人数とか完走者数は、ウィキペディアと

か青梅関連サイトにも見当たらなかったから、青梅市の広報のバックナンバー

見て調べたのだ。すると、私が思ってた以上に強烈な増加だったことが分かった。

        

    2005年 参加者13585人 完走者30km 8861人 10km 2921人

    2006年     15806            10214       3520

    2007年     15656             9749       3717

    2008年    ☆大雪で中止☆

    2009年     19803             未発表       未発表       

         

参加者数だけで見ると、この4年間で6000人以上の増加。なんと5割増になって

るのだ! 途中、2007年で足踏みになってるのは、この年から始まった東京の

せいで、青梅の本来の日程に超大物が突然ぶつけて来たのだから、減らなかっ

ただけでも大健闘と言える。青梅の定員は一応20000人となってるから、来年

以降はさらに申込の締切が早くなりそうだ。あるいは、抽選が導入されるかも知

れない。今度こそ出場しなきゃね☆

         

という訳で、「半ば理系」の側面を見せた所で、今夜のラン。一昨日、エア青梅で

30km真面目に走ったばかりなので、まだ脚がちょっと重いけど、積極的休養

して軽く10kmだけ走ってみた。変なダメージは残ってないみたいで、その気にな

ればもっとマシな走りになってただろう。でも休養だから、意識的に低速をキープ。

    

トータルでは1km5分27秒。心拍も低いし、いい感じのお休みモードだと思う。明

日は、さっき見終えた亀梨和也『神の雫』第6話の本格的レビューで時間を取ら

れるから、走れそうにない。今度は木曜夜に16km~ハーフくらいで流そうかな。

とにかく、温の差が極端だから、体調管理に十分注意しよう。ではまた。。☆彡

              

往路(1.15km)   7分08秒  平均心拍122

 1周(1.1km)    6分34秒        127

 2周          6分09秒        134

 3周          6分01秒        139

 4周          5分51秒        140

 5周          5分46秒        143

 6周          5分26秒        152

復路(2.25km)  11分34秒        153

 計          54分29秒          139 (最大157,ゴール時)

| | コメント (0)

男がシャツをパンツにインするのはアリか♪

久々に小ネタを扱おう。男がシャツをパンツ(=ズボン)に入れるファッションはアリ

かナシか。これは男にとって死活問題だろう♪ 何しろ、場合によっては1回目の

デートで「いきなり最終回」になるわけだし、遠慮を知らない女子高生たちにクスク

ス笑われたり、バカにする話し声が聞こえたりする可能性もあるわけだ。

       

という訳で今日は、25歳以上の男性をメインターゲットとした首都圏のフリーマガ

ジン、『R25』のHPからネタをもらって来た。タイトルは「パンツに“イン”したシャツ

の印象って?」。個人的には、冒頭からオヤッ?と引き込まれた。「かっこよくシャ

ツを“イン”したい。スーツじゃなく、オフスタイルで。AKB系じゃなく、オサレスタイ

ルで。そんな欲求があるのです」。ホーッ、そもそも私にはそうゆう欲求が無いん

だけど、その時点でアウトなのか。。

      

男の仕事着の超定番、スーツだと、シャツは絶対に「タックイン」、つまりパンツの

中に入れる。ところが、普段着でそれをやると問題外のダサ男として扱われる空

気が、一昔前ならあったはず。ところが、私はシャツを外に出す崩したスタイルは

あんまし趣味じゃない。だから、上着やコートで隠れる冬以外は、シャツを着なく

なってるし、それでも着る場合には下をチノパンにしている。これなら、ファッション

誌とかにも結構写真が載ってるし、自分で見ても問題ない。ちょっと古く感じるか

も知れないけど、女性のトラッド系ファッションにも似たようなものはあるはずだ。

          

ところがこのR25の記事では、いきなり「ジーンズ」にシャツを入れた写真が映っ

てる。こりゃマズイんじゃないの?と思ったら、実はそうでないという話になってた。

記者が周囲の女子にリサーチしたところ、「とても安心」とか、「基本的には好き」

とか、おおむね好印象だったと言うのだ。

        

ただし、重要なのは着こなし方。まず、アウターとしてはハードルが高いらしいか

ら、ジャケットとかの内側が無難。シャツは裾の長いもので、細身のジャストサイ

ズ。一度きっちりインした後、背伸びして腰回りを少しダブつかせる。う~ん、ジャ

ストサイズって話以外は当たり前だし、情報量が少ない。ホントにこんなので、世

の中の厳しい女性たちは許してくれるのかね♪ インでかっこ良く着こなしてる男

は少ないとか、見たことないって声も載ってたし、やっぱりハイリスク・ローリターン

の割に合わない冒険って気もするけど。。

           

そもそも、女性に対するリサーチが少なすぎて信頼性がない。最低限、待ち行く

女性100人に聞きましたって感じの調査か、ネットのアンケートくらいやって欲し

いもんだね。ちなみに、この記者がタックインして出社したところ、誰からも反応

がなかったそうだ。これをOKサインと見ていいのかどうかビミョーだけど、NGで

はないのかも。トリビア的に書かれてた19世紀のヨーロッパだと、シャツはイン

して、股の下で前後をボタンで留めて下着代わりにしてたらしい。へぇ~って感じ

だけど、何の参考にもならないな♪

     

という訳で、男の普段着は難しいなっていうか、女性の目線は厳しいねって話だ。

この春からは、街を歩く男性のシャツの裾に注目してみよう。女性読者の方、ご

意見があればどうぞ♪

ではまた。。☆彡

| | コメント (13)

「エア青梅」30km、暑かった・・

RUN 30km,2時間29分27秒,心拍165

暑い、暑い。。体温調節が超苦手な私にとっては、冬から夏に急変したような感じ

だな。昨日は全国的に5月並みの気温で、それと比べると涼しかったけど、身体

の調子が一昨日から変だ。頭がボーッとして、眠くて眠くて仕方ない。まあ、食欲

が落ちたってことだけはプラスかな。また微熱が出たのかも知れないね。。

        

って言う長い前置きは、要するに遅さの言い訳なのよ♪ 想定内の悪い方って

感じだな。今日は青梅のレース当日。私はまさかの繰り上げ締切に引っ掛かっ

て参加できなかったんだけど、同じ日に1人で30km走ろうと決めてた。「なん

ちゃって青梅」って言い方はもう古いから、「エア青梅」って感じだね。世界的に

流行(?)してるエアギターの青梅ヴァージョン。青梅のコースが無いのに青梅を

走るフリをするってことだ(蛇足・・・)。先日の亀梨和也『神の雫』では、田辺誠一

のエア・テイスティングなんてものまで登場。いまや、「エア」の時代なわけよ♪ 

悪い意味だと、「偽装」って言葉を使うべきだけどね。

                     

先々週の金曜に26.3km、先週月曜に27km、金曜にハーフ21.1kmと走っ

て、今日が30km。かなり疲れが溜まってるし、今シーズン最長距離だから、控

えめにスタート。とは言っても一応青梅を意識してるので、いつもよりは速いペー

スだ。目標タイムは2時間28分くらいだったけど、最初の3周くらいでもう諦めた。

やっぱり、調子が悪い。先日からウェアを緩めにしたのは正解だけど、とにかく

心拍が高すぎるのだ。1km5分ペースでちょっと走っただけで心拍160なんて、

あり得ないけどね。まあ、過去の記録を見ると、時々心拍が異常に高くなってる

から、それほど驚きはない。

     

スピード的には、絵に描いたようなイーブンペース(一定の速さ)で1km5分前後

をキープ。トータルでは1km4分59秒。まあ、合格最低点って感じかな。長距離

なのに、最後まで脚が崩れなかったのは評価できる。ラストで心拍182まで我慢

したのもなかなかいい(ほぼ実測最大心拍)。変な痛みもなかったから、明日1日

休んで、火曜日には軽く走れそうだ。荒川まで僅か1ヶ月か。とにかく、風邪を引

かないのが一番重要だろうね。秋からずっと引いてないから、そろそろかなって

不安があるわけ。早速、うがいしよっと! ではまた。。☆彡

         

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

P.S.本物の青梅の結果は、男子30km優勝が黒崎拓克(東京都・コニカミノ

    ルタ)、1時間32分50秒。女子30km優勝が横山朋枝(福岡県・TOTO)、

    1時間47分01秒。気温が高かったこともあってか、ここ10年の記録と見

    比べると、フツーのタイムだと思う。ま、私から見ると天上界だけどね。。

    乗鞍の自転車仲間は元気に完走したようだ・・・とだけ書いとこう♪ 

          

    30kmが18000人、10kmが5000人。計23000人は史上最高だと、

    後援の読売新聞が伝えてるけど、これがエントリー数か出走者数かは曖昧

    だ。いずれにせよ、ランニング人気が急激に高まってるのは間違いない☆

                

P.S.2 新企画♪ まりこちゃんのRUN virgo : 先週14.4km run

                

  往路(2.45km)   12分25秒  平均心拍144          

  1周(2.14km)   10分47秒        155        

  2周           10分49秒        158        

  3周           10分43秒        161

  4周           10分41秒        162 

  5周           10分42秒        164

  6周           10分35秒        165 

  7周           10分33秒        167 

  8周            10分35秒        169 

     9周          10分37秒         170

 10周           10分47秒        171

 11周           10分50秒        172

 12周(1.56km)     7分52秒         174

 復路            11分33秒         175

  計 30km    2時間29分27秒       165(最大心拍182,ゴール時)

| | コメント (3)

全記事一覧(09年1~3月)

090411top_2    

       

      

   

   

   

       

   

            

4月11日、さすがにこのポカポカ陽気sunでスキー場の写真はないだろってことで、

例によって「写真素材」さんから1枚頂いて来た camera 桜の写真くらい、自分で撮り

たいんだけどね。。sweat01 たろんぺさん、どうもありがとう present 青空と桜色と緑のバラン

スが絶妙だし、何気にまったりとカップルが2組映ってるのもいい感じ note 桜前線

の北上は今年は早くて、既に山形まで到達してるようだ cherryblossom

                             

全記事一覧(08年10~12月)全記事一覧(08年7~9月)全記事一覧(08

年4~6月)全記事一覧(08年1~3月)全記事一覧(07年10~12月)全記

事一覧(07年7~9月)全記事一覧(07年4~6月) もよろしく。それ以前もネsign01

公開から3年7ヶ月が経過。依然として毎日更新継続中 shine

                                   

        ☆          ☆          ☆

『夜光の階段』第1話で寝不足の中、早朝ラン  ランニング,テレビ,芸能 4/24

3日サボった後、夏のような日差しの中で・・  ランニング 4/23

全国学力調査、伝説の確率の問題が登場♪  数学,社会 4/22

中居は薄味のアクア豚カツで♪~『婚カツ!』第1話  テレビ,芸能 4/21

4次元の球の体積  数学,パソコン 4/20

ランニングと自転車の男女比を比較してみたら・・  ランニング,自転車 4/19

なぜハーフに比べてフルのタイムが悪いのか  ランニング 4/18

ワードで数式をPC入力する練習  パソコン,数学 4/17

自転車復帰3日目、お尻が慣れて来たかも♪  自転車 4/16

樹木でなく網目のような進化~朝日新聞「拝啓ダーウィン様」  科学 4/15

腰痛による天気予報はよく当たる  心と体,ランニング 4./14

論壇はどうなる~香山リカ・東浩紀・中島岳志in朝日「耕論」 文芸,雑誌,社会 4/13

ポカポカ陽気の春、夜型を朝型に変えるのは難しい  ランニング 4/12

毎年恒例、乗鞍のヒルクライムにエントリー☆  自転車 4/11

女性ランナー、美しい走りはウエアから  ランニング 4/10

確率重視のコンピューター囲碁、人間に急接近  科学,囲碁,数学 4/9

携帯メールをPCに保存して見る方法  パソコン,携帯 4/8

夏の乗鞍以来、7ヶ月ぶりに自転車再開♪  自転車 4/7

『イケ麺そば屋探偵』第1話、軽~い感想♪  テレビ,芸能 4/6

木村拓哉の『全力坂 完全版』、アスリートにもお勧め☆ テレビ,ラン,自転車 4/5

リッチな女性と交際してお金をもらえるウマイ話♪  つぶやき,社会 4/4

09年3月の全走行距離  ランニング,自転車 4/3

脳科学者・木村拓哉の新ドラマ『MR.BRAIN』に期待☆  テレビ,芸能 4/2

人間の心のイメージ通りに動くロボット登場☆  科学 4/2

リハビリ6日目、バッテリー切れバイクを押した後  ランニング 4/1

       

           ☆   ☆   3月   ☆   ☆

リハビリ5日目、アクセス解析を楽しんだ後♪  ランニング 3/31

リハビリ4日目、世界フィギュアを軽く見た後で  ランニング 3/30

リハビリ3日目、牛の歩みで回復中・・  ランニング 3/29

映画『おくりびと』と青木新門『納棺夫日記』の違い  文化・芸術,映画 3/28

ようやくリハビリ2日目、また僅かな距離・・  ランニング 3/27

宗教学者という困難、あるいは至福~佐々木閑「日々是修行」(朝日夕刊) 

                                      文化・芸術 3/26

風邪で8日間走れず、やっとリハビリ開始・・  ランニング 3/25

『神の雫』関連記事のアクセスランキングなど  テレビ,芸能 3/24

「閉じた宇宙」と閉多様体~ポアンカレ予想の理解3  数学,科学 3/23

東京マラソン2009の結果と感想  ランニング,日記 3/22

ドーナツ型とボール型の区別~ポアンカレ予想の理解2  数学,科学 3/21

仏教の語り方と目的~佐々木閑「日々是修行」(朝日夕刊) 心,文化・芸術 3/20

「ポアンカレ予想」の正確な数学的理解を目指して  数学,テレビ,科学 3/19

荒川のレース直後からひどい風邪・・  日記,ランニング 3/18

恋は若さを保つひけつか♪  科学,美容 3/17

ホワイトデー3・14は数学の日~円周率をめぐって  数学,社会 3/16

2年ぶりの荒川マラソン、快晴&無風で暑かった・・  ランニング 3/15

電子図書館の今後に注目☆  日記,書籍 3/14

荒川市民マラソン、長めのジョギングで最終調整  ランニング 3/13

神、自然、そして人間~『神の雫』最終回  テレビ,芸能 3/12

『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫) グルメ,テレビ,芸能 3/11

『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪  テレビ,書籍,芸能 3/10

荒川5日半前、走りこみ最後は32.2km  ランニング 3/9

続きを読む "全記事一覧(09年1~3月)"

| | コメント (2)

鼻呼吸で低速ハーフ、ちょっと無理だったか・・

RUN 21.1km,1時間47分42秒,心拍154

女子高生のプロ投手・吉田えり、開幕戦当番! う~ん、ワクワクするニュース

だね☆ 大リーグでは強打者ロドリゲスのドーピング発覚が騒がれてるし、日本

では15秒ルールが問題になってるけど、やっぱりナックルボール美少女の活躍

の方が遥かに興味深い。できれば高校の制服姿やコスプレでサービスして欲し

いもんだけど、そこまでのプロ意識はまだないんだろう♪

                   

当番は3月27日。できたばかりの関西独立リーグの開幕戦だから、まさに歴史

的な瞬間だ。17歳で155cm・52kgの女の子が、魔球で活躍する姿もマンガ

チックでいいけど、めった打ちにあって涙ぐむ姿をちょっと見たいよな・・・とか書

いたら怒られそうだから止めとこ♪ 書いとるわ! 

    

マジメな話、年俸180万円分の活躍は、もう宣伝係として十分果たしてるでしょ。

神戸9クルーズが少女タレントを月給15万円で雇ったようなもの。「ダメもと」どこ

ろか、ダメでもプロ野球の歴史に輝かしい功績を残したんだから、気楽に頑張っ

て欲しいもんだ。それにしても、やっぱり自分で打ってみたいね。フォークボール

がストーンと落ちるのならイメージ湧くけど、ナックルの不規則な変化はどうしても

想像つかない。1球1000円くらいならOK・・・って、セコイわ♪

      

        ☆          ☆          ☆

さて、せっかく月曜日にそこそこいい感じで27km走ったのに、その後はまた

ログで時間を取られて全く走れてない。ホントは火曜に10km、木曜に18kmだっ

たのに、火水木とサボって、ようやく今朝ハーフを軽く走って来た。丸3日休んだ

後だから、普通に走っても良かったけど、最近距離を伸ばしてるから、脚にダメー

が残ってるのだ。1月下旬から不調が続いてるしね。

    

で、無理やりゆっくり走るために、鼻呼吸だけにしたわけ。実は、「鼻呼吸 ラン

ニング」って感じの検索がちょくちょく入ってるから、関心ある人はそこそこいるん

だろう。当然、呼吸しにくいし、冬だと鼻が痛かったりシュンシュンしたりする。で

も、スピードは抑えられるし、ノドは守れるし、鼻の粘膜も鍛えられる。今までは

10km程度の短い距離でやってたのを、ハーフ21.1kmで試して分かったのは、

やっぱり無理があるってこと♪ 個人差もあるだろうけど、もともと鼻が詰まりが

ちな私が2時間近くも鼻呼吸だけで走るのは相当な負荷になって、筋トレみたい

な感覚だった。

      

結局、トータルでは1km5分06秒。こんなに遅いハーフも珍しい。ま、貴重な経

験として良しとしとこう。やっぱ鼻呼吸ランは10kmとかでやるべきだな。さて、次

は日曜の朝、青梅と同じ時間帯に30km走るつもりだったけど、ハーフの2日後

じゃ辛いから、半日オマケして日曜の夜にプチ延期の予定。荒川のちょうど1ヶ月

前でもあるし、この辺で30kmくらい走っとかなきゃマズイでしょ。ではまた。。

              

  往路(2.45km)    13分29秒  平均心拍131

  1周(2.14km)  11分26秒        144

  2周           11分23秒        149

  3周          11分06秒        153 

  4周           11分05秒        154       

  5周          10分50秒        156 

  6周           10分39秒        160 

  7周          10分33秒        162  

  8周(1.22km)    6分06秒        165

  復路           11分08秒         167

  計 21.1km 1時間47分42秒       154(最大174 ゴール時)

| | コメント (3)

ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

 優しき母が子を宿し 心の強さを備えた 

 女性の一生で 最も愛に溢れ 最も美しい瞬間 その微笑

 いつまでも母子のそばで 守ってあげたい

 心より思った父の愛が ここにある

 父は ワインで愛を伝えたかったんです  

     

 神咲先生の愛しき人は 雫君のお母様だと?

 ええ

 そうですか・・・

 一青よ 次はお前の番だ

      

 おぉ~~~~~ この世には 様々な愛の表現がある

 その人の愛しき人は とても強い女性だった

 だから たとえ遠くに離れて暮らしていても 

 思いはしっかり伝わってると 信じることができた

 このモナリザは 子を宿した母

 心強き女性が 子を宿し 優しさを兼ね備えた

 女性の一生の中で とても愛に溢れ とても輝く瞬間

 たとえ たとえ会えなくても 遠くから その母と子の幸せを 祈っていた

 その女性の名は 遠峰ほのか!

      

 ほのかって・・・

 神咲豊多香の愛しき人 それは私の母 遠峰ほのか!

         

         ☆          ☆          ☆

連続ドラマの記事を毎週書いた場合、記事別のアクセス数は当然、第1話のも

のが有利になる。ウチでも今のところ、第1話の「軽~い感想」のアクセス数&

訪問者数が一番多い。ところが、そこへ一気に追いついて来た記事が、ドラマ

打ち切り情報の記事。アップからまだ1週間なのに、まもなくトップに踊り出しそ

うな勢いだ。ドラマなんて見てない人まで、この話題に興味を持っている。

       

私があの打ち切り記事で示したのは、正確な情報と、冷静な総合的判断だ。

ちょうど去年、上野樹里&長澤まさみ&錦戸亮『ラスト・フレンズ』のSP(スペ

シャル)に関する記事を書いたのと同じ感覚で、単なる情報記事とはいえ、ウチ

の特徴をよく表してると思う。その後も8日と9日に、最新の情報を加えて更新

してあるので、噂が気になってる方はチェックしてみて欲しい。第5話を終わっ

た時点で、さらに噂の信憑性は下がったと見ている。

      

追記: おぉ~~~! 第5話視聴率6.0%に回復☆ 更に噂の信憑性は低下)

          

一方、第4話のレビューでは、『神の雫』のワイン薀蓄(うんちく)が間違いだらけ

だという批判に対して、真正面から「応答」しておいた。かなりのアクセスを頂い

たのに、反論の書き込みは無かったから、少なくともある程度のレベルの「応答」

にはなってるんだろう。ま、私にワインの趣味はないけどね♪

                   

そして今回、第5話のレビューでは、脚本の出来が悪いという世評に「応答」

る。必ずしも「反論」にはならないけど、脚本の技術を解説することで、「あぁ、そ

んなに良く出来てたのか」とか、「なるほど、わりと考えてあるんだな」と思う人が

出て来る可能性はあるだろう。あるいは、脚本への批判に対して不満があった

ファンが、「そうそう♪ 良く出来てる☆」と改めて頷いて安心できるかも知れない。

    

ただし、渡辺雄介の脚本そのものは見てないから、脚本と演出(石尾純)の区別

はやや曖昧だ。それに今の所、原作マンガ(原作・亜樹直,作画・オキモトシュウ

もほとんど知らないので、以下では原作とドラマの脚本とを区別せず、また演出

との境界もやや曖昧なまま、脚本とだけ呼んでおく。機会があれば、両者を区別

する記事も書いてみたい。

           

実際、ウチでは過去、亀梨和也&綾瀬はるか『たったひとつの恋』、キムタク=

木村拓哉『華麗なる一族』、藤木直人&綾瀬『ホタルノヒカリ』、福山雅治&柴咲

コウ『ガリレオ』、小日向文世&松田龍平『あしたの、喜多善男』で、原作とドラマ

を比較する記事や、ドラマの脚本記事を書いて来た。興味のある方は、そちらも

ご参照あれ♪

    

        ☆          ☆          ☆

ではまず、わりとフツーの話に着目する所から始めよう。前回のラスト、ロベール

(竹中直人)は謎の言葉を2つ残してた。一つは「セパージュの罠」。もう一つの

「愛とは求めるものではない。ただそこにあるものだ」については、後回しとしよう。

セパージュの罠を検索するとヒット数が少ないし、ドラマ記事ばかりだから、一般

的なワイン用語ではないのだろう。脚本(or 原作)の造語だと思う。

      

これについては、ワイン通の読者の方からの情報提供もあって、先週の時点で

ほぼ解明してある。つまり、同じ銘柄でもヴィンテージの年によって、セパージュ

cepage = ぶどう品種,アクセント記号省略)のブレンド比率が異なることから生

じる落とし穴(難しさor 複雑さ)のことだ。ブレンドとか組合せのことを、フランス語

でアッサンブラージュとかアサンブラージュ(assemblage)とも言う。

       

シャトー・パルメ(Chateau Palmer,アクセント記号省略)というボルドーワイン生

産者のHPの日本語の説明を引用してみよう(単純な誤記とか表記の揺れは修

正してある)。雫(亀梨和也)が先週選んだワインについては、「2000年のアサ

ンブラージュ カベルネ・ソーヴィニヨン種 53%メルロー種 47%」と書かれ

てる。一方、その選択の手がかりとしたセカンドワイン「アルタ・エゴ 2000」だと、

「ブレンド:メルロー種 67%カベルネ・ソーヴィニヨン種 33%」と書かれてる。

    

比べてみると、アルタ・エゴは非常にメルロー種(Merlot)の割合が高いから、

しい味になる。ところが、同じ2000年の本物(ファーストラベル)であるシャトー・

パルメの場合、カベルネ・ソーヴィニヨン種(Cabernet Sauvignon)の割合が高い

から、力強い味になる。雫は遠峰一青(田辺誠一)と張り合って、テイスティング

(試飲)をしなかったから、セパージュの罠にはまってしまった。つまり両者のブレ

ンド比率の違いを見落として間違えた訳だ。

                          

さて、ここからが脚本の技になる。上の細かくてマニアックなワイン情報をどのよ

うにアレンジしてあるのか。まず、「セパージュの罠」という謎の言葉(or造語)を

前回ラストに置いて、視聴者の気を引く。その説明として今回、ソムリエ見習いの

紫野原みやび(仲里依紗)を取り出すのだ。私ならこれだけで、「マニュアル

の受け売りかよ!」と突っ込んで楽しめる♪

       

その後、シャトー・パルメの2000年と95年のボトル2本を置き、さらにピンク

ブルーのメモ用紙(orポスト・イット)を取り出す。ピンクは、優しいメルロー種のぶ

どう。ブルーは、力強いカベルネ・ソーヴィニヨン種のぶどう。非常に分かりやす

い比喩になっている。

          

優しいのがピンクで力強いのがブルーという割り当てだけなら、大した事はない

と思われるかも知れない。でも、2つのぶどうを優しさと力強さで単純に区別する

発想そのものが、既に巧みなのだ。実際、パルメのHPを見ても、2つのぶどう

について調べても、これほど単純な二分法は見当たらない。あれこれ色んな情

報が詳しく書いてあって、素人としては逆にモヤモヤと曖昧になってしまうのだ。

         

さらに言うなら、実は95年のパルメには、3種類目のぶどう、カベルネ・フラン種

(Cabernet Franc)も9%入ってるし、第三の使徒の正解「シャトー・パルメ 99年」

には4種類目のぶどう、プチ・ヴェルド種(Petit Verdot)も入ってる。4種類のぶど

うの複雑なブレンドを、主たる2種類だけに絞り込んで、優しさと力強さへと単純

に分類、さらにピンクとブルーで表してるのは、なかなかのワザと言えるだろう。

一部のワイン愛好家だけではなく、一般視聴者に対して配慮したドラマ的なテク

ニックなのだ。

     

もちろん、もっと重要なのは、人間ドラマへの重ね方。上の二分法を、雫&一青

へと適用してることだ。この記事冒頭の引用文を読めば分かる通り、非常にキレ

イな対比(=コントラスト)が出来上がっている。雫の優しい母には、妊娠で力強さ

が加わった。一青の力強い母には、妊娠で優しさが加わった。

         

ワインだけでなく2人の母を、「ピンクブルー」、「ブルーピンク」の対称的なマ

リアージュで描き、そのマリアージュをもたらしたキッカケとして、妊娠というブルー

ピンク)のマリアージュ(結びつき,一体化)を利用する。こんなシャレた

構成は、なかなか作れるものではない。ワインの本場フランスの国旗が、「ピンク

+ブルー」(赤白青)なのも思い出される所だ。

               

おまけに、妊娠で母に力強さ(ブルー)が加わったと雫に気付かせたのは男の

長介(田口浩正)。逆に優しさ(ピンク)が加わったと一青に気付かせたのは、ピ

ンクの服を着た妹のセーラ(佐々木希)。そして妊婦の「イメージ」(image)には、

イタリアのダ・ヴィンチが描いてフランスに展示されている名画「モナ・リザ」。回

想シーンのセピア色と重なる色調で、ふくよかな女性が謎を秘めて描かれてる。

そのモナリザを語った遺言状は、第4話(前編)であらかじめ短くして、続きを第

5話(後編)で雫と一青がそれぞれ補う形にしてある。出来すぎと言ってもいいほ

どの組み立てなのだ。

             

こうして、いまや先週ラストのもう一つの謎も明らかになる。「愛とは求めるもので

はない。ただそこにあるものだ」。つまり、無いものを探し求めるより、既に存在

するものに気付けという意味だ。雫は、妊娠した母を父・豊多香(古谷一行)が愛

してたと考えることで、自分に対する両親の愛の存在に気付いた。一青も同様に、

両親の愛の存在に気付いた。これで結局、先週ラストの2つの謎がクリアになっ

たことになる。

   

ところがドラマはまだ中盤だから、丸く収まってしまうはずはない。そこで登場する

のが、激しいラスト。父親の浮気と、それをロベールらが隠してたことに激怒した

雫がわめき散らす。それを、血のつながった兄だと分かった一青が平手打ち。ま

るで、子供同士の兄弟ゲンカみたいなシーンだけど、この流れは既に先週から

用意されてたのだ。

           

つまり、先週のレビューで書いたように、豊多香は2人を幼児の状態まで戻した

のだ。家族関係の混乱の原点まで遡って再構築するために。「死んだ父」による

家族秩序の形成という、民族学的な神話の現実化。したがって、脚本が幼いの

ではなく、幼い兄弟を描く成熟した脚本と見るべきだろう。当然この後は、兄弟

の関係修復、つまり心優しい弟(ピンク)力強い兄(ブルー)のマリアージュへと

話は進むはずだ。たとえ、マリアージュ前の段階でドラマが終わるとしても。。

                    

       ☆          ☆          ☆

まだまだ書くことは沢山あるけど、そろそろ時間が来た。例えば、細かい笑い

挿入があるし、「思いを伝える」と「思いを言葉にする」の使い分けは巧みだった。

私は今までも何度か(最近だとおそらく堀北真希『イノセント・ラヴ』で)書いたけど、

直接言葉にしなくても思いは伝わるのだ。簡単な場合が、長介のワインのプレゼ

ントや握手、あるいは告白ではなく祝福の言葉。複雑な場合が、豊多香の仕組

んだ遺産争奪・使徒探しゲームということだ。

            

でも、ここでは最後に、私自身の話をしたい。今回、長介やみやびの手助けによっ

て、雫は父の英才教育を受けてたことに気付いた。実は私も、2年ほど前に偶然、

母の教育を受けてたことに気付いたのだ。これは全く忘れてたことで、あらためて

感謝の思いを強くした。

     

090211 左の写メは、私の日記だ。見開きの右ページにあった

 私の文章は省略して、左側だけ。ようやく文章が書け

 るようになった時期、小学校2年から3年にかけての

 日記をたまたま見つけたから読んでみると、母が赤ペ

 ンで細かく文章チェックしてくれてたのだ。ちなみに左

 の箇所には、ひらがなだらけでこう書かれてる。

            

    きょうは何をして遊んだのか さっぱりわかりません。

    しゃしんをさがしたり ともだちをさがしたり 

    何を書こうと思ったのか、もくてきが分りません

    長く書くだけでなく きょうはどんな事を書こうという

    目的を考えて書かないと かんそうを書く事ができません

    ずるずる長く書くだけでなく 短くてもまとまりのある

    日記を書くようにど力しなさい

    「、」と「。」をしてくぎりをつけないと読みにくい所があります

     

なるほど、考えてみると、私のレビューは長いけど、オリジナル・タイトルを自分

で付けた上で、それを「もくてき」としてまとめ上げていく形になってる。あるいは、

記事の中でも、改行&段落変更やセクション変更(☆印、丸点、PSなどによる

「くぎり」)はちゃんとある。「、」と「。」も多めに打って、読みやすくしてある。そう

した事を私に教えてくれたのは、先生や本だけじゃなく、母の厳しい愛、丁寧な

添削でもあったのだ。

                     

文字通り、何とありがたい(在り難い)ことだろう。この日記は、母の優しさ私の

子供なりの力強さがもたらしたもの。ブログの記事も含めて、私にとってかけがえ

のない、ピンクブルーのマリアージュなのだ。。

           

・・・・・・とまとめとけば、母も二重丸をつけてくれるかな。あるいは、「長く書くだけ

でなく、短く」と赤ペンが入るのか♪ ま、ホントはもっと長く書きたいわけだから、

この程度は許容範囲だと思ってる。理想と現実のマリアージュ、それこそ、有限な

人間の生の営みなのだ。

ではまた。。☆彡

    

     

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.予告はまったく予想外の展開に見えたけど、まさか雪山遭難で打ち切り

    んて話じゃないよな♪ 万が一そうなったら、温厚で寛容な私といえども、

    卓袱台を飛ばさざるを得ないだろう。。

    

P.S.2 演出(広義)という点では、パルメ(’00)に付けたワザとらしい手書き

      ラベルや、たき火の揺らぎと雫の顔の重ね合わせ。あるいは、雫が向

      こうへ帰った時に手前から霧生(戸田菜穂)を出して、ロベールも含め

      た3人を重ね合わせるカメラアングル。マキ(内田有紀)赤い手袋

      んてのもいいアクセントだった(ボトルの先端の色だから意味深♪)。

      もちろん、空港でしっかり映されてたわざとらしいCA=スッチーの姿も、

      当然とはいえ嬉しいサービスだ。エッ、全然? あっ、そう♪

            

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使途の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (9) | トラックバック (3)

『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

地道に世界進出を続けるテンメイ・ブランド♪ 次なるターゲットは「欧米か」ってこ

とで、今回は欧米の中でもビミョーに縁遠い国であるイタリアに注目しよう。ファッ

ション、グルメ、旅行、映画、サッカー、自転車と、目立ってるようにも感じるけど、

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツに比べると、総合的な存在感がやや薄めだと

思う。言語的、経済的、歴史的、政治的に大きく見た場合の話だ。スペインとなら

同等かな。。

             

さて、『神の雫』第5話でのイタリアについて。雫(亀梨和也)との戦いに負けて会

社を去ろうとしてた、自称エース・本間長介(田口浩正)。おまけに、好きだった

彼女はフランス人男性と結婚することに。1人淋しく、記念のイタリアワインを飲ん

で別れをつぶやこうとしてた所に、雫やみやび(仲里依紗)らの太陽ビール・メン

バーが集まって、ちゃんと思いを言葉にして伝えるよう勇気づける。

          

成田空港で彼女(松田沙紀)を発見して、「好きです」とか告白しようとした瞬間、

お腹が大きくなってる姿に気付いて咄嗟に「・・・・・・おめでとうございます」と予定

変更。お祝いにプレゼントしてお別れしたのが、「テヌータ・ディ・トリノーロ・パラッ

ツィ(’99)」。97年~99年しか作られなかった幻のワインで、97年に恋して99

年にさよならを決意した長介にピッタシだと、河原毛部長(升毅)が語ってた。

       

「10年も前かよ!」とか、「説明、長いわ!」と突っ込みたくもなったけど、熱くて

切ない思いは伝わってきたから、良しとしとこう♪ やっぱり、女より男の方が情

が厚いし、男には男の美学ってものがあるわけよ☆

         

で、恒例の、ワインラベル・チェック!は、第三の使徒、フランスワイン「シャトー・

パルメ(’99)」ではなく、そのイタリアワインで行ってみよう。いつものように原文

意味の3段階で記しておく。地味な記事だけど、ありがたいことに、毎回か

なりのアクセスを頂いてる♪

               

             

                       1999

          PALAZZI

      ROSSO DI TOSCANA

      Indicazione geografica tipica

   PRODOTTO E IMBOTTIGLIAT0 ALL' ORIGINE

   DA TENUTA DI TRINORO SRL-SARTEANO ITALIA

     

       ☆          ☆          ☆

          ミレ・ノーヴェチェント・ノヴァンタ・ノーヴェ

          パラッツィ

       ロッソ ディ トスカーナ

    インディカツィオーネ ジェオグラフィカ ティピカ  

    プロドット エ インボティグリアート  アル・オリジーヌ

    ダ テヌータ ディ トリノーロ エッセ・エッレ・エッレ サルテアーノ イターリア

   

       ☆          ☆          ☆

                    1999年産

          宮殿

     赤ワイン・トスカーナ地方産

      地域特性表示ワイン

    生産とボトル詰め 

   有限会社テヌータ・ディ・トリノーロ サルテアーノ イタリア 

   

       ☆          ☆          ☆  

パラッツィと名付けられたこのワイン。昔の彼女をつけ回す長介を皮肉った名前

だが・・って、そりゃパパラッチ(paparazzi)だろ♪ パラッツィ(PALAZZI)とは英

語のパレス(PALACE)、つまり宮殿のことで、ラベルの絵もそれをイメージしてる

ような感じだった。

       

ネットで調べると、業者がらみで意外なほど多くのサイトがヒットする。もともとフラ

ンスに比べて格下と思われてるイタリアの中でも、かなり恵まれない土地で、必

死の思いを込めて作り上げた「スーペル・トスカーナ」(Super Toscana)。つま

りトスカーナ地方のスーパーワインで、テロップだと「スーパートスカーナ」となって

た(店員の台詞)。値段的には15000円程度で、これまでの超高級ワインと比

べれば格下だけど、生産量が少ないしメディアで宣伝されたから、売り切れ店が

続出。ちなみにサルテアーノとはトスカーナ州の自治体の名前で、最小自治単位

だからかなり小さな地域みたいだ。

        

という訳で、家柄にもルックスにも恵まれない小粒の脇役にも関わらず、キラリと

光る情熱と輝きを見せてくれた、長介にピッタシのワインってことよ♪ ドラマの本

格的レビューは、例によって今から丸1日後くらいにアップする予定。

ではまた。Ci vediamo!(チ・ヴェディアーモ)。。☆彡

     

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.「テヌータ・ディ・トリノーロ」という生産者名の意味が、なかなか見当たらな

    い。トリノーロが地名、テヌータが瓶詰製造業者って意味かも。ま、ネッシー

    に羽が生えたみたいな白鳥マーク(or ロゴ or 紋章)はすぐ覚えたからい

    いか。HP(イタリア語&英語)は、http://www.tenutaditrinoro.it/ 。

              

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使途の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ネットの書き込みによる逮捕事件について

インターネットというのは、表現とか情報交換、あるいはコミュニケーションにとって

革命だと思う。私がマニアックな記事を書きまくり、それを通じて世界の見知らぬ人

達と触れ合うなんて、以前はまったく想像もつかないことだった。この情報革命の

流れはもう絶対に止められないだろう。核戦争や巨大隕石の影響でも無ければね。

    

でも、「両刃の剣」って言葉があるように、メリットと同時にデメリットもかなり大きい

個人的にもかなりのマイナス面を感じてるし、社会的にも相当な問題が生じている。

日本でもつい先日、象徴的な一斉摘発事件が話題になったけど、その少し前には

韓国で遥かに大掛かりな逮捕事件が起きてた。今日、2009年2月10日の朝日

新聞・朝刊の連載企画「Media Times」で解説されてたから、簡単に触れておこ

う。大見出しは「『ミネルバ』名乗り経済予測的中」、「投稿者逮捕 揺れる韓国」。

小見出しは「ネット規制 論争紛糾」。

                

ソウル中央地検が2009年1月7日に緊急逮捕したのは、「ミネルバ」と名乗る男。

昨年夏から年明けまで、リーマン・ブラザーズ破綻とか、韓国通貨ウォンの急落

とか、次々に経済予測の書き込みを的中させたとされ、ローマ神話の「知の女神」

の名を取ってミネルバと呼ばれてたらしい。その影響力は、韓国政府さえ見過ご

せなくなってたとのこと。

   

まるで神のような存在にまでなった彼の逮捕容疑は、「電気通信事業法違反」。

「政府が主要な金融機関や企業にドル買いを禁じる公文を送った」という昨年末

の書き込みが、ネットによる虚偽事実の流布に当たるとされたらしい。要するに、

ドル買い・ウォン売りの圧力が強くて政府も困ってるという意味の書き込み。

   

日本だと、政府どころか企業や個人に関する悪質な書き込みでさえ滅多に逮捕

されないことを考えるなら、事件の特殊性だけじゃなく、国や社会の違いも感じる

所だ。まぁ、サッカーに対する熱狂ぶりを思い出すだけでも、何となく理解できる

気はするね。もちろん、ネットやブロードバンドの普及率の高さも背景にあるだろ

うし、韓国政府の経済政策に対する不信感が非常に強いとの見方も有力。

                  

逮捕された彼の正体が、更に大きなインパクトをもたらした。30台の無職の男性

で、経済知識も独学。証券会社勤務とか海外駐在経験とかの書き込みも「虚偽

事実」だったらしい。それで、どうしてそんなに影響力を持つことが出来たのか、

もっと詳しい話を知りたいものだけど、事件の詳細な全体像が分かるまでには、

まだ時間がかかりそうだ。何しろ、その後「真のミネルバ」を名乗る7人の経済専

門家が登場して混乱したくらいだから、ひょっとすると誤認逮捕とか冤罪事件へ

と急展開する可能性も残ってる。今の所は、彼が本物ってことになってるけどね。

     

        ☆          ☆          ☆

この事件は色んな事を考えさせてくれるけど、重要なのは、予言に2種類あると

いうことだ。対象となる未来に影響を与えない予言と、影響を与える予言。例えば、

星の軌道とか地震に関する予言なら、星や地球に影響を与えることはないだろう。

でも、経済予測、特に通貨や証券(株、債券、デリバティブ=金融派生商品など)

に関する予言の場合は、その予言自体で社会に影響を与えてしまって、結果的

に予言的中となる可能性がある。

        

社会の側では、こうした予言に振り回されないような慎重さや賢明さが要求され

だろう。そのためには、教育だけでなく、警察や司法などの国家権力の利用も

ある程度は必要だ。でも、どこからが規制や逮捕の対象になるのか、その線引き

はまだまだ議論の余地があるだろう。今回は、世界レベルの金融危機とか、韓国

の特殊な経済状況、お国柄などが関係して、例外的な緊急逮捕に至ったわけだ。

       

という訳で、もう23時59分だから記事をアップしよう。毎日更新は大変なのだ♪

ではまた。。☆彡

   

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.さっき第5話の放映が終了した亀梨和也『神の雫』なんてのも、打ち切り

    情報に惑わされて事態を悪化させないように、注意したいもんだ。。

| | コメント (3)

不調の半分はウェアのせいか・・

RUN 27km,2時間10分37秒,心拍161

青梅のレース1週間前ってことで、「荷物預かり」に関する検索がチョコチョコと

入り続けてる。Googleで検索すると、ウチが3位にランクされてるって事情もあ

るけど、やっぱり初めての人がかなり増えてるんだろう。青梅が初めてとか、あ

るいはレースが初めてとか。家族とか友人の類が応援に来てれば、荷物を預け

られるんだけど、やっぱりランナーは単独行動する人の割合が高いと思う。ま、

レースの度に応援ってのも大変だしね。

                

私が参加した一昨年は、荷物預かりは全く無かったと思う。少なくとも、公式HP

には見当たらなかった。ところが、今年(第43回)のサイトにはちゃんと「よくある

質問」として「Q.荷物預かり所はありますか?」と書かれてる。使用料100円の

貴重品預かり所ならあるけど、利用人数に制限があるそうだ。まだまだ対応が

遅れてるね。となると、貴重品は持って行かないか、身に付けて走ることにして、

後は適当に青梅市総合体育館や青梅市立総合病院とかに置くことになるだろう。

       

基本的に、体育会系の人間はアバウトだから、一昨年はみんな気にせず置きっ

放しにしてた。私は気になるタイプで、特に財布と携帯が心配だから、係員に聞

いた所、「選手しか入れないようになってるから」って感じの応答だったと思う。ま、

係員(ボランティアかな)もアバウトってことよ♪ でもまあ、それで何とかやって

来れたんだろう。どうしても気になる人や、多少ノンビリしたい人は、有料の荷物

預かり所があちこちに看板を出してるから使えばいい。500円~1000円程度

だから、盗難リスクの回避&精神的余裕の確保を考えると、高くもないだろう。

               

          ☆          ☆          ☆ 

さて、私も日曜日に30km走る予定なので、今朝も4時起きで27km走って来

た。25km以上走ると、足の裏の豆や胸の摩擦が気になるので、ワセリンを塗

るようにしてる。足はともかく、胸って話を最初に男性ランナーから聞いた時は

違和感があったけど、自分で長距離を走るようになって納得。時々擦れるのだ。

女性はどうしてるんだろう。今度聞いてみよ・・・って、セクハラ扱いされそうだな♪

             

もともと絶不調が続いてるし、金曜の朝に今シーズン最長の26.3kmを走った

後だから、当然脚は重い・・・と思ったら、実はそうでも無かった。軽くもないけど、

走り始めてすぐ、そこそこ行けるなって感じがしたのだ。やっぱりウェアが関係

してるような気がするな。ここ最近、腹部から太腿にかけて強めに締め付ける、

自転車用のパンツを履いてたんだけど、長距離になると悪影響があるような気

がする。そう考えると、1月下旬に25km走った時の奇妙な脚のしびれも納得で

きるだろう。

    

ともかく、緩めのウェアにした今朝は意外にマトモな走りで、3日前とほぼ同じタ

イムなのに最長記録を700m更新できた。トータルでは1km4分50秒ペース。

これで明日、亀梨和也『神の雫』を見る前にチョコッと走って、木曜朝も軽めに

走って、後はお休み。足腰を超回復させた後、日曜日に30kmチャレンジの予

定。ま、3月の荒川に向けた練習って意味だから、そこそこのタイムで完走すれ

ば十分だ・・・と、先回りして言い訳しとこう♪ ではまた。。☆彡

       

P.S.さっき流し見したNHKスペシャル『“振り込め詐欺” 謎の犯罪集団を暴く』

    は、予想通りズ~ンと暗くなる重い内容だった。金がすべて、騙される方が

    悪い。。ある意味ちょっとだけど、決定的に歪んでるんだよな。「金も重要。

    騙される方も注意すべき」なら間違ってないのに。違法な犯罪の責任を被

    害者や社会にすべて転嫁するって発想や行動はどこから来るのか。格差、

    教育、しつけ、習慣、社会意識、ホントに問題山積だ。。

               

    取りあえず、スタッフが警察に情報提供して捕まえればいいのに、と思った

    のは私だけじゃないだろう。ま、情報源をバラすとメディアが成立しなくなっ

    て、余計マズイって理屈は分かるんだけどさ。。

                        

  往路(2.45km)      13分03秒   平均心拍137

  1周(2.14km)    11分05秒        148

  2周             10分44秒        154

  3周            10分35秒        159

  4周             10分23秒        159              

  5周             10分25秒        159

  6周             10分01秒        161         

  7周            10分06秒        163          

  8周            10分07秒        168        

  9周            10分07秒        166        

 10周             9分58秒         170      

 11周(0.7km)      3分20秒        172

  復路             10分43秒        172          

  計 27km    2時間10分37秒       161(最大心拍180 ゴール時)

| | コメント (0)

言葉の「誤用」や「間違い」について

言葉の「誤用」というものには2種類ある。世の中で認められてるか、認められて

ないかの2種類だ。あるいは、少し意味がズレるけど、使う人が多いか、少ないか

の2種類にも分けられる。

      

認められてなくて、使う人が少ない場合は、単なる「間違い」だ。一方、認められ

てるけど使う人が少ない場合がもしあるなら、間違いではなく正しいってことにな

るだろうけど、実際にはそんな場合はまず無いだろう。一番ビミョーな位置づけ

なのは、認められてないけど使う人が多い場合で、多くの人間が数年、数十年の

長期にわたって使い続ければ、それは公に認められることになる。つまり以前の

「誤用」が、改めて「正しい」とされる訳だ。例えば辞書への採用を通じて。あるい

はNHKニュースでの使用によって。

                            

           ☆          ☆          ☆

な~んて話を書き始めたキッカケは、今日(2009年2月8日)の朝日新聞・朝刊

の社会面に載ってた連載コラム「ことば談話室」を読んだことだ。今回のテーマは

「逆恨み」(さかうらみ)。ある日の記事の原稿に「水道料金の督促を逆恨みした

男が市長を脅迫」と書かれてるのを見て、社内で疑問の声が上がった。「逆恨み」

をどの辞書で調べても、①「恨みに思う人から逆に恨まれること」、②「人の好意

を曲解してかえって恨むこと」となってるから、原稿の「逆恨み」の使い方はおかし

い。そこで、表現を変えてもらったそうだ。

          

ところが、去年の朝日新聞を調べてみると、最初の原稿の使い方が多数派だっ

たとのこと。筋違いとか、お門違い(死語か♪)の意味で、「逆恨み」を使ってたの

だ。そこで、日本を代表する辞書『広辞苑』の編集部に問い合わせると、「08年

の第6版で載せた『逆切れ』は一方的に怒り出す時によく使われる。この場合

『逆』の意味はないとも言え、辞書と違う『逆恨み』の使い方は、これと似ている」

と指摘したそうだ(平木靖成氏)。

     

これを読んだ私は瞬間的に、「なるほど、確かに『逆恨み』と『逆切れ』は似てる。

でも『逆』に意味がないんじゃなくて、強調してるんだろう」と思った。すると、新聞

記事の続きには、もう少し納得できる理屈が書いてあった。日本国語大辞典(小

学館)の佐藤宏氏の言葉だ。「人の意図や予想、意識とは『逆に』解釈して恨む

という使い方。②の『好意を曲解』が変化したもの」。う~ん、凄い変化だけど、確

かにそれは言えてるかもね。私としては、「逆恨み」や「逆切れ」の「逆」は意外性

強調する言葉(接頭語 or 接頭辞)だと結論付けておこう。

             

結局、代表的な辞書に関わる2人とも、正当な督促への「逆恨み」という表現は、

誤用とは言い切れないと答えたそうだ。だから、朝日の記事の最後には、「辞書

に加わる日は近い」と書かれてる。広辞苑は去年第6版が出たばかりだから、次

の改訂まで10年前後かかるだろう。全14巻の日本国語大辞典は、2000年~

2002年に第二版が出版されてるから、第三版までにあと20年前後はかかる

だろう(初版は1972~76)。それより先に、他の辞書に採用されるかどうか、注

目しとこう。と言いつつ、すぐ忘れそうだけどさ♪

            

           ☆          ☆          ☆

私の個人的体験だと、昔バイト先の仲間が「店を貸し切ってパーティーした」とか

話した際に、「借り切ってだろ♪」と突っ込むと、変な顔をされたのが記憶に焼き

ついてる。「貸し切る」という言葉は、共に2006年の『大辞泉 増補・新装版』(小

学館)と『大辞林 第二版』を見ても、まだ「貸す」という意味だ。でも社会的には、

かなり前から「借り切る」という意味で使われてるのだ。実際、「貸し切って」で検

索すると、「借り切って」の意味の用法がズラリとヒットする。この「貸し切る」の意

味も、やがて辞書に採用されるかも知れない(既に採用してる辞書があるかも)。

         

要するに、言葉の使用の「正しさ」や「間違い」は、社会的なものであって、時代

状況に連れて揺れ動くわけだ。その意味では研究者も我々も、言葉の「誤用」に

注意する必要がある。いずれ正しい用法として認められるかも知れないのだから。

     

そのうち「空と海の教室」を辞書で引くと、織田裕二&北乃きい『太陽と海の教室』

のこと、なんて意味が載る・・・ことはないだろうね♪ でもブログの記事を書く時

に、読者(検索者)の側の間違いまで意識し始めてるのは確かだ。実際、去年の

秋ドラマでは、堀北真希『イノセント・ラ』を、わざと『イノセント・ラ』と書いたり

して、アクセスが入るのを楽しんでたわけよ。ちなみに、亀梨和也『神の雫』のこと

を『亀の雫』と書くのは、もうありふれてるから止めとこ♪ 書いとるわ!

            

という訳で、言葉は厄介だけど面白いねって話だ。今日はこれにて。

ではまた。。☆彡

                

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.2月6日の朝日新聞・夕刊のコラム「窓」には、「大器晩成」という言葉も誤

    用(あるいは誤解)らしいという話が書かれていて、面白かった。昨年末の

    岩波文庫・新版の『老子』によると、元々は「大器成」だったとの事。「免」

    とは「無」の意味で、「大器は完成しない」というのが本来の老子の考え方

    だというのだ。かなりウケるな♪ 

    まあでも、いつの日か人間的に成熟することを夢見て、「大器晩成」という

    言葉をつぶやいて来た人は多いはず。だから、記事の最後には「誤読も

    また人類の知的遺産の一部だと思いたい」(三浦俊章)と書かれてた。

            

P.S.2 単なる言葉の「揺れ」への対応なら、検索サイトにもあるようだ。例えば

      Yahoo!で表記の「ゆれを含める」標準的検索をする場合、「ヴォイス」

      と「ボイス」のヒット数は同じく約6430万件になる。ただし、検索結果の

      中身は微妙に違ってた。。☆彡

| | コメント (17)

SoftBank携帯の電池無料サービスを利用

あぁ、また日付け変更の時間帯だ。ホント、毎日更新の継続って大変だよなぁ。。

この週末は仕事に追われてるので、走るのはもちろん、テレビ・新聞・ネットの類も

ほとんど見る余裕がない。という訳で今日はお休み・・・って訳には行かないのよ ^^;

そこで、先日予告しておいた通り、バッテリー関連記事第2弾として、携帯の電池交

換の話を書こう。

        

そんなの誰が読むんだと思ったそこのあなた! ネットが分かってないね♪ きっ

ちり書いて、検索サイトの順位を確保すれば、地味にアクセスが続くのだ。今まで

書いたデジタル関連の記事の大部分は、そんな感じで検索を集めてる。先日の

ノートPCのバッテリー・リフレッシュ記事も、毎日アクセスが続いてるのだ。How 

to的と言うか、マニュアル的と言うか、ちょっとしたお役立ち記事には安定した需

があるわけよ。教えて!gooとかYahoo!知恵袋とかbiglobe相談室が流行る

のは、よく理解できることだ。ま、私なら自力で調べて、自分の調査能力をアップ

させるけどね。

                                    

         ☆          ☆          ☆

さて、SoftBank携帯を910SHに機種変更してもうすぐ2年。ちょっと写メを撮る

とすぐ電池切れになる状況だ。寿命が短いね。。途中の追加充電とかなるべくせ

ずに、大切にバッテリー(SHBAV1)を使ってきたつもりなのに、僅か2年で限界

が来た。ま、追加充電をしようがしまいが、最近のバッテリーはあんまし関係無いっ

て話だけどね。ともかく使い物にならないので、ソフトバンク携帯のHPに飛んだ。

               

電気製品を買う時、私は有料保証サービスに加入することが多い。この携帯も、

スーパー安心パック」というサービスに入ってる。月額498.75円(税込)で、

修理費無料、外装交換8割引(加入時は無料だった)、毎月105ポイントサービ

ス、そして電池パック1個無料サービスという内容だ。

    

この電池無料(楽天だと3150円+送料)って話をしっかり覚えてたので、HPか

ら申し込もうとしたんだけど、サイト内であちこち探しても「スーパー安心パック」の

話が見当たらない。今の主流が、似て非なる「あんしん保証パック」へと変更され

てることは一応知ってたけど、スーパー安心パックもまだやってるんだから、当然

情報があるべきだろう。ところが、電池交換関連で検索出て来る情報は、見出し

が「あんしん保証パック」となってるものばかりだ。

             

仕方なく、その情報を使ってみると、オマケのように「スーパー安心パック」の話

も入ってる。失礼な話だよな。こっちの方が昔からあるんだから、ちゃんと独立し

た項目くらい作って欲しいもんだ。まあ、申込自体は簡単でスムーズ。土曜の夜

に申し込むと、すぐ確認メールが来て、月曜夜には発送通知メールも来た。

着は木曜だから、早くもないけど遅くもない。まずまずのスピードだろう。印鑑の

いらない飛脚メール便(佐川急便)ってのは、受け取りがラクでいいね。宅配の

不在通知は、連絡して受け取る手続きがちょっと面倒だ。

              

090207 という訳で、無事にリチウムイオン電池パック

 到着、めでたし、めでたし。ちょっと見にくいけ

 ど、電池の「定格」の所に「810mAh」と書い

 てある。この「mAh」という単位記号がちょっと

 気になったから調べると、100mA(ミリアンペ

 ア)の電流なら8.1h(アワー=時間)流し続け

 られるという意味とのこと。なるほど・・・と言い

 たい所だけど、携帯の取扱説明書を見ても、

 待機や写メでどれだけの電流が流れるのか

                     書いてないから、810mAhと書かれてもあ

090207b んまし意味はない。

 1000mAhの電

 池パックより少し

 下の容量だって程

 度の情報か。

     

 さて、これだけ書

 けば十分でしょ。

電池無料サービスは2年間限りだから、多分ウッカリ忘れる人も少なくないはずだ。

実際、私もギリギリだった。まだ電池が使える状況でも、とりあえず貰っておくべき

だろう。しばらく後で交換すればいい。

ではまた。。☆彡

| | コメント (0)

絶不調でも早朝の長距離ラン

RUN 26.3km,2時間10分15秒,心拍162

相変わらずの絶不調。心拍高過ぎ! どうなってるのかね。時々あるよな。呼吸

はあんまし乱れてないのに、心拍だけドンドン上がる。脚の動きも悪い。1月中旬

に4ヶ月ぶりの25km走をやって以降、突然おかしくって、もう3週間も直らない。

どうしよう。このままじゃ青梅は大敗だな・・・って、エントリー失敗しとるわ!♪

        

そうなのだ。最近、ちょくちょく青梅のレースに関する検索が入るんだけど、私自

身は繰上げ締切にギリギリ引っ掛かって、申し込めなかったのだ。「荷物」とか、

(コースの)「高低差」とか、色んな検索が入るたびに、失敗したなぁって気がして

しまう。アップダウンのある30kmなんて、この時期にピッタシなのになぁ。。

    

という訳で、今朝は3時起き(!)で、青梅並みの長距離26.3kmを走って来た。

最近また、亀梨和也『神の雫』のドラマ記事とかで時間を取られて、ロクに走って

ないから、一気に取り返そうって狙いでもある。ホントはいわゆる「LSD」(Long 

Slow Distance=ゆっくり長く走ること)か、あるいは似て非なる低心拍走(心拍

を低く、例えば有酸素運動レベルにキープして走ること)を、ノンビリやるつもりだっ

た。ところが心拍が勝手に上がって行って、最後は顔を少し歪めて走るハメに

まあ、それでも余裕は残してたから、途中で止める感じは無かったけど、僅か26

km程度の遅いランニングでこれじゃあ、話になってない。

     

結局、トータルでは1km4分57秒ペース。論外だけど、今シーズンの最高距離

だし、絶不調の中の朝ランだから、良しとしとこう。いっつも「良し」だけどさ♪ さ

て、週末は予定が詰まってるから、走れそうにない。次は月曜日か。

    

ちなみに今、玉木宏&谷原章介&松田翔太&香里奈&DAIGO(ダイゴ)&吉高

由里子ほかの『ラブシャッフル』第4話を軽く流し見して、チャンネルそのままで、

はるな愛の恋愛講座(『ハニカミ』)を見てた所♪ やっぱ、ニューハーフとか性転

換系で一番可愛いのははるな愛だな・・・って、ヤバイわ! 間寛平は、2月2日

に日付け変更線を無事通過したようだ。それでは、また。。☆彡 

        

  往路(2.45km)      13分20秒   平均心拍135

  1周(2.14km)    10分58秒        152

  2周             10分53秒        156

  3周            10分33秒        161

  4周             10分40秒        160              

  5周             10分29秒        164

  6周             10分26秒        165         

  7周            10分21秒        168          

  8周            10分24秒        169        

  9周            10分32秒        170        

 10周            10分32秒         172      

  復路             11分08秒        172          

  計 26.3km   2時間10分15秒   162(最大心拍180 ゴール時)

| | コメント (0)

亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

亀梨和也主演ドラマ『神の雫』について、打ち切りの情報がネット上を乱れ飛んで

いる。単なる「日テレ火曜10時枠のドラマ打ち切り」を指してるものは関係ない

して、問題なのは『週刊女性』2009年2月17日号(2月3日発売)の記事を根拠

とするものだ。実際にこの週刊誌とドラマの公式情報を照らし合わせた記事がな

かなか見当たらないから、私がここで簡単に整理しよう。

        

   (8日追記 : ウィキペディアへの日程書き込みについては下のP.S.を参照)

        

   (24日追記: 読者の方からの情報によると、

                テレビ雑誌に3月10日が最終回と書いてあった

            そうだ。私がこの記事で下に予想した通り、全9話であって、

            別に視聴率低迷で打ち切り決定とか騒ぐほどの事でもない)

        

上の週刊女性(p.36~p.37)には、「テレビ局関係者」の話として、「“繰り上げ”

終了という名目で打ち切りが決まったそう」とだけ書かれてる。他に打ち切り関連

の情報はない。また、この関係者は匿名のままだし、1人しかいない。おまけにこ

「打ち切り」が、「火曜10時枠」なのか『神の雫』なのかも曖昧だ。

       

そもそもこの関係者は、第3話終了時点でこの情報を語ってる。その時点では、

まだ視聴率は6.2%だった(第4話で5.0%)。その後の第4話で、第三の使徒

の決着がつかず、第5話へと持ち越されたことを考えても、そんなに早く打ち切

りにするとは思えないし、この関係者の情報もそれほど信用できない。

      

原作マンガで、「使徒12本、神の雫1本」なのを、ドラマでは「使徒6本、神の雫

1本」に変えたのだ。これだけでも、ドラマの当初から話が短縮されていた。6本

と1本で7本。第1話のワインは別扱いだから、全部でワインは8本。1話で1本

とすると、全8話になるけど、第三の使徒は第4話と第5話にまたがるのだから、

全9話と考えるのが自然だろう。その程度なら、別に打ち切りと騒ぐまでもない。

最初のワインの本数から分かってたことだ。

    

最後の「神の雫1本」は原作に配慮して不明なままにするとしても、そこの処理

でやっぱりドラマ1話分が使われるはずだろう。今後、急に使徒2本を1話にま

とめてしまうというのも考えにくいし、ジャニーズ・ドラマを途中で打ち切りにする

のもテレビ局としては勇気がいることだ。ちなみに今現在まで、ウィキペディアの

履歴を見ても放送回数情報は書き込まれていない(追記 : P.S.参照)。

     

以上から考えて、今のところ、『神の雫』はごく自然に全9話で終了というのが最

有力だろう。これなら別に「視聴率が低すぎて打ち切りになった」とか騒ぐ話では

ない。第1話の内容から十分予想できたことで、当初の制作予定の通りだろう。

ただし、今後の新しい情報には一応注目しておこう。もし打ち切り決定となれば、

日本テレビのトップページか公式サイトのお知らせ、あるいはスポーツ新聞サイ

ト(特に『報知』)辺りにすぐ掲載されるはずだ。

ではまた。。☆彡

        

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.2月7日の「UTC(協定世界時)13時15分」、つまり日本時間22時15分、

    ウィキペディアにすでに、週刊女性や週刊現代によると、低視聴率のため

    早期の打ち切りが決定している」と書き込まれた。その後、日本時間8日

    13時21分に別人によって取り消されて、8日22時32分現在はそのまま。

      

    「週刊現代 神の雫 打ち切り」で検索すると、Yahoo!もGoogleも、め

    ぼしい情報は見当たらなかった。週刊現代2月14日号(2日発売)の見出

    しにも見当たらない。一応、明日9日発売の2月21日号にも注目しとこう。

      

    (9日追記 : 2月21日号の見出しにも見当たらない。ウィキの書き込みは

     単なるウソにも見えないから、おそらく小さな芸能記事で週刊女性の報

     道を引用したんじゃないかな。読んだという方がいらっしゃれば、時期と

     内容をここに書き込んで頂けるとありがたい♪)

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回

        

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

   僅かな腹ごなしラン&『ヤマトナデシコ七変化』第1話

| | コメント (10)

使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

 第三の使徒への探求と ライバルへの勝ち負けを混同するようでは

 両者失格と言わざるを得まい 何たるザマだ!

 雫よ お前はどうしてこれを使徒だと思った?

 僕は この年のセカンドワイン アルタ・エゴを飲みました それで

 なるほど モナ・リザに優しさを求める セパージュの罠にかかったということか

 セパージュ・・・どういう意味ですか

 一青よ お前はどうしてだ? 

 お前までセパージュの罠にかかったわけではあるまい

 となれば モナ・リザに力強さを求め 辿り着いたか

 仰る通りです・・・

 お前たちは 共に母親の姿を見たんだ

 覚えておけ 愛とは 求めるものではない

 ただそこにあるものだ お前たちの中にも 愛はある

 愛とは 優しさも強さも超越したもの

 もう一度おのれを見つめ直せ 愛を履き違えるな

    

         ☆          ☆          ☆

まず、最新の明るいニュースをお知らせしときたい。台湾のKAT-TUNファン・

愛之絆さんに続いて、韓国の亀梨ファン・jyoze1212さんともコミュニケーション

が成立した♪ ウチが1月31日にアップした韓国進出記事に対する応答が、2月

4日にあちらでアップされたのだ。そこに張られたリンクから、次々に韓国のファ

ンがウチを訪れてくださってる。こちらからも、ぜひ遊びに行って頂きたい。読め

なくても顔文字や絵文字は共通だし、亀梨や日本への熱い気持ちが伝わって来

るだろう。まずは知ること、そして話すこと。それが「桟橋」造りの第1歩だ。

               

   「jyozeさん、メッセージありがとうございます。

    紹介のため、ちょっとだけ記事をコピーさせてもらいますね♪ 

      

090205    

   

   

   

   

   

   

         

      

     

上のハングル(韓国語の文字)の画像は、あちらの記事の4分の1程度。全体を

まとめると、大体こんな感じの事が書いてあるようだ。

         

   「 先日のフランス語解釈のブログに、韓国の話が書かれてるのを発見。

    驚いたし、面白かった。

    相手の記事をコピーする時には気をつけないといけないな。

    お返しにこちらも文章を載せとこう。

    見てくれるかどうか分からないけど。

             

     『 tenmeiさん、こんにちは。ブログの紹介、ありがとうございます ^^

      私は韓国の平凡な亀ファンで、日本のサイトと翻訳機を利用して

      情報を手に入れてます。

      そちらの感想は面白いので、またゆっくり読んでみたいです。

      私へのメッセージは理解できました。

      視聴率の低さはこちらでも心配されてますが、

      tenmeiさんが言う通り、最後までドラマを楽しみたいです。

      p.s.フランス語の間違いは直しました ^^  」

                      

   「 jyozeさん、僕も日本で頑張って『神の雫』を応援しますので、

     そちらも韓国で頑張ってくださいネ♪

     今後もそちらの記事は読ませて頂くし、

     韓国語の勉強も少しずつしたいと思ってます。

     僕の記事を読むのは大変でしょうが、

     分かりやすい場所だけでも読んで頂ければ嬉しいです。    

     ではまた。。(^^)/~~~ ☆彡 」

               

           ☆          ☆          ☆  

さて、韓国とのつながり(=桟橋)についてはこのくらいにして、ドラマについて。

ホント、面白いね☆ 新しい読者の方が多いようだから一応説明しとくと、私が

ドラマをホメる時の言葉は、「素晴らしい!」が多い。福山雅治『ガリレオ』以降

は、彼の口癖を真似して「実に素晴らしい」とか「実に面白い」って表現をよく使っ

てきた。『神の雫』の場合、素晴らしいって表現は、今のところ使う気にはなれな

い。作品自体に素晴らしさがあると言うより、むしろ自分の側で面白いのだ。

interesting=興味深い☆

      

もちろん、その興味深さは作品からの贈り物ではある。ただ、それは美しい光景

へと導く桟橋の支柱だけプレゼントしてくれてるのだから、こちら側で板を乗せて

いかないと向こう岸に渡れない。あるいは、霧がかかってて、そもそも向こう岸が

見えないなんて事もあり得るだろう。

      

『神の雫』の面白さ、興味深さについては、読者の方から「エヴァンゲリオンみたい

じゃないですか」という言葉を頂いた。物心ついて以降、滅多にアニメを見なくなっ

た私が、再放送をたまたま見てハマったアニメ。おまけに、私の紹介を受けて、

友達まで一気に全部見た作品。それが人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』だ。

       

監督は、庵野秀明。簡単に言えば戦闘ロボット・アニメだから、女性読者の方は

むしろ、監督の奥さんの売れっ子漫画家・安野モヨコの方がなじみがあるかも知

れない。朝日新聞にも、『オチビサン』というカラフルでユニークな漫画を、毎週連

載している。夫婦共に、才能あふれる人気クリエイターだ。

         

とにかく、知識人やアーティストも巻き込んで非常に大きなブームを作った作品

で、『エヴァンゲリオン』(=福音=良い知らせ)という名前は覚えていてもいいと

思う。原作マンガや映画公開も現在進行形だから、単なる昔話でもない。内容

的に、『神の雫』との表面的な類似点は2つ。1つは、「使徒」と呼ばれる敵が次々

と来襲してきて、それと主人公その他が戦う形で物語が進行すること。もう1つは、

ウンチク的な知識や謎が大量に含まれてることだ。

               

『神の雫』と『エヴァ』について本格的に考察するのは、時間がかかり過ぎだから、

少なくともここ数ヶ月の間にやるのは無理だろう。とりあえず今回は、コメントも

入ったことだし、簡単な紹介だけに留めとく。大勢のマニアが論争してる分野だ

から、下手なことも書けないし、そもそも私はかなり忘れちゃってるしネ♪

           

ところで、この大ヒットアニメ『エヴァ』。当初95年秋から96年春にかけて、テレビ

東京系列で18時くらいから30分放映、平均視聴率は7.1%らしい。面白いこと

に、『雫』の第4話までの平均視聴率も、ほぼ同じ7.2%なのだ。

     

でも視聴率の推移は大きく違ってる。『エヴァ』の視聴率は、正月の放映時間変更

の時を除けば安定してた。ところが、『雫』は10.3%、7.3%、6.2%、5.0%

と、まるでリーマン・ブラザース破綻以降の世界経済みたいに転げ落ちている。私

は以前から、5%台までは驚かないけど4%台だと事件だと言ってきた。今回、い

きなり5.0%の崖っぷちに立たされたわけで、こうなるとますます『雫』や亀梨へ

の風当たりは強まるだろう。

           

そこで、代表的な『雫』批判に対して、簡単に「応答」しとこう。必ずしも「反論」で

はないけど、気になってる人は少なくないだろうし、言うべき事は私がハッキリと

言っておく。使徒にはとりあえず応戦すべきなのだ♪ 与えられた戦いを通じて、

相手も世界も、そして自分も見えてくるわけだ・・・って、『エヴァ』的ウンチクかよ!

                               

            ☆          ☆          ☆

『雫』批判の代表は、影響力の大きさという点で、やはり『週刊新潮』2009年1月

29日号(22日発売)だろう。「亀梨和也」主演ドラマ「神の雫」のワイン薀蓄は間

違いだらけ、と題した記事だ。

     

最初に正直に書いとくと、私はこの記事そのものは読んでない。ただ、マスメディ

アの「社会的影響」なら、ネットでかなり分かるだろう。Yahoo!とGoogleを通じ

て調べた限り、その記事に対する本格的な論評は一つも見当たらない。いろん

な情報を総合すると、主要な批判は次のようにまとめられるだろう。

                     

   1.ブルゴーニュワインは、金魚鉢のように丸まったブルゴーニュグラスで

     飲むべきだ。普通の形のボルドーグラスで飲むのはおかしい。

    

   2.第1話でDRCリシュブールの04年を使ったのはおかしい。もっといい

     ヴィンテージ(生産年)にすべきだ。

         

   3.原作だと82年だったシャトー・ムートン・ロートシルトを、ドラマで90年

     に変えてるのはおかしい。

          

まず1番について。『新潮』で情報源として挙げられてるのは、ワイン通ということ

になってるタレント知識人・和田秀樹氏の不満 or 怒りのようだ。ただ、朝日新聞

のサイトに連載されてる「『神の雫』作者のノムリエ日記」(09年1月28日)による

と、原作者・亜樹直の周辺の「ワインおたくたち」も、グラスへの不満を口にしてる

らしい。私にとっては、新鮮な驚きを感じる不満だった。

       

これに対してプロデューサーは、ドラマの設定とか、見栄えを考えた演出という点

から釈明している。当然の配慮だろう。また、亜樹直がリーデル・ジャパン(最も

有名なワイングラス会社の日本支社)の社長に会った際には、こんな話をしてく

れたそうだ。

                       

   「キャンティグラスやボルドーグラスを使っても、ブルゴーニュの赤ワインを

    致命的に壊しはしない。だから、飲むワインの産地がはっきりしない状態

    でとりあえず何かグラスを出すなら、キャンティで正解だと思います

    

キャンティグラスとは、イタリアワインのキャンティ用に作られたグラスだけど、大

きく分ければ普通のボルドーグラス(ドラマのタイトル表示でも映ってる)の一種と

言っていい。実際、和田氏も区別してないし、テレビ画面で判別するのはほとん

ど不可能だろう。リーデルというのは、ワインに合わせてグラスを変えるという考

えを普及させた会社であって、そこの社長がドラマのグラスを許容してるわけだ。

             

これに対して、アマチュアの和田氏の方が正しいという見方を取るのはかなり苦

しい。実際、和田氏は第2話の「ミュジニー」について2回触れてるけど、どちらも

「ミジュニー」と誤記して、現在までそのままになってる。「Musigny」というフラン

ス語が分かってれば、あるいは本当にワインを知ってれば、「ミジュニー」とは読

めないはずだ。おまけに和田氏は、自分のブログの09年1月14日のワイン記事

で、こう書いたままにしている。

                        

   「医療もののドラマでも、昔ほどは医学監修が雑でなくなっているが、

    これはひどい。

    最後のテロップでワイン監修に誰が入っているのかを見ると名前が

    出ていない。無謀にもワイン監修をつけなかったのか、それとも

    ラッシュ(注 : 放送前の映像)をみて、ワイン監修が逃げ出したのか?

         

和田氏は、自分でエンドロールの「ワイン監修 斉藤研一」さえ見落としながら、

ドラマに対して感情的な言葉を投げつけてるのだ。この斉藤氏は、原作の監修

者でもあるから、たとえドラマで見落としても、ブログ執筆の際にほんの少し検索

するだけで分かること。おまけに自分でスクールも開いてる専門家で、そのHP

もちゃんとあるのだ。「サロン・ド・ヴィノフィル」(Salon de Vinophile)というス

クール名で、ヴィノフィルとはワイン(=ヴィノ)を愛する人(=フィル)という意味の

造語らしい。

                                     

「斉藤研一 ワイン」で検索すると、Yahoo!で約1000件、Googleなら約3000

件ヒットする。それに対し、和田氏が信頼して、週刊新潮にも執筆したらしいワイン

商について、「リチャード・トリン ワイン」で検索すると、検索オプションで間違った

検索を除くなら、Yahoo!もGoogleも和田氏の記事2つしかヒットしないのだ。

藤氏やリーデル社長を信頼する方が自然なことだろう(正しいとまでは言わない)。

           

ただし、和田氏が1月22日のブログで書いた「テイスティンググラスもろくに使わ

ないで」という指摘は、スタッフも一応考慮していい話だと思う。ワイン鑑賞専用

のグラスというのは、透明度が高くて、丈夫で、それほど高価でもない物のようだ。

形の上では普通のボルドーグラスと見分けがつきにくいから、ドラマ的に必要か

どうかは微妙だけど、対決の場で2コ使うだけなら費用も知れてる。簡単な事だ

し、採用してもいいのではないか。あるいは、あと数個、藤枝(辰巳琢郎)のバー・

「モノ・ポール」に用意するとか。

           

続いて、批判の2番について。DRCリシュブールの04年がおかしいというのも

和田氏の指摘だ。これは、本人自身が後に大幅に撤回している。トリン氏と共

に03年を飲んでみて、「認識を改めさせられた」のだそうだ。おそらく、実際に

飲んだことがないのに、間接的知識だけでプロを批判してたという事だろう。

             

ちなみにこの件での和田氏の言い分には、多少ごもっともな指摘もある。「斉藤

氏は、90年のリシュブールを使いたかったけど100万円もするから無理だった

と釈明してるけど、ネットで30万円だ」とかいう感じの指摘だ。私は斉藤氏の元

の発言を読んでないけど、30万円ほどで90年物を買えるのは事実。制作費で

何とかならなかったのかなという気はする。初回スペシャルだったしね。

                  

最後に、3番目の批判について。ワインが原作と違ってる点は、ドラマだから別

に構わない。「原作と違うワインなのに原作と同じ表現を使うのはおかしい」とい

う指摘もネットで見かけたが、ドラマのワインを自分で理解した上で、表現のおか

しさを指摘できる視聴者は、ワイン通の中でもごく少数のはずだ。実際、ドラマの

ワインに対して、自分なりの代案として具体的表現を示した批判は、まだ目にし

てない。

        

そもそも、フィクションの中の評論家の文学的表現であって、厳密な理系的デー

タや数式の話ではないのだ。『ガリレオ』や『Q.E.D.』で天才主人公の書いた

数式が間違ってた、というような話ではない。ちなみに私は、『ガリレオ』の数式

や図の間違いをいくつか発見してブログに書いてるけど、それでさえ大した問題

とは思ってない。

                                                            

原作のあるドラマは、常に中途半端な位置で苦闘するわけだし、このドラマはワ

インを通じた「人間ドラマ」だ。前回の記事に示したように、実は原作ファンの視

聴者の割合は僅かでもある。ワインの些細な違いにこだわる必要はないだろう。

その程度の話は、今まで他のドラマでも幾らでもあったことだ。少なくとも視聴率

の低迷に直接つながる話ではない。

                           

以上、『神の雫』に対する代表的な批判に応答しておいた。改めて言うと、私は

ワインの趣味はないし、週刊新潮も読んでないから、それほど強い反論のつも

りもない。ただ、これを読んでる方が、今後あちこちで似たような批判を見かけ

た時には、ウチのこの記事と比較して欲しい。つまり、批判は必ずしも悪いこと

ではないし、聞くに値する批判もあるだろうけど、それなりのレベルは要求される

ということだ。もし優れた批判を見つけたら、私に教えて頂きたい。その場合は、

それなりの応答を私がまた示すだろう。。

                

         ☆          ☆          ☆

さて、ここまで前置きのつもりだったのに、かなり長くなってしまったし、時間も無

くなった。ま、常連さんにはお馴染みのことでしょ♪ 本当は、神咲雫(亀梨和也)

が注目したセカンドワイン「ALTER EGO(アルタ・エゴ)」を軸にして語るつもり

だったわけよ。

          

既に先行するワイン記事で説明したように、これは「もう1人の自分」(英語なら

the other I )を表す有名なラテン語だ。欧米はもちろん、日本でも、心理学を多

少かじってれば聞いたことはあるだろう。これが分かってるのと分かってないの

とで、今回のドラマの見え方はかなり違っただろうから、簡単な翻訳をテロップ

で映すくらいの工夫はあっても良かったかなと思う。

    

小日向文世&吉高由里子『あしたの、喜多善男』、上野樹里&長澤まさみ&瑛太

&錦戸亮『ラストフレンズ』、天海祐希&藤木直人『Around40』のレビューで示し

てきたように、私はそれなりに心理学を知っている。もちろんすぐ、「アルタ・エゴ」

の意味にも気づいたわけだ。自分自身を「自我」というのに対して、「他我」という

訳語も使われる。

       

別にこれは、いわゆる多重人格(or解離性同一性障害)という精神病理的な現

象を指すとは限らない。もっと普通に、「自分」の心の中で2つの心が対立(or融

合)することくらい珍しくはないだろう。単なる考えの対立ではなく、人格的な対立。

「自分」が曖昧な段階では、他人が「もう一つの自分」となることもある。色んな

ケースがあるわけだ。

         

例えば、天使のような自分と悪魔のような自分。あるいは、セーラ(佐々木希)

口にしたように、『モナ・リザ』のモデルがレオナルド・ダ・ヴィンチ本人だという少

し古い説の場合だと、描く自分と描かれた自分との対立。男と女への分裂だか

ら、みやび(仲里依紗)が「おネエ☆MANS」(おねえマンズ=おんなオトコ達)か!

とか突っ込みを入れてた♪ 『神の雫』の場合だと、2人の「子供」である雫と遠峰

一青(田辺誠一)が、「父親」神咲豊多香からの「使徒」によって、激しく戦ってるわ

けだ。

     

発達心理学の一つの見解によると、幼い子供は他人と自分との区別が曖昧で、

目の前にいる他人を「もう1人の自分」と認識することもあるわけだ。そうすると、

幼い兄弟の間では奇妙なことが起きる。ただ1人の愛する「母」に対して、自分と

もう1人の自分が争うわけだ。母に対するものとしても、また自分自身に対する

ものとしても、「お前たちの中にも、愛はある」。この状況での愛の闘争を通じて、

それぞれの子供=自分は成長するし、他人と自分の区別もついて来る。さらに、

「父」の権威も徐々に強まって、父-母-子(兄弟)の家族関係(エディプス悲劇

の三角形)も安定してくる。

              

という事は、豊多香(古谷一行)がやろうと意図してるのは2つ。子育てと、家族

関係の再構築だろう。自分も雫の母も他界した後、まだ未熟な「子供たち」の成

長が気になる。一方、謎に包まれたままだけど、豊多香、「雫の母」、「ほのか」

(一青&セーラの母?)、雫、一青、ほのかの6角関係は混乱したままだ。そこで、

一度幼児期まで強制的に戻して、愛する母を求める子供たちの対立を通じながら、

全体を再統合しようということだろう。

     

その時、母の愛の認識も全体的なものになる。今はまだ、部分的で偏った母親

=モナリザ認識にすぎないから、2人とも間違えたのだ。雫は「優しさ」に固執し

て、一青は「強さ」に固執して。ケンカに夢中でテイスティングさえしなかったから、

間違いの修正も出来なかったのだ。

                        

結局『神の雫』(特に第4話)は「使徒による聖母への召還」を通じた、成長と再構

築の物語だ。もちろんこれは、『新世紀エヴァンゲリオン』の一つの解釈でもある。

ただし、『雫』で使徒を遣わしたのは神ではなく人間・豊多香。だから、子供たちに

とっては、父の意図とは少し違った「辛すぎる」結末、「非情すぎる」シナリオになる

恐れもある。それをロベール(竹中直人)は心配してるのだろう。

     

いまや、今回の対決の子供じみた様子も正しく理解できるだろう。霧生涼子(戸田

菜穂)には、単なる子供のケンカに見えたようで、大人の豊多香と比較して不満

げだった。それは自然な見方だ。でもあれは、子供じみた脚本(渡辺雄介)演出

(中島悟)なのではなく、子供たちの姿を生々しく描いたドラマなのだ。その配役を

大人が演じる難しさについては、言うまでもないだろう。残念ながら、今の日本で

は、そこまで見通せる愛と能力を兼ね備えた視聴者は少ないようだ。

     

私はこれまで同様、このドラマを全力で楽しんでいく。視聴率と評価に恵まれず、

原作もまだ続いてる中で、どんな方向へと招いてくれるのか、期待しよう♪ その

一方で、更なる海外進出も狙ってる。香港、中国、台湾、韓国。こうなると、次は

当然、「欧米か」♪ (古・・・)

ではまた。。☆彡

      

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.1年前にメディアでわりと大きく報じられたように、『モナリザ』のモデルは

    以前から候補にあげられてた女性「リザ・デル・ジョコンダ」でほぼ決定と

    いうことになってる。ただし、そのモデルの絵を通じて何を描いたのかとい

    うレベルまで考えれば、ダ・ヴィンチ自身という説が否定された訳でもない。

     

P.S.2 死んだ父によって息子たちに秩序が生まれるという民族学的な話は、

      精神分析の創始者・フロイトの解釈を通じて有名になった。ウチでは、

      キムタク=木村拓哉『華麗なる一族』第8話の記事「死と再生」で説明

      してある。

       

P.S.3 「カン・・・」って感じの独特の重い効果音、どっかで聞いたことあるなと

      思ったら、同じTBSの3年前の冬ドラマ、竹野内豊主演『輪舞曲』で効

      果的に使われてた音だね。私がブログを始めて、半年くらいの頃だ。

      懐かしいなぁ。。

          

P.S.4 「エヴァンゲリオン」(Evangelion)という言葉は、ギリシア語の「エ

      ンゲリオン」(福音)を、ラテン文字で表記して、英語読み(ローマ字読み)

      したもので、日本語と言ってもいいような単語だ(ラテン語の「v」は本来

      「ウ」と発音)。その証拠に、アルファベットで検索しても、ほとんど日本

      のアニメ関連のサイトがヒットする。もちろんネガティブな意味ではなく、

      音声的にも文字的にも巧みな造語だろう。また、この辺りのややこしさ

      がエヴァ的特徴でもあるのだ。

                        

P.S.5 ロベールの語る「セパージュの罠」が何なのか、よく分からない。おそら

      くフランス語の「cepage」(ぶどうの苗、品種)のことだろうけど、品種を

      間違えたってだけなら当たり前すぎるしね。

      髪の毛のパーマのことかな。そりゃソバージュか・・・って、寒いわ♪

      (追記 : 下のコメント欄で、PINK FLASHさんが説明してくださった。

           ぶどう品種の調合割合、比率の違いのことらしい。)

                    

P.S.6 打ち切り情報が乱れ飛んでるので、情報を整理して記事にした ☆彡

         亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

    

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (10) | トラックバック (2)

『神の雫』第4話のワイン、アルタ・エゴ(第三の使徒の手がかり)

亀梨和也『神の雫』第4話(le quatrieme verre=グラス4杯目)が終わった。

実はまだ7割くらいの流し見しかしてないけど、とりあえず恒例のワイン記事をアッ

プしとこう。今回は雫(亀梨)も一青(田辺誠一)もハズレで、ロベール(竹中直人)

に怒鳴られた後、霧生(戸田菜穂)にまで冷たい視線を浴びる始末。

     

  (5日追記 : 第4話の本格的レビューをアップ。

             使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話 )      

       

だから、豊多香(古谷一行)の遺言状でレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画『モナリザ』

にたとえられたワイン、「第三の使徒」の正体はまだ判明してない。ただ、二人とも

シャトー・パルメ(’00)を持って来たという事は、大筋では合ってるんだろう。後は、

頭を冷やしてしっかりテイスティングすればいい。「兄弟」(?)ゲンカもほどほどにっ

てことだ。また異母兄弟ストーリーかよ?!って感じはあるネ。「ほのか」の「実り」

(=子供)が一青と見せかけて、実は雫なのか? 時間の制約もあるしなぁ。。

                      

それはともかく、雫がシャトー・パルメ(’00)を選ぶ際の手がかりとなったのが、

セカンドワイン(最上級のファーストラベルより少し劣るけど格安の2軍ワイン)の

代表的銘柄の一つ、「アルタ・エゴ・ド・パルメ(’00)」。楽天で12800円(税別)

となってるから、数千円台が多いセカンドワインの中では高級品だ。今回はこの

ラベルを解読してみよう。例によって、上から順に、ラベルの表記日本語の発音

日本語の訳or意味となってる。フランス語のアクセント記号はいつものように省略。

              

            ALTER EGO

                de

              PALMER

   MARGAUX             MEDOC

               2000

     APPELATION MARGAUX CONTROLEE 

   SCI CHATEAU PALMER,MARGAUX,BORDEAUX,FRANCE

      PRODUCT OF FRANCE  - PRODUIT DE FRANCE

        MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU

     

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              アルテレゴ

                ドゥ

               パルメ

       マルゴー          メドック

               2000

       アペラシオン マルゴー コントロレ

  エスセーイー シャトー パルメ,マルゴー,ボルドー,フランス

   プロダクト オブ フランス    プロデュイ ドゥ フランス

        ミ・ザン ブテイユ オ シャトー

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        パルメのアルタ・エゴ(もう一つの自分)

           マルゴー村  メドック地区

               2000年

           原産地統制名称 マルゴー 

    不動産非営利団体 シャトーパルメ,マルゴー村,ボルドー郡,フランス

         フランス産(英語)   フランス産(仏語)

              シャトーにてボトル詰め   

      

           ☆          ☆          ☆

さて、ポイントはもちろん、「ALTER EGO」という言葉だ。「もう一つの自分」を

表すラテン語で、心理学の分野でもよく使われている。「アルタ・エゴ」というのは

英語読みであって、ラテン語読みなら「アルテル・エゴ」。これを短縮したのが、

仏語読みの「アルテレゴ」だ。

    

ワイン名としての直接的意味は、「もう一つのシャトー・パルメ」ってことで、日本語

だとちょっと笑えることになる。まさに、「もう一つ」、イマイチってことなのだ♪ も

ちろんシャトー・パルメのHPにネガティブな表現はないけどね。オシャレだし、日

本語の表示も一応ある(機械的翻訳)から、一度アクセスしてみることをお勧めし

とこう☆

                 

さて、ハズレとはいえ、雫が「もう一つの自分」を選んだのはどうゆう意味なのか。

4日深夜くらいにアップする予定の本格的レビューをお楽しみにってことで♪ 

それでは、また。。☆彡 

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.太陽ビールの自称「エース」、本間長介(田口浩正)が見つけて来たイタリア

    ワインは「il baciale」(イル・バチャレ ; アクセント記号省略)。「il」は単な

    る定冠詞として、「baciale」という言葉の文法的説明が見当たらない。

       

    日本語で検索すると「ピエモンテ方言で『婚約』『結婚の仲介人』という意味

    がある」って感じの説明があちこちに出て来るけど、おそらくほとんどが受

    け売りの連鎖だろう。イタリア語のウィクショナリー(ウィキ辞書)でさえ出て

    こないのだ。多分、キスするという意味の動詞「baciare」が変化したもの

    だと思うけどね。神とか第三者が2人にキスするから婚約ってことかな。。

       

    ちなみに、あの時の彼の台詞、「Sei tu la persona che amo」(君

    こそが僕の“愛しき人”だよ)は、英語に直すと「You are the person

    that I love」だ。単語の関係は色づけの通り。文頭で主語「tu」とbe動詞

    「sei」の語順が転倒している。また、関係代名詞「che」の後で主語が省略

    されている。

    

    ま、「グラッチェ」(Grazie!=ありがとう ; 正しい発音はグラーツィエ)は

    日本でもたまに冗談めかして使われてるから分かるでしょ♪

               

cf.『神の雫』第1話、軽~い感想♪

  桟橋をわたる恋人たち~『神の雫』第2話

  父の重み、ブランドの価値~『神の雫』第3話

  使徒による聖母への召還~『神の雫』第4話

  ピンクとブルーのマリアージュ~『神の雫』第5話

  孤高を目指して闘う男たちの絆~『神の雫』第6話

  弥勒菩薩の救済を夢見る時代~『神の雫』第7話

  初恋の道、永遠に~『神の雫』第8話

  神、自然、そして人間~『神の雫』最終回 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  『神の雫』第2話のワイン、「恋人たち」(第一の使徒)

  台湾の愛之絆さんへ♪~『神の絆』第2話について

  『神の雫』第3話のワイン、ドメーヌ・ペゴー(第二の使徒)

  『神の雫』で韓国へ~アジア進出、第4弾♪

  亀梨和也『神の雫』打ち切り情報について

  『神の雫』第5話のイタリアワイン、パラッツィ

  『神の雫』第6話のワイン、シュヴァリエ・モンラッシェ(第四の使徒)

  『神の雫』第7話のワイン、カンヌビ・ボスキス(第五の使徒)

  『神の雫』第8話のワイン、シャトー・ラフルール(第六の使徒)

  『神の雫』原作をYahoo!コミックで立ち読み♪

  『神の雫』最終回のワイン、シャトー・ル・ピュイ(神の雫)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生きる場所を求めて~『野ブタ』再考

   現在から未来へ、あなたと共に~『サプリ』最終回

   悲劇を装った青春コメディー♪~『たったひとつの恋』最終回

   何でボクシングやってんだ~『1ポンドの福音』第1話

| | コメント (0)

09年1月の全走行距離

RUN 10km,49分15秒,心拍158

もうすぐ青梅マラソンの時期か。フルマラソンの前に30kmレースを経験するの

は丁度いいのに、なぜか縁がない。一昨年の初エントリーは、ノロウイルス&

インフルエンザの後で、冴えないタイムの完走が精一杯。去年は順調に仕上げ

てたのに、大雪で中止。そして今年は、定員オーバーで申込が早めに締切となっ

たために、エントリー出来ず。私は何でも締切ギリギリにやるタイプなので、急激

なランニング人気の上昇が読めてなかった。今、ほんとスゴイね。。

           

代わりにハーフでも出ようかと思ってたけど、日程その他の調整が上手く行かな

くてボツ。一応、青梅の当日(2月15日)には、自分で勝手に30km走ろうかな

は思ってる。絶不調ながらも、一応距離は伸ばしてるしね。

         

で、今日は2月最初のランニング。16kmくらい走りたかったのに、時間がない。

火曜の夜は、亀梨和也主演のドラマ『神の雫』第4話を22時から見なきゃいけな

いから、スケジュール的に中途半端なのだ。仕方なしに、21時前から近所の公

園へ出かけて、10kmだけ走って来た。ドラマの後にはブログの毎日更新も義

務だしね。ホント、走るだけなら超~ラクなのになぁ。ブツブツ。。

    

ボヤキつつスタートしてみると、やっぱり先日の25km走の疲れがまだ残ってて、

脚が重い。ただ、ずっと続いてた膝下辺りのしびれはようやく消えたようで、感触

としては普通の状態に戻って来た気がする。有酸素レベルでのんびり走るほど

の時間はないから、心拍計の時刻を見ながら適度にスピード調整。遅いし心拍も

やたら高いけど、調整して本気になれば結構なスピードは出せそうだ。実際、周

回最後は1km4分15秒ペースまで上げることが出来た。

   

トータルでは1km4分55秒ペース。僅かな距離なのに、先日の25km走よりも

遅いってのはマズかったかな。ま、明日はドラマレビューでつぶれるとしても、明

後日にはハーフくらい走ろうと思ってるから、良しとしとこう。時間とパワーの配分

が相当大変なわけよ。そうそう、関係ないけど、女子の大ベテラン・弘山晴美が

東京マラソンで引退とか報じられてたね。40歳までトップクラスを保つなんて、凄

いことだ。旦那さんとの二人三脚、お疲れさま。。♪

     

往路(1.15km)   6分20秒    平均心拍137

 1周(1.1km)    5分48秒          147

 2周          5分28秒          154

 3周          5分32秒          156

 4周          5分19秒          160

 5周          5分14秒          162

 6周          5分07秒          164

 7周          4分44秒          171

復路           5分09秒          170

 計          49分15秒          158(最大179,周回ラスト)

     

            ☆          ☆          ☆

さて、2009年最初の月の全走行距離は、

           RUN 241km ; BIKE 0km

     

う~ん、またしても自転車に乗れなかったか。8月末の乗鞍のレース以降、全く

乗ってないから、そろそろ乗りたいと思ってるんだけどね。単なる時間配分の問

題なのよ。ランニングは、絶不調の中でそこそこ頑張ったつもりだったのに、去

年と比べると50km近くも少なかったんだな。やっぱ、レースがあるのと無いのと

で、モチベーションが違うのは確かだ。今月は、ランニング270km、自転車100

kmくらいを目標に頑張る予定。ま、それでも3、4年前よりは少ないんだけどさ。

風邪ひかないように気をつけよっと。ではまた。。☆彡

       

090203     

    

    

    

    

    

    

    

     

090203b

| | コメント (0)

ノートPCのバッテリーをリフレッシュで回復させる方法

(☆14年10月追記: 5年ぶりにリフレッシュを実行した様子について、この

              記事の末尾に追記した。)

 

夏頃から、メインで使ってるノートPCのバッテリー(電池)がダメになって来

た。電源コードを使わない状態だと、起動してまもなく警告が出て、やがて

休止状態になる。最近だとホントにすぐ休止だから、2分ももたないのだ。

単なる接触のトラブルかと思ったけど、電池を入れ直してもダメだから、N

ECパソコンのHPをチェック。すると、電池の寿命だろうからPC引取サー

ス&交換で2万数千円かかるって話だった。高っ!

 

5万円のノートパソコンが珍しくない時代に、たかが電池だけで2万数千円

出す気にはならないでしょ。そもそも家で使うことがほとんどだから、フツー

のAC電源とACアダプターだけでもそれほど困らないわけだ。とはいえ、た

またま他の電気器具でコンセントが一杯の時もあるし、一応ノートPCだか

ら電池を何とか直したくなって来る。

 

そこで再び、NECの「121ware.com」(人と人を結びつける装置のサイトっ

て意味かな)にアクセスしてみた。すると、なぜか先日とは違う展開になって、

あちこちのページへたらい回し状態になった後、役に立ちそうな情報が見つ

かった。「バッテリー・リフレッシュ」ってものがあるらしい。

 

説明書を読めと書いてるけど、手元に見当たらないし、NECのサイトでも見

当たらないから、Yahoo!で検索。すると、電池の中身だけの交換って話

がヒットした。電池丸ごとの交換よりもちょっと安く済むって話で、正直パッ

としない情報だ。そこで再びNECに戻ると、交換ではなくて、今ある電池を

回復させる話らしい。これこれ! 結局、PCにインストールされてるマニュ

アルで調べて、ようやくバッテリーリフレッシュのやり方が分かった。以下、

具体的に書いてみよう。

 

 

           ☆          ☆          ☆

PCの電源を切りACアダプターでバッテリーを充電した状態で、電源ボ

を押す。NECのロゴが出たらすぐにF2ボタンを何回か押して、BIOS

セットアップユーティリティーを起動。BIOS(バイオス: Basic Input 

Output System)とは、WINDOWSより前の段階作動する基本ソフト

だ。起動したら電源コードを外してバッテリーだけの状態にし、「→」キー

で「終了」を選択。「↓」で「バッテリリフレッシュ」を選択、「Enter」。

 

その後は、BIOSの黒い画面に右から左へと単純な英文が1行流れ続け

るだけ。「Battery Refresh Now(99%Left).....Don’t close 

Display.....Press ESC key to Cancel」。

 

英語が苦手な人も多いはずだから、せめて「バッテリーリフレッシュ(残り

99%)。ディスプレイは閉じないでください。キャンセルしたければESC

キーを押してください」と日本語で表示すればいいのに。。英語や耳慣れ

ないカタカナ語で済ませようとする姿勢が、お年寄りとかを遠ざける一因

になってると思う。昔から言われてる単純な工夫なんだけどね。BIOSで

全角の2バイト文字は無理だってことなら、アルファベットでローマ字表記

すれば、英語は回避できるし、前もって日本語の詳しい説明を紹介するシ

ステムにしてもいい。

 

おまけに、「残り99%」が時間なのか、それとも他の何かなのか、よく分か

らない。10分くらいそのままだったのが、突然「5%Left」(残り5%)になっ

た。ちょうど同じ頃、電源ランプの色が緑色から黄色に変化バッテリーを

きっちり使い果たそうとしてるわけね。その後、3%、1%と減って、ランプ

が赤っぽい色になった後、無事に電源が切れた。リフレッシュ(の準備)、

終了☆ 

 

結局、スタートから30分弱だったかな。マニュアルには数時間と書いてあっ

たけど、充電時間込みなのか、あるいは最悪の場合まで考慮してるのかも。

最後に電源コードをつないでバッテリーを充電1時間半以上経って、充電

ランプが消灯。これで本当のリフレッシュ=パワー回復だろう。試してみる

と、バッテリーだけで30分ほど使えるようになった。めでたし、めでたし☆ 

 

ただし、モニター下部(タスクバー)の電源の表示を見ると、相変わらず変

だ。電池マーク100%がずっと続いた後、突然4%になって、そこから30

秒ほどで休止状態になる。要するに、バッテリーそのものだけじゃなくて、

その管理に問題が生じてるんだろう。ま、電池で30分使えれば、かなり安

心感はある。

 

        ☆          ☆          ☆

という訳で、ちょっと手間はかかったけど、2万数千円の修理費を払わな

くて済んだってお話だ。でも、もう2年以上使ってるから、あと1年くらいか

な。それより、モニターの方が先に壊れそうなんだけど。前から縦に二本、

細い線(青と赤)が入ったままで、最近はモニターの角度を変えても線が

消えなくなってしまってるわけ。。

 

実は、パソコンとほぼ同時に、携帯の電池もおかしくなって、これもまた

手間ヒマかかる話になった。それについては、また数日後くらいに報告し

たいと思う。こうゆうデジタル関連記事は、ポツリポツリと地味~にアクセ

スが継続するのよ♪ ではまた。。☆彡

 

 

 

P.S. 2014年10月、5年9ヶ月ぶりに「バッテリ・リフレッシュ」を実行。

     前回とは別のNECノートパソコンで、買ってから5年5ヶ月、一度も

     リフレッシュしてなかった。ただし、ほとんど自宅で電源コードとつな

     いで使ってるので、電池はあまり消耗してないと思う。

 

141030f  普段から画面下のタスク

  バーに表示されたままに

  なってた、「バッテリ・リフ

  レッシュ&診断ツール」

  のアイコンをクリックして

  開くと、左図のような状

  況。「使用開始日」という

  のは、私の開始ではない

  ので、メーカーの出荷日

  だろうと想像する。

141030h2  「最大約8時間かか

  ります」というので、

  覚悟&準備してス

  タート。放電が非常

  に遅くてイラつく。普

通にバッテリーを使う時、40分ほどでほぼ空になるのに、この放電作業はな

ぜか遅い。「55%完了」という表示になるまでに、1時間10分ほど経過。

 

この辺りでいきなり、「再充電中」の表示に切り替わって、「80%完了」へと変

141030i  化。ということは、放電終

  了を単純に8割経過と決

  めてるのかも。そこから

  は約30分間で終了。

 

  結果は左の通りで、バッ

  テリ状態「普通」、性能

  「良好」だから、元のまま

になってる (^^ゞ まあ、多少の意味はあったんだろう。

 

注意点は、アダプターや電源コードを途中で抜かないこと、ディスプレイを閉じ

ないこと、消費電力の大きいソフトは使わないこと。私はブラウザと画像保存

ソフトだけを少し利用して、まったく重さを感じなかった。

 

それより不思議なのは、完了して診断ツールを閉じた後、タスクバーの電源ア

イコンの状況が「29%使用可能」となってたこと。つまり、リフレッシュ作業の

再充電が完了しても、普通の充電は3割程度しか終わってないのだ。その後

の充電は結局、トータルで1時間近くもかかった。まあ、逆に言うと、やはり何

か大がかりな作業を行ってるのだろう。。

| | コメント (14)

絶不調でも月末は距離稼ぎ

RUN 25km,2時間01分22秒,心拍162

高橋尚子の夢、「チームQクリニック」(仮称)がいよいよ実現に向かって進み始

めたと、今朝(2月1日)のスポーツ報知が伝えている。構想自体は、引退後か

ら語ってたもので、要するにチームQをそのまま維持して、今度は小中学生の

エリートランナーを育てようって話だ。

      

5月で活動終了するチームQの「発展形」として、小学5年生から中学3年生の

陸上部の選手に、ランニング、ストレッチ、食事を指導するらしい。今秋以降、

毎年10回ペースで、5年で全都道府県を回る予定。本格始動に先立って、3月

に岐阜で実験的に開催するそうだ。

     

この程度の情報しかないんだけど、気になるのは費用。高額だと、ちょっと冷

たい視線を浴びる可能性があるけど、無料にするのかね。だとしたら、スポン

サーはどうなるのかな。ファイテンがこれまで通り、全面的にバックアップするの

か。あるいは新しいスポンサーを探すのか。ま、高橋の人気と実力でこの企画

なら、こうゆう経済状況でも何とかなるんだろうね。その高橋、今日は香川丸亀

ハーフマラソンに参加するとのこと。北京五輪途中棄権の土佐礼子も、あれ以

来久々のレースとなるそうだ。

          

        ☆          ☆          ☆

今日は別府大分毎日マラソンのレース当日だから、ホントはそのネタを書くべき

なんだけど、どうも男子の日本勢はここ数年冴えないから、テンションが上がらな

んだよなぁ。足立知弥、秋葉啓太、野田道胤っていっても、一般視聴者はほと

んど知らない名前だろうし、みんな2時間10分切るのが目標とか言ってるから、

世界を考えるとガクッと来るよな。先日、世界記録更新宣言した渋井陽子みた

いに、威勢のいい言葉はないのかね。。

                  

・・・とか言っても、まあ3流市民アスリートから見ればやっぱり雲の上の話では

ある。私なんて、昨日の25km走の目標が2時間10分切りだったほど♪ 遅

いわ! せめて2時間切りと言いたい所だけど、ここ2週間近く絶不調が続いて

るし、2日前にハーフをヨタヨタと走った後だから、疲れも残ってるわけ。また先々

週の月曜みたいに、走り終わった後で脚がしびれるような事態は避けたかった

のもある。

     

で、昨夜は慎重にスタート。とにかく、一番重要なのは25km走り切ることだか

ら、ちょっと遅いかなって感じのペースをわざとキープ。それでも心拍がやたら高

辺りに、今の不調が現れてる。1km5分ペースでちょっと走っただけで心拍が

160なんて、あり得ないよなぁ。。ただ、呼吸と脚は余裕がある。そのまま終盤

まで我慢して、そこから少しペースアップ。復路もそこそこのスピードが出て、意

外にも2時間1分台の前半に収まった♪ それにしても、25kmはやっぱ長い。。

    

トータルでは1km4分51秒ペース。思ったよりマシな走りだから、良しとしとこう。

荒川まで2ヶ月切ったから、もっと25km走や30km走を取り入れなきゃマズイ

ね。周りでちょっと流行ってるインフルエンザにも気をつけなきゃ。ではまた ☆彡

         

  往路(2.45km)      13分21秒   平均心拍130

  1周(2.14km)    11分05秒        151

  2周             10分37秒        160

  3周            10分25秒        164

  4周             10分34秒        161              

  5周             10分19秒        164

  6周             10分18秒        163         

  7周            10分04秒        167          

  8周            10分07秒        168        

  9周            10分03秒        170        

 10周(840m)         4分03秒         172      

  復路              10分28秒        172          

  計 25km   2時間01分22秒   162(最大心拍181 ゴール時)

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »